「匂」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
名詞

[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
匂ひを発する  匂をはなして  匂ひに今朝もほ  匂はせ  匂ひがブンとした  匂ひのする  匂ひを嗅ぐと  匂ひから始まるといつて  匂ひを川から嗅ぐ  匂ひから味覚から川の女王と謂はれてゐる  匂ひがするといふばかりでなく  匂ひがただよつてくる  匂がしみこんでゐた  匂ある涼しい戦をあたりに漲らせている  匂が鼻を衝く  匂が紛とし  匂がむせかえる  匂ひのせゐでもありますよ  匂ひの凝  匂ひが衝き上げる  匂でしめつた  匂ふすべすべした  匂とでもいいたい  匂ひを止めてゐたであらう  匂がこの教室全体に漂っている  匂を嗅ぎ  匂ひが消えずに残りはじめた  匂ひを嗅ぐ  匂ひに満ちた  匂ひをかいだ  匂ひが嬉しいのです私の古里は遠い四国の海辺そこには父もあり  匂ひやかな子供の物語りを書いた  匂ひがする  匂や褐色の花粉がべたべた皮膚にくっつき  匂をこめて蒸れかへ  匂ひをふくんだ  匂ひある  匂ひに何をみつけ  匂ひが家に直接に入つてきた  匂が月のあかりといっしょにすうっとさした  匂はさげ  匂がプンプンした  匂がしみこんだ  匂ひ明れよ  匂ひに似てゐると  匂を我慢して踊ってやる  匂が彼れの鼻を強く襲った  匂が彼れの鼻の奥をつんつん刺戟した  匂が小屋一杯になった  匂をかぎ  匂おわしい  匂のしてゐる  匂というようなものが生じる  匂の高い花を咲かせていた  匂のする  匂が佐古の鼻の穴の毛をふるわせた  匂のむっとする  匂をぷんとさせる  匂を漂わせている  匂ひの豊かな理由も知れる  匂で重量がついている  匂ひのある  匂ひを漂はせてゐる  匂はせた  匂をかいだりしてゐたが  匂がして来た  匂を送って来る  匂で結ったばかりと知られる  匂が変って来たのに  匂やなにかは悪いでせうが生える  匂を運んで来た  匂がする  匂がするかと思へば  匂もする  匂もして  匂の高い阿  匂を移しておくれ  匂をおくれ  匂をかいでゐる  匂を吸ふ  匂がして  匂をさせてゐるかみきりになる  匂ひを嗅がうとすると  匂ひはありません  匂ひの事は分りませんね  匂ひを持つてゐます  匂ひに誘はれて  匂ひを嗅いだりする  匂ひに出  匂だけを嗅ぐ  匂がしました  匂は羊肉の匂のようにぷんと来るであろう  匂の好い煙を吐き出してゐた  匂の高い葉巻をふかし出した  匂いがむーっと漂ってる  匂をさせた  匂と甘い味をもった  匂の主調をなす  匂はせて置いても  匂ひに舌を爛らして贅澤に嗅ぎ  匂の立ちだした  匂がさっと立ってくる  匂を認め出すと  匂はそちらから頭の君が簾の近くまで持ち込んで来たのに  匂を記憶の中から再びうっとりと蘇らせていた  匂の立ちこめている  匂が立って来たりすると  匂ひがその心からも体からも蒸れ出る  匂ひのからまり付いた  匂ひのしさうな  匂ひを感ぜずには居られぬ  匂のした  匂も持っていない  匂を失ってしまう  匂ひの漂ふ  匂をかぐと  匂ふが如く  匂を嗅いだ  匂を霧に送り  匂をかいで  匂ひをはなつて  匂ひが浸みて  匂ひをかぐはせた  匂ひはうつたうしい  匂ひをみたす  匂ひをかんずる  匂ひをつたふ  匂が室の中にただようた  匂ひがいつまでもふは  匂ひが茫とした  匂に似た  匂を呼吸してゐた  匂へるわれの飲料眼にも頬にも酔あらはれぬ  匂ひが紛々として鼻をつくが  匂ふ月のもときみ心なきほ  匂へるを着て  匂を漂わしている  匂が稍強く鼻を刺激する  匂がその辺に漂っていた  匂がしている  匂がするなあ  匂を二人の方へもって行ってやったりした  匂とに眞實をこめた  匂ひがかすかに一めんに街街家家をひたした  匂ひに醉へ若い農夫よ此處はひろびろとした  匂ふ燭光のうつくしさよ黄金色に匂ふ  匂もそこら一ぱいに朝のよろこびを  匂ひがあの暗闇で泳ぐほどあびた  匂ひが此の罪惡の激しい樣樣なにほひが  匂ひそれが私の咽喉を締める  匂を嗅いで見ながら  匂が彼にさわやかな清い心を与えている  匂がプンと鼻へ来た  匂を嗅ぐと  匂はしき西風は一片の白雲を静かに漾はせたるよ  匂の残つてゐる  匂りの裡に成長して  匂ひがプーンとします  匂ひを嫌つて食べなかつたから  匂ひ出る  匂はせてはゐないだらうか  匂がしてゐた  匂ひを直接に顏に感じた  匂ひが夕闇に沁みてゐた  匂と汗の香とで噎せる  匂ひの殘つてゐる  匂はしく  匂ひを放つ  匂を漂わして  匂ひを嗅いでゐるのに  匂ひを持つて来る  匂ふといふ  匂の中に後始末のことなどを相談しました  匂に閉口しました  匂に悄れ返って  匂がしてゐて  匂ひの泌みこんだ  匂はしかける  匂ひを思ひ  匂は圧倒され  匂も忘れた  匂に顔だけはちよいとしかめてゐる  匂を思ひけり  匂の外にも死人の匂をも漂はせてゐる  匂をも漂はせてゐる  匂に近い匂を求めるとすれば  匂であらう  匂ひが鼻先にくる  匂ひは持つてゐるが  匂のぷんぷんする  匂ひをプンプン発散させながら這入つてくる  匂ひ豆腐屋を呼びとめた  匂ひが漂ふ  匂を漂わせていた  匂のして来る  匂ひに感応する  匂ひを春の重い空気のうちへ流すかの  匂ひを形容して見たい  匂が漂って来た  匂を撒き散らしている  匂の差異を少しも間違わないで  匂は刺激はあるが  匂が二つある  匂としたいと思う  匂がある  匂も爽やかには出来ていたが  匂がぷんぷんあたりに漂った  匂のするう  匂ひなど漂ひはじめる  匂ひ常ならぬ  匂ひが流れてきた  匂を感じるであらう  匂はそこからは少しも起つて来ない  匂ひがプンプンして  匂を吸ひ込んでゐた  匂でせう  匂が漂っていた  匂ひを闇の中に吹き送つて来ては  匂ひから明確に分離してゐる  匂ひを好んだばかり  匂ひに慕ひよる  匂を感じた  匂の満ちた  匂を感じながら  匂を放つてゐた  匂を感じ  匂も存外悪くないと思つたりした  匂ふ窓辺で万葉集をひもどいてゐる  匂に誘われて  匂を嗅ぎつけると  匂ひを含んで  匂ひを含んでのそ  匂ひに交ぢつたコートの古るい香水の匂ひを  匂ひを嗅ぎながら  匂ひを嗅いで暮すなんて  匂ひを感じる  匂ひがただよふ  匂ふ曙の帳薫ずる  匂も満ち渡る  匂を流す  匂でも致し  匂を送  匂を送つて参ります  匂にみちた  匂がぷんぷんします  匂ひや陰影は充分かき亂され  匂ひが漂つてくる  匂や枯草の匂や水の匂が冷かに流れこんで来なかつたなら  匂や枯草の匂や水の匂が冷かに流れこんで来なかったなら  匂はしくて  匂はしてゐる  匂ひやかにほ  匂ふが如く出た  匂ひ出た  匂はした  匂はしく愛すべき  匂は今日のやうな日には却つて頭を痛くさせる  匂ひやかなる  匂の漂って来る  匂は今日のような日にはかえって頭を痛くさせる  匂ふ桃の花した照る  匂ふが如き  匂ひなど猶残りてあらば  匂ひの作品ばかりを寄せ集めて  匂ひの強い作品のみを集めるといふ  匂が鼻をついた  匂を動かすほどの  匂につれて  匂が有る  匂ひにならない  匂がした  匂がしだすだらう  匂ひをさせてをりましたから  匂を含んでとり  匂ふもみぢ葉わが急ぐ  匂ひの煮え立つ  匂のような匂が脳に浸み徹る  匂ひがするよ  匂ひのしみる  匂ひをひろがりゆく  匂ひを拂ひては  匂ひをあびせ  匂ひが藪から出てくる  匂ひを感じ  匂ひのよい谿の空中へとうちふつて自分の狂氣をうたひ  匂ひにしめつてゐる  匂ひがかすかに動いた  匂ひをなつかしむ  匂が鼻をくすぐつた  匂ひを利用しようとはしなかつた  匂はする  匂つてくる  匂ひの放散してゐる  匂が漂つてゐる  匂はし  匂ひを兼ぬるからそれらに代用する  匂ひが強いので諸虫の毒を消し  匂ひに堪へず  匂ひがむんむん漂うてゐた  匂ひを帯びてゐて  匂ひが黴のやうに漂うて  匂ひが發する  匂ひわたる  匂ひ香空にながれて  匂ひ香しめる  匂ひ香なきにうらびれて  匂ひになつてるだろ  匂も失せた  匂ひを思ひ出した  匂ひのしない  匂が鼻を突いた  匂ひがするな  匂ふンでせう  匂ひを嗅いでゐた  匂ひを撒き散らして  匂ひが小舎のなかにこもつてゐる  匂ひが慾情を責めたてて来た  匂がぷうんと鼻を掠めた  匂があたりに強く流れた  匂ひかいでも  匂ひがプンとした  匂ひは嗅ぐだらうが  匂ひは忽ち僕の鼻を襲ひ出した  匂の漂つて来る  匂ひにしみて  匂ひに包まれてゐた  匂を恐竜の鼻に送る  匂がしますね  匂をかぎつけた  匂ひがすると  匂ひや山の草木の香などがぱあつと彼をも馬をも包み打つて来る  匂ひがあるが  匂ひを浸みこませて行く  匂を嗅いでゐた  匂ひを嗅いだ  匂も嗅がず  匂ひや湯気で温もつた  匂ひが浸みこみ  匂がやつて来た  匂ひをあたへる  匂を嗅いだばかりで  匂のように襲って来た  匂がほんのりと鼻に染みた  匂ひを強く立てた  匂は徐に起き上りて  匂も四方を見  匂は猶痛む  匂は眉を顰め  匂も笑ひて  匂は藤の一房を頭に卷きつけぬ  匂は如何にせし  匂は畏みて  匂に導かれて  匂は下り立ちしが  匂も樂を奏しながら  匂はそと少女の耳に口を寄せ  匂の止むる  匂へる眉は戸に見えで沼にて蓮の浮葉かきわけて棹さしめぐる  匂ふ時湧きもめ  匂むなしき溺れんか  匂へるばらのおのづか  匂へる花は胸の上に咲きて散り  匂ふらむ霞みそめたる  匂ひが強くしてゐる  匂を嗅ぎながら  匂が湧き出して  匂が湧き出して来る  匂はせるに限る  匂ひ濃やかにして  匂や人の呼吸に包まれて  匂りを味い  匂ひ桶に浮く  匂ひが肌に沁む  匂ところがおれはあんまりステツキをふりすぎた  匂がくる  匂もい  匂のそらにあたらしい星雲を燃せ  匂ひをもってふるへてゐる  匂の息をはいています  匂がしたので  匂をはく  匂を呑み  匂が透明な紐になって流れて来る  匂か光かを発散し  匂ひにふらふら眩暈を感じ出す  匂はせてゐた  匂乃至一絃琴や古い日本の笛のやうな素朴なLiedのリズムが動いてゐる  匂に親しみたい  匂を反射し  匂ひを意識しながら  匂のようなもの口笛や人々のざわざわ云う  匂を気にしながら  匂が口に残っていた  匂ひを嗅ぎ  匂ひが四囲にこもる  匂ひを消す  匂ひが鼻につく  匂がよくて立派な人たちでいつ  匂でいつ  匂ひを愛する  匂が嗅ぎつけられる  匂をお聴きかの  匂にこめて  匂は木犀の枝葉にたゆたひ  匂は木犀の西にたゆたひ  匂はまた木犀の北にたゆたひ  匂ひがするので  匂ひ出て  匂がするから  匂が褪めて  匂ひが静かに鼻にくる  匂ひがございました  匂ひがそのお人柄の底にふいと感ぜられて  匂を放ちます  匂と蜜柑の皮の香が室に滿ちて  匂鋭きあんじやべいいる  匂のひと冷み沁みは入れども  匂にうち噎ぶ  匂ひ閃めく  匂がほんのりとした  匂がしなくなってしまっている  匂ひの名をもつ  匂ひの悪しきを忍び  匂も失せざるほどに  匂ひがぷんぷん四辺に散らば  匂ひを嗅いで  匂ひが顏の前に漂ふ  匂だの湿つた  匂が食道から胃のなかへ沁み渡るのみである  匂がむんむんして  匂や影まで鮮やかに頭の中に蘇って来る  匂に我慢が出来ず  匂と言ったら  匂のやうに一郎に感じました  匂がそそりとした  匂が立って  匂ひの楽を奏する  匂ひをかいでゐる  匂が沁みこんで居た  匂がどんなものだか知らない  匂はわしの頭脳に滲み込んだ  匂がすると  匂がし  匂が匂うて来た  匂が溢れるほどに浸みた  匂ひをかいで  匂かし  匂ひが鼻にまつわつた  匂もするから  匂もするよ  匂ひ出した  匂が加わった  匂ひさへ感じられる  匂の空しき歴史がある  匂も古畳にしみこんでゐるらし  匂が湧き出で  匂ふ山桜花の歌を見るに  匂によろめきながら  匂が襲うと  匂を撒きちらし  匂がしたり  匂とはよく混らないものだ時々たまらない匂がする  匂もした  匂ひの失せない  匂ひが立つ  匂を融かしてゐる  匂であるように思われる  匂を不快に思う  匂を嗅いで睡ります  匂ひたまふぞ  匂へる花なれば  匂いこぼれるような青い挽茶の粉は茶碗に移された  匂へり亀の上の山も訪ねじ  匂へ梅の花ありとや  匂を強く放つて  匂の間を漂つて消えた  匂がほのぼのと分けていつた  匂無くなりしというまでならねば  匂ひこれが東京柳橋おごりなら泊る  匂ひけり片枝折れたる  匂ひ薫ると  匂はす園の梅にまづ鶯の訪はずやあるべき  匂へる君が袖なれば  匂はす宿に尋め行かば  匂ひをかいだりしながら  匂ひを時々かいでゐる  匂ひがこびりついてゐる  匂はし得たとすれば  匂ふあたりはほととぎす心してこそ鳴くべかりけれ  匂を帯びた  匂が漂うて  匂をなつかしむ  匂ふ軒端に梅の花ちる  匂ひて川ぞひの  匂がもう芬と鼻に来る  匂を残した  匂とを吸つてゐた  匂のある  匂や床の振動ですぐに人を識別する  匂がむつと顔を撲つ  匂の散り来れば  匂のほのかなるかな  匂はせる  匂ひがひどく鼻をついた  匂をしずかに流しながら  匂はするに  匂ひをかぐと  匂ひを持たせて  匂がしますよ  匂ふ傘のうち恋の一雨ぬれまさりぬれてこひしき  匂ひのいい朝風は要らない  匂ひにうつりながら  匂と線香の匂とが人々の鼻につきまとつてゐた  匂の高い薔薇の亢奮が感じられない  匂ひにぬれて  匂の静かな秘密をつきぬけながら歩いてゐた  匂ひを存分に吸はしてくれるまでは  匂ひになやましく上気して  匂ひをかぎて  匂ひを漂はし  匂ひが煙つて来た  匂を放っていた  匂はしい  匂が立ち  匂の好い暖みを残した  匂が鼻を打つた  匂を嗅ぎ直して見た  匂ひを肯定しなければなりません  匂のいい青光りの  匂を次第に身近く燃える如く感じたので  匂ひにまぢつた海草の香などを嗅ぐと  匂ひが嫌ひです  匂ひを大将の鼻の穴にをくつてきましたので  匂ひをするか  匂ひすら日ざしの  匂ひが寂しい心を誘ふのみで  匂ひ立つてゐる  匂ひあるも  匂ひ立つた  匂を放つて  匂は私の鼻をかんばしく衝いた  匂ひをプンと匂はす  匂ひは街へ溢れて  匂高きは夕闇の園に咲く  匂があった  匂を嗅いで  匂がむうとした  匂がそこはかとしていた  匂が漂うていた  匂ひやかにする  匂が激しく三人の鼻を撲った  匂も湿けて  匂のそよぎが  匂を嗅いだので  匂がしていました  匂がするでしょう  匂ひが玄関までしてきてゐた  匂ひを残してゐた  匂ばしく  匂を立たせてくださる  匂ひが涙の出るほど  匂を感ずる  匂をかぐ  匂ひがあつて飲み  匂ひぞ部屋に揺れたつ  匂ひがか  匂ひだけかぐ  匂に満ちた  匂に一層好奇心を刺戟されながら  匂ひがするだけだ  匂ひがただよつてゐようと  匂はす  匂ひをかぎ  匂ひにみちた  匂ひ出してる  匂を嗅ぎさえすれば  匂も立てた  匂ひが室中に漲つた  匂と微風の饗宴がある  匂をのこすと  匂はしながら  匂ひを嗅ぐや  匂の彼方に私の思考と共に行かうとしながら  匂の彼方に私の思考とともに行かうとしながら  匂ひが強すぎるかも知れないから  匂がハンカチからむせ返る  匂に噎んでいた  匂に噎んでゐた  匂ひはしてゐても  匂ひをかいで見て  匂ひ阿  匂ひ蛇になる  匂がしてゐるので  匂がするぜ  匂ひをかげばわかる  匂などが風につれて  匂が夜気に強く漂っていた  匂を気にでもする  匂の中から突然ひとりの古い日本の女の姿が一つの鮮やかな心像として浮かんで  匂へる君をいと近く見て  匂が感じられて来て  匂へる山の散らまく  匂ふここちの空にするかな  匂ふあたりのうたたねは夢もむかしの袖の香ぞする  匂を嗅ぎ合う  匂を嗅ぎ当てる  匂ひがひそんでゐて  匂の爽かさを忍ばせる  匂ひに憧がれたといふ  匂ひに親しみ  匂ひや色や手觸の異なる  匂ふ綿く  匂高き外光の中あかあかと二人して落す  匂を与へた  匂を帯びてゐる  匂のやうに得体の知れない  匂はしてゐた  匂ひ袋も必要としない  匂ひあれ  匂ひを濛々と感じさせる  匂ひを保守できるとは  匂ひが幽かに感ぜられる  匂ひを感ずる  匂づけられてゐる  匂ひが立つて居ました  匂ひを消さうと  匂ひを吸ひ入れながら  匂との比較は間違つてゐた  匂ひか甘いやはらかな  匂が含まれ  匂の花が咲き  匂りいくらかのこって居りましたか  匂のしていた  匂ひに濁されて  匂ひ嶺に靉く  匂はして笑むは  匂ふ戀の花脆きはたれの  匂ふ花櫻水面の影にあこがれて  匂ひを嗅いでみたりした  匂ひを嗅いだだけでは諦められぬらしく  匂ひに埋れた  匂ひは薄暗に漂うて  匂ひを暗示する  匂のなかにありて  匂の肌をつまぐれば  匂へるに薄荷酒青く揺げり  匂もよみがへる  匂がいやかもしれませんが  匂がするという  匂ひを我に知らしめし  匂と明滅する  匂ひを留めぬ  匂ひを懐しまうとする  匂でもかぐ  匂をぷんぷんとあたりの大気に撒き散らしてゐる  匂が沁み込んでゐる  匂ふ花の息ざしが  匂で燻きこめられ  匂を味はつてゐるらし  匂を嗅ぐ  匂をうんぷんと撒き散らしてゐる  匂で焚き燻べて  匂がして来る  匂ひがある  匂ひをも兼ねて  匂ひを出して  匂を嗅ぎ嗅ぎ  匂が急に鼻を衝いた  匂ひこぼれ  匂ひあらせいとうが咲いてゐた  匂ひがするし  匂が新聞やサンドウヰツチの呼声に交つてプラツトホームの冷え冷えした  匂だけが殘つてゐる  匂とだけが私のなかに殘つていつか次の場面になつてしまつてゐる  匂など比較にならん  匂を煽りながら  匂がしみついてゐた  匂ひが残ってゐて  匂をさせたり  匂のようなものが漂って来る  匂をかぎながら  匂の前触れでもあるかの  匂ででもあるかの  匂を立たせている  匂ふ筑波嶺のしづく  匂ひぞ風に従ひて  匂を好まない  匂がなくなるからである  匂ひや莨の煙がむつと噎せかへる  匂を吸うていた  匂を吸いながら  匂が戀しい  匂より浮き名のたたば  匂ひをかぎながら  匂ひの花をつける  匂のなつかしい備前米を食べさせてくれた  匂しく鶯の声いと楽しげなるに  

~ 匂[名詞]1
焼くる匂  紺の匂  さうな匂  ほのかに匂  夏の匂  つて鮎は匂  中から匂  誰にでも匂  淵で匂  やうな匂  最初の匂  鮎の匂  形から匂  霜晴れほのかに匂  門をはいれば匂  線香の匂が  秋が匂  苔の匂が  幽邃な匂  畑からの匂  草の匂  陰影の匂  花の匂  五月の匂  植物の匂で  ひそかに匂  馥郁たる匂とでも  花が匂  原始的の匂  御利益の匂は  ゅる袖の匂の  明子の匂を  化粧の匂  涙の匂  厩の匂  上で匂  花の匂を  劇しい匂  さつた雪の匂  かたに匂  馬小屋の匂  油の匂  豆類の匂  木の匂が  布の匂が  腸の匂が  眼に匂  何かの匂  汗の匂を  幸福の匂  不快な匂が  肉の匂を  自分とは似ても似つかない匂の  頬が匂  毛が匂  香の匂  不安をさそふ匂  時代の匂という  香水の匂が  體の匂と  やうな匂の  ような匂の  埃及の匂を  かすかな匂を  宗教の匂  ものの匂で  霧に匂  閑寂な匂  香油を匂は  朝日に匂  油の匂で  鳥渡蓋をあけて匂を  酒の匂が  現は匂  藥が匂  撫子が匂  夏水仙が匂  薔薇が匂  土が匂  乾草の匂が  石の匂が  鞣皮の匂が  時の匂も  森の匂も  麺包の匂も  草花の匂も  鉤子の匂も  蔦の匂も  #藺の匂が  雜草の匂が  #金雀花の匂が  和蘭陀げんげの匂も  乳の匂が  #胡桃の匂が  つた果物の匂が  ときの匂が  蜂蜜の匂も  生物の匂が  #火の匂が  芒の匂を  ゆきずりに匂を  道義の匂が  女の匂の  麝香の匂を  行つて百合の匂  硫黄の匂  いやな匂  人には匂  しようろの匂  四方から来る匂  嫌な匂  煙草の匂は  #肉の匂の  酒の匂の  土の匂  油の匂を  飲料の匂の  近来杏仁水の匂の  アイスクリームの匂の  ロマンスを匂  花の匂の  花の匂が  花の匂は  書生上りの匂  澱粉質の匂  さが匂  田園都市の匂  何の匂も  色や匂  白百合の匂  薬品の匂  此の匂を  大兄の匂を  そいつの匂を  ふくいくとした匂  何時までも匂  櫻の匂  酢えた匂  病鬱の匂  感觸の匂  髮の匂  松脂の匂と  基督教の匂の  化粧石鹸の匂に  鶏の匂の  ざやけき陰に匂  伝統を匂は  宗旨の匂  哉おぼろに匂  人間の匂を  硫黄の匂が  ような匂が  御馳走の匂が  紫に匂  香に匂  百合の匂を  愛と匂とに  海草の匂  ゆたかな匂  黄金色に匂  葉の匂も  香水の匂  酒の匂  罪惡の匂  少年の匂を  土の匂が  味噌汁の匂が  藥の匂  煙硝の匂  春の匂  面影が匂  報復を匂  森に匂  母の匂  烟草の匂と  インキの匂  やうな思ひのする匂は  周囲に薫ばしい匂  香油の匂を  其かんばせに匂  材木の匂  人の匂  文学らしい匂  言外に匂  血の匂の  香の匂の  皮膚の匂に  大江の匂  薬の匂に  インクの匂  パン粉との匂が  パン粉との匂の  麹との匂の  其気分を匂は  歌の匂  火薬の匂は  鯡の匂に  鳥鷄の匂を  湯の匂  鴉片の匂の  死人の匂をも  造つた死人の匂をも  煙の匂に  葉を焚いてゐる匂で  煙の匂は  新緑の匂の  湯上りの匂を  佗しい匂  蜜柑の匂  セメントの匂  いろいろの匂  枯草の匂  かんなくずの匂が  ような匂  山椒の匂は  鼻に嗅ぎつけられる匂が  料理を仕足りない匂  風味を添える匂と  物の匂の  墨の匂も  苹果の匂の  脂肪の焼ける匂  つけの匂  髯の匂を  煙硝の匂は  飯の匂と  潮の匂の  恐怖の匂を  古風な匂で  無常の匂が  若葉の匂  外套の匂を  杏の匂に  葉の匂の  藻の匂の  赤児の匂を  死骸の匂も  草花の匂の  大伴集の匂  沈丁花の匂  私の匂を  前にある匂  藝術の匂  るい香水の匂  樟腦の匂  一生酒の匂  潮の匂  西洋香油の匂  マシマロみたいな匂  マシマロの匂  桜が匂  清らかな匂を  汁の匂  竹も匂  落葉の匂  梅の匂でも  香水の匂に  だいな匂  原作の匂  かお香の匂  土の匂や  水の匂が  閑かで匂は  波立てて匂は  物を焼く匂  衣を薫るばかりに匂は  幽かな匂  不思議な匂を  標本室の匂が  詞が匂  髮油の匂までも  厭な匂の  髪油の匂までも  苑くれなゐ匂  姿にも匂  胸に匂は  旭光に匂  雨の匂  懷郷の匂  ガスの匂が  墨の匂を  十八世紀の匂  烟草の匂に  はなしを匂  厭ふべき匂が  風を匂  ものは匂は  特別の匂  手に入れてから匂  薔薇の匂が  甚く匂  髪油の匂  桂枝の匂  香に匂へ  湛へ匂を  ふき路に匂  牛蒡の匂の  沢山な匂  杉の匂  濕りと匂  氣の匂  正午の匂  竹の匂  づめて雨の匂  生活の匂  お客さんの匂  葉巻煙草の匂が  女の匂  買つたシクラメンの匂が  酒を匂は  アスパラガスの匂  下町の匂  架空の匂  伝統の匂  汗の匂  地下に匂  月白ほのかに匂  はな殼すみれ香に匂  ムーンとする匂  色も匂も  かすかに焦げる匂  かすかに匂  日の匂  麥藁帽子の匂  それは匂  袖にも匂  河水の匂  香油をつけたから匂  中の匂  ガソリンの匂  便所の匂  収容所の匂  新聞の匂  皮の匂  筧の匂  そうに煮えている匂も  バラの匂  つて鼻で匂  朽葉の匂の  外の匂  簾から匂  氣味な匂  青葉の匂  芳醇な匂  へんな匂が  恐竜の匂  火薬の匂を  煙の匂  河苔の匂  練吉の匂  靴革の匂  何かの匂を  山の匂が  柔かな匂  パンの匂が  物の匂が  強烈な匂の  油の匂が  一種の匂  物錆びた匂  言へば匂も  光と匂に  光も匂も  桑の匂  小笹に貫きてさげかへるも匂  花なれや匂  名に立ちて匂  珠鳴りて匂  川に匂  晩年の匂  鰻の匂を  食物の匂が  食物の匂を  松金油の匂  たる香かすかに匂  好きな匂の  ものの匂や  発散する匂は  干し草の匂の  樹木の匂  温泉の匂  青草の匂  面影を匂は  海鼠の匂  苦扁桃の匂が  らの匂の  ゆすりまるめろの匂の  アセチレンの匂を  バルサムの匂を  苹果の匂が  強烈な匂  霞に匂  香を匂は  さを匂  鼻をつけて匂  短歌の匂に  牛の匂の  苹果の匂  野茨の匂も  ばらの匂で  セロリの匂を  のが匂  薔薇の匂  頃の匂  遠くから匂  物の焼ける匂  紙の焼ける匂  東洋的な匂  木犀の匂を  花樹の匂といふばかり  苦味のある匂によ  油との匂が  中に匂  色香は匂  芋の匂が  錵も匂も  凡そ古典的な匂  前に置かれたものの匂ほどの  草の匂が  草の根の匂  袂に匂  そうな匂  下品な匂  相通ふ匂  一種の匂を  月が匂  格別の匂は  やうに匂  梅闇に匂  油煙の匂と  鉄の匂の  鉄の匂に  ほとりWHISKYの匂  香料の匂が  クレゾオルの匂の  響きなり匂  糊の匂も  刈草の匂  蕈の匂  肌の匂  土の匂を  若芽の匂  馥郁たる匂が  ふところの匂の  色や匂や  酒の匂に  女の匂が  磯の匂  鰯を焼く匂が  蝋燭の匂が  支那めいた匂を  テレピン油とが匂  水の匂  ナフタリンの匂が  屍体の匂の  やうな匂は  傾向の匂が  松やにの匂が  幕府的自主的な匂  尻の匂  身の上なるを匂か  花の匂も  骨に匂  宝玉の匂が  春草の匂  春の匂の  黴の匂  消毒薬の匂も  干物の匂が  木の葉の匂が  大黄の匂が  薬種の匂の  強烈な匂に  松の匂が  ゴムの匂が  ゴミの匂が  土の匂も  神代の匂  ための匂  さまざまな匂を  紅葉に匂  息の匂  息の匂を  蕾の匂  干物の匂  もの事すべて患らはし匂を  君のみが匂  艶に匂  雨に萎れにけらし匂  山吹底も匂  花ただかばかりも匂  枝に立ち並ぶべき匂  才能の匂  袖こそ匂へ  実が匂を  葉桜の匂  草下肥の匂  色に匂  名残花ぞのに匂  風の匂は  梅花の匂  手の匂  蛇の匂  何ものかを匂は  橘の匂  石油の匂が  材木の匂を  一種の匂が  ほのかな匂を  空に匂  糠漬の匂を  竜涎香との匂を  イズムの匂が  五種香の匂が  平安朝の匂の  ことを匂は  油のこげつく匂  茉莉花の匂の  烏賊の匂  竜涎香が匂  煙草の匂を  あらで得ならぬ匂  盛りに匂  燒刃の匂  春を匂は  抒情的な匂  葱の匂  脳に昇る匂  油黒髪の乱れて匂  煙草の匂の  上に匂  糞尿の匂  獣の匂  木の匂と  許りの匂の  鼻は匂  匂ひとおくれ毛の燃える匂  粘土の匂  秋草の匂  新らしい匂  夕餉の匂  過去の匂を  草を焼く匂が  夏の匂は  空焚の匂が  空焚きの匂が  丁子の匂が  何度も匂を  沈の匂  微妙な匂が  髪の毛の匂を  煙草の匂  皮膚の匂  しんの匂  木の匂を  さうな匂は  匂ひと紙の匂  プンと匂は  魅力的な匂  あやめ香水の匂  ペンキの匂  菊の匂  塗料の匂  海岸特有の匂が  黴の匂を  黴の匂が  魚の匂が  幻影を匂  藁の匂が  そうな匂を  そうな匂が  筍の匂  自然探偵小説的な匂の  趣味を匂は  少女の匂  批評家としては匂ば  香水の匂の  苔の匂や  醤油の匂  うどん粉の匂  沈丁油の匂を  鼻につく匂  謎の匂  土地の匂  湯の匂に  熱する匂に  硝煙の匂を  シャボンの匂  やうに匂は  トラムプの匂  秘密の匂  忍び笑ふ匂  悪臭と呼ばれる匂ばかり  煤煙の匂は  ペンキの匂も  なほ光と匂と  スラの匂を  年増の匂  妙な匂  言外に匂は  乳の匂  乾燥した匂  形象や匂の  形象と匂の  忠告を匂は  脂粉の匂に  出の匂が  貧民窟らしい匂  宮廷文学の匂  五弁の匂  噴井の匂  万物に匂の  #やけどする匂が  プログラムの匂  薬の匂が  薬の匂で  花の匂などが  丁子の匂を  ここちしぬ匂  そ紅に匂  鼻の匂を  高貴な匂  西洋的な匂  やうな匂が  新らしい匂の  幻想の匂  紙の匂  ひとつひとつの匂  根は匂  微かに匂  町の匂  色彩や匂を  小説の匂を  皮膚の匂を  何かの匂の  さりげなく匂は  すえたる匂  香も匂  特有な匂  コゲつくばかりな匂  農村の匂  津軽の匂  故郷の匂  おしろいの匂  趣味性に匂  色と匂と  變な匂  鰯の匂  花の匂との  葉の匂  腸の匂の  野草の匂が  煉香の匂が  藥品の匂  風を匂は  岸のへ匂  夜の匂  物の匂  藻屑の匂を  なかに青ざめて佇むごとき匂  もろもろの匂の  なにとも知れぬ匂  海の匂も  紺は匂  パツチリとして匂  色と匂を  髮油の匂  汗にまじって匂が  コーヒーの匂が  神饌の匂  香の匂と  其らしい匂  主人公を匂は  汐木の匂  落書の匂でも  苦味のある匂を  づ新茶の匂が  若葉の匂で  葉の匂が  化粧品の匂が  草の匂を  汗の匂の  花の匂で  民譚の匂  紫の匂  先に当てて匂  若干民譚の匂  煙硝の匂などを  岩角の匂を  烟硝の匂が  鉢植の匂  晴々しい匂  新橋停車場の匂  鳳梨の匂を  野菜の匂が  厳粛な匂  なかの匂は  蜜柑畑の匂を  白粉の匂  特有な匂の  村の匂を  料理店の匂  生の匂で  ゆ夕さればむらさき匂  瓜の匂を  女が匂の  女が匂  藍の匂より  糞の匂  軒に匂  

~ 匂[名詞]2
佳い匂  ゆかしい匂  香ばしい匂  床しい匂  よい匂  その匂  なまめかしい匂  好い匂  臭い匂  強い匂  甘い匂  磯臭い匂  この匂  生臭い匂  こんなに匂  いい匂  多い匂  苦い匂  特に匂  重たい匂  泥臭い匂  おのずから匂  はげしき匂  やさしい匂  あまねき匂  新しき匂  新しい匂  濃い匂  高い匂  ぽい匂  近い匂  芳ばしい匂  思いきり匂  塩っぱい匂  清き匂  なく匂  其の匂  同じ匂  青い匂  余りに匂  いろんな匂  あの匂  つと匂  高く匂  良い匂  きな臭い匂  うまい匂  暗い匂  はげしく匂  時々匂  ぷんぷん匂  青臭い匂  吾が匂  あやしい匂  やわらかい匂  淡い匂  やはり匂  さらに匂  もう匂  又匂  なつかしい匂  悪い匂  たまらない匂  焦げ臭い匂  そんな匂  芳しい匂  かんばしい匂  すばらしい匂  すがすがしい匂  強く匂  鋭い匂  優しい匂  少し匂  遠い匂  厚ぼったい匂  どんな匂  っぽい匂  くさい匂  まにまに匂  よき匂  熱い匂  わが匂  頻りに匂  黴臭い匂  つつましき匂  日向臭い匂  古い匂  そこはかとなく匂  こんな匂  懐しい匂  白い匂  

複合名詞
匂つて  匂ひがし  水仙匂  匂ひも高踏  匂交  匂ひだ  ぱい匂  匂ふよ  咲き匂つて  芳ぐはしい匂  童女匂ひだ  はじめ大内人匂玉  匂ひで  匂ひで気持  匂ひと  匂ひと光線  いちばん匂  匂ひも行手  匂ひと交錯  匂ふさ  匂ひもの  大変匂  匂つた煙草盆  匂油いっさい  匂油  匂水  匂つた  若葉匂  住人香匂新左衛門  匂ひなむうす桃色  匂ひも身  匂ふちもと  萌黄匂  櫨匂  一番匂  濕つた匂  匂ひも  紫匂  匂つたの  匂あな  匂あなぢよ  吸つた匂  匂ひと味  匂つて來  匂ひと色  いま照り匂  匂ひと隈  匂ひと響き藪  匂ひでいつぱいにする宿屋中  匂ひま  匂ひと苦味  光匂  匂香  づをれて匂  匂ひと共  さ匂  匂ザクラ  手ざはりと匂  匂來  紫菫匂  笹紅匂  紅匂  烏瓜匂  匂つた白薔薇  匂配  つたるい匂  づつ匂  違い匂  モシ匂  露ノヤドリヲ吹ク風ニコボレテ匂フヤマブキノ花  匂面  梅匂  児匂  雫匂  匂ひでいつぱい  咲き匂  匂ふところ  匂ひも立ち昇つて  桜咲き匂  咲匂  山吹匂  花匂  匂宮  桜花匂  気づまりさを匂宮  匂宮の前  つて一寸匂  桜匂  むほどへて匂  匂ひとおくれ毛  木の芽匂  靜けさ匂  匂ひと紙  残匂  あまり匂  冬すみれ匂  匂ひと音  ぱい匂ひま  匂ひと色彩  匂ひだの  匂ひなん  匂シヤボン  匂足  匂ふか  染むるいくその匂  匂ひも新  そ匂  匂さ  はな匂  くに匂  匂ふた  



前後の言葉をピックアップ
煮える  にえる  ニエルス・ボーア  ニオ    匂い    臭い  におい  におい


動詞をランダムでピックアップ
擦りむき醒めれ成し遂げる投捨て照らせるうちかち逃げのびよ積もら脱捨てさわご組みあう起あがる撓い繁りきそわつくそ組み入れるつかまり刳り貫い静ま
形容詞をランダムでピックアップ
ねた喧しく見にくい思いがけないやりきれなくいやらしゅうこまかけれあつくっ物見高くちい息ぐるしものたりな恐くみよくまずしくかよわく拙うむつかしから聡く