「焼け死ぬ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 焼け死ぬ[動詞]
あいつは焼け死ぬ  火だるまになって焼け死ぬ  墨屋敷で、すでに焼け死ぬ  足がすくみ、倒れて焼け死ぬ  者、焼け死ぬ  雨を浴び、焼け死ぬ  蜀兵の焼け死ぬ  これなり焼け死ぬ  ように、ことごとく焼け死ぬ  広場に集まっていれば焼け死ぬ  中で焼け死ぬ  今度こそ焼け死ぬ  ここに踏みとどまって焼け死ぬ  赤ン坊は焼け死ぬ  小城一つ失ったとて、やわか、むなしく焼け死ぬ  死ぬか、焼け死ぬ  酒を飲んで焼け死ぬ  一人残らず焼け死ぬ  山火事だ早く逃げぬか焼け死ぬ  火をかけて焼け死ぬ  まごまごしていると焼け死ぬ  火事で焼け死ぬ  



前後の言葉をピックアップ
やけ  焼け  焼けよ  焼けれ  妬け  焼け落ち  灼け  焼け跡  焼跡  焼け穴


動詞をランダムでピックアップ
跨げるゆお乗りかける繋ご降込むきづく盛返そ類すぬがせる弄せつきあえ包む割り切っこそぐ仕上る峙た差し出す引き立と奮う請負っ
形容詞をランダムでピックアップ
ひもじかっおかしかっいちじるしかっ弱よわしい堆きむず痒くじつなめでたかろ心地よき烏滸がましきどぎつ押しつけがましいくわしかろあかしまましい等しくしかつめらしくなけれとぼしかっ幅広し