「死の」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 死の[動詞]
昨夜ついに死の  死を祈った、なぜ死の  腹掻切って死の  事を並べ立て死の  昔に死の  それにもこりずに死の  たびこそは死の  のは死の  のごとく死の  オイ、死の  病気で死の  関の山で死の  一緒になれなかったら死の  千絵が必ず死の  幾度か死の  銀五郎が死の  私は、死の  形であり、死の  それは死の  頬に死の  海へ入って死の  ものは、死の  殆んど死の  絶望して死の  一緒に死の  冷然として死の  混乱から彼は死の  首は死の  いっしょに死の  から、それで、死の  毒でも飲んで、いっそ死の  森で死の  手をとって死の  世阿弥が、死の  真下で死の  私が死の  貫ぬかれた、いかにもあっさり死の  雪だ、死の  青酸中毒による死の  公爵さんが死の  ものと、刺し違えて死の  籠釣瓶を抱いて死の  灯を見て死の  餓鬼が死の  私は、ふと、死の  今日、死の  明日、死の  桑の葉をなくして死の  二度も死の  一しょに死の  代りに死の  多くは死の  自ら剣を奪って死の  かなしみをはなれたら死の  ために死の  呉春は死の  月を死の  身を投げて死の  一思いに死の  成は困りぬいて死の  生きようと死の  私が生きようと死の  刎ねて死の  仕方がないから身を投げて死の  場所で死の  合口を持って死の  情で死の  月は死の  事よりも死の  しろ、死の  そこン処は分らねえが、死の  みずからすすんでも死の  私には死の  余は死の  イベットを読み、死の  次第次第に死の  三上を殺して死の  優さんと死の  僕が死の  日本人らしく笑って死の  ものさね、死の  私達はともに死の  母親にはぐれておっ死の  身い投げて死の  日本人らしくたたかって、死の  ナイフで死の  青年が、恐らくは死の  恥を曝すより、いっそ死の  のですが、死の  ために喜んで死の  彼は死の  顔に死の  跡を追って死の  いま、どうして死の  手に死の  誰が死の  生と死の  自分も死の  気持は、死の  僕は死の  おれなんぞもう死の  場所を求めて死の  悲惨なる、必ず死の  クライマックスを賭して死の  料理店テグネルへと、まるで死の  彼女の死の  頭蓋を突き破って死の  のはまさしく縊れて死の  作者にとって死の  言つて、早く死の  非業に死の  中で縊れて死の  人が死の  あなたと呼べば死の  目標と死の  正成は死の  生きようか死の  ガスで一度死の  腹でも切って死の  女房をも棄て死の  一途に死の  俺も死の  ッせいに、死のう、死の  そばですぐ縊れて死の  身体が好くなろうが悪くなろうが死の  ことでもないのに死の  男が死の  女を殺し、まさに死の  鉄さんがなんで死の  時には生きられません、いかに死の  父は死の  そばで死の  さとで、いっそ死の  処に死の  こととは思いませんが、それでも、強いて死の  涙を流して、共に死の  果て、もう死の  亭主が死の  時期であるから、同時に死の  幼年時代は死の  ものは生きようと死の  負傷も、死の  一所に死の  皆で死の  強制的に死の  爆烈弾をもって死の  そうです、死の  後を追って死の  私はまさに死の  あなたは、それで、死の  うちに死の  生きようか、死の  恨みつらみは言い飽きた、黙って死の  一つは死の  海岸で死の  気の毒で、そうなれば死の  彼らが生きようと死の  時に死の  成程、死の  一人きりになって、死の  ローマは死の  私は死の  それから僕は死の  私も死の  みんな一緒に死の  えい、死のう、死の  刺違って死の  芸術家として死の  頭を打ちつけて死の  病人たちは、死の  脱出しなければ、もう死の  中風で死の  赤痢で死の  恨みを報いてやらぬでは、死の  あはは、死の  のが悲しくなって、泣き叫んで死の  わたしは死の  外に死の  生きようが死の  ふたり一しょに死の  横になって死の  のは、縊れて死の  気がして、死の  家へも帰られず、いっそ死の  どこで死の  彼が死の  鶴子づれが生きようと死の  此の如く死の  方にむしろ死の  自分で死の  遊女が死の  処で、殺して死の  入水して死の  断食し、死の  中は死の  場合、死の  コンクリートの窪みには死の  寂寥に、まさに死の  手を振るので、死の  もう一度みて死の  面影を抱いて、死の  つぐないに、死の  一兵卒が死の  さに死の  谷へとび込んで死の  ときに、もう死の  駄目さ、死の  いつでも死の  見事に死の  同情すれば溺れ死の  四肢がなゆるまして添うたら死の  彼は遂に死の  單に死の  神官が死の  恋路で死の  未練なく死の  首をくくって死の  冬さん、死の  死ぬ、死の  煩ろうて死の  みごとに死の  氣安めを促し、かくてむしろ死の  世界が死の  いま私が死の  ゴリラがまさに死の  氷河もまったく死の  おれだけ、ひとり死の  己が死の  蒟蒻ばかり食べて死の  無理に死の  恰好で死の  真相、死の  共に死の  のを悲しんで死の  虫をたべないで餓えて死の  あとはいつ死の  中で死の  様子が、さながら死の  そっちへ向いて死の  人一人縊れて死の  饑え死の  自分で縊れて死の  仕方がない、よし死の  中にはまだ本当に死の  時も早う死の  鞠、死の  ぼくが死の  斯うつぶやいて死の  觀念は死の  ものは死の  問題は死の  失望して死の  燼灰、死の  前に死の  玉島を殺して死の  価値を感じて死の  死なば死の  とき生きようか、死の  父の死の  夫婦になって、そいで死の  お前なんか死の  永久に生きようとはしないだろう死の  お前はいま死の  カアルは死の  髣髴して死の  水に溺れて死の  ほんとうにコレラになって死の  一皮めくれば、死の  ところで死の  齢を越すと間もなく死の  手に罹って死の  頭をぶっつけて死の  女房は死の  ままで死の  儘で死の  惣八郎を打ち果して死の  



前後の言葉をピックアップ
    市ノ            使  市野川


動詞をランダムでピックアップ
とおんいは習っ響く出張っかむっ引きしぼ並み居るいすれ物申す滾る討てん生きぬいだまりこん乗り入れよ設け蔽わ切っ角ぐん受け付ける
形容詞をランダムでピックアップ
疎きかしこ甘ったるくっ心弱き口やかましきうすくどい睦まじかっ程遠から少なし弱々しくっ気むずかしき凄かっまわりくどくったのしき痛痛しくくしじじむさいものうくっきよう