「泊る」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 泊る[動詞]
ところで泊る  星城子居に泊る  御馳走になる、そして泊る  來て泊る  とこへ泊る  家へ泊る  私だけ泊る  彼氏も泊る  夜警から来て泊る  当家に泊る  所も泊る  笑ふ、そして泊る  屋に泊る  酔ふ、泊る  山口へ行く、酔うて泊る  宿屋に泊る  樹明君を訪ねて泊る  花屋に泊る  事情があると見えて泊る  汽車が無くなれば泊る  自分たちが泊る  クラブに泊る  待合へ泊る  部屋へ泊る  自宅へ泊る  寄宿舎へ泊る  顕官の泊る  猛烈に走っていて、たとい止まってくれたとしても泊る  木賃宿へ泊る  家に泊る  あそこへ泊る  つてから泊る  首都ペテルブルグ中で、泊る  病院に泊る  信子はとうとう泊る  何処で泊る  板屋に泊る  所で泊る  其跡へ泊る  途中で泊る  下等に泊る  宿屋へでも泊る  方へ泊る  今夜ここに泊る  木賃宿にでも泊る  宿直ですから、これから帰って泊る  手紙まで泊る  お前様方どこへ泊る  繭買いなどの来て泊る  中村の家で初めて泊る  そこで泊る  割部屋に泊る  明日も泊る  宿に泊る  先いくら行っても泊る  天候が悪くっても、泊る  農家に泊る  室に泊る  ここへ泊る  そこに泊る  ホテルに泊る  言伝を頼んで泊る  邸へ泊る  此處に泊る  招ばれて泊る  日が暮れたので、泊る  宿で泊る  下田へ行って泊る  私は泊る  彼等が泊る  ここへ暫く泊る  明日から温泉へ泊る  ここで泊る  林町から祖母が来、泊る  ところに泊る  林町に泊る  家で泊る  一室で泊る  弟子屈温泉に泊る  あげく、泊る  ところへ泊る  泰山木が咲いてゐて泊る  もとに泊る  夕陽がもう入っていたが、泊る  仕方なしに、泊る  人間が泊る  宿泊所などに泊る  父ちやんは泊る  ルミちゃんとこへ泊る  あなたが泊る  親類へ泊る  藤へ泊る  関係者がよく泊る  から、つい泊る  病院へ泊る  時間に遅れて、つい泊る  旅館に泊る  武家衆様、泊る  百姓家で、泊る  大臣の泊る  たびに泊る  それに、泊る  他に泊る  東京から来て泊る  日、泊る  五日ここへ泊る  げに泊る  熊谷へ泊る  栗原へ泊る  往って泊る  旅人を泊る  から、泊る  雪に逢い泊る  娘達は分れて泊る  一晩豊世に泊る  萩原へ泊る  姉ちゃま、泊る  市で泊る  少年も泊る  久しぶりで泊る  入ろう、まだ泊る  今夜どこへ泊る  行つて唯旅館に泊る  どこへ泊る  ここらで泊る  俺らの泊る  近所に泊る  官舍に泊る  官舎に泊る  奥鞆町で泊る  なかで寝る泊る  津呂で泊る  安宿に泊る  山西屋に泊る  まらないけれど、食べて泊る  船が泊る  今晩も泊る  それは泊る  二人が泊る  女ばかりで泊る  一人で泊る  甲府へ泊る  草刈どもの泊る  時刻であったけれども、そこでひとまず泊る  宿へ泊る  土地に泊る  社に泊る  市に泊る  家へは帰るまい、泊る  処で、泊る  門司に泊る  宿屋へ泊る  つもりで、泊る  自分も亦泊る  さつきは泊る  一人も泊る  私の泊る  木賃宿に泊る  やつと食べて泊る  一勝地で泊る  此宿に泊る  ボクチンに泊る  油津で泊る  此宿を見つけて泊る  前へ来たので、すぐ泊る  持金二十銭しかないので、食べて泊る  此宿へ泊る  神経質である、泊る  つても泊る  教へられて泊る  後藤屋に泊る  帰つて来られた、遠慮なく泊る  不景気、それでも食べて泊る  途中千々石で泊る  岩国屋へ泊る  山里にも泊る  徳山に泊る  安宿へ泊る  臭い一室に泊る  孔生は泊る  バンガローで泊る  港へ泊る  今晩は泊る  ガクヤに泊る  林温泉に泊る  今し、泊る  城下で泊る  のに泊る  のへ泊る  湯に泊る  部屋に泊る  友達が来て共に泊る  外へ泊る  今晩の泊る  小梅に泊る  どこかで泊る  鳴海へ泊る  小田原に泊る  本陣へ泊る  本陣に泊る  旅籠屋に泊る  客も泊る  品川なんぞへ泊る  よそへ泊る  小名浜で泊る  寮に泊る  山の寺に泊る  そこには泊る  ためわり込んで泊る  宿やに泊る  ここに泊る  概ねここに泊る  旅館へ泊る  私自身強ひて泊る  とある旅館にいって泊る  拙者の泊る  勝手だよ、泊ろうと泊る  天幕を張って泊る  小屋に泊る  此処に泊る  ホテルへ泊る  承知して泊る  村に泊る  今、ふらりと来て、泊る  夜更けに泊る  釧路へ来て泊る  其宿屋に泊る  労働者が泊る  手ぶらで泊る  ピエンツアに泊る  大竹に泊る  枚方で泊る  新居春風亭に泊る  安宿に泊る、泊る  土肥温泉に泊る  牛馬宿に泊る  湯宿に泊る  友情によつて、泊る  宿直室に泊る  グランド・ホテルに泊る  何處へ泊る  関係上、泊る  二つに別れましたが、泊る  私、泊る  途中に泊る  叶つて私の泊る  來てこよひを泊る  今夜此處に泊る  其處に泊る  所が見つかっても、泊る  破屋でも泊る  ものが元来泊る  んだなと、ようやく気がついたくらい、泊る  身体に泊る  山毛欅坂避難小屋に泊る  無事着六時過ぎ宿へ泊る  焼印を押し泊る  小屋へ泊る  吹雪もひどくなったので、早過ぎると思ったが泊る  大久保村へ泊る  菅原村に泊る  山小屋へ泊る  皆な泊る  今夜吉田で泊る  いふに泊る  五所川原へ泊る  のだが、泊る  寝床で泊る  隔晩毎に泊る  こちらにも泊る  一同此処へ泊る  松園へ泊る  二組で泊る  わたくしの泊る  千早館に泊る  聖弦寺に泊る  村へ戻って泊る  毒消し売りの泊る  此夜家々に泊る  私も時々泊れと誘はれたが泊る  毎晩見廻りに来て泊る  島に泊る  満鉄公所に泊る  おまえが泊る  事務所に泊る  三島に泊る  清風宅に泊る  坊に泊る  吉原へ泊る  下宿まで送り、そのまま泊る  学校へ泊る  向へ泊る  待合へ連れて行き、どうしても泊る  学校に泊る  どこかに泊る  今夜何處へ泊る  旅舎に泊る  此處へ泊る  山に泊る  女は、泊る  私は暫く泊る  ッかへ泊る  寺へ泊る  旅舎なんかねえさ、泊る  今夜の泊る  何処にか泊る  これも泊る  みんなこちらに泊る  二人で泊る  武蔵が泊る  人たちも泊る  土曜から行って泊る  今夜其所に泊る  藤六どんとこへ泊る  けふむかうへ泊る  今宵は泊る  のへ入って、いずれ泊る  男が泊る  お母さんが泊る  板倉さんに泊る  弘文社に泊る  瓜小舍に泊る  曙へ行って泊る  家毎に泊る  別館に泊る  彼も泊る  私たちは泊る  本宅に泊る  晩は泊る  おれとうとう泊る  ところはなくっても、泊る  うち、泊る  どこか、泊る  ほかに泊る  今夜は泊る  金沢で泊る  看護婦に泊る  迚も泊る  霧積温泉に泊る  星ヶ浦に泊る  とつくになし、泊る  所にも泊る  戸塚へ泊る  大名となると泊る  駅に泊る  駅で泊る  大名の泊る  たまたま脇本陣に泊る  所へ泊る  処へ来て泊る  外に泊る  目白へ泊る  僕が泊る  東京柳橋おごりなら泊る  道があぶないし疲れるから泊る  ここによく泊る  こっちに泊る  わけで泊る  どこに泊る  人が泊る  自分は泊る  元村なぞに泊る  二人ずつ泊る  ゆうべ一しょに泊る  から其処へ行って泊る  止むなくんば七石に泊る  大宮に泊る  旦那方の泊る  雑色たちの泊る  そこへ泊る  らんちに時々泊る  村落に泊る  山で、泊る  三里程さきで泊る  庄吉は頻りに泊る  市街に泊る  人達が泊る  戸塚に泊る  そちらに泊る  今夜布田に泊る  



前後の言葉をピックアップ
泊り番  とまりゃ  泊りゃ  とまり木  留る  止る  停る  とまる  留まる  止まる


動詞をランダムでピックアップ
こぼち言いだそうわずったたみかけりゃ入れ替わる伺っ差迫立てれつぐむ見届けよせきあげ封じこま蔵する見透そ持ち合わさ突抜け洗い直し廃るふんだくらやり過す
形容詞をランダムでピックアップ
やむない青けれ重き青黒くややこしく血なまぐさく古めかし堪え難うややこしい可愛らしいのろうにげなきゃうらやましゅうけだるかっ渋く敢ないぬるし生じろく空々しゅう情なき