「縦」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
名詞

[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
縦に引きたる  縦には截れぬが  縦には截れぬ  縦に截るとすみきる  縦に此方向きにした  縦に長い駐車場を歩くとも  縦に長い駐車場を徐行して出ていった  縦に何往復かしてみる  縦に泳ぎはじめた  縦の縁にすわっている  縦に泳いでいる  縦にならべて貼ってあった  縦に流れる  縦の物を横に見て暮らす  縦をやっている  縦に出来ていた  縦に切り裂いた  縦になり  縦からでも調べた  縦に突立てた  縦に大きく動いて  縦から見ても  縦に振つた  縦にした  縦に燃える  縦から見るも解すべからざる  縦に切って  縦にならべて撃つと  縦に浮いて  縦深防禦の新方式が出てきました  縦深に配置する  縦深に配置された  縦に求めるか  縦に裂けてゐますね  縦にできさえすれば  縦に薬研形に崩込んで  縦に細長く彩色している  縦に貫いて  縦の凹みに当る  縦の凹みが  縦ひミユンヘンと雖決して事を欠かせる  縦に筋をひき  縦に竹をならべた  縦にゆすつた  縦して帰らした  縦に附着いている  縦に付いている  縦に串ざしに  縦に進む  縦に直す  縦坐標に盛り直すという飛んでも  縦にふってみせた  縦に垂直線を引くと  縦に裂け目がついていて  縦に長く建ててある  縦に開裂する  縦にならびました  縦に動く  縦に見た  縦に切った  縦の方へ傾いていって  縦に並んでいて  縦吹きのした  縦にする  縦に一本はいった  縦にその一部分ずつが編輯されているという  縦に敷きます  縦に行き  縦に突こんで  縦に振った  縦に書いて居る  縦えあゝは仰し  縦に私の覗いてゐる  縦に小さな巷路の貫ぬいている  縦に我が心胸に鑿入して  縦に書いてある  縦に繋禁を脱せん  縦に横附けになっていた  縦まに個人を殺傷して  縦にすると  縦にしてある  縦に弾く  縦まにした  縦に見取って  縦に二つに割った  縦の一直線となって重なり合ったとしたら  縦にも横にも空地一杯に積重ねられてゐた  縦の線と上衣の裾の横の一線が直角に交わりながら  縦にしたり  縦に掛けた  縦の割れ目が入り  縦にしない  縦に書き  縦に切れ  縦に切ってしまった  縦ひ大人であつてもそこから余程川下の橋を渡る  縦ひ残つてゐても  縦に二つ折りにした  縦に細長く葉子を襲った  縦に建っている  縦に二つにパクリと割れた  縦に振ってうなずいた  縦に振ってうなずく  縦に振って  縦に皺の寄った  縦い幾日か待てば  縦い翁と直接話を交す  縦の方向に何本もの条溝がついていた  縦のものを横にする  縦に薄暗さの中を区切っていた  縦に長く見える  縦に大きな溝のような凹みができて  縦のものを横にするにも  縦に深く襞のはいった  縦に二筋敷かれて  縦え空間的順序が表象作用に依るからして  縦に我を泣かしめ  縦長い窓口には蔦蔓が一面にまつわり附いていた  縦に切り開いて見ると  縦に貫く  縦に飛んでいた  縦に突き出ているでしょう  縦に突き出てゐるでせう  縦につなぐと  縦にならんで  縦に二三本皺がきざまれて  縦につながった  縦につらなってまとまっていた  縦の目で優しく視ると  縦に通ったので  縦に倒れたからで  縦に倒れた  縦に五本ほど太い組紐で飾りのついた  縦にはしる  縦に啣える  縦に突き  縦に二三度振る  縦につまった  縦に突き出した  縦に振る  縦に渡って行った  縦に埋まっている  縦に埋まってゐる  縦に振らせられてしまったが  縦の裂目のある  縦の傷が幾個も有る  縦に八巻をしたりして  縦になって  縦に走ると共に  縦に振らなかった  縦に貫ぬいた  縦に上る  縦にしようが  縦に焼き抜く  縦から見ていましたが  縦に並ぶ  縦に丈斯うやって考えて来る  縦にしてゐた  縦に裂けて  縦に貫ぬき  縦に飾ってある  縦から覗き下ろしていたが  縦になっても  縦に刃の模様がついている  縦へ向って  縦に二等分し  縦ひ妖魔をして  縦に揺れる  縦に走っている  縦に伸びて  縦に構えると  縦にすれば  縦のものを横に寝かせば  縦からも噛みしめて  縦からも噛みはじめた  縦に三本骨がある  縦に時間の智識を伸ばすという  縦にふるので  縦に三つならんだ  縦に母屋に続いて  縦からながめて  縦に吹き  縦にその半身だけしか見えません  縦にして  縦に割き  縦に敷布団の真中に置いて  縦い洋行をさせられるにしても  縦に一間を為切って  縦に切る  縦からも話の持つて行き  縦からも話の持って行き  縦に書いてください  縦からいろいろに想像していたが  縦に旅行し  縦にかけてある  縦に一扱き扱いた  縦の方向が勝つて走る  縦に持って行けば  縦に裂くと  縦に長く折った  縦におかれた  縦ひ傾け申すと  縦え主観が客観を構成する  縦にし  縦にまっすぐにお直し下さい  縦に二つに割ってみた  縦なる運行をなさし  縦に製作せし  縦に裂ける  縦になっている  縦に長い靨笑を刻みながら  縦に走って来たが  縦に幅広く水気が立って  縦に突刺してるじゃありませんか  縦にも包んでいた  縦になっていようと  縦に振ってしまった  縦に組み合わされた  縦にふりました  縦にするとも  縦の蒲団を横にして  縦から棒読みにして  縦の蒲団を横にして寝ている  縦しや秘密の場所へ隠すにしても  縦しや嘘にしても  縦しや反対の証拠と云うには足らずとも  縦しや高輪田が関係せぬにしても  縦んば唯の一人なりとも此の世に輪田夏子は殺人の罪人でないと信ずる  縦の方向の軸即ち主軸の方向に発達した  縦の軸に直角に切ると  縦に欹ち  縦ってその趣く  縦に溝を穿った  縦にしたりする  縦の裏通りを尾張町の方に向って引返し始めたが  縦に走り出した  縦から横から見直しました  縦に一つの眼が出来ている  縦に列んでいる  縦に赤い縞の出来る  縦から見る  縦にたたく  縦に立って  縦え樹と水なくとも足りるであろう  縦に挽き切り  縦にもさせないで  縦から書き卸してみたが  縦で厭く  縦から視ても  縦に刻まれている  縦と高さがある  縦も高さもあるわね  縦とだけがあるの  縦の長さがある  縦と高さのある  縦とがあっても  縦の高さの三つでできている  縦の小路を曲ると  縦に二つ割にして  縦に来た  縦と横と高さとを持つ  縦と横とがある  縦と高さの三つがある  縦の寸法と高さとを測る  縦と高さとがある  縦とだけしか見えない  縦とがある  縦に置かぬと  縦して席間に周旋せしめ  縦に六寸程骨まで切れた  縦てども弛まず  縦に平行している  縦に引裂きながら  縦に見る  縦に動いた  縦に突っきろうにも  縦に割付けられていたが  縦に四畳ばかり敷かれる  縦に通るほどな  縦じわの深い梅干いろの  縦に細かく折りたたみ  縦にとおしてみたり  縦の文字を用い  縦の文字を縦に用うる  縦に入っている  縦から横から八方から只見うこう見て  縦まにするを得せしめたなら  縦にふって肯く  縦に太い線が左右に這ふ  縦に組立てられた  縦にそろつて  縦にも横にも広がっている  縦に深く一本割れ目がついて居た  縦に二つ動いた  縦へ天才ありと  縦に流れて  縦に縦にと働きかけて行く  縦に切りこんで行っている  縦に割れた  縦に濃淡の染分けになって  縦へ子供でも一度び胎外へ出ては  縦があり  縦とだけがあって  縦に裂いて  縦にも横にも強くはたらく  縦に並べて附けさせました  縦にずんと引かれていました  縦に立てようとして  縦に割れて  縦に開口している  縦に割ったり  縦に取って  縦い一時は気が転倒したにもせよ  縦に長い引込んだ  縦に二つに割ったが  縦に掠めて落ちている  縦にもふかめて  縦に割る  縦に突ん裂く  縦に進んでいるが  縦に割れてゆく  縦へ縦へと細く鋭く鑿入しつつある  縦に見たり  縦に繋がっているという  縦に一直線に出来た  縦に一線を引いて  縦への立体的拡がりを加える  縦に色々な葡萄酒の名を書いて  縦に張った  縦にずんと引かれてゐました  縦に動かした  縦に手を握りあう  縦な心が高ぶっていた  縦にならんでおり  縦になりたるもありて  縦の道徳の中にふくまれている  縦にならび  縦に細かく裂いて  縦に縞を入れます  縦に古裂を編み込みます  縦に幾条か流した  縦に置いて  縦に細かく裂く  縦に熱を流すと  縦長い髪毛の束を三寸ばかり上に突上げた  縦に行くならば  縦に掘り下げた  縦なる上下乾坤のそれを会得して  縦な快楽に耽つてゐるではないか  縦からも横からも観察した  縦の第一列になりましたから  縦の皺を刻んで  縦に其の郷国の思想を横領するを  縦にされてゐた  縦と横と各十九区劃宛に割られてゐる  縦におこして泳がせた  縦しや火遁の術ありとも  縦にせし  縦に吾人の脛脚を控縛せしめよ  縦に大きい皺がよった  縦に立ち切られた  縦に二つに分かれている  縦に二つに切られた  縦と横との釣り合いが変調をきたし  縦抱きの要領で静かに抱き上げ  縦に真二つに割って  縦に振  縦に上から強く押さえて  縦からも覗いたが  縦にして抉りながら  

~ 縦[名詞]1
末迄縦に  解決は縦には  截れるが縦には  それをきめておいては縦に  背中を縦に  平泳ぎで縦に  コースを縦に  プールの縦の  掲示板に縦に  光が縦に  ように縦に  二行を縦  壁を縦に  横からでも縦からでも  首を縦に  飛行船を縦に  横から見るも縦から  それを縦に  空き缶を縦に  下に縦に  面式の縦  これを縦  のを縦に  紙を縦に  その間を縦に  古今を縦に  特有な縦の  感じの縦の  血が縦に  青年を縦  ようにして縦に  のか縦に  駕籠を縦に  敵は縦に  ものを縦に  数値を縦  山脈を縦  天井は縦に  流に沿うて縦に  お互いに縦と  一列に縦に  首が縦に  雷門から縦に  煙突を縦に  葉脈が縦に  六孔の縦  粋美を縦に  銀糸が縦に  形をして縦に  ガラス板を縦に  彼らは縦に  横から見ても縦から  東洋文字を縦に  顔に縦  露路は縦に  通りを縦に  川蒸汽で縦に  文字の縦に  前にして縦  事実が縦  横にしたよりも縦に  それが縦に  これを縦に  春を縦  貝の縦の  筵の縦に  ぽかりと縦に  霞を縦に  中央において縦の  名を縦に  右足湖の縦の  材木は縦にも  一重瞼まで縦から  背筋の縦の  壜を縦に  闇夜を縦に  若者は縦にも  言葉を縦に  親たちが縦に  瓜を縦に  それであるから縦  すきから縦に  全部東西に縦に  環が縦に  私が縦  ように縦の  以前は縦の  板となって縦に  間には縦に  必要は縦  枕木が縦に  畸人と共に縦  門口や縦  袋を縦に  ニース市を縦に  横に縦に  敵陣に縦  岩が縦に  朝日を縦に  五人が縦に  ぢに縦に  スペースが縦に  ここでは縦に  額を縦に  私のからだが縦に  私が縦に  さを示す縦の  色に縦に  人参は縦に  尺八を縦に  真ん中に縦に  首を刻んで縦に  蒸気で縦に  頭を縦に  背中に縦の  剣舞を縦に  横になり縦に  地上を縦に  文化を縦に  人間一人を縦に  江戸を縦に  祖国を縦に  未来とを縦に  つて行つて掠奪を縦に  隅が縦に  平原を縦に  刀架に縦に  横から縦から  切尖まで縦に  横と縦へ  穴が縦に  左手で縦に  横からも縦からも  のは縦に  智識を広めると共に縦に  板倉が縦に  解剖を縦に  金魚を縦に  衣桁が縦に  札を縦に  一枚を縦に  マントを縦に  重税を縦に  紐を縦に  今までよりも縦の  そうに縦に  庖丁で縦に  底へ縦に  掠奪を縦に  川原を縦に  比目魚を縦に  外に縦  人間をして縦に  ライヴを縦  矢場を縦に  腹に縦に  中から縦に  横にも縦にも  横にするとも縦に  ここに縦の  君たち一ぺんあれを縦から  六方晶系の縦の  水晶を縦の  之を縦って  鑿で縦に  川を縦に  さが縦に  いが栗頭を縦に  顔中に縦に  端を縦に  蕊が縦に  建築があれば縦  胸先を縦に  ものを縦にも  歴史を縦に  皺が縦に  横と縦と  横も縦も  横と縦とだけが  さと縦の  横と縦とが  横と縦の  沈重にかぶりを縦に  それは縦と  寸法と縦の  横と縦とだけしか  自然力を縦に  顔が縦から  あれは縦に  背後が縦に  所謂感覚は云わば縦に  手紙を縦に  山を縦に  後頭部を縦に  方へ縦に  通い廊下を縦に  字をぶっこぬき縦に  日本の縦の  文字を縦に  ようなひきつれが縦に  左から縦から  所を縦  これは縦  口を締めると縦に  柄の付いた縦に  時間的に縦に  脚をふまへて縦に  人は縦へ  北上川が縦に  指揮棒が縦に  ワインガルトナーで縦に  南京豆を縦に  褌とは縦に  横があり縦が  横と縦との  横と縦とだけ  のは縦  皮を縦に  天性は縦の  四つずつ縦に  赤線が縦に  ガラスビンを縦に  これが縦に  容易に縦に  筈は有りません縦  それも縦に  柄を縦に  霰が縦に  質を縦にも  現世を縦に  パゴダ式に縦の  夜空を縦に  一線に縦に  面は縦に  赤白青の縦の  縦へ縦へと  上に縦に  志賀氏から縦に  左側に縦に  間隔を置いて縦に  政雄の縦  微塵棒を縦に  あだ名が縦に  君臣の縦の  竹を縦に  中央に縦に  緑を縦に  金属結晶体に縦に  元禄髷に似た縦  妻を縦からも  辺で縦に  唇を縦に  駕籠は縦に  盤面は縦と  勢を縦に  力をして縦に  眉間には縦に  脳は縦に  身体の縦と  一節を縦に  七八寸で縦が  最初刃を縦に  

~ 縦[名詞]2
この縦  強く縦  こういう縦  長く縦  徐々に縦  少し縦  もう縦  太い縦  細い縦  なく縦  やや縦  小さく縦  実に縦  現に縦  やっぱり縦  まず縦  赤い縦  あの縦  しきりに縦  うんと縦  益々縦  必ず縦  きちんと縦  よく縦  更に縦  深い縦  

複合名詞
縦一尺  縦幅  縦一列  縦筋  縦位置  縦井戸  横縦  十分縦  縦皺  縦鼻広目  縦目  縦通  横皺縦皺  縦組み  縦書き  縦ノリ  縦ざま  縦笛  縦半分  縦棧  縦令父  縦板  人間縦心  通常縦  縦五尺六寸  一尺四五寸縦  縦孔  縦雖レ及二合戦闘乱一  縦書  二三度縦  縦令  縦令名  縦一文字  三ツ五ツ縦  縦七尺七寸  縦絵二枚  縦揺  たくさん縦  縦四尺以上  縦まま  あたり縦さま  縦横縞  縦ヒ有三健婦  縦歩き  縦縁固着  荒縦  縦中横  縦一本  縦帆  擒縦  縦八寸五分  ゃりと縦  ヲ吉原ニ比較スレバ縦  代り縦  八重縦十文字  縦四畳  縦様  縦裂  縦桿  縦軸  腹縦摸筆  縦帆船  縦通り  縦二尺  縦六尺五寸  とおり縦  縦谷  二縦大路  四縦五行  英雄縦  縦幅一尺八寸  縦六尺  失果英雄英雄縦  縦四寸横六寸位  縦四寸  法律縦  放逸縦行  縦さば  縦つや鼠  縦四十里横二十里  且予縦  縦返し  縦航  縦走路  二つ縦  縦畦  三縦脈  縦看板  縦波  縦画  縦横並び  二本縦  天縦  縦二寸  一擒一縦  幅七寸二分縦五寸一分  縦十二町  横転縦転  自ら縦  つて縦  縦頭可  比丘縦逸  縦模様  縦横走  縦一尺一寸八分  縦三尺  縦窓  



前後の言葉をピックアップ
絶て  たて  立てれ  立てん  点て  立て直さ    起て  断て  建て


動詞をランダムでピックアップ
たくす哀しま産み落とすさえかいま見よ積み立て採れるののしる育て上げる入れちがいすいとり斎く慣れれ受けつけ立かかっふんすとつぐそも望め憂え
形容詞をランダムでピックアップ
妬ましくきやすい騒ぞうしい薄ぐろく敢なくうらわかいこちたき賢ししんどもろ厳しく野暮臭く腹黒いせまくるしい少なく捗々しい待遠しくっ似つかわしニガやわき