「詩」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
名詞

[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
詩に唄はれたり  詩になり  詩から受ける  詩をうたった  詩を書いた  詩は決して涙ではありません  詩がありますから  詩にうたはれた  詩を通じて私の申しました  詩やその他所謂偉大な思想家の著作からの引用文があんまり沢山ある  詩も僅かに一首遺つて居るのみであるが  詩を学ぶ  詩を得んと  詩は生れる  詩としても高上し純化するであらう  詩が在るのみだ  詩をいい氣持で書いてゐた  詩を一つ作った  詩を一つ作ろうと思ったが  詩二つながら人界の災殃を賦し  詩に異常の發展を遂げたり  詩が生れる  詩と小説がある  詩は書かないかもしれない  詩や小品ばかりを書いているという  詩を背景に置いて見なければ  詩が立派であるのは当然だとも云われよう  詩に象徴を用ゐる  詩を以て嚆矢とす  詩に注げり  詩に異常の発展を遂げたり  詩はユウゴオに絵画の色を帯び  詩は多少皆象徴詩の風格を具ふ  詩や歌をお作りになる  詩でなければなりません  詩となり  詩であると思ふ  詩を作らしむ  詩を作ら  詩を贈るに  詩をつづりて  詩を賦す  詩をもって  詩または歌につづりおきたれば  詩ができると  詩を書いていただいて  詩の大和路だママよと凝と  詩をうたっている  詩を書き出してから  詩が出来た  詩を見ると  詩の理解へみちびいた  詩を朗読して  詩に付けた  詩に云ふ  詩を寺壁に題して  詩に心を用ふる  詩に対して破顔一番するを禁じ  詩の領域は描写という点では音楽の領域ほどに制約せられていない  詩が残つてゐる  詩を書き出し  詩の中に書き  詩を題し  詩を手あたり次第読んだ  詩の音楽的効果を理解出来ない  詩を全然読まずにゐたとしても  詩を書いて  詩を譯したり  詩を書いたりする  詩や小説の通になりだした  詩を作らうなどといふ  詩を書いてゐる  詩の領域に於ける  詩のために与える  詩にそれを見出して  詩といふものを余り読んだ  詩を批評する  詩をあのカルチエ・ラタンの小さなカフエーの詩人達の集りに読み聞かせてやりたい  詩をからだ全体で書いてゐます  詩には少しもこせついた  詩があります  詩もあります  詩を絹地に書いた  詩というものを作った  詩の精神を知り  詩というものが今日の現実社会状勢中どのような位置にあるかという  詩はどうなるか  詩の形式と韻律の専門的面にかぎられて  詩のあり  詩の社会的位置という国際ペンクラブの一課題から入るだけでさえも  詩とはワガマヽな心の起らぬ  詩のやうなまたさうでない  詩を見せられた  詩に歌つて居ります  詩を作つて呉れた  詩を与へて下さい  詩の講釈をしながら行き過ぎて  詩のその冒頭に掲げられた  詩に読み耽っていた  詩を思い出します  詩もお読みなさるの  詩を作る  詩をつく  詩の批判に当てられている  詩が一部に愛好されていた  詩というものをつくった  詩にちょっと魅せられる  詩をつくり  詩を作り合って  詩がある  詩に関する説話の散見する  詩は流  詩に於ては区々の事実は豈に計るに  詩の世界に伝はつてゐる  詩が遺  詩を読むに  詩も江村寺が橋辺寺となつてゐる  詩は和二述古冬日牡丹一四首と題せるものの  詩に曰ふ  詩を学べば  詩を読む  詩を刻し  詩にして存する  詩あり云ふ  詩に小桃破  詩にも次のやうなのがある  詩や歌を作ったであろうか  詩が書かれたり  詩が観念になると  詩の旨を味わう  詩を読んで  詩について自分の観る  詩に導かれて  詩を心よげに口ずさんで歩きました  詩をぎんじて歩いていた  詩をうたつて  詩をふと頭に浮かべました  詩は一つもかかないで  詩だけは作らせて下さい  詩から小手先の技巧を模倣してみたりした  詩とはそこに生れる  詩をこそ尊ぶべきだ  詩の作者の名前や伝記に就いての  詩に接して見ると  詩のことを思ひ出して  詩を知なかつた前は決して空想さへ許されなかつた程  詩といふものは食物と同じやうになくてならない  詩の国はいつまでも光り輝く  詩の世界に生きて居られるといふ  詩の世界に生くる  詩のやうな味はひが  詩だといふ  詩がさうである如く  詩を生む  詩やいわゆる怪奇小説やで描き出そうとした  詩や歌を作ったり  詩として心に思い浮かべてみた  詩はわかり  詩ではあるが  詩であると自分は思ふ  詩なんかを譯して  詩を専に幻術の秘義となすであらう  詩であるはいうまでも  詩を三ツ四ツ売ってみた  詩をうたって  詩を愛していた  詩をかこう  詩を思い出す  詩のパンフレットが出来ている  詩にして  詩が載っていた  詩なんて止めよう  詩を書こう  詩を読んでいると  詩を頭に描いた  詩の稿料六円戴く  詩を書く  詩をふっと思い出すと  詩を雑誌にかいて  詩が書きたい  詩をかいてみたい  詩のアタマを思い出した  詩だと云って  詩を聞いていると  詩をふっと口ずさみたくなってくる  詩を朗読しながら  詩の稽古をした  詩をつくってゆく  詩の部門の担当者として日本の人民が彼等自身の詩を書く  詩に明るいメロディアスな作曲をつけた  詩を批評した  詩は快楽の為めに作られる  詩の目的は其処にのみあるといつてゐる  詩は一気に読み得る  詩が非常な勢ひを持つてゐた  詩は百行内外が最適であると云つてゐます  詩にする  詩の世界にはついて行けなくなってきた  詩を書かなくちゃいけない  詩の中に消滅してしまふ  詩によく出てくる  詩はわれわれには閉された  詩としての俳句存在の理由がある  詩に抱かれながら  詩などを見ると  詩にも歌にもいろいろに云い現されているが  詩の中にどの位情熱を感じてゐたであらう  詩の外に解釈しようとした  詩の中に度たびクリストの髯を抜いてゐる  詩は圏点の多きを一首読み  詩の心を吾大君ものなおもほし大君の御楯とならん  詩を書きだした  詩を考へる  詩を愛読して  詩に感服していながら  詩を投書すると  詩が載る  詩が没書にでもなった  詩のペエジを繰る  詩のペエジに行きつくと  詩が出ているという  詩をよんでみたが  詩が自分の尊敬する  詩をよむに  詩のよしあしを正しく批判するに値する  詩をかきたい  詩をかいている  詩の話などが出る  詩が印刷された  詩のように美しい心になって考えていた  詩の精神にゆき亘った  詩のような心でながめた  詩をかいたり  詩とのことが語られている  詩の区別のようなところにひっかかっている  詩のみ評する  詩だか散文だか訳のわからぬ  詩についてであります  詩に現れてゐる  詩は年齢と共に拙くなつて来た  詩は年齢と共に拙くなって来た  詩は決して僕の言葉の誇張でないことを明らかにするであらう  詩を耳にすると  詩の中にもありますが  詩ありと感ずれど  詩をつくる  詩の百千の句を知っている  詩としての美が失われる  詩の美しい写本を持っていられましたが  詩に歌われたる  詩のうちには極楽という言葉を二度も使ってあった  詩の言葉と雖も説明する  詩は想像に基くと  詩が感傷に終らなければならないと  詩と全く同じ能力に基き  詩ほど学問を遠ざかっている  詩との乖離を嘆き  詩との分離を誇る  詩と歴史とを区別した  詩は学問の不充分な形態に過ぎない  詩が学問に対立している  詩に就いて述べられた  詩を知っていた  詩でも諳誦する  詩を作りしは  詩を読み聴かせたと  詩に現われてくる  詩を求め  詩を微吟していた  詩と哲学とに分けられる  詩の中にも或人間が矢張前に言つたやうに山林へ這入  詩を誦する  詩を全うせんと  詩でもありうる  詩が生まれる  詩の世界があるだろうと思う  詩も試み  詩の構想に熱中している  詩を書写したり  詩の双幅がかかっていた  詩を刻す  詩をえらびたるは  詩を何気なく中音に吟じながら  詩を吟った  詩は存じません  詩を微吟した  詩を見た  詩を読んだ  詩がうたわれる  詩を唄う  詩の文句がややはっきりと聞き取れた  詩は北京で流行している  詩を唄いながら  詩が流行っているでしょう  詩の意味を知っていて  詩も途絶えたが  詩を聞くと  詩があざやかに聞こえて来る  詩は一つか二つしか書きつけなかつた  詩が書けるか  詩の第一章に美しい王女を歌つて花のにほひを添えてゐるが  詩がこれ等の夜曲の中に顫へてゐる  詩であるとすれば  詩に見る  詩のつくれる  詩につくりました  詩を限りなく愛してゐただけで  詩を作るなど  詩とでもいった  詩やら小説やらを読みすぎたと思って悔いている  詩とでもいつた  詩やら小説やらを讀みすぎたと  詩は見出される  詩に水抱巌洲松孑立雲竜石窟仏孤栖といへるは  詩の情操の中に含蓄された  詩を感情し得ない  詩を嗅ぎつけ  詩に哲学を語る  詩がまるで理窟っぽい警句のやうなものになつてしまつて居る  詩ばかり作っていた  詩を作ってかえり  詩も風味すべきは  詩を吟じた  詩が無いという人もあるが  詩と夢がにじんでいる  詩の出て来ないという  詩をつくるほどの  詩に生きよ  詩や哲学の書物を読んだ  詩の勉強をはじめた  詩の世界がよくわからん  詩というものがわからない  詩がわからぬ  詩のような気さえして来た  詩を吐き終った  詩によって名を成そうと思いながら  詩を作ったにした  詩を除いてしまったら  詩を出版した  詩は發表してゐるが  詩のジャンルとして諷刺詩というものがあり得るとか  詩を読みし  詩をつくりゃ  詩を詠む  詩の同人雜誌を出す  詩でも吟じる  詩を書いてこい  詩が書けないで焦っている  詩という経験した  詩のまがい  詩を書連ねた  詩があった  詩をいつもよりしみじみとくり返してよんで居たら  詩にすっかり涙をこぼさせられた  詩や画のはなしに興じていると  詩は感じないでも  詩を感じている  詩の初句だけできているが  詩は作らんかね  詩のように吟誦してから  詩を奏でていた  詩となる  詩と見ている  詩を書き  詩を朗読する  詩の発達が阻害されている  詩だと嘆賞した  詩でも作っていたい  詩のわかる  詩を見つめた  詩に詠じ  詩と小説の食ひ  詩の形で流れ出した  詩を書いてやったり  詩を読んでやった  詩になりはじめた  詩の幾多の文句を陪審官諸氏が一語一語舌端に諳んじておられるであろう  詩のようなものをつくり  詩や漢文を遣っていたので  詩などを入れて置いた  詩になると  詩はないか無題息吹き返させる  詩を官能的であるといふ  詩を讀む  詩は何よりもまづ音樂でなければならない  詩の衣裝にすぎない  詩に見る如き  詩の目的は眞理や道徳を歌ふ  詩はいつも時流の先導に立つて  詩の今現に居る  詩が常に俗衆を眼下に見くだし  詩に關する  詩とは言葉の拍節正しき調律即ち韻律を踏んだ  詩に就いて  詩有りと考ふるは  詩の母音は此所から生れた  詩の本然性はどこにあるか  詩を考へ得ないか  詩があり得ない  詩であり得ないといふ如き  詩としての魅惑をあたへるから  詩としての魅惑をあたへる  詩として不自然な表現であるといふ一事にある  詩は決して本然の状態に見出せない  詩の本然の形式が見出せない  詩の常識として考へられて居た  詩と音樂の密接な關係が認められて居た  詩に求めてゐる  詩の情想が高潮する  詩のすべての拍節を一一指摘する  詩の形體の上で指摘する  詩に於ける  詩の表現に於ける  詩全體から直覺的に感じられる  詩には作者のリズムがよく現れてる  詩と音樂とは同一の言葉で同一の觀念に表象された  詩を思ふ  詩と音樂とは分離してきた  詩は全然音樂の旋律から獨立してし  詩と音樂とを常に錯覺混同してゐた  詩が浮んだ  詩と旋律とを同時に一時に發想するであらう  詩の言葉それ自身のリズムに彫みつける  詩を完全にまで音樂と同化させた  詩のリズムが生れる  詩の觀念を離れて  詩とは畢竟同一物の別な名稱にすぎない  詩としての效果を缺いた  詩としての價値をもち得られる  詩と言ふべきでない  詩のリズムを生む  詩の定まれる  詩として批判される  詩に作りあげてしまふ  詩の格調を會得し  詩と他の文學とを差別する  詩は實感の上位に跳躍し  詩としての十分な魅惑を贏ち得た  詩をして  詩を書きたいと  詩がさう  詩を作つてやらう  詩の内容と外形とは二にして  詩があり  詩を成立させてゐる  詩を作るなら  詩にそへて  詩みじかき歌ある  詩は巧み  詩に虚飾あるべからず  詩に作りたると  詩または俳句には用うれど  詩を詠んだ  詩を賦して媚びへ  詩を作ってみよという  詩が賦されてあった  詩は人の心琴を奏で  詩は曹植のいのちを救った  詩を書くなら  詩しか書かないだろう  詩は汎く  詩の中には神神とか人間の神とかいふ字句がある  詩あかんぼを  詩よひとよ細い雨がふり  詩すんなりと正しくのび  詩ひろい街なかをとつとつとなにものかに追ひかけられてでもゐる  詩どんよりとした  詩おそろしい嵐の日だけれど卓上はしづかであるザボンが二つあひよりそうてゐる  詩ああ何といふ美しさだ此のうつくしさは生きてゐる  詩けふ  詩けむりの渦卷く  詩そろそろ都會がうつくしくなる  詩ちらちらと落ちてきた  詩けふもけ  詩大鴉藁とぼろとでこし  詩あらゆるものをけちらしあらゆるものに吼えかかる  詩を街上の老嫗にもたらした  詩について僕がなにごとかを言ふ  詩はすべての眞面目なる人々の驚異となつてゐる  詩には宗教家の崇高い安定がある  詩からは豫言者のもつ  詩は個人的性格の感情を嚴然として批判し得る  詩に讃嘆を惜まぬものは到る  詩について何事かをのべようとしても  詩はそれらの主義から超越してゐる  詩には詩人の詩臭ともいふべき  詩に對して  詩こそは自然のもつ  詩こそは創造者のもつ  詩でなければならぬ  詩によつてなぐさめられ  詩として観る  詩や小説の才能が貧しいように思われますから  詩では到底生活されぬ  詩のようなものの朗読にはじまって  詩のない女優といったが  詩を誦し去りて  詩を成さ  詩を作らしめず  詩を造らんとす  詩を日本語に飜訳したりしていたが  詩の純粋無垢な情緒に心を抉られた  詩は出来なくとも  詩の中にあって  詩を作り  詩も作り  詩を朗吟したな  詩の中に現われた  詩には自我と外界との対立がいつもあまりに明白に立っており  詩の草稿をもって訪ねて来た  詩のわからない  詩の本をひねくり出した  詩だと言った  詩といふものは三十前に書きつくされてしまふ  詩に限らず  詩であった時代かも知れぬ  詩の問題とかにかぎって  詩の題目めく  詩からとられた  詩にばかりある  詩はどんな工合にして  詩などを代表した  詩の三眛境を認められた  詩の法門をく  詩になっている  詩の一句を誦せざるを得ない  詩になったり  詩を頭に浮べた  詩がよく文学青年の口に上った  詩の中に不滅に残されてあるという  詩を声高く吟じて見た  詩にでもなり  詩を理解する  詩を作らざるに如かず  詩に哲學がないと言つた人がある  詩を忘れて  詩とは五官及び感情の上に立つ  詩はたいてい此の不可思議な直覺からきた  詩の表現する  詩を魂の慰安として無意義に人生を空費した  詩を思つてる  詩の生命を扼する  詩で蘇らせられようとは思えなかった  詩をかいて  詩が発表された  詩を書いたり  詩をおお声に読みはじめた  詩を最も愛し  詩にもしたいほどの  詩をおほ  詩の胸守りつつ  詩についてもおなじことが云へる  詩の系統を引いた  詩は読む  詩は書かれても  詩は朗読に堪へなければならぬといふ  詩の世界に引入れてみせようといふ  詩を作つた  詩の故事を含む  詩は作らなかつた  詩を書いてくれと  詩をうたつてゐた  詩から逃げ  詩ではありません  詩や散文は自づと口に出て  詩の朗読でよくねれた  詩にいう  詩や小説を作り  詩と共に本格小説の上位に立つ  詩を書くのに  詩の形で行った  詩をそれについて書く  詩にしている  詩や批評や随筆などいろいろなものを書き  詩が私に宛てられた  詩を読んでいるかも知れなかった  詩と散文とになります  詩と散文と区別したからと云って  詩と散文の区別より幾分か創作家の態度を窺う  詩を見るに  詩の各句各節はまことに興味深いそれを聯結する  詩のある  詩から離れてゆかうとしてゐる  詩であるとしか考へられない  詩にふくまれる  詩よりも短篇の方が格が上だと思つてゐる  詩の一句を口誦みながら  詩の研究に深い注意を払っていた  詩の神が承知しませんからね  詩の引用にしろ  詩と散文を集めた  詩を発表していた  詩を十二篇加えた  詩ばかり沢山よまれるのに  詩が朗読されはじめた  詩を知らんね  詩といふものに強く引かれて行き  詩も歌う  詩と伝説の枠から離れて  詩をうたひ  詩とかいう特定の文芸のジャンルを意味したり  詩という言葉が文芸の一つのジャンルを意味すると  詩というジャンルが即ち文学だというような潜在観念を産んでくる  詩とかいう特定ジャンルを指すかの  詩を拾って歩くであろう  詩でも朗誦している  詩と科学の世界へまで侵入し  詩を學べば  詩の解釋であると視て  詩に見えない  詩の本文にある  詩の外に楚辭の解釋を含んでゐる  詩の解釋としては古い時代から存在してゐたかも知れないが  詩の風雅并に周頌魯頌あたりまでは爾雅の釋詁篇の古く出  詩の商頌などは釋言篇の古く出  詩に關した  詩に関する長論文を発表してゐる  詩や歌についての一寸した  詩を知る  詩を作ろうとはしない  詩を作って歌ったという  詩のことしかわからないと言われる  詩だの画だのいろんな話をして帰って  詩として私自身を表現しなければならない  詩について批評家はなぜ評論の筆を起こす  詩を工夫してゐたので  詩に整へられた  詩の話をしてくれました  詩に現はし度いとばかり望んで居りました  詩に歌ふ  詩を解する  詩の二派を立てたり  詩の映  詩は慥かに樂天詩なるべし  詩なることはここに辨ずる  詩の質と詩人の技倆とを直評するに至るを免れ  詩の體に伴ふべきを示したるなり  詩の旨をも含むべきを示したるなり  詩の諸體に通ずるは  詩に理想あらはれたる  詩は模實の言語となりて  詩といひ  詩に入る  詩を認めて  詩には光明透徹して  詩を作りて  詩を戲曲といふ  詩を作るに臨みて動かしたる  詩を論ずるや  詩は又初より沒却實感なるべき  詩の沒却哲理にして  詩の本體の當に然らしむべき  詩の全局面に客觀といふ名を附けたる  詩の巧なるに  詩を評する  詩の須く  詩は斯くあるべしと  詩の質を逍遙が評のうちに求めたり  詩に及ぼす  詩の質にして  詩の質と詩人の技倆とを詩人の哲學上所見若くは實感のうちに求めたるを知ら  詩の縁起Genesisは姑くおき  詩の質をいはむには  詩は固より實感をあらはすべき  詩の約束を具へたる  詩の句を需められる  詩の句は劇的伝説を以て名高い雲横雪擁の一聯で有ったと伝えられて居るが  詩を賦した  詩は祇園南海の説いた如く  詩も書けぬ  詩も作る  詩のごとく気が利いていて  詩を誦み馴れた  詩の氣持を味はせる  詩の読める  詩や繪の中で死に  詩に對する  詩を出してゐる  詩の方は会員組織になつてゐる  詩の本を読む  詩を書け  詩を作つてゐる  詩を作つたり  詩をもとめた  詩にパルナッシャンの影響がありとすれば  詩のごときは説明せよと  詩を書いたであらうか  詩を発見した  詩を身をもって描いた  詩のみを集めたと  詩が十中七八を占めてゐる  詩を作つて居る  詩の話もよく出ます  詩でこう嘆じていますが  詩を作っている  詩を頭からもぎとられ  詩をすべて打ち砕かれ  詩だとしていた  詩はふたたび詩となってしまった  詩や小説や戯曲や論説などあらゆるものを書いているが  詩を書きますから  詩を賦したりとは聞えず  詩を作るに  詩はオスカア・ワイルドの作なれば  詩の分野で若い作家詩人がいくつかの仕事を発表する  詩ばかりを書いた  詩とを織り込んで居る  詩を以って心を養います  詩に味わう  詩の世界に目覚めた  詩の恍惚境から目覚める  詩の魂が祈祷を捧げる  詩の題材として感傷をそそる  詩の世界を与へて呉れた  詩の霊泉を汲んで  詩に接した  詩ならず弦にはなれし  詩も通り越し  詩にはよくこれが現はれてゐます  詩を感ずるといふ  詩などを書き込んでゐる  詩を見ても  詩に添えて  詩は永久に見られなくなった  詩にどこか人の良いところが見えた  詩の国を建設しようとしたにあった  詩に浴しつ  詩とを一つにしてゐた  詩の飜訳文体を学ぶ  詩の古くからの習慣から割合ひに  詩の文体の基礎として勢力を持つた  詩は此による外はないとまで思はれてゐた  詩には驚くばかり  詩の表現に適せないばかりでなく  詩としての価値の乏しさを感ぜさせる  詩の文体を発見しない  詩にもそれを求める  詩の時代が来た  詩を読み始めてから  詩の読者として何度この語にゆき合うたか  詩には使ひ  詩が初めであらう  詩の行はれる  詩に限り  詩の稽古もするが  詩の喪失があるのであらう  詩を展示しようとしてゐる  詩にしてし  詩の語の持つてゐる  詩の新しい発想法を発見する  詩を築いて行くと  詩のおもむくべき  詩の場合に限った  詩とを一つにしていた  詩の翻訳文体を学ぶ  詩の古くからの習慣から割合いに  詩の文体の基礎として勢力を持った  詩は此による外はないとまで思われていた  詩に取り入れようとした  詩を照し合せて見ると  詩の読者として何度この言葉にゆき合うたか  詩には使い古されて来た  詩が盛んになって  詩の行われる  詩の喪失がある  詩を展示しようとしている  詩にしてしまった  詩の言葉の持っている  詩を築いて行くと言う  詩の中枢をなすといふ  詩を鑑賞してみて呉れ  詩もまとまらず  詩の巧拙は自分には分らないが  詩でもないと思った  詩の横に歌を一つさらさらと書き流して  詩をつくらざる  詩を解すると共に  詩や雑文を綴ってみたりね  詩を覚えてるわ  詩となって迸り  詩を書いている  詩を披露して  詩を作った  詩に出てくる  詩を最も気の利いた  詩を読んだり  詩や小説に厭いた  詩の為に鉢の水を呑んだ  詩を衒って  詩も花もない一野獣の姦淫に盲ひた  詩をうたひ過ぎるといふので  詩を吟じて歩かれました  詩を吟ぜられました  詩はむずかしくてわからないかもしれませんが  詩はむづかしくてわからないかも知れませんが  詩を吟じ  詩を意味せるなり  詩にかへし  詩よまず過すは  詩をはじめて作られた  詩の一節ごとにかう  詩の嚴然とした  詩を今日に於いて省みるならば  詩とは思へない  詩は最も強い暗示力を示してゐる  詩とは畢竟この段階のものを指すに  詩などから得て  詩を愛してゐるにちがひない  詩を作りながら  詩のなかにも彼の苦悶を讀まねばならぬ  詩の主流をなす  詩へはひつてゆく  詩に於いて  詩も僅かにその片鱗が理解出來るにとどまる  詩は私をして  詩は最後の凝結を示してゐる  詩も解し  詩を總括して  詩をもつて  詩の謝禮にビスケツトをもらつたといふ  詩の謝禮にビスケツトを持つて  詩については何一つ言つてゐられなかつた  詩は一行も讀まれなかつた  詩は解らない  詩に作曲した  詩を孕んだ  詩が少し饒舌に過ぎた  詩を作りたいと  詩の國へ旅立ちのそも  詩の雑誌が私の手元に届いた  詩の草稿が私の手に届けられた  詩を集めた  詩のいづれもが  詩に即してゐる  詩をそつくり譯して  詩にある  詩にはずつと即してゐるから  詩の對象になつてゐる  詩の第一行を口のなかで繰り返へし繰り返へししながら  詩を例の御自慢の美しい声で朗々と吟じたりした  詩を書きながら  詩にいふ  詩で唐詩選に載せられて居る  詩なくんば人を俗了す  詩は写し取る  詩の意味が分かる  詩を理解し得たのであらうか  詩でも人によつて読み方が違ふ  詩を次のやうに読む  詩の意味が日本文として通じ易くなり  詩だと感じた  詩は稀に見る  詩を採らず  詩でなく謂はゆる  詩を題し罷めば  詩の上に出来得る  詩にならない  詩と同じやうに漢字ばかりで出来て居るが  詩について話をした  詩の何処がよろしいのかと訊ねた  詩として見た  詩として依然独立の存在価値を保つ  詩にしても  詩となつてゐる  詩であることを自覚して  詩のことを書き漏らしたと思ふから  詩を感じる  詩を公にする  詩しか口に出て来ないが  詩を文學から引離す  詩に似てゐない  詩が創造されるか  詩が小説の中に割込んできてゐる  詩との混合を避けるばかりでなく  詩をつくってもらいたい  詩をつくった  詩の仇を石でうつとは  詩を書かねばならぬ  詩がきざまれている  詩の体となすべき  詩をつくって来た  詩のいくつかにうたれた  詩のなかに響く  詩はやわらかい言葉のためにある  詩を貴方の胸におくりたい  詩に女の真情的なもので同じ現象が見られていると思う  詩を愛す  詩でおもい  詩でおこない  詩をかけよ  詩というものは不幸のなかに在って  詩は作らないの  詩を作りますが  詩などは円朝は解りませんが  詩にも何にもなつて居りません  詩といふものになつて居りません  詩と申しまする  詩だといつて  詩を手に取り上げ  詩のような愛情をさえ厭う  詩で現わそうと楽しんでいたのに  詩の精神に没頭する  詩で風俗を乱す  詩がこの人人にわかって  詩をあげつらふを好まずと  詩ならば日夕愛誦に資するに  詩を知らざる  詩と信仰のみ最大の権威を以て天啓の如く世界を司配す  詩をよむ  詩はしらないが  詩を以て蒲原氏の新しき正派を自任したからです  詩を悪罵したといふ  詩は正しくその反対なる  詩を象徴詩と称してゐる  詩をうたう  詩の句を微吟したりした  詩も小説もあんまり読まないという  詩の問題も話題にのぼりました  詩として彼の頭をぼうっと侵すだけであった  詩を考へてゐる  詩は生命の最も全的にして  詩が生じる  詩の冒頭の二句を口ずさんだ  詩やらを出して見せた  詩の出來榮といひ  詩の古臭い翻訳を書きなおすか  詩を音読していた  詩とのことに他ならない  詩や劇が文学の王座から斥けられている  詩や戯曲というような文学様式だけを文学と考えている  詩の形態を取ろうと変らないから  詩の形態を用いる  詩の本道だとは云えないだろう  詩という伝統的に権威と信用とのある  詩に盛られる  詩の権威を冒涜するか  詩を書きかえた  詩のような印象が頭に蘇って来た  詩がのってると思うと  詩の本質に関係ありとは思われない  詩にあらず  詩を読みて  詩となって  詩思おのずから動く  詩や音楽の才能と相応ずる  詩や詩人を愛す  詩の中の最上級の美女善女に仕立てられた  詩を吟ずる  詩やシエークスピヤの劇の文句まで引いて  詩を歌ふの  詩が判らなかった  詩を物せし  詩を一つ教えました  詩と曰ふ  詩と作者を同ふする  詩を朗読した  詩は九軍神に捧げられた  詩を暗誦してくれたりする  詩や雑文をみせて  詩を愛してくれた  詩ばかりをよんだ  詩をみて  詩を書いてらつしやるだけ  詩と哲学とをもつ  詩に綴つたりするなら  詩に現われた  詩によってのみ現わされうる  詩というものの本質であるとして高調されるに至った  詩ほど詩形の規約の厳重さを要求する  詩だか画題だか格言だかわからなくなる  詩の資料のように見えた  詩の実力の定つた連中が大分にある  詩を添削して遣るのに  詩は諳んじてゐた  詩を作ってはいけないとか作っても  詩を発達させたとも言われなくはない  詩の素材とすべきだと考えた  詩は横道に迷い込んでしまった  詩の典型となるべき  詩らしい詩を求めたいという  詩が成立したという  詩の場合と同様に詩形の固定している  詩の領分を征服し  詩にこる  詩を書いたりした  詩にかぢりついて生きたくな  詩を発表した  詩で飾られていた  詩がみんな自分の肉体の生理的機能となんらかの密接な関係をもっていた  詩の世界は自分のからだの生理的機能と密接にからみ合っていて  詩に長じた人もある  詩の伝統はと見ると  詩を見てから  詩のことを云ふ  詩の様態を持してゐた  詩の多くは云つてみれば  詩の定形を云つてゐる  詩に反撥する  詩の様式は変遷してゆくであらうが  詩は要求される  詩が要求されない  詩が今よりは振る  詩の生存態をハツキリと掴む  詩は鈍感なものであるといふやうな通念がある  詩は微妙でないかといふにさうではない  詩といふ型がハツキリしてゐると  詩といふ型がハツキリしてゐない  詩に詩以外の物をも要求してか  詩は世間に喜ばれるも  詩といへば  詩の方には存してゐる  詩はもともと大いに要求してゐる  詩はその過程がゆたりゆたりしてゐる  詩に親しみ  詩は猶それを代表する  詩は一つのイデーから出発する  詩が欲しくなる  詩に赴くので  詩にとつて代る  詩にとつて変る  詩とはなにかと来られると  詩とはなにかと問われても  詩とはなにかといわれても  詩といっても  詩は批評であるとする  詩は美や真実をもとめる  詩は青春であるともいう  詩とはこれだと答えられる  詩の定義づけは  詩とはなにかが問題にされつづけて来た  詩を書いて来たとはいうものの  詩とはなにかと問われると  詩を投げ出して逃げ出したくもなる  詩を読んでもらいたいと  詩とはそういう風にして  詩を象にたとえて見るならば  詩のしっぽか足の皮であったかもしれないが  詩の世界に足をふみこんだ  詩とはなにかもしらない  詩を求める  詩とはなにかも知らなければ  詩を書かずにはいられないという  詩は題の示す  詩を休み  詩は糞の日々をながめ  詩から美を感じてもらいたいと  詩とはなにかの問いに対して充分に納得のいく  詩らしいものになっている  詩がわかったとか  詩を書くかという  詩がぼくにそうさせた  詩という奴はまったくひどい奴で詩人をそういうめにあわせながら  詩を書くかとの  詩を書かない  詩を書くか  詩を書かせる  詩の世界にただ魅力を感じるから  詩を書くかの  詩を切り離しては  詩を題すべく  詩は唐以上と言えるがごとき  詩を語るべし  詩を能くす  詩を語れと云う  詩と俳諧と何の遠しとする  詩に李杜を貴ぶに  詩の言葉としては世界中で一番美しいだらうといふやうな意味の事を言つてゐたと  詩とも小説ともつかない  詩が載つてゐる  詩などにある  詩が二つある  詩を大勢の聴き  詩の朗読をする  詩にこんなのがあるよ  詩の句がいり乱れた  詩だったと思います  詩の朗読をもって  詩の句を載せて居る  詩までつくるとは  詩をつくるって  詩の朗読をやり出す  詩をつくって遊んでいたの  詩を書きつけた  詩必ず豊麗はこれあり  詩について書いてくれというかねての  詩について一行も書けない  詩は書いていながら  詩について書いた  詩についてだんだんいろいろの問題が心の中につみ重なり  詩と同じものであるかどうかさえ今では自己に向って  詩の通念というものを私は殆と踏みにじって来たといえます  詩という言葉から味われる  詩を体当り的に書いていますが  詩について書けないという  詩は宴會の興にのらず  詩の神の助けありとも思はれね  詩の清興を捨てしより  詩や歌を作る  詩を吟じながらやって来る  詩を吟じながら  詩を書いては  詩だと答えられた  詩も慥か聞かされた  詩を投稿し  詩が印刷される  詩を見出し  詩をつくつたり  詩の載せてある  詩ばかり作つてゐた  詩の獨創性がそこに暗示せられてゐる  詩でもあり  詩が主として收められ  詩がそこで出  詩をまとめて  詩のスタイルを變へてしまふ  詩は三度變化してゐる  詩のために實によく仕事をした  詩のフォルムは遂に見出されなかつたので  詩を朗讀した  詩を聞いて  詩を作り出した  詩を作らなかつたらしい  詩ができ  詩であつたらうといふ  詩など愛してゐた  詩を吟じて  詩を信じて  詩としてあるの  詩であるといふことで他の形式の詩と変つているだけ  詩を知らない  詩の形式はニセモノの詩であるやうに考へ  詩も散文詩もつく  詩の本質を解すれば  詩の本質を解さず  詩が輕んぜられてゐた  詩よりも小説が重んぜられる  詩の国もあれば  詩を書いて見ようと思はぬでも  詩の作れぬ  詩は作れないといつたが  詩でなくて何であらう  詩の爆彈に填  詩は爆彈に代る  詩の本質は曲解されなくてはならない  詩の埒の外に逸脱しなくてはならない  詩が今日の惡酒に醉ひ痴れてゐても  詩はかくの如くにして  詩の一貫した  詩の正道にはづれたものとは決しられない  詩を蔑むとも考へられない  詩の一節に出て来る  詩や小説を読み出した  詩や小説を讀み出した  詩の形式と内容とにわたる  詩が文壇から迫害されていた  詩は全く健全な発育を見る  詩は正に亡びつつある  詩を求めようとする  詩を叫んでいる  詩を求めている  詩を持たない  詩を回復し  詩に関する根本の問題を解明した  詩が所在するか  詩の部門的思考でなくして  詩という言語が包括し得る  詩の詩たる正体を判然明白に解説した  詩という観念が意味する  詩の批判を正当にする  詩の原理を考える  詩の本質について懐疑し続けて来た  詩の本質とすべき  詩を卑俗的デモクラシイに散文化する  詩の新しい黎明が来て  詩を主張しているにすぎない  詩は霊魂の窓であると言い  詩とは韻律によって書かれた  詩と結びつけている  詩の形式に於ける  詩の詩たる典型の形式であると認めておこう  詩の詩たる所以が韻文であるとするならば  詩と呼ばるべき  詩と称し得ない  詩と呼ぶ  詩と呼ばれてる  詩と考え得ない  詩のリズムを解して  詩という言語が指示している  詩があると言われる  詩や小説が世界している  詩に属し  詩に属する  詩について見れば  詩の内容の点からみても  詩についても発見され  詩が人を感動さす  詩であると小説であるとを問わず  詩を書いていたという  詩の本質する  詩が形式上の詩でなくして  詩の定義に到達する  詩だと言う  詩と考える  詩を感じさせるからである  詩は常に田園にあり  詩は都会にある  詩の対象が異ってくる  詩を思い  詩を感じない  詩の本質とする  詩が本質する  詩の何物たるかが分明して来た  詩とは実に主観的態度によって認識されたる  詩を感じさせない  詩を感じさせる  詩という言語の広い所属に含まれてる  詩を持つ  詩が有する  詩という言語を拡大して  詩の外延は無限に達し  詩という言語が正しく言われる  詩という言語を限定しよう  詩の範囲から逐い出してしまおう  詩というべく  詩の範囲に入り得るだろうか  詩という言語の拡大され得る  詩という言語を空無の中に無くしてしまう  詩の円周する  詩の中心点があるだろうか  詩という言語を中心的に考えれば  詩というべきは  詩に類似する  詩に属している  詩があるかと言う  詩があるだろうか  詩という言語が本源している  詩を読んでいる  詩の持っている  詩を抹殺し  詩と両立できない  詩の主観的精神と対蹠さるべき  詩と散文とが入り  詩と散文とが別々に並行し  詩を除く  詩について観察した  詩を内にもつ  詩が常に虐遇される  詩という言語の本質感に接近している  詩と芸術とはたしかに別々の言語に属し  詩なんか書く  詩を作らない  詩を書いていた  詩が実現される  詩の本質に於ける  詩と言われる  詩に走って行く  詩と小説とはこの点に於て実に判然たる区別を持っている  詩にあっては  詩ではこれが感情によって歌い出され  詩は感情によって歌い出され  詩が作れないという  詩の生命的要素を持たず  詩から遠く離れるほど  詩を失い  詩には祈祷があって  詩の表現は必然にまた象徴に這入ってくる  詩は小説に比して  詩の方に這入ってしまう  詩よりも非貴族的であるとは考えられない  詩に於ては隠すべきだ  詩を持たねばならぬ  詩の読者は限定されており  詩はいつも山頂に立ってる  詩を愛する  詩でありさえすれば食おうとする  詩を愛し  詩を冒涜し  詩を教えてやる  詩の表現は形式に属している  詩の表現形式について考えよう  詩の内容について学んだ  詩の有り得べき  詩について考える  詩はいつも音楽のように歌い  詩が音楽を規範とし  詩が他の文学と異なる  詩が音楽に学ぶ  詩は音楽のように歌い  詩と非詩とを判然区別しようとする如き  詩という形式に関聯して  詩が一般に詩として肯定されている  詩の絶対的条件でないことを断言し得る  詩を定義しようとした  詩と異っている  詩と他の文学との表現上に於ける  詩が韻文を意味する  詩の仲間に這入れなくなる  詩の認定を得るまでには  詩を定規的な形式観によらずして  詩と言わねばならないだろう  詩と呼ぶべく  詩の形式を借りた  詩の何物たるかを全く知らず  詩の世界を豊當にして行く  詩の内容たり得る  詩の内容になってくる  詩と言い得ない  詩と見るべき  詩としての霊魂がないように思われる  詩と似  詩は本物として感じられ  詩として感じられるかという  詩を創作し得る  詩が音律を必要とする  詩の形式を決定して  詩と言うべき  詩の形式を定義するべく  詩とは辞書が意味する  詩の散文的没落を意味する如く思われるが  詩の本質的精神に関係していないからだ  詩は永久にその精神を没落しない  詩とは主観に於ける  詩を特色する  詩とは情象する  詩の形式する  詩を認める  詩が起り  詩が起った  詩と歴史の別れる  詩の本質的な特色からして  詩の概観及び芸術に於ける  詩を思う  詩をずたずたに切り離し  詩を読んでいない  詩が自由詩となった  詩と小説とが極めて接近し  詩は単に象徴の故に詩でなくして  詩に属さない  詩が音律を要求する  詩はすべて韻文の形で書かれ  詩が詩であるとして考えられた  詩の発生に於ける  詩が既に音楽から独立し  詩の形式を二分している  詩の自由主義に不満して  詩の形式を全く破壊し  詩の歴史に帰って行こう  詩と小説との文学につき  詩を尊んだ  詩から一切の情緒を排斥し  詩から一切の主観を拒絶し  詩の世界について想像できない  詩を散文の中に低落させると言う  詩に於て取り返そうとした  詩を愛した  詩の韻律法則を破壊して  詩に瞑想的な実在観念を深めた  詩に共通する  詩を叩き出  詩を音楽から遠くさせて  詩を内容的なものから移して  詩が美術に近く様式する  詩を自己について物語らず  詩という文学の立場に於ける  詩の精神を失わない  詩の最も深い神経に触れる  詩の内容は主観に属し  詩の情操からも考えられる  詩は実に近代的叙事詩とも言うべきだろう  詩の表現と結婚する  詩の世界にあるだろうか  詩としての正しい評価を持ち得るだろうか  詩を造型美術のように建築しようと考えた  詩と言う  詩は心情から生るべき  詩と称し得べき  詩が作れよう  詩など書こうともしなかったろう  詩の詩たる魅力がある  詩の本質をかかる  詩の本質に属しない  詩は現在しない  詩に対する詩の反語に外ならない  詩の中での純詩と言うべき  詩というべき  詩を欲情する  詩について叙述してきた  詩について述べねばならぬ  詩の原理する  詩は著るしく  詩に於て見るほど  詩の起元に於ける  詩は荘重典雅なクラシカルの押韻詩に始まっているのに  詩に定形律が出来た  詩にその規約がある  詩としては成功している  詩が作りたいと言う  詩に拡張したら  詩の音律価値を高める  詩を欲するならば  詩は早くより象徴主義に徹入していた  詩を創造しようとする  詩を移植し  詩の批判さるべき  詩の質と価値とは次第に低下し  詩に自由詩の必須とすべき  詩としての第一条件を失格している  詩と言わるべき  詩としての第一条件を欠いている  詩としての使用に堪え得る  詩を書くだろう  詩の詩たる面目を保持しようと考えている  詩を印象風に描き出そうという  詩を称して  詩であるか否かと言う  詩が全感的にあたえる  詩として末流のものにすぎない  詩らしい文学を書こうとすれば  詩の真に何物たるかを知らずにおり  詩の正道であると考え  詩を読まず  詩についても知らない  詩を読み  詩を読んだら  詩も小説も有りはしない  詩の言語を考える  詩を作るよりも  詩の時代は未だ至らず  詩と文明とが求める  詩を否定しようとする  詩であるかと言う  詩は必然に先導に立ち  詩は全く地位を得る  詩が導いて行く  詩は音律要素を重視せねばならないと説くに対し  詩は音律を重視すべきであると言って  詩に関するいかなる認識も起り得ない  詩の破壊者と見  詩の本質について考え続けた  詩も多分さうであらう  詩の將來が問題に上るに  詩に改鑄する  詩は滅びると  詩は當然散文に吸收されて  詩の將來の爲めに指針を與ふる如き  詩という事が出来ない  詩は疑と  詩の徴候は或は現在の生活に限られている  詩に現われない  詩となって感ぜられる  詩が含まれている  詩は文字の上のみに現われると限っていないけれど  詩の王国が移動した  詩のように美しく思われた  詩をふいに  詩から取って来られた  詩に思及ぶや  詩を梁川星巌に学び  詩の翻訳の不可能性を痛感する  詩として感心した  詩の個々の原語や逐字訳的の詩想でなくして  詩の意味を伝へる  詩を読んでる  詩を読んでるので  詩を示して  詩を読んで驚いた  詩を盛んに訳してゐた  詩などいう  詩なぞを掲げてゐるが  詩が本来彫刻的である事は已むを得ない  詩を支配する  詩が少いのを怪んだ人が曾てあったが  詩ばかりが彫刻に因縁を持つ  詩の形成に於ける  詩になり得ない  詩とは別種の詩でないものが出来てしまうという  詩はともかく言葉に或る生得の感じを持っている  詩が安全弁的役割から蝉脱して  詩でも聞かせてて下さいませんかね  詩を聞すと  詩に聞き惚れたばかりで  詩の調子を合せてゐるかの  詩に聞き惚れてゐる如き  詩は一九〇〇年の冬から今迄に書いた  詩をこの宴會に捧げようと  詩などを作り  詩も作れば  詩は自然景象を通して生活感情がにじみ出てゐなければならない  詩を新しく本質的に鑑賞し得る  詩とも情趣に共通する  詩からすべての主観とヴィジョンを排斥し  詩に見られる  詩の縹渺する  詩があり得るとは考えられない  詩の全体にかけて流動する  詩としては閻王の口や牡丹を吐んとす  詩の主題とする  詩としての純粋感銘をもち得る  詩と共通する  詩は吟じ終って  詩を読むだけで  詩を解す  詩を読んでゐる  詩にすぎないが  詩を書くなんて  詩を歌ひだす  詩の微吟に表情の微動さへ見せず  詩だと前にも述べたが  詩の境地を想像する  詩や散文が折にふれては  詩の境地まで屈せず撓まず歩きつ  詩を題した  詩を発した  詩の事を尋ねられしに  詩の事は隠士素堂と云ふもの  詩にも左様の例あるにや  詩に多く有る  詩のことを尋ねた  詩にもある  詩も聞かせて  詩を作つた山口素堂に発する  詩とやら聞いた  詩ではある  詩を誦した  詩を屏風に書いた  詩をうたって居ます  詩を母に見せて  詩を習わせたり  詩を私にきかせて下さい  詩をうたいました  詩の人の頭にうかばせました  詩をたくみないかにもよろこばしそうにうたいました  詩が生れて来ます  詩の神様が人の世に姿をあらわしたかの  詩の書ける  詩の世界に現れる  詩や感想を書いて来た  詩で返したという  詩の入り口に詩人がつく  詩のヴェイルを通して人生を見る  詩を象篏する  詩ばかりではありません  詩においてあらゆる行が一本の感情によつて貫かれてゐなければならぬ  詩が私の頭の中になかつたからではありません  詩こそ私の最も愛する  詩のような口調でそれを繰り返す  詩を吟じてみたり  詩が出来かかって  詩を書いて見ようかな  詩を書かうと企てた  詩でも書けば  詩を善くした  詩と云う  詩を学びたいと言い出した  詩を作ると云う  詩を善くする  詩を教えている  詩には人に優れた  詩を受けて読む  詩を輝かす  詩の常套の世界にすぎない  詩の因縁でせう  詩といふものを歌ひ出した  詩を思い出したりして  詩を歌ったり  詩を吟じてゆくと  詩や歌を謡って  詩を捨て  詩を失ったら  詩のようだとした  詩とを寄与している  詩は又た詩の理と詩の美とを兼ねざるべからず  詩の理と詩の美とをも究むるにあらざれば不可なるべし  詩と称する  詩の本能ある  詩が兼ね  詩と云ふべき  詩を引証し  詩を朗吟して  詩をもって示してある  詩の一節を朗読したが  詩のことになると  詩を作ろうと  詩を持参に及んだ  詩でも作って  詩を朗読すると  詩を載せてゐる  詩も半分はなって来た  詩をもたらす  詩を編む  詩の中に空しく思ふ  詩の国のようなこの荘厳を蹂躪する  詩に盛られたが  詩を作つてゐた  詩示することを意識した  詩を吟じている  詩を吟じて歩く  詩の世界に属する  詩を吟誦する  詩豈活き  詩はかくの如くして作られ  詩を世に問ふに至りたるは  詩を繙かる  詩をあた  詩は響のつよい秋の時雨を思はせるが  詩の数句が引かれてあったりした  詩を語り得る  詩をつくって  詩や歌にあくがれている  詩のことやら明星派の歌のことやら我ながら若々しいと思う  詩や歌の批評を縦横にそのなかまにして聞かせる  詩でもあげましょう  詩を愛読する  詩で読んだ  詩を吟じたりして  詩も出でず  詩の意味を解いて聞かせて  詩をくださいなどと言って来る  詩と罵ったが  詩の断片を思い出した  詩を繰返し  詩も作ったら  詩も出来るから  詩はどうして作るかと問うて  詩とはならなかった  詩ばかりを作り  詩においては殆ど敬遠主義をとられていた  詩を作らねばならぬ  詩などもたいして出来なかったので  詩もそれに比して  詩の方とてもその頃の先生達は今日の俳句でいえば  詩らしい詩を取らなかった  詩を作り始めたと聞き  詩は山陽心酔者となり  詩の修辞が出来れば  詩を作っていられたにかかわらず  詩にも度々よいお点や批評を与えられた  詩といえば  詩は出来たと思うが  詩の出来る  詩などを見せたり  詩をよくする  詩をよくした  詩を入れて  詩の七律と間違った  詩も無論それに倣ったには  詩は理窟めいた  詩も作って見るが  詩らしいものが出来る  詩なども作っていたが  詩だけは私にも示して  詩の応酬なども始めた  詩も作っていたので  詩を書いて売ったり  詩など訳して売ったり  詩にもなり  詩にうたった  詩であるという意味のことを述べております  詩を選んで  詩ばかり作って  詩を作るなと仰っしゃられても  詩が心にうかんでくるので  詩を止めんなら  詩を作したら  詩の真理にうごかされ  詩は聖慮にとり  詩が迸り出でる  詩になって響く  詩を最後までおうたい下さい  詩を吟じ出しました  詩によって試みた  詩をうたいはじめた  詩が色彩の強い印象派の油絵ならば私の歌はその裏面にかすかに動いてゐる  詩のやうになつたEsseyを植物園の長い薄あかりのなかでいまやつと書き  詩とを見出さうとした  詩や思想や雰囲気や感銘の効果を充分に生み出してゐるか  詩の音律美を具えてゐても  詩は言葉の調子からは生れない  詩は事実の中にひそんでゐる  詩を見出した  詩がすきで常に読んでいましたが  詩よりも六蔵のことはさらに意味ある  詩が出来  詩にちなんで  詩に見えて居る  詩を吟じさせたり  詩のうちに言って  詩がのっているだろう  詩は新聞に出るであろう  詩とを包有していた  詩の領分に恋愛を書いた  詩を作って見る  詩でも書いて遣る  詩の中にある  詩が眼に入る  詩を学んだ  詩だの歌だのを書いてよこした  詩の句が私の胸に浮んで  詩の最高潮に達した  詩の序の延長のやうな漢文口調のものであつたらうかと想像すると  詩にも作られ  詩をわたしに示し  詩の作者が心の深い人であるかをわたしに言つて見せた  詩の全體が語る  詩の境地を進めて  詩の間を低迷して  詩に於ける如き  詩の領域にも踏み込まず  詩は誰がつくった  詩を論じ去り  詩をつくっていたろう  詩を読んできかせた  詩がありますね  詩を題する  詩が危険思想であるというので  詩にうたひ  詩が書ける  詩を作ったという  詩の神に入りたる  詩の神から酬いられるに値して居ない  詩とも何とも思つてゐない  詩の勉強をしている  詩に自信のある  詩の修行に於いて  詩にて申候へば古今集時代は宋時代にもたぐへ申すべく  詩を研究するでも  詩といふものがあるやらないやら  詩には支那の詩の長所あり  詩には西洋の詩の長所あり  詩を作るとも  詩といふものが有るやら  詩が尽きて  詩のようになって聞えました  詩の句を思い出して  詩は起らない  詩の中に入って来る  詩の中にこんな言葉があります  詩である俳句にしても  詩を思いだした  詩だったと思いますが  詩を示した  詩に満ちた  詩のやうな文句を考へ出した  詩になつてるか  詩を読んでくれれば  詩に現れしが如き  詩は明治三十九年の四月より同四十一年の臘月に至る  詩を知り  詩は皆予が初期の試作たるを免れず  詩を作為するが如きを  詩を読ま  詩を嗤ひて  詩は論ふべききはの  詩など感想にふくめて書かれている  詩を小聲に口ずさんでゐると  詩にすぎない  詩になってしまう  詩の美しさの余りにしばらくいつもの書き  詩のためにさんざん使って置きながら  詩の切れっ  詩の他とは異なる  詩の一節を繰返していた  詩を誦し得るなり  詩を賦し  詩活きたる芸術の作品となすに何の費をか要せん  詩をノートのはしくれに鉛筆書きしたりしていて  詩の朗読会なる  詩は生れます  詩が生れた  詩の系譜から見て  詩の雑誌にのった  詩を私は永いあいだ書いてきた  詩としての格調も整ってくる  詩はなお今後も書かれる  詩を幾つも書き続けてきたからだ  詩に代へてね  詩でも読むかの  詩をどうして私は食わず嫌いしていた  詩が生れて  詩として読むからである  詩である以上は地面を貰って  詩があるか  詩はそんな世間的の人情を鼓舞する  詩にもなる  詩にもならんと思いながら  詩になる  詩に作るだろう  詩の中に適用て見る  詩の意味をわれらの身の上に引きつけて  詩にあらわれた  詩にはなるまいかと  詩の本領であるごとく論じて  詩として成功する  詩が一種のムードをあらわすに適しているとすれば  詩の方が作り  詩をすてて  詩が作りたくなる  詩を作って寝ていました  詩がたくさん書けたといって  詩というものはこういうものだったのかとしみじみと覚った  詩だとか読み出している  詩に過ぎない  詩を持つた  詩などを読むという  詩にまでうたっていながら  詩を書いてしまった  詩を一句も余さず  詩と句とによって考えると  詩を作るの  詩を纏めようとしたが  詩をもった  詩も今では殆ど人に忘れられているのに  詩を作って贈って呉れた  詩をつくってあげた  詩を作ったりする  詩を残した  詩を残したは  詩なども作ったりしていた  詩をかいてきた  詩が書けなくなればなるほど  詩が下手になるので  詩をつくるより  詩をかざらず  詩は空想の産物で迷信とは隣りづき合いをしている  詩など吟ずる  詩にいへるも  詩が完成する  詩には割愛し  詩や傳奇小説を愛讀してゐる  詩は詩によってのみ批判され得る  詩が充分にわかってはおりません  詩が少數の仲間に讀まれるのみならず  詩を見つめてゐると  詩はいづれも  詩はこの詩人にとつて或はこの集をもつて  詩の大河となって逆巻き  詩を取り上げて  詩に用いる  詩を歌っていた  詩や劇や形而上学などというさまざまの見地から唯一の神体を礼拝してる  詩を朗吟した  詩の国に踏み込む  詩は少しもわからない  詩が彼には少しもわからなかった  詩の作品を音楽に翻訳せんとする  詩を読んでも  詩のばかばかしさを苦しんでいた  詩には常識が欠けてる  詩だけをほめて  詩のこともある  詩の汎濫中に迷い込みおぼれ沈んでしまって  詩を作りはじめた  詩をそっと握らした  詩をひとつ気取って焼きこんでやろうと思っている  詩をひとつ気取  詩なども大いに読んでいた  詩にみちた  詩が道元にあるが  詩の話をしていたじゃありませんか  詩が生まれ出る  詩であり歌でありうる  詩が構成されても  詩と俳諧とを求める  詩よりも国際性に富むという  詩の流れでもある  詩を織りなしていく  詩の分る  詩を味う事のできる  詩や礼を教わって  詩の話をもちかけてきた  詩との花がこの土地から生じた  詩を書かれる  詩にも作り  詩と俳句とは詩形に長短あり  詩を天下第一の如く思ふも  詩が天地を撼かすとはいふまじと思へど  詩の趣味と同じといふにはあらず  詩のしまり  詩を知らず  詩は東洋の詩に比して  詩と歌とは確然定義を異にし  詩に訓して  詩と同じく志を述ぶる  詩も飜訳されてある  詩のことを話しかけた  詩を書きつづけてゐた  詩や音楽などに心酔して  詩についてはわが国でも時折り推称される  詩は理屈っぽくて困るなどという  詩が稀世の傑作であったことに変わりはない  詩を綴っていたら  詩の誤解されている  詩から離れて  詩を作るといふ  詩に歌ふまでには  詩が作れぬといふ  詩を書いてゐた  詩と私とは他人同志のやうになつてゐた  詩を読んだといふ  詩が内容の上にも形式の上にも長い間の因襲を蝉脱して  詩には本来或る制約がある  詩の将来を有望なものとは考へたくなかつた  詩を作らうといふ  詩の存在の理由を肯定する  詩の試みが今迄に受けた  詩は古典的でなければならぬとは思はぬけれども  詩とするには  詩が其時代の言語を採用したといふ  詩は堕落する  詩を書くといふ  詩を堕落せしめたか  詩に関する智識乃至詩論は何の用をもなさない  詩は総ての芸術中最も純粋な者だといふ  詩を尊貴なものとする  詩でなければならぬといふ  詩に満足するか  詩を詩として新らしいものにしようといふ  詩を作っていた  詩を作るという  詩に歌うまでには  詩の調子に合わず  詩が作れぬという  詩ができた  詩はこのままではいけぬ  詩と私とは他人同志のようになっていた  詩を読んだという  詩には本来ある  詩が真の自由を得た  詩の将来を有望なものとは考えたくなかった  詩の拙いことを心ひそかに喜んでいた  詩を作ろうという  詩の試みが今までに受けた  詩は古典的でなければならぬとは思わぬけれども  詩に不満足な人たちに通じて  詩がその時代の言語を採用したという  詩を書くという  詩に関する知識ないし詩論は何の用をもなさない  詩および詩人に対する理由なき優待をおのずから峻拒すべきである  詩はいわゆる詩であってはいけない  詩でなければならぬという  詩に関する知識の日に日に進むとともに  詩を詩として新らしいものにしようという  詩についての見解と要求とをおおまかにいった  詩も読んどるに  詩について語る  詩を暗しようしてみておくれんか  詩よんどりやせんかと  詩よまれ  詩を送つて来ていました  詩がありました  詩などに興味をもつているだけ  詩を戦地で読んだという  詩の一つを朗読して聞かせる  詩を讀了する  詩の批評はできないと  詩が解る  詩や小説が書け  詩や小説に比べて  詩だけを承っておりますと  詩になって現われる  詩を朗吟する  詩を高らかに吟じ出した  詩に直し  詩の聯想にも十分に旅行者を満足させる  詩には見えないが  詩には紀元前四七六年の噴出についての叙述がある  詩の世界へ久しぶりで引き戻される  詩の真実であるというだけの  詩や音楽に巧みださうである  詩においても若い文学の世代に生きようとする  詩は自由になり  詩をさへも征服するであらうと  詩かと尋ねる  詩が見えない  詩のうちに流れていた  詩や絵画や音楽を復興さした  詩や知力の閃めきは  詩に基づいて  詩の重要性が言葉の修練にあるという  詩の天地が開闢する  詩の両極をなす  詩だけを思う  詩には何を措いても  詩を作って  詩を読んだといって  詩に入れている  詩を鶴見よりは器用に書いて  詩でも朗吟すれば  詩とこの宇宙論とがものされました  詩の一節読み  詩読む心にて記憶のページ翻えしつつある  詩はその最後の一節を欠きたり  詩を自分自身だけのものとした  詩の中に敗徳の深淵が想像された  詩の円光を帯びてくる  詩になって現われるだけの  詩は何も言うべき  詩を食い荒らす  詩を害しながら  詩に基づいて書かれた  詩と音楽との結合という危険な問題にぶつかった  詩を失って  詩ともいふべき  詩の薄い同人雑誌もかかえこんで  詩を遺  詩との鑑識家でもあった  詩の文句を読みすぎた  詩を書いてみせて  詩を出して居て  詩を作つて竹山に見せた  詩の事許りに心を集めて居たが  詩の贈答もして  詩にお作りになったが  詩を非常にほめて  詩のように思われる気取った  詩は理解できなかったろう  詩などを歌ってくれましたが  詩の評をする  詩思いまだ動かず  詩の終わりの  詩の講ぜられる  詩がたくさんできたり  詩のスタイルを同一にし  詩を詠むと考えたい  詩の句の書かれた  詩を作ったり  詩の境地にいる  詩の句が口に上った  詩をお吟じになった  詩も作った  詩にも歌にもして伝える  詩を作ります  詩は講ぜられた  詩を読み上げる  詩ばかりであると言われた  詩の句を口ずさんでいたが  詩をなされ  詩を思はずにはゐられない  詩の中に見えていた  詩の光輝を投げかけた  詩の中で高唱していたが  詩などの変遷と並行して  詩への飛躍となり  詩を想はせる  詩の中間に介在する  詩を教師とよんだ  詩を作るが  詩を見出しました  詩を読もうか  詩看二子建親一自謂頗挺出  詩がドラマのうちにおいて容易に発展し得る  詩も近ごろ逝った  詩を拝見した  詩のなかにこもっています  詩のできた  詩というものが書けないけれども  詩は純粋にそのものとして一つの奥ゆきある  詩によってあらわされている  詩が理性のうたであるときいて  詩ではないが院のお歌いになる  詩も楊妃に別れた  詩を想する  詩を夢中に得たりとて  詩も作ったし  詩と一致しない  詩にあったけな  詩に有名なのがある  詩を作れる  詩が書いて入れてあったという  詩を再吟した  詩を取る  詩には泣くよ  詩を示された  詩を詠じた  詩はあんまり上手とも思われないが  詩を吟じて上り来る  詩を吟じましょう  詩を吟じ終ったが  詩ではあるけれど  詩の中の漢字の偏を付け比べる  詩にも歌にも多くできた  詩を書いて死んだ  詩をお作りになる  詩の筵は開かれた  詩の人は創作をする  詩のおもしろい一節などを皆口ずさんだりしていて  詩の冒頭の二行に妙に心をひかれていた  詩にも歌われている  詩を口ずさんで通って  詩を口ずさんで  詩を御持参になる  詩がどれも講じられ  詩を善くし  詩で陵園を守る  詩の色あるを  詩が出来るか知れぬとの  詩にも頗る冷淡に出来上っている  詩や小説なんかを書いてゐた  詩と小説との本質に関連する  詩を見て  詩が合唱せられて  詩を書かれた  詩に歌われた  詩と言わんより  詩であり歌であったのではないかと思われる  詩が数千年そのままに伝わって来ていた  詩の言葉に翻訳しておく  詩をつくったりする  詩を書くだけの  詩がおとしめられ  詩と常識をまぜた  詩にさはるのでせうか  詩は神のお作りなされた  詩は作れません  詩の学校を開く  詩は歓びの声を上げる  詩に音楽に彫刻に現示して  詩にえがき  詩も音楽もわかり  詩が小説よりも観念寄りといふよりは寧ろ印象寄りの仕事であることからして  詩が中途にして  詩に移りなされといふ  詩に対する関心を増す  詩の稿料を定める  詩が十分に発展しない  詩では食へぬといふ  詩で食へてはならないといふ  詩では食へぬと云ふ  詩で食へてはならぬといふ  詩を歌え  詩は作れない  詩と一々ついて離れず進んで  詩全體を生ませるに  詩は此處にも抱かれ  詩を封ずる  詩の方面は暫く問題外とする  詩に結束衫裙學僊擧とあるからには  詩の世界は人間界の実象のみの占領すべき  詩の世界なり  詩を思い起した  詩の感覚を置き換えた  詩に見えた  詩を書いて見せた  詩を書くと  詩を無遠慮にやっつける  詩だと云ってほめてくれた  詩の原稿を引裂いてしまった  詩を読んで聞かしてやった  詩をいつもさんざんやっつけた  詩と恋の情熱とはその婦人の純潔なる美の面前に紅葉する  詩に彫刻に盛名を馳せた  詩は晶子の作品集からけずられて  詩にいわく他人心あり  詩に詠んだり  詩が生まれた  詩をよんだ  詩とにかつえている  詩と慰藉とを与えられた  詩と美とのよりかかる  詩と慰藉とを見いだしうる  詩とか歌といふ具合で韻文にまとめて書いた  詩の本場だけあって  詩に曰く風雨晦し  詩と称ぶか  詩は学校の教科書にものっていたと思います  詩や歌や小説を読まれ  詩や童話は実にたくさんあり  詩は病気でねている  詩を巧みに作ったので  詩を残したり  詩もあるし  詩が書かれていました  詩をうたったり  詩をつくりました  詩の道に君が名讃へ死なむとぞ思ふ  詩に問ふや  詩によみがへる病む  詩が中国の小説の中に出てくる  詩のルフランのように括弧でくくられて書かれていた  詩を作っていたけれども  詩のルフランのやうに括弧でくくられて書かれてゐた  詩というのを出して貰って見た  詩が書かれている  詩の題はTheFlowerKingofHonourと云う  詩をきくとも  詩くめどつきせぬわかみ  詩の讚美が証明する  詩が私の唇にのぼつて来る  詩としてはあながちに却くべき  詩の世界と科学の世界とをむすびつける  詩をかく  詩の句が英語で引用されている  詩を誦し  詩がのった  詩と小説を書きはじめた  詩を発表し  詩として肯定しなかった  詩を探している  詩のない世界に何の文学ぞやと思ったりしました  詩で言えば  詩をかいて来ただろう  詩はわからない  詩というものはひたすら写実の奥底にもぐり込んで  詩の精神がかくまでも燦然たる光を放つて  詩とに関する一条を抜いて  詩にのみ赴く  詩を十分に持つた  詩の形式要素から受ける  詩を形づくらしめれば  詩は亡んでいた  詩をいうべきなり  詩と教化との本質を説いた  詩を教えて下さい  詩を作るより  詩を真実をチョコレートかゼリーのやうに菓子型に入れて  詩を綴つてゐた  詩は私を打つ  詩があつてさへ甚しく気に入らない  詩であつてはならない  詩の終る  詩は絶対の極点を貫き走つてゐる  詩をこよなきものに愛誦してゐる  詩をうたって見ていた  詩を読んできかしてくれました  詩を云い終ると潤んでいた  詩の一行さえ知らぬ  詩の中に余裕をもちたい  詩に書いてみたい  詩は詩集として一つに纒めて読んでもらう  詩は十編と発表してはゐないと思ふ  詩の数から言へば秋になつてから今年の一月までに八十余編の詩作をして  詩を見てゐて呉れる  詩を書かなければならないと  詩を集めて  詩をかいた  詩の一行さへ知らぬ  詩の話をいたしました  詩を出してくれました  詩を読みました  詩がございます  詩は諸君もご承知のとおり山陽の詩の一番初めに載っている  詩を読みまして  詩ほど多くの人を慰め  詩によってグレイは万世を慰めつつある  詩を遺して死んだというては  詩にこんな景色があった  詩はおよそ私の現在の氣持からはあまりに懸け離れてゐ  詩の意味をちつとも  詩をひよつくり讀みあてたので  詩に仕上げて  詩はおよそ私の現在の気持からはあまりに懸け離れてい  詩の意味をちっとも嚥み込めない  詩をひょっくり読みあてたので  詩に仕上げてしまっていた  詩であることを知って  詩や小説や評論を書いてゐる  詩の古い形式を理解しろだが信ずるな  詩も一個のボタンもつくれやしない  詩をマヨネーズソースをぶちかけてやる  詩でないやうな詩をつくる  詩や小説なんと嘔吐する  詩を読ませられたり  詩の文句につづいて  詩に於て表現されてゐる  詩には熱を感じ  詩を主とする  詩のような感じがした  詩をつくりたき  詩のことなどに移つたが  詩のこのような力についてどんな感想をもたれるでしょうか  詩に新しい価値で生かしていると思いました  詩とを訳して  詩に就いての  詩の動きにも敏感な見透しをもつてゐた  詩の情操が根本的にちが  詩によりて  詩に接して  詩を作っているなどとは  詩の書いてある丸めた  詩が書いてあるではないか  詩の持つ  詩の韻をふみ  詩に表現した  詩の訳をしてる  詩で埋まるに  詩はよろこびの溢れぬる  詩の中で五および七の音数から成る  詩の中に七言が続く  詩にも十五種ほどもミーターの種類があるらしいが  詩ぐらいは作れるぞ  詩を寄せる  詩を施十娘の店へ持って  詩を袂へ入れ  詩を出して  詩から眼を放して  詩と繍鞋児を袂へ入れ  詩のやりとりをしておった  詩は唐詩選にでもありましょうか  詩で有名な詩人は作家の経済事情が文学を沈滞させると  詩の観念を表現する  詩を認めた  詩を認識する  詩の教から出てゐる  詩の教といふのは必ずしも韻を蹈んでゐるばかりで  詩が本ものの朗読者によって音楽に伴れて  詩かと思うと  詩を書いたといふ  詩であるか私たち子供はむろん知らなかつた  詩や文章を見せる  詩も書くという  詩だか何だかを書いた  詩の連中が機関雑誌を印刷してくれと  詩など書いて  詩を書きたいと念じていた  詩の勉強などはてんで認めず  詩の友人ひとりひとりに対する蔭口は猛烈をきわめ  詩の評判などはどうだってかまわない  詩の註文を持って来てくれると  詩なんかではとても生活して行かれぬから  詩の友だちがついているから  詩を頼みに来て下さる  詩の仲間を糞味噌に悪く言い  詩も書けなくなり  詩はいよいよ下手くそを極めて読むに堪えない  詩など書ける  詩の雑誌で読み  詩の生命を完全にぷつっと絶ってしまった  詩の舌を根こそぎむしり取られました  詩をよみて眠る  詩を品し  詩や哲学を作り出す  詩でも作りたい  詩は書けません  詩に及ばざる  詩ばかりを書いてゐるので  詩を書かうとは思へなく  詩にシューバアトが曲をつけた  詩の例より考ふれば  詩と比較すれば  詩は商頌を以て終つてゐる  詩の編成に於て魯頌の次に商頌を附け  詩をどんどん書き出した  詩から思ひついた  詩が好きだつたりしてゐたからで  詩の雜誌をやつてゐた  詩や小説を讀む  詩にも見  詩をもちながら  詩というもののホントウにおわかりになる  詩と感興とを離れて  詩に託さうとした  詩だの文章だのと云う  詩を拾ったり  詩とか美文とか云う  詩になります  詩をつくります  詩を助手はおもしろいとおもいました  詩を書いているという  詩はありません  詩をうたっていました  詩を永明體と申して居りました  詩は歌へないと云ふ  詩の規則に嵌らぬ  詩の法則を見ると  詩と云ふもの  詩と云ふも  詩はどう云ふ  詩の規則を書いた  詩の法則が書いてあります  詩の法則を知るには  詩の規則と云ふも  詩でもつて  詩は落第を致します  詩の試驗をして  詩の作り方も分らぬ  詩の規則になると  詩を作らなければならぬと  詩の格式を著述した  詩の格式は如何なるものであつたかと云ふことも分る  詩の法に關する有らゆる  詩の法則を見出して  詩を索めて止まぬ  詩など作って  詩をつくるよりも  詩を載せてくれたが  詩の使命を知る  詩によって安直な感傷的の情緒を味わって  詩や俳句を作る  詩がエスプリすべき  詩を書いてる  詩を歌ひ出してくるではないか  詩と云える  詩の作法は知らぬ  詩に至るまで  詩を訳せ  詩の前には未だ嘗懐疑主義者たる能はざりしことを自白す  詩の前にも常に懐疑主義者たらんと努めし  詩に近いものとなった  詩が生れてくる  詩の形で書かれた  詩にはコロリと参っている  詩がよまれた  詩にあらはし  詩と現実との差別を生じ  詩はまた常に天を走れども  詩たらしめんとする  詩を行ひ  詩と化す  詩をかいたら  詩を知っていますか  詩に見える  詩をよく解したと云う  詩を思ひ起しました  詩は活きたる  詩をかいたし  詩の話や秋声の話やらをして  詩の響きに驚くよりも  詩の飜譯が出た  詩から小説の形式を択ぶ  詩の句を思出す  詩の道に立つ  詩は分らない  詩が分らない  詩しか作つて居ない  詩を知らない似  詩を書いてゆく  詩も三四行のをかくの  詩など考え合わせると  詩には春寒とありますが  詩に行く  詩は常に散文よりも芸術的に高い位置にある  詩に走ったであろう  詩にも勝った  詩を暗誦する  詩などを時々暗誦してくれては  詩にもそれがある  詩の方へも入り込んで  詩をよみ  詩らしい言葉の調子が逃げ去った  詩に歓びを感じる  詩がイギリスの帝国主義的思想を歌つてゐるだけの  詩の雑誌を来秋あたりからやりたいと  詩は韻律といふか言葉の発展といふかさう  詩を送  詩が幾篇もあって  詩のように書きつらねられた  詩の神殿に祀られるとでも思っていた  詩を暗誦したり  詩の編集に従事したり  詩の趣きがありました  詩などは忘れてしまうが  詩や歌の趣きさへ呈してゐる  詩をも賦せられた  詩は中国の詩人が茱萸を詠じた  詩でみれば  詩が載っているにすぎない  詩や音楽に現わすよりも  詩を夢見させて呉れる  詩は彫付けてあるにはあった  詩は集に入っている  詩もやはりまとめてとってあります  詩や何かがあり  詩を私にのこして亡くなった  詩なり賦なりの韻律を持ち  詩の影響を受けて  詩の表現法をひた押しに押し進めた  詩や文やまたは聖書などによって大に理想を養わねばならぬ  詩や文にもらした  詩の第一義を誤りたらずや  詩より詩作の瞬間を愛す  詩をあつめて置きたいと  詩と相合して  詩や俳句の対象はいつもそれらの友に於て選んだ  詩のことを話したりして  詩をうたつた  詩のよいわるいはすききら  詩がどれほどハアトの奥の奥に深徹してゐるかについて  詩は入り乱れたるも  詩はすべて金沢市より二里を隔つる金石といへる  詩の心やうやく  詩などのある  詩を明星に出して居りました  詩のこころも見出されようという  詩をコラリッジ・テイラアが抜萃作曲した  詩を作ってみせたり  詩の形式であげてある  詩をにらんで  詩にあらわれている  詩とは滅びる  詩さえかいていない  詩がはやり  詩でいえば  詩と称せられる  詩の一節のように発し出した  詩や小説を読んで  詩と時を同じくして起こっている  詩を口ずさみ  詩も歌もできまいと  詩も歌もできないね  詩や歌は本芸だとしているからね  詩は書いてやらんという  詩に神様という言葉があまり多過ぎるから  詩に現れると思います  詩が出来る  詩や歌の出来た  詩の雑誌を出す  詩の話などを訊かれる  詩の批評を書きながら  詩が人を撃つ  詩や小説を批難する  詩を用意して行った  詩を書かないで  詩を読んでくれました  詩にききほれた  詩が大変好きになりました  詩を書いていました  詩の同人雑誌を出しました  詩が書けなくなっていました  詩から出発していました  詩で云えば  詩は人に読まれなくなっていましたが  詩を書きたいと思いました  詩が生活にぴったりして来ますし  詩には不向きだと云う  詩を書きたいと思った  詩を論じる  詩に金鉱を掘りあてた  詩に専念したいと思います  詩を発表している  詩を朗讀し  詩につくったし  詩を朗読し  詩と短歌を主にして  詩も輝やかしく明らかに想像してゐる  詩はそこの美しさをたたえている  詩のような言葉を吐いた  詩の中に私の夢のどうしても想い出されないか  詩の世界を創造して行く  詩をつくると云い  詩と散文とを区別する  詩を拵えた  詩に浸る  詩を味わう  詩と相類する  詩を遺った  詩は全くの実況に反しているには  詩にせよ  詩と句の中に放り込む  詩に狂する  詩に翻弄されて  詩ができたにしても  詩なりに仕立上げる  詩や俳句を挟む  詩に圏点のないのは障子に紙が貼ってない  詩の趣は王朝以後の伝習で久しく日本化されて  詩となると  詩も興に乗じて  詩と散文ほどの相違がある  詩を憶い出す  詩を朝から晩までに何遍となく読み返した  詩である漢詩が根をおろす  詩が書かれ  詩に対して歌という字を使った  詩の方はどうかというに  詩は志をいいあらわす  詩というとあるなどが  詩は文学の本質に触れている  詩といわず  詩の初頭をかざる  詩とは日本語の詩よりほかにないということがはっきり分っておる  詩との間に揺らいでいた  詩はかくて  詩をさへ理解できた  詩は一字の妥当を欠いても  詩は便宜上仮名まじりにすると  詩の生死は一字に関してゐるとすれば  詩を感じた  詩の美しさが高まる  詩と同程度に完成してゐない  詩の響もおのづか  詩に近い形を現はす  詩の中には緑いろの  詩を書いてゐたと  詩は彼の中に求められない  詩も彼の中に求められない  詩はもつと  詩の上にこの事実に依  詩を丁度善い長さに数へてゐる  詩も作らずに  詩を作つてし  詩の前に正直に頭を垂れてゐる  詩をものしたり  詩を書いたりしてゐる  詩ができます  詩でも文でも構わない  詩を詠ずる  詩の復活の方へ向かうか  詩というジャンルを創作と呼び  詩をあつめた  詩から取  詩ともつかない  詩をかりていへば  詩などを書いて  詩は作つたらうが  詩はとんと書かない  詩のことも考へてみる  詩はわななく  詩は情緒のなかへ崩れ墜ちる  詩のことも考えてみる  詩を作るに至る  詩が結び付いていた  詩に近いような思いの律動を以て浮んで来る  詩の橙が思い出されてきて  詩でいつてゐる  詩とその詩の生ひ  詩が証明してゐる  詩の表現の目的は単に情調のための情調を表現する  詩とは感情の神経を掴んだ  詩の主眼とする  詩の読者にのぞむ  詩の表面に表はれた  詩のリズムによつて表現する  詩があるばかりである  詩を作るにちがひない  詩は一瞬間に於ける  詩は予期して作らるべき  詩といふものを神秘のやうに考へて居た  詩などを読んで  詩の話が出ました  詩のことをも十年計画で考えて  詩をかく龍済さんにしろ  詩をもつ  詩の一種と感じるほど  詩とし  詩に箇人的でないものを与え  詩もよみたいと思います  詩をかきました  詩という字もつかっていらっしゃる  詩のなかにひたれる  詩の歴史が回想されると云われて居ります  詩が目につきました  詩のようなものは紙に余白をもって刷りますからね  詩の話も大変お気に入ったって  詩が出ている  詩からとった  詩の話はおやめとなったりすると  詩の本もおねがいいたします  詩や歌がかうも  詩も亡びるであらう  詩や歌をひねり  詩でも買つて下さい  詩や歌をかなり多く作っており  詩を解するには  詩にひかれていったという  詩に対してある  詩を耳にして  詩を解しない  詩を解さない  詩だと思った  詩を二三行書くとも  詩を声ほ  詩の湧いて居る  詩の一行を思いだした  詩にたくしながら  詩を創る  詩を夫人イエニーにみてもらった  詩も創り  詩を読んでやり  詩を読んでやっていた  詩などを記した  詩を書き上げたいという  詩でも作ろうと思う  詩を書いてみたいと思ったが  詩を書いてみたい  詩を書くには  詩をよくしたりと聞けど  詩は完全に育くまれる  詩を見出して  詩を言うに及んで  詩が分るか  詩などのならんでゐる  詩などはさういふところに非常に特徴がある  詩か何かで形容した  詩になってしまってはいけない  詩を作るになれた  詩に言われた如く  詩など書く  詩などにも靄が屡々出て来るが  詩を最終曲としてイザヤ書を編輯した  詩は拙悪と云はんより寧ろ陳套を極めた  詩を作らずに黙  詩に至つては毫も以上の条件を具へてゐない  詩を作つたと云ふ  詩に至つては作らないでも済む  詩を職業とするからか  詩を作り得るから  詩を残す  詩に歌つたと事実の上に於て矛盾しない  詩を俗悪で陳腐で生きた  詩によつて中佐を代表する  詩に嫁する  詩を作つて居た  詩の數が少し豫定に足りないので  詩を補遺しなければならないので  詩が書かれてる  詩の主想とスタイルとを異にして居る  詩を書いてた  詩の情想の底に漂つてゐる  詩を作りました  詩をけなしていると聞いて  詩はちょっとだれにも作れまいと  詩を読んでしまいますと  詩に貫かれた  詩の話も愛読して下すって  詩の話が書いてある  詩のこころと通じる  詩の話や小さい泉子の話思いかえしながら  詩の心と対比している  詩は知らない  詩をくりかえしくりかえしよみ  詩はもう詩作されるという  詩もその境地に到って  詩を知っている  詩の精髄が分らないから  詩が日夏の訳でのせられています  詩をひいてね  詩を思い出しました  詩がわく  詩にまで高める  詩をかかないという  詩の最後の章の感銘を味っている  詩の別冊でも何と大きい影響をもつでしょう  詩のヒローに単純な呼び名がつけられる  詩に何といろいろあるでしょう  詩を知って居りますが  詩がわかるだけでなくて  詩の響も交って  詩のいろいろの味いを思い浮べると  詩に近いような生活力の溢れた  詩を唄ったり  詩でも誌して  詩の句を書きたいと思ったけれども  詩のように生かされる  詩があるなどという  詩に曰う  詩を解し得る  詩を作り得る  詩や歌にも美い  詩の一句がある  詩か知らぬけれども  詩だと思ッておる  詩とリズムとからであるは云うまでも  詩や絵や音楽で讃へられてゐる  詩であるにはちがい  詩は國民の精髓なり  詩の名稱を享受するに足る  詩を以て遊戲と爲し  詩を詠ず  詩は夜のうたではあるけれども  詩をまた再び声を合わせ  詩のような物も書き  詩の話も久しいことしませんでした  詩の話などというものは自分で書くしか  詩の中から目醒めるという  詩を散文で話しはじめ  詩をよんでいて  詩のこともかかれて居りました  詩を見つけましたから  詩を見つけた  詩にでもあり  詩があるという  詩の味いを好みますが  詩の中のとけた  詩の物語はどんな諧調をつたえるでしょう  詩も出来ないし  詩の十篇より永もちのする  詩をよむと  詩のディテールが私の生活というよりも  詩がありましょう  詩を幾つかもじってみた  詩の女神ブリードの姿も一しよにされてゐるだらうと  詩に啜り泣く  詩のかげにかくる  詩の中にのみ見し  詩に編み  詩となすともわれ羨まじ  詩をたすけ  詩多く戰ひを  詩に見えて  詩を書くし  詩を喜劇といふは地獄の不幸にはじまりて  詩にうたはれて  詩を書きたい  詩や小説を読むが  詩ばかり書いていたが  詩を書物にし  詩を自分から溢らす人間がしわい性根ということもあり得ません  詩を保つ  詩をつくらないで  詩をかかない  詩をもっていて  詩の裡にあって  詩が照り栄えている  詩は現実から立ち上って歌うが  詩にはね  詩にあらわされる  詩はレンブラントの絵のような重い明暗があり  詩をかいて居ります  詩の断片が思い浮びました  詩の題として恥しからぬ  詩の新しいヴァリエーションの響があり  詩はそのときなりの充実をもつに  詩と散文の過去の区分は或意味では消失していると思った  詩を書かせた  詩の華麗流麗な綾に代る  詩が収録されている  詩から小説へと移った  詩では謳い切れず  詩から小説へ移る  詩は見直される  詩に歌はれた  詩をまた起きいでしめよ  詩に汝と關渉ふさまをみるに  詩にギリシア人を導きて  詩を起し  詩となせる  詩となさしめよ  詩の研究につかれて  詩の力は不思議と思うの  詩の御披露までに氷はとけませんけれど  詩も作れない  詩の生れ  詩の断片もある  詩もうたも在る  詩の話も出たりしてね  詩を覚えていらして  詩や小説にもしばしばあらわれている  詩と小説の面でこの点にふれていました  詩の世界を知らない  詩は衰滅の一路をたどるのみだと  詩が衰滅するばかりでは  詩の純朴に微笑んでゐた  詩は作るなと  詩を作らざるが  詩を吟ず  詩ばかり出  詩や書や煎茶を嗜なむ父の傍で育ったので  詩だの歌だのを面白そうに吟ずる  詩で既にリルケも書いてをります  詩を愛誦したが  詩はあまり見ていない  詩をできるだけ多く暗記する  詩に響くによりて  詩に勵まされて  詩は王自身の思ひ  詩によりてかの市民等わが詩才を認め  詩などからスタートした  詩と造形美を感じ得るに  詩に残されてゐる  詩のみはいつものけものにせられてゐた  詩を贈  詩を読み耽る  詩のよしあしもよくわかる  詩が幾篇かある  詩も捨て  詩に頭を痛めていた  詩の欠乏はそれによって補われたであろう  詩をかき  詩を考へてゐた  詩とも散文とも訳のわからない  詩を發表した  詩は人意を以て致すべきでは  詩を作らうと  詩及び詩人に對する  詩を作して頌せん  詩に作つてある  詩に於てのほんとうを暗示していはしないかなど  詩よりうまいかも知れない  詩に感動いたし  詩のあふれるばかりに  詩で記憶している  詩の全体の意味からはまるで遊離した  詩で名高き場所のみ保存すべき  詩の文句を私が読み始めると  詩に移入したく  詩や小説が人々によまれ  詩をつくっても  詩でも低誦したくなる  詩は全く十五歳の感傷に終始してゐるし  詩を日本人が書き  詩も数篇発表した  詩は中国文学に一つの生気を齎すであろうと  詩に立ち戻りませんか  詩のことが話題に上ると  詩を書き給え  詩の構想を得たばかりに  詩の良導体になってやろう  詩の構想を得た  詩の良導體になつてやらう  詩や小説ものる  詩を読みたい  詩がその家の宝になって有る  詩が到底アルシャイスムを脱し  詩のパンフレットが出ている  詩が載っている  詩なんか止めましょう  詩を書こうと思う  詩の稿料を六円戴く  詩を何かで読んで  詩をふっと思い出すなり  詩の一章を思い出した  詩を書いてみた  詩は長くて新聞には載せられない  詩なぞよちが  詩が金になるとは思わないけれども  詩をそのうち見ていただきますと云って  詩も書く  詩が売れる  詩の原稿を持ってゆく  詩を読みましたか  詩を読むと云う  詩の原稿をあずけて帰る  詩は死に通じると云う  詩を持ち  詩なぞ買ってもらわなくても  詩が飛び出して来る  詩はまだとどかないだろう  詩を書くと云う  詩ばかりお書きになっていた  詩を書いても  詩をつくってみる  詩を読んでくれたけれども  詩を書くには泣く  詩を書いて張る  詩を書いてのたれ  詩は印刷機械のようにいくつでも書ける  詩を書きましょう  詩は一向に判らない  詩が沢山のっている  詩の原稿を三枚ばかり持ち出して  詩は灰になる  詩の原稿がくしゃくしゃにまるめられて  詩を面白おかしく読まれては  詩と人は云う  詩がダダイズムの詩であってたまる  詩を読んでみる  詩の稿料も幾分かよくなったよと  詩もてんから売れやしない  詩を書きたくなる  詩を返される  詩でもある  詩なぞはもうこんりんざい書くまい  詩や小説を書くと云う  詩のようなうたい  詩ばかり書きつらねて  詩は駄目なのかもしれない  詩を案じたるが  詩に託して  詩や小説の中の少数のものが浮出してくる  詩とを誦する  詩から暗示を得た  詩の話でもしましょう  詩がお出来になりますね  詩はお作りにならなくっても  詩の話でもしませう  詩をお作りでせうね  詩はお作りにならなく  詩と見るならば  詩とも古来いわれている  詩と文学想念のバランスが自分の壇ノ浦描写となるであろう  詩として感じられる  詩として書かれた  詩と劇的な興味は覚えるが  詩だけを感じる  詩を語れないさ  詩を解した  詩に関心をもっていたという  詩へ出てくる  詩の功徳で危い  詩を處女作として書きましたが  詩の雜誌として再刊する  詩をかくより形や色でかいた  詩を示さる  詩を作らう  詩の本をよみながら  詩の書き散らしとは  詩や絵や文章を自筆でかいた  詩や絵の類似品を持っている  

~ 詩[名詞]1
何か詩の  ストルムの詩を  いふ生活をうたつた詩が  勤労の詩なり  英語の詩や  時には詩の  花に対し詩を  清水さんの詩の  ろの詩  宗教的な詩が  鉛筆で詩を  智の詩  ボドレエルの詩に  現実の詩が  現実そのものは詩では  懺悔の詩を  私どもの詩と  投書雑誌向きな詩や  俳句や詩を  俳句や詩が  オオバネルの詩に  仏蘭西の詩は  貴方の詩と  境地の詩  感動こそ詩の  我を殺さずして詩を  我生きて詩を  詩天そのものの詩を  金剛宝土を訪れて詩を  懐古の詩を  晩望の詩  言文一致的の詩  女が詩を  茲に倒れても詩の  声に詩を  大手拓次で詩を  四首の詩が  愛卿の詩を  彼を詩の  熱烈な詩を  若者の詩  ゲルラートの詩に  形を借りた詩  山塘の詩に  古人が詩に  歌へる詩  数首の詩に対して  此様な詩が  ものから促されて詩を  壁に詩を  穉い詩を  詩人の詩を  なほ彼等の詩の  当時彼等の詩を  次の詩を  ジャムの詩を  自分でも詩を  自分も詩を  収穫を詩の  芙美子さんの詩に  貴女の詩を  貴女の詩に  あなたは詩をから  あなたの詩には  感じも受けない詩が  拾年あまりの詩の  ために詠じた詩を  歡喜が詩  歓喜が詩  二行詩が出来上るまで詩という  結果から詩の  現代世界における詩の  現実社会状勢中における詩の  社会的性格や詩の  日本の詩は  章は詩の  日本の詩の  来月に詩と  ことを詩とも  小説と詩とは  やうな詩の  ことを詩に  シラーの詩に  科学者に詩の  科学を詩と  ヴェルレーヌの詩を  あなたは詩も  アフマートヴァの詩の  エセーニンの詩が  誇りとするにたりない詩  紫色との詩に  詩人と詩を  楓橋夜泊の詩が  香をたきて詩を  参寥の詩に  梅雨の詩に  早朝の詩に  蘇黄門の詩に  張継の詩が  楓橋寺を過ぎる詩を  牡丹の詩に  東坡の詩は  牧之の詩を  柳子厚の詩に  張望の詩に  これ潘逍遥の詩  摩詰の詩を  年始めて詩を  厳州に在りて詩を  丙戌以前の詩に  西安幕府に在るの詩に  呂居仁の詩に  王維の詩  晩渡揚子江の詩に  泰興県道中の詩に  此の詩  杜甫の詩は  小桃の詩  翁自身の詩にも  のんきな詩や  梁川星巖の詩が  しんみりと詩の  ワイ河畔の詩を  ウォーズウォルスの詩について  自分は詩に  李白の詩を  中の詩を  唐風の詩から  真実の詩とは  真実の詩をこそ  人の詩に  荘麗な詩の  つての詩といふ  幸福な詩の  手紙には詩の  自由詩だけが詩  歌声こそが詩の  短歌も詩  文学が詩が  ように詩を  叙した詩が  出來る詩  ノアイユ夫人の詩なんかを  誰やらの詩で  童話や詩を  槐多の詩を  元気な詩を  白秋の詩  事を詩に  私の詩が  私の詩を  ドンの詩の  霊太后の詩を  老松の詩を  小説や詩が  自分の詩の  此頃つくった詩  路易は詩の  これらの詩は  日本の詩には  日本文学会の詩の  彼等自身の詩を  人の詩を  ポーは詩は  彼れは詩が  失恋を詩に  文章上の詩という  本当の詩を  西洋の詩に  今でも詩を  ことの詩では  まことの詩としての  神秘の詩に  故人の詩などを  東西を通じて詩にも  彼の詩の  児島備後三郎大人の詩の  芥中介の詩を  ころ私は詩の  詩壇に詩が  自分の詩が  私の詩の  生涯をあげても詩を  私は詩の  恋の詩を  云ふ詩を  散文と詩との  散文と詩の  たまには詩のみ  離別の詩  有名な詩に  ところのある詩  前の詩に  次の詩は  西洋の詩の  ものは詩の  それが詩の  土の詩  故郷の詩  中に詩  殘るべき詩  空腹を抱えて詩を  ホーマーの詩の  何等の詩  眼は詩の  友情と題する詩の  学問は詩と  学問と詩との  彼によれば詩は  ものとして詩が  偉大な詩を  三輪は詩でも  云へる詩を  柳など詩や  自作の詩を  テニソンの詩に  討幕の詩を  歴史と詩と  物語か詩を  短かな詩の  彼の詩を  多くの詩が  立派な詩でも  詩人をいじめると詩が  おとなの知らない詩の  一篇の詩の  文章や詩を  漱石先生の詩の  南洲自書の詩を  時劉長卿の詩を  杜工部の詩を  杜荀鶴の詩を  杜荀鶴の詩  思い出の詩  ような詩が  声は近づくに従って詩の  妙な詩が  例の詩が  神經の詩が  何遜の詩  女の童に詩に  中世期の詩を  言葉の詩とでも  言葉の詩とでも  何處にも詩は  かしく久米駿公の詩に  アフォリズムは詩  すべての詩の  それは詩の  ニイチェの詩を  象徴派の詩を  センチメンタルな詩ばかり  妻と共に詩ばかり  一篇の詩を  工事場では詩を  頼山陽の詩を  絵には詩が  そこから詩の  七歳で詩を  大学生が詩  熱心に詩の  小説や詩の  三田さんの詩は  下品な詩では  私には詩が  最高の詩の  己は詩によって  三国志から詩を  父は詩を  愛の詩は  青邱の詩を  何んかと詩の  所々の詩も  人達の詩と  そうな詩  私にとって詩に  三五郎の詩に  それが詩  さっきから詩の  文を詩の  天声の詩を  一篇の詩と  それを詩と  歌でも詩でも  女王の詩を  数個の詩で  肝腎の詩の  真の詩  ここに住んで詩でも  壁の詩を  私達は詩と  ボードレエルにもさういふ詩が  言葉が詩の  猥褻な詩を  プーシュキンの詩を  心は溢れて詩に  自分の詩を  心が溢れて詩に  ゴーリキイは詩の  其頃僕も詩や  ような詩は  無題息吹き返させる詩は  私は詩を  これらの詩に  近代印象派の詩に  我我の詩の  自由詩は詩に  詩の詩  韻律と詩との  原始民族の詩は  子供等の作る詩に  心像を離れて詩を  韻律を離れて詩が  定形律の詩とは  それが詩で  十分に詩としての  それが詩として  定形律の詩は  散文で詩を  昔から詩の  今日の詩は  我我の詩に  支那の詩の  我我は詩の  旋律は詩の  拍節の如く詩の  かくて詩に  過去の詩の  そこでは詩の  彼等が詩を  かくて詩は  心像に詩が  屬する詩と  旋律を詩の  始から詩と  此所に詩の  心像を離れて詩の  リズムと詩とは  當に詩としての  於て詩と  思想を詩に  それは詩では  そは詩としての  者必しも詩では  僕も詩を  私には詩を  やうな詩に  印象的な詩を  向日葵の詩が  一個の詩を  何あらうと詩は  あなたは詩の  平和の詩に  詳に詩に  朝には詩を  闘牛の詩を  闘牛之詩が  曹植の詩は  三木清が詩を  クラシシズムの詩しか  戦争の詩  のが詩  ことが詩の  人間の詩  此等の詩  此等の詩の  此等の詩は  自分の詩は  夜の詩  あしたの詩よ  ポプラの詩  雨の詩  海の詩  ザボンの詩  麥麥の詩  新聞紙の詩け  都會の詩  初冬の詩  雪の詩  大風の詩け  鴉祭の詩  疾風の詩  君の詩は  君の詩について  山村氏の詩は  山村氏の詩には  氏の詩からは  つて氏の詩は  君の詩に  君の詩には  前の詩と  君の詩こそは  君の詩  君の詩によ  彼が詩を  偉大な詩として  松島を詩に  松嶋の詩が  女は詩の  ことを詩の  勝景を以て詩を  自然に詩を  自ら強ひて詩を  外国の詩を  おれの詩を  時から詩を  愛誦する詩を  これらの詩の  西洋人の詩にも  外国の詩には  女流詩人が詩の  歔欷の詩  三四郎は詩の  あなたは詩  これは詩の  腕力が詩  問題とか詩の  文句で始まっている詩から  彼は詩を  はしに書いた詩にばかり  深邃なる詩の  現実其者が詩に  有名なる詩の  水も詩に  蒲原有明の詩を  有明の詩の  一行の詩の  絶望の詩を  もとに詩を  所産は詩  而して詩は  眞に詩を  始めより詩を  光とは詩  白秋氏の詩に  斷じて詩では  パツシヨンばかりが詩では  センチメンタルばかりが詩  人は詩を  私の詩は  娘たちは詩を  其一聯の詩の  説明や詩で  与謝野晶子の詩が  最後に書いていた詩  最初の詩を  エレジヤの詩を  歌にも詩にも  最後に書いてゐた詩  半ばは詩に  明治以来の詩についても  ば西欧の詩の  詩を詩として  ための詩は  聴者に感じ取れる詩  龍馬は詩は  扇を出して詩を  子供の詩の  なかの詩や  科白は詩  自分等で詩や  小説を書き詩を  つもりの詩を  意識せずに詩に  新聞に詩や  数篇の詩が  区別すると詩と  ヂェラルドの詩を  私の持つてゐる詩から  作品を詩  短篇が詩に  私が詩よりも  事も詩を  士禮居祭書の詩といふ  一篇の詩  ミュッセの詩の  雑誌に詩を  新作の詩を  文学研究会では詩ばかり  小説には詩の  西沢といふ詩を  ペトラルカの詩も  小説と詩と  ダビテの詩を  小説とか詩とかいう  小説や詩という  日本人らしい詩を  マラルメの詩でも  論語に詩を  體は詩の  今日の詩に  それに詩の  中央公論に詩に関する  ほんとうに詩を  ように詩の  私は詩として  銃後天われを殺さずして詩を  われ生きて詩を  小説や詩について  老人は詩を  世相派の詩  梅花道人が詩は  沒却して作りし詩  理想にして作りたる詩を  所謂沒却理想の詩  以て詩の  戲曲ならぬ詩の  逍遙子は詩に  類想の詩  抽象美の詩  小天地想の詩  結象美の詩  客觀想なる詩の  所見を詩に  法度を守りて詩を  一節の詩には  成就したる詩を  ざるは詩の  沒却實感なるは詩の  シエクスピイヤが詩の  困難は詩の  沒却哲理は詩の  詩人の詩は  影響を詩に  逍遙子が詩の  地位より詩の  いふに詩は  充分に詩の  シルレルが詩には  之の詩の  馬上に横たえて詩を  愛国の詩も  ネクラーソフの詩の  言葉は詩の  言ふ詩を  美の詩の  今日のすぐれた詩や  一方が詩に  中に詩の  中にも詩の  和歌と詩の  沢山の詩や  優美な詩を  中に詩を  わたくしの詩に  わたくしの詩の  面倒な詩を  わたくしは詩に  エレデイアの詩でも  万人の詩に  誰も知らない詩を  小説や詩を  万葉人の詩のみを  賀筵の詩が  此歌垣の詩を  大切な詩  彼等は詩を  狂愚で詩  ラテン語の詩を  一メートルも動けない詩を  プウシュキンの詩を  キイツ云々の詩は  いくつかの詩ばかりを  素朴な詩とを  私は詩が  退嬰を詩に  これくらゐ詩の  世界に詩といふ  沃地に湧き出る詩の  藤村の詩に  足をもがいて詩  彼が書いた詩の  散文も詩も  詞は詩  彼の詩には  古人の詩を  紫苑氏の詩は  前身時代の詩に  理想的な詩の  旧作の詩  海原の詩に  凡象徴派の詩  興体の詩とを  日本語で詩を  英語で詩を  泰西の詩の  げに見える詩の  古語が詩の  薄田氏の詩には  明治の詩  誰の詩にも  それに裏切る詩を  調の詩の  私どもが詩を  調の詩が  日本の詩に  んちつくな詩の  現在語ばかりを以てする詩の  日本の詩が  場合日本の詩の  多くの詩を  日本の詩を  結局日本の詩では  後づけて行った詩の  われわれは詩の  んちっくな詩の  僕の詩を  のにはなむけた詩  らは詩を  私あなたの詩を  彼は詩が  それらの詩を  二三篇の詩を  復活して詩を  香奩体の詩を  平生香奩体の詩を  父さんは詩の  父は詩が  声を放つて詩を  五言の詩を  背で詩を  夜になると詩を  寒山の作った詩  花は詩を  筆すてて詩にかへ  振りの詩を  やうな詩にな  やうな詩が  やうな詩とは  やうに詩を  一群の詩へは  彼の詩は  六齣の詩も  一行の詩は  三つの詩も  やうな詩を  これらの詩を  私が詩の  癖内容の詩については  中の詩は  紅葉山人には詩は  言葉で詩を  花電車の詩の  十篇の詩を  それ等の詩は  十篇の詩の  本文の詩  三の詩で  六の詩にだけは  繪と詩との  最後の詩  蘇東坡の詩に  翁の詩に  孟浩然の詩で  残つてゐる詩が  雪あるも詩  当面の詩に対する  全体の詩を  全体の詩の  これは詩  惜春の詩を  自分の作る詩の  用ひねば詩に  さなどを尊ぶ詩に  支那人の詩と  作つた英語の詩の  外国の詩では  支那の詩では  日本の詩について  内容貧弱な詩の  日本の詩で  支那の詩として  日本の詩として  翁の詩  日本の詩と  日本の詩  次の詩の  ものは詩では  気持でないからこそ詩では  一つの詩を  此の詩に  ような詩しか  やうにしか詩に  二度は詩を  汝が詩を  小生の詩が  徒は詩は  うちに詩を  前半にあつめられている詩の  竹内さんの詩の  すべての詩を  ことを詩で  #一呼吸ごとに詩  たくさんの詩を  女自身女の詩という  真実に立った詩を  バイロンの詩は  お前自身は詩は  王が好んで詩を  違つて居りまして詩にも  一に詩といふ  ものを詩  王の詩を  心持を詩で  あなたの詩から  恋愛をとりあつかった詩  之を詩を  一特長ある詩  土井晩翠君に与ふる詩の  たるの詩  男の詩は  カンナという詩を  僕の詩を以て  蒲原氏の詩を  露風氏一派の詩は  露風氏等の詩を  現代の詩の  一青年の詩  ところから詩が  歌やら詩やらを  イラン語の詩の  ハフィズの詩を  戯曲と詩との  不思議にも詩や  小説や詩や  ルキアノスが詩の  伝統的な詩に  原作の詩を  奇怪な詩の  ものは詩に  乞ふの詩を  一つ一つ歓喜の詩と  所見を賦したる詩  のは詩と  それは詩や  興を深めつつ詩を  輯めた詩に  詩人の詩や  ファオンには詩が  その他の詩を  シルレルの詩を  楚囚の詩と  高村光太郎の詩を  勇しい詩  気随に書いた詩や  みなそれぞれの詩と  記紀万葉以来の詩に  意味での詩によってのみ  本来の詩という  潜在意識的象徴によって語られた詩の  自然に生まれた詩  中には詩の  者が詩を  #彼の詩の  多くの詩は  生命となった詩  形式の詩を  特異な詩を  ものだけを詩の  おかげで詩は  詩らしい詩を  固定形の詩の  新聞に詩を  たびに詩には  王漁洋の詩  それらの詩が  要素に富んだ詩に  泰西の詩を  後の詩の  純然たる詩の  角も詩の  現代生活自体が詩に  ものを有してゐるので詩が  俳句こそ詩よりも  謂はば詩の  それと詩とは  西洋の詩は  算出される詩の  民族の詩と  程に詩の  大衆は詩に  散文が詩に  ものが詩で  以来の詩の  ために詩を  誰もが詩とは  四十年近くも詩を  そこに詩を  ぼくが詩を  生田春月の詩から  ぼくは詩の  資格で詩を  座蒲団を取り扱った詩  僕は詩を  糞を浴びてゐた詩は  ときでないと詩を  私に詩を  魅力を感じるから詩を  生から詩を  石上に詩を  唐以上の詩を  子もとより詩を  俳諧を捨てて詩を  ヘルデルリンと詩の  クリストフ・デトレエヴ・ブリッゲの詩の  コクトオ自ら獨逸語で書いた詩が  獨逸語で書いた詩  チョーサーの詩などに  瞿麦花を詠んだ詩が  自分の作った詩を  ピアノに凭れて詩の  ひとの詩に  アポリネェルの詩  白居易の詩に  柳渾の詩に  ことを詠じた詩  白桜千樹雪といふ詩の  名人が詩まで  おしゃべりしながら詩を  自作の詩の  ボクさんが詩を  前者は詩の  ために詩について  断片的ながら詩について  私が詩を  人のいう詩と  日本に於ける詩の  自分だけの詩を  今私が詩について  手に詩の  仲間に入って詩や  夜になってから詩を  和歌や詩を  希臘の詩  感情にみちた詩を  數篇の詩の  發表した詩が  それらの詩は  若干の詩が  以來の詩を  すつかり詩の  僕の詩は  とききりしか詩を  最後の詩で  ロセッティの詩など  声で詩を  二行の詩  形式の詩と  型を知るだけで詩を  三十一字の詩の  ニセモノの詩  韻のある詩も  清澄な詩の  言葉を詩の  詩は詩の  ことが詩を  一つの詩の  結束した詩の  吾人は詩という  本質に於ける詩を  文学に於ける詩を  精神の詩を  どこに詩が  全般に於ける詩の  韻文学としての詩に  於て詩という  人生に於ける詩の  芸術に於ける詩の  個人的な詩を  普遍共通の詩の  内容からされた詩の  形式からされた詩の  自己の詩と  本質上から詩と  本質から詩と  主観的の詩に  客観的の詩に  内容について言われる詩とは  意味の詩が  #上の詩で  吾人は詩の  散文が詩の  景を詩  人が詩と  すべて夢幻的な詩を  都会人の詩は  田舎人の考える詩は  過去に詩を  現代に対して詩を  於ての詩  ものは詩  真の詩を  真の詩が  本質上の詩が  科学を詩の  どこに詩の  於ての詩に  比較上の詩が  芸術中の詩が  中での詩と  純粋の詩を  芸術から詩を  美術でなければ詩  音楽にも詩にも  レアリスチックの詩  瞑想的な詩を  自然描写の詩が  唯一の詩の  立派な詩を  詩人は詩を  生涯慰められないで詩を  行動としての詩に  小説にして詩  於ての詩の  文学に於ける詩の  本質上の詩を  関係から詩の  超俗的な詩の  ゲーテの詩よりも  小説家は詩を  彼等ほどにも詩を  芸術的な詩を  映像さるべき詩の  詩と詩  のより詩  文学としての詩を  無韻の詩が  一切の詩は  自由詩が詩  点で詩と  意味での詩の  自由詩は詩の  自由詩が詩の  これを詩と  実質上から詩と  本質的に詩  本質の詩  本質上の詩に  本質上での詩と  而非の詩と  真の詩と  #而非の詩との  本物の詩に  具体的なる詩と  ウソの詩と  二種の詩の  正道の詩は  これ等の詩を  希臘の詩が  二つの詩の  純一の詩という  一切にわたる詩の  小説に属して詩に  古今すべての詩の  詩が詩  象徴派を経て詩の  近代に於ける詩の  #客観主義の詩という  蹈派以後に於ける詩の  メロディアスに融けて行く詩を  近代の詩に  それは詩を  自由律の詩が  本来主観的なる詩の  西洋との詩に  客観主義の詩という  浪漫派の詩と  二派の詩に  二つの詩に  西洋の詩や  於て詩の  一般の詩と  蕪村の詩に  象徴派の詩  欧洲に於ける詩の  欧洲の詩に  これ等の詩は  本位とする詩の  高翔した詩を  彼等の詩の  独逸人の詩は  中の詩  種の詩ほど  詩に対する詩の  叙事詩は詩に  此処に至って詩の  西洋の詩について  もとより詩の  我々の詩は  一般外国の詩に  支那の詩に  日本語の詩としては  長篇の詩が  長篇の詩に  逆に詩を  我が国の詩は  欧風の詩を  これ等の詩に  だれの詩を  種属の詩を以て  没音律の詩という  西洋近代の詩は  日本詩壇に於ける詩の  所謂自由詩は詩としての  そこに詩としての  作家に劣らない詩を  種の詩を  過去の詩についても  支那の詩を  過去の詩を  没音律の詩が  於て詩を  レアリスチックな詩  一日本の詩の  未熟な詩を  今日の詩が  僕を詩の  僕が詩を  我邦の詩の  之を詩に  私には詩の  ところの詩という  意味の詩は  ところの詩では  私達の詩は  今迄の詩が  新鮮なる詩と  中には詩が  汪紹生の詩を  汪紹生の詩から  適レニエーの詩に  後に詩を  葬式の詩として  和訳の詩には  外国語の詩に  換言すれば詩の  ポオの詩を  ボードレエルの詩を  すべてみな堀口君自身の詩で  みんな堀口君の詩の  ヱルハーレンの詩を  絵画や詩の  ロオマンスや詩など  云ふ詩なぞを  彫刻家が詩を  性質が詩を  彫刻の詩が  主題として書いた詩ばかりが  詩人の詩の  私自身の詩の  言葉が詩に  真の詩とは  一種の詩の  先づ遠くから詩を  奴等の詩に  さに溶けて詩の  私達の詩に  米国へ行き詩などを  魂の詩  一方の詩を  古典の詩を  西欧の詩とも  精神に詩を  唐詩選の詩も  日本語の詩が  蕪村の詩としては  比喩以上に詩としての  季節を詩の  近代西洋の詩と  小林は詩を  朝の詩を  人間の詩を  虚無といふ詩を  風流で詩が  例の詩を  西原氏の詩の  一種の詩  當時僕は詩を  芭蕉の詩の  芭蕉の詩や  木の葉に詩を  エポスに詩を  もろこしの詩にも  于鱗とやらんの詩に  西洋の詩にも  文天祥の詩とやら  英仏の詩の  激越な詩を  雪の詩を  ような詩を  流れに詩を  美くしい詩を  四つも詩を  頭には詩が  事などを詩の  唇を開いて詩  美くしい詩  歓迎の詩を  立派な詩が  立派な詩  世の中からは詩の  美くしい詩の  皆彼等が詩の  博士が詩に  戯曲や詩や  タゴールの詩の  戯曲や詩を  二行の詩で  なかへ詩を  あなたの詩が  あなたの詩の  三木雄は詩の  頭では詩が  題で詩を  寝言だけは詩に  何か詩を  得意の詩でも  女は詩を  少女の詩と  玄機が詩を  少女が詩を  卿の詩を  占出した詩は  三年前から詩を  師として詩を  慨然として詩を  采蘋に書いて遣った詩が  温に寄せる詩を  展べて詩を  楽人陳某に寄せる詩  頃温に寄せた詩の  裡に詩を  老後の詩が  これも詩の  詩人が歌った詩を  のはよして詩を  攻撃を詩の  夢と詩とを  批評としての詩に  批評としての詩は  理と詩の  吾人が詩と  他に詩の  実用とは詩が  散文の詩と  杜甫の詩を  会心の詩を  五言四句の詩を  バアンズの詩に  あなたが詩を  例の詩の  一編の詩を  熱烈な詩の  瞳裏に映ずるは詩の  教科書と詩も  革命の詩を  追懐の詩の  ホメロスの詩に  感じの詩を  モダンを取り入れて詩  愛兒の詩を  壁に題す詩を  ゲーテの詩の  ことやら詩の  初めには詩でも  ハイネの詩を  書籍で読み詩で  歌をうたったり詩を  絵もかけず詩も  絵と詩と  ラシイヌの詩を  三体詩中の詩を  由井に詩は  五言七言の詩を  他の詩に  変な詩ばかりを  寄宿生は詩なども  私の詩も  詩人めいた詩  慷慨の詩を  山陽だけの詩の  私の詩にも  三千の詩は  同僚中で詩の  渉る詩などを  医者で詩を  雪の詩の  桜の詩も  稀に詩も  何ほどか詩  旁ら文章や詩も  ハイネの詩など  自然と詩が  文帝も詩の  愉快な詩  胡笳の詩を  山陽自身の詩によって  筑水の詩を  極北に立つ詩とを  狙ふ詩や  真の詩は  まことの詩は  極北に詩を  そうな詩が  それは詩から  有名な詩  歌もなければ詩も  ような詩  タゴールの詩には  ロングフェロオの詩に  ホーメロスの詩に  スカルロンの詩を  詠史の詩の  ベードヌイの詩  昨日の詩が  市井の詩とを  総ての詩の  二人で詩を  ハンケチに詩でも  事を詠じた詩が  彼に贈った詩の  Dehmelが詩の  夫の詩の  大谷先生の詩の  稀に詩を  榎といふ詩が  壮時劉龍門に従って詩を  怪しげな詩だの  人の詩の  李杜王三家を得て詩の  大伴池主に報いた詩の  杜子美の詩に  さにまで詩の  小説と詩の  詩人どもの詩の  古今の詩を  おれは詩を  むかしは詩を  宗助は詩とか  室生さんの詩では  つてゐる詩  居を写すの詩を  これを詩に  ギリシヤ語で詩が  歌を詠み詩を  七歩の詩を  近代の詩の  当来の詩の  六句に及ぶ詩に  君の詩の  西洋には詩といふ  支那の詩には  西洋の詩には  漢語の詩を  洋語の詩を  サンスクリツトの詩を  古人の詩では  ような詩の  咏物の詩は  咏物の詩  人間の詩の  日本独特の詩  自作の詩  子供の詩を  時の詩  校友雑誌にのった詩が  之れ詩  ロマンチックな詩に  おかげで詩の  これが詩に  ヴェルハアレンの詩に  歌や詩を  百二十篇の詩は  傾向の詩は  予が詩を  此の如き詩を  ゲーテの詩など  戸外に出て詩を  自然児の詩に  単純な詩の  ハイネの詩の  僕の詩の  リルケの詩の  歌と詩とのみ  外祖父毅堂先生の詩に  艶体の詩を  生涯を以て活きたる詩  小説を書いたり詩を  わたくしに詩は  心平さんの詩の  エッセイが詩の  富士山の詩を  海の詩は  蛙の詩を  滝の詩に  老人は詩でも  悲しみを歌った詩を  雲雀の詩を  一巻の詩として  画であり詩  余が欲する詩は  心持ちになれる詩  今の詩を  部分画にも詩にも  姿と見れば詩に  説に従わんでも詩として  画よりも詩の  余は詩を  二段目に詩が  ノワイユ夫人の詩の  ペルシヤの詩  気分における詩に  際とか詩などを  これだけの詩を  平仄を合わせて詩を  娯楽の詩  circumstanceの詩  #ファーガスンの詩に  白百合に譬えた詩を  易水の詩を  田と詩では  田の詩では  田が詩では  田も詩では  情を遣らんと詩など  万畳雲濤露一峰と詩に  夕凪の詩が  夜の詩には  眼が詩  詩は詩によってのみ  強烈な詩  集中の詩は  詩人の詩が  戰的な詩は  音楽や詩の  有名な詩を  手法を詩に  音楽や詩や  ヴィクトル・ユーゴーの詩を  音楽と詩とは  世界と詩の  称賛してる詩が  それらの詩の  クリストフは詩の  雑誌は詩だけを  人々の詩を  クリストフは詩が  夜中に書いた詩を  果敢き詩  喫茶店で詩の  偉大なる詩が  漫画は詩  中には詩も  真実な詩が  散文は詩よりも  ユゴーに詩が  ときの詩  猟師にかつがれてゆく詩が  のは詩  ワトソンの詩を  内で詩の  英吉利人は詩を  自分を詩の  芝居と詩との  心にとっては詩も  高級の詩の  三の詩  彫刻や詩や  きれいな詩を  歌にも詠み詩にも  ヴヱルレーヌの詩に  ヴェルレーヌの詩に  唯の詩の  詩人が詩を  優美なる詩が  盛唐の詩の  ホーマーの詩を  ホーマーの詩は  漢土においても詩と  定義とせる詩に  漢土の詩と  #浅薄露骨以て詩と  雲井らの詩  戦争は詩でも  そつと詩の  ゲーテの詩も  趣味の詩を  文章や詩や  和算家には詩を  人の詩については  人の詩は  ダンテの詩が  センチメンタリズムが詩を  芸術が詩から  私も詩を  其頃の詩といふ  実感を詩に  当時の詩の  以前私の書いた詩を  自分がさういふ詩を  新らしい詩の  歌ふ詩といふ  いふ事は詩を  新らしい詩に対する  唯其等現代語の詩に  問題は詩の  将来の詩は  つて其人の書く詩は  心を以て詩を  為に詩を  従来の詩を  ところの詩  従来の詩に関する  まとまりのある詩  歌はれた詩  詩人の詩に  諸君の詩に関する  現在私が抱いてゐる詩についての  ただに詩についてばかり  ころの詩という  地面に喰っつけていて歌う詩という  心持をもって歌う詩という  ことは詩を  それら現代語の詩に  人の書く詩は  心をもって詩を  日本人によって歌われた詩  現在私が抱いている詩についての  市ノ瀬さんも詩をよ  愛人の詩について  やつぱり雑誌へ詩を  人の書いた詩を  歌つた浜島の詩が  フライリヒラアツの詩や  難解な詩で  ときの詩の  僅か十一節よりなる詩を  ハイネの詩に  ラフォルグの詩に  自分には詩の  ちやんとした詩や  戯曲は詩や  瀑布を望む詩の  歌を詩に  歴史と詩の  ホメーロスの詩には  ピンダロスの詩には  おぼろになった詩の  他は詩の  小説か詩かと  世界の詩が  彼らの詩の  われわれの詩や  中にこもってる詩や  一は詩に  修練を積むに従って詩の  どくだみの詩を  石蒜を詩に  似寄りの詩が  藤村張りの詩を  南朝の詩でも  教師の詩は  不幸は詩の  夜の詩を  優雅な詩に  自分が詩を  音楽が詩を  ゲーテの詩に  一つの詩も  健全な詩という  一緒に投げこまれた詩の  遺言の詩を  絵画と詩との  機智に満ち満ちた詩  調子の張った詩を  リルケの詩を  七五調の詩を  雜誌に詩を  意味を詩に  彼女には詩の  散文化された詩  聖テレサなどの詩は  結婚の詩などを  琴と詩と  はじめとして詩を  韵をいただいて詩を  東宮も詩の  倨して詩を  学者を集めて詩を  皆席上で詩を  歌も詩も  雫に泣いた詩の  駅長に詩を  王昭君を歌った詩の  源氏の詩を  二人で詩も  源氏はとどめて詩を  調子で詩を  みたいほどの詩ばかり  外に詩を  ボオドレエルの詩を  勝利を詩の  エマニュエルの詩に  ドイツの詩に関する  散文より詩への  ダダイストの詩を  眼には詩  小説や詩と  これは詩に  マラルメの詩  現代の詩を  多分の詩を  草堂の詩を  これこそ詩の  人を悼んだ詩  鉛筆の詩を  感銘されていた詩の  わたしは詩という  これらの詩によって  口に上る詩も  夢中に詩を  左のごとき詩を  一編の詩  旅行中に詩も  李白の詩に  奴の詩に  あれだけの詩を  彼の詩  悲しみを抑えて詠んだ詩が  近藤の詩を  詩人の詩という  我々は詩を  高らかに詩を  別れに詩を  別離の詩では  作が詩にも  サムボリストとして詩を  宮は詩を  船中で詩の  人々の作った詩の  リルケの詩にも  張継の詩で  意味の詩を  創作の詩を  各人の詩が  唐の詩で  なに立派な詩が  都会の詩にも  戯曲や詩などの  日本独特の詩の  頃西洋の詩を  兄様は詩を  傍には詩に  これを名づけてなどは詩と  東方原始民の詩  現在の詩の  実を摘んで詩を  各々歌や詩を  シヤナアンは詩が  弟子とは詩と  事が詩に  心で詩は  上に詩の  文に詩に  小説をやめて詩に  散文よりも詩を  小説よりも詩の  著実な詩の  不滅の詩を  丈山は詩は  此等の詩と  最後の詩を  王問の詩には  王問の詩に  三好達治の詩を  変な詩を  自分の詩についての  ユーゴーの詩を  柩造りの詩  ギリシアローマの詩に  一行の詩  これを越した詩は  詩人が詩に  エアレエプニスという詩を  愛と詩とに  さに詩と  美と詩との  世紀の詩と  美と詩と  賢治の詩は  無韻の詩  ロマンティックな詩で  坑夫の詩も  仕度をしながらつくった詩が  手伝いをして詩を  秋を詩に  子が思ひ詩に  逢但一笑且為立遅々といふ詩が  一句が詩の  君は詩を  唯一の詩  熱心に詩を  創つた唯一の詩  書きになった詩が  英語の詩を  二十行の詩が  秋の詩を  仕事は詩に  古来の詩の  一篇の詩が  アリストートルの詩の  明日の詩を  政策的高吟の詩の  稚拙な詩が  プロレタリア作家として詩と  女店員時代から詩を  ルンペンの詩として  彼も詩を  私には詩は  私の考えている詩  歌と詩とに関する  適切に詩を  十一の詩の  迹熄みて詩  時には詩は  賜や始めて与に詩を  政治と詩と  小説が詩の  定型詩で詩を  血肉の詩を  近頃の詩は  宿命的な詩の  一片の詩が  小説は詩で  尨大な詩では  いはゆる詩は  ところにも詩が  上露子の詩を  南画以外にも詩を  李太白の詩の  ゆつくり詩に  今の詩は  やうな詩は  六十編余の詩を  以後の詩を  散文調の詩を  嘲笑する詩を  親爺と詩の  山陽の詩を  心を励ました詩が  とおり山陽の詩の  #初めに載っている詩  有名の詩  ときに作った詩  三百行ばかりの詩  ただ三百行くらいの詩を  漁村の詩に  甘美な詩に  絶望的な詩  フランシス・ジヤムの詩の  どころをもたずに詩や  労働者詩人よ詩の  一篇の詩も  やうに詩  見事に書きあげた詩や  前で詩を  それが詩に  斯かる詩に対する  それと詩を  友達が詩を  愛国の詩を  ホメロスの詩の  詩人たちは詩の  モランの詩とを  シュテファン・ゲオルゲの詩を  將來に於ける詩の  牧歌的な詩を  詠嘆的文語調の詩  室生犀星の詩に  之等の詩に  此等の詩に  狸に詩を  題にとって詩を  仙公の詩の  たけを詩に  誰だかの詩の  動物園の詩で  來よ詩は  とわが詩  アラビアの詩にも  断片の詩に  秀英に詩を  秀英は詩から  老婆は詩と  ライフにおける詩の  都会に詩を  ロンドンのもっている詩を  ころ白秋さんの詩の  記念した詩が  杜牧の詩  こんども詩かと  讃美する詩を  自分の詩や  昔は詩  外国の詩の  行をかえて書く詩が  ところに詩の  一行の詩も  高貴優雅な詩など  婆さん教授に依って詩の  夜ミユツセの詩を  題の詩でも  今日其小説一二巻を取りて読むに詩に  はり合せにはくだらぬ詩ばかりを  劉逢祿の考へた如く詩と  考ふれば詩の  ジャムの詩から  歌つたジャムの詩が  一つの詩に  東洋の詩と  大野らしい詩の  うちで詩という  バイロンの詩に  所で詩を  #中尉君自作の詩が  新作の詩が  うちにすわって詩を  歌に詩は  印刷されずにいる詩を  用ひた詩を  今申しました詩の  是は詩の  唐以前の詩の  時の詩は  時の詩の  支那は詩の  時には詩で  中に詩が  樣に詩の  當時の詩の  體でもつて詩を  時代の詩の  云へば詩の  初めまでの詩と  大師は詩の  二十一種も詩の  自分は詩を  ぼくの詩を  小説家の詩や  見事な詩  私の詩と  顫えて来ると詩の  文李杜の詩に  頃バイロンの詩を  文芸は詩  小説よりは詩に  一種の詩が  中と詩の  すべて智恵子の詩  ゆたかな詩  エセーニンの詩には  悦びの如く詩に  於ては詩と  現実を化して詩  ことをうたった詩  幼稚な詩を  無声の詩では  愛誦の詩が  非情な詩の  シエレエの詩の  心は詩から  ことの詩の  藤村の詩など  所産なる詩は  凡てを捨てて詩に  十行の詩は  フランス語の詩を  抗議の詩  私の詩などを  學の詩にも  ベルレーヌの詩を  処から詩  ホイットマンの詩に  彼の詩が  光太が詩の  光太の詩は  光太が詩を  題の詩が  紅で詩の  シナ人の詩に  好きな詩を  夫シェリーの詩の  計りの詩の  中声で詩を  それらの詩に  父が口ずさんだ詩などは  父が詩を  英語の詩  讚賞する詩を  いふよりは詩や  興が湧けば詩をも  義堂の詠じた詩で  月並な詩や  ラテン文字で詩は  今野さんの詩も  ニーチェの詩  繁治さんの詩を  未来派左派が詩で  古代の詩の  熱情を詩や  やうな詩  輯めた詩を  これらの詩と  いろいろな詩を  これらの詩が  季節の詩は  時になれる詩に  海浜海の詩は  予が詩の  西洋の詩などの  しずかな詩の  多くの詩の  ロングフェロウの詩を  即興の詩を  ABCの詩を  ABCの詩に  ABCの詩  恋愛詩人ダヌンチオの詩の  世代の詩が  一つの詩が  詩と称せられる詩も  黙契があればこそ詩や  恋愛の詩と  街路詩人の詩を  あれでなくちゃ詩も  僕らが詩や  僕には詩も  慷慨激越の詩  羅風の詩に  汝いよか詩の  お作り下すった詩  三木君と詩の  望みのある詩を  婦人詩人ギッピウスの詩の  熊は詩を  室生氏の詩が  紹介で詩を  アナアキズムの詩を  創刊号から詩を  不思議に詩が  日本の詩や  #犀星氏の詩でも  #氏の詩でも  私は詩への  小説と詩に  石垣を詩に  後に詩と  恋も詩も  日を歌った詩が  素敵な詩を  最初に挙げた詩と  句に熱し詩に  句と詩に  句なり詩なりに  中に詩や  嗜好に上った詩と  従軍の詩を  本来異国語の詩  羅典語の詩が  それに対して詩の  舜典に詩は  のを詩と  歌は詩  作は読む詩の  日本の詩とは  日本語の詩  歴史と詩との  要求された詩  さを感じ直した詩  数学者にして詩を  バーンズの詩の  一言に含まれた詩を  活力の詩を  彼等の詩と  プロレツトカルトの詩は  ボオドレエルの詩の  ら今日の詩に  連作体の詩は  必しも詩を  田山氏の詩は  島崎氏の詩も  さは詩の  ポオは詩の  彼是百行の詩を  彼等の詩を  散文かの詩を  ゲエテの詩の  現実的な詩をも  厭世的な詩を  一方法として詩が  画でも詩でも  放縦な詩を  意味における詩の  戯曲や詩という  選にもれた詩を  題の詩から  歌や詩や  歌ともつかず詩とも  伊達正宗の詩を  伊達正宗の詩にも  繪や詩などを  山陽の詩が  多分に詩  題語や詩の  わたしは詩の  幾多の詩と  夢と詩が  散文も詩に  詠嘆した詩の  濛々と感じさせる詩  實の詩  惡口などを詩で  文學や詩は  君達の詩と  君の詩を  君の詩が  稀薄な詩は  音楽と詩が  私は詩といふ  乙女が詩  題材にして詩を  月の詩が  フランスの詩などを  昔知っていた詩を  正子に詩が  のは詩の  人造悪をも詩の  レムブラントを詩と  愛の詩に  隆二さんの詩の  方の詩の  驢馬の詩から  そちらにある詩の  下手な詩でも  恭一の詩に対して  愛吟の詩を  恒藤も詩を  数篇の詩  かくのごとく詩を  風景を偲ぶ詩を  お祝いの詩を  思いを詩に  自分で詩も  シェークスピアの詩の  礼讃した詩を  いやな詩  えりには詩でも  ふしぎさについて詩を  此の詩によ  讀書を好み詩を  久保田君の詩は  哀韻の詩を  觸れて詩に  樊川の詩を  お前なんかに詩が  手帳を繰りひろげながら詩などの  本国から齎した詩の  野口米次郎氏の詩などは  キイツの詩か  ミュッセの詩に  それが詩など  私の詩などにも  中佐の詩は  広瀬中佐の詩に  中佐の詩に  時に詩を  真似の出来ない詩を  中佐は詩を  様な詩を  此等の詩を  種種雜多の詩が  やうに詩の  當時田舍にゐて詩を  立派な詩は  ユリの詩の  封を切ったら詩の  ときよんで来た詩の  あなたのおっしゃった詩の  いく巻かの詩の  自分のよむ詩の  必然の詩の  永瀬清子の詩を  心をうたった詩は  なかにちりばめられてある詩の  別の詩が  理性を詩にまで  物語か詩の  一冊の詩の  小説や詩に  竹内てるよという詩を  心をしめつける詩の  バーンスの詩に  好きな詩の  誰が書いた詩か  穿ッた詩  語彙と詩と  美であり詩  一として詩の  一般讀者の詩に  沈痛悲壯の詩を  夜月明の詩を  窓の詩は  愛誦の詩を  泉物語の詩の  しんから気に入っている詩の  愛誦の詩の  私たち愛唱の詩を  早春にかけてかいた詩を  朝という詩の  大変同感される詩を  支那の詩にでも  隠微なたゆたいの詩が  誰かの詩に  ランボウの詩を  ボードレールも詩の  ときに始めて詩に  火と詩の  刑罰を詩に  之を詩と  ウェルギリウスの詩に  オウィディウス等の詩に  毎日抒情風な詩ばかり  十年ほどかかって書いた詩を  言葉足らずの詩を  たっぷりの詩を  どれだけの詩が  発露は詩  疑問の詩を  明月の詩や  藤村の詩の  そこでも詩は  藤村が詩を  これまでの詩の  愛の詩が  藤村の詩が  藤村の詩は  死せる詩を  あきらかに詩の  母なりき詩の  さまを詩とな  事をば詩と  用ゐて詩を  裡で詩も  現実とありましたけれども詩の  五月初旬の詩の  いつかの詩を  藝術の詩  夢と詩の  單に詩が  バーンスの詩の  われらの欲する詩では  心読の詩では  耳の詩  民衆の詩  預言や詩が  道別は詩を  寒山の詩を  私は詩や  白秋の詩は  露風の詩を  ダンテの詩に  ダヴィデの詩は  舞台の詩と  批評や詩などから  その頃作つた彼の詩に  つくりと詩を  弟子に示した詩の  蝉を詠じた詩が  調の詩に  戯曲的な詩  画における詩の  都近くの詩か  りかの詩を  ふうの詩とも  眞の詩は  我れ詩を  我歌をよみ詩を  歌に詩に  小杉氏は詩にも  僕の詩より  句も詩も  長篇の詩の  指導力としての詩の  伯父の詩で  伯父の詩の  能はざる詩  歌や詩で  木に書きつけた詩の  バイロンの詩を  彼奴の詩は  ようにと詩を  ブッセの詩  十五歳の詩は  最初の詩は  夏頃作った詩が  何よりも詩  黄山谷の詩の  二三の詩の  ひとつ夢でも見て詩の  連中の詩や  好色淫猥の詩を  乃木大将には詩が  わたくしは詩を  私達の詩の  文章倶楽部の詩の  雑誌にかく詩や  頃つくった詩  女の詩は  馬鹿な詩なぞよ  恋の詩も  お母さんの詩も  ひとの詩を  高級な詩を  中で詩を  肺が歌うなぞと云う詩を  女の詩なぞ  郵便局から出した詩は  ダダイズムの詩と  烏と云う詩を  タゴールの詩  星とかの詩を  新聞紙に詩を  これが詩と  ダダイズムの詩を  恭次郎さんの詩は  鉛筆をなめながら詩を  投書の詩が  野村さんの詩の  私の書きかけの詩の  このごろは詩の  お釈迦様の詩を  厭になると詩を  蓄音機ホーマーの詩でも  二三頁も詩ばかり  小説や詩は  今夕席上にて書く詩を  短歌や詩に  多くの詩や  文と詩とを  何人かの詩を  先生の詩は  先生の詩ばかり  あなたも詩を  誰かの詩を  哀調の詩とも  史材と詩と  郷愁を詩として  潯陽江頭の詩は  多分な詩と  一篇の詩では  それも詩  雷公は詩を  叙情的な詩に  木下杢太郎氏の詩へ  フランス式の詩を  支那の詩  うちに詩の  感傷的な詩を  文字で詩を  其時先生左の詩を  我も詩を  小形の詩の  書物と詩の  文官一同に詩や  

~ 詩[名詞]2
この詩  其の詩  初めて詩  そんな詩  長い詩  その詩  定めし詩  新しい詩  時々詩  ない詩  好い詩  美しい詩  尊い詩  佳い詩  なく詩  もう詩  最も詩  古い詩  こんな詩  つまらない詩  決して詩  次第に詩  忽ち詩  鋭い詩  はじめて詩  同じく詩  却って詩  あくまで詩  あの詩  よい詩  既に詩  うつくしい詩  すこし詩  難しい詩  可愛い詩  どうも詩  こういう詩  そういう詩  下らない詩  まずい詩  いやしくも詩  もし詩  むしろ詩  同時に詩  無い詩  長き詩  貧しい詩  よく詩  必ずしも詩  るる詩  たとい詩  我が詩  ある詩  短い詩  再び詩  丁度詩  必ず詩  亦詩  別に詩  わが詩  うまく詩  ちょうど詩  深い詩  時には詩  ふたたび詩  只詩  みじかい詩  痛ましい詩  共に詩  しきりに詩  単に詩  いきなり詩  まだ詩  更に詩  やはり詩  面白い詩  やっぱり詩  果して詩  ぐんぐん詩  いくぶん詩  どの詩  同じ詩  いい詩  本当は詩  苟も詩  主として詩  どんな詩  古臭い詩  まして詩  正しい詩  真に詩  なぜ詩  多い詩  それほど詩  いわば詩  たとえ詩  どうにか詩  いわんや詩  かく詩  いろんな詩  やさしい詩  いつも詩  暗い詩  小さな詩  かかる詩  けだし詩  どうして詩  始めて詩  強く詩  実に詩  遂に詩  先ず詩  正しく詩  拙い詩  言うまでもなく詩  直ちに詩  新しき詩  未だ詩  整然たる詩  正に詩  断じて詩  然るに詩  すくなくとも詩  そうした詩  あらゆる詩  こうした詩  漸く詩  もっと詩  いかにも詩  若い詩  特に詩  まさしく詩  おもしろい詩  勿論詩  っぽい詩  多少詩  ちと詩  全く詩  いよいよ詩  あまい詩  益々詩  何より詩  そう詩  少々詩  がたい詩  難い詩  大きな詩  実際詩  勇ましい詩  もそっと詩  絶えず詩  啻に詩  唯詩  何時しか詩  どうしても詩  若し詩  無論詩  いつしか詩  むろん詩  いわゆる詩  高き詩  もはや詩  名高い詩  あまり詩  珍しい詩  ただちに詩  おのずから詩  だんだん詩  なき詩  とまれ詩  恐らく詩  まるで詩  殊に詩  稚い詩  次に詩  大いなる詩  なにか詩  早く詩  すぐ詩  かの詩  多く詩  とにかく詩  悪い詩  良い詩  現に詩  細かしい詩  要するに詩  猶詩  善い詩  もとより詩  すばらしい詩  いまさら詩  ほとんど詩  甘い詩  ちょっぴり詩  美しき詩  あんな詩  且つ詩  どんどん詩  余り詩  どんなに詩  ちっとも詩  素晴らしい詩  あたたかい詩  奇しき詩  少し詩  本当に詩  或詩  聖なる詩  よき詩  思わず詩  とうとう詩  清々しい詩  

複合名詞
詩材  即興詩  無韻長詩扁  詩經  十月二十二日玉山洗竹詩和訳原作  學詩艱難險阻備嘗  實景也對惠施花欲得詩  聊贈畫中詩  乃ち一詩  詩中奇書  詩外楼  詩外楼君  恋愛詩  象徴詩  詩神  詩法  敍情詩めい  詩章  とき詩  詩五十七章  仏詩  詩天  詩風  民族詩  日本民族詩  詩天そのもの  詩中  詩和之万死奔亡救国危  幼学詩韻的詩  ぴつたりとその詩風  詩酒  詩園同人  戦争詩  呉門雑詩  詩精神  詩稿  二行詩  口語詩  諷刺詩  歌つた詩  詩僧  詩偈  いふ詩  卿兩小詩次韻揚鞭暮出錦官城  燒香賦小詩可憐  詩品  少年詩  玉津雑詩  陶詩  詩佛燈漸  読陶詩  詩淵明  跋詩稿  古来詩  丙戌以前詩二十  杜詩  王荊公唐百家詩選  欧詩  詩眼  詩社  三行詩  自由詩  詩声  詩體  げた詩  詩味  現代詩  詩愛好家  詩工  詩さ  心理的詩味  詩片  自ら詩作り  西詩  ちょう詩  詩仏  詩魔  自然詩  詩韻  詠詩  時詩  詩IdyllsoftheKing  詩名歌  唄つた詩  詩業  詩数百篇  詩友  詩數百篇  詩中月経  詩九・二〇  詩十九  詩会  ひとり詩画琴棋  詩六月十四日  詩題  外国詩  一詩  象徴詩派  敍情詩  觀念詩派  情緒詩派  益益詩  かたはら矢張詩  詩一篇  表現詩派  無韻詩  それ自ら詩  つて詩  所謂自由詩  不自由詩  專ら詩  詩學  定律詩  詩それ  自由詩以後我等  最近自由詩  却つて詩  言つて詩  敍事詩  教訓詩  警句詩  韻詩  皆自由詩  自由詩以後  今日自由詩  高調敍情詩  低調敍情詩  萬一自由詩  つて自由詩  詩派  つて定律詩  定形詩派  一面自由詩  これ皆自由詩  詩化  古典英詩  詩一  詩はいふ  詩そう  詩冬  詩どこ  詩ぐつと空中  詩これ  詩そこ  詩日向  詩ひまはり  詩わたしら  詩都會  詩キリスト  詩女  詩おんみのかなしみ  詩此  詩信號機  詩煤烟  詩青竹  詩晩秋  詩草  詩ひとり  詩鷄  詩人間  詩林檎  詩雪  詩しののめ  詩おいら  詩ぼく  詩生み  詩自分  詩みよ  詩ひさしぶり  詩何  詩がま  聯ねた詩  詩臭  一つ詩化  詩客文士  詩性  詩気  所謂詩客  国詩革新  詩ガカタカナデアルコトナドデ間接ニ証明サレルガ  詩1  詩魂の  宮廷詩  詩客元来  製詩職工  十七字詩  創作詩  詩合せ  叙景詩  叙景詩以後  ウム詩  詩魂  詩数篇  事実詩  詩性論者  一年間作つた詩  人生詩  最善詩  詩調  俳体詩  連句俳体詩  詩神処  詩以外  三家詩  昔詩  毛詩  詩傳  詩画家許友  政治詩  へぼ詩  作つた詩  二詩門  沒主觀情詩  沒理想詩  詩學上卷九九面  詩學上卷一〇二面  むね理想詩  所謂理想詩  類想詩  詩統  樂天詩  よそ詩  理想詩  沒却理想詩  沒却理想詩即小詩  詩天地  沒却哲理詩  詩卷中  づる詩  口語體自由詩  詩ごころ  下劣詩魔  傾向詩  残つた宮廷詩  宮廷詩即記  宮廷詩本  性欲詩  作つた恋愛詩  所謂詩  泰西詩  行つた詩  比喩詩  日本象徴詩  其昔詩  詩自身  西洋象徴詩  現実詩  象徴詩勃興時代  古語詩  西洋詩  詩語彙  詩以来古典  未来詩  お伽詩  譬喩詩  詩自身ふらんす語  詩社一派  翻訳詩  訣別詩  一体詩  寒山詩  英詩選釋  時歌つた詩  一つ詩  渓口雲詩  憶江柳詩  薄暮詩  詩四首  李太白詩選  詩余  惜春詩  づれで詩  一切詩  小説詩  詩界  詩道  詩律  詩心  詩談  話頭詩  国詩  白鹿詩堂  詩堂  象徴詩派前派  高踏詩派  皆詩  定型詩  大勢集つて詩  詩會  風詩  詩魂脈々  糞詩泥歌  詩一首  詩翁  詩全体  俳諧詩  印象詩  詩料  詩そのもの  一詩心  詩心界  詩うた  それ詩  戀愛詩  古代詩  レ詩上二衆官一  鄭廣做レ賊却做レ官詩  詩曰  詩みたい  津陽門詩  送別詩序  詩骨  詩部  詩略  英詩  毛詩魯頌  詩美  景教經典序聽迷詩所經  女神詩  郷土望景詩  卷頭詩  對話詩  詩五篇  殆ど詩  詩風一變  當分詩  詩筆  詩名  難解詩  十二行詩  二行詩三行詩  二行詩専門  民衆詩あたり  づれた詩  概論詩  最近詩派  従来詩  暫らく詩  酒一斗詩百篇  すべて詩  詩それ自体  詩感  詩以上  すべて詩Poem  みな恋愛詩  独り詩  それ自ら定形詩  而非詩  哲学詩  古典詩  古典詩中  短篇詩  長篇詩  朦朧詩風  詩操  押韻詩  定形詩  自由詩以前  自由詩それ自体  すべて皆自由詩  多く皆自由詩  抗争詩派  最近詩界  和製詩派  詩工的完美  日本詩  自由詩以外  口語自由詩  所謂プロレタリア詩  慷慨詩  文語詩  自ら口語詩  而非自由詩  自由詩以来でたらめ  自由詩時代  自由詩運動  從つて詩  田園詩  昔作つた詩  詩そつくり  ヘツポコ詩  心理詩派  詩今日  伝統詩  咏嘆詩  西欧詩  純粋詩感  郷愁詩  醉つて名詩  神秘詩  まま詩  詩筒  翌日詩  多く詩  唐女郎魚玄機詩  現代詩代表選集  リルケ詩中  挙つて詩化  満目詩料  躰詩  の詩  編詩  昨夜詩  幻想詩派  詩也  全部詩  三体詩  三体詩中  詩会席  兒島高徳行宮題レ詩  純情詩  詩二篇  大窪詩仏  烏鵲南ニ飛ブハ此レ曹孟徳ガ詩ニアラズヤ  横タヘテ詩  江西詩社  詩十篇  郷土詩  十二韻詩  純粋詩  詩社一流  詩社盛時  四行詩  詩三百  洋詩  弱き詩  客観詩  詩たる  詩星  與へた詩  詩スカルド  哲学的詩  詩一行分  詩雑誌  物語詩  詩画  猟奇的冒険詩  詩腸  詩朝  詩農家  交響楽詩  交響詩  悼亡詩  詩禅一致  詩旨  総て和歌俳句詩  諧謔詩  四句詩  題韻詩  折句詩  歌謡詩  暮れゆかむとする詩天  詩中明眸皓歯  詩其物  直接詩  唯々詩  詩及詩人  求むるごとくにただただ詩  こと歌つた詩  詩ぐらゐは小学校  詩賞  フランス詩神  夜蘭軒詩  密厳詩  詩生活  寓話詩  妙詩  交響詩ダヴィデ  六脚詩  詩術  詩里  風景詩  詠嘆詩  戀愛詩四篇  郷土望景詩五篇  劇的詩  花街風俗詩  詩友宮島貞丈  有一篇詩却思去歳  詩独特  愛詩  以善詩聞於江湖上  詩ザラツストラ  詩祖ホーマー  詩芸術  近頃詩  自由詩社  詩幾篇  夏三つ詩  かたわら詩  想詩  我詩界  詩ただ一行  傍ら詩  詩三句  詠詩漁児  講詩  詩目次白百合  フランス敍情詩  朗読詩  詩朗讀  詩二首  今朝尽成血示君錦字詩  むるものが主観詩  むるものが客観詩  出世間的詩味  詩脈  詠物詩  詩三千余篇  私詩  贈呈詩  論詩  詩外楼居  山口詩選出版記念茶話会  詩小松  新芽寓話詩  俳優女流諷刺詩篇俳優人物詩  教会堂追悼詩  詩二篇温和  詩的  俳優女流諷刺詩篇俳優人物詩赤木蘭子論彼女  追悼詩  戦慄詩  詩譚  詩友室生犀星君  高踏的詩風  賦詩  四言詩  詩入  五十三駅詩  長編詩  詩教  李白一斗詩百篇  白話詩  詩三昧  余暇樊川詩注  これ詩  概念詩  詩並  詩味豊か  作つた詩式  矢張り詩  詩式  詩評  詩議  唐朝新定詩體  詩髓腦  當時詩  泰西名詩訳集  三つ四つ詩  詩ハ  詩ニモマタ郷党  詩アリ  応募詩  邪馬台詩  近代象徴詩  英雄詩  韻文詩  支那女流詩講  七言絶句詩  叙景詩中  情詩  児童自由詩  プロレタリア詩  兒童自由詩  歌詩  詩一つ  讃詩  警句詩等  詩法上  英語詩  独逸語詩  倭詩  文字的創作詩  文字詩  創作詩専門  創作的文学詩  詩客  柳河風俗詩柳河  仏蘭西詩  詩六十篇  詩畫  詩畫交響  詩の  自ら詩  詩物語  詩幅  詩餘  大変詩  既往數百年間國詩  本邦詩界  國詩  眞詩  今日國詩發達  詩ものがたり  女流詩人文素玉  じい詩  詩人我  趣味詩風  我詩  詩材文體  ドイツ詩  詩小説  われら愛誦詩  抒事詩風  詩散文  詩神ムーサ  詩神等  詩神の山  四二詩神ムーサ  敍事詩成立  此敍事詩  原始敍事詩  敍事詩時代  宮詩  説話詩  国民詩  詩佳  これ詩題  聖詩  すべて詩風詩體  古代英雄詩  詩オヂツセー  部分詩  合つて詩  齊詩  韓詩  詩各々神髓  詩發生時代  西詩譯集  佛詩  今日國詩發展  詩悪筆  詩其もの  墨ニテ石面ニ詩  戀愛詩評釋  詩風以外  詩作品  紀元二千六百年頌朗誦詩  國民詩曲  恋愛詩評釈  詩人文客  今日かぎり詩  人間詩  詩一句  東洋恋愛詩中  一人柳川文吉氏詩  藝術詩  整つた詩  詩仏鵬斎蜀山真顔千蔭春海等  



前後の言葉をピックアップ
  市ノ      死の      使  市野川  市五郎


動詞をランダムでピックアップ
綴り合せれあたるあばれださ否むききゃたげ持ち越せきりぬき踏み止まっしかりくらべ突き破そばだつ旅だち問いかけよ組み合っかかれよみくびり眩むおぼれよ
形容詞をランダムでピックアップ
はなはだしうるわしくゆゆしくねむたく辛かれ愛づらしうさんくやりきれなかっなさけなくったらしく擽ったかっ丸う熱苦しき手ぬるかっ厳しから忙しなかっいかがわし臭かっむしあつい古めかしき