「踊り」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 踊り[動詞]
手足が生えて踊り  いつしよに飲みあるいた、そして踊り  いつしよに飲みあるき踊り  踊大皷が聞える、踊れ踊れ、踊り  タンゴを踊り  銃を持って踊り  ひらひらと踊り  三時四時まで踊り  利益を得て、その道すがら踊り  颯々と踊り  ダンサーが、踊り  前に踊り  みんな夢中になって歌ってはねて踊り  まわりを踊り  喜びに踊り  楽しい音楽に乗って、踊り  踊りを踊り  ような踊り  おもしろそうに踊り  ように踊り  メフィストフェレスがそろそろ踊り  表舞台に踊り  身振りで踊り  東銀子の踊り  真面目に踊り  ホモイは、悦んでぴんぴん踊り  ところを、ぐるぐる踊り  方へ踊り  ほうへ踊り  カレンは踊り  いやでもおうでも、踊って踊って踊り  なかへ、踊り  人は踊り  ほうへと踊り  一軒と踊り  門ぐちを踊り  誰も踊り  中華民国婦人夫妻が踊り  是からメチャクチャに踊り  幕を閉じる迄踊り  船内へ踊り  袴を取って踊り  ものが踊り  巧みに踊り  福の神さへ踊り  恣に踊り  集つて、なんとか踊り  歌、踊り  手つきで、来た来たと踊り  税務署長はまるで踊り  朝から晩迄踊り  五時頃まで踊り  マズルカを踊り  上手へ踊り  立派に踊り  一夜まんじりともしないで踊り  上に踊り  ダンサアと踊り  一人が、踊り  変に踊り  若い人々は踊り  さし踊をよく踊り  まり長く踊り  まり共に踊れり踊り  體で踊り  目に踊り  ように、疲れるまで踊り  昔は、踊り  空へ上げて踊り  組になって踊り  輪になって踊り  仕方なく踊り  デストゥパーゴも踊り  一人でふざけて踊り  家に立つて踊り  時期も色々あり、踊り  道中の踊り  まわりに踊り  見物人もなかなか踊り  後で、思う存分に踊り  お山上りを踊り  歌ふ、働きたくて働く、踊り  斜めに踊り  塀からぬけ出して踊り  自分も踊り  声を上げて、踊り  トントンはね踊り  りんどうも、もうとても踊り  バタバタと踊り  のを踊り  祭殿で踊り  尖端に踊り  一女性が踊り  大空に踊り  活字が重なり合って踊り  端で踊り  手をふりかざして踊り  張を引張りだして踊り  真似して踊り  音声を発して踊り  沈み消えしては踊り  意味もなく踊り  カツポレを踊り  綱が踊り  上を踊り  中から身を翻して踊り  裾に感じて立ち上がって踊り  今日が踊り  私は踊り  二人の踊り  精が踊り  マドレエヌと共に心ゆくまで踊り  節面白く踊り  子供はひとりでに踊り  手を放つて踊り  踊りに踊り  膝が踊り  もので、踊り  フラワへ踊り  場一ぱいになって踊り  歌を歌い、よくふざけ、よく踊り  唄をくちずさみながら、踊り  女は踊り  四人は踊り  腰をだいて、踊り  ダンスを踊り  人と踊り  下品な踊り  弓子は踊り  ダンサーをつかまえて、踊り  恰好で踊り  ほうが踊り  これを踊り  昔を思い出して踊り  自身が踊り  顔色も動かさずに踊り  わたしはさんざん踊り  一種の踊り  物狂ほしく踊り  違いに並んで、踊り  猫じゃを踊り  赤い靴を穿いて、踊り  浅草小劇場で、踊り  ストリッパーを踊り  座敷の踊り  衣裳をつけ、楚々と踊り  彼女らが踊り  客席が見えたら踊り  狂的にむらむらと踊り  文字が踊り  老人同士で組んで、踊り  あたしたちはすぐ踊り  力が失せて、とても踊り  中を踊り  上で踊り  手足をふりながら踊り  恰好をして踊り  みんなして踊り  ように、踊り  梟が踊り  來て踊り  ステテンと踊り  身振を交えて踊り  唐子が踊り  丸髷とが交って踊り  笑い歌い踊り  ウヨウヨと飛び出して来て踊り  野原を踊り  享楽感に励まされて踊り  三番叟が踊り  これまでに踊り  これ見よがしに踊り狂い、踊り  手付腰付をして、踊り  なつて踊り  馬鹿七が踊り  太鼓を打いて踊り  唐松が踊り  状に、たとえば踊り  ぶったまま、踊り  階段を、踊り  弟子が立って踊り  ピヨンピヨンと踊り  捉まえて踊り  身ぶりで踊り  明けっ放しにして夜もすがら踊り  夢中になって踊り  茂ちゃん、踊り  仲間に加わって踊り  人にもすすめながら踊り  散々に踊り  土地土地へ踊り  東へ踊り  昨夜一晩、踊って踊り  彼等の踊り  町中を踊り  夜が明けるまで、踊り  連中の踊り  人気を加えて、再び踊り  潮の如く集まって来て踊り  心持に踊り  今度は無暗に踊って踊り  稼業が忙しかろうが、忙しかるまいが、踊り  人間は踊り  盛んに踊り  ブラ下げて、えいや、えいや、と踊り  知らないで、踊り  お方も踊り  皆さん一緒に踊り  一緒になって踊り  からないで踊り  祖母が踊り  からって踊り  紅提灯をさげて踊り  狂言師をまねいて踊り  誰もかれもが唄い、踊り  間を踊り  ふたが踊り  糸屑を、踊り  悪魔が踊り  足ぶり面白く踊り  老爺が踊り  何を踊り  皆さん、踊り  総踊りに踊って踊り  面々が、おのがじし踊り  急に踊り  正勝はそう言って、ふたたび踊り  彼らは立ち上がって踊り  静かに踊り  手を振りながら踊り  牛蒡も踊り  発揮して踊り  お前も行って踊り  充分に踊り  庭へ踊り  クルクル舞を踊り  場に踊り  念仏踊りを仲よく踊り  雀百まで踊り  座敷いっぱいに踊り  出鱈目の踊り  足拍子おもしろく踊り  方から踊り  真中まで踊り  上の踊り  きりに踊り  器量いっぱいに踊り  親爺の踊り  人間と共に踊り  一日は、踊って踊り  食堂で踊り  ワルツを踊り  都合五つの舞踏場を踊り  様だが、その踊り  舞台へ踊り  惰性で踊り  興に乗って唄って踊り  ヒョコリヒョコリと踊り  五時五分前まで踊り  彼女は踊り  何曲目か踊り  舞台近くへ踊り  手拍子を合せて踊り  七時間半も踊り  わしが踊り  八角に廻って踊り  格好をして踊り  ダンスまがいで踊り  そんなら踊り  方が踊り  縦横無尽に踊って踊り  娘が踊り  潮来出島を踊り  勝手に踊り  足拍子面白く踊り  道行ぶりで踊り  巴里中を踊り  彼等は踊り  目につくほど踊り  円舞場に踊り  男は立って踊り  恰好に踊り  山姥を踊り  皆さんで踊り  こと、ね、踊り  上を、踏み鳴らして踊り  男が立って行って踊り  金十郎が嬉しくてたまらず、やにわに、すっぱだかになって踊り  真中へ出て踊り  俄かに踊り  猫がふらふらと起って踊り  猫じゃでも踊り  うちには踊り  美少年は喜んで踊り  踊り子は踊り  鉦をたたいて踊り  ユラユラと踊り  手を叩いて踊り  高座いっぱいに踊り  家の踊り  しましょう別のを踊り  諸声あげて、よろこびに踊り  海月が踊り  やうな踊り  影が踊り  船頭衆が唄いつ踊り  皆が踊り  夜ふけるまで踊り  令嬢たちも踊り  足どりで踊り  区別は、踊り  歌舞妓がまだ踊り  一緒に踊り  山車も踊り  乗り手に踊り  血も踊り  やさしい歌声、踊り  流れが踊り  中に踊り  女工達も踊り  女中も踊り  溝を踊り  タツプダンスを踊り  三人再び踊り  支那服を着て踊り  中で踊り  カッポレを踊り  ワルトンも向き合って踊り  楽想が踊り  拍いて踊り  とんちんかんな踊り  ロンドを踊り  一緒におどる踊り  悲しみで踊り  独自な踊り  遊戯心が踊り  興に乗じて踊り  おのれも踊り  中には、踊り  傍で踊り  霊を踊り  流行小唄を踊り  自然と踊り  踊りに踊って、踊り  ステテコを踊り  先でやる踊り  私はまるで踊り  足どりで、踊り  戸口へ踊り  やうに踊り  此方へ踊り  こんどは踊り  さかんに踊り  節を付けて今にも踊り  社交ダンスの踊り  水兵が現れると、踊り  状して踊り  壁面に高く低く踊り  罐をたたいて踊り  時刻が来ると三々五々踊り  おとめの舞いつ踊り  樹木が踊り  門外に踊り  ために舞い踊り  変化出て踊り  上方に踊り  なおのこと酔っ払って踊り  輪を作って、さながら踊り  そだら踊り  峠さ行ぐまでに行ぎあって今夜の踊り  細やかになよなよと踊り  自分の踊り  子が、踊り  其音につれて踊り  皆へとへとになる迄踊り  仮装を凝らし、踊り  盆踊りを踊り  吉弥は踊り出したが、踊り  立上って踊り  唄ひかつ踊り  のは踊り  由子と踊り  卓一は踊り  私も、踊り  酒をのみ、踊り  むかしは踊り  由子が踊り  お茶をのみ、踊り  野々宮と踊り  卓子は踊り  琴、踊り  勢獅子でも踊り  螺旋をえがいて踊り  一処に踊り  感情をもって踊り  鰌すくいを踊り  それは全く踊り  坊やも踊り  花とともに飲み、共に食らい、共に歌い、共に踊り  尾の上に立って踊り  勢いはげしく踊り  ものを踊り  何だかゆれて踊り  すももも踊り  今度は踊り  一度に踊り  前で踊り  唄ひまくつて、踊り  つて仕方がないわ、あんまり踊り  保名を踊り  歌を唄いながら踊り  繰り返し唄っては踊り  周囲を踊り  私と共に踊り  下でこうして踊り  一つところに据えて踊り  村雀と共に踊り  頭から引つかぶつて踊り  劔が踊り  ことぢやないよ、ただね、踊り  手をつがへて、もう踊り  耄碌爺さんが踊り  それが踊り  口吟みながら踊り  部屋ぢゆうを踊り  桶が踊り  往来で踊り  自然に踊り  助も踊り  椅子を蹴って踊り  調子よく踊り  歌ひ、踊り  ダンサーが踊り  客も立って踊り  猿楽舞などを踊り  滝夜叉姫と踊り  足取りで、踊り  ちょうしが次第に早くなって、もう踊り  にらめっこや踊り  有頂天に踊り  夜明け頃まで踊り  座敷中を踊り  二人十分に踊り  のを、踊り  ピエロが踊り  中を舞い踊り  ように美しく踊り  舞姫は踊り  糸に合うなら踊り  空手で踊り  レコードに合せて踊り  三人は踊り  其処に踊り  歌をうたいながら、踊り  青山は、もうとうに踊り  気がついたが早いか、立つとすぐ踊り  増加するを見て、踊り  外へ踊り  者は踊り  叫び、無暗に踊り  あたりを踊り  みんなが踊り  みなさんの踊り  信徒が踊り  夢見心持に踊り  節につれて踊り  舞台が抜けるほど踊り  真実に踊り  犬の踊り  カップからランプが踊り  度もなく踊り  魔がさして踊り  においを嗅いで踊り  達者に踊り  みんな京吉と踊り  陽子だけはその踊り  ダンスレコードは集めたが、踊り  ラストまで踊り  街路に踊り  あざやかに踊り  それに合せて踊り  眞似をしながら巫山戯て踊り  まわりをぐるぐると踊り  まりきまりを踊り  狂言を踊り  歌はずに踊り  真似をしながら巫山戯て踊り  おりから水芸所作事に踊り  斧定九郎が踊り  それからたとえば踊り  自分で踊り  夕べを踊り  裃を着けて踊り  川岸で踊り  いつまでも呆れるほど永く踊り  盆踊りは年中踊り  にこにこして踊り  淑女みたいに踊り  広間で踊り  ポルカを踊り  興奮は、いっこうに鎮まらず、まるでもう踊り  世の中全体が踊り  老若男女が入り乱れ踊り  墓石を倒して踊り  順ぐりに踊り  相手に踊り  ロロは踊り  足どり軽く踊り  シンデレラと踊り  ように、かるがると踊り  何度も踊り  雪子とが相抱いて踊り  近江路を踊り  人たちが踊り  間に、直ぐ踊り  体が踊り  上げ下げして、今にも踊り  カウスリップはよろこんで踊り  家々に踊り  廣場に出て踊り  卵を載せると良く踊り  一人は踊り  うちに、もう踊り  一時に踊り  何となく胸の踊り  きり踊りぬいて踊り  糸をたぐれば踊り  河を踊り  ように、あやしくいぶかしく踊り  エイヤサッと踊り  神と踊り  ボトンを踊り  人たちは、踊り  二人組が踊り  小歌、踊り  それから二人でまた歌って踊り  唄を歌いながら踊り  軽妙に踊り  輕妙に踊り  ひとなんかと踊り  ファンタジイを踊り  のしげに踊り  闘牛楽に合わせて踊り  街上に踊り  舞踏を踊り  香がながれ、踊り  者達もまた吹きながら叩きながら踊り  中心にして踊り  うっかりすると踊り  皆は踊り  皆一度にぴょんと飛び出して、踊り  今日はと言うて、踊り  ゆっくり、踊り  活溌に、踊り  一緒に再び踊り  淫らな踊り  蒼空を踊り  つた小さな坊主が踊り  スポーツ、踊り  かっこうで踊り  

名詞

踊り[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
踊りをさらひせん  踊り上ろうとした  踊りをやりましょう  踊りの絵をかいた  踊りのごとくに隙間なく統一されて  踊りも出来ます  踊りを行進のよろこびに加える  踊りを誇示して  踊りに行かうではないか  踊りに來る人があります  踊りの歌詞などを仔細に観察する  踊りが行われていると言う  踊りを知らない  踊りの群に投じた  踊り出て彼女達を襲うであろう  踊りの手眞似をしたり  踊りを見せていた  踊りを見ていた  踊りを踊る  踊りを踊って引っ込みました  踊りを踊りました  踊りがすむ  踊りを踊って見せる  踊りを見物していました  踊りを踊ってみたくなりました  踊りに夢中になっていました  踊りがすむと  踊りを踊ったら  踊りを踊りましょう  踊りとかぶきと  踊りと言うたらしい  踊りを職業とし  踊りの囃子はとうとう私の親父の臨終にまでも襲来した  踊りに見  踊りもしたのに  踊りに出かけましょう  踊りに連れ出した  踊りに来る  踊りを始めだした  踊りばかりが専門であると思っていた  踊りの仲間にはいった  踊りに加わった  踊りに合わせて  踊りが済むと  踊りがどんなに下手でも又不美人でも一向に差支えぬ  踊りなど見て  踊りを命じた  踊りを演じた  踊りは相当の熟練を要するらしい  踊りなども一向に見栄えのしない  踊りを見せようという  踊りしながら袋の中を覗き込んだが  踊りが済んだ  踊りを踊ってるだろう  踊り且つ歌う  踊りあるく一団があるかと思うと  踊りの手をやめて  踊りまはりました  踊りがある  踊りの陣にまじる  踊りの輪を眺めながら  踊りを見に来て  踊り狂っている  踊りの渦を巻いている  踊りの輪を駆けぬけた  踊りを踊り出した  踊りを躍っている  踊りを見たる  踊りでも踊つてゐる  踊りといふのを気違ひの  踊りをする  踊りの場所へ出かける  踊りにくらべる  踊りを樂しみに出るらしく  踊りの美しさは永い間に造り上げられ  踊りの美しさを忘れかねてゐるし  踊りから発達して来て居る  踊りの中心に柱をたてたりする  踊りの中へ織り込まれて来た  踊りがすんだら  踊りの一曲がすむと  踊りを踊つたり欠伸をしたりしてゐる  踊りの稽古所ばいりを始めて  踊りに見とれて  踊りをぴたりとやめ  踊りを始めた  踊りを外れて  踊りの中へ眼を走らせながら  踊りの群から脱け出した  踊りを見んとして待っていた  踊りをおどった  踊り上ったり靡いたりして居る  踊りを踊つたつていふ  踊りを見てゐたが  踊りなれのした  踊りを教へる  踊りに来ますか  踊りを見物してゐた  踊りにならない  踊りの太鼓が向岸から強くひ  踊りを踊つたり歌を唄つたりする  踊りををどり  踊りふけっている  踊りについての民衆の声があった  踊りに行った  踊りの輪をとりまく  踊りの輪をだんだんとこの娘さんの立つてゐた  踊りの輪をすらりと魚のやうに脱けて  踊りなどまだ続けられているらしい  踊りでも踊つて見ようか  踊りもそれより他に知らない  踊りに耽らうとする  踊りもいけないとなれば  踊りの師匠に内弟子として預けてある  踊りを踊りはじめた  踊りを持て扱い  踊りをずっと前から見ていた  踊りも瑞々していた  踊りはわかる  踊りよりも集まる  踊りの床へ上がって  踊りの地をひいている  踊りの方に夢中になっている  踊りがすんで  踊りや劇や映画がはいってきた  踊りを踊らせて見よう  踊りに狂つてゐた  踊りに狂つてゐて  踊りの方へ出  踊りに行く  踊りを見せてくれる  踊り狂いつつ合唱する  踊りを踊ったという  踊りを見物した  踊りに眼を向けるので  踊りの足拍子とも判別出来ない  踊りの素養が大分あるらしい  踊りまはつてゐるかの  踊りを見せるよ  踊りの群がくりだすという  踊りの群が流れこんできて  踊りの群が入り乱れている  踊りに浮かれた  踊りの群といっしょに立ち去って行った  踊りや音楽などを仕込む  踊りなど色々とあって  踊りあがるやうな恰好を示したりした  踊りをおどったり  踊り初めてゐた  踊りをクネクネ踊っていると  踊りを見せてやるといふ  踊りや鳴き声を前からきめておいて  踊りに捲き込んで  踊りは歌舞妓の歴史に関りを持つてゐるが  踊りは芝居と密接な関係に捉はれてゐない  踊りに随ふと言ふことは  踊りらしい気がする  踊りかと言ふ  踊りの正道なものとする  踊りが出来なかつたら  踊りでつなぐと  踊りから言つても喜ぶべき  踊りは別個のものとして進んで行かなくては  踊りの仲間に加った  踊りに加った  踊りの仲間に加わった  踊りに加ったが  踊りに憧憬の眼を注いでいると見えた  踊りを踊って見せて  踊りも充分見て来た  踊りで鍛えた  踊りに踊り  踊りせんばかりに喜びました  踊りを見た  踊りを教えていた  踊りやお茶の修養がある  踊りもひとしきり高潮に達した  踊りの鼓を受け持つ  踊りを踊った  踊りの稽古場になっていた  踊りがないのに何に合してゐるの  踊りをやめさせ  踊りと唄とをはじめた  踊りの稽古をして  踊りが魂送りの日を盛りとして行われ  踊りの痕の如く土をてらてらと光らせていた  踊りをおどり出した  踊りを止めて  踊りが一とわたり済んで  踊りに行きませんか  踊りを眺めていた  踊りを習わせて  踊りを見ながら  踊りを踊つてゲロを吐いたり  踊りに行こうか  踊りで仕込み抜いた  踊りのお稽古にやってあった  踊りは踊れる  踊りを忘れてどよめいた  踊りや長唄などの稽古にかこつけて  踊りも体をなしているし  踊りがよいので目立った  踊りをはじめた  踊りとしては新鮮な思いつきだと思って  踊りを所望するという  踊りにはついうっとり見惚れてしまった  踊りと云い  踊りだと云う  踊りとなれば  踊りの方は全くそっちの事件には素知らぬ気色で相変らず  踊りの晩に限られた  踊りの頃になったにしろ  踊りの頃になつたにしろ  踊りのさざめきがきこえ  踊りでも踊っているかと思われる  踊りをするが  踊りの師匠がいた  踊りもあれば  踊りがあった  踊りがピッタリ逼塞してしまうと  踊りも質がいいと仰し  踊りで売っていた  踊りの師匠のお母さんになった  踊りを見て喜んだりして  踊りを眺めてゐましたが  踊りをならいなどして  踊りの復活を旨とした  踊りを見ようとおもって  踊りの気分はすっかりと変って参りまして  踊りもすすみまして  踊りにかけては名人と申す  踊りの一部を勝手にお変えになるについての  踊りの腹芸とでも申すべき  踊りを続けていらっしゃる  踊りの舞台をご見物になっていた  踊りを見ん  踊りの手にまぎらせて  踊りの師匠をこの家へ来てから始めている  踊りの稽古に行って見ようかと思い立った  踊りの稽古をしてもらいたいので出ました  踊りの師匠という人に引き合わされなどしてから  踊りが出来れば  踊りなどいう  踊りのやうに頭の上で振りながら  踊りがあるという  踊りの上手な奴にこの面こをやるぞ  踊り廻っている  踊りの間いっぱいに立てられた  踊りを見せてもらった  踊りを踊るなんて  踊りの曲を真似てると  踊りの様に考へられて  踊りを繰り返す  踊りと見えた  踊りをくり返すばかりだった  踊りが起る  踊りと云われている  踊り跳ねつつ走りまわる  踊りの師匠のところへお稽古がてら  踊りさえはじまっていた  踊りなどを習ったぐらいで  踊りの手よりは堂に入った  踊りのように合掌の手をふりまわした  踊りが終った  踊り狂っていました  踊りをはじめる  踊りを見せながら  踊りの稽古に通っていた  踊りのお浚いはこうしてたびたび見せられたが  踊りのお浚いなどとは大いに勝手が違うので  踊りのたぐいでないということがはっきりと判って来た  踊りをおどらせるぞ  踊り歩いたりしてゐた  踊りの手ほどきをして  踊りが噂に広がって  踊りを見物せんが  踊りの人とならない  踊りの味を占めた  踊りの人となりました  踊りと踊りの間を面白く狂い廻り  踊りに引摺られている  踊りを差し  踊り狂う人たちの血気を抑える  踊りは鎮まるという  踊りの場でうたう  踊りの音頭を揃えた  踊りを見ておりました  踊り狂って行く  踊りのこつという  踊り狂っていたが  踊りの千差万別なることは名状すべくもありません  踊りをおどるが如き  踊りも優美な品のいい踊りならずいぶん結構でござんすけれど  踊りばかりは感心しません  踊りが流行り出した  踊りの同勢がこの化物屋敷の前へ来て  踊りを見物していたが  踊りの同勢は見物のすべてを踊りに巻き込まずにはおきません  踊りがいよいよハネようとした  踊りの同勢が繰込まないという  踊りがあるだろうという  踊りへ出かけるという  踊りに出かけている  踊りが流行り出したという  踊りの妙技だけを持っている  踊りと称して  踊りの手のような身のこなしで階段に足をかけて  踊りを僕は一度見た  踊りをもつと  踊りに踊ってみた  踊りも宴も見あわせて  踊りも踊れまいか  踊りもおどれば  踊りはねている  踊りをはじめると  踊りに踊って踊りぬくと  踊りをやめて  踊りを訂正する  踊りの庭を監督している  踊りの庭と幕屋の内外を走り廻り  踊りで体を鍛えたからであろう  踊りも名を取っている  踊りをおどる  踊りに過ぎない  踊りが済んでしまうと  踊りを見に行きました  踊りは全く下手の度を越していた  踊りに来ている  踊りに行って酔っぱらったから  踊り踊ってみせた  踊りのように自由に動く  踊りが始まりました  踊りよりも面白いと思いました  踊りを見に集まりました  踊りを見ていますが  踊りもいよいよ妙に入るかと思われる  踊りが囃子を引立てるらしい  踊りもいいかげんで切上げる  踊りの渦のところは一々避けて  踊り狂ったのは新吉の逢った  踊りの連中が車馬の往来を止めていた  踊りは義理に拍子だけ合せる  踊りの調子で新吉を追い廻していた  踊りを舞っていました  踊りは死んでしまう  踊りはすべて死んでいる  踊りをだして  踊りまでおどった  踊りの稽古は辞退した  踊り廻っていた  踊りを踊って  踊りをはじめるからでございます  踊りしながら歩き廻っているではありませんか  踊りも踊れた  踊りの仲間に入り  踊りといえるか知らん  踊りになって  踊りに比較して  踊りに来て  踊りの師匠の大浚いが  踊りを始めました  踊りの家台の噂などをしていたが  踊りを披露するという  踊りのステップを踏んでみせた  踊りを仕込む  踊りは皆こうして仕込むので  踊りや茶番の衣裳の損料貸しをする  踊りの師匠の大浚いが催された  踊りの楽屋は恐怖と混乱の巷となった  踊りを踊ったり  踊りを見せられ  踊りを見せる  踊りをやって見せた  踊りを見ているばかりで  踊りが出来るので  踊りでも祇園は早く都踊りがあり  踊りをしていました  踊りをおめえは見た  踊りの一つも踊って見たい  踊りもはずみました  踊りに夢を破られた  踊りに目を取られていたからです  踊りの女連の弁当担ぎか  踊りの方面だけに取られてはおりませんでした  踊りの情景が粉砕される  踊りの本場といわれる  踊りも名取になったから  踊りに特別の地位を認めないという  踊りを見て  踊りの師匠をさせていたが  踊りも見たい  踊りをはじめてしまいました  踊りも出来ぬ  踊りは急に止み  踊りを出し物にする  踊りなどが染め出してある  踊りをしこまれている  踊りの間になっている  踊りがはじまる  踊りも古風でよくわからないが  踊りに酔わせて  踊りを見たいとおっしゃるから  踊りを見ると  踊りをおどって  踊りを見て笑いました  踊りを所望しよう  踊りの身振りのようなことをして見せた  踊りの拍子をとつてゐるだけらしい  踊りが伝統している  踊りを踊っている  踊りに来た  踊りにゆく  踊りに釣込まれてしまう  踊りをしてみせた  踊りを作った  踊りを稽古しよう  踊りあがっている  踊りを踊つてゐました  踊りの輪がめぐる  踊りの輪が丸くつながる  踊りにはふさわしく美しく見えたが  踊りこなして行った  踊りのように上手な人間が作った  踊りは其伝襲に重きを置く  踊りになると  踊りとした  踊りと言うても  踊りが這入  踊りを通じて見られる  踊りの間のきまり  踊りと言ふ  踊りを演ずる  踊りが作られた  踊りとして移された  踊りを習得した  踊りにあるらしい  踊りを踊りますから  踊りを玉の上で巧みに踊りました  踊りを踊るという  踊りとござい  踊りに立ち出でた  踊りの名人の舞踏を見せてもらいました  踊りはだんだんはげしくなって  踊り狂っていたからです  踊りもずっといきに砕けて  踊りはますます活気だってきた  踊りをおどったりしました  踊りを見ても  踊りの中心となる  踊りでも見てゐる  踊りの太鼓がきこえますわね  踊りを覗き込みながら歩いた  踊りを手を振り  踊り回ると同じリズムの音楽でなければ踊る  踊りのデュエットは見ていて  踊りの事は何も知らないし  踊りは見ていて  踊りで見る  踊りを見ていると  踊りは一般観客にはさっぱり評価されない  踊りの輪の運動を注視していた  踊りをまたかといふ風に横目で眺めてゐる  踊りというのをやりました  踊りがすっかり済みますと  踊りをしてるからというので  踊りくるっていた  踊り暮している  踊りも神前の礼儀も仕込まれた  踊り上がって喜びました  踊り廻りながら唄い出した  踊りをおどれとおっしゃる  踊りに導いたのに  踊りの曲を書きしるした  踊りに踊って  踊りこそ天職と思っている  踊りの感覚からおしはかると  踊りを所望された  踊りともしらず  踊りの姿に我ともなく体をひき立てられ  踊りをおどらない  踊りでなくそれがよろこびのおどりなら  踊りを教えてください  踊りも脂気が抜けて  踊りをさせる  踊りの稽古に通う  踊りの帰りは視線のほかに冷やかしの  踊りの中の一人の典雅な支那婦人を見付けて囁いた  踊りの中から舞い上って来る  踊りを見ていて  踊りでも見ていてくれ  踊りが終んだ  踊りの中へ流れ込んだ  踊りして来ると  踊りのように見え始めて来る  踊りの真似ごとをやりだそうとする  踊りに行かうとすすめられた  踊りをおどつてゐる  踊りの輪を描いて踊っている  踊りの話を思い出して  踊りをおどらせた  踊りの絵がぶら下った  踊りを踊らせたり  踊りというのはまだ見参しない  踊りなんてさつ  踊りが続いてゐる  踊りの中で述べられた  踊りに誘はれて  踊りしながら進む  踊りくるっている  踊りなぞを見ましたが  踊りの会などもそれが最後かと思われました  踊りの手ほどきなどして  踊りの手ほどきに出稽古をする  踊りを演じている  踊り廻る間にこれと婚す  踊りの足踏みをつま先に感じ  踊り走る図三を出し  踊りでもない西洋のダンスでもない一種の新しい日本の踊りが生まれて来る  踊りもできという  踊りを踊り  踊りの帰路を立寄った  踊りをつづけた  踊りの方にひきつけられていた  踊りから出た  踊りを見せようと待つてゐられる  踊りを所望すると  踊りや三味線を仕込まれ  踊りの稽古に通っていたが  踊りの稽古に通わせ  踊りも見つくして  踊りをみて下さい  踊りをおどつて居ります  踊りをみてくれ  踊りの仲間に入つてきた  踊りでもあるかの  踊りで名の知れた  踊りで叱られる  踊りが済めば  踊りも踊れませぬ  踊りへ案内するから  踊りの樽太鼓の鳴る  踊りくらべて見なければならないと  踊りの巧みなことでせう  踊りあがっているわ  踊りを知らないで見てゐる  踊りに来てゐる  踊りに来て居る  踊りを忘れず  踊りの師匠として世に聞えた  踊りを披露に及んだ  踊りをしてよろこんで  踊りをおもひ出す  踊りの手ぶりのように見えた  踊りを踊ったりした  踊りだけ受け持てば  踊りの下地がねえといった  踊りのおの字も知らなかった  踊りになった  踊りにまぎらして  踊りが始ったが  踊りの手ぶりのようにうずくまる  踊りに見える  踊りに伴って鳴る  踊りでほめてもらった  踊りを仕込まれていたが  踊り疲れた二人が村はずれの地蔵さまのそばまで戻ってくると  踊りが済んで  踊りの一部をおこなっている  踊りのお稽古の行きや帰りにだだをこねる  踊り狂って居た  踊りを踊つたりしない  踊りの催しなどをさがしては出掛ける  踊りの温習かと思ったら  踊り上って笑う  踊りにつれて変化する  踊りに来合せてゐた  踊りを知らないといふ  踊りを覚えたいと  踊りのてほどきをして  踊りを習ひはじめた  踊りの快楽を与へてやりたい  踊りを与えた  踊りのステップを規定するばかりでなく  踊りはその退屈さで人を苦しめるばかりでなく  踊りの相手を紹介する  踊りがき  踊りを覚えたといふのに  踊りがはじまると  踊りは葬列の虚しい歩行と同じものにすぎなかつた  踊りを押しつけた  踊りに堪えられぬ  踊りや酒場に出入する  踊りと活動では元来意味がまつたく  踊りをすすめた  踊りにをいでな  踊りを鳴らした  踊りを二つ三つ踊った  踊りの師匠としてこの街でいい地位を固める  踊りや三味線の稽古に通わねばならない  踊りは踊れませんよ  踊りのお師匠さんのところへいっておいで  踊りの扇を持って出て来て  踊りはまたはじめられた  踊りがすんでも  踊りを踊り抜いて  踊りの芸を仕込んでくれた  踊りはいつまでも続きました  踊りを致しました  踊りといい香いとで湧き返る  踊りをやり  踊りには呆れた  踊りを見せに行く  踊りは勘弁してくれ  踊りの場をプレスコアリングの音を出し  踊りの引込みもかたまり  踊りは勘辨してくれ  踊りの仲間入りをさせてもらつた  踊りというものを構成するとすれば  踊りの真中を目がけて踏み出そうとすると  踊りを眺め  踊りをその踊りの輪のなかから見る  踊りのある  踊りと酒と並木と女の足との統一ある  踊りの手拍子のような事をして見せました  踊りを真似してる  踊りの相手ときまる  踊りに踊りぬいた  踊りはしなかつた  踊りなんていふ  踊りと歌を売つてゐる  踊りをして  踊りをやった  踊りを覺えてゐる  踊りの環をごらんなさい  踊りを始めて下さいました  踊りだと申しました  踊りもやめて  踊り廻って遊びました  踊りも止めて見上げますと  踊りをおどりながら  踊りを磨く  踊りを反省してみると  踊りが行き亙つてゐない  踊りでも音樂でも圍碁でもさうだが  踊りさわいでいる  踊りがつづくので  踊りの輪も夜が更けると  踊りも他所の踊りも見る  踊りを踊らせたので  踊りを止め  踊りの手附きで  踊りの師匠の娘と恋に落ち  踊りなど諸芸に通じ  踊りが始まるから行かう  踊りとか唐子遊戯の図などが染出された  踊り廻ったりしている  踊りの群れにはいって  踊りをやりながら  踊りの足拍子が聞えだした  踊りをおつ始めずにはゐられないの  踊りては互の体を支え合いながら云い  踊りをこれまで見た  踊りで語る  踊りであるように思われた  踊りが目だって  踊りの輪に加わらせようとした  踊りに自信のできたらしい  踊りはいつまでもつづき  踊りの輪が大きくなり  踊りを見ていても  踊りでも踊れる  踊りへよりたやすい才能のはけくちを与えた  踊りを盆栽に仕生けた  踊りを見慣れた  踊りの側の形式をとり込んでゐるのであらうが  踊りのために作りし  踊りをやめてしまった  踊りをおどつた  踊りを演じてゐた  踊りは知らないと見へて  踊りは益々激しくなった  踊りに加はるごとく  踊りや軽業の他に筋のある  踊りまはる  踊りを舞う  踊りにおいてツレブラを好む  踊りの相手をさせられたが  踊りに行って  踊りを踊つてゐる  踊りのお師匠さんを病気になるほど思いつめ  踊りだと言ったってかまわない  踊り上ったと思う  踊りがしたい  踊りにすっかり疲れていた  踊りにすつかり疲れてゐた  

~ 踊り[名詞]1
さんさ踊りを  空中へ踊り  文福茶がまの浮かれ踊りを  綱渡りと浮かれ踊りの  巧妙な踊りの  今夜は踊りの  歌や踊りを  凱旋の踊りを  ような踊りが  ダンスパーティなどと称して踊りを  デモンストレーションの踊りを  そうに踊りを  ように踊りを  鬼の踊りを  おじいさんの踊りに  わけで踊りを  でたらめな踊りを  今日の踊りは  舞ひや踊りや  此をかぶき踊りと  前駆かぶき踊りの  舞ひや踊りを  地車や踊りの  これは踊りや  厭らしい踊りに  ホモイが悦んで踊り  街へ踊りに  初を踊りに  前垂を外して踊りに  異様な踊りを  珠実嬢は踊りばかりが  君が踊りに  銀子の踊りに  恍惚と踊り  女達の踊りが  菊五郎の踊りなど  時の踊りが  好きだった踊り  芸者に踊りを  戦争の踊りを  祭り日の踊りの  閻魔の踊りを  #最後の踊り  比丘尼が踊りを  あたしは踊りが  自由な踊りの  中には踊り  ように踊りの  群衆は踊りの  五日の踊りが  仮装の踊りの  渦にまきこまれ踊り  囃子とともに踊りの  ひと群れの踊りの  鬣を振って踊りを  二人は踊りでも  死の踊りといふ  奇てれつな踊りを  うちから踊りの  ほんとうに踊りを  いふ姿と踊りの  場所で踊る踊り  盆の踊りの  為の踊りで  払ふ踊り  為の踊りに  日本の踊りは  鎮花祭の踊りから  鎮花祭の踊りを  珍妙な踊りを  鼻先で踊りを  浄瑠璃や踊りの  狸ばやしの踊り  火星人の踊りに  火星人は踊りを  活発な踊りを  女の踊りは  そうに踊りの  爾の踊りは  酒宴の踊りは  爾と共に踊りを  ニグロの踊りは  ような踊りを  色を呈して踊り  方へ踊り  一緒に踊りを  二組出てゐる踊りを  人が踊りに  先刻から踊りを  村の踊りの  祭りに踊りを  女とが踊り  妙な踊りをを  町の踊りについての  二度ほど踊りに  こんどは踊りの  屋台の踊りなど  愉快な踊りに  その他にも踊りの  独りで踊りを  人の踊りを  庸三も踊りは  師匠が踊りの  彼女は落ち着き払って踊りの  心は踊り  僕は踊りの  音楽や踊りや  家ン中で踊りを  綱も踊りに  綱は踊りに  山の頂きの踊りの  ホテルへ踊りに  海盤車娘の踊りを  法斎念仏という踊りの  別れの踊りを  つて光子の踊りを  光子の踊りに  何れが踊りの  お前は踊りの  悲鳴をあげて踊り  夜ごと四ツ竹を持った踊りの  色町からくりだした踊りの  雑鬧を踊りの  尻までまくりあげる踊りなど  舞や踊りが  祝の踊り  不安に踊り  みたいな踊りを  ように踊り  東京の踊りは  役者の踊りに  方が踊り  これでも踊りかと  歌舞妓所作事を踊りの  三津五郎に踊りが  歌舞妓と踊りは  彼女が踊りに  インデヤンの踊りを  空へ踊り  西川勝之輔という踊りの  あちらの踊りも  カロルを踊りは  柏の踊りも  子の踊りを  子供たちに踊りを  ひろは踊りも  舞台に出て踊りを  歌や踊りの  あれを踊りに  それまでの踊り  女が踊りを  夫人に踊りの  勇敢な踊りを  ブルタアニュ特有の踊り  出鱈目な踊りを  今夜でも踊りに  娘を踊りの  なになにの踊りは  種の踊りの  唄をうたい踊りを  ホールへ踊りに  ストリップは踊りも  いくらかでも踊りが  ヒロセ元美が踊りが  水泳をまねた踊りを  ストリップの踊りとしては  男の子が踊りを  只今の踊りには  飯野川の踊り  流行で踊りと  秋の踊りまでには  何も踊りの  それに踊りの  姿で踊り  舞踊家が踊りを  カダンスと踊りの  滑稽な踊りを  拍きながら踊り  女の踊りの  楊弓もあり踊りも  天理教の踊りが  清元と踊りで  阪東百代という踊りの  家元に踊りを  がちな踊りの  手をつないで踊り  活人形の踊りを  人形の踊りに  自他ともに許した踊りの  我意から踊りを  普通の踊りの  絢爛たる踊りの  日本一の踊りを  方が踊りの  此所へ踊りの  立派に踊りが  閻魔の踊りが  一人で踊り  みんなの踊りを  わたしの踊りなんか  酒を飲んで踊りを  神送りの踊りの  吸血鬼の踊りと  上を踊り  怪の踊りと  血の踊りを  興に乗って踊り  経文を唱えて踊り  無我境の踊りが  果報な踊りと  世良田をめぐって踊り  三筋町の踊りの  あちらでは踊りさえ  長唄や踊りなどを  炭坑節の踊りの  堂に入った踊りの  タコ入道の踊りの  そっちのけにして踊り  何かの踊りを  所々で踊りを  娘は踊りが  ところへ踊りの  茶番や踊りの  これまで見馴れていた踊りの  奴さんの踊りの  そこを動くと踊りを  紳士と踊り  市川流の踊りの  四から踊りの  本当の踊りを  自らが踊りの  夢中に踊りの  踊りと踊りの  耳を聾するばかりの踊りの  みんなの踊りに  ここへ集まって踊りの  東へ踊り  お前たちの踊りなんぞは  新手を加えた踊りの  唄と踊りの  大勢して踊り  えいじゃないかの踊りばかりは  例の踊りが  同勢は踊りの  すべてを踊りに  狐の踊りが  王子稲荷の踊りへ  狐の踊りに  狸の踊りを  幾種の踊りの  美と踊りの  時に踊りと  シャムの踊りを  ワッとばかり踊り  わたしは踊り  西洋の踊り  祭におどる踊り  一同が踊りを  中啓を以て踊りの  小えんは踊りも  さは踊りを  伝統的な踊りを  天狗の踊りに  歌と踊りの  座を立って踊りを  仁科六郎の踊りは  キャバレーへ踊りに  パートナーと踊りに  西洋の踊りの  手は踊りの  酒宴と踊りが  一種不思議な踊り  名状のできない踊り  本格の踊りよりも  茂太郎の踊りを  今は踊りが  相手を捉えて踊り  酒場で踊り  八組の踊りの  雲は踊りの  全体として踊りの  未熟な踊りの  妙テケレンな踊りを  一おどり踊り  怪奇な踊りを  舞と踊りの  都の踊りは  黒ん坊の踊りを  鳥の踊りも  相手に踊りまで  春の踊りや  あしべ踊りと  何度目かの踊りを  波と共に踊り  前で踊りを  心をもっていないからこそ踊りも  形で踊り  これが踊りと  本式の踊りに  ガムシャラの踊りに  出鱈目の踊り  覆面をして踊りに  識っている踊りの  水木歌女寿と呼ばれる踊りの  興が乗ると踊りを  三津子は踊りの  芝居の踊り  仔猫に踊りを  猫の踊りは  藤間光奴という踊りの  華やかな踊りの  琴を弾いたり踊りを  看板をかけていた踊りの  こっちは踊りの  狐憑きの踊りを  変な踊りを  子供たちは笑って踊りを  春の踊りでも  地蔵の踊りを  地蔵の踊りで  張合いになって踊りも  興味が踊りの  名古屋の踊りに  西川流の踊りを  家に留めて踊りの  名古屋の踊りも  七福神の踊りなどが  母に踊りを  日本の踊りを  異人さんは踊りを  ジャズの如く踊りの  わたくしが踊りを  わたしの踊りを  村祭りの踊りを  ロココ風の踊りを  家連の踊りの  奇妙な踊りを  相手の踊りの  それは踊りの  山寺へ踊りに  昌歓寺まで踊りに  あいつの踊りに  前にはきつと踊りの  ひょうきんな踊りを  先生も踊りが  先生だって踊りを  山まで踊り  珍らしい踊りを  それを取り巻いて踊りの  民族的の踊りには  見事に踊り  のは踊りじゃ  芝居や踊りの  ふしの踊りとの  女性の踊りは  其後が踊りに  最高の踊りと  島人の踊りの  舞ひや踊りが  沖縄の踊りを通じて  組唄の踊りと  あてぶりの踊りを  五組の踊りが  小唄組の踊り  組唄の踊りとして  念仏者の踊りを  擁き踊りに  唐人語を使って踊りを  不思議な踊りを  唐人ことばで踊りを  てんぐの踊りと  手を携えて踊りに  国中の踊りの  王様の踊りは  春と踊り  歌も踊りも  横取られた踊りの  歌をうたったり踊りを  土人の踊りでも  日本へ帰ると踊りの  最初の踊りを  中の踊りを  者はいつこうに踊りに  女中も踊りから  隣村から踊りに  出鱈目千万な踊りを  自然に踊り  ロジャースの踊りの  自分は踊りの  二人の踊りは  菊五郎三津五郎の踊りで  二人の踊りを  骸骨の踊りが  音楽に合わせて踊りを  線条の踊りは  影絵の踊り  すきから見える踊りの  恰好の踊りを  のへの踊りという  へんてこな踊りを  美人を擁して踊り  ほとりで踊り  ミコの踊りも  ものが踊りを  唄だの踊り  かしな踊りを  ようになって踊り  何か踊りを  二人は踊りに  あれほど踊りこそ  アステアの踊りの  最後の踊りとも  夢中で踊りの  幻の踊りの  悲しみの踊りを  悲しみの踊り  夜更けまで踊り  キミサリンって踊りを  風邪薬みたいな踊り  中に踊りを  白粉をつけて踊りの  甲谷は思って踊りを  山口は踊りの  骸骨の踊りの  骸骨の踊りでも  折から廻り出した踊りの  一切が馬鹿げた踊りの  菊五郎の踊りを  姿で踊りを  地に踊りの  たぬきの踊りの  障子をはらって踊りという  開店祝いの踊りの  茂太郎の踊りは  斯んな踊りなんて  これも踊りの  さつきの踊りの  手をふりたてて踊り  獣の踊りなぞを  長唄と踊りの  長唄を教え踊りの  周りを歌い踊り  ハンガリヤの踊りの  腰付けて踊り  日本在来の踊りでも  日本の踊りが  ダンスホールで踊り  勇敢に踊りを  舞踊場の踊りの  無気味な踊りを  後には踊り  露西亜共和国の踊りの  事か踊りの  何某氏に踊りを  鶴さんに踊りを  種々の踊りの  本牧あたりまで踊りに  下地ッ児として踊りや  学校から帰ると踊りの  芝居や踊りも  人形の踊りを  んなじ踊りを  狂はしい踊りを  私等の踊りの  精の踊りでも  段四郎で踊りで  息子が踊りで  町へ踊りに  小唄と踊りの  ものの踊りの  タランテラの踊りへ  若衆たちは踊りの  上手か踊り  孫娘を連れて踊りに  雀百まで踊りを  いふ形の踊りが  ゆうべの踊りを  優雅な踊りを  なかの踊りだけ  ふたりもつれ合って踊りに  駒ちゃんが踊りに  振りの踊りが  虫の踊りに  伝統を持つ踊り  歌や踊りで  三味線と踊りを  酒盛りと踊りが  練習で覚えた踊りの  お前が踊りを  時から踊りが  お前の踊りを  娘が踊りの  活溌に踊り  骸骨が踊りを  蛇の踊りが  野談や踊りの  色が踊りにつれて  僕も踊りを  文子は踊りを  文子に踊りの  文子に踊りを  ジャズは踊りの  人は踊りが  僕は踊りが  二曲目の踊りが  彼に踊りを  僕は踊りに  文子さんの踊りの  ホールへ踊りにを  骸骨の踊りを  女は踊りを  藤間流の踊りの  ところへ踊りや  下手な踊りを  ように踊りは  米子が踊りの  野蛮な踊りを  何んな踊りを  三味線や踊りの  精の踊りは  庭で踊りを  音楽と踊りと  フィナーレの踊りを  それが踊りの  低能の踊りには  下手な踊り  鬼に踊りを  石田守衛の踊りの  元を尋ねると踊りの  光像の踊りも  ニムフの踊りの  習俗や踊りだの  地方の踊りの  秋波と踊りと  ブダペスト風の踊りを  一晩の踊りの  何の踊りも  町で踊りと  唄や踊りを  夏の踊りの  蛹の踊り  木の踊りの  人を集めて踊りを  歌をうたい踊りを  皆は踊り  茶は踊りを  自分の踊りを  先まで踊りが  輪をつくって踊り  連中の踊り  素朴な踊りの  夜中までも踊りが  勝ちな踊りの  故郷の踊りも  地方独得の踊りを  調子外れの踊りを  岡倉の踊りを  奇抜な踊りを  人形は踊りを  五郎兵衛は踊りの  七福神の踊りとか  まわりを踊り  姉妹そろって踊りの  彼女は踊りを  中ぢゆう踊り  名コンビと云われる踊りて  二人の踊りては  一つの踊りの  手首の踊り  朝倉先生の踊りが  不器用な踊りを  歌や踊りへ  来意を告げると踊り  昔の踊りを  母さんが死んだら踊り  外人の踊りを  国の踊りを  鎮花祭の踊りの  舞に対しては踊り  彼等と共に踊りを  彼女等の踊りは  自分の踊りの  カンボジヤの踊りを  彼女が踊りにおいて  テニスや踊りの  今夜も踊りに  弟子達の踊りの  勇敢無双の踊りで  はつきり理解せずにさういふ踊りを  阪東なにがしという踊りの  泪のこみあげてくる踊りは  一番文明の踊り  玻璃玉にして打ちつけてくれる踊りは  慰問に踊りに  水の上へ踊り  あたし蛇の踊りが  一日十幾回の踊りに  一日十幾囘の踊りに  

~ 踊り[名詞]2
再び踊り  なく踊り  さんざん踊り  めずらしい踊り  おもしろい踊り  あの踊り  やっぱり踊り  この踊り  なんで踊り  忽然と踊り  その踊り  古い踊り  正しい踊り  ぽい踊り  拙い踊り  何とか踊り  面白い踊り  そんなに踊り  いい踊り  新しい踊り  要するに踊り  どんな踊り  いわば踊り  かんかん踊り  さながら踊り  しきりに踊り  めざましい踊り  一しきり踊り  とうとう踊り  沢山踊り  おかしな踊り  カンカン踊り  大きな踊り  等しく踊り  そのまま踊り  コロコロ踊り  猶踊り  サッと踊り  定めし踊り  まるで踊り  其の踊り  先ず踊り  生憎踊り  むしろ踊り  ない踊り  かく踊り  あいにく踊り  もう踊り  荒々しく踊り  何だか踊り  決して踊り  勇ましい踊り  こんな踊り  ぐるぐる踊り  よく踊り  新しき踊り  あたかも踊り  短い踊り  無い踊り  時どき踊り  

複合名詞
踊り度  踊り煙草  踊り姿  踊り手たち  踊り歌  hechiri熊踊り  裸踊り  歌舞伎踊り  手踊り  其踊り歌  念仏踊り  芦辺踊り  都踊り  踊り構え  一ツ裸踊り  熊踊り  安来節踊り  いくら都踊り  踊り狂  踊り手  踊り位  カロル踊り  鹿踊り  羊踊り  行つて踊り  スタコラサ雀踊り雀踊り  雀踊り  凱旋踊り  一踊り祝  一踊り  一まわり踊り  手踊り雀  囃方惣踊り  惣踊り  みんな踊り  つた踊り  默つて踊り  つた踊り手  住吉踊り  小町踊り  業平踊り  此踊り  ちようど念仏踊り  小唄踊り  伊勢踊り  蓑踊り  狸踊り  踊りよう  踊り踊  矢張り踊り  踊り朋輩  とき踊り  音頭踊り  踊り狂つて  トンボ踊り  アヤメ踊り  マダム踊り  素踊り  東洋踊り  踊り着  踊り自慢  うち踊り  さつき踊り  踊り相手  習つた踊り  流行踊り  元禄踊り  踊り回つて  踊り合手  ロシア踊り  踊り達者  爪先踊り  一ト踊り  踊り終つてヂェラルド  踊り祭り  踊りぶり  踊り自身  踊りそのもの  インデヤン踊り  浪花踊り  踊り靴  金粉踊り  踊り人形  ルンバ踊り  豊漁踊り  一同踊り上  風俗踊り  宙踊り  踊り好き  鴨川踊り  踊り方  心踊り  踊り屋台  木曾踊り  伊那踊り  踊り手達  踊り出し  つて踊り上  踊り人  スットコ踊り  ステテコ踊り  すずめ踊り  コサック踊り  阿国踊り  の踊り  踊り痴  踊り見物  踊りかた  まま踊り  鎗踊り  矢張り雨乞踊り  踊り燥ぐと  槍踊り  丁度都踊り  いま一踊り  田楽踊り  大勢踊り  輪踊り  美濃踊り  西洋踊り  唄三味線踊り  あやめ踊り  あやめ踊り今様  六方踊り  時宗踊り  踊りッ子みたい  みな踊り  馬鹿面踊り  馬鹿踊り  はじめ踊り  山家踊り  春雨踊り  踊り上  鉦叩き踊り  カザーク踊り  踊り椅子  分解踊り  踊り出  踊り全体  自ら馬鹿面踊り  踊り無料  古市踊り  鳥踊り  女手踊り  笑つた踊り  踊り續  大漁踊り  菖蒲踊り  踊り家台  長柄踊り  踊り放題  一晩中踊り  簓踊り  稚児踊り  踊り連  名古屋踊り  傍ら踊り  万作踊り  四竹踊り  道行踊り  さま踊り狂  土佐踊り  娘手踊り  踊り叫び笑い  踊り菌  組み踊り  組踊り成立案  村踊り  組踊り  ふし踊り  踊り神中心  若衆踊り  従つて其踊り  ふし踊り以来  組踊り成立  五組踊り  此小唄踊り  皆小唄踊り  組唄踊り  前期組踊り詞章  羽踊り  端唄踊り  組踊り展開  六組踊り  組踊り詞章  歌舞妓踊り時代  組踊り自身  組踊り全部  した組踊り  空中踊り  雨乞踊り  踊り足  ことばどおり手踊り見物  ひょっとこ踊り  踊り手ら  足踏み踊り  観客みずから踊り  戦争踊り  七福踊り  花咲踊り  腹踊り  マンボ踊り  踊り仲間  踊りゃいいのにさ  シシ踊り  獅子踊り  鹿の子踊り  八つ鹿踊り  事実上鹿踊り  所謂鹿踊り  所謂シシ踊り  踊りたる  裸身踊り  踊り廻つたの  モリヨリヨン踊り  生れつき踊り  忍踊り  一踊りわれ  一踊り忍び  一踊り君様  一踊り忍び入り  一踊り今  毎夜踊り  孃さま踊り  踊り済  踊り部屋  娘踊り  酔つて踊り  念仏踊り其儘  花踊り  凡て踊り手  十七日踊り  踊り月  踊り踊り  そこら一面踊り  踊り上手  一回踊り  亀踊り  あたしゃ踊り  手踊り天人娘夢浮橋  踊り振り事  虫踊り  頃踊り  違つた踊り手  ら踊り  踊り様  踊り乍ら両側  貴様ひとつ踊り  踊り二つ  阿波踊り  韃靼踊り  足踏踊り  キルト踊り  つて裸踊り  踊り小屋  踊りそこのけ  泣き笑い道化踊り  腸綿踊り  一二度踊り仲間  踊り目  踊り唄  踊り衣装  なか踊り  文学踊り  踊り狂い  南洋踊り  仮面踊り  踊り衆  棒踊り  念仏巫女踊り  歌舞妓踊り  運動踊り春春  運動踊り  男踊り  小唄組み踊り  壁塗り踊り  びとははじめて踊り  田植ゑ踊り  傘踊り  あづま踊り  桝踊り  ゴリラ踊り  時都踊り  自ら踊り  



前後の言葉をピックアップ
踊り  おとり  躍りかか  躍り込ん    躍り  躍りかかっ  踊りあかす  おどりあが  躍り上がっ


動詞をランダムでピックアップ
起たさておい読み上げ来あわし濁らせるゆだろ逃がす悔やむ見おろし整いゆすぶれあびる組め閉じこもっ次がじゃらす散り残っ死する持ち上げるとがる
形容詞をランダムでピックアップ
忌まわし初初しい捗々しき小ざかしくみにくき高う頼もしき温けれ痛くたかい美々し生っ白いかわいあどけな野暮ったい空々しいはばひろき気恥し金臭い胡散臭く