「館」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
名詞

[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
館の当局者をなじったので  館を出奔する  館を駈落ちした  館の活動写真を見て帰りました  館をしのびでて  館へ参った  館へ飛び込む  館があった  館が出来ているなんて  館から飛び出した  館に着いた  館を造る  館こそ古るけれ  館に帰し参らせんといえば  館の甍をグッと睨んで  館にゐる  館が右手に見える  館の二階の窓に寝間着姿の半身を乗り出して  館の園遊会に参らんとて行く  館に行きて  館につかえる  館ともいえる  館へ帰る  館へ連行する  館の再生機という難物が控えている  館に客となる  館に近づくと  館へ帰った  館に出頭して  館の忙がしい  館や村落の画のような景色を賞し  館に帰る  館に立てこもつて  館を中心にして  館の殿と云う  館を見て居た  館にみちてしまった  館を訪う  館にもむしあつい風は吹く  館が召しますつさ  館の心に従ふまでは  館に帰っても  館へ伴われて行ったという  館の山に行って見る  館の山の反対の山へ行く  館の山へ行ったが  館にいては  館の跡だと云う  館との間に残っている  館の大扉が彼に向って開かれた  館の正面までやって来た  館の外の石造の顔に向って  館の噴水は見えず聞えずに落ち  館の石造の顔は眼を開いた  館の噴水の水は血に変った  館で石造の顔が一つだけ多くなった  館の二階より見  館とあるので  館へ使者として遣はし  館に帰りてしるす  館へ入って来た  館の欧化時代を過ぎていたが  館へ来い  館へ転任させられるだらう  館では楽屋と舞台との通路をふさいで  館まで即刻お越し下さる  館の中が不安になり  館の中に内通者があって  館の中に居る  館より掠めました  館の中に内通者があるらしい  館の方へ運ばれた  館へは病気を云い立てて  館の中に内通者ありという  館の中で見付かったかしら  館より次々に盗み出した  館の外の何者かと謀り  館へ上った  館の中に女の内通者あって  館に申し  館の宝物の数々を盗んだ  館を破滅に導こうとする  館を騒がした  館の方角をさして  館の外側では頼母や主馬之進や覚兵衛や勘兵衛たちが集まって  館ばかりは探さなかった  館の戸を破れ  館の戸へ躍りかかった  館の戸を破りだした  館の戸が開いた  館の方へ走る  館へとりこめて  館の裏の戸をぶちこわして  館へ乱入し  館の前に現われた  館を巡って歩き出した  館の交渉をしたり  館の白銀の床を踏み  館で観衆の拍手がきてみなければ  館をつくらせ  館へ帰つてきて裏切の  館の後園の池のほとりを散歩して居た  館に来た  館で狩猟が催されていた  館へ帰って来る  館へ駈けて行った  館に来てゐる  館では忠利の病が革かになって  館にいた  館の庭方にした  館を下がった  館へ出て  館のある  館を出る  館へ着いた  館のそれのやうに巨大な木琴と化して  館のうえには時おり千鳥のよびかう  館は何時も程近い湯村といふ処の往々遊蕩的小説などに使はれる  館へ火をかけて  館が陥ちたという  館が亡びる  館の三浦右衛門をよくも手込めにあわせおった  館のお供をせぬ  館を見捨てた  館に手向ける  館を出ると  館の門をはいると  館を建て  館のすばらしい小徑をさまよひながら  館の址だけは開墾すると  館の址の草藪に埋められてある  館の址を聞いた  館の址とを残して  館の人とも自然に懇にし  館にばかり引込んでゐるらし  館といふところのダンサーに召された  館では慰労の夜宴が開かれた  館をただ漠然と十三世紀頃のものと書いていたが  館のさまざまな歴史を書いている  館にIsabelledeChevronという娘が住まっていた  館に引き取られた  館を少し離れました  館の屋根に渦いてか  館に捕虜となった  館から抜けて来た  館へ立ち戻った  館へ帰着するまで  館をふらふらと出ていってしまった  館で勉強したり  館にかえって来ないと  館がござる  館へ参って  館の前に立った  館が立っていた  館に住む  館に宿を求めた  館へ幾人となく誘い  館を訪れた  館に恋ごもれ  館に居る  館へ帰り  館の牧野英一専門調査員がその席上で独語しておられたくらいであるから  館の官庁出版物を五〇パーセントは利用した  館はうらぶれる  館と揚屋との間を歩く  館と揚屋を歩くだけの  館に妹と我と寝ての  館はなほ存す  館にして  館の方へもどって来た  館の外や中門に駒をつなぎ  館へ立寄って  館で見た  館へさえ招かれて  館に三日泊って  館へも連れてみえた  館まで送り届け  館はもう見えている  館を訪いまいらせ  館で冬を越す  館でやる  館には及ばないが  館は遠慮して  館がひとりでに中心になっていた  館の状勢を伝えて来た  館の屋根裏や壁板もすっかり煤けている  館に知らさなければならなかった  館をふいに  館は生きかえった  館のあるじは正面の玄関に立った  館にまいった  館は日ごとに閑寂になった  館に泊っていますからね  館に来れば  館に納入する  館を騎馬で出て行った  館の下屋に冬中の住居を与えられた  館の夜会と演劇改良論とが新聞紙上に花を咲かせている  館とみられる  館へ引っ立てられて行くほどなら  館とはちがう  館でいらせられるか  館は鬼の高利貸の手に処分される  館の前で園長の持ち物を拾ったという  館の入口に落す  館の入口で絞めあげる  館へ入っていた  館へおいでなされますか  館を待つとしようか  館へ求めにやらせましょうか  館にあって  館を今日も出て行く  館や能登を恐れて  館へもすぐ知らせろ  館を出て行けば  館の方でもお抜かりはございますまいが  館の灯から物音までも朧にしていて  館と申せ  館へもどるやいな  館があり  館の造り  館へ乱入する  館をみると  館の奥へ消えこんだ  館がある  館の料理には好感が持てた  館の太郎どんからもらったので  館に嫁ぎけり  館をこしらえ直して  館の修築を急ぐといえば  館でできぬなら  館の方へもどって行った  館をこえて  館をうらんでいた  館があったので  館といっても  館の絢爛な夢が恰もそのころ余燼を絶たうとしてゐた  館を捐てしより  館の桜吹雪をとつぜん胸に泛かべていた  館へ引きとって行った  館でもこの事をして  館の蔵書を借覧する  館へ辿りついて  館で落ち合い  館の桜もふとおもい出されてくる  館にいる  館のあるじの想われ  館のいつも同じ部屋にゐる  館を見舞って  館も焼きすてて  館へつたえておくが  館に留守している  館へと歩いた  館の庭のほどよい所が見たてられた  館に火をかけ  館などに往くと  館に往って四五日逗留している  館を中心に過ぎていた  館のおくから  館の内に来て  館に養われていたので  館さえ焼き払い  館となっていた  館に入れて  館の客となって  館なども焼き払い  館に多年お身をひそめておられた  館の大廂からは護摩の煙が雲のように立ちのぼり  館では法要が行われ  館に催された  館へ帰らぬ  館の内と云う  館の厳めしい  館の書斎や食堂の有様に就いて  館を作つて祭つた事が記されて居る  館に泊めぬにしても  館の庭に数人の女が坐っていたが  館の裏座敷の前へ出た  館はそれを連絡整理する  館などにて西洋風の饗応をひらかるべきなれど  館の中へ没入してしまいました  館の上へ来ると  館の屋根の上を飛び廻っておりましたが  館に集まって  館の全貌が見える  館に近づくにつれて  館へ忍んできて  館へ近づいて行った  館の方へ行って  館へは戻って来ませんでした  館の後ろの叢の中に隠れてしまいましたが  館へ立ち寄って  館に上映せられた  館に配給される  館を単位としての映画企業があまりにも高度の発達を遂げてし  館で見る  館へ行けば  館と家庭では著しい径庭がある  館の殿と契りを結んで  館の飼犬だということを知って  館に来る  館までおくりと  館という映画館に入ってしまった  館を出た  館に入る  館に要之助を連れ込んだ  館を造っておりますが  館を浮かれ出して  館の階段に長く垂敷きたる  館に貴婦人たちが集って  館へ帰らせてしまい  館に通うている  館にはこばれると  館に納まり  館第も今日われわれの見る如く  館が築かれていた  館が厚い石造のところへもって来て  館の奥様が清水の観世音寺へお参りになった  館へ下って  館の妻は不審がって  館の妻は京の都の夫の胸へひびけよと  館の妻の夫を想う  館にては夜会の催しあり  館でもよい侍を一人なくして  館の中にも置いていただけなくなりましたので  館につかわして  館の石階に片足を踏み掛ける  館の淡紅色の大理石の花形がある  館の赤み掛かつた壁と水に漬つた三段の石級とがある  館の三段の石級を踏んだ  館に近いサン・ステフアノ寺の鐘の声は己の心を戦慄させる  館の石級を降りた  館の古い壁に嵌めてある  館へお帰りあそばせ  館に一味が留まっているという  館はあるが  館は祭の幄舎に宛てられていた  館をはじめ地上ではだんだん見受け  館へ帰って行った  館を築けば  館の庭園に古い広い池があった  館を灰燼に為ようとした  館は助かった  館は烏有に帰した  館のような品位であたりが貴重な彫刻を見る  館の白い壁からオーケストラの美くしい  館の方角から若い美くしい  館が華族会館となって  館に多く集めた  館に光到らぬ  館する者あり  館に歸らせ  館の奥へ通された  館の夜会で桃色こはくの服を着た  館の賑いなど思いもそめない  館に上った  館に推参すると  館を掛持ちし  館から帰って来ると  館で催し  館で覚えた  館とは映写の光力が違うし  館では写真の合間にオーケストラが歌劇の抜萃曲などを必ず一曲演奏する  館を蹂躪した  館として穿った  館の前に止るまで  館の中へはひると  館の舞踏会の思ひ  館さえこういって  館には百の人けはひだになし  館はひえびえとして泉石をうち  館をぬけ出した行く  館ではうろたえ騒いで  館でも定めて案じていよう  館の騒動を鎮められい  館へ戻って  館の内には不安の空気がいよいよ濃くなって来た  館の内にも大勢控えているが  館をたずねた  館もやはり堀川のうちにあって  館の門を出ると  館へ伺候すると  館に奉公する  館へ戻っても  館へ帰り着くという  館を出られますると  館へ帰って  館へたずねて来たと  館の姫であることが判ったので  館の内へ無理無体に引き摺り込もうとするらしいと  館の門前へ出て見ると  館の御門前に立ち迷うて  館の内に繋ぎ置こうと存じまする  館にいつまでもみがれている  館を出ようとする  館へ出入りを差し止めるとも言った  館へ出仕した  館へ駈け付けて  館によび付けられた  館からまいった  館を忍び出た  館へ戻られては  館へ急いだ  館はもう一町ほどの前に近付いた  館へむかって走るよりも  館に逃げ込む  館でもおどろいた  館をぬけ出し  館へ討っ  館まで送らしょうか  館へは戻られないと思った  館まで送り付けられたら  館へと帰られず  館へは帰られない  館へ帰るを待つまでも  館へ追い込んでしまったが  館まで送り届けさせてしまっては  館へは帰られぬ  館を立て  館の絢爛な夢がちやうど余燼を絶たうとしてゐた  館にも迎へられ  館をたづねて  館にも迎えられた  館をたずねて  館へよびよせた  館の角を曲がって  館を一周して  館の用人棒とハイダシの喧嘩さわぎ  館を尋ねて  館の裏手の雑草の中に立って  館の中で演奏している  館が象徴した  館の汚れた  館では講師の経費は勿論出っこないから  館の横には太陽館という映画館がある  館に送られずにすむ  館はどつちでしたかね  館へと暗い海岸の砂路を歩るいて行くと  館に幽閉された  館の前の広場へひしと詰って  館の電飾が流るる  館の舞踏会の記事が出てい  館を蔭につつんで  館にじつと眸を凝らしながら  館の方を指さしながら  館の方を振りかへつて叫んだ  館に会して  館のことを昔は役所と言ひ  館には今日も舞踏がある  館の址あり  館という  館の方に向かえる  館の主の墓なるべしという  館の名はボンシャサの館という  館は二十五年計画でこのプランの第一コースに入っている  館で一手に引受けて  館の方がよく知っている  館にある  館の前途にも横たわっている  館に泊まった  館の文化と結びついているごとく  館におし  館の意味する  館は打って  館にやとはれて来た  館でうけてゐましたが  館が見えました  館の方を見てゐました  館の門をはいつた  館をおそつて  館を巡り  館の屋根を輝かせ  館の木深い庭を蛍が明滅して飛ぶ  館を囲繞し  館の東北には横田備中守の邸があり  館の白い石垣を眺めた  館への出仕も止め  館の西側をグルリと廻わり跡部大炊の邸へ出  館の奥まった  館へ来た  館の周囲をとりまいて居る  館の内部を垂れこめていた  館に進めている  館にはご苦心をされておる  館を見すてて立ち去った  館は土塀に囲まれ  館の方へ走って来る  館の方を見ているらしい  館の周囲を廻わり出した  館の中へ忍び込み  館の方へ走ろうとした  館が建っている  館を目掛け  館を見廻わしたが  館が立っている  館へ逃げ込もうとした  館の方へ歩いて行く  館のにおいがあった  館を営む  館は真新しい舟板の塀を囲らせて  

~ 館[名詞]1
不義をして館を  不行跡を働いて館を  八島の館を  西八條の館へ  男の館へ  海のぞき館が  卿の館の  私は館から  入道西忍が館に  大海蒼溟に館を  わが住める館こそ  宏大な館の  やうに館が  某の館の  余は館に  物佗しい館に  これを館へ  上映する館の  のが館として  立派な館に  それは館に  地下に出来ている館の  一同は館へ  浜松の館に  浜松の館の  姿をうつす館や  ボーラスの館に  傲慢の館に  二棟に分つた館を  西の館も  白かべの館を  奥で館が  董太師の館へ  三次若狭守の館の  彼の館との  彼の館の  五十の館との  彼方の館で  石の館の  石の館と  自分の館へ  鹿鳴館の  一しょに館へ  他の館へ  八重が館の  閉扉の館の  閉扉の館  閉扉の館が  怨みの籠っている館  ここはあけずの館  釘づけにされてある館の  巣の館の  葉は館の  二階建ての館の  鼓して館の  父の館へ  自分の館の  麗姫の館に  バヌヴィルの館で  身心ともに疲れはてて館へ  熊本花畑の館では  熊本の館に  花畑の館の  目的の館へ  フアウスタスの館の  ことのある館の  郡司の館の  鬼夜叉が館へ  府中の館が  おのれは館を  刎ねて館に  稱する館を  ホオリンゲンの館の  昔の館の  城主の館の  墓と館の  隅にある館の  物忌で館にばかり  鹿鳴館といふ  烏啼の館では  ミュゾオの館の  ミュゾットの館に  峰の館の  烏啼の館から  烏啼の館へ  ここの館で  一所に館が  ままの館の  ここは館の  書院造りの館が  無住の館  ような荒れ果てた館の  花の館に  白川の館へ  イギリス人の館の  私の館は  太夫が館と  岡の館に  当時投宿の館は  領主の館から  千石取の館に  里人のよぶ館の  義貞は館の  乙姫の館に  身の館へも  日野俊基を館まで  例年通り山下の館で  鹿鳴館で  鹿鳴館には  鹿鳴館は  主君の館が  小松谷の館を  町なかの館  楠木家の館から  ここの館では  目ぼしい館と  道誉の館へ  佐女牛の館とは  仲をへだてて館を  園長を館の  山上の館へ  尾の館へ  尾の館に  尾の館や  長年から館を  夜霞が館の  名和の館と  一宇の館が  奇妙きわまる館の  伊吹の館を  道誉は館の  妻子の館が  びん西の館の  森の館に  赤坂の館を  義貞の館の  大仏辺に館が  上杉の館と  君が館を  バンガロウ式の館を  新田の館という  世良田の館の  屋敷や館へ  君侯の館でも  君侯の館へ  利仁が館へ  利仁の館の  国府の館で  和蘭人の館  高倉の館を  みずからここの館も  水分の館に  国司の館などに  国司の館に  今出川の館に  塩冶の館の  香坂高宗の館に  あっちの館は  二何んとか館という  思案入道殿の館に  仮の館に  二三日も館へ  そこには館の  ピエル・フオンの館の  魔法の館の  自己の館に  神明造りの館の  これ鹿鳴館の  鹿鳴館などにて  お雪ちゃんの館の  上から館の  鹿鳴館に  今宵九ツに館へ  煉瓦の館へ  姫山の館へ  社系統の館に  三社系統の館に  映画は館で  条件において館と  つて多くは館の  ように館に  三階造の館の  俺の館まで  他の館に  人たちだけの館を  部分を館へ  橘の館に  アルスタアの館に  水戸の館  城主の館が  芦屋の館へ  丸の内鹿鳴館にては  己の館の  あれが館の  アルドラミン家の館の  君の住んでゐる館の  君が館の  己の館に  洗はれて窪んでゐる館の  家の館の  人びとに助け起されて館へ  神の館は  麓の館を  数奇を凝らせる館を  無事に館は  貴族の館の  鹿鳴館が  西八條の館に  上舎に館  其日は館に  吉備彦は館の  公卿の館も  烏丸中納言の館に  二つの館を  いなかの館とは  わしの館を  友は館の  忍びやかに館を  侍どもは館の  三河守師冬の館を  彼の館も  師直の館の  師冬の館の  かくも館を  ことは館へ  堀川の館へ  ここの館へ  彼を館の  吟味いたすまでは館の  小坂部の館に  二つを兼ねて館を  将軍足利尊氏の館へ  師冬の館へ  三河守の館に  執事殿の館から  無断で館を  真っ直ぐに館へ  堀川の館は  師冬の館に  師冬の館でも  夜陰に館を  塩冶の館へ  家来どもに申し付けて館まで  師冬の館を  父の館へは  それも館へ  らを館まで  地に館を  国務大臣の館にも  ゼエ・ストラアセなる館を  ストラアセなる館を  二十三番と記したる館を  タッタ百円の館では  良人の館に  キクロウプスの館に  別荘風の館が  續いた館  レヴコーは館の  倶楽部組織の館に  ロシヤの館が  樹の有る館の  処々の館の  河隈に館の  八幡沢の館と  八幡沢の館の  二つの館の  ボンシャサの館と  今わが館は  蝙蝠傘を出してもらって館の  名前の館の  鳥右ヱ門の館に  鳥右ヱ門の館で  貴族の館を  信玄の館は  直江蔵人の館の  所を館の  濛々と館の  幾棟か館が  幾棟かの館の  ッと館を  背後には館が  敵の住んでいる館では  花やかな館を  

~ 館[名詞]2
わが館  大きな館  この館  その館  あの館  現に館  そのまま館  怪しい館  古い館  我が館  なぜ館  小さな館  古き館  再び館  細かい館  堂々たる館  しかるに館  深き館  さらに館  ふたたび館  よく館  よい館  すでに館  直ちに館  必ず館  忽ち館  更に館  旧い館  めったに館  もう館  其の館  近き館  ない館  大きい館  しばらく館  同じ館  恐ろしい館  

複合名詞
九番館  博文館  邸館  文館詞林  義王館  館二百ドル  館外携出  製糸工場朝日館  朝日館  映画館  映画館ぜんたい  武蔵野館  活動写真館  活動館  白亜館  帝劇附属館  エミイル・ヴェルハアレン館  哲学館出身者  このごろ哲学館同窓会諸氏  哲学館得業生潮田玄乗氏来訪  特別館賓伊藤長次郎氏  哲学館出身者泉含章氏  哲学館出身者大宮孝潤氏  哲学館出身  哲学館出身者中  哲学館同窓会  哲学館教員免許取り消し  哲学館事件  碧蹄館  碧蹄館血戦  立命館  各国使館地域  山東産業館  ロオマ法王使節館  佛蘭士大使館武官館以下西洋人  焼山小唄五条館  哲學館  圖書館  錦輝館  錦輝館前  隆文館  門女学館  トゥヰンビー館  西洋館  賢館  館泡立ツ黒ト緑金ト  清遊館  常設館  居留館  六番館  水明館  蒲田水明館  清修館  国技館  寶物館  見世物館  有楽館  桂井館  一三笠館  祇園有楽館  君一人館  三館共通  対明館  支那茶館  アメリカ映画館  賢徳館  ニュース映画館  すべて大菩薩峠紀念館  紀念館  パノラマ館  紅葉館  瑞穂館  蘭館  貸席錦輝館  玉の井館ッ  落雲館中学  白堊館  赤色館  司祭館  館発行  五番館  物品陳列館  水晶館  紫明館  館時代  春陽堂博文館ともども  博文館編輯局  折博文館  博文館使用人  過般博文館  後博文館  国技館前  幸楽館  電気科学館  弘道館  右衛門太夫宗仲の館  演藝館  国宝館  南洋館  陳列館  尚徳館  美館  掛つた美保館  養老館  郷土館  集産館  愛聖館  城館  客館  日五山館詩集  日本一薬館  館といつたの  竹裏館  弘道館述義  駅館  英男国技館行  マリア館  作楽館  岩目館  帝国館  常盤館  一館  メトロポリタン美物館  牛込区馬場下町東光館  万象館  商務印書館  茶館  礼館  館中  学館  學館  タヴィストック館  館門  北海館  活動常設電気館  映画常設館ピカデリー  綱浦館  つて綱浦館  万歳館  活動館街  戦利品記念館  満蒙資源館  湯本館  養気館  館陶  館原  濤竜館  国史館  キネマ館  潮光園對鴎館  読書館  日本館  開気館  天文館  ニュース館  科學圖書館  映画常設館  平泉館師忠  蔦竜館  蔦龍館  異人館  春光館  武蔵野映画館  金龍館  館様これ  ぴんたるお館  昨夜館  館様  館附近  館以外  頃館  隣保館  新劇常設館  木馬館  福島県南会津郡館岩村森戸  花館  片目南会津郡館岩村森戸  ころ博文館  〇〇五館  二六五館  三八四館計  六五四館  電気館  一番初め錦輝館  電気館あたり  過日帝国館  神館  民藝館  國圖書館  北陽館  神明館  時神明館  聖館  書館通  優秀映画館  つて碧蹄館  下宿西城館  シェイクスピア記念館  記念館  絵画館  族館  群馬県谷川温泉金盛館  スーフロウ館  孤館  黒死館  黒死館殺人事件一つ  館柳灣  オペラ館  舊オペラ館踊子  有一館時代  有一館  有一館  館生  博文館上版  鶏鳴館  昭和二年秋博文館  仙遊館  台湾館  えな台湾館  演芸館  牧師館  下宿豊明館  活動常設館  共栄館  梅園館  大橋写真館  盛館  神宮館発行  金竜館  海風館  造士館  近く姉妹館  昭和館  表慶館  青林館  日本青年館  館支店宿泊  いつか教文館  行つて異人館  要館  館宇兵衛  ラックノー館  ヒマイラヤ館  ラクノー館  野口記念館  他日野口記念館  黒田記念館  司教館  館作り  此御館  水橋郷土資料館  女学館  旗館  東華菜館  進駐軍専用映画館  鶴館  紅葉館前  竹柴館  竹柴館以来  弘成館  楽友館  植原館  朝鮮館  雄風館書房  レビュー館  豊平館  浦野館村一帯  浦野館村  浦野館  普通館  肖像館  工芸館  映画館前  写真館  水天宮館  榮館  清輝館  石造七階館  修道館  荘館  ニース突堤遊楽館  遊楽館  毎日圖書館  圖書館通  賭博館  喫茶館  自然科学館  某館  横浜紅毛館洋妾  それ航空館  昆虫館  商務館  国商務館  登館  登館八時半  館三時半  切つて登館  ぜん日本館  頃館山寺  宿館  館あと  高館  館次郎  遊就館  伯林圖書館  精盛薬館  仏像陳列館  館舎  館舎内  子等之館  つまり子等之館  大正二年大阪府立圖書館  圖書館協會大會講演  四庫館式  四庫館  一大圖書館  小田原養生館  小田原養生館滞在  避暑館  奇人館  主館  鴎洲館  大便館  ラジウム研究所キュリー館  迎春館  アッシュル館  いや館  滿浦館  野館  教文館  海水館  芝浜館  隣館  ローヤル館  美術協会陳列館  商品陳列館  竹葉館  民芸館  全部民芸館  倉敷民芸館  富士館  亭館  館造  クラブ館  白堊館最初  館づくり  聟館  祇園館  声館  徽典館  うち徽典館  館さま  興武館  ホテル館  いつか時計館  時計館  ロッテナム美人館  ロッテナム美人術館  ロッテナム美人館以来  敗北紅葉館  劇場祇園館  博文館発行  玉造文武館  下館  文武館  文武諸館  神勢館  千章館  浅田写真館  何写真館  本所区菊川町二十三番地大内写真館  角何とか内写真館  竹内写真館  憲法紀念館  館じゅう  公卿館  居留地十四番館  はじめ男女合同学生演劇済美館  自由圖書館  その後活動写真武蔵野館  集成館  集成館そのもの  参考館  爬虫館  爬虫館附近  爬虫館前  偶然館外  デムート館  練兵館  同文館  芸館  芸館借入れ  高砂館  荒たる館  館一切  館宗氏  仮館  明倫館  練兵館襲撃  四十八館  藩学崇教館  ルウロップ館あたり  ルウロップ館  國立圖書館  とき圖書館  明後日表慶館  明教館  明教館以外  修史館  まま明教館  国防館  今日国防館  八方館  愛進館  女西洋館前  空館  西洋館漫歩  西洋館めかしく  昨秋表慶館  半月館弓野屋  書肆博文館  栄進館  和蘭館  おなじ館  一夜紫明館  館義氏  映画館その他  料理屋常盤館  商人館  異人館奉公  牛込館  豊玉館  谷町館  二何とか館  郁文館中学  小川写真館  石造館十三階  猟館  医学館  五二館  天文館通り  望館  田代館  タイワン館  哲学館時代  双葉館方  パノラマ館裏手  箱館  映画館等  此旅館  商工奨励館  博文館發行  上野寫眞館  日圖書館  異人館附近  二十六番館  壽館  びのかゞやける館  漫才館  館造り  在館  日彰館中学校  日彰館中学  日彰館  控へた館  先づ高館  づ高館  頃オペラ館  此紅葉館  金八館  上平館  異人館ホテル  鵜原館  帝國圖書館  大橋圖書館  圖書館食堂  圖書館通ひで  蘭館甲比丹たち  館附醫員  直接蘭館  箱館出兵  種痘館  長崎共益館書店主  精得館  箱館開港  箱館奉行  箱館奉行經由  出島蘭館  静心館  仏国巴里ラセニイル街二十九番館ポール  ラセニール街二十九番館  二十九番館  使館  産業奨励館  慈愛館  矢張り活動館  結局映画館  常設映画館  毎日館  何とか館  テート画館  文明館  一坪館  一坪館開店  府下芝区三田慶応義塾邸内演説館  淀競馬場一等館入口  ムサシノ館  大阪圖書館  一大阪館  劇場兼映画館  夜映画館  画館  一昨夜上平館  ひとり上平館  一昨日異人館  妹脊山館  朝応用美術品陳列館  芝浦館  当分慈愛館  青年館  只今慈愛館  金城館  希望館  希望館同宿人  其旅館  文書館  酔桃館蔵沢  彰考館  水戸弘道館  此函館  浜の館  館邸  擬造西洋館  平泉館  唐館蘇州庵  唐館  破れ唐館  蘭館出入り  本郷館  平和記念館  書籍館  玉茗館  先ごろ哲学館館外員  哲学館拡張  館外員諸君  館外員講義相  福馬館  異人館出入り  築地異人館  哲学館大学  大納言殿御館  賜春館  速成学館  日本授産館  興業館  庁館  江刺郡豊田館  愛宕館  天保館  ひとり天保館  ゅうごしらえのそまつな西洋館  北海道箱館  柴明館  四十八館槍先  我館  建久館  海軍参考館  トーキー常設館  館花やか  初め博文館  館外  三原館  保養館  生物館  映画館さ  江崎写真館  館かしこ  大東館  紅葉館創立以来  中島写真館  あっぱれ紅葉館  昔博文館  館外帯出者  電気写真館  四ツ橋電気科学館  古物館ト云フモノハ一宇モ  古物ノミニテモ一館  泰西ニテ必ズ日本古物館  寶來館  昨日圖書館  一新館  橘館  金竜館出演時代  弥生館  博文館関係  明道館  松林館  大勝館あたり  哲学館  従来哲学館館外員  哲学館設立  長生館  高等演芸館  牛込高等演芸館  金春館  郁文館  餘興館  館駅街  富山館  日進館  世界館  翌年あたり松山館  松山館  行つた館  赤坂帝国館  葵館  平和館  飛行館  今回高風館  館風  花園館  湯ヶ島湯本館  伊豆土肥温泉土肥館  三十五館  七十館  博文館時代  石名館  陣館  館址  三友館  館花浪路  一相互館  兵館組  兵館  偏奇館  偏奇館西南  燈下偏奇館漫録  偏奇館書斎  夜偏奇館漫録  偏奇館漫録  偏奇館斜陽甚  偏奇館画譜  三越四階西館  モダン写真館  日霊宝館  霊宝館  弘養館  翌日白馬館  養生館  初めシネマ館  國技館  黒死館殺人事件  夏錦輝館  白亜館官房  姫館妖怪  室内運動館  ヘクザ館  翌朝館  西洋館ぢ  東明館前  丸の内演芸館  済寧館  前教文館  万国館  呉松路通インタナショナル理髪館  館林様  西洋館みたい  金龍館公演  館十何軒  大勝館  金龍館笑  青山青年館  浅草大勝館公演  玉峰館  東都医学館  新宿松竹館  湯河原翠明館  博文館創業当初  珈琲館  なに珈琲館  ロイドレ街二十三番館  二十三番館  千早館  煉瓦館  臓腑館  迷路館  荒木家蛍雪館  蛍雪館  曷蘇館  太陽館  アプスレイ館  常設館ニュウ・ギャラリイ  ホワイト・ホウル四番館  チャアルス街空中館  空中館  市内空中館間  貸間館  館表  待合曰く何館何ホテル曰く妾宅別荘  物産陳列館  桜館  三楽館  新宿西武館  西武館  西洋館造り  室館  軒林館開業コバルト山地旱害地帯  林館開業数寄  白晝商館  有信館  書館  原子爆弾記念館  曙館  プラネタリゥム館  参考品陳列館  造士館高等学校  上野国大館二千石  國民圖書館  館趾  修館  和英宝文館  芝写真館  松月館主人  松月館  無類絶妙英國役館圖  骸骨館  骸骨館探検  はじめ骸骨館準備委員  骸骨館係  漫画常設館  熊野写真館  海軍館  北海道館  弊館ニ  藍川館  田舎館  倉敷民藝館  日本民藝館  チャリネ館  角チャリネ館  玉の井館  野口館小菅館  史蹟開成館  昔聖マリア館  陽春館  イエス書館  優美館裏あたり  活動写真十三館  酒樓旅館  近江源氏先陣館  スケート館  仏教女子青年館  七一館  昔館  博文館以外  舟車客館其総べて  いま東朝館  館丁  四月博文館  雑誌記念館  館界  館友  館友自体  我館界  林長館  午後箱館  宗教上神館  斎館  キャバレエ十番館  十番館  十番館以外  昨夜十番館  トラジャン館址  文字通り館  保命館  級友大方臨溪館  皇学館  級友大方臨渓館  陽明館  試衛館派数名  牛込柳町天然理心流道場試衛館  試衛館  試衛館一派  試衛館何天王  試衛館以来  試衛館独裁下  芝園館  交親館  教師館  進館教習  やまと館  大和館  三館共通十銭也  野々宮写真館  昆虫館主人  館同志  父上昆虫館  碩学昆虫館主人  本来神秘昆虫館  昆虫館住民一斉  昆虫館住民一人  昆虫館土着  昆虫館館主  昆虫館住民  昆虫館閉鎖  館民  父親昆虫館館主  昆虫館再興  神秘昆虫館  貴賓館  五丈館氏  宝物館  野口英世記念館  遺品館  甚別館  鑛泉松葉館  本郷區臺町福榮館鈴木三重吉  本郷區臺町二十七番地鳳明館中川芳太郎  温泉旅館松川館  赤坂帝國館  江崎寫眞館  東京芝区三田二丁目慶応義塾邸内演説館  白石館  



前後の言葉をピックアップ
建てん    建て  発て    殺陣  絶て  たて  立てれ  立てん


動詞をランダムでピックアップ
けむにまかうりこむ上り詰めきりこん深まろ折り曲げる組敷き誦せ申し上げよかじらのりかえる怖気立つ寄りすがる朽ち吐け死ぬたいらげる熨さ招こにじりより
形容詞をランダムでピックアップ
歯がゆくっうきこわうありがたき思わしくうれしからくちく侘しくおびただしかっわずらわしかっ心許なし貧しくっ憎にくしかっおろかし有難から気強いこちた相応しかっ悪かっ気疎