「シ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
名詞

[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
シに擬して  シ合って電車に乗る  シ合い競争をして  シと投げつけた  シかかるように云って来ると  シが背負って上げます  シにお線香でも上げる  シみ出る  シ今ハ之ヲ説クノ時期到  シ合いかき散らしてあった  ジにヂを用いない  シの字を書いた  シと射返した  シと云ふべきである  シとする  シをチと訛る  シ未ダソノ時道子ヲ殺  シを召上がった  シの味境などをご理解に訴えるなどは  シの尻尾をつまんで  シはさし上げていないだけの  シと斬られて  シ合いした  シと立った  シとそれをたたきつけた  シとばかり赤星の顔に投げつけ  シと鏃を叩き落した  シと小手をたたいて  シ合い逃げて行った  ジとの差異を聴き分けた  シとばかりこちらへ狙いをつけた  シへ守備に行く  シへ守備中隊を出す  シへ行かなければならない  シまで一緒に行く  シに達しられるか  シへ行ける  シに分遣されていた  ジの音を濁って呼んでいた  シと打ちました  シと受け止めたと云う  シの警戒に出かける  シへ出かけた  シといふ聲が又後の方から聞えた  シの根の苦痛より免かれしめたり  シとスと取違えた  シとそれを土に打ち込む  シとうつ  シとスとの二つの音を区別するのに  シが共に一つの新しい音になるという  シとの間に発音上ハッキリ区別し  シとを混同する  シがアの字の間違いであったことがすぐ気づかれて  ジいと上を見ながら  シの誤か  シを語となすうるは  シと許り橋本目がけて投げつけた  シの字も出てくる  

~ シ[名詞]1
押し合いヘシ  棚からシ  百姓はシの  詔シ給ヘシと  スをシと  ハ師ヲ出シ  マル干シを  マル干シの  マル干シは  押合いヘシ  ヂとジとの  身分でも有るまいシ  樣だなシといふ  蝮病でシの  東京語はシと  東京のシにも  スとシが  ヒとシとの  ヒとシとを  昨夜チチシスのシが  一のシを  史実のシの  

~ シ[名詞]2
遅シ  ハッシ  遠シ  然シ  カッシ  弱いシ  イイシ  鋭シ  深シ  暑シ  固シ  狭シ  甘シ  脆シ  

複合名詞
ノロシ  メカシ  シアヤ  オヨリデキヌ一一ジ二〇ヱキデオアイシタシ  シカシ  シリン君  想起シ六十余年後  フランシ  タメシ  シナノ  ハツシ  シヂカノ背後ニ傷ツケル糧  虚耗ムゲンノ店晒シ  慚ニ押シ分ケテユクマデダ  刺シ違ヒムジンナ光  對シテ如シ二夢寐  罪ト為シ十年以下  シ印ヲオシマシタ  ハジメニモ申シ上ゲタ通リ  混和シ此  シ山堂無月  ヒマシ油  日本内地ニ蔓延シ信美北越武總羽等ハ其巣窟ナリシコト  論難シ  シ不安定ニシテ  利用シ  ナル程度ニ受信シ得ラルルカヲ試ミンガタメナリキ  国人ナルモノノ如シ  明カニ軍事的施設ヲ作リツツアルモノノ如シ  武装セル監視人巡回シ来リ其  其筋ニ急報シ  イタルモノノ如シ  シ此  予ガ携帯シ来リタルスーパーヘテロダインハ没収セラレタリ  外シ  許シ得ル範囲  ク混ジ居ルヲ認メタリ  ヒマシ  ル可シ何トナレハ其  繁殖シ海外貿易ハ  指點シ其  シ往昔ハ問ハス今日ニ於テハ實ニ經濟上ヨリ人  ルコトアル可シ  撃破シ制海權  企畫シ經營慘憺終ニ能ク其  新造シ  如シ  五月雨ヲアツメテ早シ最上川  オサメ申シ候夜ノコトモ  誠責シ  シカモ鰍  悔ミノ文ナドヲ凌駕スルコトト思召シ下サイ久シクオ目ニカカリマセヌガ  区名カラ申シマスト  シ申シマショウ私モ華族  水深シ  シ物  木多シ  シ官  耿耿タル秋燈秋夜ハ長シ  四面海モテ囲マレシ  ワカシ湯  オトシ  成サント欲シ  既ニ東歸シ  述齋ニ師事シ  其學陽明王子ニ根據シ  著書頗多シ  易ニ精シ  十一月將軍ニ從ヒ上京シ  議官等ニ歴任シ  サビシといはず  部分サブシ  サビシ  サブシ  カクシ  シマフ  知ラザル者ト言フガ如シ  シシリア島  シシリア人  ワタシ  タキシ  シカモ文人  存シ  賊徒等県郡ニ蜂起シテ雲集シ青州  コナシ  弑シ  集シ群凶  盟陣ニ会シ上  飛ブコト忙シ一片  曹賊出テヨリ閣門濫叨シ  糾合シ  滅シ  シセロ  愛護シ仁徳  遼東ハ兵ヲ用イズシテ攻ムベシ  スマシ  宏麗ニ俯シ雲霞  シ給エトイウ  擬シ誰何ス  斃シ  博浪激波シバシ  妙計ハ天下ニ高シ  盛徳ヤ尭舜ニ斉シ願ワクハ昇平万々年  楽シマン  挙ゲテ遠征シ転運万里  収メント欲シ  天下三分シ  為ニ完シ  閉ジ  蔵シ  イニ閉ジ  セムシ喜左衛門  飛ブガ如シ  民窮シ  魏ト連和シ  シカモ  シカモ女  シカシ妙  万夫攅テレ矛海門譁シ頼  印シ謄寫ニ附シテ  公刊ニ際シ官憲  朽蝕腐爛シ盡クセリ  漫ナル愚論ナクシテ解悟スル能ハザル穉態ハ阿片中毒者ト語ル如シ  學バントシ  再現シ來レリ  把握シ  云フベク我ハ改造ニ進ムベシ  確立シ  奏請シ  百日ニ等シ  此間理論上天皇ハ凡テノ土地ト人民トヲ私有財産トシテ所有シ生  其範圍ニ於テ土地ト人民トヲ私有シ其上ニ君臨シタル幾多  君主トシテ交戰シ聯盟シタル者ナリ  合スル如シ  弄シ下級俳優  ザカルコト甚シ  廢止シ  天皇ト國民トヲ阻隔シ來レル藩屏  ク投票シ且ツ投票セラルベシ  崇拜シ其眷顧  崇拜シ男子  ウスルヲ婦道トスル禮ニ發達シ來レリ  擁護シ得ル制度  ヲ戰場ニ用ユルヨリモ甚シ  所有シ得ベキ財産限度  與シ  廢止シ得ベシ  滯シ蓄積セラレタル者ニ係ハルヲ以テナリ  毀損シ得ベキ力  私有財産限度制ニ移シ加フル  所有シ得ベキ私有地限度ハ時價拾萬圓トス  保護シ得ル國家ハ同時ニ國民  制限シ得ルハ論ナシ  私有シ得ル所以ハ凡テ國家  シ私産限度以上ニ及バズ  求ムベシ  セザル農業者ニ給付シ  併シ乍ラ斯ル物質的生活  シ原則ト云フ者アラバ  トモ民有トモ決定シ得ベシト云フコト是レノミ  孰レカヲ決シ得ル國家ハ其  所有權ニ移シ以テ土地民有制  保障シ享樂セシメントスルニ  持續シ得ル者ニ  シ如キハ市民  ヲ國家ニ集中シ國家  自己ニ收得シ得ルハ  活シ得ベキ軍隊ガ大名  所有シ得ルノミナリ  シ合資  交付シ且ツ繼承シタル該事業  國家ニ申達シ双方協議  モ有力ニ説明シ盡シタルハ人  知ル如シ  領シ一城  シ鞭撻スベシ  流入横溢シ爲ニ物價騰貴ニ至ル  ヨリ推論シ得ベク  汚辱シ  損傷シ  調整シ統一シ擴張シテ眞  案配シ  シ此等ハ非常變態  繼承シ  註ニ述ベタルガ如シ  シ將來  世界ニ通ズル幹線ヲモ民有トスベシトハ道理ニ合セザルモ甚シ  ヲ廢止シ  徴集シ得ベキ資本  廢止シ得ルノ時來ル可キハ推想シ得ベシ  特ニ將來日本領土内ニ居住シ  能率ト賃銀トニ干渉シ得ベキニ  以テ發揮シ得ベキ者ニアラズ  シ餘  提供シ勞働者ハ智能的力役的能力  生産成績ヲ達觀シ得ベキ衆議院ニ於テセザルベカラザル所以トナル  株主會議内ニ於テ決定シ  シ改造後  際ニ處シ婦人ガ男子  殘賊シ其子女  保證シ  敢行シ得タル如ク  シ母其人  養成シ  發揮シ得ベキ基本  課シ  廢止シ小學  解シ得ルカ得ザルカノ小學程度  教授シ外交官  説明シ  譯シ漢文  課シ來レル慣習  決定シ彼等ガ日本人ト語ルトキノ彼等  動カシ器具ニ依頼シ散歩遠足  鍛冶シ十年間一貫  シ兒童  自費タルコト等ハ推想シ得ベシ  廢止シ其レヲ買フ有婦  ヲ拘留シ  大本ガ腐爛シ盡シタルカヲ  シ有婦  失シ交友ニ於ケル信用  ムベシ  證明シ辯護シ得ベキ知己友人其他  ルガ如シ  國家ニ對シ  シ政治ニ  凡テニ其日暮シ其年碁シノ生活ヲナサシムル者ト考フルガ如キハ  國家内ニ有シ  シ白耳義ガ獨乙ト握手シ而シテ英國  革命黨ノミハ大局ヲ達觀シ日本ト結ビテ獨立  維持シ講和條  自立シ能ハザル地理的約束ト眞個契盟スル能ハザル亡國的腐敗  ガ侵略シ來レルト  ジテ殺到シ來ルベキト  二十年後ヲ期シ朝鮮人ニ日本人ト同一ナル參政權  口ヨリ民族自決主義ト呼バルルニ至リテ空想化シ滑稽化シタルナリ  少女アルガ如シ  老幼ヲモ壓迫シ虐遇セザルベキ人道主義ガ則チ民族主義  スルガ如シ  道念ヲモ生活ヲモ腐敗シ盡シタルヲ以テ  獨占シ  ギザル可シ  保護シ彼等  頻出シ  施行シ  シ日本内地  シ日本  移住シ來レル  施行シ順  白人種トヲ統一シ  支配シ得ル者地球上只一  領土ニ於テ三年後ニ取得シ得ベキ理由ハ  既ニ移住シ居住スルホドノ者ハ  組合視シ會社視シテ悉ク社會契約説ニ基ク立法ナラザルナシ  上世建國時代ニ發源シ更ニ現代ニ復興シテ  人々ヨリ軍國主義ナリシトテ攻撃セラレザリシガ如シ  併呑シ以テ私慾  冠セントセシハ惡ムベシ  如ク裁決シ得ルノ  指シ  平時ニ養成シ戰時ニモ改メザル如キハ殆  シ家庭等  範圍ニ於テ貧富ニ應ジタル自由アルガ如シ  併呑シ朝鮮  準備シ  充實シ  シ是レガ侵略主義軍國主義ナラバ日本ハ  指ス如シ  ニ對抗シ得ベキ一學説ナシ  撃破シ得ベキ日本及日本  印シ易キハ豫メ  ク戒ムベシ  放棄シ得ザリシ所以  全勝將軍トシテ支那ニ臨ムベシ  批評ニ對シテ男子的ニ是認シ而テ男子的ニ反省シ改  繼承シ更ニ北支那ニ投資的侵略  拭フノ恥晒シ  保全シ  シ今次  撃破シ  逸シ  ヲ來シ僅カニ潛航艇戰  海軍トヲ兩分シ得ベキ日本一國  シテ對抗シ  茲ニ日本化シ更ニ近代化シ世界化シテ來ルベキ  融合トハ日本化シ世界化シタル亞細亞思想  改造シ以テ來ルベキ史上未曾有  各省皆同ジ  ジ甲省  命ジ  禁ジ  積リテ清ル事ナキカ如シ  シ所ニシテ  以テ爭鬪シ  研ギ以テ鏃ト成シ斧ト成シタル人民何ゾ自然  順序トシテ青銅器ヲ製シ出ダサンヤ  部分ニ通ジテ生存シ居リシナリ  爲シ物品交換  就中記憶シ易ク發音シ易キハ  以テ呼ブ可シ  堀リ凹マシテ住居トセシ事ハ彼  部開ク事長シ  ニ分布シ居リシカト云フ事ト  地方ニテ發見サレシカト云フ事トヲ察知シ  地ニ於テ爭ヒヲ生ジ  いふシブイ人物  シブイ男  シブイ  シリンクス  シリンクスさん  シリンクス殿  ままシリンクス  シ落着イテ考エテミルナラ  シ手習イシタモノナラダレデモ感ジルコトダ  前者ハ毛筆ト和紙ニ対シ適合性  シ後者ハ適合性  ジ活字  ハナシ家  シメタ  シマツ  シ其儀  信用成シ難イネ  ロシク膨脹シ男モ女モスベテ一ツノ型ニカヘルオオ  折衷シ  察シ  挽回シ  拡張シ  ワタシたち相撲  ワタシ同様  コケシちゃん  ケサ四ジ  尅シ  畏敬シ  ル間モ烈シク一様ニ押シ流サレテ居ルヨウダ  シメール  謹印シ  形假名唐文字以テ寫シ寶卷皇祖皇  詔シ給  即位五年十一月三日謹印シ  形假名唐文字以テ寫シ寶卷  寫シ  印シ  シヨツ  万国ト同列シ  保シ自由  ヲ変革シ  枚挙シ  ラント欲シ  カラ国民ニ帰シ  繁殖スルヲ妨ゲント欲シ  与奪シ俸禄  以テ我人民ヲ制伏セント欲シ  蓋シ其趣旨  施シ  廃シ  メ我海岸ニ寇シ  遂ゲント欲シ  之ニ忠告シ  以テ懇談シ  以テ独立シ  ト離別シ  議シ  此一挙ニ期シ  挙動ニテ変ジ難シト思フベシ  シカシ今井  ハナシ  臺ニ登ルガ如シ  儡レテ歸スル所ナキガ如シ  本船ニ壊血病多数発生シ  濫伐シ  毒流四方ニ氾濫シ毒  達シ  シ田園荒廃シ数十万  ヲ圧抑シ誣テ兇徒ト称シテ獄ニ投ズルニ至ル  壅蔽シ  ヲ回復シ  防遏シ  老幼ハ溝壑ニ転ジ壮者ハ  歳入数十万円ヲ減ジ  スズシ  タラシ  イシイシ  当方ニ勤務シ  ニ対シ警告ヲ発スル次第ナリ  余ガ数十年以前ニ研究ニ着手シ  雨ソソギタリワレラハ黒キ土ニ俯シマコト  草ノタネマケリ日ハ君臨シ穹窿ニミナギリ  汗ヲ感ズレバ気圏ノキハミクマモナシ日ハ君臨シ玻璃ノマド清澄ニシテ寂カナリサアレヤミチヲ索メテハ白堊  ダ会セズンバ山僧ガ提携シ  清三ニカクレテ私ト愛シ合ッテ居タノデハナクッテ  私モ二言三言申シマスト  シ清三  シ人  シデモ耳  道子ハソノ間苦シミニ苦シン  シオリ  熔鉱炉ニ突落シテ殺害シタルヲ土井ガ自殺セシモノト欺瞞シ且ツ金六十五万円  併用シテ籠絡シ土井家資産  スカシ画  アス五ジ  アスアサ一〇ジ  横浜税関倉庫ハ全壊シ  シブト  シテキ  シルシ  シ出シ  本日午後十時マデニ報告シ得ザルトキハ  喜色面ニ顕シ  参居シ  以テ尊ニ代ラントシテ入水シ給ヒシ為  帯シ剣  シカモ多く  シロコ屋  シツケ  本邦留学ニ際シ必要  ヲ斡旋善導シ其  増進シ通商  キ現状ナリ蓋シ従来本邦ニ留学スルモノ  光輝ヲ発シ  青年子弟相率ヰテ本邦ニ留学シ今後  ニ必要ナル施設ヲ講シ以テ是等学生ヲシテ安シテ学  リ是等学生ニ対シ日常生活  施設ニ比シ遜色ナキ設立完全ナルモノトナシ所期  羸疲甚シ  シエラ  シ二  シナノ間  シナノ側  シニセ  英雄生ル所山河清シ  シメシ  飲ムベシ  着用シ  嬌声ヲ発シ  サレザルハ難シ  圧シ  由基ニ命ジ  シカク寛大  シ是織女ニ  九齡大字ヲ書シ  其治也廣シ  才ト與レ誠合シ  真相ヲオ話シ出来ルモノハ  波ノウエヲクネクネト四百メートルモ彎曲シ  襲撃シ  タダシ  パナマ運河トヲ結ブ海面附近ニ出動シ  海戦ハ遂ニ開カレントシ  シヤン  月黒クシテ雁飛ブヤ高シ  風来リテ珠翠香シ  ヒバシ  スクイ出シ  シイカ  いつかシイカ  申シ開キ相スム  国元ニ蟄居シ  呈シ  シカモ声  驕奢ニ変ジ  存ジ可訴出候ワバ  タメ部下ハ相ツギテ死シ  彼女ハ災害ニテ死シ  墓穴ニ関スル重要書類ハ紛失シ  セムシ  検シ  鎖鑰厳ニ樹立シ  官吏ヲ減ジ  フカシ  シズク  女タラシ  文章発見シ  蔵シ居ルコト観  愛読シ居ル者ニテ  喚起シ兄ガ天稟  ブン廻シ  シ生モ  シ万里雲尽テ  長江水清シ  ク礼謝致シ候段  出金致シ候人々  シカモ前例  シカモ洋紙  主命モダシ難シ  シカシ例証  シカシ心中  シカシ世間  シブイ事  キビシ  誅戮シ  構ヒナシ  シカモ首尾  ニテ締着シ  散布シ  リテ取出シ  蒸焼シ得ルノミナラズ蒸焼  ニ保温シ得ル等  シ法華経  哭シ  日ハ君臨シ  ツチニ俯シ  ンシカモ丹精ハ誠ニアリ  落去伊吹山太平護国寺ニ幸シ留マルコト十八日京師ニ帰ル  シ抽賞何ゾ  運シ静謐  切通シ  如ク雪ヨリモ白シ  試シ  ンジテ屈従スルモノノ如シ  陸奥守ニ任ジ親王義良  鎮守ニ差シ下シ賜フ  尽シ妍  アツシ  人ニ資禀アルガ如シ  為シ難シ  磨シ  献ジ  胸中三省愧ヅルコトレ人ニ饒シ  楓葉丹シ  如シ能ク識ラバ二天意  クバレ主等シ二痴人ニ一  俗縁輕シ  ルレ義ニ如シ二仇寇  花謝シ花開ク櫻井驛  シ二後先一  一志始テ堅シ  烟霞泉石滿襟清シ  一貧一富如シ二泡夢  排シ二因習  而テ下情上達シ  親戚檢シ二其  專ラ補二導シ公子  以爲ラク公子成二長シ於深宮ニ一  召シ二公子  以テ爲シ二薩人ト一也  ヲ輕シ二於鴻毛ヨリ一矣  是レ所下以從二事シ於戊辰之役ニ一尊ビレ王  體猶シ二右手有リレ急  一隊分二離シ四方ニ一  私學校祭文蓋シ學校者所三以育スル二善士  貧居生ジ二傑士  陳ジ二弊事十條  於テレ是ニ世人感ジ二安武之死諫ニ一  感ジ二其  新田右衛門佐義貞誅伐セズンバ有ル可カラズ一族相催シ  人数万ヲ後ニ召シ具シ  周流シ  病者ニ応ジ薬ヲ売リ償  新設シ  シ広告ハ粗美ヲ編セズ  況ンヤ吾ト子ト江渚ノホトリニ漁樵シ  扁舟ニ駕シ  ジルシ  巧ニ喰イツクスガ如シ  モ犯スモノノ如シ  頭脳ヲ犯シ  余沢僻隅ニ澆浩シ維新以降  ハ小店ト称シ  蓋シ其温泉  工ヲ発シ混沌  地ニ転ジ  弁ジ  タナシ  汁ワカシ  シカシ生憎故障  シカシ上野公園  シカシ文三  シカシ少年  シカシ君  シカシ酒  シカシ幾程云ッ  シカシ水  シカシ我慢  シカシそう  シカシ何方  シカシ余り  シカシ最初  シカシ本田  シカシ官員  シカシ菽麦  シカシそう為よう  ムツシユウ  知ルヲ得ル事ト為シ候而  シ守備  ク海外ニ渡航シ  維持シ子女  為シ以テ一家  ヲ許可シ居リタルモノト認ムベキハ条理上  イニ太シ  為シ  スカシ  フラシ天  シイナ  ジ夢  草モ木モ靡シ秋  言下ニオイテ大悟シ  領シ  挑出シ  晩ニ至リテ上堂シ  リ易キ乳歯時代ニ於テヨク留意シ口腔歯牙  製造シ大砲  流行シ  占領シ主トシテ高田市附近  カニ出発シ  一機ハ高角砲ニヨリ粉砕シ  ノギノ花ノギ流シ  シ二意識界モ一  シ二老死  シ二苦集滅道モ一  麦ウラシ  システ無  シシリア人エムペドクレス  正信ヨリ発心観察シ  シ法身  ワンツースリーフォーアファイヴシキスセヴンエイトナイン  シキス  私ハ皆様ニ対シテ申訳アリマセンカラ自殺シマス  シカシ労働ニ害サレタ手ハ思ウヨウニ自分  女子ト小人ハ養ヒ難シ  風蕭々易水寒シ  風蕭々易水寒シ壮士一度  雲上高貴ニ咫尺シ  主宰シ恪勤衆ニ  ニ平分シ左  妻森しけガ生家荒木氏ニ復籍シ  予若シ森於菟ガ  如シ一  控除シ残余  二分シ  潤三郎ト協議シ親戚故旧ニ  喜美ト協議シ其取扱方法  ムベシ七  ラス書ハ中村不折ニ依託シ宮内省陸軍  セムシ特有  船底ガ大破シ  ジさん  一ハ打シ  シ刃長ケレバ則チ棒頭力  食シカツ薜茘  ク胸瞠大ニ毛髪叢生シ  ナルニ随ヒテ長ジ  反復スルニヨリテ長ジ  棄テテ魯西亜ニ附シ  吾師既ニコレヲ實驗シ蒸汽船ハ本藩已ニコレヲ模製ス他  刷摩スレバ尖鋭ナル處自滅シ終ニ用フベカラザルニ至ルコレヲ  蒸汽船雛型持出シ  海路國許エ差遣シ  刷摩スレバ尖鋭ナル處自滅シ終ニ用フベカラザルニ至ル  シユウ  シエラ山岳会  ル可シ  徒声利ニ垂涎シ  成シ俗  達人世ニ其名高シ  シ給エリ  神通力ハ瞬時ニ消滅シ  厳重監視シ  蓋シ逸号ナラム  シムルトコロノ衣シメタル衣  シタデ  ワタシ袋叩キニサレマス  サッキ渡シ場  シ持出シテ来マシタ  シ落着クコトヨロシイ  夜通シ火  今夜ワタシ  ワタシ聞イタ  オ許シ下サイ  蓋シ  敬シ  シカモ三十日ナリキ  絶望シ  悲観シ  而シテ土人ヨリ分与受ケタル玉蜀黍ノミガ成功シ  國ニ使シ  シそいつ  ハラシ  鮠釣セムシ  鯛釣シラサ海老  人ト化シ  シ本書ニ説述シタ吾ガ田内整形手術ガ  シタラ  落語無料長演シ奇特千万ニ付キ  フカシたて  越シ  荷物ハ人足ガ越シタガ  水ヲヨケテ通シタガ  ソレカラ通シ駕籠  シ安心シテウチヘ行ッタ  シカシ改心シテ満足ダ  キヘ云イ出シタラ  家作ガ有ルカラ引越シタガ  シカモ卒中風トカデ一日ノウチニ死ンダカラ  対シ  残ラズ承知シタガ  同人ガ迎エニ出ルシ  シカシ是レハ  身分モ尊シ  ソレハ許シタガ  藤イナリヘ百日夜々参詣シ  シカモ冬ダ  断食モ三四度シタガ出来ヌト云ウコトハナイモノダ  牧野長門守ガ山田奉行ヨリ長崎奉行ニ転役シタガ  シタガ  取扱エモ咄シタラ  孫一郎モ何トモ云ウコトガ出来ズニ隠居シタガ  暮シ方モ百両故  シデモ無尽ヲシテ  承知シタトテ帰シタラ  咄シタラ  ソレゾレソノ者ガ身ニ応ジテ施シタガ  言渡シ  申シ渡シタ  騒動シタガ  シカシ借金ハシナイヨウニシタ  落シタガ  ヤリシ覚エハ  致シ方ダトイロイロ云ウカラ  オノシ壱人バカリ刃  情ガ薄イトテ強談シタガ  申シ分ナイト云ウ大兄ガ返事  オノシ等ハ先達テ中  渡シマスト云ッテ渡シタラ  タメ隠居シタガ  通シ  渡シタガ  シ知ッタラ  シブトさ  シロス  アゴヤヤ長シ  祝シ  百姓空腹ナラバ国貧ニシテ兵弱シ  積ニ比例シ  ネオシ  トウシ蛇  キンシ  シセロ説  シミル樣  シルビー  シロハ  柳町ノネエヤハ火傷シ  夜ハ寒シ  夕グレトナレバ侘シ  オートミイルヲ出シ  クナレル姿アハレニモ珍シ  クラシ  侵害ニ対シ自己  シ書ケルナラ僕  ソハ余ガ一家言トシテ宥シ給ヒネ  ク朽腐シ  徴シ風土  俟タザル可シ  鑑識書画ニ比スレバ易シ  シ抔ト断决スルハ  一目瞭然ニ知ル可シトス  シ古銭ハ鑑識頗ル難キモノニテ  品賞シ  メテ喧シ  始メテ盛リニ流行シ出シタル様ニ思ハル  ザル可シ  シク注意シ給フ可シ  ク貯蔵シ  シ放擲シ置ケバ尽ク外人ニ  シクン  シ我工場ハ幸イニシテ  買収シ  搾取シ  聲四方ニ喧傳セルハ實ニ此時ニアリトス蓋シ偶然  運行ニ因ルト雖モ忘ルベカラザルコトナリ夫レ病ハ身ヲ化シ身ハ心ヲ制ス漱石生死  捕捉シ知察雋敏省悟透徹スルトコロアリ漱石  有志相謀リ其忘ルベカラザルモノヲ明カニシ併テ  存シ記念ト爲スニ足ル顧フニ漱石深沈ニシテ苟合セズ靜觀シテ自適  シ知ルコトアラバ  慥ナル事ハ知リ難シ  息長帶シ姫  ワガ名シ惜シモ  余事ハ交川博士ニ一任シ  シカモ余り  シカモ防疫設備  仲ハ中ニ改可シ十月九日  シカモ輪廓  烈シキ熱気ニヨリテワレラノ皮膚ハ炉ノゴトク熱シ  カウシ  シ音  シツケ糸  シ格  無視シ国際条約  蹂躙シ徒ラニ外国著作権  チチアスアサ七ジ  開始シ公私  依頼ニ応ジ専心建築工事  如シ食用ニ  処小林区署山本左一郎氏ニ依頼シ本年五月其花  聳シ喬木  ヲ採集シ此たちしだれ  ク分レ下垂シテフサノ如シ  出シ置キ其後ニ調食セバ無毒トナリ食フ事ガ出来ル  シ野生シテ辛味ナク食用ニ  シ簇  繁茂シ  ヤナギタデノ如シ  山城宇治ニテ製シ始ム  テ建シ寺也今ハ寺モ菩提樹モナシ畿内ニアルハ昔此寺  抜キ易シ  シク枝葉ニ美シ  蓬善ク転旋シ  蓋シ蓬ニハ利転  シ葉オニグルミヨリ長大ニシテ核モ  ニシテ岐多シ  シ駅ニ  如シ高一寸許葉スギゴケ  如シ数年  ナル如シ  如シ是物理小識  根ヨリ生ジ円茎高サ三四尺直立ス葉ハ竹葉  ニ生ジ  受ケ候処昭和十三年八月四日東京刑事地方裁判所検事局ヨリ被告人妻ユリニ対シ右罰金  昔シ  料理仕出シ御旅館  水タキシ  緑色タキシ  カツシ  シシカ間ガアリマセンデシタ  献ジ気ニ  尽シ  一紙ニ憐ム可シ乞食  ス可シ  ソハヒマビマニトリテ来シ  シまり  逆上シ  求刑ニ比シ  シ取得額ニヨル謝金ハ其  判決アリタルトキハ其程度ニ応ジ手数料ト同額以上倍額以下トス  成シ  クハ儕輩相推シ  互ニ相分配シ  致ストキハ隊長建議シ  シカモ世界  証拠物写シ  シ太郎ハ  シ方  シ昨夜出崎  シ先生  シ必御同行  発シ上京  私シ汗顔  輔弼シ万機  関白シ  献替シ  議定敷奏シ  大政ニ参与シ兼テ  柱徑一町以上ノモノガ天ニ沖シ  當時燒跡ニ歸來シ  言葉モナルベク保存シ  シミル  コケシ人形  コケシ  ジ譯語ヲ用フル事能ハザレバ  區別シ  リテ失敗シ  カンヌシ  シチーリア  フーシ  一一四シチーリア  シチーリア派  飜譯編輯シ  シテ理解シ易カラシメンガ爲  書シ  ハ細字ヲ書シ  大字ヲ書シ  シク書シ  其不正ナルコトヲ説キ示シ  必ズ一度ニ書シ終ルベカラズ  塗板ニ書シ  シ其記シ方ハ  シ此答數正シカラザルトキハ  座敷ワラシ  劉ワタシ  シリース  シナツ彦  ミトシ  タギシ  カノ命令アルマデハ本件ニ関シ  シムラ会議  本文ニ詳記シ且別紙図面ニ付説明セル如ク  保有操作シ得ルコトヲ特徴トスル  保有操作シ得ル云々  帝国領土内ニ於テ存在シ  奈良唐招提寺金堂ニ安置シ  シ給フ事実  支持点トシテ運動スル如ク構成セラレタルニ対シ  発見シ得ザルモノナリ  シ渡ラント欲スレド  シばらス  セテ世ニ公ス可シ  銅質剥蝕シ  モ愛ス可シ  発シ  湛フガ如シ  シメイル  招致シ  撰用シ  撰シ  渡シ  シ賜ハル也  剽掠シ  シマス人ナリ  剣法ニ名高シ  施シ粉  与右衛門ニ渡シ  木ニテ黒シ  皇開山間ニ発シ  両断シ  中央ヨリ発シ  シ玉  シ千駄木  



前後の言葉をピックアップ
      市ノ    死の        使


動詞をランダムでピックアップ
みつけだし碎かうるおそ消えうせけしかける隣る禦ぎ引越し透きとおる付き添う釈け言い做し討てよへぐ切り離せる言いあえ設けれふくらもつけ
形容詞をランダムでピックアップ
勿体なし物憂く勇ましい蒼白くっ狭き黄いろ耐えがた凄かっ遠から容易しこざかしい汚らわしくほの暗かっいそがしきあかるかっ甘かろ危なっかしおぼつかなく細かく脆う