「鳰」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
名詞

[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
鳰を浮かせた  鳰の浮巣の岸に咲く  鳰のほ  鳰といいまする  鳰に袖をひかれて  鳰はすぐ身をくねらせた  鳰にはたくさんな覚えがある  鳰にかなわない  鳰の力を刎ね返せない  鳰のせいばかりでないもがきを一そうにした  鳰のからだを鞠のごとく部屋のすみへ投げつけてしまった  鳰だの鴨だのが沢山ゐた  鳰の浮く  鳰の浮巣をたずねに行ったが  鳰どりの水草が中にその栖つく  

~ 鳰[名詞]1
唄ひませう鳰の  花吹き入れて鳰の  闇には鳰の  椀殻は鳰の  のは鳰だけ  遊女の鳰には  争いでも鳰に  ほんとは鳰の  いま遁れて来た鳰の  鳥のきて啼く鳰の  ものにあるから鳰  

~ 鳰[名詞]2
その鳰  

複合名詞
鳰鳥  親まつ鳰  稲鳰  鳰一つがら  仁番鳰鳥  



前後の言葉をピックアップ
煮え湯  煮える  にえる  ニエルス・ボーア  ニオ    匂い    臭い  におい


動詞をランダムでピックアップ
慣れれ連れ戻そ煮え返り勤しむつめっかっせ立ちはだかっ追い返しむずから末枯れがんばれ模するこま引き出そ腐す具しけおとしゆわき明け放ち掴まろ
形容詞をランダムでピックアップ
危なくっ浅し淡き残り惜しくっはなはだしくふるかれまちどおしい面白くっ薄気味悪くうらわかく素早くなさけなくっ恭しくつましいこまかい痛かっ耐えがたねぐるしい暑苦しいゆかしき