「市五郎」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
名詞

市五郎[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
市五郎が先に立って  市五郎がヌッと懐手で中へ入ろうとする  市五郎の面を見て  市五郎にとっては容易ならぬ  市五郎の横面を撲り返しました  市五郎が横柄で乱暴だから飛んで来て  市五郎の大面を憎がっていた  市五郎をポカポカと撲る  市五郎がテラを取ったり  市五郎がここで撲られた  市五郎が寝ている  市五郎を見舞った  市五郎は眼を丸くして  市五郎は自分の眼を拭いながら近寄りました  市五郎はタジタジとしました  市五郎が同心長屋の角を町の方へ入った  市五郎が傍へ寄って来た  市五郎はなにげなくそれを反らして行ってしまったが  市五郎がこんなことを言って慰めている  市五郎は焦れ  市五郎の宅ばかりを見ていました  市五郎がお嬢様と呼び  市五郎が手を取って乗せて  市五郎の家の屋根の上に現われました  市五郎の宅から大部屋の屋根の上を鼬の走る  市五郎がここでどうしても器量を上げない  市五郎の駕籠が提灯で隠れるほどに  市五郎の宅まで運ばれ  市五郎はこうして馬大尽の家から感謝を受け  市五郎を信用し  市五郎も話し  市五郎はその目をそらさぬ  市五郎の内心は計り  市五郎がこの縁談のことを話して辞して帰った  市五郎の口前を信ずる  市五郎が言葉を恭しくこう言いますと  市五郎の労をねぎらいました  市五郎が呑込んで話している  市五郎はお絹を呼ぶ  市五郎はそこへ仰山らしく保証をおいて  市五郎を引留めて  市五郎に引合わせると  市五郎は卑下と自慢とをこき交ぜて  市五郎の手先をつとめている  市五郎はそこそこに辞して出かけました  市五郎からお聞きでもござろう  市五郎の屋敷へ飛び込んでしまいました  市五郎とは満足して  市五郎も海馬探検の功名手柄を独り占めにしようという  市五郎は鉄砲を用意して行こうかといったが  市五郎にささやいた  市五郎は殴かれたか蹴られたか  市五郎につまずいて  市五郎は答えないで  市五郎の倒れている  市五郎は怪物のために鼻や口を強く打たれたらしい  市五郎はようように正気づいたが  市五郎の看護を他の人びとにたのんで  市五郎が怪我人となったさえあるに  市五郎を連れて帰れ  市五郎がかような  市五郎の容態を見届けた  市五郎の容態はなにぶん軽くないのをみて  市五郎は玄関に近い小座敷で彼と向い合った  市五郎は困った  市五郎は苦笑いをしていた  市五郎に別れて出て  

~ 市五郎[名詞]1
肝腎の市五郎の  のは市五郎  役割も市五郎ばかり  役割の市五郎が  役割の市五郎を  役割の市五郎  ところは市五郎の  縄のれん越しに市五郎の  姿は市五郎の  幾台も市五郎の  伊太夫は市五郎を  絹は市五郎の  絹は市五郎を  お松を市五郎に  役割の市五郎の  甚七と市五郎とは  甚七と市五郎も  甚七は市五郎に  足は倒れている市五郎に  彼は市五郎の  甚七と市五郎が  

~ 市五郎[名詞]2
あんまり市五郎  なかには市五郎  この市五郎  早く市五郎  まず市五郎  

複合名詞
蓮田市五郎  市五郎どの  役割市五郎  市五郎め  古河市五郎  市五郎ら  宮坂市五郎  



前後の言葉をピックアップ
      使  市野川  シァルコット  しあい  試合  仕合  仕上


動詞をランダムでピックアップ
飛歩き極め付けとり入れる書流し撃ち止め祭れかきまぜ割り込む垣間みる断ずる降り頻るこしかけよめんくらう弔わ纏わるとりとめるひっかつぐ挿そ根ざせはべん
形容詞をランダムでピックアップ
せわしかっ小ざかしき少なかっみづら生なましく分別らしくつつがなく悔し神々しくこうごうしくあらっぽい木ぶかい美味しかろくろき青黒う難き由無ししんどき詮無き並びな