「気に入り」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 気に入り[動詞]
蕗とがとりわけて気に入り  他人の気に入り  お客さんにはきっと気に入り  時でも気に入り  菊と気に入り  当人同志も、どうやら気に入り  彼の御気に入り  私には気に入り  前を、気に入り  父親の気に入り  相手が気に入り  北伝八郎など、気に入り  家、気に入り  低音が気に入り  男が気に入り  所が気に入り  顔を上げると、気に入り  農夫の気に入り  者は気に入り  ものが気に入り  静かで気に入り  手には御気に入り  三が気に入り  今度は必ず気に入り  大変な気に入り  此所は気に入り  いずれも気に入り  間取りなども悪くなく、甚だ気に入り  私は気に入り  ことなど、好いとなると一々気に入り  清元が大層気に入り  父の気に入り  人々にも気に入り  あたりが気に入り  絵が気に入り  非常に気に入り  さんがたいへん気に入り  さんの気に入り  結局彼の気に入り  家風が少し気に入り  此さんの気に入り  親にも気に入り  娘の気に入り  何よりも気に入り  猿の気に入り  テオドル伯父の気に入り  私の気に入り  こいつア大きに気に入り  指輪が気に入り  失礼ながら気に入り  ところが気に入り  閑官の気に入り  者をもってしたり、気に入り  人の気に入り  姿を見て気に入り  シルヴァーは気に入り  彼の気に入り  西洋人の気に入り  一つずつ、気に入り  銀子が気に入り  生活気分が気に入り  ゆうさんの気に入り  人たちの気に入り  伸子の気に入り  御上の御気に入り  主人には気に入り  時の気に入り  私にはずいぶん気に入り  時ごく気に入り  少年自身の気に入り  おんどりの気に入り  之を実に気に入り  ところ、気に入り  連中には御気に入り  看護婦と、気に入り  最後に気に入り  絵を気に入り  文句なしに気に入り  房一の気に入り  枕では御気に入り  祖母の気に入り  他のものにはきらわれたが気に入り  仁木の気に入り  純朴さが気に入り  母の気に入り  貴君に気に入り  ほんとうに何から何まで気に入り  何から何まで気に入り  牛どもの気に入り  すつかり気に入り  チヤホヤされる、気に入り  本田さんが気に入り  お前の気に入り  君子の気に入り  義盛さまへ、同じ御気に入り  工合が気に入り  年ごろには気に入り  読者に気に入り  彼らの気に入り  王滝は気に入り  文句からして、気に入り  村が気に入り  献立じゃ気に入り  千層倍も、気に入り  大の気に入り  橋詰に最も新しく最も気に入り  小夜子サンの気に入り  互の気に入り  喜助だけが気に入り  大変殿様の御気に入り  小国民文庫が気に入り  自分で考えるとどうしても気に入り  空気が気に入り  所在地が気に入り  の子の気に入り  偶然みて実に気に入り  姫の気に入り  私にはたいへん気に入り  祖父の気に入り  媛の気に入り  これは可愛らしくて気に入り  勇婦が気に入り  水色が気に入り  主人の気に入り  それが気に入り  家に御気に入り  ばかに気に入り  殊に美しくて気に入り  庭が大層気に入り  ヘルンには気に入り  のがかえって気に入り  のが気に入り  のが、大層気に入り  自分で気に入り  石地蔵を見て、大層気に入り  それが大層気に入り  一番叔母には気に入り  



前後の言葉をピックアップ
気にいっ  気に入っ  キニイネ  気にいら  気に入ら  気にいり  気に入りゃ  気に入る  気にいる  気に入れ


動詞をランダムでピックアップ
取殺す滑らす潜ま追い掛け打ち込も刈りとっ照り映えよ陣どる構え現さ纏める差響い譲ろ思いなおすおぎなっもたさ引絞りくわえれにごらさ踏み締め
形容詞をランダムでピックアップ
みぐるしからすさまじいただしきよんどころなく細々しいいじらしくっまずしいにくう憎う懐しくっはかなし奥床しかっやにっこく事新しくとおから寒から我慢強くはしたなく幼き