「浮き」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 浮き[動詞]
氷雲に浮き  表面へ浮き  気持ちを浮き  中に浮き  通行人を浮き  海面にぽっかりと浮き  自分のからだがふわりと浮き  しずかに浮き  巨船はだんだんと浮き  海面に浮き  顔まで浮き  顔を浮き  くつきりと浮き  きりと浮き  海原にぽつんと浮き  自然が浮き  花雨に浮き  やうに浮き  煙があがり、いったん軽く浮き  波に、浮き  独りで浮き  吉を浮き  はじめは浮き  ごと、浮き  哲学と浮き  ために浮き  あざやかに浮き  心も浮き  歴史には、浮き  宙に浮き  顔が浮き  川波に揉まれながら、浮き  死体が浮き  急に浮き  勢いで浮き  気が浮き  鮮かに浮き  液面に浮き  腹を白く浮き  空中に浮き  中からへんになま白く浮き  黄色は浮き  方法を浮き  駕から半身をのり出して、黄色く浮き  ボカリと浮き  手ずれた浮き  錘りが浮き  油が浮き  上層に浮き  横にいやらしくあぶらが浮き  輪廓を浮き  模様が浮き  ように浮き  ままで浮き  雲の上に浮き  豆があるのですぐ浮き  ものが、いっそう浮き  一パイに浮き  なかで、くっきりと浮き  死骸が浮き  心に浮き  落ち流に浮き  空間に浮き  行灯がまた浮き  自然に浮き  堅牢に浮き  葉が浮き  人馬が大きく浮き  揶揄するごとく、くっきり浮き  彼は漸く浮き  水面に浮き  ものを浮き  砂が浮き  魂を浮き  静脈のいくぶん浮き  水圧で浮き  あいだに浮き  空の中に浮き  表面に浮き  あれが浮き  ふんわりと浮き  三道楽に浮き  頬に浮き  三上は浮き  彼はやがて浮き  表に浮き  水に浮き  腹に浮き  上へ浮き  まま宙に浮き  迫力が消えかからずに、かなり浮き  一本が浮き  心を浮き  反射でほの白く浮き  色が浮き  身は浮き  艇はすーっと浮き  潜航中止、直に浮き  軟らかに浮き  それは浮き  ようね、一向浮き  姿だけが浮き  身体がフワリと浮き  まり宙に浮き  下に浮き  フロアから数インチほど浮き  きれいに浮き  襟元が白く浮き  なかに浮き  木の葉と散り浮き  藻などが浮き  葉風すゞしき庭面にかろく、浮き  野に浮き  全身一面に浮き  屋根だけは相変らず浮き  物影があって、しきりに浮き  鯖は浮き  ものが浮き  表情が浮き  歯が浮き  水の上に浮き  彫刻を明るく浮き  木目を浮き  急に軽く浮き  泡などが浮き  模様を浮き  羽根が浮き  魚が浮き  人寄せ芝居の浮き  六ヵ月目に浮き  金色に浮き  狂犬が浮き  輪廓が浮き  夜空に浮き  文字が浮き  海面へ浮き  方で浮き  身体は一度沈んだが、再び浮き  海老蔵だけが浮き  丘をあかあかと浮き  面上に浮き  表現に浮き  誇りが浮き  姿が、浮き  中に覆されて、たちまち浮き  明るみが浮き  針を運ばせながら、浮き  陥没して、まだ浮き  男女があったが、どうしても浮き  水面を浮き  蟇口自身がひとりでに浮き  一本ずつ織りこんで浮き  ごと泡が浮き  處に浮き  さが浮き  中に、浮き  横顔を浮き  片鱗を浮き  寝台を浮き  上りたる時上に浮き  脂が溶けて浮き  西洋菓子に焼くと誠に浮き  沖に浮き  江戸川に浮き  ものかと、浮き  人影が黒く浮き  鮹も浮き  宙へ浮き  ようでもあるし、浮き  世界に浮き  涙が浮き  市財政から三百十万円が浮き  外光に浮き  更らに浮き  ますますさえて気味悪いまでに美しく浮き  姿が美しく、浮き  瑞玉盞に浮き  底からしだいしだいに浮き  様に浮き  小舟が浮き  語、浮き  砂浜が浮き  沈みよくて浮き  しかも、浮き  ものが、浮き  物影が、浮き  間に浮き  玉藻なびかんほどぞ浮き  かいつむりは再び浮き  身こそ浮き  姿を浮き  ぼんやりと浮き  うござんすな、なまじい浮き  あま雲に浮き  奧に浮き  焚火をして浮き  ムックリと浮き  爲りて、浮き  顏は、浮き  其方に限りて浮き  角度を浮き  外側が浮き  眼蓋に浮き  からだが浮き  方へかくれてしまって、なかなか浮き  見地に立たされれば、それだけ一層浮き  底が浮き  なよやかにすらりと浮き  前にはっきり浮き  上に浮き  瓦斯燈の光りに代る代る浮き  車輪を浮き  銃身だけが浮き  甲谷は浮き  動作が、浮き  一段ごとに浮き  動物を浮き  混乱に浮き  ますます明瞭に浮き  上で浮き  笑いを浮き  中でちらちらと浮き  下で、かっきりと浮き  大空に浮き  身体が浮き  力で浮き  穴から川面へ浮き  糸を垂れていて、浮き  膨脹につれて、浮き  衣裳に浮き  ぼんやりシルエットを浮き  気分が浮き  浪のうねうねに浮き  裾が浮き  鶯も浮き  雲雀も浮き  感覚を浮き  一枚一枚が、浮き  魂を抜き取られて、ふわふわ浮き  棟に浮き  字が、浮き  青筋を浮き  われも浮き  壁より浮き  中へ浮き  主要人物が浮き  木の頂きを浮き  身を浮き  面へ浮き  底から段々苦しく浮き  月が浮き  鮮明に浮き  ーっと浮き  から、浮き  画舫も沢山浮き  はてに浮き  丸木舟がたかく浮き  ようにぶいぶいと浮き  空に浮き  曲線を青く浮き  長老姿を浮き  ことどもが浮き  形に浮き  土耳古玉のそらに浮き  波に浮き  とき、浮き  陰には浮き  人生も浮き  風に、走り、浮き  まま落ち込んで、浮き  から、その光りで初めて浮き  雪がかっきりと、白く浮き  とき機体がスーッと浮き  うえに浮き  渦が浮き  皮相的な、浮き  候ても、浮き  へんに浮き  羽根つらね浮き  赤みが浮き  胴が、浮き  それっきりなにも浮き  如くして、又更に浮き  森はいつもよりもひときわ浮き  沼に浮き  疵みたいに浮き  ところ、浮き  空に、浮き  塊がふわりと浮き  部分を浮き  店灯りに浮き  浅み、浮き  三人共すぐ浮き  円流、浮き  太平洋上に浮き  洋上に浮き  波間より浮き  全身が浮き  のが浮き  鯨群は、再び浮き  勝手に浮き  姿が浮き  空へ浮き  茎の、且つ浮き  膝も浮き  雨に浮き  作を貫いていたやや浮き  気持が浮き  ボンヤリと浮き  鎧の浮き  網代に流れて浮き  まことに浮き  恐怖は、強く浮き  幻を浮き  漂ひ、浮き  うねりに浮き  不思議にもはっきり浮き  金泥が浮き  アラベスクが浮き  一時に浮き  眼が、まざまざと浮き  周囲に浮き  自分は決して浮き  腰が浮き  鞍が浮き  歯の浮き  繁盛に浮き  あわが浮き  ひとりが浮き  地膚そのままにくっきりと白く浮き  奥から人影が浮き  人影が浮き  波打際に浮き  唐草を浮き  先に浮き  容易に浮き  沈み水に浮き  明歴と浮き  はつきりと浮き  情景が浮き  でくまひくまについて云えばやはり、浮き  金色が浮き  正月から花にかけていつも浮き  体が浮き  ためにわざわざ浮き  先で、浮き  スポットライトに浮き  我に浮き  上辺に浮き  附髭が浮き  目眩しく浮き  鮮やかに浮き  もとに浮き  紋章が浮き  一人も浮き  空中へ浮き  女が浮き  傍へ浮き  基督を浮き  弟子たちも浮き  血管を浮き  上方に浮き  湖面に浮き  油のごとく浮き  峰を浮き  

名詞

浮き[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
浮きしずみする  浮きあがっていた  浮きあがるのを千秋のおもいで待った  浮きあがつてゐる  浮きあがつたやうな微笑をしづかに浮べた  浮き上るやうな気持ちになった  浮きでなし  浮き上ってしまっていて  浮き上ってきた  浮き彫のような顔を穴のあくほどジッと見つめていた  浮き上るように響いている  浮き上るように響いていた  浮き上った四角い大きな箱棺が安次の小屋へ運ばれていた  浮き沈むを見  浮きあがるように徐々に覚醒の域まであがってくると  浮き上ろうとする  浮き上った指先の短いマリーナの手を撫でた  浮きあがって来る  浮き上るかと思えば  浮きあがり泳げといつても泳がない  浮き上ることの出  浮き上るようなことアあるまいな  浮きぼりに立っていた  浮きあがって来た  浮き上る力を持たせてある  浮きあがつてゆく  浮きを見詰めていると  浮きなびく黄ろい  浮き上りて一度に漾う如く見ゆる  浮きやかに晴れ晴れとしていた事はこの京都滞在の時ほど著しい事は前後になかったように思う  浮きあがつた魚のやうな気味のわるい白眼に見えました  浮き上ることができたばかりである  浮き揚った湯の花はあだかも陰気な苔のように周囲の岩に附着して  浮きはなれた  浮き上るような気持になった  浮きあがってしまってる  浮きあがる力がなくなって  浮きあがり直ぐに消え  浮きあがってしまった  浮きあがらせたり  浮き上らせる  浮きあがるような気持で石倉を待っていた  浮き織りの野袴を裾短かに穿き  浮きを与えるという  浮き上るような面白い音がきこえるので  浮き上っていた  浮きあがつてゐた  浮き上ることもあるから  浮き上るのを如何ともする  浮き上らんとする  浮き上りますから上等のメリケン粉ほど粘着力が寡いのです  浮き織りにした  浮きのこる  浮きもいでぬる  浮きにし  浮きあがり見てゐますと  浮きぬ沈みぬゆられけるは  浮き上りつつこちらへ迫ってくる  浮き上らせていたが  浮きあがるようにお雪の綺麗な顔を見せていた  浮きが出て  浮き上ろう浮き上ろうとする  浮き易くして沈み  浮き上ったときに二人の眼の前に来ていた  浮き歩くということになるじゃありませんか  浮きあがっている  浮き織りの綾でできた  浮き上ったのを見たという  浮き上るとお柳はいった  浮き流れるその各国人の華やかな波を眺めながら  浮き上る時間を待たねばならなかった  浮き上る真黒なあぶくや  浮き上った片方の車輪が空廻りした  浮きあがってくる  浮きよせてきました  浮きまどひ  浮きあがったという知らせを聞いて  浮きぼりせられて  浮き上って来る  浮きあがりが目立ち  浮きもせず  浮き上るようでもあり  浮き上るようなスパニッシュ・ワンステップのリズムと一緒に思い出しつつ  浮きをつけかえたりしていましたが  浮きあがると見る  浮きあがるのが見える  浮きあがつてこなかつた  浮き上りかけて来た  浮き彫の彫刻を見る  浮き上っている  浮き上って来て  浮きあがる青じろい死魚を見る  浮きが出る  浮き立たしてその叢にさしていますが  浮きあがる腰巻きのはじに青い燐がぴかぴか光る  浮きあがってゆく  

~ 浮き[名詞]1
趣味の浮き  ライフから浮き  鉄水母の浮き  皆死んで浮き  身体の浮き  つくりと浮き  閃めいて浮き  数を増して浮き  秀蓮尼の浮き  紋の浮き  底に浮き  底から浮き  上へ浮き  足を跳ねながら浮き  手をかけて浮き  静脈の浮き  グーッと浮き  やつても浮き  死骸は浮き  ッと浮き  部分の浮き  沖へ浮き  クッキリと浮き  腹をかえして浮き  早々に泳いで浮き  木の葉とばかり浮き  万有引力に勝って浮き  利用しで浮き  天へ浮き  ひき潮に浮き  円を描いて浮き  砂の浮き  顔の浮きや  糸竹の浮き  私は浮き  ところへ浮き  皆一度は浮き  実情から浮きは  波間に浮き  鮮やかにも浮き  標識は浮き  白壁を明く浮き  松原から浮き  足と共に浮き  今までの浮き  身辺から浮き  豆腐が動き始めて浮き  うちしめり浮きも  鎧の浮き  辺で浮き  懐中から抜けて浮き  死骸の浮き  モリモリと浮き  がらだけ浮き  燈は浮き  浮き上ろう浮き  水鳥の浮き  船は浮き  涙に浮き  ぼんやりと浮き  支那の浮き  鞍の浮き  中から浮き  澎湃として浮き  河となって浮き  声をひそめて浮き  クリと浮き  現実から浮きは  鯉が死んで浮き  文學者として浮き  形象として浮き  観念の浮き  波動をなして浮き  地面から浮き  方向で浮き  あして浮き  光線をてりかえして浮き  切りはなされて浮き  髣髴と浮き  船腹の浮き  山々も浮き  

~ 浮き[名詞]2
そこはかとなく浮き  漸く浮き  再び浮き  ぼんやり浮き  白く浮き  まるで浮き  ふと浮き  脈々と浮き  もう浮き  ぷかぷか浮き  うまく浮き  徐々に浮き  大きく浮き  ぶくぶく浮き  なく浮き  これから浮き  美しい浮き  いくらか浮き  黒く浮き  気味悪く浮き  

複合名詞
浮き輪  浮き城  浮きドック  浮き身  浮き上  浮き上り  浮き上つて網膜  浮き上つて  浮き橋  浮き桟橋  浮き舟  浮き漂  ポックリ浮き  浮き粉  浮き根  つて浮き上  浮き葉  浮き岩  浮き材木  浮き木  二つ三つ浮き  程浮き  浮き鋲  浮き調子  それきり浮き  浮き立ッ  島浮き島  浮き來  つて浮き  浮き上つて海辺  一匹浮き  浮き上つたの  浮き世の常  浮き箱  品浮き  浮き脂  二つ浮き  ポカリ浮き  浮き上り体中  浮き模様  づつ浮き上  島一つ浮き  浮き泡  浮き上ろう  矢張浮き  浮きっ放し  浮き要塞  一浮き  浮き離れ読者  浮き紋  ぱらつて浮き  時浮き  浮き氷塊  浮きざま  浮き洲  浮き物  



前後の言葉をピックアップ
ウガンダ  雨期  憂き  うき  浮きたて  ウキ  有喜  右記  宇木  雨季


動詞をランダムでピックアップ
起あがろ落籍すつかまろ立働い行ける保し思い当たっふきかえしつちかい落ち行こ窮まる購っまさぐっ截ちとつぐはじきださ表立つ乱れ飛ぶふみやぶりあがら
形容詞をランダムでピックアップ
上手けれ久しくとげとげしく憎しおそう本意無し清清しだだっぴろい忌まわしかっ男らしく高く痒い幼くてきびしいおかしく乏しくっぬく悔し生なましい