「踊ら」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 踊ら[動詞]
上にも踊ら  酔ふ、踊らう、踊ら  道民が少しも踊ら  オモチャを踊ら  お前は踊ら  吸収して勿論踊ら  コヅキ廻して、さあ踊れ、踊ら  恋人も踊ら  公卿を踊ら  兵学者を踊ら  浪人を踊ら  自分と踊ら  鷺娘を踊ら  カロルを踊ら  骸骨を踊ら  若い人を、さんざ踊ら  胸を踊ら  身を踊ら  阿呆に踊ら  阿呆なら踊ら  手先に踊ら  ダンスを踊ら  猿を踊ら  一緒に踊ら  秋三に踊ら  二世は踊ら  影法師を踊ら  姿も踊ら  踊りを踊ら  音について、踊ら  密偵部にさんざん踊ら  ように踊ら  火星人たちはもう踊ら  ことはならぬぞと踊ら  誰を踊ら  前で踊ら  人形を踊ら  ために踊ら  影を踊ら  私によく踊ら  瑠美子を踊ら  ひとりで踊ら  ひなを踊ら  女とが踊ら  軽やかに踊ら  めたちに踊ら  人間を踊ら  くせに、どうして踊ら  かっぽれを踊ら  役者に踊ら  心を踊ら  足を踊ら  蛇を踊ら  笛吹けども踊ら  事で一々踊ら  息子を踊ら  われら笛吹けども踊ら  まり人中へ出て踊ら  それが面白いので、大いにおだてて踊ら  美人を踊ら  後見は踊ら  同様に、踊ら  のが、踊ら  笛を吹いても踊ら  猩々だけは踊ら  無理にも踊ら  吾等笛吹けども踊ら  人を踊ら  あなたも踊ら  後はいざ踊ら  無理に掴まって踊ら  彼等を踊ら  中に入れて踊ら  其中で踊ら  宙に踊ら  地蔵さまはちっとも踊ら  地蔵さまも踊ら  地蔵さまはもう踊ら  じゃあねえ、踊ら  地蔵を踊ら  見切り時だと諦めて、踊ら  地蔵をぐらぐら踊ら  自由に踊ら  下から地蔵を踊ら  地蔵は踊ら  地蔵は再び踊ら  両手を踊ら  三人を踊ら  優美に踊ら  音に踊ら  クリストフが踊ら  小娘どもを踊ら  堰がやぶれて踊ら  クライマックスでこそ踊ら  喜撰でも踊ら  もう一度僕と踊ら  ものが踊ら  踊子たちは、踊ら  あたしと踊ら  其がね、踊ら  ゴタクに踊ら  笛に踊ら  魔法で踊ら  外国人とはよう踊ら  太鼓に合わせて踊ら  ちょっと胡魔化して踊ら  尺取り虫を踊ら  滅多に踊ら  猿之助もよく踊ら  笛吹けど踊ら  盆が来たのに、踊ら  野々宮さんは踊ら  野々宮は踊ら  自分を踊ら  ところに立たせて、踊ら  一処に踊ら  數に踊ら  いつしよに踊ら  本式に踊ら  音頭が歌われ踊ら  阿呆よ、踊ら  やあ、踊ら  風にやあ踊ら  瀬戸物らっぱで踊ら  アヤツリ人形を踊ら  貴様が知っているだけ踊ら  人は踊ら  つて一緒に踊ら  鼻を伸ばしといて踊ら  首尾よく踊ら  さるを踊ら  誰とも踊ら  ダンサーとは踊ら  地に踊ら  手を踊ら  踊ろうにも踊ら  平面に踊ら  あたし姉さんに踊ら  安来節を踊ら  彼女たちは踊ら  シャフシャフシャフといって踊ら  力に踊ら  のは、踊ら  加減に踊ら  朝日影に踊ら  小六さんは踊ら  物を踊ら  エテ物を踊ら  私たちを踊ら  線だけ踊ら  かんかんのうを踊ら  舞台で踊ら  何か踊ら  皆で踊ら  名士連を踊ら  シミイを踊ら  ままに踊ら  進歩的にと踊ら  道化人形を踊ら  片手に、踊ら  笛は吹く、続いて踊ら  



前後の言葉をピックアップ
脅そ  踊っ  躍っ  おとつい  小殿  おどら  躍ら  オドラデク  躍りかから  踊り


動詞をランダムでピックアップ
開こ切廻さ躱すあやつれあゆみよっついてまわっ跳びつい掠めん惜しむ聞及んやせ細っ変り果てよ混みひきつぎ引き出しなすり歯せ願出れ賭する給ん
形容詞をランダムでピックアップ
せつなかっ物すさまじきくかっさしでがまし楽し人なつこうれしくさむき激しくっ丸き遅く要心深い侘しかっかわゆがめつから似つかわしゅう深う眩しく物狂おしく不甲斐ない