「馨」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 馨[動詞]
空に向かって、馨  我にまさる馨  餘り馨  

名詞

[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
馨のやうなにほひを放つ  馨がして  馨を世に残すに  

~ 馨[名詞]1
花の馨の  物の馨が  

~ 馨[名詞]2
その馨  

複合名詞
小林馨  親友井上馨  井上馨六名御前会議  大蔵大臣井上馨絶対反対  井上馨侯  寧馨児  船山馨  美人画家青山馨氏  馨架  都筑馨六氏先づ  馨水仙  馨譽慧光大  数年前井上馨侯耳聾  外務大臣井上馨  井上馨外務大臣  井上馨  馨寧  色馨香味触法  馨わし  余馨  鈴木馨六  



前後の言葉をピックアップ
薫り    かおる    薫る  香る      カオル  馨る


動詞をランダムでピックアップ
看做さむらし出さふみやぶり仰ろ起こらひきたてよ拉いききかえし吹き返そ思いあたる踏み出す出あえ飛び散る引込ま適わよっぱらっ問い返さ括る
形容詞をランダムでピックアップ
さむくさと騒がしけれ油っこくびんな浅まめんどくさくっ臭から口ぎたなかっ軟かく悔しいわかり易く若々しくっ見ぐるしきおおしく言うまでもなくしつこいめめしき空々しかっつらく