「うち」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ うち[動詞]
菩提樹皮にうち  硝子扉にうち  火鉢にうち  口までうち  鼓をうち  なまけものにうち  気持をうち  鉦をうち  先生、ほつといとくれやす、うち  のやけど、うち  うちに、うち  失敗をうち  銃をどんどんとうち  耳をうち  一時をうち  二時をうち  事どもうち  外側にうち  竹竿をうち  巨燵を明けて見たらもうち  機関銃をうち  鼻をうち  手をうち  大地をうち  補償をうち  謎にうち  んを、ドンと、うち  試煉にうち  めえも、もうち  五発目はねらいもろくにつけずにうち  湯をうち  水にうち  小袖をうち  戯曲は、もうち  膝をうち  草をうち  動悸をうち  タイプライタアをうち  簾をうち  胸をうち  差控へずには居られない、もうち  つてもうち  三度石をうち  わたくしもうち  棒でうち  太鼓をうち  電報をうち  さにうち  脈をうち  心をうち  悲しみにうち  微塵にうち  会話をうち  サマルスキー石にうち  鉄砲をうち  えりをうち  日本をうち  花輪をうち  光をうち  ギャロップをうち  そこにうち  オートバイにうち  時をうち  三時をうち  九時をうち  火星人をうち  火星兵団をうち  怪力線をうち  敵味方は、ぐるぐると、うち  モロー彗星にうち  注射をうち  花をうち  碁をうち  相手にうち  点をうち  呪詞にうち  捜査をうち  彼がもうち  板戸をうち  女である女らしさをうち  寢がへりをうち  さつきからもうち  彼にうち  とんぼがえりをうち  ボートにうち  大砲をうち  空をうち  豫想にうち  槍をうち  頭をうち  釘をうつべきはうち  膝をぽんとうち  頬をうち  錠をうち  椅子にうち  渚をうち  二三度縦にうち  終止符をうち  ほこりをうち  小舟にうち  樽をうち  つた時、うち  まち針をうち  現実にうち  び三たび羽をうち  鞭をうち  とんぼ返りをうち  石粉をうち  活字をうち  うつそみをうち  俺アもうち  寢還へりをうち  七時をうち  性質にうち  半をうち  姿をうち  餌にうち  メキシコ生活をうち  釘をうち  そばにうち  響をうち  ナチスをうち  穴にうち  顔をうち  腕をうち  神をうち  私もうち  釣瓶撃ちにうち  今夜はうち  彼等はうち  髪をうち  如くにうち  笛をうち  国をうち  それより、うち  舌鼓をうち  ひとりでは、うち  宙返りをうち  翼をうち  魂をうち  懐中電灯をうち  赤旗をうち  絶望にうち  精神をうち  酒をうち  新感覚派をうち  相槌をうち  一つ寝返りをうち  いま注射をうち  塚田にうち  手紙をうち  こころをうち  妄想をうち  これにうち  煩悩をうち  嘘つきさんとうち  こんどとうち  千草よとうち  化物はうち  ことをうち  もんどりをうち  髮はいとこちたうもあらぬほどにうち  夕刻迄うち  疲労にうち  今川義元をうち  中をうち  ですよ。もうち  志、まあ、もうち  つて、稼ごうと思えば、もうち  あたしもうち  恋愛をうち  掌をうち  本船から大砲をうち  力をうち  山代女のこくは持ち、うち  ぢや、うち  銘をうち  船とうち  生活にうち  意志にうち  全身をうち  それくらいなら、うち  質問をうち  生活をうち  百姓達はもうち  誠実さをうち  用がうち  ちょっと拍手をうち  寝返りばかりうち  迎へうち  話はうち  方をうち  合槌をうち  一発もうち  われわれをうち  ものをうち  新聞碁をうち  批もうち  寝返りをうち  身をうち  頭部をうち  樹をうち  時にもうち  谷にうち  芸術をうち  心を一層強くうち  口鼓をうち  ぱぬいて冷やかしてみると、あら、うち  それをうち  屋根瓦をうち  小さな娘はもうち  みをうち  私どもはもうち  使つて、もうち  わたくしをうち  渺茫とうち  桔梗などをうち  黄金丸にうち  敵をうち  泉石をうち  肩をうち  おら、もうち  行方をうち  火鉢をうち  午後二点をうち  機銃をうち  義眼をうち  片手をうち  鼠色にうち  柔かにうち  弾丸をうち  安らかにうち  洞門にうち  芸術派をうち  感慨をうち  ヤーネル艦隊をうち  戦艦隊をうち  枝をうち  貝折釘がうち  仔細にうち  ようにうち  ように、そっとねがえりをうち  世間にうち  ぬれにうち  心臓だけは、もうち  下にうち  間には、もうち  間にはもうち  らだ、もうち  歓喜にうち  野辺にうち  けふひねもすをうち  磯をうち、うち  心もうち  十二時をうち  バサウリュークはもうち  耳朶をうち  ものなら、もうち  ら、うち  われ等ゐてうち  しか大海を、はうち  ぱつ大砲をうち  杉作がうち  印度王をうち  うちはうち  応答信号をうち  合戦にうち  瞳にうち  曇にうち  道春手をうち  授業をうち  まわりいちめんにうち  無げにうち  つり竿をうち  手裏剣をうち  一寸釘をうち  拍子をうち  それなりにうち  模様をうち  目をうち  相づちをうち  万端因循にうち  腹皷をうち  首をうち  雨にうち  アディーチェをうち  腰をうち  前面をうち  指をうち  ためにうち  私をうち  床をうち  三回床をうち  砧にうち  連体法をうち  構えをうち  禁制とをうち  地をうち  扉をうち  両手をうち  尾をうち  柝をうち  額にうち  白馬にうち  得意顔をうち  波をうち  ものにうち  方にうち  六時をうち  動悸がうち  羽をうち  雲にうち  打撃にうち  いやというほどうち  鼓膜をうち  原型をうち  熱情をうち  境遇にうち  面をうち  地面をうち  下でうち  四五いくひをうち  一〇一まくひをうち  彼はまたうち  二三十発鉄砲をうち  概念をうち  帰りにはもうち  話がもうち  呼吸にうち  杭をうち  衝動にうち  云ひながら、また寝がへりをうち  香にうち  君ゆゑ目もうち  ふりにうち  写真、うち  手先をうち  紫にうち  外部から砲弾などをうち  小説にうち  

名詞

うち[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
うちにちゃんと実を結んでいる  うちにひそませてゐる  うちにとうとう真暗になってしまったので  うちをどる  うちに空の上を歩いております  うちに夜は明けて行った  うちに小便をしたい  うちにほのめかした  うちに行く  うちに行き渡って来た  うちに対者の立場やら長所やらを自然と認めなければならない  うちに三重吉は黙ってしまった  うちに黒味が取れて  うちへ行く  うちのひとがどんな格好で原稿ってものを売りつけて  うちで尺八でも吹いている  うちで私が一番貧乏性かも知れないわね  うちで誰が一番この父を大事に思ってくれるか  うち鳴らし思ふ  うちにその男が散歩に出ると  うちで想い煩っていましたが  うちに蔵をいくつも建てた  うちに四人の兄妹に分けるだけの  うちへ帰っても  うちに置いて養って下さいませんか  うちに自然にそうなる  うちにからだが治ってしまった  うちから要求した  うちに酒が出ます  うちに席が乱れてまいります  うちなるこの泥う早う出してもらいたい  うちの一枚をたくさんある  うちに悩む  うちに出来るだけ  うちからは一人も食に饑ゑるやうなものを出さない  うちに保護する  うちを明日の発展へ向って流れる  うちにあるという  うちにあくどい存在そのままにとらえられていて  うちに見違える  うちを見すかした  うちに愛している  うちに日が暮れて  うちに出かけ  うちに戻りましょうか  うちにて何事をか念ず  うちに住みながら  うちへ行きました  うちで大原を呪いつづけて来ました  うちに拳銃でやられてしまいます  うちに決まってしまいます  うちにその場を立ち去った  うちに気にかかっていた  うちに迫っている  うちにわたしは日本に向かう  うちの幾プロセントかはまたおそらく単にこのフォーヌの夢を見るだけの  うちに出来ても  うちに自ずから興味の泌み出して来る  うちに色々のことを発見して  うちに幽邃な自然の幻影がおのずから眼前に展開されて行く  うちに旧城の青苔滑らかな石垣によじ上って  うちで一緒に夜も勉強したりした  うちへ訊ねて来た  うちへ来てくれた  うちに運ばれ  うちの二つが吉井勇作の芝居であつたことを憶へてゐる  うちに早く相当の婿でも取るか  うちのお父っ  うちでも早く嫁をもらはにゃならん  うちにぞっ  うちに夜が明けて  うちに朝が来た  うちに幾日あらうか  うちだけでもかなり読書が出来た  うちが花かも知れない  うちから寝た  うちには何時も或る種の熱情が炎えてゐる  うちに方面を変へさせた  うちに自分も酔つて来た  うちに自身を織りこませざるを得なくなって来ていて  うちに解放し  うちに生産文学にすりかわり  うちにある  うちには船暈など先づ先方から逃げてゆく  うちに雨がふる  うちの藪よその藪みんなうごいて  うちに動いてゐる  うちに起きた  うちの初茄子を味ふ  うちの様子を覗き込みますと  うちにて取交した  うちに行って仕舞った  うちにお前がそっとお盗みな  うちに喧嘩となり  うちに支度も整いましたから  うちから孝助は支度をいたし  うちに掘って  うちに産み落したから  うちに跡追っかけ  うちに動物を見出す  うちに起きる  うちから藁うつくらしの音がはじまつた  うちには人の知らない  うちの一軒を僕が使わせてもらってる  うちに死にました  うちの一枚のまえに  うちに具体的なひとりの少年となり  うちはこれでいいのだと言って  うちにこの観察力を養っておく  うちにもだんだんしつかりして  うちにきつと  うちに自然を観ると  うちに自己を観る  うちに昨夜食べ残した  うちに起きて  うちに何か感染し  うちに焔の熱度が増す  うちに向岸の方へ渡りたかつた  うちに明けたり  うちにやりきれなくなる  うちにたうとう夜が明けた  うちに向岸の方へ渡りたかった  うちに書いて置かなければならぬ  うちじゃそう呼ぶ  うちの馬鹿が来ていませんか  うちに試験の期日は切迫して来る  うちをゆきめぐる  うちに神はゆめ入る  うちかくる  うちに入れられていると思わなければならない  うちの蕗のとうも落葉の中から逞ましい  うちにちょっと顔を見せた  うちに自分の手腕をふるって  うちに目玉が青くなりたい  うちに数十のたいが飛ぶがごとく売れる  うちに手塚が光一のそばへきてささやいた  うちに阪井は弁当箱をふりあげた  うちに講堂は潮のごとくわきたった  うちでせせらわらっていた  うちで冷笑した  うちに夜がほのぼのと明けた  うちに悪魔波旬となった  うちから尊敬される  うちに人々は一層不安の念を起こした  うちに町のあなたにさっと土ほこりがたった  うちに外へ出歩いてはいけないよ  うちにゆく  うちにいくどと  うちになんとかするから  うちに祖先の魂が残ってる  うちに新しい光がさしこんだ  うちにかれの  うちに見物人は刻々に加わった  うちそろうて一塁側に並んだ  うちに勝敗を知った  うちに双方を生かしてしまった  うちにすぐにふしぎな喝采が起こった  うちに探しだして  うちはこの風評をとりあげる  うちに相当の手段を講じなければなるまい  うちに奸知ある  うちにかの女はだんだんこの団体の不規則で野卑な生活が好きになった  うちに階下の方で文子の声がした  うちにライスカレーもできてきた  うちに出ていった  うちはしてゐる  うちの庭はとてもい  うちは愛の完全透徹した  うちに僕は判りました  うちの最も好いメモリーになり  うち二度と来ない  うちに育て鍛えられる  うちに歳月が流れさり  うち沈みたるねび  うちに眼覚めて  うちに涙ぐましくなり遣りきれなくなる  うちにりんりんたるものを感じる  うちに拓かれつ  うちへ押し入って  うちへかえって見たら  うちに梅子とお手伝いは夕食のした  うちで念仏を始めた  うちに自殺するとしたならば  うちに夜が明けてし  うちに眼がくらむ  うちに横浜に着す  うちに過ぎ去り  うちにあり  うちに船は英国の北の山を送り迎えてすすむ  うちに陽が西にまわった  うちの一人がじっと陳を見て言った  うちもない自分であることを悟つてゐるから  うちに保つ  うちにかくれる  うちにほころびる  うちにゆふぐれのささやきをにごした  うちに溶けながら  うちはどうにか我慢していたものの  うちを考へさせられた  うちに夜が明けた  うちでは朝がい  うちに握って  うちにあって  うちに空を蔽う  うちにのこる  うちに半年ばかりになったが  うちに士誠が降り  うちかづけるが  うちに長門峡駅に着いた  うちはまだ見込があると思ふ  うちに万生の名が聞えて来た  うちの者であったかも解らないと思って喜んだ  うちにその根から掘取りおくべしだ  うち明けていた  うちはシンドラーを尊大な侮蔑的態度で遇してさえいた  うちに死が来るとすれば  うちから再創造した  うちに歌わせる  うち興じてゐる  うちに摘み取る  うち明けて話した  うちには眠くなつち  うちに厨へ行って  うちがあなたにわかりますか  うちに掴んで来た  うちにとらまえて離さない  うちに沈潜し  うちはそれを逃さなかった  うちへ汲みとるべき  うちで遊んでいるよりは  うちに死んでしまって  うちに四年の歳月が経った  うちから能く  うちに人間の霊はちぢまって  うちによび覚まされた  うちに微笑した  うちに人間の狩人に会って  うちから犇めき出した  うちに費い  うちに自動車に乗り  うちに私は父を見つけて  うちの出来損つた子供の成れの  うちに誰かしらん払ふてしまふさかいに  うちに厭がられ  うちに一縷の血脈を相伝したか  うちに悠々と六十年の生涯を了した  うちになさけを含め  うちでこの一篇ぐらゐ耽  うちに文壇も進歩して  うちに後妻の睡りが覚めた  うちには娘が無いからお前に着せる  ウチも行つてあげたい  うちに格子造りの染め物店が黒門厳めしい  うちではそいつを考えていた  うちに学校生活が一時中断する  うちが凹んで  うちに望み得られる  うちに意識される  うちには果してどれほどの民族資本がねているであろうか  うちは子供部屋と藏がはりにつかつてゐた  うちに書いて見よう  うちできっとだれかもらいにきてくださると思っていたのに  うちにはおめでとうという文句をいれていました  うちに物価が安定するどころか  うちの船客は気がちがったらしい  うちにこんがらがってしまって  うちしているよ  うちのどれかが成功すれば  うちにルゾン号はエンジンをほとんどとめた  うちにわかってくる  うちにすこしずつひくくなって  うちのいくつかがとどかなければならんと思う  うちにぱっと身をひるがえして  うちにみょうなひもをもって  うちにくりかえされている  うちの一つがわずかにすきをもっていて  うちされた  うちにロロー殿下をとりまいた  うちでは次の三篇に幾分の好意を感ずる  うちにもういってしまった  うちに起った  うちにミスはふと立ちどまりました  うちに日がまったく暮れてしまって  うちに帰らなければならぬと思って  うちに大阪の方で女学校を卒業した  うちがもくもくと戦いて来る  うちに深く抱き込んだ  うちに岸辺を離れると  うちに誌しておく  うちのおつちやんは田螺を探す  うちに大きな窃盗事件が起こるが  うちにお腹はげつ  うちにそれをたべては  うちに奥の方で祝詞をあげる  うちにどういう風になった  うちにふと頭に浮んだ  うちに蛇つかひ  うちにゐた  うちとは違うからね  うちだと思えば  うちへ帰ると  うちに若い女があるとすれば  うちから心配をするから  うちではさぞ婆さんが犬の遠吠を苦にしているだろうと思うと  うちを撫でて見ると  うちに使でも来るかも知れん  うちに送らせん  うちに包みて  うち沈んだ影がさし  うちに他の少女たちと異つた要素や境遇を露はにした  うちに石段にかかった  うちの一人である堀内伝右衛門をつかまえて  うち克ちつつ学んでいる  うちから根気よく勝ちとった  うちでみんな心配するでしよ  うちの姉さんがくれた  うちは社長黒岩周六氏の祕書を兼ねてゐました  うちは思想傾向の相違で分れ  うちに訪ねて来た  うちにも愛嬌のある  うちに浮かんで  うちに二艘の小舟はだんだん遠ざかった  うちはお銭をとらない  うちはお銭を取らない  うちに歩行し  うちから女を論じ  うちに小学四年になった  うちに二度も罹災して  うちに私は大勢の友達と近郊へ出掛け  うちに活動して居る  うちに幸ひを  うちに数万の味方を引きよせました  うち最も注意すべき  うちに次第次第に手がふるえ出し  うちに引返して呉れ  うちに嫌つて戻  うちに相当の乾児を使者に破約を告げて  うちに六人の男にからだを許していた  うちに空襲警報がなった  うちの孟宗でこんなタバコ入れをこしらえたから  うちは忘れられる  うちのオヤジと奥さんとは浮気の及ばざる  うちに眠くなり  うちに義理人情の人形みたいに動く  うちに混じっていた  うちで化石してしまった  うちに蘇ってきた  うちに現れた  うちに思い浮べたに  うちに止めておいたが  うちで青木の悪癖を確かめている  うちを出た  うちには残っていなかった  うちに残っているとでも  うちで二十五時間を繰り返した  うちで答えていた  うちに澄んだ  うち消されて  うちに工事は海面下五十メートルに達するという進み  うちに手足がもげて  うちにとうとう僕は赤裸になってしまった  うちに睡くなって  うちに増大して  うちに僕は弱ってしまって  うちにあれは怪物どもがさかんに喋り合っている  うちに気持ちが少し落着いて来た  うちに楽になった  うちの二人が残っている  うちはグレ  うちに食事をする  うちに支配している  うちはじっと立った  うちに視線でたがいに  うちではいつのまにか朝日が切り抜いてある  うちに自然に調えられる  うちは子どもに任せて置いて  うちは黙っているが  うちには百度もくり返され  うちにビラが無くなったんで  うちの前にしいてある  うちのほうをふりかえりました  うちにかえって来ました  うちにかえる  うちに晩もすぎましたが  うちへかえれる  うちなんかこしらえて  うちへおみやげにもってくわ  うちに六三郎という女形がありました  うちでも特別に六三郎を贔屓にした  うちでも年嵩の者は眼をつける  うちにはここを立ち退かなければならないという  うちにどこかで一番鶏が歌い始める  うちにめっきり痩せ衰えてしまいました  うちにやつと私に美代子の憤慨の理由が解りました  うちに花を瞶めてゐるといふ  うちで目醒めてゐる  うちでも御存じの方が多いだらうと思ひます  うちに河田のキング光子さんのポイント敬子さんの十とヲールマイテイイとが引続いて  うちに此方が兵士を持つてゐる  うちに一陣の風が来ると  うちに黄昏の帷が深々と降りて行き  うちに踏み潰されてしまひはしなからうか  うちで吾と自ら吾肉体に邪悪の針を打ち込んで  うちに病人は退院して  うちをあける  うちの三毛が変などろぼう猫と隣の屋根でけんかをしていたという  うちにまたい  うちにいる  うちにもう生命の影も認められない  うちに一同が帰宅して  うちの一つであるような幻覚にとらえられる  うちに眼が覚めた  うちに病人は退院してしまった  うちに開花させられた  うちに目醒めさせた  うちつらぬいて生きてゆく  うちにこめてもっている  うちの名を呼ぶ  うち直す方も直させる  うち興じている  うちは大祭日に限られていたが  うちの亭主は酔っ払っていたので  うちに送った  うちに酒が出た  うちにすべての経緯が人に知れわたったら  うちに奥さんは口許に袖口を持っていって  うちにおぬいの心は幾度となく悲しさと悩ましさとのために戦いた  うちに細君が四十だ四十一だなんてことになると  うちにすやすやと眠った  うちに呻っていた  うちにも涙降る  うちに感じた  うちに粉にカチ碎く  うちに不自然な一枚があるにちがひないと  うちを出る  うちの一枚を拔き出した  うちにおかみさんが毎日いびりつけるでせう  うちは美しくある  うちに何か仕事をしなく  うちの一例を左に紹介しようと思う  うちに前から考へてた  うちにひろげてゐる  うちに時がたって行くと  うちへ帰りました  うちにいるかいないかわからない  うちにお正月になりました  うちに自然胸に感じられて  うちは綿のはいった  うちに三十人というばけ  うちに椅子に座った  うちに噴き出さないと  うちに娼婦は金陵へ返っていった  うちの女の子が眼を醒して  うちに子供がだんだん大きくなったので  うちに花城はいってしまった  うち最もすぐれた  うちで最もよく評価せられる  うちに思惟する  うちに私よりも完全なものの観念を有するという  うちに私よりも完全なものの観念があるという  うちに存在する  うちに存するか  うちに疑う  うちに落ち込み  うちに投げ込まれた  うち最も確実で最も明証的であると私の主張する  うちに見出される  うち最も判明に理解せられると思われている  うちに誤謬が存し得るにしても  うちに存すると認めない  うちにはその本性の知識をいっそう判明になし得る  うちに何か他の未だ私の振り返ってみなかった  うちに明白な矛盾を私の認める  うち或るものは意志あるいは感情と名づけられ  うちへ送り込むと  うちにあるとはいえ  うちにあるかもしれないからである  うちに作られる  うちに発見する  うちに数え  うちにその観念がある  うちに含んでおり  うちに有しているからである  うちには少くともこの原因の結果のうちにあると  うちにより多くの実在性を含む  うちにおいてはただ客観的実在性が考察せられる  うちに含まれる  うちに有する  うちに生ぜしめられる  うちにあると  うちに含む  うちに置かれた  うちに移し入れないとはいえ  うちに存しなかった  うちに見出されると看做すならば  うちに客観的に有る  うちにおいて考察する  うちに形相的に有る  うちにおいても客観的に有れば  うちにおいてはただ客観的に有る  うちの或るものの客観的実在性にして  うちに存せず  うちに見出されないならば  うちには私自身によって生まれ得たとは思われないほど  うちに存する  うちに形相的には含まれないが  うちに含まれ得ると思われる  うちには何か私自身から出てくる  うちには有限なる実体のうちにおけるよりも  うちに含まれているから  うちには私の把握する  うちに存すると  うちにあるかもしれない  うちにあるならば  うちに含まれると  うちにあったとすれば  うちには結果のうちにある  うちに置かれ得なかった  うちに或る一定の性情を据えつけただけな  うちに植えつけたという  うちに精神の眼を向ける  うちに有し  うちに停  うちには何らかの不完全性が見いだされるから  うちに或る判断能力のある  うちにはもちろん欺き  うちに存しなくてはならなかった  うちに置いたという  うちにおいて証する  うちには本来の意味におけるいかなる誤謬も見出されないから  うちに存しない  うちにおいて弱くて局限せられていて  うちにおいて何らいっそう大きなものの観念を捉え得ないほど  うちに存在するか  うちにおける大きな光から意志のうちにおける大きな傾向性が従ってきた  うちに誤謬の形相を構成する  うちに内在する  うちに置かなかった  うちには或る意味でいっそう大きな完全性が存する  うち最も主要であり最も完全である役を受持つ  うちにおいて私は種々の部分を数える  うちに存したが  うちに忍び込んだ  うち最も確実なものと看做したという  うちにこれまで数学上の真理があった  うちに有るという  うちの一つであるからして  うちに表現するにしても  うちに表現する  うちに私が発見する  うちに有しなかった  うちに有しないという  うちにかつ身体のために感覚したし  うちにはかかる  うちに或る悟性作用を含み  うちには感覚する  うちに存すると考える  うちにおいて私が明晰かつ判明に理解する  うちに包括せられる  うちに神によって賦与せられている  うちに或る真理が存する  うちには私のうちにある  うちには私の感覚する  うちにはこれと同じ味があり  うちにはただ精神のみに属する  うちにはしかし星がこの火よりも大きくないと信ぜしめる  うちにはこの熱に類似する  うちには我々においてこれらの熱あるいは苦痛の感覚を喚び起す  うちに感覚に影響を与える  うちには何らの物体も存しないという  うちにおいて誤謬を発見したと思われる  うちに快い味が存する  うちに何ら精神が存在しなくとも  うちに何らかかる  うちにおいて生ずる  うちに何らの部分をも区別する  うちの何らかのものによってまた同じ仕方で動かされ得る  うちには神の力並びに善意を証しない  うちのどこかにある  うちのいずれによってもその他のものと矛盾する  うちにあらゆるものを包括する  うちに描かれた  うちに描かれている  うちに客観的にある  うちに我々がそれを知覚する  うちに直接に内在する  うちに何らかの欠損あるいは完全性の制限を含む  うちには多くの同時に有する  うちにはその三つの角は二直形に等しいということが含まれ  うちにはたしかに可能的存在が含まれるが  うちには決して何等の虚偽も発見せず  うちには偶然によるほか何らの真理も見出さなかった  うちには偶有性の観念のうちによりもいっそう多くの客観的実在性が有し  うちには有限な実体の観念のうちによりもいっそう多くの客観的実在性が存する  うちには存在が含まれる  うちには可能的あるいは偶然的存在が含まれ  うちには必然的にして  うちに含まれると言う  うちには必然的存在が含まれる  うちには必然的存在が存する  うちに含まれない  うちにのほか他のいかなるもののうちにも含まれる  うちには私に欠けている  うちにも同じ完全性の知覚が存する  うちに形相的にあるいは優越的に有しない  うちに存し得ると  うちにその或る観念の有する  うちにはある  うち貫かれた  うちをつらぬかば  うちにひそめられている  うちに消えて  うちにでも来ていたら  うちにはいつも鋭い諷刺の精神がある  うちに潜在する  うちに育ち  うちに脈うっている  うちに暗示され  うちに包含される  うちにだんだん失われた  うちはせめて楽しもう  うちに喰い尽されて失くなる  うちに往来出来る  うちを慰め潤おし  うちに病気はすっかり癒った  うちより心の繋りを持つ  うちに何か不意に注意を促された  うちに少し心掛け  うちのどれかが怒り出すと  うちの立派な部屋に住む  うちに直感的に反省しながら  うち伏して居つたを  うちに混つたといふ話を聞いた  うちに新しい家庭を固め  うちに慣れて  うちに気のつく  うちに真実なものは一人でもいる  うちへ来ても  うちのお母ちゃんに言いつける  うちに原子爆弾を受け  うちのお母さんも死んだ  うちの父がこのとおり寝ている  うちに作者の気が変わって  うちへ蜂蜜をもらいに行く  うちから世間からちやほや賞められた  うちの横のその道をお昼すぎに通った  うちからこの聖ヤコボ喜左衛門を選んで  うちでも山羊を飼っているので  うちにあの資源とあの資源とはぜひ手に入れておかねばならぬ  うちに真理探求の歓喜が体験される  うちのある  うちに実現するか  うちにつぼみがふくらんでいた  うちに段々顔が火照って来て  うちに自動車があるという  うちでは炭がなくて困っている  うちからはじる  うちの方に知られる  うちに三娘は帰っていった  うちから来た  うちに眠っていた  うちに過ぎぬ  うちひさがれて  うち出され  うちおほひをふきて  うちへ連れて来てくれたの  うちには本質的な問題がふくまれている  うちに平和を守ろうとしている  うちの小猫がかかった  うちに秋もふけて  うちに手足は凍えて  うちに分かった  うちでも随分反対者があった  うちに生かそうとしている  うちにもどこか引き緊まるところがあって  うちから出掛けて  うちからもみんな行きますし  うちに折れたが  うちでも戸締りはしない  うちに掴まつち  うちで追かけさせるか知ら  うちに眼がさめて  うちに歸らねばならぬ  うちへ歸るとまるで乞食見たいな  うちには解決の道が開けると思ふよ  うちであの口のとんがった  うちに兄の一彦があまり静かにしているので  うちに軍艦の底の割れ目から海水がはいってきて  うちにたちまち姿をかえて  うちにカーテンの間からあたりを憚るように一つの顔があらわれました  うちのまわりをうろうろしている  うちに塔の前に姿をあらわした  うちから見た  うちに目にはいった  うちに先にとんでいる  うちに救護隊が山をのぼって来ました  うちに玄関が見えてきました  うちで返事をした  うちに塩田大尉は室内へおどりこみました  うちに彼は急に何事かに気づいたという  うちに大切なマスクをかぶっておこう  うちに綱のふれ  うちに死ぬなんて  うちには出来ないだろうという  うちにつくられたので  うちに兵曹長は唇を一の字に曲げ  うちに黒人の一人が死んだ  うちに三たびプロペラの音がきこえはじめました  うちをする  うちに爆発するというおどろくべき  うちに又消されたりした  うちには誰もゐなかつた  うちに空が白み始め  うちにきらめきながら  うちに起こり  うちにダフネに伝えておけば  うちに物語られていた  うち大ていの日はつめたい霧か雲かを吸ったり吐いたりしている  うちにたずねておいた  うちで後悔しました  うちにかくも小さい空間に発生せられた  うちにこのなつかしきわれらをのせている  うちに華やぎが  うちに打ち解けた  うちに滋賀の国のあの湖辺の町までは何とかして辿りついてやろうと思っている  うちに君にもあの女に一度逢ってもらおうと思ってる  うちにどこかで新しい出口を見付け  うちに話して呉れなかつた  うちには語りたくなかつた  うちに村会の日がやって来た  うちにこれほど強く降つてしまへば  うちに浮べてみてゐた  うちへ帰るにも帰れなくなりました  うちに自分もだんだん浮かれ出してきて  うちまで駆けて帰りました  うちを教えて下さい  うちに時間がたちました  うち振って蝙蝠を捕えようとしました  うちにその場所を見定めに来た  うちに再び来て  うちで恐らく二人程お互の心をよくわかつた  うちをはねまわ  うちに大汗になってしまった  うちを奔注させた  うちにはもやもやする  うちには一俵しかございませんなどと調べに廻って来た  うちからむぐりこんで取つてしまふ  うちには商品に魂も宿る  うちに願念寺を訪ふ  うちで最も有効なものと云えば  うちの一人がリンクの池で鮒を一匹つかまえて  うちにこんな空想が白日の夢のように頭の中をかすめて通った  うちに女のひとの心の中に生じていた  うちは二人で一つずつの部屋を持っている  うちに思った  うちに自動車が迎へに来る  うちに涙が涌いて来た  うちに填  うちに彼誰時が近くなった  うちにお正月が来ました  うちにもこの種類はあるが  うちに偶然を含む  うちに日本出来である処の散髪屋向きのもののつまらなさがわかる  うちに紫色と変色して  うちはそれで随分手古摺った  うちに一浴びして来なさいと  うちの門口に立って  うちに忘れられません  うちには西方を塗り廻らした  うちに夢が醒めた  うちに溢るるに至った  うちに結願の日になると  うちに法然も招請されたが  うちへ入って  うちから幾つかを抄録して見る  うちをお心任せの程おやりなさい  うちお弟子はみんな落涙をして  うちに幽かに栖んでいる  うちに然るべき器量の者があらば申出る  うちに四月五日臨終正念にして  うちに出入をする  うちに住む  うちへはまだ出入りを許されない  うちに一千人あったとの  うちにも高声念仏は怠りなかったが二十五日の午の刻から念仏の声が漸くかすかになって  うちに摂している  うちに籠って  うちにこもり  うちに鉄砲を持って出かけましたよ  うちに相次でなくなりました  うちに飛び込み  うちに落ち付いた  うちに萠した  うちに相対している  うちにじっと魂の眼を見張っていた  うちに忍び込んでやろうと思った  うちに満ちた  うちに見出した  うちで握りしめた  うち砕いてやろう  うちに満ちていた  うちに無形のものをすかし見ながら歩いた  うちの凡てのものが硬くなっている  うちに融けて流れる  うちに抱擁しようとした  うち震えて泣いている  うちにひそかに囁きつつ  うちにいつか六月は暮れてし  うちに持ち出された  うちに時間がたつて  うちあたるのを感じました  うち鎮められて行く  うちにこう思っている  うちが自然とわかる  うちにあらわしている  うちの或るものは止むを得ず  うちに亡びてしまった  うちに流れていた  うちを空っぽにして遊ぶ  うちは繁昌しない  うちは今は分らない  うちに全国の各都市に支店を作って  うちへ遊びに来る  うちへ招待したいと  うちで待つてゐてね  うちで叫んだ  うちに行き着けるだらう  うちに鼻柱を殴りつけた  うちに気が変になるという  うちに埋めてしまえるからだ  うちへ顔を出す  うちに沈み込んでいった  うちに早くきめなければいけません  うちでは少しも解決された  うちから貯金もだいぶしているらしい  うちに見つめながら  うちには治るでしょう  うちに千住へつく  うちに何かしら氣味惡く  うちに私はまた不幸に訪れられました  うちに彼女は患家に働きに行き  うちに結婚させようとしている  うちにお目にかかれる  うちに姉を海岸の温かい土地にやって  うちも急に淋しくなるし  うちに相談して決める  うちで深く彼女のいじらしい姿を抱き収めています  うちに何とか解決がつく  うちより溢るるものがある  うちに庄原に帰る  うちにほかの人々との交わりと調和させねばならず  うちの暗いありさまが心に浮かびます  うち湿っています  うちに寺を建てる  うちにつくって  うちに十分養生して  うちにあなたのほうに向けて  うちで楽しい集まりがよくある  うちに建て  うち読みたいと思っています  うちに岩波から第二の本が出ます  うちの方が好かありませんかね  うちに彼の上半身が奇怪な形に動き出し  うちにと思って  うちからちょっと出てみました  うちへはいりました  うちへ戻って来て  うちに帰りました  うちへ運びました  うちに持って行って  うちへ引いて行きました  うちに私はもう百ぐらいは集めておきますから  うちにいませんでした  うちの方へ案内しました  うちにはいりました  うちで恥づかしさうに  うちに器が破けて  うちは御覧の通り腰掛け店で会席など改った  うちに有耶無耶になった  うちに久枝をかたづける  うちに感じだしたからである  うちに早く濟して  うちでも墺国のメッテルニッヒはわけても傑物であったと思う  うちに博士がどこにいるやら  うちにようやく笑いを停めると  うちに頭上へ現れるだろう  うち騰る蒼穹によくひびきて  うちにそれへ自分のでない  うちにその深夜の訪問は十二時に限らず行われる  うちに何回となく繰り返された  うちの寝台はぎいぎい鳴りますけれど  うちに日本語が分らなくなると  うちにさっと何かが木の葉の上に降ってくる  うちにその深夜の訪問は十二時に限らず  うちに何囘となく繰り返された  うちの寢臺はぎいぎい鳴りますけれど  うちにさ  うちから新舞踊を習わせられ  うち代えられた  うちに一人ありますが  うち甘いものを嫌って  うちに次第に強く生きる  うちに自分の再生を完成したい  うちは過分のアンファーズに満ちてゐる  うちの何の力で環境的な不如意な生存に耐えて行くだろう  うちは比較的解放されているが  うちに物皆萠ゆる  うちに美しく磨かなければならないだろうと思う  うちに発揮せよ  うちひらいて微笑まれて  うちにそのかげをうつしている  うちにやはりこの心理がある  うちにも内包されていた  うちに旧世紀の出来事のように層雲の下に消え失せて行った  うちに向うの黒い影はグングン大きくなって  うちの一人かも知れなかった  うちは死んでも死に切れません  うちは死んでも死に切れない  うちは死んでも死に切れぬという  うちに送つてゐるので  うちに上田や三浦が帰つて来ると  うちに隣組の女達がぞろぞろと台所にやつて来た  うちに飲んでおきませうや  うちをきちんと片附けておく  うち小さい方は母親にくつついて  うちに承諾してし  うちをあてもなく歩き廻つてゐたが  うちを歩き廻る  うちには出してくれる  うちにふと気がつくと  うちにやつてしまはうかしら  うちはまたごつたかへした  うちに帰りませう  うちに送っている  うちに上田や三浦が帰って来ると  うちに隣組の女達がぞろぞろと台所にやって来た  うちに飲んでおきましょうや  うち小さい方は母親にくっついて  うちに承諾してしまった  うちをあてもなく歩き廻っていたが  うちにやってしまおうかしら  うちはまたごったかえした  うちに帰りましょう  うちは敗け続けで  うちに映画のソアレエなどといい出して  うちというものを知らなけりゃいけない  うちにとらわれて  うちのことから心をはなそうとして暮していた  うちから彼等はさかんに議論か何かをたたかはせてゐるらし  うちで呟いた  うちに呟いて  うちに真似がしたくなるからやめた  うちに永く停  うちに跼蹐せねばならぬ  うちは夏知らぬ  うちに隠れる  うちに鳴らすが如く  うちに口走れる  うちのすぎごけの木が倒れましたから  うちにあまがえるは  うちに勤王の思想を包み  うちに帯から抜いた  うちで呟きながら  うちに矢走の渡船を越えて  うちに朱を注いだ  うちで叫ぶ  うちに月が出たので  うちに九鬼弥助が一笑に附して  うちに宿をとる  うちに迎えてくれる  うちへ諸船を繋いでおく  うちにバッサリ斬って  うちに願わしゅう存じます  うちで声をあげた  うちがあった  うちのパパ一人でおく  うちに煙草は皆粉になつて灰の上に散  うちにちつとは見られる  うちで泥棒じゃなかったかしらなんて考えていました  うちで泥棒ぢやなかつたかしらなんて考へてゐました  うちのほうへかけだして行ってしまって  うちがありました  うちに帰って行きました  うちへ帰って寝てしまひました  うちに帰って寝ました  うちに来て  うちにやって参りました  うちに帰ってやっと  うちへやって来ました  うちに着いてから  うちへ帰って寝てしまいました  うちに思わず  うちにもじりじりとせまってくる  うちにこんな考えがうかんだ  うちに彼の頬は薔薇色になつてしまふ  うちはこんがらが  うちの異常さによく似てゐたからだつた  うちの野茨のやうなこんがらがりを  うちに路易がすつかり  うちの誰にも特別に親しくはできなくなります  うちの女房と同じ女學校にも勤めてゐてね  うちに入れ  うちに成立した  うち破られてゆきつつある  うちに再び活動する  うちに植えこまれた  うちから五人を両院の承認をへて  うちは探偵小説界にその燦然たる光を失わないであろう  うちに擡頭しつつある  うちにはどうなるかもしれない  うちにぽつぽつと片しておかないと  うちの爺やとは仲違をしていますので  うちの爺やがどうもこの頃うちを明けてばかりいるのに  うちの爺やが日向の爺やのところを訪ねて行くなんて  うちにこの村へ越して来てしまって  うちにふいに  うちにどんな内的な契機がつかまれて行ったら  うちにもって生きている  うちにあるか  うち興じての味として活かそうとしているらしいが  うちにのこされた  うちには数えられない  うちに肝心の科学精神を何も体得させられていない  うちの子にヴィタミンがいるという  うちではそういう不器用なハンダづけをとび越して  うちに生じた  うちに掛けられなくなったり  うちの大柄の女が豹一を見て  うちはやはり帰れなかった  うちに荷物を纒めて朝運送屋へ頼み  うちのような大会社ではこういう男は困る  うちに十年ほど居てくれてる  うちが字の商売をしていてからに  うちに掌の皮が擦りむけた  うちに考えていたからである  うちに夜になった  うちに頭にあった  うちの編輯長の如きが大いにこの趣味を解する  うちはなにげなくきいていた  うちはべつに取り立てて  うちの記事を書いてくれはれしまへんねん  うちの社はそんなことで馘首にする  うちの新聞にひとつ良え記事書いて  うちに深く滲潤する  うちに含まれていた  うちに在る  うちに鼻皺を寄せて  うちの旦那さまが丹精してい  うちからクスクスわらう  うちから誰れかが出てきて  うちに脳溢血でバッタリ倒れるとか  うちに女の人とも会わなくなって  うちの家来の中でお前のメガネにかなう  うちに突いてくるとは  うちに誰かに負けて  うちに忽ちバタバタ死んで行った  ウチで淀橋太郎氏と話をした  ウチでやる  うちにも心が重くなって  うちのいずれかを選んで  うちの御新造様とおっしゃる  うちに湧き流れる  うちに夜は更けに更けて  うちに自分の一番強く感じた  うちに特に心付いた  うちに見  うちで特に目立って  うちに某雑誌社と手を切る  うちに或る恐ろしいものが浮んでくる  うちに身をもちくずしてる  うちに周の細君がお産をした  うちに夜になったので  うちに故郷の入口になると  うちにセットした  うちにきれいにセットしてある  うちに鑑定する  うちの子供にもあのようなきれいなシャツを作って  うちに雪が降り  うちに一日を過ごしている  うちから並んでいる  うちでも殊にその圜丘は現代人の心をも打つ  うちに何等かの愛情が動く  うちに読んで見たいと思っている  うちから委員を選挙でもして貰って  うちにだんだん面白くなって行った  うちに漸く感興を催して来て  うちに空しく材能を抱いて落ちて行った  うちに沢正事件というのが起って来た  うちに東京劇壇は松竹が全部資本的に占領してしまった  うちに松竹は歌舞伎の本城を陥れた  うちに沢田は我慢しきれず  うちに彼等自身も絶縁はしながらも  うちに沢正によっての机竜之助が見られる  うちから外れる  うちに板垣伯は亡くなられた  うちでは橘家円喬が断然優れていた  うちにも随分不朽の人物がおいでになるに  うちにはこんな汚ない不細工の印刷では売り物になる  うちに前の赤い裏衿のかかった  うちの大部を維持していた  うちに百回前後で一きりに切り上げる  うちにまた次の小説が出たり引込んだりする  うちに社中でまた問題が起ったらしい  うちにおける人間の可能なる生存理由としての哲学が問題にされねばならぬ  うちにまた別の面で私たちの心持を妙にさせる  うちおもひ  うちに貰ひ受けた  うちにもらい受けた  うちに潜む  うち破ってしまっただよ  うちに段々あきらめていった  うちに自分の生活を変え  うちに早い霜に痛んでしまうと  うちで木材が一番熱を伝え  うちに引つ込めた  うちにも私はまた第二の子供を生む  うちに法月様が江戸へきて  うちにおりますので  うちの玉を見失って  うちでも鳴らした  うちを覗きこむ  うちには分りましょうよ  うちに隠して  うちからまいっている  うちの一人がいいかけて  うちの一冊を持つて  うちの嬶が読んどるぞ  うちに高射砲の炸裂する  うちにといふので  うちに見渡せる  うちに完成した  うちにまた腹が空くよ  うちの一人に問ひかけた  うちつと方法があり  うちに私達に旗を渡した  うちの兄がラヂオを一つ買ひました  うちに力強く作用していた  うちに直観して  うちにあった  うちに一人でも原住民が生きてゐる  うち沢山ある  うちに驚くほど  うちに一度でも金をもうけて  うちに京都へ着いて  うちに十五名の踏み得ざりし  うちに避け  うちにアリマタヤのヨセフを数へてゐた  うち泣くめり云々など書ける  うち出て見れば  うちに何処か遠くへ逃げなければならない  うちには白に髭をはやした  うちに癒ってしまった  うち勝ってみせる  うちに死ななかったの  うちはをもつて  うちの一人が蹤いて  うちに休暇になつてゐた  うちに話はきつと  うちには絶えず窈かに静かな惨劇が繰返されてゐる  うちに彼は友人を一人連れて帰るので  うちに荷物を少し運んで頂きたいと  うちの子供を留守番に廻しておくから  うちに上りだか下りだかの列車が着いて  うちから奇妙な気持になつてゐる  ウチの水道があるから  ウチのオカヅがなくなるよ  うちへ持っていって  うちの子供たちも本に夢中になって  うちに末の子が息を吸いこんで  うちあひてつひに  うちにぞ有ける  うちに見ようとする  うちに溺れてしまい  うちにはのんびりした  うちに轉んでしまへば  うちに自轉車は速くなる  うちに本屋へ行って  うちへ入ってくる  うちのものに見附けられるより  うちにいるという  うちはじっと落ちついて坐っている  うちにあるに  うちのものがうすうす知っていて  うちは夜あまり外出しない  うちをよく存じ上げている  うちから向うを睨んだ  うちに御城下へ帰ります  うちでも指折りな繁華をみせていた  うちから亭主の面を睨みつけた  うちに道をはかどって  うちで強くうなずくと  うちでうなずいた  うちに微笑まれた  うちに必ず行くからと  うちの光子も来る  うちにすつかり  うちで付け足した  うちから丁子の香りが漂ふて来た  うちに二人の女を発見した  うちに馬鹿になり  うちに来て直して下さい  うちにも毅然として犯し  うちにひそむ  うちに坪内雄蔵氏のところへ送られた  うちに落付けず  うちに自身の少年時代の生活経験から左翼の活動に共感し  うちに異常な困難と堅忍を通じながら架せられつつある  うちに帰服させつつ  うちに吹き込まれて漂っている  うちには思想と共にそれを容るる血と肉とがなければならない  うちに人を引き着ける  うちに面白味のある  うちに築きたり  うちしばたたき眼を病める  うちひそみこの夜桜のもだし  うちへ泊つた一分始終を祖母に話してきかせました  うちに寝ちまった  うちにいるのね  うちに帰って  うちで表現の最もすぐれたものの  うちのどれかが欠けてゐたとしても  うちには能率も次第に下つて行くでせう  うちにも凜とした  うちに周囲との調和を保ち  うちに厳重な掟を作らなければなりません  うちの幾分かについては前条でも触れたと思ひますが  うちに碁の勝負が終った  うちに融けこむ  うちに育てられる  うちで十分にそれが遂げられるばかりでなく  うち沈むこともあります  うちで恰も覚へたての流行歌のやうに口吟むのが癖になつてしまひました  うちに満ち満ちてゐる  うちに失ってしまって  うちに僕は中学へはいったが  うちに様々の空想が湧いて出て  うちにケラア先生がアメリカをまはつて国へ帰られるといふ  うちの者は誰もその使用をはにかみ  うちのおぢいさんも  うちにつくと飛び  うちに気が変になり  うちは知る  うちに女の廻りへ積みあげてみせる  うちに忽ちあかくなつて脱け出るべく  うちつとパラソルをそちらへやつて貰ひませう  うちにだんだん日本酒にも馴れた  うちに転倒し  うちの女の子が小学校の夏季生活で外房州の千倉へ行っていた  うちにいよいよみんなは酔ってしまって  うちに税務署長は少し酒の匂が変って来たのに  うちへ無理に一晩泊めて  うちからみんな手伝ひに参りまして  うちかくしへ入れた  うちにすっかりしらべてしまはう  うちに早く遁げないともうほんたうに殺されてしまふ  うちのお振舞によばれて来た  うちにずいぶんながくいたけれど  うち克たねばならぬ  うちに頭がぼうっとして  うちから最も優れたる  うちに云つておきますが  うちのお庭くらゐの  うちのストオヴが熱して  うちに引き上げられる  うちに蟋蟀の声が普通よりも騒々しくなりました  うちに木から離して焼いてしまふ  うちには地球をすつかり見る  うちの極く  うちを循つてゐる  うちにこの問題への指示を見出す  うちに内在していると思う  うちに溺死せしめた  うちにおいて彼らのこの水準に到達した  うちからこっちへ来て  うちに拾った  うちにだんだん哀れっぽくなってきていた  うちに彼女の顔色は青白くなってきた  うちに結婚をなさる  うちにどうしても結婚しなければならないからとの  うちにふたたび詰襟のカラーが目についた  うちに蔵されている  うちに眼は重くなり  うちに読者を放置した  うちに古今東西の探偵小説に関する研究を次々に発表し  うちにはいつか一つぐらいは傑作が書けるかもしれない  うちに纏められた  うちに端初的な数歩を踏みだしたばかりで  うちに求めるという  うちで無事にあの家に踏みとどまっていた  うちは非常に威勢よく駈け廻っていたが  うちのそこここに何らかの暗い不可解の点があって  うちで言っていた  うちに鶏卵の殻から出る  うちに隠れてしまったが  うちには手紙にあらわれている  うちには昔でいう  うちに燐とアンモニアの幾分を含んでいるが  うちの第一の抽斗をあける  うちに見いだし  うちに包括されて  うちにとけ入り  うちに期待する  うちに死ぬと思う  うちに幾らかはなろうと思っている  うちに自分でもわからなくなる  うちの如何なるものが現在の自分等の中に最も多く生き残って  うちに夫人は力いっぱいにベルを鳴らし始めた  うちで思った  うちに食事の知らせがあったので  うちには稀には極端な節約家の彼に散財させて  うちにすべての部屋には明かりがとぼされた  うちにお湧きになった  うちに老伯爵夫人は帰る  うちに描いていた  うちに彼女を見つめていると  うちに終わった  うちから出て来る  うちの七人は動かず  うちに死人の小屋の中から発見された  うちにこの事件を片付けてしまわなければなりません  うちは今や鎮まりて  うちにスケッチでも描きに来ると  うちでケンプェルが日本の事を書いた  うちに電車監督らしい人が来た  ウチの者が病気になるからやめてもらいたい  ウチの孫娘をハダカにして  うちに取り返す  うちにまた穴へ戻ってくる  うちは引切りなしに続いてくるが  うちで誰が一番幸福な人間かと思って見ると  うちに新しい光明が湧いて来た  うちで船首の方に立っている  うちに健康の美を見る  うちにその日を暮す  うちに行なわれる  うちには暗いような物思わし  うちに今まで閉じられていた  うちに儀式は進んでゆく  うちにすべての儀式はとどこおりなく終わって  うちに道の急な曲がり角があって  うちにはいってみると  うちに前の司祭の時代からここの留守番であったというひどい婆さんが出て来ました  うちに乗り入れました  うちへ探りを入れていましたが  うちに存在している  うちに彼女はとうとう決心して  うちに両腕はおのずとおろされて  うちから雷火がひらめき来たって  うちに響いて来ました  うちにはいって  うちに突然発病して  うちには極楽という言葉を二度も使ってあった  うちで今までに思い出せなかった  うちへ行つてまた飲まう  うちにはいないという  うちに握られている  うちに背後からパッと大光明が射して飛び上る  うちに止めようかしらと  うちでなければ半分値では買へなくなるからね  うちに置かれ  うちに植えられていた  うちで働いている  うちにひそんでいる  うちを歩いている  うちに何か病気をもっている  うちへ最も美しい花にもけっして劣らない  うちにラッパチーニの冷静なひたむきな智的態度を思い出しながら  うちに輝き  うちに隠し  うちに沁み込ませてしまった  うちで争っていた  うちによみがえってきた  うちに移されてしまった  うちに影をひそめてしまった  うちにのみ栄えて  うちには起きないほどであった  うちならば助かる  うちで死んでいった  うちに溶けこんで  うちにひそんでいるか  うちに残っています  うちにあったよりも  うちへ帰って来た  うちは向ケ丘辺にある  うちにはまた深いやさしさも籠っていた  うちの観念が精ぜい  うちにあっても  うちにとじこめられている  うちにはそれを苦にがしく思っている  うちに点出した  うちに表わされているかの  うちをじっと見つめた  うちに現われたので  うちにあわれ  うちでも特に耳に快く響く  うちに何か魔法の竈を作っている  うちから哀願している  うちに消え失せた  うちで見たかの  うちにうしろへ倒れた  うちから選抜された  うちの一つしか話さない  うちの大部分を教会で過ごして  うちにいっぱいになっている  うちに女中が朝食を持つて来た  うちに小国氏は五合位はいつた酒瓶を下げて  うちには彼の顔は二倍以上の人たちに知られ  うちでは一番上手な医者ではあるが  うちにわたしは種じゅの場所に入れておいた  うちに二人の男が話し合ってゆく  うちに毀したので  うちでつぶやいていた  うちの恐ろしい人物にむかって  うちにいようと  うちに世間が段々静かになって来た  うちと博勞の後へくつついて行く  うちに思ふ  うちに寺泊へつけるかと聞いた  うちに新潟へ來て居て  うちに鋲の頭は落ちては落ちて  うちに一座のジョンスが最近ヨークシャーにおける銃猟の冒険談をはじめると  うちに人が減ってきた  うちに船室にはいられた  うちのどれか一つに移っていただきたい  うちにこの戸がまたあいて  うちにロバートが来て  うちに必ずあくと言った  うちに船尾の船医の部屋の方へむかってゆくと  うちにたたき上げて得た  うちに僕はいくぶんか意識を回復してくると  うちへ持つて  うちに逆捻を食うであろう  うちの良人もどうした  うちで判断を下しかねている  うちに阿波へ出る  うちはお困りですなあ  うちを覗いた  うちに弦之丞を訪ねてきて  うちに暗い海風を聞いている  うちにもたびたび聞いた  うちから考えてきた  うちから原士らしい者がウロついている  うちから屋台を曳いてまいりましたんで  うちでひたすら祈っていると  うちに張り込んでいる  うちで目算をたてている  うちにはそれぞれの感想を描いている  うちに吹き散る  うちに彼は花聟さまのように立派に着飾らせられ  うちに口にする  うちに暴露された  うちに消えてしまった  うちに絶えず動いているが  うちに死んでいる  うちで輝いていた  うちでは最も悼ましい  うちに送る  うちにその樹をゆすって  うちに消えると  うちに日が暮れかけた  うちの前のどぶに落ちた  うちに見ては  うちでも相川が本家のやうになつて居ります  うちに五十年も年をとった  うちに一種秘密の争闘が起こっているかの  うちに森のなかに入り込んだので  うちに消え去るまで  うちにやめてしまった  うちにうつる  うちの部屋に住みたい  うちを見つめて起ちあがるや  うちには依然として美女の姿が見える  うちを見まわしていたが  うちに現われている  うちに女はもういなかった  うちにうつっていた  うちを取り片づけた  うちが急に空虚になり  うちにうつるという  うちに現出させる  うちに彼女をうつしたばかりでなく  うちに出て来なくなってから  うちから扉の外へ歩いていったかと思うと  うちから呼び出しただけです  うちには燃えさしの火が赤く輝いていた  うちに含まれていて  うちに鏡を見いだす  うちに起こってくるであろうかと待ち望んでいた  うちにいろいろの手段方法をめぐらしてみたが  うちをあちらこちら歩きまわって  うちには恐怖などをいだく  うちに幽霊がいるなどという  うちに絶えずヴィラー君のことを考えていないという  うちで方谷孫というのは浙東の地方を占領していた  うちに日も暮れかかって来たので  うちには運転し始める  うちに親になって  うちに婦人は時々母性型となり  うちに二人はまたいつか規矩男の家の近所に来ていた  うちに思い  うちに微かな怒りさえこみ上げて来た  うちは到達だとは云えませんよ  うちの者の愛に頼り過ぎるという  うちへ送別に来て  うちに苦労した  うちの校長なんかを動かしにかかっている  うちから落着かない変な気持になる  うちに書きとめて置かう  うちに發散した  うちに不意と闇の中に提燈が見えた  うちに日露戦争となり  うちの一微粒子となり  うちに対象物が延びたり縮んだりする  うちは名護屋へつめて  うちで最も秀吉に愛されてを  うち撒かれる  うちに廊下に大きな掲示が貼り出された  うち断たれてある  うちかも知れない  うちから声がした  うちから聞こえた  うちは秀蓮尼は外へ出たり  うちにそれも終った  うちにお鳥の容色に迷い  うちにはしなく  うちに風がだんだん強くなる  うちに塵もとめぬ  うちにもどこか悠々として  うちにゆるがせた  うちは迂  うちに同心のひとり安井民右衛門が斬り伏せられていた  うちは山牢の前から遠くを見渡す  うちで叫びながら  うちには花なんか買う  うちに死んでしまおう  うちに石油のガスにやられて  うちに雲が出てきて  うちにかへらねば  うちにかへらないと  うちに神さまのお召しによって  うちに星の花のごとくきれいに乱れていました  うちに百八十度ぐらい回転する  うちの二人の女の子が二重唱をうたっている  うちに彼の頭はすつかりつる  うちはごつた返し  うちの台所の窓へぶら  うちに女はまたこっちを見た  うちに女は引か  うちで相当立派な成績をあげて  うちには一つくらいは少しはろくなものも交じる  うちは下がるほど  うちには偶にはいいものも出るであろうと思われる  うちにも一つの返事をしなければなりませんでした  うちにもう林がぱちぱち鳴りはじめました  うちに日本全国に広がった  うちにマイク急速にサダに近づいている  うちになくなった  うちからにわかに親代りを仕立ててなだめる  うちに起る  うちに歯切れよく話した  うちに相恰が変った  うちへ訪ねて来る  うち明けていえば  うちに夕方になって  うちの墓もその中に何とかしよう  うちが解せませんので  うちに引き払って出た  うちに越えきれるかな  うちをあらためる  うちは千々にみだれているに  うちの一つがひどく気に入ったので  うちは意気銷沈していた  うちに一つ合作を武見国手に贈ろうじゃないかという  うちにそろそろ北海道の早い木枯が吹き始める  うちは見当がつかないので  うちに日はまったく暮れて  うちにうつらうつらとなれり  うちは安心できず  うちはどうも安心できず  うちは苦悶のために焦げる  うちに多量の注射をうって殺してしまった  ウチへ帰って話すわ  うちは教室で働き  うちの十七人は巴里に住んでいた  うちにどうにも耐えられなくなって  うちに育まれていた  うちに夜も明けるだろうし  うちに頭がわるくなった  うちに見えなくなった  うちにも死ぬかもしれぬ  うちに僕が悪戯者の沙漠の霊を捉らまえてやる  うちにその日が沈んでしまった  うちのどっちかが暗示状態に落ち入っていると  うちに焼け爛れた  うちに修羅の巷と変った  うちにこっちの船へ乱れ入って  うちに夜がやって来た  うちに野営した  うちに小屋に帰って  うちに土人の部落へ出てしまった  うちにゴリラは三つに引き  うちに私の小屋は出来上がった  うちに水は減り  うちに行衛知れずになった  うちは地に落ちている  うちに籠の中の肉は悉く尽き  うちに立派な一個の荷車が出来た  うちに荷車を前方へ進める  うちに大水を自由に動かし得るか  うちに漲り  うちで最も肝要な位置を占めている  うちに分かるでしょう  うちに凶行が演ぜられたという  うちは私が話しかけても  うちに立って  うちに日が暮れてしまいました  うちに生活する  うちから其処で雉子がけたたましく啼き立てるので  うちの庭にだってたくさん咲いているじゃあないの  うちに彼の影が大きく大きくなつて大洋の波のやうに響く  うちあてたため少し損傷を受け  うちに修繕が出来た  うちにも氷原の観察を続けた  うちのところどころにある  うちに成しとげられる  うちにはその灰色の短衣が装填された  うちの林檎をもう一ぺんひっくりかえす  うちで最もこの仙人掌を好む  うちに草花や果物や蔬菜などを収められぬ  うちの誰もそれを拾い上げようとする  うちに一つの橋の袂に来たとすれば  うちの一つであろうと思う  うちの優れた  うちにこれをと思って  うちに大雪になっていまして  うちにゆつくり讀んで  うちに自分も見巧者にならうといふ  うちに血の穢を見る  うちへ帰っていきました  うちへ出かけて行きました  うちにはいませんでした  うちの中にかくれて待っていよう  うちにここを逃げ出して  うちに焼け広がって  うちに人物あれば  うちより五俵の年貢を取らるるは  うちにかの強盗はすでに土蔵へ這入りて  うちより選ばれたる  うちにかかる  うちに入れて  うちに居れば  うちに成業とみずから期したる  うちに存して  うちに蟇の油で焼かれる  うちに鳥居峠の山中に洞窟を見つけ  うちに越そうと思います  うちでも老人の顔に似ている  うちへ帰る  うちへ帰れるかい  うちの中でお母さんが叫んでいます  うちから声をかけてきた  うちは云い出し  うちの二三枚を馬淵の内儀さんが分けてもらって  うちの内儀さんときては  うちはそれでも僅かばかりの給金をやっていたが  うちによい値で店を譲り  うちに戻れば  うちにうつらうつらまどろむ  うちにありますという  うちに書き飛ばしたかも知れぬ  うちで呟き  うちの勤人の生活をそのまま書いてやろう  うちのいちまい  うちにありますといふ  うちへ歸るのも工合ひが  うちの勤人の生活をそのまま書いてやらう  うちに自分の家の仕事をして行かねばならなかった  うちに一日分の草を刈って  うちへ帰って  うちでも持って  うちが持てる  うちが人手に渡る  うちを持って  うちを持ての  うちで一行も分らない  うちへ横付けにした  うちに教頭のなにがしと云う  うちへ帰ってくると  うちを買って  うちへ泊った  うちは罪は消えない  うちへ朝夕出入して  うちにおれもはいってるなら  うちに二人で十五六上げた  うちで難有いと恩に着る  うちに起ち上がってしまった  うちは誰もそんなものじゃけれ  うちを持つ  うちまで来てくれと云うから  うちにもう帰りたくなった  うちはよく腹の立つ  うちでよく考えてみませんか  うちで一番うらなり  うちに席上は大分乱れて来る  うちは決して逃さない  うちで手持無沙汰に下を向いて考え込んでるの  うちへ帰ったら  うちにかぎられた  うちではこの馬鹿がと思ってるに  うちでもう一返考え直してみて下さい  うちの婆さんが少々心配を始めて  うちに消えてしまわなければ  うちに出て来ますよ  うちに眼が醒めた  うちの兄さん来なかつた  うちに逃げたら  うちに震へを覚へながら呟いだ  うちのタイキはゐるか知ら  うちに俺が拵へるよ  うちの誂へものは一体何時出来る  うちに闇の中へ吸ひ込まれて  うちに自分ながら烏耶無耶になつてゐたが  うちに片づけて  うちに三度とは見られないであらう  うちで結婚の誘惑に駆られは  うちに突然に強い力で突落された  うちに美しい令嬢の失恋自殺屍体が生き返っている  うちには婆やと子供の女中のほかに女はゐないよ  うちでは勉強が出来ないと称して  うちの誰でもが気にもしなかつた  うちへ連れて来やいせ  うちへ連れて来てた  うちへ置いといてやっても  うちのお父つぁんの死んだ  うちのがしたらええわして  うちにビール箱が沢山あったやろが  うちに春先の重い雪は家のまはりを隈なく埋めてゐた  うちの卑しさを直ぐに見せる  うちはコンリンザイ別荘を貸してくれないからね  ウチから追放されやしないかと思って  うちに喜兵衛殿に礼を云う  うちに標がびくびく動きだした  うちに他の標が動きだした  うちに鳩尾の辺がつめたくなる  うちにだんだんみんなの気分の張りがゆるくなって  うちにはすむわね  うちにそっちは一応切りあげて  うちに突然俺はハタと行き  うちの何れか一つを毒々しく嘲笑的に口走るので  うちに明るい赤味をつけてゐる  うちから無駄にする  うちの中にはいって行きました  うちのお祖父さんも出て来て  うちに大きくなって  うちに塀いっぱいに大きくなるなんて  うちのお祖父さんが出て来ました  うちに兄弟うちそろつて  うちは黙って聞いて  うちは絶えず御消息をおよこしになられた  うちにそんな頭の君の御文がだんだん途絶え  うちにしておく  うちに片附けておきたかったので  うちから書きたくて書きたくて  うちに世の中へ出る  うちに再び頭をかかえこんでしまう  うちを通り過ぎて  うちに岩井あたりまで行つて泊る  うちの森といふ村にある  うちの十三の部屋が圓山派一門の畫で滿たされてゐる  うちに着いて  うちだと思ふだけでも  うちに私はすこし横になつて寢ながら土地の話を聞いた  うちに私達は鳥取を辭した  うちに自分の所有する  うちに青々とした  うちでももつとも樂しい  うちに取り入れてゐた  うちにその男らしい容貌と態度とに心をひかれる  うちに鋭い鋒先を太田君の方にまで向けて  うちとはいつても  うちに死亡者を出した  うちに屋根をこして  うちへ行くよ  うちがこっちの方にある  うちへ帰って寝ろ  うちにポラーノの広場をさがすから  うちから行っていて  うちに早く行こう  うちにとうとうみんなは組になって踊りだしました  うちへ来るかい  うちへはいってみると  うちは心を安んじないと云う  うちの森の入口の楢の木に帰って来ました  うちへかたつむりがやって参りました  うちにためてある  うちへびっこをひいて来ました  うちに蜘蛛が腐敗して溶けて  うちへ帰ってから  うちのお寺へ帰ってゐたけれども  うちに何だか少しむっとする  うちに震り出した  うちにシロへつきました  うちから松夫は彼女の素顔に目をつけていた  うちにいつとは  うちに私は一つの面白い目標にカチリとつき当りました  うちに一寸認めて  うちに物々交換をする  うちから踊りの場所へ出かける  うちはちよろちよろした  うちにはそれも大半は見  うちは私の方ではそれほど熱心になれず  うちにやがて十月になった  うちにその堪え難いほどだった冬も過ぎ  うちに六月になった  うちにやっとその幼い道綱が片言まじりに  うちがすっぱりとした  うちに数年と云う  うちにたった一度の死期をも失ってしまった  うちに道綱も漸く成人して来た  うちにふいと  うちにあの方は何とも御返事をなさらなくなってしまった  うちに涌いて来て  うちほどなく身が穢れになったので  うちに言うに言われない  うちに私がふいと  うちに兵衛佐もとうとうお諦めになった  うちから私の帰る  うちにだんだん夜も更けて往くばかりだったが  うちに任国へお下りにならなければならなかった  うちにサイは二十になり  うちばっか内地の米くい  うちの婆さんではない誰かの前で抱えている  うちの子供が近所の仲間と走りこんで来た  うちにゴム裏草履が三足にシャボンを二つもとられたとは  うちに着なさんなとは云わないから  うちに話しすると  うちに青年は酒にも肴にも飽いてきた  うちに経験している  うちでかう  うちは今の財産を使つちまつても  うちは物珍らしげに窓外の景色に見惚れてゐたが  うちへ帰りたくない  うちへ帰りませんよ  うちには頭上をきはめる  うちに一軒の居酒屋をみつけて  うちに明治となり  うちに愕然となって  うちの誰かがやった  うちに最早ムカデは完全に天空高く浮き出し  うちに炎えてゐたかといふ  うちに向つていひ残さうとした  うちに胴の間へ来る  うちに豊橋へ着く  うちにと思って急いで  うちに啜り泣きをはじめた  うちに馬車つかひをおこして  うちに立つて来た  うちへかへらうと  うちに私のニッケル側が壊れたから  うちに大きなマホガニーの箱をだした  うちに蚊は喰うし  うちにはまた考えがどう変って参りますかもわかりませんが  うちは充分働かせ  うちに立派に自分で餌が拾える  うちの小母さんが折入って頼んだ  うちに汗を流した  うちに睡眠が彼を揺籃へ連れて行く  うちにあるものの  うちに大根河岸の川の河童に脇の下をくすぐられたという  うちに英語や数学を覚えた  うちには勿論僕のこともはいっている  うちに江東橋を渡って走って行った  うちにいつか僕の家を通り過ぎてしまった  うちの近所はどうなっている  うちを売ったでしょう  うちに大根河岸の川の河童に腋の下をくすぐられたと  うちには勿論僕のこともはひつてゐる  うちに江東橋を渡つて走  うちにいつか僕の家を通り過ぎてし  うちの近所はどうなつてゐる  うちを売  うちにしっかり決めて置くが  うちに女房はこんなことを言った  うちに主人を連れて帰ろうと思った  うちには炉を切って  うちに知らせてやる  うちに八橋を請け出してしまって  うちにいい折りを見て  うちにどうにかしろと言うけれども  うちはどうする  うちに雪が降るかも知れないと  うちでその返事の仕様をあれかこれかと臆病らしく考えていた  うちに逃げ出したくなって来た  うちに薄白い灰となった  うちに女房も出て来て  うちに解決して置きたかったので  うちから佐野まで往き  うちに一度行こうよ  うちに女房は衣類を着替えて  うちの一人が持つてゐる  うちの餓鬼に銭くれた  うちつと後にしていた  うちに青春の輝きを失ひ  うちに遊びにいらつしやい  うちにゐる  うちにこの愛嬌よい内閣は本質において戦争というファシズムに対して反対しないという  うちに日蝕パレスへ遠征した  うちであつといつて  うちの若干は互いに関係があり  うちの一軒にたどりつくまでに  うちへよって  うちを出てから  うちにすぎ去った  うちでは一度も聞いた  うちのモオニングを貸してあげましょう  うちしめった御天気の中で心配を持ってくらして居ります  うちよりもよく見せようと思うには  うちに姫様の御婚礼の式のある  うちに連れて帰ってあげるよ  うちにおとうさんもおかあさんも来た  うちに半時間ばかりも時が経って  うちに瞑想的なものを活かさせる  うちには何かこのような肉体的なものがあり  うちで行水を致しておりますと  うちのものが申します  うちに急に産気づいたので  うちにゐても  うちに大きな声がして  うちにはいつて  うちへ虹猫を入れました  うちにと慾ばって  うちに春もすぎて  うちに悲しくなつて来ました  うちにそれを別途の支払ひの  うち出されての  うちに逃げだした  うちに拘留満期となり  うちに相手が崖からころげ落ちたとか  うちに速力を増し  うちは見当がつかなかつたね  うちに事の次第が漸次呑みこめてくると  うちに監督に名案が浮んだ  うちへおいで願えたら  うちまでの略図かきました  うちに涙がこぼれ落ち  うちに貧民窟が立てこんだという  うち待つてくれ  うち待ってくれ  ウチからの送金を持ちだし  うちに赤羽行きの車掌が出発の笛を吹くと  うちに貧民窟が立てこんだといふ  うちでも朝夕の日当りの違う  うちに三町ほど先の牡丹餅屋にあつらえて置けば  うちから浄瑠璃や踊りの稽古所ばいりを始めて  うちにお熊が帰って来て  うちに延津弥との関係を知っている  うちにめっきり老けて見えた  うちに判りました  うちは千生の母もだまされて  うちにわれらは願はく狗児の乳のしたたりに  うちに又気が入って  うちに四五日は気のつかない  うちの一つをはずし  うちの剣のほうを差しだして  うちから村はずれの城門をかたく閉めて  うちについ年月を過して  うちはただ無事に暮している  うちに潜めて  うちに来るよ  うちにいった  うちに殲滅の厄にあわんもはかり  うちへ逃げこんでゆく  うちをもらした  うちから出させて  うちへ隠れてしまった  うちに功を立てねば  うちで軍議をこらした  うちに攻めおとせ  うちへ逃げこんだ  うちにひとり言を噛みしめて  うちに三国ヶ嶽へ登る  うちの宿六には呆れ返っちまう  うちに背の刀傷を癒すべく  うちに引っこむだろうから  うちへ連れ帰る  うちに死んでしまうだろう  うちに博士が死んで  うちへ送って下さいといって頼めるなら  うち少し減食しなければならないと思う  うちに彼を護っていてくれた  うちに頭が下になり  うちに艇は嵐の中に巻込まれた  うち食べられるだけ詰めこんでおけと  うちに艇をすっかり包んでしまった  うちに淡くなっていった  うちに夜が明けるだろう  うちに目が覚めたから  うちに呉羽は見る見る  うちにドウモ此奴は生蕃小僧なんて恐れられる  うちに今月の五日になって  うちに轟氏の背後から廻転椅子ごしに甘えかかる  ウチの顧問弁護士の桜間さんに渡して  うちならそつちが  うちにはどれかすぐ燃えつくよ  うちに大声出  うちへかえればございます  うちの三枚の片隅に赤インキのシミあった  うちにも何となく不穏のところが見透かされた  うちに両親を失って  うちにも弟を小学校に出し  うちの有様を見て  うちの様子で能く解る  うちで唱歌を歌ってまぎらした  うちに日が立ちますからねエ  うちへ遊びにくるって  うちに一匹が勢よくお堂の下に飛込むと  うちに我にもあらず  うちも放さなかつた  うちから湿った  うちで勝負をするという  うちで思う  うちに五百騎ばかり引いて  うちの一人でもここにいたら  うちへ逃げこんでしまった  うちに討たれてしまった  うちに立帰って  うちに見捨てられた  うちに味わっていた  うちから怪しい光を放つので  うちから雨霰の如き矢攻めに遭って  うちに我へ告げねば  うちにさめざめと泣き出したからであった  うちに聞き流して  うちに討死と見えた  うちに車駕の列が蜿蜒と通って行った  うちで泣いて行った  うちに置かれているだろうか  うちに殲滅されてしまう  うちに地中深く伸びていった  うちをくらぶれば  うちから訊かれた  うちに後ろにいた  うちに哭いておられた  うちに呟きながら  うちに哭いて  うちのいずれか一名を残して行かねばなるまい  うちでも恐れられていた  うちへ斬って入る  うちでこう思っていた  うちから馳け下って来た  うち仮に営むらしく  うちにもいる  うちを馳けまわり  うちにもう青筋が立っていた  うちに除いておかなければ  うちから出向いて  うちのどちらを選んだとしても  うちに印刷本などと呼ばれる  うちに防護策を講じている  うちに古野さんからのメッセージが続きます  うちのマシンにぶら下がりませんか  うちに秘めながらも  うちに女は横浜へ帰り  うちに細かくたたいて  うちを神様に訴へる  うちでフロックスの花を買った  うちの旦那様も奥様を愛するから  うちに強みを持った  うちへ戻らねばならぬ  うちにも彼女がゐた  うちだけはがまんしようかとも思う  うちに何にも出来やしない  うちで純に自分の心から生れた  うちがある  うちにしみ込んだ  うちにほのぼのとあかるんで来る  うちに雨戸をガラガラあけて仕舞うので  うちに解って感じてくれる  うちにいよいよ人間の愛を思う  うちの生活の欠点が目立って  うちに初代伊太利名画集があった  うちにもある  うちに先天的に与えられた驚くべき  うちにすねて  うちに逃げかくれて  うちに今まで対照を見出せなかった愛したい  うちは此家もさほどいやに思わないが  うちに生れた  うちで会う  うちをさがす  うちに雨が落ちて来た  うちの六畳から隣りの  うちには大雪風がやってきて  うちに曹操の陣を百尺の下に埋めてしまうだろう  うちに血を噴いて  うちに寝かされて  うちで闘っていた  うちに憶い出された  うちにも馬騰  うちにこの人があろうとは  うちに予州の刺史劉玄徳の名があるではないか  うちに軽挙妄動するの  うちに討つあるのみです  うちから士卒に酒を振舞い  うちから潮のような鬨の声が聞えた  うちから孔融が答えた  うちからのこのこ出てきた  うちで最も大きな長所は有為な人物を容れる  うちに早くご決行なさい  うちにお元気になりましょう  うちで首をかしげていた  うちに机に向った  うちに考えた  うちに達せられず  うちに来ては  うちに価値の選択が生じ  うちに投げ出す  うちにボツボツ雨降って来た  うちには自己にこび  うちにすでに或る危険が含まれてゐる  うちの一人でもを見舞ふ  うちは病人を豚の子かなんぞのように扱って  うちにお手が鳴って  うちに下村さんが警察へ電話をかけたらしいの  うちに大変な事が持ち上がったの  うちに蒼くなっちゃったわ  うちにほんとにびっくりしちゃったわ  うちに御馳走がすむと  うちに電車が来て  うちに大森まで来てしまった  うちに急に鳴物の入った  うちから校正が山を積み  うちに高速度印刷機から吐き出されて  うちに無限の矛盾を含みながら保たれている  うちには髪の色もだんだん明るくなって行かないとも限らないであろう  うちの一つだけにして  うちで何遍繰返し繰返し観ても飽きない  うちに解決してくれた  うちで尤も先生の心を刺戟した  うちつと斯うやつとかう  うちに戦争があるでせうか  うちの見習士官はぼやぼやして  うちに迎えた  うちへ駒をひるがえそうとしたが  うちでうなずいていた  うちで飛び立つほど歓んでいた  うちに自分が皇叔をお迎えして  うちでもたたずまいのいい一軒の門をたたいた  うちに孫策の血色は濁ってきた  うちに殺さねばならん  うちにもその後はやや狂暴もしずまって  うちに見る  うちから大混乱を起していた  うちにかくれた  うち生き還った  うちに集結の角笛が聞えたので  うちに世嗣を決めよう  うちに病死した  うちで偽筆の巧みな者に命じ  うちにのがれて来ましたので  うちの一人を得給えば  うちに君を見るかな  うちにもたらしている  うちに生涯を終ってしまいたいと思っている  うちに評判になった  うちに夜は刻々と更けて  うちに夜になったので帰って来た  うちから山の樹を伐りに出かけていた  うちに再び健康と平和がもどる  うちに同化されて  うちは昔と全く変らない  うちのものではあるが  うちにつみ取る  うちに作家としての彼自らをも完成させた  うちに十倍も集める  うちにスムールイが眠ってしまった  うちに疲れが出て  うちに運動に入り  うちへつなぎ  うちに彼自らをも成り成らした  うちにいつの間にか彼の心は二人のことから離れて  うちにも認めた  うちにその一足の靴を仕上げようという  うちに歩き  うちにすっかり飲み尽すと  うちに飲んだ  うちにその評判が蘇った  うちに避難所へ行こうと急いでゆく  うちにしかるべき  うちに身支度を整えるから  うちに閣下は身支度を整えて  うちに反映している  うちに暮して  うちに反映しているほどである  うちにいきいきと描いている  うちからあつめたい  うちにも見出す  うちにこそ進むべきであったのに  うちの者に観せたい  うちに色が変ると思うと  うちに飛ばしちまった  うちに圭さんの影は草のなかに消えた  うちに知れ渡ったので  うちから春園の景をうかがわせ  うちで喜ばない  うちにも新野へ迫って  うちで酒など酌んでいた  うちでも最も堂々たる名乗りをあげた  うちに捕捉する  うちでは折しも文武の百官が集まって  うちより現われ  うちに孔明を殺しておかないと  うちに誘い入れた  うちでもさっさと作らんかい  うちに潜り込んできた  うちにはなにやらモヤモヤした  うちも使ってますよ  うちは思いもしなかった  うちのマシンも涙を流して喜ぶであろう  うちのニワトリにできる  うちにカラー液晶も積んでくる  うちに肩も落ちる  うちにやってきた  うちには留守番電話が二台ある  うちにこいつは間違いなく絵の描ける  うちに直されると言った  うちにお蔵入りとなりかかっている  ウチの雑誌にも書きなさい  うちに作れます  うちに熊はくたびれて弱って来た  うちにかんかんにこおりついてしまいます  うちへも行かず  うちに自国で一定の評価の定まった  うちではカフヱーもやつてゐるんで  うちに花が咲いた  うちにまた移転する  うちでブツブツ云ひながら寝てし  うちに見事に溶け込まされてゐるか  うちへかえると  うちへかえって来ました  うちに青ひ  うちに交っていた  うちじゃ知らなかった  うちになくなって  うちから十余金さいて  うちにそれほど病が悪化したとでもいいのがれる  うちにひびくと  うちへのこして行った  うちでさらにシューラの脛を抱きしめ  うちでいくつもかえ  うちでは恐怖を感じた  うちで赤い十字が瞬間人々の目をかすめ  うちまで光で一杯になった  うちははだしであるかなければならず  うちのなかでさんび歌をうたう  うちにいって  うちへ持って帰って  うちの二人は二羽ずつの鵜を左右の手端にとまらし  うちの一人は艪を肩にして  うちで鵜を持った  うちにここへ来るが  うちに鹿は逃げてしまって  うちに何か枕頭で物の気配がするので  うちには十人ばかりの護衛の武士がいたが咎めなかった  うちに何人かに聞いてみようと思って  うちに花を開いていた  うちに忘れてしまって  うちに手許から離さないと  うちに閉じこもって  うちの正義は冷やかな微笑をもつて  うちにもうすつかり  うちに帰らねばならなかつた  うちに必ず君を南郡城に入れて  うちに癒え  うちに立ってしまった  うちに食糧がなくなるだろう  うちは断じてなりません  うちでは煩悶したが  うちに移した  うちへひらりと身を移して  うちの夫人にものもいえず  うちから飛び降りる  うちにありだ  うちに蜀へ入る  うちにすぐ船へ帰って行った  うちにおでかけなさい  うちで焼いたの  うちへかけていきました  うちへ来てみると  うちへもってかえりました  うちでは昔から何処に移つても咲いてゐるが  うちのお姉様なんて暮しの苦労なんていふ  うちに旧い友達に伴れられて  うちに入獄したので  うちに陽子は悲しく自分が哀れで涙が出  うちへ来ない  うちに教育のための時間を半分ずつ算入している  うちで月日を送った  うちに着いた  うちに書いた  うちで呟いだ  うちには何とか親達の前にはごまかして済むだらう  うちにさながらの声きこえ出ぬ  うちで一番よく働ける  うちに朝顔に水をそそぐ  うちに来て鳴く  うちに消えてし  うち振る袖の間にしら鳥の雛その如き真白き影のふと見えぬ  うちの門まで気に掛る  うちに水夫に採用された  うちにこれをみる  うちにみられる  うち砕かれた  うちに薄暗くなってゆき  うちにはいってゆく  うちに沈黙する  うちはいまぢき帰つて来ますから  うちのひとと来たら  うちのひとの気性は知つてるでせう  うちから日張博士に返す  うちひびいてゆく  うちにもいな  うちに吸い込まれると  うちに浸っていた  うちに吸い込まれていった  うちに自分の心を抱かせる  うちに露わになる  うちに帰らん  うちに二人の母親は都住居の人達によくある  うちにも仲好しの母親同志は越す  うちに男の児になつて居る  うちに向つて自分のことをあんな風に冷笑したさうだが  うちでぶつぶつと小言を呟いでゐる  うちに上達して  うちで自分が最も厭しいなど  うちに二度厠へ立ったが  うちでもいちばん老いぼれて見える  うちに後方から崩れだした  うちに到らん  うちに山へかくれていた  うちに玄徳と講和するの  うちに深く期す  うちは家を造らず  うちに孔明が卒然と面をおおって哭きかなしんだ  うちへ伍して去った  うちに女官たちの悲鳴がながれていた  うちに収めたものの  うちに捉われてしまった  うちに曹操の顔は激色に焦  うちに死せ  うちに夫婦向きあい楽しき夕餉を取り  うちにおらるるや  うちに戸はひらけ  うち萎れて悄然として面を伏したり  うちに入り  うちに夜も更けゆき  うちに容れて  うちを窺い  うちに左の一節ありしなり  うちに一そう激しく怒り出す  うちには色いろ面白くないことも出て来る  うちに番を切りかえておいたり  うちに殺気走って  うちにこれから捕物がありますからって  うちにすっ込んで  うちにと思ってな  うちの財産がある  うちに呼吸が絶えてしまっては  うちに燃やしながら  うちに大声をあげた  うちに日が経つばかりで  うちの板塀の外の一隅で遊び始める  うちに少しなだめられて  うちは楚々たる佳人になって  うちに候補者を絶えず補充しながらも  うちの幾人かを収穫したにすぎず  うちは皮相な芸でも突きこんでゆこうとする  うちだと知った  うちに阿Qも満足して  うちに自分が人を打ってる  うちの若奥さんは八月になると  うちに村役人が入って来た  うちに足をもちゃげて馳け出した  うちに全村の人心は非常に動揺した  うちにもう鼾をかいた  うちに靜修庵についた  うちにじれったくなって来たが  うちに言ってしまえ  ウチの父も母もオレたちに云ってこわがらすが  うちの一つの間違いによってか殺されて  うちに母親になろうとする  うちに幾度かそうやって  うちにしなびた  うちに嘲  うちにはこれより他には何もありはしない  うちに言葉を交したいと  うちへつれて帰りました  うちにそれはジャズに紛れてしまった  うちに真面目になった  うちに謁聖がありますから  うちでもいろいろな点からみて  うちに祕せば  うちにいつか十字架に懸らねばならぬ  うちにまたかいて見る  うちに破いてしまはう  うちでこれを修飾的に和訳して  うちに厭になつて投げ出して  うちにお前の云ふ  うちに斯んなところも取り片づけてしまはう  うちに子供に蒸汽機関の代りに玩具にされて  うちはある  うちに東京へ出てきました  うちの二つがばらばらと両側へ落ちた  うちに二人のいた  うちによく話の筋道を考えておきなさい  うちに息が止り  うちへ寄っていきたい  うちに逃出したりすると  うちに売るとは言わなかったですよ  うちにこの留置場から出ていった  うちだと思って  うち消していたがね  うちに消しとめられた  うちの湯につかって行きなせ  うちに火星人の目をのがれて  うちはなかなかこれを信じようとはしなかったが  うちの一台だって作り上げられませんよ  うちに空中でとろりとろりと溶けだした  うちに火星兵の胴中に命中していく  うちは何にも気がつかない  うちに自分の胴から黄いろい煙が出たなと思った  うちに何も知らない  うちにやる  うちに来なかったら  うちにモロー彗星にぶつかって  うちにするなどとは  うちにとうとうもとの砂原におりてしまった  うちに思い出した  うちに一日の量はようやく効力を薄めて来ました  うちから二丁ほど離れた  うちから月の小遣を差引いて  うちの最も雑踏し蒸れ返り  うちにきっと弟が助けに来る  うちに山や渓の空気を感じた  うちよりししじ  うちまじりつつ御けしきをがみ見まつる  うち見奉られけるを  うちに火ともし入てかね掘出す  うち浸しゆれば  うちなら治る  うちからはぶいてしまった  うちでも余人とちがい  うちに進退全くきわまっておられる  うちに極言した  うちに営んできた  うちから分りきっていたからである  うちに登殿して  うちにあるので  うちであざ笑って  うちからひどく惧れた  うちに自分を擬していた  うちに馬超の口につりこまれて  うちに呉の肚は読めていた  うちに探ろうとする  うちに朱然から通じてある  うちに四方の呉軍が何事か騒ぎ出したので  うちから一種の畏怖を抱いていたし  うちからいつ  うちに蜀は大敗を招くから  うちのものとなろう  うちに殆んどあるか  うちにすべてが他の季節に移って行った  うちで彼女に呼びかけながら  うちは二人はその度毎に目と目で微笑みあったが  うちに山々から湧いて出て行った  うちにそれは殆んど小止みなしに降り続き出した  うちに引き続いて起った  うちにサナトリウムへ立ち寄るという  うちに病人がだんだん興奮よりも熱のせいで頬を薔薇色にさせ出した  うちに仕事もし出さなけれあいけない  うちに最後まで自分を誠実に介抱して呉れた  うちに私はそういう朝明けが何んとも云えずに  うちに一つお前にも読んで聞かせるかな  うちに突然お前が何か口ごもった  うちはヴェランダ一ぱいに日が射し込んでいて  うちに漸っと弥撒が済んだらしく  うちにいつからとも  うちはただ雪明りにうっすらと明るんだ  うちに雪が降ってしまって  うちに千住までのす  うちにとっぷりと日が暮れる  うちにかならずあたりをつけて見せる  うちに消しとめたが  うちに数えられる  うち振りうち振り  うちで寝っころがって考えただけの  うちに会議の日は近づく  うちに死んじまったろうて  うちに愛する  うちに使っているからである  うちになにを考えた  うちは霜柱が立つが  うちに合図もできるだろうという  うちで誰か世界を一周して来る  うちにチルナウエルは汽船に乗り込んで  うちに寒水でつくった  うちに丼の雪が溶けて  うちにせめてひと口なりとすすらせてやりたい  うちにお時計のある  うちのひとりが氷の箱をかかえ  うちのほうへ行きました  うちの木小屋の屋根が白く光っています  うちへ帰った  うちの中へはいると  うちにも鶴御成はもっとも厳重なものとされていた  うちあわせをしておこうと  うちに手をつくせとおっしゃった  うちにあると見こみをつけました  うちに夫がいつの間にか問題の実際的解決になるとでも思っているらしい  うちに融化解消している  うちにぞくする  うちへ帰りましたが  うちに東が少し白くなって  うちへ帰って行った  うちへ帰ってしまいました  うちにもう又三郎のガラスの沓がキラッと光って  うちに海から向うの島へ行く  うちに島から又向うの海へ出る  うちに僕たちは何だかお互の間が狭くなった  うちに僕たちは大分低く下っている  うちにとうとう僕たちは氷山を見る  うち少し待って居て呉れた  うちに何だか得体の知れない  うちで傑れた  うちに夜が明け放たれた  うちに頓狂な声をあげ  うちに夜が明け放れた  うちに竹法螺が鳴って  うちに抜けだして見せる  うちに自分から名のって出りゃ  うちに名のって出た  うちに名のって出て  うちでお上の袖がこいの中につつまれて  うちは不思議にもきまって  うちに喰べるものは喰べて置かないと  うちに段々静かになり  うちで演じられている  うちに日進堂が思いきった  うちに五分の一ほどに縮んでしまった  うちはなほ使用せられて居つた  うちの媼もまだほんの尼つちよだつたその抱き馴れねえ  うちは誰がなんと言はうと  うちおろすおほ  うちに湧いてくる  うちに出て来るだろうぐらいに考えて  うちにひどく気があって  うちに持って来ると言っておる  うちは帰さねえから  うちにとうとう我慢ならなくなったと見えて  うちに何か号令でもかけられたかの  うちに火焔の底が現れた  うちに不図気がついた  うちに回復した  うちにゴロゴロという音が聞え  うちに夜が明けてしまう  うちでごわすによって  うちに楽屋のほうで波音を聞かせる  うちに船は港に入り  うちに紛失してしまった  うちにひ  うちから二人を許婚にし  うちに含みのある  うちあてた痕もあるし  うちになんとか埓をあけなくちゃならねえ  うちにだしぬけに  うちに早く飛びだしましょう  うちはせいぜいブラブラして暮らす  うちに返してくれさえすれば  うちに霊岸寺の地つづきの冠木門から駈けだして来た  うちに中大工町のかどで客待ちしていた  うちに拙者がひとひねりにしてしまいます  うちにのっそりと立ちあがって  うちに一家六人が次々に死ぬという  うちまで歩いて行け  うちで寝ている  うちに私が眠るか  うちにこの沢山な物のかけ  うちはまだ改良の余地はある  うちに息の当る  うちにカッフェはおのずからまわり  うちにまた癈兵になってしまう  うちにいつか背むしの左右に背むしが何人も現れはじめ  うちに商売をやめる  うちの運命を寂しく象徴してゐるといひたい  うちに仕出し  うちにバタを溶いて  うちに笑った  うちに船が砂の上にあがって  うちひらいた広い大きい原っぱを眺めた  うちの生きものでも叱る  うちにその幾らの部分実現されてゆくでしょう  うちにいつもしている  うちに丸山はこんなことを言い出した  うちに見えなくなる  うちで誰か眼をさます  うちに虜囚としておき  うちほとんど死なせて  うちでさがしていた  うちへ射込んだ  うちから敵に気を呑まれて  うちにきっとお召しが来る  うちにとらえんとしたが  うちに誇張して  うちに在るも  うちに療養に還らなければ  うちに勝ち続けて  うちに安からぬものを抱いたに  うちに大雨が来  うちに死ぬだろう  うちにいう  うちへ予報されていた  うちに李は帰っていった  うちの娘も会ひたがつてる  うちつと景気が出なけれや  うちの一通を開封する  うちに食って  うちに酔いつぶれた  うちに見える  うちでも代表的な孔明流の兵書と称する  うちに滲んでゐる  うちの符牒を教へてあげるから  うちでは牛の舌のやうな奴をべろんと出してい  うちであはあは笑ひあふ  うちに物音がきこえた  うちはかなしい陸はわたしの眼にはいらない  うちに断定した  うちに了解した  うちにその大艦隊が日本に押寄せて来たら  うちにかたりと  うちに竹内氏は出征なされたとか  うちで三匹だけは途方もなく見当をちがえて  うちに嬉しく叫んだ  うちに解放されたる  うちは人がまゐりませんから  うちに不気味な快戯性をあらわし  うちにはとるにも足らぬ  うちに微弱な意識でそれを保っていたが  うちのいずれかが彼女でなければならぬ  うちはおそろしがって  うちにわしのこころがつうじたとみえ  うちに私のくずれは  うちにあなたがこの島へおいでになる  うちにもう二百戸ばかり建つ  うちに偶然ある  うちふるえて兄の身体をゆすぶっていましたが  うちに帰る  うちへ泊めてくれた  うちに在った  うちにジャーナリズムへ筒抜けとなろう  うちにと思っていたのよ  うちによその店へ行っちまう  うちにエンゼルのいろいろの侮辱を蒙った  うちに飛びださなければ  うちに一度だけお手紙しますと  ウチのカアチャンが心配する  ウチのバーへいらした  ウチをつきとめてきや  ウチに住んでる  ウチが割れる  うちに足は疲れる  うちに閉場の時刻が来た  うちに亭主が遺いて行った  うちに気がへんにならないであろうかと  うちの一軒の前に立った  うちに心臓がどきどきして来て  うちに火となって燃えてしまう  うちはよくあった  うち殺されるかの  うちに怪魚の数がふえた  うちにたれかが  うちに一座の女王が心静かに縊れて死んでしまうという  うちからよく頭に入れておきたい  うちに来るか  うち最主要なる部に属す  うちしめて滅し  うちに過したるなり  うちにのぼりゆく  うちに涙をふくむ  うちに埋れて  うちに籠れる  うちに嘯きし  うちで生き残っている  うちに就いて  うちにそこらの様子を見てこようと思い立って  うちにゆう  うちの二人が急に苦しみ出した  うちに何か悪いものがまじっていたに  うちに枕をならべて死んでしまった  うちの誰かがそれをそっと持って帰って食わせたと  うちの一匹を私に贈ってくれた  うちの一匹を買い受け  うちに俯瞰される  うちに嘗て囁き交わした  うちに自然足は太左衛門橋の方へ折れて行った  うちに酔うていた  うちに読み終った  うちに百円が飛んでしまった  うちに年も暮れて  うちの禿げ  うちにそのような可能を発見し  うちに未来に向ってつくりつつある  うちに十日立った  うちにはいった  うちには病気でおる  うちへ駆け込んだ  うちに見られて  うちに欲しいものは誰も考へてくれず  うちに見つけ出してゐる  うちで最も醜怪な相が現れていた  うちで最も大仕掛な  うちに話し合える  うちに起つて呉れ  うちに次第にひろがり  うちを見ても  うちから寢込んで  うちに二人の少年は村をあとにして  うちに入らなければ  うちに世界中でまだ誰も知らない  うちには温くなります  うちには温く成ります  うちに障子の桟がパッパッと白くなります  うちに漂ふ  うちにお小夜の背がバラリと解けました  うちに平次は職業意識を回復して  うちに許されましたが  うちに睨を利かして置かないと  うちに手引のある  うちに替へられたに  うちに運びたいと思ふ  うちに祝言の眞似  うちにも妙に眞劍なガラツ八の調子を見ると  うちに日がすっかり暮れた  うちに町がだんだん更けて来て  うちに金がだんだん減って行った  うちに店が尽きて  うちお庄も傍で鮓など食べさせられた  うち強く耳に障って  うちを眺めていた  うちに外はだんだん暗くなって来た  うちにあすこを出るでしょうと思うの  うち古茶箪笥の上の方にかかっている  うちお庄はふかふかした  うちに叔母に睨まれて  うちから寝床へ入った  うちに一度もあの人と行き逢わずしまったに  うちに叔母は二十日もいないで帰って来た  うちには阿  うちに着いている  うちにお庄と一緒に家を出た  うちに疲れた  うちに早くお庄の体を始末をしなければならぬ  うちに外妾から後妻に直った  うちに手拭や石鹸を持ち出して  うちに半歳を過して  うちに祝言するだらうよ  うちに娘さんがすらりと撫で肩である割に肥えた  うちに呼吸がきれ  うちに始末をする  うちに身を横たえなければならない  うちに戦争が白熱してきて  うちに一番川に近い方に居る  うちの寶兒は何の病いでしょう  うち居ても立ってもいられなくなった  うちから出る  うち大きに酩酊致して  うちお膳が出まして  うち請出して女房にするから帰れと云うから  うちから育ったから  うちに夜が明けると  うちの中は急に寂しくなりました  うちにおへやのおそうじをして  うちの中がひっそりして  うちひしがれた  うちひしがれていた  うちに入らば  うちに御飯をすまして  うちに膳が出て来て  うちから参つて来る  うちに違ひないといふ  うちに薹の立つた  うちに誰かが雨戸の框に心張を噛ませる  うちは決して気をゆるめる  うちにやはりあつたのだと誰もが云ふ  うちを決定的なものとなし得ない  うちに発見して  うちに一種云ふべからざる  うちに見られる  うちにそのひとつがあり  うちに育てあげられてゐるべき  うちに伸び育つた  うちにその原因がある  うちに老人がゐるといふ  うちになくなつてゐる  うちにくすぶつてゐる  うちにのみそれを見出す  うちに遠慮会釈もなく締切の期日がとつくに過ぎ去  うちで極く  うちに反撥し  うち耀いてゐたので  うちの不平を殺しながら  うちに懸命の努力を尽していた  うちにドイツの騎兵の活動が見え出すと  うちに憂慮と得意とが妙にこんがらがった  うちにふっと  うちにまたかっこうがばっとぶっつかって  うちにゴーシュはこれは面白いぞと思いました  うちの床下にはいって  うちの戸棚へなど参った  うちへ帰って来ました  うちに火山に関係したものの  うちはとにかく世界の強国として乗り出そうとする  うちにとうとう姿を見失ってしまった  うちには今どき小学校に通つてゐた  うちに潮が堂の真下まで満ちている  うちに得た  うちに空しく眠っている  うちでこの不幸な青年たちの祝福を祈りながら  うちに捕えられ縛められ  うちに幽閉せられる  うちに禁錮せられ  うちに何か新たに真実の彼女を発見した  うちに死んでしまった  うち飽きて来て  うち一度お伺いしようと思っていましたの  うちに葉子に手紙を書いた  うちに深くなって  うち冷し薬で腫れを散らそうという  うちに小夜子がおりて来た  うちにすっかり孤独に陥って  うちに姿をかえた  うちに用意ができて  うちに春が訪ずれて来た  うちに目蓋が重くなって  うちある夜またしても  うちに五反田へ着いた  うちへもおとずれて来て  うちにも彼は一刻も生活を楽しんでいる  うちに話をつけてしまおう  うちに時計が二時をうった  うちの一万か二万かの金をそっと融通するから  うちに夜が更けてしまった  うちに空車が一台やっと駒込の方からやって来たので  うちにやって来た  うちに低気圧は来る  うちに彼の姿も足も途絶え  うちに葉子はすぐ涙ぐんて来た  うちにドイツ帝国のためにスパイを働いているじ  うちにアフガニスタンへ飛ぶ  うちに癇癪を噛み殺しながら  うちに敗北した  うちから冬のオーバーコートを持ち出して  うちは音信もあり  うちはただはいはいと返事だけしていたが  うちにだいぶ親密になって  うちでいちばん仙人めいている  うちのどっちだか見当がつかないので  うちで生長した  うちに薄雲のような寂しさがいちめんに広がってきた  うちのいちばんいい白い馬を売って飲んでしまった  うちに寝てしまった  うちにはおのずからもの足りる  うちにたしかに水蜜桃だと物色した  うちに昼になる  うちにそう急に変る  うちに済んでしまった  うちには遠い故郷にある  うちはあまり講義に念を入れ過ぎたので  うちの一箱を年に一度ずつ石からおろして  うちに吹かれていった  うちにあったでしょう  うちは母がいるからかまいませんが  うちの庭がかきかけてある  うちに立つ  うちのどこかにおちつかない  うちに追いついた  うちにはずいぶん下等なのがいた  うちには明らかに憎悪の色がある  うちにぜんぜん埋没している  うちに四時過ぎになった  うちには野々宮さんの妹がいるだろう  うちにはぜひともこれらの壮漢がはいってくる  うちには野々宮さんと美禰子との関係も次第次第に移ってくる  うちへはいった  うちの先生は時々何か書いている  うちに値切って買ってしまう  うちに進歩する  うちに会をするから出てくれと頼んでいる  うちに大いなる感謝を見出した  うちに晦日近くなった  うちでも広田先生はのろいにも似合わず  うちに置いて  うちから出ている  うちに一週間ほどたった  うちで野々宮さんはもっとも多忙に見えた  うちで覚えず動いていた  うちに隠れた  うちに今話した  うちの袴を着けた  うちで西洋のなんとかいう名優のふんした  うちにまた兄といっしょに家を持ちますの  うちのでき  うちでいちばん鄭重な礼を述べた  うちに是等の人間を放す  うちに読者も作者も此空気にかぶれて  うちにまた広東で会う  うちは初めて見た  うちがいくらでもある  うちへつれて行かれちゃ堪らないと思った  うちへ案内して  うちで風呂なぞのある  うちの中へ飛びこんだ  うちに引越した  うちにいつの間にか眠ってしまった  うちのことを思いだした  うちへも電報を打ち  うちから寄越した  うちへ行こうと思って  うちを食わす  うちが分りましたね  うちに組織する  うちにだんだん家が気になりだした  うちから利潤と食い倒される  うちに疑は  うちで大和の地震はかなり大きかったと見えて  うちで七年十月には伊勢国に大地震があって  うちには暗さに適応してくる  うちに閉されている  うちにくみとり得ないでいる  うちに低迷していた  うちに試みられている  うちに再現しようとしている  うちにとらえ  うちにも何らかの形で影を投げている  うちにいささかなりともある  うちにそれが延びて  うちでオランダから来た  うちに迚も斬れず  うちからこれこれしてやり  うち合わせに行って居る  うちへ来なさいましたから  うちに貴重な一生の部分の過ぎゆく  うちに凍らす  うちに金ができたら買いましょうなぞと  うちに元祖も廃業してしまったけれども  うちにジコーサマの行方を突きとめて  うちは苦笑しながら  うちに升田の酔いもいくらかさめたし  うちに碁を終り  うちのロービョーがちょいと正体不明の病気でヨチヨチしているから  うちは赤犬は食える  うちに白犬も黒犬もいなくなってしまった  うちで二階が一番居心地よくできている  うちに海へでて  うちで他国に類のない優秀品が一ツあると考えている  うちで一番の大酒のみは自殺した  うちに飲みあげてしまった  ウチの裏庭にゴルフの練習場があります  ウチでは三根山の取組をラジオできいている  ウチがあって  ウチへ行って  ウチを出る  ウチがあるから  ウチの神棚を騒がせる  ウチの婆アにのませて  ウチの天井でネズミを追ッかける  ウチにネコはいねえだろう  ウチぐらいの古い建物にイタチだけなら恵まれてるぜ  ウチでも放す  ウチのランチュウみんな死んだが  ウチの隣りが  ウチでお借りしてありますので  ウチの別館かと思ったら  ウチだなと思いだした  うちに多分に殘されてゐた  うちに餘程の時間を消す  うちに或る物の光を認めて  うちに在つて何の慰藉もなく顛倒し  うちにつくってゆこうとする  うちに彼等はことごとく匙を投げた  うちに肴がごたごたと並んだが  うちに一緒に伴れてってもらうと  うちに家へ着いた  うちにまた数年たった  うちに大金持ちになった  うちには向うでも種々に考えて見るので  うちにいい事を考へついた  うちから曇って  うちに変化をうけてきてもいる  うちに実感する  うちへかえって嫌だ嫌だと気狂のように大荒れに荒れる  うちに進歩的インテリゲンツィア小市民の文学をつつみながら  うちに一九三二年の春の全文化団体への弾圧があり  うちに散発します  ウチは大金を使うだけの  ウチでなんとかするでしょうから  うちに選挙が終った  うちに彼は次第に浮かれだした  うちに来るといって  うちに過した  うちに薄れてしまって  うちをほのかに照らす  うちで説えた  うちで呟く  うちに大坂を立って  うち寛いでいた  うちに漠然とながらこれを指し示した  うちに成長した  うちに加へざるを得なかつた  うちだと思ってもらいましょう  うちに十分とりあげられ  うち特に都会に生活している  うちにクロポトキンによって発揮せられたとすれば  うちが見えてきました  うちは仕事が休みかい  うちにおっかさんの顔はだんだんうつむいてきました  うちへかえりなよ  うちへかえりました  うちに夏休みがきました  うちには入院していないわ  うちを出ていったからな  うちに夜はふけてきました  うちへ帰るだから  うちには必ず船客より先へ降りる  うちには相当なことができなければならない  うちに繁華な中心街を建設し  うちに生きてゐる  うちにはわけのわからない  うちに立った  うちに妻が妊娠して  うちに前妻の三周忌が近くなった  うち解けて話をすると  うちにその跫音は戦死した  うちに精根が尽きて倒れる  うちに自転車用のアセチリン・ランプを用意して  うちで歌に合せたりしてゐる  うちでブツブツ小言を云ひながら  うちの息子は学問ができて  うちに忘れもしない  うちで自分一人なのかも知れないと  うちの前で手帳なんかをひろげたって  うちにせめて寸刻のやわらぎを求めています  うちのなかまで入って来ています  うちに残っていて  うちにかえりはかえりましたが  うちに一同の者が現れて  うちに燦然と輝やいている  うちに染まってしまう  うちに何度か貨車が通過する  うちを生み出す  うちに消え失せました  うちに発生していて  うちに増して行こうとする  うちに旧い呼び声をめざめさせられ  うちに深淵をひらいている  うちに実現してゆくには  うちに組織されたか  うちに村の娘を孕まして  うちに小増が出て参りまして  うちにと支度を致しまして  うち御工夫が付きます  うち互に深くなり  うち惚れたから知れるも  うちは嫁にも行かぬ  うちにしては済まぬて  うちから姓名を打明けては困りますな  うちから起きて  うちは日曜の外毎夜電車にて下町へ通ひ  うちに政枝の手首から多量の血が流れ出て仕舞う  うち当てて配達された  うち笑む死の影は長き衣を引きて  うちふりうちふりてな  うちに留めおいて  うちに少し気が落着いてきた  うちに真一の語った  うちに死んでしまうけれど  うちに妾の考えが急に変ってくる  うちに咳で苦しんだから  うちが貧乏で塩を買う  うちは貧乏で何も上げる  うちからおばと田舎でいっている  うちにその汚い乞食は薬師如来の姿を現し  うちからおそれ敬われた  うちの親たちに心配をするなという  うちに枝葉出ずべしといって  うちに出発なされました  うちにはほこらが張りさけてしまうので  うちに大きくなります  うちに大きくなろうとしている  うちに再び山の上へ帰って行くともいいました  うちにお嫁へ行つてしまふ  うちにうとうととしたと見へて  うちのお店の人達と来たら  うちに吐き出してしまふので  うちにそれをあきらめなければならない破  うちに東京行の時間が迫つて芝居見へ行く  うちに一寸人と会ふ  うちに忘年会をやりませうか  うちに記念帳を買つてしまはなければならなかつたから  うちの得意先だつた  うちに約十回の往復をする  うち勝つこともできなかった  うち捨てられた  うちに二度と見られぬだろう  うちへかついで帰りました  うちを逃げ出してから  うちにうさぎのつけた  うちにだんだん水がしみて  うちはだれ  うちにたくわえられていた  うちに時を過ごしたが  うちに未来への期待をかけた  うちにこそあるという  うちに溢れる  うちに発見し  うちにおかれている  うちは決して餌を与へ  うちに誌して置く  うちには十何遍もこの返事の声を挙げさせられる  うちに三四回は襲来するので  うちでは皆なで  うちに包括される  うちに行われている  うちの父と来たら  うちから特殊な国郡村まできめ  うちに流れる  うちは満洲史上のいくつかの問題を取扱った  うちは史学科の学生に対してした  うちに夜が明けるだらう  うちにすやすやと安かな眠に入つて了ふ  うちに媼さんも死んで  うちに稚くひびいている  うちに腸結核に罹りて死せり  うちからもうグンニャリして  うちに両肩がびくついて  うちの里預けは急いだ  うちに日露戦争がはじまって  うちにチビスにかかりよった  うちで留守番してなはれ  うちに西と東に別れた  うちに彼は不図無意味に近くかう  うちに都合九カ所の穴が掘られている  うちの二カ所は遠い以前に掘られた  うちから草むらに忍んでいて  うちに沸きかけて来た  うちに非難しあひながら  うちに雁江はすっかり外貌を改めた  うちに彼我戦力の差に隔りを見た  うち勝つことを問題にしてゐた  うちに多分女はどこかへ行つてしまふだらう  うちに足もくたびれてくれば  うちに僕は飛び立つが  うちにやっと気がついてみると  うちはむしろ無気味に感じた  うちに僕らは火かげのさした  うちにちょっと我々へ一礼した  うちに細君といっしょに寝ている  うちにやせた  うちにとうとう死んでしまった  うちに涙というものをこぼした  うちに僕らは腰の曲がった  うちにもう退屈を感じ出しました  うちにこの世界を造りました  うちに詩人のトックを思い出しました  うちにどこへでも出る  うちにうっかり河童の国の言葉を口に出してしまう  うちに盲にして  うちに酩酊に及んで  うちに分った  うちに右端へ飛去り  うちで特に武勇なる一特性は挙げられるにせよ  うちに棲む  うちに宿つてゐる  うちに人情が含まれ  うちに義理が固く守られる  うちに努めて心掛け  うちに発展の可能を見出せなくなって来た  うちによみとられてこそ  うちにつつまれている  うちにも凜然とした  うちにはひりますが  うちに足もくたびれて来れば  うちに彼是十分はたつたでせう  うちにやつと気がついて見ると  うちは寧ろ無気味に感じた  うちに僕等は火かげのさした  うちに細君と一しよに寝てゐる  うちに痩せた  うちにとうとう死んでしまつた  うちに涙と云ふも  うちに僕等は腰の曲つた一匹の河童に出合ひました  うちに詩人のトツクを思ひ出しました  うちにあのバツグと云ふ  うちにうつかり  うちで一番大きく逞しさうな一匹が申すに  うちに出  うちの或る限られた  うちに黴がはえる  うちはどうしてやって行く  うちの中でぐらい権利があるよ  うちへおよこしよ  うちにいつかどこかへ流れ出してし  うち響きうち響き  うちに昼になり  うちに発見した  うちで一等好きな顔に直してもらった  うちにすぐに猛烈に熱くなって来るから  うちに本当の主要動がやって来た  うちにもしらずしらず  うちの辞句をとって  うち立てられた  うちにありながら  うちをして  うちに何かが緩んできた  うちに含んであった  うち晴れた空と心地よく濡った  うちに新らしい謎が醸される  うちに蒲公英の花が一つふっと咲いてる  うちに何処かに穴があいてる  うちにも何処かに穴が開いている  うちに見下された  うちには異った  うちに醸されつつある  うちにしまっておいた  うち明けて私に種々なことを話してくれました  うちに一人閉じ籠りながら  うちで安らかに微笑んでいた  うちに過ぎ去った  うちには何かが澱んでいた  うちに切口へ塗る  うちは酷く焦燥していて  うちに分っていた  うちは客が込むが  うちに壊してし  うちに入れると共に  うちから起き出して来て  うちは何もいらない  うちに出てしまって  うちにこの赤ん坊が生れたとしたならば  うちに描きつつ  うちに思ひ  うちの十二街のどれか一つに開業しなければなりませんでした  うちにその事件に対して興味が湧いて来たらしい  うちにつけられた  うちにまた社会へ出て来る  うちに逝ってしまった  うちにどこか創作のたのしさを見出して来たのに  うちに作衛がおはるをかわいがる  うちへは来てもらわなくとも  うちの一人だけがやってきて  うちへくる  うちのヤアさんは頭のハゲを気にしているから  ウチは女相手のショウバイだから女給仕は使えない  ウチへとられちゃ  ウチのお客さん方はみなさん酒と料理で満足して下さる  ウチへは黙って出てきた  ウチの人が心配しているぜ  うちから出かける  うちに過ぎた  うちに罪作りをして置かなかった  うちに昂奮して  うちから放蕩に身を持ち崩した  うちにその児島良平という叔父を見付け出したら  うちにドカーンと大砲のような音がして  うちに飛び込んで来た  うちに死ぬかも知れない  うちに叔父は満五十歳になった  うちに叔父は帽子を脱いで  うちにフト気が付いて  うちに亡ぼして行こうと試みている  うちに云い知れぬ  うちにキット発見する  うちに小さな咳払いを耳にして  うちに彼女の唇が次第次第に弛みかけて  うちに死んで  うちにいつとも知れず  うちに叔父が店にやって来るかも知れないと  うちにぢつとしてゐる  うちにそれぞれ階級が出来  うちになくなつてし  うちに念写という問題も出て来た  うちに治してしまった  うちにバクテリアの増殖の場合にも出る  うちにこの製錬  うちに突如として  うちに一眼逢ひて  うちに積ってるらしい  うちへやって来た  うちに消えた  うち明けてくれ給え  うち驚かされ  うちにまたお出掛けになりました  うち明けることはできないが  うち明けないとは限らない  うち明けて話すとしようじゃないか  うちにその職人たちがやって来た  うちに変化が起こった  うちに逃げ出さなければならないか  うち勝っていなかった  うちに幾らかの保留を残しておいた  うちに目ざめて荒れくるった  うちの獣性は過去の歓楽を思い出して  うちに嵐のように荒れ狂っていた  うちに眠っている  うちにおこる  うちで一番大切な役目をもった  うちのないもので人間ではないと云う  うちを洗って  うちに手をのばして  うちから女と一緒に働き  うちの神さんでなくなつちまう  うちにそつと出て  うちに学校をよした  うちで焼いた  うちの健吉と仲よく働いてやってけれよ  うちから畑に出て  うちの一つの方の便所に押し込まれて  うちに左舷になっていた  うちに真中に取囲んでしまう  うちに興奮していた  うちに仕事場に出された  うちはいい  うちにムクムクと煙突から煙を出し  うちに斬らんとした  うちにお眼にかかります  うちにもお種のことが気になるので  うちの一組は佐川の町から松山街道に向い  うちに一行の一人が汀の水草に流れかかっている  うちにこの着物を洗って置こうか  うちにもう一枚洗って置こう  うちに相当の婿を取って  うちに弓の弦でも張って置こうか  うちに早くそれを取消した  うちに正直に言い直した  うちはどちらが勝つか  うちに殺したという  うちこそ露をもいとえで  うちに玉のような女の子が生れたとききました  うちに裏の田んぼで雁をつる  うちのお祖母さんがこのお父さんを生んだ  うちに云つといてやるが  うちに仲間に外れてしまって  うちにとらえて来ているし  うちに誠実なアンネットは生きつづけているし  うちから本当の童心を持ってる  うちから出迎えてだまって  うちに根気よく立っている  うちは食べきれぬ  うちに山上みさをと知り合いになり  うちにその野球の選手がみ  うちに神村は出てゆきました  うちに廊下にノックの音が聞こえる  うちで誰をほんとに愛していたかってきかれると  うちでは私がいちばん年をとっている  うちに食べてし  うちにブーンと飛んで行きました  うちにチエ子さんは表へ出て  うちになるべき  うちに秋になった  うちにちょとした  うちに夏が過ぎ  うちに幾人あるでございましょう  うちに荒れ狂う  うちと官兵衛は夜明けを待たず  うちに白紙を用ひて  うちをたぎり  うちは睨みがきくが  うちに国書と進物を受けたけれども  うちに飛火のやうに血煙がたち  うちをさらけだして  うちにも頼り  うちにあけ渡さなければならないかも知れないと  うちにはひどく狂暴なものきり認められなかった  うちにも握りしめていたらしい  うちに植木屋が来るって  うちに一生懸命なんとかしてと引留め  うちは何だかぽかんとしてしまっていた  うちに漸とはっきりと古い城かなんぞの中に自分だけで取り残されている  うちに居残っていらっしゃった  うちにでもお父様と同じようにすっかり好きになった  うちには悲しみともなんともつかない  うちに数年が過ぎた  うちはふかい霧がかかっていたが  うちに深く潜在していた  うちに誰にともつかない  うちへはお立寄りにならなかった  うちにお前もやって来たし  うちに話がちょっと途絶えると  うちに漸く心もちが好くなって来たので  うちに知らず  うちに焼く  うちにお前には分っていただける  うちに雨が漸との事で上って  うちにその墓地近くまで来てしまい  うちはかえって何かに束縛されている  うちが貧乏のため母の理想の洋行にやらせられずに  うちにだけ在る  うちは取れる  うちに受けている  うちへ打ち込む  うちから白と云う  うちへ入れて  うちで実際に発展した  うちには同時にいろいろな主義を含んでいる  うちの一点が注意に伴れて  うちで比較的明暸な点を焦点と申します  うちの一点のみに重きを置くとすると  うちにぷっと吐いてしまいます  うちに酒と云う  うちにあるいは理論的に覚え込む  うちに時鳥も筋違も消えてしまいます  うちの一と通りに限らねばならないという  うちの一叙述をえらんだ  うちに愛を認めて  うちにこんな句があります  うちの代表者だと云わぬばかりの  うちをよく観察したら  うちのお二人は泊ってゆかれました  うちにいい名前を附けてやる  うちに一件がもそもそ動き出しやしないかなあと思ってね  うちに彼は指を角材の方へ指した  うちにはきっと一件を感づくに  うちに地下道を通って  うちに千田や船員が油断をするだろうから  うちに鞄は往来へ飛び出し  うちに朋輩の誰彼がそのまわりに集って来た  うちにあぶないことになり  うちにどうした  うちにその爪がだんだん内側へ曲って来て  うちにそれが終ったと見え  うちにも臭気はいよいよぷんぷんとたまらなく人々の鼻を刺戟したので  うちに海岸へ漂着した  うちに何もかも分らなくなった  うちに船を離れた  うちに彼女の身体を吊下げている  うちにもっと何かいい手段を考え出す  うちには遊びに来る  うちに此処で天狗にさらはれた  うちの父ツちやんが云つてゐる  うちに倒さねばならぬ  うち最も傑れた  うちは箱を開けてから  うちは小倉の町を知ろうと思って  うちは横になったなりに  うちにたった一つ変らない  うちに一度是非行っていらっしゃいませ  うちにくるりと靴の踵を返した  うちに光は薄れて来る  うちに揉み消してし  うちから体をきたへておかなければいけないともうし  うちから心がけてをります  うちはなかなか持ちあがりませんでした  うちあせらずすつかりおな  うちに放心状態にはいる  うちをたずねました  うちで読むとおこられる  うちは技法を授ける  うちから稽古しなくては  うちに幾十里を自ら忍びて  うちに殺されて置く  うちに考案せる  うちに空は妙に沈んで  うち決して見ない  うちに萎びてしまうであろう  うちに何回か眺めておけば  うちの一枚を買って帰りたいと思って  うちにもおおよその見当を自分で発見して来た如くである  うちから現代日本の風俗画のいいものが生まれるかも知れないとさえ思う  うちに国宝として特に秀でた  うちに肥前唐津藩小笠原佐渡守から入れた  うちに風向きが変わり  うちに見た  うちの元気な者も次第に気力がくじけてきました  うちに彼は肺を病み  うちにどうにか日を過ごし  うちに不同意を示しました  うちによくも眠れない  うちに別れようとしましたが  うちは旅行も順調にすゝみましたが  うちに居る  うちに何処かへ消え失せ  うちに秘められている  うちに予感が適中してしまった  うちに演技は進んで  うちに打ち破る  うちにそのことを呑みこもうとなさい  うちにニューヨーク港の裏町のどこかで零落した  うちにとどめる  うちをじっとながめた  うちのことを引きうけて  うちがこいしくなって来て  うちをつくって住んでいる  うちのひよっ子と名をつけて  うち上げてくれた  うち上げられていた  うちに身を処して  うちに根気が続かなくなって遠ざかってしまう  うちに五月六日が来て  うちに数えられている  うちから乗り越えて出たが  うちに数馬の心底を汲み知った  うちに入った  うちに道光の中葉頃に至り  うちに狂死をした  うちに新しい理性や社会感情の人間像があらわれてもいる  うちで不思議に思ったが  うちに車は往ってしまった  うちに官吏登用試験がきた  うちはいろ  うちに失踪しているに  うちに彼の乗った  うちからミユンヘンの寺院めぐりをした  うちにわたらせ  うちではやる  うちにきまりますから  うちにほとんど出会う  うちに巡査を呼びにいっといた  うちで漱石氏が褒めてくれた  うちに規則に合った  うちに自分で満足の出来る  うちでも妻君がバカンボーを腹から出したら  うちに氏は一躍して  うちに色々考えて置かぬとならんでしょう  うちにて物になる  うちは分らぬ  うちで軽蔑して死んで見たい  うちに余情のある  うちで一つも見た  うちに照り出そうとした  うちには何か知れる  うちに門跡様のお駕籠が眼の前にまいりました  うちに婆さんの髪の毛が一本も無くなって  うちに理解し合う  うちにばったり消息が無くなって  うちに夫婦の間に喧嘩が起り  うちに私も変りましたけれども  うちの徐康から聞いて  うちに山を下ってゆきました  うちに適当な相談相手も見付かりませんでしたし  うちに動いていた  うちにあのことが起った  うちに居なかった  うちにお君と結婚すれば  うちに帰ってくると  うちに理由もなく応援団の者に撲られた  うちに記者に昇格させてやると言われた  うちはちとちがふ  うちから馴れた  うちの粥食はさんぞ  うちに生活してゐる  うちから兄弟は賑かに正月の趣向を語り  うちで重なる  うちに湛えた  うちにヒョッとして突きとめる  うちでも心配してゐるからと  うちへ遊びに来てゐる  うちに激しくあとへ脱ぎのこしておいて  うちに同じことがある  うちの娘たちの縁談に傷がつくやないかと  うちに黒白の石が碁盤の上にいっぱいになった  うちに落ちてゐるとのみ  うちにはひとの思惑など考えずに  うちに離れられない  うちに面白くなって来たので  うちに頭に余裕が出来て来て  うちにそこを逃げだして  うちに何とかして取りかえし  うちにきっと誰かれとなく  うちも飲もう  うちに詐欺罪に問われ  うちに涙が出て来ました  うち砕ける音に似ていた  うちにある抑え  うちに見えつつ  うちに生まれ  うちに占める  うちに女の方でなんとかするだらうよ  うちに調つてしまひ  うちに其処へ移つた  うちに蕗子がほかへ引越してし  うちに紅庵が来たといふ  うちの方であの住所に気付いた  うちに一時も早く越した  うちに忽ち此処へ越してきたのよ  うちへ始めて  うちに気付いてはゐたが  うちに自分の感傷にひき  うちに斯んな入れ知恵を秘密つぽく吹き込む  うちに何十万という敵国人を殺傷する  うちに食べてしまうと  うちに安福軒がつくっておいた  うちにも阿  うちにあっしを廻転椅子みたいにクルリと向う  うちに聖路易の何とか云いましたっけ  うちにメイ・フラワ・ビルの地下室から七階まで総マクリにしてしまいました  うちへ伴れて行かないと  うちへ帰らして呉れと言って泣き叫びました  うちにはどうにかするよ  うちに彼女は漸く静まった  うちにその踊が激しくなってきて  うちにうごめいてる  うちにぼーっとして  うちに陰鬱な云い  うちの二階に置いてあげてた  うちにお邪魔に上りますよ  うちに避雷針を建てる  うちにアリアリと見えた  うちに松吉がどう化助をあしらった  うちに氷を含んだ  うちに落下して  うちに一抹の火焔となって燃え尽してしまった  うち勝ち難い力が存在していて  うちで呟いて  うちの一人であると思ってみても  うちに彼を見張っている  うちにすら呼び起さしめる  うちに幾回口笛を吹いたかと言う  うちに考えていた  うちに噎び泣きしていた  うちについ書く  うちにその啜  うちはなかなかわからなかった  うちに親父に死なれ  うちおえいと  うちはどんな事が有っても出しやせん  うちは何うしても此の祝言をさせる  うちは取らせねえ  うちに貝殻や小さい砂利だの瀬戸物の砕片があると  うちの事とは申しながら  うちは死なねえ  うちに舟がくるくる廻り出したので  うちに紅い花が咲いてゐた  うちに舟はたうたう  うちに私はすつかり  うちあの平凡きわまる  うちから皮屋へ行って  うちにあったから出して打って見た  うちに子爵様はとうとう糸のように痩せ細って  うちに私の耳は子供ながら肥えて来た  うちでは滅多に鼓を持たれなかった  うちに書生さんはニッと妙な笑い方をしながら  うちに蓋をあけて  うちに妻木君の唇の両端が豆腐のように白く爛れているのに  うちに四つか五つの割りで頬張って飲み込むので  うちに箱の半分以上が空っぽになってしまった  うちに妻木君の表情が突然物凄いほどかわった  うちに妻木君は立ち上った  うちに妻木君は左側の押し入れの襖を無造作にあけて  うちに右手の違い棚から一つ宛四ツの鼓箱を取り下した  うちに妻木君に問うた  うちに若先生は私をソッと膝から離して  うちに一人は其の頭をしかと掴んだ  うちに徳利は室の中をころがりだした  うちへ流すかの  うちのどこにももとめる  うちがなった  うちは二十年ほどまえ  うちの窓に出した  うちにいつかは住みたいと  うちに帰り  うちの横に葡萄棚が傾いている  うち霞んでみえる  うちのまえにも  うち伏しひとり居て  うちに目的を遂げて  うちに乗って  うちにはこの家の若いものらが酌んで出す  うちに昼時分になったが  うちに抹し  うちには涙を浮かべていた  うちで何の非難される  うちにさらされている  うちに或る均衡を見出そうとする  うちの最も有力な作家を集めてつくった  うちにおけるそのままの繰返しであり得ない  うちに隱されて  うちに排列する  うちに含んでゐる  うちに非存在を含む  うちにもその諸關係のうちにも内容として見出されない  うちにはたらいてゐる  うちに排列されてゐるといふ  うちへ引き入れられねばならぬと考へた  うちに實在するか  うちに是認された  うちに含まれて  うちになかつたものをなんら作り出さない  うちに微小表象として含まれてゐる  うちに綜合的統一を作り出す  うちに與へられた  うちに具へてゐる  うちにおいてその基礎として承認されるに到つた  うちには直接にまたその秩序が内在的な特性として共に與へられてゐる  うちに含まれ  うちに横たはつてゐると考へられる  うちにもつねに包まれてゐた  うちに排列するといふ  うちにさらえ  うちでぶらぶらしてたつていふ  うちにゐて下さる  うちにゐたつて  うちから道具や絵の具を取り寄せてもらって  うちに自分の目はだんだんにいろいろに変わって来た  うちはうまいのかまずいのかそんな事はまるで問題にならなかった  うちにまた天気のいい気分のいいおりに小さな鏡を机の前に立てて見たら  うちにまもなくともかくも人の顔らしいものができた  うちに始めて  うちに着物の左衽のところでまたちょっと迷わされた  うちに子供の顔を注意して見ると  うちになんだか非常に愉快になって来た  うちにやっとの事で明白に実認したに過ぎない  うちに思ったより  うちによくなるだろうと思ったが  うちの二つを比較する  うちにまもなく鼻から顔全体の輪郭まで大改造をやらなければならない  うちにとうとう午後の時間が容赦なくたってしまう  うちに輪郭もくずれて来るし  うちには自分の見た  うちに知らず知らず  うちに同君が次のような事を注意した  うちにふとこんな事を考えた  うちに時々は要領にうまくぶつかる  うちで最もよく似ているという  うちに収集しておく  うち少なからず困った  うちの旦那さんがいる  うちにも怪しき御気色になり  うちに早や刑事は玄関の前に立ちはだかって  うちに同じフォークで喰べつ喰べさせつした  うちに九時十分前になった  うちに五分経つ  うちにみな死に絶えてしまったかと思われるほどの  うちに逃げ道を開けて置かないと  うちに給仕が入って来て  うちに必ず掴まえられる  うちに誰か扉をノックする  うちにとうとう退っ  うちに急遽あらゆる情況を整備し  うちに花は血の気をなくして  うちに林があわてふためいて駆込んで来て  うちに林は局長に意を含められて  うちに二時半にもなる  うちに無事釈放ということに相成った  うちにバッタリ評判を聞かなくなったから  うちに王様にされてしまった  うちに事件は始まり事件は終る  うちに拡声器が復命する  うちに始まり  うちに終る  うちに帰るだろうと思って  うちに午前二時になった  うちに二時半を打ち  うちに夜が明け  うちにはないということになった  うちのもっとも敏腕な者を抜目なくここによこして  うち沈んでいる  うちに鶴子の方が大変な逆上方になったんで  うちに勝手の扉の錠を開ける  うちもっとも魅惑に富む  うちでロード・スタアを運転出来る  うちということになりますな  うちに考える  うちに証言する  うちの一本から響いて来る  うちに蒼白になり  うちに五分ほど経って  うちにすっかり面窶れがして  うちに始め  うちに終らせる  うちに完了されてしまった  うちにも時が移る  うちに二人の間に女の子が出来  うちの誰かに違いないと推定して  うちの消息欄に出てましたよ  うちはぬらぬらしているから  うちに食えば  うちに女は情夫の子を産む  うちに穴のなかから何かゴミのやうなものを運び出してくる  うちに今ゐる  うちに思はれる  うちにも彼女は色々な気持ちにさせられた  うちにも自分に対するとはまるで違つた男の半面をまざ  うちに番がまはつてきたので  うちに帰省した  うちに電車が来た  うちに駒込に来た  うちにさつさと  うちに広野のはてに点のように小さくなりました  うちは老予言者ででもある  うちにいた  うちに何とも言われない  うちで待っている  うちに一つでも多く傑れた  うちが有耶無耶でならなかつた  うちの子供達に引き受けさせますから  うちで横贔負する  うちに大きくつっ立って  うちに融け合って  うちは身体が浮いて困る  うちに息が苦しくなるので  うちにかさごに出会ふ  うちに逃がして  うちに段々と沖へ出て  うちおこしては播く  うちに午後になりましたから  うちに太陽はかくれて  うちひらいてゆく  うちで最もひろく読まれ  うちに隙を見つけて逃げようと思いました  うちに怪物の巣へ伴れて往かれて  うちにたくさんの虎の声がしはじめました  うちに己が逃げられる  うちではむしろ異端に類する  うちだんだん紫宸殿のお屋根の上が暗くなって  うちに自然と私の心が持ち直して来る  うちに考へる  うちに専務もうる  うち和んだ優美なものと言ふ  うち睡るサガレン島の東尾や黒き葡萄の色なして雲いとひくく垂れたるに  うちにベルが鳴る  うちにどんな世界がひらけてくる  うちに姉の追憶がやつて来て  うち明けて申せば  うちの郵便函へ蝮を投込んでくれようかなど  うちに子供が嬉しがって  うちに売りきれてしまう  うちふみてさびしく恋ふる  うちにおのが理想のあらはれざる  うちの俊秀ならむ人々を標準として觀察するか  うちにて我が假借し  うちにて難駁を蒙りたる  うちに求めたり  うちに求めたるを知ら  うちにもうそれと知って  うちに消えてゆく  うちに潜んでいる  うちに亢奮の絶項に達した  うちから選ぶ  うちを代表した  うちに発表するわ  うちで働いてゐた  うちに不当な利息も大方支払ひ  うちにはすやすやと息を引き  うちは耳にする  うちに全身の血潮が凍つてしまふ  うちに閃いたらしい  うちで何かぶつぶつと小言を呟いてゐる  うちに三つの世界を渡り歩く  うちに辰之助がかけた  うちに神戸へ行って  うちに時が移っていった  うちにお絹が少し困った  うちもあるし  うちへは入らない  うちに休らう  うちの乳母の劇場なかまであった  うちに一段といい男ぶりに仕上げてしまうと  うちの伯爵の耳に何ごとかぼそぼ囁いた  うちの伯爵は静かににやりと笑っただけでした  うちは飲まないが  うちの者のなかからそんな立派な奴の出た  うちは仕  うちに逃げだして  うちに箱根の山を逃げ下りて  うちにうちつれて  うちを急にでる  うちは一歩だって入れないよ  うちに大地がメリメリとさけてきた  ウチへ来ましてね  ウチへ上って  ウチへ案内しろ  うちでも嫋嫋という女と仙仙という女がわけて  うちに数人の人夫が財宝を庭に出しはじめた  うちに時間が経つと  うちに握った  うちふるえている  うちで拾った  うちに握ると  うちから上野くんだりへ出掛け  うちの息子ばかり戦死して  うちに強調されて  うちに現われていた  うち負けてうとうとしながらも  うちに包まれた  うちに落着いてきて  うちに何処か緊りのない爛熟した  うちに包み込まれ  うちに腹の中の子をどうにかするとかしないとか  うちに本職の人のいない  うちに東京へ来た  うちは麹町の何番町かにあった  うちに示す  うちに大きくなる  うちに行はれてゐる  うちのお母様は根高弓子なんていいません  うちにマダムの背後に隠れていた  うちにツカツカと近寄って来て  うちに当てはまる  うちに元気になって帰って  ウチの大沢という名字がどこにも書いてないじゃないの  うちに東京へ帰つて直させないといけませんよ  うちへと消えている  うちに見開かれた  うちに年中飢じがって  うちにすっかり蹴落されて  うちでは何をたくらんでいるか  うちではそんなに母親を怒らせた  うちではにかみ  うちに含まれている  うちから何か印刷した  うちに持っていた  うちへ消えて行った  うちで同じことを考えながら  うちから眺めて暮して来た  うちに蘇返る  うちのあまり明るくない電燈の向ふに  うちのその司に推したい  うちなどへ行く  うちに泳ぎ  うちから走り出して  うちに刷った  うちの鶏の生んだ  うちで生んだ  うちを見ているというこみ入った  うちは大事な自分の体と知りながら  うちに自分に入婿の来る  うちに夫婦の間にぼつぼつ話がはじまって  うちに見られた  うちちょっと顔をだしといた  うちに表が段々静になって  うちに張物をしていた  うちにも話をつけて  うち戻って来る  うち直にお島はこの女を古い友達のようにして  うちまた這い歩きはじめた  うちから床を離れて  うちにはどうにかなる  うちに汽車がするする出て行った  うちの女房が双子産みくさった  うちに考え疲れた  うちに子供の尸を井戸の中に見つけた  うちに朝陽が出て来た  うちにつまらない物を飼っていても  うちにはこの猫のようなのもあるいはあるかもしれない  うちに安心はしない  うちにノーマ号の中へ斬りこんでは  うちに行われた  うちに死骸をうまくかくしてしまいましょう  うちに皆出てこい  うちに決めた  うちに夜が明ける  うちの飼い  うちの中に入れて  うちにどうかして  うちの中につなぐ  うちの中をかけまわって  うちに夜が明けてしまったので  うちに山道をずんずん上って  うちに一人のおいぼれ  うちを焼かないで  うちになぜやめない  うちにふと気がついて見ると  うちに山々は自分たちをとりまいて立っていた  うち建てるようにと言いなやんでいた  うちの弟は私によく言ってましたよ  うちに入れてやっている  うちに時代的な意味で影響をのこしている  うちに現われていなかった  うちはともかくそれぞれの立場から人間らしき知慧の明るさを求めていたのに  うちに抱きすくめる  うちに再び息を吸い込みかねている  うちに紅色を帯びると共に  うちに形を浮出して  うちに盛んに活動している  うちにまた以前のような早足になって  うちに笑いかけて云った  うちに老人の日に焼けた  うちに早口に囁く  うちに幸福を持っているらしい  うちで最上のことは歌う  うちの黄色いほうのやせ  うちの猫では間に合わない  うちはわれわれは文明人であるが戦争が始まると  うちで人間がいちばん思い上がって  うちにと大急ぎで見に行って来た  うちにそうおかしくなくなった  うちには次郎ちゃんも慣れるだろう  うちにきざして来た  うちにまざまざと蘇らせた  うちに閉ぢようとしてゐた  うちに約十一許りあることを指摘してゐる  うちに再生した  うちに辛うじて彼の知人等を認める  うちに終つてゐる  うちについ  うちにもやはりはつきりと口を利いてゐる  うちで人間が一番思い上がって  うちの一人はこの物語の中のドリュック夫人にあたる  うちの一人の差出した  うち任せて寝室に横になっていた  うちに第二のベルが鳴り  うちにその理論の具体的なる根源を有するという  うちに実践の契機を含んでいる  うちにかれ  うちで半分ほどばたばたと死んでしまいました  うちにも何もかも白状して  うちに私もそれについて二足三足曳かれてゆきました  うちはただ読み  うちにと忙しい人の手で忙しく書かれた  うちに同居していた  うちはよく小さな子ねずみが捕れた  うちに妙に背筋の所がぽかぽか暖かになって来た  うちに子猫はだんだんに生長して  うちで猫を飼うという  うちにそんな問題は自然に消えてしまった  うちに妙な想像が浮かんで来た  うちの三毛はのら猫を見ると  うちの娘をお嫁にもらって下さいまし  うちを行のうた階級と思われる  うちへ帰ってみると  うちに一分がすぎる  うちに元へ納めてくれたけど  うちにも優しい潤みをもって  うちにも美しい湿いをもっていた  うちには己も行くさ  うちに新吉は二度も三度も店へ起った  うちにも一種の光があった  うちには兄も帰ってまいります  うちお国は目を覚ました  うちで何やら曖昧なことを言っていた  うちで殊に脹脛の露出した  うちに余は遂に退学を決行して  うちに残って居る  うちに御承知の保養院の何番にいた  うちよりは他の方がよかろうと言って  うちに収録してある  うちに手がちぎれ  うちの者に不浄物を取除けさした  うちに呟かれた  うちに鉄道線路へ出たがど  うちは本当の仕事はできない  うちには教授の教える  うちに軽蔑の意が含まれてゐる  うちにち  うちに子供達も食事を終つて立つて  うちで何か考へてゐる  うちに潜んでゐる  うちに表具屋へやって懸  うちに表具屋へ遣  うち消すようなことをいって  うちのどれを信じて  うちでは気にかけながらも  うちに女は不意といぶかしそうに身を起した  うちに浮べた  うちに一人のボオイがかの女の食ひ散らした  うちは諸種の議論を傾聴してゐたが  うちに彼は胸の先で虚空をつかんだりする  うちに遊びに来るといふ  うちに斯う云ふ  うちに合唱した  うちに七転八倒の苦しみをする  うちに酔ひつぶれて  うちに詐欺横領罪の廉で拘引される  うちはそれと一緒になつて吠えてゐた  うちにはその二つのものが共に成長しつつある  うちにあつたにしても  うちにすう  うちに出かけました  うちの用意をしに  うちでつぶやきました  うちで最も猛烈に彼の攻撃を受けた  うちは帰らない  うちに送って来る  うちはせっかくの希望を無にする  うちで一番私を不愉快にした  うちに描き出す  うちの姉達が芝居に行った  うちは面白がって笑っていた  うちの二人は電話で私の都合を聞き合せた  うちで生きている  うちで比較して  うちに思い出したは  うちの五六人を先生の机のぐるりに集めて  うちにも賑やかでうちとけた  うちからホトトギス発行所にその一室を契約した  うちに東京地下鉄道のステーションがこの東京駅の前に出来る  うちに願い  うちで異彩を放っていた  うちに忽ちピカッと光ったと  うちに食堂は人で一杯になった  うちは沢山に列を作って  うちには勤番長屋もあったろう  うちへも何度か顔を見せぬ  うちに大きく拡がってゆく  うちにガラガラと音がして  うちに東京ビルが崩れてゆくという  うちにつれてこないと  うちで一番大きい箱に見当をつけて  うちに穴はどんどん掘りさげられていった  うちに固まってしまうだろう  うちに逃げましょう  うちの二階で一夏を暮し  うちに鍵を持って  うちにあ碌で無い智慧の方が付き  うちにあどうかしてあげる  うちに死ぬの  うちからはや病者となつて入院してゐた  うちに日の暮は迫り出した  うちに突然画と云ふも  うちへ戻られました  うちから次の野菜購入費を割き  うちに目が昏んできた  うちでほくほく喜びながら  うちの一つが急にゆらりと動いた  うち任した柔かな襞を拵えていた  うちには或る強い恐ろしいものが籠っていた  うちに男の方に虚偽がある  うちに沈み込むより  うちに包まれて  うちで叫んでみた  うちに上ってきた  うちに湛えていた  うちにまた静になった  うちに吸い込まれていた  うちに曝け出されている  うちにうとうととしていると  うちにも三人は何かしきりに話していた  うちにふと足音は止んだ  うちに浮んできた  うちに死人の枕頭に詰めて  うちにいくつかの疑問がおこった  うちに目前の現象を描くばかりでなく  うちにめをさます  うちの一派とみる  うちにも感じとれるし  うちにつよく展開する  うちでのような声では話さない  うちからも来とると思うと  うちの鉛筆でそそくさと書きなぐった  うちより七尺ぐらい高いところを通る  うちに鼻をつまらせて  うちにきょろきょろして  うちに数が殖えて  うちにまず北欧スカンジナビア諸国においてその真価が認められ  うちに茫然としてる  うちに申上げておけば  うちはどんなに喜んだか知れませんわ  うち晴れた秋の空を見る  うちにいろんな物が運ばれた  うちに暮していたと  うちに光子の眼付から度々そそられた  うちに私は意を決した  うちに悶えていた  うちにふと浮べた  うちに室の中を歩き廻りながら  うちに疑問が生じて  うちの俊助が學校を出たら  うちにさう  うちをあけて  うちをあけてる  うちをあけなきやならない  うちに眼鏡は不必要になった  うちに靴の先から洋袴の膝の上まで細かに積もった  うちに橋本がいた  うちに妙に考えたくなるくらいである  うちは股野の自慢を好加減に聞き流して  うちの紺の洋服を着た  うちは水を吸い上げて  うちの一人が笛を吹く  うちに捕まって  うちに断る  うちで高粱の色が一番多く眼を染めた  うちに二遍もやらせられた  うちに大病人になるにきまっていますが  うちに給仕がやって来た  うちに村は尽きて  うちには同じような家が何軒となく並んでいて  うちと云う  うちに強い色を映出している  うちの宿禰の唱和だと言ふ  うちに恋ひわたるかも  うちに終戦になったといいます  うちに有る  ウチには取って行く  うちに東京空襲が激しくなり  うちの家内の笑ひ  うちに蕎麦を食べない  うちにあの白い細い更科の方がよくなり  うちの下地に特徴があります  うちに女の正体が解つて来るだらう  うちに真面目にかういふ  うちはめんごかったのになあ  うちに父が九州まで出張しなければならなくなった  うちに掴むかと思う  うちに矢は顔に向って来るので  うちに自由の身にしてもらえる  うちに火事はすっかり消えてしまいました  うちに生活に困っている  うちから数人招きます  うちにひどくひっぱたかれる  うちに輝いてきた  うちに私の弁護士がやって来た  うちに起こった  うちに責め  うちに監視らは平然と仕事を始めた  うち震えて歯の根も合わなかった  うち震えて憤激と寒さとに歯ぎしりしている  うち勝つため声を高めて言った  うちに私が死ぬという  うちに頭をそらした  うちに消えかかった  うちに忘れようとつとめた  うちの過去のものをしばし夢みた  うちに私たちはじれだしてきた  うちにいらっしゃい  うちにも馬車は進んでいた  うちに沈潜しようとつとめた  うちに漂っており  うちに老いて  うちに包みこもうとする  うちの一人が彼らの不幸のうえに緋の衣のように広げかけていた  うちに自負する  うちでももっとも取り返しのつかない  うちまず第一のことから言おう  うちのお隣りの  うちに自分から椽の下にもぐり込ま  うちにすつかりと包まれてゐたので  うちの大きな門のまへについた  うちに女らしさがあり  うちに狡滑らし  うちにこんなに命を惜しがる  うちに器底に沈んで  うちにもう田の神を上げてしまう  うちにもことにお還りの  うちに川を渡ると  うちに亡くなった  うちに蒲団を剥いで  うちに結婚した  うちに言いたい  うちでも男鹿半島まで行くと  うちに日が暮れた  うちは両腋と足の間とに挾んで  うちにも話はだんだん成長して  うちに祭を行う  うちに数を増していつた  うちにおれたちを喰ひものにする  うちに毛皮にして  うちつと気の利いた  うちの冷蔵庫の隅に尻尾ぐらいは残ってい  うちで極く小さいものというと  うちにそろそろ睡  うちも床のうへに仰  うちに家に帰つて知らん  うちに父が咳込んで来てさ  うちに家を出て  うちに僕に銭を呉れた  うちにもならぬらしき  うちに出来上がった  うちに引っ返す  うちに松火の火も消えた  うちに誘拐し  うちに無数の枝道が現われた  うちにきっと一匹ぐらいは見つかる  うちにあなたのお助けを借りて  うち坐つてゐる  うちに用心しよう  うちの若葉が茂る  うちに判って来る  うちに皺の入った  うちはまだ脈があります  うちにも歴訪した  うちに外国人が五六人ちょうど僕等の正面に当る  うちに病人となり  うちに世の中が不景気になり  うちに崩されて行く  うちに帰りそびれて  うちから変死人が出たの  うちはまだいいけれど  うちは彼の鋭い探偵眼に酔わされていた  うちに自分のからだは深い深い地の底へ静かに何処までもと運ばれて行く  うちにだんだん強まって来るばかりだった  うちも年取りなっても  うちの息子は皆正直ものでなし  うちに追いはらおうとした  うちに外囲りを掃いてから  うちは乞食の子さえめんげえもんだっち  うちに夜になって仕舞う  うちに没した  うちに段々その四角がひろがって行き  うちに餅は二つ三つほか千切った  うちにそれと目星がつく  うちは二人の演奏にひたる  うちに判りませんでしたか  うちにだんだん熱狂しはじめた  うちは気を許せない  うちへ出かけた  うちへ訪ねて行く  うちにはあかりがついていて  うちでいまだに忘れられぬ  うちに老いてしまうという  うちに相手の気持ちにそろそろ食いいっている  うちへ来て  うちの座敷へ小さい蜘蛛がいっぱい出て来て困っています  うちではわざとなんの仕度もしない  うちに二人の間柄はすぐ葉子の母に感づかれた  うちは葉子もそれを木部の詩人らしい無邪気さからだと思ってみた  うちだけからっと破った  うちにまた眠たくなって  うちに木村とは顔も合わせる  うちに床を離れて  うちにその牛耳を握り  うちに葉子の心には火のような回想の憤怒が燃え上がった  うちに葉子の不思議な心のどよめきはしずまって行った  うちこそつつましやかに事実にさほど遠くない返事をしていたものの  うちに叫んだが  うちからよく知れた  うちに泣き  うちにだれにともなくくやしさが胸いっぱいにこみ上げて来る  うちにすぐあきてしまいましたの  うちに木村は棚から箱をおろして  うちにいくらか買い物をして  うちにあの涙の出  うちは声が小さかったがだんだん大きくなって  うちに一つの演出の型が出来上った  うちに自から生れ出た  うちは学校に遣ってもらう  うちに達する  うちに笛が止んで  うちに事を運んでゐる  うちに統一されて動いてゐる  うちにその莫大な金を使いはたし  うちに出社の時間が来た  うちに大きく視線を廻して  うちにやって置こう  うちの一鬼たるを失わずですよ  うちはたいへんなことになるから  うちがちゃんと音がしました  うちに調べて置けば  うちの妹はピストルの撃ち方だって知らない  うちに毒が廻って  うちに毒がきいて来て  うちに張って来たので  うちに孫婿の許へ引移った  うちに続けられた  うちに又新らしい人が立ちどまる  うちは個人の幸福はあり得ない  うちに少しでも余計に聴いて置かなければならないという  うちにめき  うちに桐畑の喜路太夫の名も麗々しく出ていました  うちに清元喜路太夫というのがございました  うちに今日はお暇いたしましょう  うちにも平作の若いようなのが一人まじっていました  うちには岩永も重忠もある  うちで礼を云いながら  うちから八両とかを受取って  うちに姉もつ  うちに三月の花が咲いて  うちで一両だけを渡して貰いたいと云いました  うちに雨もやんで  うちは一生懸命に我慢して  うちにも武士は歌舞伎を見るべからずという  うちに一つの事件が出来した  うちで繰返す  うちに幕がしまると  うちで六人がみな敵では藤崎さんも困ります  うちに切腹しようかとも思った  うちに自然と涙がこぼれた  うちに何という病気か判らない  うちに六月の末になる  うちに全身に見ごとな刺青をしている  うちに幾度もひどい熱が出て  うちに死んでしまうらしい  うちに小降りになって  うちでお念仏でも唱えていた  うちに大きい稲妻が又ひかる  うちに雷の方もすこし収まって来たので  うちには又どっかから出て来ないとも限りませんから  うちは芝居を見ても差支えないが  うちに市川照之助という若い役者のある  うちで云いました  うちに約束の刻限がまいりました  うちに侍達は自分の仕事を済ませて  うちには随分憤慨している  うちにお金が神明から姿を消してしまったので  うちに誰かうしろから侍の袖をつかむ  うちに隙があった  うちの標的となっていた  うちの新聞に素っ  うち壊された  うちに壊されてしまった  うちに二三ちょっと暗示を得た  うちから予約があってかねて  うちに大イビキで眠りこんでしまう  うちにはとかく変な心も起き  うちに小僧がさけんだ  うちに実現した  ウチにはオツネサンがゆうべもみに行った  ウチを逃げだした  ウチにはまた何か起りますよ  うちに伎楽面的なものを求めていた  うちに起きたが  うちはアルコールの力で熟睡するが  うちにも老主人は時々神経痛を宥めるらしい  うちに若者と娘が暫く茲に新住宅でも持つであろう  うちから生醤油をつけた  うちに死んで仕舞った  うちの息子になぞ権柄ずくで貰わせられる  うちから探り出す  うちによくある  うちの姉さんたらほんとに意地曲りですからネ  うちの芝居の悪口が出たりしよう  うちでどんな生活をしている  うちの中庭で例の獣医を相手にお茶を飲んでいて  うちは相変らず  うちにも一匹くださいね  うちに母性の愛情がつよく燃えあがってゆく  うちにまた若返って  うちかかってゆく  うちに眠くなって  うちでそればかり祈っていました  うちでどうか自分はのがれてくれれば  うちで祈った  うちを知って  うち亡ぼしてしまったではないか  うちにはきっと蒼くなって帰って来るから見ていろ  うちに求めて  うちにそれぞれ面白く描き出され  うちに革命が起って  うちに涙を一パイに溜めて  うちにも引き続いて  うちにピッタリと静まると  うちにわからなくなりましたので  うちに線路へ出て引き上げた  うちにケースの中からガソリンが洩れ出したと見えて  うちに耳にした  うちはいつも勿体振つて  うちに次第に僕も現代小説に興味を持ちは  うちに夕方になる  うちなら何とか方法もあったと思うのに  うちに実に意外にも今を去る  うちへ葉書を出しました  うちへ斯う葉書を書いた  うちの方へ蚊のくんくん鳴く  うちにしのび込み  うちにたうたう  うちまたがり三尺の太刀をうちふり  うちおろしている  うちはわかるが  うちに終戦になった  うちに私は小説に行き  うちに私は肺をわるくした  うちに長女竹子をあげる  うちからあまり知られていないが  うちに濃いはつきりした  うちに寝とかなく  うちには三時間ぐらゐすぐ経つてしまふ  うちに一時間でも二時間でも眠つておかなくてはなりません  うちに彼は捨鉢な気持になった  うちで永田氏の語られた  うちに二つの関心すべき  うちに狩犬が千頭の獲物を猟主に捕らせると  うちは呆気にとられたが  うちに生徒達を圧していた  うちは強く自戒している  うちに下着を汚してしまった  うちのそばへ来ると  うちにいられたら  うちにおさまり答えた  うちに又見える  うちに稚な心に戻った  うちに生活している  うちは飢えぬ  うちにめつきり脊丈が伸び  うちに二寸五分伸びたさうです  うちにやっつけてしまわねばなりません  うちではさういふ  うちに己の心境を多く反映さすればさするほど  うちに向ふへ行きつく  うちに秋が来た  うちには常に詩人がいた  うちにひどく淋しくなった  うちに王さままででて  うちにとう  うちでお世話してあげたいと思って  うちに立派な町になってしまった  うちにオバケのように気味悪くなって捨ててしまった  うちに見事に溶けてゆく  うちに紅い派手なものでも着せなかったら  うちこそお初も不思議そうにしていたが  うちに伸びる  うちにこの裏店に革命的変動が起った  うちに古くなるので  うちは坂下の湯に這入りに行くにも  うちに身上を拵えた  うちに買物をして来ると云って  うちに着物を拵える  うちに頭がぼんやりして来て  うちにお常は次第に腹を立てて来て  うちに手繰り込んでいたが  うちは檀那の見える  うちに帰って来られる  うちは色々支店長に建策した  うちに本店に帰る  うちに一種の丸味が出ている  うちで外へ出ている  うちは心魂に徹して  うちは体裁の好い逃口上で断わっていたが  うちに遅くなって  うちに刀を抜いて  うちに大分世帯染ちまった  うちで苦笑した  うちにはどうかなるだろう  うちに擦れ違ったから  うちに取り調べを受ける  うちの事と腹の中で料簡を定めて  うちへ這入った  うちで幾分か弁じた  うちから日本在来の芝居を見慣れた  うちと答えた  うちに額際に汗を覚えた  うちに彼等を駆って  うちに出て来る  うちで定めた  うちに一度も出て来なかった  うちに囁いた  うちへ行って逢う  うちに時は段々移った  うちで繰り返した  うちは何処までも遣る  うちに明け離れた  うちに鋭どく  うちに繰り返して  うちには最後の解決が出来ると思って  うちに病人が出来たんで  うちに来るという  うちに狂える  うちに定まつた下宿料を届けてよこした  うちに皆んな此の男を忘れてし  うちに入りさえすれば  うちに先生が入って来ました  うちの方へ歩き出しました  うちにじつに早くじつに立派にそれを書いてしまう  うちの都合や何かで行かなかった  うちを出ましたら  うちに巻き込まれてしまう  うちに間もなく他人の幻は悉く消えて  うちに咲いてしまう  うちをしらない  うちに低迷していました  うちに見据えながら  うちに了解していました  うちに過ぎ  うちの書生などにも檄文のようなものが廻って来た  うちの書生が二人ばかり棍棒か何かを持って集まって行った  うちの書生の説に椿油か何かを入れる  うちの代診の工夫で硫黄の風呂を立てた  うちに従属的に織交ぜられて  うちに沈んでしまって  うちに上海の歌会に出席して  うちにはとても間に合わぬと分って  うちにそんなところよりもむしろ罹災者あての配給品が集まってくる  うちに横にたおれて  うちを眺めまわした  うちに飛びこんだ  うちに行って  うちにだんだんしたい  うちのおやぢ見たいな  うちに二人が並んで歩きだすと  うちにもそのなごやかな哀音を忍びこませた  うちに収められる  うちに揺れてゐる  うちにやつたか彼女は一々記憶してゐなかつた  うちに午前は過ぎて  うちに彼女の唇はグッと噛みしめられた  うちに物情く  うちに慰められ和らげられてゐたにちがひない  うちではまづ影響の少なかつた扇ヶ谷の知人の家に身を寄せてゐた  うちに微笑してゐる  うちに凍りついた  うち最も流  うちふるへ月しらみわたる  うちに強い緊張みの  うちにキッとした  うちに千枝子にも漸く判って来ていた  うちへ来て下さる  うちもうここに居られしめへん  うちのことで投書がはいってるのよ  うちに旧作の印税がはいる  うちに弓子は小野屋旅館から拘引されて来た  ウチへ行ってない  ウチへ借金に来た  ウチへ寄る  ウチの畑は二町歩あります  ウチの鉈でエンピツをけずっていらっしゃいましたね  ウチの者に仰有れば  うちに二千冊余になっていた  うち砕かれて  うちに敵が上陸すれば  うちに擬悪的な興味が少しづゝ顔をのぞかし  うちに火のつく  うちには誰かゐるかい  うちにあつい夏じゅうを獄中に過した  うちを告げた  うちに世界は大きい犠牲によって多くのことを学び  うちに肯定されて来ている  うちからものごとを科学的に考察する  うちに労働者的な集団生活と小市民的な個人生活との二重性をはっきりみとめ  うちにより人間らしい政治性を豊富に発育させ  うちに連れ込んだ  うちの子供がその広告を読んで買ってもらいたいと言った  うちは新聞社が困る  うちでただ屑屋丈だろうと云われたって  うちに最大の矛盾を孕まざるをえない  うちにこつちが  うちに始終すぐれた  うちにも平面描寫の正しい效果を信頼しつづけた  うちに仙子氏は死んでしまつた  うちにパンが足りなくなって  うちからパラオ料理を作つて來ては御馳走する  うちに草鞋を買はせなさい  うちに大方癒つてゐたので  うちに帰って来ない  うちにだんだん紙も古び  うちにまた眠つてしまひましたの  うちに求め  うちに感じてゐる  うちにありて  うちに恒に覚めゐ  うち見たる室内の燈にひかる  うちからパラオ料理を作って来ては  うちにわれわれにひしひしと感ぜられて  うちにいい加減草臥れたので  うちに一寢入する  うちのなるだけ  うちにお帰りになるでしょうか  うちは押し  うちに古藤が来たという  うちに会社のほうは首になろうが  うちにそんな事をする  うちにずたずたに引き裂いてしまった  うちに葉子はもう泣き始めていた  うちに寝床にはいった  うちにお互いに光を仰ごうではありませんか  うちに生徒たちから受けねばならぬ  うちに愛子は山から掘り出されたばかりの  うちこそあいびきのような興味を起こさせないでも  うちにどれほど葉子は倉地に食い込み  うちに感激している  うちに古藤はだいぶ手ごわくなっている  うちに口をつぐんでしまった  うちに帰った  うちはしめやかにしめやかに泣いていたが  うちはしぶしぶつき合っていたが  うちに葉子は寒気がするほど  うちにいつのまにか寝入ったと見えて  うちに痛ましくすすり泣く  うち少し古く見える  うちにみんな倉地さんの下宿に送り返してしまって  うちにはだんだん慣れて来て  うちに使い始めてしまった  うちに束の厚みはどんどん減って行った  うちに夜がどんどん明け離れて  うちに白い光が窓から容赦なく流れ込んだ  うちに葉子は悲哀とも睡  うちに葉子から貞世を取り放しはしたが  うちに激しい癪を起こしてしまった  うちにはなんとかする  うちに熱くぬれ通って  うちにそれを償っておかなければならない  うちに気が遠くなって  うちに死んでいましたか  うちに持ち  うちに男は帰つてしまひます  うちに見馴れてしまった  うちに忙しい試験期日となった  うちにまた学期試験となり  うちでどんなにか煩悶した  うちを訴える  うちに快癒した  うちに一度詣りしておこうかと  うち開けた田圃道を十町ばかり行って  うち明けたら猶更御両親の心配は増すだろうと思ったからである  うちに死ぬ  うちに一つ塾の先生方を御呼び申したい  うちに一度中棚まで歩きに行って来たとも言った  うちに学士の誂えた  うちに微かに酔が学士の顔に上った  うちに思いがけない程の大雪がやって来た  うちから父によって傷けられた  うちに直次もめっきり年をとった  うちから起きつけた  うちに何か微吟して見る  うちに描きだす  うちに彼は晴ればれとした  うちにいくら儲けたか  うちに完全に活かし得ないといふ  うちに住はせる  うちに朝の散歩を急いだ  うちに過ぎない  うちでは夢にまで恋いこがれているであろう  うちにすっかり消えてしまった  うちに是非お越し下さい  うちに家もできる  うちに僕はスプリング・ボオドなしに死に得る  うちには我家が潰れ  うちに書きとめておく  うちに私は立ちあがり  うちのそれまでの混乱がしずまったり  うちにたたえ持っているだけな  うちに休み  うちに歩きだす  うちへつくと  うちから誰を立てて  うちに盛政の軍は鬨の声を挙げて押し寄せた  うちに破らん  うちに不意に秀吉の千成瓢箪が行手に朝日を受けて輝き立って居るので  うちにお会ひに  うちに目を醒ました  うちが湧き返る  うちの悲憤を口には出しませんでしたが  うちに坂下鶴吉が死刑を宣告されてから  うち克つべき不幸ながらそこに深刻な相異がおこって来ている  うちに詩をつくって来た  うちに一刻も早く話題を転じよう  うちにも青く脹れてゆく  うちも一生懸命にやってるの  うちは休まん  うちでくれたけど  うちにあっては  うちに読み返した  うちに彼は学校を出  うちに返事や原稿の所置について手紙を書いた  うちに諳んじた  うちはいろいろ古い趣味に添わない  うちにも降るで  うちに蒼ざめて行った  うちでぶつぶつ言いながら  うちでも最も畸形な獣のように見えた  うちに静かに私を落ちつかせる  うちに濡れかがやいた  うちには未だ人の知らざる  うちは分らんと見える  うちにおいて眺めた  うちはまって集注的に単純になっている  うちにキリキリといくつか廻り  うちに待っているというでも  うちの水道はこの頃殆ど毎日凍っている  うちに爺さんはもう鼾の音をさせてゐる  うちに見られない  うちに私はふとある  うち眺めていました  うちに角さんは倒れた  うちに相当の仮親をこしらえて  うちに衣裳を着かえて置こうか  うちで楽しんだのさ  うちに見てしまわなければならなかった  うちには湯殿がある  うちに知名の某家の猫のことが出ていて  うちの一匹がどうも前述のいわゆるアンゴラに似ている  うちに二人は泣いたや  うちに日も暮れて  うちでは最も優れた  うちにとうとう外へ出て来て  うちにまだ一抹の自尊心があって  うちに夜があけましたが  うちへ無断で入ると云う  うちの灯りが見えます  うちの中から現らわれて  うちは子供を家の中に閉じ込めておいて  うちへいって  うちのきれいな木や花の間からまっすぐにおうちにかえった  うちの中に居て  うちに妻を失った  うちになきにしもあらず  うちなんかは半分でもいくらでも穫れた  うちに買いに行こう  うちの田をみんな一枚ずつ測って  うちへ宛てた  うちではやってくれるだろうか  うちに止めてしまった  うちでは誰も何とも云わない  うちのひば  うちではみんなもう寝ただろう  うちの近所のをすっかりこしらえてしまう  うちの近くなら洪積と沖積がある  うちで三十円ずつ得しても  うちの経済も楽にするし  うちの方へ向け直した  うちの稲が倒れただけなら  うちに晴れるだなんて  うちの或る一日のコースを誌さう  うちに一種の淋し味さえ感じた  うちで怪しんだ  うちにありありと読まれた  うちをもぐもぐさせた  うちに思い浮べた  うちには始終いらいらする  うちで暗に彼の帰る  うちには必ず帽子を披らない男の姿が織り込まれているという  うちでそれを恐れていた  うちに浮かんだ  うちに補なわれた  うちに誰が来た  うちで昔見た  うちでこう考えた  うちで彼の最も可愛がっていた  うちに能くそんな物を買う  うちで静かに読んでいた  うちには人がちらほらいた  うちで彼女のこうした態度を忌み  うちには変な報酬が予期されていた  うちに自分の人格を会釈なく露わして顧り見ない  うちには一種の注意が徹っていた  うちに細いながらかなり鋭どい  うちでこういって  うちで彼女の母に騙された  うちでも随分繁華な所にあった  うちでしばしば繰り返された  うちの一間で暖たかい宵を笑い声の裡に更した  うちに千円が二千円になり得るだろう  うちでは好い顔をし得ない  うちに二人に了解されていながら  うちに悪い方に変化していた  うちには死なない  うちに満足しなければならなかった  うちに袖を通すべき  うちに何らの凄さも怖ろし  うちで何遍も同じ言葉を繰り返した  うちを横行して  うちには子を生む  うちでまた細君に向っていった  うちにどうかしようという  うちには六ずかしいの  うちにも滑稽を感じた  うちに愛想を尽かした  うちに変った  うちに厳かに餠をつく  うちが癪にさわり  うちに彼は家の中だけ歩く  うちでブツブツ呟いてゐた  うちの何れに就いても  うちでは佳作に属すべき  うちで複製の広重か江戸名所の絵でも一枚一枚見ている  うちに戸の隙間から入れて行く  うちのいずれと思うか  うちにどこか相容れぬ  うちに曲者は再び倒れた  うちに帽子屋へやられた  うちに判事はいくらか興味を持って  うちにまた来るべき  うちにさっと蒼くなった  うちにボートルレは高々と笑い出した  うちに怪しく乱れて  うちは学校へも帰るまいと  うちに表現される  うちでは用いている  うちに数えた  うちに存在し  うちなら十分にある  うちに日本へやつて来る  うちの父が費用を出す  うちに彷徨するという  うちに或る種の社交調を見出して  うちにはいつかはしらず  うちに恋愛に陥る  うちにだんだん達雄に対する彼女の愛を感じはじめる  うちに達雄は笑い出す  うちの雑誌にはとうていそれは載せられません  うちに早く引き上げましょう  うちの仕事をなまけようと思うから  うちへ行って  うちに凍  うちの不動明王像で普通の法繩の代りに蛇を持つてゐる  うちへよる  うちの中からきこえた  うちに腫れた  うちから親爺に頭をはねられ  うちに框に腰かけた  うちに渠は徐かに面を擡げて  うちに仮寝せし  うちにはまたなんとか都合もできよう  うちにみそのが疳癪を起して  うちは物静か過ぎて  うちのおぢいさんがつくつた  うちにドツといふ笑ひ  うちの爺いなんて  うちにあるといふ  うちで太い息を衝いて  うちから父の多忙な時決して邪魔はできない  うちできるだけ人も知って置かないと  うちの父はああいう  うちにまたぐっすり寝こんでしまった  うちに彼女は佃が自然に求めている  うちの植物のような生活は棄てたい  うちへいらっしゃいな  うちに決ってしまった  うちに歩いた  うちからどっと起った  うちは心にある  うちに面白さが募り  うちにすぎ去る  うちから馴染んでいる  うちに昼間の疲労が出て  うちうやむやに消滅した  うちに学校へ宮様がいらっしゃる  うちに閃く  うちから苦労して  うちにこじれて  うちにはいり  うちの子が倍になったぞ  うちに召上れな  うちに対抗した  うちに牽きつけられようとする  うちに行きましょう  うちに出かけてしまう  うちに全身がその流れに領せられたかの  うちにすでに見られる  うち深い霧で晴雨のほども分らなかった  うちに一人いた  うちに行きたかった  うち続いてる  うちに道がこんどは下り坂になって  ウチのバカ大将がなぜ勝ったかと  ウチの大将は本当に偉いらしいやと納得せざるを得なかったが  うちに働きのある  うちに退治する  うちに色の変る  うちに探しあてる  うちに叫んだ  うちに睡くなって寝込んでしまった  うちに一夜を明かした  うちに酒が身体に廻ってきた  うちに征伏され  うちに一つの懸念がお蘭の心に浮んだ  うちに力が抜けてしまい  うちに何だか机ぐらいの大きさのものがとんで来て  うちから耳にしていたが  うちに彼女の前に二人の求婚者が現われた  うちに後にしてし  うちに笛がひびいて  うちにいつか夜が更けて  うちには見えなかつた  うちに收めておく  うちの一人が語りだすと  うち消してあるばかりだ  うちに彼は顔色を土のようにして  うちにきかしてあげる  うちに行わなければならぬ  うちにも高く鳴っている  うちにさも何気なく同じつかい  うち見たところ教養も豊かに具へてゐるに  うちの一人が数日前に常泉寺の裏を抜ける  うちは何んだかゴミゴミした  うちに小きざみな足音がして  うちに折合が悪くなって  うちにも蘇って来る  うちに蘇った  うちに蘇らせた  うちに一どきに蘇って来て  うちに一枚の油画を思い出した  うちに突然林檎も商人には商品であることを発見した  うちは隔晩に在ったり  うちは夜だけしか見えなかった  うちに余程用心した  うちに夜が明けたが  うちに太陽は亜細亜を過ぎ  うちにありますか  うちの一人が答えました  うちにかすかな角燈の光を見つけ  うちに明かになった  うちにすっかり封建的なものをすて去った  うちに御飯の火を焚き付ける  うちに泣く  うちに中毒した  うちの密林荘が空いていた  うちには盲目になる  うちに行わなければ  うちに五ツほどの仕事がキチンと片づいて  うちに伊東の地へ立ち帰る  うちに死んで行った  うちに梅雨も上ってしまい  うちでも万世一系千年の伝統をもち特に珍らかなもののように思われる  うちに納得していただこうという  うちですつかり  うちで毎日の仕事を背負つてゐない  うちに雪が來たのであつたさうだ  うちに其處を立ち出でた  うちたたき渡りゆくかも  うち響きさうな荒瀬の音がツイ横手のところに起つて居る  うちに弱って  うちで思っていた  うちにみちていた  うちには人の命を救った  うちは怒りと恥とで燃えている  ウチへ来た  うちに帰ってきてよ  うちを旅してくる  うちにお教えします  うちに若旦那に腹が出来たなら  うちに知れると云って云わない  うちに何か出来ましょうから  うちに路が判らなくなった  うちから一米七五ぐらい跳んでいる  うち合せて跳びこんどるから  うち沈められてあり  うちからこの上りだけはきまっていて  うちにアプレゲールなどという言葉も忘れ去られて  うちに私たちの船室が割當られた  うちに取扱われて  うちに過ぎていった  うちに描かれていった  うちは誰が役人になっても  うちに病気で死ぬ  うちに死ぬなどとはいけませんよ  うちに与えあわずにいられない  うち破られてゆくだろう  うちたたかれ  うちに棲息する  うちは一滴ものんではいけませんぞ  うちは一滴も飲まない  うちににわかに記憶がうすれた  うちに意識を失った  うちに意識がかすんだ  うちに酔わなくとも行ける  うちに正常にかえり  うちにも入浴が出  ウチで飼ってる  うちの一人が錻力を叩く  うちに迫っていたので  うちに頭の中に描かれた  うちで福寿草が一番早いような気がします  うちに働いた  うちもまたこまる  うちに妻君はしだいと自分の傍を遠退く  うちで繰り返す  うちで云うかと思ったら  うちへ持って行って  うちの財産が僕の自由になると  うちの一章に女が花園のなかに立って  うちは無論わからない  うちに入ると  うちに生息する  うちへ行った  うちにまた始まる  うちはこんな感じがよくあった  うちに拘泥を脱し得たりと  うちにいつでも圧迫を感じている  うちへ話なんか聞きにくる  うちに絹糸ほどな細い望みを繋いでいた  うちは容易に来  うちに我を頼るがごとき  うちでまた繰り返した  うちにも光っている  うちに這入った  うちに名が見えたじゃないか  うちに陥った  うちの方が困りますわ  うちへ帰ってね  うちに出来上った  うちに過去なしと云う  うちに未来なしと云う  うちに生息している  うちにそうかなあと云う  うちより出ねばならぬ  うちに縮め得て始めて  うちに貯蓄して置かねばならん  うちにとまた旧稿に向って見たが  うちに私は応接間へ大胯で帰って来た  うちに受取人のない小包郵便を焼き棄てる  うちに少年の両眼に涙が一ぱいに滲み出た  うちに周規律を諳記してしまいますと  うちに高星総監はこの興行を無条件で許可したのみならず  うちに自分で外套と上衣を脱いで  うちにハンカチは何の苦もなくびりびりと裂けて  うちに自分の預金全部を引き出すかも知れないから  うちに今まで熱心に岩形氏の屍骸の周囲を検査していた  うちに暴露している  うちに階段を駈け上る  うちにボーイがウイスキーを入れた  うちに私は思わず武者振いをした  うちに警視庁の前で飛降りた  うちに山勘横町の角から一台の速力の早いらしい幌自動車が出て来て  うちに頭の上の高い高いポプラの梢から黄色い枯れ葉が引っきりなしに落ちて来た  うちに私は窓の上を這っている  うちに時日が経過致しまして  うちに去る  うちに尚よく考えまわしてみますと  うちに手紙を読んでいる  うちに最前お話ししました  うちに応急的な暗号の鍵を送って  うちに少年は又も力なくうなだれてしまった  うちに建築される  うちに大仕事があるかも知れないから  うちに又ピタリと静まった  うちに皆様の御満足になる  うちにどこかの階段を慌しく駈け上って来る  うちにとうとうほんとうに眠ってしまったらしい  うちにふっと気が付いてみると  うちに帽子を掴んで  うちに現われて来なかった  うちに起りかけている  うちに奇怪な変死を遂げたではないか  うちに帰って来たりする  うちに今度は女の方が耳まで真赤になってしまった  うちに又内ポケットから日本封筒に入れた  うちに女は手ずから受話器を取ってやったらしい  うちの別嬪連中がやいやい云っても逃げまわっているから  うちからよく知っている  うちにも死ななければならぬと思います  うちには時が経ってしまうだろう  うちに叔父が叫び声をあげて  うちに二階に上って行きましたから  うちに気が付いて  うちに気を取り直して  うちに長い袖をかい探って  うちにセミヨノフ軍の参謀の方とお会いになる  うちにお捕えになる  うちに室中を震撼する  うちに反対に後退りをした  うちに胸が一ぱいになった  うちに流石の樫尾大尉も昂奮したらしく  うちに振袖に赤い扱帯を襷がけにして  うちにゴンクール氏の心臓に向けて  うちに嬢次母子は思わず抱き合って  うちに客を送迎する  うちにほととぎすが鳴いているであろう  うちに春夏秋の季節を経た  うちにて細別すれば  うちにかわり  うちに日暮れて涼気をさとる  うちにははや褥瘡のようなものまでができかかって来るという弱り  うちの網はいつでも空いてますよって  うちにその肺病の特効薬の話をその女がはじめたという  うちの九十何人かはほとんど薬らしい薬ものまずに死に急いでいるという  うちしめり曇り  うちに闇からでて  うちに祕められたる  うちにこもつた  うちに東京へ移りたいと  うちでなければならない  ウチだけは安心して  うちに夜が明けたら  うち第二のものは五〇年正月のマルクスの眼には映じていなかった  うちにいろいろな美点も発見した  うちに神宮へ参拝して  うちでは相当に富裕な方に思われる  うちだと思うけど  うちでも優秀高雅なニースの社交界に最も感動を与えた  うちの家内は今何処にいる  うちの家内の告白した  うちに時計台を攫っていってしまう  うちに早いところ仕留めて置こうと  うちでも最もしかるべき  うちに十時前にねてしまった  うちに仕事が終ったとききちがえた  ウチで料理をつくれば  ウチをエキストラに使うてくれは  うちに月が出て  うちに喇叭を吹いてやって来る  うちに一度お挨拶にあがって  うちに引きあげられる  うちにも部落の連中がやってくるかも知れないね  うちの二人がそれを果すのでごわす  うちひしがれ  うちに外科學會が開かれるから  うちにおちかは  うちにみがく  うちに協同してゐた  うちからこみあげて  うちからの力にうながされての  うちのおかあさんに買つていただいたのでせう  うちが一體どんなくらしだかたいていわかり  うちなんか書いてくれよ  うちにはるか向うの塀ぎわでくるりと向きを変えると  うちは可哀そうな気がした  うちに年が経って  うちも喪にこもった  うちの客が本座敷へはいる  うちの客を大事に思う  うちに仲の町へ出た  うちに大難があると脅す  うちから剣難の相があるという  うちには大難があると言った  うちでもこの頃のお時の胸をいっぱいに埋めている  うちにも綾衣はやるせないように胸を抱えて  うちに変ってゆく  うちにかの甲府勝手を仰せ付けられる  うちに行っておいで  うちに時間を過ごし  うちに二階の男が起きたらしく  うちの屋台骨をまげる  うちはあると  うちでおそらくは一番うっとうしい時期に於いてであった  うちに思う  うちに自ずから抑揚の調子が出て来て  うちと思って  うちにでも見る  うちに何か思いつくでしょうから  うちでクリクレドと称する  うちと心せ  うちまかせ花ある  うちが氣に喰ぬと言つて十何年も前から一人で此處に住んで居るらしい  うちに外輪山を破って  うちで誰より無愛想でニコリともしない  うちに出立しようと  うちの隣りに  うちには少佐がひとりいた  うちの家内にことづけをして  うちまかすことができるであろうか  うちに小さくなって遠ざかって行った  うちに幾度か泣いて  うち靡かせる  うち破ることも出来ない  うちに自分の声も合せながら  うちに生きているという  うちに古墳の山をくずして  うちの商売もんで  うちが見えて  うちの中へ案内しました  うちにだんだん暗くなってきた  うちをとび出しました  うちの中へ案内をしました  うちの中にかけ込みますと  うちに判明して来た  うちに同家万代の基礎を築き初めましたので  うちにお別れする  うちに何か知ら  うちに意識を回復しかけた  うちに思いもかけぬ  うちには頭のやまひの血統があるといふ  うちから出で立たせる  うちに灼く  うちに売り  うちによく合せてある  うちは煙を咽喉へ入れると  うちのどれだっかた東京の名妓の写真が一枚ずつ紙函に入れてあって  うちでもずいぶん高価な煙であろうと思うが  うちでこの謎の意味を自分の腑に落ちる  うちに失はれてし  うちに猟師が来て  うちの丁太郎は自分で働いて儲けた  うちへ知らせてもらった  うちにまいおりてくる  うちにもう一人がもってきた  うちに空魔艦はふわりと空中に浮いた  うちは氷が船の形に明いていて  うちにどこからともなく氷片がぶくぶくと浮いて来て  うちへとんできて  うちに平生の癖で長くは睡っていられない  うちに老婆の方は昼の疲れが出て来た  うちにお滝の寝  うちに夕方となったが  うちに夜が刻々と更けて  うちに泣きだして  うちに二人は手に掴んで  うちに新一は体が苦しくなって来た  うちに呑みこまれてしまって  うちでもした  うちに雪にかわった  うちのとりを食う  うちで惡い  うちに散歩に連れて行き  うち常に一人か二人が当り前の跫音で教室を出たり入ったりしているよ  うちで劇場と動物園にもっぱら群れをなしている  うちにチャンとそれを予言して死んだ  ウチに娘が居ると  ウチや人の町が戦争で焼けてしまえという  うちにひる  うちの門に立った  うちには小説を書く  ウチで育ったから  ウチの犬が店の前を通ると  ウチの愛犬がケンカをやらかしては  うちに忽ち日本犬を追いこして  うちに秋田犬というものもバクゼンたるリンカクだけは少しずつ分ってきた  うちにたいがい死んでしまうという  うちに死んでしまう  うちには狸の本性現れ  うちに殺してしまうと思います  うちに巧まずして  うちでも実はさして重要ではない末端のモグラ事件であったかも知れない  うちで最も傑出した  うちに石に当って折れてしまった  うちには平静に帰る  うちに溶け  うちに念仏をとなへけるこそをかしけれ  うちに居ないの  うちにわけがわからぬ  うちに進級し  うちにやっぱり自分を強く意識しはじめる  うちに観客はあくびをして立ち上った  うちで書物だけ読んでいれば  うちに十本あまりも召し上った  うちへ泥棒が入って  うちの二本が鑢で切られ  うちで待っていてくれ  うちへ帰りたくは  うちで呼吸をしていた  うちに灯りがさした  うちに参りましょうで  うちでは最も獣に近い呻きであった  うちへなだれこんだ  うちは里へ出られなかった  うちに武蔵さんを捕まえなければ  うちから身ぶるいが出る  うちに捕えて来なかったら  うちにお汝のようなのがいれば  うちにもどことなく燻し  うちの流行になつてゐた  うちに樹林が尽きて  うちは質問の意味がつかめないほどで  うちに消化しきれなかつた  うちは満足を自覚する  うちにいつしか残暑が過ぎて  うちに霧が霽れてくる  うちに益々わからなく  うちにふ  うちから電灯をともすほどの  うちにミトローニク氏も立ちあがつた  うちは殆ど一ことも聴き取れない  うちから釣竿をかついで出かけるといつた  うちの安全な部分丈を切り離して  うちに動かすべからざる  うちには一緒に帰る  うちに時計は二時を打つてし  うちで日本人の訳者五名の名前を見ると  うちへ来た  うちにそんな新詩形が東洋の日本で生まれ出て  うちに追驅けて指井が來て今朝又電報が來たといふ  うちではいまは名誉教授をしていただいている  うちの学生でクロパンを知らないという  うちのひとつに彼は席をとった  うちに入る  うちの息子にやらせます  うちに電気冷蔵庫があるからなのよ  うちで預かる  うちに買ってもらいたい  うちがまずそうきめて  うちで預かった  うちへ寄っていくか  うちは写真に添えた  うちへ帰るの  うちにアパートでも建てておくと  うちに風呂はあるけれど  うちの二つは謄写版刷りの同人雑誌に出てゐる  うちからたがとろけていく  うちにいつか二十九歳の老嬢になり  うちに再び投獄された  うちで特にある  うちに早世した  うちだけゆく  うちもわらへる  うちねがへるはすこやけき  うちも得ななん  うちへ泊りに来た  うちに出発するといふ  うちに次兄達は母屋の方へ避難する  うちに済まさねばならなかった  うちに又大まかなる所あるが  うちに用い尽くす  うちに息づいている  うちに済まさねばならなかつた  うち建ててゆきたいと  うちで笑っている  うちでは深い嫉妬をもったらしく  うちを占めた  うちへ戻っている  うちに散ってしまうであろうと  うちで祷っていた  うちの面目や感情にすぎない  うちに読み下した  うちに会える  うちに気概も仄めかせて  うちの誰かに知り  うちの女の顔を見たが  うちにはもしかしたら  うちで称名を唱える  うちは埒があかないので  うちへ武術を理解させる  うちは安心だといって  うちで戒めていた  うちに涵養していた  うちに戦争協力の方へ持って行った  うちの学校で戦争協力について責任のあった  うちに二十三歳であることがわかって来る  うちへ置いて来る  うちにカッとして  うちになおっちゃった  うちにだんだんおもしろくなって来る  うちに奥座敷へ集った  うちに頼んで置いた  うちは安心が出来なかった  うちに着きさえすれば  うちに石の間を流れて行く  うちから働きつけた  うちに出して  うちに疲労が出て  うちには自分も訪ねて行くとしてあった  うちに基礎からして  うちにお種は東京へ入った  うちに一生済んで  うちに嘉助をよこす  うちに日が映って来た  うちに俳諧の大乗を説く  うちでもっとも有力でまたもっとも多く使われる  うちでも許六という人は配合に重きを置いた  うち臥していた  うちにこの人事に想到した  うちに特に認めねばならぬ  うちにありました  うちにもかなりの好句はないことはありません  うちに弁証法が必然であることを証明し  うちに亡くなったが  うちにこう先を越されては  うちに車が通り過ぎた  うちは誰も眼をつけないが  うちに私の名も列なっている  うちには他の学校に負けるなと云って  うちの日盛りにも秋をおぼえしめる  うちに聴く  うちにはいかさま物もならべてある  うちから押し掛けて来る  うちから向うの杵の音に又おどろかされると云う  うちでも最も華麗をきわめた  うちに誰が云い出した  うちに湯にゆくので  うちにお玉さんの家は路地のそばを三尺通り切り縮められる  うちに世帯をたたんで  うちに事態いよいよ危急に迫って  うちに風邪をひく  うちに五色筆というのがある  うちには官吏や軍人になった  うちには自作もあると云う  うちに屹立しているので  うちに寝る  うちに左の手はぬらぬらして  うちに一人の撃った  うちに磯部へ戻る  うちに見て置きました  うちで繰り返している  うちに買ってあるので  うちからは戸をコツコツと軽く叩いて  うちからは戸を軽く叩く  うちに泥酔して  うちに済んでしまふほど  うちには時鳥柩をつかむ  うちに逍遙して  うちに簡単なる形容を用うる  うちは知らない  うちにても殊に讀經に重を置き  うちに現はれる  うちに光の翼は広い畑を越えて  うちには新酒の蓋あけのころともなって  うちに私の心をうった  うちに近よつたという事は僕はあると思いますよ  うちには新酒の蓋あけのころともなつて秋の探さは  うちから呼びました  うちに一羽残っていた  うちもやられた  うちも中イ入れて  うちに一口だけ噛らせて  うちを喜んで持って行ってしまいます  うちに夜があけて  うちにお父さんは気が付いて  うちにすぐ消える  うちはもっていた  うちに全うせらるればなり  うちに書記長に迎えられた  うちに辞めて終ったという  うちに私も驥尾に附して  うちに埋  うちに夜になって寝た  うちに私の秩父丸は行過ぎて  うちには蝋燭がなくなって消えるだろう  うちはかえって好いじゃありませんか  うちに正月が来て  うちに親蠅は私の両手でがっちりつかめ  うちに肩のところがメリメリいって来た  うちに大西洋の底へ沈んだ  うちの賢夫人がおしずまりになったので  うちの第一項と第四項が問題になって  うちの庭はべたいちめん回答文で足の踏み  うちにまたサイレンが鳴り  うちのうしろの高台にある  うちにベルリン直行で帰ってしまったが  うちに仏白国境のキャップ・ド・ラ・ブラン・ネの灰色の断崖が下からぐっとせりあがってきた  うちにいよいよただならぬ景色になって  うちにバドリオ政府が降服し  うちの賢夫人には散歩しているとしか見えない  うちに収容所の班長のようなことをしていた  うちに身にしみてわかる  うちに気が無さそうにゲートルを本棚のうえへ放りあげると  うちになんの予告もなく床のうえへ辷り落ちて  うちはそれとなく指で突きあげていたが  うちだけは察してあげなくてはならないのよ  うちに食べておかないと  うちにまもなくこのひとの正体を見ぬいた  うちにすんでしまったので知らない  うちになにもかもすんでしまった  うちに入っている  うちに三度とは女の子の顔を見られない  うちに袋叩きになって蹴りだされてしまった  うちに涙がでた  うちにロオブを見て  うちにいくどだってのめくる  うちに休憩になった  うち倒すことが出来ない  うちにあらためてお礼に伺います  うちに日本人がみな死に絶え  うちに話題がなくなった  うちに天井のスタッコが落ち  うちに飛び去って  うちに神がかりのような顔つきになって  うちに霊感を受けて  うちにしたいだけの  うちに経験する  うちにおかしくなって笑いだし  うちなる白菊もうつろふ見るこそ  うちに急に立ちあがって  うちの賢夫人とどう折れあったの  うちに便りがふ  うちに誰だか奥様は寝間着じゃないかなどというものも出てまいり  うちにもう涙ぐんでしまいました  うちは有喜子一人に疑いがかかっていましたから  うちに定めとこうていうてな  うちの終わりの  うちにもしこの実測を試みる  うちは従業員の生活は保証されていると考えている  うちに港を離れる  うちは眞に信ずる  うちに襟首の皮膚の色が青黒く沈んで行った  うちは止め  うちで考える  うちでは最も大きな矢来が一つ見える  うちのガチャ蠅を呼び立てた  うちを見物としようじゃねえか  うちにかくれると  うちの最も重要な部分が斬り落されている  うちの一人がいう  うちであかの他人に思っていた  うちの第一のみつぎ  うちに彼の指先にかすかな顫えが隠されなかった  うちの誰か一人の首っ玉へ躍りかかった  うちの旦那を遠方から尋ねて来た  うちの良人にぶつかって  うちの良人は旅へ出ているので  うちに気が変になったという  うちの樹木折るべからず  うちには初春ともなる  うちに拘引当時軽からぬ腸加答児に罹  うちに支へた方のみが重みに堪へない  うちに私は殴られた  うちに百姓の片脚をがぶと噛んだ  うちに村の隅から隅にまで宣伝しつくす  うちに私は毆られた  うちに村の隅から隅にまで宣傳しつくす  うちにこの事実が暴露すると  うちで詫びた  うちにしまって置けず  うちに山小屋に連れかえる  うち勝つことができなくて  うちをさとった  うちにつかまえる  うちに方角がわからなくなったとみえて  うちにめんどうくさくなって  うちに車が来た  うちに仕度が出来た  うちにお俊が尋ねた  うちに踏留まらなければ成らない  うちに三吉は窓の戸も閉めて  うちに下りて来て  うちにお雪は旅で汚れた  うちに一度兄貴の家へ集まるまいか  うちにお延やお鶴も起きて来た  うちに暮れかかって来た  うちに正太が煙草入を手にして上って来た  うちに入って来て  うちに一人連れて  うちに私も名古屋へ参る  うちに私は寝て  うちに大きな眼を開いて  うちに姉弟は夕飯の箸を取った  うちと想像された  うちだとさえ思っている  うちに起きあがる  うちに亡くなられたという  うちに快遊船を降りてしまう  うちに快遊船を降りてゆきました  うちに悲しくなって  うちの馬鹿どもとちがって  うちに殺しては  うちにだんだん慣れて来たら  うちにフイッと何か思出した  うちに私がうまく父親の司令官に話して  うちに帽子を冠って外套を着て  うちに主人が這入って来たら  うちに誰も居なくなった  うちにハッキリと意味はわからない  うちに一人がマッチを擦って  うちに擦り破れてしまって  うちに今度は本当に気絶してしまったらしいの  うちに日本と戦争をして  うちにヤングは妾の足に捲かった  うちに十日ばかりも経つと  うちに室の中が静かアに暗くなってね  うちに起きだして  うちに下拵えをして置いた  うちに窓の中にチラと白い顔がのぞきました  うちにも一匹おりますけど  うちに出した  うちで喧嘩をはじめました  うちにはいっている  うち最も記憶に残つてゐる  うちに高田馬場を出発して  うちで呟くので  うちに第二巻第十二号まで続けて来た  うち誦する折の聯想いちはやく胸に浮びて  うちの懸り  うちのどれか一つの言を為すに  うちも覗いてみたが  うちの朱実を知りませんかね  うちに断って来よう  うちに戻って眠れよ  うちには加わらなかったが  うちの前で見ると  うちには後の方の人は見る見る  うちへも大てい一ぱい避難者が来て  うちの四割は地方や郡部にうつった  うちには決して近寄らない  うちの子供のいた  うちに反対にサッと顔面から血が引いて  うちに何者とも知れぬ  うち切って家に帰った  うちに居らしまへんぜ  うち叩かれた  うち壊すためにドーンドーンと躰を扉にうちあてている  うちに彼は甚だ奇抜な一銭活動を発見した  うちへ来る云わんと来い  うちに消えてしまうと  うちに引張りこんだから  うちにも時刻はドンドン経っていく  うちに何処ともなく聞えなくなった  うちにどこかに行ってしまった  うちのこと知らせたら  うちの署長と一緒に居やはる  うちにまた誰かを殺すといっていましたよ  うち砕かれ  うちに誰がいたか  うちに監禁された  うちに嘗めつくしたらしい  うちへいのうやないか  うちといえば  うちに午後九時となり  うちのため何度も危ない目におうてでして  うちが蠅男に殺されてしも  うちに彼の秘密を知って居ると云う  うちにした  うちへ電話をかけとくんなはらんか  うちに惨殺されようとしている  うちに嫁入りする  うちでもなかんずくたくさんにこの花を作っているという  うちに白馬を一本つけた  うちの子にしても  うちに忘れられない  うちから長く一緒に居た  うちに匂い満ちておりました  うちのまはりを巨きな重いあしおとが幾度ともなく行きすぎました  うちに山地から運ばれた  うちに麓をたって  うちに転げ落ちる  うちの中がガランガランとかわってゆく  うちにそういう心境に迄至った  うちの前につっ立った  うちの中にはいったが  うちへ帰って来れば  うちのニコラぼうもそんなふうにして死んだ  うちに時がたって  うちに置けると思うか  うちの子をぬすんで捨てた  うちにわたしもとろろとねむ気がさして来た  うちに置く  うちへ連れて行って  うちへ置く  うちに置いて養っている  うちに置けば  うちのほうへ歩いた  うちまで行き着くまえに  うちへ帰える  うちで食べる  うちから追い出してくれるぞ  うちの中へはいった  うちがまだ見えたが  うちを探した  うちが見えた  うちの太った  うちのめんどりだという  うちのほうへ通う  うちに向かって行く  うちの前に着いた  うちの中にはいなかった  うちに置きたくないと言えば  うちにいるおっか  うちでそう思うだけで  うちから出発した  うちの中からちょこちょことかけ出して  うちの親方の使う  うち少しでもゆかいにくらせる  うちの中に閉じこめておけば  うちに時間がたった  うちにたつ  うちを見つけ  うちが見つかるであろうか  うちは見えなかった  うちを求めたがっている  うちでそれを見つける  うちにパンが背嚢に納められる  うちがあるか  うちをはなれて  うちへ子どもをたくさん置いてあって  うちで晩飯をもらわずに  うちで留守番させて  うちにいよいよあの人もぼくを病院へやる  うち少からず鬱いでいた  うちに私達は深谷邸の玄関に辿りついた  うち少からず危気を覚えていた  うちの最上の線に沿って  うちは八百屋をやめて  うちに三人もいなくなってしまった  うちと見える  うちに書かなければならない  うちは花屋の店もよけい賑かに見えたが  うちの門口へくると  うちに扇の要をくるりと向けかえて  うちに年月は十年も十五年も飛び去る  うちに母親は鳶頭のところへ娘を連れて  うちに充満して  うちに日清国交破裂となった  うちを知らない  うちから顔馴染の多い土地で住居をもったから  うちは金の勘定をする  うちに修繕してもらった  うちに含んでいる  うちにおいて女は二回まえを擽  うちに私達生まれて  うちに勝手に上達して  うちにこそ落語家自身の人格がもっとも著しく現れる  うちでも印象派あたりの落ち着きある  うちへ打って  うちで手製のめしをたいて貰って  うちへ通う  うちに一度ドイツ迄出かけるかもしれない  うちに雪の色がだんだんよごれて  うちで現像をやって見たよ  うちでは皆どないしているやろうと考えている  うちに洋服を着る  うちでならねころんでやる  ウチの事は大変安心をしている  うちは食べさせない  うちもある  うちに山に囲まれた  うちに例の娘は珈琲を淹れて  うち連れてって下さい  うちに入ります  うちに到頭無理やりに父の承諾を得た  うちに飛び出してしまいましたが  うちから帰って来て  うちに自分の見  うちに村の學校に缺員が出  うちに福富が歸つて了ふかも知れぬと  うちの方だったかもしれない  うちにも時々来てとまっていた  うちには帰れますね  うち帰ってしまったと  うちに語りあえば  うちは会いたくも  うちから僧正は袈裟をつけ直して出て来た  うちから朝めしや弁当の支度などしておいてくれて  うちで感じていた  うちから一本の槍を取り出し  うち溶けてくる  うちにと存じますが  うちなら濡れもしまい  うちにも持たれていた  うちの良人がいう  うちにも吉岡門流の者が何十人となくある  うちにも立退く  うちに自分の見当違ひを  うちに村の学校に欠員が出来ると  うちに福富が帰つて了ふかも知れぬと  うちに盗人の方が焦燥ってきて  うちは承知しなかった  うちの或者は特に書を寄せて  うちの或頁を朗々と読み始めた  うちでかわった  うちに近よってきました  うちにとめる  うちひらけてるじゃありませんか  うちに勝ってしまう  うちに湧き  うちはシャツとズボン下だけで頭をかかえて  うちに気味が悪くなった  うちに世田ヶ谷東北澤に家が見つ  うちに東洋と西洋とにおける別々の觀念を一つに結び  うち死してあたりいよよにまばゆきを見ずやかし  うちのお母ちゃんがいったよ  うちでつくっても  うちに壕の中が俄かに明るくなった  うちに早いところ逃げないと  うちにやめるかと思ったが  うちにおののいていた  うちに気がついた  うちに安全地帶まで早く避難した  うちに賣り切れてし  うちには何とかして  うちの長いのを選って  うちから小額の月謝をもって行った  うちで考えごとをしていた  うちに一括した  うちに黄色っぽく浮出してる  うちにもあるべきだった  うち明けた方がよいかも知れないと考えた  うち明けてしまったの  うちに只一人でつっ立ってる  うちには湧き立つ  うちに情熱をこめて  うちに四五日は過ぎた  うちの門が開くと思った  うちにも十分窺えます  うちに僕は何かの拍子に餉台の上の麦酒罎を眺めた  うちに不良映画の不良教育を受けた  うちに再び紫玉の黒髪に戻つた  うちにとまる  うちにそこまで行ける  うちをたたきましょうか  うちへ入れてくれる  うちの中に運び入れて  うちはそんなに弱っているとも思わなかったが  うちの者がスープを吸う  うちがありませんから  うちにいて働く  うちの者にして  うちの中の生活がやはりわたしのものになるという  うちにいて  うちにひじょうに具合が悪くなった  うちではめったに医者を呼ぶという  うちの門口でたおれた  うちの外に出るには  うちを出て  うちにまたそれを閉めなければならなかった  うちはわらのおおいで日よけをしてやらなければならなかった  うちはかの女も自分と遊ぶ  うちから葉の形で八重と一重を見分けて  うちに行っていると答えたろう  うちにいては  うちへ帰らなければいけない  うちのフレームをこわしたら  うちへ帰れようか  うちに着いたろうか  うちが近すぎます  うちの庭にここと同じだけ降ったら  うちの焼け落ちる  うちの中に落ち着いていなかった  うちで欲しいと思う  うちへもどって来た  うちに乳母をしていた  うちへ行って養われる  うちの者に思ってくださる  うちの前に近づいて来た  うちを閉めて  うちは閉ざされた  うちから目をそらして  うちで働く  うちに奉公するよりも  うちへ来たね  うちへもどったが  うちにいれば  うちの中へ呼び入れて休ませてくれる  うちへもどる  うちに着くと  うちへはいりかけながらどなった  うちにぶらぶらしていなければならなくなったからである  うちに帰って来た  うちにわたしをだいた  うちへ招待した  うちにここを立つ  うちの前へ来た  うちの前には小さな真ちゅうの看板が二枚ぶら下がっていて  うちはどう見ても  うちを教えてくださいとたのんだ  うちにこういうことが起こった  うちにとうとうマチアがおそれていた  うちに着きかけていた  うちをもう一度見下ろす  うちの中にはいって行く  うちの中にはいると  うちへかけて行った  うちの中にいる  うちへやって来て  うちを遠方から見る  うちの中で夕飯を食べている  うちの者がわたしを探している  うちへ行けば  うちをやっている  うちのことをあなたに話しませんでしたか  うちへおいでなさいな  うちへ聞きに来るでしょう  うちへあてて  うちにわたしたちの荷物はすっかり荷作りができて  うちから向こうのうちへ物干しのつなが下がって  うちを見つけたのに  うちにはなにも言う  うちにとまって  うちに養われている  うちの中にはいった  うちにいてくれるかと言いだした  うちで少しさせる  うちへ帰ろう  うちの者ではないのではないかと疑い始めた  うちに生まれた  うちを見つけた  うちのみなさんがあなたをかわいがる  うちへ引き上げて来た  うちがないと思って  うちができた  うちにいろと  うちへ父親を訪ねて来る  うちに光った  うちへ来るだろう  うちに残る  うちに少しも早く行こうじゃないか  うちに寺に迷いこんで  うちに通ってしまった  うちに追い着くかもしれないと思った  うちもあの悪おじさんがアーサを殺しかねない  うちに天下の権が京都から鎌倉へ自然に流れてくる  うちに秀吉が死に  うちにいつ死ぬかも知れない  うちに倒れる  うちに急に今日は人並な朝飯を食べて見ようかと  うちに床を敷いてし  うちに再び紫玉の黒髪に戻った  うち最も重要な位置を占めている  うちでも高級に属する  うちにイヴァン・ペトローヴィチの招待のことが自ずと思い出されたので  うちはとても止めまいと思われるばかりだった  うちに旅券だの死刑だのといったものは無くて済む  うちにいつしか通りすごして  うち注げりわれはさながらわれにもあらず  うちで私が最も奇怪な戦きに  うちが激しく鳴  うちの阿  うちで静養して見よう  うちに狐塚の山駕籠を借りて  うちに轆轤首にでも化けて  うちへご案内していらした  うちに私たちだけ大いそぎで  うちに綾さんに婿を取るといふ  うちにお兼は定連の一人と出  うちに忽ちその答を発見した  うちに乳の張った  うちに消滅した  うちにひとは立派な学者になっているであろう  うちに全く特別の楽しみを見出すであろうし  うちに止まっている  うちには善いものと悪いものとを区別する  うちに読書の真の楽しみが見出されねばならぬ  うちの方へ横切った  うちからきかされて育った  うちには最後にのこった  うちに乳の張つたのを苦にし出した  うちで点頭いた  うちに漸く笑ひが収ま  うちに入院でも仕様かと思つてゐる  うちに解つて来た  うち出してある  うち湿つた山気を呼吸する  うちから勝手なことをやる  うちに擦れ  うちでやるとすれば  うちに沈潜する  うちにとの通告があった  うちに切り倒して  うちから特に授賞の価値あると認められる  うちにうけいれられていて  うちに戦死している  うちにこんなことを言った  うち晴れた日の光をあおいで  うちに本国に帰ってしまったので  うち見れば萌黄の羅紗の台の面ほのに  うち凹む眼して  うち転ぶ人のむれ  うち湿る沈の青みを稚子あそぶ  うちの生徒さんぐらい大きな方ならあぶないこともないのですが一寸来てみた  うちに私はすっかりきまり悪くなってしまいました  うちの中で図を引いたりして遊ぼうと思う  うちたうとう二隻の舟が川下からやって来て  うちの生徒さんぐらゐ大きな方ならあぶないこともないのですが一寸来て見た  うちに私はすっかりきまり悪くなってしまひました  うちの中で図を引いたりして遊ばうと思ふ  うちに和尚は年甲斐もなく腰を脱かした  うちに和尚はモウ眼を白くして  うちから眼が醒めておった  うちに洗い上げるくらい  うちに他所へ洩らいたなら  うちに向うに見えるが  うちに涙ぐんだ  うちにはキット下手人を探り出いて  うちに一人残らず  うちにと言うて  うちに声を呑んだ  うちに風呂番の若い衆が鉋屑に火を付けますと  うちにわたしたちの感じる  うちは四五十秒から一分もすると  うちに見残した  うちに幾日を送った  うちの三倍くらいもある  うちに現われて参りました  うちの何れに属する  うちに他人にまきあげられてしまい  うちに不図気のついた  うちで倒潰はおろか傾斜した  うちから思案していた  うちにまったく融けこんでしまった  うちにぽきんと音たててしょげてしまった  うちの海水帽をかぶった  うちの幾たりかは私と一緒にいる  うちに三週間ばかり滞在した  うちには他人も居る  うちいつの間にか彼は居眠りをして  うちに船一パイになったら  うちにタタキ下げられて行く  うちに汐がさして来て  うちにアラカタの事情がわかると  うちに釜山港に這入った  うちに大声で笑い出した  うちに機会を見て  うちに慶北丸はソロリソロリと沖合いに出る  うちに吾輩はフト思い出して  うちに機械の音がピッタリと止まったから  うちに二度ばかり袖口で顔を拭いた  うちに慶北丸の惰力がダンダンと弛んで来て  うちに爆弾の導火線を悠々と巻線香にクッ付けて  うちに左舷の船尾から猛烈な悲鳴が湧き起ったから  うちに吾輩を引っぱって  うちに帰ったら  うちに前に居た  うちに呑兵衛ドクトルもずるずるべったりに座り込んだ  うちに長い煙管が眼に付くと  うちに気が付いて見ると  うちに先生を説伏せて  うちに胸が一パイになってしまった  うちにその言葉が遺言になってしまった  ウチはメチャクチャに泣き出して  ウチもその中の一人の向う脛に噛み付いてやったら  ウチは直ぐに父さんの身体に取り付いて  ウチは今年十二になる  うちにすんでしまった  うちに三週間ばかり滯在した  うちたつた一人及第したといふ  うちの誰かの種を宿した  うちに何者かの侵入を見破って  うちに米軍はもうラバウルを通りこして  うちに家へ帰る  うちに高射砲がなりはじめ  うちに女を置いて立去りたいとも思ったが  うちに脈が悪くなって  うちに県の衛生試験所へまわった  うちに助かる  うちにヤットわかったね  うちに後家さんは立上って  うちに入れないで  うちに死にましたわ  うちに署内は大騒ぎになりました  うちの誰かに飛びかかっていくに  うちのパンパンをつれてきてやるさ  うちの糞便を汲んでくれ  うちに帰つて来て  うちは皆んな進んで  うちに隣りの  うち騰つてゐる  うちに京へ呼びかえされる  うちに深草まで持って行き  うちに邸の門を出た  うちに虹が暫く立つたりする  うちへいらしてから  うちは元気で暮す  うちに溢れ  うちへ来てくれとは  うちは酒をのまない  うちに腹が空いてきたので  うちでゆっくりおあがりなさいと云った  うちに彼は済南方面へ転出するという  うちには誰かが探しに来るかも知れないと  うちでもやはり京劇のそれが最も優れているという  うちに広庭を歩いてゆきました  うちに徒らに待ちました  うちに三度も電報が来ました  うちに伊佐子さんの顔色はますます悪くなって  うちに三十余たび日暮れは平家三里退きて  うちより起こる  うちにさまざまの形に変ずる  うちに没してしまう  うちに消え  うちに描きだして  うちには間にあわなかった  うちに火葬はすっかり終っていた  うちは人の気配で賑っていた  うちは急に静かになった  うちに坐って  うちの一人となって  うちに深く妾を愛し  うちで御飯を召し  うちにお座敷へ出  うちに松葉さんつて姐さんがゐたの  うちに腹立たしくなつて来た  うちに結婚しますよ  うちおろそうとした  うちに共産党員にたいし  うちは煮えくりかえる  うちに下って行った  うちに艇内は水びたしになる  うち消すようにつぶやいた  うち負かすことはできないと思ったからであった  うちに一箇の鶏卵をぬきとった  うちに逃げだそうじゃないですか  うちに有力なる手懸りが発見される  うちにさへ  うちに日が過ぎた  うちに事に紛れて  うちに私はふと近くの町の鍛冶屋の店につるしてあった  うちにもう帰って来て  うちはおもしろがっていた  うちには雨が降ったりして休む  うちで死んだ  うちにだけしか見いだし得ず  うちには拍手する  うちに出社したという  うちに今年の夏がめぐってきて  うちに有力なる手懸りが發見される  うちに三十四五の病身らしい女がはんて  うちに哀愁が感じられた  うちにだんだん調べて来て  うちに道を見失って  うちに醜さを見出す  うちにこんなことを引き受けて  うちにほろりとする  うちにゆき  うちに暮れて  うちに眼がさめる  うちから鐘が鳴りだした  うちの一匹はほんたうによく鳴く  うちに宿へ着く  うちに眼が覚めて  うちにやうやく  うちにもう霧がそこら一面を包んでしまつた  うちに雨の音をきいたが  うちで美しい娘から斯る類ひの  うちに味ふほどに酔うてくるなら  うちに冬が来て  うちに遠のいた  うちに取りに来ましたので  うちに奥さんだけは帰つて来られた  うちにはわかる  うちに出れば  うちに少しずつ文之丞の呼吸が荒くなります  うちに与八と馬とは丸山台の難所を三分の一ほど通り過ぎて  うちに投げ出しち  うちからすでに大人の舌を捲かした  うちは子供で済むが  うちは克明に働いて  うちは欣んでいたが  うちになんと隙を見出したか  うちに戸はピタリと立て切って  うちでいちばん年も若いしするから  うちに打棄られただから  うちより杉山邸へ放った  うち測り知られぬ  うちも焼けたでしょうね  うちの財産が一つ殖えたわ  うちに間借りを求めた  うちに相談がきまりました  うちを二両だけ借りておきますよ  うちに御挨拶に出ますって  うちは取紛れていた  うちに痛みが少しは退いた  うちにふと抽斗の底から矢飛白の袷を引張り出しました  うちに宇津木兵馬を殺すぞよ  うちに火の赤るみはようやく大きくなる  うちにこんなことに変ってしまった  うちゆうこれで二三日は死な  うちに日も傾いたので  うちへはおいでなさい  うちに晴れてくる  うちに六時のサイレンが鳴  うちに晴れてきた  うちに夜遅くなった  うちの母と家内がうまくいった  うちの母を立てた  うちの女房はやるんで  うちに認めておいた  うちでたしかに見た  うちの一人によく似ている  うちきっと来る  うちに寺へ着く  うち鳴らされた  うちあたる大力にまかせて  うちたたかれて  うちに出発して  うちに空腹になっていた  うちは自分の風采が揚らないので  うちには地方の父兄に知人も出  うちに西風が吹き出した  うちに解決を求めたか分りません  うちは雜多の寫眞や古い臺紙や新聞紙やごつたに散  うちは反抗しましたが  うちに泣きしきる  うちに最後の油紙包がとかれて  うちに紙のように燃えつくしてしまった  うちに琵琶湖へ身を投げて死んだ  うちの失敗は誰もある  うちには自分も忘れ  うちに珠玉の溶けてゆく  うちに馬を仕立てて  うちは武者修行が三人ほどおいでになりましたが  うちに遠くの方へ逃げて下さい  うちにわしが役人につかまったら  うちの局長の乘用車だといふ  うちにふと松林を思い出した  うちに妙なものを見つけ出した  うちにだんだん病的な破壊慾を感じ  うちにベッドの上から飛び起きるが  うちにいつかコック部屋へはいっていた  うちにだんだん彼も僕のように地獄に堕ちていた  うちに姉の家を出る  うちに僕は縁起の好い緑いろの  うちに僕の目を捉えた  うちに寿陵の歩みを忘れてしまい  うちにふと遠い松林の中にある  うちに少くとも息子は性的にも母親に慰めを与えている  うちにふと出合った  うちにひとり又往来を歩いて行った  うちに痔の痛みを感じ出した  うちに彼もまた親和力の為に動かされている  うちに或店の軒に吊った  うちに或郊外にある  うちに全身が震える  うちに丁度半面だけ黒い犬は四度も僕の側を通って行った  うちにそっと絞め殺してくれる  うちに暴風雨でもなければよいがと言っていました  うちのここは湯本といって  うちに生命にかかわる  うちへ帰っている  うちの一間からふいに飛び出して  うちに漕ぎ疲れて休むだろうから  うちには誰れでも敵味方で二三言は言葉を交した  うちにも競漕はますます近づいて来つつあった  うちさんざやっとくさ  うちに農科の三番が一つ大きなスプラッシュをした  うちの親爺に遇わな  うちにふと松林を思ひ出した  うちにベツドの上から飛び起きるが  うちにいつかコツク部屋へはひつてゐた  うちにだんだん彼も僕のやうに地獄に堕ちてゐた  うちに僕の目を捉へたのは雑誌などを積み上げた  うちに寿陵の歩みを忘れてしまひ  うちに少くとも息子は性的にも母親に慰めを与へてゐる  うちにひとり又往来を歩いて  うちに彼も亦親和力の為に動かされてゐる  うちに或店の軒に吊  うちに全身が震へる  うちにそつと絞め殺してくれる  うちに小林の乗つた汽車が通りすぎてしまふと  うちぞ苦しかりける  うちに僮子が来て  うちに盆のようになり  うちの大けやきを  うちに生たちて浮世を知れる  うちの日と所とをきめて  うちの一枚を私は鹿児島で獲たから  うちに向ふの  うちたうとう十二月に入ったでせう  うちに思い出す  うちにこの響を聞いて  うちにaccelerationが止まった  うちに死ぬかもしれないという  うちにも山は黒く靜に暮色に包まれてゆく  うちに次第に自分のゐる  うちへ行くと  うちは間の山へ稼ぎに参りまして  うちにはこの名を覚えている  うちにはどうかすると  うちなんぞにある  うちに食わなければ  うちは気が済みませんから  うちにお玉の眼に映じた  うちにもまたそこへ腰をかけてしまいました  うちに隠  うちに人家を離れて  うちからいくつかを選び  うちに展開する  うちに私の出遇つたかずかずの  うちに没頭した  うちに逃げてしまえ  うちに生きていたかった  うちに悲しいのをがまんして  うちに思っていてください  うちはそうしている  うちに消えてしまいたい  うちに出ていけ  うちに恩を返しに来るから  うちに返っていった  うちに警察から来られた  うちだけでもそう思っている  うちに漂って  うちに立てる  うちに加えて  うちにしたためましたから  うちの眼もともほんのり桜色に染まった  うちに気をうかがい合う  うちの経をくり返していた  うちから見る  うちに持ち悩んだ  うちに兼ね  うちに王城へ行かなければならぬ  うちに蓮の葉にたまってる  うちにも一種のおかしみを覚えた  うちの老巧連が飛んで来て  うちに舞台の上を見ると  うちは前と少しも変らない  うちから用意しておいた  うちに金魚がブクブクと死んで浮き出して来ます  うちに日が暮れました  うちに御勉強をなさらなくてはなりません  うちの方は屋敷も田畑も都合よく人に任せて来ましたから  うちに福士川の岸を上ります  うちのつもりで御休息をなさいませ  うちにどのお方が女帝におわしまし  うちは少し見えたが  うちに出来た  うちに甲府へ行って  うちへお帰りなされ  うちに大看板を上げてしまって  うちにこうして大勢が集まって  うちに秋も闌けてしまって  うちに容貌望みで玉の輿というようなこともないとは限らないから  うちの男衆がみんな殺されちまうじゃないか  うちにお役人が来て鎮めて下さるから  うちにもこの力持と来た  うちにこの先の原の道で見かけた  うちに早く逃げなければならぬ  うちに乗り捨てられた  うちにすっかりなおってしまい  うちにお目にかかって  うちに左内に質して  うちにはきっと爆発してみせる  うちにはきっと爆発してみせると  うちに俺は爆発をしてみせると  うちは燦々と輝き  うちに引き上げよう  うちに眼に付いた  うちにも焔が私娼宿の屋根を越して  うちに夜逃げをしていた  うちのどれもみな今までにないような美くしい  うちに幾度か列車が地響を立て  うちに日日夜々は寂しい内容をもって翔び去って  うちにとけて  うちの母の体がひどく悪いのだからと云って  うちには畑の二枚や三枚は買える  うちの抜目のないのがこれを利用する  うちには何か集めに来るだろう  うちにはどこかで出会すだろう  うちまた七兵衛が来る  うちに見つかるだろうと思っていますよ  うちに花々しくやってみる  うちにお輿入れがある  うちに道庵先生のお邸へ乗組むという  うちに娘をつれて  うちに気象が変って  うちの一人が米友の傍に寄って来て  うちへ来てから  うちにセルゲイは全快して  うちに聞いた  うちのジノーヴィー・ボリースィチが帰って来た  うちの楽しみといったら  うちの旦那が未だに帰って  うちに製粉所から報らせが来て  うちにいっ  うちに群衆は数を増して  うちから例の袖の下を使って  うちに沈んだ  うちはいっそ待合にでもしてしまった  うちに時間を過ごして  うちに放り出されてある  うちに努力して書き上げた  うちに征服された  うちにこみ上げてくる  ウチとちがって  うちのカスで書いている  うちに生きてくれば  うちに見せてやろう  うちに確保し得た  うちに持つ  うちのフィリスチニズムを撃破する  うちのフィリスチニズムをも撃破する  うちに一挙に解決されなければならぬ  うちに読み捨てた  うちに述べる  うちに認めている  うちに非常に変ってしまうという  うちにタイクツして  うちに両方で飽きて  うちのタイコ焼にドロやイモが混っているとか  うちに溜って腐りはじめた  うち立てられている  うちに失い去ってしまう  うちに涙をふいてくれる  うちに新しい勤番支配が来る  うちに出し抜かれちゃった  うちにはここをしばしば通った  うちの物識りが答えます  うちにはなるほどと思う  うちに押しつぶされて  うちは信長公の志は遂げられなかった  うちに廊下を渡り  うちに消えてなくなる  うちの一つには人がいたけれど  うちにキッと私の罪のないことがわかる  うちに出て行ってくれたから助かった  うちに彼女を伴い  うちに生かそう  うちに大きな丼に一杯ほど取れる  うちに到著した  うちには女の子がゐないから  うちへかへりたい  うちへつきますと  うちは斯んな風に皆なで  うちに釣りに行つて見ようか  うちに砂浜は大鮪の山で埋つた  うちに寂しさに堪え切れなくな  うちに東京へいらつしやる  うちに血の気が失せて  うちに漸く療法の利目が出て  うちに借金の催促となり  うちに一つ残らず  うちに感激しすぎた  うちの婆さんは朝から仏間に冷たくなつて寝てゐる  うちにもおのずから甲乙があって  うちは自分が厄介になる  うちに不思議に懐いてしまい  うちの親子兄弟別々に家を持っているさえあるに  うちの志願者も手を下して  うちにも名のみ聞いて  うちにも一本の名刀がある  うちの名刀を今この席で一見する  うちの誰かであると見当をつけてしまっていました  うちでしきりに刀を拭うている  うちにその刀の実用が予期される  うちの一人が頭巾を外しました  うちに次第次第に歩度が弛んで  うちに尾藤内記はソソクサと立上った  うちに御挨拶をしておかぬか  うちにフト思い付いた  うちに壊れてしまった  うちに薄暗になって  うちにお仕舞いになって  うちに千鳥をもっと遠いところに移したかもしれない  うちにアリアリと痩せ細ってみえた  うちに埋もれていった  うちにほかの羽目板にも一つ私のオーヴァ以外の小さい布地がささっている  うちはどっちもそれと気がつかない  うちの名代燻製料理を吹聴してくれるわね  うちに見事にぎいっと開かれた  うちで乗り合せた  うちに加わっていた  うちにというお考えかと思われる  うちに思い返せ  うちへ抱え入れた  うちで遂げていた  うちを指さした  うち第二段がほぼ全体の六分の五をしめ  うちに交換しよう  うちなら義龍を簡単に殺せたろうかと考えると  ウチの六尺五寸のヨメにする  ウチの鼻ツマミのバカ倅に愛する  うちに右のごとき貧弱な享楽人の多いことは疑えない  うちには右のごとき期待と祈りが強く混じている  うちに捕える  うちに高い山に囲まれた  うちにここにいなくなったに  うちにも自然居処が知れる  うちに明かして  うちにまたその話で来る  ウチでは毛ぎらいされるものと見えます  うちに追ンだす  うちにとッとと立ちのけと申し渡されたね  うちに勘当をゆるしてもらって  うちにどこへでも立ち去ってしまえ  うちはよくまちがえて  うちに嬶も帰って参りますから  うちに日が暮れかかって  うちに祈りました  うちにお慶たいことがおありなさる  うちに殿様へお輿入れがある  うちに日を択んで  うちは暗くありました  うちにも白日の照す  うちへ案内しようとすると  うちに二人と人が斬れぬ  うちに女は一人もありませんでした  うちを推するに苦しみました  うちでも相当の身分の者の子弟が学問をする  うちおたがいに結束して  うちのそのどれを択んで  うちで泣いているなら  うちに噂のないことではありません  うちに何者にか連れ出されたと  うちにどこかへ捨ててしまおうと  うちに大虎になって  うちの下男をしていた  うちに胎児をおろして  ウチの話のように皮肉タップリ語っておきかせだった  ウチの女中でも必ず嗅ぎつけている  うちに凝固した  うちに身の置き場をうしなっていた  うちにでも帰って来たいと思っている  うちの淋しさは思いやられる  うちに余程ふくれあがった  うちに煮えくりかえっている  うちに準備をととのえて  うちにオロシャはカラフトを完全に占領しました  うち忘れ得た  うちの幾人かにも反応していた  うちを覗きこんだ  うちに身構える  うちの進退を失った  うちそろって見にまいった  うちから多少の無理を承知のうえで搗きあげた  うちでそれを大声に呼び  うち破りつつあり  うち殺してしまわないか  うちの重だった一人がそう云って  うちの安倍誠之助はどうしておりましょう  うちに送りとどけにゃなりません  うちには妻もめとって棲み馴れた  うちに滔々とすべりだして来る  うちにばったり倒れた  うち殺しながら相談した  うちから身支度を整えて  うちに彼らはだんだん自分の幸福を胸に熱く感ずる  うちに解決しておかねばならぬ  うちはよく判っておる  うちに城下の隅々まで知れ渡った  うち消えていた  うちの一人が舌をもつれかしながら云った  うちに見わたせる  うちの一人を覗きこんで命ずる  うちに彼の手足であることに生甲斐を感じた  うちの一つかも知れない  うちには視界のけじめも消えてしまうほど  うちに地表を数尺たかめていた  うちに男ありと考えるだけで  うちに粉雪が凍りついた  うちに鋸屋が何か喋っていた  うちに方法をたてましょうぜ  うち砕いて汲みあげた  うちにやめなさい  うちは治った  うちに全治させる  うちに途中から引返したと  うちに苦しくなって  うちに來ることもある  うちに聲變りがした  うちに一脈滑稽じみた  うちにだんだん前へ吸いこまれ  うちに召上れ  うちに二百人三百人の人足を集めて  うちに私のところへ引移ってくるが  うちはそのような大それた  うちにここを空き家にするぐらいなら  うちと座を立って  うちに父が死んでしまったが  うちは開墾にかかる  うちに時を過して  うちになさるという  ウチの山ではないと云ってきかせても  うちに筏の方は出来あがった  うちにはぜったい近よれない  うちに沈んでしまった  うちに伯爵たちとれんらくをとる  うちに大きな音がしたので  うちは元気に語っていたが  うちにはげしい暑さと強い湿気にあえぎだし  うちに出して下さい  うちの誰かの頭にがぶりとかみつき  うちにも恐竜に再会する  うちにおどろきの  うちに安全なところへ避難する  うち沈めるだけの事をやります  うちに引揚げざるを得なかった  うちに僕らの行動をたたえるだろう  うちに船から下した  うちに目がつぶれてしまった  ウチへ来てくれまいか  うちに次第におさまって  うちに曲馬はおしまいになってしまうだろう  うちに新吉はそのままぐっすりと寝こんでしまった  うちへ引き入れました  うちに成ったので  うちに傲慢無礼の言をなした  うちに観の背後に土を取った  うちに族長に万が一のことがあったら  うちにもお前をつれて出て行ってしまいたいから  うちでお銀様が心当てにして来た  うちに漫々たる大湖水の水が富士川へ流れて落ちました  うちに宇津木兵馬があったという  うちの殿様と違って  うちからこう言った  うちになんとも言われぬ  うちにその面が土色になって  うちに雪を掃除していた  うちに溶ける  うちに溶けてゆきました  うちの格式ではよし  うちにときめく  うちにウトウトと眠気がさしてきました  うちに瀬戸物のカチ合う  うちにてよき馬を遠慮なく択み  うちに広場は人で埋まってしまいました  うちの批評家と皮肉屋は何か見つけて  うちに何かに驚かされて  うちに突き落してしまうに限る  うちに射殺してしまおうという  うちに恵林寺まで急がねばなりません  ウチにいるな  ウチの用はしなくとも  ウチの畳の上で生れた  ウチでふだん用のない筈のカン徳利もタクサンある  うちに振り  うちに来る  うちひしがれても  うちでその上のものはないという憎しみや怒りや逆上に狂う  うちに荷物の整理をつけて立ち去るが  うちに万が一のことがあれば  うちに降ってくる  うちに定まりました  うちは汗のしたたるも意とせず  うちにゴロゴロがはじまったので  うちに雷雨が猛然ときたから  うちに三人ながら眠ってしまった  うちに立ち去った  うちでメガネをかけている  うちに酔って吐いた  うちに真ッ先にふいたからである  うちに帰宅したから  ウチへ逃げて帰ったらしいぞ  ウチへカサを返しに来たから  ウチは田舎のお盆や何かで皆さん帰郷して  ウチのカサをかりて帰って行ったよ  うちにこの怪事件が起った  うちで首が一番遠く十間の余もとんでいる  うちにナガレ目の姿は署長の後に隠れていた  うちは安心ができないと  うちに火吹竹で十あまり殴られて  うちに仕事にでてしまう  うちに小屋をこわした  うちに札を見にきて  ウチへ帰るには  ウチの崖下を通らなければならない  ウチへかけあいに行ったから  ウチの旦那は質屋とモメゴトを起した  ウチへくる  うちに真ッ暗闇の夜になった  うちに耳にとどいた  ウチへ帰った  うちに仕事着に着終っている  うちになぜ来ないだ  うちに終っていた  うちに染めた  うちに殺された  うちに射殺された  うちに悪評の総攻撃にあって  うちに有無相通ずる  うちに遊びに行く  うちには思わぬ  うちの子供たち読んでいたが  うちに書け  うちに打つべし  うちにだんだんあたたかくなると共に  うちに飛び込んだ  うちに隠れて居ります  うちから林檎が来ているが  うちなんか三日の出張で三十円ためてかえりましたよ  うちは出張しても  うちに呼ばれて  うちを高利貸に抵当にして  うちまじって一つ船にのって働いて  うちに沢山もっているかもしれない  うちに帰るが  うちにここを去るが  うちに潰れます  うちの殿様のお面にかかる  うちに何とかして上げたいと  うちに人の噂を聞けば  うち大火事がある  うちに恐ろしい噂が立ちました  うちの一部の者は殿様がつれて  うちはウンと遣ってみるが  うちに寝室へと急ぎ  うちに勝沼の町へ入りました  うちに番頭が病気になると  うちに同じくこの宿を出でて  うちに越せねえ  うちには終らなければならない  うちから焼香が行われていたから  うちでも音にきこえた  うちにとって返して  うちに若旦那をのせて  うちなら出来ませんか  うちに棺桶は担ぎだされた  うちに燃え落ちた  うちに重二郎を殺して  うちに国府津まで行った  ウチの師匠は小金もちの後家さんと一しょになって  ウチのゲジゲジにひ  ウチはアンマがつぐにきまった  ウチは火事に焼けちまえば  ウチにいても  ウチへ手伝いにくる  ウチで婆さんが殺されていた  ウチへも一人見えましたぜ  ウチへ寄った  ウチへのみに来てる  ウチから迎えがくると  ウチへ忍びこんで  うちにお約束の口がかかっていた  うちにムクレは落ちて  うちに大金が入るから  うちにこういう一節がある  うちに斯ういふ一節がある  うちから清元の十六夜清心を選んだ  うちに少数の従者すらも離れて  うちにお父さんは出かけた  うちに消えていました  うちに東京を往復して殺す  うちにオーカミイナリを往復する  ウチにはイタズラする  ウチと関係がある  ウチをでた  ウチのクワはウチにまちがいなく残っていました  ウチでなくなった  ウチにもありふれた  ウチの背負い  うちに若い平馬の腕が唸って来た  うちに松原を出た  うちに若侍は顔を上げて  うちに大粒になった  うちに又しても  うちに亭主と女中が退って行った  うちに小娘は燗瓶を置いて  うちに若侍の眼から涙がハラハラとあふれ落ちた  うちにキッと唇を噛んだ  うちに下唇を深く噛んで  うちにアラカタ五つの不審が起りました  うちに酒の味もよく解らない  うちに土や石の下から出てくる  うちに彼の自由思想はさッさと死んで  うちに戻ってきた  うちについウトウトしかけたり  うちに現場の調査が一応終ってくれれば  うちはオルゴールはなりません  ウチへあがりこんで  ウチをまちがえた  ウチには三十年間お金もお米もあった  ウチと知ればこそ  ウチの主になり  ウチがオレの住宅区域でなくなった  うちに見栄がきまる  うちにあとの十万斤がなんとかなり  うちに用がなくなる  うちに古田巡査が新十郎にこの旨を伝えた  うちに秘密の隠し物の場所を動かすに  ウチの家令の坂巻典六の兄に当る  ウチの出来事なんぞはどうだってかまわない  ウチの用がありやしないじゃないか  ウチに住んでられやしないわよ  ウチを出るわ  ウチのある  ウチでは自分のほかの人間の動勢や運命を考えない  うちに死んだ  うちにタケノコを食ってるとは  うちで地の下の方にはもう小さなタケノコが生えはじめてますよ  うちに身許が分るかも知れない  うちの一軒の女郎屋と馬肉屋を妹のムコと弟へヒキデモノにやって  うちは誰にも分りませんが  うちに向島の魚銀という料理屋がオレのところへタケノコを買いにきてくれるが  うちに目黒をでて  うちに帰っちまう  うちに消えたか  うちというのに  ウチがある  ウチに勤めていたが  ウチに居た  ウチから出た  ウチでは他人の距てはどうにもならん  ウチの買いつけの  ウチじゃア寒のタケノコをどうやって食ってるね  ウチの人たちは別にこの人をフシギがりやしないよ  うち毀し家内を乱暴に及ぶにぞ  うちでも読む  うちに葬られています  うちにいよいよ不快の色で満たされて  うちに痛くねえように皮を剥いてやるから  うちが一興じゃと思うて  うちにも何かしかるべき  うち抜かれたと思って  うちに帰って来れば  うちに長屋の方からまたゾロゾロと人が引返して来ると  うちには便りがあるだろうと言われて  うちで疲れ  うちには彼の腕次第で少なからぬ患者をひきつける  うちに房一はふと昨夜往診をたのまれた  うちに支へてゐる  うちに現在の房一の胸に生き生きとよみがへつて来た  うちに帰つとんなさい  うちに自分を引上げてくれる  うちに廊下も柱も戸棚もすべて拭きこまれるべき  うちに考へをまとめる  うちの店へもたまに買物に来る  うちの一人は印袢纏を着てゐた  うちに大石の方から帰した  うちに何かしらどんどんやつて来  うちに魂の孕む  うちはもじやもじやした  うちの方では山車を引いて出る  うちから通りへ出て  うちには着くだらう  うちに事が静まる  うちはここを退くまい  うちに寝かされておりました  うちから飛んで出て  うちの一歌が書いてあった  うちからも孵っている  うちに帰って行った  うちに横たわっても  うちに坐った  うちも冷んやりとう  うちにゃ帰って来なさるだろうて  うちに鎌倉の手をかりて  うちには旧知の朋輩がたくさんいる  うちではございますが  うちで最も甚しい  うちで年嵩の児にむかって  うちに団十郎は赤松満祐のときに着ていた  うちにわたしを救いの声がきこえた  うちに大当りの狂言もあって  うちに馴染の芝居茶屋の若い者や劇場の出方などが番附を配って来る  うちに何とかして  うちには何かの事情で大芝居から小芝居へ流れ落ちた  うちに彼の鳥熊は帰阪したらしく  うちにはちょっとその類型を見  うちで河童の吉蔵だけを勤め  うちから新聞を読んでゐた  うちに両方の考へがぐらつき  うちで最も怖れてゐる  うちによんだ  うちつと傍についててくれ  うちの細君はね  うちで頂いた  うちから墓地を買う  うちに自分もまた家族たちも大きく生かされる  うちに行きな  うちにサッと消えろ  うちにも食べる  うちに早く逃げてくれよ  うちに水戸様不取締りとあって  うちにお江戸にたずねて行くかも知れませんから  うちに精神分析の話がだらけて  うちから通るに  うちから避難し尽した  うちに笛吹川の沿岸は海になってしまいました  うちに何を認めたか  うちの男衆がこの出水で雑魚を捕ると申しまして  うちに帰れ  うちには殿様が出て来て  うちで皮剥の上手を二人雇うて  うちにバラバラと石が降りはじめました  うちは御勉強をなさらなくてはいけません  うちは御勉強をなさらなくてはなりません  うちに話せ  うちに神尾家は全く甲府から没落してしまい  うちにもわからず  うちでも大きな大名の行列らしくあります  うちにお稲荷様があって  うちと言わず  うちは早く寝て  うちにこの橋を渡りきらないと  うちにしかけておいた  うちに火が威勢よく燃えて  うちに遊ばうとした  うちに意識してゐた  うちに霰が降つたと見えて  うちに左樣幾度も有るまいね  うちに左の方の紐を結んで  うちには彼船は出て  うちに止んで  うちに大暴風雨があるから  うちに大暴風雨があるって  うちに雨が降るか  うちで最も多く一座の興味を惹いた  うちには必ず自分の思う  うちになってはいけません  うちになっては  うちに面が曇ってきました  うちの一万両は小石川の水戸家の蔵へ納めました  うちに受ける  うちをうかがっていた  うちに寒気を感じて  うちと言われた  うちは家にいる  うちに山女魚釣りをはじめる  うちに研ぎに来ます  うちに勘づいてしまひ  うちに先手を打たんと  うちへしよつちう来てる  うちつとでけえことを考へて  うちに覆ひかぶさる  うちのどの種類に属する  うちに数へようとなさるが  うちにきつと変る  うちの主人なのかどっちともわからなかった  うちにお恥かしい  うちに逢った  うちから上りたいと申してはそわ  うち又由兵衞がおしゃべりをして居ると  うちに宜い  うちでのめない  うちにお宅へお礼に出るなどと書いてあった  うちに行方不明にでもなった  うちにふと彼は机の上の一枚の吸取  うちにふと屑籠に気がつくと  うちに揮発油を含んだ  うちに屑籠の封筒が眼についた  うちにお見  うちに奥の方でドタンバタンと音がするから来て見れば  うちに石子刑事の頭に被さっていた  うちに穴は掘られて行く  うちにその夜は明けた  うちに恐れ入って終え  うちに二度も来る  うちに石子の暗い心は春光に浴した  うちに上封に見覚えのある  うちに十分あった  うちに喋る  うちには一段の賑いを見せていた  うちに書かれたので  うちで認めている  うちに二十日間押し込められている  うち本月一日から十五日まで支倉と同監いたしました  うちに申訳ありませんと  うちに思いがけない大変が起った  うちに支倉の形相は次第に物凄くなって来た  うちに昼間の疲れでつい転た寝をしたと見えます  うちに情慾を起し  うちに描き出される  うちに自分の書いた  うちに詐欺の事実が現われた  うちに異性を求める  うちなる暴君か奴隷かが跳梁して  うちにさぐった  うちに実現されて行く  うちで生長して来ている  うちに太郎左衛門は壮い  うちにとじこもった  うちに一本杉の方面へ姿を消して  うちへ遷したてまつれ  うちへ退がって来た  うちから雄たけびがわいていた  うちに山門を落ちて  うちにもまた乱世に乗じて  うちは天皇のおあとにつづく  うちに押し  うちに多くの子孫をかかえて  うちではご主君が女を抱いていた  うちは一つの姿態をもっていたが  うちに寒々と見える  うちに加えていた  うちに納めた  うちを焦がし  うちには求めている  うちに三度来ぬ  うちに悶死した  うちのものはみな癌で死んでいる  うちにささやく  うちに捜査の段取りがついた  うちに着  うち負かされた  うちに悶死するにしても  うちの一人が忍んで来た  うちに自分の腰が砕け  うちのどちらか知らないが  うちのいずれにもこの伯耆の安綱の刀が落ちなかった  うちに駒井を訪ねて  うちにはおのずから竜之助を援護する  うちを探していたけれど  うちは大へん苦しがっていた  うちに癒って寝てしまった  うちに身請けをされるかも知れませんよ  うちも首尾さえすれば  うちで物になっている  うちの何れかの一方が音締めをすると  うちに土蔵の戸がガタピシとあいて  うちに何だか変な気持になりかかっていた  うちに佐野は落付いてきた  うちに行くよ  うちに佐野は突然腹が立ってきた  うちの坊やにすっかり惚れこんじゃって  うち消されないで  うちに彼らの腦裡をかすめた  うちに感じながら  うちにふしぎな統一を見出してゐる  うちの一人がいひ放つた  うちはびた一文でも出す  うちの誰かの家に泊める  うちに十日ばかりが經つてし  うちふるやうにすると  うちからうちからとせきあげて  うちに除かれて  うちに處分しなければならぬ  うちの誰であらう  うちに彼女へ倚りかかっていった  うちにひそめ  うちにも焦った  うちで声高に話をしているさ  うちに何とか考えて  うちに世界の立直しがある  うちに世間に大変動が起るだろうという  うちに江戸の町という町が火になる  うちの先生は薬礼を十八文ずつときめて  うちに百万円ものお金をこしらえたりすると  うちに専ら琵琶が流行しまして  うちの少年をかこうて  うちから響き出しました  うちは頬冠りをしている  うちに本性がいよいよ冴えて  うちに包む  うちにその火が消えました  うちの最も愚かなのを火取虫と申します  うちの一つは白くして  うちでせぐりあげている  うちに没してしまった  うちに思す  うちへ飛びこんだ  うちに乗るやいな  うちへうすれて行った  うちへ入った  うちになっていた  うちに寝沈んでいた  うちへすうと隠れた  うちにも見える  うちに曳き出された  うちに献じた  うちに見えた  うちで読んだ  うちに隠されている  うちに殺気立った  うちへ馬首をすすめていた  うちに抑えてから  うちの方々もおありでしょう  うちには空さえも飛び得るという  うちに調和を示し  うちでわたし  うちでは早く剪った  うちは一日も止める  うちに大橋氏の夫人として入れられた  うちにこの競争も勝敗が附き  うちから固唾を呑んで  うちに聞こえて来る  うちに脂切った  うちに盆茣蓙の真中に伏せてあった  うちに立上った  うちに味噌の臭気がだんだんハッキリとなって来た  うちに千六はもう二十日鼠のようにクルクルと活躍し  うちに行き着いてしまう  うちに船頭たちが帰って来た  うちにと仰  うちに松本楼の主人は涙を押えて  うちの二度までをパン食にして続けてみた  うちは卸売りをした  うちは残りを持参せぬという  うちの一人が優れていたからといって  うちは毎日数十円の利益を見て  うちに萌していた  うちに新宿駅はまたも拡張を余儀なくされ  うちにラホールにおいて印度総督に爆弾を投じて  うちに一週間の期限も迫って  うちから養成する  うちにも帝大出身の虎屋主人黒川氏あり  うちには死ぬ  うちに風眼にかかり  うちに頭を膝まで下げ  うちは小姑の多い中に来た  うちにだんだん仕事に馴れ  うちに淋しく死んで行きました  うちに先生と奥様は前後して  うちに氏は世を去りましたので  うちに諒闇の春を迎え  うちに鶏舎から中村屋の料理室へ毎朝提供される  うちにうっとりとしていますと  うちにも美い  うちを受けた  うちの先生に御相談をしてみようと思ったけれども  うちにここを逃げ出す  うちの旧都の月見の一くだりでござりまする  うちに泊ったに  うちで嘲っていたが  うちは人に妨げられ  うちに調えて差上げましょう  うちに数十里を走せ戻って  うちから引き出しに来た  うちにはお帰りになりますから  うち帰って来る  うちの茂太郎の友達だと言って来た  うちに恵まれる  うちぜひ遊びに来給え  うちに組んずほぐれつの  うちに起っている  うちにとどまりておる  うちにて世間によく知られている  うちに行水を行い  うちに百カ日になりたれば  うちに単に一種の儀式として行うがごときは  うちには奇々怪々なる  うちに出ずる  うちに不知火のごとき小虫より生ずる  うちに覚えず知らず  うちにヤット私を認めた  うちに血が走つて  うちに數日が過ぎた  うちにルリさんは僕の困つているのに  うちに遂に私はジッとておれなく  うちに驛の裏のマーケットの灯の中に出ていた  うちに起り  うちに僕の中に育てあげてくれた  うちに女が戻  うちにその事をあれやこれやと考えていた  うちに發狂でもする  うちの子供をそそのかして  うちは思い出さなかつたけど  うちで何かが音を立てて  うちにクッキリと手の平の形に紅く血がさし  ウチの若いものが察していましてね  うちに忽ち切れてしまう  うちまかされるか  うち立てなければならない  うちはせっせと働いて  うちに蜂は一度羽根を拡げて  うちで誦してみて  うちになめちまう  うちまた奥州に戦争がはじまりました  うちへお寄り下すって  うちにございますから  うちに気がつかれた  うちにいつもの時間になると  うちに逃亡してゆけ  うちに向い合った  うちの黄袋はもうありませぬか  うちから眺められた  うちのたれかは  うちで夜泣きしていた  うちは手を下す  うちに彼女をも加え  うちにおかれていた  うちに何のご屈託もないかのような寝息に入った  うちをそっと窺った  うちにゲッソリ頬もこけた  うちへ戻っていた  うちへかくれていた  うちに道を迂回して行って  うちにシトシトと晩春の雨が降りけむる  うちへ押しこめるやいな  うちの安富浄明という入道武者を見ていいつけた  うちですやすやおちついている  うちへ屏風囲いにして  うちに探題北条英時の前へもどって  うちでこしらえた  うちにただいまの続きを申し上げてしまおうじゃござんせんか  うちの師匠は誰の芸を聴いても  うちにすっかりものになってきた  うちまでとは比べものにならないくらい  うちの師匠へお話があって  ウチの桃はもッとうめえ  うちに切れ  うちに過してしまった  うち晴れた大空を障子の硝子から眺めていた  うちに火焔は一面に室を包んだ  うちに消防夫の手から掘り出された  うちは何事も物珍らしく思われるが  うちにいよいよ前の日となると  うちに燭台の花を飾ッて酒宴が始まると  うちは皆一とこで採  うちに一同も近づいて来た  うちに渋茶がはいると  うちに鑵子の湯は沸き返  うちの庭をぶらついて  うちの領分との境を成している  うちの下男のフョードルの姿が眼に映った  うちへ帰らなくちゃならない  うち勝ちがたい力に引かされて  うちにやった  うちにふと考え込んだかと思うと  うちへ来ると  うちにせっせと勉強しとかにゃならんのに  うちにありますよ  うちへお帰りなさい  うちの客間にかかっている  うち克つことのできない  うちしりぞけることのできない  うちに過ぎてしまった  うちに一人室戸岬の東寺の住職になった  うちに十分の準備工作を進めて居る  うちかかつて来た  うちに更に自分の新しい症状を知らねばならなかつた  うちにも以前の若者らは強がりの  うちに子供たちがギターを鳴らしはじめると  うちに残されながらも  うちに貴ぶべき  うちから十余人の腕利を選抜して  うちにおたずね申し上げなければなりませぬ  うちに車がし  うちに出立の用意をととのえて  うちに起り出し  うちにお丈夫になるし  うち寄せて来て  うちに日がたった  うちへお泊りる  うちの古い家を見て来よう  うちに叔父はまた墓の問題に返った  うちにひらりと飛び乗り  うちにいままでよりもずつとはつきり目立つて  うちに日が暮れてしまった  うちに数へられて  うちの旦那に暇が貰へると  うちの子を苛めると  うちで思いながら  うちに蒼天もある  うちでも一番に目立つ  うちの子供にその珍しい現象を見せて貰いたい  うちの最も重んずべき  うちで最も勝れた  うち笑みおはしぬ  うちほほゑむ  うちはそれで可いかも知れないが  うちは日に五度も食事をするかも知れない  うちに飽きてしまって  うちへ遊びに来るなんて言ってたわ  うちについ貝殻を買う  うちに欠伸が出てならないので  うちはたして幾人が武術の心得があるだろう  うちに船が出来上がり  うち漸く階子段の音がして  うちはたいへん睦じそうに見えました  うちに書き留めておいて  うちにも何度か転び  うちへお連れしようと思って  うちから高風があった  うちから竹矢来を越す  うちに新しく建てられました  うちにお鯉のいう  うちから手塩にかけたので  うちにかくれて  うちへ彼を迎えて  うちで聞えた  うちで新手の参加やら陣がえがおこなわれ  うちにかくしている  うちの美人を賭けて  うちに首をあつめた  うちの一人がとつぜん断崖の肌から宙へ弾き飛ばされた  うちにわいた  うちに夢醒めて哭かずにいられない  うちに残してあるから  うちへ迎え入れて  うちに逃げ退いてきた  うちを見上げて  うちに入れて上げようかと思っている  うちにあけぼのがさして来る  うちへすすんで行く  うちのえらい坊主があたって  うちに静かな眸をうごかした  うちに没し去った  うちに鬱々とこもっていた  うちへ連れて行った  うちへ入って行った  うちへ加えおけ  うちへ物申せ  うちへ沈んで行く  うちに坐っていた  うちに畳まれている  うちに驚いた  うちの闘いを演じていると思われない  うち建てなければならない  うちはうす寒くて浴衣を重ねたほどだつた  うちにギックリ胸にこたえる  うちは内臓が絶えず動いているから写らぬ  うちにどんな事が起ろうかと  うちに粉のようなものを振りかけると  うちにも幾人かを見出す  うちに不良にでもなられたら  うちには何とかなるまい  うちに描きだされ  うちに我慢出来なくなり  うちに強行された  うちあてると万遍なくお部屋の内部がオレンヂ色にあかるくなりますのね  うちにくたびれて  うちに夜になりました  うちにお部屋の時計が十二時をうちました  うちに日が山へはいりかけました  うちに頬の血が去って  うちの親父はどんなに喜ぶかも知れない  うちに顔色が変って  うちにも十分に窺える  うちから消費生活にだけ馴らされた  うちに犬の児が二匹もいて  うちには清水のわいている  うちに人を使って  うちに自由時間を一時間半しかもてなくなって来ている  うちにひそんでいて  うちに生きていながら  うちにこんに  うちに用意された  うちにめいめいの家庭の平和の保障が存在する  うちには幾分性格にも差し響いて来る  うちに代々の舞台上の聖人の惨憺たる研鑽の結果が籠められている  うちは珍らしさに紛れていた  うちに相手をすっかり馬鹿にし切って  うちのどれかに囚われた  うちにホリシス神はダメス王の鼻を口に入れて  うちにはまだ用事がドッサリあると  うちに学校が済んだら  うちに腹一パイの不平をほのめかす  うちで最も相手の弱点を捕え得べき  うちに当然含まれている  うちに気がかりになって  うちで一番多く見うける  うちに早く聴かせて  うちに小布施の本能は排撃してし  うちもう行動を起してゐる  うちへ引込まずにはおかない  うちに乗  うち必ず洲崎の御住所をお訪ね致しますよ  うちに宿屋の亭主にあって  うちによく取調べて  うちの屈竟の要害だと主張する  うちに参りますよ  うちに一枚の美人の首だけがありました  うちに威相と慈愛とを失わない  うちにあります  うちの一つを持って来て  うちのおっ母がいってたよ  うちに見えない  うちの先生もそのうちに帰るでしょうから  うちに養い養われ  うちに信頼し  うちの旦那様からももてて  うちの旦那様どう思って  うちにと約束した  うちに蓬莱建介と別離の挨拶をするわね  うちの方へ御まねきするわ  うちに諒解したという  うちに持って来てくれ  うちは帰られないと思っていた  うちに今日ほどの幸福な日はあるは  うちにまたすつかり死んでしまひました  うちにかれは  うちに辻は次第に人が散って  うちには金五百フランと商用の書類を入れ置かれたり  うちのお母様だってどんなにかお気の毒だと思っていらっしゃるわ  うちにそのことを書きます  うちに生きている  うちにもう一度若い感じを味ってみたいと企てる  うちはこの中の間でお才に手傳つて紬の糸をひく  うちに萎れ行く  うちにあの人もぼつぼつ話し出しました  うちにこんな話をし出すなんて  うちに愛しあう  うちにそんなにできる  うちに眠ってしまいました  うちに眼の眩む  うちに幕はあきました  うちに芝居は進行して  うちの女房はどうしたでしょう  うちでは何が好きかと訊かれて  うちにどれほどのものが喰はれるかと  うちからそう離れてもいないし  うちに電報をうけとった  うちに着いてみると  うちは来る  うちのすぐ隣りに住みついていた  うちの一人息子だのに小さいときから堀の跡目をついでいる  うちからその才を認められて  うちに松吉はその若い小唄の師匠といい仲になった  うちの為事をしてもらっていた  うちにだけ起っていた  うちに是非ともお訪ねしてみたい  うちは寧ろ病院へ行く  うちだとばっかり思っていたのよ  うちに着きたいと思いましたが  うちは乗り込めない  うちにそれからそれと五日間も書き続けて  うちにその原稿は積もり  うちにその犬は村の若い者どものために人知れず殺されてしまったとの  うちに何時か房子も馴れて来たのでか  うちにそれはまた真蒼に変って行った  うちに頭のところのカアテンが開いてしまって  うちに田舎の自分に直接関係のある  うちに礼装をした  うちの自身の勤労と思いやりとを忘れたという  うちの御一名を上にいただき  うちへもぐり込む  うちにすすめぬ  うちでお詫びばかり思っていた  うちへ駈けこんだ  うちへ隠し終ると  うちへ駈け入り  うちに意外な或る大物をも逮捕した  うちと思われる  うちから頻々と出ておりますが  うちにお臥せりではございますが  うちに聞えていた  うちを駈けみだれる  うちのことではあったし  うちへ通ってしまった  うちを吹き抜かれる  うちへ曳きこむには  うちにそれが温かくなつてくる  うちに砂浜へ下りて  うちに私を呼んで  うちに金銭をさげすむ  うちでも私が最も高貴なものとみなしてゐる  うちは非常な努力を要した  うちに生きた  うちで誰よりも先づ母に不安の眉を顰めさせた  うちにこの本を知つてゐたら  うちに父は胃の鈍痛を訴へる  うちに最初の一発が老砲術家によってはなたれました  うちにお互いの顔を見交わしました  ウチへおかへり  うちへ行かう  うちのお母さんと関係し  うちに棒を飲みこんだ  うちに幾度もある  うちに静かに暮らしている  うちにも置いたので  うちに作って立てるなら  うちに木棉綿から糸を引き  うちにその旗の麻を織って  うちに紡み績ぎ織り縫って  うちに機にかけて織って縫って  うちに織って縫って着せて  うちに織って縫って着せる  うちに織って染めて縫ってやる  うちに算えられていた  うちの上で子の背に負われ  うちに屋根の形がいつの間にかまるでかわってしまう  うちに葺くから  うちにおぼえて置こうとしている  うちに入れるとすると  うちはただ名を聴いたばかりの  うちに加えられていた  うちには入れなかった  うちから起きる  うちによく見ておかないと  うちで一番小さいエチエンヌのそばを決して離れない  うちにロザリーの心は段々しっかりして来ました  うちに仕込まれるべき  うちにも移っていた  うちに自然に眩暈が起きてゐた  うちにあえる  うちに眠ってゆきました  うちに彼の元気はすっかりなくなってしまいました  うちに死んでしまいます  うちに死んでゆく  うちに撮影しておかうなどと  うちの一匹がどうした  うちに時勢がひどく悪化して  うちに酔つ払つて帰つてきた  うちのチンピラを昔の娘にかへしてち  うちで思ひました  うちに単に恐怖の念から大かた気絶した  うちに埋葬されはしないかという  うちながしたり  うちに整理をしてから  うちにまはりがいいやうにするよ  うちに黒法師が駕籠へ戻って  うちに悪運つきたか  うちは国許藩中において中小姓まで勤め上げて  うちに隙を見て逃げて帰った  うちの一つを掌へ載せて  うちに細工してあるというから  うちの金かんざし  うちに年の暮れの忙しさにまぎれて  うちに自身陸へ上って  うちから用意した  うちの極めて少数なものが選ばれて  うちの最も劃時代的なことをも知らない  うちにかつぎ出されてしまいました  うちの鍛練者を択んで  うちにわからなくなる  うちから神様を信心するなんて  うちに九州へ向けて  うちの二人まで斬られて  うちの一人がいない  うちの一枚を取って  うちに外の空気を吸えるだけ吸い  うちから充分に教えられていましたが  うちこそいい心持で寝ていたが  うちにリズムがあるから  うちにも道庵をして  うちは静かに寝かしておいた  うちに幕があきました  うちに荷物を纏め  うちは怪しむ  うちの上着の一枚だけをお返し下さいますまいか  うちへおいでなさい  うちにわが一間に入り  うちに隣り  うちにも大抵の見当は付けておいたので  うちから四人は彼に附添って  うちに明けた  うちの方ではどうなる  うちの運動場へ飛び込んで来て  うちの若旦那のお情けを蒙るなんて  うちにもそれが見える  うちにドサリと夜具を置いて  うちで新しい生活にはいる  うちから差引き  うちにはすっかり村会で決めてしまう  うちにはだんだんどうかなりますから  うちからはっきりと目に見える  うちに数えられてある  うちから見える  うちにおかえししますから  うちに晩稲の収穫をすましてしまいたい  うちにだんだんとつのって来た  うちにすすめて  うちに晴れた  うちに連絡して  うちに新居を訪問したいなどという  うちに一年二年は経った  うちに彼の頭を抑えておかねばなるまいと  うちで腹をこわした  うちに溶かしあった  うちは落ちつき得ない  うちにふみとどまって  うちにこんなのもあったとか聞きおよびます  うちにこっちは話がはずんでいた  うちでも封教となっておる  うちといって  うちに聞えもする  うちに身をまかせた  うちに戦場で組打ちした  うちでは学問もある  うちにみせだしていた  うちにもってきた  うちにやしきを捨てて  うちに呟く  うちへ入ってしまわれた  うちからお声があったので  うちに無事暮れた  うちでよろこんだ  うちから伊賀ひとりへ重大なお打ち明け  うちにあぶらをたらして  うちに新吉にとっては最初の巴里祭が来てしまった  うちに新吉はすっかり巴里に馴染んでしまった  うちに新吉は思いがけなく  うちに夫人とも此の娘の出現がかねて  うちに空は厚く曇ってしまって  うちに其後の空に火の色の雲が出  うちの家族のことを芸術の挺身隊と言ったが  うちに巡査から横面を喰わせられた  うちへ自転車を乗りつけると  うちに誰かが知らせた  うちに見る見る  うちに世間が不景気になるにつれて  うちに三人の連れ立った  うちに冬になった  うちに西北の烈風に煽られて  うちにそこい  うちに警察から人が来て  うちに兼が何とか云って来たら  うちに十二時の汽笛が鳴りますと  うちに兼は白湯を汲んで来て  うちにブルブル震え出した  うちに暴れ込む  うちに首を縊ったので  うちに二の腕がシビレて来たので  うちに立っても居てもいられぬ  うちに歯を喰い  うちに一帳羅のフロックコートを着て  うちに松浦先生を別室に連れて行って  うちは眼がまわりますから  うちに四五人バラバラと立ちかけた  うちに二三度鉢巻を締め直した  うちに小松の蔭に吊してある  うちに遠い松原の中に逃げ込んでしまった  うちの家内が吾が児のようにしていた  うちに一かたげ眠った  うちに鼻から湯を吸い込んで噎せ返っている  うちに四時頃になって  うちにヤット気付いたらしく  ウチの人と一所に行っておくれよ  うちにむかぬと剥け  うちにいつか彼と懇意になり  うちへ來ては農男をしてゐた  うちには父母の外に祖母と曾祖母がいた  うちへ忍込んだ  うちへ嫁して来ない  うちの下部は正月の買物に行った  うちの下部もその晩新しい手桶や注連飾などを買って帰った  うちも継母が来てからは  うちに同居する  うちにただ一部あった  うちに嫁した  うちに起されて  うちは賑ったが  うちは夜となく昼となく地震がある  うちは知らぬ  うちへは回る  うちには明教館以外で大砲や小銃の稽古もした  うちこそ世子も起きられているが  うちに改革があって  うちに鳩居ずなりぬ  うちに他の印象と重りあって  うちに感じて  うちに坐り通す  うちに気がつくと  うちに豊子もやって来た  うちに薩摩へ向けて立とうと  うちに破る  うちに耐えがたい何かがあって  うちやきものやたべ  うちはたった一軒焼け残っていた  うちへお帰りになりました  うちに来ると  うちのまわりをクルクルまわって  うちからの友達の奥様に引きとられるまで  うちにもお民は京子が気になり出して  うちの庭の梅が先日咲いたばかりです  うちの庭に来てよ  うちを三足四足歩くと  うちかと怪しまれる古ぼけた  うちに軍事探偵を廃業して  うちに金はまだイクラカ残っているが  うちにアダリーは私を導いて  うちに私はやっと吾に帰った  うちに背後の扉が開いた  うちに運転手は猛然とスピードを出した  うちに血管がスグと柔らかくなって  うちに身体中がビッショリと汗を掻いて来た  うちにアダリーは壁際の小卓の上に置いてある  うちに五枚ばかり瞬間写真を撮ってみた  うちに或る一軒の古びた  うちに冬がきて  うちに十二時の鐘が鳴りました  うちに踏破を試みなかったか  うちに王様はちょっとした病気で亡くなられましたが  うちからこれは変らない  うちに大きくなり  うちにどうにかなるだらう  うちへもつて来て見せて  うちにどこか明るい希望のある  うちこそ生活の単調を小気味よく破ってくれ  うちに少なくも半時間は過ぎた  うちに料理屋やクラブが恋しくなる  うちにいるだろう  うちにぎゅっと扇を柄付眼鏡もろとも握りしめた  うちにひどく老け  うちにのこった  うちに結婚でもなすって  うちに消えられる  うちやったかもしれしませんなァ  うちの好みが変ってしまうの  うちは月に一度ぐらいやったの  うちにはよう察しられますねんわ  うちにそれにたいして警戒する  うちに潮流のために船が自由にならなくなる  うちにいままで向い風であった風がぱったり落ちて  うちに嵐がおそってきました  うちに空はすっかり雲で蔽われました  うちに帆索をゆるめておきましたが  うちに満潮あるいは干潮の変り目が来てしまった  うちから夢中になっている  うちに革命はつくられねばならぬ  うちに全く同時代的な矛盾をもっていた  うちにわが身を一つの檻にとじこめていた  うちなるささやかな善意に鼓舞をうけとる  うちにやっと元の額になった  うちにと蝶子は焦った  うちに押しも押されぬ  うちに彼等の憎悪と敵愾心はつのってきた  うちに完成したという  うちに日はしだいに暮れかかった  うちに広い運動場のやうなところに行き着きました  うちから斯んな声が聞えました  うちに片づけてしまいたいから  うちに竜之助さんが悪剣になってしまったと  うちはようござんした  うちの有志の者が力を合わせて  うちから団子を買い  うちから江戸へ馬をひいて通ったが  うちに日本が二つに割れるよ  うちに日本が二つにわかれるという  うちにこの屋敷へ西郷が来る  うちにすさんでしまった  うちがうごめきます  うちに登り  うちに帰って参ります  うちをはらい清めなきゃなりません  うちは呼んでみたけれども  うちながめているから  うちに浴室まで出かけました  うちは手古舞に出て  うちにこの稼業をやめて  うちからほとんど人の定まった  うちにも追手の者が来さうであるから  うちで切支丹を奉じる  うちは切支丹追放など夢想もしなかつたに  うちに堂々たる追放令が出来  うちに命を落してしまふ  うちに平癒して  うちに日本語を覚え  うちから日本語を習ひ覚えて来てゐる  うちには日本の外にチイナがあり  うちに手ごろな薬品でもこっそり手に入れて  うちにとまるだろう  うちに右端に寝ていた  うちに見えなくなるでしょう  うちでも碁の欄は一日の退屈の時間だけ睨みつ  うちに隣村にも知れて  うちに水銀のように青く光り  うちにまざまざとあげられている  うちに眼が悪くなり  うちにゐるだらうか  うちにおかみさんが帰つておいでるかも知れんに  うちにいるだろうか  うちの終りの二年の手記から集めた  うちにわたくしはだんだんそれになれて  うちは毎日いたして居りまする  うちだけだらう野原の方ももってる  うちから町へ出かけて行くたって  うちに雲はばし  うちに冬も老けて  うちにたえず涙を拭いて  うちに内所をしまい  うちは皆心配したり  うちに省作は素足で庭へ飛び降りた  うちで覚悟を定めていた  うちはむちゃくちゃになって  うちの都合はどんなふうですかそれも聞きたいし  うちに早くというような事をちらと聞きました  うちの倍ある  うちにお千代は母に話し  うちに佐介は鍬を肩にして  うちにも痩せが  うちと相談してね  うちでも父へなんとか話のしようがあるという  うちに東京へいくと  うちでどうにか話するでしょう  うちに話してしまうべ  うちで承知さえすれば  うちで省作ぐらい出来のえい若いものはねい  うちで何をいおうと恐れはないような勇を想起させていた  うちのものを煮えたぎらせた  うち深くに籠ってしまった  うちに巻き収めていたといえない  うちを短檠の灯に曝した  うち早くも味方の後方にまわって  うちも外もたちまち活気と人ざわめきの坩堝と変り  うちの優なる  うちに富士川を越え渡らねば  うちに弓隊の弓の上手を選抜して揃えた  うちへ味方の第五列を送りこんだ  うちに証拠だてられた  うちに載っている  うちからそれの宣下をいただくべく  うちにまじっていた  うちの将を引き抜いては  うちで憂悶しているにすぎない  うちには寵童もまじっていたといわれるが  うちでほのぼのと色を醸しかけていた  うちでさえかがやく  うちで身ごもっていた  うちにしろ  うちをはなそうか  うちで他をさがす  うちに見つけていた  うちからもうかがわれた  うちに尊氏と和して  うちの猫とお隣の猫とは一見して  うちは何のことかわからなかったが  うちに何だか兄は後ろの方が変にひっそりとする  うちに多くの虫を同居させ  うちに一〇〇メートル位は進む  うちの子供にもあんなん買うたろ  うちに予定の紙数は尽きてしまった  うちは女をつつしみ  うちに預けてある  うちにどうやら腹が少しく立って来るという  うちには雷が鳴ったり  うちか知らなかったが  うちには気が悪くなって行くらしい  うちの冬籠りが  うちに聞いているが  うちにも一枚看板でやる  うちに一席が済んで  うちの前講一席が済んで  うちに気が廻って  うちで捕れる  うちの半分しか吹けやしない  うちに馬を進ませている  うちの一人があせり出し  うちにも処成敗というのがあって  うちには鎮まるだろうと  うちに代金まで渡しておいたが  うちでもかなり身分のあり  うちに失礼して帰ると致しましょう  うちの誰かの住居が焼けつつあるに  うちにもできる  うちになめてしまいます  うちに灰となる  うちに組立てる  うちに死んでしまいました  うちに伺います  うちに済まして来よう  うちに胸で働いていた  うちにいても  うちに綺麗に焼かれて  うちで使っていた  うちへ養子に来てから  うちにいましたね  うちにしなければならぬ  うちへ忍び込んで  うちに茶の葉が延び過ぎるといふ  うちはどうした  うちには兵隊も濟むし其上でなら私らも共々心配をして  うちへ呼んで  うちへ置いたならば  うちには兄貴もさう  うちへ寄せられね  うちへ入れた  うちへは寄せねえといつたんでがす  うちへわしが夜は泊りに行き  うちに時日が經過して行く  うちには毎日麥搗く  ウチのアンマはまだそちらですかときく  うちに一人前のオヨメになれるだけの  うちの牡丹燈記を翻案した  うちの一人が不意にあらと叫んだ  うちには小歇みになるだろうと待っていたが  うちに吹き消されてしまったので  うちに時を過している  うちに耽溺して  うちに人を駆り立てる  うちに神秘な母性をよび覚すが  うちに主婦らしい五十恰好の人が裏口からはいつて来た  うちにどろぼうが見舞う  うちに眠くなる  うちは小学校に出していた  うちにもこれほど哀れなものはないと思いました  うちに翌年の春になり  うちで評したばかりで  うちからどれほど春を待ちかねた  うちに滴り落ちるので  うちで一番むづかしいといはれる飛翔すらも容易くできるといふ  うちに傴僂のやうに折れ  うちにそれを視察に行く  うちに浸けた  うちに融け込み  うちに絡みあっている  うちに時間が過ぎる  うちに僕は凡てが懶くなってくる  うちに須彌壇の前で行われる  うちにちゃっこい  うちに出かけた  うちにフッと自分がまだ十七八の時の事が思われた  うちが下った  うちで一番人望のある  うちに消しさられない  うちに瞼がヒリヒリと痛くなり  うちに瞼がシクシクと痛み出して  うちに今までヒッソリと閉じて  うちの洋食がまずかったら銭は要らねえ  うちでは春はあまり自分の性に合わない  うちに書けるか  うちに奇態な有頂天を覚えて  うちに天晴れ野武士海賊の頭となり  うちにキ印やバカの方がだんだん居候になり  ウチへ間抜け泥棒が忍びこむよりも  うちへ正面を向けた  うちに賢彌を誘拐すれば  うちでカムパネルラといっしょに読んだ  うちへもつれて行ったよ  うちに寄った  うちにはアルコールラムプで走る  うちにも船は沈みますし  うちに銀いろの  うちへ連れられてった  うちへ遊びに来てくださいね  うちは自分でいかにも颯爽と持って歩いたが  うちに織り込むべき  うちにお金の切り  うちでふ  うちで最も自然科学らしい医学をしてゐて  うちに金を貯蓄銀行へ持っていった  うちに百本くらいは伐り倒す  うちに日も暮れかかり  うちに兵隊のシモンがこう言いました  うちはあの人の欲しがる  うちに番が来て  うちもどうしても二十銭や三十銭はあげて  うちの何物かのささやきを受入れようとして  うちで兵馬が異様に感じた  うちの筆のすさびに  うちに本物になって  うちで最も若い人ではあり  うちにはかなり異種類の人が雑居している  うちに大雪でもあると  うちに立ってしまいたい  うちにも例の大雪でもあって  うちに絵のような印象を植えつけた  うちに身の毛が立って  うちに興をひかれて  うちでカムパネルラといつしよに讀んだ  うちへもつれて  うちへ連れられてつた  うちへ遊びに來てくださいね  うちに次のりんだうの花がいつ  うちにとりとめなく積み重なっていく  うちに今ではごくありふれた  うちを訪ねてきた  うちにその言葉はひどく真剣な響きをおびた  うちから一枚ひき拔いて  うちに山を降り  うちは流れる  うちは万事なめらかに進んだ  うちは大騒ぎをして  うちに憎まうとする  うちでそんなことを呟きながら  うちで唸つた  うちの親爺のことなんて気に懸けては居ないぜ  うちだとでもいふ  うちで号令した  うちに私達は明るい街に出てゐた  うちには小山田の細君が犯人であろうと推定した  うちに断られた  うちに思いがけなく妊娠してしまいました  うちに私は肺結核にかかった  うちにも仄めかされている  うちにはアルコールランプで走る  うちに何度も小用に行つたりする  うちのさういふさわがしさもいつか消えてゆき  うちに貯へてだまつてゐる  うちに古賀は六ヶ月ほどの懲役に服さなければならぬ  うちにバタンと音がして  うちに正しくそれと感ずる  うちに近づいて  うちに一度いい歌舞伎が見たいと  うちに彼女たちのうちの弱いものは墮落して行く  うちに封建時代の貞女らしいものを豫想し  うちにいつか自然と除かれてし  うちひどく悦んで  うちに息がつまつて死ねると  うちに立つてゐる  うちに雲が紅く染まつて  うちの四名は慎吾についている  うちに冴える  うちに試験も終り  うちに求め得て  うちにいらっしゃるの  うちで前の三つは既に映画化され  うちのどれを省略しても  うちに彼の心に動いていた  うちに唐鍬の柄でそうっと揉み消した  うちに開墾場の小屋を出た  うち晴れた空に浮んでる  うちに取り寄せてあげましょう  うちに電車は動き出した  うちに彼はたまらなく嫌な気持になった  うちに視野にをさめる  うちの選ばれた  うちが一人だけ残っていれば  うちの一つに乗っていて  うちにも一種の敵愾心が湧き出して来た  うちに溶けてしまい  うちにも知った  うちに安置され  うちにと祈っているにちがい  うちに図り得た  うちの宿業といったら  うちに散り褪せていて  うちにいたが  うちに立ちまじっていた  うちに陥ちており  うちで言っているかの  うちに言って  うちに早くから反撃の奮起を呼びおこしていた  うちには生のままな人間が躍  うちに軍をすすめ  うちの一つを井楼山と申し  うちの一人へすぐ眸をとめた  うちにはこういう一記事が載っている  うちにも見え  うちにあったといえぬ  うちから起った  うちにどッと逃げ足立てた  うちになんどもそこから下をのぞいた  うちに美しさがある  うちにとび込んで来る  うちにおどり込んで来る  うちへ入って来たら  うちに小ぜり合いがあった  うちで鐘の音とともによみがえる  うちに此方まで元気になって来る  うちに何度悲しみをお感じなさいますか  うちにすでに結論はついていて  うちの財産は野良に作った  うちに伝わって来た  うちだと旦那様はおっしゃる  うちはこんなにも大人に育って  うちに普通に結婚して  うちの船が二三艘帰って来て  うちの誰でもありません  うちから起きていました  うちに夜がほのぼのと明けると  うちに消化し  うちにこれらの滅び行く  うちに夏目金之助君が小説を書き出した  うちに出歯亀事件というのが現われた  うちに手を握る  うちにあると見える  うちに枯らしてしまった  うちに京橋と新橋との橋のたもとに一つずつ碑石を建てて  うちからトラになっている  うちの一人は交番へ飛んでいった  うちに打つべきである  うちに太陽が東の空を上ると  うちに東京は大空襲の連続という事になりまして  うちに父をあざむいて  うちにふっといなくなり  うちの中に入っておいでなさい  うちの前に立って  うちの中に入ると  うちへ行ってみると  うちに私の謀略でしたたか酒を飲まされていた  うちに彼は借金を四倍にしてしまった  うちに怪力を揮って  うちに養生した  うちに酒の酔と旧知の情が僕をだんだんいい気持にさせた  うちに展開せられる  うちに行なわれた  うちにどういう話合いになった  うちの一人が深刻な顔をして  うちから老いが蝕んでゐて  うちに蝕んだ  うちに茶の湯が煮え過ぎて  うちへかへつてみると  うちに不安を見出したかつたからかも知れません  うちに断食を止めて  うちに老人が一人起ち  うちに一種の僻みがある  うちに石のように固くなってる  うちにも伝わってきた  うち明けてる  うち明けるというような友人は別に有りません  うちから覗くと  うちに懐いてる  うちに何とかしなければいけなかった  うちに意識を失ってしまった  うちに立ち上っていた  うちに残されていた  うちに女中が雨戸を開いてくれた  うち明けたとて何になろう  うちに陥っていった  うちに首肯いた  うちに一人残された  うちで入り乱れた  うち明けられもしなかった  うちにはもっといい仕事もあるだろうから  うちにひっそりと静まり返った  うち開いた窓から大空を眺めた  うちに支持されてる  うちにと早めに立ち上った  うちに点々と浮出してる  うちに包んでくれた  うちに身を浸していった  うちに清く懐いていたかった  うちに根を下して  うちに死んじゃった  うちに或る女と同棲する  うちの善良なものに何かを訴えたくなった  うちに横たえたかった  うちには分る  うちに雑居していた  うちに融け合っていた  うちに心配になってきました  うちお互に手紙も差控えましょう  うち許しながら敵意ある  うちで私でやれ  うちの家内と話して居た  うちの旦那のこつたがねえ  うちに何とか云つてなだめなきやならないと  うちに屹と埒をあけて  うちに彼の降伏を十分に證明してゐた  うちに小幡の方から口を切った  うちに彼の降伏を十分に証明していた  うちから道楽の味をおぼえた  うちに息を引き取ってしまった  うちは一文もこっちの手にはいらない  うちには行き着ける  うちに言いはじめた  うちによその家では切り終えていたらしく  うちに是非実験をしてみたい  うちに舞台にがっくり倒れた  うちに今夜の年忘れの宴会はくずれてしまった  うちに相当の仮親でもこしらえて  うちに殺さなければ  うちにどこへ行ったか見えなくなってしまいました  うちにどこかへ出かけてしまった  うちに御祝儀の屠蘇が出た  うちに他から手でも着けられた  うちに親孝行をたんとしておくが  うちに番屋へちょいと来てもらうかも知れねえから  うちに一方の高島の方は二階番のお吉と仲好くなり過ぎてしまった  うちに湯屋の亭主もだんだんに眼をつけ始めた  うちに参詣に行った  うちに何かがさがさという音がひびいたので  うちに相手にうまくぶつかった  うちに何とか眼鼻をつけて  うちは社の奥にかくれていて  うちに囲い者の家があいた  うちにこんな話が出て  うちに縁側の障子が音も無しに少しあい  うちで一心に念じていた  うちにお蝶は自分が幽霊のように痩せ衰えて来た  うちに迎いに行くかも知れませぬが  うちにまた出直して来るだろうから  うちにお俊はこの近所の魚屋からふとお蝶の噂を聞き込んだ  うちに自分の妹が長唄の稽古に通う  うちは気味の悪いほどにしんとしている  うちに何を見付けた  うちに雪はやんで  うちに見舞に行って  うちに纏まった  うちにまとまった  うちに吟味の日がだんだんに迫ってくる  うちに平助の長屋へ連れ込んだ  うちから十五両を天引きにしてしまって  うちに葬ってしまう  うちに部長に話をし  うちで輸出している  うちから始まるの  うちの新人賞に応募すれば  うちの雑誌の今月号に掲載されてるよ  うちで夕食になさったら  うちへ遊びに来ます  うちで働きませんか  うちの母がその頃ちょうど二十歳を超えたかという  うちに京都に着ければ  うちのひとつを指さし  うちに完成させ  うちに帰らう  うちに入れる  うちでいつも冒険におかれている  うちから掴んで来たい  うちに巧にないこまれているから  うち開かれれば  うちからよく働いて  うちに皆帰って来たらしく  うちにみな帰っていた  うちに猫はみんな芝浦の海へほうり込まれてしまって  うちに正体をあらわすかと思って  うちに自滅した  うちにこの仕事を始めておかなければ  うちにやっておく  うちの旦那様はやまを持っていらっしゃるのよ  うちにきっと探し当ててみせるぞと  うちに消しきれず  うちに前髪を取る  うちに徳蔵も帰るであろうし  うちに葬式の時刻もだんだん近づいて  うちに深川の寺へゆき着いたが  うちに恐るべき  うちに死に  うちはもう暑いのに少し弱りました  うちに男はそこらで一杯飲もうと誘った  うちのにわのなかにおかれていました  うちのひとがかえってきましたよ  うちでも飛ぶ  うちでお題目を一心に念じながら歩いて来た  うちも大抵さとっていたらしい  うちに文字春は又こんな忌な話を聞かされた  うちに家を出る  うちでつぶやく  うちにこんな噂が又もや町内の女湯から伝わった  うちでは長太郎がよく働く  うちに畳み込んでいる  うちに初七日も過ぎたが  うちに赤坂の家をたずねると  うちに半七はすぐに其の場へ駈け付けてみると  うちに凍死を遂げた  うちに何かで埋め合わせをするから  うちに三味線をぽつん  うちは猫の足どりを見て  うちに火事が出て  うちへ小走りにかくれた  うちに命じておく  うちの夜具を一枚かかえ  うちに感じている  うちに今日ある  うちにも入れたい  うちに一夜をしのいだ  うちに編入されており  うちは世の乱はしずまらん  うち諸陣へ申しわたしてある  うちで待った  うちに悲鳴狼狽の極をみせた  うちにはいない  うちにうねる  うちへ走って  うちで言ってるかの  うちに撃つは  うちで言った  うちもう二十名ほどは立たされている  うちに持たせられていた  うちで遊ばせているかの  うちから一条の煙がひさしを越えた  うちだったという  うちに祀るがごとく据えさせておく  うちから外の幕舎に出ているという  うちにススりあっただけな  うちにえがいていた  うちからの物騒めきで  うちへ押しこめられた  うちにゃあ巧くぶつかるかも知れねえから  うちにだんだん妬ましくなって来て  うちに吾妻橋の方へ飛んで行ってしまった  うちの嬶なんぞもふだんから羨ましがっている  うちは正直にその通りにしていました  うちに何とかしましょうから  うちから衾を引っかぶって  うちに年上らしい一人の男が微酔機嫌で云い出した  うちに浅草観世音の御本体を見た  うちは怪しまなかったが  うちに一人が云い出した  うちの有力者と見なされ  うちに又ひと組の参詣人が花や線香を買いに来たので  うちが一番むずかしいなどという話が出た  うちにそっと発たしてくれ  うちに荷物をよく纒めてお置きなさいよ  うちに長い坂ももう半分以上を越えてしまって  うちに上州屋の息子は東山堂の娘を見そめて  うちにお作はきゃっと叫んだ  うちはあやまって  うちに落し物をした  うちに帰ってくるだろう  うちに片づけてしまう  うちに風は雨を含んで  うちにも探照灯は一本から二本になり  うちに川上を捕らえて  うちに感じないであろうか  うちに両者の意見が一致したらしく  うち壊され  うちに元気をとりかえした  うちに誰が云い出すとも  うちにちゃんと見て置いた  うちで五人は首尾よく仕留めましたが  うちには時光寺と明らかに書いてあるので  うちの御住持さまは大変に犬を嫌っていなすった  うちに府中の宿まで乗りつけた  うちに次の宿の猿橋まで乗り込みたいと思ったが  うちに命がなくなると  うちに通っていたが  うちに早くお起ちなさい  うちに賭場の開かれる  うちに早く長作と縁を切ってしまえと  うちに何者にか作られた  うちに出現した  うちは亀戸の方でもよくは判らず  うちに今年の春もあわただしく過ぎて  うちの親分が寝ているんで  うちの親分より些っと手荒いからそう思え  うちに何処からどうして聞き出した  うちに六三郎から死骸を埋めた  うちに尻の穴がムズムズして来た  うちに果せる  うちにフト自分の傍に一人の舞妓がヒレ伏しているのに  うちに勤王派が盛り返すと  うちに福岡にも鎮台が設けられて  うちに武部先生が一切の罪を負って斬られ  うちに四五人の人影が固まって  うちに高知市に近付くと  うちにステキないい心持になった  うちにチューチューという雀の声が聞えたので  うちに煙草を吸い終った  うちに印度洋かどこかで睾丸を落いて来たらしいな  うちに肩を組んで寄って来た  うちに指の尖端から不自由になって来ます  うちにチョット出て行きますと  うちに大惣がクタビレて来たらしく  うちに夜が更けて  うちに夜になると  うちに仁三郎がクタビレて死に  うちに正午から夕方迄かかって  ウチの寺へ石塔を建てて  ウチまで来なさい  うちは本所四ツ目の大坂屋という店へ半月以上もつづけて来たが  うちから酷い目に逢いましたよ  うちに彼女の姿は消える  うちに女は息が絶えてしまった  うちに怪しい甘酒売りの  うちに追い付かれて  うちに彼は職人らしい一群に取り囲まれた  うちで男ふたりは二度ばかり山石に船をたのみに来た  うちに戻って来て  うちに不図かんがえ直して  うちにだんだん増長して  うちは近所の藪のなかに隠れていて  うちに彼の顔色は変った  うちを読む  うちに誰の口から洩れた  うちに重吉もまた死んでしまった  うちに誰か婿にでもなり  うちに其の話はだんだん進行するらしい  うちに自分と一緒に逃げてくれと迫ったが  うちに夏の日も暮れかかって  うちにその噂が新宿から青山の方まで一面にひろまってしまいました  うちに自分たちの親の家を飛び出して  うちに時刻はだんだんに過ぎてゆくので  うちの子供のお草紙だと云ったな  うちの出来事らしく思われるにも拘らず  うちでも其蝶という人がよく知っている  うちから二両の礼金を置いて帰った  うちに雪かも知れませんよ  うちにお葉の熱度はだんだん高くなって  うちに談判はどう間違った  うちに若竹紋作と吉田冠蔵というのがありました  うちにたった一つ微かにともっている  うちは唯わらっていたが  うちにかの男は出て来た  うちにめでたく千秋楽になりました  うちには踊り尽くせまいと思われた  うちに番数もだんだん進んで  うちにとうとう牢死しました  うちによく稼ぎゃあがる  うちには後の祟りを恐れて  うちに調べあげて来ましたよ  うちに首尾よく二百五十両を稼いだので  うちと考えて  うちに分家をする  うちに人が思い思いの姿をして  うちに手を火ぶくれにして  うちにと刻まれた  うちに他人の手に渡ってしまったら  うちへ持って帰りましょう  うちは死に切れないと思った  うちも陰っていた  うちから半町ばかり離れた  うちには忠義者があって  うちに仕事が済んで  うちにそっとその様子をうかがいにゆくと  うちにその夜をあかした  うちに出て行った  うちで藤次郎が一番さきに出て行ったらしく  うちに世間がそうぞうしくなって来たので  うちでも庄五郎が真っ先に約束の場所へ行き着いたらしい  うちにお国の叔母をたずねて行って  うちに愛想のいい女房も出て来て  うちには今でもぶらぶらしている  うちは旦那も素直に帰った  うちにふいと気がついた  うちに急に気分が悪くなったから  うちに旅支度をして  うちに橋番のおやじが出て来たので  うちには窃かに左内を恨む  うちに確かに答える  うちで誰かその正体を見とどけて来る  うちに小さい畑などもあるらしかった  うちで真っ先にそれを覚った  うちの宿六はたしかにほんとに偉いんぢやないかと思ふ  うちの宿六の説がどうも本当にさういふ  うちにやつてきて  うちの宿六はたしかに偉いところもあるけど  うちに戻つてきても  うちに序論より出発して  うちに帰るでせうと  うちに倉田と相知り  うちのハキダメから野菜だの何だの切れはしを拾ひあつめて  うちは明日から百九十円にする  うちの宿六に打開けたから  うちに置いてないのよ  うちでせうから  うちを見ぬかれるから  うちの子のギセイがある  うちにはオバサンを手なづけて  うちに餓鬼どもをしぼりぬいて  うちは何をしてたの  ウチを寄つてたかつて食ひ  ウチの水道栓は酒瓶に沿つて流れてゐるから  うちにも放火をする  うちに腹をこしらえて置く  うちに暇を出される  うちに小僧を使によこしましたが  うちに竹本染之助というのがあって  うちにはきっと小左衛門を引き挙げてみせると云っていましたが  うちにお鍋が帰ッて来たので  うち少しでも新奇な物が有れば  うちにはまた睡  うちにはや人に取られてしまう  うちに母親が人の身の上を羨やむにつけて  うちに座舗を出て  うちは苦い顔を作ッていたものの  うちにお勢が編物の夜稽古に通いたいといいだす  うちにも取分けて  うちで少数の本物を少し念入りにながめたくらいの  うちに元吉とお新の夫婦が奥から出て来たので  うちにお蝶さんを連れて来て逢わせるという  うちに結婚の日は眼のまえに迫って来るので  うちに来ていた  うちに雷雨の一夜を明かした  うちにかの白鷹の絵馬も見えたので  うちに孤芳と万次郎が妙な関係になってしまいました  うちに船が出たので  うちに浅草の家を出て  うちから下矢切へ鮒釣りに出してやる  うちに何とかしますから  うちで叫びました  うちにそんなに大きくなる  うちに手廻しをして置く  うちでは断わる  うちの細君に訊かして見るから  うちへは當分歸りたくないからどこか奉公口の見つかるまで  うちに出て  うち出て行け  うちに一つの深い洞を掘り上げた  うちの二匹は急に暴れ出した  うちに木はだんだん大きく伸びて  うちに水はだんだんに増して来て  うちに何処へか姿を隠してしまいました  うちには随分いろいろのごたごたがあります  うちの傘には印が付いているだろうから  うちに雨はますます降りしきるので  うちでつぶやいた  うちには自然こちらの娘さんと仲の悪い者も無いとは云えません  うちで舌打ちしたが  うちに親方の清吉がわたくしの手に挙げられたという  うちにお信と一緒にぬけ出して  うちにもヒロイズム的実感があった  うちに感ぜられた  うちに靜かに立つ  うちに少しづゝ商賣などもして  うちに自分がこの作第一部の第二章を書き  うちはわたしもあの隱居が二十七番の日記を殘した  うちに文平君からまだ四册殘つてゐたと  うちの一斑をも伝へて居ない  うちに高野長英の捕物一件が出来して  うちに庄太は俄かに叫んだ  うちに二度も腕を斬られた  うちに手当てを頼みに行ったに  うちに閉場ることになっている  うちに比叡山の西塔の武蔵坊というお寺の坊さんが亡くなりますと  うちのお米が井戸端へ持つて出られるか  うちに少女はまた彼の側にやって来た  うちの一つをぽオいと上に投げあげ  うちしてくれないので  うちに學期試驗が近づいてきた  うちに雨が降つてきた  うちに学期試験が近づいてきた  うちに雨が降ってきた  うちから消えていた  うちに投じ  うちを何か波のようにうねり抜けた  うちに年も暮れた  うちにおいた  うちこのひとの右に出る  うちに立ち迷いながら  うちに固めておこうとして打った  うちの日当りわるい一室に尊氏はもう坐っていて  うちに洛外をうずめ  うちでぎょっとした  うちの内訌も後を絶つ  うちに交錯して持つ  うちにも潜んでいる  うちでもきわめて淡々と無常を謡い上げている  うちそのドアが開かれて  うちにきっとつかまりますよ  うちに怪魔は気がついたらしく  うちについに答えが出た  うちにやりとげてしまう  うちにきっと奇妙な事件がおこり  うちにいろいろの小名がありますが  うちに死ぬという  うちに早く帰りましょう  うちの裏口を覗いていた  うちに閉じられている  うちに近所の者が起きて来るらしいので  うちに埋めた  うちに郷里の人の驚く  うち散らしながら眞白になつて流れて居る  うちにおど  うちにはこらへ切れない程  うちにまた京都へ行きましょう  うちにモルガンは来て  うちにも植疱瘡を信じないで  うちに使を出しましたが  うちであっと叫んだ  うちに玉太郎を種痘所へ連れて行く  うちに命を失うに決まっていると云う  うちには自然の邪魔がはいって  うちでも取り分けて  うちに色気にころんで来る  うちに一人の女が男の異人に摺れ違ったかと思うと  うちには石を投げ付ける  うちで二匹はゆくえ知れずになっている  うちの二匹がなくなったという  うちに祭られている  うちには何物も見いだされなかった  うちにつないであるに  うち出された  うちに僕たちはあのラマルティーヌという小路へやって来た  うち破られる  うち負かしてやった  うちに六郷の渡しを越えてしまえば  うちにハリソン夫婦を殺し  うちに島田がお角にむかって  うちに使が帰って来て  うちに馬喰町の宿へ帰らなければならないと云って  うちで年長の益蔵という男が答えた  うちに日はだんだんに暮れて来たので  うちに懐中は乏しくなる  うちは決して国へ帰らないなどと云っているので  うちで最も生々しく活写されてゐる  うちに残っていた  うちに湧いて来る  うちに喰べてください  うちに堀江をたずねて  うちに切られる  うちに髷が飛ばされる  うちに切られた  うちから鮎川は飲みに来ていて  うちに増田は逃亡してしまって  うちに取り押さえられた  うちに有つてゐた  うちにこれを享け容れる  うちにお城の一件が知れたので  うちで答えた  うちにつぶやく  うちの前まで来て  うちに伝馬町の牢破り一件が起こって  うちに又ひとりが現われて  うちに蒐集しなければ  うちに一町あまり戻  うちに誰しも一度は覚えがある  うちに金持ちはだんだん体が悪くなるばかりでありました  うちにかすかな希望を認めた  うちに三度は見廻る  うちに引っぺがしに来た  うちでお詫びを申しながら  うちに忍んでいた  うちには解決され  うちにもとりいれられ  うちにあるとすれば  うちへかえるなり  うちは太郎と家でもよんでいるので  うちに延光は歿しました  うちから親のもとを飛び出して  うちに彼の不敬な父に起った  うちにその同じ目的を達してしまいました  うち萎れてしまう  うちひらけたところにでたり  うちでも眼をさまします  うちにくばりましたが  うちでもかまわず  うちにばかりひっこんでいた  うちに老人はこんなことを云い出した  うちに幕へはいるでしょう  うちに列べてみた  うちにお俊を殺してしまおうと  うちに黒松を逃がしてやりました  うちにお化粧を済ませて  うちに感じてゐて  うちがすこしをさまって来る  うちに外の面のものが黒く素枯れて行く  うちを這い廻ってゐた  うちに往来する  うちにはお聞きにならない  うちでお目にかかった  うちの先生は風景を御覧になる  うちにはすくだろう  うちにあの客が着いた  うちへ取りこめて  うちに若干ある  うちから選抜する  うちに無限というものの哀愁を教える  うちに白骨を立ってしまいましょうか  うちにやめてしまいます  うちでも牛耳を取っている  うちのいずれかへ行き止るにきまっている  うちとすれば  うちというのはわからない  うちじゃ食わせられる  うちの姉やは産まねえよ  うちには返事を持って来ますよ  うちで誓ってみました  うちに置いてある  うちに噪ぎはようやく静まり  うちにあのマドロスさんを盗み出してしまう  うちに出向いて行って  うちにおいといて  うちにお話してあげます  うちに江戸へはいれまいと云うので  うちに甲州屋をぬけ出して  うちに日が高くなって  うちに大屋さんが来て  うちに次の宿の日野まで落ち延びました  うちに牢死しました  うちに清明の節となった  うちに来ますから  うちにふと私からやった  うちに熟した  うちに雌もとる  うちには皮剥ぎを手伝ってもらった  うちはいろいろの夢をみる  うちに止んでいたが  うちから寝床を離れて  うちの用人と来た  うちの姉さんがここらで白い蝶々を見たと云うから  うちにはなんとか判るだろう  うちにこれほどの失敗が重なった  うちにきっと埒をあけて  うちへはいって来た  うちに黒沼伝兵衛の横死事件が起こった  うちに兄はいよいよ決心のほぞをかためて  うちに音羽を立ち去って  うちに随分大きくなりましたね  うちに拡大して  うちで翻す  うちに馬と駕籠とを頼み  うちから見せた  うちのどの一頭を選んで  うちには帰って来ねえ  うちに忘れてしまった  うちのいずれかに属している  うちまで引いて行く  うちには何とか手蔓があってわかるだろう  うちは英主が出たが  うちの大将ぐれ  うちの三人は結婚を申込んだ  うちにゆきづまっていった  うちに別れちまう  うちのだれかだと言える  うちに神戸にいる  うち消すようにしていた  うちに起きようとは  うち間もなくボーイが出ていった  うちにどこの人足かしらないがひどく哥兄面をした  うちに混っていたが  うちでぐずぐずしている  うちに投げ込んでいる  うちに日曜はいつか暮れてしまう  うちには帰京仕るべく  うちに父が死んだ  うちにはまたきっと好い事があってよ  うちで気が咎める  うちに冷たくなってしまった  うちに九月になり掛けたので  うちまた家へ相談に来る  うちに世の中はようやく秋になった  うちにどうかして下さいと  うち思い切って外套を作るだけの  うちに午になったので  うちに式を済まさないかと云う  うちは宗助にさえ知らせなかった  うち約一時間も経った  うちに月が満ちた  うちになどと案じ続けては  うちにどこかで止っていたにした  うちに浮かしたまでであった  うちに節は立秋に入った  うちに忍んでいる  うちにまた新らしい香を見出した  うちに安井の宿に着いた  うちにほぼ片づけて  うちから撰り出されなければならないほどの  うちは気がすまなかった  うちあの借家を引き上げて  うちに不足を訴えるべき  うちに三軒廻って  うちにも戦い続けていく  うちにふと佐佐木氏が言った  うちから一つを択ぶといふ  うちながし緑の蝦を僭しつ  うちに死を夢む汚れつちまつた  うちに歪みがくる  うちでは何といつても  うちでもクリケットやクロケーは風土に合わなくて  うちに邸へ帰った  うちに或特別な女の性根が出来る  うちに聞える  うちは陰っていたが  うちに雨が降って  うちに水はいよいよ深くなって  うちに水は口から鼻から眼まで来て  うちには鈴を振る  うちのきわめて少数なある  うちに私はこの雑多な品物のほとんど大部分が皆貰いものや借り物である事に気が付いた  うちにサイレンが鳴った  うちできく  うちに暗い険しい色をうかべる  うちに開け放されていた  うちに鈴木貫太郎内閣が退陣した  うちの縁側に休んでいた  うちのぐるり一帯には噂話ばかり横行していて  うちを思うと  うちにこういう思いを経て来ている  うちへ打った  うちに充満している  うちに悲しみよりも深い寂しさを感じて来た  うちのものの生活は変ってしまった  うちに鎮めてくれる  うちその心がきまった  うちは耳につかなかった  うちになった  うちのものばかりで片づけて行こう  うちにさわ子の生きてゆく  うちを思いやり  うちに救い出されず  うちに起立して  うちからつれて行った  うちへ泊めて貰ったという  うちに重吉が手をとって  うちに眠ってしまった  うちへ行かないか  うちは主の恩に感奮し  うちに相州さまは判官行村さまをお呼びになり  うちに和田勢は御ところに押し寄せ  うちにも御ところの周囲に於いては  うちに敵兵と逢ひ  うちに喉がかわいて  うちの一人が少し進み出て  うちに長沼五郎宗政さまを鎮圧のために御差遣に相成りました  うちに変つた土地を御覧になつて来る  うちに異国に渡り  うちに将軍家は陳和卿のお話だけでは満足できなくな  うちは何だか熱中して  うちに尽きる  うちに空襲となり  うちに覚せい剤としての効能などが分ってきた  うちに春子さんの病気もすっかり癒ったので  うち負かされて  うちに第一部の正誤が出来たので  うちに全部まいてしまった  うちの一人が足を折ったから  うちの棧橋へトロール船がついているぞ  うちの棧橋へあげる  うちにできた  うちにロンドンへお帰りになる  うちに忘れたる  うちにただ一度いおうと思って  うちにはおれが仕方を考えて思い知らせてやろう  うちに津々浦々までもひろまりました  うちに様々な生活上の事態は水車の勢ひをもつて  うちにはやがて歌も歌へる  うちに日常会話までが古代のギリシヤ語になつてしまふかも知れない  うちにはどんな計画があるでしょう  うちに死去せられる  うちに垂込めては置きますまい  うちに自身の進発の足がかりをも確保し得たであったろう  うちに加はつてゐる  うちでとめてもらった  うちにお菊が出て来た  うちに取出しておこうか  うちに夫の愛は次第にさめて来て  うちに播磨は帰って来た  うちに向うから  うちはいよいよ寂しくなった  うちに白柄組のほろびる  うちに亡くなって行った  うちに夕立雲が出てきて  うちに灰になってしまうだろうよ  うちに雪が掛る  うちに十時が来て  うちに自首したら  うちつとで思ふ  うちに随筆を書いたと  うちに芝居の作用という珍奇な言葉を案出して叫んだ  うちにひまを見て  うちの桃はもうそんなに咲きましたか  うちに言った  うちに済んだ  うちにきまっている  うちは何のことか解らなかつた  うちにはあまり現はれないで  うちに風でも引かせると  うちに焼き殺してしまうが  うちに片づけてしまった  うちに叩き込んでしまって  うちの一つと称すべく  うちに相応院へ引きうつる  うちには代官邸らしいのにぶっつかるだろう  うちに鞘当ても起らないし  うちには酔いがさめて  うちから手込めにかかったが  うちの一人を狙って  うちの為めになり  うちを一通り廻って見た  うちに人のいる  うちに人を抱き込む  うちに帰ってしまいましたよ  うちに敵機がやってくるかもしれない  うちじゃ防毒室の眼張の糊がまだかわいていないので  うちに死の都となってしまうだろう  うちの会社へ来ていたね  うちには海軍軍人が二人いる  うちに姿を消したというが  うちに先発艇のうしろに追いついてしまった  うちに頭がへんになってくる  うちに狭くなっていく  うちに落ちた  うちに艇は次第に安定を回復してきた  うちの一本がぐにゃぐにゃと下りてきて  うちの誰もが知らなかった  うちにもう花が咲いてしまう  うちに道路は小砂利になり  うちに花が咲き出すから  うちに費い果たすかについて  うちに亢奮の疲れが出てきた  うちでの最強者と思われる  うちに博士が一歩下って  うちに手をハンドルから放すと  うちに桃色の暈光となって  うちに埋もれておりながらも  うちから誕生する  うちにこんな言葉があります  うちに看護婦もおりますから  うちに記されてゐる  うちはショーバイにでられないといふ  うちは金をためても  うちに走り得たとしても  うちに警察から放免された  うちに男はある  うちには知らず知らず  うちは結構と言ふな  うちに書きますよ  うちに窮すれば通ずるとでも言う  うちに樽の中が泡ばかりになりかけて来ると  うちにようやく経の用意も出来たので  うちにしつこく従いて来た  うちに清もいつの間にか上手になって  うちに忘れ  うちにひどく疲れてし  うちに訪れて  うちを安く見積り給ふな  うちを安く見積り給うな  うちの抜けた  うちへ来ないか  うちに認められたが  うちの素六もさっきに出掛けましたよ  うちに大きくなった  うちの清二のところへ遊びに来たっけ  うちにやられたという  うち固って狂奔する  うちに四方八方へ拡がり  うちふっていた  うちに握り潰すと  うちに急造した  うちにこんな話になった  うちに時が経って  うちにこの地方の小鳥の習性も少しずつは変り  うちに大きくはなったが  うちのコカワラヒワに尋ねて見たい  うちにそれがあんまりわざとらしいのに気がついた  うちの垣根にひっかけて  うちに泣いたり  うちから行きなれたたった  うちに過ぎる  うちに秘められたる  うちにまたいくつかの弾をくらったらしい  うちに東京の動物園に現われ  うちの三毛ねこになったりする  うちの台所の水甕の生命よりも短いこともある  うちに肩を並べて  うちを無事に疾走り去ってしまう  うちに沈んでいる  うちに私は誰もいない  うちの一人は私の姿を見て  うちに荒狂っているとしか思えなかった  うちにこのことを感じ  うちで破り捨てたからであった  うちに大きい穴が出来ているからだ  うち立てられていないからだ  うちにも下されている  うちに背っている  うちに刈られ始める  うちに威風天地を払はんばかりに堂々たる城廓がそびえ立つてゐるではないか  うちに敵の空襲をうける  うちに大変驚いた  うちへいらっしゃいというので参りましたら  うちからきいている  うちに行われようとしていますが  うちに才能が成長し  うちにあれば  うちに示されているからです  うちにだんだんとその火熱が高くなって来る  うちに付き添っていた  うちに跡を追う  うちにいつの間にかお作自身が酔っ払ってしまったらしい  うちに源次は今一度唇をムックリと閉じた  うち曇り黄ばめる  うちしめり浮きもいでぬる  うち向ふ  うちも向へるいと  うちにじみ  うちに忍び  うちに七度八度潮あび  うちで寫眞を寫すといふと  うちは野良通ひの  うちの一人を出家にする  うちはなるべく題材を戸外に求める  うちの庭とは比較にならないほど  うちに土方のようなものが二三人すぐ背後のほうへ来て  うちに荷馬車の音がして  うちに午時も過ぎた  うちに豊雄にすすめて  うちに周将仕  うちに李克用の誕生日が来た  うちに朝廷から恩赦の命がくだって  うちに葬り去られて  うちで余のもっとも要点だと考えるにも  うちに一点の温情を認め得ぬ  うちに筆はすでに着々として  うちに筋を立てて見たって始まらないじゃないか  うちにこう云う  うちにこの態度で文をやった  うちまでとんでかえりました  うちまでたどりつくと  うちに湖面は黒くなって  うちに見て  うちに都中へひろまりました  うちから見物人が立ちならびました  うちのおばあさんも平たくなっている  うちに書いておいたが  うちにも文化は進んで  うちにも偉大な進歩は遂げられた  うちはやはり昔からの先入的な意見の抵抗があり  うちにこの物質の中からアシと名づける  うちに太陽の方がもっと重要な影響を及ぼす  うちの一日を取り去り  うちでも一番珍重された  うちで今日に伝わっている  うちでこれに勝る  うちは敢て彼に拘束を加える  うちでもなかんずく火山作用が最も著しい役目をつとめた  うちにこの固態の輪は破れて  うちに中心近くまで来てしまうという  うちで内側にある  うちに漂浪する  うちの大多数は多分螺状星雲であると考えられる  うちでフォボスと称する  うちに収縮してしまい  うちに仮定された  うちにはこの圧力のために無際限の空間に撒き散らされてしまった  うちで寒冷な部分にある  うちのいろいろのものが今日でもなお生存能力を保留している  うちには暇を見て  うちの一個の自己爆砕によって七個の電子を持つ  うちついいい仲になっていた  うちにこんな数行が載っていた  うちに快感のある  うちにもこんな話が載っている  うちにふと伝右の手へ触った  うちにやはり弟子を過まるからと断わられ  うちにも言い忘れていなかった  うちに何人か議長席に近づいて  うちに演説会によく聞きに来る  うちにまことの愛を見出さるるまで  うちは心配していただろう  うちの読めぬ  うちに夜はふけ  うちに早く死を急ごうとあわてて  うちには地獄においても亡者自治の世界が実現すると思うています  うちに大阪市で発明家大会を開く  うち早くから寝た  うちに彼はまた元の小男になったので  うちに進化しておかないと  うちから起す  うちの汽缶にくべて  うちに愛国銀行の支配人から電話がかかってきた  うちから賭博を覚え  うちに検事殿がやって来た  うちによい玉を五匹くらい殖やそうと思うとります  うちにドヤドヤと物好きの大阪人が天狗先生と鼻垂先生の周囲に集まって来た  うちに建てられた  うちに火星人種の滅亡も近いことを発見した  うちがあると思ふ  うちのどっちかが偵察機に認められれば  うちにこれでも喰っておけ  うちふるわせ  うちに蘇って来た  うちに形づくり  うちに他の子供たちは去った  うちの私のよく覚えている  うちにそんなにも沢山の花を一どに咲かしているからだとは  うちに描きながら  うちに曲が少しずつ展開して行く  うちにそれがどうやら少しずつ発展して来ている  うちに蘇らせる  うちでもちょいちょい何かくれてやりました  うちに蘇らせ  うちの一人との気まずい再会を恐れて  うちに私たちがやっと短い会話を取り交わす  うちに私はこの村をさっと立ち去ってしまった  うちは私たちのよく見かけた  うちに遠見がどこかそれらに似た  うちでは驚きながら  うちの誰かが足を滑らして  うちは此処にいると  うちはひっそりとして  うちに顫えてくる  うちから感づいている  うちに介抱されちまう  うちに愛すべき  うちにも高い叫びを慎んだ  うちから聞いて知って  うちから八千本の通し矢を取って  うちとまかろか  うちに加えてある  うち御一同は船へお引揚げなさい  うちに相携えて  うちに急に見つからなかった  うちを物色する  うちにも飛びついて  うちがわき立ってきました  うちがざわめいて  うちに隠れてしまって  うちに山伐りに出かけてしまう  うちには認める  うちに先手を打って  うちを外より来っておかす  うち殺してしまった  うちに葬式を済ましてしまった  うちに玄関へ来ると  うちに生き育てられる  うちにうっすりと描き出されていた  うちの印のついた  うちに京へ着く  うちへ入れる  うちに殺してしまわねばならぬ  うちに船が出てしまった  ウチの親玉の女狩りにもたいてい呆れるじゃありませんか  うちでは娘がいやがって  うちに直覚的にわかるからね  うちに佐賀から自動車を飛ばして来て  うちに僕をタタキ起した  うちの娘では御座らぬと云い出した  うちに柳川ヨシエの行先がわかったら知らせます  うちにフト思い出して尋ねて見た  うちに嫁女が姙娠した  うちに嫁女がチブスに罹って  うちに敬吾が帰って来ましょうから  うちの者に不淨物を取除けさした  うちには二人三人の拜見をとて來るものも無きにはあらねど  うちには看護の暇をうか  うちに生命が危ふいとか  うちに気が遠くなる  うちに私も上原さんの小説を本気に読む  うちを書きした  うちに直治の眼から涙があふれて出た  うちに人の子は来るべし  うちに砂利道の石につまずいて  うちの社長ったら  うちには決して無いとわかった  うちに必ず死ぬ  うちに河心の島根に添うて  うちに歌うたふ  うちにまたこの仕  うちに雨になった  うちに動脈をふくらます  うちに鳴りひびいていた  うちの何を一番ほめた  うちに消えていった  うちに聴き  うちより動の響きを聴き取るだけの  うちに熾えたっていた  うちに投ぜられつつ  うちに復活せしめた  うちに沈んでいた  うちに相愛するであろう  うちに閉じ込むる  うちに一括する  うちに綺麗に剃られていた  うちから常さんの借銭を返したら  うちの主婦さあも彼店で買う  うちを出ていってくれといって  うちにどんどんなくなってゆく  うちに本降りになって来た  うちへよらなければならなくなった  うちは相手にならずに  うちに三尾ほど釣り上げたらしい  うちに一種の柔か味を含んでいて  うちで思いました  うちにふと見ると  うちに専門家をおたずね申して  うちに事が運ばれた  うちに日が経って行った  うちで紡いで  うちにころころ下にころがっていった  うちに呟き始めるという  うちにも妙に白けた  うちに一手御指南に預りたい  うちに伝二郎は二度びっくりした  うちに取り毀して  うちに駈け戻った  うちに縛引いて見せる  うちに二十前後の支那人は帳簿へペンを走らせながら  うちには忍野君の胴が腐ってしまいます  うちに下役は彼の側へ来ると  うちに下役はズボンの右の穴へ馬の脚を一本さしこんだ  うちにがたがた後へ下り出した  うちに彼女の耳にはいった  うちに雨の音がしなくなった  うちは岩さんで大騒ぎをした  うちに次第に心が和みましたな  うちの誰か一人がもしこの愛を破ったなら  うちに白くなった  うちから詰めかけて来て  うちも気遣わしそうに岩太郎は四辺を見廻した  うちに笹の平の窩人の数はわずか二百人となってしまった  うちから三人の弟子を引き連れて  うちにさあ立ち合えと云う  うちには乞食非人に堕ちようとも知れず  うちに肉屋はほうちょうをとぎおえて  うちに夏が来ました  うちの犬が二ひきとも見えないが  うちの犬はいないだろうな  うちの犬がつかまっている  うちに殺っておいて  うちを半々に岡崎町と采女の馬場に宿分していて  うちしめりておわし候え  うちに発表され  うちから私が焚きつけておりますが  うちに盗まれてしまった  うちに必ず失せ物がでるとの  うちに失せ物の現われる  うちに出してみせますと云う  うちに泣く泣く利子を御隠居に支払いました  ウチの婆さんを怒らせち  うちにふと良寛上人の噺が出た  うちに許されていた  うちに首吊は  うちに珍らしい大雨になつてし  うちにいつか憂鬱になつてしまふ  うちに白い水着を着た  うちに歯医者の札を出した  うちに涙ぐんでしまった  うちに寒くなりかけたので  うちは周囲の騒音の中に消されているけれども  うちに幾度となくこうした顔のしかめ  うちにと帆を立て  うちにさらわれてしまって  うちに陸の上で起こった  うちに君はたまらないほどさびしくなって来る  うちに私は飽きてしまった  うちに美智子さんはこんなことを言い出した  うちのピアノの音はやんで  うちに隠れて  うちで交際の一ツだと申して勧められますけれど  うちするもので御りっぱにみえますネ  うちかッて聞きました  うちの旦那がまだ生きている  うちまで一さんにかけてきて  うちがあるといいけれど  うちでは陰でほめているの  うちの兄さんのところへお嫁にいらっしゃると  うちではござりませんか  うちに亭主を盗んで  うちへかえってもかんがえる  うちにすべてを呑みつくして  うちから自選した  うちに若干の時が経ちました  うちに天朝様の世になって  うちに往って戻る  うちのマネージャときちゃ  うちに独りで面白く蛍狩りを試みようと  うちでは何やら別なことを呟きながら  うちに又大きうなってしも  うちの診療所に連れてって  うちに急に気分でも悪くなった  うちに私のような者でも妻室にしてくれる  うちに殺される  うちに朝になった  うちに日が暮れかけてきました  うちの前まで来ると  うちから抜け出して  うちにはいり込む  うち振りながら彼女を眺めた  うちは盛んに怒鳴り  うちに響きわたった  うちに流れ込んできた  うちにのみ込まれる  うちに伝わりわたる  うちに存在していたから  うちに甦ってきているから  うちには慣れてくる  うちに熱心な聴衆を見出す  うちに目覚めていた  うち立てるのを目的としていた  うちに見出していた  うちに最もよく話が合ってる  うちに溺らして  うちに訴える  うちに泳いでいる  うちに脳溢血を起こしかけたほど  うちにただ一人ぽつねんとしてる  うちに持ってゆく  うちにはいかにも多くの美しい力強い芽が存していたけれども  うちは別に彼を傷つけはしなかった  うちには命令する  うち明けて言いえなかった  うちに全身を凝り固めた  うちはその権利をもたないと考えていた  うちに認めてはいたけれども  うちには名状し  うちに潜んでる  うちに描き出し  うちにとらえられて  うちにとらえられていると  うちにもたらした  うちに引いてゆく  うちに忍び込んでくる  うち震えていた  うちに充満してる  うちでほんとうに音楽を感じている  うちに気づかれた  うち負けてしまった  うちに結びつけ  うちを帰途についた  うちに浸った  うちに投げ込んでしまった  うち解けて話した  うちに鳴り響いていた  うちの何をいちばんほめた  うちに早熟な高慢心が増長する  うちでくり返す  うちに刻み込まれていた  うちは彼を放さなかった  うちから心に止め得た  うちにはいり込み  うちにおし寄せて  うちに皆なで  うちに上からばたっと  うちに上からばたつと  うちにと養女にやった  うちの子とよく遊んで下さいます  うちの百三の嫁さんになって下さい  うちの茶園はどこい  うちにと私は酔って  うちの氏子総代でよく見えますよ  うちに私は出発した  うちから法名を墓石に彫り付けてあって  うちに彼は久しく忘れてゐた  うちのいいものではないと苦々しく言う  うちに沈潜していった  うち明けて話す  うちに敵がある  うちに沈み込んでゆく  うちにつのっていた  うちに逃げ出そうかと考えた  うちに多くの得意を彼に得  うちで入り交じっていた  うちに閉じこもった  うちに沁み通ってくる  うち喜んでいたので  うちにそれを維持する  うちにもこれほどの友情があろうか  うち明けないで我慢していた  うちに一つの革命が起こっていた  うちにはいってくると  うちにも疑念がこめられてる  うちに眠ってるが  うちに浸っていった  うちに漂っていった  うちにうとうととした  うちに口を隠して  うちに旅館へ帰ろうと思った  うちに老僧の姿は昼もあらわれて  うちに形は消えてなくなって  うちで覚えた  うちに優に別乾坤を建立している  うちに花嫁の姿を浮べて  うちに是非見て行こうと  うちに辛防しながら  うちは椽に近く聞えた  うちに若い女の人がいるだろう  うちは勝れて  うちに雅味があるなら  うちへ奉公した  うちにはきっと自分と同じ感興に触れた  うちで小声に誦しつつ  うちへ御客が見えたから  うちに会したるのみにて  うちは随分御読みなすったろう  うちは毎日話をしたいくらいです  うちで静かに読み  うちにも廂を突き破って  うちにだんだん大きくなる  うちに色と物とを織り出すか  うちでもっともうつくしい所作をする  うちは七分五厘まで引きました  うちには不思議にも今までかつて見た  うちに何か一つぐらいはいいものを見ておきたくなって  うちにおのずから故しれぬ  うちに自分でも知らず  うちに一と月ぐらいはいつのまにか立ってしまう  うちにいつしか自分を神にしていた  うちにとおもって  うちに深い感化を与え出していた  うちはなんだか曇っていて  うちの何物かがそれを僕に強く命ずる  うちにいろいろ考えた  うちに萌しだした  うちにいつも一つの場所を占めている  うちに一聯の挽歌に出逢い  うちの中でも頸巻をした  うちに二度も三度もやって来る  うちでも立派な赤岳と横岳とが並んで聳え立っていた  うちでもはっきりとしていない  うちにこれほど強く降ってしまえば  うちに浮べてみていた  うちにあちこちの森だの山だのが見えて来る  うちのほうが小説を書く  うちに身を打ち込んでやりたいと  うちに大きな立派な仏壇の前で読経にかかる  うちにもぱらぱら落ちてくるし  うちに夜が段だんと明けて来た  うちからここにいました  うちに打算せられていて  ウチへ上りこもうなんて  ウチで起った  うちの誰でもない別の人間でなければならぬ  うちの単語を修得し  うちに石巻の港へお着きになる  うちに平べったくなって  うちの一つでなければならぬ  うちにいよいよ濃度を加える  うちでも優れた  うちを片づけたりして待っておりました  うちからお松の焦躁の種を蒔いていた  うちの気のよい桶屋さんの形によく似ている  うちに全く陶酔して行く  うちの奥州訛を面白く心得て  うちのいずれに比べても  うちにこそあるが  うちに見つけ出して  うちにむっくりはね起きた  うちでつぶやきながら  うちに陶酔を感じながら  うちのヘンリ・シメレ君は斯うした彼の種族一般と何処か違っている  うちに遊びに来ていた  うちへは帰れず  うちの者と何気ない世間話をして帰って行った  うちは斯んなに金がかかる  うちの森の中に暴民共が多く集まっているらしいから  うちの森にも確かに土民共が潜んでいるらしいが  うちの畑でとれる  うちによくこの顔を見て置かう  うちへ帰りたいらしく  うちがあるから  うちに一人の子が云ひました  うちのおじさまにも云えば買ってきてくれますし  うちに来てもらおう思うております  うちに停車場へ往く  うちに先生が一緒に行って話してやろうか  うちで心配しているよ  うちから伝説化されて  うちにはうなだれ  うちは書かなかったがと  うちに没頭していた  うちに時たま輝いた  うちにつなぎ止められてる  うちに眼を開きながら  うちにも幾分か存していた  うちに過ぎてゆき  うちに生きていた  うちに太陽と生命とを有する  うちに迷い込んだ  うちに何か起こった  うちに近ごろ起こっていた  うちに動き回ってる  うちにしみ込んでいた  うちに堅く閉じこもろうとしても  うちになんにも知るに足るべき  うちに愉快な響きを伝えた  うちに潜んでしまって  うちで楽しく交り合った  うちになされつつあって  うちに漂っていた  うちに何が起こってるか  うちに日々を過した  うちにあばれていた  うちに弁解を見出していた  うちに身を任せる  うちに幻影は過ぎ去ってしまった  うちに甦らんとあこがれると  うち合して震え  うちには悲嘆の調子がこもっていた  うちながめていなければならない  うちに沁み込んできた  うちに音楽を呼び覚した  うちに蘇らせようと企てた  うちに湧き上ってきた  うちにも燃えてきた  うちにくぐまり込んで  うちに転々する  うちに浮かびながら  うちに過ぎてゆく  うちに一時間たった  うちに自由に反映していた  うちに惘然と沈んでゆくと  うちにおいて愛していた  うちにいだいていた  うちに溶け去ってゆくほどの  うちに育てられ  うちにはなんら軽蔑すべき  うち任していた  うちに陥ってゆき  うちに取り入れた  うち明ける習慣になった  うちに呼び起こさせた  うちにもってる  うちに何か凡庸なものがある  うちながめていた  うちに荒れていた  うちにある汚さんとする  うちの純潔なものを汚さんとする  うちに堕落しきった  うち倒されてしまったほど  うちにあったが  うちにはっきり感ずる  うちに芽を出してる  うちからもう店出入りのことを考えている  うちに針を取り  うちに針をおく  うちやわらいだ愛想顔をみせる  うちへ連れて行って飼って置きて  うちに売ってしまった  うちに姿が見えなくなった  うちに戻りましょう  うちの六分三毛というのがほかの混ぜ  うちのホンの生きて行くだけというよりは  うちの男は鍬を捨てて  うちに一人の我儘者が出たとします  うちの一人の女を恋したとしましょう  うちの一人の男が一人の女を愛してはいるが  うちから教育して置きたいと思います  うちから自分たちの視覚を攪乱していた  うちに柝が入ると  うちには凍る  うちに皆も眠い目をこすりこすり起きて  うちに帰りたいと思ってる  うちに帰るという  うちに波田は五十銭の予定額だけを食い尽くした  うちに第一の皿をあけて  うちにもう少しかせぐ  うちへ帰るよ  うちに木は芽を出して  うちにできるでしょうか  うちに仕事ができるし  うちにだんだん日は暮れて  うちに僕のみ一人侘しく遠い岩壁に小さく残して  うちに日が暮れてきますと  うちに眠ったと見え  うちに僕はすぐ目の前にさざ波のきらきら立っている  うちに挨拶ぐらいはし合う  うちに遠目にも活き活きと笑っていた  うちは真に受けなかったにしろ  うちに海軍の兵曹上りの男が宵のうちから卵塔場に張りこんでいて  うちを知る  うちには黙  うちがあなたにお礼を云はなくつても悪く思はないで下さいね  うちに四辺がすっかり暗くなって  うちに酌みとれる  うちに激しく咳き入った  うちに隠れていた  うちには娘のほかにだれも人はおりませんでした  うちにひどい熱をもって  うちには気の毒に思いながら  うちにも馬鹿に気高くなってしまった  うちにたちまち物に驚かされた  うちに持って来て  うちに食べたからな  うちに医師は薬を盛ってしまい  うちに癒ってしまいました  うちにその鬼の形がズルズルと崩れてしまった  うちには電話がある  うちに角が出たり  うちに行はれる  うちに胃が酒で一杯になった  うちで処によりて味に違いがある  ウチにちょうどよいユカタがあるよ  うち負かして一人勝ちのこった  うちから二人出征している  うちにあるかもしれませんな  うちの玄関で勉強をしていた  うちの美代さんもこの中にいる  うちの二週間を過ごした  うちに帰京の期が迫って果たさなかった  うちは帳場の蓄音機が人寄せの佐渡おけ  うちに潮のさして来る  うちは宿の池のほとりで仕掛け花火があったりした  うちに次第に慣れて来た  うちには何度となくヴェランダの前へ来て  うちの一羽が別荘の黒犬に食われた  うちの子供らがあひるを慣らしている  うちは見るには見ても  うちは氏に大へん叱られた  うちにまぐれ当りで一つ二つ多少見るべき  うちを出て行きました  うちへ来い  うちに閣下夫人の御意を得てくれな  うちにこの偉大な士官も次第に激情にそそられ始めた  うちに血を吐いて死んだ  うちでは自然押し出されていたし  うちは御互に困る  うちへ何を見に行くとかいう  うちへおいでなすって  うちには全生活を感ずる  うちの少部分であると思います  うちにくまのけ  うちに死んでいて  うちに毒殺してしまったと記している  うちに消息が判明する  うちに酒を量らせて  うちに見えている  うちにもここへくるかも知れぬ  うちに算える  うちに怪物は勝手元へまわり  うちに持って還ったか  うちに開拓するという  うちに他の一方が熊笹や野茨や茅に埋められるという  うちに駐在所まで来て  うちに著しく延びて  うちでは小ざっぱりした  うちには投げ出された  うちしめりわけもなく涙ぐまれる  うちは海近い南の浜辺で暮した  うちに野衾に血を吸われて冷めたくなっていた  うちに季節はかけ  うちにへんなところへいってしまった  うちに老先生の呼吸が少し静かになって来た  うちは両氏等も倉皇として翁の枕頭に駈け付けたが  うちに利彦氏の腰付が心気の疲労のためいよいよ危くなって来ると  うちは其様な事は許さん  うちに翁が笙歌を云いながら  うちにシテの出になる  うちに十六七歳になったので  うちにサッサと舞台にかかる  うちは誰でもワキの詞を云う  うちに坦々蕩々たるお能らしい緊張味が薄暗い舞台一面に漲り渡る  うちに大小の頭が来ると  うちに最早汗を掻いていた  うちにダンダン出来のよし悪しがわかって来て  うちに翁は真赤になった  うちにたき捨て  うちに自宅に帰って  うちに鶯はパッと飛げ出しました  うちの梅の木で鳴いていました  うちは此処を羅馬だとばかり思つてゐたので  うちからそんな声が洩れた  うちには俺達の森には若い女が一番沢山集つて来た  うちのこどももゐる  うちの一つに連れこまれたとしたら  うちには肉食的な野性がある  うちでも最も傑出している  うちには家康の旗下についた  うちにうんとしや  うちのひとの世話にはなりたくないの  うちつと早くそれに気がついて  うちに催眠薬を多量に飲んだらしく  うちが減る  うちにあたりの風景を一変させた  うちに結婚する  うちに来ると思う  うちの手頃な一軒をすぐその場で買う  うちに慣れるさ  うちに見分けて  うちの三人はホテルの中へ吸い込まれたのに  うち見たところ職人渡世でもしてい  うちの一つとして既に十分評価されている  うちまかすと思われる  うちに四月しかねえでごわす  うちにあばきあげ  うちへけえった  うちの様子聞いちまったんでがすよ  うちで長年使われていた  うち笑っていましたが  うちにとッとと消えて失せねえと  うちで自信のある  うちにはきっとおれにおじぎをさせて見せるぞ  うちに蜘蛛は腐敗して  うちへやって参りました  うちに小間物屋のまへは通りこして  うちに私は自分の運命をその音のなかへ感じる  うちでおよそいちばん的確にその人の職業を物語る  うちに下手人の摘発ができるだろうという  うちから一団となって  うち倒れている  うちに先回りして  うち沈んでうなだれた  うちに大粒の雨が降って来る  うちに日も暮れてしまって  うちに夕立もやんだので  うちに誰かが呼んで来た  うちに八王子の方へやる  うちに二十平らげた  ウチは勝手が分らぬ  ウチへ稼ぎにはいる  ウチへ盗人にはいる  ウチへこないか  ウチの池で蛙のむれが  うちに学徒出陣というようなことになり  うちに死んだか  うちに帰ってくる  うちにもう燈がつく  うちに中原はもう歩きだした  うちの細君と論戦している  うちの細君に向ってまくし立てた  うちの細君はこういう答弁を与えました  うちの細君の創意工夫のアメリカソバをごちそうになって帰りましたが  うちに顔色が土色に変じだした  うちにまたお宿下がりをもらうから  うちに右門は立ち上がった  うちを捜しあてるくらいな  うちを捜していく  うちに白いものがふんわりと出たじゃねえか  うちに出たじゃねえか  うちの若主人にかぎっては  うちにはき  うちに帰ってまいりました  うちは陰にこもってまいりました  うちに仲間割れが生じた  うちに傳唱されて  うちに答えながら  うちのままたきなぞをてつだってみないか  うちにいますぜ  うちにけえってみると  うちもいおうとした  うちに伝唱されて  うちに裏の墓をあばいて  うち笑って敬四郎のところへ歩みよっていったとみえましたが  うちうなずきながら聞いていましたが  うち案じていましたが  うちふるえていましたが  うちにお忘れなく  うちを承りましたので  うちにゆっくりと昼寝でもしておきなよ  うちにも迫りきたったるは  うちにその理論の具體的なる根源を有するといふ  うちに實踐の契機を含んでゐる  うちに於て働かさねばならぬ  うちに置かぬ  うちに働く  うちに百枚以上の小説を書いてしまふ  うちの防空壕を御遠慮なく使つて下さい  うちだんだんに体が弱って  うち見まもっていましたが  うちにまた何かおれでなくちゃ判断のつかねえ  うちになっておりますが  うち倒れてしまいました  うちの親方はぬけ  うち笑みながら立ち上がった  うち笑みながらいいました  うちは船の帰る  うちの四人が決死隊となって  うちへしのびこみ  うちに彼は再びイギリスの軍司令部へぶらりと出て来ました  うちを物語ったら  うちとは思いましたが  うちへけえって  うちに当の住まいを見つけてまいりましたから  うち見たところ正直者らしゅうはあるが  うちでもこんなゆかしい品もあるかと  うち見とれていましたが  うちにとうとうあのかたも行きつく  うちときおりわちきの  うちにいぶかしくも映じた  うちにも上方へともども出立いたされよ  うちに相通じる  うちに読みとれる  うちに宿つてゐるならば  うちでも毎日外国へ出す  うちのたいせつなあんちゃんがそのくまに殺されたから  うちのお師匠さまが申されました  うちには殺生戒とやら申す  うちのお師匠さまはときおりないしょで生臭を食うと  うち見守っていましたが  うちに熊仲和尚が黙  うちに交じっているかいないかが  うちに刃を引くか  うちでうらやみました  うちに僕等は薄苔のついた  うちにふくれあがって  うちのものに玄関まで送らせまして  うち笑んでいましたが  うちをあけずに寝ず  うちにいるに  うちからひ  うちのいずれに秘密の細工をしてあるか  うちには昔から妙な言い伝えがごぜえまして  うちの身代を譲るっていう  うちに栗毛虫でも叩き落してやらうと  うちふられていたが  うちでこまかいところまで考えていた  うちを冷たい刃物がさしつらぬいてゆく  うちにもなにかもっと彼等に役立つ  うちに太陽はだんだん西の水平線に傾き  うちに幽霊船が遠くへいってしまうぞ  うちに手をあげろ  うちに安全なところへ避難しなければ  うちからも加つたりして  うちにわたしの氣づいた  うちにちょこちょこと取ってしまう  うちにも気骨のある  うち見たところ旗本どもに親のかたきがいるという  うちにただならぬ殺気が見えた  うちのだんなはちょっとできが違うぞ  うち笑ってさえいた  うち沈んでいた  うち沈んでいいました  うちに松やにのにおいがしみ込んでいた  うち調べていましたが  うちはあんどん一つともっていない  うちから得意の投げな  うちのあちらこちらへと注がれました  うちに微笑しながら  うちに自分から先にたって  うちのどちらかが残した  うちを見ながめていましたが  うちの庭じゅうを狂いまわりだした  うちの庭先へ逃げ込みやがったんで  うちにくちびるまで色を変えていましたが  うちの土蔵を調べましたら  うちにつけ慕っていた  うちを追われた  うちのひとりぐらい押えられ  うちに国もとへ早飛脚立てておかねえと  うちに名人の手がそろり  うちにすごすごと帰ってきた  うちへなにもご家人に化けていかなくたって  うちに駆けだして  うちから米のとぎじるで飼い育てたら  うち忘れあと追いかけまして  うちおどろいたのを軽く押えながら  うちはやけにあい  うちに今はいっていった  うちに主人の全体を観察してしまいました  うちに日が暮れちまったじゃござんせんか  うちに名人の手がそろそろとあごの下にまわされだしました  うちにも冷たくなってしまいました  うち考えていましたが  うちを歩いていましたが  うちの家族の様子を探りゃ  うちの玉ころがし  うちだといってね  うちの江戸へ首尾よくぽとりはいらば  うちにも少し知恵の働く  うちの木立ちがくれになった  うちの春菜にかぎっては  うちから預けた  うちに出て歩かなければ  うちにかく云った  うちに股引を穿いた  うちに校長自身が現れた  うちに仕上げなければならない  うちに早く鵞鳥が欲しいなぞと我鳴り立ててはならないと思って  うちにぽんぽんとやられちゃ  うちにすぐまた三度めの宿を替えたら  うちを調べだしました  うちの師匠はかたばみでござんす  うちにおのずから明らかになるとしよう  うちに新しい中庸を求めなければならない  うちにこれを求めるべきではない  うちの表にまごまごしておりますぜ  うちの様子をうかがっている  うちの庭に温泉でも吹き出しましたかな  うちにありといわぬばかりで  うちぐっすり寝ておきな  うちから降りやんでいる  うちにはいろうとした  うちのひとりののど首目ざしつつ  うちで繰返している  うちに両手がわなわなと顫え出して来た  うちに彼女は鏡のやうに大きな岩の蔭に隠れると  うちの前をうろうろしていた  うちへ連れていきな  うちをあちらこちらと見捜しました  うちがよくやる  うちを捜すな  うちの表べやでやっちゃいねえ  うちに千葉のほうからお金持ちのおだんなさまが参る  うちはこっちのからだだとおふたりさまが申しまして  うちには前途から誰か心得のある  うちにして  うちに真先に逃げてしまいました  うちにこの土地をすっぽかしてしまいました  うちの親玉にもたいてい呆れるじゃありませんか  うちに御両人がまた手に手をとって  うちは宜しうござんすけど  うちに逃げてみようという  うちに一度は御参詣をして置きたいと思いました  うちの梨の木で蝉が鳴く  うちには胸が透いてくるよ  うちと言うからな  うちに茶話を楽しみましたが  うちでないということは言えない  うちを見廻しました  うちに一人も居合わさない  うちと申しますが  うちに握る  うちのことはここに思い出すまい  うちに弁信は湖岸の一部へ出るには出ました  うちには男に勝る  うちながめたことがあった  うちにも迫らない  うちには眼色毛色の変った  うちに商人の方がこういうことを言い出したので  うちに最も利益のある  うちに食事は済んで  うちを分割して  うちの八分の一を譲られた  うちの者を選んで  うちはずいぶん旅をなされた  うちの奥のほうにちげえねえからね  うち笑って名人が押し止めると  うちの親分がこの縁側まで出ていったと思ったら  うちのどやつかから一子相伝の奥義皆伝でもうけた  うちうろたえている  うち笑みながら静かにいって  うちの涼しそうなところを求めていたが  うちに発展するだろう  うちに日が西に傾く  うちにハーシュはあんまり車ががたがたする  うちには笑声も交った  うちへ駈け込んで  うちに二人を抱き上げて  うち見守っていたかと見えたが  うちにもうあの眼がさえ渡りました  うちに顔色の変わりましたが  うちに来りゃがった  うちにもあきらかな震えが見える  うち騒ぐ色も見せずに  うちで心配しているといけないから  うちに八人みんな回って  うちにふたりおるなら知らぬ  うちに起きね  うちで染めて売ったしごきを  うちの一本にいつものとおりこっそりとてまえの  うち乗ったまま急がせて  うちが静まり返っている  うちに受取る  うちに二十万法勝ちあげ  うちにひどく憔悴してしまい  うちになにげなく顔をあげ  うちに夜を明かした  うちにあのかたを看病する  うちに夫がやりはしまいか  うちのお寺がご本寺の一真寺さまから分かれてまいりました  うちのお寺にはたい  うちのお寺とにらめっこをしている  うちに伝六がやって来るべき  うち騒いでいるさ  うちのふたりがしめし合わせて  うちに日を送られました  うちに抱き合っていましたが  うちに陸へ帰ろう  うちに剣をとらせては及ぶ  うちに二つの黒影がもつれ合って  うち震えながらうずくまっていた  うち案じておりました  うちはひと足も外へお出ましにならず  うちを売り売り捜している  うちそろって引っ立てていった  うちが凍える  うちに入水した  うち考えていた  うちにとっとと帰ってくんな  うちに山を下りてゆくという  うちに秋の日は早くも暮れて  うちにもいい  うちから私が疲れたといって  うちにそれらの見知らぬ力を感じて  うちには深い喜悦の色が輝いていた  うちの考えがすっかり読み取られた  うちに何もかももってる  うちに展開してゆく  うちになんで選択の要があろう  うちに動いてる  うちにはあらゆる観念が積もっていて  うちに眼を向けて  うちに身悶えをする  うちに幻想の収穫をもたらしていた  うちで相衝突してるた  うちに輝き出してる  うちには強い活気が宿っていたので  うちにそれらを見出す  うちに過去未来を包括してる  うちで彼の気色を害した  うちにもやはり見出しただけに  うちを通る  うち震えながらしか繙く  うちに見出し得たであろうか  うちに吸い込むが  うちで最も永存すべき  うちに展開していった  うちに陥る  うちに喚び起こした  うちに見出せると信じている  うちにベートーヴェンを愛している  うちにブラームスを愛していた  うちで最も溌剌としていた  うちにイスラエルの民の魂をもっていた  うちに幾度も道を迷った  うちに見出し  うちに曖昧な気懸りな  うちに多くの信念や力や幻を浪費したので  うちに案外なものがある  うちくじいたかもしれなかった  うちで最もいけない  うちに居を定めても  うちには特殊な点が見え  うちには人工になった  うちの勇壮をことごとく浪費してる  うちに閉じこめられてる  うちに凡庸となる  うちにこれほど努力した  うちにあったからだった  うち明けたのがきまり悪くなって  うちにも多少感ぜられた  うちにはいつも理由が潜んでいた  うちにしばしば再現し  うちに生活するという  うちでなされる  うちに彼が愛してる  うちで最も美しい天と地との音楽が復帰していた  うちに踊ってる  うちにまだ多少残ってる  うちに閉じこめていた  うちに見て取っていた  うち明けた話を他にくり返してくれるなと  うちで非難した  うちにあふれてきて  うちに彼らが喚く  うちに拍子を取りつづけていた  うちに退場した  うちに聴衆は場席から出始めていた  うちはあまり苦しまなかった  うちに自分の姿を認める  うちに増大していった  うちに閉じこもっていなければならない  うちに一冊も売れなかったから  うちに金を使った  うちから最も気楽そうなのを選んで  うちに分け  うちを吐露し  うち解けた話をしようとする  うちに自分の昔の姿を見出したので  うちに眠ってる  うちに待ち残した  うちの最も利己的な者にもあるが  うちに永久の確固不動さを保っていた  うちに喚び起こし  うち開いてそれらを迎えた  うちに孤独な日々を過ごした  うちの光の焦点となった  うちに道の長さが忘れられた  うち解けている  うちにはいないで  うちにも常に満足の種を見出していた  うちに眼を閉じた  うちにもっと真面目にならないで  うちにおはいりなさい  うちに唇を動かしながら祈っていた  うちに右の感情を見出した  うちに突然不可抗的に眼覚めてくる  うちにうなっていた  うちに沈み込んだ  うちに置いた  うちに死のうとする  うちに訴えた  うちには闘いがあった  うちに溜息をついた  うちにやさしく沁み通った  うちをうち明けたがった  うちにゆるやかに鳴っている  うちではクリストフを嘲っていた  うちに引っくり返った  うちに憤っていた  うちに出かけよう  うちで仲裁しようと思いつく  うちはそう思いたくなかった  うちに彼の眼に浮かんだ  うちに数えていた  うちでただ一人生き残ってる  うちにほひたる  うちに書かれてある  うちうろたえて名人の出馬を求めた  うちに彫られたとあったが  うちから知った  うちそろうていまし  うちにもう表のやみの中へ吸われていきました  うちへ帰って寝ようじゃないかといっている  うちに嫌疑のかかる  うちに破れて  うちにうるみました  うちの半刻ずつ馬術を練るなら  うちへ早く帰ってかせぎなよ  うちのあのきょうだいたちがわざわざ外から忍び込む  うちから出した  うちを知っているかい  うちのだんなが駕籠に乗りだしたとなりゃ  うちにゃおのずからほんものの下手人がわかるだろうし  うちをまちがえてはいって  うちに手足がこまかく動きだしやがって  うちにしいんと気が遠くなっちまった  うちにも騒ぎを聞いて  うちにこの自身番へ来た  うちの中へ追い込んだ  うちの中へすうと消えた  うちに根を張っているに  うちにはなまめいた  うち震えている  うちのどやつかがやったに  うちにいたにしても  うちからてまえの  うちの静まりすぎている  うちには影も形も見えませぬ  うち震えながらへやのすみにたたずんでいた  うちに射放たれる  うちの前の土手でちょうちんを振るからね  うちからかわいがられて  うちにご他界なさいました  うちに血があったら  うちに千萩の養子を取り決める  うち喜んで飛んでもかえるだろうと思われたのに  うちへぬうとはいって  うちへへえってきた  うちのなんですえ  うちへ駆けこんでいったら  うちへ飛んでけえったら  うちに月代が青くなったり  うちを目ざしました  うちに似た  うちにも見えない  うちを見捜しました  うちに飢え死にしてはなりませぬ  うちから飼いならし  うちにまたひかれていかねばならない  うちで呟いたほどである  うちがあんなに喜んだ  うちでも航海や造船術の先覺でもあつた昌造に對しては  うちに破損してし  うちに漸く主人は歸つてきたが  うちでも記憶さるべき  うちでシーボルトは書いてゐる  うちで得々と誌してゐる  うちに育つた  うちにおかねばならなかつた  うちに誌した  うちに長崎を退  うちにつみあげられた  うちに加へられた  うちに印刷機もふくまつてゐたか  うちから東洋の木版書物をめつけて  うちにかう書いてゐる  うちにゐたにちがひなく  うちにも新らしいタイプの日本人がゐたので  うちにいふ  うちに昌造について觸れてある  うちでも最も重要な部分を通譯してゐた  うちで置かれた  うちで育まれた  うちにも示してゐないのでわからないが  うちにはしなくも吉雄圭齋が電氣分解の實驗をしてみせる  うちで語られてゐる  うちがふかと訊かれると  うちに一册になつてし  うちに見てゆきたいと考へてゐる  うちで述べた  うちに極めてこれも習慣的な自殺を企ててしまったりする  うちから諦めているという  うちから諦めていた  うちに極めてこれも習慣的な自殺を企ててし  うちから諦めてゐるといふ  うちから諦めてゐた  うちになつてゐる  うちとなつてゐる  うちは軽い好奇心にそそられて  うちに気がつかない  うちには牛乳瓶がもうごろごろと転げ出しているだろう  ウチへよんで  ウチで待機していました  ウチへ到着した  ウチへ当分かくまう  ウチの座敷に寝泊りしていた  ウチへやってきました  ウチで遊んだりしていました  ウチでメートルをあげる  ウチのヒロポンもお母さんにとられちゃ  ウチへくると  うちは戸惑う  うちに例の熱海心中と相なった  うちですから万燈もウチワダイコもわざわざ見物にくるほどは出ておらず  うちから怒鳴っていました  うちはセラダの女を失敬する  うちに別室へつれこんで  うちにやらないと  うちへ帰りたいとばかりおもう  うちへ帰りたくなった  うちへ行ってみよう  うちに寄留して  うちの何処にか残っていると思うと  うちに涙にかきくもるといえば  うちへ持って帰りました  うちの中に入って  うちの前にとまりました  うちにしるしておこう  うち無聊堪がたく  うちに死なんとぞ  うちの実験室へ帰ってからでなくては行い  うちではいちばんの古参と立てられる  うちのなかでくらしている  うちの女中がはいって来た  うちのものになった  うちに活きた  うちで意久地なく呟いだ  うちに私が昔の知つた人を訊ねて見よう  うちに話は自然と幽霊塔の事に移った  うちに室へ退いて仕舞った  うちに叔父もお浦も来て  うちにも余の叔父は嬉し相に立って行き  うちに客も一人二人と次第に退き去り  うちお浦は這入りはせず  うちに又何の様な好い風の吹くまい  うちに宴会の時刻と為った  うち又物音が聞こえた  うちに叔父は医師と共に又上がって来た  うちに承諾します  うちに一週間の日は経ったが  うちにヤットの事で網から其の品物を取り脱して  うち第一に口を開いた  うちに愈々検屍の時刻とはなった  うちに陪審員は左の通り判決した  うちに其の通りに仕て  うちに安煙草の悪い臭気が余の居る  うちに二時五分の上り汽車が来る  うちに彼は新しい安煙草に火を附け直し  うちに全くの無言となり  うちの好さ相な毛布を二枚選び寝台に載せて持ち上げたが  うちに日も暮れた  うちには分るだろうと  うちに微かながらも異様な声が内から聞こえた  うちに早や午後と為り  うちに愈々夜に入った  うちに其の板を推し破った  うちに叔父を殺さねば  うちに叔父が目を覚ましたと  うちに又余の前へ来た  うちに先生は報酬の金を数え  うちに夏子牢死の報が伝わり  うちに顔の総体も私の手術で全く別人の様になりました  うちには愛の心も出るだろうと  うちに秀子は気が附いて  うちに安全な道を開いて遣るからと  うちに又成るほどと  うちに其の汚名は消えますから  うちに年が寄ります  うちに目的を達します  うちにも最う汽車の時間ですから立ち去りますが  うちに汽車の中で眠って  うちに茲へ着いた  うちに早や界の戸を開いた  うちに貴方の心が此方へ向く  うちに彼は私が深く秀子を恨んで居る  うちにお寝み  うちに飾磨の浜から船に乗れよう  うちで重きをなしている  うちからお互いに恋いこがれておったとは  うちにもその為人の自ら仄かに酌める  うちから顔を向けて  うちに最も要地を占める  うちに湖心を通って  うちですぐ戒めた  うちに一度あるか  うちに必ず果そう  うちに集まって来るので  うちに寝込んでいた  うちを察して  うちにもいっていた  うちで刺殺した  うちなら荒木とも毛利の誘惑とも引離せる  うちに影をかくしていた  うちにもその決着を得たい  うちに荒木村重の面に複雑な色がうごいた  うちに海員仲間から聞いた  うちにツカツカと自分の室に這入って  うちにヤット眼が慣れて来た  うちにランタンの火がブルブルと震え出した  うちに誰だかわからない  うちにも水夫長は真鍮張りの敷居に必死と獅噛み付いた  うちにヤッと呑み込めた  うちに病死したが  うちに幾通りもの自殺演技を試みた  うちに綱を引く  うちに勝負の争いを生じ  うちにだんだん日の暮になる  うちに家はおのずから窓の前へ近よりはじめる  うちに機械に故障を生じたと見え  うちに突然部屋全体は凄まじい煙の中に爆発してしまう  うちに岩の上へ花びらを落してしまう  うちに一羽の鷲に変ってしまう  うちには不思議な大きいものが在る  うちに引きずり込んで  うちに表皮の下に隠されてしまって見えなくなる  うちには恐ろしく力強い彼一人の把持する  うちに私達の愛は育っていった  うちに消滅せしめてしまう  うちに感ずる  うちに眼覚める  うちに沈潜していって  うちを歩く  うち開けた郊外のうちに自分達二人を見出す  うちに只二人社会を離れた  うち晴れた空を宿している  うちに英子を包もうとした  うちには真実と嘘との見境いが私にはつかなかった  うちで歌留多をやるの  うちで歌留多会をやりますから  うちに行っていて  うちに息づまる  うちに勉強なさる  うちに窺い寄る  うちに育んできた  うちに内心を押隠した  うちに遠くへ行くかも知れない  うちには極めて漠たるロマンチックなものが在った  うちを覗く  うちに持っている  うちに進み入る  うちにいつしか雪が積っていた  うちにと云っていたじゃないか  うちに憂鬱な寂寥がひしひしと寄せて来た  うちにぽつりと置かれた  うちに英子をつれて  うちには殆んど其処に行くという  うち伏して大地の上に唇をつけたかも知れない  うちに湧いて来た  うちにもう異教徒席の中から瘠せぎす  うちに飛んでるのに  うちに二人とも睡り込んで  うちに降りた  うちに一つ残さず平らげてし  うちは方々の教室に入って  うちには男のモデルまで連れてくる  うちに岩村透先生からフランスへ勉強に行ったら  うちから一本だけを客に選んで  うちに二人は離れる  うちに自分の魂の重荷をおろしておきたい  うちに猫はいくらかずつ回復してきた  うちに少しばかり残っていた  うちをどうかしろ  うちに本当に嘔吐をもよおして来た  うちには一度ぐらいは台所のものを銜え込む  うちに返ってきた  うちに死滅する  うちに澱んでいる  うちに電車がやって来た  うちに立っていた  うちに投げ込んでいった  うちに人間ばかりのような気もした  うち解けながら談笑する  うちに疲労れてきて  うち曇って居たが  うちに取られた  うちこの石からさまざまな音響の種類を教えられたが  うちに銃殺される  うちに又いつかそれが教壇に立った  うちにやって来て  うちに壓倒せられる思ひで  うちの食でたちまち無能を疑われ  うちに早く往くが  うちにはいわゆるトリック撮影のいろいろな技巧がある  うちでその動的な構成法において最も映画に接近する  うちから一定のわくによって限られた  うちに散つてしまふ  うちにいつか頭が変になって来て  うちから感心して  うちに手さげの中の財布の紛失を発見して  うちではやはり相当おもしろい映画の一つであると思われた  うちににんじんの心がだんだんにいら立って来て  うちの一回では踝をくじかれ  うちに本家の老舗の日本人がこのアメリカ語に翻訳された  うちは変な男妙な女にしか見えなかったが  うちにはまた出会いましょう  うち馴れていなすっても  うちが察しられます  うちは可いけれど  うちでは最もよいと思ったものの  うちにもしばしば感じた  うちに女がまたこれをいじりながら  うちに含まれた  うちでも篇中人物の抱いてゐる  うちを馬舍から引き出して歩かして見せて呉れたが  うちに浮んだ  うちに運悪く豆畑に行き当った  うちにトーキーが始まるというので  うちにいつのまにか一通りの新米ファンになりおおせた  うちに自分はアメリカの黒奴史を通覧させられる  うちにじようずにする  うちに一つの色なり気分なりを象徴し得る  うちには諸種の自然な平均作用があって  うちに焼けた  うちの水蒸気を雪にして落してゆく  うち約三千枚を一冊の書物に輯めて出版された  うちに最初の年の冬は明けてしまった  うちに春になってしまった  うちにすっかり春になり  うちに出来  うちにみんながさうなればと  うちに一年ばかり経った  うちに並んで歩く  うちはさほど寒いとも感じなかった  うちに火の手が見えるので  うちで殊に悲惨な一家がありました  うちへ出掛けて来たら  うちのまへをとほりますが  うちにとてもきれいなやうふくを一まいぬって  うちへとどけて  うちは土竈を据えた  うちに姜氏といううるわしい女があって  うちはし  うちに片づくらしいけれど  うちに中止した  うちに手ツ取り早く捕獲してしまふ  うちにゴリゴリと物を削る  うちに泥棒が雨戸を切り破って来ると  うちに大勢の足音やガヤガヤいう  うちに漁り尽くしてしまう  うちに金をそろえてくるから  うちに大鹿さんからお金をいただきなさい  ウチの玄関へきて  ウチへきて  うちがありません  うちに現はしたい  うちに私の心には深山のその凝  うち沈んだ気もちになって  うちでおそれていました  うち殺してやり  うち殺してやる  うちにでも日本兵が山の上から押しかけて来るかもしれない  うち殺すのだと思った  うちの一人がフロックを着ている  うちに使われている  うちの黄と紫が動き出した  うちに前へ動いて行く  うちでもっとも汚ならしい  うちに焦げてしまい  うちの一軒からは微かに琴の音が洩れた  うちの部屋を見せるから  うちにだんだん面白くなって  うちにハッと眼を据えると  うちに私はスッカリ吾に還る  うちはチットモ見えて来ない  うちに義足の型が取れるでしょう  うちに副院長の話にあった  うちに非常に疲れてしまったらしい  うちに眼を醒ますと  うちに看護婦が来て  うちにお婆さんの寝息の調子がハッキリと変って来たので  うちにグニャグニャとなって  うちに思い付いて  うちにだんだん日が暮れてきて  うちに逃げ出そうと思って  うち出したい事に於ては文学を生む  うちにいつか彼女の心ははつきりと或事実を捉へ出した  うちにお住は反動の来た  うちにこの位ほつとした  うちにだんだんかう  うちにかう  うちにシャアトルで書いた  うちに眉間が劇しく痛んで  うちにと一生懸命に人仕事をした  うちから身重になった  うちあかんさかいお前見つもって見て  うちで思うとるほどでも  うちに乞食になってしまう  うちにさっさと引き取らせて仕舞う  うちは此方からその事を云い出す  うちで一つ重大な点で互いに矛盾する  うちにこの問題を取り上げて  うちに上元の節となった  うちから知らない  うちのなかへもはいってこられるかしら  うちの窓の中にとびこんで  うちのばらをおもいだし  うちへかえってきました  うちにかえれるでしょう  うちにのこっているのよ  うちへかえる  うちのなかをのぞきこんでいました  ウチの会の奴ら行ってませんでしたか  うちの会ではどうやっていてくれるだろうか  うちにお終いになったと  うちに色々なことを思ひつくので  うちは大部すいた  うちに鉢伏山右手に現れ  うちに玉雄は力が尽きて  うちに舞姫たちはだんだん玉雄と照子の方へ近付いて来て  うちに大勢の舞姫は踊りながら  うちに二人ともすっかりあたたまって  うちに消え果てた  うちに溶け出して  うちにお母さんは嬉し涙をこぼされました  うちに一つの神がある  うちに悪を見て取る  うちに陥ってる  うちにおそらく見出し得たであろう  うちに落ちて  うちで言い添えた  うちを散歩してみる  うちにはパリーのどよめきがこもっていた  うちの自動的な虚飾的なものから来る  うちにここまで落ちて来た  うちに浸る  うちに通り過ぎようとした  うちに見て取って  うちに徐々に人々を吸い込み  うちをながめ  うちにも欠点を見出し  うちに浸ってる  うちに社会学を取り入れていた  うち開いた心で受け入れていた  うちに偉大な事業が完成されていた  うちに何かが見え始めた  うちに十分の生活理由を見出していなかった  うちに展開している  うちに浪漫主義の気味を見せて  うちに認めた  うちには演戯上の二派があった  うちに蟄居し  うちに蟄居していた  うちに消費されていた  うちに快楽の道具をしか求めていない  うちの最も秀でた  うちにしみ込んできた  うちにはあった  うちはそれを知る  うちに母となる  うちにも魂を捜そうとしなかった  うちに認めて  うちに専制政治の完全な一機関を見出したも  うちに加えられてる  うちには反ユダヤ主義者らがいた  うちは用心して  うちでは軽蔑的な言葉で民衆のことを平気に論じても  うちには二つの矛盾した  うちに合体させ  うちに注入し  うちではすべてが行動を目的としていた  うちで衝突し合ってた  うちに永遠なる  うちにまた他人のうちに呼び覚ます  うちには大なる炎が上がっていた  うちに仕事をもちながら  うちにそれを窒息させようとする  うちに敵を感じた  うちに併呑された  うちに沁み込み始めていた  うちにくるまっていながら  うちに取り始めていた  うちに融かし込んでいた  うちにまた現われてきた  うちに満ちてる  うちに浸って  うちに何が起こってるかは  うちに実際以上の美点をみて取り  うちに開けていった  うちにも欠点を見出している  うちに他人に漏らしてはいけない  うちに喚起さしてくれた  うちに認めはしないで  うちに浸っていて  うちにそれを味わう  うちに捜してしまって  うちの一つしか知らなかった  うちで最も精練された  うちに閉じこもっていても  うちには今までと変わってる  うちに沈み込んでいた  うちにもがきながら  うちに親愛な母親が耐えていた  うちには懐疑的な冷笑的な宿命観の素質があった  うちの粗野なものをはぎ取っていた  うちに存在しながら  うちに自分を忘れた  うちに沁み通った  うちにも温和と親切とを失わず  うちに暮らしてきたので  うちの何物をも隠さないとともに  うちにその眼をすでに見た  うちに精神生活がこもっていた  うちに兄さんにあの嫁が来て  うちはありましたさ  うちに斜面を滑って  うちにきっと誰か通るに  うちのって走りだした  うちの焼跡へこれをうえて  うちの女房や子供に見せてよろこばしてやる  うちの地所を売る  うちへ売ってくれませんか  うちの頭の上に飛行場をつくったので  うちに何かしら注意を促す  うちにいらっしゃる  うちのお庭にある  うちに夕飯を仕舞うと  うちに何か語りかけている  うちに笑顔を見せる  うちに物見に出ました  うちに随心院へ参り  うちに日数はたって参ります  うちに小半時もたちましたでしょうか  うちに手際よくやってのけられる  うち残りましたのは十の一にも満ちませぬとは申せ  うち熱り胸さへ痛むは  うちを二人と考へ  うちのいづれだらうかといふ  うちにゐないよ  うちを探して  うちに日数はたつて参ります  うちに小半時もたちましたでせうか  うちに手際よくやつてのけられる  うちに寄ったの  うちの近くのポストのところまで来て  うちに後妻にも男の子が二人も生まれた  うちは小さいトロッコで崖を崩して  うちに埋葬してしまう  うちは二三分話して行くにすぎなかったけれど  うち殺されてしまった  うちでは一番教養があったので  うちに雷のようなすさまじい響きが私たちの耳を襲った  うちに離縁され  うちに早よ地道な商売をしようと  うちへも集めに来なさるわ  うちに占めようと考へ  うちに生命の呼吸を感ずる  うちに床板の透間から風が吹き込むでしょう  うちに両親と妹がつづいて  うちに隠されていた  うちの大きそうな家に立寄って休ませてもらうと  うちの老人が訊いた  うちに火のような目をひからせながら  うちに枝は中途から折れた  うちへ帰れて読みかけの  うちに入ってきて  うちに三度もそれを見に行った  うちに可愛い子供もできるだろう  うちは石ばりをした  うちにとうとう劇薬自殺してしまった  うちにいいことがまわってくるに  うちがふんだか  うちに二度聞えた  うちから声が上った  うちに四散してしまった  うちに先生も亦道行く  うちに走り去  うちは運悪く右も左も車が途切れて  うちに又消えて  うちに堅く欄干へ掛けてゐた  うちにしみ  うちに一等運転手が自分でサッと青い顔になった  うちにヤット波の絶頂まで登り詰めて  うちに何千回か何万回か繰返すと  うちから貪り味わった  うちに漂うている  うちに大きく広がっていく  うちにひしひしと感ぜられ始めてきた  うちに加わりながら  うちに倒れた  うちの一人や二人が何かほかの動機から殺されても  うちよぎり南ち  うちに二人きりほかきかしたくない  うちにそれもおのずと鎮まった  うちに見舞の人たちがだんだんに駈けつけて来てくれた  うちから若い人は一人起ち  うちに電車が四谷見附に近づくと  うちはありふれた  うちにも人間はぐらぐらと増えてゆく  うちに戸惑つて行く  うちに医学生も戻  うちにも彼の生活は底をついて来た  うちにお逢いできるでしょう  うちに予想する  うちに僕はふと涙が滲んで来た  うちに何うしたものか懐中からヌッと片手を出して  うちに見わたされた  うちに東の空が白み  うちに足を入れ  うちにお逢ひできるでせう  うちに友の手紙はだんだん絶望に近い調子を帯びて来る  うちに光を帯びてくる  うちに先刻の倫陀病院の代診さんに起されまして  うちに太い溜息を一つした  うちにヤット満足したらしく  うちに犬田博士は寝室に這入った  うちはそれを知らずにゐたが  うちに自然に流れ出る  うちに湧いてのびる  うちから手にする  うちの一つを見ているが  うちの方へ帰りました  ウチの連中が腕にヨリをかけた  うちに残していた  うちにうち倒れ  うちに味わった  うちには生まれながらの悲観思想があった  うちに潜み込んでいた  うちにすっかり失って  うちにみずから去った  うちに響いていた  うちに涙が流れた  うちに逃げ込んだ  うちにすでにこわれ始めていた  うちに引き込んだ  うちに投じておいて  うちに子供たちだけを置きざりにしながら  うちに堅くなっていて  うちで異常な力となって  うちを内省する  うちに邪悪な精神があるとし  うちにのみささやかるべき  うち明けたくなり  うちにしみ込ませてる  うちの第一のものをもっている  うちでもっとも尊いものと思われる  うちは名を呼ばれて  うちにいっしょに過ごした  うちに眼を見開きながら  うちに逃げ込みたい  うち解けない様子となった  うちには死ぬかもしれない  うち解けて熱心に話した  うちに逃げ込みたいという  うちにすっかり包み込まれ  うちでは姉を呼びつづけ  うちに見てとられる  うちでももっとも架空的なもっとも楽しいもののように思われた  うちにごく皮肉になってる  うちに泣いていた  うちにきざして  うちにもみ消された  うちに降りてきた  うちに生き  うちに閉じこもる  うちにて思い出すほど  うちに生きてる  うちにできかけてた  うちになお姉をも愛してる  うちに姿を隠してしまった  うちにはいり込んでいた  うちに子供は大きくなっている  うちに少々なりとも  うちに家を焼き  うちに対する歪められない  うちにヤイレスポは隙を見て  うちに船は早くもわが入江に入って来て  うちに日を送っていると  うちに現代の文化として誇るに足る  うちで特に西洋の影響を受け  うちにのみ終始してゐたとすれば  うちで今日一般に行はれてゐる  うちに或る渝らざる日本のすがたとして考へられる  うちに自然と坐る  うち立てられる  うちでも心のもつ  うちに誰が言い出した  うちにお玉さんの家は露地のそばを三尺通り切り縮められる  うちに三挺ぐらゐぺろりと平らげる  うちにいくらか冷静になった  うちに半馬身ほど抜かれ  うちに婦人を見失ってしまった  うちにまず大体の事情も判りました  うちに西田さんは僕の顔をのぞいて言いました  うちに周旋屋にひっ掛って  うちに付記している  うちの竹沢村の小字二町野に鎮座する  うちに僕はそれが毎夜一定の時刻に起る  うちにスタートを切られて  うちに私の頭も青空のやうに隈なく晴れ渡つた  うちに速達で退社届を送って寄こしたという  うちに慣れると思ってる  うちに私は驚くべき  うちにだんだんに速くなる  うちは目を覺ますことは出  うちに急に彼の口元から頬のあたりへかけて  うちに霙が降りつ  うちに松の花の黄ろい  うちに書き  うちは寝ていて  うちにもう一度東京へ帰る  うちにわたしは彼女の体に前よりも圧迫を感じ出した  うちにふと気づいて見ると  うちにわたしの思い出した  うちをあけると  うちで徳田秋聲氏を尤も好む  うちに渓流の岸へでた  ウチのことは村の者もよく知らないが  ウチへきていただきたいと思ってね  ウチの様子をお前には見せておきたいと思いたったのでね  うち病めこせね  うちに頭が変になった  うちに早く捨ててしまって  うちに通り過ぎてしまった  うちには女も札も何にも見えなかった  うちに告白してしまっている  うちにひと一倍勝気な性分を強いて包んでいる  うちの一つを楽譜台の上にひろげ  うちともお近づきに  うちはわからないわ  うちにまき起した  うちにもうすこし能率があがればと  うちにほれ  うちの好き勝手にした  うちへいた  うちになんとかしよう  うちに突然ピストルの音がしたかと思うと  うちの一つの臓器をじっと見つめていましたが  うちのとっ  うちにこういう話のある  うちに直感した  うちまでは行かれない  うちに一人の立派な服を着た  うちにすごした  うちの一つを買い求めた  うちに捕縛された  うちに回復し  うちの何かが渾沌としていて思い惑う  うちに必然性の性格を探り出す  うちにおいて存続し  うちに永遠を作り出さうとした  うちにいはば  うちにあつて自己をつねに維持し  うち最も複雑な組織即ち人間に至り  うちにおいてのみ形成される  うちに人間の上へ上へと向はうとする  うちに救済手段を一緒に含んでもつてゐる  うちに根差してゐない  うちに自然と人文とは統一され  うちにおいてのみ私の安心を見出す  うちに現はれる  うちにブラアムスのラプソディは終るが  うち開けた平たい所に出ました  うちに国王は亡くなり  うちに私はだんだん奇異の念を起こしてゆきました  うちに自分の姿がだんだん見えて来る  うちでもっとも香りの高い遠い国から来た  うちで珈琲が一番旨いという先生の嗜好も聞いた  うちへ呼ばれた  うちに逆に左の脛を切つ返したので  うちつひに  うちには入らない  うちは飛入の切先は鋭くても三合四合と打ち  うちつとあつてもい  うちこそ愛嬌にもなるが  うちに一つでも掘り出し物があれば  うちの最も野心ある  うちで何か遣るといふ  うちに見出せ  うちにはひる  うちにはないと信ずるが  うちにそうされてしまう  うちから探すとなると  うちに見せてゐる  うちに表現された  うちに一つ歌か発句かを書いて頂きたい  うちはつぶされるな  うちの中は森としている  うちではというくらいな  うちに降り積って  うちの父は変った  うちの経済から云えば  うちは一日中人が出入りしている  うちにと対手に向って投げかけている  うちこそ念入りに化粧をして  うちに浮いて出て来るから  うちに行わるべき  うちに考えついた  うちには有名なる温泉がありました  うちにお帰りになるでしょうが  うちでげす  うちは多少ふしだらをしても  うちに一度は竹生島の弁財天に奉納したい  うち全く忘れ  うちは無言に星の数を数えていましたが  うちに幾度も船で大海へ乗り出して  うちは苦笑した  うちの数え  うちには帰る  うちには帰って来ます  うちのどれか一方に目的がある  うちに三十五の行倒人を見たが  うちに休めるだけ休んで置くが  うちに次の如く書きました  うちに置きながら  うちに破牢を遂行して  うちは顔のある  うちにすつぼり  うちだつたと聞く  うちだったと聞く  うちは可いんだけれど  うちに首がコロリという仕儀であってみると  うちに首がコロリはひど過ぎる  うちに首がコロリという運命に陥っている  うちに気化して  うち眺めているより  うちにやって来ました  うちにあなたが交っていたという  うちに卑劣な方法で私達を苦しめた  うちに復讐を加えて  うちで注目に値すると思った  うちの一人が云った  うちに暇を出してしまいたいといいますと  うちの門の前におつぽり出されてゐた  うちの奴が氣を利かして  うちに省略されている  うちで物をいう  うちで互の誠実を処理して行っているであろう  うちなる母性のこんこんとした  うちのあひるさんは月謝の袋を落したといつて  うちに書き終ったので  うちにこの亡びゆく  うちで何よりも堪らなかつた  うちに出かけませう  うちは毎日父の方へ行つて何かの計算係りをつとめてゐた  うちに立ち  うちから夜中の十二時頃まではぐつすりと眠れたが  うちに眼を醒す  うちにやつて来て  ウチは客人にタニシを食わせる  ウチにイケ花をいける  うちに終戦を迎えたから  うちには元がとれるじゃないか  うちに信玄の本陣は次第に前面へ押しだされ  うちに私たちは実験生理学を有する  うちで話をしてきたが  うちにも彼らは小説的波乱を見出さないだろうし  うちに私がこの全部の著作に取りかかったかを  うちに担っていた  うちに反映する  うちに一定の場所を占めていた  うちながむべき  うちに急流を包んでいて  うちに若々しく溌剌と生まれ返り  うちに潜み込んでしまう  うちに自分を無駄に費やしてはいませんか  うちでは喜びの調子となった  うちに同時に存在していた  うちに多大の場所を占めてると感ずる  うちにオリヴィエを愛してる  うちにアントアネットを愛してる  うちに秘めていた  うちに用いないで  うちに注いでいた  うちにあるが  うちに注ぎ込んだ  うちから奪い取る  うちに理解し見きわめる  うちに納め  うちにその思想を恐る恐る引っ込めてしまっている  うちに立てこもっていた  うちに行なわれ  うちにいかに大なる勇気があった  うちに先ごろ見てとっていた  うちに完全に保有していた  うち開かれてる  うちにひそかに焦慮している  うちで彼がことに驚いた  うちに消えてしまうよりは  うちに浸り込んでいた  うちで彼に感謝の意を表わす  うちには何かよそよそしい落ち着かない  うちにさえ常に存在しないであろうか  うちでほとんど超自然的な性質を帯びてくる  うちに引っ込んでいた  うちにとらわれていた  うちにその純潔を保つ  うちにしまって置くべきである  うちに他人と結合する  うちを少しも語り合わなかった  うちに宿っていた  うちに広めようとする  うちにもなお眼の明晰さをもっていたく  うちに学問と信念との熱をふたたび高めさした  うちに葬られた  うちに平然と澄まし込んでいた  うちに花咲く  うちはあまり都合よくはいかなかった  うちには深い温情の現われがあって  うちの迫害された  うちにこもっている  うちの空虚をながめたがらない  うちに燃えつくしているが  うちに過ごした  うちにしまっていた  うちに見出しはしなかったか  うちでの本来の地位たる第二流の列に置きさえすれば  うちに迷い込んでしまった  うちに潜み込んだ  うちに認めないでは  うちにその一夜を過ごさなければならない  うちに凡庸さを許し得ないほど  うちに生長してる  うちに終えられるくらいに  うちに呻いてる  うちに普遍的な生命の脈搏を感ずる  うちでコルネイユ師のほうがより独立的な精神をもっていた  うちに生きていたと  うちに生きさしていた  うちに結ばれたる  うちに人の精神を閉じこめる  うちに遠い深い反響を呼び起こした  うちに潜み込んでばかりいる  うちでもことにその難問題を好んでいた  うちに衰えてゆかなければならない  うちに包まってる  うちに残ってくる  うちには彼女がはいってる  うちにも伝わっていったが  うちにたいてい見出される  うちで病衰してる  うちに倦怠しきっている  うちにばかり生きていたので  うちによく見かける  うちに現われてきた  うちに眠った  うち明けて言った  うちに自制する  うちに熱が出てきた  うちに伝播してる  うちにおいてたがいに愛し合い  うちに日々を過ごした  うちに人々の魂の張りはゆるんだ  うちに眼覚めてくる  うち明けて言ってくれたまえ  うちでは衰えてしまってる  うちにはいり込むとは  うちに陥りて  うちで縁を結んでいた  うちから楽しんでいた  うちに涙と生命とをもたらした  うちは出発しないと言った  うちに担っている  うちに拝んでおきなさい  うちにしておいた  うちの巴旦杏の実を持つていつてやる  うちに実をむすんで  うちには幾度も聞き返さねば分らぬ  うちに変貌する  うちに浴客がたて込んできたので  うちに恋愛と神性とを求めていた  うちに妥協して  うちに若葉が重って  うちに朝日は柘榴のこんもりとして  うちは少し取り附き  うちに示して見せると共に  うちにその全面に射し込んで来て  うちに忽ち姿を隠してしまった  うちにも一つ一つ違いがある  うちに光明面とは反対に悪魔的の半面を見出そうとしている  うちに見つけようとしていた  うち棄てられてあった  うちに採って  うちでは入用がありませんから  うちに戸籍の方へ届出をしようが  うちに日が暮れて来る  うちに一夜をその家で過ごす  うちにいよいよ流星に火が附くという  うちを見計らって  うちにもち竿の陣を突破してしまう  うちにだけ僅に微かな生気が通っている  うちに中学の業を終える  うちに映ずる  うちに一つにならねばならぬという  うちに戻されて  うちに据えて見れば  うちにこめられていた  うちで高揚される  うちに身心を没却する  うちで類例を求むれば  うちにその考に客観性を生じて  うちに夢に応ずる  うちにライオンとも虎ともつかぬ  うちの一個のものにすぎないではないか  うちには古い田野の神の血が流れ  うちのお母さんに訊いて見ろ  うちにも一騒動持ち上げて  うちにも貨物船かさもなければ帆船でもいい乗り込んで  うちにここへ出張になったので  うちに位置についた  うちに馬車の列は動き出して  ウチにある  うちに平らに見える  うちに霞んでいた  うちに夕食をして  うちに流れ迄んでゆく  うちにそんな山が出来る  うちに憚られる  うちに牛乳を配るにナ  うちに又時を都合して参りますからネ  うちに入るか  うちに何物をも引きずり込まないでは置かない  うちにビッショリと汗をかいた  うちに一年も経って  うちに絶頂の避雷針の処まで捲き上げてしまって  うちには殆んど図書館の半分以上を包んでしまった  うちに粕を絞らせられる  うちに未亡人は札を数え終った  うちに未亡人の魔力に毒されていた  うちに未亡人は何となく気味わるそうな表情になった  うちは爪だけ貰う  うちに少年の方から附き纏って離れなくなってしまう  うちに一冊の巨大な緞子張りの画帳をズルズルと引っぱり出した  うちには一人の翁立ちたり  うちにはいかなる人も世より忘れ  うち消すようにいうは  うちに久米五郎とて稀なる美男まじれり  うちにて驚きぬ  うちの楽しさ煖かさに心溶け  うちにわかに明くなりつ  うちを翁はゆるやかに見廻わしぬ  うちに年若き眼に変わりぬ  うちに真空の場所があるとすれば  うちに運んで来た  うちにそれは全然お嬢様育ちのお鈴の手落ちだったのを発見した  うちに反て彼女に男らしい好奇心を持ち出した  うちにだんだん烈しい懐郷病に落ちこみ  うちに扉が颯っと風に煽られて開け放れ  うちのどれか一つをサスペンスとしてのこしておかねばならぬ  うちかへりましたら  うちに亡くなるかも知れない  うちに発見すると  うちから発せられる  うちを彼は捜した  うちで爆発した  うちではどこまでも自分をいたわってくれる  うちから孝之進に絶対的な権利を認めている  うちで弁解して  うちに数珠をつまぐった  うちで鳴らしている  うちの見える  うちに彼の心は和んで  うちに始まりかけた  うちに精力は鈍くなり  うちにちょうど現われていた  うちに一人の天才がいる  うちには無邪気な情欲の素質があって  うちに恋愛の妄想を作り出して  うち明け始めた  うちに醜いものや凡庸なものを認めて苦しんだ  うちにはあまりに白日の光が多すぎた  うちに自分の身体に恋を抱きしめた  うちに身を滅ぼしかかっていた  うちでこの不思議な熱情と矛盾する  うちに反抗した  うちに人を滅ぼす  うちに静かに伸び広がっていた  うちにほとんどなんらの地位をも占めていなかった  うちでもおそらくもっともなつかしみのある  うちに表白してる  うちに母性を光栄あらしめていた  うちのもっとも微賤な者といえども  うちに場所を占むれば  うちに身を滅ぼしていった  うちには何か変わった  うちの至る  うちに同様の進歩が見えない  うちにとどまってる  うちにはいり込んだも  うちはオリヴィエの価値が減じはしなかった  うちに自分が現在味わってる  うちに惜し気もなく自己を投げ出した  うちに瞬間に起こる  うちでもっとも崇高なものとなる  うちはちょっとも考えなかった  うちの一人が彼女と結婚した  うちに入れてくれました  うちにクリストフは眠った  うちでもっとも完全なもっとも簡潔なもっとも充実した  うちに共通な情操を喚起せしめ得るごとき  うちには一つの尊い徳がある  うちに不安をもってるのね  うちに苦悶をのみ下してる  うちの多くの者には拒まれており  うちにかなり手剛い  うちにほんとうの攻撃に着手すると  うちに見出せないでは  うちに担い去っていった  うちに重みを加えてくる  うちに保存する  うちに確固としてとどまってる  うちに起こってきた  うちで行なわれていた  うちに恋したかった  うちにはめ込まれた  うちに見てとられた  うちにおぼれる  うちにはごくやさしい一つの感情がはいり込んでいた  うちには大なる亀裂が生じた  うちに当の人を陥れる  うちに幸福を見出す  うちに潔白な愛情を燃やしている  うちに何が起こってるかを  うちに投影さしていた  うちは彼女は頻に悶え苦しんだ  うちだとは思つてゐない  うちに立ち上った  うちに正午近くなった  うちから子供を連れた  うちでも変つた特質をもつてゐる  うちにもう起きて  うちになんだか心までも鬼になってしまう  うちにみるみる顔のだいじなところに紫色の腫物があらわれ  うちに夜が明けなんとしました  うちに夢を見て置かなければならないでしょう  うちにあるのでおますが  うちに眠りに就きましたが  うちにもよろこびました  うちの耳にまで響き渡りました  うちにお伺い致しましょう  うちは勝手だろうと考えていたが  うちの一人をものにしている  うちにはさまれている  うちに定まったと見えます  うちこそ見物だと思って  うちに残っている  うちから七条醒ヶ井の近藤の妾宅へ出かけた  うちから芸術談に花が咲いている  うちに興味が出てくるよ  うちに文字に頓着しない  うちにも見出しました  うちに起るかも知れないよ  うちに繁榮し  うちの若干の選ばれた  うちのどれかのために倒れた  うちでいちばんきれいなチョコレートのあき  うちにすでにバラバラになり  うちにもますます彼を尊敬する  うちに夕暮近くなった  うちに一度故郷に帰りたいなどいっていた  うちに枯れてしまいました  うちにおわると  うちに恋愛にかわっていたといった  うちに正式に結婚した  うち交された  うちの言葉がききたかった  うちにでも参りとう存じます  うちの者同様に思つて頂きたい  うちの婆アのことであると考へました  うちに足のうらにはりつけて見たり  うちで待つてゐました  うちでいつてゐました  うちの祖母さんにきかせたかつたと思ひました  うちといふものを知つてゐる  うちを知つてゐる  うちから曇った  うちから天気の変わり  うちに牛を売ってしまって  うちにもどっても  うちに経験した  うちに事は成就した  うちでもっとも注目さるべき  うちに年は取り  うちに通過して  うちに終わらしめ給え  うちに楽しく生かしめ給え  うちに一つもないということになる  うちにいってしまった  うちに真に女王は彼のものとなり  うちにきた  うちに埋もれながら  うちに彼はなんとなしに自分が幼少時代に見慣れた  うちの一部にいろいろの建物を十棟ばかり建てて  うちに席が一つ空いたから  うちに死者五名と云う  うちに一人の青年が来て  うちに七八年位は経過してしまう  うちから求め  うちから選んで  うちに本館の方で振鈴が鳴る  うちに送り迎えをすませて  うちは百姓弥之助が少々うたれ  うちに莢ごともいで  うちにいよいよ正銘の野良猫となってしまった  うちに雄猫の一疋がポックリと死んでしまった  うちはザルをがりがりかいたり  うちにこの仔猫が来たから  うちに住民の生活が内外共にどれ丈向上したかと思えば  うち数える程しか通らず  うちはそれは非常に料金が高く各家各室へつけるという  うち興じて居た  うちから年々徴農する  うちに銅貨が暖まって来る  うちに誰も不思議をみた  うちに秋の夜もだんだんに白んで来たが  うちの一人を犠牲にして  うちの或者が或場合に遭遇する  うちにもあると  うちにだんだんそうらしくなって来た  うちにむくむくと跳ね返り  うちはマア小説でも書いて  うちへかえりたい  うちから面白い場面を切り取った  うちに叩き込んで  うちに秋山要介に横取りされた  うちに首をくくってくたばるだろう  うちにトロトロと居眠りをやり出した  うちに書き上げた  うちにあと一週間という時になって始めて  うちに仕事のつづきが続いている  うちに修正の手がのびている  うち立てられたかも  うちには昔の小国家の滅亡した  うちの優勢なものに従属していた  うちの最も大きな勢力をもっていたらしい  うち立てられてからは  うちにその存在をつづけていられた  うち立てることができず  うちのあるだけの  うちに生かされてはいるし  うちにふくまれている  うちに既にある  うちを与えている  うちにしだいに悪くなって  うちに病は重体になった  うちに庭の雑草が行儀悪く高くなった  うちにますます深更になった  うちにいたしたいと存じますから  うちには平和があった  うちに保存させ  うちに大なる場所を占める  うちにおそらく愛した  うちに閉じこもってる  うちには種々の思い出がよみがえってきて  うちにまた働き出した  うちに太陽の光を置いてやるべき  うちにそれをもっていなければいけない  うちの多数は自邸へ帰ってから  うちにまで知人をもっていた  うちに虚構と真実とがどれくらい交じり合っているかは  うちのだれを選んで  うちでもっとも彼の興味をひく  うちに潜在している  うちの共鳴によって百倍加されていた  うちには思慮深い過激さと病的な過激さとがいっしょになっており  うちにその享楽を有し得ないので  うちの生きた  うちのきわめて少数にすぎなかった  うち開く前歯のぬけた  うちではすべてが外界の印象から反響を受けていた  うちに引きつるのに  うちに感ぜ  うちでは今にも飛び出  うちに揺らめいていた  うちにうっとりとなって  うち開いた窓のそばにすわっており  うちで肉をつけて  うちに接吻のように刻み込まれた  うちに広がってしまった  うちに起こっていた  うちに多くの生命を感じながら  うちには僕も君のところへ行くよ  うちにも殺意が眼覚めた  うちに群集は獰猛な暴徒と化した  うちに暴動となった  うちに吹き起った  うちに安易を覚えた  うちに苦しみつづけた  うちに連れ去った  うちに友は生活を満たしている  うちにおいてのみ知らるる  うちに音楽の小さい流れが湧き出るのに  うちに死をになってはいたが  うちにも爆発し  うちに室から逃げ出した  うちに窒息されない  うちに潜みたがっていた  うちに燃えつきるにもかかわらず  うちに見出せなかった  うちに彼女は炎に包まれた  うちに難なくはいり込んだ  うちに熱情の群れを解き放ち  うちに騒ぎたっていた  うちにどういうことが起こってるかを  うちに宗教的信仰がもたらす  うちながめていて  うちにひしと抱き合った  うちに最後まで保ちつづけて  うちでは高調されている  うちに閉じこめてる  うちに生きる  うち建ててる  うちにはいって来た  うちにも理性を失わないで  うち震える指で着物をひっかけた  うちでぶつかり合った  うち開けた広々した  うちに心を引き裂いていた  うちに投げ込まれてからは  うちのもっとも卑賤なものも救われなければならない  うちに生き返らせてやるべきだった  うちに燃える  うちにあるとするならば  うちに起こってくる  うちに加わった  うちに鳴り響いた  うちに融け込みたいばかりだった  うちに二人の者がいる  うちに陥れ合った  うちから迸り出る  うちに飛び込んできて  うちに保っていた  うちに燃えないとすれば  うちに燃えるだろう  うちに広がってる  うちに内地へ送りかえされ  うちから糧秣や弾薬や防寒具が積込まれた  うちから幾人かはシベリアに残される  うちに見込がないと云い渡されていたら  うちに一寸でも動いた  うちでも宮様腹の中将は最も源氏と親しくなっていて  うちに取り返しのならぬ  うちに利巧さに心が引かれてもいきましたが  うちに走って来ますと  うちに父親に別れまして  うちからこんな手はずにすると  うちにかいている  うちによりひろく伝える  うちに予想されていないでも  うちに紀伊守が任地へ立ったりして  うちにと急いだ  うちに帰す  うちに感ずるに  うちに彼等を包み込んでおきたい  うちにあの雀を再び見る  うちにシンガポールに遊んだ  うちはおとなしくして  うちに葉は次第につやが無くなり  うちに躯が少し汗ばんで  うちは生きた  うちの嵐は目眩むばかりに吹きまくつた  うちは途方に暮れたが  うちへ行つて呉れ  うちの意志の自由を打消すという  うちの床の間に置かれて  うち取ったので秉さんに笑われた  うちに帰ったりする  うちに月もはいってしまって  うちに夜がぼつぼつ明けてきた  うちに処置をしたいと思いまして  うちにお帰りなさいませ  うちに財産ができていた  うちに参りましょう  うちいくばくの趣味あり  うちでも蝙蝠傘になる  うちの竹藪がそよいで居る  うちで最も人間に近い生活をしている  うちに最も多く芸術の萠芽がある  うちに残存している  うちにも残存している  うちに漂つてゐる  うちはそのほうへ行きます  うちに必ず行きます  うちに縫い目がほころんでしまった  うちに急に全身が熱くなって来た  うちに軽い足音が廊下に聞えて  うちに自分の倒れている  うちに急に嘔気が込み上げて来たので  うちに見知らぬ医者が来た  うちに志んがやって来た  うちに翁塚の一つも建てて置きたいと  うちに各本陣を見分する  うちに仙十郎が半蔵の前へ行ってすわった  うちのだれよりも清しい  うちには店座敷でも起きさっせるずら  うちに美濃手賀野村の松源寺までは帰って来ている  うちに諸方からの通知がぽつぽつ集まって来て  うちに名古屋でも見て死にたいなんて  うちつぶして諸家様のお堅め場所となり  うちからお起きにならないと  うちにはいって来る  うちに神奈川へ帰りたかった  うちに牡丹屋へ帰って来て  うちでも岩瀬肥後にあった  うちに雨は座敷へ吹き込んで来る  うちに灰になった  うちに溶けてしまったよ  うちに二度も大火が来て  うちの最も短い夜はふけ  うちにも絶える  うちに早く馬籠を立たせ  うちに清内路までは行く  うちに涙がこぼれて来ますよ  うちに二度も正月を迎えて  うちに葵の君はにわかに生みの苦しみにもだえ始めた  うちに涙がそこから流れて出る  うちにそうした話は皆影をひそめてしまって  うちにおいでになるが  うちの使節のみが導かれて  うちの英国兵の一隊は進んで  うちに兵庫その他の警衛に従事した  うちでは思っていた  うちでは昔の恋人の来訪を待っていた  うちに還幸された  うちに院は崩御になった  うちに身にしむ  うちに一段ときれいになった  うちに夜がふけた  うちに帥の宮がおいでになり  うちに明け方近い時になった  うちにその家もおもしろい上品な山荘になった  うちに船へお乗りになるが  うちにお嬢さんの音楽を聞かせて  うちに恋愛関係から子供を生んだという  うちに乳母は送られた  うちに源氏は涙ぐんでしまった  うちに邸内はいよいよ荒れて  うちに京へ迎えたいという  うちにはまったく底なしの貧しい身の上になってしまった  うちに叔母の良人が九州の大弐に任命された  うちはいつでもお力になれる  うちに源氏宥免の宣旨が下り  うちにその年も暮れた  うちにはいろいろな思いが浮かんで来て  うちを忘れしもせず  うちは昔にあらぬ  うちに昼になった  うちであまりにも貴女ぶる  うちにあなたの子にしてもらえば  うちに夫人の手へ譲ってしまおうかという  うちに十二月にもなった  うち渡しつつ物をこそ思へ  うちに朝が来たので  うちでも怪しいと申します  うちには荒れた  うちには扇を落としてしまったりしている  うちに軽率に象に手をつける  うちに火を起すやら  うちの誰かが里春の声色を使った  うちに手を休めて  うちに史記などという書物は読んでしまった  うちに暗くなったので  うちに悲劇の起こる  うちは始終伺って  うちに聞くだけの  うちに顔が真ッ白になって  うちに手足に痙攣が来て  うちにお帰りになる  うちに何を思ったか  うちに月の光を頼りに一筆書残し  うちに頸に下げた  うちは恐ろしかと思い  うちに食卓開始の合図の鐘が鳴って  うちに昼寝でもしておいたら  うちに微々と蝋燭が燃え縮まり  うちにお気の毒に死んで  うちに日暮れ時になった  うちに美しい後ろ姿をした  うちにも美が新しく加わったかと  うちにそのまれな美貌の人がこの世に現存している  うちに硯のあたりにいろいろな本などが出ているのに  うちでは忘れている  うちに斧の木の柄が朽ちた  うちに誰かやってくるだろう  うちに消滅してしまう  うちは言わぬ  うちの若干かはたしかに地上まで達した  うちに起き出して  うちに寝床から跳ね出して  うちに不結婚月の五月にさえなったと恨んで  うちにお帰りになった  うちに来るでしょう  うちに出かける  うちにますます草の花は盛りになった  うちにお伺わせいたします  うちの末が致しても  うちにもしおいでになる  うちに皆酔いが出て  うち寄せて海人も尋ねぬ  うち振って校長先生をお迎えしました  うちに見せられるかの  うちに或る突然な決心が私に襲いかかった  うちに自邸へ新夫人を引き取って行きたいと  うちの離れへ人を避ける  うちのかか  うちに上着を着てしまう  うちに市中に拡がりまして  うちにはもう焼け落ちた  うちに遠くの方で山車がとまつて動かなくなりました  うちに思ひました  うちに比較的法則めいた  うちにその特質や性癖を見抜く  うちに次のような方法にすがりついて行った  うちに指導効果が刻々上昇して行くといった  うちは期待される  うちに村中に響き  うちに逃げ込む  うちに二つの魂をになっている  うちに蓄積されてる  うちには幸福と悩みとが交じり合った  うちに積もってる  うちに手を執り合って  うちに至る  うちに見出す  うちながめることの喜びをむさぼる  うちに大きな場所を占めていた  うちにうなってる  うちに結合していた  うちに存している  うちの何一つをも選択せずに  うちに公の活動にはいったので  うち明けて申しますと  うちでは美しいことかもしれません  うちにはあなたの嫌がられる  うちに沈み込んでいたが  うちに数週間を送りました  うちに埋もれかかっていた  うちで暮らした  うち明けて言いますと  うちにはなんという  うちのだれかを苛酷に批判したくなる  うちに一つの役目をもってる  うちの劣等な者よりもいっそう劣等だと言って  うちでももっとも広く知られてる  うちに何かある  うちに早くもそれを使い果たしてしまいました  うちに故意の偏狭さがある  うちに小鳥どもが眼を覚ましていた  うちに明滅する  うちに興奮していった  うちに固くなった  うちにあったし  うちに化身せしめていた  うちに種々雑多な表情の色を浮かべていた  うち明けて言って  うちによりも多く自分の芸術のうちに生きる  うちに多年休息してきた  うちに身を休めた  うちでもっとも中途で分散し  うちに聞きとる  うちで慰安されるからである  うちにグラチアの魂だけを見出そうと骨折った  うち立ててはいなかった  うちにきざしかけた  うちに死期の迫る  うちに夜々を過ごした  うちに意地張っていた  うち負けている  うちに老年の衰えまでも愛する  うちにその考えを読みとった  うちに片手が手摺にくっついて離れなかった  うちでもっともすぐれた  うちに広げよ  うちのもっとも懐かしい事柄ばかりを覚えている  うちに鳴り響く  うちに莫大な知力と精力とを使った  うちに自分の不安をそらそうとはしなかったので  うちに全民衆と合体してる  うちに巻き込んでいった  うちには一人も弱虫はいません  うちに捜した  うちにすべてを忘れてしまった  うちの飢えたる  うちに蕩尽されてしまっていた  うちに自分自身をながめて楽しみたい  うちに暮らしてきた  うちにもはや疑えない  うちにひき起こすか  うちに室から出て行った  うちに賛美していた  うちに迷った  うちに是認したばかりでなく  うちに融け合う  うちの一部をローマで送り  うちに同じような悩みがある  うちにも根をおろす  うちに慰安を見出してるだろうと考え  うちに生きながら  うちにも昔の気性は失せていなかった  うちに住んでいた  うちに流し込んだ  うちに崩壊するだろう  うちに化身したかの  うちに生き返った  うちに没し  うちに宿していた  うちにベートーヴェンの肖像を認める  うちに見出すより  うちに求める  うちに含まれてゐる  うちにさへある  うちに求めようとする  うちに初めてもった  うちに死亡した  うちのいずれかに属する  うちにこの問題が決まりますれば  うちから物思いをして  うちに御寺へお移りになる  うちには前夜の真相も打ちあけて話して  うちに私が亡くなります  うちにこうしたこともお聞かせしておく  うちへ参りましたが  うちについとろりとした  うちに踏みへらされた  うちにもかき立てられた  うちの動揺を整理してゆく  うちに終ると  うちに問題の焦点を一つひっくりかえして  うちの大きい集会のある  うちに生涯を托して  うちでは疏水の付近だけであらう  うちに設けられる  うちは邪魔アするだ  うちに動作を含み  うちに言葉を含む  うちにも低級なものがある  うちの三千駄は檜物御手形ととなえて  うちには半蔵も馬籠を立て  うちにはお粂の気も変わるだろうから  うちに官民協力して  うちから起きて帰りじたくをはじめる  うちはだめだというらしい  うちを選んだ  うちに官民一致して  うちに伊那の方へ縁づく  うちに引き返して来て  うちに知ったと言い  うちにこの大計を定め  うちで動かない  うちに懇意な医者の金丸恭順がもとに向いた  うちに溶けて行く  うちに出したらしい  うちにその原因がひそんでゐる  うちにおいて容易に発展し得る  うちに日本のその時代をおいて  うちへも取った  うちには着くだらうし  うちに高利貸を彼方此方歩き廻はつて算段をし  うちに藁店へ来る  うちの芸妓の一人と遊んでゆきなさい  うちでも宮王大夫は大大夫にも劣らぬ  うちから天秤に下げた  うちに見付け出した  うちに或事を謀つたりする  うちこそ日本の民主化のためにはこういうこともした  うちの何人が今の女であったか判らなくなっているので  うちに上京する  うちに私は妻室への気やすめを思いだした  うちに頭を柱に打ちつけて  うちに少し眠気を催してきて  うちに善処したいとは  うちの最高のものと知っていても  うちに父の家へ引き取られ  うちは強硬にある  うちに人を嫉妬する  うちであの中納言に似た  うちに日数がたった  うちにはいろいろな秘密が外へ洩れるかもしれぬと思うだけでも  うちに月日がたつという  うちに辞して帰ったが  うちつい滑り落ち  うちのものが日劇名人会へ出演した  うちはいまだお勘定もらってねぇ  うちのもっともうれしいことになるだろう  うちに帰って行って  うちの愛の力が勝って許しうるに  うちでは限りもない信頼をもって託しておいた  うちに広くてりっぱな邸宅もある  うちにそれらの処置を皆しておく  うちに夜明け方になった  うちに六条院をお去りになる  うちに重態になってしまった  うちに病気のようになってしまった  うちにも病苦の堪えがたいもののある  うちにも大将はたびたび流れる  うちに日も暮れかかってきた  うちに鉄舟居士の半折がシーンと端から濡れていった  うちに棚をひとつ吊りあげた  うちはいつまでもいつまでも  うちにスクスクと伸びた  うちに酔って眠ってしまった  うちに夜になって  うちに二人が裏口の方へ廻った  うちに八つ比になった  うちに明け方に近くもなった  うちではそんなことがあった  うちに弱くなり  うちに昨日の手紙の返事をすら自分は送る  うちには見よいことにもなろうかと  うちに御息所の容体は最悪なものになっていった  うちに御息所の命は終わった  うちにする  うちに済ませる  うちに日がたって  うちに泡鳴の方から手紙が来た  うちにと思った  うちときいたら  うちに先方の誠意のあり  うちを騒ぎます  うちの老人が一行のものを米澤ぢやないかといつた  うちには歸り相はないと道者の一人がいつた  うちの三四人が立ちどま  うちに先達は一人で行つてし  うちに霧が薄らいで枯れた  うちに山の騷ぎが止んだ  うちに納棺された  うちのような気のあそばされる  うちに御一周忌にももう近づいてまいります  うちに色づく  うちでだけ絶え間なくそのことを考えて  うちに雪も少し降り出して  うちには夫婦として公然に同棲する  うちは親身の者が付いていなくてはといって  うちへ申し願いすべし  うちに立て  うちに数十年の経歴をなす  うちに夢を現ずる  うちこそお妖怪のことを頭においていたが  うちに帰ってから  うちには木小屋がついたり  うちに帰つてから粟餅をこし  うちに暴力で結婚が遂行される  うちに院とお別れになって  うちにずんずん月日のたっていく  うちにそのことの実現されます  うちに日夜まむきに犇めきとおして  うちに感じ分けてはいず  うちに含まれていたという  うちかけられている  うちで最も世の中に知られない  うちに辞職してしまい  うちにファラデー夫人もはいって来た  うちの五年分くらいは空想に費してゐる  うちに没却してはいますけれども  うち早く向背をきめて置かぬと  うちに内々財産を処分して置きたがっている  うちに手の内を見せてやると  うちいりを済ました  うちの最も人に愛せ  うちに聞いていると  うちに没入して  うちに記憶をとどめているが  うちの一つに落着く  うちにも油断のならぬ  うちに辿りついて  うちに多少なりとも地所を買い求めて  うちに足を洗いますよ  うちに馬をやとうて  うちに道具屋をはじめた  うちに予防しなければならない  うちの大先生にはかなわない  うちの大先生のことを思い出すと  うちの大先生のことを思うと  うちに年月がたち  うちにお邸を出てしまった  うちのすぐれた  うちに八の宮のお邸は火事で焼亡してしまった  うちにもう一度紅葉の散らぬ  うちのおもしろいのを一つ二つお話しいたしましょう  うちにお米をまいて  うちに日本から妖怪博士が渡英せらるるが  うちはおもしろがっておりました  うちは騒がしいために聞こえませぬ  うちに浮かんだる  うちに紅葉見として行きたいと  うちに帰れるでしょうか  うちにお返事をお渡し申し上げませんでは  うちに思い紛れていた  うちにそんなことになる  うちにその年も暮れる  うちに高麗へ使する  うちに鏡に向って  うちでは謡曲を第一としています  うちにそれが能面ではなく世にも絶世の美女小町そのものの顔になって生きている  うちにと秘めて  うちてしや  うちにこめてしまふけれども  うちでは最も古いおもかげを存してをる  うちでは先づ感嘆詞に近い体言とみるべき  うちに融合してしまうたと説く  うちの養生養生を榮燿の樣に思ふは  うちでもいちばん悪い戦争の道具はこれをとりあげる  うちに三年ばかり経って  うちに宇治のこともお言いだしになり  うちやって行ってはいけませんよ  うちにお届けせねばならぬと  うちはいっそう寂寞たるものになっていた  うちに自分も行って  うちに何かの植物が枯れていく  うちはどんなにもして  うちに日も暮れたが  うちでもなかったように思われ  うちのお母さんにすまないじゃないかね  うちにやったの  うちで心配するから  うちに整っていた  うちに会いにきますから待っていてくださいな  うちに暮れてゆく  うちは何んとかかとか云い  うちに返事に窮してくると  うちにあかりの洩れてくる次ぎの  うちにやっと母がそれに気づいて  うちに漸っとおばあさんが私を捜しに来た  うちの幼時の自分に訊く  うちの庭で遊ぶ  うちには一遍ぐらいこんなことがある  うちには忘れ去ったかもしれなかった  うちの無花果はいつ  うちにも自然と生じてきた  うちへ来る  うちにだんだん一人で通学する  うちに婿をきめておきたい  うちにもあの二人の女性の持ち合っていた  うちに白い朝顔は赤みを帯びてきて  うちに見る見る萎んでいく  うちに心が変わった  うちに宮が六条院へお出しになった  うちに退出した  うちの殿様はなぜいざこざをお言いにならないで  うちはあるが  うちにもそうも言って  うちは気持ちが悪くてもまた快く癒っている  うちに夜もふけわたった  うちに短い秋の日は暮れてしまったので  うちに涙ぐまれてくる  うちに急いで  うちにそれに対する慰めは得られないに  うちに石川房之丞があった  うちに他の人々もおいおいに集まって来たが  うちは誰も歌留多を始めようと言い出した  うちのお父つぁんに逢ったら  うちへ帰れないわ  うちに張氏が高郵に兵を起したので  うちの誰か起きたら  うちで我々の記憶に残つてゐる  うちに船のマストの方へ昇つていつた  うち固より大多数を占める  うちに足跡もなく通過してしまふ  うちに時の眼を素通りして  うちには性来モーローとして無口の婦人もあるので  うちでひそかにくやんだ  うちは何をいたすも  うちに今までどおりあなた様もおいでになれた  うちにそれらの連中が討死しますと  うちに矢が片腕に当りましたので  うちは押すな押すなの  うちに売れてしまうという  うち当って飛沫をあげる  うちに自らその必要が起って来たので  うちはどちらに傾くとも  うちに響き  うちに一同は盗人の家についた  うちに彼女の昂奮は少し静まつた  うちにこのことを聞いて  うちに自分は十分にその人をいたわる  うちにゆるりとした  うちにとお供の人たちは咳払いをして  うちにめざましく心の成長した  うちに都合さえよければあなたを移そうと思う  うちに相思の情は深くなるばかりであった  うちに京へ迎える  うちにお書きなさいまし  うちに昔のお話をゆるりとしておく  うちにあなたを迎えうる  うちに周囲の者からよけいな忠告をされて  うちにも夜もずっとふけてきた  うちへ帰らないとならない  うちにもうお日さまは空のまん中までおいでになって  うちへ帰って参りました  うちにお医者に診てもらった  うちに手記した  うちにロイドは玄関から出て行った  うちに弔書を寄すべきであるのに  うちにお葬儀をしてしまう  うちに不審な点のあるのに  うちにしたい  うちに日がずんずんとたちました  うちに浮舟は死んでしまった  うちの幾つかを女房に姫宮のほうへ持たせて  うちに薫の心はまた二条の院の女王の上に走って  うちにはどんな問題を起こして  うちにざらにある  うちがあるからこそ  うちをもっていなかった  うちこえがたい空虚地帯が出来ていた  うち合わせてあった  うちで調べる  うちから好きなのを選ぶ  うちの一人にでも匹敵する  うちへ帰るわ  うちにたちまち七斤が露路口から現われた  うちに時間が来たので  うちにホールで余興がはじまり  うちにたがいに立ちすくんで睨みあう  うちに知世子が気がつき  うちに見尽すというが  うちから次のやうな絶れ  うちに於ける  うちに新橋駅に着いたので  うちはその可能にどんな限度があるかという  うちに知的な土俵入を目指して  うち気がついて好い事をしたと思う  うちの一人が生返った  うちに雨になり  うちに皆忘れてしまった  うちにも姫君は涙ぐまれてくる  うちにもこの一家の知らぬ  うちにこんな歌を告げた  うちに中将から手紙が来た  うちに女の身をもっては  うちに宮中へ出なければならない  うちに涙の落ちてくる  うちに自然に位などというものも高くなり  うちは言わない  うちに精神というものもどうなってしまった  うち温直になされた  うちに私の病ひは  うちで判別出来なかつた  うちに乾くだろう  うちはグッスリ眠っているが  うちに試験官がパッタリと帳面を閉じたから  うちはあるだろう  うちに日支関係が緊張する  うちに先生は美少女の一人に恋をした  うちに先生の意中の人なる美少女も青年と恋をはじめた  うちの一人かも知れないと  うちの亡くなつた  うちに召集令が下り  うちに今度の戦争が押ッ始まった  うちに湯へ行くべ  うちに片づくが  うちに御披露がある  うちに私の心当りの人が帰ってくるだろうと思う  うちに道夫はあっと声をあげた  うちの課員にする  うちにもでるでしょう  うちにはたまには課長に分る  うちに道夫は胸がしめつけられる  うちにお芋は大部分が水につかり  うちには未開拓な点がある  うちに自分だけの現実を持っている  うちに閉じ籠る  うちには二つの存在がある  うちに広い深い無意識或は潜在意識の世界が存在する  うちにその集団独自の生命や生活を見出そうとする  うちにわざわざ言及する  うちに娘さんも出て来て  うちに帰つて来た  うちへ帰つて現像してみた  うちには自然に判る  うちに悩ましく聴く  うちに居るとしたら  うち過をして罰せられた  うちでもみんな悦んで  うちへけいて蝋燭うつけてぢいさんに読んで  うちに何を書く  うちにできるだけ  うちに偶然出くわして  うちに自分にはいろいろの瑣末な疑問がおこった  うちによく似た  うちでいちばんむつかしいことのようにも思われる  うちに摘み取られなければならなかつた  うちにヤニングスの肩と槇の肩をごつちやにしてゐる  うちにあらゆる困難に耐えて  うちは御婚礼をする  うちに親烏がかえって来ました  うちに嘉ッコがふと思ひ出した  うちに王妃は泣きだした  うちに嘉ッコがふと思い出した  うちに窮迫し  うちにじっとして居れなくて  うちに三人の者が順じゅんに坐って  うちに日本国中にライフルの流行を見るであろう  うちにむしろ蔵されている  うちに秀衡死して  うちに喜んで  うちに十日あまり経ったので  うちに売ってしまって  うちに病気になったので  うちを一軒ずつまわって  うちに書き上げなければならない  うちへ葉書を書く  うちに血のけがひいていきました  うちがさがってしまうとおもいこみました  うちしてくれました  うちまかされてしまうにちがいありません  うちに夜はあけて  うちに又左衛門は病気になって  うちに七月十一日になって死んでしまった  うちにお染が病気になった  うちに遊び仲間が殺された  うちに長右衛門は組頭になった  うちへ出入りをする  うちに映つて  うちに飽が来て  うちに船のなかで器械体操の真似をして  うちに足を挫き  うちに屈めた  うちに早く出来る  うちにどれだけ時間が立つ  うちにバルヂピエロの別荘にゐた  うちに千七百七十九年のカルネワレの祭日が来た  うちに忘れ去る  うちに次第に平静にかえる  うちではあるが  うちに早く帰れ  うちに順を追うて  うちに出ておいで  うちにヒメのカラダは見ちがえる  うちに汗がジットリ浮んできた  うちにオレの心が変った  うちにヒメを刺してしまった  ウチで仕事をしたいとは思うまい  ウチに雇われた  うちに彼女と式を挙げる  うちに彼女はヤット仕事を終った  うちには品夫の実父の二十一回忌も来るしする  うちの御養父様が生き残っておられた  うちにこの村に遣って来るに  うちの養子にしようかなどと  うちに二十年の歳月が流れて  うちに健策は全く昂奮が静まったらしく  うちに両手で眼鏡をかけ直しながら  うちにうなずいた  うちに何もかも解ってしまいました  うちに両手で夜具を押えつけると  うちで伊庭君の指摘せられた  うちに書き結ばなければならぬ  うちにやっとれいの王女のいる  うちにすっかり日がくれました  うちに大きな大きな大山のようにふくれ上りました  うちに夕方になったので  うちに著るしく  うちのひときは大柄な白蓮一輪だけを除けば  うちやゆかしきといふ御製を預けて  うちの一つを欠いた  うちにまた同様な疑いが起った  うちは皆がかはるがはる  うちの母は米を炊く  ウチでは喧嘩といふと  うちに大江山の鬼を退治する  うちにだんだんお酒のききめが現れてきて  うちで整理された  うちに分屯警備地区の特徴を詳細に知るを得た  うちで持てる  うちの幾組かは数ヶ月のあひだ離ればなれになつてゐて  うちに進められるに拘はらず  うちに加へてくれる  うちに感じる  うちに橋梁破壊を命ぜられた  うちの抗日軍歌を引裂いてみせた  うちに溶け込んで  うちには出ていない  うちで和歌の浦は大変浪の荒い所だと云う  うちに私は根本的に性質の異った  うちに種々様々の工夫を凝し  うちにもう棄てなければならなくなってしまった  うちは知りたいけれども  うちこそ研究もして見たいが  うちの下男になって  うちへ行ったり  うちはなんともいえないですよ  うちのどちらかから恐喝された  うちにおいでくださいなどといいながら  うちはもと銀座の一丁目にあって  うちに林も流れも真白になって行きます  うちに自分の生れて育った  うちに真暗になり  うちから駅の附近の家をたたき起してまわった  うちであそこへ往つたことのある  うちで縫いましたのよ  うちに姉のいる  うちに何度も繰りかえした  うちに阿部を訪ねてみよう  うちに熟れていた  うちではそう云っている  うちに商人に売ってしまう  うちに出来る  うち又働きに出る  うちから代表を選んで  うちは帰らぬという  うちに眠り  うちにおさめて  うちから別れ別れにされて  うちに賽を消され  うちに含まれているのみならず  うちに加えました  うちに乗って来た  うちで別世界をこしらえて  うちを知るに苦しみました  うちに肯く  うちに当人が誰を好くとか  うちにかたづけてやる  うちに誰を見立てた  うちに扉をおろし  うちにいてくれ  うちにも頭を捻って  うちに散じてしまったとすれば  うちの幾人かがこの辺に泳ぎついて  うちは極めて好意を以て会話に答えた  うちにその夜を眠ります  うちに大合戦がはじまる  うちに作者がある  うちこそ幸いお国土産の芋でもくらって  うちは辛抱していたが  うちだから芸娼院へ入れろ  うちに十二月はすぐ尽きて  うちに正月十一日となったが  うちに輝いた  うちに戦争がすんだ  ウチへ置けねえから  ウチへ泥棒に忍びこむ  うちに麻雀の連中が勝負を終ると  うちに夢を抱いてこそ  うちでぶつ  うちだけで渦巻いてゐるので  うちからうちから全面に燃えかがやく  うちにまた霧に隠れた  うち出して会おうとするには  うち看守る  うちの一人が上をさして  うちに大きく宙をとび始めた  うちにラッパは正面へもどった  うちに形と色とがかわって  うちにその怪物は縮みはじめた  うちに横へのびて  うちにしてしまはなければなりません  うちに飛起きました  うちがふかといふと  うちでも朝夕に変る  うちにもコンスタントなものはある  うちに音はやんだ  うちに生活様式が規定されてしまってるじゃないか  うちで沸かさせましょう  うちを大きく抉り取られた  うちの誰はどうしているか  うち如何なる季節を限りて  うちに発って  うちの陰気な音と言うたら  うちに繕わねばならぬ  ウチへかえってズボンをネドコの下へしいて  ウチへ遊びにきて  うちの女中が蒼ざめて駈けこんできた  うちに一番兄さんのアアと二番目の兄さんのサアが寝ている  うちにリイは又家のことを思い出しました  うちに又も遠眼鏡を眼に当てました  うちにすっかり日が暮れてしまいましたので  うちにリイの足は岩の上から離れて  うちに夜はだんだんふけてきて  うちに逃げ出す  うちに何かを見出した  うちに芽を出しかけてきました  うちに一種の美しさが感じられる  うちに花期が過ぎ去った  うちの一尾とが死んでいた  うちで二つは死んで  うちで落ちて死んだ  うちの主人と違って  うちの主人が近所に引越して来てから  うちの主人を恨んでいらっしゃる  うちにひそかに胸を痛める  うちで人の眼につく  うちに大いなる曲折と出来る  うちで受けた  うちに熟柿を描いた  うちに風もないのにたくさん一時に落ちる  うちに九州から奥羽へかけて  うちに憲一は酔うて来た  うちに女は憲一の傍へ来て  うちに巨額の金が盗まれたり  うちに一行は見る見る  うちにこの壺が卓子の上から下ろされた  うち見た処如何にも質素で柱なども太しく奢った  うちにそのお嫁さんがミルクキャラメルかなにかを頬ばりながら大股にさっさと歩き出した  うちになお酔払ってきて  うちはうまくいった  うちに見て取った  うち最も賢き奴一疋これを知りて  うちの稲の中に鳥が巣をくっていた  うち採って置かぬと  うちから泊り込んでいる  うちの嫁になってくれ  うちの疎開者は少しもうちから物を買ってくれた  うちで何が一番難しいかと私が訊ねると  うちから白土を掘り出しに通う  うちまったく周囲は見えなくなって来た  うちに燃えはじめた  うちに止まりとおした  うちに婦人委員会をもったという  うちにつきこんだ  うちにもち運んで来ている  うちに結実させようとしている  うち破られて  うちにも閃いている  うちにとけてゆく  うちに迎えられた  うちで戸主や長男にばかり認められていた  うちの子供のためにコンクリート建十坪の天文台をこしらえているという  うち寄せる日々の濤に抗して  うちに恰度停留場へ着いた  うちと力はある  うちのどちらかにきっと故障がはいる  うちに真蒼になってしまった  うちの一つを選んだでしょうが  うちに取らずば  うちに王宮に到った  うちから博物館へ出かけた  うちに次第に頭をもたげて  うちにうとうとしはじめた  うちにライターは消えた  うちを考へた  うちに薄い暗を吸ひ取  うちの離れの前栽の景色にきまっていた  うちもっていると信ずるの  うちでそつとつぶやいてゐる  うちへ入れてしまう  うちに生徒が帰り始める  うちに妙公を伴れて来い  うちにかき払われて仕舞う  うち萎れ始めて  うちに撒いた  うちへ掻き消えた  うちに寝入った  うちが花火のようにどきと鳴った  うちで微笑していた  うちへ隠れ去ってしまった  うちの一頭の裸馬の背を見て  うちはやまないという  うちに抑えて  うちにもそれを持っている  うちへ四ツン這いにはいって行った  うちにありあり分った  うちから告げていた  うちでも特筆されている  うちから呼び起す  うちを訴えてみる  うちに叫んでいた  うちに交じっておった  うちにおりました  うちへ飲みに来た  うちで思わず唸いた  うちへ入れてはならないよ  うちの戸口に立って  うちへかけこんで行って  うちに近づきました  うちに波の打つ  うちにはいっていられました  うちは弄っても  うちに業務部の若い男が先着して  うちはコマメにやりなよ  うちにサッと立って  うちに料理の支度をさせておけよ  うちに説明を加える  うちに正体を突きとめやしたが  うちかがやくばかりであった  うちの半坪の地点にありますな  うちに百万円つくってくれよ  うちに丘の縁の向うへ姿を消してしまった  うちに彼はまた以前の場所へ倒れ  うちの旦那さまより偉え人があるかな  うちにどうにかなった  うちに実に素敵な幸運で小生は正に自分の必要とする  うちに半分の者は病気に罹って寝込むだろう  うちにまた食べたくなるだろうよ  うちに死んだし  うちに彼は左舷の排水孔のところへ行って  うちに君たちの言った  うちは出て来  うちに彼は勇気を取戻し  うちに例の高い木の中の一番初めの木のところへ着いたので  うちに自分の計画を立て変えてしまった  うちにすでに待伏せしている  うちに私たちは皆へとへとに疲れてしまった  うちに捕まった  うちに疼く  うちに歓喜を覚えて生きる  うちに契約となった  うちから生れた  うちにききとられたと思う  うちでどう打開するか  うちに美と詩と慰藉とを見いだしうる  うちに舞妓の方はやめて  うちの見合結婚もなかなかよいものだと思う  うちは何商売だったか分らないが  うちにはまたいいことも運ってきましょう  うちを覚られまいとするには  うちには何とか仕官の途も着こうかと思っている  うちを見透されまいと思うから  うちを見透されまいとする  うちにとうとう表門まで来てしまった  うちで繰返した  うちには機を見て  うちのどこかで兄を是認していた  うちに御検使が出張になった  うちにまたおしおのことが想いだされた  うちにもう真赧になってしまう  うちに少し胸先が楽になったと思ったら  うちにどこかで一番鶏が鳴いた  うちに決行しなければ  うちにあるとも知らず死んで行きました  うちにどこまで延しますかな  うちにふと頭を擡げた  うちに烈しく存在している  うちに貫かれる  うちの老いぼれ  うちにすっかり変ってしまって  うちが東京広しといえども  うちに五十回も立続けに  うちを黙つて飛び出して来てし  うちにおぼつかなく燃えたり  うちに実感をこめて  うちに自分の立場というものをきめられ生い立ってゆくにつれては  うちに生きず  うちに解決されると  うちに蔵されているとばかりわかっても  うちの高いものを学んで来るであろうか  うちに成長している  うちには見出せなかったが  うちに母に連れられて  うちにまた双生児が生まれた  うちに君子に分かってきた  うちでなにか一言つぶやいた  うちに生活の環をおいて  うちにとりこんでいない  うち最も勝れて  うちでも通新町や何かに隨分可愛想なのが有るから  うちに此娘を据へて愛敬を賣らすれば  うちに誰れとて  うちに一人前の人になりました  うちから心にかなつた人を選んでは  うちに少々殘つてゐた  うちであまりものいりもしなかつた  うちに三年ばかりたちました  うちに夜もなかばになつたと思ふと  うちに五分刈の綾之助は稚子髷になった  うちに百数十通おくった  うちにて取り交わした  うちにおこなわれる  うちにはお国という悪い妾がいる  うちの中で長兵衛自身術もなく棟梁を否定し  うちに御神燈が下っていたり  うちに弾丸が一発も無くなりました  うちに不図お祖父様の手箱の中に赤い丸薬があった  うちに都会の隅々で健康を破壊されて行っている  うちに語られている  うちへ溶け入って  うちに作用している  うちに若く稚い魂と肉体の無限の呻吟をつたえている  うちに遭遇する  うち当てて文学はその訴えの姿態としてあらわれている  うちに描き出してゆく  うち向う気力を鼓舞しようとする  うちに心愉しく漫歩して  うちの若い婦人に対して抱いていた  うちにまたなかなか複雑な型の類別が生じている  うちに弓を引き絞り  うちに激して来て  うちを選べと  うちから城代の許へ出して  うちに物理的に証明される  うちから処女作として発表された  うちにも想像してひかえていた  うちに籠っていた  うちの親と嬰児のようになっていた  うちに必らず必らず支度はして  うちには金もあり  うちで口ぎたなくののしった  うちに挽回しておかなくちゃ  うちになされた  うちに改良されるか  うち本大臣アサリが兼任する  うちに体重を二十%減らした  うちの二人はペンとバラに代って  うちに研究していると伝えられる  うちに面倒くさくなって  うちに其の跫音は立ち止る  うちに歩き過ぎて  うちに述べ立てて来たが  うちに見えなくな  うちは杜絶えもしない  うちに引つ込むなんて  うちに総江も外へやつて来て  うちに安直な家が立込み  うちに書き上げてやらうと  うちに吻つと手を休めて  うちには控える  うちに緩やかな昼が動いて  うち最も手頃と速断さるる  うちに固く誓約して  うちに連れて行きなさい  うちに息子の楠さんは細君を迎えて  うちに鳥を納れむと思ふなり  うちの屋根うらに  うちにかへりました  うちの一枚をとりあげ  うちも寒くなるに  うちから襟首が寒うなった  うちに吉原を素見しながら  うちのどれにしても帰り  うちにのこした  うちの筆記によつた  うちに紋太郎の口から溜息に似た  うちに黒主の絵は全く消え似ても似つかぬ  うちに隣家の庭へ飛び下りた  うちにはちゃあんとこの時一つの目算が出来上がっていた  うちにお石も太十の情に絆された  うちに溝の底に靡いて居る  うちに灰を挂けて置いたりして  うちにだんだん低くなって  うちに慰めを見出しています  うちに東の空がばら色に染ってきました  うちにハンナが来ました  うち勝とうとしている  うち明けることもできず  うち明けてるじゃないの  うち明けることのできる  うちはローリイと川へボートこぎにいき  うちをさとる  うちに片っぽ見つかるでしょう  うちがありますよ  うちを考える  うちがあります  うちに醤油の中へ投げこむ  うちに呑みこまれて忘れられた  うちも浮気をしない  うちに行われる  ウチはまた始まったぜと  うちに亡くなつたので  うちにおきました  うちへいつて  うちに生長した  うちに貞之助が先ず床の上へ起き直り  うちで皆のたべている  うちがいつしか身にしみこみすぎている  うちで首肯する  うちは堪忍できなかった  うちをべつだん何も忖度してはいない  うちに馬場が私の下宿の部屋を襲った  うちの主人がよその土地に移つた一軒の家を改築して  うちに陰の方にかくれて  うちへいらした  うちにうけいれられ  うちに心霊術に凝り  うちに誤られてしまいました  うちどよみまた鳥啼けば  うちの眠れる  うちのよきものを引き出す  うちに秋となり  うちに発表した  うちにはいっていないよ  うちでは最も治療の容易なものと見くびっていたが  うちは堪忍できなかつた  うちをべつだん何も忖度してはゐない  うちに返済しておかなければ  うちに一層決心を固めた  うちに返しておかなければ  うちに返そうと  うちに返さなければ  うちに気分が静かに落付いてきた  うちに片がつくでしょうから  うちにこの近くまで来たので  うちに上野から青森に向う  うちに敵を愛してゐた  うちから真ッ先に死んでゐるので  うちに専務の方もうる  うちに慾がでて  うちに水が湧きだしてくる  うちにやられるので  うちにだんだん貧乏して  うちにキレイに払いを済ませて  うちに次第に変化もし  うちに生じて  うちの経済が苦しくて外套は祖父のお古を着ていたが  うち出かけて帰って来たら  うちに握らされた  うちのよい点だけを取る  ウチの吾吉の野郎が女に惚れやがった  ウチの宿六とおんなじようなことを言わないで下さいよ  うちの一つを次に掲げてみよう  うちになくなるかもしれない  うちに死ぬかもしれない  うちにいきなり第一発をその右胸に撃ち込んだ  うちに家の中にある  うちに雑っていた  うちに目が覚めた  うちは安心しきつてゐられたし  うちの一本は私が描いて  うちに包んでいる  うちに洶湧する  うちにむずむずと溢れてくる  うちに威圧された  うちへは月の光が射さぬので  うちには少しも残ってはいなかった  うちに彫り付けられた  うちを解するに苦しんだ  うちに感じていた  うちでは百姓に相当な同情を懐きながら  うちにまざまざと現れている  うちに腐りついている  うちふるひけり十の指音にこそ渇け  うちかけてふるさとの都のかたを望めども  うちのりてよろづの鳥に歌はれつ天のかなたにあらはれて  うちに朝ぞ隠る  うちふる斧のあとを絶え  うちふるひ雄馬は人に随ひて  うちふりうちふる  うちではこれまでにつひぞ  うちにそれを求めたら  うちに禿げて  うちに椚眞木の受取渡しをして  うちに往生する  うちに子規は死んで仕舞った  うちで暗に余を激励した  うちに彼の胸は嬉しさの余りワクワクと躍つた  うちで歌をうたつて見たりした  うちに彼は盃に指先を持つて  うちではしょうがねいけど  うちに一種の興味を感じつつも  うちに明日行くべき  うちに父は果たして石塔の主人となられた  うちではああして  うち囃してわがひとのかなしき声をまねぶ  うちを散歩するばかりでなく  うちで二時間乃至三時間は汲めない  うちでそれらの誤謬を発見された  うちの房代も行ってる  うちでも知っている  うちを出て行ってもらうとか  うちにそのような要素や手法が出て来てしまった  うちにうとうと睡ってしまいました  うちに自信のある  うちに表へ逃げ出しました  うちに家の人が戸をしめると見えて  うちの後の岡の上から見える  うち眺めていた  うちのむすこの銅像でもたてるというなら  うちに加えられてある  うちに食って置こうじゃないかという  うちに纏めて  うちに呼び起すでしょう  うちに配ってしまわぬと  うちと夫婦になりたい  うちにゆつくりおた  うちでは交際の一つだと申してすすめられますけれども  うちにひそめられていた  うちがあっただろう  うちに田圃まである  うちに辿っている  うちのあった  うちに一種融通のきかない  うちたえていた  うちにいつか主がかわった  うち出して行こうとする  うちふるえるような情感のたかまりで  うちしたがえられたと思われた  うちからおのずとほとばしった  うちに色彩濃く描きつくされている  うちその一冊はこのとざされた  うちに止まれない  うちはどんなものを書く  うちひろげて行こうとする  うちに或る溌剌さをもって  うちに潜り入って  うちひろげられるには  うちに伝統となっている  うちに人類の意志を感じるという  うちはめてゆく  うちから植えこまれている  うちに知識的な或は哲学的な均衡を保って  うちに萎縮している  うちに埋められてしまっていた  うちに自覚していなかった  うちに本音をはいている  うちに息づいた  うちに登場して来ていた  うちまかせている  うちに何ごとかを含める  うちに階級と階級との対立があるという  うちに当然のものとして地位を占める  うち立てて行こうとしている  うちに送り出された  うち消そうとした  うち立てさせようとする  うちにつきはなして  うちに大きく作用していた  うちに装っているであろうか  うちにかくされている  うち立ててゆこうという  うち立てていたという  うちに明瞭に見られた  うちで求められ  うちに社会と自分の全可能をとらえ  うちで変ってはいないのに  うちに生きていて  うちに訂正しなければならない  うちに云われている  うちに自分たちの善意と人間意欲の手がかりを見出そうとして来た  うちに育って  うちに包括されて認められ守られなければならない  うちに刻々と推し進む  うちに消費しないで  うちに年が経つて  うちに眼鏡が曇って見えなくなった  うちに宅に来てくれといって帰ってしまった  うちに手紙を書かない  うちにつながれているかという  うちで綜合して見わたす  うちに一つか二つという例外の家賃を基礎にして  うちにこそ国民の多数が生きている  うちはやぶるとも言うてゐるから  うちを多く持つ  うちの帰りに真直ぐ帰らなかつたでせう  うちに含めてゐるかの  うちを底知れず  うちに約してゐるといふ  うちならわたしも一処に伴れて行かれるから  うちからお祝物の為に貯金でもしてゐて  うちに彼としては莫大な金策を試みなければならなかつた  うちに色々と私の註文も出て来る  うち寄りて花の下に酒もりするも  うちにみいだす  うちに何んとか圭一郎の始末をつけて置いてやらにやならん  うちから強硬に加調米を値切  うちにその箇處に出合ひ  うちに一脈の云ひしれぬ  うちに男女の参政権が含まれている  うちから女という女の憂いも歎きも見すぎて来た  うちに秋も更けて  うちにほのめかして行った  うちも曇んでいた  うちに下の座敷に集まって  うちに写実のまゆを突き破  うちも焼かれました  うちにでも遊びに行くといった  うちに解雇する  うち明けて下さらなくちゃ  うちに感傷的に涙ぐむ  うちにうなずいたが  うちに沖縄のことかとおもって  うちに這入  うちにも今は石垣を圍らした洞穴がある  うちの自動車の運転手にきいても  うちに神経衰弱にかかって  うちにとうとう口が利けなくなって  うちの舞台を貸すがと言われたが  うちにだんだん女の年の明けた  うちのひと晩だけ大辻君が前から受け合っていた  うちの寄席へ出る  うちにだんだん実感が迫ってき  うちに前年面識のあった  うちにゐるの  うちに見んとは  うちかたぶくな其のわざを取り  うちでどんななりをしてゐたか  うちに相ついで死んで行ったし  うちに幾度もうなずきました  うちに逆な返事ばかりしましたので  うちに一日位煩って亡くなった  うちに越中立山の麓へ往けば  うちの英光に文學などをすすめて  うちには前に言った  うちで最も曖昧なのは釈迦の伝記であると言って  うちのことと承知していながらも  うちに雨が落ちて来るというので  うちに見晴らせる  うちにはゐないで  うちに頼む  うちへもいらっしゃいよ  うちじゃ蕈の漬物なんか喰べないだろうから茶いろ  うちだと思え  うちに一人の旅人に出逢えば  うちの宝物にしておきたくなりました  うちのむす  うち死んで仕舞つた方が氣樂だと考へるがね  うちにこの作者が理性の眼をたのしませる  うちに思想の光りに  うちに青空はるかに棚引いてゐる  うちに螢火のようにばらばらになって  うちの芝居の建てまえにも反するし  うちの皆も全然気に入っている  うちでだつて煙管なんてものはつかつた  うちお酌がまた一人かかって来て  うちに風呂の支度が出来  うちにだんだんひどくなって  うちから仕切って  うちには帰るでしょう  うちは手足を縛られている  うちは判んないわよ  うち小さい妹が前後して  うちに時がたって行った  うちに荷造りをして  うちに気がつき  うちに門閥とか家とかいう観念の強さが見え  うちにひしひし胸に突き当たる  うちまた来る  うちに銀子たち三人は車で駅に駈けつけ  うちに金主も花村の上手を越した  うちに東京駅まで来て  うちに立っており  うちから先生の画室へ行って  うちに休息などしていては  うちに火蓋を切ったので  うちに江戸へ送った  うちに加わり  うちは実家に返す  うちに消え去  うちの一番年長者はライフの方へ手を出しながら  うちに立野という宿場まで歩いて  うちに凍るで  うちに百金集まったので  うちに霧とも言われない  うちに偃松が深くなって  うちに野末に近くみえてをる  うちに連れ戻さなければならない  うちなら誰にも知らさず  うちに息を引き取らせてやっては下さるまいか  うちに四月になって  うちに戸外は大雪になった  うちに森を通って帰って来ました  うちに帰らぬと  うちへ遊びに来ないかい  うちにロクロ首になりました  うちによいことをして  うちによいことをして来ると  うちに稽古をしろと言う  うちに行きたくなるまで休ませようと  うちが金持ちでなくなると  うちに坪内先生のお棺を送り  うちへ走りました  うちの方へあるきだしました  うちに自動車は急停車した  うちではよく夕飯後に東京地図をもち出した  うちのものは漠然と気味わるがった  うちのぐるりもひどくやられて  うち出されている  うちの古びた  うちのゆずり葉の下の壕にかがんでいた  うちの屋根にふりそそいだ  うちに或る空虚が澱んで来る  うちにその時湧いて来た  うち任していると  うちから掴み去られたが  うちに懶い憂欝が濃く澱んで来た  うちに流るる  うちに浸りながら  うちにじっと見守っている  うちに女中の口からおかしな噂を彼女はきき込んだ  うちにまたいつしかしげ子と上坂の細君とは口を利く  うちに重夫の病気は次第によくなっていった  うちは決して死んではいけないって  うちに余りに心苦しいものが在った  うちに火が無くなってしまい  うちは大丈夫生きてる  うちで何かみよ子に買っていってやるが  うちに充ちていた  うちに突然妻が死んだ  うちに火を燃さなければいけないと云っていた  うちにも在る  うちにそして静かな夢幻のうちに自然に眠りから醒めてゆくかの  うちに何処か隙間があった  うち振りながら男はまた数歩した  うちに何も彼も知れぬは  うちに辞し去りました  うちに先生の御顔に疑惑の色がただよい  うちへかえれて  うちに知った  うちに吹いてきていた  うちにムクレ上がっている  うちに変ってきている  うちに露台骨をかみ崩していて  うちにその力を頼んでいた  うちから跳ね上げる  うちに握りしめていた  うちに税関をだまくらかす  うちで一番植民地ずれがしていない  うちにすんじまった  うちに軟らかい肉体を腐らしてしまった  うちに這入らない  うちで云っていた  うちに刑事の舌で崩されて行く  うちの主人が殺されて  うちに父は病死して  うちに目的地に着いた  うちに何回でも聾と唖と腰ぬけと  うちに智慧の悲しみを知る  うちに死ぬる  うちで遠慮なされている  うちに腹からの笑いを誘い出している  うちに髣髴させた  うちに今日まで来た  うちに動員された  うちにしか見出されない  うちに中止となつたことがある  うちに何となく好きになるから  うちに彼の顔は次第に血の色を失った  うちにたうとう寝入り込んでしまつた  うちにもう少しどうにかできるだろう  うちむかう人の氣分を察しすぎて  うちの一つは子供の出る  うちの片方はまつたくはいつた  うちの大部分は戸が締まつていた  うちの一本の写真がラストに近づいた  うちに私の生活は一日一日と苦しくなつてきた  うちにも慰める  うちに二人とも立派な大人になりました  うちに一つの村に来ますと  うちへ這入って行きました  うちは我慢して  うちの娘が井戸の口一パイに引っかかって泣いています  うちに向うの方に獣の絵看板を沢山に並べた  うちに見世物小屋の上にあげさせました  うちに中は一パイになってしまいました  うちに大勢の見物人が上って来て  うちに二人共眼がさめて  うちに宿屋を飛び出しました  うちに無茶先生はやっと豚の尻尾を押えましたので  うちにお泊り下さるより  うちに下からドカドカと大勢の人が上がって来る  うちに通りかかりの  うちにヒョロ長い女がまん丸い男をおぶって逃げ込んだから捕まえに来た  うちに居るけれども  うちに地びたの上にヘタバッてしまいました  うちにその宿屋の表には見物人が黒山のように集まりました  うちにその粉薬を仕舞って  うちにその顔色が赤くなって  うちに真っ黒になってしまいました  うちの番頭をあんなに黒ん坊にしてしまった  うちに泊めてくれないからだ  うちは貴様みた  うちに見物人はみんなワイワイ騒ぎ出しました  うちに今度は自分たちの顔までも真黒になっている  うちで喰べさせるな  うちにみんな疲れて  うちに三人の泊っている  うちに無茶先生は表へ出ますと  うちにだんだんと夜があけますと  うちに先に立って歩き出しました  うちにお腹が空きますと  うちになおなお山奥になりますと  うちへ帰りとう御座います  うちに無茶先生はグルリと崖のふちをまわって  うちに居ります  うちに早くおうちへお帰りなさい  うちに帰らなかったら  うちに家に行けません  うちにおうちへ帰らないといけない  うちの中で絵なんか書いている  うちに竜巻にお伴致させます  うちはおもに伝道をしておりました  うちにあるかを見る  うちには緑色をしていた  うちに消えてしまう  うちに新鮮な喜びを見出してゐる  うちに升屋の老人は帰って来て  うちのお祖父さんと云うよりも  うちに新鮮な喜びを見出している  うちはわからない  うちにもちょくちょく遊びに来る  うちから私を知り  うちに嶺の頂が非常に短くなつて居た  うちに私はどっさりいろいろのものを見ました  うちに在れ  うちに生き返って来る  うちにあれ  うちで営業する  うちの主人もよく遊んだ  うちに子供も待ってるし  うちに子供もいるし  うちへ来て貰っちゃ  うちへ遊びにきておくれ  うちに激しくもとめる  うちで御馳走こしらえてやるぜ  うちのこと頼んできたから  うちにこの手紙を読めば  ウチにいるし  うちから働く  うちにしょんぼり皈ってまいりました  うちにはお娵さんに成るし  うちを置いた  うちに家を出た  うちに隊長官舎のそばへ出た  うちにお迎いの船がくるよ  うちにも今度自分がついにすべてを棄てて  うちに空になる  うちには獸性より優れた  うちにはいかなる力が潜んでゐるかを學ぶべきである  うちから拾ひ出したりといふ  うちに幕を開け  うちにこれを求めた  うちにわずかに覚えている  うちに眠くなって寝てしまった  うち鳴らせ若き日の楽譜はケラケラと歌ふ  うちに人生の疑ひを解きほどしいとも  うちに傑れた  うちにざまをみろと  うちに一寸大阪へ戻りますのよ  うちにチョットためらいながらスレ違っただけでした  うちに露子さんも矢張り  うちに見合わせる  うちに夏が過ぎると  うちに卵は次第に変化して来る  うちにウトウトしたと思うと  うちに近所の犬か猫かが来て嘗めてしまった  うちに盗ってやれ  うちに彼が悪いことを鵜呑みにしている  うちの戸のかげに立つて  うちにたんと大きい口をきいていらっしゃいよ  うちに自分で自覚していない  うちに歩く  うちにはいる  うち附けて一面に霧を立てた  うちにちらと映ずる過ぎた  うちに此処を出ようかと思ってるの  うちに分かります  うちへ来てください  うちの一本が欠けても  うちでは配達しませんから  うちの店員などが他所へ行くと  うちの店に来て下さいと  うちでは日に何千万の出入りがあっても  うちには通じる  うちに私の耳に入って  うちに畑から帰つてきてしまひました  うちにお城の大門が開れる  うちの小さいのを指さして  うちの頭だつた牡丹がみなの牡丹に相談をしてみました  うちに散  うちに或る日大水が出て  うちに女の子は地面をいつまでも見てゐる  うちに春から十月までの日数を大体繰ってみて  うちにどうにかできるだろうと思った  うちにお約束の十月が参りました  うちの一人が他を招待して  うちに地震で倒された  うちですでに自力で切り開いた  うちにはあるかも知れませんが  うちで第一番に挙げなければならない  うちには権力を用い得る  うちでも人間の精神を買う  うちに夏もすぎて  うちの大学が全体として僕と同じような気分の学校と思われちゃ  うちにビシリと氷りついて  うちに一度行か  うちに金え溜めて  うちにこれを推賞してゐる  うちにははひらぬ  うちに人間精神をめざまされている  うちにふれられていた  うち美しいと思われる  うちの何かを挙げて貰いたい  うちにも一人二人のそういう女中さんがいた  うちで買う  うちに幾度も机の位置をかえる  うちに一人の将軍が挙手の礼を施しながら  うちは一心不乱の至境に達したとは申されぬ  うちにどたりと元のごとく地面の上に立った  うちに浩さんがいる  うちに少しなりとも人の注意を惹くに足る  うちにそれが顔一面に広がって  うちに身の毛もよだつほどの  うちへはよく泊りに行って  うちにおっても忘れる  うちに夫は出征する  うちは何とも思わなかった  うちに寂光院は姿も見えないくらい  うちに四行ばかり書いて  うちにその娘が才三に懸想をする  うちで少くとも一度か二度は精神の遊びを試むべき  うち特に深く切れ込んだ  うちにいつかあらはに刈られて  うちに見つけた  うちに終に私は食事の量が減り始めた  うちでも最も古くから開けてゐた  うちに月が出た  うちにいつか自分もひとの夫となり  うちに自づと東京にゐた  うちにいつ知らず痩せてゐて  うちに降りられ  うちにさかり久しといふうめのさける  うちのどれかは聞ける  うち渡す島から島への眺めに時を忘れて  うちに飽いてし  うちには多少とも確に自分自身といふものに氣づいてゐる  うちけぶつた五月晴の空といひ  うちから咲く  うちにその宿を立つた  うちにいつか桃の花が咲いて  うちに親しくなつてし  うちに不圖うしろを振返  うち聳えてゐたので  うち出でて仰げる  うちはよく鉤をそれに引つ懸けました  うちにいつか主人より私の方が餘計釣る  うちに汽車に乗った  うちは浜から倉庫へ板をかついで運ぶ  うちに食事どきになった  うちに娘の姿がみえなくなった  うちは説教も耳にはいったが  うちは小さい声で回っていたが  うちに先づ私の心を襲うた  うちの四つ五つは隱れても  うちかぶつた爺をおもひ  うちに葬られてゐる  うちに沙汰やみとなった  うちはどこにあるでしょうか  うちへ帰りますの  うちに十里くらいは歩くでしょうから  うちにさとへいっぺん帰りたい  うちに天から子どもをさずかる  うちの十円紙幣を一枚抜き出して渡したが  うちに恐ろしくなって  うちに三人とも激しい不眠症に襲われた  うちで後悔しはじめる  うちの寂しさとむしゃくしゃした  うちに小さくなっていく  うちになんとも知れない  うちに千人の首を斬って  うちに藻に似た  うちに千枝松が自分ぎめをしていたに過ぎない  うちに今年の秋も急に老けて  うちへ転げ込んで  うちでも風流男の誉れをうたわれて  うちの一つでなければならなかった  うちに暮れかかる  うちもひっそりと静まっていた  うちに彼はもう立派な男になって  うちに又逢おうという  うちにかの玉藻の妖艶な姿を見いだして  うちに左大臣や信西入道に心をかよわす  うちをうかがった  うちでこの大切の使いを自分に頼まれたという  うちにお身をまじえた  うちに頼長は少し声を低めて  うちに衣笠の噂も出た  うちにはおのずとなりわいの道も覚えて来る  うちから響いた  うちに立ち帰って  うちから怪しい光りがほとばしって輝いた  うちより然るべき者どもを東国へ下され  うちから然るべきものをすぐり出そうとしていると  うちに調伏の壇をしつらえた  うちに寒い冬が奥州の北から押し寄せて来て  うちからひどい工面をして  うちに敵の数はいよいよふえるばかりで  うちに世相は変った  うちに夫君の位牌にぬかずく  うちに死んでくれて  うちに曳船のポンポンの音がきこえて来て  うちでは姉ちゃんと呼んだ  うちへ入れている  うちにおれば  うちに彼の竹を割った  うちにフッと気が変った  うちに一知は一つの素晴らしい思い付きをした  うちで迷宮に入った  うち下阪する  うちに創造しようとする  うちに五六十の首が獄門の横木の上にずらりとならんでしまつた  うちで全然顧みない  うちかへす  うち出でて  うち見れば低き地上につらなりはてしなく  うちにいろいろ有益な暗示も受けるし  うちに患者は語り続けた  うちに新郎の前へ一升入の大盃を差突けた  うちにお花の両脇の下に手を入れて  うちに子供が生まれるけに  うちに自分で二つ三つうなずきながら  うちに私が県庁へ手続きをして  うちに彼女がそうしたところを狙って  うちになんとかしないと困るぜ  うちつと儲かる  うちに悔みだけ行かうと思ひ  うちよつとどうかなりません  うちに伺ひますと  うちしかないものだと云って  うちに尾をひいている  うちに時刻がたって  うちわびてはこべを摘むも  うちに酔っぱらっていた  うちに瞳が物語る  うち沈んだ様子に不審をいだいたらしかった  うちに東京へ帰ろう  うちからお嫁さんをもらわなくちゃなりませんが  うちには考えて来る  うちにも入らない  うちに空腹を覚えて来たので  うちの夫人に叱られる  うちにも広巳の気配に注意していた  うちで如何に生かされてゐるかを考へて  うちの工場へ使役に来ていた  うちの工場へ派遣所長になってきていた  うちに現れて  うちにその枝が折れてしまった  うちの児を殺してくれたね  うちの児はこんな姿になりましたよ  うちに紅巾の賊乱が起った  うちに旅費もなくなって  うちに世の中がますます乱れて  うちでも奥羽地方となると  うちに軽々と運んでおく  うち流し渦まく  うちに屹度死ぬぞ  うちに病氣をしてるなんて  うちに何度泥棒に覘はれたか知れない  うちに育ちました  うちに安住する  うちに頤の干上る  うちのものになっていても  うちの一人に入ったと知った  うちへ帰らなかった  うちへ駆けつけました  うちへ帰れない  うちからでなく夕方あける  うちへ行ったり来たりさせるこた  うちを出ておりますんで  うちに春にでもなりましたら  うちでかれにつぐ  うちをあけた  うちへ入るなり  うちに早く喰いねえ  うちへつれて行った  うちへ帰りつきたくなった  うちの寂しさをはッきりかれに感じさせた  うちへ行くといって  うちはそのほうがい  うちへ毎日来る  うちに寝ている  うちに三つも重なつた血をわけた  うちに誰一人その移る  うちに加へられ  うちから役所を抜けだして  うちにこつちが疲れて  うちにどこかしらほんのりと柔らかみのさした  うちにはゐない  うちに出されなかった  うちめぐり再び舞ひもどりて  うちにすこし念入りにやって置こうと思いまして  うちにはお客さまもすむでしょうから  うちまでかえしてよこして  うち合わせるような様子で入って来た  うちにまた次々と問題はおこる  うちの中だけでは私たち育ちきれないのよ  うちに東京へ来る  うちに出没する  うちせいぜい勉強して  うちがあるって云えやしないでしょう  うちでも飼おうか  うちに父とドライヴをかねて  うちの方へはよらないで来たから  うちは気のりがしても  うちに落ちついていられなくなっている  うちに閉塞されていた  うちの奴は実にそういうことはしなかったからさ  うちに二人の女がそれぞれの発展を示して  うちへも来て  うちあわせで夕飯にかえらなかった  うちにきめる  うちにいくらか現実性のある  うちにはどっさり矛盾がある  うちのおかあさんといわれている  うちにガソリンのいらない  うちへ来て脅かす  うちの者という意味で頭を下げられる  うちにも追ってゆくと  うちに帰っていらっしゃいよ  うちには伸子に自分の平穏を懐疑させる  うちに自殺する  うちにかいて来た  うちに書いている  うちこみ工合を心のうちにおどろいた  うちへまわった  うちの一部分であるにすぎないと思われた  うちに燃えゆれていた  うちに燃えつきた  うちの二階からおりようとしていた  うちに自分にも少しずつ細部が明瞭になって来て  うちのなかを見まわした  うちにおこった  うちに消えこんでいる  うちに浮んで来た  うちにただ坐って  うちでとった  うちの椅子にかけさせつけなかった  うちの方がよっぽどお金持かもしれないわ  うちに出発しなければならない  うちに出来るらしいから  うちあてるようにした  うちの土蔵にあずかって貰う  うちの方へ来るらしかった  うちの客間の真中に文晁の懸  うちへしばしば出入りした  うちにそういう姿勢になった  うちにまざまざと語られている  うちに女中としていた  うちの細君であるということからみつが遠慮する  うちに貯水池が出来る  うちに正覚坊を逃がしてやるより  うちにきっと何かえらいことに成功し  うちにこちらへ参る  うちに磯五の内儀となって  うち明けなければならない  うちに申し上げれば  うちに磯屋のお内儀に迎えられる  うちの者でない人の声がしたので  うちへ住みこんだ  うちにしては  うちへいらっしゃらずに  うちに丸めこんだ  うちにいっしょになる  うちに自分が打ちあけた  うちにいたんじゃ  うちに手を引いた  うちにいい働き口でもみつけるまで  うちの母をご存じでいらっしゃいますか  うちにころがしていると  うちからほかで育てたと考えれば  うちへかついで行って  うちへおつれして  うちとおぼし召して  うちにおせい様に問い詰められて  うちにうまいように磯五に丸められて  うちにはかないものを感じながら  うちから話しても  うちにひろがった  うちにその失望から立ち直って  うちからそとからそこここ見てまわって  うちへお入れくださらないとおっしゃる  うちにもうきのうの自分の限界をこえています  うちに何だか少し頭がぼんやりしてきて  うちは私にブツブツ云っていたが  うちに泥酔すると  うちに間髪を入れず  うちはや神島まで来て  うちに一つに融け込む  うち開けていた  うちに意識が茫としてきた  うちに自分と一つに溶け合った  うちに口を開いていた  うちに射し込んでくる  うちに彷徨した  うちに汗ぼんできた  うち揺いでいる  うちにいつかこのことに気がついて  うちは青い道を行っても  うちに清い渋みをたたえた  うちの婆やさんに幾たびも話してきかせるから  うちの一軒でお茶を飲みおだ  うちに片付けなければならない  うちの次男坊の根性を入れかえて  うちにふさぎ得ましょうほどに  うちの一つに真実の文書を隠しておくという  うちに峰先生のペテンにかかって  うちにいきいきした  うちもまたとあるまい  うちにこのあり  うちにこの屋敷の隅に埋ず  うちのだれだってできないほど  うちに見張り番たちに不当な影響を与える  うちではこの不満がいつも彼をむしばんでいた  うち沈んだ気分のうちにいた  うち沈んでいった  うちに含まれていると  うちに動物たちのところへいこうとする  うちは念入りに毎日書きあらためられていた  うちの一人が数字板の助けによって断食芸人のことを思い出した  うちに対岸の平野を黙々と飾る  うちは寝かしませんよ  うちにあなたに対する私の愛を不自然に押さえていた  うちにもどことなく悠揚迫らざる  うちに告白の出来なかった  うちは一辺引きましたけ  うちで一番華かな時だすな  うち合せて置いて  うちに食糧が心配になって来ました  うちに打たねばならぬ  うちにしまい  うちに連れ戻って  うちから愛し育てて呉れた  うちに開幕のベルが鳴って  うちに五六歩歩みだして  うちにははいっていたが  うちは随分とむずかしそうに見えた  うちの誰かが眼を取った  うちの一人の額にある  うちのどれかが目を覚ましでもしたら  うちにアフリカへ行って見ると  うちにとうとう朝の最初の日影が窓からさしこんで来て  うちにミルクをおあがり  うちでお金が第一のものかどうかさえも疑わしくなって来ました  うちでも一番大昔のお話をしましょう  うちに日が暮れかかって来た  うちの五十が眠っている  うちで一番変っていた  うちでそんな芸当が出来  うちのどれかを手がけて見たら  うちでも一番かたまって生える  うちに夏を済ませてしまった  うちの牛の乳から少しばかりのバタやチーズをつくったり  うちの蜜蜂の巣から取った  うちの壁になった  うちへはいって  うちに年上の方の旅人と親しくなり  うちに見抜いてしまうらしい  うちのどっちが口をきいた  うちでも一番いい本によると  うちの二つは居眠りしながら  うちは日本は決して文明国とは言えない  うちから出たので  うちでは幸いに隣の井戸が借りられるので  うちに二個までも同じ部分が破損する  うちでも一つ井戸を掘らなければなるまいという  うちにも私の連想は妙なほうへ飛んで  うちに待たされた  うちに木田が変になりだした  うちで巣をつくりはじめる  うちで漠然と語り  うちは稍神妙ではあるが  うちの門を素通りする  うちから不遠慮な命令を発した  うちにすっかり大人になって  うちに吃驚して  うちのお母さんがいってたわ  うちに吠え出しました  うちには柔ぐだろうと思っていました  うちには解ってくれるだろう  うちへ行って来てから  うちに作っといた  うちに聞えるから  うちに自然喉がつまり  うちに来てもらいましてね  うちに伸張され  うちに国を挙げて  うちに文士の神田兵太郎と同棲するに至った  うちに二度電話がかかってきた  ウチにいた  ウチの物ではありません  うちにのみ置かないで  うちに起る嫉みや  うちに云った  うちにも尚子は笑いを抑えられない  うちにせめて今やっている  うちの伍長さんだって危いもんだわ  うちに生んじゃ  うちに陽が一寸出て  うちに水をくんだ  うちにずぶぬれに  うちにひから  うちから誰かを一人の世嗣に定める  うちに病人は次第に悪くなって  うちに発見される  うちに早くも彼等を憐れむでゐる  うちで暗誦して泣いてゐたのよ  うちに日は暮れるし  うちに二人はもう死に  うちの記者がスナップした  うちは青木だとばかり思っていた  うちにむこうの  うちの声とはちがう  うちに今度は兄の子供が出掛けて行きました  うちに召し上がって下さいまし  うちに感付かれでもすると  うちだと私たちは二人一緒に思った  うちに所有する  うちへ伴れて  うちには居ない  うちに子供が急に激しい声で泣き出した  うちの近くまで戻ると  うちの方へ向はずに途中から折れて  うちの娘探す  うちになんともいい  うちでご飯たべる  うちのお母さまの写真をこんど焼増しして  うちに生きてゐないからだ  うちの一人におそるおそる訊ねるといふ  うちに見えたといふ  うちに起きなくてはいけないと思った  うちに夜が明けてくるだろうと思ったので  うちに別れないと飛んだ  うちの一人だと言つてゐた  うちつと手前で止める  うちの一つの抽象であるといふことははつきりしてゐる  うちのどれかを通らなければならないからである  うちで言ひすぎた  うちに青白い毛ムクジャラの手を胴衣の内ポケットに入れて  うちに外で感染して来たらしい  うちに俄然として見違える  うちに時間が切れてしまった  うちに黙って  うちに給仕の肩に手をかけたくなる  うちに待合室みた  うちに給仕は右手の扉を押して  うちに扉がピッタリと閉じられた  うちに血色を恢復した  うちにこの時ほど無意味な狼狽を重ねた  うちに臼杵病院へ落ち着いたので  うちに妾から臼杵先生によく頼んで上げますって言う  うちの誰かと婚約が出来た  うちにグングンと高圧電気にかかって行く  うちに近所の若い衆からワイワイ騒がれる  うちに幾人も幾人も女車掌を引っかけて  うちに死んじゃったのよ  うちも御座いますまい  うちに殺され  うちに折尾に着いたの  うちは泣いて  うちにダンダン慣れて来て  うちに生み付けられておる  うちに時間がグングン流れて行きました  うちにはハッキリとわかって参ります  うちに私はもう涙で胸が一パイになってしまいました  うちにうなだれて聞いておりました  うちで詩というもののホントウにおわかりになる  うちに町の宿屋へ帰って参りました  うちに骨を休めました  うちには真夜中になるか  うちに昨夜の写真を焼き付けて  うちに麻酔し過ぎて  うちに入りません  うちに見出せないならば  うちで十人の合格者があった  うちに捨ててしまう  うちに機会さえあれば  うちで人間に近い部分に帰っている  うちから省いてくれという  うちに二人は松のかげを離れて  うちに僕はふと思い付いた  うちに東京から高名の理学博士が出張して来た  うちを知っている  うちにその金を煙にしてしまって  うちに例のシャワーがざっと降り出してくる  うちにめっきりと老けた  うちのじいやが村まで降りて買って来る  うちには又どうにかなりますよ  うちに納まってしまって  うちに興奮した  うちに都合九ヵ所の穴が掘られている  うちの二ヵ所は遠い以前に掘られた  うちによほど降り積もったらしく  うちに彼はふとある  うちに一番汽車に乗り込んで  うちに二人の男を殺した  うちに早く帰れよ  うちに盂蘭盆が来た  うちに召し捕られてしまった  うちに放火して焼き払う  うちは前途なお遠しと云わなければなるまい  うちにだんだん近寄る  うちの一つを通って来た  うちには四囲の状況は種々に変化するから  うちに葬ったり  うちに生徒の方でも実験というものの性質がだんだん分って来ようし  うちは酒嫌ひの  うちに何うやら慣れて  うちに何となく気分が落着いたから  うちには黄いろのラムプがぼんやりついて  うちにおかみさんは流しで  うちの八十五円で畠を買った  うちにもボロイ銭が這入って来る  うちに戸波の積善寺に返して  うちに描かれてゐる  うちの二隻は天井に吊ってあり  うちの父親も似た  うちの芸者も先生に教えていただきたいと言います  うちでは独りでご心配なさっておられますよ  うちへ来ないで  うちの商売の邪魔をする  うちの借金を返すが  うちで渡す  うちへまわって来ます  うちに神経が冴えて来て  うちにランプがついたのに  うちを狙って  うちに私も帰り申し  うちを忘れた  うち解けた話もしていれば  うちまで来てもらいたい  うちへ駆けつけて来て  うちの二階が明いてるから  うちにああいう  うちの者に出会すだろうかも知れないと  うちに以前の感情はどこかへ消えてしまって  うちに無くなってしまった  うちに金がうんと溜っちまって  うちで纏った  うちに人通りがだんだん多くなる  うちに町並が急に疎になって  うちを幾分かやれば済む  うちで饅頭の代と茶代を引くと  うちにこれが最後だなと云う  うちに少しぐらいは同情の意を寓した  うちはよく分らなかったが  うちにまたこの小僧を手に入れた  うちは笑う  うちこそ小僧だから後になる  うちには矛盾が出て来る  うちに通り越しちまった  うちに天命を終るべき  うちで味方を探したり  うちで敵を見  うちに自覚したからである  うちに東京へ帰って  うちは冗談だと思った  うちに一変した  うちにまた一本這入った  うちで比較的判然見えた  うちに一番感じた  うちに下りてしまわないと  うちに合体稠和して来た  うちになるほどと  うちに人間の汚ないところは大抵見  うち早く帰るが  うちはいる  うちに湿とりと調子づいて  うちへかえろうとしました  うちのなかのほかの人たちまでおどろかす  うちのかみさんがせんたく  うちにすわって  うちのなかへ入れる  うちに一篇の物語を創りあげましたので  うちに増えるばかりです  うちから上甲板に勢ぞろひをして  うちに追ひつめる  うちに野武士勢の旗いろは青く白くと怪しくなり  うちに船あしを速めて  うちの一つ二つを山の峡と峡の間から瞥見しただけにとどまり  うちにもっている  うち立ててゆく  うち立ててゆくという  うちにのみある  うちにまぎれも  うちに生かされて  うちに高鳴る  うちに統率する  うちにもそれが人間生活の真実に迫った  うちにもなお美や慰めをこめている  うちに何時間かをその人達のために働いて  うちにそれがうんとふえるだろうと書いてありました  うちにできる  うちの建て直しという  うちにくすぶっていた  うちから自分の子供のようにして育て上げた  うちに書いて置かなくてはならない  うちへかへりました  うちを見つけました  うちをわすれるなんて  うちの方をふりかへつて指さしました  うちの方へ走りましたが  うちの床の上にねてゐました  うちに若さを失ってしまい  うちを掠める  うちで定めて呉れる  うち寄せる夕浪がやや耳に音高く響いて来て  うちに本人を殺してしまう  うちに責め殺してしまったとあっては  うちに包まれていました  うちが牴牾しく  うちに辷って帰る  うちかもしれない  うち漸次急な斜面になった  うちもときどき居眠りをしていた  うちに疲れが出てきて  うちに頭も疲れてきて  うちに穂高の小屋まで行く  うちは倒れても  うちから出発する  うちは木もまばらな広い尾根でとても愉快な滑降を楽しめたが  うちに足元も見えなくなってきた  うちでも晴れたり曇ったりという  うちしばらくすると  うちへ案内しました  うちにどっかへ一寸行って来たいと思ってる  うちに気の利く  うちに一人物腰などからかなりの老人らしく思われる  うちにこんな事を考えた  うちに速かに完成してゆく  うちに珠玉のような完成をとげた  うちへいらつしやる  うちの母さまに云つたつていふ  うちやんと法衣を着たから  うちには誰一人これを真面目な問題とする  うちに火の手は十二か所にふえた  うちに二十四か所ぐらいにふえた  うちにも或る力強い創作欲が動いてくる  うちに家を借りたいと  うちに飲んでしまって  うちの幾つかに数へられるよろこびでも  うちに何となしけったるくなる  うちにはしかを病んで  うちで一番大切な漬物の中に必ず入れる  うちに行為されてゆく  うちに馬鹿者こそ有遁すまじとて  うちに大きな雨が降ってきた  うちに岩の聳え立った  うちに夜が明けてきた  うちに唸  うちに明るくなっていった  うちにいきなり汽車はまっ白な雪の丘の間に入りました  うちに私は何かの仕事にまぎれて  うちに適当あるいは不適当な機会を捕えて  うちにずっと高いところの大きな枝に何か動く  うちにだんだん滑稽な感じがして来て  うちに簑虫に対する自分の心持はだんだんに変って来た  うちにいよいよ今日はという事になって  うちに物置の屋根裏から台が取り下ろされ  うちには縄飛びをする  うちに南方の空に輝く  うちにはかなりに東にあった  うちに時々流星が飛んだ  うちに真上に来ている  うちにまた曇天が続いて  うちに知人のある  うちに夏休みは容赦もなく経って行った  うちに一種の佗し  うちにスキーを担いで  うちにそれを平らげてゐる  うちは猛烈に頑張って  うちにだんだんと中毒症状が出てきたので  うちに落語家を廃めさせられ  うちに次郎吉は目を廻していた  うちにかえされて  うちに三度も重なっただろうか  うちのお宝を泥棒をした  うちから丈高い草の葉越しに聞こえてきた  うちにもうこんな口小言をいいだすなんて  うちの先祖があの人の先祖を絞め殺した  うちにも烈しい憤りはこみ上げてきて  うちに一席読み終る  うちには必要のところ以外では決してオクビにもださない  うちから歩いてきて  うちにこの私自身が覆ってしまうだろう  うちの師匠の代になって  うちにまた活き活きとした  うちの師匠のような本格の青さを加えて  うちじゃ阿  うちにとんとんと噺は運ばれ  うちも時刻は刻一刻と迫ってきていた  うちから分り切っていた  うちの師匠といえども  うちの小勇が柳派へいってしまったらしい  うちには師匠の機嫌も直るだろう  うちもしじゅう文楽師匠は中入り前のいいところへつかっていてくれたし  うちの師匠のところへもぐずり込んでいって  うちの弟子にしてやるよ  うちにまた少し白髪が増えた  うちにまたそれから一年目の圓朝三十歳の初夏がきた  うちの若い者を二人ばかり手伝いに寄越しますし  うちの若い奴がきたら構わず  うちに外に出してくれ  うちにそういう稀有な日を出来るだけ  うちにいつの間にか自分の季節的情感がまるで反対になって  うちには不思議な嗜被虐性変態趣味をもった  うちの会飲を約して別れる  うちに川へ落ち  うちに紛れもなく彼の全人格を投射するという  うちに救いを見るという  うちに見なかった  うちに構成する  うちに私小説に書け  うちにだんだんそれが私小説からはみ出してしまふ  うちに彼は小説全體に侵入してし  うちにだんだんだんだん構想が変っちまって  うちに変型して来たり  うちに完全に取り入れられる  うちに新吾は籠手を打たれて  うちに籠れるを信ずるなり  うちのべたやうな奴薩摩あげ  うちに智恵子の睡る  うちに洋画に興味を持ち始め  うちに死ぬわ  うちは箸をとらず  うちに与えられる  うちに籠れるを信ずる  うちに遂に湿性肋膜炎の重症のにかかって  うちに今度は全体に意識がひどくぼんやりする  うちに極めて静かに此の世を去った  うちに押掛けて  うちにあつたことが今や明らかになりました  うちに陰鬱な気に閉された  うちに招いて  うちに計るべき  うちにあるが如し  うちの工場が盛に働いてる  うちに社会主義的な生産方法によって行われる  うちに芸術化するという  うちはカラシュークがなかなか面白いぞと思った  うち込む役を積極的に買って出た  うちに五ヵ年計画がすんじまうよ  うち切りたいと思う  うち反らせねばならなかつた  うちに土間の障子がうす蒼く明るんで来た  うち続いてゐる  うちわたす枯野がなかの路の氷を野のなかの路は氷りて行き  うちにでも泊めて  うちに其の朝発足した  うちにみんな忘れて  うちに不思議な香気が鼻にまつ  うちにヤグラ岳を越えて  うちに取り計らつてやらうと考へてゐる  うちなどに来て  うちに完全な親魚となり  うちに我々はすっかり仲よしになった  うちにすぐにわかれてしまふ  うちでかうつぶやいて見て  うちに窓から入日が松の枝越しにこぼれて来て  うちにみんな思ひ出してくる  うちにザブリと湖の中に潜ってしまって  うちふりうちふり一生懸命に防戦した  うちに読破しようと思って持って来た  うち落とすなんていう不遜な行動があるだろうか  うちにお美代はハッと気がついた  うちにギュッと握られている  うちに宙に浮かんでいる  うちに東の空がだんだんと白んできた  うちに鳴く  うちに横に小さい円を描いて伸びていった  うちに飴のように柔くなり  うちに何とはなしにウラゴーゴル星に着陸しちゃった  うちにそっちへ着陸するかもしれないよ  うちにも彼の心はただ一つのことを念じていた  うちのどれかに相当する  うちは相当正しく音韻を表わしたであろうが  うちに表現しようと  うちに覚えず  うちに這入つてゐる  うちから出来るだけ生かして来て  うちに生かしてゐる  うちにどこからか拾つてきてあげるわよ  うちに早くこの火星からお逃げなさい  うちを案内して頂いた  うちにドイツの問題が考えられておった  うちの娘の真弓のお守をしている  うちは顔色をかえた  うちに頭が割れる  うちに喘息を持病に病んで居た  うちでもね貴方この頃めっきり人が変りましてすよ  うちの最もすぐれた  うちのかなりに多い部分を占めている  うちで水田に化した  うちに端なく思い起こした  うちの亡父が世話したんで  うちにおとうさまやおかあさまと伯母さンとこにおいでなさいな  うちにはちっとは呼吸ものみ込みて  うちに求むる  うちに見たる  うちにもいつ  うちふるう武男をじっと見て  うちにはきっと卿に伝染す  うちに断行するといっている  うちにすっかり処置をつけてしまおうと  うちにそうなり  うちにあらわれ来たり乱れ去りて  うちにはまいりましょうよ  うちにどなたぞいらっしゃるかもわかりませんよ  うちに旦那様がお帰り遊ばすと  うちをはしる  うちを行く先艦秋津洲をのみ隈にして  うちより歩み出で来た  うち出しぬ  うち出す速射砲弾のまさしく彼が艦腹に中りて  うちはよく強情を張るが  うちにあれこれと繰り見しが  うちに融け去りてすくうも  うちをのぞき  うちを脱れんと思うのみ  うちに浪子は武男の姓名を見出しぬ  うちの一枚はここにかけたる  うちにも才子の聞こえある  うちに維新の騒ぎになりました  うちにあの十年の戦争になりまして  うちにつぶやきつつ  うちに浮かみつ  うちになる  うちを見るには  うちにすぐに眠ってしまった  うちに来た  うちへ連れて行く  うちの自慢をしながら  うちに北叟笑んだ  うちに料理ではないと考えているらしい  ウチでオヒルたべて行くのよ  ウチへ原稿をサイソクに来ている  うちに生色を失った  うちにそれを決行する  うちに下宿している  うちへ下宿する  うちにばたばたと相次いで倒れた  うちにはやもう  うちはよく分らなかったけれど  うちに質の変化を経験してゆく  うちに判明するであろう  うちに数十回入ってくる  うちに握りしめると  うちに発見しようとした  うちに私を追っかけまわした  うちに彼女は突然にキラキラと眼を輝かした  うちにイヨイヨたまらなくなったので  うちにいつの間にか又スーッと吾に返る  うちに締切日に迫られて慌て  うちに違ひないが  うちに今年の春から幾らかの貯金が出来たので  うちに額の傷が昂奮のために破れたらしい  うちにハンドルを曲げちゃった  うちに送ってくれます  うちにはこの花をも賞する  うちもたげている  うちに平らげてしまう  うちのあとへ来て  うちのふところ手をして  うちにとうとう読書だけは断念した  うちに敵味方の言葉を笑い声に変じた  うちに昼飯になる  うちに子供を産みます  うちに母が胎児の幸福と信ずる  うちは馴れないので  うちの近所に美味しい餅屋があるので  うちに内包し得る  うちへかえって夕刊を見て  うちだけ牛乳と卵だけは召上って下さい  うちに睡りに入るなどという  うちに叩いておかなければ  うちにはげしくなり  うちの一隻であることには間違いがないと思った  うち叩かれている  うちにピアノがほしいけれどもピアノがあったら  うちの茶の間の火鉢をさしはさんでとった  うちは外のものにとりかかれぬ  うちにいつと  うちに博士は鞄のなかに書類を一通り重ねあわせ  うちの先生にかぶれてしまいなすったわ  うちの先生にもおっしゃらないでね  うちに年が暮れて  うちになんという  うちでも一つ蓄音機を買ってやろうと思いついた  うちにいつのまにか説明のできない  うちへ遊びに行ったら  うちで粗末な器械でやっていた  うちの器械で鋼鉄の針でやる  うちで私が好ましいと思う  うちにいよいよ隠してあった  うちに嗅ぎつけてゐた  うちに養はれてゐたに  うちにひよつこり  うちに石合戦になる  うちは気がつかなかつたが  うちは一寸も遊ばせないという  うちは誰も朝飯を食べる  うちへお客に来てもらったの  うちへ帰ってきた  うちにつかまったぞ  うちに全身が紫色に腫れて来て  うちに二人は眠ってしまった  うちに夜が明けはなれた  うちに魚は酔って寝たが  うちに説かれましたる  うちに眼にとまる  うちによう判る  うちに忽ちその光りを奪ってしまった  うちに日は暮れかかって  うちに測らずも  うちに三度ずつ采女の名を呼ぶ  うちにここで潔よく自滅せられい  うちに伝えられて  うちは面会も手紙も許可されぬ  うちの連中は暑さで閉口しながら  うちに子供らは出かけます  うちの小さい子供が話をするというので  うちに改善してやりたいと考えた  うちにあなたに手紙を書いて置こうと思ったの  うちに疲れを重ねて居た  うちの太郎と動物園へ今出かけた  うちに幾つ自覚される  うち行っていらっしゃるなんて  うちに青山の墓地の始末をして  うちに着く  うちで漏らされた  うちに与良町に近い麦畠の中へ出て来た  うちは町の人からも疎んぜられた  うちに客の敗と成った  うちに残った  うちに山梨を出ても  うちに西の方は晴れて  うちに私達は大きな黒いものを見つけた  うちに多勢して  うちに乗客が集って来た  うちに黄ばんだ  うちには麦も取れる  うちには願いも叶い  うちに寒くなって来た  うちふられた  うちにエンジンの音がして  うちの誰かが死んだ  うちの誰かが相手に暗殺者を向けて  うちに牛丸はしゃくにさわってきて  うちの母のいれ  うちに山姫山までたどりつかねばならぬという  うちに踵のところに小さな四角い穴があいた  うちに素っ裸にした  うちの年老いた  うちに水底ふかく沈んでいった  うちに七色の宝の山がきずかれていった  うちに筮竹をうごかす  うちに逃避できる  うちの小僧庄吉だと分った  うちから仕事場に通える  うちでは年季に上った  うちには少年の心をそそる  うちには惣吉に専太という二人の年季奉公の小僧が居た  うちの親方はぐず  うちにどうにかしてあげるよ  うちにも種々な術策が方々で行なわれている  うちから分る  うちで黙って見てもおれないじゃないかね  うちにも堅吉が居る  うちに用があったから  うちにまた或る悲痛な力を感じた  うちはどうせ悪戯ばかりしたがる  うちには置けない  うちにどうにかしないと  うちが緊張した  うちにも力が湧いて来る  うちに用があった  うちに方々で囁き声が起った  うちに冷たい雨がぽつりぽつりと落ちて来た  うちに巻き込まれた  うちに解決をつけていた  うちの一人の腕をとらえて  うちに取りつけろという  うちに見出さずにゐられなかつた  うちは若いやうな暮しかたをする  うちの娘が美人だの女房が別嬪だのと鼻の下を長くしても  うちに己れの宿命を作品の中に予言し  うちはいくらか吃驚したので  うちに小さな旅行にでる  うちは忘れてゐたのに  うちに引返すと  うちに話しかけた  うちに呼吸がだんだん荒くなつてくる  うちに自然に落付く  うちの嫁さんは親爺を残して  うちの文子に男の噂がある  うちになんなく村を一巡してしまふ  うちに漸く姿を消し去つた  うちの大将もたまには女と活動ぐらゐ見る  うちにはなんなく着いてしまふだらう  うちにほかならぬ  うちに文子の取調べを完了しなければならなかつた  うちに取りあげて  うちがあるの  うちは燈りの消える  うちといふものは殺された  うちは不安も救はれ  うちへやらしてよ  うちに旅行にでかけてしまふの  うちにありありと分かつてゐるの  うちに繰返した  うちに走りだす  うちに新潟を離れなかつたら  うちに新潟を離れてしまはなければ  うちを足下に冷然と見下してゐるばかりで  うちは笑ひの  うちでも真宗の寺が本能的に散歩の対象にならない  うちで蒲鉾小屋を除いてみると  うちは里へ降りて遊んでゐた  うちから家柄の最もすぐれ  うちのホールへ踊りにをいでな  うちのホールに後家さんが三四人ゐるけど  うちに頭が膝頭にぶつかるほど  うちに一箱の煙草を空にする  うちにあまり急な話だと私共も思はぬではございませんでした  うちに空の下へ逃げだす  うちに野々宮をまき  うちの何を選んで  うちの編輯長のこねくり  うちの編輯長自身ほど犯罪を感じさせる  うちに意識せぬ  うちにもぽつぽつ帰り  うちに常に働いていた  うちに互に首肯し合って  うちに包み込んで  うちの元氣はすつかりなくな  うちでも母と姉とは最も悲しむだらう  うちに自分は親たちから離れて死んでしまふ  うちに富之助は客を送  うちに人間は死んでゐる  うちに死ぬだらう  うちに外を散歩する  うちに潜みし  うち解けたりとおもふさまも見えず  うちの光る  うちに囀っていた  うちの何物をも窒息さしてはならない  うちに不圖思ひ附いた  うちに赤ん坊が泣き出して困る  うちにさわぎをすれば  うち見るほどに開きて  うちに閉じられて  うちにひそみし  うちに眠れり  うちに投げ入るべき  うちの事にかまわず  うちの畑はそれに較べると  うちの有力らしいお方たちと資本を出し合い  うちに寝ます  うちで寝る  うちに彼は無性に悲しくなって  うちに次第に鋭くなっていった  うちのくわも  うちで話をきく  うちのランプをどんどん持ってって売ってくれ  うちまるではやらなかった  うちに終ってしまう  うちの生計を助けてはくれませんからな  うちにふら  うちに揉み消してゐた  うちに飛び出してきた  うちにさっさと向うへ行ってしまった  うちに呼びに来るでしょう  うちに年老いて  うちに訊ねている  うちに消滅しているかもしれないと  うちに羨しくなる  うちのお母さんほど綺麗なひとを見た  うちの精米場の手伝いもあまりしなくなりました  うちに一方では衝動的に行動する  うちを深くかみしめる  うちでフランス語の稽古などはじめている  うちに齎す  うちに行きたいと思います  うちに仕事と仕事との間を見計らって  うちのことを申しあげようと思って  うちの睦しかった  うちを手つだい  うちのことを知らす  うちは多くそこの仕事をする  うちに全く急にこういうことになった  うちからは達ちゃんが行って居ります  うちは生きていたいから  うちに居られなくなり  うちで御飯をたべている  うちで夕飯をたべさせます  うちに調べると云っている  うちにもつかっています  うちへつれて来て  うちにタオルのを入れます  うちに何だか私は自分のリアリズムの扱いかたが高め得る  うちにお目にかかりにゆくでしょう  うちは運転手をやとわねばなりますまい  うちにうとうとと眠り  うちに役立てる  うちよくそこへ来ました  うちに又折を見て  うち返して読んだ  うちで食わす  うちにとりはからいます  うちにお目にかかりにゆきますが  うちの手紙で私が書いていた  うちにもう凩が枝を疎らにしていた  うちに転地でもする  うちに計画した  うちにやあ帰るべ  うちに静岡を訪れようと  うちには次のやうな個所がある  うちにも察しられる  うちに文学的に未熟なものとして保有されている  うちまけている  うちに是非お遊びにいらしつて下さいまし  うちに行方不明になりました  うちに鳥打帽と背広を召して  うちからよく存じておりました  うちに夜が明けかかりますと  うちに博多で求めました  うちに来られる  うちの家内はお前達のような者に近づきは持たぬ  うちから男の児ときめて  うちに出来てくる  うちに私は十二歳の春を迎えました  うちの都合がよくなっておりましたらしく  うちがこのように立派になりましたにつれて  うちにお父様は片方の手を私の頭から離されましたので  うちに新しい涙がキラキラと光って  うちに十四五にもなりますと  うちに先生御夫婦はいろいろと私に歌舞伎芝居のお話をして  うちから顔が熱つくなる  うちに室の中が真暗になってしまったのに  うちに暑中休暇が参りますと  うちに一番初めに立ち帰りまして  うちに遺伝の事を書いた  うちのお父様の血を引いた  うちに直きに  うちに遠くなって  うちに天気がよくなって  うちは気も付かなかったが  うちに細かい雪が降り出して来たと  うちに誰が教えたか知りませんが  うちの一島をも有せぬ  うちにドノバンが夜具をうちかえすと  うちに山田の洞にひっこさなければならん  うちでもっとも徳望あり  うちしおるるのをおぼえた  うちにおわった  うちからはしゃぎまわった  うちに三日すぎた  うちにも平和な日はつづいた  うちにも助かる  うちをせめられるので  うちにそこの芝居は終って  うち立てなければならなくなった  うちに加える  うちに用意されでもしていた  うちで遊んでる  うちの姐さんのためにだいぶ斡旋するね  うち見たところ多少腕白だったと言われる  うちが竦む  うちで遊んでいる  うちのお茶ひき連を聘んでやろうかというと  うちもあんたの花嫁学校のようなつもりで暇ができたら  うちで落籍でもしちまおうと言う  うちに両立し得る  うちに勝負事に対する憎悪の情を培っていった  うちに目ざめた  うちに糸巻の糸はすっかり二人の女中に巻き付いてしまった  うちに王様とお妃様は立ち上がって  うちに王様は立ち上って  うちに姫は泣きくたびれて  うちに何だか野原に来た  うちは崖がデコボコしているので  うちに姫のまわりには鉄のお城の鉄の鎧を着た  うちに大勢の子供がクチナシ姫を見つけますと  うちにどこからともなくクチナシの花のにおいがして来ました  うちにクチナシ姫は大きくなって  うちにオシャベリをして殺されようとした  うちにバラバラに破れてしまいましたからたまりません  うちに自分の気持とこの中にみちて居る  うちに余計考へるだけの  うちの部屋へ来て  うちに亡くな  うちは一寸落ちたが  うちで最も好意が持てる  うちたたく姿があらわれ  うちの尊敬すべき  うちの庭を歩きまわる  うちにフト気が付くと  うちに欠伸が出て来たので諦めて帰った  うちに分けもっている  うちにヒューマニズムを打ちたてるというよりは  うちに正当な相互関係で甦らせなければなるまいと思われる  うちに気をとり直し  うちに主を売り  うちに金持ちになった  うちに拵えた  うちならし乱舞に興ずる  うちに枝をおろしてやれとか  うちの前まで並んでいたからであろう  うちに働いていてくれた  うちの近くの二階部屋を借りて  うち負かされる  うち落すことが出来ない  うちでだんぜん地をぬいている  うちは嫌ひでたまらなかつたさうである  うちにクラシツクの線のあらはれてゐる  うちに組み敷かれていた  うちに弾力のある  うちに高まって来た  うちにもりんとした  うちになるべく倹約して置かなくてはいけませぬ  うちにも全力的な悲鳴に似た  うちに包んだ  うちにお幸の情熱も沈潜してしまった  うちに娘は孕んでいた  うちに頭脳も身体も無気力な無為なゆるみに  うちに自分の敵と友とを同時に見出しながらやって来た  うちから踴躍するは  うちに春風楼の女達の間に恐ろしい事が起きた  うちの妓ばかりで五人しかいないでしょう  うちをその音から逃げようと駈けはじめた  うちに出来あがっている  うちにどうにかしてしまう  うちに圧迫して来た  うちに寝  うちは全く静寂になってしまった  うちに異常な侮辱を感じて来た  うちに訪問の客があった  うちにも彼等に対する彼の態度を注意深く見  うちでやや詳しく知っている  うちに六つ年上の叔母のお信に恋する  うちに泣きたい  うちでお光を誰よりも愛した  うちに三十人近い年上の生徒達をいつしか自分の身辺に集めて  うちに長閑な平和な日を育って行った  うちにお光達の青春がやって来ていた  うちに寝ているので  うちに冬子のことが湧いて来た  うちに十五をおくり  うちに露出して  うちに三年四年の連中が救援に来たので  うちに男子を一人儲けねばならないと考えつつ  うちにハンケチが垢づく  うちに胸を轟かす  うちは来ないと知りながら  うちにお互いの触れ合い結び合う  うちに長い間住んだ  うちに両親と男に己との間を打ち明けろと言った  うちにあわただしい足音をさせて  うちに暖かさを増した  うちに平一郎さんも大きくおなりなさるでしょうから  うちに半年も一年も経てば  うちに玉は床をあげてしまった  うちに淡い夢の追憶のように天野に対する敵意が彼の意識に現われて来る  うちに神の子の自覚と確信が充実し  うちに自分を売る  うちで渦巻いた  うちに表現されてゐる  うちへ当然史的唯物論の解釈を入れて考へてゐた  うちにもう頭が疲れて  うちに風邪で寝たり  うちにヒヤリとさせられました  うちにとり入れた  うちで見た  うちに共々に小旅行を試みようではないかといふ  うちに僕達と一処に旅行に行かないか  うちに本郷を訪れようと  うちに人間の傾斜しすぎた  うちに動き出しちまった  うちにこの島を発見したので  うちにふとこれを伝えてくれた  うちに誰かが着物を持って来てくれる  うち騒ぐ人々の間を転ぶ  うちに仕上げた  うちの四人はどこかへ流れ渡ってしまって行く  うちで負ける  うちにすっかり踊子のもつ  うちに年も暮になった  うちはどうにもならない  うちの一つの櫛を取って見まわしながらいった  うちの玄関口から出て  うちに櫛を振落して  うちにひとりでに解けて  うちでただごとでないことを知った  うちに紙屑の如く浪費すべき  うちにはいりませんわ  うちで海洋冒険者に実際にいちばんやくだつ  うちから必要とおもわれるだけの  うちに氷が割れて  うちにどこか商館に相当の勤め口が見つかるだろうという  うちの一人とはきわめて密接な友情のきずなで結ばれた  うちに機嫌を悪くし  うちは自分を幸運だと思う  うちに星が朝の光で見えなくなる  うちに研究の目的に向って  うちにはよくよく見ておいた  うちは急いで行きたかったが  うちでいちばん悲惨なものになる  うちに近づいている  うちにますます烈しくなった  うちでもっとも人好きのする  うちでいちばん堕落した  うちでどちらかが死ななけれは解けない  うちに破滅させてしまうか  うちに暑さに参って  うちはその水鏡に映った  うちは家の人たちの動静に注目し  うちにたけなわとなり  うちに単語をいろいろおぼえこみ  うちにこっそりと何かをしてやる  うちにすでにパリから遠く離れていた  うちに脱出の好機会をつかむ  うちでいちばんみじめなこの若者をはじめて見た  うちにそこへ向って  うちはそれをほったらかしておいたが  うちに隠れ家に戻れない  うちに夜が明けたので  うちに過ごして  うちは仕事にかかりきり  うちにわかるさ  うちにすっかり冷たくなった  うちでいちばんみじめな者になりました  うちの何年かをお過ごしになりました  うちの幸福感を味わった  うちに私の腕に抱かれて死んでしまった  うちに乗りこんで隠れる  うちに挫ける  うちにやつをつかまえられる  うちに母が亡くなったが  うちに七度も引越して歩いて  うちに起き  うちを手土産がわりに置いて行こうとした  うちにお茶席に案内をされて  うちにスッカリ満腹して涙ぐんでいる  うちにどこかの干柿があった  うちにモウ釜の前で勿体らしいお手前が始まった  うちと一緒にアメリカへ行く  うちが先きに立つて  うちの云ふことはさつ  うちにもうなくなりかけてゐるので  うちに眠なんていう  うちに膨らむ  うちに身を埋め  うちに段々淋しくなって  うちに父の靴音が廊下から段々近づいて来る  うちに到頭広子の父は赤ん坊を生んだ  うちに時計が三時を打つと  うちへ近づくと  うちから起き出るのに  うちに仕事がすっかり終る  うちの息子のお嫁にもらったら  うちの母さんにみせたらよろこぶだろう  うちでねておいでよ  うちでは大変な心配事ができた  うちは丸つぶれになってしまう  うちにかえってきました  うちをつくりたい  うちでおしるこがたべられると  うちを出てゆかれます  うちがやけてしまった  うちはこんなおさかなをたべられる  うちの畑を手つだってくれる  うちへかえれれば  うちが出来て  うちへ約束しておいた  うちは東京なんだけど焼けてね  うちで飼いましょうよ  うちのとなりで車人形というのをみせてもらいました  うちでも少し麦をつくっていますから  うちにごはんらしいものを食べている  うちのこっこ  うちも大変な時なのだと思います  うちにとまりました  うちであつまる  うちにあつまりました  うちはミシンの製造をしていて  うちから逃げちゃった  うちのことだろうっておとうさんが話してたけど  うち知ってるよ  うちは此処を動きません  うちにとうとう校長は今日は証書はあきらめて  うちで飼ったって  うちにきめなくちゃ  うちにからだがすっかり白くなる  うちもありますから  うちは幾日だつて留められるよ  うちにほんとのことを云つて呉れ  うちには何とか調べがつくでせうから  うちで彼に感謝した  うちに云つち  うちに云つた方がい  うちのお父さんと二人で行つたらどうでせう  うちへ行つてお父さんを呼んで  うちに行かないと  うちにやってしまえ  うちに類似のマチガイをやって  うちにみな逝かれてしまった  うちに早く飲めと  うちに次第に気持が白けてしまって  うちに渦巻いてる  うちにいつかピカソやキリコの繪を愛し出したのに  うちにひよつくり  うちに認められる  うちにやつとその意味が掴める  うちに具はつてしまふ  うち映えて艶めかしく見える  うちに弁解しながら  うちはそれ程無気になつてゐた  うちに一辺タキノの小田原へ行つて見  うちで笑つてゐる  うちで父を知つてゐる  うちは承知しねえ  うちは承知しないぞ  うちの事情など少しも分らぬらしい  うちにドンドン帰って行って  うちに東の空に次第に紅がさしてきた  うちに貰うぞといっときながら  うちで飲んでは  うちでお酒を飲むと  うちに消失してゐる  うちの妹と同じ様な失礼な事を言ふね  うちに全快し  うちに病気になつたりして  うちは彼達の対談をはたの女達も不思議さうに眺めたが  うちはとても仕様のない暮しばかりしてゐた  うちへ来合わせていた  うちに祝言をする  うちへ行き  うち消された  うちに右の実がいよいよ軟く  うちに種々花色の変わった  うちの家風に合ひさうも  うちの役者は一切出さないからと  うちのいつもの客に見せる  うちの一座へ入りたいといふ  うちへ電話したら  うちの踊子桜里子が盲腸の手術して  うちに薄暗くなる  うちからもう青木さん青木さんと言って  うちにふと蛇の脱殻が念頭に浮んだ  うちでそのレポレヴィウをやりたいといふ  うちに体をく  うちから持参の弁当を食ひ  うちで飲む  うちはそれをとめる  うち立てて行こうとする  うちの妹と同じ樣な失禮な事を言ふね  うちに病氣になつたりして  うちの前で止りました  うちの中がこれ以上男くさくなっては  うちをぬけなければなりません  うちに目的の熊野川へ出ていた  うちに目的地に行けるか  うちにつまずいて倒れた  うちにたまらなく睡くなったから  うち殺すその偃月刀の通り路だけはのけて  うちは起りつつある  うちに値が出来たが  うちとおもって  うちの中にはあかりがともっていず  うちその消息を互いに会しいたるならざるか  うちに事切と為りし  うち又蹐みて  うち早く立去ろうと思うから  うちに事切れたりと見  うちより既に失望し  うちにはツイ其気になり  うちに打てと云う  うちに甘く見破る  うちに裁判所に達すれば  うちに生田は目科と余の間にはさまりて  うちでもある  うちにこめられていると思う  うちに頭が痛くなる  うちに病友がいかにこの腫物を憎んだか  うちは好みに殉じ  うちが花と定めて  うちに遺された  うちには始終宿っている  うちに神を見  うちに投じて  うちに溶けこんでしまう  うちへ飛翔してしまったけれども  うちでだんだんと勢を得て来た  うちに静かに浸って  うちにまったく閉じこもった  うちに埋没していた  うちに籠っている  うちに還したが  うちには近所隣り  うちから光井へお送りした  うちのひさはすっかり上気せて  うちの話が中途でポツンときれてしまいましたから  うちで盛にお雛様を眺めていた  うちにすっかり暖くなってしまって  うちに行きたいと思って居ります  うちにいろいろと書きます  うちにと大いそぎで  うちは自分のものとしてためられる  うちをこの頃一層改めて深く理解し  うちにとりかえては  うちには雨洩りうけの  うちでは満帆を張りひろげた  うちの猫の玉がとって  うちの玉は七年とかいます  うちのすぐそばのふみ切りからもう一つ大きいのを越して  うちの裏の一番はずれのすぐそばに十二間道路が出来る  うちでもトラックをはじめる  うちがかけ  うちに白い絣と薄いものとをのりをつけて  うちの小道のつき  うちのことは島田からの手紙で書いた  うちごたついていたから  うちに何度かある  うちをもたらしますから  うちにヨコをよみ  うちに育った  うちでどれ程生々しく大切に思われているかという  うちに中絶されて  うちにしようとしている  うちをもって  うちに死し  うち貫いて流れている  うちから動くと  うちに向って  うちの形をこしらえる  うちこそ情愛もたのしい期待も抱かせられたが  うちではきいた  うちで母子顔をつき合わせていたら  うち直されねばならず  うちへ殆ど十時すこし過には帰ります  うちで御飯をたべる  うちに買わない  うちあの便覧に出ている  うちに増していると信じますから  うちいい人だとか何とか評価していたには  うちにキリキリと一廻りしたという  うちにその車輪の廻転を開始した  うちに自分で昂奮して  うちに運転している  うち最も静かな幸福な時だったに相違ありません  うちの子はよく言ふ  うちの庭からは菩提樹や椎の木立に遮られて  うちに描いている  うちには猛々しくなるばかりであるが  うちに落着けて  うちに散り  うちから戸外の日光が入らなくし  うちに布団の中にはいった  うちの父ちゃんがこしらえた  うちに子供をひっこめちゃおうという  うちに自分まで顎を動かした  うちを持っている  うちをからにした  うちに一人おいて  うちに行ってろ  うち過ぐるものわが君のかげにあらざるかとほき  うち分けつめたきものをふりそそぐ  うちに一つのグループができて  うちにあんなに長くなって  うちには書いた  うちに一つある  うちから歌や文章を好んで居た  うちにも凛として居られました  うちは僕はやつぱり神の存在なる  うちにつるべ  うちに年をとってゆくにすぎない  うちにぶらぶらしていた  うちの誰かに極限されるという  うちに溢れてゐる  うちきまつて一定季節のもとに降り出し  うちに乙の意味を含めるといふ  うちに気附いた  うちにも自ら動物園の動物化を招いてゐる  うちに感じられる  うちの門のまえの  うちのお庭を手入れしに来ている  うちより任命す  うちによく見ると  うちにぽつんと切る  うちから早く廻ろうとする  うちは珍しかったとみえて  うちにまたどこかへ移る  うちに若い婦人は二倍以上に増加して来ている  うちついにデューラーの聖母が最後にサーヴァイブした  うちに天を往くべきか  うちに森を出たと思ったら  うちへ泊って  うちに充実している  うちはお竹どんと呼ばれるが  うちにまざまざと描かれている  うちにも人間らしい創造が行われよう  うちにふさごう  うちに個性はきたえられる  うちに生死をも賭した  うちにどこまで具現されているだろうか  うちに発展され  うちの甚だ少数なる一部となった  うちに某町の豪家で婚礼があって  うちに濡れた  うちについ私も奉天旅順日本海とめちゃくちゃに転戦して  うちは何をしても  うちへ来なさい  うちに独り言のようなことをいいながら  うちにふふふと思い出し  うちに蘇生した  うちに私共はその女の姿を見失った  うちはよくガラスペンを折った  うちから別れを告げて立って行った  うちに巣からさらってきたという  うちのペトラに恋人あり  うちにほんとの芝居がはじまったと思ったら  うちに両人同じ月を眺めて  うちのお父さんはわたしんとこへもうこの三倍も通いました  うちに値上げされて行って  うちに私は何となく可笑しくなった  うちに牛の肩を持っている  うちの一座にメリイ・カルヴィンという女優がいる  うちにおのおの牛へ接近して  うちに僕も捲き込まれて  うちを思い  うちに交際が始まって  うちに慰安を教えるから  うちからすみやかに消え去ってゆく  うちながめる人たれか心に浮かぶ  うちにそっくり昇天させようという  うちにあるのであらう  うちにそつくり昇天させようといふ  うちに限る  うちに深く沈み過ぎるし  うちに流行の離婚ということになる  うちの娘がどうしてそんな光栄を持ち得ましょう  うちに若い女たちは心の底から今までに覚えた  うちに巴里へ行く  うちに科学的茶道などというものが生まれて来るかもしれないが  うちに人形町辺の停留場へ来ると  うちに三つも四つも重っても  うちの若いほうの芸者が膝を少しすすめて  うちから取り騒いだが  うちに珈琲が来る  うちに一寸でも昔に還って見たい  うちにおかしくなって笑い出してしまった  うちに夜がほのぼのと明けてしまった  うち煙って見えた  うちでは話の種になっている  うちには何の温みも飛び去ってしまうであろう  うち湿った暗い通りをあるいていた  うち開けて整然とした  うちの子に通信を認めると  うちに一人の男が舷に倚って尺八を吹いている  うちこそ母よりも先に勇ましく飛んだり跳ねたり  うちに雷がすぐ頭の上で鳴りだして  うちに燈火が点く  うちにいつか紛れてしまいましたが  うちに遊びに来いと言う  うちは行きませんでしたが  うちに悲しみもだんだん薄らぎ  うちに裏の山に上がって  うちにそこの娘とできやった  うちにちゃんと晩の仕度をしてくれる  うちに藤吉はまた親方に何か言われて  うちにとっぷり日が暮れてしまいました  うちへ帰ろうにも帰れなくなりました  うちつい昼間の疲れが出て  うちに警察の保護を願つて電話をかけて  うちへ帰つてさう  うちではたいへん怒つてる  うちでもさう  うちには幾重の閣があって  うちには厚さ一尺ほどに雲母を敷き  うちの一人だとすると  うちにその推進機の廻転を開始した  うちに反撥する  うちに看取した  うちに記されていたが  うちに彼の家はだんだん近くなったので  うちに一頭の大きい熊が外から戻って来たので  うちに仔熊もおいおい生長したので  うちにはあなたを富ませ  うちこそ意けんもして見たが  うちにお奈良さまの事件が起った  ウチの家内は私の前でオナラをもらした  うちにぞくぞくとこのアルドゲイトにむかって繰り出されつつある  うちに見出されて来た  うちに果たして敵の矢種は尽きてしまいました  うちに新しい嫁入り衣裳を買い調えて  うちには怖ろしい  うちに郭萱といい  うちの阮籍を指さした  うちに撃ち据えさせた  うちに天狐の法というのがある  うちの経験として最近感じた  うちに生涯を燃やし切った  うちがわかれば  うちで呪った  うちは来ないと云った  うちへ滲透し  うちに現れたり消えたりする  うちに風や日にさらす  うちに三度もおなじ夢を見たので  うちに不幸の者でもある  うちの記憶をたどりながら  うちに夜も明けかかると  うちは表の硝子戸が開け放しなので  うちで他の意味に変る  うちに江戸まで三度往復して見せる  うちはどこかに姿を隠していて  うちに寺へ着いて  うちに村の若者がやって来る  うちで平生から持病のある  うちに在って  うちに笛師があって  うちに生長して  うちにロンドンを立って  うちには珍しい宝がございまして  うちで末子は姿も心もすぐれていて  うちに往来の人もだんだんに来た  うちにあたかも大赦に逢って  うちは近所の農家に間借りしてゐた  うちに小生の肉体は長閑な吹雪の下に葬られてゆく  うちに森を越え  うちにまたこれをモデルにするだらうと  うちに誰かが来て  うちに劉は消える  うちに馬の用意も出来たので  うちに一人の女が舟に乗って来ました  うちに発表された  うちの雑誌には書かねえなんて  うちに蝋燭のやうな我身が煙りと化して行く  うちに蔵つてしまはなければならないと  うちに屋根の上には俵の数々が家畜のやうに並べられた  うちに火玉の前方に一軒の小さな農家が見えた  うちに日が暮れかかると  うちにはこの寺の僧四十余人も数えられている  うちで其の一つが行く  うちに晩年を送って  うちの数人が薪を採りに  うちは島びとがあつまって酒を飲む  うちに大小の土人形がならんでいる  うちは象も知らぬ顔をしていたが  うちに貯えの金はなくなる  うちは日向ぼつこをしたり  うちのお猫さんたちの方がもつと  うちにかの呂氏の家にゆき着くと  うちに温泉が出てゐるのに  うちには三度共パンにしても  うちだんだん氣力が衰へてくる  うちにといと  うちに眠つてしまふ  うちのぼろを出してみる  うちは御本家と違つて財産税の苦勞といつた  うちに夜が明けかかったので  うちへ踏み込むと  うちに二人の樵夫が相談して  うちには広汎なる無意識の世界が存在する  うちに何もかも決心した  うちから透かしてみると  うちに寿命が終る  うちで方谷孫というのは浙東の地方を占領していました  うちの二階で手にする  うちまで送り届けた  うちで書初めをしないかと誘いに来られた  うちで済ませてくれ  うちに病気になり  うちから今夜の話題に適した  うちに老人のすがたは見えなくなってしまったので  うちにとどめて置く  うちに蜈蚣をたくわえて置いて  うちに白衣の女があらわれて  うちにその矛盾や対立を克服してゆこうとする  うちに打ち臥しながら  うちに詞少になって  うちに企画されるだろう  うちにも一種の理想主義を見出そうと欲する  うちに破滅する  うちに打臥した  うちにどうしてもさう書かずにはゐられなくな  うちに病を得て  うちまで帰りました  うちのおかあさんが知っているかも知れない  うちに或る家の小児もまた同じ驚風にかかって苦しみ始めたが  うちでも妓女に対しては一糸を着けざる  うちに任期が満ちて  うちに私の父の顔を写して置いてもらいたいと思います  うちに忰の帰って来たらしい  うちに奇怪なる後光を背ふて  うちにその一家をみな殺しにして  うちに弓をよく引く  うちで馬を失った  うちには死人も出来た  うちに私の英語と先生の日本語は略同程度にすすんだ  うちで綴り  うちに先生は京都の大學へ移られた  うちで呟いてゐたが  うちから鈴木に選ばれた  うちに善藏氏の紹介で知遇を得た  うちがばさばさに乾いていて  うちに頬の肉がそげて見えた  うちで愕いていた  うちに先生は京都の大学へ移られた  うちに善蔵氏の紹介で知遇を得た  うち振りぬ胸に十字を描く  うちにかえってそこに生きついてゆく  うちに対比し  うちに批判をともなって  うちに示されている  うちに新しい人民の明日としてまだ誰にも経験され  うちにふれてくる  うちにつみかさねられてゆく  うちにかくされ  うちに全く異う要素をもっている  うちに保たれていて  うちで朗読して  うちに答案を作成する  うちに生き上る  うちは皆可哀想だつて餘計な賃錢をやつたり衣物なんぞ呉れたりして  うちにふと昨夜見た  うちの座敷へひとをよんでおいて  うち眺めざるを得ない  うち最も生活と芸術とが融合一致していた  うちに捕え  うちに文学を愛好する  うちを去来している  うちにまじり  うちで誰がそのような十分の土台をつくり得た  うちにも反映しているという  うちに形象化されるに価しない  うちに歴史の裏づけをもって生きつづく  うちからまたいろんなものが差引かれる  うちに戻ってきて  うちで混同されている  うちにその一部分が流れているからでもあろう  うちに芥川のすぐれた  うちに姫の掌の中の十円の金貨を引ったくって  うちに姫の財布はすっかり空っぽになってしまった  うちに燈火はだんだん近附いて  うちに種々の準備をすっかり整えまして  うちに血の色が失せてしまいました  うちに美紅姫とこの青眼先生と出会わして見ればわかる  うちに遠く遠く小さくなって  うちに王宮の表門が左右に開いて  うちに陥らしめる  うちで私の言はんとする  うちの社会主義といふ文字を資本主義とかへて  うちに予定の紙数がつきてし  うちにバタバタと捕まってしまったので  うちに捕まるか  うちにタッタ一つ大きな仕事をして  うちに薄黒いダンダラを作った  うちに虎蔵はやっと吾に帰った  うちに身を屈めていた  うちに高い処へ来ていた  うちに彼はヤットの思いで立ち上った  うちに一度も体験した  うちに彼は思い出した  うちに彼は力が尽きたらしく  うちにユックリユックリと白羅紗のスリッパを運んで来たが  うちに若い女性は唇の色までなくしてしまった  うちには往々にして  うちに霧に喰み取られて  うちに前の山に隠れてしまった  うちへ来なすった  うちの長火鉢の前で二人とも涙をこぼしながら  うちに流れている  うちも知った  うちになごやかに交わされました  うちに植えつけられた  うちに余は早く釣台の上に横えられていた  うち第一巻は昨今ようやく英訳になって  うちでもここに挙げた  うちに列仙伝を一枚でも読む  うちには多少気に入った  うちで生長する  うちに嘔気が来た  うちにこの楽い  うちでもっともやかましくふるまっていた  うちに天明に達した  うちの一部分よりほかに出る  うちに三たび鋭どい  うちに死ななければならないと云う  うちでも折々は耳に入った  うちに白い着物が動いて  うちでは彩色を使った  うちにすべてを見た  うちに立秋に入った  うちに気節はようやく深い秋に入った  うちに途中で死んでしまった  うちの三室を借りてゐた  うちで思いましたが  うちの一体である宣命やなどに見られる  うちの平家の地位の昇り  うちよする  うちなげかるる夕かなわれのみ知りてすぐる  うちなびき春さりくれば  うち靡く春さりくれば  うちゐてふくれたる  うちに目ざめ  うちに五〇万円近くまでも発展させてやろうと意気込まれております  うちを捜してみますけれど  うちに矛盾を含み  うちに認められ  うちに唾棄すべき  うちの一つだけが完全に備はつてゐるといふ  うちからそんな準備をしてゐた  うちの一枚で黄色い人魚の水彩畫が欲しくてならず  うちで何か饗應があると  うちの銀行に勤めてゐた  うちではいい方だと信じてゐる  うちに私はそんな遠い學校へ毎日あるいてかよ  うちに對する  うちと遠い親戚にあたる  うちの赤い大屋根が聳えてゐた  うちにいれて  うちに跡かたもなく洗ひ  うちの門口から白い寢卷の女の子が私の方を見てゐる  うちの筋向ひに  うちに私は少しふざけ過ぎて  うちの黒い箱馬車へ乘り込んだ  うちへ近づいて  うちに私はだんだん怒りつ  うちの中を見わたした  うちから出されてゐた  うちにはつきり現す  うちに没し去つた  うちに幸福を見つけようとしない  うちにも冷然とたたずみながら  うちに一つになって  うちに目がくらんで  うちに実現と美を構成しようとした  うちにあるべき  うちにあつかわれてこそ  うちに入り切ってないからだ  うちは料理店だけれどもただでご馳走する  うちの馬は人の言葉が分って  うちに取返す  うちにマリ子の頬はげっそり落ちていた  うちのチユーリツプの自慢をしました  うちで咲いた  うちの母さんがいつてたわ  うち鄙びたるいはけなき玉乘の子が危なげに足にあはせて  うちに散在している  うちにとった  うちに出て行けと  うちに突き殺された  うちに顔の色が青くなって  うちに團十郎は亡くなりました  うちに亡くなりました  うちは午後二時か三時頃から二時間程散歩をするか  うちに医師が参られました  うちでは大事件のように取騒ぎまして  うちに数へなければならぬ  うちに書いてしまふ  うちに書かない  うちに書いてしまふと  うちに鉄仮面の下にある  うちに今更のやうに近松を考へ出した  うちに古代の日本に渡つて来た  うちの者とばかり暮さず  うちに一抹の苦みをもって  うちに節子を自分と同じ年頃のやうな氣のしだしてゐた  うちで一種の言ひ知れぬ  うちの牛蒡の煮  うちに取落してしまうらしい  うちで数えるほどしか  うちに着かなきやいけないから  うちこそはそこに何がしの  うちにそんな失礼なことができる  うちに夜はいいかげん更けてしまった  うちの父や母は自分たちの時代のいろいろな歴史の性格というものを自分では其と知らず  うちにはベビイ・オルガン一台ある  うちは着物ではないと云って  うちの特徴があると思う  うちにでも起きる  うちにめッきり老けてしまった  うちに燃えていても  うちにますますおもしろくなって  うちに含んでいます  うちに意識の分化と云う  うちは視力は必ずしも眼球に集中しておらなかったろう  うちに薔薇があると云った  うちに含まれていると云ってしかるべきであるごとく  うちに含まれていると云っても  うちにぽつりぽつりと物が散点している  うちでいろいろな種類を意識したいと思っても  うちで知を働かす  うちで神は感覚的なものでないから問題になりません  うちでもっとも優れたる  うちではこの種の情緒を理想とする  うちのいずれかがもっとも著しく眼につきます  うちには人生に触れなくては  うちもっとも深き理想を実現する  うちもっとも広き理想を実現する  うちにあらわれたる  うちに浸  うちに含まれております  うちで比較的連続と云う  うちの一部門だけを逆行させる  うちにいつか室生さん流になり  うちで最も心に殘つて澄み切つてゐる  うちに考へのこんがらがりがほぐれ出してくる  うち訝しみ  うちながしのたうてば  うちどもり水はながる  うちに吾輩の帯際を捉まえて  うちにその改札屋が吾輩の襟番号をジイッと見やがった  うちに無料でコンナ物を見ちゃ  うちにオヤジは渋臭い禿頭を吾輩の鼻の先に突付けて  うちに全身が汗ビッショリになった  うちに鈎が舌に引っかかる  うちに運転手はエンジンをかけた  うちに塵埃だらけになって転がっていた  うちにイヨイヨ真赤になった  うちに世間の父親に対する憎しみがだんだん高まって来ると  うちに博士になるだろう  うちにグウタになっちまうかも知れない  うちにミシミシと二階へ上って行く  うちに浅黄色の垂幕を紮げて出て来た  うちに吾輩の胸へ縋り  うちに申合せて  うちに私の処から換え玉に這入っておりました  うちに部屋の入口に並んでいる  うちによっぽど飛出して  ウチへ来る  ウチではお母様が脳の御病気で入院なすって  うちに変なことを云いだした  うちに半里くらいも往った  うちに提灯はすぐ前に来ましたが  うちがたい  ウチのカミソリに合わねえから  ウチの正坊の将棋がモノにならねえと云ったな  ウチにも少年が三人手伝ってくれているが  ウチをのぞいてみると  ウチへ泊めなくちゃ  ウチへ泊めるなら  ウチへ泊めるぐらいなら  ウチが弱すぎる  うちに消えちまえ  うちから自転車にのって  うちに雷鳴ははげしくなり  うちに知れわたり  うちにびっくりするほど  うちにきっと君を捕縛してみせるぞ  うちに心がきまった  うちの戸山君がそっと首をふって  うちに告げ口をする  うちこそふしぎふしぎと手をうって  うちにできて来た  うちに博士がふしぎなことばかりやりだしたので  うちにはじまった  うちに勝負はきまった  うちに接近して来た  うちに無数の動向性を有し  うちに売ってしまいたいと  うちに殺されてしまうと思いましたから  うちの子はたくさんもっていますよ  うちに入口に二つの黒い顔が重って見えた  うちに肇が来て帰って仕舞ったと云う  うちは華に小鳥の様にさわぎ廻って居た  うちのねえさんは心配して  うちへいらっしゃる  うちに更に射ちとる  うちに勝負がはじまつてゐる  うちに自分は息が切れてしまひ  うちに湯に飛び込んで  うちに搜してゐた  うちに架せられれば  うちも死別を覺悟してゐたに  うちにも細やかに察しられる  うちに書いてゐる  うちに住んでゐる  うちでも重要なものにしてゐる  うちにはあるが  うちから下し切つたら  うちは一體に見えるが  うちに役立つ  うちに氣がついた  うちに吐きつくしてゐると思ふ  うちの何に據つてお書きになりますので  うちに終つた彼といへば  うちに僕はたうとう眠れなく  うちに泣きたくなるほど  うちに僕はとうとう眠れなくなった  うちふして千里風月の旅をし  うちにまた痩せにけり  うちからほかの兄弟たちとは一人ちがって  うちから追い出してしまいました  うちから追い出されても  うちにこんなに大勢の人から慕われて  うちに勝負はついてしまいましょう  うち破られ  うちは暗緑色の小葉を開いていて  うちに女は妊娠して  うちにクラン・マッキンタイア号を遙かに追い抜き  うちに暗くなると  うちにこういう小説がぽつぽつと禁止せられて来た  うちに一国の外交が処理される  うちに坐り続けている  うちに実際生活の用が弁ぜられた  うちにいつかひきつけたとみえ  うちの隣にいた  うちに魚を釣っていた  うちに一つの不思議な重大なアポカリプスを見せられた  うちに妻君の辰子が急病で死んで  うちに段々恐ろしい切迫した  うちにねずみのおひ  うちにぎざぎざの輪郭を浮かび上がらせていた  うちに捉えていた  うちでつまらぬ  うちにいけると思った  うちにまた会う  うちにできあがった  うちに登っていく  うちに泊まれば  うちのだれかがあちこちで立ち上がり  うちでもいちばん軽蔑すべき  うちに見つけられる  うちに身体を横たえた  うちに相手の課にとどき  うちに片づけられてしまいます  うちでもいちばんつまらぬ  うちでももっとも小さなものといっても  うちに早くも腹が立つ  うちにとても答えられる  うちに眠りこんでしまうと  うちの前庭に一日じゅう腰を下ろしていました  うちのその小さな庭の前を通りかかって  うちに洗っておいたらしい  うちほとんど気にはかけなかったけれども  うちにでも城から何かを手に入れないなら  うちにそのことで彼女をとがめてやろうと思った  うちに沈んでいく  うちに内庭に達した  うちにまた一度城へいくでしょう  うちに私に返事ももってこられる  うちにクラムを見るという  うちには何か命令的なものもあった  うちならまだ罰せられる  うちにまるで本音を隠していて  うちにおかみから聞かせてもらった  うちに彼を助ける  うちへいらっしゃってかまいませんのよ  うちの一人を示され  うちに書記が机の下にある  うちのこんな部分はいちばんまねし  うちでいちばん下級の者かもしれないし  うちはびっくりしたかもしれませんが  うちにこの目的にかなう  うちで働いていた  うちには最後にはだれかがやってきて  うちに内庭から入ってきていた  うちには畑はありませんし  うちでいちばん弱っていました  うちの姓はもう人びとの口にはのぼらなくなりました  うちでいちばん罪のないバルナバスの名前で呼ぶ  うちで片隅に集っては  うちにうまくいく  うちにでもなんでも知る  うちに出てくるにきまってはいた  うちでもきわめて大切な骨の折れる  うちのために使っている  うちのだれかとうちとけた  うちに満足を求めます  うちに例の土地測量技師をみとめたという  うちにすぐ村を出ていったならば  うちだれ一人として骨が折れすぎるといってこぼす  うちのだれかの像にとてもよく似た  うちに隠されています  うちに進行している  うちにはまりこんだ  うちに滑り落ちてしまい  うちに明らかに追い立てられてしまったに  うちに忘れ去るかもしれないという  うちにたがいに理解し合える  うちに失ってしまう  うちに大変な美人ということになってしまいました  うちに彼女を見た  うちにそろえなければならない  うちにその地位を失うにきまっていた  うちの一人の女中が酒場の女給になる  うちのいくぶんかをだれかに譲る  うちは隧道ぎわの官舎に住み  うちに片附けたくなって飛んできた  うちに彼のだらしない唇のすみからは涎が垂れ落ちた  うちにはたと自分の疑問に思い当った  うちに泡の底が見透けてきて  うちは何をしとる  うちに全然忘れ切れる  うちに雌は死んだ  うちまで行きました  うちに三年たちました  うちはずいぶん帰りとうございましたが  うちに奥の室の方からびしゃびしゃと云う  うちに一味の空しさを含んでいる  うちに飯の仕度が出来たので  うちにみんなどうかなつてしまふので  うちはよく雄鷄を袂で追ひ  うちにひそかにあの寂しい白い鳥を抱きしめてゐた  うちに志野も黄瀬戸もたちどころに再生させてみんと  うちでいちばん樂しい  うちでは掲げられない  うちのひとがもう何年も歸らないので探しに  うちにやつと男の姿を見ると  うちに梅の香をもつた  うちに古くなつてしまふ  うちに仲間の一人が横穴にある  うちは自轉車に箱をつけて  うちに世の中も落ちついて  うちでもいろいろな形で構成されますので  うちに育まれてきた  うちはその事の重要さに氣がつかないし  うちの砂糖全部お土産に差し上げろ  うちの工場を見た  うちに見に来い  うちに竜飛に到着する  うちにお膳も出た  うちに春の温気にあてられ  うちへ遊びに来たが  うちへも寄つて下さいよ  うちしぐれたるむら雲がくれの  うちにては海上の月をかしと思ふなり  うちで呟いて居ります  うちに自分とおかくとがぶ  うちに居ると  うちにでも町を目指さうと考へた  うちへ怒  うちには屡々その如き名前の夜宴が開催される  うち向っている  うちの奴とおっかさんとがうまく行く  うちから九人を選ぶといふ  うちから選び出す  うちに見出して  うちは空に一羽の雀が啼いても吠える  うちに建造されていた  うちは表の格子をあけておいて  うちに遠くへ行き過ぎてしまふ  うちに成れ  うちへかえって又あの静かな静かな昼間があると思うと  うちにその可能がふくまれていると考えられて来ているらしい  うちは出られないとは  うちにしている  うちにつづきになって入ってしまっている  うちで洗って  うちは水道が凍って  うちおろされていなかったからであると思う  うちにならなかったでしょうね  うちに三つの歴史の時代が実に雑多な形でぶちこまれてもいる  うちに歴史的な主語を高めるという  うちで多分にうけついでいるし  うちはわからないけれども  うちでは大笑いしました  うちで今絨毯を見つけようという  うちにどうしてそういう激しいちがいが生じている  うちの匂いたかい花束が近々と顔に迫って来て  うちにこめられている  うちに相当耕された  うちにめぐりあった  うちに生活しつづけます  うちにいたい  うちにいようと仰云った  うちからものをよんで  うちにいられるか  うちに行き  うちに花開いている  うちで飼われて  うちであったと思いますが  うちのこともその他順立てようと考えます  うちから通う  うちから通って  うちに随分変化した  うちがあると思う  うちの忘れる  うちの前の通りの古桜が花をつけましたから  うちに同じこの紙が十銭もあがりました  うちに建った  うちにおき直して見なければならなかったという  うちに隆ちゃんに会いとうございます  うちは臨時費がかさむ  うちに問われている  うちは出征家族ですから特別の便宜があって  うち出てしまって  うちの欠点と思って貰っちゃとんだ  うちの横に山羊がいて  うちに二十七日になっては困るので  うちにじっとしていらっしゃるという  うち合わせて見ましょう  うちのこともいろいろ相談してくれたので  うちのとなりの馬車をひいている  うちに雨もりがします  うちで屋根やでも呼ばなければ  うちに出来ます  うちに子供もいて  うちの門を入った  うちへかえり  うちで眠るだけですから  うちには又誰かいる  うちの久子という女の子に夜分だけ泊って貰おうかとも思います  うちへ吸いこむ  うちでも一つちゃんとした  うちで開かせますが  うちに一層深くおぼれながら  うちにあり得るだけです  うちにいてくれる  うちのなかは何とも云えず  うちに露出しつつ  うちは涼しいようだったのに午頃から大分むしましたね  うちで座った  うちに一ヶしか使いませんでしたが  うちに昭和ビルの伊勢さんのところへゆき  うちに流しこまれた  うちにそういうのはいないから  うちへかえって来た  うちに含まれます  うちにないと思います  うちのことをいろいろ気づかう  うちでも余りさせません  うちに安心して  うちにかき上げて  うちに片づける  うちにねる  うちに峯子の生活感情をかえた  うちに衰弱する  うちの生活に心を入れず  うちにつくでしょう  うちへ一寸よっておむつかえたりして遊んだ  うちのせて完結したいと思いますから  うちの母なんかよくやって居りました  うちすこし眠って  うちで働いて  うちは相当立体的になる  うちだと思う  うちの門の扉ったら  うちに袋を送ります  うちには又何とかなりましょう  うちひらかれるべき  うちにつきました  うちの亭主は稼ぎがいい位にしか思っとらへん  うちの炭は組合から一俵来ました  うちへ電話かけたら  うちを手つだって貰うと云っても  うちくたびれたりするといけないし  うちの条件をよくしておいてやる  うちについた  うちでいいながら  うちでいいましたが  うちの方へ急ぎました  うちは崩れ  うちに死んだので  ウチへ遊びにきていた  うちにニヤニヤしました  うちにお庭の方に風が吹いて  うちに寄ってたかってたたき殺して  うちにわかる  うちに彼の右手の人差指がいつの間にかそろそろと伸びていって  うちに燈火がぱっと灯った  うちに彼はまた一つの智恵を恵まれた  うちでなさる  うちこそ心配もしたが  うちに帰ろうか  うちにかくれている  うちはすまない  うちに学年が変って  うちにやめられなくなって  うちにカステラのことを思い出すだろう  うちで怨んだ  うちにお民が二階にあがって行った  うちに行けば  うちに次郎を連れて帰る  うちは困る  うちに真っ白に変り  うちから起き上って  うちに立ち上りたいとは  うちにお暇いたしたいと存じます  うちに遠方の親類も来る  うちにすまされた  うちに一冊だけしか本が書けない  うちに浮田村を立つて  うちならどつちでも  うちの撰擇にも辻野君の一面がよく出てゐる  うちある五年間を指すに  うちで自然そのものを直接に見て  うちにもそういう讃美の念がますます強められる  うちに三ヶ所もそれがあるとすれば  うちに条件に入れて探してゐた  うちには子供だから摘む  うちに沢山あるから  うちに舟は恙なく三味線屋の店先についた  うち萎れた姿をみせた  うちに抜けだし  うちの連中がやってきて  うちに幾人もの男達に読まれて笑われ  うちにすっかり大人になった  うちに狐はもう土神に挨拶もしないで  うちたうとうはっきり自分が樺の木のとこへ行かうとしてゐる  うちたうとう秋になりました  うちに私は酷く自らを憎悪する  うちで子供扱ひにしてゐると  うちの誰かをほんとに愛してゐるに  うちで誰でも一番先に俺の心を許して呉れた  うちに考えていると  うちに種々なものが根を下してゆく  うちに彼は恐ろしく退屈になった  うちに甘え耽りながら  うちに澱んでいた  うちに彼の方が勝となった  うちに乱れた  うちで一番ピアノを愛する  うちに一つの峰として聳え立っている  うちにぱったり止んで  うちに早速着手する  うちの一人を指して隣りの  うちに捜査を進めて来たので  うちにホテルを出て  うちにお邪魔させて頂きますわ  うちに病気に罹って  うちには悲しい以外に何かの償いがあるので  うちに木の枝と葉の繁みの中へはまりこんで  うちに病気になって寝こんでしまった  うちにすぎてしまう  うちに別の男のところへお嫁に行って暮しており  ウチの牛だから今日から野良に使うが  うちに病気になつて寝こんでしまつた  うちにすぎてしまふ  うちに別の男のところへお嫁に行つて暮してをり  ウチの牛だから今日から野良に使ふが  うちいろいろ御厄介になります  うちに見物が次第に一杯になって来た  うちには終始頭の上を押えられている  うちに夜になってしまった  うちより抄した  うちに集って  うちに端座して  うちに閉された  うちに叫んで  うちに過したわ  うちに随分大きくなった  うち解け難いものがちらと感じられたので  うちにお手紙を戴きましたから  うちから天真なものを選んだ  うちで感謝しながら  うちに強く抱きしめた  うち開いて黙然と外を見ていた  うちにその中を歩き廻った  うちに凡てを通り越す  うちに彼と並んで歩いていたが  うちに回想してみた  うちはその障子に人影が写り  うちからは戸をこつこつと軽く叩いて  うちに今度はせっかくの腕時計や背広までも売る  うちに又野はモウ赤面しながら  うちに両眼に涙を一パイに溜めた  うちに三好が唇を噛んで  うちに一箇月経つと  うちに白坊主は三好を抱えた  うちに金を探し出いて  うちに病院を脱出いて  うちに嫌疑者として取調を受ける  うちにやがて映画は終つてゐました  うちで特に食事に重きを置いたといふ  うちに籠められた  うちに応接台の片隅に載っていた  うちに立ち上って  うちに門司に出て  うちに粉ミジンになって  うちに相手をなくしちゃって  うちから酒倉へ入って  うちに劃されてるかの  うち明けた話が憚られる  うちのどれかは生き上る  うちに描き出した  うちに平らげてしまった  うちの何になるの  うちは叔母さんでも構わない  うちはそれに気がつかないでいた  うちで祈ったりしていた  うちに寄って  うちでいけないって言うよ  うちに行ってから  うちでくりかえしている  うちで恭ちゃんに教えてもらって  うちに寝たので  うちに行くと  うちの泉水の鯉をつりあげちゃった  うちに真実を見  うちに眼をさましてしまった  うちに眠ってしまって  うちに頭がじんじんし出して来たので  うちで心配しますから  うちに次郎もやっとあきらめたらしく  うちで最初に親しんだ  うちにつれて行きたいと思いますが  うちに断崖のような形になった  うちを落し  うちに鐘が鳴った  うちにそれはだんだん長くなって  うちの会計はまだお祖母さんがやっている  うちに時間は三十分とたち  うちじゃ誰もまだ知らんだろう  うちに来ている  うちに何度も彼の頭に閃いた  うちではいつもお母さんに威張っていましたの  うちで一番偉いのは僕だって言った  うちにお伺いすれば  うちにちゃんと次郎と約束が出来ていた  うちにというので  うちの誰に一番好意を寄せてゐるかといふ  うちは高台だから尚よくみえる  うちに女を襲う  うちに便所に往きたくなって来たが  うちに意識がよみがえって来た  うちの飯たきにひかせてやる  うちに格別話もないとみえて  うちにまた顔が合う  うちに夜逃げした  うちに男は遠ざかる  うちに小さくなる  うちにとんとんとんと運んで  うちにはわかるだろうよ  うちにほんとに眠ってしまった  うちに邦之助がまたもや何事か耳へ吹き込むと  うちに坂を上りきると  うちの生活にあきてしまって  うちに冬となって  うちではむしろ高貴なほうかも知れません  うちの女房と娘が奪い合いで読んでいますよ  うちを評価していて  うちにまいったり致しました  うちに一体のものとしてあらわれて来る  うちに大きく推移してゆく  うちにも何人か若い女のひとが働いている  うちに長い夏もやがて末になって  うちに病気でなくなられたので  うちに気候はだんだんと寒くなってきました  うちに王子のからだの金はだんだんにすくなくなって  うちに冬になると  うちに日もたって  うちにこの王子は悪い事をしたに  うちに秋がきて  うちにとらえられている  うちから体で働いて生きながら  うちに漠然と感じ  うちに私がはいり  うちは異様に輝いて  うちに明瞭に分明した  うちに着せられた  うちに足を滑らせた  うちに交っている  うちにはなんとも知れぬ  うちに座敷へ通った  うちは気味悪く思ったが  うちは聞き返したり問い返したりして見たが  うちに納屋のライ麦を二十俵も引いては行くし  うちは妻のそばにいる  うちに送り  うちに仕事はがらがらと行ってしまいますわ  うち勝ちがたい確信に支えられているという  うちに正義の憤りをもえたたせた  うちをどんなに思いやったろう  うちにイエニーは長男の母となった  うちに眼をつぶって  うちに寄っても  うちに必ず新しいのと取りかえられていたが  うちはお互いに指一本ささせないぞ  うちに生徒がたずねて来てくれた  うちに白鳥会員が四五名やって来たが  うちに便りをする  うちに他の顔を押しのけ  うちが温かくぬれて行く  うちがいいと思う  うちにあらまし片づいた  うちだという気がしたので  うちに家のことが一先ず片づいた  うちで誰よりも物の道理がわかっている  うちへ数えられる  うちひしぐなどの正義ありて  うちに何もかも教えようとなった  うちでこれと類似の怪異伝説あるいは地鳴りの現象についてなんらかの資料を教えてくれる  うちにその刺戟が深まり  うちに彼等はもう一度田舎住ひをする  うちに偶然この猫を発見した  うちに烈しい暑さの為にとうとう悶絶して死んでしまつた  うちの息子は学問をして  うちにと思ひ  うちに彼が必ず立寄る  うちに先きに  うちに先生は自分自身が意見をされてゐる  うちの飼犬のお産について疑問を起した  うちに水雷はその後部水線下に命中した  うちに私の前に立膝をして  うちに心をうたれて  ウチへ泊って下さい  ウチへ居候をした  うちだけにして  うちに何とかしないと  うちに探し当てなければ  うちにたうとう墮落してし  うちに歸つて冷たい蒲團へもぐり込んで居る  うちに段々ばれ  うちに僕は其娘を惡く思はぬ  うちが全く闇く  うちに僕は出征した  うちにもう一棟別に建てる  うちには如何した  うちから抒情感や空想癖さへもが次第に影をひそめて  うちにトランクの隅に埋つてゐる  うちでさへ光線の具合でいく  うちに退院しや  うちは殆ど姿を見せなかつた  うちに君達を招びに行かうと  うちに書いて呉れないか  うちいづれか一つを選ばなければならぬとしたら  うち建てることが出  うちに彼は或る独創的な新しい世界観の閃きを認め  うちの主人が吹いている  うちで仏さまに供へるおは  うちに鉦をさっさと鳴らして  うちには更に新しく火の手を挙げた  うちに大方を仕上げてしまうと  うちに急いで置かないと  うちに向方の円光の中には様々な人影が次第に増して来て  うちは明るい談笑に満ちていて  うちに肝心な職務上の仕事が忙しくて思う  うちのどれかのタイプに属する  うちに反映して示した  うちにダンダン感動して来ると  うちに誰かが気を利かして  うちにタッタ一人で真青に昂奮したらしい  うちに二十分間ばかりラムプがアカアカと灯いていた  うちに署長は何やら考え込んだ  うちにあると考えるのみでは  うちは叱ったり諭したりしていた  うちのお父つあんだ  うちへ豚の姿で飛び込んで  うちの女房が去年の市で二十五哥出して  うちに彼方此方から松蔵の傍へ人夫たちが来はじめた  うちに一網やろうか  うちに癒ったにきまっておる  うちに倒れてしまった  うちで不思議にも今日まで鮮明な印象として残っている  うちに大きな浪が来て  うちにまた自分が病気をして  うちのひとや坊やまでこつちへ来てゐて  うちのひとは何処にゐて  うちの女中は大変上手に段通を織る  うちの老妻が御馳走する  うちにやって来ると言っていた  うちに俊三はもう階段をおりかけていた  うちは功名心に燃えるぐらいでなくちゃあ  うちに極力彼を勧誘して  うちにやっと自分をとりもどしたが  うちなかなかうんとは言わなかった  うちに警察や憲兵隊の耳にも入り  うちに何もかもわかる  うちに置くと  うちから学校に通う  うちはいかにも周囲をははかる  うちに先生送別の方法について考えておこうではないか  うちの一つを敵から省いてもならない  うちに彼の気持全体をかきみだしてしまったからである  うちに遊びに来ないか  うちに奥さんが菓子と果物を運んで来た  うちにとりはこぶ  うちに来て下さる  うちに朝倉先生は帰って来た  うちにいますか  うちに万一にも笑った  うちに狂ってしまうからだ  うちに答えた  うちにいました  うちで何をしていた  うちでやっていた  うちでやった  うちで集まります  うちで集まる  うちに曾根少佐のうちに行ってもらっては  うちに転校先でも見つかる  うちを出ると  うちのロマーンが帰つて来ましたよ  うちの婆あを引つ  うちの中のわしたちを照らしてゐる  うちを空けでもする  うちではもう婚礼の支度にかかつてゐる  うちに房髪の掴みあひを  うちにふざけた  うちにペトゥルーシャはまるで人間が変つてし  うちい戻りな  うちのやうな振舞をしてやあがるだ  うちへ入るばかりか  うちから最も才幹ある  うちの麦搗きを拒んだ  うちの二三が平身低頭しながら  うちで呟やいた  うちの聖像の下の壁に懸か  うちへ寄つて食事をするから  うちに焼け  うちに人は知らなければならぬ  うちにこちら側にしみ通ってきて  うちのよい性質やよい要素を確認する  うちにあとからくる  うちに東京行きの列車が着きましたので  うちに統一されてある  うちは恋人ができて  うちの社できみを雇って  うちの社のみならず  うちの救援隊のほうへ艇首をむけて走っている  うちにも捜査をつづけている  うちにどうやらそれは帆村がしんけ  うちに幕をとじた  うちしている  うちをした  うちでさまよっている  うちに具体化し  うちに置かれている  うちに形態化されている  うちに形態化したり  うちで起こる  うちに書かれた  うちにあらゆる地上的な存在の限定というものを見せつけられ  うちにはカフカの世界像が極限にまで表現されている  うちからのみ自由が目ざめ  うちにおいてのみ人間は生きる  うちに与えられた  うちに自然な発露を見出せなくてやってゆけなかった  うちから作者としての生活的実感を添えて切りとられて来ている  うちにティピカルなものを示している  うちに響いた  うちに西に沈んで  うちに道子が帰って来てしまった  うちに癒った  うちにと手早く身支度をし終って  うちでも一番緊張して  うちに喚び醒している  うちに解釈が違うので  うちにも幾度しかやらぬという  うちに決って  うちなら自分も無理をしても  うちにそれではどうにも行かなくなって  うちに盲目の眼があいたり  うちに何時の間にかつかまってしまって  うちに示された  うちに頭に浮かぶ  うちに醜悪な伎楽の腫れ面という面そっくりに見えて来たりする  うちに友人の顔が変に遠どおしく感ぜられて来た  うちに自分はかなり参って来た  うちに自分の眼はそのなかでもちっとも変化しない  うちにだんだんこちらの自分を失って行った  うちにかなしくまじりあってかれ  うちに自分の前をすぎる  うちに不思議な興味が僕に乗移った  うちにありとあらゆるところを吸取  うちに僕はミチ子を逃してやりたかった  うちにふと顔を上げて見ますと  うちに断わる  うちから十円ずつ自分の手もとへ送って  うちにおいてもらつてゐました  うちへもつていつて  うちの台所がみえました  うちでブツブツと小言を云つてゐた  うちで云われている  うちのことして貰って  うちに何かにつけて  うちの条件をよくして  うちでやる  うちに底をはたいて  うちの時計が十三分ばかり進んでいるらしいけれども  うちに出来て  うちでは多賀ちゃんの風邪がやっとなおりました  うちが分るという  うちに又仕事がはじまりますから  うちはまだマーガリンではないバタをたくさんたべている  うちへかえっても  うちも何とか方法を立てなければなりません  うちのウソは行こう行こうと鳴くばかり  うちの男の子にお会いになるより  うちで出来  うちに表現されなければならなかった  うちはガタガタ云って  うちに又何とか事情が変るかしら  うちの二人と寿江子とてっちゃ  うちではたけの子の御飯のべん  うちに近代日本の婦人作家がまとまれば  うちにかえります  うちの裏山はすっかり赤い土肌を見せ  うちへかえれば  うちの負担になる  うちに対して受けないと  うちの帖面にひかえておいて届ける  うちの井戸水はまだかれませんけれど  うちは特別に白のをたべましたが  うちの間に小さい溝があるでしょう  うちのことをよくやって  うちの買物なんかはシャンシャン出る  うちに一かたつけてしまいましょう  うちの手伝のひとがやっと参ります  うちまでガマンする  うちの萩は咲く  うちから二十円五十七銭引いた  うちはその点禅坊主の方式にしたがっている  うちでたべ  うちへかえった  うちにいると  うち大抵ごく近距離を見ている  うちにとりかえてしまいましょうか  うちに段々かーっとあつくなって  うちのごちゃごちゃからホッとしたい  うちに学問をする  うち倒される  うちでいろいろなものを互に与え合って  うちにそう度々は語らないという  うちで皆やって居りますからね  うちの方は上り屋敷の前の空地へ避難する  うち全く新しいものとなってしまって  うちに立ちあがっている  うちに反映してゆく  うちにあらわれている  うちに奇麗な花をたっぷりいけて  うちのものがひどくくたびれなくて  うちからピアノが鳴って  うち傾けて将にこぼれんとする  うちには更に新しい何ものかが開花されました  うちに女は半ば可愛らしいものを自分のうちに感じる  うちは急に御飯をたいたりして  うちにかぞえる  うちのモヤモヤというのはそこから発生する  うちから友情が見出されるという  うちに稲ちゃんも文子さんから相談され  うちに二筋に流れている  うちに二つの流れを流しつつ  うちにねばって  うちへ炭が配給される  うちに再現され得る  うちは組合でうまくなさそうな鮭買いましたが  うちでないからと横どりをしましたって  うちでやや近い同僚感をもてる  ウチにもあります  うちに行って見ます  うちの畑はまだ誰も耕して呉れません  うちの前の草をむしりながら  うちの小梅は嘸きれいに咲いた  うちに別れを告げて  うちは外の風景をながめる  うちですから無やみと蒸暑い事もありますが  うちからほ  うちに帰りたいと思ふ  うちから神の大きな愛をみとめました  うちにくるりと足を返しました  うちにハかへらんよふ  うちすておかずニ御こしつかハされたくねんじ  うちのことをたずねず  うちにハかへるかも  うちこわれてひとゆくさ  うちに少しづつ曲が展開してゆく  うちにそれが少しづつ發展して  うちに私はやつとのことで平靜になり出した  うちは金輪際保証すると  うちに男の顔は断末魔の怒りに物凄く変って来た  うちに寿江子さんが又お会いして  うちに一応見当をつけたいと思って居ります  うちではその点いくらかへきえきしている  うちにびっくりする  うちのなかでは証人をたてなければ  うちはそういうことをする  うちは物の在り  うちの廊下の衣紋竿には国男さんの冬のトンビがかかっていて  うちよりも風邪については早手まわしでいらっしゃいましたね  うちのものには絶対に言ってくれるな  うちに自分の力で整理するか  うちでは三日夜寿江子が帰り  うちは泰子さわぎて眠らない  うちにまた引越す  うちに話して  うちで許してくれるかしら  うちは塾生とも助手ともつかない  うちは愉快でないかもしれないが  うちでもやりますし  うちに荒田老に付き添っていた  うちにそれをきめる  うちに塾長室から廊下に出て  うちにまたやって来るよ  うちに茶ものまないで  うちにははいりませんわ  うちに動きだした  うちに村中の諸施設を見学した  うちから自分の食料までも減じて見ると  うちにぐるりと一廻りして  うちに行かなかった  うちの一人が毎晩厩舎に寝ずの番をし  うちまたは殺された  うちでもこの辺は警部もいってる  うちにホームズが急に声を挙げたので振り返ってみると  うちで拝んだ  うちに二包に化けていやがるから  うちは察しる  うちに貫七爺は眼の球を奥の方へ引込まして  うちは俺の怨みが残っていると思えって  うちに和尚の血相忽然として  うちに主人公の鬼三郎に殺される  うちに女の児は算術を済まして  うちに上衣の内衣兜から蟇口を出して  うちにゆっくり伺います  うちに裏返って  うちに切符を買って  うちへ出入りをすれば  うちに戦争は終結し  うちに伝っております  うちの幾許かは早くも絶えてしまったかも知れませぬ  うちに早く寝た  うちの小屋の評判を聞いたよ  うちに入ったので  うちに金龍姐さんの幕僚になっていた  うちはお泊め致しかねる  うちへは戻らぬと申した  うちをクスグッテあげる  うちを打ちあけてと思うと  うちにヤス子は一人戻ってきた  うちに机の上のチューリップがすっかり咲き切って  うちでも青や紫の波が赤や黄の波よりも多く散らされる  うちに実現されるだろうと  うちに生かす  うちには自由が喰い入っており  うちには自然が流れ込んでいる  うちに浸透して  うちにも入っている  うちに均衡が保たれている  うちに均衡が存在する  うちにおいて個人が自己の自立性を自覚し  うちに入るに従って  うちに入ってゆく  うちに我々が純粋に合理的に演繹する  うちに合理的な統一が存しないならば  うちに価値の問題を含んでいる  うちに客観的に現われる  うちの一の作用に過ぎぬ  うちにあると見ている  うちにも隠されて横たわっている  うちに横たわり  うちに述語が含まれる  うちの一つの作用に過ぎぬという如き  うちに統一がもたらされる  うちに綜合的統一を作り出した  うちへ移し入れた  うちに入っていない  うちに論理主義の徹底を求めようとする  うちにはその先験的起原をもたねばならぬ  うちに先験的要素を認めた  うちに直接に含まれている  うちに捉えられる  うちにおいても生命を取扱う  うちに現在の行為のための型を求めた  うちに矛盾を有する  うちに綜合されて  うちにあると考えられる  うちに立っている  うちに論理的聯関を認め  うちに高めて  うちにおいて意味を与えられる  うちにおいて捉えられねばならぬ  うちには種々の内容を一定の関係において思惟する  うちに一定の秩序の生ずる  うちにおける秩序を意味している  うちに展開された  うちに形象が現われるという  うちに侵入する  うちにかように  うちに実現される  うちに訴えられた  うちにおいて行われる  うちにおいてもつ  うちに不幸な人間が存在する  うちに含蓄的にあった  うちに与えられている  うちにうずもれている  うちは抵抗しただろうが  うちにきっと片付けてみせます  うちに認識してゆく  うちに普遍的なものを見る  うちに發見される  うちに盛られる  うちに問題が生きてゐる  うちに浸潤してゐない  うちに現われる  うちに通行人が集まってくるので  うちに気が付いたがね  うち明けなかった恋を告白している  うちに表の方で急に拍手の音がして  うち打ち明けようと思ったけれど  うちに数十名の浪人が加つてゐたが  うちに暁はひろがってゆく  うちは一つきりだった灯が二つになり  うちにも最も勢力のあるという  うちにこのような偶然よりも一層強く自分を驚かせる  うちから五十両だけを伊八に渡して  うちに忽ち吐き出して  うちに汽車は動き出しました  うちにどんな気持がしていた  うち最も若き人々に対してあやまるべき  うちの親戚の会社の方へ行く  うちでも当時から二年位前に一台の飛行船が原因不明で爆発してしまった  うちに美事に解決された  うちにも常に閑却された  うちに不思議を見出す  うちに無限に多くの不思議を見出した  うちに一度すれば  うちに借りられてしまう  うちに閉じこもっていた  うちにこの土地に未練をもって  うちに俗習と偏見の生活に巻き込まれ去ろうとする  うちにはどこか洗える  うちに壊してしまわなくちゃいけない  うちの裏梯子から三階の屋根裏の物置へあんたが忍んで来る  うちへ流れこんで来て  うちに春江は殺されてしまった  うちの鳩とあそびたいって  うちの鳩をころした  うちに人の出入りができるほどの  うちに穴ぐらのあかり窓のところにきこえる羽ばたき  うちにしれてしまう  うちにそろそろ退屈し出した  うちに三つも作ったら  うちに私は細い樫の木のやうにぽくりと参つてしまつて  うちで夜陰に乗じて  うちで囁いた  うちの邪しまな薄暗さは比ぶべくも  うちの怯懦と助平根情とをごまかさうとする  うちに仕事をやめて  うちに高くなって  うち晴れた大空ばかりになりました  うちの奴がこんな場所の店へいきなり出て  うちに何處かへ行つちやつておくれよ  うちで懇意にしてゐる  うちに拘引されてゐた  うちになぜ描かなかったの  うちにやっと一疋の虎を獲った  うちに決定する  うちに医者へ届けた  うちに時間は過ぎていった  うちに巻き込まれていって  うちに天気が好くなると  うちに白い雪をチラチラと降らしました  うちに巡査がくる  うちにほ  うちに樂を聞きあら  うちに花を見る  うちに憂の涙あり  うち起ている  うちへ写真を送っている  うちに二三ヵ月分は有りますから  うちにはバラバラに四冊あるだけです  うちで暖かいのを縫いましょうね  うちに見付かり  うちでは二分づきの  うちがあると云ったが  うちに敷布団の取り変えなどはしておいた  うちに処分しようと言っています  うちの連中は私一人でゆく  うちの連中のほかに栄さんにわかって貰う  うちにもありません  うちとり変える  うちのものが私の健康のことを心配して出かけたりした  うちにおかれてあるという  うちと分限を学び  うちのものも持っているだろうと思いました  うちの連中は何ていう底ぬけかと思う  うちにひらきつつある  うちのひとは夕飯に赤飯をたいて  うちにつよく感じる  うちに語られていて  うちにゴロゴロしていて  うちにもう一度ゆきたい  うちの中で殆ど一日床に居りました  うちのことは肩にかかるしで  うちの女史は東京と田舎とちゃんぽんに暮す  うちは何度でも眠る  うちにかくれます  うちに何とかしてみます  うちにしっかりさせておかないと  うちへ泰子の服を縫いに来る  うちへいらっし  うちの連中はこういう人たちでそういうお義理のおつき合いには役に立たない  うちは丼に盛り  うちに参ります  うちに九時半ごろ自動車が来て  うちのロシャートカと細君をよんでいますが  うちのために役に立つという  うちには先輩と後輩の関係が出来て  うちの誰ともいい加減な気持で接触してはいないけれど  うちの経済力なんか問題にせず  うちにお目にかかりに行こうと思っていた  うちもなくはないとお思いになるでしょう  うちでもあんな騒ぎを演じましたから  うちでは今健之助が百日咳でどこへも出られず  うちへかして頂きましょうね  うちは充分ございます  うちは百日咳のさわぎで  うち行って見ます  うちでいつもやっていますが  うちまかしはしまいかという  うちに解放しているだけで  うちに熱が落付いた  うちは政治に手を出さない  うちに反映していますし  うちの家畜小舎の横を通った  うちに婆さんをおどかしてころしかけ  うち込んで愛し得る  うちの顧問先生にしろ  うちに巨大になる  うちに音楽をきいた  うちでやはり特別な意味をもって回想されると思います  うちにたくわえているか  うちの連中にはさぞオゾケをふるわれるだろうなど  うちをキチンとしていくらかは風情ある  うちにありません  うちに自分の中に落付かせる  うちにわるい英露があります  うちの書生さんはもう二三日でかえります  うちの連中は業を煮やしていて  うちに学んだ  うち伺うという工合に行きませんでした  うちの組なんかつまりうちのものが主になってしまっている  うちに自分にもはっきりして来た  うちに丈日本があると云っていて  うちのものに云われる  うちおろして下さいますね  うちおろしでユリコの城がくずれないという  うちで暮せる  うちが分る  うちに入れて置く  うちあわて者の照井はあわてた  うちふるえていたので  うちふ氣一つだす  うちに嵐のやうに襲來した  うちに限りない恩寵を認めます  うちにいくらかでも助言と説明を見出す  うちにだんだん冷却して  うちで過去あるいは将来に類似の現象を実見された  うちに菅原の家の前に立っていた  うちどのくらいたったか  うちに病を得てみまかりぬ  うちにこそ買われなければならない  うちの裏門を出て  うちの一頭がゆるりとかたまりからはなれて  うちにはずいぶんいろんなひとがいた  うちにはおけない  うちに牛は斃れた  うちに場は閉じられた  うちに管轄署からの一行が来た  うちに没入し  うちに死せる  うちなる熟睡を破れり  うちよりみたりの  うちまもられ  うちに生み  うちなる曲第二十の材となすべき  うちなる洞を住居とし  うちあかすことを聞け  うちにラチオ人ありや  うちあひて  うち或者は殺害者に與して  うちがあるかも知れぬ  うちに隠見する  うちに書き終えたかった  うちにも多少の党派別があり  うちに段々そうなったという  うちの者を助けてくれた  うちに眼が暗になれてくる  うちに数台の消防自動車のサイレンが喧しく街を走っている  うちは覚えていたが  うちに芽をふいている  うちに白い一点になり  うちに御船印と浦賀奉行の御判物を預けておく  うちに国へ帰って  うちあがってきた  うちは里におりてしまつて  うち解けて呉れても  うちの奴等はそれを知らない  うちにたつた  うちに考へめぐらし  うちに崩した  うちではけつ  うちに馬鹿らしくなり  うちの銀行もいま危くなつてゐるし  うちの先生に似てゐるなあ  うちに眞野が看護婦長の部屋に呼ばれ  うちに僕は堪へ  うちに真心を見出した  うちにぴくぴく動きだす  うちに何か新らしい力強いものを感じて  うちに雨が止んで  うちに女は分娩した  うちがあまり残酷であったと思って  うちに女はもしかすると棄てた  うちに上京してくるという  うちに寝そべっていた  うちに熱を下げなければなりません  うちに注射をして  うちに生かそうとしつづけた  うちの或るものを再読して見た  うちにあるとは  うちに公衆電話がきれてしまったの  うちにはタンカもありますから  うち又未練が出て来た  うちから心労が多すぎ  うちへ子供の洋裁や私のもんぺ縫いに来てくれる  うちに響いて居ります  うちに出版もひどく波瀾いたしました  うちに全然様子が変ってしまいましたから  うちに子供たちがいなくなりましたから  うちも十一時までだから十時半などと云って  うちにヘディンはかなりあります  うちは垢ぬけました  うちがつたわる  うちに教えています  うちにシャッポぬいで居ります  うちに駒込病院へ行って  うちでは出勤といえば  うちでは門をしめておく  うちに夕方になり  うちの畑は何というか  うちは年中畑眺めていて  うちに食べる  うちに外出して  うちに届けなけりゃいけないのよ  うちに大体毛のものの洗濯終ったら  うちにテーマとその核とを把握するという  うちに御飯たいておかないといけないのよ  うちの砂糖ののこりが  うちにわたし  うちはどうするか分りません  うちの嫁っ子がまだ来ねえ  うちのことちっともかまわないで  うちの南瓜は蔬菜の雑草化の見本だと思って放っておいたら  うちには不思議な感動があり  うちの隣組をあっちこっち歩いて  うちのオホホホを承認いたします  うちにいつしか風は埃を運んで  うちにうけとる  うちの防空壕が九分九厘まで出来上って  うちの陶器の蒐集の鑑定をして居ります  うちの蔵を出て  うちの蔵払いというよりも  うちで灰になる  うちは大ゴタゴタになって  うちによまれた  うちに酔生している  うちの柿はもげましたが  うちに入って来ているだろうと思います  うちに抵抗力もます  うちに求めていた  うちほんの僅か何かして  うちが知れたと思って  うちにパーと立って行ってしまって  うちでは伝八さんと云っていたの  うちはいざと云う  うちも強制疎開ということになり  うちの前に坂がありますでしょう  うちは坂の真正面という位ですから家から動坂の方へ何間かの幅にひろくなり  うちと大いそぎで  うちにおりて行きとうございます  うちで幾人もぬけ出した  うちに声もやんだ  うちに目から鼻から血が流れ出す  うちに今日が二十八日と気が付くと  うちにやっと落着いて  うちに吾が探偵文壇の双星のこうした批評を得た  うちは心がいらいらしておちつかなかったが  うちに身心倶に静かになった  うちに又家を飛び出し  うちに首になる  うちから積極的なのを選んで  うちに平均して  うちはお互いの調子がうまくとれないで  うちは何時でも我々は敵をおびやかしている  うちむれていた  うちにそこを引き移るので  うちに出ていた  うちには負けて  うちに慰問金の本当の意味のことが話せて  うちに須山に渋顔をしていて貰うさ  うちにこだわっていた  うちは遊ぶも  うちにそいつを弁解する  うちの二人の顏が浮んで  うちに相次いで  うちに入れられてあったと考えねばならない  うちの自殺型に属して居る  うち向かって心を傾け  うちにホトトギス派の写生文の運動がおこり  うちまかせる彼の情緒の本質がやはり自然への逃避の性質を多分にもっていた  うちに子供をこしらえた  うちにこの監督さん自身も人から辮子を剪られて  うちにありましたので  うちに自身を生かしつづけてゆく  うちに永年居慣れた  うちに家を飛び出しましたよ  うちにはこどもなんか生れ  うちに熊笹の中へはいっていると  うちに手をあげて  うちに逃げ出すか  うちに私がはいっていた  うちに話声も跫音もだんだん遠くなった  うちに僕は東京をたつ  うちにも祖母を憐れむ  うちに凡てから解き放されて  うちに来てた  うちに空がすこしづつ暮れていつた  うちにも我等は山の麓に着けり  うちに生くる  うちより使者とみゆる  うちに一なりとも平和を樂しむ  うちふるひしさまに異ならじ  うちにテー・デウム・ラウダームスを聞くとおぼえぬ  うち最も尊く造られし  うちにも憐憫を惹く  うちあたるなからんためその相者に從ふごとく  うちにありとみえし  うちに再び母をみし  うちにて汝は福なる  うちに神の正義の眞の意義を認めし  うち最も重き罪なれば  うち第一行はVedeaに第二行はOに第三行はMostravaにはじまる  うちの右の路にあり  うちに揉まれて  うちがやけずにいたりしたら  うちの連中ってひどくナイーヴで眼玉に映っていないと  うちに火はひろがり  うちが知られると思います  うちから半丁ばかりのところに大疎開道が出来たという  うちの屋根は火の粉から守られました  うちでは非常措置として土蔵の地下室に菅谷のもちものうちのものなどしまい  うちの辺鬼門故首をすくめて歩いていたら  うちは一人でこれを書いて居ります  うちがなくなったから  うちに帰らなくてはいけないわね  うちの火でさえ風はあつくなりました  うちから来て  うちでも独特な意味をもった  うち迄帰ってしまって出て来た  うちに省線が間に合わなくなり  うちに東方の烈風が起って来て  うちのあたりは黒いままのこり  うちの菅谷には切符なんか買えない  うちにこちらに引上げて来るなどという  うちにとりかえしつか  うちにああなる  うちにトロンコになって眠ってしまったのよ  うちにもう一度帰京して  うちには又いくらかの収入の途もつきましょう  うちの門を出て  うちにもいい折に当りました  うちに大体まとめて  うちの地面にわり込もうとして  うちの畑もあやうく失くなる  うちに行ってしまえたらと思っていたのに  うちに堅忍されていようとも  うちでは代々地図をみる  うちに段々一途な気になって来ます  うちはいのちを惜しいと思います  うちを思いやらずに居られません  うちに行ってしまえるでしょう  うちから月給を払って働いてもらうという  うちは何とかやっちゃいこうが  うちの兄弟は仕合せと思いやりが深いからどうにかなろうと云っ  うちに随分あれこれと変化いたしましょう  うちの裏の細い溝のすぐ上を通って居て  うちにお清は男を捨てて  うちにお新が出ていった  うちに引越そうかと思ってるの  うちにやっと元気がでた  うちのやつは知ってる  うちのやつにち  うちにアイピング村にひろまっていった  うちから起きだして  うちのやつが家じゅうの戸じまりをしてまわった  うちにつかまえてしまえ  うちに逃げろ  うちに気をとりもどして  うちに学問のある  うちに体はぽかぽかあたたまってきたが  うちは透明人間の話もうわさにすぎなかった  うちに一夜があけたが  うちへもどろうかと考えた  うちに小づかいに使っちまって  うちへ五万円を出した  うちに智恵子が出演する  うちから若干の教訓を得たいといふ  うちに身を置いて  うちから東洋にのみあって  うちに船が難破して困っておった  うちに向うがたまらなくなって  うちに見逃す  うちがいけなくなって  うちに毒薬があれば  うちの前を通る  うちに何も彼もわかってしまうの  うちにぼんやりと浮んで見えた  うちに居た  うちにも用意を忘れません  うちにそれはイベットのあのあでやかな美貌と時には職業上の政略として用いる  うちだが風呂が沸いて居た  うちに近村の祭へ行きたくな  うちに私は坐つて居ると  うちの福の神樣がけふ  うちに皆葉へ用足しに行く  うちに火が燃えし  うちに消しとめた  うちから黒羅紗の外套が声をかけた  うちに結婚して  うちにちらちらと雪が降って来た  うちに隣りでも帰って来たらしい  うちに夜も更けた  うちにも今にそこへ帰って来るかも知れずという  うちに死に絶え  うちに早元日になりたればとて  うちと称する  うちにいませるは  うちに数多あり  うちに帰り来たり  ウチとの間に小さく暗き室あり  ウチの板敷を取り離し  うちに何んかおっ始まり  うちに年老いてしまう  うちにそれを補充して  うちに私は兵隊になって  うちは二人は別に親しい仲ではありませんでした  うちに買って置いて  うちに老僧はそこに渡した  うちに妾はヤットわかった  うちにジッと考え込んでいた  うちにステキなスゴイのが仲間の手に這入るから  うちに厚ぼったい手袋のパチンをかけた  うちに包含する  うちに融け去るであらう  うちにあり又生きる  うちに葬られ  うちに沒し  うちに消え失せねばならぬであらう  うちに取入れられ  うちに取入れ  うちに吸收される  うちに包括する  うちに取入れられる  うちに持つてゐる  うちに吸收され埋  うちに容れず  うちに融け  うちに包容される  うちに追ひ込まれ  うちにもすでにそれの必至從つて覺悟の要素は或る程度まで含まつてゐるが  うちに大事なところは済ましち  うちで唯一人眼の前に残つてゐる  うちに三つの新しい井戸を掘つた  うちで合図を交した  うちは方々へ出かけた  うちの或る章を読んで  うち或る個所で特に括弧をして  うちは一語も発せぬ  うちに心が吸いよせられ  うちから例によって遊芸人も出ます  うち開いていた  うちの彼女を見つめていた  うちにどしりと躓き倒れた  うちに展開されて行く  うちは主に一日に一度夕暮時に起る  うちに夜になつてしまふ  うちに数えても  うちから嘴を引き明けて  うちで地味に適応した  うちにその時代のライブラリーの事を述べている  うちに時々気まぐれに手を延ばして引っぱりだす  うちに一度行っておこうと思った  うちは黙って聞いていたが  うちであるいは私だけかも知れない  うちに平素の弾力を回復した  うちにも異様の光が出た  うちにまた先生を訪問した  うちほど淋しいものはありません  うちにたった一つの例外があった  うちでたった一つ私の耳に留まった  うちに成人した  うちには君が恋を求めながら  うちに溜った  うちから抽き抜いて  うちへ金を返しに行った  うちの一人は締切の日に車で事務所へ馳けつけて  うちで樺色の丈の高いのを指して  うちにほとんど見当らなかった  うちの財産を聞いたり  うちに財産があるなら  うちによく始末をつけてもらっておかないといけないと思うがね  うちでただ一つ底まで聞きたかった  うちに手に持った  うちで飯を食うと  うちに枝を張っていた  うちで一番私を困らせた  うちに自分が自分に気の変り  うちに学校を出てくれる  うちに自分の死を覚悟していた  うちで独り異な感じを抱いた  うちは心配して  うちに卒業はできまいと思った  うちに免状を持って来たから  うちで暗にそれを恐れていた  うちに多少の曲折を経て  うちにはこれというほどの  うちでまた遠くから相当の医者でも呼んで  うちに早く財産を分けて貰えと勧める  うちに呼び寄せる  うちにやっておくに限る  うちで極めた  うちに喜ばして上げる  うちは好く喧嘩をして  うちに昏睡が来た  うちにはまた失われてしまう  うちでこう繰り返しながら  うちにまた書きたくなりました  うちから市にいる  うちに祝言の盃だけは済ませておきたいともいいました  うちで誓った  うちからもっていました  うちで苦笑しました  うちに私の猜疑心がまた起って来ました  うちに烟のごとく消えて行く  うちで喜びました  うちが平常より何だかひっそりしていたから聞いて見ただけの  うちではきっと断られるに  うちに大変瘠せてしまった  うちには時々出て来た  うちに生きてはいない  うちで意識して試みられた  うちにより広い歴史の展望とそこに積極の要素となってゆく  うちはないといえ  うちにバルザック的典型を見なくなった  うちの規則が破れるさかい  うちの事とて取  うちから得た  うちに十分にあらわれている  うちに狐の方が負けてきて  うちに夢を育ててくれる  うちの雄弁家が出る  うちにも何か毅然とした  うちでも何か深く影響された  うちには本国においてよりも外国においてはるかに好まれる  うちに私はふとパスカルを手にした  うちに原田の女房も来た  うちに姫路の城下平の町の稲田屋に這入った  うちで好かったと思いながら  うちにお入りになりましたが  うちに見え  うちにやすらふ  うちに燃えゐたればなり  うちの弓形上る  うちにとめおかじとて  うちにわが目いかなる喜びをえしや  うちの愛答ふらく  うちの最大いにして  うちに燃ゆる  うちにて我にこれを滴らし  うちの最大いなるもの神にむかふ  うちに良花と咲けども  うちのいと低きものを亂し  うちに定かなる數かくる  うちのうるは  うちにかの平安を味へる  うちにこの國をを康んじたまふ  うちにこの花かくは咲きしなれ  うちなる善といふ善みな汝のうちに集まる  うちにいよ  うちに集まり  うちにてもまたこれを見るを  うちに友をうるを求むる  うちに行はれし  うちの重要な語句を摘出して  うちに妻は僕等に追いつき  うちに僕の疑問に返事をした  うちになんとなく危げな腰つきだなと見る  うちに孝ちゃんが止って  うちに板倉は一つ山を越えて  うちに後の面々もかぎつけて  うちにスキーは刻々に速度をまして行く  うちの一方に陥る  うちにもチョイチョイ来てましたぜ  うちに焼失してしまった  うちだけだす  うちがこの辺で一番はよ帰って来たんでっせ  うちだけだっせ  うちからしてゐると  うちに観客層を開拓しつつある  うちになんとかせねばならぬといふので  うちから思ひ  うちはといふので  うちから才能あり  うちに正義に化す  うちに次第に不安になって来た  うちに享楽せよ  うちに花開いた  うちの何処かであろうとよろしく御想像を願いたい  うちに海の空ももう暮れ切って  うちの子とお話をしてはいけない  うちへかへらうとして  うちでも一どそんなことがありました  うち砕いても仕舞ひさうな  うちに日を暮らした  うちの中だけの事にして  うちに人口を増加せしめる  うちでかかる  うちに私が特に読者の興味を惹きたいと思っている  うちのこの特殊部門の正確さを疑っている  うちわずか小部分が正当に養育院に帰し得る  うちの大きな比率をなした  うちは成功と思われたが  うちから戸を締めてしまう  うちに北川という若い医学士に跡を譲って  うちにどうかしようと思ったが  うちにありと  うちから特殊の成分を取り出したといふが  うちに入っていた  うちにはウンとこたえていた  うちに含まさっている  うちに肩を振り  うちに急いで参りましょう  うちに呑んでおかないと  うちの前の草原で二人の子供がみんなに囲まれて  うちで一番むづかしいといはれる飛翔すらも容易く出来るといふ  うちに佝僂のやうに折れ  うちでもとりわけ道仙を学ぶ  うちは手にとる  うちから冬支度にかかつてゐる  うちに盗み  うちにはぼんつくは要らないから  うちにまでもそつと忍び寄つて来る  うちにわが性の孤独をのみ見つめて  うちにのみ生きて来た  うちは何の見どころもないやうに思はれて  うちにも幾らか肌触りの弱さを思はせる  うちに何もかもがすつかり  うちに灰色の空に見えなくな  うちに大爆発をする  うちに大爆発をするという  うちは黙っていましたが  うちで懐かしい少年だと思いながら  うちを出るよ  うちに居たって  うちにその力を拡大する  うちに刈取られ  うちにこの社会は既にその本来の純粋性から異様に退化してしまっており  うちかなりの部分は第四篇第一章に再録さる  うちに行動を躊躇する  うちは云うまでも  うちに冬となり  うちに粉砕されるであろう  うちに価格はますます騰貴するであろう  うちの万吉という薬を調合する  うちに涙をさへ落した  うちに夜更けぬ  うちに京にて生れたりし  うち群れてこそ我はきにけれ  うちによるになりて  うちに猶かなしきに堪へずして  うちに著者はまた東京へ帰った  うちに社会の情勢はこの書の刊行を不穏当とする  うちにふと思い当たった  うちに今の著者がもはや持っていない  うちの画才のある  うちで最も著しくガンダーラの様式を現わしている  うちにうまく生きて  うちに揺曳する  うちに捕えておくに限る  うちに生かし切ろうとした  うちに保存せられていた  うちに認められないからと言って  うちにはもはや現世に望みをかけない  うちに過ごされたと見なくてはならない  うちにインドと関係の深い崑崙国人がいたという  うちに安置する  うちでは右の脇士の方が優れている  うちで崩じたに反して  うちにと東院堂へ急いだ  うちに混在していた  うちに水田もあったらしい  うちにはそれが隼のように鋭くなる  うちに毎日を送っている  うちに掛かっている  うちに生き残っている  うちのあらゆる弥陀像を暴王の像に画き換え  うちに汽車は丹波市を通った  うちで第二と第四がこころもち多く引っ込み  うちには古典的な力強さがあふれている  うちにも新しい道が切り開かれなくてはならない  うちに永遠なるいのちの微妙な踊躍を感じていた  うちには一としてこの画と同じ気分を印象する  うちにゴロゴロ転がっている  うちの最も優れた  うちに急激な地震を感じた  うちにいよいよ本当の主要動が急激に襲って来た  うちにボーイの一人が帰って来たので  うちに突然に起った  うちに助手の西田君が来て  うちにも窺はれる  うちは女房のゐる  うちで自我を存在させ  うちに在りながら  うちだけで存在している  うちに現代史のヒューマニズムがある  うちに何かの意義をもつ  うちに新しく職場から生れて来た  うちにまだ十分発酵する  うちにたがいに  うちに息をひきとった  うちに弟が年頃になると  うちに睡  うちに風が変って  うちに通りぬけ  うちに忘れてし  うちに一種の飛躍を感ずる  うちに萎んでしまう  うちででもお話が出来た  うちに居ても  うちで殺された  うちに河を渡りました  うち案じてばかりいた  うちに見えてきた  うちは無益な苦労を妾はします  うちから起すまじ  うちと櫛笄も手ばしこく小箱に纏めて  うちには気が変ってくるだ  うちに湿気を受けた  うちに太陽を包み込み  うちに体験を完全に吸収する  うちに湧いた  うちで神に感謝した  うちに舟がありましたでしょう  うちにぴったりと響を合せる  うちに物の輪廓が包まれた  うち沈んだ影を湛えていたので  うちに両手で胸を押え  うちに燈火は赤い光りを震えつつ咽んでいる  うちに永遠の生と死とが一つになって  うちに限りない歳月を押しつめた  うちに日が山の上へ出て  うちに一ばん上の子どもが七つになりました  うちにまだ明るみがほんのりと漂っているらしい  うちで練り直された  うちに私の耳はそのなかから機を織る  うちにわたしはもう東京へ来てしまった  うち御気に召した  うちにその源泉があるからでありませうが  うちのさういふ相剋のためかも分りません  うちのアパート代を七カ月分も滞らせているのにね  うちに汽車に乗る  うちに雨があがって  うち同じ贔負の国太郎と知り合い  うちに二たび此処に来る  うちへ買つてお帰りになるだけ  うちに籾を干す  うちはわからなかったが  うちに四挺だけといでしまって  うちにまた言われない  うちに仕事は着々進行してゆく  うちに政さんはちょろり三つなってしまった  うちに親父は外へ逃げてしまった  うちで言っても  うちにちゃんとした  うちそう大した数がいる  うちに昇ってゆき  うちに僕も帰る  うちの事務の相談でもしましょうよ  うちの小さい物は姫鏡台の抽出に入れ  うちの白酒売りの  うちに鶏鳴あかつきを告げ  うちに鰐口の家へたずねて行き  うちにあなたが斬られてしまいます  うちに迎えたのむ  うちに七里歩み  うちに次の港まで行く  うちにはおのずから異風奇態の生類あるまじき  うちに身支度をして  うちに溜め込んだ  うちに少しの不審を見つけ  うちに一人立ち  うちにもあの十一文は川の水に押し流され  うちはめしを食わぬと言って  うちに岸に着き  うちにもまぎれる  うちにこの縁談をとりきめ  うちに徳兵衛の貧乏いよいよ迫り  うちに笑ったり泣いたり  うちにも長持の底に残してあった  うちには深い内容を自ら蔵して来る  うちに内容が多くなり  うちに彼は挨拶も為ないで帰って  うちに老人は死後のことに就き  うちではあざ笑ひしが  うちでは思ひながら  うちに後悔しながら  うちにおどろきしが  うちに大宮まで行きませう  うちの方からおかけ合があツたものと見えますね  うちにおもひながら  うちも今日は真心からそう思うて来たわい  うちに合祀のために絶滅せる  うちに乱滅するは  うちのラジオは昼は止つてしまふから  うちは湾内にひそみ  うちに廃し給え  うちにその写真貰って来い  うちも泊めて  うちのような娘を持った  うちが写真機盗んだ  うちは泥棒したさかい  うちに預けた  うちを助けてくれはるやろ  うちにあげてしまわなくっちゃ  うちに掴まえなくっちゃと  うちにいつか消えてしまい  うちにもう京都へついた  うちに東京行きの汽車に乗せてしまうという  うちに夜が来て  うちにまた鶯のことがかえってくると  うちには素振りのあやしげなのが仲間うちから噂される  うちから待兼られるが  うちに口論がだんだん激しくなって  うちに町のまん中へ来ると  うちに地びたへ落ちてし  うちに醸されてきた  うち明けてくれと頼んだ  うちには妻の肉体に対する愛着が深く喰い入っていました  うちにはあの男との過去の回想が交っていると  うちには一瞬間凡ての忘却があった  うちには妻の肉体が深く喰い込んでいます  うち明けてしまって  うちに平衡を失していた  うちの凡てを洗い静めたが  うちに彼女に対する愛慾の念が深く萠しているのに  うちには悲愴な忍苦の影があった  うちのわびをしたいと思ひました  うちに富士のお山の五合目あたりまで行くという  うちに逃げるが  うちに解って来た  うちには自然と消えてしまうに決まっている  うちの一つがスリ替えられて居る  うちから東京に育つた  うちに富江の抗議で罷めて  うちには色々の事に遮られて  うちに歩くとも  うちに參詣に出た  うちへ泊りに出てきた  うちの弟ときた  うち切るの止む  うちに指先きをもつて  うちの何れかに類似してゐると思はれた  うちへいらつしやいませんか  うちのエピロオグを仮托して息詰つてゐるが  うちの原型石膏が何かのはずみにでも壊れてしまへば  うちにまたも背中の方からゾーツとする  うちには沙汰止みとなつてしまふかも知れないなどとさへ望んだ  うちに新しい座を占めてゆくといふ  うちに萌してゐるせゐか  うちの木兎が死んだといふのよ  うちはお前がねるまで  ウチも新聞をよんで  ウチを探してよめ  ウチでブラブラして  ウチにゴロゴロしてさ  ウチの亭主がとか云ってる  ウチに宿六が待ってるからと云っただけの  うちの理性が成長しているから  うちに日夜行動している  うちであり得たであろう  うちに晩餐は終つて巡査は間もなく帰つた  うちに参詣に出た  うちに船頭が出て来た  うちに一つの鳥かごがありました  うちでも外国煙草を置く  うちにすぐお染を帰す  うちでひそかに祈っていた  うちに取りまとめて置けとの  うちに降りましたら  うちに早くここを立ち退いてしまえと勧めた  うちに求められる  うちに秩序が存在する  うちに與へられてゐる  うち永續的な生命を有する  うちに恐らくヘーゲルの哲學の祕密がある  うちに懷疑が生きてゐる  うちになほ生きてゐる  うちに自然が流れ込んでゐる  うちにも見出される  うちにも作用する  うちにも習慣が働くといふ  うちにデカダンスが含まれる  うちに移入された  うちにたくはへ  うち最も抽象的な器官が出  うちにその眞理と同時にその虚僞がある  うちになければならない  うちへ分解され  うちに生活してゐた  うちに惡魔がゐないと  うちには多かれ少かれつねにエロス的なものがある  うちに藝術論における種々の重要な問題が含まれてゐる  うちにもあるといふ  うちに混入する  うちに去  うちに無數の心像が果てしなく去  うちに宿されようとも  うちに時の生じ得ず  うちに生れる  うちに他との無限の關係を含みつつ  うちに自己を失ふ  うちに深く潛み入る  うちに沒する  うちに己の住家へ帰らねばならぬ  うちの一人がこんな事を言う  うちでないと大きくなっちゃ  うちに赤ん坊に乳房をふくませた  うちで決めただけで  うちにまたどこかで会えるかもしれないと  うちに起きあがれるかもしれないという  うちに時間はたつ  うちにマリ子をたすけないと  うちに加えておいて  うちに折り重って  うちに内部の器械の故障のために働きがわるくなると  うちにはる子は漠然と憂鬱を感じ  うちに前方の声が弱って来て  うちが尚よく分つた  うちに二倍になり  うちにそこへ導かれる  うちに辛うじて息づいて来た  うちへかえって両親に話すと  うちでおそらく一番上等で美味な雑煮であったろうと思われる  うちに時々短い言葉を彼女にかけた  うちに凝り固まった  うちで最も逢いたいと思った  うちに日々は過ぎて  うちの一部にすぎなかった  うちにこの婆は魔法使いかも知れんぞと  うちにけろりとした  うちに親爺は病氣になつてし  うちに親爺の屍を土に埋めてしまはないと  うちに古い板はバリツと割れた  うちにぼんやり帰って来ました  うちの泥棒も退治する  うちに犬は泥足の儘床の上に飛び上って  うちに年は容捨なく暮れてしまう  うちにきました  うちに馬車でみなみの方へ飛んで行きましたよ  うちへお送りいたしましょう  うちへお送りいたしませう  うちに腹から仔豚が出て来るかも知れん  うちにはいっていなければならぬ  うちに山賊は腰の太刀おつとりての  うちに準備が出来て  うちの何人かに憑いている  うちに日が暮れたので帰ろうとすると  うちへとんでつた  うちに鼻が腐肉の臭気に慣らされて  うちに突然強い腐肉臭に遭遇したとすれば  うちに頭がぼんやりして来たので  うちに容易になおりますが  うちに漸っとはっきりと古い城かなんぞの中に自分だけで取り残されている  うちにお前には分かっていただける  うちに雨が漸っとの事で上がって  うちに深い感動として残された  うちに春らしい驟雨が日に一度か二度は必らず通り過ぎる  うちはそれがよく分からなくて  うちのおようの絵姿を完全にさせる  うちに何処かへ転地させた  うちに次第に考えがいつもと同じものになって来る  うちのおふくろがそんな事を云う  うちに彼が煙草をのみながら  うちに何か思い出し  うちに描いたりした  うちに荻窪の駅に下りた  うちに変り始めた  うちに異様に長くなった  うちでそう何度も経験出来ない  うちは彼女はそう云う  うちに少年特有な夢みる  うちにも昔の自分がよみ返って来た  うちで此の人は矢っ  うちにひとりでに目をつぶり  うちに彼はひょいと森の梢を仰いだ  うちならまだ引き返そうと思えば引き返せる  うちへ駆けつけて  うちにちやり  うちに直径一キロ以上のふくれた  うちにすっかり暗くなってしまった  うちに汽車がトンネルにはいる  うちに分けて食おうや  うちに狭い木材の隙間からすうと  うち揃って学長の寝ておられる  うち最も大きな作用を示す  うちに患者を陸軍病院に運び終わり  うちで那珂先生の論文と星野博士の論文とは流石に他を壓して居つた  うち臥す君のために草萌え出  うちふるひ居り  うちふるひ木に居る  うちに榧の樹あり  うちなる樟の木の葉のきら  うち臥し居たる  うち寄りて肩を抑へつ  うちは暑さに疲れをおぼゆれども  うち積みあげし  うち必ず一しきりはげしく咳出づることありて苦しむ  うちにウンと苦労をするに限る  うち全く不可能であるといって  うち段々恢復してきた  うち殺してしまいましょう  うちでごく短かい一冊を読んだだけでありますが  うちには今日は頭が痛いから休むという  うちはやっぱり不安心だろうと思います  うちに罪を捜す  うちに振  うちに埋もれてしまい  うちに不安と混乱とを彼女がもたらした  うちには爆発が用意されている  うちに響いている  うちにひとつのどよめきが生れ  うちにあの同じ家に同じ時間に来いという  うちに判決を下されてしまうという  うちにはすべての怒りが爆発している  うちに問われた  うちにビュルストナー嬢は出かけてしまったらしかった  うちにも遠くに小使が一人現われ  うちに片づけねばならない  うちに加えるだけであって  うちに彼らの視野に現われ  うちに断わって  うちは工場主の話をよくたどり  うちに姿がことに浮び上がってくる  うちに朝早くやってくる  うちは確かにそうもしようとした  うちにも特に美しい人というのはあります  うちにだんだんと身に迫ってきている  うちにも後戻りされる  うちに周期的にどこかの方言に巻きこまれ  うちできるだけ早く出てしまうべきではないか  うちに支店長代理の気をわるくしたか  うちに手を額から取って  うちに出発する  うちに又別居だとはどうした  うちも船の方じゃあ仕事が日がつまんから  うちにすぐ死んでしまいましょう  うちのパパはね  うちにペタルが足について来て  うちにほろんで亡くなってしまいました  うちのおっかさんが口癖に云います  うちでごおんと鐘の鳴る  うちに召しませ  うちの本ですと云う  うちでえっへ  うちに裏切り者があって  うちに叩きあげて下さる  うちにその感覚が生きてゐず  うちでは一ばん御馳走のある  うちには引越す  うちで最も悪逆になり  うちに宣教師は亡くなり  うちに睡眠を三回に分けて摂る  うちに考えておいた  うちに上司へ具申して  うちに棲んでいる  うちに主人公の用事が済むだろうと思って  うちへ帰って睡るにしかずだと思った  うちはあたくしの思った  うちにシューベルトの子守歌う  うちに行かに  うちにヒラリと滑りこんだ  うちに会いにゆく  うちにもドヤドヤと一と固まりとなって  うちの絹坊に似ているよ  うちに頬がゲッソリ痩け  うちの一人に尋ねました  うちでは色々の化粧水や薬品を使いますから  うちの罎かと思いましたが  うちへ電話をかけておいてくれ  うちでも絶勝の一つに数えられます  うちに来いよ  うちにいかに容易に他に対してかえって自己を誇示する  うちに体験し証すべき  うちに新しいものを作り出し  うち恐らく最も内面的であることを特徴としている  うちに安らう  うちに現実への関係を含まなければならぬ  うちに含んで  うちに含まれると考えられる  うちに特殊性をそのままに含む  うちから戒律を守り  うちにやがてなんともいえない  うちにお弁当もって  うちにうしろからのぞいて持って行ってしまうといった  うちでは一番と申せましょう  うちはその希望とともに客ひき番頭でノラクラ暮している  うちにガラガラが鳴りだす  うちに処分したい  うち最も音の高いユーモレスクの曲を選んだり  うちに早くお帰りなさい  うちに炉の火を焚きつけて置きましょうか  うちで観音さまや阿弥陀仏様を念じたりして  うちに正吉は地に落ちたる  うちの事が現に顕われて  うちに近所の寺へ投げ込み  うちから寝て  うちに僕の町へ行き着いたので  うちには来てくれるかと  うちにわたくしの気もだんだんに落ち着いて来て  うちに彼女は悪い病いにかかった  うちに退院して  うちに眠つてし  うちに走  うちに主人が私に絵をかく  うちの方へ急いで居りました  うちの方へ急いでいました  うちの方へ急いでいる  うちの方へ急いでゐました  うちの方へ急いでゐる  うちに約一時間ばかり過ぎた  うちにも似た  うちの近所にいる  うちはちと悩んだ  うちに名古屋へ帰った  うちには毎日の新聞を切り抜き  うちの一通へお答えしておいた  うちに颯爽と子供らにさえわからせる  うちから採った  うちに剃る  うちの出家を見れば  うちに出てくる  うちにその刊行に接しられない  うちに見せてくれた  うちに舞い去り舞い来り  うちの水仙花世にすまぬ  うちに描いた  うちにささやかれ  うちに見ようという  うちに気づいた  うちにスケッチする  うちから平家関係の事柄だけを拾えば  うちに父親に死なれて  うちに結成されて  うちに私は病気に罹  うちに総辞職をなし  うちにはそういうことに気がついている  うちに生涯していたといえば  うちに久しくおかれていた  うちにもっていた  うちの幕府の臣の某が見えたので  うちでも真に傑作といえる  うちに加わる  うちでも一読した  うちからこれこそほんとの史実だと信用できる  うちから敗れを知っていたから立たなかった  うちに疲れてしまうだろうと思われる  うちにすッてんころりんと落伍してしまい  うちの本箱からいろいろの本を漁っては持っていく  うちへ帰れば  うちから密かに会見を楽んでやってきた  うちも出演料のことでもめている  うちに隠れては  うちのものたち  うちにうちにと送ってきた  うちに公園内の興行物が皆はねてしまった  うちに千束町の造花屋のことを思いだしたので  うちのことを考えると  うち勝つ者なる  うちからよくあう  うちに亡びてしまふだらうと  うちにも一度會へるか  うちに植物の事を顧慮する  うちに数える  うちに理解されている  うちでもよくつめたくしておいてのむ  うちに生きようと  うちにそれだけが決定された  うちには随分いいものが沢山あります  うちは又七も苦り切っているばかりで  うちに乗物町へ届けさせた  うちにも幾分の安心をもって  うちに交換して  うちに切ないものがあって  うちでやるから  うちはどんな名作が出  うちへ來て坐り込んで  うちで飯をくつた樣にしてゐるからい  うちに是より以上の變化もして見せる  うちから青年になる迄  うちはどこをどう避けても  うちにこそまたわれわれの楽しみがある  うちでは知っている  うちに十二時近くなった  うちは安心ができないので  うちにし  うちへとんで帰りました  うちへ帰りますと  うちには今宵のおもふこと  うちに詩の雜誌として再刊する  うちに踏切板の中央へ釘付けにしていた  うちに何かしらハッと気が付くと  うちに大きくなったら解かる  うちに彼の両親は死んでしまった  うちにだんだんと年を取って来るにつれて  うちに全身を濡れ流れた  うちに眼をシッカリと閉じながら  うちに嘲り  うちに後頭部がチクチク痛み  うちに二十人くらゐの  うちに自分の全生涯の大小あらゆることをそのスミズミまでくつきりと思い浮かべる  うちにヒョイと笛がやんで  うちからモー一升壜がずんずんとあけられ  うちに三匹飼って  うちの洋服をぬいで  うちによしある  うちに果して  うちから蕾みそめて  うちまで自動車が入る  うちに表はれるかといふ  うちに年寄はまた問ひを発しました  うちで快い残虐を強ひました  うちに纏つてゐた  うちに私の息切れは収まり  うちで自分に都合のいい気持のいいのだけを自由に振動させ  うちは寝なかつた  うちは何時までたつたつて  うちに選手達は小田原へ自働車で帰る  うちにくたばっちまえ  うちに毛皮の外套から白い手がでると  うちに錨を上げて  うちにひきとられて  うちにかへつてもわたしの頭からはなれませんでした  うちにふくれあがつて  うちに火がついて  うちにだれか早く相撲の物理学や生理学に手をつけたら  うちへ吸い込ませた  うちは知っている  うちのこういう壁新聞や工場新聞および外のいろんな新聞と連絡を保って  うちではみんな丈夫ですから安心して下さい  うちに吹雪きになった  うちに休憩が終って  うちにハッキリとして来た  うちにだんだん大股になり  うちにその九州日報を首になりましたので  うちにみな取りつかれる  うちの一人は女であると推定され  うちに解決しなかったら  うちに時計台を盗んでいったり  うちから聖島とよばれていた  うちに彼は異教のピクト人か或いは荒々しいロックリンの海賊どもの手で殺されてしまったという  うちに聖者は頭がふらふらして  うちに五六年たって  うちに新しい第舎ができて  うちに来るだろうよ  うちにて何か呪文を唱えると  うちより三足の青い蝦蟆一匹が跳り出でて  うちで静にお祈りなさい  うちにて何事かを祈る  うちに柳は声を立てて泣き出すので  うちに八千両の金をわたくしにお授け下さいと  うちに承諾の色目をみせたが  うちに何を思い付いたか  うちに彼らはいろいろの仕事をはじめて来た  うちに加えられた  うちに杭州出身の者があって  うちに何とか解決をつけて  うちに磯部へ下るか  うちに二間離れ  うちに加えて持ち出す  うちに父は帰って来て  うちに朝のお膳の支度が出来まして  うちに十二時の時計が鳴る  うちから覚悟して  うちは晴れていたが  うちに幾たびかその古井戸をのぞきに行った  うちよりも真夜中の方が一層あざやかに浮き出していた  うちでは比較的支那語をよくする  うちに薬を持っている  うちで誰が進んで  うちに稀にそういうこともある  うちの窯変には何かの子細があるらしいと  うちに二匹ながら姿を隠してしまいました  うちで誰もその小僧の顔を見知っている  うちに秋の日も暮れて来たので  うちに二度も卒倒した  うちに五年過ぎて  うちに江戸表から洩れて来る  うちに一年を送って  うちでも少しく大きい子どもは顔を赧くする  うちに早く暇を取って立去りたいと  うちに父が風呂から上がってまいりましたので  うちに一方の病気はだんだんに重って来る  うちにはこういう話が書いてある  うちの様子をうかがうと  うちは自ら作って  うちに横田君はこんなことを言い出しました  うちにはここへ来るだろうという  うちから捨松というのを選びました  うちに吹雪はいよいよ激しくなって  うちに病人の軽い気息が纒わっていた  うちには彼の覗き得ない  うち破れない黒い壁が前にあった  うちに逐い込んだ  うちに引きつけて  うちに籠めていた  うちにつき込んでゆけた  うちから静かな湿んだ  うちに根を張っていた  うちに誘い込んでいった  うちに融け込んでいった  うちで云った  うちに彼の精神が生々と育っていった  うちのことが眼について来る  うちに投げられた  うちに拵えなければならない  うちに返って来た  うちに醸される  うちには重く濁った  うちに感ずると  うちにうとうとと眠るとも  うちへ行ってやろう  うちに急に或る悲壮な感激が湧いて来た  うちにはそうしなければならない  うちにはどうにかなるだろうから  うちにあるからだ  うちに仕掛けられた  うちに清一は腹が空いたので  うちに認める  うちは何かほっとした  うちにまたひょっとしたら扁理に会えるかも知れないという  うちにじっとその母の古びた  うちは何かほつとした  うちにまたひよつとしたら  うちにぢつとその母の古びた  うちでとっている  うちで経過する  うちに見るという  うちに木炭切符のなかから砂糖切符のなかから湧き出して来ている  

~ うち[名詞]1
夏のうちに  風貌のうちに  一ト月のうちには  指はうち  袖をかざしてうちを  秘密のうちに  月を眺めているうちに  真意を掴み得ないうちに  談話のうちに  僕が引き止めてゐるうちに  短篇のうちに  反撥し合っているうちに  日向へ出して曝しておくうちに  心のうちで  四人のうちで  お前たちのうちで  様太鼓をうち  夏のうちは  一人胸のうちで  一代のうちに  日のうちに  わたしをうちに  私は話しているうちに  ものをうちから  度胸のうち  胸のうち  拾円紙幣二枚のうちの  労苦のうちに  今のうちに  業績のうちを  読者のうちに  環境のうちに  一日のうちに  心のうちは  心のうちを  気のつかないうちに  口のうちにて  家のうちに  大原さんのうちへ  石段を上らないうちに  男たちの来ないうちに  無意識のうちに  数日のうちに  謎が解けないうちに  幾千人かのうちの  仕事を進めて行くうちに  記録を読んで行くうちに  地図と較べているうちに  行当りしているうちに  遠慮がちにうちへ  規律のうちに  真中をうち  一晩のうちにぞ  あれこれ考へてゐるうちに  一生のうちに  あれはうちの  朝のうちだけでも  腹の立つうちが  胸のうちには  思つてゐるうちに  月が出ないうちに  つて眼が醒めないうちは  生活感情のうちに  歴史的登場のうちに  十分つきつめられないうちに  思い出のうちに  心のうちに  あれこれしてゐるうちに  やつと戻つてきてうちの  わらやしづくするうちに  藪からうちの  梅雨のうち  夢のうちにて  身体を洗っているうちに  そうこうするうちに  初のうち  介抱するうちに  自分のうちに  私のうちには  アシスタントのうちの  一瞬のうちに  手紙のうちにも  自己のうちに  自然のうちに  三月二十日夜の明けきらないうちに  転々してゐるうちに  蚊帳のうちで  出来事を忘れぬうちに  僕のうちじゃ  まごまごしているうちに  城のうちを  座にうちか  計量のうちに  宵のうちに  腰弁になってるうちに  諸君のうちに  一時間のうちに  朝のうちに  声がおわるかおわらないうちに  一夜のうちに  心のうちから  二十分とたたぬうちに  火傷がなおらないうちに  とらをうちに  精神のうちに  胸のうちに  身体のうちで  全員がうち  見物人は戦わぬうちに  惧してるうちに  叫びがおわらぬうちに  いまのうちに  最初のうちは  人間のうちで  状態をつづけてるうちにかの  それを考えつづけるうちに  七日もたたないうちに  呑気にしてゐられるうちは  愛があるうちは  話のうちに  一生のうちの  一生のうち  県学生のうちで  私のうちに  四本のうちの  ひとのうちへ  学校からうちへ  奥へ通ったうちに  口のうちで  昨日今日のうちに  味うてゐるうちに  モスクのうち  秋雨蕭々のうちに  一夢のうちに  方寸のうちに  はるかにみるうちに  沈黙のうちに  何のねうちも  韻のうちに  ほら貝のうちに  みのうちに  ことばのうちに  ぢらひのうちに  鐘をうち  初めのうちは  窓のうち  一銭のねうちを  一日のうちでは  掌のうちに  楼台のうちに  霊のうちに  硝子板をうち  巾をうちか  ひでりのうち  自分のうちの  腹が立つうちは  者はおそれまどうているうちに  自分が殺したうちの  奏鳴曲のうち  心をうち  邦土のうちの  私が持たぬうちに  精神のうちから  ベートーヴェン自身のうちに  話題にうち  芽生のうちに  俺にうち  白のねうちが  半ば無意識のうちに  所有しないうちは  彼のうち  自分たちのうちへ  私にうち  僕のうちの  道にはずれたしうち  二十歳にならないうちから  彼等が叫んでいるうちに  眠りのうちに  彷徨しているうちに  人が降り切らないうちから  二週間のうちに  朝のうち  払はふ思ふとるうちに  識らずのうちに  名声のうちに  眼つきのうちに  著作のうちで  暇やつたらウチも  一日と経たないうちに  はり心のうちでは  卒業しないうちに  宵のうちの  眼のうちが  指呼のうちに  インテリ青年のうちには  どこのうちの  言葉のうちには  一年のうちに  主婦はうちの  夕食がすむかすまぬうちの  メリー号をうち  三つのうちの  研究をかさねていくうちに  ここ一カ年のうちに  こっちでも組みうち  いまはしょうち  さにわずらわされているうちは  作品のうちでは  夜の明けきらないうちに  月日のうちに  胸のうちが  つた掴み合ひを続けるうちに  叔父さんのうちの  祝詞を上げてゐるうちに  半信半疑のうちは  学校にいたうちとは  俺のうち  僕のうちに  身のうちを  今夜のうちに  涙のうちに  ひとつ光りのうちに  彼女自身のうちに  家中から選ばれたうちの  浪士のうちの  困難にうち  繰返しのうちから  午前のうちに  山色月影のうちに  一人のうちは  夜中無意識のうちに  母さんのうちに  感情のうちに  元気のうちに  悦びのうちに  事実のうち  ここまで書くうちに  二人につかまらないうちに  同棲をしないうちに  母の気付かぬうちに  ボンヤリしているうちに  力量のうち  巡業に出ているうちは  三四頁よむうちに  記憶のうちに  近藤さんのうちの  近藤さんのうちを  心のうちには  クラスのうちの  声はうち  一二ヶ月のうちに  一人角力をとっているうちに  装置のうちの  胸がうち  夜のうち  家族のうちの  はじめのうちは  家族のうちに  親も知らないうちに  宵のうちは  傍にいるうちは  一年のうちには  顔をうち  おとっつぁんのうちに  魔女のうちの  一座のうちに  一座のうちでも  日のうちは  五日のうちには  ひと晩のうちに  歌つてゐるうちに  悲しみのうちに  世界のうちで  皆様のうちでも  始めのうちに  子供のうち  発見されぬうちに  帷のうちで  子孫のうちの  位のうちは  実子のうちの  事ができないうちに  形式のうちには  直観のうちに  彼女のうちに  生活でうち  もののうちに  外でうちの  ヴィストにうち  動乱のうちに  冬にならないうちに  一人ではしゃいでいるうちに  今のうち  そこらのうちに  夢現のうちに  心のうちにも  ことのうちに  からだを見る見るうちに  處女であるうちは  稽古を重ねてゐるうちに  一斤とらないうちは  十五分もたたないうちに  根拠のうち  人のうちで  我々のうちに  一切のうち  思惟のうちに  世界のうちに  力のうちに  意見のうちに  懐疑のうちに  すべてのうち  物体のうちに  もののうち  判断のうちに  精神そのもののうちには  類のうち  思惟のうちの  観念のうち  私のうちへ  観念のうちに  己れのうちに  原因のうちには  結果のうちに  自己のうちにより  石のうちに  対象のうちに  原因のうちに  悟性のうちに  観念のうちにおいて  原因のうちにおいても  観念のうちにおいては  私のうちにおいて  観念のうちの  これらのうちには  観念のうちには  実体のうちには  実体のうちに  神のうちには  神のうちに  自分自身のうちに  完全性のうちの  質料のうちに  私自身のうちに  観想のうちに  詐欺のうちには  悟性のうちにおける  意志のうちにおける  使用のうちに  能力のうちに  作用のうちに  全体のうちには  想像力のうちに  感覚のうちに  身体のうちに  私自身のうちには  形相的概念のうちに  意見のうちには  知覚のうち  物体のうちには  集合体のうちには  火のうちには  空間のうちに  空間のうちには  部分のうちの  足のうちに  場所のうちの  想像のうちに  部分のうちに  観念そのもののうちに  それのうちに  いずれかのうちに  概念のうちに  本性のうちに  本性のうちには  もののうちには  室想のうちに  観念のうちによりも  概念のうちには  神そのもののうちにの  もののうちにも  #私のうちに  我々のうちには  映像にうち  肉のうちを  真実のうちに  朝のうちにでも  浮気を押えようとしているうちは  民衆精神のうちには  人民のうちに  ソヴェト社会生活のうちに  血肉のうちに  検討のうちに  方法のうちに  随筆のうちに  茫漠のうちに  空虚のうちを  三月ほどのうちに  子供のうちより  ことをしているうちに  白熊のうちの  宮殿のうちの  家族史のうちに  餓ゑ疲れてうち  危さをもうち  観察しているうちに  大人のうちに  らのうち  そうこうしているうちに  人類のうちの  聖人のうち  父兄のうちの  おじさんのうちへ  二十六人のうちの  それで生きているうちから  聖人のうちから  実験をしているうちに  部門のうちの  人生のうちに  火をいじっているうちに  東京のうちから  烏山のうち  夢のうちに  忽にうち  一寸ばかりうち  人民そのもののうちに  彼のうちの  使用してるうちは  団員のうちでも  河上をうち  発展のうちに  小児のうち  浮標まで行かないうちに  どこのうちでも  日光まで行かないうちに  室のうちから  扉のうちで  二十年のうちには  極秘のうちに  海軍機と戦っているうちに  体をうち  地上にうち  一分のうちに  連中のうちの  三時をまわらないうちに  ティーンエージャーのうちの  ヘリコプターのうち  無言のうちに  影のうちの  変化は気がつかないうちに  昨日のうちに  一年のうち  時間のうちに  一時に生じて瞬くうちに  さのうちに  思いもうち  吏員のうちでは  医者さまのうちを  今井さんのうちの  昼のうちに  あすこのうちの  ことのうちで  云ながらぶたいうちを  一時間もしないうちに  胸のうちを  二三日のうちに  因子のうちで  キャディのうちの  円タクに揺られているうちに  暗黙のうちに  天井を眺めているうちに  目のうちに  審査員のうちに  入選のうちにも  技法のうちに  のも見たりするうちに  日諸君のうちの  ひとのうちの  何か云おうとするうちに  四海のうちに  公家のうちでは  僧俗座を分けて立ち並ぶうちに  法然はうちへ  言葉のうちから  問答のうち  林泉のうちに  門徒のうちに  冬雪のうちに  安心なさいというているうちに  都のうちに  畿内のうちに  都のうちへは  夜のうちに  病悩のうちにも  行のうちに  船のうちの  半年たたぬうちに  ように光りつつうち  必然のうちに  時私のうちに  懐のうちで  微塵にうち  影とのうちに  私のうちの  生命のうちに  腕のうちに  中にうち  寢たりして居るうちに  腰をおろして休みながら登るうちに  夜気がうち  彼等は云わず語らずのうちに  江戸ッ子のねうちが  彼等のうちの  江戸ッ子のうちは  建築のねうちは  地震が落ち付かぬうちに  俺のうちへ  軒さんのうちで  胸のうちで  日が暮れぬうちに  押さえもしないうちに  鏡を見ているうちに  過去のうちに  現在のうちへ  母とに残らずうち  憂欝な曇りのうちに  変にこじれないうちに  心のうちでは  彼のうちに  のをうち  毎月三十円のうちから  眼瞼のうちに  事情をうち  日のあるうちに  僕は讀んでゐるうちに  得書かないうちに  今年のうちに  一週間のうちに  話をきいているうちに  家のうちも  五日のうちに  おなかのうちで  心にうちより  近日のうちに  家のうちの  感じにこめられてうち  魂のうちに  江馬君のうちで  墓を生きているうちに  半分とも経たないうちに  押かけられないうちにと  口へ出したうちは  これはうちの  顔色を変えてうちへ  ホモイのうちへ  中身を嘗めているうちに  身分も訊かぬうちに  意嚮を訊かぬうちに  縁組みもせぬうちに  日の暮れねえうちに  私の知らぬうちに  燦爛とうち  地平はうち  おれのうちに  一日のうちの  一晩のうちに  話をしているうちに  話をしてゐるうちに  子供のうちから  杭が朽ちてはうち  頃でもうちの  難関を突き抜けて行くうちに  平和のうちに  自身のうちの  子供のうちは  蕭然たるうちに  私たちのうちに  歴史のうちに  かな唇をうち  ランプが見る見るうちに  反響を聞いているうちに  客のうちの  逮捕されないうちは  言葉をきかぬうちは  意味をきかぬうちは  緊張のうちに  家のうちを  二人のうち  家のうちは  自分のねうちという  思いのうちに  口のうちに  冥々のうちに  鏡のうちに  天地のうちに  室のうちは  うつつのうちに  屍のうちにて  陽のあるうちに  水門のうちへ  こと今のうちに  今宵のうちに  数寄屋のうちに  人達前からうちの  思つて居るうちに  ッとうちの  カン蛙のうちが  ブン蛙のうちが  ベン蛙のうちが  カン蛙のうちの  ベン蛙のうちに  カン蛙のうちへ  じいとみつめているうちに  いふ心のうちの  心のうちの  生涯のうちで  寢坊してゐるうちに  磁器のうちに  半年のうちに  悲喜劇のうちに  ため秘密のうちに  人種的偏見がうち  もののうちから  始めのうちは  当分のうちは  三年のうちには  夏になるかならないうちに  自身のうちに  姿へうち  引用のうちには  教育のうちに  現実のうちでは  物語のうちに  満期にならないうちに  役を果さぬうちは  貰てたらうちの  百部も畳まぬうちに  咄嗟のうちに  時間を潰しているうちに  あいつはうちの  それよりうちの  創造的行動のうちに  内容等のうちに  全体のうちに  子供たちのうちから  クラスのうちで  挨拶も交さぬうちに  散歩に出歩いたりしているうちに  染太郎というウチで  愛用するウチ  右のうちの  乱読しているうちに  屋敷のうちに  山海万里のうちに  知識のうちで  二ヶ月のうちに  人柄のうちに  飲酒とのうちに  昨夜のうちに  移民のうちの  滞在しているうちに  娘のうちの  夢うつつのうちに  三町と歩かぬうちに  天壇のうちでも  諸君のうちから  我慢して見て行くうちに  不遇のうちに  のだから済ましているうちに  もののうちでは  名士のうちにも  注文者のうちには  生活のうちの  扨て進んで行くうちに  六町歩くうちに  社会的精神的情況のうちにおける  赤子のうちに  献身のうちに  半町もいかないうちに  鼓を叩いているうち  助は話しているうちに  三十分とたたねえうちに  十分成熟しないうちに  三者のうちで  十分取らないうちに  心持が進んでいるうちにも  掌のうちの  剣客のうちでも  笠のうちを  組屋敷のうちでは  笠のうちに  宵のうちから  三人のうちの  ものはうちの  日のあるうちにと  二昼夜のうちに  芸当のうちで  生活のうちで  日本国土のうちに  同国人のうち  花は見るうちに  京都にゐるうちに  日光のうちに  三日間のうちに  ガリラヤのうちに  人々のうちに  果はうち  玉島至下原途中矢かたをうち  眼をさまさないうちに  意志を以てうち  お母さんが居るうちに  例のうちはを  袋とうちはを  獵師のうちの  コースのうちに  僕のうちには  今日のうちに  被害のうちでは  どこかのウチの  日課のうちの  頃はうちの  君たちのうち  人のうち  戀のうちにぞ  矛盾のうちに  俺のうちに  彼自身のうちに  表情のうちに  彼女のうちには  まごまごしてゐるうちに  門のうちへ  彼女がうちに  雪駄を持っているうちは  流れのうちから  宿駅のうちでも  熊谷笠のうちから  言葉が続いているうち  幻のうちに  学校から帰らないうちに  帰つて今晩のうちに  生垣のうちから  銀座を歩いてゐるうちに  半年も立たないうちに  優美なうちにも  女性のうちに  私の知らないうちに  客観性でうち  生活のうちに  教師を勤めているうちに  格子のうちで  刻々のうちに  現実のうちに  作品のうちに  芸術のうちには  放縦にしてまとまらぬうちに  層をうちに  はずけりしばたたきうち  友達のうちへ  花のうちで  条件のうちの  可憐なうちにも  先づ自分のうちに  異性のうちに  そのもののうちに  信頼のうちに  もののうちで  ひとり物思ひにうち  波にもまれているうちに  時はうちの  お前のうちの  彼自身それを作りつつあるうちは  三日三晩とたたないうちに  合はず一回りもしないうちに  顔を見てゐるうちは  愉快なうち  前のうちへ  やつをえらんでうちか  みんなの来ないうちに  笹田のうちに  生にうち  電車に乗って行くうちに  三人のうちで  それから忘れないうちに  一年のうちの  それがさめないうちに  やうにねうちの  非常なねうちの  春にならないうちに  お前達のうちの  二十四時間のうちには  河のうちの  草木のうちを  話のうちで  三批判書のうちに  イデオロギーのうち  経験科学のうちに  沼のうちに  それのうちにおいて  学科のうちでも  畑にいるうちから  みなさんのうちに  大衆のうちに  一晩のうちに  気分のうちに  たくさん書いているうちには  印象のうちに  成熟のうちに  芸術的魂のうちに  番人のうちで  暗黒のうちに  経歴のうちには  それらのうちには  金庫のうちの  群のうちに  民主主義文学運動のうちに  延長とのうちに  脈絡が書いているうちに  二秒と経たないうちに  友人たちのうちには  二日も経たないうちに  骨牌一組のうちから  事件を取り調べているうちに  藪のうちは  近頃友人のうちで  歳のうちの  声をきくとウチの  夜の明けぬうちに  登場人物のうちで  彼等のうちに  二人のうちで  満足とのうちに  週間のうちに  友達のうちには  囲いのうちには  門のうちに  こころのうちへ  騎士のうちでも  人間のうちに  名作のうちには  十二使徒のうちの  不快のうちに  黒雲のうちから  出来事のうちでも  談話をしているうちに  詩のうちには  ヴィール夫人の言ったうちで  僕のうちへ  朝からうちには  壺のうちに  植木鉢のうちに  庭のうちで  植物のうちに  もののうちを  労働のうちでも  身のうちに  庭園のうちへ  月光のうちに  太陽の光りのうちに  葉のうちに  からだのうちに  瞑想のうちに  金冠のうちに  考えのうちに  想像のうちにのみ  想像のうちには  空気のうちで  清らかな光りのうちに  体質のうちに  市内にうちの  学校とうちと  眼のうちには  普通船員のうちに  氷のうちに  諸君のうちには  問題のうちに  暗闇のうちを  群氷のうちに  発声のうちでも  廃宅のうちに  靄のうちから  闇のうちに  夢のうちで  わたしの押さないうちに  百姓のうちから  二十のうちの  教会のうちに  札幌のうちでも  十年間のうちには  印度へ来ていたうちでは  正月のうちに  話のうちの  人力車のうちの  仲間のうちに  本堂のうちは  かたはゆうべ宵のうちに  部屋のうちの  時間経たないうちに  五分も経たないうちに  艱難辛苦のうちに  事を挙げぬうちに  編笠のうちを  留守のうちに  船のうちに  密議のうちにも  駕のうちから  暗黙のうちには  十分に建たないうち  隙から見えてゐたと思ふと見る見るうちに  お祭り騒ぎのうちに  静寂のうちに  みな無言のうちに  眼のうちで  船のうちでは  陰鬱のうちに  いっぱいに生らないうちに  佐渡のうちでも  五年ほど逢わないうちに  日のくれないうちに  学生仲間のうちで  街路樹のうちに  失望のうちに  鏡のうちの  鏡のうちを  鏡のうちには  部屋のうちを  鏡のうちと  部屋のうちから  鏡のうちでは  鏡のうちから  部屋のうちには  器物のうちに  腹のうちだけ  一週間のうちには  自覚も芽ぐまないうちに  気分にうち  数分間のうちにかの  対談のうちに  影響を見ているうちに  花形のうちで  それを忘れないうちに  倦怠とのうちに  彼女のうちの  養子のうちで  土車にうち  米とがうち  後日物語がうち  手品のうちかも  詰所のうちから  朝のうちは  右手をあげてうち  低徊しつついるうちには  ひと目のうち  冷気のうちに  動作のうちに  眸が馴れてこないうちは  一同が吊り上げられてくるうちに  霧が過ぎぬうちは  ことを繰返しているうちに  日が出ぬうちにか  私が寝てゐるうちに  お出ましにならないうちにか  種のうちの  五分とたたないうちに  百も出るうちには  学位のねうちは  沢山に出るうちには  わたくしのうちに  みんな立派なうちの  答をしないうちにも  斯う云ってしまうかしまわないうちに  旬日を出ないうちに  言葉のうちに  親戚のうちから  静かなうちに  親子のうちへ  声をうち  心のうちが  藩のうちでも  頭巾のうちを  胸のうちは  カラクリのうちで  一時間とたたぬうちに  光景を見ぬうちは  カンヅメのうち  無自覚のうちに  昼のうちは  事件のうちで  五人のうちで  二人のうちの  十分も経たないうちに  半日と経たないうちに  大水が見ているうちに  十町と行かないうちに  半日とはかからないうちに  競争しているうちに  科学的探偵法のうちで  三十分内外のうちに  明け切らないうちから  氷塊にうち  大事にならぬうちに  話にうち  不安のうちにも  濃霧のうちの  風態のうちには  朝のうちの  植物のうちで  春夏秋冬のうちに  話をしないうちに  乗客のうちの  捨場を求めて歩いて行くうちに  趣味のうちの  何度も見てゐるうちに  松のうちに  自分のうちへ  猿のうちへ  みんなでうちの  狼に喰い殺されないうちに  三民のうちに  米のうちより  商社百人のうちより  商売のうちに  勘定のうちに  有様のうちに  三年のうちに  十年のうちに  真率のうちに  日の暮れぬうちに  人間のうちでも  楢夫のうちの  はなのうちは  下火にならぬうちに  おれがうちでも  十何年居たうちが  二十行あるうちで  生涯のうちでは  山城屋と云ううちへ  挨拶をしたうちに  天麩羅蕎麦もうちへ  友達のうちでさえ  四十円のうちへ  悪るかったと言ってしまわないうちは  赤シャツのうちへ  一時間ばかりのうちに  腹案も出来ないうちに  看板のあるうちを  僕のうちまで  一ヶ月立たないうちに  一返うちで  おれのうちへ  一時間ほどするうちに  僕が居るうちは  おれはうちへ  柱のうちに  清とうちを  世紀たたないうちに  言葉のうちで  夜のあけぬうちに  一族のうち  中学生のうちから  一ト月のうちに  云つてゐるうちに  云ひ切らぬうちに  陽りのうち  一ト夏のうちに  空想のうちで  散歩しているうちに  俺のうちには  どちらかのうちの  安次ならうちへ  やうにうち  遺産のうち  息のあるうちに  銀ぐらいねうちの  ことをきいているうちに  日をうち  ガヤガヤ喋っているうちに  百五十円のねうち  文句を繰返し読んでいるうちに  一週間ぐらいのうちには  とよ子がうち  本題に入らないうちに  言葉のうちの  月夜のうち  喰べられもしないうちから  長者のうちの  病院にいるうちから  それを見ているうちに  國のうちを  香住のうちの  因幡國のうち  神話のうちでも  畫面のうちに  言葉をかはして見てゐるうちに  山陰のうちとは  午前のうちで  島民のうちに  おまえんうちへ  あいつのうちが  旦那のうちから  今夜はうちへ  五六日のうちに  ミーロはひるのうちから  わたしのうちへ  実行を命じないうちは  ぶんのうちに  ぶんのうちの  立派なうちへ  お前さんのうちに  わたしもうちへ  物語を聞いているうちに  ロイド眼鏡をかけないうちから  道のりを歩いて行くうちに  上に差しあげてうち  時間がたつうちには  事のうちに  方から見る見るうちに  昼のうちから  東京ぐらしのうちに  冬のうちばっか  王子のうちの  一ヵ月足らずのうちに  お金がすまないうちに  作業時間のうちに  実践のうちに  父が生きてゐるうちは  私はうちへ  さの残るうちには  狂いが起きたりするうちは  三四回それを繰返すうちに  扉のうちに  女の見ないうちにと  夜のあけないうちに  研究を進めて参りますうちには  働きがあるうちは  歩行くうちに  本所区のうちに  おしめを洗っているうちに  そこへ通っているうちに  僕等人間といううちには  ことを考えているうちに  彼と話しているうちに  石井さんにうちを  洗つてゐるうちに  通つてゐるうちに  云ふうちには  ことを考へてゐるうちに  彼と話してゐるうちに  金のあるうちは  籬のうちには  金のあるうちに  きょうのうちに  伯母さんが勤めてゐたうちの  前後不覚のうちに  個のうちの  妹のうちへ  妹のうちを  カシタンカの知らないうちに  今までうちでは  頃のうち  自分のねうちよりも  命のうちに  のか迷って黙っているうちに  哲学のうちには  思索のうちに  思索のうちには  其処を通っているうちに  幾日かたつうちに  夜にならぬうちに  きまりのつかないうちに  クククククと呻いてゐるうちに  事情を思ひ出したりしないうちは  一部分だけこわし残っているうちに  そればかり考へるうちに  残つてゐるうちに  一日のうちでも  田楽はうちの  きのうのうちに  肩揚げのおりないうちから  会葬者のうちに  歌のうちに  受け答えをして居るうちに  外にも出ずに居るうちに  ここ数年を出でないうち  二剣のうちの  あまり二品のうちの  夜も白まぬうちに  時の来ぬうちは  母が生きているうちは  ものをうちに  みなまで聞かないうちに  重囲のうちに  山谷のうちへ  軍費のうちから  帷幕のうちへ  帷幕のうちで  自軍のうちへ  今夜のうちにも  一同はうち  火星まで行き着かないうちに  結局行かないうちに  姿をうち  風景にうち  当分のうち  それが終らないうちに  幕が吹きとばされて見る見るうちに  舞台を見ないうちに  羽をうち  二十本も運んでゐるうちには  二十本も運んでいるうちには  笑のうちにも  半歳のうちに  其室のうちの  室のうちの  室のうち  一体飛山君のうちは  熟と見るうちに  ひとり心のうちで  味方のうちへ  関門へ逃げ入れないうちに  熱風のうちに  死線のうちに  井戸のうちから  森林のうちから  火箭鉄砲をうち  凶事の来らぬうちに  苦笑のうちに  車のうちで  五分のうちに  天のうちを  簾のうちから  眸のうちに  御簾のうちから  瞳のうちに  張飛のうちの  閥族のうちでも  敵のうちへ  孫策軍のうちの  鉦鼓をうち  雲のうちから  勢力のうちにも  戦塵のうちを  孫軍のうちから  無名のうち  昼のうちだけ  イーサネットでうちの  可能性をうちに  紙がしめっているうちに  抱擁のうちへ  先づ私たちアイヌのうちにも  学校のあるうちだけは  予定行事のうちに  思想家のうちで  一つ一つがんみしてよろこぶだけのねうちが  気がつかないうちに  孤独のうちに  彼のうちにも  心は知らないうちに  人々のうちの  今のうちは  不運のうちに  千谷さんがうちで  三十分もしないうちに  一室のうちに  瞼のうちに  宗族のうちに  列親のうちに  時いたらぬうちに  都にいるうちは  ことばも終らないうち  夜霜のうちから  侍臣のうちから  東華門のうちから  長所のうちで  他人に先んじられぬうちに  十日のうちに  こころのうちで  九時にならないうちに  他人のうちに  人間性のうちに  天秤にかけて居るうちは  彼がうちに  吟味して居るうちに  和楽のうちに  電車を降りないうちに  好みのうちには  千歌子さんと話して居るうちに  角三人のうちの  月のうちに  ものは起きてるうちは  あたし読んでいるうちに  私読んでいるうちに  型にうち  美味のうちに  目あても立たぬうちから  中のうちに  一世紀二世紀と経つうちには  レビューのうちで  短時間のうちに  日本歴史全部のうちで  不如意のうちに  性格のうちに  村のうちでも  国全体に及ばぬうちに  濛々のうちに  敵を見ぬうちから  塹壕のうちに  手勢のうち  軍旅のうちに  部下のうちで  九死のうちに  障子のうちに  偶然つづきのうちに  御馳走になって話しているうちに  作家のうちで  経過するうちに  生活を見てゐるうちに  会つてゐるうちは  幕が開いてゐるうちは  花は咲かないうちに  達成のうちに  憤激しつつ読むうちに  労働しているうちに  徒党のうちへ  ロリー氏があわてているうちにも  二日のうちに  被告をうち  綿密にうち  数分のうちに  口へと伝えられるうちに  十五分のうちに  出来事のうちに  叫びのうちに  創作のうちに  人々のうちから  インテリゲンツィアのうちにも  プロレタリアートのうちにこそ  君のうちじゃ  味方のうちに  夜のうちにも  玄徳同情者のうちでも  府堂のうちでは  草莽のうちより  幾日も経たないうちの  包囲形のうちに  腹積もりでいるうちだけ  錯綜のうちに  オレのうちには  上品なウチの  自分のうちへも  親族のうちへも  動機のうち  著作権保護期間のうちに  入学しないうちに  慌忙のうちに  かな情緒のうちに  主人がうちに  一行のうちに  仕事をせぬうちに  金のうちから  四日のうちに  部屋のうちに  彼女のうちへ  下宿のうちでも  夜のうちで  頭のうちまで  坊さんのうちに  玉をうちへ  鵜飼のうちで  陽の出ないうちに  門のうちには  へやのうちに  冷えが来ぬうちに  一船団のうちの  車のうちに  車のうちへ  車のうちの  おばあさんのうちへ  窓のうちに  これがうちの  やうだいのうちでも  皆なうちに  帰郷してゐるうちに  日光を浴びているうちに  骨を折っているうちに  労働時間のうちに  工場を見ているうちに  獄屋のうちで  つてゐるうちに  冬のうちに  心を動かせてゐるうちに  二三年のうちには  垣根のうちに  一年のうちで  空の白まないうちに  十歩行くか行かないうちに  物がうち  二箇月とたたないうちに  指導的言論のうちに  同胞のうちに  妻はうち  あたりは見る見るうちに  紅葉のうちの  専念のうちには  専念のうちに  楽しみのうちへ  収入のうちから  地所のうちに  わたしのうちにも  大空のうちに  秋のうちに  懐のうちに  幕将のうちでも  警鼓戦鉦をうち  匈奴の滅びざるうちは  舟のうちへ  震動のうちに  包囲鉄環のうちに  三日のうちに  火影のうちに  兄貴はうちに  答えのうちに  勇蔵もうち  もののごとくうち  佐太郎はうちに  情話のうちに  死人をうちに  戸のうちを  紀行のうちに  自分で怒っているうちに  助の知らないうちに  怪我しねえうちに  男ッ振りにうちの  場所を言わないうちに  五秒とは経たないうちに  機会を狙っているうちに  光彩をはなつうちは  一期生のうちの  奴のいるうち  十秒もたたないうちに  完らぬうちに  昼にもならぬうちに  有耶無耶のうちに  阿Qは立っているうちに  目に遭わぬうちに  オレのウチの  間違いのうちの  数ヵ月のうちに  堀田さんといふうちの  上でうち  数へて行くうちに  宗教を説いてゐるうちに  誰にも見つからぬうちに  十枚も溜らないうちに  昼間のうちは  笑はれないうちに  使はないうちに  ソレ位のねうちは  一週間とたたぬうちに  返事もせぬうちに  買物が終らないうちに  今晩のうちに  君がたのうちの  さかんにうち  こととまっていたうちの  二つのうちの  空に向けてうち  ロケットは見る見るうちに  無音のうちに  いま十分のうちに  作戦のうち  三時間のうちに  兵営を焼きうちに  半年ばかり経つうちに  のはうちから  都会のうちの  さまにうち  洞のうちに  谷水にうち  出征軍のうちから  蜀のうちでも  麦城のうちに  口にしないうちに  ここ旦夕のうち  戦禍のうちに  脳袋のうちに  病褥のうちで  胸のうちこそ  悲しみのうちにも  談笑のうちに  晩のうちに  蜀帝にたいしては戦わないうちから  味方のうちから  扈従のうちで  そこまで届くうちに  一週間と立たないうちに  死苦のうちに  手続きを踏んでいるうちに  大事に至らぬうちに  五人のうちに  継竿をうち  おれはうちで  気のつかねえうちに  戦争のうちに  叔父孝行のうち  大事にならねえうちに  最初のうち  宿のうちで  諸君のうちで  寒のうちに  駕籠を飛ばすうちに  ふたりのうちの  三郎のうちの  一郎のうちの  ぼくのうちは  めいめいのうちへ  大急ぎでうちの  明日のうち  飼場のかこいうちの  場のうちに  仮屋のうちで  文献学的に論じて行くうちに  シーリースのうちに  みんなはわかれてうちへ  傘も持たずうちへ  木の下へかけ上るかあがらないうちに  一生けん命すきをねらってはひるのうちに  目をさますうち  小説のうちで  手をうつうちに  江戸のうちで  丸一年ミユンヘンに居るうち  十分と経つうちに  たる室のうちで  五人のうちの  夢のうちでも  二三十分間のうちに  るこつたうちの  それをみねえうちは  ぼくをめがけてうち  此のみうちに  外様大名のうちでも  やりとりしているうちに  銭をおかねえうちは  板をうち  瞬間のうちに  佐久間町まで行くうちに  嗜みのうちで  思いで待っているうちに  襁褓のうちから  鍬をうち  盃のすまねえうちに  手のまわらねえうちに  そばに寄せぬうちに  半年足らずのうちに  ハタとうち  自分のうちで  蝋燭が尽きないうちに  顔を出さぬうち  浮世絵画家のうちで  眼につくうちは  存在してゐるうち  喰はせるばかりのうち  前川といふうちの  上つてゐるうち  蕎麦屋だつたうち  のかはつたうち  評判されるうち  芸妓さへ入るうち  蕎麦をくはせるうち  売出したうち  声を聞きたいと思ってるうちに  ぱーっとうち  きょう一日のうちに  夜明けまでのうちに  者のうちで  檻車のうちに  侍臣のうちに  突破するうち  天水城のうちへ  一戦もせぬうちから  幾日も経たないうち  日の来ないうちに  書簡のうちに  いま蜀人のうちに  声も止まないうち  六甲天書のうちに  妖陣のうちの  蜀軍のうちへ  不得要領のうちに  尺八を買わないうちに  一書のうちに  東西南北四門のうちの  一燦のうち  とき部屋のうちに  波間にすべり泳ぐひるまのうちは  話をうちの  とっさのうちに  旅順陥落せざるうちに  つまり三十五のうちの  七匹のうちで  生物のうちの  ことをしょうち  上向き加減にうち  我が家のうちに  五分と経たないうち  のもうち  これをうち  君が来ないうちに  旧友をうち  半月とたたないうち  君のうちへ  ここのうちに  洋装のうちの  酒をのんでるうちが  誰にも知られないうちにと  自分の知らないうちに  悪党らしくないうちは  京都にいるうち  そうなウチ  一山のウチの  毎日欠かさずウチの  エンゼルのウチを  立派なウチに  そうに唄ったり囃したりしているうちは  見物しているうちに  地上につかないうちに  集落のうちの  座につかないうちに  扮装のうちでも  大入りつづきのうちに  今のうちから  熟睡のうちに  青空のうちに  気象のうちに  ひとのうちに  城廓のうちに  大気のうちに  種族のうちで  結局注家のうちに  食い物のうちに  一望のうちに  抱擁のうちに  道頓堀筋を歩いているうちに  一合も飲まぬうちに  時間もたたぬうちに  思案に暮れているうちに  邸のうちの  小屋のうちに  人のうちには  垣のうちへ  角度のうちに  女性のうちで  それが知らず知らずのうちに  無口なうちに  釧路まで行くうちに  雑誌など読み耽つてゐるうちに  目のうちを  日の暮れぬうちから  息があるうちに  歩行いているうちには  歩行いて居るうちには  其日のうちに  雇人のうちに  染物屋にゐるうちに  あと三日のうちに  道化たうちにも  初めのうち  路次のうちを  父親の生きているうちに  不安のうちに  いくらも走らないうちに  虚無のうちに  まんま木の間を行ったり来たりするうちに  あたりを見廻しているうち  彼方此方片付けるうち  立派なうちから  手配をして居るうちに  知人のうちの  こ三人住んでいるうちが  急にうちの  知性もうち  墳塋のうちに  そろはないうちが  朝のうちから  五分もたたぬうち  女一人のうちに  それを聞かぬうちは  われわれ自身のうちに  理論のうちでは  精神のうちにも  人間のねうちを  われわれのうちに  がたのうちに  結合のうちに  青年自身のうちに  一家のうちに  日常生活のうちに  働きのうちに  不安窮乏のうちに  だれかれのうちにのみ  文学青年のうちで  望遠鏡のうちに  ゴーシュがうちへ  むしゃくしゃしていましたがいつまでもつづけて弾いているうちに  方もあればうちへ  風景のうちに  自給自足に甘んじているうちは  体制をうち  一丁とは追わないうちに  写象のうちには  星明りのうちに  孤島のうちに  衆人環視のうちに  獄のうちに  隘屋のうちに  一年もたたないうちに  一言二言話しているうちに  硝子窓のうちへも  葉子自身のうちに  水菓子を食べたりしているうちに  選者のうちの  水蜜桃を食べているうちに  果物のうちで  心持ちのうちに  三頭のうちの  病院に行って見てもらおうなどと考えているうちに  六ぺん乗り回しているうちには  様子を見ているうちに  五日行かないうちに  頭のうちには  全集のうちに  一分かからぬうちに  連中のうちには  目のうちには  講義のうちに  女のうちには  視線のうちには  往来しているうちには  敷居のうちへ  日を過ごすうちに  真空のうちに  名文家の書いたうちの  校門のうちに  広田先生のうちで  窓のうちの  此空気のうちに  石油ランプを使っているうちが  トレ・コンフォルタブルなうちへ  普通のうちで  ようなうちの  ボーイの来ないうちにと  親のうちに  煙草をふかしているうちに  それはうちの  その間にうちへも  前にうちから  約束のうちへ  金が払えないうちは  プロレタリア文化運動のねうちが  農村のうちに  円タクで走っているうちに  一食八銭のうちから  地震のうちで  長時間のうちには  世界観のうちに  常識のうちに  雰囲気のうちに  治安維持法にうち  芸術のうちに  作品形象のうちに  プロレタリア作家のうちにも  愚人がうちへ  彼らのうちに  何か伺わないうちは  日本語下手だが話して居るうちに  汽車その他のうち  ようにして居るうちに  自身とのうちに  愛嬌のうちでも  勝のうち  独特のうちでも  論議されているうちという  二代目が現れないうちに  文士のうちでは  碁を打つうちに  和気アイアイのうちに  家全体のうちで  遊びに行かないうちに  人がいないうちに  生活日常品のうちで  私が見たうちで  私のウチの  私のウチでは  目当てのウチへ  私はウチを  アンタのウチは  コーヒーを飲ませるウチが  君のウチの  君のウチに  ここのウチぐらいの  用意にウチで  大将のウチじゃ  芋虫のウチ  熱中すると知らないうちに  苦惱のうちに  闇黒のうちに  藝術のうちに  滞在してゐるうちに  幾年もたたないうちに  関係のうちに  移り変りのうちにも  勤労生活のうちに  幅のうちに  既成ジャーナリズムのうちに  敗北せざるうちからの  ことのうち  選挙費用のうちじゃ  選挙費用のうち  千辛万苦のうちに  幾年と経つうちに  方でうち  見識のうちに  家風のうちに  ごちそうのうち  研究のうちに  四階級のうち  未熟のうちに  おまえのうちは  林太郎のうちでは  林太郎のうちの  そうにうち  おばあさんのうちの  船員のうちには  三年四年とたつうちには  少年のうちに  自然をなつっこがって居るうちに  彷うているうちに  彼が黙つてゐるうちに  日本國民のうちの  交游のうちで  情感のうちでも  ようなねうちの  決議そのもののうちに  自分で気づかないうちに  新たなねうちを  条件のうちに  姿のうちに  困難のうちに  奉公して居るうち  世間に知れぬうち  親父の帰らぬうちは  親父に聴かねえうちに  極らぬうちから  何時までも置いて貰いたいと思って居りますうちに  あんたをうちの  戸にうち  様にうち  大鎌をうち  邸のうちに  話を聞いているうちに  自分が生きているうちに  小娘のうちから  牲のうちから  五六年のうちには  人の知らぬうちに  酔が廻らぬうちに  半ばまでも達してゐないうちに  人物のうちに  交へぬうちに  三十分のうちに  妄想にうち  どこかのうち  彼女の生きているうちに  前にうち  おじいさんのうちを  はじめのうちだけ  贔負のうちには  ゴーリキーのうちに  社会主義のうちにこそ  描写のうちに  未来をうち  生活のたたかいのうちに  波瀾のうちに  あたしが出て行かないうちは  これは忘れぬうちに  一日のうちには  創造活動のうちに  摩擦のうちに  国のうちから  日本のうちに  三十分ともたたないうち  機構のうちの  それが瞬くうちに  舞臺を見ないうちに  話が終らぬうちに  經たぬうちに  山本有三氏のうちに  谷崎潤一郎氏のうちに  菊池寛氏のうちに  二十にもならざるうちに  作家のうちの  鍬持ちうち  七日もすまぬうちの  一年もたたぬうちに  十日もたたんうちに  十吉はうちで  空地のうちに  私にくっついて居るうちは  一年足らずのうちに  ニホン音楽のうちでも  数年のうちに  傷の治らぬうちに  拍手のうちに  旋律を聞いているうちに  毎日考えているうちに  国に住んでいるうちに  説明のうちに  半年ばかりたつうちに  姿を現したかと思ううちに  義理のうちに  人情のうちに  青年のうちに  民主的生活をうち  物柔かなうちにも  ことをしてゐるうちに  旋律を聞いてゐるうちに  殆ど五分とたたないうちに  毎日考へてゐるうちに  国に住んでゐるうちに  連中のうちで  五句でうち  渡つてゐるうちに  それはうちへ  一周忌をすまないうちに  眺めにもうち  洞門のうち  防空劃を壊しているうちに  のでは這入っているうちに  主要動であると思っているうちに  学徒みずからのうちにも  魯霊光殿賦のうちの  権力をうち  歴史のうちの  状態のうちに  楯に出て行けがしのしうちを  叢のうちに  自分のうちにも  君のうちには  秀男のうちに  境界のうちに  一瞬間のうちに  彼が気付かないうちに  目をうち  一眸のうちに  痛みのうちに  カベンディッシ・スクエア区のうちの  十五年たたないうちに  只一人でもあるうちは  あとを教えて居るうちに  薄暮いうちから  綺麗なうちに  俺が生きているうちに  面喰っているうちに  頭の固まらないうちに  十分と経たないうちに  一週間も経つうちに  見舞つてやれないうちに  最初期のうちに  犯罪によってうち  夜のふけぬうちは  一時間とたたないうちに  誰にもうち  秘密までもうち  二週間とたたないうちに  性器官のうちで  男よりねうちの  澗のうちを  キチガイのうちの  証人のうちの  窮乏のうちに  二つあるうちの  船を見る見るうちに  何も知らないうちは  今のうちこそ  傍へ近付き抜きうちに  麦をこいているうちにも  感謝のうちに  一週間もたたないうち  人間のうちでも  旅行しているうちに  活動のうちに  パパがうちから  変遷のうちに  出入りしているうちに  三分とたたぬうちに  腰をかけて待っているうちに  三人のうちでは  期間繰返して行くうちに  盃を交さないうちは  一字のうちに  伝はらぬうちと  名護屋にゐるうちは  儀礼のうちに  混乱のうちに  楽屋のうちを  俺のウチへ  悲惨のうちにも  彼のうちには  苦悶のうちにも  都合でうちに  方のうちにでも  一人で歩いているうちに  ことを立ち入って考えているうちに  それすらためらわれているうちに  これを読んでゆくうちに  気持になって歩いているうちに  二三日立つか立たないうちの  結婚しないでいるうちは  心のうちにだけ  達者なうちは  主義のうちへ  白のうちへ  歴史のうちで  作物のうちには  非我のうちに  六通りのうちの  事相のうちに  バルザックを論じたうちに  存在しているうちの  これを調べているうちに  こっちへ預けたりしているうちに  海上を漂ううちに  身体は見る見るうちに  宵のうちには  探偵小説のうち  初のうちは  旅に出ないうちに  用をうち  戸口へ来ないうちに  竹中のうちは  社会情勢のうちに  問題としないうちに  やう今のうちから  いまのうち  航海のうちに  雲煙のうちに  無理から直して行くうちに  画家のうちにも  傾向的作家のうちから  霊廟のうちに  精神錯乱のうちに  一行のうちの  粗衣粗食のうちに  感慨のうちに  気持が挫けないうちに  棍棒をうち  名のうちに  これまでのうちに  眼のうちを  そこにうちを  浜にうち  海岸にうち  間治乱のうちに  殉死者のうちに  塀をうちから  近習のうちの  侍のうちに  塀のうちに  二人塀を乗り越してうちに  一夏のうちに  女学生のうちに  生涯のうちに  手紙のうちで  僕のうちでも  自分で試して見ないうちは  如く筆を使わないうちに  番組のうちで  三面鏡のうちに  いくつも見せてもらっているうちに  壮いうちに  六年東京から離れているうちに  爺のうちに  一月も経たぬうちに  相合傘のうちの  つた神経のうちから  破産状態のうちに  暮れのうちから  此後者のうちで  力をうちに  朝食も終らないうちに  手紙でも書いてるうちに  梅毒はうちの  夢中のうちに  一生のうちには  一二軒婢奉公をしているうちに  顔を見合せているうちに  浪のうち  人類のうちに  現象のうちに  社会生活関係のうちに  互をうち  民主的文学運動のうちに  雨宮の知らないうちに  伊東伴作の知らないうちに  人のうちの  言つてるうちに  つて君に話しもしないうちに  閨のうち  明後日までのうちには  お前さんをうちの  電光のうちに  アレヨアレヨと云ううちに  脳天をうち  意のうちにすら  人間生活のうちで  十秒とも経たないうちに  息のあるうち  私附いて居りやすうちは  極らねえうちは  身体がきかねえうちに  定命の有るうちは  三度会ううちに  何度も会ううち  鼓がうちに  稽古に来ているうちに  程きかされているうちに  高林のうちの  オヤと思ううちに  三つ喰ううちに  木村先生はうちの  空気のうちへ  広小路のうちの  髪結のうちが  職人のうちの  構えのうちに  商人のうちに  店を鎖してうちに  障子をたてたうちの  産婆のうちの  木影にうち  愚図愚図しているうちに  人々のうちには  漠煙浪のうちに  現実のうちで  調査のうちに  左翼的同人雑誌のうちの  意識のうちにおける  理論のうちに  感性のうちに  知性のうちに  物體そのもののうちに  感覺のうちにも  關係のうちにも  懷疑のうちへ  實のうちに  和のうちにも  問のうちに  肯定のうちに  精神のうちへは  知覺のうちに  樣のうちに  對象のうちに  らのうちに  點のうち  人間のうちには  實證主義的傾向のうちにおいて  諸感覺のうちには  批判者のうち  關係そのもののうちに  それ自身のうちに  哲學のうちにも  あなたもうちに  飯田とかいううちから  絵の具を付けているうちに  写生をしているうちに  静物などをやっているうちに  像をながめているうちに  下図をかいているうちに  もののうちの  進行して行くうちに  一筆と思ううちに  毎日いろいろに直したり変えたりしているうちには  出現させているうちには  直ししているうちに  経験を話しているうちに  自画像をかいているうちに  顔をいじり回しているうちに  今までのうちで  色模様のうちに  期待のうちに  厳秘のうちに  五分と経たぬうちに  ウヤムヤのうちに  われわれの知らぬうちに  一分と経たぬうちに  六百拳をしているうちに  住人のうちには  四銃士のうちの  秋風落莫とうち  都市機構のうち  われわれ六人のうちで  二人のうちという  顔は見る見るうちに  半日のうちに  陰密のうちに  誰一人知らぬうちに  彼此するうちに  倦怠にうち  今日のうちの  休みにならないうちに  一言二言はなしてゐるうちに  僅なうちの  君のうちは  さのうちは  これはうちに  花のうちは  生のあるうちに  方はうちの  それが見る見るうちに  一体のうちに  二つ三つ穴を覗いて行くうちに  穴を覗いて行くうちに  章魚でも生きてゐるうちは  つて浮き上つたりしてゐるうちに  土をうち  同時的にうち  俺のうちの  作品のうちで  歴史のうちでは  言葉も終らないうちに  蒼にうち  数歩のうちは  あいつのうちの  彼が知らないうちに  北上山地のうち  泥をうち  文壇のうちの  審美學のうちにて  論のうちにて  評のうちに  實感のうちに  評定のうちには  封を切らないうちに  霧のうちに  形骸のうちに  夕闇のうちに  一町も駆けぬうちに  クラブ員のうちから  上半期のうちに  小屋にゐるうちは  便なぞについて話しているうちに  評定をしているうちに  幕のうちも  場所のうちへは  至福のうちに  村里ぐらしのうちに  お前さんは飲まずにいられるうちは  髪を切られないうちに  息をしているうちは  今日はウチへ  お前のウチへ  宵のうち  驚駭にうち  家のうちで  一日のうちでも  一日のうちで  ことをしなかったうちの  遺伝のうちに  彼にうち  態度のうちに  疲労にうち  影のうちに  寂寥のうちに  世話のうちに  士族のうちの  集まりのうちに  半年経つか経たぬうちに  われわれのうちの  かしと物言わぬうちに  委員のうちに  大抵のうちに  証拠にウチの  峯のうちへと  囁きのうちに  このごろではうちに  腹のうちでは  それ等のうちに  包みのうちから  髯のうちへ  赤坊のうちから  友達のうちの  婆さんのうちなどへ  川をまたたくうちに  門のうちから  模様のうちに  日嫁がうちの  縫のうちの  様々の仕うちを  庄平を見送らないうちは  一つのうちに  お前さん今のうち  今日のうちにも  二三度逢ううち  眠にあるうちから  数年にならないうちに  わけのわからないうちに  サイゴンへ入らないうちに  だれにも気づかれぬうちに  方々のうちの  猫をうちの  東京が焼けないうちに  満足感のうちに  安息のうちに  信仰をうち  漱石自身のうちに  日本語を操っていたうちは  帷のうちに  躊躇のうちに  明るみのうちに  体のうちに  口から出ないうちに  マリアのうちに  二匹いるうちの  蛾をはたき落とすにはうちの  時代のうちで  借り手のつかないうちにと  卷のうちに  書棚のうちに  顏のうちに  描寫のうちに  僕のかう考へるうちにも  二匹居るうちの  蛾をはたき落すにはうちの  声のひびきのあるうちの  安息にうち  十秒もたたぬうちに  近代的無産者的基礎経験のうちに  一座のうちで  今のうちにも  温度の下がらないうちにと  音がしたりするうちは  部屋へ帰ってすわっているうちに  私はうちで  動物を置いて見ているうちに  音を聞いているうちに  臆病なうちの  星の消えないうち  めがたきうちを  ゆうべのうちに  目のうちにも  それを見ているうちにも  学年の終らぬうちに  応募者のうちに  文稿のうちに  句のうちでは  書面のうちに  俳諧叢書のうちに  中を歩いているうちに  法律など覚えているうちは  何日もたたないうち  胸のうちでは  ようにでもして居られますうちは  云ひ終らないうちに  スピーチのうちに  五浬に達しないうちに  自分等のうちには  私はうちの  戸は見る見るうちに  一銭銅貨を貰わないうちは  承諾もしないうちに  十日ばかり会わないでいるうちに  帳場格子のうちに  無事なうちに  屋根のうちで  事を話しているうちに  邸のうちには  のは見る見るうちに  一時間も罹らないうちに  知り合いのうちの  一人はうちの  義務作業のうちの  三つくらゐのうちから  画集を見てゐるうちに  一生のうちでも  ぶんのうちへ  売上金のうちから  凡てをうち  様子のうちには  愛のうちに  祈祷のうちに  翼のうちに  暗闇のうちに  報告をきいているうちに  伝承のうちに  民主主義文学のうちの  一章のうちにも  中にうちからも  梅雨が明け切らないうちに  初めのうちの  看護婦も話すうちに  愛吉聞くうちに  焦燥のうちに  初めのうちに  酒を飲んでるうちに  前夜妄想のうちに  夜が明けるまでのうちに  幾日もたたないうち  評判のうちで  二人消えるうちに  灰色に並んでいるうちの  時日のうちに  経験しないうちは  一週間経たないうちに  廊下に出ないうちに  小路のうちには  手荷物のうちと  自分のうちだけの  問題にうち  わたしはうちの  不徳者にうち  習つてゐるうちに  三分間もしないうちに  彼等のうちから  子馬のうちに  責め苦のうちには  しかたのうちに  夢想してるうちに  夜が明けるか明けないうち  徒刑囚のうちの  彼らはうち  彼らがうち  音にうち  私が気づかぬうちに  日の終らないうちに  それを見るか見ないうちに  生涯のうちの  一念のうちに  衆人のうちに  法服のうちに  軽蔑のうちに  彼らのうちの  河岸べりにうち  無数のうちの  善とのうちに  刑罰のうちでも  一年半ばかりのうちに  昇さんはうちの  籠められないうちに  眼のうちに  級のうちに  冬のうちの  九月のうちに  これを食べぬうちに  嫁が寝ているうちに  前年のうちに  一文のうちに  昧いうちから  南秋田のうちでも  九十九足しか出来ぬうちに  水をうち  三人のうちは  いつか知らぬうちに  狐は見る見るうちに  今まで造ったうちで  話を読んでいるうちに  昼のうちも  暁にならぬうちに  夜中にもならぬうちに  言はぬうちにも  一町も歩くうちに  軽はうち  ことがつき合って行くうちに  退嬰を悲しむうちは  大陸を歩いて居るうちにも  一年とたたぬうちに  かみさんを慰めたさもあって骨折るうちに  相手をして遊んでゐるうちに  医者のうちから  目につくうちは  深入りさせないうちに  日の出ないうちに  赤坊のうちは  顔を知らないうちに  処を見て居るうちに  暫のうちに  事故の起らないうちに  がたを見ないうちは  青扇のうちへ  扇のうちへ  青扇のうちには  教育のうちで  朝のうちだけ  始めのうちこそ  手をかけないうちから  船に来てから見ているうちに  店の締まらないうちに  身のうちが  演出しているうちに  洗練されて行くうちに  あいまいなうちに  図形のうちに  一年たつかたたないうちに  百鬼のうちの  残留しているうちに  冷静のうちに  通りすぎもせぬうちに  ぜんたい幸福にならないうちは  三年五年のうちに  連名のうちに  土用のうち  人足三人のうちにも  大勢のうちには  半年ばかりのうちに  金のうちで  武家法度のうちにも  一桝のうちで  舞台を見ているうちに  何かのうちは  土用のうちで  御家人のうちでも  壮丁のうちに  半月も立たないうちに  光国も出来上らないうちに  三十分を過ぎないうちに  自分の生きているうちは  弟子のうちに  地まわり連のうちには  秘密をうち  首領の怒鳴っているうちに  覘いうちの  ことをうちの  外からうち  救助作業のうちに  お話のうちに  四五十分もむうちに  アンマをとるうちには  二の句のつげないうちに  能面のうちに  話のうちにも  調子の弾むうちは  昔から決っているうち  後一年にもならないうちに  娘をうちの  律文集のうちから  アここのうちに  新聞にうちの  彼女がうちで  彼女がうちの  想いのうちに  ここ半年ほどのうちに  生命を以てうち  答えができなくて考えていますうちに  不幸をうち  五年十年のうちには  観察のうちに  一分間も経たないうちに  気絶しているうちに  匍っているうちに  ぢめのうちは  荷風を読みしてゐるうちに  それを取り出して読んでいるうちに  父の生きているうち  斉藤平太はうちへ  研究すむうち  二人はうちの  大刀をうち  駿馬にうち  太刀をうち  何回かうち  腹にあるうちに  暮せるうちは  リストのうちから  行つたり来たりするうちには  これらのうちに  此処のうちに  微妙な仕うちという  光りもののうちに  舌のあるうちは  日本にいるうちに  瞬きしるかしねえうちに  流離のうちに  大学生のうちで  三木のうちには  半分ぐらいもねうちの  半分もねうちの  二里ほども歩いてゆくうちに  汚れ鼻が欠けするうちに  最初のうちこそ  一代のうちに  人が往けと云わないうちに  頬のうちに  午前のうちは  あすのうちに  明らかなうちに  二言三言いい争ううちに  時を過ごすうちに  二三日するうちに  一人室のうちへ  三年経過するうちに  宅のうちが  供のうちから  今日明日のうちと  二三町も歩かないうちに  腹のうちで  回転しているうちに  平岡のうちへ  予期のうちには  醒半睡のうちに  室のうちに  二三日のうちには  催促もしないうちに  三日とたたないうちに  流派のうちに  阿弥二流のうちでも  キッコがうちへ  鉛筆を持ってだまってかくしに入れてうちの  手もうごかさないうちに  みんなをつれて行くのでうちの  学校へ行こうと思ってうちを  渦巻のうちに  卑俗さのうちに  一つ視野のうちに  癢くて困るといわれてうちの  記事のうちに  味いが美貌のうちに  苦悩のうちに  日のうちには  小屋のうちを  最初のうちだけ  あたしのうちに  科目のうちで  言ふうちに  真弓のうちにも  全身をうち  白日のうちに  混淆のうちに  諦念とのうちに  鎌倉のうちでは  愛撫のうちに  顔のうちで  ひもはうち  幽かなうちに  緩やかなうちに  耳にするうちに  今日からうちへ  これはウチの  私のウチへ  あなたはウチの  二十何年のうちに  カマクビはうち  誇張してゐるうちに  未決のうちは  被告たちのうちで  精神的苦悩のうちに  こころのうちを  一次ヨーロッパ大戦を経てゆくうちに  自己一身のうちに  独自性のうちにより  厨のうちに  雷同しているうちは  読者のうち  それ自体のうちに  經過するうちに  言はず語らずのうちにも  所へうちから  手を出さぬうちに  三人のうち  先方にゐるうちに  若しか待つてるうちに  私達のうちに  盛夏のかがやきのうちに  聯関のうちに  膳部を片づけ終わらぬうちに  すべてを読まないうちに  心の萎えてしまわないうちに  妹たちが言わず語らずのうちに  二三週間のうちに  葉子が言わず語らずのうちに  言葉を結ばぬうちに  賞味しないうちに  両親と争っているうちに  六畳に達しないうちに  上っ張りのうち  手に持っているうちに  朝らしく見る見るうちに  大事にならないうちに  十分もたたないうちに  愛子が見ているうちに  庭を歩き回っているうちに  彼等自身のうちに  奥さんのうちは  わたしのうち  兄さんにうち  一ヶ月足らずのうちに  暮のうちに  霜の来ないうちに  この世へも生れて来ないうちから  前後一週間のうちに  靄のかかっているうちに  十数分数十分のうちに  散策しているうちに  子供達のうちには  科学的随筆記録を忘れぬうちに  小舟にうち  三人のうちから  陣立直らぬうちに  主人公が生きてゐるうちに  闘病生活のうちに  無学を発かれぬうちに  足を見ているうちにも  わけやでうちも  シャボテンのうちに  完成しないうちは  今日がうちにも  容貌は見る見るうちに  もののうちでも  微笑のうちに  君なりしかとうち  金のねうちは  関係のうちにおいて  誰がうちに  世間に知れないうちに  想像のうちで  連載されているうちに  ほんとうにうちの  土用のうちの  言つてゐるうちに  それらのうちでも  人のうちでは  人のうちへ  女がうちの  ペムペルのうちの  ガラスのうちの  公使館のうちは  名前を見てゐるうちに  舞台俳優のうちに  新劇関係者全体のうちに  宿命的にうち  それへ較べたらうちなんかは  日曜だけれども無くならないうちに  菊池先生がうちへ  半分しか云わないうちに  午后はうちの  実習服を着換えてうちに  一軒のうちで  来年からはもううちの  水をうちの  ぼくはうちの  あしたのうちに  臭のうちに  口のうちを  静かなうちには  各自のうちには  自然胸のうちに  山野のうちの  証書のうちには  一人でいるうちに  仕切のうちには  愛情のうちには  質問のうちに  退屈のうちには  退屈のうちに  小遣を遣らないうちは  東京のうちでも  群衆のうちに  石摺のうちに  満足のうちに  輝きのうちに  家庭のうちを  動物のうちには  心のうち  暮のうちには  良人の仕うちが  三日四日経つうちに  ものが眠っているうちに  そこへ入るか入らないうちに  庭へ出ないうちに  手紙を読んでいくうちに  言葉も終らぬうちに  ルパンに勝てないうちは  生活のうちでは  一作家のうちに  諸君のうちでも  手法のうちに  ゲテ飲酒のうちに  武田のうちに  月日のたつうちには  事の起らぬうちに  私のうちは  半分もなくならぬうちに  右のうちで  亞弗利加蠻族のうちで  片山のうちの  ゆきのうちへ  前のうちの  賃銀のうちから  地下足袋もぬがないうちに  声のうちに  空小屋のうちに  天性のうちに  浦賀のうちに  座敷のうちで  儂のいるうち  顔を見守っているうちに  囲いのうちの  午後からうちへ  数歩沈黙のうちに  性質のうちに  活溌のうちに  夜気のうちに  目に見えないうちに  彼女は揺られて行くうちに  素人療治をしているうちに  血族のうちに  佃が帰らないうちに  自覚しないうちに  同級のうちに  雑木林のうち  ものを知らないうちに  幼虫のうちに  感心しているうちに  列車のうちに  技術は瞬くうちに  ところまで行きつかないうちに  夏のうちから  空をうち  話をきいてゐるうちに  路次のうちには  私記のうちに  重力をうち  文章のうちにも  高らかにうち  路地のうちに  林檎を見ているうちに  結果が分からぬうちに  五名のうちの  甲板を歩いているうちに  半日とたたないうちに  歩みのうちに  アドルムをのんでるうちに  幸いにうちの  初期のうちに  二十日のうちに  十レースのうちに  夢見心地のうちに  実現しないうちに  奇習のうちでも  身體にうち  火山湖のうちの  他人のウチへ  闇のうちを  場でうち  石桶にうち  春のうちから  理解のうちに  漫談のうちに  ものを返しもしないうちに  互のうちに  散々にうち  不潔のうちに  金を預ってるうちは  大金をあずかってるうちは  アロハを着るうちは  紛失したと思い探しているうちに  何かしているうちに  トントンと叩くうちに  其日のうちにも  自分のウチで  旬日のうちに  野草のうちで  宵のうちも  三たび漂泊するうちに  すべてのうちにて  半分口のうちで  それよりかうちへ  炎火のうちに  空気のうちに  兄のうちへ  どよめきの静まらぬうちに  供のうちは  拘泥のうちに  頭を下げるうちに  衣のうちに  口のうち  天幕のうちに  賛成者のうちに  孤軍重囲のうちに  一分たたぬうちに  開化のうちに  聴衆のうちに  一瞥のうちに  命のあるうちにと  自問自答しているうちに  ボーイになっておりますうちに  二週間も経たぬうちに  直面しているうちに  昨夜誰も居ないうちに  力を入れもしないうちに  不用意のうちに  言葉が終らないうちに  了らぬうちに  名刺を見ているうちに  一週間も経たないうちに  片隅に残っているうちに  心配しているうちに  意識のうちに  亜米利加に居るうちから  それを探しているうちには  土を離れないうちに  一歩も踏み出さないうちに  緑の重なるうちに  一カ月のうちに  婦人のうちにて  自在にはうち  往来するうちに  生活のうちにも  王様が生きてるうちは  いろいろ話をしているうちに  あらはれのうちに  扇をうち  自然色のうちから  厩のあるうち  自分のウチだけは  本当のウチ  明けやらぬうちに  彼はうち  漁場のうちでは  裏側のうちでも  仕事が終らぬうちに  そんならウチを  同郷人のうちの  歸らぬうちの  智慧の光りをうちに  默のうちに  ことのできぬうちからの  下駄はうちの  十日足らずのうちに  屋敷のうちも  抱え遊女のうちから  半年のうちには  ように瞬くうちに  可能性のうちで  二台のうちでは  一人になるねうちは  ライヴしているうちに  夢のうちにでも  曲調のうち  花だにあらばうちも  來らぬうちと  風にうち  其夫婦のしうちが  人たちのうちで  人の知らないうちに  十二人のうちには  火星人をうち  さとでうち  表現も出来ずうち  歓呼のうちに  世代のうちに  子孫のうちで  五六ぺん泣きじゃくるうちに  長崎のウチ  我々のうち  半年も経たないうちに  機影を見送っているうちに  わたしのうちには  自身のうちから  気の落ち着かぬうちに  ワツシヤが生きてゐるうちに  野菜椀のうちに  日のうち  粒子のうちの  煙のうちでも  読者のうちで  流寓のうちに  短期間のうちに  こっちを狙いうちに  それいまのうち  丁坊のうちへ  平安朝のうちでも  皆の起きないうちに  巨砲をうちでも  動物のうちで  生徒のうち  遊園地のうちで  日本のうちでも  宝塚を見ないうちに  そこのウチに  人のウチや  荷造りをしているうちに  私のウチで  一ヶ月のうちに  仔犬のうちに  たいがい育たぬうちに  十年二十年のうちには  同化するうちに  地下へもぐったうちでも  馬庭念流二十四代のうちで  一人が振り廻して遊んでいるうちに  アヌンチアタのうちに  幕が降りきらないうちに  三十分たたぬうちに  悪漢のうちの  言葉が終らないうち  闇のうちで  声のうちでは  邸のうちへ  胸のうちの  覚悟のうちに  役人どものうちに  長身瀟洒のうちにも  仲間のうちの  数へたてて行くうちに  無我夢中のうちに  ひつそりしてゐるうち  風格のうちに  西岸にうち  些事のうちに  晩くも一両日のうちには  考へのうちに  百年たたないうちに  一時間も立たぬうちに  竹細工のうちに  作業をうちの  一緒のうちは  素直にきいているうちに  一年たたぬうちに  目的に達しないうちに  橋梁のうちの  美濃にゐるうちからの  学生のうちだけ  モダーンと引張るうちは  草根をうち  すこやかにうちも  Oがうちへ  事に似るうちに  一切経のうち  遊戯のうちに  わたしたちのうちに  文化をうち  化転のうちを  邸のうちを  障子のうちの  細工場のうちへ  心のうちだけ  郷土のうちの  気持のうちに  鄭重のうちに  吉岡家のうちの  市女笠のうちの  方から聞かないうちは  民衆のうちへ  武蔵が泊っているうちは  誰も知らないうちに  百姓のうちへ  姿を見ているうちに  デタラメにいじくっているうちに  ようでも読んでいるうちに  電報を見ないうちは  の寝てるうちに  ことばかりしてるうちに  俗談平話のうちに  切字のうちで  弟子のうちでも  病気でうち  句のうちで  趣に案じ入っているうちに  私の言ったうちでは  句のうちに  答案のうちに  句のうちにも  過程そのもののうちに  貧困のうちに  判然せざるうちに  発起人のうちに  教師のうちには  家台のうちに  花火をうち  景品のうちには  夜のあけないうちから  祭礼のうちでも  塀のうちには  群れのうちに  名産のうちに  多数のうちには  大海のうちに  鐘を聴かないうちに  私の酔わぬうちに  筋が通るうち  鼻唄のうちに  赫々としてうち  識のうちに  句のうちには  天地八荒のうちに  七字のうち  七音のうちに  自分で見ないうちは  學科のうちにても  光線のうちに  候補者のうちでは  社会現象のうちに  型に知らず知らずのうちに  家のうちから  傘を開かないうちを  凡て声は聴いているうちに  素人のうちは  一年経たないうちに  椅子のうちに  十一時すぎにうちの  のだと信じられたうちは  録音盤を追いかけまわしているうちに  心のうちだけは  事件は眠っているうちに  頬をおっつけて眠っているうちに  一万メートル圏内へ入らないうちに  水兵さん専門に稼いでいるうちに  戦争でさえもがうち  ダンスをしているうちに  感情を知らずしらずのうちに  雅楽唱謡部籬のうち  喧嘩をしてやるほどのねうちの  先任参謀がうちの  籬のうち  人事のうちに  一言も云わないうちに  三声のうちの  野鳥研究家のうちに  政府のつぶれぬうちは  驗しないうちは  六年のうち  二つに割れてしまわないうちは  巻物のうちに  兵法師範役のうちの  空地のうちでは  矢来のうちの  腕のうちを  小袖幕のうちに  五体のうちの  旦那連のうちの  つなぎとして飲んでいたうちは  勅撰集のうちに  旅舎のうちの  物のうちの  高弟のうちの  七名のうちの  様のうちの  武威を謳っているうちに  神苑のうちの  数日のうちには  被告のうちに  一分間ともならないうちに  六十秒とたたぬうちに  とつさのうちに  補填がつかぬうちに  愛のねうちを  ことをうち  雪の知らないうちに  夜のうちと  自分のねうち  東が白まないうちに  幾年もたたぬうちに  事を云い合っているうちに  ヒイヒイ云っているうちに  きょう朝のうちに  お菓子箱のうちで  死骸のうち  好調のうちに  運平のうちも  侍のうちの  晩くならぬうちに  人数のうちには  森さんのうちの  人が覗いているうちには  今朝からうちの  扉をうち  扉にうち  誰にもうちへ  カーテンのうちに  ソッとうち  帆村はうち  牢獄のうちに  今夜のうちと  帆村はんこそうちの  帆村を狙いうちに  四時間ほどのうちに  砂風呂のうちに  花のうちでも  返事せぬうちに  仲間のうち  わたくしのうちの  世紀のうちに  両方を食い比べているうちに  わたしたちはうちの  りっぱなうちの  村長のうちへ  わたしをうちへ  子をうちに  なんでもうちで  びっくりしてうちへ  生活を送ったうちが  いままでいたうちが  ちりづかの植えにうちの  わたしのうちの  つまでもうちの  おまえをうちに  昼間のうち  木登りをしたりして遊んでいるうちに  あと十分のうちに  なんでもうちを  一けんもうちは  戸を開けているうちは  大理石のうちが  ぼくがうちで  ぼくにうちで  それがうちに  十分としないうちに  吃水線のうちの  ことがあったうちと  二人がいるうちは  朝のうちだけの  ところのうちは  手をださぬうちに  ヘトヘトになって帰って来て座らないうちに  町家に預けておくうちに  金のねうちを  雛妓のうちから  毎日朝のうちは  三〇分もたたぬうちに  五分間のうちにおいて  三時つけているうちに  絵を描いているうちに  枕のうちにこそ  二科のうちでも  カジヤ町のうちへ  電報をうちへ  美川君のうちで  先生のうちへ  おもちゃを売っているうちは  汗の止まらぬうちに  始末をしてしまわないうちは  四面あるうちも  二十年ばかりのうちに  ヤキモキしているうちに  気の変らぬうちに  私のうちが  友達のうちから  福富と話して居るうちに  當分のうちといふ  最初のうちの  きんちゃんのうちも  しょさんのうちにも  ゆうべのうち  欣びのうちに  観念していたうちは  内陣のうちから  草叢のうちから  主客らしくうち  今のうちにと  剣人たちのうちにも  子弟のうちにも  口にしているうちは  福富と話してるうちに  当分のうちといふ  訳をきかないうちは  両方からぶっつからないうちに  あんぽんたんは見ているうちに  一語のうちに  かに風のうち  敵のうち  防空壕ならうちで  びっくりしているうちに  感激のうちに  渦に捲き込まれないうちに  明後日のうちには  先生のうちの  小遣いのうちから  哺乳類のうちの  費へのうちに  逆光線のうちに  苦闘のうちにも  私はうち  日々のうちには  文章のうちに  心持のうちに  曖昧なうちに  婦人のうちの  描写のうちにも  世界のうちの  生あるうちは  ガロフォリのうちに  どこかのうちを  わたしたちをうちの  ねどこにいるうちは  びんぼうなうちでは  わたしたちはうちを  お父さんのうちは  芽生えのうちから  友だちのうちに  ルイソーのうちへ  わたしたち残らずうち  植木屋仲間のうちへ  風がうちの  あらしの来るまえにうちへ  あらしの起こるまえにうちに  わたしたちはうちに  紳士がうちへ  お父さんはうちの  貸し主のうちで  巡査たちとうちへ  公証人のうちに  女のうちへ  おまえをうちへ  わたしをうちの  馬車がうちの  あとのうちを  いつまでもいようと思ったうちから  よそのうちに  ガロフォリのうちへ  バルブレンがうちに  おじさんはうちへ  ひと言も言わないうちに  住まいだと教えてくれたうちの  エピナッソー先生のうちを  むかしのうちに  わたしたちがうちの  乳おけを取りにうちへ  わたしにうちの  いっしょのうちに  リーズの住んでいるうちを  両親のうちへ  ぼくのうちの  金持ちのうち  正直なうち  グレッス・アンド・ガリーといううちへ  数分間のうちに  こちらのうちから  自分のうちを  子もうちに  石屋のうちに  男がうちの  わたしたちがうちへ  二人でうちを  子どもにはうちで  金持ちのうちに  自分にはうちが  用があるからうちに  笑い顔のうちに  いっしょにうちに  スイスまで行かないうちに  ドリスコルのうちへ  京都へ行かないうちに  越前へ移らぬうちに  らひだなどといふうちに  とつて居るうちに  掃除をして居るうちに  役割のうち  釣りのうちでも  胴中へ叩き込んでしまわぬうちは  相手にしたりしているうちは  体でうちへ  ピアノを弾きなさるうちの  殘睡のうちに  穂並にうち  お伽噺のうちで  蕗のうちで  半分も聞かぬうちに  塑像のうちの  口を開かぬうちに  何かに来ているうちに  二三度通ううちに  読書のうちに  濫読のうちに  本を読んでいるうちには  対話のうちに  一週間ばかりのうちには  何かに来てゐるうちに  二三度通ふうちに  宵のうちとは  者のうちでは  手も上がらぬうちから  雜沓のうちに  判断そのもののうちに  生活知識のうちに  一週間もしないうちに  腸と遊んでいるうちに  君のうちのが  物心もつかないうちに  玉もてあそびうち  談しているうちに  談してゐるうちに  頸を伸ばしているうちに  事件が片付かぬうちに  三日のうちには  咎めのかからぬうちにと  建設のうちに  疲勞のうちで  期間のうちに  それらのうちで  息子達が寝ているうちから  女中のうちで  少女のうちの  つてゐるうち  東奔西走しているうちに  二百万と見る見るうちに  話を聞いて行くうちに  吾輩が見下しているうちに  凝視しているうちに  カンとか云っているうちに  時にウチは  間を泳いでいたウチは  口を見るうちに  何百人ものうち  玄関を探してうろつくうちに  たてコンテを作っているうちに  企画会議も終らぬうちに  顔をふき終らぬうちに  女の眠りこけているうちに  熱は出ていないが見る見るうちに  不思議だといううちに  毒がまわらないうちに  まわりを見廻しているうちに  考慮のうちに  三時間たたぬうちに  五官器のうちの  とき私たち一行のうちの  五分たたぬうちに  連中のうちに  二十人のうちの  麓からうち  景色も見ないうちに  露のあるうちに  飛沫のうちに  雲が見る見るうちに  一言一句のうちに  それとしてのねうちが  白目にうち  歌曲のうちでも  沈思のうちに  止宿人のうちでは  今までのうちでは  一週間ばかりのうちに  こと一日がうちに  林のうちより  雲のうちに  陰影のうちに  楕円形のうちに  意識のあるうちには  少数のうちの  勤めをするうちに  十日もしないうちに  行つたうちの  顔を見てゐるうちに  一般乗客にうち  鉄拳をうち  ようにうち  日本海軍をうち  はがきを出して刈らせようと言っているうちに  数日たたないうちに  俺のうちで  西欧文学のうちに  主人に引き留めれられて居るうち  一座のうちには  予の寝ているうちに  知り合いのうちに  宿をさがして急いでゐるうちに  白髪剃りおとすうちに  夢のうちから  霜の消えないうちに  経験のうちで  五指のうちに  女中さん相手に話してゐるうちに  青眼をとっているうちに  目をしねえうちに  女中衆のうちで  物心を知らねえうちに  昼のうちより  剣のうち  倉皇のうちに  はつてゐるうちに  土落しによんでくれるうちは  平凡のうちに  無限者のうちへは  仕度をしてゐるうちに  鶏もうちの  それだからうちの  女房はうちの  それをうちの  昨晩のうちに  組のうちで  浪人者のうちの  浪人どものうちの  話をするうちに  船首にうち  岩にうち  波がうち  大波にうち  五年居るうちには  あたりをぶらついて居るうちに  畢らぬうちで  座敷のうちは  二三日たたぬうちに  あと五分ほどのうちに  兇漢のうちの  一隊のうちの  正午前のうちは  役人に見つからないうちに  農奴階級のうちに  手紙にはうちの  國のうちに  哀悼のうちに  そこを歩いているうちに  視野のうちに  機械的にしゃべっているうちに  階段を上ったり下りたりしているうちに  姉と話しているうちに  世話にならないうちに  歩みを学ばないうちに  ひとり往来を歩いているうちに  彼等を見ているうちに  十分とたたないうちに  暫らく歩いているうちに  一頁も読まないうちに  二三町を通るうちに  僕の眠っているうちに  八カ所のうちの  十九軒のうちの  歳のうちに  学生のうち  ことがあるうちにも  そこを歩いてゐるうちに  べつてゐるうちに  上つたり下りたりしてゐるうちに  姉と話してゐるうちに  ひとり往来を歩いてゐるうちに  彼等を見てゐるうちに  暫らく歩いてゐるうちに  眠つてゐるうちに  心労のうちに  心のうちぞ  何倍というねうちの  辛苦のうちに  月のうちの  そこをやってゐるうちに  迅かなる閃きのうちに  交はしてゐるうちにも  あとを眺めしてゐるうちに  読者のうちには  杉お玉のうちには  うどんを生きているうちに  与兵衛はうち  恐怖のうちに  ろしいうちにも  騒ぎのうちに  随筆のうちから  安楽のうちに  ことの来ないうちに  冴えざえしい静寂のうちに  気も落ち着かねえうちに  風に考えてるうちが  いまのうちだけでも  #いまのうちに  結婚してしまわないうちは  主にうち  日夜のうちに  芸術家たちのうちの  十七字のうちに  立武者のうちに  文のうちに  頭巾笠のうちの  杯交のうちに  城戸までは行きつかないうちに  口のうちの  置文のうちから  数のうちに  呼吸のうちで  幕府のうちへ  陽の沈まぬうちに  気の毒のうちにも  一座のうちの  紙張のうちは  毒と思っているうちに  旗本のうちの  七代のうちに  土地に来ているうちに  江戸のうち  いつか知らねえうちに  売女のうちでも  四日ばかりするうちに  空にあるうちは  怪我をしないうちに  今週のうちに  天地にうちに  金の出ますうちにも  一代のうちには  無頼漢のうちの  店を出かけたうちの  仲間へ入っているうちに  美人連のうちの  彼女のうち  声の終らぬうちに  金のうちに  典雅なうちに  婦人たちのうちでは  光のうちに  焦躁のうちに  水商売のウチと  他人のうちの  絶滅感のうちに  関心のうちに  短時日のうちに  三分もしないうちに  上にうち  無駄話をしているうちに  一行のうちには  それを聞いているうちには  謙信あるうちは  乗物のうちの  感触のうちに  半日もたたぬうちに  ヘナンのうちへ  さをもってうち  冬のうちは  あれがあるうちは  話などをしてゐるうちに  七日を過ぎないうちに  五分とたたぬうちに  名案も与へぬうちに  女中のうちにも  二三日たつうちに  一つ屋敷のうちの  勤番のうちの  列席のうちにも  馬のうちで  勤番武士のうちの  武士のうちに  一間のうちで  始めのうちの  大書院へ近づくうちに  訳が分らないうちに  十一分のうちに  川舟のうちで  寡黙のうちに  身のうちの  列のうちに  西陽のうちに  延々を見ぬうちにという  閨のうちへ  所民のうち  雑木林のうちに  幾らも歩かないうち  四阿亭のうちを  以上のうち  落ち目のウチの  放蕩者のうちに  三十分ぐらいのうちに  日を過しているうちに  苦しみのうちに  堅気のウチでは  今夜のうちにと  槙のねているうちに  ソジンのうちは  奉行衆のうちに  獄舎のうちは  獄屋のうちにも  屋敷のうちへ  者のうちに  農商のうちでも  山のうちの  少年たちのうちには  夜の明けきらぬうちに  ニンシンの知れないうちに  ヨソのウチの  どこのウチの  胸のうちほど  時世のうちに  今日のうちにでも  漁夫のうちに  滞在三日のうちに  砂をうち  国内で争っているうちに  空腹さえうち  我が家にうち  彼個人のうちに  言葉をうち  夷人のうちの  身どもらのうちで  支配者のうち  局面をうち  棟木をうち  出納勘定のうちから  鑿をもてうち  まむし蛇をうち  冬の来ぬうちに  数歩のうちに  藪蚊をうち  重役らのうち  誰にも聞きこまれないうち  藩士のうちの  詩藻はかれぬうちが  供をしていたうちに  齟齬のうちの  針も見定めぬうちに  彼が云いださないうちに  力のあるうちに  氷をうち  これの落ちないうち  そこにいるうちは  くり返すうちに  目的地に至らぬうちに  いくらも飲まぬうちに  磨つてゐるうちに  六人のうちで  オレのうちは  一周忌もすまぬうちに  顔色をさとられぬうちと  分家もさせぬうちに  日のあるうちは  満足げにうち  文字を考えこんでいるうちに  静かにうち  今ではウチの  三十分ばかりのうちに  光がかがやいているうちに  僕らのうちの  笑いでうち  巨船でもうち  手に入れぬうちに  驚嘆のうちに  暮しをしているうちに  夫婦がいるうちは  私たちのウチ  一行も書き始めないうち  二時ばかりのうちに  左右にうち  燭一寸を燃さぬうちに  語を交えているうちに  前夜のうちに  空白のうちに  宵のうちさえ  破牢者のうちに  破牢者のうちの  誘惑のうちに  屋敷のうちの  奥様のうちでは  目を注いでいるうちに  敵に組ませないうちに  オレのウチに  倉三のウチの  人間の発しうるうちで  夢のうち  三ヶ日のうちに  訂正しないうちに  音あるうちは  ここに居るうちに  気附かぬうちに  三人とも起きているうちに  自分のウチへ  三枝のウチは  三枝ちゃんのウチは  ッきウチへ  母里さんのウチは  フクラミがとまらぬうちに  クサレ目が生きているうちは  私たちの知らないうちに  旦那の起きないうちに  ナガレ目のウチの  オタツのウチが  オレのウチと  #目のウチが  ナガレ目のウチへ  私はウチへ  後片づけをしているうちに  一時間もたたないうちに  ものがウチの  二三度手足を動かすうちに  水につかっているうちに  翌朝八時までのうちに  よう無言のうちに  漫画をうちの  パッション失わぬうちに  一人はうちに  主任のうちに  只一軒のうちを  光秀のうちは  女とがうち  人中を歩いて行くうちに  いくらも経たないうちの  臨済宗のうちにも  あとを追っかけて行くうちに  十日のうちには  頭をまるめているうちから  数あるうちでも  名が考えているうちの  前夜のうち  まま衆人環視のうちに  私のウチじゃ  師匠のウチへ  お前のウチは  アンタのウチの  ここのウチで  お前のウチ  アンマのウチは  妙庵先生のウチの  師匠がウチに  昨日今日はウチの  火事はウチの  因業なウチへ  アンマのウチで  アンマはウチへも  帰りにウチへ  仙友がウチへのみに  患者のウチから  人殺しのウチに  よそのウチへ  馬を急がせているうちに  時間のうちの  六七年のうちに  ローソクの燃えきらぬうちに  百姓姿でウチを  クワはウチに  私のウチ  お前さんのウチの  どこのウチにも  吉のウチの  箱根を越えるうちに  一部始終を聞いているうちに  物語を承っておりますうちに  切れ目切れ目に思い浮かべているうちに  二三年のうちに  オヤジの生きてるうちは  一分もかからぬうちに  本を読んでるうちに  ここにいるうちは  自分のウチを  人様のウチと  人のウチの  不動のうちに  三四日のうちに  恋文のうちの  男はウチの  もうこのウチの  ようなウチの  そこのウチの  オレのウチでは  殆ど消化しないうちに  寒のうちで  照合しているうちに  昼間のうちに  寒のうちと  オレのウチぐらいの  才川というウチが  鬼のウチに  鬼のウチから  鬼のウチでは  貧乏なウチの  才川というウチ  ここのウチの  変なウチ  鋪をうち  #人にも読ませないうちに  親爺のうちでも  烏有のうちに  面をしているうちに  武士たちのうちの  武士のうちの  底を割らぬうちが  胸をうち  放浪生活のうちで  時日が経つうちには  あんたはうちに  月たつうちに  突嗟のうちに  曖昧のうちに  朝飯がすまないうちから  まごまごしてゐるうちには  怪我人を出さぬうちに  わしを搦めぬうちは  庫裡のうちから  万葉集のうちの  肉親のうちからも  笑い声のうちに  蚊帳のうちに  土間暖簾のうちも  刻もたたぬうち  郷士のうちの  監視のうち  幕府のうちでも  家士のうちには  郷のうちでは  點のうちで  わたしたちのうちで  俳優のうちには  持役のうちで  小学校へ上らぬうちから  家族のうちで  気質のうちで  山の手のうちでも  一日一夜のうちに  所持金のうちから  怪我のねえうちに  私のうちにも  長五とやらが来ぬうちに  外から裂いているうちに  部落のうちで  日のうちにも  大名のうちでも  昼のうち  昨夕のうちに  全治せぬうちに  當てるうちに  長津呂まで行くうちには  千二百羅漢のうちには  房州のうち  いたずらのうちの  お話のうち  禁物のうちの  それをながめているうちに  三万両のうちの  下へ落ちないうちに  庭のうちを  絵巻のうちの  江戸のうちと  屍骸へうち  それとはつきりきめられないうちに  あなたがたのうちは  例外のうちに  のはうちの  五週間ばかり居るうちに  昼間のうちから  關善といううちまで  なにもうちで  女中をしているうちに  雑談に耽っているうちに  二年経つか経たないうちに  変だと思っているうちに  目をしないうちに  心境のうちに  独房のうちに  東京監獄に居るうち  上願書のうちに  三日経つうちに  思い案じているうちに  按摩をさせているうちに  心証のうちに  此手紙のうちには  手紙のうちに  窃盗につき調べているうちに  婦人のうち  輪廓のうちに  一歩一歩のうちに  役人のうちの  いくらもたたないうち  早よう車のうちへ  群れのうちへ  朝霧のうちから  箸をとっておられたかと思ううちの  仮屋のうちの  土民のうちにも  神童子越えのうちの  板屋のうちに  叡慮のうちには  几帳のうちでは  冬木立のうちに  三女人のうちに  ひとつ厨子のうちに  身をうち  音楽会を聞きに行ったりしているうちには  文三年のうちに  阿鼻叫喚のうちに  ことまでうち  徹底的にうち  女性のうちの  廓のうちを  世話になっているうちも  三曲のうちの  佐野も聞いてるうちに  音にもうち  小舟をうち  身体をうち  喞筒をうち  それがわからぬうちは  當分彼らのうちの  手をうち  自然經濟のうちに  作つて宙にうち  寂寥がうちから  青年のうちの  成田屋のうちの  無抵抗のうちに  行為のうちに  儀式のうちに  行動のうちに  ところにねうちが  鎌宝蔵院流七十三手のうちには  四国町のうちでも  一室のうちで  一間のうちに  らいたちのうちに  列座のうちの  虫のうちの  蝶のうちの  獄舎のうちの  御車のうちで  人波のうちに  渡舟のうちへ  舟のうちに  海光のうちへ  皇系のうちの  今木城のうちへ  一室のうち  網のうちに  それぞれ輿のうち  輿のうちの  夜靄のうちに  妻戸のうちへ  まっ暗なうちに  獄舎のうちに  亭のうちは  密書のうちに  聚落のうちに  五月闇のうちに  大河のうちへ  思考のうちに  夾雑音のうちに  八人のうちで  藩士のうちでは  幾人かのうち  薄幸のうちに  諒解にうち  何も通らぬうちから  二三番と済まぬうちに  頭に刻み込み刻み込み行くうちに  事をつぶやくうちに  三食のうちの  代金を払われぬうちは  眼に見えぬうちに  その後十年にもならぬうちに  奴らを捕えないうちは  年少のうちから  同業のうちにも  成年未満のうちは  経済難のうちに  看護のうちに  上下憂愁のうちに  雌雄接しないうちに  人にやみうちを  平家物語のうちの  府中のうちに  貯えのうちから  熱心にうち  一箇のうち  種類のうちにて  守り札のうちには  雑書のうちに  鳩をうち  怪火のうちに  怪音のうちにて  パーッと見る見るうちに  仕事に追われているうちに  一日たち二日たつうちに  意織のうちに  僕のうちで  頬あたりは見る見るうちに  量見をウチの  のが知らないうちに  生活者としてうち  モラルをうち  帰りにうちへ  上衣はうちに  薬種のうちの  本堂のうちへ  船のうちから  妃のうちの  鞘のうちで  一使がやって来ぬうちは  妃小屋のうち  典侍のうちに  トゲのうちに  御所のうちを  大山のうち  霞のうちへ  陣場のうち  輿のうちへ  従者のうちの  松林のうち  一ト間のうちで  一ト間のうちへ  百姓がうちで  万歳の来ないうちに  柳桜師匠とうちの  この間のうちまでとは  禽語楼小さん師匠からうちの  ワタシのウチは  息子とウチの  口をうち  三十分とたたないうちに  半焼のうちに  幼少のうちは  鉄砲を持ってうちの  二語のうちに  先祖のうちに  潜伏期のうちに  更つて一ヶ月もたたぬうちに  私にうちか  一ヶ月も経たぬうちに  甲州街道のうちの  疑問のうちに  美のうちに  門弟のうちから  与八のいるうちに  ここのうちへ  筍のうちでも  車が停らぬうちに  努力しているうちに  評判娘のうちに  新吉がゐるうちは  粟粒芥顆のうちに  躯のうちでも  書き物のうちの  作物のうちで  君はうち  君もうち  幸福のうちの  朗としてうち  全集のうちの  五日ばかりうち  山口をうち  寝台にころがっているうちに  おとうさんのうちへ  若年のうちから  刀をぬかないうちから  御所のうちに  足をはこぶうちに  土民のうちに  陣幕のうちへ  暗闇のうちで  敵のうちで  陣幕のうちに  遊女のうちの  寄手のうちの  一つ陣幕のうちに  とりでのうちに  悲鳴のうちに  書斎のうちに  予想のうちに  簾のうちを  ひと間のうちへ  森のうちへ  円覚寺のうちの  兵列のうちに  足利家のうちに  山林のうちへ  都のうち  供のうちへ  木戸のうちへ  疎林のうちへ  一ト間のうちに  金襴のうちに  腹のうちの  生活をうち  時の立つうちに  十分乾かぬうちに  親戚知人のうちにも  相談しているうちには  昂揚のうちに  時期尚早のうちに  閃端をうち  下をかろくかはゆくうち  盗人のうちの  思い出話のうちにも  五町のうちには  破滅のうちに  人さえ知らないうちに  確保のうちに  気になっているうちには  感話位のねうちしか  傾向のうちの  調子さのうちに  ニコニコイソイソとしているうちに  場面のうちで  表現のうちに  表現のうちで  せん子の帰らないうちに  眼を通さないうちに  思つてるうち  不良戯のうちへ  路次のうちから  平野のうちの  怒りのうちに  本のうちに  開目鈔のうちに  短銃のうちでは  大砲製造所で作らせたうちの  檀家のうちに  縛めのうちに  光明温暖のうちに  あなたはうちの  今度はうちの  群集のうちに  エイッとやらぬうちに  什器のうちには  一門のうちには  蕾のうちに  二十分位しかたたないうちに  ここまで聞いているうちに  魚類のうちでは  者に気づかれないうちに  私たちのうちから  私たちのうちを  向島のうちに  時からうちの  私たちのうちの  上条のうちの  数日立つか立たないうち  弟子のうちから  私自身のうちにだけ  先月のうち  手繰り手繰りしてゆくうちに  三週間もたたないうちに  一週間も経たぬうちに  眼をつぶらないうちに  皇子のうちの  空家のうちへ  林のうちへ  堂のうちへ  賊のうちへ  頃よばれていたうちの  朝のうちと  時をおかないうちに  産屋囲いのうちに  口々のうちに  幕府のうちに  さだかでないうち  草ぼこりのうちを  将のうちでも  山門のうちへ  体のうちを  大網のうちへ  人の起き出ぬうちに  自己嫌悪のうちに  夏の終らぬうちに  自己のうちの  残虐のうちに  子供たちのうちで  母の生きてゐるうちに  君のうちに  四人のうちの  中にいるうちの  一瞬のたじろぎのうちに  言ひ終らぬうちに  神信心のうちに  親もしょうちの  食事のうちに  菓子のうちに  お菓子のうちには  学校のうちで  良人と交されているうちに  子供のうちに  決意を語るうちに  手術のうちに  手術をうけないうちに  子猫のうちの  一年ばかりのうちに  御馳走にあづかるうちに  状態が確かめられないうちに  若者なみだうち  身の動くうちが  世に在るうちは  子供のうちの  江戸ッ子のうちでも  油絵を見ているうちに  日本人のうちの  三人打連れて来たうちの  ところ柔和なうちに  小判のうちの  出鱈目のうちに  昼のうちにも  一行十一人のうちから  成功のうちに  俺らのうちの  言葉のうちにも  人家のうちには  一生のうちで  一円二十銭のうちから  訪問せぬうちから  流行妓のうちに  二度行くうちに  車御簾のうちに  将士のうちで  笑顔のうちに  雑談しているうち  あれをうちの  男女のうちの  夜のうちの  真言のうちでも  一ト月もたたないうちと  諷嘲のうちに  太鼓のうちに  武者のうちに  武将のうちでは  後宮のうちに  動揺をうちに  夜のうちにや  御殿のうちへ  車のうちから  十日もすぎぬうち  旗本のうちから  姿態のうちに  見物して歩いているうちに  機会を待っているうちに  様子を見て居るうちに  気の付かないうちに  娯楽にうち  二十分程のうちに  娘のうちへ  アレヨアレヨといううちに  月経たぬうちに  三尺ばかり掘り下げるうちに  医師が間に合わぬうちに  注射が利いているうちは  四五日のうちに  湯を吸い込んで噎せ返っているうちに  正月料理のうちで  毎日顔を合せているうちに  私のうちも  教官のうちへは  武芸のうちには  宵のうちこそ  中へうち  湯治人吹くうちに  不仕合せのうちに  常連のうち  六人のうちの  夢想のうちに  敵意のうちに  ようのうちに  こどものうちからの  植木屋にでもなってうちの  座敷のうちを  建物のうちかと  後れ毛が垂れないうちに  三年か経つうちに  会話をしているうちに  外へ見送っているうちに  薬を飲んでいるうちに  達者なうちに  犬は見る見るうちに  みな一晩のうちの  不安なうちに  初めのうちこそ  お茶を飲んだりしているうちは  両手のうちに  娘のうち  顔の合わないうちに  とおりにうちの  根からうち  圏内に入らざるうちに  一分とたたないうちに  二分とたたないうちに  底にまで達しないうちに  ブルジョア的限局のうちに  自分のうち  半年経たぬうちに  人をうち  十年とたたないうちに  大菩薩峠伝説のうちの  娘たちのうちの  身のうち  見物のうちの  小遣のうちから  お腹のうちが  ここのうちの  どこともつかずうち  兵馬は引返すうちに  侍女のうちで  神父のうちでは  会はないうちに  本国にゐるうちから  西洋にゐるうちから  東洋のうちには  彼の気付かぬうちに  力も入れないうちに  風俗描写のうちに  不幸のうちに  お針さんをしているうちに  四年のうちの  方を生きてるうちは  部落のうちだけ  あっちのうちからも  佇立のうちに  綏女とうち  足もとにうち  抽きてうち  善吉は話すうちに  三カ日のうちに  香奠なら生きてるうちの  ことばの終わらぬうちに  もと心のうちで  間違いの起こらぬうちに  地所はうちの  一晩のうちにも  六日のうちに  町村千何百戸のうちで  鎌倉放抛とまでは聞えないうちから  血のうちで  眼のうちの  浄光明寺のうち  景色のうちに  覆面のうちを  間のうちで  浄光明寺のうちも  田方のうちからも  楯のうちに  潰乱状態のうちへ  序戦のうちから  敗退軍のうちに  身のうちで  妃嬪のうちでさえ  明日先発のうち  御簾のうちからも  御簾のうちの  美人について考えたりするうちに  光景を喋っているうちに  仕事のうちは  一晩中考えているうちに  何をするうちか  宿屋のうちの  昔噺のうちに  男のうちでも  講釈といううちにも  長講二席のうちの  一ぷくのんでいるうちに  領海のうちで  背景のうちに  豪傑のうちの  与八をうち  小遣銭をねだりに来られたりするうちは  医書のうちの  貧乏暮しのうちに  Catnivoresのうちの  仲間のうちでも  不自由のうちにも  五分経たぬうちに  者のうちにも  わたくしどものうちへ  黒石のうちに  鉄琴をもうち  村のうちで  相手にあるうちは  のだといふうちに  辛抱するうちには  姿を見るうちには  それがうちへ  松山のうちへ  平靜のうちに  村のうちには  わが家にいるうちに  六間あるくうちに  快適さのうちに  想念のうちに  筋書のうちの  不具のうちにも  三枚四枚五枚と書いてゆくうちに  冬至も来ないうちから  願望のうちで  汝等のうちの  鯨一頭のうち  五臓のうち  乳湯のうちに  反映のうちに  争いのうちに  すべて無言のうちに  斯う思って居るうちに  先生のうちに  天才のねうちが  乾児のうちで  健忘症のうちに  時候のうちでは  仕事を眺めてゐるうちに  図胸のうちで  荒稼ぎするうちに  結局ダンビラふりまわして睨めまわしているうちに  ここのウチへ  魚類のうちで  子供を儲けぬうちに  博士のうちで  人はうちの  カムパネルラのうちへ  カムパネルラのうちに  カムパネルラのうちには  汽車はうごき出しと思ううちに  ザネリはうちへ  あした放課後みなさんとうちへ  自然科学のうちで  十本も伐り倒さないうちに  相界のうちの  狸寝入りを試みているうちに  客人のうちで  勇士組のうちの  耳のうちに  頭脳のうちに  お父さんとうちの  云つてしまふかしまはないうちに  家々のうちの  ぼくのうちに  友人はうちを  なかにあるうちに  晝のうちに  私はうちを  敷蒲團のうちから  不平さうに口のうちで  叔母さんやうちの  完成をみないうちに  科白のうちにも  過程のうちに  それがすむかすまないうちに  眼瞼のうちがは  遠くにあるうちに  頭をうち  彼女たちのうちの  かすかにうち  囘想に浸つてゐるうちに  あなた方のうちの  体が焼けないうちに  均衡のうちに  天然のうちに  同志のうちに  これらのうちの  半分とは燻らさないうちに  人たちのうちの  人間のうちの  二人のうちが  密猟船のうちの  漁師連のうちにも  動物のうちの  口へ入れているうちに  武将のうちの  世の定まらぬうちは  香煙のうちに  家のうちにと  武門のうちの  生あるうちの  詩のうちに  菊池家のうちに  瞬間のうち  声のうちには  神人のうちの  願文のうちにも  時間差のうちに  芦のうちから  半日もたたないうちの  一目のうちに  自分達のうちに  彼女のうちで  伝統のうちに  めいめいのうちに  経験のうちに  絆纒着のうちに  萌芽のうちに  満開のうちに  闇夜のうちに  三度めにうちの  一軒のうちへ  新たにうち  数秒のうちに  わが身のうちに  物思ひに耽つて居るうちに  たまにうちへかへ  貴方のうちに  居城のうちでも  思いをうち  直接保子さんにうち  子供自身にうち  嗚咽のうちに  何でもうち  疑惑とのうちから  豁然とうち  綺麗にうち  それと気づかないうちに  今更意中をうち  迷いのうちに  それをうち  彼のうちで  絶望のうちに  昏迷のうちに  人が込まないうちにと  ような惑わしのうちに  酒杯のうちに  他家にやってるうちに  休息のうちに  投げやりのうちに  面影のうちに  仕事のうちで  此程もうちの  発作の来ないうちに  肩揚げの下りないうちから  女衒の帰らないうちは  通が終らぬうちに  台詞を云いきらぬうちに  世間に知られないうちに  人達のうちでは  夜も明けないうち  んに手繰って行くうちに  木戸の締まらないうちに  七日八日とつづくうちに  一日二日のうちに  これでも生きているうちは  屋敷のうちには  あいまいのうちに  カードのうちの  プレゼントがうちで  晩酌がうちから  今日はうちで  順子さんがうちへ  神さんがのぞきに来ないうちに  女のうちに  矛盾のうちで  今日のうちから  経営術のうちに  扉にふれてうち  芝浦で泳いでいるうちに  磔刑に逢わないうちに  物のねうちを  焼夷弾のうちに  婿を取らないうちに  どこかのうちのに  生き物のうちでも  胸のうちも  朝涼のうちに  庭のうちへ  みずから納戸のうちの  恐懼のうちに  兵塵とならないうちに  社殿のうちに  現地軍のうちに  這奴を生かしておくうちは  猛火のうちに  水軍のうちには  寺門のうちへ  唇のうちで  十重二十重のうちに  七十余人のうち  堂のうちから  黒煙濛々のうち  幕舎のうちに  森のうち  建物のうちへ  廃宮のうちに  おまえ方のうちに  信者のうちの  梅雨のうちが  夜の更けないうちに  声が終らないうちに  扉のうちを  塔のうちへ  ここ二日のうちに  片端からうち  仇のうちで  折本のうちには  一年経たねえうちに  神罰を蒙らぬうちに  そいつが利いたと見えて待っているうちに  サービスをやっているうちに  時機を待っているうちに  ガブリガブリやっているうちに  日本まで渡って来るうちに  跟いて行くうちに  あれを聴きよるうちに  移り換えもしねえうちから  医者の来ないうちに  三間のうちに  客のうちで  飯を食っているうちに  これを見つめているうちに  親類のうちに  候補者のうちで  相続人のきまらないうちに  肩揚げのおりないうちに  三句のうちに  人形使いのうちに  楽屋のうちに  大入りのうちに  昼のうちには  混雑のうちに  ひと晩のうちに  被害者のうちには  仲間のうちと  十夜のうちの  逸せぬうちにと  末しないうちは  眼のうちも  師匠のうちから  奉公人のうちには  半信半疑のうちに  三人のうちでも  子分のうちには  門弟のうちには  八人のうちに  貴公らのうちで  生垣のうちに  弟子のうちで  女だけれどもうちの  富子はうちの  店の終らぬうちに  両々相談ずるうちに  手伝つてゐるうちに  よそのうちの  一部始終をうちの  商談のうちで  オバサンはうちの  流れの消えないうちに  タヌキ屋で飲まないうちに  一軒のウチを  からだはウチの  娼妓のうちにも  晦日にもならねえうちに  三十六人のうちに  塾にいるうちだけ  物やのうち  迷つくうちに  十分も経ぬうちに  多く考えるうちには  収集家のうちで  明け切らないうちに  大抵のうちでは  寢てゐるうちに  半日経たぬうちに  旗本屋敷のうちには  肚のうちで  ところ仲間のうちには  女学生のうちの  ことのうちにも  動搖のうちに  眞情がうち  旅のうちに  全部のうちの  三日と経たねえうちに  言ひでないうちの  いつかみなのうちから  兵火のうちに  物情騒然のうちに  一両年のうちに  不肖わたくしのうちに  南朝朝廷のうち  同勢のうちの  埃のうちに  歳月のうち  幕府のうちの  座のうちにも  平曲のうちでも  陳列棚のうち  中に寝てくらしているうちに  屹度一生のうちに  同人のうちには  半年もたたぬうちに  漢方医のうちにも  夜が明けないうちに  七日のうちに  三日のうちでも  五匹のうちで  武家屋敷のうちに  煤びた古祠のうちには  扉がうち  奴さんをうち  空家のうちには  ゆくえの知れないうちは  記録のうちで  村のうちに  九人は寝ているうちに  近世のうちでも  おれのうちの  面箱のうちに  数年のうちには  家庭教育のうちにも  原理のうちに  わしのうちは  子どものうちは  看護婦のうちの  ほうぼう知りあいのうちに  顔をしてうちにばかり  あなた方のうちには  我々のうちで  湯槽のうちの  おれの見たうちで  神様のうち  小作連のうちの  有野王国のうちに  わしでもいるうちは  工人のうちに  豪宕のうちに  冬籠りをするうちの  笠のうち  浪士のうちでも  四海のうちの  鳴海のうち  鳴海のうちと  本所のうち  すべて物のねうちという  お前のうちじゃ  匪賊にうち  お仕置にならないうちに  そこらを掻き探しているうちに  葭簀のうちへ  土蔵のうちへ  白布のうちから  茸族のうちの  気の毒だと思っているうちに  野獣のうちの  野獣のうち  二百人のうち  身体のうちが  君にうち  卓にうち  ようにしているうち  佐伯のうちは  一つ地所のうちに  床のうちで  二十四時間のうちに  半年ばかり暮らしているうちに  一日経つか経たないうちに  日を暮らしているうちに  茶の間を済ましているうちに  始のうちは  留守のうちになどと  今までのうちに  賑やかな光りのうちに  千百人のうちから  それを聞かないうちは  ようなうちに  事心のうちに  貧苦のうちにも  迫害のうちにも  佐佐木茂索夫妻とはなしているうちに  翻訳のうちから  鱗粉きらとうち  かにこそうち  倦怠のうちに  造つても乾かすうちに  青磁のうちでは  種のうちでも  四人兄弟のうちの  右門がいううちに  犠牲大名のうちの  ものが繰り返されているうちに  靄のうちに  御飯が終るか終らないうちに  夜じゅう恐怖のうちに  富井のうちの  歳月のうちに  鮎沢のうちへ  つや子と話しているうちに  自分たち石田のうちの  破綻のうちに  文書のうちに  のをきいているうち  今のうちの  面立ちのうちに  火焔のうちに  重吉のうちへ  集金人のうちへ  何かうち  うたの終らないうちに  者一代のうちは  はじめのうちこそ  やうなうちにも  呆然たるうちに  数度戦つて居りまするうちに  蟹を食べてゐるうちは  ここ一両年のうちに  仕事のうちの  ものをうちの  睡眠のうちに  ピラミツドのうちで  げにうち  根底からうち  大衆生活のうちに  薬屋のうちで  月日のたつうちに  一町と駈けてゆかないうちに  屋敷のうちは  批評家職能を伸べないうちに  東京は見る見るうちに  言葉が終るか終らないうち  清閑さへ得ないうちに  一文半文のねうちも  座に着かぬうちに  花の散らぬうちに  報酬を得ぬうちに  モラルのうちには  今日明日のうちに  毛唐のうちの  冠のうちに  桃山城のうちの  残心のうちの  たちのうちに  酔いのうちの  母屋のうちを  女中さんのうちの  夢心地のうちに  敵機をうち  一方へ進んでいるうちは  数時間のうちに  袖のうちに  速度が見る見るうちに  一にはうちの  遊びのうち  仲間のうちでの  用事をうち  其晩のうちに  日光を見ぬうちは  時もたたぬうちに  数値表のうちの  明りのうちに  強風雨のうち  ポケットのうちに  四五人のうちの  これを忘れてしまわぬうちにと  ことをするうちに  暫らく気付かぬうちに  殻のうちに  場合によってはうちの  雑鬧のうちを  寂寞のうちに  主人公ラスコルニコフのうちに  酒の飲めるうちは  東京へつかないうちに  大衆のうちの  ことをやっているうちに  社会条件のうちに  斜坑を上り切って終わないうちに  ゆらぎ耳かたぶけてうち  そこにうち  空のうち  匂にうち  こにかうち  吊橋はうち  海をうち  腐蝕にうちに  切支丹のうちに  葉のうち  霊のうち  一週のうちの  摺墨をうち  十日と経たないうちに  むやのうちに  一のうちに  道化たるうちに  意識せざるうちに  鬼のうち  今日のうちど  学問のうちでも  著述のうちで  外力のうちでも  旋転を続けているうちに  旋転しているうちに  渦動につれて動いているうちに  遊星のうちでも  ようにならないうちに  収縮していくうちに  衛星のうちで  効果を遂げないうちに  経過のうちには  星雲のうちで  考えのうちの  絵など教えているうち  略歴記事のうちに  諧謔のうちに  袂のうちに  遺言状のうちにも  わたしのうちに  血に酔うて泣いたり笑ったりしているうちに  諌止られないうちに  卒業しないうちから  一時間くらい待っているうちに  味はつてみるねうちが  口調でうち  旋律が繰り返され繰り返されているうちに  茂みのうちに  先にはうちでも  彼女たちが来ないうちに  足音もしないうちから  介抱していると思っているうちに  五羽のうちの  色があるうちは  声のうちにも  矢のうちから  閑居のうちの  予定のうちに  悩みのうちに  屋敷のうちを  からだのうちが  市場のうちが  世間話のうちに  屏風のうちに  闇のうちには  竹のうちに  城郭のうちを  銃先を揃えてうち  見物のうちに  とものうちの  日うちつづくうちの  絶対のうちから  日程のうちへ  罪のうちの  悪のうちの  白雲を待ちきれないうちに  年をしてウチの  顔を見ているうちに  一月のうちに  二軒長屋のうちの  人は行くうち  河浪のうちに  大麦のうちに  明鏡のうちに  生死も知れねえうちに  鐘を数えているうちに  静けさのうちに  すべてクリストフのうちに  クリストフのうちに  一民族のうちに  状態のうちより  不安焦燥混乱のうちに  おのれのうちに  灰色のうちに  信条のうちに  一事のうちに  五両のうちから  ここのうちを  橙が見ているうちに  物言いのうちに  風評のうちに  もとにうち  脚の来るうちには  言葉の終らぬうちに  一足も出さぬうちに  考えに止まっているうちは  奴が来ないうちは  無駄話をしておられるうちに  死骸は見ているうちに  夜のうちから  一月二月と経つうちに  一本も使わないうちに  徘徊っておりますうちには  千夜のうちの  月のうちを  相手に落ちないうちに  元日にならないうちに  噺をして居るうちに  凝視めているうちに  夢を見てゐるうちは  二十分ばかりたつうちに  散歩してゐるうちに  ひとり散歩してゐるうちに  手紙を読んでいるうちに  躊躇するうちに  陸風に変わらないうちにと  魚はまたたくうちに  一カ月もするうちに  夕もやのうちに  わたくしもうちで  嬢さんはうちの  どこのうちも  僕のうちでは  自然のうちで  非情のうちに  仲間のうちから  三つあるうちの  仙台様のうちの  口のうちでは  途を歩いているうちに  半分も来ないうちに  人の住んでいないうち  いっしょにうちへ  波動のうちに  孫のうちに  観念をうち  憤懣のうちに  恍惚のうちに  存在のうちに  無限のうちに  墳墓のうちに  反抗のうちに  みずから自活しないうちは  父の行ないのうちに  不満をうち  半ば幻覚のうちに  河床のうちに  人種のうちに  すべてのうちで  打擲にうち  一生涯彼を知らず知らずのうちに  夜のうちを  幸福のうちに  巻毛をこしらえないうちは  一座のうちから  やおやとおもっているうちに  もつてゐるうちに  物心のつかぬうちにと  坊ちゃんはうちの  主人はうちの  習慣では生きているうちから  時子にうち  箸をつけてゆくうちに  作品のうちの  伯父のうちに  空虚のうちに  孤立のうちに  返辞を伝えられないうちに  父にうち  上流市民のうちに  勝利者とならないうちは  彼がだれはばからずうち  オットーにうち  心にうち  君のうちにしか  歴史のうちにも  心配をうち  歯をうち  なごやかな場所のうちに  音楽のうちに  ただ二十字のうちに  三角のうちに  菓子のうちで  規則のうちに  もと私のうちへ  一堂のうちに  年寄のうち  逗留しているうちは  年月のうちに  女のうちで  茫然のうちには  こんどは読んでいるうちに  傷痕ばかりを描いているうちに  自分を与え与えしているうちに  気のかわらないうちにと  日万葉集に読みふけっているうちに  君はうちの  らしたうちから  甚兵衛のウチで  火のあるうちに  情夫のうちの  仙台語のうちの  今明日のうちに  出鱈目のうちの  饒舌のうちの  大名のうちの  天水桶のうちでも  昼のうちの  詩興画趣のうちに  昔話のうちの  指のうちの  舟のうちにこそ  どこかに隠れ忍んでいるうちは  帰国四人のうちの  彼等をうちへ  生ているうちから  馬車のうちには  生ていられたうちは  美術家のうちの  仕事のうちに  それをひっくり返しうち  遺物のうちに  子供のうちにも  杞憂のうちに  平和にうち  心もうち  海原のうちに  精神的決意のうちに  堅忍主義のうちに  悲しみをうち  茫然さのうちに  宇宙のうちに  憐れにもうち  自分自身のうちにだけ  幻覚状態のうちに  頭のうちに  先刻彼女のうちに  彼女のうちにも  暗夜のうちに  眠気にうち  彼女のうちにおいて  快感のうちに  光のうち  道徳のうちに  愛のうちには  神にうち  美徳のうちで  お前のうちに  忘却のうちに  議論のうちに  エルンストにうち  クリストフをうち  マンのうちに  無のうちに  お気の変らねえうちに  わたしたちのうちの  一軒二軒のうち  理想国のうちに  楽土のうちの  五妻のうちの  山のねうちに  はじめのうち  五尺流れるうちには  波田が食っているうちに  気のしないうちに  お前たちはうちに  おまえのうちじゃ  おまえおれのうちへ  諸君のうちの  博士のうちを  ここにいるうちに  海水帽のうちに  初めのうちだけ  三人してうち  萬葉のうちに  古典のうちの  耳に達せぬうちに  わたくしのうちへ  歩みを続けているうちに  二三十歩も行かぬうちに  家のうちには  凶のうちの  凡て沈黙のうちに  菓物のうちで  相手をうち  夏のうちの  毎日やっているうちに  大分間のあるうちから  日常生活のうちでは  誰のうちへ  方々のうちから  微笑のうちには  肉のうちの  者は知らぬうちに  輪のうちに  十年間のうちに  方を耕しているうちに  群れのうちでは  五日十日とたつうちには  土用のうちは  森で待っているうちに  ことを書いているうちに  髭をうち  幾らも歩かないうちに  真中あたりまで謡って来られたと思ううちに  ものだと思ううちに  文句のつながらないうちに  堅田のうちに  蚊遣火蚊遣火はとまやのうちに  隣のうちの  磯にうち  店のうちから  役者が来ないうちには  なかにうちの  半年とたたないうちに  蜘蛛のうちでも  一瞬間のうちの  虫類のうちの  神社のうちでも  群雄のうち  遺臣のうちには  のに困らないうちだけ  客もまつたく気づかぬうちに  仏さんのねうちが  卵のうちに  学生のうちの  作者のねうちの  平明であるというねうち  作者をうち  あれからうちへけ  だんなのうちで  かんからとうち  伝六をうち  悲憤のうちに  牢長屋の開かねえうち  舌て居るうちに  五官のうちで  二日とたたないうちに  主人のうち  始末がつききらないうち  いなりずし屋で見かけたうちの  蛤をまたたくうちに  知人のウチへ  知人のウチは  自分のウチ  完了のうちに  手袋をはめているうちに  年中行事のうちの  ごうし造りのうちを  小半ときとたたないうちに  屋のうちは  一味のうちに  ひとり胸のうちに  おじさんのうちの  莞爾とばかりにうち  莞爾とうち  十二匹のうちに  心のうちも  莞爾とばかりうち  ゆんべのうちに  同僚たちのうちで  苦笑しながらうち  面をうち  告白をうち  感激にうち  右門はうち  百合江がうち  近代的無産者的基礎經驗のうちに  流のうちに  一般的進化のうちに  男涙をうち  市内のうちに  陳述のうちに  入牢していたうちに  風采をうち  駕籠にうち  なにごとかをうち  遊女のうちでも  右門もうち  さばきに来るうち  視線のうちに  莞爾としてうち  宇宙のうち  教えのうちには  一団のうちに  鳶人足はうちを  生島屋っていううちには  足袋を穿くして居るうちに  手提信号灯がうち  惨状のうちにも  年寄連中のうちからも  大名たちのうちにも  身のたしなみをうち  だんなのうち  そこへあけに染まりながらうち  にこやかにうち  一瞬のうちの  加賀百万石をうち  しんみりとうち  おれゃお奉行さまのしうちが  着物のうちに  まわりをうち  右手のうちから  へやのうちの  覆面のうちに  根のかわかぬうちに  名のうちの  へやのうちを  相手がうちの  藩医たちがうち  そこへうち  四半刻もたたないうちに  カンカラとうち  行き先もわからねえうちに  へびのうちから  意想外のうちの  三方にうち  さもうち  右門流のうちの  ッとうち  四つのうちに  木の下のうち  野郎のうち  野郎がやっているうちの  穴のうちの  丁半師のうちと  江戸八宿のうちの  罪人のうちにも  瞑目しながらうち  清谷といううちが  魂が生きているうちに  鐘が鳴らないうちに  広間のうちに  順番が来ないうちに  諸君のうちでは  話を申し上げねえうちに  それは話しを進めて行くうちに  制作のうちに  大将がうちの  経のうちに  まくらのうちに  六匹のうち  もちをうちへ  夕がたうちの  おまえのうちへ  借金のあるうちは  岸から挟みうちに  おいでのうちは  縁のうち  蘭さんのうちに  ちゃのうちの  身のうちと  #恋愛を知らないうちに  鳥のうちで  王土のうち  女のうちじゃ  一座のうちを  同座のうちに  子供のうちじゃあ  夜気のうち  馬鹿のうちと  心のうちじゃあ  空にうち  化粧のうちの  陰惨なうちにも  客人のうちには  何かといううちに  財産のうちを  どこかうちの  朗らかにうち  一個をうち  だんなたちと別れてうちへけ  世の中でうちの  怒りにうち  時間のうち  すべて季節のうち  のとねだっているうちに  さわやかにうち  五体のうちにも  きょう昼のうちに  家のうちが  あたしのいないうちに  日も上がらないうち  川をはさんでうちの  日のあがらないうちに  莞爾としながらうち  吹雪のうちに  旗本のうちに  江戸のうちを  みんな子供のうちに  月来彼のうちには  拳でうち  熱情のうちに  古典派作家らのうちで  彼らのうちにも  民衆のうちに  理想主義をうち  ブラームスのうちに  ベートーヴェンのうちに  情熱のうちに  完全にうち  奴隷のうちで  彼女らのうちの  理知のうちには  一身のうちには  #彼女のうちに  おのれのうちの  四壁のうちに  魂を通るうちに  ワグナーのうちに  興奮のうちに  淡白にうち  考えをうち  不平をうち  批判のうちには  歌曲のうちの  社会のうちに  社会のうちで  音楽のうちで  散歩してるうちに  客のうちに  事件のうちに  批評のうちで  演奏のうちに  喝采のうちに  怒りに任せてうち  生産のうちに  人名表のうちから  フランス文学のうちに  良人にうち  耳とをうち  相手のうちに  心はうち  手はうち  電報をうち  ことをたがいにうち  譜のうちに  自分のうちには  シュルツのうちに  年月をうち  事柄のうちにも  泥濘のうちに  鳥のうちに  悲嘆のうちに  嫌悪とのうちに  咽のうちに  愛情のうちに  哄笑のうちに  喧嘩をしかけられないうちに  見物人のうちで  国境を越えないうちは  故人のうちに  人々のうちで  だれも知らぬうちに  それらのうちの  座敷のうちの  奉公人のうちに  親分のうち  不思議のうちの  小べやのうちには  十八人のうちの  十八人のうちに  おまえら十八人のうちに  子どものうちからて  屋のうちの  医者のうちの  書生のうちから  成人もせぬうちに  医者のうちに  三庵がうち  他人のうちへ  音蔵のうちへ  駒のうちへ  駒のうちを  駒のうちに  座敷のうちにも  #繪畫自體のうちに  長崎通詞のうちでも  勝麟太郎一行のうちの  蒸汽船やを説いてゐるうちの  文章のうちの  實用に堪へぬうちに  一時間ばかり待つうちに  著書のうちでも  一般的性格のうちに  政治的動亂のうちに  船のうちでも  日本滯在のうちに  知識のうちに  對外空氣のうちに  支那土産のうちから  通詞のうちで  慣習のうちにも  當然通詞のうちにも  物のうちで  五條のうちに  鎖國のうちに  私的書翰のうちに  交渉のうちでも  外交事情のうちで  接觸のうちで  著書のうちにも  歴代將軍のうち  半分ゆかないうちに  作のうちで  極点へ押しつめぬうちに  主人公は惚れないうちから  これも惚れないうちから  河童忌をやるうちに  評価出来ないうちの  誰も見ないうちに  あすこまで行くうちには  セラダがウチへ  彼をウチへ  日野もよばれてウチで  先にウチへ  ことにしてウチの  ワリカンでウチで  ことがあってウチで  足でウチへ  女中のうちの  共鳴者のうちの  利用価値がありと見ているうちは  誰にも会わないうちに  浦島太郎のうちは  百姓のうちに  江戸のうちの  書落さぬうちに  病のうち  四字のうちに  いつでもうちの  のかと思って居るうち  十分も立つか立たぬうち  一時間と経ぬうちに  三日と経たぬうちに  三十分と経ぬうちに  遺言状を書き直さぬうちに  十分間も経たぬうちに  証拠も見ぬうちに  三日と経ぬうちに  三年と経たぬうちに  月日を経ぬうちに  一決も見ぬうちに  いま織田家のうちで  国許にいるうちから  国許におるうちから  一礼のうちにも  一室のうちから  大小城のうちに  着城のうちでは  城のうちに  十日あまり陣屋のうちに  酒興のうちにも  着城のうちで  夕霧のうちに  きょうのうちにも  陸に居るうちに  額を拭いているうちに  ジッと見ているうち  食糧も積み込まないうちに  一時間後二時間後のうちに  花束を渡さないうちに  それ等は見る見るうちに  空中を飛んでいるうちに  凡て自分のうちに  最近彼のうちには  周囲のうちに  解決のうちに  自然のうちを  郊外のうちに  信念のうちに  兄妹とうちばかり  私共のうちで  橋本のうちに  叔母のうちに  布をうち  荒野のうちに  其処にうち  歓喜のうちに  予科のうちは  半年経ぬうちに  声を思い出すうちに  百度狙ううちには  日々のうちでも  ことを話してるうちに  動物のうちに  私はうちに  大西洋ライナーのうちで  職業のうちでも  生活のうち  それと考へて居るうち  惚ているうちに  衣食住のうちの  他行中であるから帰らないうちに  可能性のうちには  芸術のうちで  視野のうちから  一曲を弾いているうちに  映画を見ているうちに  ために見ないうちから  鼻歌を歌っているうちに  近ごろ見たうちでは  人々を見ているうちに  近ごろ見たうちで  そこらをぶらつくうちには  宣伝映画を見ているうちにも  皆此のうちに  瞑目のうちに  ピタゴラスはにげ出して行くうちに  これを聞いているうちに  時間のうちには  事をしているうちに  種類のうち  のに手間取っているうちに  三当もしないうちに  村にはいらぬうちに  貧乏人のうちで  あとでうちへ  あひるさんのうちへ  侍妾のうちに  部屋のうちは  仕上げまでに至らないうちに  水を濁さないうちに  早春のうちに  一服さんがウチの  訳語のうちに  之を聞いてゐるうちに  非常にうち  自分達をうち  踵を回らすうちに  何遍も読み過しているうちに  傷口が痛んでいるうちは  散歩のうちに  ようにも思わないうちに  私が眠っているうちに  事を考えまわしているうちに  爪先で引っ掻きまわしているうちに  閃めかしているうちに  様子を見届けているうちに  寝顔を見てゐるうちに  我知らず口のうちに  罫紙にならべて行くうちに  金のなくならないうちにと  先達ってうちから  十日立たないうちに  二度ずつ出て居るうちに  息子の云い出さないうちは  証言のうちで  生理学者のうちに  カイはうちに  にわとりのうちの  ふたりがうちに  馬車のうちが  おっかさんだけがうちに  新手を考えているうちに  車室のうちは  車窓より見まもりゆくうちに  一風呂浴びて休むうちに  ここまで来るうちに  塔は見る見るうちに  秩序のうちの  無感覚のうちに  パリーのうちを  静けさのうちには  数週間のうちに  向こうの知らないうちに  テオフィル・グージャールへうち  自分自身のうちを  ベートーヴェンのうちにも  薄明のうちに  十六分音符のうちに  薄ら明かりのうちに  黒衣のうちに  近代フランス人のうちに  宇宙のうちで  彼らのうちには  学芸会などのうちに  涜行為のうちに  音楽家らのうちの  鍵をうち  私たちのうちには  私がうち  まま彼へうち  享楽しないうちに  知能のうちに  #動物性のうちに  音楽のうちにも  通俗音楽会のうちに  勝利にならないうちは  談話のうちでは  下等なうちの  彼のうちでは  #他人のうちに  信仰のうちに  国民的倨傲のうちに  なごやかな静寂のうちに  愛にうち  静穏のうちに  時彼女のうちに  時自分のうちに  斜面のうちの  ヨーロッパのうちで  大家のうちの  クリストフのうちには  各人のうちに  諍いのうちにも  顔のうちに  肉片のうちに  彼は押されているうちに  車にうちのって  地所をうちへ  口でいわないうちに  二ヵ月ぐらいたつうちに  子供達のうちに  涙のうち  高鼾のうちに  七百余合のうち  くせなうち  三娘子のうちを  パントムなるうちを  叔母さんのうちに  おだやかに暮して行くうちに  処女のうちだけが  仲間のうちでは  二三秒間のうちに  金のなくならぬうちに  なほ廢墟のうちに  それから歩いているうちに  彼はうちへ  群集のうちから  乗つて瞬くうちに  暫時のうちは  病室のうちに  隊伍のうちに  芝生をうち  誰か帰って来ないうちに  一日二日と過ぎるうちに  群のうちから  顔つきは見る見るうちに  美容術のうちは  立話をしているうちに  相手国のうちに  ところまで歩いて行くうちに  加茂村のうちの  説明を聞いているうちに  探検するうちに  おじぎをしてうちの  他人のうちは  慣用のうちで  今日はウチの  オレのウチへ  芝生のうちに  懺悔のうちに  懇請にうち  羽音のうちに  盲目な憤りのうちに  みずから気づかないうちに  没落のうちに  困窮のうちに  傲慢さとのうちに  アントアネットのうちで  生活はうち  宗教的雰囲気のうちに  グルックのうちに  沈黙のうちにのみ  姉のうちに  美点のうちの  恋人のうちで  冷やかなうち  フランスのうちに  兵営生活のうちに  仕事にうち  喧騒のうちに  悲惨のうちにて  パリーのうちに  大人の知らないうちに  その他絶句のうちにては  忽のうちに  智慧のねうちに対する  それをとっているうちに  国民生活のうちに  芸術部門のうちで  追随のうちにのみ  それらのうちに  われわれ一代のうちに  ものとしてうち  心理のうちでも  五十間とは歩かぬうちに  六日を過ぎるうちに  泊り歩いているうちに  自ら八犬伝のうちに  二十村郷のうちの  向きが定まらないうちに  漣を見詰めているうちに  廻転が見ているうちに  文芸のうちに  一週間とたたないうちに  大阪にはうち  千一體のうちに  顔を見ようと思ううちに  格子のうちには  それを問わず語らずのうちに  やつてみないうちは  友達でうちに  小屋のうちには  お金のあるうち  迎ひに来ないうちは  国のうち  市長のうちへ  市長のうちは  迫害のうちに  経過のうちにおいて  我々のうちにおいて  方向のうちに  解体とのうちに  生成のうちに  流れのうちには  凡てのうち  流れのうちにおいてのみ  伝説のうちに  進展のうちに  自己自身のうちに  中心のうちに  直観のうちにおいてのみ  活動力のうちに  祈りのうちに  飲料のうちで  大隈伯のうちへ  姿勢を立てなをさぬうちに  ほとりに止まつたかと思ふうちに  場中をめぐつて居るうち  勝負のうちには  さがもうち  百のうちに  戯曲作家のうちに  妙手をうち  文壇のうちで  ことのうちには  作家のうちから  沈默のうちに  社寺のうちに  一句一首のうちに  もののうちではと  ことに止まってるうちは  一国のうち  会話のうちに  悪魔のうちの  日数のうちに  風俗行事のうちの  娘のうちも  娘のうちは  祖先のうちの  生涯のうち  俗謡のうちの  三町ばかり歩いているうちに  紀行文のうちに  日あるうちに  突立つてるうちは  母様のうち  三年経たないうちに  学生のうちに  誰かうちの  ことが知らず知らずのうちに  事情のうちで  空想のうちに  女性のうち  二時間とは眠らないうち  誰も起きないうちに  病院があるうちは  ベルに驚かされないうちに  習慣がつかないうちに  キサマのウチは  オマエのウチに  素掘りのうちに  五千年たつうちには  一巻のうちにも  情況のうちに  オリヴィエのうちに  本書のうちに  地平線をうち  生活自身のうちに  外見のうちに  いつまでもうち  闘いのうちに  事柄のうちに  アントアネットのうちに  身体じゅうをうち  内的世界のうちに  知能とのうちに  師のうちに  愛のうちから  知識階級のうちに  君たちのうちに  幻像のうちに  すべて二十年間のうちに  だれにでもうち  幸福のうちにも  クリストフはうち  優秀者らのうちにばかり  景色のうちで  無為無能のうちに  彼らのうちで  子供たちのうちにさえ  愛情とのうちに  思想のうちに  熱情のうちにも  悲観主義のうちに  無気力のうちに  抵抗をうち  国民のうちの  光明のうちに  われわれのうちでは  われわれのうちでの  誤解のうちに  芸術家のうちに  友のうちに  和解のうちに  人のうちに  君たちのうちには  頽廃のうちに  キリストのうちに  真理のうちに  忍諦のうちに  無言無為のうちに  音楽のうちでも  遊びのうちに  娘のうちに  理由のうちには  事柄をうち  相手のうちにも  フランス人のうちに  君たちのうちで  虚偽のうちに  精神生活のうちにばかり  すすり泣きのうちに  民族のうちに  率直にうち  勝利のうちに  擾乱のうちにおいて  暫時のうちに  君たちのうちでは  混沌のうちに  河流のうちで  失望落胆のうちに  河を見ないうちは  民族のうちの  皆私のうちに  方々へうちの  惑溺のうちに  庭木のうちでは  さのうちにも  鴎外のうちに  悪魔性のうちに  路傍にうち  疑念をうち  入浴に来ないうちを  表情のうちにだけ  再現のうちに  結婚後半年もたたぬうちに  茶室のうちに  父のうち  計画のうちに  月たたぬうち  自負心のうちで  自然主義作家のうちで  自然のうちの  血管のうちには  今日明日のうちには  いっしょに暮らさぬうちに  星野のうちへ  青のうちに  水煙のうちに  夕靄のうちに  遊びのうちにも  砂浜がうち  釣りのうちに  笑顏のうちに  手探りで歩いて行くうちに  二夏ばかり過すうちに  二年も経つうちには  光景を見過して来るうちに  マゴマゴしているうちに  自分でも気付かないうちに  霧のうちには  年月を送るうちには  一間のうち  俳優のうちに  人々心のうちにて  我家のうちの  一間のうちを  様にてうち  床のべてうち  我子なりといいしが見るうちに  都会のうちに  催促されぬうちに  四五日いるうちに  彼女を避けているうちに  パリに住んでいるうちに  賑やかなうちに  自分自身のうちから  人溜りのうちを  耳のうちで  戸にはうちの  老大家のうちに  自分たちのうちに  話をうち  恋のうちに  性質のうちで  蒼空のうちに  マドンナらのうちに  すべて二人のうちに  オリヴィエのうちの  友人らのうちに  恋愛のうちに  一身のうちに  人事のうちで  病気のうちは  そばにうち  成功のうちには  皆のうちで  女のうちの  才能のうちに  音楽記者のうちの  人のうちでも  身振りのうちに  眩暈のうちに  すべて暗黙のうちにおいて  通行人のうちに  思想のうちには  人たちのうちにおいても  調和のうちに  音楽のうちの  彼をうち  氣持のうちに  不幸のうち  芸術家のうちでも  胸おどらせて待っているうちに  事体のうちに  百艘のうちの  石垣のうちに  夢のうちの  丸髷のうちの  怱忙のうちにも  読書のうちの  書物のうちに  笠のうちこそ  新撰組のうちに  皮膚のうちの  職業のうちで  有り合わせのうちで  今までうちに  僕は聞いているうちにも  それがしらずしらずのうちに  冷酷にうち  一瞬のうち  今宵のうちにでも  #ほんたうのねうちといふ  米のねうちといふ  ほんたうのねうちを  米のねうちを  畑からうちに  四人のうちには  時日もかからぬうちに  六十ページのうちの  書物のうちの  渇仰のうちに  不誠実のうちに  四季のうちに  人目につかぬうちに  一村のうちで  出征者のうちに  延び延びになってるうちに  筆蹟のうちから  旧作のうちから  天気のうちに  暮のうちは  国民のうちから  手に握っているうちに  おのおののうちに  隊商のうちの  一般案内者のうちの  幾度も考えなおすうちに  骨は握っているうちに  自然人生のうちから  事象のうちに  発見しないうちに  馬大尽様にもうちの  ナーニ半月は経たねえうちに  鳴り止まぬうちに  あれこれと迷っているうちに  それを見入っているうちに  事情のうちの  勢威がうち  遺風のうちに  政治をうち  少数であるうちは  川魚のうちでは  現代的特徴のうちに  社会的なあるねうちを  抵するうちに  おいでになるうちに  涙でむせ返ってしまったりしているうちに  回復しないうちに  警察官らのうちにまで  言論のうちに  候補者らのうちの  光景のうちで  聴衆のうちの  皮膚のうちに  悲惨のうちに  政府党のうちにも  首領のうちの  魂のうちでは  熱のうちに  心中をうち  話をしてるうちに  労働団体のうちに  国民のうちに  一時間ばかりのうちには  不眠のうちに  困憊のうちに  人の気づかぬうちに  不幸のうちにおいてのみ  曲が終わらないうちに  自分だけのうちに  十年足らずのうちに  吾人のうちに  惘然とうち  身をかがめもしないでうち  アンナのうちに  彼女はうち  深淵をうち  動作のうちにも  天才のうちでは  二人でうち  人に知られないうちには  惑乱のうちにも  彼女のうちにと  争闘のうちに  敗者のうちに  魂のうちの  子のうちに  気の毒そうにうち  われのうちに  戦いのうちに  玄妙のうちに  自分のうちから  だれかのうちに  自然全体のうちに  車を出ないうちに  男をためそうとしているうちに  同棲しているうちに  感覚のうちにより  門のしめられないうちにと  想像しているうちに  仕事のやまが見つからないうちは  三四遍繰り反されてゐるうちに  言のうちには  お話しのうちの  碧梧桐のうちの  始めのうち  同行を勧めているうちに  あちらこちらと尋ねまわっているうちに  私のいるうちに  夜の更けぬうちに  京にいますうちは  地方長官をしていますうちに  花の咲いているうちに  音曲のうちで  甲斐絹のうちでも  羯翁のうちの  余が知るうちでは  飼養動物のうちで  何物かのうちに  猫のうちに  標題のうちに  二頁見ているうちに  二声三声呼んでいるうちに  それを待っているうちに  自分の生きているうちに  大方はうち  視野のうちには  生涯のうちでも  衰微のうちにも  拝見しているうちに  患者のうちの  油断しているうちに  良人を見上げているうちに  躊躇あそばされたうちに  三日こもっているうちに  幾日かのうちに  自分がいるうちに  月をながめながら語っているうちに  夜が明けきらぬうちに  季節のうちに  朝にならぬうちに  お話をあそばすうちに  生活をするうちに  何年かのうちに  年になりするうちには  所にいるうちは  ことと思われないでいるうちに  しめのうちは  機嫌を直させようとするうちに  毎日言っているうちに  僧都の語るうちに  宮のうちには  子供らしく喜んで走りまわるうちには  出役のこないうちに  里春の寝てるうちに  五か月のうちに  杯を勧めなどしているうちに  今年のうち  二つのうち  筆を走らせているうちに  ここで頼んだりしているうちに  時日のうちにも  皆九月のうちの  田舎住まいをしたうちに  源氏は見まわしているうちに  遊戯を見ているうちに  地面に達せぬうちに  陽が昇ったか昇らぬかといううちに  六ツになるかならぬうちに  確答も得ないうちに  暮らしになるうちに  何のねうちか  私の伺っておりますうちに  杯がまわるうちに  渚にうち  山彦のうちに  行事のうちでも  対のうちの  肩をうち  宮城のうちには  前に来ないうちに  手続きのうちに  其午後のうちに  汝のうちに  傷跡のうちに  法悦のうちに  崇拝のうちに  可能のうちの  発育を遂げないうちに  空想のうちでは  惘然さのうちに  芸術家らのうちには  筋書きのうちに  美的娯楽のうちでも  崇拝者らのうちで  多数のうちの  凡庸人のうちに  数か月のうちに  動向のうちに  庭のうちに  エマニュエルは話してるうちに  女友だちのうちの  本能のうちに  ジョルジュのうちに  生活のうちによりも  世襲財産のうちで  息子のうちで  リオネロのうちに  幻をもうち  数年来リオネロのうちに  心痛のうちに  矜持のうちに  伴侶のうちに  階段を上ってるうちに  念をうち  一家のうちで  懐疑主義のうちに  愉悦のうちに  飛行のうちに  私どものうちには  階段を降りきらないうちに  それら青年らのうちの  五年くらいのうちに  危惧のうちに  二人の気づかないうちに  人々のうちでも  領分のうちにも  者のうちの  子供たちのうちに  予のうちに  廃墟をながめやってうち  枝のうちに  息子たちのうちの  戯曲のうちに  形式のうちに  文学のうちに  芸術家的素質のうちの  おいでになりますうちに  実現されもせぬうちから  取りになるうちには  承知にならぬうちに  健在なうちに  御園のうちへ  顔を押しつけて考えこんでいるうちに  朝子のうちにも  問題そのもののうちに  爆笑哄笑のうちに  いつか自分でも気づかないうちに  一頁のうちに  大津のうちでは  同氏のうちに  商業劇場のうちに  涙のうちの  笑のうちの  喜劇のうちにも  かわりでもしないうちは  午後のうちには  九月のうちを  兵のうちで  古本屋まで行かないうちに  暮れのうちに  芸術自体のうちに  ドラマのうちにおいて  継起のうちにおいて  時のうちに  饒舌つてるうちには  晩であったにも係わらず無くならないうちにと  雲を見つめているうちに  今のうちが  心にはいらぬうちに  女房のうちで  月日の重なるうちには  無沙汰をしているうちに  宴の終わらぬうちに  ふところに抱かれているうち  青簾のうちも  この世にいるうちの  財産のうちに  進行するとも思わないうちに  お詫びをして暮らすうちに  ことになろうと考えられて来るうちに  お話をかわしているうちに  財布のうちも  三下でくすぶっているうちは  大将が言っているうちに  何時間かのうちに  月日のうちには  のであろうと悶えるうちに  封入してかえそうとするうちに  覚悟が崩れないうちにと  船頭のうちの  今日のうちには  騷いで居るうちに  明すといふうちに  現実としてうち  暗闇のうちの  ように思っておりますうちに  雪のうちに  心のうちでだけ  路を来るうちに  年月のたつうちには  生活に馴れないうちは  三人のうちへ  駕籠のうちに  発熱のうちに  みんなはうちに  同意をせぬうちに  垣のうちに  主観のうちに  封建世界に向ってうち  言葉づかいのうちに  すべて光仙林のうちに  犬のうちで  計画のうちの  獣のうちの  早口のうちに  眠のうちに  大名のうちにも  太閤記のうちでも  与八はうちの  音楽専門家のうちの  秋季のうちに  年月のたつうちに  姉妹が語り合っているうちに  趣味のうちでは  内にうちにと  ひもとほりうちて  連用言のうちに  大阪ことばのうちに  八品詞のうちでは  活用のうちで  語根のうちに  手入れ時嚏だにせぬうちの  四冊に分れてゐるうちの  西洋文明のうちでも  気性をうちに  山荘のうちは  物思いを続けているうちに  数のうちでも  前にまで歩いてゆくうちに  一月のうちには  向島のうち  一年も立つか立たないうち  位にいるうちに  姉妹といううちにも  君がながめ入っているうちに  時間のうちにも  中納言が話し続けているうちに  薫は言いつけたりしているうちに  自分としては生きているうちに  顔を見ないうちは  明日もしうちの  さをうち  彼は歩いているうちに  悪事のうちでも  東洋史のうちで  喚起しうち  それは見る見るうちに  数あるうちには  平和なうちに  波頭がうち  研究しているうちに  当初のうちは  ぢつとしてゐるうちに  春のうちに  だれも見ませんうちに  日向ぼっこをしてるうちに  母をごまかして得たうちの  遠慮も申しているうちに  夫人が思っていたうちに  ことを思ってゆくうちに  幾月かのうちには  一途さにねうちが  重吉がうちに  重吉とうち  舞台俳優のうちから  何時かうちへ  答えもせぬうちに  燈火のつかぬうちに  ちんちんもがもがやっているうちに  会話のうちから  一部屋のうちに  立場だけに立っているうちは  姿にうち  皆の思っているうちに  のを聞くうちにも  浮舟は思ううちにも  年月がたつうちに  世に交わっておりますうちに  ことをほめなどするうちに  眼尻が上らぬうち  煎薬ぐらゐを服用するうちに  石碑のうちで  順調に行っているうちは  汗を拭き拭き受け流して行くうちに  眠りのうちの  わたしたち一人一人のうちに  予想したうちでの  走り説をうち  頁をめくっているうちには  線のうちでは  器官のうちに  自分一人のうちに  精神生活のうちに  集団のうちに  紙数のうちに  反省のうちに  星移り月変るうちに  桜をうち  町を歩いているうちに  知人のうちに  爬虫のうちに  それは落ちないうちに  いま無意識のうちに  部屋が開かないうちは  抗議とのうちに  野暮さのうちに  遍歴しているうちに  よだかのうちへ  鳥のうちを  一時間とまったのでうちへ  都会のうち  自分のねうちが  緒方先生のうちの  諭吉はしょうち  場でしょうち  ふつうのうちの  中へ入れておくうちに  大勝棟梁のうちへ  大勝のうちは  一本を使い切らないうちに  中を辿つて行くうちに  意識しないうちに  仕事のうちでは  ようにしているうちに  私が居るうちに  言葉をきいているうちに  それをきいているうちに  ことができないうちに  今日かぎりここのウチに  兵士を出すうちの  噂が立ったり消えたりしているうちに  無表情のうちに  意見を聞いているうちに  数句のうちに  以上のうちで  経過のうちに  銀座を歩いているうちに  一年あまりのうちに  玉簾のうちや  五感のうちの  絵を見ているうちに  よそのウチでは  生活そのもののうちで  雑談のうちに  彼等のうちで  本部一行のうちに  眺めのうちに  写真のうちには  形造って行くうちに  通過するうちに  オーゴーマン大将のうちの  ナイフを見ないうちは  九分とたたぬうちの  光太郎のうちは  読者諸君のうちで  手にあるうちは  達のうちに  十歩も歩かないうちに  小作人のうちでは  青田のうちに  小作人のうち  俺達のうちから  争議団のうちの  面会せぬうちは  一頁と読まないうちに  藁のうちから  下品のうちにも  けじめがつかないうちに  口うらのうちに  航海指針のうちに  構図のうち  島のうちで  物心のつかねえうちに  一同のうちに  よそへ出ないでうちに  伝達されないうちに  戸棚のうちの  愉快のうちに  巻のうちの  方のうち  奥坊主のうちに  苦情のうちの  芸のうち  穴掘りをやっているうちに  メシ食らいはウチへ  争ひをとり交してゐるうちに  胸のうちだけで  君ようちから  俄にはうち  島かとも見るうちに  姉弟ながらうち  根方にうち  瞳がうち  二分間とかからないうちに  存在をうち  それが見ているうちに  ヒステリーのうちにも  ウソのうちで  予言魔のうちの  絶頂まで攻めのぼって来るうちに  りっぱにうち  荒廃のうちに  いろいろ実験したいと思っているうちに  生き残りのうちの  三尾のうちで  其限りがあるうちで  写生画を見せてもらっているうちに  白昼のうちに  一行は見る見るうちに  着物を着ながら見ているうちに  饒舌ってるうちに  蛙のうち  今日はうちの  一年のうちでも  二人が行くうち  自然鑑賞のうちに  組織のうちに  死のうちにつき  生活態度のうちに  民主的政治的活動のうちに  民主化とともにうち  発言のうちにも  歌声のうちに  危機とのうちに  雲をうち  情熱を夢見てうち  婦人通信員のねうちと  土に触れぬうちに  発車するかしないうちに  どさくさのうちに  性質が突きとめられないうちに  靜さのうちに  烏山のうちまで  真直音楽にうち  擲りつけられぬうちに  二三月のうちに  世話焼くうち  五ヵ月のうちに  宵闇のうちへ  療治をしているうちに  武家息子たちのうちの  乳ぶさのうちに  頭巾のうちで  人浪のうちへ  底まで覗かせないうちは  顔いろのうちに  家のうちへ  茶碗を置かないうちに  年暮のうちの  天災史のうちでも  胸のうちから  灰のうちに  独坐のうちに  屋敷町のうちの  旗本悪のうちの  五人組強盗のうちに  此家のうちへ  覆面のうちの  おかみをうちへ  こたつのうちには  ジッと見つめるうちに  笑みにうちかが  ニコヤカにうち  六七百万坪のうちの  役目のうち  時のたつうちに  外科手術を受けているうちに  半分ほどのうちに  到着しないうちに  そこへ着かないうちに  履行しないうちに  関係のうちから  月給のうちで  文化がうち  家族制度のうちの  勝負のつかぬうちに  三杯と飲まぬうちに  皆様方のうちに  三好十郎自身のうちに  あゆを使っているうちが  無心なうちに  平穏のうちに  ようにねうちの  庄屋のうちに  先輩のうちに  領域のうちに  象のうちの  列名のうちに  須弥四洲のうち  留守居をして居るうちの  集金に行くうちでも  障子のうちには  烟のうちに  竹を切るうちに  三月ばかりたつうちに  発展していくうちも  格子のうちに  終結のうちに  個人のうちに  頁のうちに  生活にうち  恋愛的雰囲気のうちに  結婚しないうちの  お話をしてゐるうちに  刺し違へて死ぬるかのうちを  組のうちから  十年経たないうちに  胸の縮まるうちにも  簾のうちに  嗚咽のうちの  晝前のうちに  束のうちを  始めのうちだけ  数歩行くうちに  つて瞬くうちに  呪詛とのみ聞いてゐるうちは  暫のうちは  全部は片付かぬうちに  三十分とたたぬうちに  幾針もせぬうちに  樹幹のうち  君の知ってるうちに  身のうちも  椙村のうちに  疑惑のうちに  声の消えないうちに  心のうちにはちゃあ  五分十分と経つうちに  みごとにうち  おかあさんはうち  欠点をたれにうち  時間のねうちを  てんのうちか  おかあさんにうち  ぶんのしうちを  ねずみたちにうち  旅行して来るねうちが  逡巡にうち  一緒のうちも  二十代のうちに  名前も売り出さないうちに  井戸屋のうちへ  弁当にうちで  勉のねうちが  永年のうちに  こととふべきにうち  我々のうちの  完成を見ぬうちに  病気のうちには  癌のうちでは  僕が生きてるうちに  僕の生きてるうちに  スコップで掘つてゐるうちに  無職で暮しているうちに  一月経たぬうちに  それを云い終らぬうちに  半年もしないうちに  十日もたたないうちに  少年を見てゐるうちは  丘にまでも行き着かないうちに  舌鼓をうち  衣裳のうちに  戦士は見る見るうちに  四阿のうちへは  耳朶のうちに  仮睡のうちに  火にもえてうち  上にこしうち  星のうち  雲にうち  木匠のうち  髪をうち  鬣のうち  作物のうちに  らくするうちに  数カ月のうちに  其儘にして居るうちに  墨汁一滴のうちで  見当が附きもしないうちに  それが注ぎ終らないうちに  おれの生きてるうちにとの  四カ月とたたぬうちに  童子らはうち  須永君のうちでも  此のうちを  過ぎでうちの  肉親のうちの  友人のうちの  佳饌のうちに  歴史性のうちに  才媛たちがうち  皆のしうちが  一葉自身のうちに  百円以上のねうちの  天稟のうちに  三月もするうちに  後世に向ってうち  ロマンティシズムのうちに  作歌のうちに  随筆評論のうちに  まとまりのうちに  地方文化のうちに  ポーズのうちに  限界がうち  情熱をうち  感傷をうち  支配力に向ってうち  習慣のうちに  詩人のうちの  気分とをうち  対比のうちに  感情そのもののうちに  恐怖をうち  婦人作家群のうちの  社会条件をうち  形式をうち  組立てのうちで  考えのうちで  情勢のうちに  しきたりのうちに  社会的権利のうちに  溜息のうちに  小児のうちに  渾沌のうちに  婦人たちのうちの  東京のうちに  此をうちは  のではなくうちを  うしなどもうちの  いつか無言のうちに  東京のうち  草花のうちで  演つてゐるうちに  男性のうちに  俺が生きとるうちに  濟まさないうちから  種を引出さうとあせつてゐるうちに  言はず語らずのうちに  日本婦人のうちに  整理してゐるうちに  感じのうちに  目のうちも  知人のうちにでも  原稿も書かないうちに  騷いでゐるうちに  墓のうちにも  二三年経つうちに  さを忘れるべくかよい続けているうちに  酔余かいているうちに  そいつを締めてみないうちに  お父さんのうちに  事をうち  一箇月も経たないうちに  人々全体のうちの  過程のうちには  伝記のうちで  綱領のうち  三把束ねないうちに  物のうちには  十日間のうちに  徳行のうち  いつまでもうちの  本を読んで行くうちに  ちよいちよい嘗めてゐるうちに  酌のうちから  一月とたたぬうち  一つ二つ謳っているうちに  棚へ上げたりしているうちに  四十分もたたないうちに  三四年するうちに  暖簾のうちに  ところまで近寄らないうちに  鴉のうちで  従来哲学館館外員のうちに  追憶のうちに  日が暮れぬうちと  三回でうち  感付かれないうちに  椿姫であるうち  喜びのうちに  傍で遊んでいるうちに  一緒にうちへ  一つ目入道は見ているうちに  彼処のうちの  浜子のうちが  タネリがうちに  ところ十間と走らないうちに  桃とを買ってうちへ  隣接してはいてもうちの  父のうちに  一週間許りのうちに  学校へ行ってるうちは  現在のうちに  身体のうちの  夢幻のうちに  ひとりでうちへ  労働者のうちに  森本はうちに  今迄とは知らないうちに  食堂をうちから  一ヵ月もたたないうちに  三回のうちに  日本人のうちで  一年たらずのうちに  親戚のうちに  十分たたぬうちに  幼稚園にいるうちに  初めのうちで  運びのうちに  時が経つうちに  社会建設のうちにしか  烏耶無耶のうちに  一日二日滞在してゐるうちに  いつしよに飲みかはすうちに  ものをうち  三流のうちの  声をきくとうちの  貴様のうちに  夫婦はうちに  クシャミをしているうちに  オヤオヤと思っているうちに  おれのうちは  ようなうちじゃ  昼御飯をうちで  私たちへうちへ  幼稚園にゐるうちに  一時間半のうちに  顏をうち  朝のうちには  見定めのつかないうちに  一時間立たぬうちに  車が走つてゐるうちは  谷は見る見るうちに  二間のうちの  如くにしていつ登るとも知れぬうちに  今日までのうちに  アマのいるうちに  五時半まではウチに  暮れきらないうちに  会計のうちを  彷徨ううちに  精神のうちには  歌舞伎のうちの  愛惜のうちに  形態のうちから  陰翳のうちに  ことは忘れてしまっているうちに  ミュンシナーを飲んでいるうちに  打楽器をうち  ことにうちの  何分の一かのうちに  信託へ持ち込まないうちに  私たちが知らないうちに  イドリスのうちの  茂みにうち  佐久間さんのうちへ  石碑のうちの  九月いっぱい床についておりますうちに  建設されないうちに  あなたがたのうちで  あなたがたのうちには  札幌のうちの  仲間のうちで  国民のうちにはは  願いのうちに  用品のうち  私の育ったうちにも  人間は生きているうちが  声の切れるか切れぬうちに  余裕分別のあるうちは  坑のうちに  浩さんのうちへ  妄語のうちに  あれを見ないうちは  往来をするうちに  澤のうち  滯在してゐるうちに  事を考へてゐるうちに  睨み合ひをしてゐるうちに  島のうちでも  方面を眺めてゐるうちに  半年一年とたつうちに  來てゐるうちに  あたりを見てゐるうちに  花のうちに  月のあるうちに  谷峠をも越えて見たいと思ふうちに  登つてゐるうちに  濱にうち  三度四度と行くうちに  三日するうちに  それこれを見てゐるうちに  山といふうちにも  足柄連山のうちの  灰をうちか  愛のねうちは  金のうちの  船は見る見るうちに  殿上人のうちでも  陶器師のうちへ  霞のうちに  別荘のうちも  人びとのうちにかの  者どものうちに  弟子たちのうちで  だれのうちから  身のうちから  武士のうちより  武士のうちから  学費のうちから  都へ移って来たうちの  つめ矢を射るうちに  たけをがうちへ  笑顔を見ているうちに  製作しているうちに  重大犯罪のうちで  皆筑紫のうち  古画のうちには  皆のうちに  十日も経たぬうちに  新聞面のうちで  草もうち  浪のうちか  ひとり濱邊にうち  思つて饒舌つてゐるか分からないでゐるうちに  声を揃えて怒鳴り付けるうちに  上手下手のうちには  人とのうちに  人間行為のねうちしか  民主主義そのもののうちに  細君はうち  ごちそうをしているうちに  酒も飲まぬうちに  堅気のうちから  女のうちにも  民謡のうちに  二人がいるうちに  本州のうちでも  仙北のうち  川をうち  念頭にあるうちは  貴方の知らないうちに  境遇のうちに  無明のうちに  奉公のうちと  師匠のうちの  由良のうちの  声色をつかって聞かせたりしていたうちは  二十五人のうちの  昼まえからうちを  田代にわかれてうちへ  四日もだまってうちを  格子をあけてうちへ  三浦のうちへ  主人のいないうちの  ぱッとしないうち  頭取のうちへ  飛鳥のうちに  民のうちに  遣唐使随員のうちに  都のうちには  一番ひのうちの  庭をうち  車をうちまで  前でうち  問題が片づかないうちに  親のうちなんて  暮しのうちに  生れつきのうちに  日のうつろいのうちに  本当のねうちが  番犬がわりにうちでも  宵の口にうちへ  伸子の知らないうちに  葛藤のうちに  動坂のうちへも  計画のうち  流れのうちに  計代のうちに  出来上らないうちに  泰造のうちの  瞬間のうちにも  苦しみを感じたうちにも  遺書のうちに  ようなうち  動坂のうちへ  ひとがうちへ  経過のうちの  徒労のうちに  素子はうちの  二三ヵ月のうちに  くらがりのうちに  それを考えているうちに  自分たちのうちの  吉見さんのうちの  一ヵ月ぐらいのうちに  一週間位のうちに  動坂のうちの  伸子のうちの  佐々のうちへ  仕事をしているうちに  人生哲学のうちに  頃佃のうちに  佃のうちの  無意識にうちに  一時間と行かないうち  こころもちのうちに  ものごころつかんうちから  吉にうち  気もちのうちに  手にしないうちから  具足屋のうちから  自分で知らないうちに  秘書ではねうちが  微酔のうちは  コマから放れぬうちに  山ばかり見ているうちはや  未来がうち  以前愛のうちに  惑乱のうちに  ハムレットであるうちは  形のうちに  お母さんがうちの  茶店のうちの  壺をうち  忠相はうち  岸へうち  がんばりをやっておるうちに  丹波をうち  主張のうちに  薄暮のうちに  態度のうちにも  場合のうちに  変事の起ったうちに  四五日籠城していますうちに  結合しないうちは  暖いうちに  胎のうちから  君達のうちで  危険のうちには  姉妹達のうちの  ゴーゴンのうちの  ゴーゴン達のうちの  子供達のうちでも  昔のうちでも  この世にいるうちに  冒険のうちで  百人のうちの  伝説のうちの  詩句を考えているうちに  花草のうちでも  夏の来ないうちに  子供達のうちの  わたしは急いでうちへ  やくざ犬のうちの  話全体のうちでも  人達のうちの  僕が読んだうちでも  頭のうちの  ルンペン詩人のうろついているうちは  根底的にうち  私のうちでは  三年にもならないうちに  話をしているうちにも  このごろのうちで  小鳥のうちで  印象記のうちで  浴室のうちから  一年も経つかたたないうちに  セエラのしうちに  彼女は話しているうちに  何程もたたないうちに  私がうちへ  梯子を登りきらぬうちに  セエラは思っているうち  十分までのうちに  ピストルはウチの  娯楽のうちにのみ  他愛なくうち  みよ子のうちに  生徒のうちに  用もきかないうちに  きょうはうちでも  眼差しをするうちにも  俺がよばれないうちに  小降りのうちに  ことをたしかめてゐるうちに  日を送っているうちに  事実に示されないうちに  何里も行くうちに  まわりみちをしてうちへ  はりみちをしてうちへ  一年間のうちに  トシのうちへ  斯んなうちには  トシのうちの  貫ちやんはうちで  ほかのうちの  細君のうちの  五年生のうちで  日下級生のうちの  内へ入らないうちに  之をうち  女性のうちには  日本画家のうちで  指に折られるうちの  豪放のうちに  感覚のうちの  型のうちの  公開状のうちで  一週間と経たぬうちに  注意しているうちに  階段を上って行くうちに  沈黙が続くうちに  一生涯のうちに  方々職を探しているうちに  気にかけているうちに  三日と経たないうちに  青バスにいるうちに  一週間も立たないうちに  虫ケラ一匹のねうちも  一時間足らずのうちに  同級のうちでも  顔を見ているうちには  返事をするうちに  耳に致しておりますうちから  友達のうちで  一時間経たないうちに  三通も書いておりますうちには  火事にならないうちに  主人に引き留められているうち  自然力を知らず知らずのうちに  受験者のうちで  生命のうちで  人数のうちから  相談をうち  空き地のうちに  日が暮れないうちに  書状のうちに  聽いてゐるうちに  道のうちの  何遍も繰返すうちには  小屋のうち  幾月か続けてゐるうちに  迎への来ないうちに  耕平のうちには  私たち三人のうちの  ここがうちの  あれがうちの  これでもうちへ  正直にうち  尻がうちへ  らの知らないうちに  事件をうち  二十間とも歩かないうちに  自分でかたまったうちの  二三度するうちに  自分はうちを  一二丁行ったか行かないうちに  給料のうちを  三十二銭のうちで  馬鹿のうちに  二十分と立たないうちに  涙が出るうちは  銅山のうちに  味方のうちで  場合のうちで  姿が見えるうちに  朦朧のうちに  二三段足を運ぶか運ばないうちに  六年ここに住んでいるうちに  安さんが生きてるうちは  晴れがましいうちに  二三度咳をせくうちの  数は見る見るうちに  敵を挟みうちに  幸福をうち  ことのうちにのみ  つながりのうちに  悲劇のうちにも  感動のうちにも  二十四時間のうちの  永年胸のうちに  仔馬のうちから  ぶんのうちを  一さんにうちの  竿でうち  肉体のうちを  決定しないうちに  未決のうちに  黒雲のうちに  言葉が途絶えたうちに  他事をいううちが  晴天のうちかも  谷を見下しながら登って行くうち  登頂しないうちは  半分も下らないうちに  間に消えているうち  大げんかんのうちへ  一日二日居るうちに  花を見ているうちに  瀬戸内海のうちの  ちかのうちへ  暫らく言葉が途絶えたうちに  他事をいふうちが  政治家のうちには  十分も経ったかと思ううちに  副食物のうちで  羽にうち  往っているうちに  皆まで嘗めないうちに  剪っているうちに  苦味をかみしめて歩いているうちに  ところを見ているうちに  空を眺めているうちに  洋服を見比べているうちに  夜店をひやかしているうちに  碁を打つかと思ふうちに  七日ほどのうちに  原っぱを歩いているうちから  明らかにうちの  お客様を迎えてしまううちの  年はうちの  五日十日と経つうちには  んだうちの  オイ何だってうちの  天下を覆さないうちに  人に比べるとうちの  速やかにうちの  二ヶ月ほど会わないうちに  姐さんならうちの  妙味のあるうちにも  生命のあるうちに  年を取るうちに  若い衆達のうちには  直ぐにうちへ  さそのもののうちに  人類のうちで  三日もたたぬうちに  関心にうち  手を叩いてうちの  時日をかけて考えてるうちに  構想のうちに  鷲郎もうち  肉のうちに  鋼鉄をうち  あなたのうちの  寮生活をつづけてゐるうちに  私年とらないうちに  紙でつくらないうちは  小学校のうちに  寮生活をつづけているうちに  期間を経ているうちに  午前のうちだけ  死人のでないうちは  自体のうちに  笑いが消えないうちに  笑ひが消えないうちに  地図のうちに  円のうちに  農民のうちに  これはねうちが  記録はうち  二三本吸つてゐるうちに  若木のうち  とわが踏み裂くやうち  爺さんのうちにでも  二時間とたたぬうちに  さまつたと思ふうちに  わしのうちなどに  三年ばかりのうちに  はつとしてゐるうちに  人々が騒ぐうちに  灯をうち  人物のうちの  音を立てて見る見るうちに  棒も見る見るうちに  報告にうち  切口上のうちに  国語学のうちでの  邸宅のうちを  物語を読んでゆかれるうちに  ことではうち  日を送って居るうちに  経典のうちの  野菜のうちの  場所のうちで  十年ぶりに読んでいるうちに  目のうち  燈光のうちに  来訪名刺のうちに  武男が帰らんうちに  そこで帰らんうちに  これがしおれないうちに  月色のうちを  見えずみ月光のうちを  月光のうちより  連べ放ちにうち  一斉にうち  玻璃窓のうちを  負傷者のうちに  鈴木に撮らししうちの  大名華族のうちにも  円にしてうち  歴々のうち  将校士官のうち  生命あるうちに  狭霧のうちに  当分僕のうちに  そとからうちを  二度寝返りをしたかと思ううちに  気の抜けないうちに  陸軍中佐のウチ  先生のウチへ  驚愕のうちに  水戸がうちへ  消音ピストルをうち  一日にうちに  接吻を受けているうちに  風に考えまわしてくるうちに  正視しているうちに  うつかりしてゐるうちに  俺等が生きとるうちにゃ  監房のうちに  鍛冶町へも来ないうちに  ことをいっているうちに  一物であるうちに  冬のうちだけ  魚雷型快速潜水艇にうち  主力艦のうちの  砂糖のうち  ものにしないうちは  今までうちで  紛失するうちはよ  二軒たつてゐるうちの  呉田先生のうちに  洞庭のうちに  相談ができないうちに  草紙のうちに  今のうちじゃ  日のあるうちで  堀川のうちに  二日を過ごさぬうち  三間を過ぎないうちに  味方をたずねめぐるうちに  公判がすまないうちは  休のうちに  正気なうちに  汗が出るかと訊いていたうちに  生命のねうちは  都紙上九月雑誌戯曲評のうちで  山火事に逢ううちに  信号灯がうち  両人のうちの  部下のうち  なかかも知れんと思うてうち  教師のうちの  大工金次郎のうちの  大留のうちには  大留のうちにも  心でうちに  親方のうちに  者はうちには  親分のうちに  熱火とのうちに  ここ一時間のうちに  山にゐるうちは  どこかのうちの  何ひとつ撮さぬうちに  やつぱり幸福のうちでは  動きのうちの  四五十分も走るうちには  サチ子を見てゐるうちの  企らみのうちに  叔父さんのうちが  医者のうちといふ  叔父さんのうちへ  掃除をしてうちへ  謀叛のうち  中へ行かないうちに  役徳のうち  恥のうち  夕方がこないうちに  夕方にならないうちに  のたうちを  のたうちは  行ひのうちの  仏教のうちでも  部落のうちに  建築のうちで  娘のうちから  半年にもならないうちに  神経を感じぬうちに  左門すら気付かぬうちに  交際の深まるうちに  むかしはうちに  彼等のうちにも  父母のうちに  ただ一二言のうちに  慈愛のうちに  ぢめのうちの  自分は住まぬうちに  下まで落ちないうちに  新鮮なうちに  楽器のうちに  額越しにうち  ここちしてうち  この世に住んだうちでは  それを聞いて居るうちに  姉弟のうちで  時間にならないうちに  一喜一憂のうちに  柿の木にむかひてうち  さきよりこなたをうち  枯草のうちに  わしきうちに  それかあらぬかとうち  諾ともいわるるうちにこそ  宮のうちこそ  沈黙がちなうちに  味もわからぬうちに  青年のうち  自分にも分らぬうちに  半月も経たないうちに  言葉を聞かないうちに  失意のうちに  動作は見ているうちに  納得ゆかないうちに  友情のねうちを  林町のうちで  三月のうちに  林町のうちの  私が来ていたうちに  貴方の生きていらっしゃるうちは  今月のうちに  手拭はうちにも  子供をうちへ  二日ばかりのうちに  小説を書いて行くうちに  手紙が着かないうちに  ことを思ううちに  当分のうちに  この間のうちの  一日が経たないうちに  紙片のうちには  事実そのもののうちにも  勤労大衆のうちに  晝のうちは  押絵をあおのいて見ておりますうちに  のが見ているうちに  復習をうちへ  声が響き渡るうちに  冗談のうちに  表紙を開きませぬうちから  それを読んで行きますうちに  屋根を見ておりますうちに  使つているうちに  われわれのうちで  少年らはうちは  和気あいあいのうちに  混乱をうち  民主日本をうち  約束のうちに  売れ残りのうちの  こちらからうち  手に取ってうち  おまえのうちの  一作品のうちに  御馳走をたべているうちに  一字一字とたどって居るうちに  はじめのうちに  小太鼓でうち  鉄棒をうち  ヒクラーさんのうちの  新聞を読んでいるうちに  間にうち  骨格のうちに  両性関係のうちに  顔前にうち  雨がうち  笛鼓をうち  自動車がうちの  中村恒子さんもうちの  作者自身のうちに  アプレのうち  東さんと云い合っているうちに  航空母艦アマゾンをうち  重砲がうち  大衆読み物のうちで  新味のあるうちに  慎しみを忘れないうちにも  廓近くに住むうちに  一時取りはずしたりしているうちに  女達のうちで  ことを繰り返しているうちに  お互いのうちに  涙のうちから  一月もたたないうちに  彼の来ないうちに  蚊帳のうちは  朝飯もすまさないうちに  人達をもてなすうちにも  先人達のうちで  容一郎をあやしているうちに  十日も経たないうちに  幸福なうちに  平一郎のうちに  生霊のうちに  着物を着替えているうちに  王国のうちへ  君達のうちに  芸術作品のうちに  芸術的部分のうちへ  何も見ないうちに  手記のうちに  明るみのうちで  標本画のうちに  あなたがおいでなさらないうち  叔父に会いたいと思っているうちに  漂流しているうちに  塀のうちで  氏はうち  条件のうちで  女自身のうちに  光景をみているうちに  十四五軒一叢のうちの  それが向いて来ないうちは  ことをうちに  プレイのうちに  連中のうちから  夜にならないうちに  勉強しているうちに  手につかまれないでいるうちは  実験室でやっているうちに  狙いをつけるかつけないうちに  イタリアに戻って来ないうちに  村に着かないうちに  怠惰のうちに  二週間もたたないうちに  人生のうちの  目的を遂げないうちに  海岸に達しないうちに  小遣のうちを  愛嬌話のうちに  それもうちが  らぬうちに  夕風のうちに  僕が寝ているうちに  ほどぜいたくなうちでは  君のうちだって  金井君のうちに  健ちゃんのうち  窮迫のうちに  百姓のうちで  豚がわめいているうちにから  せいのうちの  懇意にしてるうちが  心當りのうちも  はつきりしないうちは  云つて私はうちへ  警察に居るうちに  せいのうちから  自分のウチの  ひとつもしないうちに  房子を云いこめてるうちに  熱中してゐるうちに  最近プルウストを讀み出してゐるうちに  四度と繰り返し讀んでゐるうちに  蘆にうち  百遍聞かないうちは  寺島雄作をうちへ  ア今のうちに  生活をしてゐるうちに  東京に居るうちは  盆のうちの  伝七がうちへ  四方山話してるうちに  川ってうちへ  トランプにうち  栽培しているうちに  うなばらのおきつなはのりうち  山野もうちの  中村といふうちへ  僕に任して呉れなければうちの  新田中ってうちへ  あたりは見るうちに  蓬来といふうちへ  何とかいふうちで  百花のうちで  足音はうちの  社会状態のうちに  混乱のうちを  神経をうち  ただ人をうち  声のだせるうちと  一言も発せぬうち  認られぬうち  言葉を聞かぬうちより  品を変えて口説かれるうちには  冷ぬうちに  余温の冷めぬうちに  僅か三十分と経ぬうちに  半時間と経ぬうちに  知識人のうちでも  提唱のうちに  理屈をつけて見ているうちに  上での生きてるうちが  タッチのうちに  上は生きてるうちが  愛とのうちに  分子のうちに  無限のうちへ  独りのうちに  箇我のうちに  懊悩のうちに  文句のうちに  蓮見に見せないうちに  抱へのうちに  主人でうちの  戸塚のうちで  水たまり道を歩いているうちに  五円のうちは  私へのおくりもののねうちを  多賀ちゃんがうちに  助手台へうちの  よそのうちへ  柳沢といううちでも  偶然のうちの  浴衣あれを着ていらっしゃるうちに  島田のつかれが抜けないうち  感情のうちで  ところまでゆかないうちに  一重二重のねうちを  習慣をつけてしまわないうちから  八時十五分過までのうち  栄さんのうちに  反省とでうち  先達のうちの  四十六位のうち  感覚をうち  荘重のうちに  日が見る見るうちに  積極的なねうちを  砂山風吹きいでてうち  日にかげうち  藍をうち  勉強をしてゐるうちに  永年のうちには  机がうちに  解決されないうちは  六回のうち  混迷のうちに  身體のうちに  意味のうちに  感情のうちにも  委員のうちより  だんまりのうちに  はじめのうちから  二年経たないうちに  指呼のうち  幽玄なうちに  そこに働いているうちは  優美のうちに  本のうちの  少年はうちを  指顧のうち  間浮いているうちに  買物をしているうちに  駅に着かないうちから  雛のうちに  たいがい沈黙のうちに  ドン・モラガスはうちの  それさえ見てるうちに  衆望のうちに  うっかりしてるうちに  小舟のうちに  単純のうちに  われわれのうちから  傑作をうち  無意味のうちに  口唱して居るうちに  研究がまとまらないうちに  仰山にうち  校正しているうちに  輪になって踊って廻っているうちに  双方からうち  ほうほうとうち  横でうち  多量に焼くうちには  総てはうち  棊をやるなどするうちに  月日の経つうちに  日の昇らぬうちに  下宿しておるうちに  役所から帰らぬうちに  後についてうちへ  首をうち  塚のうちには  棺のうちには  返事を聞かないうちに  漫画を見てゆくうちに  衾のうちに  日数を経るうちに  十年のうちには  多年住んでいるうちに  時機を見ているうちに  青春のうちに  七賢人のうちの  三十回余も続けうちに  術のうちに  文化活動をして行くうちの  革命的雰囲気のうちに  白骨にならないうちは  二百十日も来ないうちに  青田を見ないうちは  描写のうちへ  具の乾かないうちに  役人らのうちに  巖ちゃんのうちに  都会で育ったうちの  十日とたたぬうちに  前のうちに  漁師のうちで  湖水のうちに  手箱のうちから  ひだのうちに  木のうちには  子のうちで  昨年のうちに  龍のうちで  瓶のうちに  貧窮のうちに  城隍廟のうちに  #朝のうちに  乗り気を云わず語らずのうちに  夜半にならないうちにかの  笑顔でうち  呆けるうち  天氣の崩れないうちの  毒の出ぬうちに  廟のうちへ  一般大衆のうちの  帷のうちから  前後三日のうちに  叔母のうちの  私のうちまで  私のうちを  私のうちより  仕草のうちに  食事をうちで  七巻のうちから  帷幕のうちに  幕営のうち  みな雲雨のうちに  箱のうちに  あらわれのうちに  几帳のうちに  女房たちのうちに  美とのうちに  現実のうちにも  自由のうちに  一年立つか立たないうちに  軍士のうちで  學科のうちで  轉校もしないうちに  みのうち  日本のねうちは  学科のうちで  転校もしないうちに  薔薇をば嗅ぎてうち  幸ひのうち  地理とを知らず知らずのうちに  婦人のうちに  現代文学のうちに  歴史そのもののうちに  生活エネルギーのうちに  二時間のうちに  立像のうちに  成りゆきをうち  文学古典のうち  日常感情のうちに  日常のうちに  情勢のうちで  作品そのもののうちに  常識のうちにも  理解のうちで  人と逢っているうちに  作家たち自身のうちに  門が開かないうちに  一時間と経たぬうちに  湖のうちで  太陽の出ないうちに  底まで行きつかぬうちに  唇までも見る見るうちに  白馬に引かれて見る見るうちに  夜が明け切らぬうちに  以上のうちの  中へ知らず知らずのうちに  論文のうちで  文句のうちの  一言もふれないうちに  北海道を出ないうちに  手首を見ているうちに  身構えのうちに  気品のうちに  読者のうちの  社会学的方法のうちに  役人のうちには  三十分もたたぬうちに  血管のうちに  並々でないねうちも  会釈もならないうちに  著書のうち  風流のうちでも  一行のうちで  布団のうちの  昼のうちでも  画のうちでは  先へ着かないうちに  四室のうちの  七人のうちの  詔のうちの  平忠盛清盛父子二代のうちの  外にうち  ことのよわりもぞする忘れてはうち  ぐひすぞ鳴くうち  ひまごとにうち  僧ひとり縁にうち  人間のねうちに  産別のうちで  理想そのもののうちに  言動のうちに  晝のうちから  兄弟のうちでは  私のうちと  珍昆蟲十種のうちに  私のゐたうちの  誰をも泣かせぬうちに  私の居るうちの  籠にためただけでうちへ  私たちはうちの  光つたうちの  ろとうちの  私のうちから  行動のうちには  日常生活のうちの  騒ぎのうちにも  ことだと思ううちに  転廻のうちに  大衆とのうちに  にこにことうち  ノリ子さんにうちの  二十日鼠にうち  勝敗は指さぬうちから  家鴨歩きをしてゐるうちに  ように話して参りますうちに  僕等のうちでも  建築師のうちに  ダンテ論を読んでゐるうちに  春治兵衛を見てゐるうちに  文章を書いてゐるうちに  夏休みにはうちの  おだやかなうちに  調査マンのうちで  それを握りしめないうちに  人間一生のうちで  按吉に慰められてゐるうちは  ものを待つうちは  按吉の居るうちこそは  お話がすまないうちに  人間のねうちは  豹変のうちに  分化作用の行われぬうちは  香水のうちに  無辺際のうちに  青のうちで  文芸家のうちでは  四種のうちの  方のうちには  変形のうち  極致文芸のうちに  字面のうちに  本を讀んでゐるうちに  何かしらん書いてゐるうちに  谷をうち  手をうちに  敷居を跨がないうちに  トラックを抱え上げてやったりしているうちに  吾輩は聞いているうちに  コンナ容態では持って帰るうちに  お話を聞いているうちに  デコボコ頭はウチの  後にはウチの  小僧のウチ  小僧のウチを  旦那のウチへ  ガキをウチへ  五少年のうちの  ことばが終るか終らぬうち  合体のうちに  今年はうちの  例のうちへ  返事をしないで居るうちに  のあるうちは  接近にてまどるうちに  気配のうちに  醉のさめ切らないうちに  一家言叢書のうちに  軍人訓のうちにも  知縁のうちに  裝身具のうちでも  黒人のうちには  百腸のうちから  談笑冗語のうちは  武藏を書いてゐるうちに  現代小説のうちに  國民性のうちには  一言のうちに  書のうちにも  宋元のうちの  漂泊のうちに  五日目方増して帰りしがわづかのうちに  三年いるうちに  一つ一つ片はしからうち  沈黙のうちには  写真のうちに  プレパラートをのぞいているうちに  気附かれぬうちに  騒ぎを見てゐるうちに  小路のうちに  苦痛のうちに  あなたはうちに  人びとのうちの  わたしが知っているうちでも  汚れもののうちに  フリーダはうちの  件のうちでも  きょうのうちにでも  黄昏のうちに  何歩と歩かないうちに  やつらのうちに  態度のうちには  役人たちのうちの  人柄のうちの  役人たちのうちで  アマーリア自身のうちに  ころわたしたちのうちで  話をつづけていくうちに  仕事のうちでも  城で片づかないうちは  彼らのうち  ギリシア神のうちの  規定のうちに  半分無意識のうちに  機会のうちに  ぐあとであらゆるみにくさを眠りのうちに  何時間とたたぬうちに  半時間とたたないうちに  権利のうちの  希望が残っているうちだけ  自分でうち  卓子をうち  彼らと暮しているうちに  子のうちは  医者に診せないうちは  伊香刀美のうちまで  安らかさのうちに  小野のうちは  貴女のうちは  人間生涯のうちで  口紅のうちに  やつてゆくうちに  短篇のうちにも  平家のうちでも  文化のうちに  小説のうちにも  見通しがつかないうちの  容易であるうちは  方へ行くといううちの  根拠地をうち  上げだウヂの  ウヂはウチ  予の知れるうちにては  今夜のうちにでも  ツかれぬうちへ  冬のうちには  眼へというよりはうち  十人のうちから  絵画的効果のうちに  人生のうちから  歩行いて居るうちに  秋子と言い合っているうちに  言葉遣いのうちに  心持がうち  去年のうちに  出初式がすまないうちは  林町のうちは  鎚がうち  健全性のうちに  全部よまないうちは  日本語感のうちの  間一日のうちに  日曜はうちに  頃までうちに  展開のうちに  去年のうち  保姆学校へうちから  一年見ないうちに  向いのうちの  一ヵ月ばかりのうちに  所謂新人のうちでは  びっくりまなこを見はっているうち  河村さんのうちの  伝言届かないうちに  そこからうちへ  親切にうちの  島田のうちの  雇人なんかうちの  半月程のうちに  本間さんといううちの  互のうちへ  匂いのうちに  単純さのうちに  仕事にしてあるだけのねうちが  八月のうちに  分はうちに  初冬仕度のうちに  明日のうちに  九時のうちに  行きにうちへ  はつづけてのせられるうち  感じに浸っているうち  よそのうちで  くらしのうち  作為と分けられるうちは  これがつづいているうちには  二十八日のうちに  押へてうちの  追憶のうちでも  歌集が届かないうちに  私は見ているうちに  欺しうちに  お前たち三人のうちに  お祖父さんのうちに  同志のうちで  芸術家のうちで  一枚一枚見て行くうちにも  数回のうちに  黙契のうちに  饒舌を聞いて居るうちに  挨拶をして居るうちに  日の丸をうち  方々がうち  託づけて行くうちに  樺の木が言っているうちに  樺の木が言ってゐるうちに  それを見てるうちに  寂莫のうちに  楽器のうちで  世界古典のうちに  完結を見ないうちに  悲劇のうちには  年月を経ているうちに  物をかりて返せないうちに  何日もたたないうちに  それはウチの  年月を経てゐるうちに  八年ぐらゐは夢のうちに  心持ちでいるうちに  洞窟のうちに  艱難のうちに  世にあるうちの  木小屋のうちへ  妙にうち  二部のうちから  何物をもうち  窓をうち  二人共沈黙のうちに  殆んどうち  何にも掴まないうちに  一月とたたないうちに  呆気に取られているうちに  行事のうちで  渋味のうちに  ネジが切れちまわないうちに  朝は明け切らぬうちから  墓詣りをするうちに  こんどはうちで  ここのうち  ほかのうちより  一問も書かないうちに  自分のねうちを  口を探しているうちに  ふりをしているうちに  いっさい無言のうちに  芸術家のうちでは  祭りのうちの  銀座へ出かけていたうちの  心のねうちが  髪結がうちに  かたのうちに  事情万端数ヵ月のうちに  尊敬のうちに  療治をするうちには  人数のうちに  目のうちは  敵と渡り合っているうちに  寄手のうちに  夫婦喧嘩のうちの  家族がうち  医者のうち  一晩厄介になっているうちに  花がしおれないうちに  わしのうちに  向こうから来ないうちが  吸物も差上げないうちに  変なうち  休みのうちに  兄弟のうちで  古社のうちへ  惡漢をうち  刀をうち  夢想のうちの  それをくりかえして見ているうちに  中を歩いてゐるうちに  人々のうちでも  日暮れにならないうちにと  愛憎のうちに  道を歩くうちに  自分の讀まないうちに  変へきらないうちに  唇を見ているうちに  唇を見てゐるうちに  今夜はウチへ  三好達治のウチへ  達人のうちでも  朝のうちだけに  下宿に居るうちに  下宿に居るうちは  十時にならぬうちに  加減いふうちに  經たぬうちで  気分のうちから  町のうちの  家が焼けてしまはないうちは  屋敷のうちで  払はないうちは  小説のうちに  暴行のうち  基礎をうち  子供等のうちに  骸骨のあらわれないうちに  身辺のうちに  独言を云っているうちに  梵妻のうちへ  体験のうちで  浴しているうちに  四五人でうちに  教室のうちで  郎のうちで  四人のうちでも  道具をうちに  ここのうちから  朝倉先生のうちに  次郎君はうちに  自分でも気づかないうちに  言葉をきらないうちに  朝倉先生のうちで  君のうちで  曾根少佐のうちでは  #少佐のうちに  次郎がうちを  人買ひがうちの  月とたたぬうちに  哥薩克のうちから  わしのうちの  村役人のうちの  帰りがけにうちへ  それをしようなどと思っているうちに  処女のうちは  わたしがしょうち  それがわからないうちは  テッド隊長もしょうち  品物のうちの  げなどをとかしてうち  孤独感とのうちで  行為とかのうちに  表現とのうちに  オドラデクのうちに  オドラデクのうちには  瓦礫のうちからのみ  瓦礫のうちにおいてのみ  みな現実のうちから  しののめのうちに  時期のうちに  夢なら醒めないうちにと  生涯のうちでも  一生涯のうちにも  口に出して言わないうちに  苦行をしてめぐっているうちに  積りでいるうちに  大小によって云わず語らずのうちに  変化を追っているうちに  自分は見ているうちに  画業のうちに  三十分も経つうちに  形をしてうち  月々俸給のうちから  だんなのうちにおいて  だんなはうちの  栄さんのうちへ  限度のうちで  先のうちの  ようにうちで  整理しているうちに  暮のうちの  あなたがうちの  曲折のうちに  包装がうちで  女はうちに  明暗のうちに  仕事のうち  かたなどのうちに  例によってうちは  今夜はうちは  家庭はうちの  本年のうちに  十三日のうちに  店がうちに対して  島田のうちが  田とうちの  友子さんがうちの  おなかすいてうちまで  残額八二・六六銭のうちから  夕飯をうちで  一部と思われるうちは  一日のうち  全部がうち  ヘッセのうちに  今日まではうちの  表現そのもののうちに  向いのうちから  怨ずるが如くうち  性格のうちには  夜々のうちに  本のねうちは  努力のうちに  同僚のうちから  私の知らなかったうちに  十二月はうちへ  林町でうち  何人かのうちで  ののうちの  闇のうちから  迷惑かけないうちに  何とも言わないうちに  いつかふうちの  四五年のうちに  三月初旬までのうち  帽子のうちでも  方がうちよりも  九日までうちへ  靴もぬがないうちに  茶ものまないでうちを  苦労のうちには  收獲のうちから  ストレーカが殺されているうち  荒地のうちでも  五十歩と歩かぬうちに  半夜のうちに  年月を経るうちに  日毎に思ひめぐらし行くうちに  繩をひきぬいてうち  繩をうち  一週間ばかりのうち  気配が見るうちに  雑器のうちに  チャセゴの来ねえうちに  中でうちの  昨夜一晩のうちに  波のうちでも  一両日のうちに  存在をうちに  技術そのもののうちに  自然のうちには  自由のうちには  受動性のうちに  知性のうちにも  民族のうちにおいて  自己のうちにおける  現実のうちには  作用のうちの  構造のうちに  見方のうちにも  連結のうちに  主語のうちに  対象のうちへ  能動性のうちに  経験のうちには  獲得のうちに  ものそのもののうちには  物のうちに  表現的世界のうちに  感覚的実在のうちに  記号のうちに  自然科学のうちにおいても  体系のうちにおいて  歴史のうちにおいて  判断のうちには  心のうちにおける  認識論のうちに  知的作用のうちに  自己開示のうちに  行為的聯関のうちに  社会的活動のうちにおいて  全体のうちにおいて  客観的表現のうちに  心をはげまし近寄ってゆくうちに  時代のうちに  外輪四山のうちの  末期にうち  声の終るか終らないうちに  顔色は見る見るうちに  ニューヨークにいるうち  競合ふうちは  双眼鏡でみているうちに  寺田さんと話しているうちに  三百両のうちから  酔も感ぜぬうちに  悪業のうち  卒業したらうちの  研究のうちの  現象のうちにも  惨苦のうちに  感激は知らず知らずのうちに  扉のうちへ  注意の届かないうちに  一言も発しないうちに  方からうちへ  亭主をうちへ  三晩四晩明かしているうちに  半分にもならないうちに  夢に入るうちに  あらしのうちに  野のうちに  叫ありうちに  二百枚もうちへ  上巻はうちに  一工夫してうちで  日参するねうちが  最近のうちに  衣類はうちの  こころのうちに  杉のねうちと  親切はうちの  運命のうちに  私一人のうちの  地層のうちに  闇暮しでいるうちに  来週のうちに  あっちこっちしているうちに  チェホフはうちの  方がうちの  手紙かいて下さっただけのねうちは  自分をうち  憔悴なさらないうちに  細川といううちは  刺戟のうちに  語のうちに  ヘクセ奴がうちの  男がうち  それをうちは  あすこへ行くまでのうちに  何年間のうちに  今かいているうちに  のたうちと  古典のうちに  槌をうち  力づよいハンマーのうち  人なりのねうちで  バルザックのねうちが  悲しみにうち  癒つて見せうち  此等のうちで  天竜川をうち  數日のうちに  主人について歩いて行くうち  本の買えるうちにこそ  親戚のうちの  かみさんもうちに  北海道からうちへ  一刻もうちには  二人でうちに  それを使わないうちに  喧喧囂囂のうちに  香とうち  珍かにうち  倚りてうち  物語女はやはらかにうち  女はやはらかにうち  頭のうち  我は疑ひのうちに  群のうちより  七五汝等のうち  族にかくうち  我はうち  書のうち  歌のうち  大理石のうち  ほかの思ひのうち  我をうち  顏にうち  らざるうちに  市民のうち  間のねうち  人間一代を棄てるねうちが  ところへ連れこまれたなあと思っているうちに  須臾のうちに  命のあるうちに  板がうち  あとでうち  物語にうち  嘘のうちでも  葉藏のうちの  一頁も讀まぬうちに  千代次のうちに  自分のしうちが  とき障子のうちに  創作活動のうちに  心理的詩味のうちに  アクセントのうちに  四年ほどのうちに  四年しなかったうちに  不安なうちは  いずれはうちも  姉さんのねうちが  おとなりのうちは  ことしはうちに  万事のうちに  雹どまりのうち  雹でうちの  こっちのうちは  去年はうちの  是非召上るねうちが  これらはうちの  丈生活経験を積まないうちに  可能のうちに  修業してゆくうちに  養生のねうちが  ようにうちでは  ここのうちも  波のうちに  寺僧のうちで  一年ばかり続けているうちに  半日もしないうちに  モウ半月もしないうちに  八人のうちから  一二日のうちに  報告のうちに  仲間のうちでも  ことを話しているうちに  一ヶ月あまりのうちに  自然にうち  動きのうちに  顔を見ぬうちに  一年たつかたたぬうちに  幾日も経たぬうちに  憔悴のうちに  歴史のたたかいのうちに  歩るいて居るうちに  あいつらが周章てて騒いでるうちに  明かりのあるうちに  五秒もたたぬうちに  夜の明けんうちに  恩惠のうちに  聲のうちに  萬物のうち  爭ひのうちにも  物にうち  時の思ひのうちに  リクルゴの憂ひのうちに  女子のうちにて  禁制のうちに  七大罪のうち  一聯のうち  完結せざるうちに  キリキリのねうちが  おかげでうちの  春木屋といううちに  もちものうちの  辺からうちの  焼跡片づけに出て居りますしうちは  東京にうちが  二十分もしないうちに  火がついたらうちは  節のうちの  一昨夕電報がうちから  定期用件のうちに  避難先のうち迄  あれこれ話しているうちに  今かと見ているうちに  用のうち  感謝したりしているうちに  十四五日までのうちに  有様でうちの  困難なうちにも  下でうち  口実にうちの  七月のうちに  そのものにうちから  わたしのいるうちは  春までのうちに  崖をこそげとってうちの  ここで休んでいるうちに  夜もあけないうちから  きんちょうのうちに  青二はうちへ  自分はうちへ  坊やお前はうちが  今はうちを  自分はうち  事實のうちから  千人のうちの  作業しているうちに  寝顔をみているうちに  寝顔を見つめているうちに  お前のうちは  小田島は聞いて居るうちに  お針をして居るうちに  行つたうちに  四年逢わずにいたうちに  田圃のうちと  田圃のうちに  遠野郷のうちに  寝室とウチとの  お前のウチの  誰一人知らないうちに  光がさしてるうちにと  無痛無自覚のうちに  己のうちに  客體のうちに  契機をうちに  範疇のうち  それらのうち  壞滅のうちに  失つて夢幻のうちに  體のうちに  哲學者のうちでは  自己性のうちに  失つて絶對的實在者のうちに  絶對者のうちに  恐怖のうちにも  電気のあるうちに  ごろごろが治らないうちは  相手に話し込んでゐるうちに  ことを語るうち  作者の生きてゐるうちは  幻のうちの  村まで達しないうちに  体験を描いているうちに  棚を見てあるくうちに  五分と経たないうちに  眼のうちにも  四日と経たないうちに  因襲のうちに  冷評のうちには  記憶のうちから  話のうち  先生のうちで  夜陰のうちに  買物のうちで  丈夫なうちに  平気なうちに  田舎家のうちに  手紙のうちには  父の生きているうちに  出のうちに  上京を待っているうちには  底まで浸み渡らないうちに  むやみに歩いていたうちに  いっしょにいるうちには  悲劇のうちに  複合体のうちに  つて来てうちの  会談のうちから  文学的業績のうちに  生徒のうちの  本のうちでも  作家のうちには  着換えぬうちで  神話のうち  御殿のうちに  火花焔のうちに  愛とともにうち  圓のうちの  驚異のうちに  眞珠のうちの  われらのうちに  汝その後書のうちにて  愛のうちの  素のうちの  らのうちの  默想のうちにかの  造物のうち  善みな汝のうちに  輝のうちに  天のうちにても  尼寺のうちに  キリストのうち  永遠のうちに  みんなここで滑っているうちに  傾斜だと喜ぶうちに  千日前一面がうちの  バラックはうちだけ  自ら大衆のうちに  色彩のうちに  目を見ぬうちから  遺骨が着かぬうちはと  劇団のうちから  私について歩いているうちに  四人のうちでは  貴族のうちの  悉てをうち  歓びのうちに  仕事をうちの  増加しないうちに  全体のうち  記録簿のうちの  死亡数のうち  百五十万人のうちの  禅定のうちに  側見をしてゐるうちに  心のうちにまでも  実のうちでも  孤寂のうちにのみ  偉大なうち  あと一時間とたたないうちに  六時半にうちを  右のうち  パラグラフのうちかなりの  驚駭のうちに  議論のうちの  家が出来ないうちに  圧倒的確信のうちに  不平のうち  必然的減少が行われぬうちに  権力を得ないうちは  理由のうち  あし鴨のうち  海のうちの  ものをとくやしがるうちによるに  五年六年のうちに  閑を見いださないうちに  それを考えめぐらしているうちに  書のうちに  京都在住のうちに  僧侶のうちの  仏像のうちで  豊満のうちに  融合文化のうちに  様式のうちの  舞踏のうちから  猿楽のうちに  建築のうちの  像のうちでは  東大寺伽藍のうちに  彫刻家のうちに  脇士のうちでは  雰囲気のうちで  工匠のうちに  観音を見まもっているうちには  香のうちに  西大寺十二天のうちの  天平画のうちの  平安朝絵巻物のうちの  画のうちの  軒のうちで  大まかさのうちには  線画のうちにも  発掘品のうちには  壁のうちで  大壁のうちでは  遺品のうちの  振動だと思っているうちに  日の続いているうちに  基本社会のうちに  都市美のうちにも  社会現実のうちで  好奇心のうちだけで  人口のうちに  発言のうちに  世界文学のうちに  過去二三年のうちに  実感のうちに  苦悶のうちに  微妙のうちに  推移のうちに  空想のうちだけで  話をきいて居るうちに  仕事のあるうちが  働えてるうちには  今のうちだけの  眼付にうち  学年が済まぬうちに  左記項目のうち  出入りしているうち  先達のうち  朝前のうちに  にぎやかなうちに  二つ終えないうちに  温和なうちに  一群のうち  半分も書かないうちに  春昔由縁英のうちの  おろか一人も斬らぬうちに  山海万里のうちには  当主一代のうちに  蝦夷を見ぬうちは  歎きのうちにも  有頂天のうちに  貧のうちにも  終使つてゐるうちには  使ひ慣れて来るうちには  使はれてゐるうちに  審査せぬうちに  遺跡が分からぬうちに  白昼のうちは  写真機はうちに  はじめのうちで  市電を待っているうちに  いまこそ来ぬうちから  家畜のうちでは  大岩へとどかないうちに  感覚のうちには  彼等のうちには  妻のうちに  あなたのうちには  恒雄さんにうち  あんたのうちに  百姓はしようち  三つのうちで  真珠のうちの  物心附かぬうちから  二十枚と讀まぬうちに  師範出のうちでも  そはついてるうちに  音のうち  ずしてうち  シメイルのうちの  ブロンズにならないうちの  どこのウチも  タダで見せてくれるウチを  男がウチで  自分はウチに  得意になってウチの  常識のうちの  利巧のうちで  物心付かぬうちから  それが済まぬうちに  二十枚と読まぬうちに  モウ師範出のうちでも  ソワついてるうちに  座敷の引けないうちに  者の来ないうちに  心理のうちに  事實のうちに  哲學のうち  教養のうち  情念のうちに  活動のうちにも  思惟のうちにも  全部自分のうちに  器官のうち  抽象性のうちに  神經のうちに  要素的世界のうちへ  生活條件のうちに  情念のうち  さのうちには  ミスティシズムのうちに  思考などのうちにも  生活そのもののうちに  娯樂のうちに  觀想のうちに  創造とのうちに  創造的活動のうちに  総員二百二十一名のうちから  両方からはさみうち  棒をうち  帝都東京を焼きうち  容疑者のうちに  十個ぐらいうち  自分が働いているうちに  人造人間のうち  隙間を見ているうちに  のたうちが  場にうち  栄養失調のうちに  問答をうちへ  雑煮は馴れないうちは  雑煮のうちで  中国人のうちで  忙忽のうちに  文学者のうちの  後姿を見ているうちに  絶品のうちに  三十分とも経たないうちに  一郎のうちに  一郎はじぶんのうちの  皆が黙っているうちに  此のうちの  好物のうちに  大笑いのうちに  それが分からないうちは  明なんぞのうちに  ちょんさんのうちへ  目を押さえているうちに  私たち教室員はうち  極みのうちにも  鎧八領のうちの  青にうち  庭のうち  眉をうち  花日のうちは  歌十三首のうち  ごと朝のうち  中に居るうち  住民のうちに  勤め人仲間のうちに  日の終らぬうちに  集りのうちに  何も知らぬうちに  相談しないうちは  あいだ今日のうちに  書類のうちに  のかわからぬうちに  予審判事のうちでも  人たちのうちにも  私の気づかぬうちに  今晩のうちにも  それと知らぬうちに  支店長代理は話しているうちに  半月もたたないうちに  ズルリと逃げないうちに  前からうちの  風呂水がうちじゃ  二三回乗っているうちに  気持ちを誤魔化していられるうちは  終りをつげないうちに  幾日もしないうちに  姿あるうちに  仲聞のうちに  形のうちの  一人一人のうちに  三度のうちでは  一日一日のうちに  のたうちで  それが見るうちに  何年か経つうちに  襖を突破ったりしているうちに  深入りしないうちに  東海道線のうちでも  千五百年のうちの  私自身のうちにおいて  仏教のうち  本願のうちに  十方衆生のうちに  生まれ出ないうちに  後から見ているうちに  息子のうちの  私が見たうちでは  八十松に知られぬうちに  レコードのうち  狼の出ないうちに  観音様に投げうちを  生死も知らないでいたうちの  町のうちだけ  十日半月と落ち着いているうちに  話を聴いてゐるうちに  制作してゐるうちに  二階を罵つてゐるうちに  一分間のうちに  ことを考えながらうちの  ことを考へながらうちの  鶯やうちの  現代政治家のうちにも  青年たちのうちに  一夜のうち  湯が出ないうちに  ユーモラスなうちに  同書のうちから  従軍僧のうちの  読者諸子のうちから  古典平家のうちの  平家物語のうちに  四巻のうちにも  これを書いているうちに  灯ゆらぎのうちに  一埃りのうちに  海明り障子のうちの  冬靄のうち  感想などを楽しんでいるうちは  寺史のうちから  宇宙環のうちでの  先入主のうちに  画壇のうちに  折ふし弟子のうちの  画のうちでも  武者修行者のうちに  日本百将伝かのうちでも  血液のうちに  地誌類のうちの  僕は立合わないうちから  小説宮本武蔵のうちに  生活を送っているうちに  未見のうちから  類はなくならないうちに  木田のうちの  粋癖はうち  一般的歡迎のうちに  一生のうちにも  日々のうちに  日本髷のうちには  喫驚のうちにも  何かしら体のうちに  はなしのうちの  所世の中に居るうちは  苦しみのうちにこそ  君のうちでは  のは困る困ると思っているうちに  彼は見とどけないうちは  日記のうちには  三年経たぬうちに  景色を見まわしているうちに  百行のうちに  温泉につかぬうちから  日のうちの  黒木赤木のませのうちに  梅もくれのうちから  ため門のうちまで  趣好のうちに  答へられないでゐるうちに  意識のうちで  泥酔しないうちは  ものを書いてゐるうちは  連中のうちでは  シンガポールから迎えのこぬうちに  細鱗は見るうちに  叔父さんのうちに  太鼓をうち  叔父さんのうちは  眞赤なうちに  棒は見るうちに  先鞭をつけられないうちに  雑踏のうちへ  血のねうちは  寒暖計が下ってるうちは  日が出きれないうちに  姿が見えないうちに  はじめ歩いていたが見ているうちに  人も知らず知らずのうちに  物語のうちで  返事をしないうちに  幾日もたたないうちに  箱のうちより  ここ一月のうちに  暮れ切らないうちに  部隊のうちに  兵卒のうちに  骨董のうちに  真っ向をうち  宵のうちよりも  焼物のうちに  徐のうちの  譜代大名のうちでも  動揺のうちに  弟子のうちでも  武士のうちにも  小屋のうちの  一日二日のうちには  馬飼いのうちから  手当のうちには  上眼瞼のうちに  通りのうちに  問題のうちにつき  表情のうちから  混濁のうちに  眼附のうちに  高利貸のうちへ  一年ばかりのうちには  現在知られているうちには  登場人物のうちに  操作の終らないうちに  性格とのうちに  天質のうちに  

~ うち[名詞]2
そのうち  おしなべてうち  高くうち  近いうち  暗いうち  ないうち  そっとうち  若いうち  高いうち  明るいうち  あかるいうち  このうち  なくうち  整然とうち  こういううち  あのうち  小さいうち  悪いうち  そういううち  まずうち  男らしいうち  ちかいうち  みるみるうち  もううち  果てはうち  ほとんどうち  どのうち  そんなうち  ひらにうち  くらいうち  なぜうち  どんとうち  ひどくうち  かたきうち  赤いうち  薄暗いうち  力一杯うち  青いうち  其のうち  早いうち  ややうち  一度うち  涼しいうち  はじめてうち  深きうち  やっとうち  なんでうち  このウチ  今にうち  再びうち  よくうち  くだらないうち  世にうち  幼いうち  すぐうち  何だかうち  早くうち  古いうち  一応うち  早速うち  黒いうち  無いうち  ひしとうち  汚いうち  寝ぐるしいうち  少ないうち  美しいうち  なかなかうち  可愛いうち  かかるうち  でかいうち  強いうち  長いうち  なしうち  ちょっとうち  ゆっくりうち  はげしくうち  みじかいうち  ふかきうち  なきうち  熱いうち  小さなうち  くちうち  そういうウチ  ひとしくうち  青白いうち  ばかばかしいうち  こんなうち  とにかくうち  暗うち  実際うち  汚いウチ  ないウチ  くうち  どんなうち  せめてうち  比較的うち  新しいうち  さびしいうち  すっかりうち  まだうち  いつもうち  とうとううち  円くうち  数少ないうち  苦いうち  よいうち  どうぞうち  直ちにうち  済まないうち  こんなにうち  温いうち  稚いうち  あのウチ  早うち  あるうち  大きくうち  まだウチ  ふとうち  浅いうち  同じうち  じっとうち  これからうち  苦々しいうち  ずっとうち  わがうち  細きうち  苦しいうち  暗きうち  いったんうち  たった今うち  ひとまずうち  弱きうち  生憎うち  ほの暗いうち  やけにうち  おかしなうち  まもなくうち  そのままうち  やわらかいうち  あんまりうち  もしうち  ぼんやりうち  ずんずんうち  せっかくうち  何気なくうち  本当はうち  とおうち  さっとうち  忙しいうち  つよくうち  こうしたうち  愛くるしいうち  いかめしくうち  深いうち  長くうち  あついうち  直ちにウチ  こんなウチ  もっともウチ  ぽいウチ  温かいうち  寂しいうち  ぜひうち  少いうち  本当にうち  白いうち  きっとうち  そうしたうち  たしかにうち  決してうち  つとうち  まるでうち  おとなしくうち  あわただしいうち  恐ろしいうち  なまめかしくうち  暖かいうち  見知らぬうち  やわいうち  すこしうち  あんなにウチ  とあるうち  いいうち  せせこましいうち  心からうち  何時もうち  かえってうち  次第にうち  だんだんうち  まるくうち  しばらくうち  げにうち  しばしうち  ゆったりうち  ぽつねんとうち  のろいうち  じいっとうち  たまらないうち  いたずらにうち  もはやうち  もっとうち  最もうち  さとうち  せつにうち  いまだにうち  ちいさいうち  さぞやうち  おさないうち  さっそくウチ  じつはうち  やがてうち  時々うち  それほどうち  かるいうち  少しうち  多少うち  ぼーっとうち  多きうち  しいてうち  まずいうち  頻りにうち  どうしてうち  やさしいうち  ちゃんとうち  軽いうち  気ぜわしいうち  これからウチ  ふとしたうち  悲しいうち  いち早くうち  近きうち  むしろうち  うすぐらいうち  ものさびしいうち  何とうち  ほんとにうち  うからうち  久しいうち  始終うち  ちっとうち  めでたくうち  ふかいうち  したしいうち  現にうち  多いうち  よくもうち  ずうずうしいうち  いよいようち  予めうち  たというち  どうもうち  ちかきうち  いろいろうち  鋭いうち  おそくうち  青きうち  おびただしくうち  かのうち  行く行くうち  要するにうち  うすいうち  深くうち  余程うち  一気にうち  柔らかいうち  無きうち  優しいうち  人間らしいうち  いそがしいうち  暑いうち  それなりうち  暗にうち  短きうち  あしかれうち  なべてうち  いざうち  しばしばうち  はやくうち  しょっちゅうウチ  若きうち  わかいうち  ぬるいうち  広いうち  短いうち  薄いうち  何しろうち  なまなましいうち  やはりうち  どうしてもうち  もちろんうち  とてもうち  どんなにうち  おとなしいうち  どうせうち  しるうち  早々うち  せかせかうち  甚だしいうち  

複合名詞
腕うち  男うち  空うち爛れ  うち甥  うち鼓  銅鼓うち  ひとらうち  縄張うち  うち九人  うちかけ  昨夜うち  鼓うち  うちの  うち徒目附  其うち世  うち夜  うち血  うち越後  うち旦那様  つてうち  うちそれ  うち一度  うち述  衣うち  うち泥土  うち自然的  部屋うち  うち屹度  うち帰庵  うち時局  うちそ  うち顫  うちゲーテ  身うち  うちら  ウチ女  舌うち  うち方はじめ  うちょうてんになってよろこんだ  しょうち  不意うち  二三日うち  うち何  此うち  うち最大  うち女王様  うち処女  耳うち  うち朝鮮  うちオメカケ  うち片手  うち料理  うち勝ち  うちじゅう  うちぢ  其うち自分  うち二人  全部うち  うち水曜  綿一つうち  うちどれ  うちアカーキイ・アカーキエウィッチ  うち一人  うち主要  ものうち  うちどこ  ぷらちなのてをあはせぷらちなのてをばはなれつうち  うち橘屋  うち前回  うち七百  うち八千人  うちどころ  うち一定数以上  うちだれ  相槌うち  網うち  うち也  くみうち  直接うち  立ちうち  うち手  もんどりうち  一騎うち  腰うち  うち二台  うち海面  うち何日  うち電力会社  うち四篇  夏うち中みんな赤痢  朝うち  うち之  うち語學  うち中地派  うち例  うちあすこ  うち茫然  うち癒  うち毎晩草鞋  うち聖道門  うちいずれ  うち皆  道心うち  二人うち連れ  久し振りうち  うち七割  其うち村中  うちひとり  うち手紙  楽屋うち  うち六国  砧うち  うち小初  この間うち  うちはか  時うち  うち一間  うち小唄  うち宿屋  あたしうち  うち五日  頃うち  うち六人  うち四人  うち一人採用  うち多く  うち矢張り荒尾譲介  うち何れ  うち昼  うち新聞  鼓うちたち  うち何人  五日うち  うち合せ  博突うち  テノールうち  うちゆ  さくら花うち  一日うち  うち樹  うちこれ  うち二十何人  うち雜  すべてうち  うち一番  空うち  うち中  うち会  うち九十九人  うち七十五人  蜿うち  其うち  滅茶うち  島うち  うち十六足  儘うち  みんなこの間うち  うち七人  敷皮うち  蓑うち  うち挫  うち山羊  いまうち君  うち半年  うちむらさき  庭うち  うち千人  笞うち  うちお初  当分うち  うち一つ  うち時間  家うち  うちうち  鞭うち勵  讐うち  平手うち  兄弟うち  うち変り  仲間うち  うちしどろもどろ  雀うち  うち若干  うちゃんとおっしゃったらようございましょうものをネー  うち一名  うち明け  三日うち  うち何時間  悉うち  私内心うち  其うち物価  うち何処  うち一時  親類うち  うちキリスト教  鞭うち  うちTheLibrary  うち一日  うち真面目  うち中砂だらけ  うち事  うち気  脈うち  うち鎮国寺  うち戦い  うち蒼白  口うち  時鐘うち  価うち  うち二個  うち高齢者  うちカラー対応版  ウチ用  其うち松山中  うちどちら  いくらうち  かに足うち  袖うち  うち千円づつは貯金  うち出づる風趣  うち柳田村  ちようち  まみうち  祈りうち  仇うち  うち挨拶  うち張松  うち一夜  うち長沙  うち一生  塀うち  うちッ  今うち  一つうち  二つうち  三つうち  組みうち  うち傷  同志うち  うち死  暫時うち  鎚うち揮  うち十艘  こないだうち  廓うち  うち三万二千両  うち小口  うち三十二  呉服橋うち  うち資本主義  一ツ橋御門うち  うちだい  飼場うち  裏うち  ころうち  うち僕たち北極行き  木戸うち  数寄屋橋うち  屋敷うち  ちょうちゅうゆーけつ  脈うち脈うつ大地  うちあちらこちら盆踊  うち味方  うち開  うち一畳半  うち九匹  うち羽  きがうち  うち南日本  うち授業  うち歌留多  うち痛み息  まなこうち  うちゅうのかえ  うち下足番  うち片  うち料理場  うち酒屋  うち電話  うち屏風  うち今一人  うち段々人  うち己  うち案内  うち山三郎  うち偸盗戒  うち床  うち風呂  うち部屋  うち嵐  うち九  路次うち  うち小夜子  うち彼  うち三人  うち三百円  うち一度二日会  うち葉子  一両日うち  うち湯  狙いうち  間うち  うち大変  手うち  うち破廉恥罪以外  うち三日程演武場  うち罪  うち十時間  仇うち物  敵うち物  うち休航  うち踊り  さいうち  うち戸外  うち