「迂」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 迂[動詞]
効能とは迂  口に出て迂  から、迂  悲壯美を感じさせるが、迂  勘右衛門は迂  松倉屋勘右衛門であるが、いよいよ迂  武士は迂  茅野雄を迂  丞とて、迂  坊主が、迂  人情に迂  佐田岬で迂  文明人には迂  顔も迂  名器であって見れば、迂  方面を迂  此処から東北に迂  方へ迂  今頃になって、迂  わたしが迂  九尺二間には、迂  僕の迂  吃驚して迂  何でも、迂  推察だけで、迂  ざらいをしていたなんぞは、実にどうも迂  盗賊どもも迂  のか、迂  死にものぐるい、迂  しかし、迂  私の迂  うちは迂  日本の迂  私達は大迂  私達はその大迂  コレ実に迂  猪右衛門は迂  添つて曲り迂  線を迂  疑惑で、迂  庭を迂  警戒して迂  腑に落ちず、迂  今まで迂  男は迂  ことも迂  南端を迂  路を迂  穴を迂  了うなんて迂  これは迂  のは迂  濶と申せば迂  過敏なる迂  何とか返事でも迂  雪鳥、迂  苦労を思うと、迂  自分の迂  ような迂  つて横行し、時に互に迂  男にかかっては、迂  ことを、迂  のであったが、迂  曹休とてそう迂  事とは知らず迂  それには迂  正邪を論ず、何ぞ迂  山道を迂  しかも迂  彼は、迂  赤沢岳と迂  さとりの迂  女房に去られてと聞いてもその迂  家来なり、迂  務をおもひて、迂  抽象理想論の迂  唱へて迂  十二段に構え、迂  妻女山を迂  ここで迂  左岸を迂  限り、迂  コン吉も迂  兵士は、迂  方に迂  廃娼説と共に最早迂  のだが、迂  誰も知らなかったとは、なんという迂  今日こそは、迂  私は迂  非常の迂  今夜は迂  弓なりに迂  何か迂  んですから、迂  鳥喰崎を迂  コンテ画を見ると、迂  新道を迂  間を迂  煩と迂  講義を迂  東を迂  身を守って、迂  わたし、ずいぶん迂  なにが迂  下を迂  それから多少、迂  始末となっては、迂  荒芽山と迂  折柄ではあるし、迂  兼好の迂  おれも迂  これを聞いて、迂  別に気にもとめなかったというが、迂  楽を聴き、迂  之を避けて迂  別つはすこぶる迂  殆ど加奈子との迂  いくさ奉行長崎は、迂  誰も迂  それに迂  目測と、迂  警察では、迂  警察は迂  太鼓は勿論、迂  事とは違って、迂  ことを迂  ものを迂  文字春が迂  ことになったが、迂  徒党ですから、迂  色を変えて驚いたが、迂  外からは迂  女を迂  七は迂  それを迂  怪異があって、迂  怪獣であるとすると、迂  ことになると知っていたら、迂  探検者があらわれて来るからには、迂  自分たちが迂  人は迂  町方では迂  のは、あんまり迂  方がひどく迂  お節も迂  外国人ですから迂  門内へは迂  屋敷へは迂  七は、迂  七も迂  のも、迂  確かに判らねえでは、迂  のだろうと思うが、迂  ように思われたが、まだ迂  町方が迂  のは、迂  嚇かされているので、迂  用人も迂  みやげ物を迂  そうに思われて迂  のろいし、迂  宝物を迂  われながら迂  運転手は、大迂  婆さんは迂  街まで上っていった、が更に大迂  わたくしも迂  あとで迂  物影も、迂  崖上を迂  崖に出遇うが迂  誰も咎めないが、迂  冬にむかって迂  文明開化期までをつらぬき、迂  遠く喜望峰を迂  はいつてきた迂  ところからくる迂  世故に迂  ところで呼び止めておいて、迂  のは、全く迂  一人は迂  者を迂  草も迂  のであるが、迂  人物にとても迂  外を迂  本家について迂  ことだから、迂  諸君の迂  平を迂  彼はおそらく迂  演説は迂  吹聴通りをやろうとするとあたかも迂  敬服しながらも一方においてその迂  のは少しく迂  御門へ迂  子の迂  のを迂  参している、その迂  大なる迂  大馬鹿殿の迂  半面詐欺に罹ったものの迂  気がつかなかったろうと迂  おまけに迂  特に死よりも強いかどうか、迂  甚、迂  伯林を迂  訳も色々あるが迂  恰で迂  銭湯へも迂  僕も迂  から吹いて来たんで、こりゃ迂  どこからか出て来て、迂  坊主沙阿弥は迂  狢などに迂  東京より行かんにははなはだしく迂  自動車は迂  廻し、迂  時、迂  方は迂  学者の迂  道に駈けだしている迂  自分らの迂  これはちと迂  旅行者だとしてもあまり迂  悪運とでも申すべきか、迂  秀陳も迂  真名古の迂  それは迂  真名古がそんな迂  察すれば、迂  はりを迂  それまで迂  昨日まで迂  つた所に迂  裏道を迂  稍暫くジロジロと迂  原住民も迂  世間には迂  ものは迂  それらしく思われたが、迂  門番に聞いてみると、迂  事にはむしろ迂  濶と云ってもいいが、その迂  当時彼はその迂  非常に迂  つもりで、かえって迂  いずれにしても、迂  のは甚だ迂  若殿、迂  厳島を迂  勝氏は決してかかる迂  どっちも迂  陸地に沿うて迂  杉林を穿ち、迂  異名を取った迂  俺は迂  部屋を迂  馬蹄形に迂  ここは迂  其間を迂  私は全く迂  うえでなければ、迂  内側へすこし傾かせながら大迂  面倒を慮って迂  あちこちで迂  左舷に迂  此奴は迂  徒らに迂  ように迂  心配もあるまいと、迂  煙術を使って、迂  電車で迂  夫にむかって、迂  側へ迂  結論まで行く迂  眉を顰めると、迂  計画の迂  属僚は迂  手記して、己惚れと迂  実行的手段には迂  辨ずるの迂  畫の迂  屬僚は迂  實行的手段には迂  大道路を迂  昇つて行く迂  造酒は迂  四郎兵衛は迂  療治代でも恵んでやりたかったが、迂  妻は、迂  矛盾と取り違えて是非纏めようとするは迂  もう少し知れないと、迂  ことを思えば、迂  十三里の大迂  性の迂  お前も少し迂  今さら自分が迂  幾度か迂  船がまたもや迂  彼が迂  書生は迂  道を講じていいか知らなかったほどの迂  ちょっと、迂  海角を迂  儘、迂  浅間山麓を迂  者の迂  長柄町から南へ迂  西に進んで、迂  東に迂  自任して居りながら、なんという迂  取調べなんて迂  感想と迂  連休も過ぎ、迂  のが迂  四年にわたる迂  子息へ、迂  右に迂  右側を迂  国道を迂  臆説を信じて、迂  師冬の迂  者共、迂  場合、迂  采女一人が迂  夜明ししたらしい迂  物ですから、迂  夜は迂  往来で迂  貴方にも似合わない迂  私が迂  歩き振りに耽つてゐるので迂  彼は迂  



前後の言葉をピックアップ
マカロフ  マカロン  真川  罷ん  マガール  まか  まがい  紛い  紛い  まがい


動詞をランダムでピックアップ
なぞろ飾り付け買取っ茂ら絞り出さ試みろ考え直す見とがめる始めよ逃れよすすりなくすじり赤茶けつきあわおだて静めん吐かし捻じこみあげ立ち退か
形容詞をランダムでピックアップ
したわしいあか忙しかっ弛きしんぼうづよくあどけななから幼かっ生じろい耀かしい気むずかしき狂おしひさしゅううさんく欲しから生生しい雄々しく縁遠くとてつもないてあつい