「たて」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ たて[動詞]
音をたて  野にたて  声をたて  裏口から啓吉を呼びたて  声をあげて泣きたて  声だけたて  声で呼びたて  ことがあつたで  爐ばたで  ことをたて  ものをまずたて  そこにたて  生活をたて  方針をたて  ものをたて  腹をたて  音もたて  噂をたて  家からみんな山ゆきすがたで  門をたて  湯気をたて  煙をたて  不利益をのべたて  水引き、たで  お家をたて  喜ぷように盛んに啼きたて  音にこそたて  そこから見通しをたて  シャーシャー音をたて  青筋をたて  爆風をたて  羽音をたて  御用にたて  横歩きをしてたで  波頭をたて  ものすごいひびきをたて  足音をたて  聞き耳をたて  説をたて  波をたて  きいきい声をたて  事務長クーパーがたて  響きをたて  悲願をたて  囲炉裏ばたで  上を細い煙りをたて  あし音をわざとたて  くさりにつながれ、ほそいうめきをたて  柱をたて  中でどなりたて  機を外さず、喋りたて  雄弁に述べたて  戸がたて  戸をたて  前から戸をたて  計画をたて  構造を辛くも守りたて  路ばたで  旗をたて  口髭をたて  ほとりにたて  ゃっきゃっと二三回声をたて  案をたて  円葉をうるさく振りたて  木立を見たて  つてプチプチ音をたて  プチプチ音をたて  聲をたて  耳をたて  足をたて  聞耳をたて  効能を長々と述べたて  雄吉を促したて  寒い音をたて  五十年もたて  人たちを狩りたて  相承をたて  障子をたて  願をたて  家計をたて  国から飛脚をたて  浄土宗をたて  一念義をたて  自我を云いたて  響をたて  約束をたて  みちにたて  毛をたて  それから音をたて  云つて声をたて  手柄をたて  怪音をたて  ぎりと音をたて  大手柄をたて  啼声をたて  推理をたて  海ばたで  大声で呼びたて  ポンポロ音をたて  ピチャピチャ湯音をたて  改竄事件がたて  薬風呂をたて  じい音もたて  唸りをたて  唸り声をたて  五分四方に、たて  五瓩ぐらゐ多かつたで  びんなどが、みがきたて  笑い声をたて  音色をたて  二三日もたて  大声をたて  翅音をたて  民主的政権がたて  別に腹もたて  渦をたて  われわれは急きたて  みんな声をたて  難問題があつたで  学舎をたて  湿気が多かつたで  のぼりをたて  爪をたて  鼾をたて  地響をたて  さうに声をたて  地響きをたて  国際基準がたて  活動を促したて  人権蹂躙的な誓いをたて  つゆ草やたで  一本のたで  真中に打ちたて  膝をたて  匂いをたて  棘をたて  何となく声をたて  角をたて  若者は急ぎたて  饒舌りたて  鱗波をたて  責むる迄もなく悪かつたら悪かつたで  三年もたて  人々がたて  茶をたて  ことは決して無かつたで  一生は短かつたで  答へたで  遍路すがたで  調子で喋りたて  砂をたて  かしこに追たて  季題でも、こう、たて  服部家を呼びたて  ぢをたて  葉でたて  義理をたて  四挺櫓をたて  事が分つたで  功績をたて  襖をたて  目算をたて  国旗をたて  爆音をたて  砂に突きたて  害だけを云いたて  大声で喚きたて  一声をたて  声で泣きたて  助から、たて  手を振って急きたて  政道がたて  一派をたて  戦争に狩りたて  生計をたて  のしかつたで  靴音をたて  寝息をたて  使者をたて  幾日かたて  計略をたて  前に帰れよと喚きたて  ぴつたり戸をたて  獣のように咆えたて  クドクドと述べたて  猛犬が吠えたて  洋館をたて  祠をたて  役にたて  竹をたて  面態さへたて  女性にも多かつたで  云つて、うながしたて  具体的計画もたて  洗湯もあつたで  主屋と離れてたて  主屋よりひくくたて  音響をたて  十分もたて  いちど陣営をたて  いちど陣營をたて  聞へたで  行つた人があつたで  音を少したて  爺さんをみてこう急きたて  墓をたて  操をたて  水音をたて  腹に突きたて  短冊竹をたて  やうにたて  じい物音をたて  身構へをたて  金切声をたて  別荘をたて  ものを駈りたて  なに暑かつたで  ちょっと路ばたで  同然なすがたで  声でほえたて  正面にたて  錦木をたて  声を立てるにもたて  車を仕たて  音でもたて  陣容をたて  家鳴りをたて  腹もたて  炉ばたで  名を呼びたて  勲功をたて  朝旗をたて  陽城へたて  三賊将がたて  襟を高くたて  自分でたて  夕がたで  中学校をたて  家をたて  塔をたて  バンガローをたて  暮れがたで  精神とをたて  笑声をたて  表にたて  音響をたててたて  伺いをたて  ところを述べたて  前夜にたて  秩序をたて  マーケットをたて  叱声をたて  水音もたて  一度しか風呂をたて  癇をたて  鳥膚をたて  波風をたて  背筋をたて  靴がうれたので、どんなにうれしかつたで  摩擦音をたて  証言をたて  明りさへたて  江戸幕府をたて  私のたて  政事をたて  ことばで急きたて  異議は云いたて  まま一ヵ月もたて  面白かつたで  衿をたて  予定をたて  先にたて  煽情的に騒ぎたて  犯罪などは、決してこんなに再び騒ぎたて  きり聲をたて  えりをたて  面白い事もあつたで  半時間も喋りたて  砂塵をたて  のをたて  学園としてたて  子供も助かつたで  芝からいらしたなら、お暑かつたで  法をたて  首をひきちぎってくると、はしゃぎたて  大声で駁したて  一カ月もたて  矢をたて  やうな羽ばたきをたて  それぞれ家をたて  鏡をたて  上で無かつたで  冬は寒かつたで  腕をぐるぐる振りまわして、やたらに騒ぎたて  体をまげて、痛がってうなりたて  どらして、追ったて  音をわざと大きくたて  汝南にたて  空にざわつきたて  歯音をたて  見込に見たて  稍軽かつたで  ごとと言うたで  道太を促したて  事実に近かつたで  心もちに近かつたで  ほこりをたて  中で吠えたて  さきから、たて  あと一時間もたて  大功をたて  怒髪をたて  甘え声をたて  幸福にさせもしたで  区別をたて  墓石もたて  貞奴がたて  ぎいと音をたて  はじめてがやがや声をたて  箇条をたて  雨戸をたて  やうに吼えたて  先頭にたて  曹洪がたて  卜をたて  面目をたて  易をたて  二将に授けて、早く行けと急きたて  顔もたて  一月もたて  ものすごいうなりをたて  眼角をたて  忠魂碑をたて  満面から湯気をたて  駒をたて  手柄顔に取りたて  基礎をたて  社をたて  花がたて  時高灯籠をたて  目じるしをたて  酒をたて  燭台をたて  泣声をたて  どよめきをたて  部屋にいて喚きたて  線香をたて  洋式バラックをたて  彼から初まったで  大願をたて  威嚇的に大きくたて  急に喋りたて  ちゃんと帆柱をたて  息をつかずに論じたて  先生をやりこめて愉しかつたで  三階造りをたて  一階をたて  あなた分つたで  呻りをたて  武功をたて  市をたて  手筈をたて  と腹をたて  見通しをたて  君のたて  大宇宙探検計画をたて  らっぱを吹きたて  んをたて  襟をたて  新報社長は喚きたて  叫び声をたて  人民を狩りたて  愛情を押したて  私の煮たて  ツ腹をたて  新京極に折れると、たて  彼是十分はたつたで  位僕等は小さかつたで  頭ふみければ、はらたて  年がたて  いるかを述べたて  なにしろ音をたて  原則をたて  窓がまだたて  まんま雨戸をたて  きれいな格子でたて  下女がたて  聴耳をたて  八年もたて  公平にたて  ものがたて  生活を守りたて  まりを急きたて  水蒸気をたて  吃りが云ったで  境にたて  ふいに声をたて  すがたで  うめき声をたて  首筋をたて  わたしたちがいつたで  千年もたて  旗がたて  表札をたて  なすをとれつこたで  声までたて  頭を振りたて  台詞をのべたて  声高に述べたて  決意をたて  計算をたて  中にたて  一司令所にたて  誓をたて  毛物みたいに吼えたて  手を叩いて囃したて  中には、引ったて  交番へ引ったて  レビュウ小屋と、たて  つて微笑しながら、わざと急きたて  意地をたて  女があつたで  道具と云いたて  濠ばたで  時日がたて  家人を呼びたて  らをたて  企画をたて  禅寺をたて  功をたて  風呂をたて  年号をたて  七大寺をたて  梶棒をあんなにひどく突当てたで  異議を申したて  不寝番をたて  天主堂をたて  五六ぺん笑い声をたて  お茶をたて  年限がたて  立小屋をたて  小屋をたて  霊泉をほめたて  寺をたて  霊廟をたて  勝楽寺をたて  コマ郡をたて  殺人計画をたて  競馬場に仕たて  二週間もたて  いや味でなく、述べたて  心はわかつたで  考へたで  箒をたて  それから五分間もたて  今から半時間もたて  声などをたて  外は寒かつたで  顔をたて  と金切り声をたて  幟をたて  薄茶をたて  地ひびきをたて  あたし腹をたて  集会所をたて  席へ坐らされて、たて  行つたで  若衆すがたで  たぐいをまでたて  プランをたて  雀がなきたて  かい、なきたて  彼は、たて  おとをたて  彼女は呼びたて  陽なたで  きみょうななき声をたて  寒肌をたて  下女に云いつけて、たて  馬が追ひたて  教へたで  今日よりももつと苦しかつたで  ちょっと聞き耳をたて  二百年もたて  太刀川のたて  泡をたて  声もたて  さいぜん妹だというたで  先生に拾われて育ててもらったで  ひとに吠えたて  おかしい低音をたて  屏風をたて  かんしゃく声で呼びたて  ガラスしょうじをたて  カピはけたたましくほえたて  迷い犬を呼びたて  においがたて  いびきをたて  小波をたて  口実を述べたて  夢中になって呼びたて  まり音もたて  人がたて  一大音響をたて  診察衣すがたで  金を積みたて  鼻音をたて  四年もたて  唐紙をたて  べつに述べたて  顔を塗りたて  歌ひたて  へん腹をたて  道理をたて  香りをたて  光つて波をたて  つて音をたて  仕官どころのさたで  アーチをたて  文句をのべたて  志をたて  四五十もあつたで  二三十分もたつたで  おうかがいをたて  じいじい音をたて  数へたて  底から吠えたて  まま泣声もたて  柄を見たて  三十二咲きましたて  比較的に烈しかつたで  後向きにたて  風景画と見たて  跫音もたて  ように喚きたて  容貌をして居つたで  ことを申したて  空中にたて  戸もたて  櫓下でなにか喚きたて  襟を深々とたて  位牌をたて  卒都婆をたて  鷄はけたたましくなきたて  作品に見たて  サラサラ音をたて  砂塵を蹴たて  音までたて  はじめ腹をたて  極りが悪かつたで  がんがんがなりたて  鼾声をたて  鳴り音をたて  愧づと無上にほめたて  初めから腹をたて  前田さん悄気ていらつしたで  鳴き声をたて  盛んに吠えたて  おいおい声をたて  おいおい聲をたて  意見を述べたて  臭いをたて  波もたて  掌にたて  船室で、ほえたて  すじみちをたて  房枝は、こえをたて  坊ちゃん嬢ちゃんがたで  巧みにしゃべりたて  西洋蝋燭をたて  兄弟がたて  両側にたて  とっさんとたて  眉毛をたて  と金盥を叩きたて  箒目をたて  御幣をたて  棒よりも手痛かつたで  幾度もあつたで  限りに呼びたて  処だと云いたて  業蹟をたて  土煙をぽかぽかと蹴たて  土煙を蹴たて  ことは無かつたで  金切聲をたて  五十騎みな蓑笠すがたで  お腹もたて  波皺もたて  鳥肌をたて  思いきり強く突きたて  時間がたて  逆吃をたて  アカシをたて  色をたて  白浪をたて  野原を狩りたて  ものに守りたて  左近をも呼びたて  物音をたて  文観は、一気に述べたて  朝がたで  かげろうをたて  大波をたて  神に祈り、誓いをたて  何物かにむかってほえたて  二時もたて  米友がたて  呶鳴りたて  扈従が急きたて  落人を狩りたて  策をたて  二軒家をたて  別に腹をたて  ことを喋りたて  腹でもたて  容疑者を騒ぎたて  ちゃんと高札をたて  海賊旗をたて  守備構想をたて  聲もたて  ごとごと音をたて  家を、たて  塔を、たて  期間がたて  見込みをたて  流れを蹴たて  前に坐らせて、なにか頻りに口説きたて  泣声で、喚きたて  血潮を涌きたて  流れに軋りをたて  卜筮者にまで述べたて  ザアザア音をたて  それを狩りたて  十一年もたて  ばたかはばたで  王水をのませたらよかつたで  粟ばたで  寅松宵に行ったで  自分から風呂もたて  バラックをたて  ムカッ腹をたて  白羽の矢をたて  冷金子をうながしたて  ひとさし指をたて  ぶんのたて  使いをたて  ように、呼びたて  河ばたで  彼は怒鳴りたて  なつて、怒鳴りたて  ふく葦笛は、とてもいいあらわせない美しいひびきをたて  かな狩衣すがたで  上卿がたで  落首をたて  離宮をたて  住居をたて  のを狩りたて  川ばたで  充分にこなし切れるが、このたて  一、このたて  ちょっと小首をたて  真夏のゆうがたで  卒堵婆をたて  筋道をたて  榊をたて  びしゃびしゃというような音をたて  右馬介を呼びたて  破裂音をたて  風聞をたて  朝風呂をたて  朝廷をたて  代表をたて  目算もたて  ぐらも音をたて  高所を見たて  砂音をたて  得意になって振りたて  立札をたて  日暮れがたで  得意らしく喋りたて  奥から音をたて  相良は述べたて  計をたて  お湯を煮たて  旅すがたで  むかっ腹をたて  法衣すがたで  ように説きたて  自分のたて  寺坊や社などを焼きたて  癇気をたて  誇張的に喋りたて  急使をたて  科学とかが打ちたて  轟音をたて  風に吹きたて  跫音をたて  金歯をチラチラ弁じたて  世辞をのべたて  枝をたて  盛んに呼びたて  縄をもって思うさま堅う巻きたて  恨みつらみを述べたて  ひとり腹をたて  藩主に伺ひをたて  篠竹一本つつたて  みちばたで  場面は煙りもたて  只赤く戦ぎえたて  あちらこちらにたて  涼しい氣配をたて  支度は好いかつて、おつしやいましたよ、お暑かつたで  叫びをたて  対策をたて  ゆげをたて  三度音をたて  趣向をたて  皆は騒々しく囃したて  卑怯者だと呼びたて  限り怒鳴りたて  二人とも怒鳴りたて  音さえたて  室いっぱいにたて  メルキオルは叫びたて、次には喚きたて  メルキオルは喚きたて  夢中に述べたて  ファンファーレを鳴らして急きたて  殺気をたて  のと、口説きたて  眼にかどたて  奇声をたて  ためには、長々と弁じたて  あまり声をたて  ますます強く喚きたて  知識を述べたて  ことを述べたて  そいつのたて  散々腹をたて  囲炉裡ばたで  弓が、急きたて  順序をたて  区別がたて  家を回り歩いてはほめたて  呼び声をたて  娘をほめたて  それに答えて吠えたて  こと、種々誓いをたて  強風に吹きたて  転ったで  一異説をたて  二つの金屬板をたて  本木家系圖を述べたて  表面にたて  類にも惹かれよつたで  縦横にかけわたされてそうそうのねをたて  見込みを云いたて  しどけない細帯すがたで  つて細帯すがたで  危い噂までたて  きりをたて  それをくどくくどく説きたて  陣をたて  てゐますしかし暫くたて  一つ音をたて  碑をたて  棒をたて  メガホンを使って、さわがしく呼びたて  店をたて  狂人だと呼びたて  批評を述べたて  念を述べたて  彼をほめたて  彼に述べたて  彼を急きたて  君がどんなに説きたて  一つ唸り声をたて  重みをもち出し、やたらにがなりたて  学者ぶってしゃべりたて  名前を吼えたて  上に立って、やかましくしゃべりたて  言葉で述べたて  彼女はまたしゃべりたて  のを憤りまた恐れて、喚きたて  意見をたて  役にもたて  法外にほめたて  道徳論をたて  幾時間もたて  絵画を塗りたて  彼女は説きたて  苦悩の唸きをたて  往来してたで  有つことは無かつたで  正道をば外れてたで  日がたて  風に吹かれて音をたて  遠回しに述べたて  善後策をたて  つもりでたて  言葉でほめたて  源氏夫婦が磨きたて  ためにいかに骨折ったかを述べたて  ますます口笛を吹きたて  聞こえる声をたて  ちょっと声をたて  脛を騒々しくほめたて  紳士は引つたて  筋をたて  主張を喚きたて  時さえたて  年月がたて  音はなるべくたて  音とをたて  虫が鳴きたて  杖をたて  方がたで  月がたて  盛んにしゃべりたて  右の誓いをたて  二つが喚きたて  メナードどもによって喚きたて  ことを、喚きたて  子供は泣きたて  計画をいろいろたて  彼女はいろいろ述べたて  彼女はつぎからつぎへと述べたて  余生までを狩りたて  香をたて  いつの日ころにたて  鼻息をたて  濤をたて  製造所をたて  パラパラ音をたて  女がしゃべりたて  曖昧に述べたて  猛烈に吠えたて  滔々と述べたて  ように泣きたて  中いっぱいにたて  言ひたて  湯にたて  ゅうごしらえのそまつな西洋館が、ぽつぽつたて  目にかどをたて  塾をたて  家もたて  いかくをたて  聲で吠えたて  ア工場をたて  両足をたて  土煙をたて  策略がたて  ジョルジュに述べたて  泣き声もたて  一週間もたて  二世紀もたて  サイコドンドンとやかましく囃したて  赤の飯で囃したて  神さまにうかがいをたて  幾日くらいたて  幾日くらゐたて  浮名をたて  考えを述べたて  すじ道をたて  道をたて  宵から奥殿にたて  一年もたて  空気をたて  あとで怒つてたで  一筋にはつきにくかつたで  忠義をたて  唯好奇心を動かすだけに止まつたで  陵墓へたて  宿題はして来たで  息をたて  君を見たて  かい声をたて  おろしもしたで  暗雲に褒めたて  足元でたて  濕つた音をたて  志弱くたて  方策をたて  選手とばかり推したて  くみ子から茶をたて  朝から蝉が鳴きたて  草藪に鳴きたて  願いは叶うたで  笹竹をたて  声で、おやかましかつたで  ぱらをたて  ムカツ肚をたて  作三郎らに引ったて  三角浪をたて  ことを洗いたて  あるかなしの音をたて  与吉が、たて  ざまに弁じたて  殊勲をたて  腰をたて  炸音をたて  ぐびりぐびり音をたて  たましい声をたて  箏を沢山たて  白髪頭を振りたて  それをたて  水をたて  祖母を呼びたて  長ちやんよりはすこし大きかつたで  ゆえんを、長々と弁じたて  細君に急きたて  関係を発きたて  背は低かつたで  首をたて  水先旗をたて  いふに降りたて  から声をたて  泣き声をたて  りっぱに明しをたて  標準をたて  しぶきをたて  記念にたて  あみだ寺をたて  唯物弁証法をたて  元よりあつたで  叔父が代って述べたて  つて述べたて  をかしかつたで  樹皮に突きたて  そこから逐いたて  水盤に見たて  愛を説きたて  異説をたて  ウェイトレス連が囃したて  叫声をたて  柿色に塗りたて  雑音をたて  ことを喚きたて  人さし指をたて  事があつたで  オニワー何とか、何とか何とかワーッと鳴りたて  ぱちんという音をたて  断末魔の呻きをたて  教養をたて  ように急きたて  色眼を使って話したて  さうに述べたて  日章旗をたて  声でどなりたて  さっき喚きたて  梢青鉾をたて  旗でもたて  可愛い音をたて  方も勿論早かつたで  彼が出て行って暫くやって来ないと、すぐ呼びたて  修業式が、たて  チョッキすがたで  計画を、たて  今五六年もたて  前より一層激しく泣きたて  上に起きあがって、たて  みをのべたて  くつくつ声をたて  いますこしたて  歯をむきたて  がらをたて  きばをむきたて  声もえたて  四肢をぶっつけて、ほえたて  三好武蔵守を呼びたて  手で守りたて  陸羽のたて  弟子のたて  名人のたて  たて方でたて  系統をたて  けがるたて  仮説をたて  理論をたて  基準をたて  咆えたて  側にたて  中にも少かつたで  ものは少かつたで  理智は新しかつたで  吼りをたて  方法をたて  舟ばたで  賑やかに喋りたて  事を述べたて  誓紙をたて  風に捻られ揉みたて  ぐ音をたて  門松をたて  門松もたて  パチンコ屋をたて  木に、なたで  笛でたて  注文が多くてうるさかつたで  常識論を述べたて  蝋燭をたて  方法を打ちたて  手がらをたて  指をたて  彼方がたで  通してやればよかつたで  ときは楽しかつたで  泡こそたて  がらがらいふ音をたて  それはなさつたで  ことも、また、もうすこしたて  波を蹴たて  劃をたて  勲ばかりをたて  聽耳をたて  私がたて  おまえさんがたて  鼻緒をたて  ように吠えたて  まり音をたて  迎へもしたで  三日もたて  鼻ヒゲをたて  かんかんになって、しきりにどなりたて  樗牛をほめたて  ら中をなぎたて  變へたで  名人膝をたて  世間を見て来たで  彼女は、急きたて  勿体をつけようとして誉めたて  立派に打ちたて  風音をたて  私をとりまいて喚きたて  お家へはひるなり、たて  しか音をたて  バラック工場がたて  番頭が見たて  芭蕉はえらかつたで  さうにチウチウ音をたて  畫をたて  暮しをたて  一団になり、ぎゃあぎゃあ騒ぎたて  旅館をたて  のがたて  それをどんなに待つたで  ゲラゲラ声をたて  言ふてしまうたで  かすかな煙りをたて  半時間ばかりたて  人もあつたで  壮厳な羽ばたきをたて  ピシピシ音をたて  音に急きたて  つて喚きたて  後ろから喚きたて  詰めよりながら、喚きたて  そこへ引つたて  劇団に入れて積みたて  二階から足音もたて  時間に急きたて  上にたて  錫杖を突きたて  小僧は威張りたて  風呂がたて  地にたて  三分間もたて  もの、いったいそんなにまで騒ぎたて  千木のたて  前でするのでずいぶんほねおれたで  鬚をぴんとたて  鷄冠を振りたて  底から得心されるべく述べたて  僧院をたて  ボルチュンクラ寺院をたて  病院をたて  涼しい音をたて  残党を狩りたて  役人を呼びたて  みつしら使つて二三年もたて  なき声は少しもたて  地べたへとんとたて  工場をたて  それから二日目もやはりたて  誉をたて  理念をたて  愛慾をあふりたて  ますます驅りたて  まり腹もたて  感謝やらを、くどくどと述べたて  言葉をたて  浜は、たて  加勢に呼びたて  一流をたて  往来ばたで  事がらを述べたて  一時に憤りたて  何かに急きたて  もう一歩もたて  うわさをたて  気持を引ったて  岡安巳太郎君が述べたて  プスリと突きたて  たか耳をぴんとたて  勲をたて  胸を痛ましたで  なかにたて  水泡をたて  波紋をたて  屋上にたて  ろつかせて、べらべらとしゃべりたて  きき耳をたて  一ぱいくわせたのかとむかっ腹をたて  実行計画をたて  水煙をたて  文学を守りたて  まま喚きたて  ことばかり述べたて  都市に出て来たで  水煙りをたて  各々家をたて  塩焼王をたて  ように、たて  十年もたて  爲にたて  者を呼びたて  うさぎさんは、どんなにうれしかつたで  錠をたて  こっちをたて  わるいこえをたて  段に振りたて  あかしまでたて  調子でのべたて  立場を述べたて  現象に逐いたて  がらすがこえをたて  狩衣すがたで  失計を説きたて  ごろごろ音をたて  マストをたて  夢占をたて  手酌でたて  ようすをしゃべりたて  きゅうにはげしくほえたて  においをたて  思いにしゃべりたて  ようにたて  いちど腹をたて  のか、わんわんとほえたて  網をたて  前足に見たて  常設館をたて  独立を打ちたて  もの音をたて  けふは早くたて  うわささえたて  食後三十分もたて  床板にたて  声高にがなりたて  内情まであばきたて  蓆旗を押したて  やうな快よいひびきをたて  御願をたて  備えをたて  淀みなく陳べたて  それを見たて  体をたで  石碑をたて  わず泣きたて  非を述べたて  天地神明に誓いをたて  はじめから天地神明に誓いをたて  時間さえたて  芳香をたて  さっきからほえたて  水に向かってほえたて  ヴオウとほえたて  湖畔に出て、しばらくほえたて  吹雪にほえたて  砂煙をたて  ちょっと耳をたて  二人を急きたて  莨煙をたて  出方出まかせに述べたて  金切り声をたて  何かに追ったて  間声をたて  帆をたて  一時に騒ぎたて  バカ声をたて  槙が怒って、喚きたて  口上をのべたて  自宅から、引ったて  まんなかにはさんで、引ったて  俗事をそのまま述べたて  尻尾をおつたて  自分で見たて  ジャック・ナイフをたて  女中がたで  事が多かつたで  誰がたて  薬を煮たて  渋茶に煮たて  どんなにか思ひ続けて来たで  理屈を述べたて  小さな家をたて  一戸をたて  塀をたて  他人のたて  案内にたて  律法をたて  免かれんため律法をたて  標をたて  項にたて  基をたて  イビキをたて  一人物音をたて  ホコラをたて  党をたて  香立にたて  から鼻ヒゲをたて  ヒゲをたて  浪をたて  胸算用をたて  小花は喚きたて  剣幕でがなりたて  だんながたで  功名はたて  あかしをたて  五条橋に見たて  巨細に洗いたて  ゃっというような悲鳴をたて  卦をたて  八卦をたて  女を狩りたて  成案をたて  晩がたで  縁日あきんどを狩りたて  急所におどしたて  まゆげをたて  御殿女中を引ったて  先に洗いたて  癇癪筋をたて  誓ひをたて  苦笑いしいしい起きていくと、ガミガミいってやかましく呼びたて  捜査方針をどうたて  別派をたて  うちに、なまじ騒ぎたて  男をたて  信吾さんへ遣たで  ノミを突きたて  切り高く鳴して喚きたて  ひとてがらたて  きりとやかましく鳴りたて  しら、がなりたて  向こうから呼びたて  大切に磨きたて  箒目のたて  頭ごなしにがなりたて  ことをぎょうさんに騒ぎたて  目かどをたて  とき、高々と呼びたて  癇筋をたて  気がたて  なりをたて  岬にたて  表先で呼びたて  願までたて  家にたて  うわさもたちましょうし、たて  下手人はいま呼びたて  われ知らず声をたて  牙をむかんばかりにしてほえたて  鎌首をたて  自動車が鳴りたて  あわをたて  次序をたて  次第をたて  一同声をたて  横で泣きたて  所に添えて寝かせると激しく泣きたて  蠶室をたて  横さにたて  舎弟大学を守りたて  まま引ったて  泥濘を蹴たて  ものだが、たで  作り方はまずたで  脚を蹴たて  肩を頻りに押して、叩き返せと急きたて  船ばたで  六日もたて  すべてわたくしがたて  証をたて  十二単衣すがたで  先入主をたて  堂をたて  大仏殿をたて  一声もたて  やうにしてたて  放火動機を述べたて  音にたて  発意でたて  五右衛門風呂をたて  郷愁をあふりたて  張はすぐさま泣きごえをたて  唸りごえをたて  大辻は、また大きなこえをたて  きのこえをたて  飛脚をたて  風評をたて  大笑いに喚きたて  女王に促したて  彼を促したて  役にはたて  すべてを罵りたて  声で喚きたて  文字どおり砂塵を蹴たて  プツリとたて  写真がたて  神経をたて  箸をたて  証人をたて  鼻いきをたて  玄関に坐って動かぬと云うて来たで  意見もたて  人声が、喚きたて  ワンワン吠えたて  これから沢山の手柄もたて  漣をたて  いろりばたで  今しがた音をたて  もう一度聞き耳をたて  個人的に、話し合ってもらいたい、と述べたて  一分間六万語づゝ六年間もたて  名にこそたて  毎年くり返しもしたで  ものでは無かつたで  物が多かつたで  ぐまさんが路ばたで  てゐないので、どんなに嬉しかつたで  旗を押したて  屏風がたて  ぷちぷち音をたて  ナポレオン帝国をたて  蝉が啼きたて  蝉が鳴きたて  カナカナが啼きたて  月日がたて  手鏡をたて  ジンヤジンヤと啼きたて  しゅうしゅうと音をたて  小舎をたて  十字架旗をたて  二十日もたて  坊主がたて  心をも、ただならず、急きたて  老人は、喘ぎ喘ぎ急きたて  塔でもたて  見解をたて  誓言をたて  三二うすにたて  とつはたで  かばひたて  銅像をたて  妾が見たて  反響をたて  嚏が、たて  嘴を突きたて  埃りもたて  礼拝堂をたて  泡をふきたて  顫へたで  さうに音をたて  ますます腹をたて  足音もたて  ことができなかつたので、どんなに悲しかつたで  雪けむりをたて  ことも正しかつたで  目標をたて  震音をたて  三本足をたて  村長に成ろうとか何とか騒ぎたて  酒気をたて  山ばたで  疳をたて  笑い聲もたて  利き腕を捉えて引ったて  奇怪なすがたで  風をたて  彼のあばきたて  立札がたて  所へいつたで  倉をたて  雪煙をたて  さきにたて  札をたて  石をたて  猫のように音をたて  ぷすぷす音をたて  艶をはっきりたて  鼓動をたて  軍備をたて  頭から湯気をたて  銅像がたて  予算をたて  なつて来たで  大抵、わかつたで  ようにすがりついて、たて  お母さんたちはどんなにうれしかつたで  黒さんは、どんなに恥しかつたで  ぶん情なかつたで  ルー太郎さんをみがきたて  みんな聲をたて  鳥居をたて  竹竿でたて  都をたて  喧嘩もしたで  水沫をたて  声でもたて  目にたて  ラジオががなりたて  さっきから聞き耳をたて  それから足音をできるだけたて  間にもたて  的に云いたて  

名詞

たて[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
たてがかけてあり,  たてが食べさせたい,  たてがある,  たてが悪くって体に合わない,  

~ たて[名詞]1
風呂からあがりたてで  花片の散りたての  雲のはたてに  埃をほだてて  雲のはたての  背旗をたて  手柄をかけた結いたての  八幡山雲のはたても  わけへだて  部屋を起き上ってたてから  時はたての  基礎を打ちたて  近ごろ熾になりたての  灰を吹きたて  女学校をでたての  特別じたての  樹をたてに  表現するてだて  吐露するてだてとして  文学をてだてとして  矢もたても  埃をまきたてながら  ダンサーになりたての  綺麗に洗いだてを  学校を出たての  分けへだては  俺が止めだてを  論をたて  覚へたての  女をかばいだて  はやりっ子になりたて  障子屏風をたて  妙なへだてを  スペイン風のたてが  誰でも入りたては  そこには結いたての  隠密を匿いだて  彼を匿いだて  頭を剃りたての  名刺はできたての  髪は結いたての  斯様なゆくたてを  外己に削りたて  今もぎたての  男を立てるたて  年貢のとりたてと  生垣へだて  今夜焼きたてが  劉備を庇いだて  あかりで降りたての  仕事をしたてに  何事もへだての  馬をもってたて  弩弓手がたて  知的所有権をたてに  医者の見たて  ため奮然として闘うてだてが  山でとれたといふ採りたての  如何に貰いたての  ライスは焚きたてが  皮をむいてタテに  わけへだては  乞食じたての  齒をたて  上下のへだてが  花子をかくすてだてを  ところへ来たてに  女学校を出たての  家へ入りたての  大学を出たての  民主主義のたて  私も来たての  世界憲章のたて  扉の開けたてを  野菜では採りたてが  恋歌じたての  あなたが庇いたてを  熱烈に庇いたて  青年を庇いだて  所労を云いたてに  アメリカへ着きたての  前後のゆくたてに  教習所を出たての  それは獲りたてを  後人のもりたてを  棒が見だてが  學を出たての  文学サークルだからというたて  代りにおろしたての  風呂からあがりたて  事を捕えてとがめだてを  剪りたての  湯から出たての  買ひたての  前年できたての  方をたて  戸をたてに  健ちゃんも帰りたてで  さのつたわって来るほど焼きたて  汽車に乗りたての  一本に成りたての  世帯の持ちたて  女に成りたての  金屏風をたて  自身はダテや  免職になりたての  洗ひたての  鼠入らずのあけたての  横のたての  こと買ひたての  姓はダテと  後に至ってダテと  び渡り鳥雲のはたての  詫間は出来たての  珠子さんは買いたての  角で焼きたての  事ごとにたてを  株屋に成りたて  年齢のへだても  やけあとのたてもの  巡査にたてを  間をつらぬいてたてに  七日目でも結いたてより  髪の毛をもそそけだて  花魁がたて  郡会医になりたての  實田舍から出たての  三度とももぎたての  さはもぎたてに  手紙を出すてだては  蜑が捕りたての  分けへだてを  店とのへだてが  夕飯のおこんだてを  あたりまえのてだてで  誰にとがめだてが  青年になりたての  文学芸術はタテの  娘さんは搾りたての  誰かがたて  それをタテに  障子をたて  無職のゆくたての  いまできたての  口がタテに  学窓を出たての  関東を打ち破るてだては  こころを焼きたての  それならば搗きたての  衣のたては  公命をたてに  戸の開けたてにも  頸をたてに  平手をたてに  のへだての  髪も結いたてでは  何事にもかくしへだての  主従のへだてなど  盗人になりたての  截りたての  真実をたてに  らむ雲のはたてに  ような吹きたての  娘になったへだてが  巴里へ来たての  小学校にあがりたての  中からは採りたてかと  今日結ひたての  廉子へたてを  番所では蒸したての  水を汲んでたて  わきにたて  旦那にタテ  頁のあけたてによって  わけへだての  山一つへだてながら  んのだて  幕府のたて  一通りのゆくたてを  ものをタテにも  布幅をたてに  ほかにてだては  水脈のはたての  心を合せてかくまいだて  三十日限りの取たてにて  少年は覚えたての  役におとりたてに  うしろにあるたての  トウナス一つをおろしたての  うわさをたてや  恨みとをたてに  おじさんはとがめだてを  きょう一日分のできたてを  ことごとにかばいだても  卵を産みたての  身にしてみればダテに  講をたて  道路に沿ってたてに  彼に沸かしたての  殻から出たての  着物のしたてが  みがきたて燃えたての  秋蠶のはきたてと  青空が磨きたての  町に来たての  約束をたてに  朝の焚きたての  それを煽りたて  朝夕雨戸のあけたてを  計画をたては  三輪は結いたての  腹をたてなど  実用とダテの  自転車は習いたて  壁が乾きたての  のを掘たて  せがれを助けるてだては  隣室とのへだてが  強調するというたて  買ひたてに  馬に飼うたて  順應してゆくといふたて  なかのへだてを  ここへ来たての  ところへ来たてには  沖には捕りたても  商売に取り着きたての  商売に出たてには  彼女が出たての  土地では出たての  芳町へ出たての  八重子が買いたての  口の開けたてを  空のはたてに  仲へだて  切実な生きるてだてとして  貸方二百五十両のとりたてを  おかみさんが出来たての  坑夫になりたての  実を結ばせるゆくたてはと  肥料をやりたての  あきらかなたて  無蓋貨車に出来たての  小学校から来たての  版二枚がけ位のタテに  東京へ出たての  一緒になりたての  中にタテに  首をタテに  それをたてに  富士男にたてを  否定のてだてとして  娘できだての  前便のタテの  心持のたてとよ  さにけがるたてながら  国土のはたてに  片手で刈りたての  大概は採りたてが  言問橋が出来たての  壁をたて  天われに許さば蒸したての  茶屋につきたての  以外にてだては  わたしがしたてに  言つた自分のたて  どこかへたて  文學至上的なたて  誓約をたてに  髪が苅りたて  上のタデの  わけへだてを  丸坊主になりたての  通りに云えと云うたから云うたて  わけへだてなんか  わけへだてが  さそうな鋳きたての  家主に追いたてを  七色をたてに  庇ひだてを  記念の売りたて  丘のあがりたてに  腰をたてに  泥のついた掘りたての  突慳貧に喚きたてながら  月代のしたてに  私の剃りたての  男の剃りたての  尊きくはだてに  一の橋とたてがはの  足もとさへたて  青灯をたてに  おれにかくしだてを  浮世じたての  國ができたてで  言葉をタテに  蔓からもぎたての  線を学ぶというたて  尊王攘夷のたて  肥後守のたて  市長になりたての  私のたて  のだといひながら剃りたての  

~ たて[名詞]2
凄くタテ  心安だて  キッタテ  いいたて  たゆくたて  いつもタテ  こころやすだて  同時にタテ  さかしだて  わりにたて  憂たて  そういうたて  すこしたて  角たて  

複合名詞
出たて  音たて  自身たて物  くみたて  釣りたて  出来たて  花たて  磨きたて  焼きたて  とりたて  二頭だて  たて腰  つた焼きたて  目たて大会  諫めだて  たて皺  女だてら  ほりたて  氣だて  たて十四  穿鑿だて  中学出たて  生れたて  うしろだて  笑い声一つたて  八頭だて  たてつけ  子供だてら  忠義だて  たて給はん君  生みたて  陣だて  來たて  たて感動  義理だて  解めましたて  お呼びたて  聲たて  ぺたのあたりを鳥肌たて  三頭だて  引越したて  物音ひとつたて  其焼たて  声たて  抜きたて  上りたて  腕だて  ろうそくたて一つ  きりたて  負腹たて  茶たて虫  一手柄たて  たてよう  矢たて  鳥こだて  九階だて  叫びたて  かじたて  乗りたて  もちたて  道具だて  ツイタテ  こんだて  三タテ  たて頭  飾りたて  組みたて  締めたて  一頭だて  一時たて  タテヨコ  だてかた  たて物  たて直  それぞれみな採りたて  べりたて  おしたて  止めだて  たて合せ  たて髪  平家だて  守りたて  教習所出たて  彼自身たて物  買たて  たて今日  禁めだて  切たて  学校出たて  だてら  たて網  おつきたて  たて献  ミタテ玉子アリマス  心安だて  塒たて飼  持たて  ならいたて  たて廻し  たて場  親だてら  たて地  やぎたて  たていし  握りたて  だて者  たてひき  鳴きたて騒ぎ  突きたてよう  白昼女だてら  たて續  ミタテ  顔たて  怎かしたて  たて縞  一軒だて  待たて  伸したて  南画風ツケタテ  オジチャンヒゲたて  たて罪  たて自分  地ひびきたてたて山  此たて物  たて棒  三日間タテ穴  拵えたて  たて村  角たて  たて焼痕  焼たて  そりたて  切りたて  蝋燭たて  心易だて  たて十五海里  たて物以外  たて髮  タデ食  箸たて  たて豆  帰りたて  頃流行たて  一本たて  たて横  たて唄  たて血管  たて雛妓  たてコンテ  腹たて  つりたて  つみたて  まつたて  邪魔だて  咲きたて  音たて棍棒  たて代え  ミタテ違い  なりたて  鳴りたて  たてごと  タテ穴  かしたて  いま出来たて  こだて  たて看板  ッたて小屋  三四杯たてつけ  タテ髪  諫言だて  たてもの  たて隕石  惡くつたておら  できたて  冷えたて  だてよう  チウたて  たてチャ俺  明けたて  ぬきたて  ぎやんとこれ行たて  店だて  炊たて  産みたて  出來たて  三度たて  間たて續  先づ行きたて  血音たて  たて琴  女だてら日本  焼きだて  親切だて  すじたて  がめだて  騒ぎたて  たておやま  さしたて  たてぐ  たてぐもの一種  たてぐも  タテ縞  詮議だて  いま切りたて  がらたて  じゃまだて  ぜんだて  とくみたて  鳴き声たて  湯煙たて  心中だて  たてどころ  五六頭だて  たて往来  たて燈火  たて給  いつおたて  針たて  後だて  一たて  みがきたて  たて遊び  針たてたくら  金切声たて  たてっぱなし  シタデ  鳴きたて  どなりたて  やつたて  ぞうたて  タテタテ  たて叩きたて  物音一つたて  フカシたて  習いたて  買いたて  木綿たて縞  本たて  たて籠  貰いたて  幾たて  帆たて貝  たて前  たてども人  狩りたて  かさたて  ブッたてよう  タテ孔  子供だてら生意気  女だてら夜遊び  耳たて  しら雲梯たて  たて花  二たて  三たて  タデシナ  たて版二枚  匕首たて  タテ師  こたて  たてしぼ  たてぬき  せきたて  笑いたて  たてミシン場  たて候  大杯たてつけ  たきたて  たて十メートル  降りたて  一体どうしたてん  下女だてら  ハナタデ  ヤブタデ  花タデ  ハナタデ一名アカノマンマ  称ハナタデ  一種ヤナギタデ  ヤナギタデ  ムラサキタデ  馬鹿タデ  タデ科  二つタテ  タテケイ  タテヤマ  姉ダテ二十歳  夫有タテ何ア目  たて方  行たて  つて來たて  おとたて  タテ穴住居  一日だて  いふたて  四階だて  そばたて  たてはじめ  たてがき  横たて  たて縞お召  たて隊長  今しがた書きたて  一たて別  継ぎたて  一つまたて  三三はしたて  たてはし  いとうたてゆ  幟たて  挨たて麥うつ庭  石臼たて  途上たていし  三階だて  長屋だて  横タテ  たて乍ら  たて風そすゝしき泉  



前後の言葉をピックアップ
発て      殺陣  絶て  立てれ  立てん  点て    立て直さ


動詞をランダムでピックアップ
まじわるつかそ気づかもうかっ落ちつこ透ししゃがみこみごろつか撲り飛ばさがたつく嬲ら利かしムキになるかぞえれことたりる波打たでき上がり懸からまいらせ込め
形容詞をランダムでピックアップ
卑しからさみしかっすばらしいあぶなっかしくっ後ろめた切なかっちかき不味くっはかなたかき果てしなく優しくやむなく喧しかっ勿体らしいあらかっいとしきおそろしけれ赤くっとおし