「詠ま」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 詠ま[動詞]
歌に詠ま  数へるほど詠ま  十三年頃詠ま  想像しながら詠ま  下に詠ま  歌なんか詠ま  歌を詠ま  連歌に詠ま  中に詠ま  歌一首を詠ま  森羅万象がことごとく詠ま  効果を持つて詠ま  づり花させりけるを詠ま  夕煙を見て、詠ま  法皇が詠ま  何も詠ま  俳人に詠ま  歌も時には詠ま  旅に詠ま  それを詠ま  私だけ詠ま  ぬき川と詠ま  物事を詠ま  古今調を以て詠ま  ままには詠ま  歌たけ高く詠ま  やうに詠ま  吾人歌を詠ま  俚謡に詠ま  歌をお詠ま  人々によって詠ま  歌は詠ま  歌より詠ま  歌も詠ま  腰折れすらも得詠ま  ことは詠ま  方の詠ま  ひだに詠ま  生活が詠ま  方和歌に詠ま  歌人が、詠ま  けりなどと詠ま  歌にも詠ま  糞を詠ま  歌などに詠ま  自分の詠ま  歌が最も多く詠ま  為事が、はっきり詠ま  歌枕に詠ま  長歌は詠ま  ことが詠ま  わず歌も詠ま  哀歌詩人に依つて詠ま  意匠を詠ま  様を詠ま  風に詠ま  由尋常に詠ま  二度は善けれど、たびたび詠ま  これを詠ま  此意匠を詠ま  樣を詠ま  万葉に詠ま  それの詠ま  



前後の言葉をピックアップ
ヨボヨボ  よぼよぼ  讀ま  よま  読ま  ヨマイ  世迷い言  世迷言  夜祭  夜回り


動詞をランダムでピックアップ
掘り出せりゃ已めよさわっ払込まほほ笑みかけよ払える逞しゅうし冷めみちびこ拒ん病みつこりゃ劃せ集まれる打ち明け行かそ使いこなせ笑むなだめつれこま
形容詞をランダムでピックアップ
遠いよろこばしく煩わしいおくゆかしいなにごころなく照れ臭くろく自慢たらしいけばけばし手早いきみわる薄気味悪う清い瑞瑞しい多から硬かっ物凄くっうまかっ恋しき