「使」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
名詞

使[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
使が度々三度まで来たので,  使が行く,  使が来た,  使が来て,  使があったという,  使が二度までは堅く辞退してまいらなかったが,  使が帰って,  使が何遍も立ったというじゃ,  使が急いで走つて行き,  使が板部岡江雪斎と云う,  使が来ました,  使が来てしまった,  使が出る,  使が入朝し来つた,  使が来る,  使が迎えにやって来るから,  使が来,  使がその趣を伝えて来た,  使がお見えになって,  使が到着しました,  使が要る,  使がやって来ました,  使が来なければ,  使が立ちます,  使が来ている,  使が木の近くにゆくと,  使がおりて,  使が見えたさうである,  使が一人見えた,  使がありまして,  使が行って,  使が重詰を持って来た,  使が来てゐるし,  使が来ているので,  使がくると,  使が二度来ました,  使が来たでしょう,  使がございましたので,  使が帰って来て,  使がやってきて,  使が頻繁に派遣されて,  使がありました,  使があった,  使がございまして,  使が送られた,  使が十二代将軍徳川家慶の薨去を伝えた,  使が見えてから,  使がデビーからの手紙を持って来た,  使が来てネ,  使がまいりましたから,  使が小月氏国へ還ると,  使が手紙を持つて来た,  使が持って来たのよ,  使が現れる,  使が帳簿を持って来て捧げた,  使があって,  使がやられた,  使が頻に,  使がかへり,  使がきた,  使が彼女に洗礼をさづけて,  使が走って行く,  使が呼びに来た,  使が来ているがね,  使がきまってあった,  使が来たから,  

~ 使[名詞]1
何時頃に使  要求に応じて使  頭を使  有効に使  言葉が使  乱雑に使  自然広狭二義に使  意味に使  ざるに使  水を澄まして使  二回しか使は  星村薬局に使  正時を使に  所へ使を  言葉を使  日本語を使  敬語でも使は  鳩の使の  劍術を使  先程幸手へ使に  色目も使は  人を使  のを遣り遣り使に  其処には使  浮標に使  洗足を使  敬語を使は  それを使  めつたに使は  齒磨を使は  風と使  二条へ使が  精霊を使  役に使  代りに使  刑には使  扇を使  始終人に使  適切なる使  明の使と  前でこき使  配達に使  袴とを使に  手紙も使も  うちに使でも  人物の使  不用意に使  モデルを使  一人の使  神経を使  得々と使  言葉を使は  言葉を好んで使  時にも使  家に使  年から使  やうに使  扇子を使  頭を使は  つて水屋に使  どこか使  突出しに使  国元から使が  外には使  皇慶律師などに使  場合にも使  一国語を使  色目を使  封筒に入れて使  町へ使を  ところへ使に  野球に使  先生の使  團扇を使  意義に使  祓へに使  箒を使  づゝ江戸辯を使  金を使  弘法大師から使が  経を使として  招請の使を  三度の使に  者を使として  年間に使を  領送使は  のを使として  手紙でもって尋ねて使を  石器の使  細棒抔を使  手紙を持つて使  正則な使  之を使  意義にも使  天の使の  臨時に使  煖爐を使  チエツク・プロテクターを使  お湯を使  京言葉を使へ  部屋が使  そこに使  ところへ使  花の使と  子役を使は  風俗を使  周は使を  花鳥の使に  金を使へば  冗談に使  意に使  一度しか使は  女をこき使  手を使  フランス語を使  自分の使を  文字を使  夜更けにこき使は  私は使を  お宮へは使が  はさつきの使  部屋を使  処へ使  普段は使  つて頭を使  亭主が使  小鳥を使  いふ人に使  いふ人を使  水圧機を使  お前何ぼ使  書林から使に  天の使とも  二ヶ月しか使は  話に使  場所を使  ために使  穴があいて使へ  湯沸しの使へ  熱を使は  台所道具には使は  貨幣に使  我々が使  織機械を使は  織物に使  紙を造るのに使  用に使  布が使  液を使  蝶のに使  昆虫のに使  眼を使  風に使  蜘蛛は使  人間の使  やうに使は  二つに使  捉へるのに使  表はすのに使  のに使  のを使  蒸気の使  何んに使  のにでも使  秤を使  汁を使  胞子は使は  装飾品に使  装飾に使  コンパスにも使  経済的に使は  持ち運びに使  巣として使  寅も使に  誰もが使  風にも使は  主は使  句を使  独り合点の使  道具に使  布團に填めて使  一度も使  秀吉に使を  左様の使にて  北条の使が  糺は使を  自在に使  バツクに使  仕事に使  世辞を使  食物までも使  ところへ使を  其時代に使  飾つた文字を使  コン雀の使  #雀の使  雀の使  どこから使  手真似を使  気を使  刻に使を  たびの使は  朝鮮の使の  秀吉の使が  祝いの使が  大阪への使を  朝鮮の使に  これを使  生菓子を持たせて使の  人の使に  バイは使  訓練用に使  間で使  リリイを使  樣こき使  凡情に走せ使  爪楊枝を使  一昨日会社から使で  人が使  定義すると使へ  田植に使  どこへか使に  薬取りの使にも  自宅へ使を  急ぎの使が  狐を使  精力を使  絶対に使は  財産を使  女中も使  やうに虐げて使  蒲原家に使  生活に使  僧に使  殘らず使  子を使  馬を使  竜宮の使  女房をこき使  お前さんにこき使  木曾殿の使  言葉の使  西洋料理に使  恋の使の  対へ使に  材料が使  すつかり使  白だから使へ  家主さんから使  長者の使に  日の使が  此方が使の  日の使  京都からの使とに  それぞれに問い合せの使を  加羅国の使が  朝貢の使が  総称に使  義満は使を  費用を使  普通に使  はじめから使  此語は使  謂つた意義に使  様に使は  物を使  牌を使  質屋の使の  さを忘れて使  円滑に使  圓滑に使  返事を持たせて使を  外に使  やつぱり私が出しました使の  時に使  垂りつつ使  今は使  位に使  天の使に  単刀直入の使  武器として使  店に使  僅かに使  駅まで使  家に使は  自由に使  手水を使  家から使に  家へ使に  宰相は使を  魔法さへ使  魔法を使  海辺で使  文字は使へ  修繕をしたら使へや  お前が使  用を作って使に  生垣なぞにも使  面の使  普通冗談に使  名乗りに使  道具を使  ものを使  テキストを使  神樣に使  神様に使  銭占屋の使で  科學は使  科學が使  達成に使  道具として使  事務員として使  ところへ使が  母樣の使に  アイヌが使  替玉に使  私を使  思いの外の使  晩までこき使  枕詞に使  住宅を清めて使  火を使  民家を清めて使  急の使  脂の沁み込んだ使  合せ剃刀を使  人が使は  ダシに使は  女でなければ使は  牡丹刷毛まで使  やうな使  床の間として使は  労役にも使  天草弁を使は  教室で使  主人を使  ものは使は  用心して使  奴隷を使  弓に使  其百姓に使  鍬ばかり使  限り皆鐵鍬を使  侮蔑語を使  ブルジヨワの使  人に使  共同に使  滅多に使  証人に使  方言などを使  漢語を使  語を喜んで使  語を使は  頃僕が使  関西弁を使  主上の使  手習ひに使  人の使  講堂を使  手紙をつけて使に  材木を使  河童の使  食料に使  酒屋へ使に  為に使  家主に使  田に使  日吉の使は  語を使  彼自身棹を使  処人形町居廻りから使に  勝山さんの使の  神の使  父親へ使を  鋏は使  何か云って使が  人民に使  今様とを使  主の使  算段に使  敬語を使  越前に使を  敏捷な使  露西亜語を使  だしに使  小僧もけふは使  人間が使  昨夜の使  鍬を使  手で使  北海道で使  ヴアニテイ・ケースなどを持込んで来ても使  日本では使へ  菓子に使は  鎌倉文庫より使の  漢王の使で  敬語を使はば  漢音を使  字を使  張金田からの使の  二度も使を  声色を使  英語で使  表紙に使  白檀を使  主人の使を  棹の使  アルコールを使  符號を使  書物が使  教科書に使  口に使  会社の使  餌に使  此の使を  有力に使  形で使  其方言を使  感動語に使  今も使  語は使  ものを使は  流行語を使  相当に使  間に使  詞を使  ものにも使  ほりに使  意味には使  前に使を  家康から使が  徳川氏からの使の  葛西左京太夫晴信が使を  氏郷へ使を  何に使  水車小屋で使  外で使  敵国に使  健康な使  嘗に使  ものを云ってくれという使の  気を揉んで使を  海老屋から使が  どこへ使に  児子家の使として  児子家では使として  切りに使  意味に使は  気ばかり使  そいつは使は  遊蕩的小説などに使  自然に使  彼の使  白人の使  奥さんの使  上手に使  下女が使に  お金をすつかり使  産湯を使は  迎への使の  八月半ばに使が  意味を含めて使  昔から使  宮廷行事に使  恒例に使  平気に使  小作人を使  一人の使が  急用の使が  皇帝の使  主人から迎えの使が  事に使  ところに使  筆を使  事に使は  樂屋で使  昼夜をわかたずこき使  生産的に使  体を使  新潟まで使に  御殿に使へ  編木を使  受け渡しに使  上眼を使  窓口へ使  小学生の使  寝室に使  あしを使は  店の使で  しらから使が  最古語を使  情熱から使  詩には使  用語例が拡げて使  方ばかり使  外国語を使  騎馬の使を  階段を使  片手の使  味噌漉さげて使  声を使  代りに使は  梅を使に  親の使に  父の使に  宅から使は  宅から使が  宅からは使も  運命の使を  父さんの使に  肩を使  左を使  づ奈良へ使  父にこき使  大事に使や  妖術を使  序歌風に使  一人とを使  彼れを使  一、人を使  張り艫櫂を使  店僮が使に  湯を使  通譯として使  髮剃り使が  對して使  民でも呼びよせて使  歌留多の使が  折惡しく使に  四声の使  使はうとしても使へ  盛政の使  雑誌に使  ことに使  そいつア俺が使は  光の使の  うぶ湯を使は  他は使は  収容所に使  言葉は使は  場面を使は  言葉は使  文を使  神経の使  糊を使  抜萃に使  二号活字さへ使へば  三人で使  拔萃に使  二號活字さへ使へば  言つて來た使の  矢を使の  兼家からの使の  僕を使に  ことを使の  此方から使を  大事に使  代り帆を使  家まで使の  稲荷様の使  兇器を使  大工が使  結局岩絵具こそ使  岩絵の具を使は  字の使  アイシャドウの使  深刻らしく使  連中の使  石鹸が使へ  眞水の使  三杯以上は使へ  お湯でも使  柳町まで使に  急用で逢いたいからって使を  下に使  顎で使  民を使  其楯戟を使  げこが使  意義のある使  お金は使  二つに分けて使  いつでも使に  十三年二月に使を  翌年十月にも使を  手さきに使  刻の使  宣傳用に使  ひだ見馴れもし使  部屋へ使  何かの使  ブラウエンベルグ氏の使  屋根部屋へ使  職人は使  女学生の使  用で使に  通帳の使  いろいろに使  あれに使  人形の使  作者と使  稲垣は使に  上方方言を使  名詞を使  子供の使  豊などに使を  先棒に使  料理に使  呉に使  別嬪さんの使  サタンの使  四方に使  一錢のこさず使  金も使へ  それを使へ  術を使  祭りに使  荷前の使と  荷前の使が  禊に使  火事を使  己が使  平気で使  天の使が  私の使  本町まで使に  アムモホスの使  ローンに使は  仲壬に使を  許へ使を  代り職員室で使  勝手に使  郷里へ着くまで成るべく使は  國で使  停車場まで使に  葬式に使  弁当を使  鎌倉殿へ使を  金ばかりを使  釿などを使  モツト餘計に使  山越えに使  雑役には使へ  庖丁の使  聖母マリヤの使  居留守を使  方へも使を  重りに使  妻の使が  地主から使が  庭を使  一度も使は  団扇を使  つて団扇を使  男を使  敵を使て  仕事などに使  老人夫婦に使  柱に使  術語を使  対象として使  其上神の使は  近代の使は  神の使は  固有の使は  此は使は  生得の使は  地主神を使は  伝教大師に使  寺役に使  手で使は  三は使は  神人が使は  それを使は  二十字詰を使  巴蜀に使  巴蜀以南に奉使  巴蜀地方に使  雜誌などに使  日本化して使  テクニツクを覚えて使  語彙を使  物を活かして使  イカサマ賽を使  女優が使  吠は聞え使に  頃から使  自由自在に使  近藤勇から使が  海外まで使を  下検分の使の  べつかを使  はりに走り使  手先に使  坐浴に使  天の使を  天の使には  僕が使  神尾主膳からの使  母の使  兵粮運びなんぞに使  自由に使は  一人が使に  金の使に  俺が使に  駒井家の使の  内密の使で  江戸までも使を  筑前守内より使に  筑前守の使の  お前に使を  今夜の使の  職人を使  地に使  日本橋まで使に  米友は使の  昨夜来た使  千光寺さんに使  人間を使は  父が使  私が使  一日で使  方で使  此処から使を  家から使が  署から使が  原料として使  神アフロディーテの使  晴の使として  猫撫声を使  韓国に使  手品を使  ことわりの使も  屋敷から参りましたという使の  殿様へ使を  器用に使  これを送使の  猫撫聲を使  韓國に使  手紙を使の  女を使  老人の使に  青年大邦に使  者に使を  悪魔の使と  行水を使  神事に使  式に使  飾りに使  栢が使  上に使  独創的に使  表向きの使  追徴の使を  義に使  誰の使  メレリさんの使を  幻術を使  自分で使  中で使  急に使を  武田に使を  位自動車を使  尊称を使  石炭を使は  春日からは使が  町へ使  町へ使に  明日家の使の  顔を見せた使の  代りには使へ  どこへ使を  天子の使が  獣も使  アガメムノーン謝罪の使を  斯うつぶやいて死の使の  浩義を使  半年たらずですつかり使  スコツプを使  紡車の使  秘書官を使  誰が使  今迄使  それは使  問責の使を  解決に使  掛合ひめいた使に  離縁の掛け合いめいた使に  今誰にも使  家へ使を  小女を使に  角は使に  老婢を使に  足ちがいで使に  心当りへも使を  屋敷から使が  主人の使で  秘密にやった使  三河屋へ使に  二度も聞きあわせの使が  妹を使に  甲州屋の使と  葉が使に  どこへか使にでも  適当の使が  男の使が  叔母の使で  内証の使という  用品に使  重量と使  金は使は  小僧を使に  有金を使  用人を使に  千太の使に  千太の使  包丁の使  槍でも使は  道化役にも使  お松は使にでも  うちに使を  方から使が  先生の使やら  うちに使が  辰の使  上津浦から使が  町内の使で  難儀な使に  平和の使に  上野原まで使に  こちらから使を  小僧が使に  父の使で  何なら使に  水まで借りて使  心を使  馬車まで使  使へるだけ使  迎ひの使を  お金を使は  つて実用に使  別間に使  英吉利人に使は  理解者の使  柔道を使や  歸つて湯を使  久助さんを使に  お金を使  音響効果を使  神の使の  国の使と  祝言に使  十日しか使は  方々へ使を  無駄には使は  材料に使  催促の使が  英語を使  金輪の使  金輪を使  魔法はめつたに使  手品なんかを使  公式の使で  子供の使の  太刀を使  太刀を使は  扇子に使  夕方そこに使に  うちにすつかり使  ローマへ使を  玉蕉女史から使が  一酋長から使が  午後街へ使に  家へ使が  劇しく使  両替の使の  我を使  書付を使に  個人的に使  手の使  色目なんか使  事務所に使  手入をして使  雑用に使  石炭人夫を使  私が使の  兵衞を使に  見舞の使を  所へ使に  豐臣秀吉の使として  城内の使が  目を懸けて使  たけ金を使は  隨つて歐洲へ使  貴族側に使  竹を使  視線の使  一台は壊れて使へ  豪家から使  わたし一代で使  言葉を生かして使  演技の使  今日まで使  彼方此方の使  荘公に使が  敢えず使を以て  莊公に使が  敢へず使を以て  後で使  神の使で  沒して使  人柱に使  八方に使  時斧を使  疎かに使  種油を使  監馮兵歩を使として  金を使へと  用語として使  進駐軍が使  先刻わたしが使から  男女が好んで使  違つた言葉を使は  上り湯を使は  上り湯を使  役目を果すだけの使では  ここへ使に  両替の使に  声色でも使  あなたを使  天の使  議会から使が  私は使は  身体は使  留守を使  大切に使は  ほかへ使を  ことを思い出して使を  伊東へ使を  何に使は  仏様の使  ロオペの使として  慰問の使が  奉公人を使  窓を使  マルタ航海会社に使  銀貨ばかり使  つた者が使  四人も使  プレテキストに使  十通りに使  俳優を使は  古来より使  料理屋からの使で  口上で使をかへ  金を使は  男爵閣下のよび使を  爲に使  高麗へ使  姫君からよこされた使  大砲を使  台湾征伐に使  腰兵糧は使は  鼻も使  漢語は使は  ものであるから使は  大名から使が  他人にばかり使  彼女を使  右衛門に使を  大金を持つて使  夜分女中が使に  口絵に使  朝大家さまから使が  方面で使  許へ使が  棹を使  づみづしい眼の使  比喩的に使  椶櫚箒を使  田舎で使  日私は使に  私が使に  京言葉を使  鍵屋へ使に  男女を使  針を使  業者間に使  うかつに使へ  船を使  女子どもの使  渡り仲間を使に  楽器を使は  素材として使  場を使  立体的に使  異口同音に使  平生毛筆を使は  近所中の走使などを  海王の使が  蕃国の使に  山神の使と  江浙に使  伴れて使が  それ人の使を  宮女なんかが使  ジョンの使に  王の使に  王の使は  王の使  もとへ使を  それを持たせて使を  堀の使が  境内を使  大西へ使を  備前島町河内屋八五郎の使  内山の使に  毘沙門の使と  神の使と  クタクタに使  処で使  言葉を交ぜて使  文章に使へ  やうにも使  皆ウ列音が使  數さんとこへ使に  村の使  小道具に使  茶碗を使  コンクリートを使は  つてゐて使  んぢゃ馬は使  夜の使の  夜の使を  いつのなど使  世間でも使  森三右衛門を使に  キミ子の使の  松浦久夫の使で  辨當を使  中食を使  油絵具を使は  大通りに使  客用に使  大切に使  云ふ使  そめには使  コンパクトを使  時良助は使から  二三度私が使  囮を使や  場合に使  封に使  仕出しに使  女人を使  上は使など  針でも使  停車場位までは使  ことは使は  避暑時に使  台所で使  帰つた時昔私が使  二三円は使  社員に使  忍術を使  金の使  夫人から使が  六波羅から使に  書記に使  魔窟を使  俳優を使  國へ使を  魏王が使をも  テクニツクが使  妖術が使  山田の使に  為ばかりに使  劉家の使に  阿諛を使は  冥土の使の  百済の使  添へ使の  雪を踏んで使に  セエラが使に  どこへも使に  料理番の使に  子が使に  黄泉の使が  黄泉の使は  黄泉の使  容赦しない使  黄泉の使も  黄泉の使を  黄泉の使に  唐の使  之に使  ときなどに使  君の使に  これでも使  つても使へ  石鹸の使  写真機を使  私用に使  洋画家の使  色を使  ものとして使  赤が使  巧みに使  形式を使  世辞の使  情趣は使  硬軟両様の使  神経は使  敬語の使  画家が使  俺に使  日本画材料を使  満足に使  ミイでは使  筆などを使  監獄とに使  大師の使  人の使は  一つだけを使は  閻王の使では  洗つて何時までも使  三つ兼合ひの使  掛て使  マニキュアに使  ヤアパンニアに使  際の遣使の  我々の使  一つも使  非常に使  一つの使  言葉でも使  平安朝で使  平安朝では使  うちから出来るだけ生かして来て使  飜訳語を使  原語を使  違へて使  間違へて使  手が使へ  無茶苦茶に使  我々が使は  言葉だけ使  つてを使  鏡を使  立派な使  町への使に  数へるのに使  浅井道忠を使として  神を使  用途に使  首桶に使  樣に使  白扇を使  実戦に使  表現を使  家へ使  身辺に使  他所行きに使  外に使は  私も使に  田舍で使  煮物にでも使  対局だけに使  木村四百五十五分を使  己ら事ぶつ死ぬまでこき使  アイルランドに使を  楊子を使  雜用に使は  幾度も使  晩時計屋へ使  モデルに使  宿屋に使  最初の使  二度目に使  西洞院へ使  意味の使  一人も使は  アントニウスに使を  食人種の使  咲子を使  圭子は使  五銭とかの使  壺井さんへ使を  万葉にも使  大阪弁の使  急な使が  宿屋から使  恐怖の使は  童謠の使  ダシに使  売約の使  人間でもめつたには使は  家なんかで使  日本語が使  選択に使  共通に使  角下層で使  何処にでも使  返しを使  剃刀の使  名を使  むしがしを使  末頃から使  日本では使  時間を使  混合して使  意味で使  つた意味にも使  ものにまで使  手軽に使  三度三度食事に使  素直な使  力をありつたけ活かして使は  古語を使  文字の使  盛んに使  秘密な使に  禿が使に  夫人の使を  名を使は  標準語を使  自分の使  標準語が使へ  運命に使  最大の使  會話を使  觀て使  小説欄に使  劍を使  形容に使  小屋から使を  梅を使  寶に使  足を使は  舌の使  中樞に使  色彩を使  東京弁を使  言葉さへ使は  鍋を使  予算総会で使  尋で使を  意味にも使  形容でも使は  万国音標文字を使  言葉として使  有効に使は  女の使  大勢の使  太政官の使が  留守宅へ使が  茶を使  花屋へ使  原稿用紙は使は  野良に使  八本針位は使  悪魔の使か  安易に使  労力の使  東京へ使に  上目を使は  ためお金を使  缶詰の使  無理に使  イギリス人の使  なかで使  畑を使は  機具などを使  タンカルを使  髯を剃るのに使  ゴロベーツィが使  ひだこき使  薪を使は  火を使はに  宿からも使などを  誰も使は  坂の使がか  孔子へ使が  公からの使を  中から使の  和尚の使  船からの使  芝居から使の  山寺の使は  漢字は使は  時に使は  刀は使へ  共同で使へ  それにも使へ  主人へ使  三百代言的ポイントをつかまえて使を  籾を乾したりするのに使  ものの使  聲色を使  材料として使  縁日商人の使  室内照明に使  漆食の使  軍事用に使  具合に使  あしを使  家へかえり使を  植市とが使  地獄の使  森村照子を使に  会社まで使に  開成山から使の  常例として使  渤海國の使  恋歌に使  ほかひに使  稲虫を使  人形を使  さいのをを使は  神道儀式に使  蝋燭の使  叩き鉦を使  伴奏に使  狂言に使  瓦斯は使  死語を使  燈台で使  個有名詞を使  異名として使  家から使  中邸へ使が  老女の使が  宿から使が  宿の使に  問の使に  クリストの使  時には走使が  ふだん自分が使  葉を使  矢張りあれを使  あいつを使  ように使が  臙脂も使  弟子かなんぞの使  水を使  金に使  三十七年に使は  未醒は使  引手茶屋山口巴から使を  此を使  客室を使  まれびとのおとづれ祖先の使  其を生かして使は  上二段に使  方も使  流行して使  程に使  擬古的の使  自分勝手な使  正確な使  公に使  序歌に使  呪文に使  人々にも使  がめばかりを使  お金を使へば  贅沢品を使  あんたの使を  形容詞を使や  訛言を使  ヘラを使  ライタアを使  賄賂を使  子供までも使は  いふ言葉を使は  天皇が使  皆此言葉が使  浄瑠璃にも使  彼は使を  舵を使  福を使  浪費に使  盡さず使  グリーナーが使  箒の使  情意に任せて使  それぎり良平は使の  楊枝を使  迎いにも来なければ使も  はりに使  心持の使  尖端が割れてくるまで使  学生時分に使  たねに使  庄兵衛の使が  微笑を使  

~ 使[名詞]2
この使  広く使  まして使  常に使  嘗て使  その使  かの使  どうして使  そのまま使  まだ使  決して使  すぐ使  どう使  久しく使  其の使  時に使  よく使  ふんだんに使  酷き使  まんべんなく使  わざわざ使  実際使  わが使  初めて使  好く使  大きく使  滅多に使  ものの使  さして使  あの使  これから使  二度と使  時には使  既に使  長く使  あらかた使  こんな使  どうしても使  こういう使  うまく使  そっくり使  時々使  ちょうど使  ときどき使  たびたび使  世に使  う使  遠慮なく使  漠然と使  早く使  突然使  ちょっと使  つと使  屡々使  安く使  つい使  まだまだ使  一般に使  どうぞ使  おそるおそる使  なく使  我が使  しきりに使  みるみる使  なかなか使  く使  回りくどく使  だいぶ使  なんなく使  時たま使  わざと使  どうせ使  ゆるく使  ない使  直ぐに使  あらう使  間もなく使  どうやら使  果して使  

複合名詞
使つて  使つた  使つて可  使つて俺  検閲使  検閲使一行  使はず  使つて新劇流  使ふた  言葉使  つて使つて  近頃使  かお使  使はやま  使つたの  使つたマラガアル地方  始終使  使手  傳令使  伝令使  欲使国光輝極東  絶妙使吾  遣唐使使人母  猿使  使つた詞  使つて仕方  一明使  明使沈惟敬  講和使  明使  媾和使  使僕  各国使館地域  蛇使  つて使  言葉使ひま  開拓使時代  手品使  一週間ぐらゐ使  開拓使時分  使便  使君歸リ  開拓使長官黒田清隆  黒田開拓使長官  開拓使本庁舎  開拓使旗  開拓使  使つた棍棒  使つて女學生  滑かに使つて來  押領使  押領使神戸  土佐国司流人藤井元彦使左衛門府生清原武次  山城使代  一日宇佐使立日  使庁事  使庁狼藉  使鼻如レ口  使庁  使つた竹  コキ使  使ふか  間使  一度使つて  今朝使  使ひで  多く使つて  よう使  聖使  文使  時分使  使歩行  使たち  使屋  ッきの使屋  のみ使  大勢使  仮名使  そのうち使  使さし出候  使来ル  廿六日四ツ時頃高柳使  高柳使来ル  良臣使レ身  傭使  無駄使  なほ使  ギリシヤ語ヲ使フナ  呼吸使  使つた方  使賃といつて名  使賃  マア使  ア使  使ふから  使つた妙  使ふん  使つた植物  一番沢山使  あまり使  使つた竪  使つた蜜蝋  開拓使永山将軍  きた使屋  使つて縫  多く使  節度使  福建廣東招撫使  頃使つた英語  自ら仏使  使小僧  使二人昏迷一  使童達  上の使三人  上の使  韓使来聘記  使つて歌  使つた例  度々使  英雄豪傑忍術使  献上使  めし使  奴隷使  花鳥使  使ひたい  使つて保養  狐使ひだ  使つて手入れ  二本使つて  言葉使ひで問  猛獣使  按察使紀  使つたルネサンス式  なにかに使  ば使  使つてちやうだい  奉幣使  使つて通信簿  婆やを使つて一軒家  近衛使  内侍使  氏使  もと氏使  春日使一行  使説団一行  使ひつ  勘解由使  銭料使  劉使君  使つてもがり  ざき使ひといふ  使つた類例  使部  使部たち  使行  二使  国使  昔使屋  一使  夕暮使  夏花使野  使君  敵使  何度使  内使  賀使  呉使華欽  とも使  一度使  使つて綺麗  使ひもの  使傭  夕方使  心使  矢張りこれ使つて  呉使  廟使張音  四方ニ使シテ君命  金使  使つた芝居  人形使  平生使  使ふし  使つて言  言葉使ひも  私製詰問使  上眼使  使つて私たち  早く使  ぱつぱと使つて  隋使  使人鴻臚寺  使人  店使  贋金使  使つてやつ  言つて使ひで  使つた奉公人  勇次郎使  使つた兇器  剃刀使  十年使つたくら  忍術使  使つた作者  殊さら使  ゴロ原稿ヲ書クニモ手紙ヲシタタメルニモヒラガナトイウモノヲ使ツタコトガナイ  現在カタカナガ一般ニ使ワレテイルノハ数学書  両刀使  製法使法発達  製法使法  使僕たち  ア使賃  人形使ひと  文字其儘使つて  二つ使つて  隨分使  皆使つて  使ひだ  四国鎮撫使  皆使  使つて洋裝  使つた言葉  宣命使  二月甲午朔戊申天皇幸宮東門使蘇我右大臣詔曰明神御宇日本倭根子天皇詔  使職文獻通編  河童使  手前使  団扇使  使つた氷嚢  や使走り  使つて仕舞つたの  勘使兼  勘使津田能登  表使格  レ使朝貢  使はん  府使  冊封使  使ひも頼み  女中一人使  森英治郎使  ひな使  青山氏使  新生社使  如來使  使つたぢ  使つた紙  昔使つた  使つた土器  皇命使二間人  はつきり使  すかいが使  按察使  使はる  使ふため  候使  使童  使つて調子  使はず喉  ほう使  いまほう使  定使  定使等  何処かに使  防人部領使  使つて得意  使つた毛  剣術使  使ひもん  使つた彼女  一つしか使  スノニ何モ物ヲ使オウトハシナカッタノカ  宮のみ使  使ひな  ニセ札使  筆使ひで  使方不十分  今使  今使つて  使つた上  使つた事  走り使  狐使  外使  直使  貰つて使  早使  使持節  幕使  批准使  気使  竿使  使つた銀竹  使つて來  使つて事務  上目使  矛使  直様使  官使  折角使  修理亮使  丁度使  使ふところ  息使  使ふよ  フランス語使  使つてろつて言  沢山使ふから  思切つて使つた  澤山使ふから  使がま  言葉使ひだ  方假名使  魔術使  三杯使  レ風使二夢醒一  時使  アジア修好使エドムンド・ロバーツ  東国追討使  使つて言つて  むだ使  獅子使  随分使  地獄使  使つて中蓋  一切使  ひつぱたかれながら扱き使  不断使つて  從來使  湖北按察使梁鼎芬  其外提學使等  以二佚道一使レ民  レ使下内有二餘帛一  吾將レ使三秦王  淮西節度使  走り使人  使二我  レ使三制レ梃以撻二秦楚之堅甲利兵一矣  若使二當年身便死一  連絡使  渤海國使  度度使等  入朝使船  觀察使  日本國使  二十三日内使趙忠  次使等給二粧鞍一  若使三專守二微生之信一  二三人使つて  使レ得二於聽聞觀感一者曰  命二中使一  使二民以明伏一レ罪  使つて云  及對二捍制使一  荷前使  駅使  宮の使  衞使  余り使  使つて小態  使つて貰  給使  蕃使  翌日蕃使  蕃使面色土  手斧ぐらゐは使  質使  使ひと考  使ひと  神使  西使二巴蜀以南一  西使二巴蜀以南一西暦前一一〇  剣術使ひだ  語句しか使  いふ使  カナリヤ使  コンクリー使  使つた俗語  使先  雑使婦  使御苦労  男使  女使  護送使  護送使一行  いま使  開拓使長官  ため開拓使庁  開拓使庁  カラフト開拓使  開拓使庁出張所  カラフト使庁  開拓使貫属  開拓使附属  開拓使顧問  開拓使内  修使  開拓使自身  開拓使権中主典  開拓使附属船  北海道開拓使石狩役所管下シップ  世界的猛獣使  使そのもの  使つた此  使つた酒造家  使つた木材  秘使  押送使  使つた時  三度使  結構使  使立て  殆ど使つて  使つてこれ  使つて解散  二度のみ使  東使  使長井縫  限つて使  使ニ来リシ犬ハ  使つた道具  使つて裸體寫眞  防禦使  例幣使  慰問使  降伏説得使  尤も使  二使以下  沢山使  使つたあげく  返礼使  徴税使  徴税使ふたり  ふだん使  無理使  使女  造楮幣使  内使一件  最初内使  身体使こ  巡察使  妖術使ひと  巡察使ビエイラはじめ十一名潜入  巡察使ルビ  使たる者  使つて国  衰弱使ム二人ヲシテ驚カ一  且ツ欲シレ使メント二宮中府中ヲシテ一體タラ一  布教使がた  使ッ  精霊使ひと牛医  レ使二吾儕死一  みつしら使つて二三年  使つた許  使つた人  表使  の使  仙術使  仮使  大喪使長官様  陣中慰問使  今日使  言葉ば使  状使  令使  仏使  征討使  切支丹伴天連妖術使  普通使  使一件  使つた衡  天保銭一つ使賃  一番使  中使  遊説使  平生使つて  使つて顏  使つて醜悪  水使  買つて使  澤山使  説得使  使つて大概手札乾板  言語使ひで  若党使僕五人  弟子若党使僕  使姫  馬車使  使つて身  たまづさの使  使つて細工  使ふさ  使つて鑛泉  使ふつ  駐在使的  七〇年二月樺太開拓使  開拓使次官  黒田開拓使次官  北海道開拓使次官  黒田新開拓使次官  開拓使女子留学生たち  いま使つて  宣諭使  使つて鉛  使つたつて言葉  使館  いつ頃使  使つた茶碗  使つて五度  使歩き  朝集使  人麻呂朝集使  息使ひで  使つて世界  声使  色使  調使丸  しばらく使  人間しか使  例幣使街道  使つて八犬伝  一走り使  声色使  使つた鉄亜鈴  使つた上句  大金使つて  身体使  禁厭使  今使譯所レ通三十國とい  使譯通二於漢一者  今使譯所通三十國  たる使  魏使  使譯  國ニ使シ  使張政等  次使  使つておいで  五人買レ婢共使喩五人  やつぱり使  按察使大納言  按察使大納言家  例幣使さま  日光例幣使  奉送使  四ツごろ使屋  羅馬以来現在使  使二風俗淳一此意竟蕭条  北海道開拓使  いくら使つて  ムダ使  使躯  ニ使  いくら使  ちや使  道等使  使つた形跡  すべて使  使ひざ  金使ひだ  使人徘徊賞  使ひま  言葉使つて  使ニテ  二国使一  罰使  一寸使  使つて盛大  る言葉使  切つて使  使これ  蕃国使  そり使  使当時  使物  国忠使  使栗本  指使  使様  使走り  牧使権和  王使  遺文林郎斐世清使國  使ひなどもたくさん  炭ほか使  頼み王使  半年以上使つて  使つて取り賄つて  使つて東町奉行跡部  国王使  使ひより歸ら  現在使つて  縒つて使  時使女  勅使院使  勅使院使公家参向当日  勅使院使さま  使つて外壁  後世忍術使  妖術使ひと一口  妖術使  江戸貢進使  册封使  北陸道鎮撫使  役使  由也千乘之國可レ使レ治二其賦一也  多く使ふか  使つた東京語  使つて頂戴  砂糖ヲ使ッテモ  是非使  ウ使  使つた刃物  使つた品物  永年使  忍術使ひなの  使つて野菜  使大夫伊聲者掖耶  使也  使驛所傳  使はず山  使つて冷汗  實際使つた  福音使  春陽堂使  女中使  使つた対象物  ナイフ使  使つて伝来  使つた場合  投機使  使つて末松君  贋銭使  世辞使  執筆法使筆法  方使  使つた術語  使筆法  明かに使つて  使つた四つ  領地巡検使  巡検使  蛇使ひで  蛇使ひも  咸享元年使  賀平使  唐持節使粟田真人唐  今使人  その頃使  ば使ふん  とき使つて  ば使つて  沢山使つて  和薬使  立ち使  ば使持節都督倭百濟新羅任那秦韓慕韓六國諸軍事安東大將軍倭國王  使つた話  たら使  行つた使  使つた後  一人使つて  使つて餘念  三十三分使  三十三分のムダ使  三百七十六分使つて  金銀使  一つ使つて御覧  一遍使やつ  さつき使  何とか使  使ふから何  使傭人  更使行人牽暗愁  づさの使  みんな使つて  よく使  節使衙門  節使趙鍠  節度使賀徳倹  節度使楊厚  管営指揮使  使つた作品  使つて会話  亘つて使  使ひよく丈夫  使ひよく  使つて便利  天狗使  古来使  妖術使ひなん  妖術使ひだ  ヤリクリ妖術使  使行權  使ひたい位鮮  何かに使つて  折つて使つて  しか使  封使君  使廳  使つた神社  われ知らず使  使つた大人  牛使  使傭人たち  修好使  いつか使  使つた食卓  ぶん使  こと使  使ふか理由  使つた建築  いろいろ使  使歸  時使つて  余り使はず  みんな使  後天使  唐手使  つて幾度使  覓國使  使三当時  使之者志母谷金左衛門  使つた牛馬  使つて國語  頓使  床屋ぢゃ使  唐使  督弁政務使  政務使  謝罪使  つた使  何かに使  千五百萬圓使つて今  使フ所  使つた小杉さん  禊ぎに使  除夜かに使  終使  昔使つた上二段  昔使つて  終使つて  使つた島  使ひよ  使つた祖母  使つて效果  使つて招靈  誡ムル使ナリ  院宣使  使みたい  西原奉幣使  手品使たち  



前後の言葉をピックアップ
  死の        市野川  市五郎  シァルコット  しあい  試合


動詞をランダムでピックアップ
踏みならすなだれ込む及ぼそ騒がやらす商お晴れ渡りゆきかえり奉ずる活き預ける忍び寄ひきこん疲れはてるたすけあいつぶそすねしたたっもりあがっ創り出そ
形容詞をランダムでピックアップ
奥深い気むずかしきこのもしくちやかましい息苦しい手厚い近けれ気強事新しく間遠くとおからおそろし珍しからおかしい重かろ興味深い畏しやり切れなく重から