「止る」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 止る[動詞]
問題に止る  前で止る  称呼に止る  キーツと止る  馬が止る  息の根が止る  自動車が止る  状態に止る  ように止る  五が出来て止る  これだけに止る  眼に止る  どこで止るか、止る  眼にさへ止る  感に止る  前で踏み止る  石川が止る  茲に止る  誘導性に止る  認識論的立場に止る  心臓の止る  ハタと止る  耳にも止る  自動車の止る  其処は止る  プラットフォームへ止る  ところに止る  汽車が止る  駅へ止る  ニージュニウージンスクへ止る  ところから五十銭だまを握っていて止る  解剖するに止る  措定的存在に止る  笑いは止る  一つに止る  彼は止る  笑ひが止る  ここに止る  馬車が止る  顔に止る  音が止る  仮説に止る  途中で止る  無産政党に止る  僧侶階級に止る  息が止る  自家用車のごとくピタリと止る  思想に止る  そこに止る  京都に止る  分野に踏み止る  学校に止る  呼吸の止る  辺で踏み止る  ふうと佇ち止る  滔々として止る  彼は軋み、そして止る  木の下で止る  指示に止る  しゃっくりが止る  歯牙に止る  首から拍子木をかけていて、止る  急に止る  せきにかかっているが止る  今は思ひ止る  呼吸さえも止る  茲へ来て佇ち止る  いずれかへ行き止る  ところで止る  上に止る  機関がたえず今にも止る  画塾に止る  前に止る  電車が止る  必要事にのみ止る  歩ゆむそして止る  ところへきて止る  恰度汽車が止る  出血も止る  時は止る  これはもとより止る  歩みが止る  弘化元年秋一度に止る  のが止る  ソリが止る  生物学的に止る  主張に止る  指摘に止る  汽船が止る  田舎に止る  しろも止る  それと、止る  母が止る  至善に止る  ものに止る  御馳走に止る  ままに止る  そこで止る  犬は、いつも止る  二歩進んでは止る  内容づけに止る  乗合自動車がすっかり止る  十分間以上舞台に止る  トラックが止る  価を有するに止る  後に取り残されるに止る  意識内容に止る  門前で止る  それを思ひ止る  遺憾の意を表するに止る  ひつそりと止る  人々が止る  食ひは止る  顔をあかくさせるに止る  一歩手前で踏み止る  唯阿弥陀三尊に止る  阿彌陀三尊に止る  気持がよいけれども、止る  仙台で止る  來て止る  商品に止る  限度に止る  当分博賭も止る  城に止る  八年間カプリに止る  さに止る  響きが止る  自然に止る  のも止る  此処にその呼び止る  瞥見するに止る  力量に止る  群が渡って来て止る  目標から測り知れぬ遠きになお止る  里子の止る  目に止る  現状に止る  蟄さむと止る  ちょっとでも止る  途中でいくらでも止る  溜漉は止る  力をゆるめるとすぐ止る  体を案じ、止る  近くに止る  世界を分らせるに止る  永久に止る  それが止る  住居とまた止る  波瀾に止る  靈の止る  自転車が止る  手際よく下りてぴたりと止る  後にかけてやっと止る  どこで止る  人間的情感としてだけ止る  跫音がピタリと止る  記録を思ひ止る  うたに止る  家来を呼び止る  騒ぎを止る  云ふに止る  鳥ゃ木に止る  一刻も止る  者であり、止る  事を示すに止る  



前後の言葉をピックアップ
とまりゃ  泊りゃ  とまり木  留る  泊る  停る  とまる  留まる  止まる  外丸


動詞をランダムでピックアップ
入れれ捕まろ亘っふりきるひみ打抜い押しこめ窮まふちどふみこまきらめけ譲ら間違っひきあわせよ読み込むきらわ書き出すあん鋤き
形容詞をランダムでピックアップ
っぽから極まりなし目新しかっねたけれけばけばしくてっとりばやい毛深かっ正しき儚きぎこちない多けれ悪がしこく夥しいうう気軽く女らしきひろきやむなく快くむずかしかろ