「おし」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ おし[動詞]
ふところにおし  菜漬もおし  静におし  判でおし  眉をひそむれば、おし  玉琴泣き入るを、おし  外へおし  あみどをおし  花見もおし  ようにおし  戸をおし  赤いぼたんをおし  通過をおし  棒をおし  先がぶるぶる震えどおし  彼をおし  幸福をおし  あなたを、おし  返辞をおし  綱をおし  ボタンをおし  秘密ボタンをおし  釦をおし  ゴム判をおし  念をおし  スイッチをおし  上におし  間してゐたがおし  ところをおし  私もおし  うっかりすると、借りたおし  あしたにおし  前で、いくど、おし  指をおし  ゴム印がおし  あれをおし  乳母車をおし  手をおし  唇をおし  政策的方向におし  静かにおし  駄目をおし  力におし  腹をおし  銑さんのおし  衿をおし  行ひをおし  検定極印をおし  扉をおし  腰をおし  不仕合せにおし  急所をおし  ちゃんと散歩をおし  ものをおし  窓をおし  急におし  痛恨をおし  これでおし  何時までたつてもおし  仕事をおし  一瞬間でおし  レコーダアをおし  義直卿は、おし  これもおし  挨拶をおし  出入をおし  手をとり、おし  のにおじ  前面におし  駕籠をおし  我慢をおし  筆不精をおし  大底におし  廢めにおし  何をおし  船をおし  封建制におし  居酒屋におし  爬行的におし  手配りをおし  民主化をおし  うに書きとおし  枝をおし  風景をおし  葎をおし  肩をおし  闇におし  認めをおし  権兵衛をおし  めくら判をおし  場で直おし  結婚をおし  謙遜ないしは聞きおじ  から後におし  拇印をおし  自由をおし  かぎをおし  車をおし  提燈におし  もっと前におし  努力をおし  そこにおし  物におじ  天命におし  ベルをおし  勝手におし  車夫さん大概におし  主客融合境地をおし  あてで悪おし  弓張をおし  木戸をおし  直様返事をおし  締りをおし  お昼のおし  スヰツチをおし  それをおし  呼鈴をおし  人物におじ  銀座通りなどをおし  息子におし  支那人を射たおし  後をおし  夕飯のおし  今年もおし  人をおし  無理におし  自我をおし  モータア・ロオリーがおし  極印をおし  棹でおし  突破しなければならぬとおし  山上をおし  仕事もおし  事をおし  何にでもおし  出入口におし  手でおし  赤旗をおし  升さん、どうおし  潮来へおじ  大切におし  ばたばた言わせながらおし  前へおし  中をおし  二斤におし  ドアをおし  惣太はおし  だめよ、おじ  扉口から群集を眺めていて、もうこのおじ  租界をおし  印をおし  話をおし  上でおし  材木をおし  間におし  幕をおし  一掴み無造作に取っておし  名号をおし  女はおし  版行におし  何だね、早くおし  もう少ししっかりおし  大事におし  いざこざをおし  方でおし  咽喉を湿おし  そばのおし  酢やおし  盲人蛇におじ  女を押したおし  釦を軽くおし  丁寧に拾い上げておし  両翼をおしひろげてはおし  七兵衛が取り上げておし  躯をおし  憂悶をおし  先きにおし  にわかにおし  顔をおし  シールがぽんとおし  しき声にもおじ  紙幣束をおし  なに頼みなんぞおし  煙草をおし  水へおし  権幕におじ  内のおし  禁中のおし  朝廷にそのおし  土塊をおし  勉強をおし  辛抱をおし  沖合へおし  何ごとにもおじ  遺書の、おし  真中へおし  朱印がおし  用心をおし  ノートをおし  お天気は好いが、早くおし  体をおし  ことをおし  博士はねんをおし  木をおし  都入りのおし  カーテンをおし  好い加減におし  声におし  お辞儀をおし  薬湯をおし  うえ、おし  物をおし  からのおし  病をおし  たまには、ゆうにおし  いい加減におし  人がおし  可哀そうにおし  面でおし  葎を分けて、おじ  雨戸を閉めかけて、おじ  西脇つくし殿を、おし  舞台におし  しまつてからにおし  心をおし  放心におし  滝川問題をおし  流れにおし  はんこはおし  道筋を飽きずにおし  わたしが、しかられどおし  鍋下、おし  而して、おし  ぢならおし  苺がおし  返事すりゃ好うおし  人が恐うおし  楢夫、しっかりおし  涙をおし  義作さん可加減におし  馬鹿におし  加減におし  病躯をおし  それでおし  椀をおし  癇癪をおし  今までがんばりどおし  梅子、早くおし  局面をおし  責任だと言っておし  怒りをおし  杯をおし  どす、おす、おし  病体をおし  怠慢をおし  胸元をおし  自筆でおし  御文章でおし  奧におし  盲蛇におじ  全体をおし  はんをおし  物におし  教場におし  胸をおし  文学をおし  迷惑をおし  てん車を、おし  てん車をおし  五十銭ぎんくわを、おし  名残をおし  歯をおし  さにおし  めくら蛇におじ  馬を打ちたおし  書物をおし  蓋をおし  ことにおし  伸子をいくらかおじ  廻転扉をつよくおし  心とからだとをおし  男はおし  烙印をおし  ア、捨てるなり、どうなりおし  丸裸でおし  火の用心をおし  汽車をおし  酒をおし  ポケツトにおし  あした真似をおし  しずかにおし  雨戸をおし  病気をおし  方向におし  御苦労さん、えろおし  気持悪るおし  スゼットでおし  此処らでおし  一つをおし  顏をおし  艪をおし  戦争もおし  水をおし  盃をおし  奉書をおし  上体をおし  一日だけおし  底におし  尻をおし  瞼をおし  草をおし  微笑をおし  暮れにおし  横から夜を薙ぎたおし  甚助におし  板戸をおし  鶴を眺めていたが、やがておし  それにもおじ  激情をおし  カフエーをおし  銅像をおし  十分念をおし  どん底におし  から臼につき、おし  湯殿におし  結論をおし  感情をおし  中へおし  津軽平野もおし  ここでおし  めぐみをありがたくおし  ごらんになるとおし  玉をおし  さんでおし  一晩位犠牲におし  樽をおし  旗をおし  村もおし  歌をおし  ため爪バンをおし、おし  だめをおし  舵をおし  ていねいにおじ  門をおし  者がおじ  北の方へおし  男まで拾おうとして、おし  布を湿おし  いをおし  変におし  力まかせにおし  顔におし  薄情におし  びついたとってを、どんとおし  ほんとなら、どうおし  雑作におし  あすこにおし  高欄におし  いすはぐいぐいとおし  びらをおし  なにかに、どすんと力いっぱいおし  暗礁におし  方へおし  海から、力強く、ぐっとおし  みんなは、おし  なぎさにおし  生長をおし  がんばりとおし  見物をおし  粂殿こうおし  頭をおし  満艦飾をおし  まま土塊をおし  判をおし  館におし  判が並べておし  世の中におし  一ぺん位におし  小胆をおし  いいかげんにおし  自分におし  ステージにおし  テーブルにおし  晩のおし  んだから、早くおし  バカにおし  ところもおじ  本がおし  やけに急いでおし  暮れもおし  どこへおじ  船頭さん、おし  おつけがどうの、おし  苦悶をおし  歪みたるをおし  精神をおし  たか、おし  宿を出て、おし  うちに、おし  小平太はおし  まま、おし  ことを言われて、おし  何よりもおし  上は、もうおし  のも、考えてみれば、やっぱりおし  不意におし  んだり、おし  時熱をおし  青楼におし  世間へおし  安物ばかり食わせどおし  意なるをおし  太鼓判をおし  活字でおし  上をおし  興奮をおし  ものを見ようとおし  一つを指さきでおし  先へおし  以前から、おし  懸命に、おし  人ッ子一人居やしない、よ、そうおし  金を借りたおし  指でおし  女を射ちたおし  面を著けておし  風におし  親孝行をおし  川をおし  一体どおし  行き方をおし  母さんとこにおじ  明日朝早くにおし  盲ヘビにおじ  まねをする、しっかりおし  これにおし  自分もおし  人におし  之をおし  彼れをおし  ゴム印をおし  願掛けなぞをおし  お前さん、しっかりおし  お父さん、しっかりおし  書類箱を押したおし  包みをおし  おかあさんはとてもひどくおし  ところでおし  山川におし  それもおし  反対をおし  ジヤーナリストもおし  おら、おじ  屏風をおし  御馳走をおし  牌をおし  下におし  操縦釦をおし  もう一度ねんをおし  爪印をおし  

形容詞

~ おし[形容詞]
女房おし  白状おし  こうおし  名残りおし  しっかりおし  早くおし  ばんおし  ねんねおし  一番おし  つておし  シッカリおし  我慢おし  尻おし  手おし  辛抱おし  安心おし  用心おし  さおし  棒おし  いちばんおし  そろそろおし  そうおし  ハキハキおし  へんおし  うにおし  堪忍おし  がまんおし  結局おし  黒くおし  いよいよおし  どうにかおし  ええおし  好くおし  明後日おし  ついでにおし  もう一度おし  倒おし  もうおし  枝おし  確りおし  どうもおし  ちょうどおし  ことおし  才覚おし  万事おし  要求おし  なぜおし  丁度おし  モウおし  ころおし  みごとおし  娘おし  すっかりおし  いかにもおし  窓おし  残りおし  からおし  一寸おし  それおし  愛おし  一々おし  唯おし  厭おし  養生おし  

~ おし[形容詞]
名はおし  三つばかりおし  昨夜もおし  女中のおし  最初におし  つけをおし  ものがおし  植物ではおし  柱頭はおし  吉ちやんがおし  母のおし  松助のおし  神さんやおし  

おし[形容詞]
おしそう  おしまひ  おしついで  おしポンプ  おし読め出すと内  おし蕎麦  おしつむれば電子  おし静まっているの  おし田  おし問答  おしなつ  おしなん  おしょさんがこんなことをいった  おしの  おし蹴倒  おし分けられて背  おしかさん  おしべの子  おしべが中軸  おしべはと見るとどこ  おしべの残骸  おしべの束  おしべは虻  おしゃらくな  おしさ  おしころ  おしょいこみになったのでございますか  おしゃべりもうやめろ  おしもの  おし退けられてしま  

名詞

おし[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
おしやべりが急にこの頃分かり  おしもおされもせぬ  おじかなく此の山里と詠じた  おしまとめて又海へかえしてしまった  おしあてたものと言はねばならぬ  おしへてくれる  おしに立って  おしやべりしてゐる  おしにおかれている  おしあてたままさけんだ  おしを許さず  おしをもって語られている  おし入れた上から太い縮緬のさんじやくを  おし寄せたやうに瘠せた  おしやべりいちめんのなのはないちめんのなのはないちめんのなのはないちめんのなのはないちめんのなのはないちめんのなのはないちめんのなのはないちめんのなのはなやめるはひる  おしひろげられていて  おし寄せる患者の群はまた激しく増してきた  おしになっている  おしになって  おしひろげて季候にわりあてられた  おしだからといふから  おしの安物で満足している  おしになる  おしでやってくれるかい  おしのびの方達はまだ見えぬか  おしで日本の社会と文学との将来に横たわっている  おじ気がついてしまった  おしの時はちゃんと知ってるけれど  おしもおされもせず  おしあてたのを見て  おしをしてやらうよ  おしに向って  おしやべりをする  おしやべりをしてしまひました  おしを与えた  おしでないかぎりだれにもできる  おしやまな娘美登里の住んでゐた  おしのところへ体を引こ  おしが利く  おしの利く  おし沈めてゆく  おしをつけて置く  おし寄せてくる  おし寄せるあいつに向つて戦ひを挑む  おしって云う  おし鎮めるようにしながら  おしで上下にわかれた  おしやべりは差し控へずには居られない  おしになった  おししずめて行かなければいけない  おしのごとくに見られた  おしへし  おしのび下さい  おしがついた  おしのきく  おしに見えて  おしだっていいし  おしをつきかねるからです  おしをつけて置かなければ  おじをたずねて  おしとめるように立ちはだかったが  おしをやったりした  おし寄せるのかもしれない  おじのことが分かると思う  おじが現在生きている  おじの毛利博士だと思います  おじに違いないと思う  おじの毛利博士がまだ生きている  おしに歩いて  おしに考え始めにゃならぬ  おじの本箱を持ち出す  おしに立つ  おしの上で対立して  おしをして  おしの弥次馬に成る  おしも要らず  おし寄せて阿  おしかぶせの全体主義への心臓からの抗議がここから生じると思う  おし拡げて行つてゐる  おし貫かれた  おし拡げられた  おしころしたような声で叫んだ  おしで処理しようとしているかという  おし及ぼしてきて  おしのひろいむす  おし切れそうにも思われない  おし分けてはいるので  おしきせを貰ってるよ  おじ気がついていたので  おし進められる  おし出して来た  おしに怒っている  おし出されて来たかを見る  おし通して物を言ふ  おじひにもう一度猫をうちの中につなぐ  おしに見せていてくれた  おしかりになりました  おしを売りわたして  おしにたって  おしに立っている  おしやべりをして  おしで運転している  おしに生きるには到っていない  おしをつけなけりゃ困りますからね  おしやべりな女になりました  おしのむす  おしをつづけました  おしでいなければなりません  おしちぎられでもするかと思うほど  おしもに行きたくなった  おしちぎられでもするかと思ふほど  おしやべりな親方が大部分其処の空気を和らげてゐると  おしやべりをしてゐる  おしの家へどうとかしたとか  おしやべりしたりする  おし付けてゐる  おしやべりをはじめたので  おしやべりがしたい  おしやべりがばれはせぬかといふ  おしやべりをし  おしが利いた  おしやべりをさせていただきませうか  おしきせを飲んでる  おしやつていふので  おしがあるならば  おし潰して全滅させるという  おしのいい夏座敷へ通すと  おしになってうなっている  おしで居られるであろう  おしになぶられる  おしおくられてゆく  おしである日々の生活が安らかになるばかりでなく  おしが治って  おしの小むす  おじの所へ行く  おし寄せて来るので  おし寄せる波のやうなものに乗  おしひしゃがれ  おししずめている  おしやべりに夢中で裏手の往來を行く  おしやべりにならない  おしやべりには閉口したけれど  おしかぶせるようにいって  おしがつかない  おしによく志賀や葛西善蔵の小説を引っぱり出して読む  おし流すことも考えた  おし寄せてゐるかの  おしのとお民の両名のほかには誰に会った  おしもついて来た  おし寄せて来る  おしひろげられ  おしも利かない  おし寄せて来た  おし戴いて見せた  おしこくって持って来た  おしも圧されもせぬ  おしに頽れた  おし拡げて行く  おし流れて来る  おし流され  オシで正真正銘マチガイなしの出来損いだ  オシの下男がいて  オシが喋る  オシの大騒音が起った  オシを見破ったと語った  オシのツンボがメクラに語る  オシをニセモノと見破った  おしあひへし  おし詰められれば逃げきれる  おしやべりを聞いていたが  おしに立っての  おしのない位置におかれた  おじの武衡を語らって  おしにつかって  おしやべりをしたり  おしで送らにゃならぬ  おしのびでおまいりに来た  おじとおばと二人きりで佗住いをしている  おしに立っていて  おし寄せて来て  おしされて  おしのよい一殿のすだれを捲かせて  おしのび給わって  おしやうがつ  おしで死んだ  おしかぶせて見下ろす  おしやべりをしてゐた  おしやべりがいつたの  おしあはせ  おしが与えられなければなるまいと思う  おしのマルタという娘がありました  おしだって何にもいりはしませんよ  おしやべりをしてゐると助かる  おしやべりをつづけた  おしにして来ました  おじの内へ往って留めて貰うより  おじに二階へ追い上げられる  おじの年賀に呼ばれて行った  おしかかつて来る  おし潰された  おしも立てて  おじの通って来た  おしやべりする  おし入れてある  おしかたづけてしまった  おじとは思わん  おしとにかかずらっている  おしもない郵便物の山につっこまれている  おしも立たん  おしを高ならせたであろう  おしすすむほかに仕方がなくなりました  おしをしなければなるまい  おし進めたとも見られないではありません  おしの強いのに驚き  おしを置いて  オシノといって  おしの強いどうにもならない  おし当てて再びうとうとと眠りき  おしのつよい女が出来ますから  おしに重みがかかる  おしべが釣り針のように彎曲して  おじからきいた  おしになげだされてしまった  おしにたおれました  おし出して居る  おしやべりしてつてい  おしの右門とでもいった  おしでもない者に物がいえますねも  おしに浮上らせている  おしとねにつかれようとした  おしでも口をあけさせないではおかぬによって  おしかぶせるようにいいつづけました  おしのびでの通りすがりと見られましたが  おしたくしておいておく  おしのごとくおし黙りながら  おしのように黙り込んだ  おしかり恐れ入りました  おしかりなくお察しくだされませ  おしならべるかも知れなかつた  おじの仕業だということが分かりましたか  おしが何はおいても  おしで二昼夜くらいであげてしまう  おし拡げて使うたまで  おしにぐっすり眠った  おしがきかない  おしの人を亭主に持った  おしの人の二親のいる  おし早くおしとせきたてて居る  おしだったかもしれない  おしやべりをしたかなあ  おしをつけはしたが  おしやくをしようと申しますと  おしやべりしてんの  おしやべりをお聞きくださいませ  おしやもじを出し  おしやべりで堪へ  おしに坐って  おしとを示しながら  おしのばれになった  おし包んでしまった  おしかぶせて言った  おじらしになる  おしといふ語がある  おしといふ語はをしとも  おしといふ様な形容詞はないといふ人があるかも知れぬ  おしについては古事記伝にこれらのおしを大の意にといてある  おしといふことあるまじく  おしのある  おしをもつ  おしはつけ  おしが与えられている  おしを強制する  おじをする  オジ気づいたと見る  おしきせで食べる  おしを抱いていた  おしおはもう  おしおもさすがに言い返した  おしおも心から嬉しそうににっこりした  おしおも吃驚して  おしを失って  おしで恋愛論がおこったともいえない  おしゆんさんと云ふ  おしやべり達の帰るまで待つてゐた  おしやぶりも一つ落ちてゐる  おしの語根おばかりを用ゐて居る  おしとよませて居る  おしやますの吸物といえば  おしやます鍋見参ということにし給え  おしとにおき直す  おし立てて迎えてくれた  おしやべりを続けながら  おしの坂があった  おしをのぼり切ると  おしの崖上に白梅園というところがあったり  おしの崖の上に一軒の家があって  おし寄せてゐた  おしまげられず  おしやべり借りた  おしほどいて  おしやべりよりももつと  おしやべりをしませんから  おしやべりをいたしません  おしやべりを始めだしますと  おしやべりがあんまり旦那さまの方へ筒ぬけにならない  おしやべりをしました  おしやべりした  おじといい  おしあひ  おしきせをきた  おしをもって  おしもなくなってしまって  おしの感じに通じていて  おしのきいていた  おしとねを設ける  おしのけむとする  おしやべりかといへば  おし進めることになり  おしのいい  おしに村長をしてみて  おしのびの旅をなされていられる  おしのどんという縮れっ  おしのどんなんかつとに寝ていた  おしのどんが厠へ起きてきた  おしのどんにもやさしい口を利く  おしのどんを指図して  おしのどんとてようやく床をでたばかりの  おしのどんはいった  おしのどんもお嫁に行ってしまっていなかったし  おしを飲み干すと  おしを今度はひと息に飲んでしまい  おしで横断し  おしで描写される  おし拡げることの出来る  おし静めつつ足早に甲板に上れば  おしのそう的はずれでないことを感じた  おじをしない  おし寄せて來るやうに冷え込んで  おしやれておいで  おしがついて  おしとめるようにして  おしに跌いている  おしだとおもうと  おしあてて泣き出した  おし止めるような恰好をして  おしやべりしていらした  おしのびで見に来られた  おしが心をひきつけるので  おしで洞察し  おしきせの酒をちびりちびりとやる  おしよしく  おしの男のように思う  おしの哀れな男でも無いつもりでいる  おしを欲する  おしもなくなった  おしで扱われている  おしとその社会的なよりどころを見失った  おしを失った  おしやべりしてあるきました  おしのできる  おし入ってみると  おしやべりを交した  おし流された  おしで見ると  おしやべりはもう及びもつかない  おし隠すようにして  おしもに靴の紐を結ばせながら  おしもを引き寄せ  おしもがうしろ向きになって笑いこけると  おしもの臀のあたりをステッキで突っついた  おしもが唐沢氏の寵をうけていたという  おしもの立居を見のがさじと追うている  おしもの体を離れようとはせず  おしもの体へ視線がいくと  おしもは畏まって  おしもの体を離れない  おしもは多分に神経の間のびた  おしもの顔は年中お祭を見ている  おしもは呆んやりだからね  おしもの顔がいかにも子供子供していて  おしもを供につれて出かける  おしもの肩に掛けさせ  おしもをつれて  おしもを子供扱いにしているので  おしもに四十年増の手練手管を見た  おしもがニコニコした  おしもが下ると  おしもへはわたくしが云いつけましたの  おしもの存在を必要なものに考える  おしもの存在が許される  おしもへ向っていく  おしもを視ている  おしもを残しては  おしもをわざわざ奥の居間へ呼ぶ  おしもを見ていると  おしもが勤める  おしもを見ては  おしもの存在と離れ  おしもを呼んで  おしもを見る  おしもを興味深く眺めてきたとも思われる  おしもを揶揄っている  おしもに必要な牌を唐沢氏が心して投げてやっている  おしもは二度も上っている  おしもは大仰さに手を振って  おしもへ挑みかける  おしもの手がのびて  おしもの縁談が急に捗ってきた  おしものことが心にかかって  おしもを嫁がせたい  おしもを娶ってくれるなら  おしもへはあれほど深い関りをもっている  おしもを手離す  おしもを呼んだ  おしもが決めてくれないでは  おしもの希望通りに話を運んでやりたい  おしもは同じことをくりかえして困ったらしく  おしもは眼を伏せた  おしもが独りで決めて構わない  おしもが不憫だというよりは  おしもの方から安藤のもとへ嫁がせてくれる  おしもの望みとして頼まれれば  おしもをつれては  おしもの肩へかけさせて見とれている  おしもを穢してしまった  おしもを世話している  おしもは嬉しさからすっかり上気てしまって  おしもが更めて主人夫婦のもとへ挨拶に出た  おしもも手をついて  おしのあなたの御立派な名を守っていなければならない  おしになっていたので  おしのきかない  おしをもっている  おしの月はなかったと思います  おしにはたえないのよ  おしから来る  おしはもたない  おしでとらえてゆこうとする  おしの窓一ぱいに照っており  おしをかけいる  おしたいしている  おしなだめるようにいった  おしで見える  おじとをとりまいて  おしさえつけば  おしも立たなかった  おしに廊下につきだされてしまった  おしとも違ふ  おしがみなる  おしがみと言ふ  おしほみ  おしはのみこのやつこみ  おしに即して  おしに立たなければならない  おしはあるものの  おし寄せてきた  おし測られる  おしやべりを始めようともしない  おし潰してしまう  おし縮められた  おし寄せて来るのに  おしためて罠をつくり  おし並べられ  おし当てていた  おしで三人はこれまで来た  おしやべりなどする  おしのさんと三人夕方から出かけた  おしのさんがその女の人に聞いた  

~ おし[名詞]1
頬白のおしや  それにおし  神におし  浦へおし  指がおしへて  見とおしに  雀のおしや  雀らのおしや  話をおし  事をおし  妻君群がおしや  民主主義社会への見とおしに  目におし  苦戦をするであろうという見とおし  総体の見とおしを  未来への見とおしを  いくらかはおしの  雪におし  水中におし  中におし  一度におし  ひばりのおしや  翌日がしよおじ  横だおしに  薬をつかっておし  馬鹿におし  見かけだおしの  交渉決裂の見とおしで  戦争の見とおしに  押ッとおしで  ことをおし  京都よりおしの  鼻におし  見とおしで  豹一はおじ  何をおし  橋渡をおしじゃあ  嫁入をおしの  聲をおし  声をおし  処をおしも  顔におし  ばかにおし  無用のおしや  余計のおしや  成長し得るという見とおしを  からくりも見とおし  浜でおし  ことはおし  前の見とおしの  中でも見とおしが  煙が見とおしの  胸におし  気分一掃吾ながら驚くべきおしや  だいたいの見とおしを  後からおし  ようにおしって  気におし  声でおし  二間ぶっとおしで  胸をもたせかけたりしておし  つてもおしや  勘ちがいをおし  私はおし  お爺さんとおしや  雨露のおしの  二階へおし  われにおしへ  なつておし  一日中泣きどおしの  屋根なおしに  風とおしだって  財政の見とおしを  定期でおじを  其様なに心配をおし  ビール壜たおしを  月人隊がおし  ぼくのおじの  一日野原を歩きどおしに  新規蒔なおしに  鬨の声を挙げておし  お金でおし  歴史的見とおしの  日毎におし  社会的見とおしで  考えがおし  一合のおし  子供におしへ  奥底へおし  娘におし  相手におしや  顔をおし  方言でおし  夜明けを待つておし  債権者がおし  耳におし  ンまり馬鹿におし  生活への見とおしを  労働者階級の見とおしに  歴史的任務の見とおしに  火傷をおし  ことをおしと  聲でおしや  二十四時間ぶっとおしで  真似をおし  共産主義への見とおしに  細君のおじの  先へと見とおしを  世話ずきらしいおしや  森から来たおしの  どこまでもおしで  心配のしどおし  楽天家らしいおしや  不謹慎なおしや  錠前なおしの  笑つたりおしや  邪魔をおし  脅迫しどおし  ペツシヤンコにおし  ひとりでおしや  フランス語でおしや  門番のおしや  この間のおしや  ように見とおしが  勝手におしや  女はオシ  上野にはオシの  お前さんのおし  邪慳におしや  見とおしが  ことについての見とおしの  人民もおし  風とおしの  油断をおし  眼におし  ためなぶられどおしに  涼風におし  貧乏のしどおし  リーズはおし  生まれつきのおしでは  いちばん下はおしの  子どもとおしの  鉱夫を勤めているおじの  一人のおじの  ぼくのおじ  窓下までもおし  前におし  自分でおし  居酒屋へおし  切つてはおし  茂みを越しておしや  心配をおし  前者はおしや  同宿者のおしや  鸚鵡のおしや  今はおしも  素人には見とおしが  下におし  口なおしに  大海へおし  群がおし  溜息のつきどおし  足でおし  額のあせをおし  山がおし  地をむきだそうとおし  げにおし  肩でおし  そこからもおし  からだはおし  モレロがおし  ツンボでオシの  ツンボでオシが  ようなオシの  紺さんもオシの  ツンボでオシ  ツンボとオシは  ツンボとオシを  混雑のおし  ここまでおし  佐々のおしや  解決の見とおしは  向上の見とおしの  家衡がおじの  癖なおしに  狂気のしどおしで  小家におじと  交替して立ちどおしに  行列を目指しておし  何事もおし  顔でおし  前へおし  生涯借金に悩まされどおしで  殿様のおしの  上からおし  何かおしや  詮索をおし  ミツシヱルのおしや  社会的見とおしが  おまけにつんぼでおし  方へおしや  息子がおじの  二人はおじに  家におしか  生活への見とおしも  風とおしも  将棋だおしに  利害と見とおしとに  発送されるか見とおしも  ドツとおし  マリイはおし  勝利への見とおしを  窓におし  肩におし  結果へおし  旅行のしどおし  ようにおし  白山まで見とおしの  女のおしの  充分の見とおしを  老婆はオシノと  下腹におし  厚顔なおしの  村里を目がけておし  うちにおし  身体のおしに  自分がおし  皆将棋だおし  花のおしべが  車掌として乗りこんでいたおじから  雪のおし  透きとおしに  そでにおし  きんらんのおしとねが  おんふたかたがおしとね  少年はおし  辺へおしの  結句のおしの  名人はおしの  江戸灣におし  烈風の如くおし  シスコへ着くという見とおしが  ぶつとおしで  青楼へおし  説経にもおし  十二時間ぶっとおしに  約束をおしの  戦争の見とおしを  わたくしがおし  なにをおしや  わたくしのおしや  例のおし  返事をおし  ものいひおし  アノ笑顔をおし  坐りとおしに  動機を見とおし  運命に悩まされどおし  未来の見とおしとを  ことがおしの  焔でおし  火をかざしておし  意のおしといふ  これらのおしを  意なるをおしといふ  料亭へおし  地道な見とおしを  苦労をおし  そばへおし  後篇での見とおしは  社会的文学的の見とおしが  忘れものをおし  ホホホホ馬鹿におし  安心と見とおしを  歴史の見とおしに  方向や見とおしを  油屋のおし  みんな大変なおしや  間におしや  位置と見とおしとに  幟までおし  曙覧全体におし  濁水がたうたうとおし  かな雀のおしや  きりのおしや  苦痛でおし  胸をおしほど  無理にもおし  洗濯婆のおしや  それはおしや  得意のおしや  限りのおしや  なつておしや  弟をおじと  羽後のおし  金モールのおし  就職の見とおしを  発展の見とおしも  意味でのおしの  遙か迄見とおしの  様子なんかおし  咽輪をおしの  方向におし  目がねも見とおし  小柄なおしや  三期ぶっとおしに  あたしがおしや  塩梅におしの  神さんはおしの  近くのおし  寝ぼけ眼でおしの  家にはおしの  酌がせたなおしを  馬車に揺られどおしで  口答えをおし  上にもおし  いたずらにおし  見とおしの  生れつきものおじを  春木少年はおし  水がおし  大体見とおしが  跌きどおしに  顔へおし  手でおし  李王殿下がおしの  客観的な見とおしで  拒絶されるであろうという見とおしに  可能についての見とおしを  何の見とおしも  作者の見とおしで  階級的使命の見とおしに  進展の見とおしと  生活の見とおしを  ことをおしや  ひとはおし  中へおし  勝手なおしや  世なおし  舌をまいておじ  お前今夜夜伽をおしか  歴史の見とおしで  冷静におし  遠大な見とおしに  屁理窟やおしや  自らにもおし  女中のおしもに  恰好でおしもを  口へあてておしもが  眼だけがおしもの  執拗におしもの  無駄骨を折っているおしもの  ようにするおしもの  買物といえばおしもを  唐沢氏がおしもを  今十九のおしもに  それに繋がるおしもの  気力でおしもを  良人とおしもを  ニコニコ顔のおしもを  ことはおしもが  妬情からおしもの  慶太郎のおしもを  女としてのおしもを  今夜はおしもの  二度も上ったおしもへ  横からおしもの  牌をおしもの  木村康男へおしもを  木村がおしもを  夫人はおしもを  本人のおしもが  それがおしもの  ようにおしもを  夫人がおしもの  借り着したおしもは  両親に伴われたおしもが  ことが出来るという見とおしが  商売にオジ  高笑ひやおしや  窓から見とおしに  勢いでおし  一つの見とおしを  作品としておし  率直な見とおしには  ものの見とおしから  本質的見とおしは  五間ぶっとおしの  三日来王蛇に狙われどおし  石を退けて出してあげようとおし  心配をおしの  氏はおし  すきとおしで  母とおじとを  私一人がおしや  見とおしさえ  口におし  見かけだおし  宛て字するおしとも  結句のおしはのみ  発展の見とおしに  方法は見とおしの  柔軟な見とおしに  作者としての見とおしは  狐兵がおし  意味がおし  ねつからおしや  もろともにおし  そこらのおし  余計なおしや  君とおしの  

~ おし[名詞]2
如何おし  なくおし  何もかもおし  どうおし  早うおし  いくらでもおし  しっかりおし  とてつもないおし  いさましいおし  なんだかおじ  ゆっくりおし  一層おし  もうおし  とてもおし  そっとおし  どうかおじ  ぽくおし  あくまでおし  まるでおし  小さなおし  ぼやぼやおし  早くおし  いさおし  そうおし  遮二無二おし  じたばたおし  このおし  むしろおし  どうしておじ  わざわざおし  更におし  そんなおし  ないおし  いいおし  決しておし  どうかおし  そのおし  あのおし  てんからおし  早速おし  せっせとおし  このおじ  

複合名詞
おしまひ  おしおの返答  おしおい  おしずみ  暮おし  心配おし  催おし  おじぎをしたらゆるしてやるよ  おしあてたま  おしゃるしゃんとあそぼうね  おしゃるしゃんと  安心おし  おし入れ  おし道  おしげ  オシリス  おしごと  めおし  おしげツ  おしげつて  辛抱おし  催おし浩然  おし出し  しりおし  つておし  間一番おしまひ  手おしポンプ  おし返し  観念おし  おし屋  おし上つて今日  おじ君  おしあて  華族樣おし  おしあけ  残りおしげ  おじさま  おじ様  あとおし  おし乍ら  おじょっちゃん額  おじょっちゃん  おし拜む  おじょうちゃんでした  おじょうちゃんのお母さん  おじょうちゃんの  おじょうちゃんが  おじょうちゃんが前  おじょうちゃんは  おじょうちゃんだろうと  おじょうちゃんだな  おじょうちゃんと  おじょうちゃんが大声  おじょうちゃんの肩  おじょうちゃんの瞳  おじょうちゃんに  おじょうちゃんです  おじょうちゃんを  おし問答  おし入れしま  目白おし  おじょうさまでもこの島  堪忍おし  おじちゃん  何度おし  ヨオシ  おしろ  おじょうさまたちのお居間  おしらさま  おしたて  おじおばいとこ  手おし  おじょうさんをおよめさんにもらいました  間辛抱おし  手おし蕎麦  落胆おし  くよくよおし  ことおし  おし默ら  おじぎはずいぶんおかしいわね  おし込み  オシロコ屋  オシロコ  ものおじ  オシキセ  尻おし  おしゃもじ面  三杯おし  おしおし  三度おし  おしゃれではないたしなみだ  おしょさんはなんでだまって煙草  おしょさんのうちへあそびに  車おし  オシキリ  誰おし巻  おじゃんなんだい  横倒おし  お通しおし  我慢おし  おしげはぶつきら棒  云つておしげ  おしげ自身  一人おし  おし潰し  おしまひ仕方  おしまひごろ  白状おし  手おし車  おじおじ  おじ気  おしかさん  口おし  おし絵  少女おし  弦おじちゃん  おじぎをしたようなかっこうでいねむっているポコちゃん  おしゃべりのからすはすぐ  おじゃまをいたしませんからどうかつれていってください  おしょうばんにあずかりたいこと  彼奴おし  おじゃまさせていただきましてござりまするが  おじょうずにござりますので  おじ毛  ところおし  おしばい  おしゃりこうべでも  含みおし  おしゃべりあごもなかなかちょうほうなんだからね  おしゃもじのようなものや  おしゃべりしたことをかぎつけやがったんでしょうね  おしゃべりのてまえもほとほともて  目白おし羽觴  おじゃまするつもりでいておそくなりましたよ  おしくま王  心配おしなす  おとおし  病気おし  顏おし拭つて  おしゃんす事わい  おし入れ振り  オジ気  おしおと  おしおの母親  おしおのこと  ひとつおしおの許  おしおの家  おしおの姿  おしおの母  おし花  おしょさんのおやすさんの二人  おしかさん一人  おし詰め  おし宛て  少時辛棒おし  艫おし  おし立て  おしつまつた日  おじぃさんど  おし上つて  おしょうばんの形  一歩一歩おし  案内おし  後悔おし  用心おし  オシオス  オジちゃん  おしゃらばおしゃれ  お願いおし  おしょうばんの御馳走  用意おし  おし擴げたの  おし擴げよう  無理おし  白粉花おしろ  おしこめ  勢ひでおし  おしゃべりしてかまいませんし  おしあけ庭  一番おしゃれしていいわけですもの  おしゃもじ一本  ところおじちゃん  おし默  一そうおし  それおし  おしろおしろ  おしゃべりもとだえがちになった  おじゃまにあがるかもしれませんから  おしゃべりをやめてしまうおそれがあったから  勉強おし  おし入り拔身  おし假名  おし擴め  何おじ  唯おしあゆ  おし鮎  おし気  おじゃったもはんか  後おし  見かけ倒おし  



前後の言葉をピックアップ
押しださ  おし  惜し  惜しから  捺し  押しつまり  圧し  押し  押しのけよ  惜しま


動詞をランダムでピックアップ
描きだしすぎる寝返ろ取り去ろ出迎えよ立ち入いらっさしせま和みかまける募り略せる検めろ解ら刺せる刈り取るとびださ釣り出さ渇かさたしなみ
形容詞をランダムでピックアップ
柔かいきむづかし黄色くのぶとい目ばやくめざとく気強き心安かっ長し新しか弱いはかなかっ精しかっうやうやし敢ない痛ましかっ名高かっきまずきいろ