「打ち」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 打ち[動詞]
のも打ち  顔を打ち  ために打ち  中に打ち  時を打ち  つて誇り気に打ち  羽毛と化して消えてはまた打ち  世間話に打ち  御苦労を打ち  肩に打ち  あした、打ち  役場へ打ち  二番とを打ち  胸を打ち  めった矢鱈に打ち  のた打ち  近所を打ち  一つ鼻面を打ち  三つ四つ咽喉ン処を打ち  塀を打ち  豆腐おけを打ち  球をも打ち  ばくち打ち  虚弱い草履取をお打ち  膝を打ち  博奕は打ち  頭から水を打ち  何を打ち  反を打ち  ア挟み打ち  あれで打ち  石に打ち  丸太を打ち  水を打ち  誘惑に打ち  頭を打ち  高浪巌石を打ち  都会に打ち  打者の打ち  とき皆打者の打ち  ハンマーで打ち  悲哀とに打ち  荷物、打ち  精神を打ち  運命に打ち  最後にのた打ち  腹を当てて、打ち  苦患に打ち  碁を打ち  翌日三人は打ち  素っ裸にされて、打ち  股を打ち  七時が打ち  点を打ち  營むのは不都合千萬だから、打ち  船長ストロングが、打ち  木戸を打ち  芝居を打ち  そのままに打ち  地上に打ち  ゲーレス之れに打ち  手を打ち  劍は打ち  顔をまじまじと打ち  つても打ち  ものに何もかも打ち  上から強く打ち  脳天から打ち  着物を打ち  電報を打ち  彼は打ち  身を打ち  はるか山濤のいきづらに打ち  全身に打ち  基礎を打ち  非の打ち  自己を打ち  投網と申すを打ち  鍵盤を打ち  何かなげかん打ち  午前二時を打ち  ふろしき包みを打ち  枝がゆれて、互に打ち  ことを打ち  輕く打ち  ザクツと打ち  さつき父親が打ち  頭脳も打ち  頭よりも高く打ち  駒に打ち  音、打ち  二言三言囁いたかと思うと、打ち  弦四郎は打ち  声や、打ち  郷民が打ち  なかに打ち  太刀が打ち  僞電を打ち  そのまま、痛い痛いとのた打ち  間のた打ち  ぱらから女中を打ち  彼にあっては打ち  悲哀に打ち  勢力に打ち  力と争うて打ち  不幸に打ち  病気に打ち  ものに打ち  かなしみに打ち  腹鼓みを打ち  バクチを打ち  雪崩を打ち  可愛い花火を打ち  花火を打ち  から、打ち  大倉流の鍛えを以て打ち  ものを打ち  庄吉に打ち  通しに打ち  灰皿を打ち  真正面から打ち  人を打ち  腕を打ち  頭上から打ち  もとに打ち  片手打ちに延ばして打ち  瞬間木刀を打ち  一人の子を打ち  返電を打ち  波を打ち  飮料の直打ち  石を打ち  石材を打ち  石と打ち  直ちに其周縁を打ち  石にて打ち  石片を採り、打ち  一は打ち  一部分を強く打ち  之を打ち  海獸大魚を打ち  棒を以て打ち  符号を打ち  微かに打ち  誠意を打ち  さにも打ち  彼女は打ち  女は打ち  正直に打ち  人々が楽しく打ち  さを持っても打ち  見栄に打ち  動悸が打ち  それ/″\相手を打ち  骨牌の打ち  大砲の打ち  袖は打ち  妹めを打ち  六波羅殿よりすぐに打ち  父親にゆうべ打ち  旗を打ち  ステッキを打ち  空に打ち  ギニヴィアを打ち  誰なるかは知るべくもなく打ち  碁の打ち  方法などが打ち  上へは打ち  安危を打ち  舌鼓を打ち  掌を打ち  二人は打ち  地を打ち  級各組そこここに打ち  ほとほと定めかねて打ち  家に打ち  批の打ち  なつて打ち  それに打ち  斜めに打ち  私が打ち  八時を打ち  伝統を打ち  掩われて、打ち  基本として打ち  カシワ手を打ち  猛威に打ち  発止と打ち  胸をとんと打ち  秘密を、すっかり打ち  真中に打ち  文化を打ち  剣を打ち  理性で打ち  バラバラッと打ち  私を打ち  彼も打ち  瀬戸物の打ち  寺に打ち  近くなれり、絶えず打ち  端を開くべきか、打ち  一行を打ち  飾り付けの打ち  小径に打ち  彼を打ち  困難に打ち  鐘を打ち  鐘の打ち  恐怖に打ち  わたしが打ち  博奕を打ち  目蒐けて、打ち  らで打ち  恋人たち相顧みて打ち  言葉なく打ち  拍子木を打ち  銃の打ち  方角を打ち  戸を打ち  ガラスに打ち  ことことと打ち  殻を打ち  フランスに打ち  敵艦を打ち  安全を謀るか、それとも構わずに打ち  衝動に打ち  地面を打ち  両手を打ち  ナイフを打ち  何かしら胸を打ち  からから桟橋に打ち  喜怒哀楽に打ち  報酬を得て思わず打ち  金物を打ち  兜を打ち  時すぐに打ち  鏡を打ち  笞でさんざんに打ち  彼は砕けよとばかりに打ち  奮つて鐘を打ち  鍼を打ち  密と打ち  ここに居て、打ち  それを打ち  金をのばしたり打ち  ドリアンに打ち  三つ、さんざんに打ち  ばさりと打ち  窓枠に打ち  遠慮なしに打ち  土扉をはげしく打ち  夜網を打ち  何も打ち  座敷を打ち  動悸を打ち  調子で、打ち  しかも、そんなにまで打ち  一と打ち  合槌を打ち  堤も打ち  学問理念を打ち  督促に打ち  違つて距離に打ち  岩に打ち  我を打ち  鉄砲を打ち  はる代はる風に吹かれて窓を打ち  町を打ち  大八車に打ち  發して打ち  もんどりを打ち  一人もなければ打ち  風景を打ち  的政党を打ち  自由主義的水準を打ち  タイプライタアを打ち  従卒に打ち  私はしばらく打ち  扇の打ち  そとに打ち  後、またもや打ち  二三分以前より打ち  甲板に打ち  写真にとっては、打ち  沙漠へ打ち  紅玉はしばらく打ち  厳粛に打ち  雑音に打ち  事情をも打ち  世話もせずに、打ち  左右に打ち  人手にかけず打ち  関心に打ち  死に打ち  真直ぐに耐えて打ち  義士の打ち  帰りがけに、ずっと打ち  たまには打ち  背に負わされて歩け歩けと打ち  懐刀を打ち  者を打ち  白馬に打ち  ツーカーンと金床を打ち  気に打ち  足を打ち  釘打を振り上げては打ち  首を打ち  割歩を打ち  世からは打ち  若者を打ち  闇打ちに打ち  小手を打ち  それは打ち  わたくしを打ち  蜘蛛を打ち  注射を打ち  一手を打ち  思い出にわなわなと打ち  千浪はまだ打ち  さまを打ち  耳を打ち  ムザンに打ち  竹馬などに打ち  横腹を打ち  槍を打ち  手の平をひろげて打ち  顔を、それとなく打ち  一勢に打ち  蒲原氏は打ち  ハタと打ち  肩を打ち  珍品を買ったと打ち  楽で打ち  怪談に打ち  碁は打ち  碁が打ち  集中して打ち  擔ぎ出して打ち  平次はさすがに打ち  敵を打ち  心も打ち  満足げに打ち  小寺から次ぎ次ぎに打ち  道綱は打ち  几帳を隔てて、打ち  私は打ち  即座に打ち  幸田某を打ち  宿意があって打ち  私たちは打ち  手つ取早く打ち  釘を打ち  鐵砲で打ち  様子を打ち  寛容さを打ち  やうに打ち  計算を打ち  壜を打ち  中は打ち  ピシッと打ち  砂浜高く打ち  天河石と、打ち  つて逆立ちを打ち  握り拳を打ち  握り拳を大きく打ち  宙返りを打ち  言訳をなさると打ち  板間を打ち  妻は打ち  ことなどは打ち  ことも打ち  のを打ち  つもりでゐるのであつたが、現れると忽ち打ち  畳を打ち  太鼓の打ち  あれは正しく打ち  止め度もなく打ち  太鼓を打ち  たびか打ち  頭上めがけて打ち  ドンドン裏板を打ち  暴力を打ち  屋根を打ち  劉備の打ち  それを、追って打ち  銅鑼を打ち  鼓を打ち  脳天を打ち  刀を打ち  揮りかぶって打ち  軍刀は打ち  マルクス主義に打ち  九月七日頃から打てるだけ打ち  板張に打ち  いふ事には、これから打ち  身體全部で打ち  ことに打ち  彼に打ち  私にも打ち  げに打ち  一斉に打ち  逆賊董卓を打ち  兵は、打ち  兵もさんざんに打ち  一勝一敗、打ち  大地を打ち  さえも打ち  電鍵をけたたましく打ち  間に打ち  耳膜を打ち  金線が出来てつつましく輝きながら打ち  鎌鑓を打ち  鉄砲に打ち  寺は、打ち  額を打ち  姿を見ると、打ち  さまにして打ち  尻を打ち  羯鼓を打ち  双手を打ち  太史慈を打ち  敵は打ち  何かに打ち  楯を打ち  綿を打ち  拳で打ち  非常に打ち  これを打ち  半年も打ち  麻雀を打ち  愛情と打ち  舌皷を打ち  面を打ち  はつしと打ち  濁水を越え、打ち払っても打ち  旗幟を打ち  予自身が打ち  張飛に打ち  玄徳が打ち  三通まで打ち  禰衡は、打ち  勢で打ち  想像を根こそぎ打ち  早急に打ち  こちら側を打ち  尾を打ち  時計の打ち  音調を打ち  ように打ち  一梃出して打ち  鼓をお打ち  無心で打ち  不審を打ち  学生を打ち  ところで打ち  みなみな打ち  コツンと打ち  馬に打ち  鏝を振り上げて、打ち  二度目に打ち  親方に打ち  根柢的に打ち  巨人によって打ち  金属に打ち  碌さんが打ち  一鼓を打ち  顔を振って打ち  二時を打ち  砂浜を洗うて打ち  妹をめがけて打ち  私は思い切り打ち  郎を打ち  幾つも打ち  敵の打ち  戦派が、打ち  孔明は打ち  もと、打ち  押太鼓を打ち  ジュッド医師は、すっかり打ち  ところがあるだけにこの打ち  女の打ち  切腹か打ち  助へ打ち  十手をひらめかして打ち  そこから急に打ち  それから急に打ち  それを聞くまいとしながら遂に打ち  すべてのものから全く打ち  夫婦に打ち  金鼓を打ち  タイプライターを打ち  タイプライターで打ち  馬を軽く打ち  ものが打ち  十三時を打ち  目じるしとして、早くも打ち  ような凄い打ち  鼓、打ち  背なかに打ち  ものが、打ち  苦悩に打ち  終戦まで、打ち  ツと打ち  困難には打ち  手金を打ち  頃、ようやく、やや打ち  句読を打ち  目からほとばしらせて、打ち  上で打ち  博士を打ち  批点を打ち  変身に打ち  さとをこめて打ち  感情に打ち  しめじめと打ち  柱に打ち  洗い水を打ち  礫を打ち  返事もせず打ち  さに打ち  顔は、打ち  それがずっと打ち  遺骨が打ち  秩序を打ち  社會を打ち  基礎から打ち  斯様に打ち  沈黙を打ち  裡に打ち  気にくわぬとか、打ち  十二時を打ち  明日其方を打ち  明朝八重を打ち  切腹かそれとも打ち  先鋒を打ち  多角的に打ち  からに打ち  散々に打ち  曹真を打ち  惨敗を打ち  相槌を打ち  脾腹を打ち  浪を打ち  脾腹でも打ち  燈台に打ち  武士は捕われて打ち  鬼瓦は、打ち  朝敵として打ち  眼中になく打ち  折もあらうが、打ち  勝負事に打ち  碁に打ち  叔父は打ち  碁をお打ち  障害にはどうにかかうにか打ち  鉄を打ち  愛情を打ち  蒼ざめ、打ち  鹿を打ち  鹿でも打ち  当り前だ、突然打ち  札を打ち  頬片をぽんと打ち  処を又た打ち  一撃にお打ち  室へ打ち  何事も打ち  ものを取って打ち  もっとお打ち  心になって打ち  上に打ち  葉子はやがて打ち  そのままそこに打ち  恍惚として打ち  脳天からきねを打ち  グスタフはのた打ち  自分が打ち  病死したら、勿論いくら打ち  誰もかれも打ち  恋を打ち  ようにゴタゴタ打ち  方針をはっきり打ち  力を込めて打ち  んでねえと打ち  信念が打ち  何か打ち  柱を打ち  タッタ今電報を打ち  庭は、ことごとく打ち  手を握って打ち  鞄ごと両手を大きく打ち  呵々と打ち  静かに打ち  みやびやかに打ち  グワンと打ち  演劇論を打ち  常識が打ち  網を打ち  ドッと打ち  稲妻形に打ち  マストに打ち  雑夫に打ち  彼女等が打ち  口小言や罵りで打ち  二三年を打ち  手紙を打ち  両端を打ち  鉈で打ち  ゴンクール氏を打ち  音を打ち  乘つて之れを打ち  駿馬に打ち  近代を打ち  窓を打ち  んに持って、こつこつ打ち  狂ほしく互に打ち  金具が打ち  明快さで打ち  苦痛に打ち  身は打ち  彼等を打ち  十二時十五分前を打ち  やうに軽く打ち  一処に打ち  皆が打ち  親分子分よりも、打ち  心臓を打ち  昔にかえって、打ち  ここまで打ち  精根を打ち  閑人等浴後半日碁など打ち  ポンポン鉄砲の打ち  毎日碁を打ち  門庭を打ち  そのまま通り拔けると、やや打ち  風を打ち  矢を打ち  我々をも打ち  ように凄じく打ち  のだが、打ち  間をはかって突如打ちかかり打ち  馬庭念流が打ち  歯をくいしばって打ち  静かにひたひたと打ち  下に、打ち  毒矢を放つて打ち  原爆は打ち  二階座敷に打ち  手を大きく打ち  無電を打ち  うえに打ち  小指を差出して、握りあって打ち  念仏衆の打ち  指先で打ち  丁度水を打ち  槌で打ち  もんだから、打ちたいにも打ち  舷までは打ち  一日おいて打ち  私は、打ち  亭主と打ち  母さんが出て来て、色々打ち  心勞に打ち  筋斗を打ち  頬を打ち  二十ばかり続けて打ち  猪でも打ち  物を打ち  拳骨で打ち  盗賊だと思って打ち  手裏劒に打ち  何にでも打ち  そんで打ち  とんぼを打ち  だんだん無惨に情けなく打ち  三時間も打ち  部分を打ち  雖も打ち  さをさへ打ち  空に向って打ち  敵艦隊を打ち  四匹は打ち  島へ向かって打ち  火を打ち  時洞然と打ち  掛け声、打ち  崩れを打ち  胸の打ち  所在を忘れて打ち  頭に、しこって居たのですぐにも打ち  拳に打ち  老人の打ち  頭を、或いは打ち  山上で打ち  面上へ打ち  心臓がまたはげしく打ち  何回も打ち  警官がかれを打ち  たいこを打ち  毛唐を打ち  そのまま碁を打ち  病魔にはとうとう打ち  看板を打ち  三人睦まじく打ち  備前長船小豆長光二尺四寸五分の大刀を打ち  緋を打ち  将山県隊を打ち  信玄めがけて打ち  信玄を打ち  とき槍を持っていたならば、決して打ち  鴉ほど打ち  何が打ち  お前さんの打ち  太股を打ち  男は打ち  寝返りを打ち  ゆるやかに大きく打ち  支度の打ち  真心を打ち  心を打ち  キルク玉を打ち  西日が、からりと打ち  前で打ち  目をあげると必ず、いつも打ち  かなとこに打ち  扉を打ち  空虚な打ち  易々と打ち  竹を打ち  斜に打ち  棒を打ち  あるかないか、打ち  ことごとに打ち  かしこもがらんと打ち  膝を丁と打ち  ところで、お打ち  鉢を打ち  胸もともぴりぴりと打ち  愛撫に打ち  えりを打ち  椎の木に打ち  可成り打ち  脳骨微塵と打ち  波と戦って勇ましく打ち  恐れに打ち  太刀を丁と打ち  残りなく打ち  不規則に打ち  二三枚黒くしたが、やがて打ち  つてうるさくなるまで打ち  目にかぶさってうるさくなるまで打ち  住所を打ち  ほとりに打ち  自宅あてには打ち  ようにスーッと打ち  つけ換えても、すぐ打ち  帽子も打ち  銛を打ち  我を以て打ち勝とうとしまた打ち  海松の如くうねを打ち  地杭を打ち  ままで打ち  貿易船に打ち  小膝を丁と打ち  体に打ち  旅館に打ち  鉄砲の打ち  んならお打ち  あまつて五六字ほども打ち  つた滑らかな打ち  ぱつたりと動作を打ち  籠めて打ち  九ツを打ち  威嚇に打ち  嫌いや打ち  黄金を打ち  あなたにだけお打ち  片手を高く打ち  関心、久しく打ち  こがねを打ち  牡丹散て打ち  根も打ち  鳥を打ち  ペガウサスに打ち  ハンカチを打ち  難所を打ち  歩みではあっても、絶えず打ち  君を打ち  鈴を打ち  挙動を打ち  空を打ち  無遠慮に打ち  馭者はしきりに打ち  姿の輝くばかりなるを打ち  金沢を打ち  面影を留めぬまでに打ち  幹に打ち  場に打ち  渠もやむなく打ち  わが身を打ち  ふちに打ち  人波が打ち  これをお打ち  銘々に打ち  範疇を打ち  発矢と打ち  金剛杖を打ち  発見によって打ち  戦鼓を打ち  だれか、打ち  こぶしを打ち  力には打ち  事実を打ち  滅多打ちに打ち  浜に打ち  確か、お打ち  今日まで打ち  あすこで打ち  男を打ち  中へ打ち  子供たちの打ち  普通の打ち  月を打ち  金助の打ち  鼻血が出るまで打ち  蛇坂といつてしまへば打ち  君のことを打ち  句点を打ち  風邪を打ち  私の秘密をお打ち  事をお打ち  足骨を打ち  繁昌が打ち  一つ一つ釘で打ち  胸をとくとく打ち  石川光明氏と打ち  柏手を打ち  小膝をぽんと打ち  毆かずとも斬りかかり打ち  處を打ち  整理し且つ打ち  花賣も、打ち  外から打ち  砧を打ち  ため後脳をひどく打ち  十時を打ち  級長はこれから打ち  二ノ間一ノ間を打ち  杭は打ち  拳を打ち  太鼓でも打ち  燭台で打ち  體をかがめて、打ち  詞に打ち  靜に打ち  上半を打ち  頭蓋骨を打ち  ようにのた打ち  欠損なしに打ち  一撃に打ち  胸を強く打ち  一石を打ち  ポンと打ち  メンコを打ち  一人が打ち  槌を打ち  拙者が打ち  柄を丁と打ち  電報の打ち  喝棒に打ち  素朴な打ち  相槌の打ち  ように、打ち  書類を打ち  空間に打ち  てめえが躓かせて、打ち  ぴゅっと鞭を打ち  羽搏きを打ち  相談しなかったし、打ち  狭間に打ち  驚きに打ち  隅々には、打ち  ここで打ち  戦意までも打ち  バクチが打ち  最初に打ち  私にだけ打ち  それよりも打ち  苦悶を打ち  私に打ち  女も打ち  わけを打ち  自分一人で来て打ち  いつか次第に打ち  間がそれほどまでに打ち  橋杭に打ち  針を打ち  午後十時を打ち  手で打ち  からからと打ち  通い戸を、どんどんと打ち  それが打ち  から太鼓の打ち  腰を打ち  きぬた打ち  ガンガンと打ち  トッテンカンと打ち  十日ほど打ち  腕は打ち  頭上をめがけて打ち  手拍子を打ち  まりもなく打ち  急がしく打ち  陰にどっと打ち  もう一度それをしげしげと打ち  処へ打ち  杯を打ち  女房衣を打ち  松明を打ち  驚きに、あっと打ち  いずれからともなく現われて打ち  舅には打ち  引据えて、さんざんに打ち  一つ拾い取って打ち  さいに打ち  打ちに打ち  貧弱で、打つに打ち  から、打つにも打ち  点の打ち  足をとどめて、しばらく打ち  空間へ打ち  床上に打ち  さも打ち  のろしを打ち  つるべ打ち  腹巻取って打ち  真向二つに打ち  籠手の覆より打ち  虫かごを打ち  転りを打ち  先に打ち  官棒でお打ち  貴方へ打ち  先方で打ち  山の上から打ち  杣たちも打ち  二合ビンで打ち  近距離の打ち  年齢に打ち  眞面から打ち  頭へ打ち  ばくちでも打ち  ムチを打ち  完全に打ち  浜を打ち  金物に打ち  想像を打ち  これで、すっかり打ち  ものならば、たんとお打ち  のと違いまして、痛くございません、どうぞたんとお打ち  藁を打ち  辻ビラを打ち  鉦を打ち  神さまは打ち  鋲を打ち  そこに打ち  波が打ち  例のマドロスとを打ち  彼の打ち  きの荒武者の打ち  さんさんと打ち  先途と打ち  先週で打ち  フランスを打ち  花火が打ち  これらの打ち  それからどきどき、どきどきと一層早く打ち  落ち着きを打ち  頭をお打ち  角で打ち  投木に打ち  直義らに打ち  力に打ち  手附を打ち  間断なく打ち  音で打ち  うちに、どことなく打ち  ためいきに似た打ち  ような打ち  ため打ちにピシャリ打ち  平家を打ち  話を打ち  玄王は打ち  二合瓶を打ち  博奕などを打ち  一間おきに打ち  世が、打ち  御酒やらに、打ち  伸びを打ち  問題を打ち  当分は打ち  女たちはまた打ち  傘を打ち  雪駄をぬいで続け打ち  反りを打ち  蕎麦をよく打ち  饂飩を打ち  饂飩をお打ち  饂飩に打ち  宅で打ち  戸を激しく打ち  異様な打ち  眉びさしに霰を打ち  これほどに打ち  方に打ち  額にゆがんだ打ち  底をよく打ち  邪げを打ち  松田一族を打ち  ワッと喚いて、打ち  批点の打ち  幻想も、打ち  時は、打ち殺し、打ち  上にふわりと打ち  ピシャピシャと打ち  心が晴れるなら、たんとお打ち  眼口を打ち  小屋を打ち  ここらで打ち  三月も続いて打ち  鎌足かけて打ち  海陸勢を迎え打ち  ゑがきて天照大神八幡大菩薩と金文字に打ち  生田へおびきよせて打ち  前面からも、打ち  朝廷はおどろきに打ち  三千も打ち  三晩ほど打ち  藤吉はひとり打ち  百余日も打ち  吉五郎は打ち  銘を打ち  ものだが、打ち  二日にわたって打ち  手いたく打ち  能舞を打ち  願いを打ち  奉加帳も打ち  科学とかが打ち  攻撃したり打ち  ひろ子の、打ち  皺が打ち  鼻を打ち  手出しはし得なかったが、今にも打ち  容姿を打ち  好奇心にも駆られながら、そう打ち  他人に打ち  後を打ち  総てを打ち  鴉ぢやと思うたれば、やはり打ち  鍬を打ち  これは打ち  為、何もかも打ち  父は打ち  幕を打ち  喜びがあふれて打ち  すべてを打ち  手布を打ち  鎚を打ち  はたはたと打ち  額から頭にかけて打ち  シと打ち  さきに打ち  バケツを打ち  非を打ち  双六を御打ち  横なぐりに打ち  欄干を丁と打ち  張りを打ち  人々を、打ち  格好に打ち  どなたにもお打ち  秘密をすっかりお打ち  最後の打ち  声、打ち  腕を持った打ち  背中を軽く打ち  色合いが気に入らず、また打ち  話を聞くよりは、打ち  世界を打ち  郷愁に打ち  ゆるやかに打ち  別人のごとく変って、打ち  ようでも打ち  舵を打ち  頬辺を打ち  先から彼を打ち  子供を打ち  指を打ち  頭上へごつんと打ち  死骸を打ち  一部を打ち  額を丁と打ち  けじめも打ち  拍手を打ち  本気になりすぎて、あまりひどく打ち  とおりに打ち  であるから、打ち  鼻を廻ると打ち  外に打ち  あたりで、斯くも打ち  母が打ち  ビールを飲み、すこし打ち  意外に、打ち  そうに打ち  もの珍しく、また、いくぶん、たのもしく打ち  熱狂に打ち  鉄砲を持ち出して、打ち  斜めにざくりと打ち  底板に打ち  地盤を打ち  芸術家は、打ち  これ位ひで競馬騒ぎも打ち  パチンコまで打ち  貴船伯に打ち  大喝して打ち  竹刀も決して打ち  やつと打ち  言ひながら打ち  頭上を手痛く打ち  衰へない、打ち  のであるが、打ち  三合四合と打ち  兩劍士の打ち  敵国を打ち  卓を打ち  ば幾月でも打ち  知らない者と打ち  これに打ち  詰めより打ち  碁など打ち  それから、打ち  からお打ち  横ツ面を手ひどく打ち  たけを打ち  側に打ち  秋山めを打ち  一同無事に打ち  警官に打ち  二度デングリ返しを打ち  小鼓を打ち  どんどん、がんがん、打ち  めちゃめちゃに打ち拉がれ、打ち  犬を打ち  右が打ち  斷亞麻を打ち  歌を打ち  様子をしげしげと打ち  砂浜に打ち  中央に打ち  念に打ち  説明を打ち  一挙に打ち  雲は、狂わんばかりに打ち  翼で荒々しく打ち  欲求とに打ち  外套を打ち  上を打ち  彼はもう打ち  羽蒲団を打ち  他に打ち  考えに打ち  野外に向って打ち  そこへ打ち  鉄鋲を打ち  の業の打ち  自分を打ち  一枚を打ち  お願いがあって打ち  脈を打ち  手を取って打ち  ピアノを打ち  活発な打ち  鼻にかかった打ち  熱狂的にひき吹き打ち  眼を円くして打ち  近眼鏡越に打ち  俄に打ち  変へて、打ち  加女は愈々打ち  莞爾と打ち  松島は打ち  剛一は打ち  侯爵は打ち  怪しげに打ち  ハツハと打ち  問題は打ち  境遇に打ち  声を打ち  勤務の打ち  其声は打ち  加女は打ち  無頓着に打ち  決心を打ち  伯母は驚くまでに打ち  元気克く打ち  声の打ち  一夜に打ち  顔を揚げも得ずして打ち  一所に打ち  薮以外には、打ち  筆蹟を、打ち  何か真に打ち  悲喜を打ち  ころは、打ち  のがつらくて打ち  心が打ち  苦労に打ち  利己心に打ち  綱のたゆたはば打ち  鶫をお打ち  藤波の打ち  あちらこちらの打ち  糊をした打ち  案を打ち  母さえ幾らか打ち  自分自身を打ち  でき上がりのよい打ち  彼はこう決して打ち  彼らに打ち  彼奴は打ち  それからまた打ち  理想からあなたがたは打ち  自国民が打ち  ヨーロッパを打ち  金槌を打ち  蚊を打ち  槌の打ち  これも打ち  姫君たちは打ち  碁をまた打ち  壱時を打ち  海に打ち  場合によっては、打ち  彼女を打ち  オリヴィエは前もって打ち  心中を打ち  ほうがたいてい打ち  シューベルトの打ち  中で打ち  場合に打ち  自分の子供たちを打ち  薄紫の打ち  頂辺に打ち  技巧をこらして打ち  結構が、すっかり打ち  杯盤を設けて、打ち  空掻きくもり、いつしか打ち  あいづちを打ち  筆を持つて打ち  永遠に打ち  あなた様は打ち  そばにいず打ち  仕事も打ち  議論に、打ち  それからこめては打ち、こめては打ち  とんぼがえりを打ち  舌を打ち  息吹きに打ち  愚昧で打ち  抽象観念を打ち  それをも打ち  オリヴィエは打ち  頤を打ち開いて打ち  クリストフを打ち  顔を浸し、息もつけずに打ち  なかったが、打ち  襲撃が打ち  まん中に打ち  われは打ち  汝は打ち  汝はよし打ち  奴らを打ち  水夫長が打ち  帽子を打ち  ハンケチを打ち  夫に打ち  鄙も打ち  時頼莞爾と打ち  其儘御前に打ち  濶なるに似もやらで、打ち  袖を切るが如く打ち  手前も打ち  小机に打ち  横笛四邊を打ち  方を打ち  松枝に打ち  タンポの打ち  頭上に打ち  御幣を打ち  時、知らずに打ち  責任を有し、打ち  破滅とに打ち  ほうが打ち  身体とを打ち  それをたがいに打ち  眠気に打ち  革命は打ち  心境を打ち  ザックバランに打ち  棟を打ち  家鳴に打ち  鋭さよ打ち  前方を打ち  さを打ち  杖を打ち  内部でなにか考え、またぱっと打ち  二室を打ち  錫杖を打ち  夷どもの打ち  ために脆くも打ち  三度、座りながら打ち  少年も打ち  ようにみだりに打ち  遊びなどあり、打ち  偽はらぬ打ち  紳士も打ち  折から、ふと打ち  ガンガンガンガン六時を打ち  田に、打ち  音に打ち  目潰しを打ち  相槌は打ち  営みは打ち  谿をわたつて打ち  宙に打ち  宗教に打ち  一日二日と打ち  畑を打ち  尻をつよく打ち  中をのた打ち  五色旗とを打ち  ピリオドを打ち  十三時を繰り返し繰り返し打ち  身体を打ち  馬と打ち  ひと好しに打ち  静かにふして淡く打ち  小雨にぬれて青く打ち  慾求に打ち  手に打ち  営みを打ち  彼女の打ち  時計を打ち  邪念も打ち  上から火を打ち  弾丸を打ち  承諾し打ち  筈本まで打ち  人に打ち  樹を打ち  ものにて打ち  眼前へ打ち  念入れて打ち  他を打ち  亭主を打ち  入貢す、故に打ち  物で打ち  猿来り、あるいは打ち  頭を垂れ、打ち  にのた打ち  先手を打ち  閨に忍んで打ち  姉妹を打ち  都へ打ち  賊を打ち  亡魂どもを打ち  畠番人に打ち  忿って打ち  洗濯物を盗みに来たと思うてまた打ち  一船に打ち  御馳走も打ち  馬を打ち  方が打ち  思案に打ち  玉藻はやはり打ち  青笞で打ち  麦の打ち  半ば祖母に打ち  つた概念を打ち  大黒真先に打って出で打ち  悦びに打ち  先生、お持ちなすって、打ち  のだから、まるで打ち  小膝を打ち  正面から、打ち  棒杭を打ち  金盥を打ち  金盥も打ち  十幾日を呆然と打ち  自動車に打ち  三人はまた打ち  丁々と打ち  滑る橇に打ち  粉々と打ち  挨拶なく打ち  龍造寺主計は、はじきながら、打ち  ぶつならお打ち  手品だけで打ち  波は打ち  壁は打ち  今まで打ち  夜昼となく打ち  のもの一つもなく、さらに打ち  仮面を取りて打ち  夜晝となく打ち  のもの一つも無く、更に打ち  假面を取りて打ち  道楽である碁すら打ち  二時が打ち  敵に打ち  ミジメに打ち  者も悉く打ち  感動を以て打ち  急に打ち  姉妹が、打ち  今日一日は打ち  友禅染を打ち  其角は打ち  群衆なだれを打ち  吾を打ち  目を放さずに打ち  者と眺めて、打ち  のは新しく打ち  幾年間を打ち  つて七人ほど打ち  四里近くも打ち  尾根に立つと初めて打ち  樣に打ち  これはまた打ち  荒磯に打ち  大和言葉で、高々と打ち  兄に対して、もつと打ち  仏教を打ち  一つ探さなければなるまい、この打ち  暑気も打ち  腕をハラハラと打ち  皷を打ち  頭等を打ち  杭を打ち  根を打ち  ことはさらりと打ち  退屈して、のびを打ち  石で打ち  陽炎に打ち  丹念を打ち  三回も打ち  者がまたもや打ち  毛布を打ち  穂を打ち  投網を打ち  使命も、すっかり打ち  窓を破るかに打ち  端から、丁と打ち  珊珊を打ち  歓びに打ち  くも病に打ち  合ふても、打ち  独り鬱陶に打ち  ままに打ち  聴水は打ち  黒衣も打ち  聴水頭を打ち  私かに聞きて打ち  黄金丸呵々と打ち  和殿を打ち  穴の明くほど打ち  糸をほどいて打ち  越ゆと打ち  想像力を打ち  雨戸を打ち  ラヴィニアを打ち  大砲を打ち  モミを打ち  白山神社で打ち  あらひざらひ打ち  やうな打ち  つまり心を打ち  始まりに打ち  ありのまま由子に打ち  一足先手を打ち  横様に打ち  船を打ち  森蔭より、むらむらと打ち  楯、打ち  横ざまに打ち  顔見あわせて打ち  病人を打ち  名馬に打ち  方角から打ち  ッ裸になって打ち  二十把ほども打ち  運命には打ち  苦しみに打ち  鼓を、打って打って打ち  好き夜を打って打って打ち  欲念に打ち  圧迫に打ち  三時が打ち  床に打ち  あなたこなたに打ち  岸に打ち  大口叩いて打ち  窓ガラスをぽとぽと打ち  今度は打ち  感じに打ち  絶望に打ち  白髪もまじれるさえ打ち  けいこに打ち  縁手荒に打ち  名刺を打ち  豊を打ち  山木は打ち  日影を打ち  続けざまに打ち  ままに、久しく打ち  一色に打ち  ドンドン甲板を打ち  打ちこわしていい、打ち  肩掛けを打ち  ようすを打ち  顔をしげしげと打ち  伯母は打ち  馬車に打ち  肩をたたかれて、打ち  四五度も打ち  柄を破れよと打ち  田崎は打ち  手はわなわなと打ち  窓外を打ち  武男は打ち  浪子はさびしく打ち  渡り来て、打ち  駒子は打ち  鞭は打ち  格構を打ち  彼は、余り打ち  話に打ち  身柄も打ち  態をしげしげと打ち  門なみに打ち  常盤座で打ち  大入りを続けて、打ち  満員で打ち  芝居の打ち  叩き、打ち  抗して打ち  幾度か打ち  中にたぎり打ち  彼方、打ち  左衛門を打ち  脳を打ち  絹の打ち  境遇を打ち  上に、打ち  廃墟に打ち  声は打ち  パチリと打ち  坂口さん、打ち  今日までを打ち  心を打つ打ち  秘密を打ち  ヒューマニズムを打ち  身振りに打ち  港口に打ち  背を打ち  岸へ持って来て打ち  のを知って、打ち  彼は飛びかかって打ち  片っ端から打ち  杖をもって打ち  策をふるって続け打ち  爺臭い騒ぎは打ち  人びとが打ち  身を反らせて打ち  岩を打ち  円座を打ち  こなたを打ち  光代は打ち  独りほくほく打ち  しき顔も少し打ち  綱雄も初めて清く打ち  辰弥は打ち  終りは互いに打ち  どこにどうしてかと、打ち  座敷に入りてしばらくは打ち  烈火のごとく打ち  体も打ち  肉を打ち  包孝粛を打ち  理想を打ち  店を打ち  手はそのまま打ち  二時半を打ち  三時を打ち  狂態を打ち  自信を打ち  自分を忌々しがりながらも、どうしても打ち  さかんに打ち  七半を打ち  装束や打ち  望みにたよりながら、打ち  太刀を打ち  救いを得ると共に、打ち  塔を打ち  心臓は早く打ち  眼とを打ち  湯を打ち  まま、打ち  銀を打ち  対局者は打ち  それがのた打ち  力がのた打ち  母性愛も打ち  数珠で打ち  方法を打ち  無線電信で打ち  三十五六度柝木に打ち  地金を折り返しては打ち  音もでないほど打ち  一歩非の打ち  撥を打ち  膝を乗り出して打ち  著かえて、打ち  柔和に打ち  院長は案外打ち  バットで打ち  好意を寄せて打ち  扇を打ち  ばらに打ち  リアリズムを打ち  ばへおきて、打ち  つて碁を打ち  七七角、打ち  立派に打ち  ものから常に打ち  ように小さくなって打ち  空腹も打ち  大名を残らず打ち  九州残らず打ち  為朝に打ち  岸を打ち  野原に打ち  者にあわや打ち  滅茶滅茶に打ち  縦横に打ち  老人は打ち  腕を大きく打ち  指をくはへて打ち  田を打ち  様子は打ち  余分に打ち  鴫なぞを打ち  二つほど打ち  しかも打ち  腹を立てて打ち  風が低く打ち  勢よく打ち  瓦を打ち  飾りものを打ち  四人まで打ち  何度も打ち  人は、打ち  印を打ち  夫限に打ち  昨日電報を打ち  壁に打ち  巨鱗を打ち  敗戦に打ち  壮佼は打ち  事業を打ち  一時を打ち  球を打ち  幾条かの打ち  鬼の忘れて行った打ち  一寸法師は、打ち  わず網を打ち  安をめがけて打ち  朝子を打ち  世間へ打ち  霜をも打ち  何名か打ち  顔を擦るまで近づきて打ち  宴を打ち  ひらひらと打ち  槌が、打ち  帯とを打ち  中を打ち  何うかするといんち打ち  著けた駒に悠然と打ち  前庭は打ち  岩石層で打ち  もう一度カラカラと打ち  三人は打ち  つて扉を打ち  浪岸を打ち  修むる吉瑞ありと打ち  ろひな鼓動を打ち  拳を固めて打ち  何をお打ち  自由競争に打ち  毛皮を打ち  軍船に打ち  太刀を抜き、躍り上がり躍り上がり打ち  人は打ち  評判はよくないが、打ち  間ごと間ごとを打ち  北山はしばらく打ち  得物得物を打ち  幾間か打ち  二月から打ち  顔ちかく引きよせて打ち  話をきいて打ち  シクレットを打ち  それなりにして打ち  宮崎は打ち  理由であって、打ち  とき、はげしい打ち  投扇遊びに打ち  洋盃を打ち  電報をお打ち  空砲を打ち  財を投げ打ち  衣服を投げ打ち  靴を投げ打ち  大波が打ち  顔も、打ち  素直に男らしく打ち  黄斑を打ち  顔を凝つと打ち  金箍棒を打ち  田の神上げもせずに、打ち  額に打ち  鏝を打ち  高山勢さんざんに打ち  山鴫を打ち  トウルゲネフに、最も好い打ち  彼自身はその打ち  相手の打ち  十一時を打ち  私らから打ち  話などに打ち  上段から打ち  手拭を打ち  僧兵を打ち  之を見て、打ち  梯子や打ち  作品に打ち  直ちに男女を打ち  泣き声を打ち  空中に打ち  中腹へ打ち  朸を揮うて頻に打ち  鉄砲で打ち  雉子を打ち  弾こめて打ち  斧をふり上げて打ち  王を打ち  像を打ち  哲學を打ち  仕事に打ち  云ひて打ち  のだったが、打ち  彼は何もかも打ち  一家が、打ち  両家が打ち  みんなが打ち  衣裳つづらを打ち  自分たちも、やがて打ち  二十発もの実弾を打ち  四十日なり、打ち  手をあげて打ち  わけではなく、飲んだり食ったりして打ち  尻尾を打ち  伝三を疲らせつつ、打ち  一人あまさず打ち  客などは打ち  神領三郡に打ち  釘の打ち  部屋を打ち  指先にこめて打ち  朝鮮の文化を打ち  朝鮮文学でも打ち  枝を打ち  侍相手に、打ち  相手を打ち  武蔵の国に打ち  棟に打ち  ピストルの打ち  圈點を打ち  キューを打ち  常々それを打ち  寐返りを打ち  夫だけの打ち  甚く打ち  傍辺へ打ち  たか同じく打ち  数を打ち  事は打ち  余ほど打ち  秀子は打ち  事を打ち  高輪田長三が打ち  二度目を打ち  先生は打ち  程に打ち  腕に打ち  なりゆきにのみまかして、打ち  心底を打ち  木太刀でぽんぽん打ち  浮木が打ち  手綱でぴしりと打ち  自然に打ち  薙刀を打ち  狂気の如く打ち  音が打ち  腕を勇ましく打ち  左衛門座は尚打ち  芸題で打ち  羽織を打ち  おろか二百日でも、打ち  底を打ち  黒吉は、いきなり打ち  黒吉は、突然、打ち  私もまた打ち  撥で打ち  拍子を打ち  電報お打ち  いを附けおるを打ち  ビラ持ち込みの打ち  災難に打ち  我々を打ち  有様を、あれよあれよとただ打ち  猛に打ち  悟空が打ち  ハズミで、どしんと打ち  構えを打ち  日毎日毎さんさんと打ち  メイ子が打ち  つて喧嘩碁ばかり打ち  香顔を打ち  酒宴に打ち  四月以来なぎさに打ち  果は憤りを発して打ち  さっきから打ち  友と打ち  者あらば共に飲まん、共々に打ち  衣を打ち  頬に打ち  上から槌を打ち  革鞄を打ち  加減に打ち  聯合軍を打ち  様子が見えず、かえって打ち  独立を打ち  環境に打ち  板木を打ち  板木の打ち  調子で打ち  ように、そう言いながら、やはり打ち  板木を打ちだしたが、その打ち  それに、打ち  乱暴な打ち  業をにやしてあんな打ち  板木だって、打ち  今朝の打ち  友愛塾音頭を打ち  足でも打ち  家にありて打ち  人々の打ち  戸を堅く鎖して打ち  切刃を抜き、打ち  者寄り集い水など打ち  常連に打ち  誰にも打ち  真実を打ち  鏡を見て打ち  儘に打ち  群集に打ち  莞爾として打ち  秘かに打ち  膝頭、打ち  われ心に打ち  屋根に打ち  浅学不通まで打ち  上向けに打ち  部屋に打ち  四人も打ち  美作は打ち  無二無三に打ち  露路で、打ち  脇差しを打ち  危険を打ち  トゲのついた打ち  私と打ち  鰭で打ち  ことをも打ち  絶対的に打ち  たかバンと打ち  にわかに打ち  痛みを打ち  私はすっかり打ち  蹄鉄を打ち  左右東西に打ち  細君等も打ち  壁の打ち  俺も色々と打ち  六十余日を打ち  脾腹ぐらい、打ち  南米北米を打ち  尤もらしく打ち  介はやがて打ち  商館なりと打ち  永牢、打ち  ヨーロッパ人は打ち  先なら打ち  名の知れた打ち  田舎天狗を打ち  甚八ほどの打ち  オレを打ち  素人天狗を打ち  手は打ち  相当の打ち  四目で打ち  今さら駒子に打ち  介はさもあるべしと打ち  天馬にでも打ち  はじめてあなたに打ち  力を放下して、見とれ、打ち  手紙が書きにくく、打ち  人たちと打ち  旋りまた打ち  林を打ち  時頂を打ち  腹を打ち  顏を打ち  方針を打ち  近く名古屋に打ち  切り火を打ち  規準を打ち  基準をしっかりと打ち  軍治を打ち  ために、打ち  ヘッドに打ち  風とに到底打ち  ハンマーででも打ち  話が、すっかり、打ち  手を執り、はげしく打ち  男どちと打ち  夢は打ち  大浪を打ち  撥を作って打ち  ぱーんと打ち  芝居をどうにか打ち  毎月狂言を差替えて打ち  文明に対して、打ち  ひざを打ち  金星を打ち  くぎを打ち  作戦計画を全く打ち  一本くぎを打ち  今村正作の打ち  名のつく打ち  手をふらふらと打ち  ご用弁になって打ち  針の打ち  埃を打ち  眼で打ち  作戰計畫を全く打ち  三回ともに打ち  あなたさまに、しょせんたち打ち  碁でも打ち  知恵ぐれえで、とてもたち打ち  碁なんぞ打ち  真っ赤に、打ち  あすにでもすっぱりと打ち  ようしだいを打ち  拷問を始めたらしく、打ち  末に打ち  三寸くぎに打ち  十手を打ち  あおむけざまに打ち  なに、打ち  事も打ち  それから復び碁を打ち  海岸に打ち  ミスがあれば打ち  廃齢たるも打ち  槍を伸して打ち  數を打ち  柏子を打ち  火打を出してこつこつ打ち  紅絹の打ち  銀之丞は、しばらくじっと打ち  甚内は打ち  素人の打ち  大砲でも打ち  平八は、しばらくじっと打ち  雨垂れが打ち  枕もとに打ち  雜木を打ち  燃えさしを打ち  長竿を打ち  其処に打ち  手を握ると、烈しく打ち  蔭から打ち  五つ六つの千木を打ち  確実な打ち  ここから火を打ち  後をも見ずに打ち  SOSを打ち  火箭を打ち  信号を打ち  フィリップスの打ち  位いに打ち  装置して、たえず変らぬ打ち  それはほとんど打ち  とろろでも打ち  凡兆草庵にしばらくいては打ち  利根川を打ち  たづぬ、打ち  道徳的弱点とは打ち  努力によって打ち  全体として見れば打ち  水ばかり飲みて打ち  ほかたは打ち  聲なりとして、打ち  磯を打ち  水に打ち  蓙しきて打ち  蓙をしきて打ち  莠も打ち  懷をやるとて打ち  雨は頻りに打ち  鼓を御打ち  濟まないが全く打ち  ゴロゴロ寝返りを打ち  串の打ち  病後とはいえ、ふと打ち  力に任せて打ち  玄関へ打ち  相手は打ち  困難を打ち  聖エリアス山脈を打ち  叫喚とともに打ち  十一時が打ち  陣羽織を脱いで打ち  着物を脱いで打ち  ぱんぱんと拍手を打ち  縄を打ち  菜切庖丁で打ち  義兵を挙げんと打ち  漁に打ち  柏手の打ち  戸口かな打ち  蚊帳巻きかへて又打ち  一面に打ち  もう一度どきんどきんと強く打ち  遥かに大きく、打ち  方へ打ち  ぶんの打ち  ピストルを打ち  後から後から打ち  実行を打ち  縫ふて悲しく打ち  陽に照らして打ち  これよりすぐに打ち  椅子とに、打ち  半鐘が鳴って、あまりにその打ち  瓦屋と打ち  青年を打ち  節々空を打ち  何事をも打ち  少女見てしばし流れ去るを打ち  思いなく打ち  末を打ち  稍暫く打ち  鼓動を打ち  池に打ち  我を生まざりしならばと打ち  巣を打ち  容易には打ち  姿を打ち  何物をも打ち  ん丸く打ち  無情に打ち  余をあまりにも打ち  死の恐怖に打ち  宙に渦巻き、はっしと打ち  一級二級ぐらいの打ち  扉がコトコトと打ち  十六七時間も打ち  沙汰もなく打ち  決闘に打ち  此の子をお打ち  端から骨を打ち  玄関に打ち  身をも打ち  障子を打ち  からん、とかくは打ち  羞恥をば打ち  腕車に打ち  難関を打ち  船に打ち  都合八人いずれも打ち  ヴァイオリンのごとく打ち  批難の打ち  理論を打ち  名をしばし相佇んで打ち  鞭を打ち  東海美人が打ち  杖も打ち  逃げを打ち  こちらからは何とお打ち  心おくれて打ち  心のみおこりて、おほくは打ち  所を打ち  鸚鵡と打ち  鉄棒をふるって、打ち  通りに打ち  無残に打ち  壁を烈しく打ち  おのれに打ち  一発で打ち  一人で打ち  ものをねらって打ち  滅茶苦茶に打ち  勢が、打ち  一同が打ち  そのままにして打ち  活動活動と打ち  あなたに電報を打ち  生返事をしたなり、打ち  杙を打ち  花の打ち  船内にどっと打ち  つて三段に打ち  額をお打ち  駕籠に打ち  凡てに打ち  迫害に打ち  原因も打ち  手も見せずに打ち  親友に打ち  ピシリと打ち  変質感を打ち  見境ひもなく打ち  友だちもなく、打ち  仏法によって打ち  父様を打ち  闇は、この打ち  自転車に打ち  拳を挙げて丁と打ち  しか遠慮も打ち  草鞋が切れた、と打ち  手を入るるか、打ち  次も打ち  家にいて、とまた打ち  言ひ、また打ち  自覚を打ち  時は、打ち  後、また打ち  次の打ち  砧を打ち始めたるが又すぐに打ち  盤にむかいて打ち  金をカチンと打ち  巴卍に打ち  寝台に打ち  朝まで打ち  前に打ち  砌に打ち  漁師達は打ち  あたりを激しく打ち  次第を打ち  とおり以後二ヵ月昼夜のた打ち  体力で打ち  優位性をもつて、打ち  秩序の打ち  涙に打ち  先生を打ち  粒を打ち  うえで打ち  印象を打ち  名、打ち  火焔にのた打ち  棒押っ取りて打ち  二の丸三の丸まで打ち  肋を打ち  それから暗打ち  脳天へ打ち  わらわ、打ち  言に打ち  わが家に打ち  采女を打ち  暴威を打ち  耳朶を打ち  サツクリコと打ち  ウントサと打ち  力一パイお打ち  ところに、生々しい打ち  洛中を打ち  今日箱根峠に打ち  戸を軽く打ち  九時を打ち  時計六時を湿やかに打ち  二郎、打ち  嬢を打ち  力一ぱい傘を打ち  アンリ親分が打ち  暫らく手の平を打ち  根へ打ち  ゼブラに打ち  うちに打ち  真暗な、ときどき打ち  長年風雨に打ち  大門を打ち  かんと打ち返し、打ち  どこへか打ち  夢とのみ打ち  さりと打ち  支柱を打ち  ようにして打ち  デングリ返りを打ち  規範を、打ち  鍵盤の打ち  いろいろに変る、打ち  形で、どんな打ち  一番悪い打ち  死骸を見守りながら、打ち  闇を、打ち  心を励ましながら、打ち  山々までいかにも打ち  肉乱れるほど、はげしい打ち  情容赦もなく打ち  お先へお打ち  惣八郎を打ち  片手を打ち  世を打ち  しょことがない、ともう打ち  ガン人に打ち  

名詞

打ち[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
打ちにして  打ちを浴せ  打ちにした  打ちに斬りつけた  打ちに舞台を見せられてゐては  打ちにされたか  打ちにする  打ちを受ける  打ちにされて  打ちに遇った  打ちに打ちのめした  打ちなんぞは食わせない  打ちになってしまった  打ちにされてしまいました  打ちにおそいかかるかもしれない  打ちに打つ  打ちに打ちました  打ちを願います  打ちの形で受けようとしている  打ちという評判を取った  打ちはできないと思った  打ちに取りかかっている  打ちの音が起りました  打ちのする  打ちをして  打ちをされてなくなる  打ちにされる  打ちに合った  打ちに鳴す  打ちというヤクザを稼業とする  打ちに打った  打ちにしても構わないくらいに思っていた  

~ 打ち[名詞]1
二三発続け打ちに  残酷な嬲り打ちを  ステツキ銃でねらひ打ちに  蹄鉄を続け打ちに  二時間も続け打ちに  鉄砲でねらひ打ちに  両雄の挾み打ちを  仕舞家に挟み打ちに  かみさんをも続け打ちに  ばくち打ちでは  前後から挟み打ちに  それを投げ打ちに  女房をつづけ打ちに  大王コノールがだまし打ちに  ばくち打ちという  人形出してのろい打ちに  太鼓の磨り打ちの  ことはばくち打ちの  方向からねらひ打ちを  燒き打ちを  ばくち打ちの  昭和に挟み打ちに  ばくち打ちなどの  二つ続け打ちに  大砲を抱え打ちに  ばくち打ち  鋲を乱れ打ちに  前後から挾み打ちを  

~ 打ち[名詞]2
暗打ち  

複合名詞
畑打ち  ひと打ち  讐打ち  ツクシ打ち  ネンガラ打ち  ネン打ち  もぐら打ち  博奕打ち  滅多打ち  霧打ち  燒打ち  鴨打ち  バクチ打ち  部分打ち  天皇二年斑鳩宮焼打ち  ゆうべ打ち明け  乱打ち  焼打ち  太鼓打ち  半鐘打ち  盲メッポウ打ち  仇打ち以来  仇打ち  刻打ち首  鴎打ち  闇打ち  みんなバクチ打ち  百打ち  烏巣焼打ち以後  一同打ち  重ね打ち  皷打ち春  釘打ち  鍼打ち  平打ち  杭打ち  桟道焼打ち  やつぱり打ち越し  びやかに打ち  一家打ち  脈打ち  鼓打ち  ピシピシ平打ち  拍手打ち  臥打ち  寝返り一つ打ち  電報打ち  永保元年三井寺焼打ち  ムグラ打ち  土鼠打ち  はさみ打ち  薺打ち  春田打ち  田打ち  出刃打ち  南京出刃打ち  組み打ち  鉄砲打ち  寄せ打ち  麻雀打ち  打ち眺  此春田打ち  銛打ち  先づ打ち入り  十字打ち  夜打ち  滅茶打ち  更衣打ち  鋲打ち  摺打ち  敵打ち  だまし打ち  金平打ち  盲打ち  組紐打ち  紐打ち  鋏打ち  鑿打ち  同志打ち  笞打ち  程五つ打ち  乗打ち  妾宅焼打ち  電車焼打ち  仮面打ち  平打ち金かん  ぐつたりとして打ち  男生徒女生徒打ち  万事打ち  廣びろと打ち  拍子木打ち  太鼓打ち給  ため打ち  吉野焼打ち  拍子打ち  竹刀打ち  蠅打ち  官打ち  ざぶりと打ち  やりとり空中組み打ち  武官文官打ち  男女打ち雑  鴫打ち  仇打ち物語  仇打ち事件  頂点仇打ち  頬打ち  同志打ち的  穴打ち  石打ち  手裏剣打ち  にせもの打ち  十數年打ち  めった打ち  ポント打ち  傘打ち  鐵砲打ち  標札打ち  腰打ち  鼻打ち  声打ち  顔打ち  庭石打ち  眉打ち  首打ち  面打ち  峯打ち  絃打ち  主客五人打ち  如く打ち  飛礫打ち  印地打ち  度敵打ち  胸打ち  縄打ち  足打ち  寄り合い打ち  吊し打ち  投網打ち  三打ち  立木打ち  一つ打ち  悔むような打ち  紅打ち  乱れ打ち  縁打ち  口打ち  剣打ち  人々打ち  尾羽打ち  賭博打ち  蕎麥打ち  価打ち  ところ田打ち  数打ち物  そいつば打ち  つた仇打ち  心気打ち絶  奴め打ち  一人仇打ち  杙打ち作業  杙打ち  荷打ち  ただ打ち  表面打ち  結局バクチ打ち  緑樹紅葉打ち雑  む打ち  叡山焼打ち  東大寺焼打ち  伏せ打ち伏せ  



前後の言葉をピックアップ
打ちき  うち  内坪井  伐ち    内久宝寺  撃ち合い  打ち合い  打ち合い  打合い


動詞をランダムでピックアップ
思いつめる立ちあがっ抱かたれれけなそつながろ消え去れ心得るあたたまひもときむせび角立て読み耽っおしながそ勧めよもだえみいっ押しつめる罅割れ食い荒らさ
形容詞をランダムでピックアップ
いかつしよそよそしくにぎにぎしうかっいまいましめずらしく嬉しき押付けがましく繁く心強いほしい手広かっ弱弱しく恐ろしくっ痛ましけれ眩しき短から目出度からやすいいかがわしき