「長」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
形容詞

~ 長[形容詞]
好い長  図書館長  一層長  殊に長  審判長  薄く長  ちょっと長  やや長  少しく長  間もなく長  警察長  から長  耐えがたい長  近い長  収容所長  冷たい長  まり長  あんまり長  通例長  同じく長  つて長  部隊長  あはれ長  もし長  医局長  すでに長  普通長  もの長  かなり長  深く長  余り長  つの長  協会長  どうも長  やがて長  まま長  ない長  安房国長  黒い長  間長  村井長  教務所長  更に長  凡そ長  理事官長  安房長  大変長  伊勢長  人長  筈長  軍医長  遂に長  すこし長  天使長  時に長  薄暗い長  光芒長  尺長  ちと長  共に長  支庁長  かねて長  とても長  少し長  内外長  ぞろりと長  給仕長  メートル長  一寸長  先ず長  漸く長  布教長  たいへん長  ぐらゐの長  東京教育博物館長  分長  四角長  小暗い長  どうして長  それから長  著しい長  しろ長  もそっと長  いつも長  刑務所長  堪えがたい長  フィート長  ちかい長  いちばん長  ようやく長  祭司長  職工長  大いに長  人一倍長  別に長  まだ長  あまりに長  隣組長  鼻長  互いに長  ます長  行列長  すこぶる長  上流長  だんだん長  播磨造船所長  暗い長  ほんとうに長  もう長  単に長  とにかく長  消防署長  いい長  聊か長  可愛い長  頗る長  必ず長  とき長  果たして長  白く長  ずいぶん長  特許事務所長  寸長  善い長  まもなく長  実に長  特に長  人生長  二丈長  再び長  

~ 長[形容詞]
これこれの長  夜は長  英語に長  五百メートルほどの長  腕の長  裾の長  左右への長  舌が長  まわりの長  谷から谷までの長  波の長  夜が長  歌は長  かげの長  抽象に長  影の長  趣味性が長  模倣に長  二百メートルも長  手紙の長  年月の長  耳が長  時間の長  数百メートルの長  峰の長  サーフの長  フィルムの長  さと長  さ息の長  時期が長  ころあいの長  五十センチほどの長  面の長  トンネルの長  一寸五分ばかりの長  竿の長  種々の長  弾条の長  針金の長  一匁とか長  丁度一尺という長  唯一の長  金属棒の長  一行の長  まわりには長  朱羅宇の長  此石器は長  裾が長  それは長  路の長  末に長  睫毛の長  木刀が長  二センチほどの長  かなりの長  爪は長  供の長  言つたやうに戦略に長  月日の長  これだけの長  庭は長  生命の長  一定の長  一インチ位の長  通つた道の長  程の長  四里程の長  熔岩は長  月の長  昼の長  糸の長  五千メートルの長  頭から尾までの長  尾までの長  題名として長  草が長  顔の長  一センチほどの長  紐の長  全体の長  断層線の長  スカートの長  運動に長  ものに長  青春の長  体の長  鬚の長  さらば一時代の長  隨分の長  筒袖の長  外れに長  夏が長  はじめ二三尺の長  數學にも長  腰の長  学問に長  凡そ十間あまりの長  彼は長  船室は長  爪先が長  半分ぐらいの長  商才に長  経営に長  火消しは長  一棟の長  三十巻ぐらいの長  三十巻ほどの長  時は長  ふだんの長  選者委員の長  強靭の長  殆ど二倍の長  家竝の長  房の長  のを長  枝鈎の長  黄河の長  其より長  八五郎は長  小半日ほどの長  髯の長  廊下の長  陰影の長  さ四寸に長  二米ばかりの長  文鎮の長  君は長  最大の長  八月以来の長  夜の長  批評に長  クリチシズム・ヲブ・ライフに長  七呎の長  儒学に長  ほうが長  蝋燭の長  夫々一丈程の長  畳一畳位の長  時間が長  弓馬に長  大箱の長  小箱の長  草花の長  さも長  足の長  光波の長  水練に長  気の長  四分の三ぐらいの長  のか長  一日の長  画に長  さや長  前腕との長  安房は長  焼け跡は長  六七尺の長  糸瓜の長  後の長  丸帯だけでも長  論理に長  橋の長  墓作りに長  詞の長  文章の長  助走路よりも長  相手が長  地方の長  行の長  まことに長  鯛は長  縦の長  五分間の長  前置きが長  拇指の長  初期微動の長  病院の長  氷柱の長  袖みたいに長  労働時間の長  丈が長  眼の長  花の長  茎が長  ぷつりぷつりと半分程の長  髪の毛が長  後者の長  二吋くらいの長  相当の長  少年は長  簡の長  池は長  経済に長  術にも長  靴の長  話が長  鑑識にも長  春は長  私心が長  箸ぐらいの長  倍の長  特技に長  子規庵は長  名文が長  ちょッと長  弓矢に長  人間五人分の長  編物針ぐらいの長  綱の長  半分の長  茎の長  葉の長  一側は長  壁の長  馬車の長  術に長  三度目のは長  抵抗期間の長  歴史の長  十倍ぐらいの長  金物製作に長  御身の長  髮の長  髪の長  七寸丸太の長  三吉は長  二尺ばかりの長  四尺ほどの長  五分の長  頤の長  東西の長  経の長  道糸の長  槍の長  穂の長  天使の長  千駄崎寄りの長  倍ばかりの長  歯跡の長  道の長  其を長  年代の長  十頁ほどの長  導火線の長  龜裂の長  事の長  ひざの長  二本の長  解決篇の長  角の長  定時観測期間の長  過去一歳有半の長  天鵞絨の長  一尺くらいの長  角が長  成育期間の長  例の長  泥溝には長  長篇小説という長  町の長  それから十九という長  十篇近くの長  下りは長  文句の長  小寒い路が長  靴紐が長  小砂を長  さ一分五厘くらいの長  一句の長  偽学偽弁に長  刀身の長  ことに長  そばの長  坂の長  詩に長  學に長  目的の長  両翼の長  刃先が長  間隔の長  受話機ほどの長  一本の長  翼羽の長  翼の長  脚の長  気が長  一尺程の長  商売道具の長  五尺の長  二寸の長  源から河口までの長  背の長  舟の長  無限の長  底辺には長  底辺の長  一丁ほどの長  竹一本の長  ものを長  手の長  思慮雄断に長  柄の長  ひと束の長  有料道路の長  谷の長  すべていやに長  四間の長  道路の長  石塀自身の長  壕の長  だいたいの長  世估に長  アンポンタンが長  一寸五分位の長  元結ぐらいな長  良驥の長  其人の長  あれだけの長  千代治等も長  懐中蟇口より長  なんでも長  冷水峠は長  黒髪の長  世才に長  昼寝は長  一メートルぐらいの長  索の長  月輪殿の長  一間ばかりの長  一枚の長  一間ぐらいの長  瞬間の長  雑誌には長  のは長  人情物に長  まり話が長  下が長  術が長  芝口まで長  横板の長  方は長  尾の長  五六寸の長  四分ばかりの長  船の長  首尾の長  数学に長  漢学には長  奴さんは長  武術に長  決断に長  戦に長  決斷に長  丸太で長  敷島一本の長  知識に長  体重は長  抹香鯨は長  保存年限の長  木柱は長  ここには長  扉には長  戯曲の長  垣根の長  寿命の長  さは長  甲板の長  杭の長  残りの長  別館の長  あたりまでの長  二尺位の長  昆布を長  鉄線を長  講釈の長  女一代の長  胴体の長  どれだけの長  から料理法に長  いま関東の長  道に長  その間の長  それから波の長  折紙細工に長  ものは長  それが長  今の長  場合の長  文章に長  程度の長  方に長  時の長  一月の長  一年の長  数年という長  八年の長  周期の長  円周の長  三〇日という長  通路の長  円周との長  一度の長  特に治水工事に長  中間期の長  一期間の長  淀橋は長  味噌蔵から勝手口まで長  話も長  もとは長  昆布の長  奢りに長  幅も長  道のりの長  刺繍に長  ワイアの長  潮の長  ストキの長  つた汽船の長  三尺余りの長  それにも長  刀の長  さが長  骨で長  のも長  それも長  肩あたりまでの長  蹴鞠に長  百藝に長  常世の長  型紙の長  あいあいの長  穗の長  窓の長  三間ばかりの長  毎年糸の長  三百呎の長  身の長  窩人の長  船では長  映画の長  模様には長  十丈余りの長  射撃に長  演説は長  四十年の長  佐伯部の長  非常に長  頭と長  息の長  ほか英佛語にも長  スクーネル船は長  足跡の長  五六米の長  私は長  技に長  殆ど其三倍の長  片身から幅二分くらい長  髭の長  島は長  砂原は長  骨が長  夕化粧の長  皮肉に長  昼間の長  小指ほどの長  中道の長  とぐろの長  礫が長  三尺位の長  鑑賞に長  腕が長  三阿僧祇劫の長  祖先の長  フィガロの長  ゴート路の長  列車の長  一尺ぐらいの長  一尺の長  学問は長  横の長  この間の長  やうに長  笹子峠は長  円筒の長  体全体の長  柄が長  十分間位の長  命の長  六糎程の長  十間ほどの長  前の長  座談に長  思想に長  十丈くらい長  噺が長  磁石棒の長  草速やかに長  時日の長  驕奢に長  芸術にも長  六尺ほどの長  上に長  平均の長  頭から尻尾までの長  鼻の長  これを長  縦縞の長  一丈四尺の長  講義の長  二百三フィートの長  八分の一インチの長  自己弁護に長  づ自己弁護に長  三倍位の長  技術には長  當の長  衣裳全体の長  体ぜんたいの長  一メートルの長  寝台の長  竹の長  思考力に長  二本は長  知力に長  年齢の長  時代の長  現在は長  國九州地方の長  周りには長  流石に長  射術に長  一二町ほどの長  宮殿の長  間の長  あいだの長  俘囚の長  線の長  物体の長  規定は長  何かが長  位の長  自分にとって長  一次元世界は長  さ一センチ程度で長  四日は長  音曲にも長  家の長  鉄砲は長  形式の長  餘寒が長  二尺四寸余の長  三丁の長  順応性に長  波長の長  基準波長の長  基線の長  一里位の長  方が長  記事は長  ホントに長  音を長  レコードの長  胴の長  胴が長  青竹の長  魚は長  一尺ほどの長  労働時間が長  穴は長  一芸に長  蛇が長  旅の長  十五章接吻の長  反感とを長  操觚に長  伝来の長  画壇生活の長  従つて形式勉強の長  伝記に長  作品の長  三倍の長  状態が長  身体が長  生命は長  人の一生は長  当り前の長  人間の長  二尺五寸ばかりの長  みちに長  運河の長  処を長  掌の長  皆命が長  これは長  打算に長  おまけに長  講座の長  三メートルほどの長  顔ほどの長  手指も長  いや手全体が長  部の長  芸術的興味を長  経験上一日の長  韻語に長  実業熱が長  話術に長  枝には長  ボートは長  辺の長  船は長  百夫の長  これぐらいの長  これ位の長  通過時間の長  いずれも長  全身は長  なかに長  黄願蛇は長  魚の長  芸術の長  人生の長  処に長  別に陸行一月の長  数や長  放射線の長  歌に長  週期と長  試験問題には長  単位の長  水は長  小刀の長  余りの長  弁論に長  議論には長  二尺あまりの長  気分が長  谷間の長  何世紀かの長  二カ年半の長  一辺の長  先端から先端までは長  十二分の一の長  三間ほどの長  四尺位で長  一間半なんて長  クイリナアレ政庁の長  人よりは長  舌に長  振袖の長  幾町の長  木綿針を長  われも長  最初は長  五分くらいの長  たっぷり二倍は長  愚痴は長  何うにも長  村の長  二千米の長  接吻の長  身の丈けくらいな長  六尺ばかりの長  吋の長  足には長  技巧に長  原稿紙一枚以上の長  勾股の長  運用に長  直径の長  数字上の長  元来論理思想に長  弧の長  適用に長  樹立に長  面積と長  方面に長  歌舞に長  功利的打算に長  コースの長  冬の長  一メートルという長  残暑の長  猶予は長  一物の長  調理に長  それから一メートルの長  上衣は長  眉の長  子午線の長  鼠色の長  はるかに長  定命の長  親爺が長  みんな鼻が長  念を長  頤が長  ステツキ程の長  ステツキの長  女に長  武に長  縦横の長  一ヵ月が長  こよの長  諷誦に長  お歌所の長  旅路の長  爪の長  草の長  魔法に長  松毬にて長  國常世の長  浮浪の長  土人は長  軒の長  ロープの長  夜を長  一寸余りの長  齢のみ長  言語の長  時間までが長  廳の長  立ち話の長  一本道は長  虎の長  管の長  尤も算數に長  英語英文に長  單衣に長  単衣に長  尾鰭の長  氣は長  無用の長  三間の長  映像の長  銀製の長  書くことに長  鼻が長  指の長  彼には長  小説は長  三尺四尺の長  五尺程の長  期間が長  線状なりに長  何かの長  鞍馬に長  袖口は長  十手術に長  声色に長  二分の一ぐらいの長  数理的科学に長  夜明けまでの長  

[形容詞]
長廊下  長さ  長これ  長すぎるの  長忌寸  長スミス  長承のころ  長がお父さん  長煙草  長すぎるほど武蔵  長太刀  長からん  長以下  長外套  長が理財  長すぎるよう  長藤君  長ん  長羅  長日月  長さかな  長マント  長そう  長庵。  長短歌  長の  長過ぎること  長とある  長っ話  長すぎる上衣  長過ぎるの  長すぎると云  長すぎる云々  長から  長休み  長すぎる二  長といえばその頃  長筈  長すぎる鼻  長が椅子  長軍  長過ぎるよう  長すぎるとだらし  長すぎるといふこと  長マイケル  長ミカエル  長舞台  長ガブリエル  長過ぎる予  長短篇  長すぎる様  長過ぎる故  長時  長すぎる袖  長過ぎるん  長すぎるところ  長人参  長茄子  長仁義  長鳴を聞いて知己  長すぎるピジャマ  長羽織  長過ぎる位  長すぎるから  長わず  長コエリョ  長過ぎて句  長講釈  長太郎  長過ぎるので繩  長鳴鳥  長二丈  長ウルム  長航路  長すぎて手  長佐伯  長ヘンリー  長すぎること  長過ぎる二  長すぎる髪の毛  長測器  長はじめ  長台詞  長一  長を着ている取り合わせ  長過ぎるから  長衣  長を着ておいで  長に下  長に袴  長ながしい説明  長半纏  長をゆるやか  長などをありあわせのまま  長過ぎる命  長旅行  長が平沼  長隠居  長みたい  長が安部  長安倍頼時  長すぎる程  長過ぎて邪魔  長六  長まって月  長すぎる昭和  長すぎる刈  長ぼそいいもり  長けが  長うご  長すぎる脚  長がい  長阿含  長すぎるということ  長四  長過ぎたり太  長すぎるやう  長クッション  長である  長やら教誨師  長程  長披針  長詞曲  長いま  長すぎるため  長すぎるなと思  長の独  長佐野  長頭巾  長過ぎるとかいふ場合  長バルバリッチ  長すぎるか短  長ラファエル  長すぎる身体  長過ぎる程  長過ぎて手  

名詞

[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
長ながと寂しい小便をした  長の日を立ち暮して  長じては父に死なれて  長の道中を浮の空で通して  長の年月見馴れてる  長つづきせず  長として王様から抱えられ  長に対した  長の義であらう  長をしている  長がまつてるべ  長と名がついた  長たるものに過ぎない  長やかなる  長を呼び寄せた  長はうなづいて  長が一目散にかけて来た  長ながと鼻毛を伸してゐる  長たる雅致がある  長をしてゐる  長をとり  長はあの人だから治まっているといわれているくらいな  長の老武士へ頼んだ  長に見破られて  長を見ず  長の外之に入る  長がある  長の年月がたっていた  長に消えぬ  長ながと足をのばし  長を取りて  長と長と比肩するを得ざる  長の生涯の間に莫大な財物を横取りされた  長としてCambridgeに居た  長と稱すべし  長と云い  長じさせ  長を率ゐて居られるだけで  長の私有してゐた  長をよんで訊ねていた  長を愛でるに止まらず  長となって  長ながと貼り出してある  長ながと饒舌り出した  長なが旱つづきの  長たる人間がお鶴の餌の精米をくすねて  長鳴させながら  長と名のつく  長は所を得ていませんよ  長と民の長老の所より来る  長ともなるが  長を採り  長の年月を旅から旅へ流浪いたしておりまするよ  長になって  長えこと御厄介ねなり居りみした  長の月日のこの中外を慰めた  長の病気で薬代に困る  長たる非人を長吏法師と云い  長に運上を納めなければならなかった  長啼きする  長ったらしい殺人的演説を聴かされて  長と云って  長だつたカヤパにも後代の憎しみは集つてゐる  長ながとねころんで  長まっているのに  長に御覧なすって  長として用いられてゆく  長の側からいえば  長とある  長ながとつづいているばかりだった  長の道中をして  長の暇を申渡されたに  長なる髪をうしろに結びて  長たる君の一なるミカエル来たりて我を助けたれば  長があった  長が進みでて  長へに春を探るの  長へに眠れり  長ふすべきものある  長からむ心も知らず  長たるものが感賞の言葉を洩しても  長の直線を立てると  長へて美しい花を開く  長を勤める  長の年月そのなかに過した  長かるべき作品を残した  長細いレッテルが覗いてゐる  長にあたる人の挨拶があった  長するに非すして思想力に富めるを  長を主張する  長を主張した  長がもと黄昏や萩に鼬の高台寺むさ  長ったらしい形容詞が到る  長となる  長ながといすの上に横になって  長ながと書くには  長ながとのばした  長ながと質問された  長は有るが  長があると  長の月日をやられては  長の間に松島さまが何れほど盡して下されたと思しめす  長の道中をして来た  長の年つきが流れたにしても  長の年つき旦那がたのとこで暮らして  長で神主たる主人の新穀を喰ひ  長の旅から帰ったばかりを  長として一団をくましめ  長の山には平地があるから  長の山は今ではウチの山ではないと云ってきかせても  長を奪う  長の字に見え  長の路用に尽きてしまったとも言い  長の間神楽坂署に留置き  長の間喜平をアラユル拷問に合せ  長があつたといふ方が正しいと思ふ  長たり得る  長の暇をくれた  長どんと呼ばれた  長をあげるという  長だった者からも監視を加えるから  長の道中と待遠しさとにぐったりして  長の夜をまぢまぢして  長ということし十三の子守女が奉公していて  長は洲崎堤でお兼を絞め殺して  長がお兼を誘い出したとすれば  長の故郷は知れているので  長はこの十日あまりを何処で過したか判らない  長がどうしてお兼を誘って行ったか  長ったらしくやった  長の暇にもなるまいとはいうものの  長の道中をすませて  長の暇となった  長に当る  長の暇を出したら  長の暇となるべきであったが  長でもある  長と能とを取入れて  長の月日を倦まず渡って来た  長の歳月を溯のぼって  長すびつにいと多くおこしたる  長と幼ともなる  長も度を過ごしては  長なきする  長だけに深く責任を感じていた  長となるだけあって  長たる自分の娘が宗介天狗のお心持ちに背き  長さえ討ち取ったなら  長の杉右衛門を真ん中に包み  長となった  長ながと書いてしまいましたが  長ながと寝ころんだ  長は九尺ばかりもあるべし  長かるべきよう慈悲をたれて  長を誇って  長の年月の間にずっと私を強いて  長ヲ取  長とする  長にておわしたばかりでなく  長ながと横わっている  長ながと足を伸ばした  長つづきはしなかった  長となり  長もよく退治る  長かをはき  長をつとめてゐる  長が妻の不倫に対する懲罰であったように記憶している  長ながと寝ていた  長ながと寝て  長へに嘯きつ  長の姉を口説いて  長つづきはしませんよ  長の旅の途中で娘を一人拾って来たというだけの  長があるか知れん  長として大手を振って  長を認めて  長を長とし  長に躰を穢される  長なへに生きるに倦みたり  長って行く  長の方が粒が揃っているという  長になっている  長を山崎某と云ひ  長として一人の少年給仕が控へてゐるだけである  長ながとクッションの上に仰向けになった  長ながと巻煙草の煙を出した  長とを対比して書いた  長と次長のつく  長やの捨坊を学校へやる  長と指定された  長となすとある  長の旅中困難の体に見受けたので  長をデーンと称す  長を学ぶ  長ったらしい夢を見る  長わずか三厘三毛ほどで甚小便の臭いを好み  長の青木周蔵と列んで  長ながと両足を投げだしたが  長があるので  長を取り  長たりし  長なるおきなの  長であるがゆえに尊ぶ  長の年月繰返している  長をしていてくれれば  長となっている  長があったからであります  長たるもののまさに心得べき  長細い峽谷の村に生れました  長のわずらいで  長という忠通卿の饗宴に洩れる  長へに下土に照臨し  長ながと弁じ  長の旅路におわせど  長の歳月やられた  長を示した  長が弓を當てて胡弓の唸を  長は小言をいひつつ  長細い黒革作りの鞄を肩から吊るした  長細くなった  長いらうかだなあいやになつてしまふわ  長の栄誉を担っているばかりか  長の旅より帰りて  長たる将軍が片岡中将と無二の昵懇なる事実よりして  長じ花さき実るにいたるは  長の年月左門を訪ひなれてきた  長ったらしいロマンスをひきずっていた  長の年月通い慣れた  長で始まる  長は例の泣きだし  長をやりましたから  長が手枕の真似をした  長が裏口へ廻って  長が白馬を曳いて上ってきた  長の行く  長の双た親と兄の常吉がいた  長と並んで  長も時々袖を引いて  長は立って  長の手枕にはじまって  長な花柱が上に立っており  長やで相談し  長つづきしない  長ながとこのエピソウドを書いて来た  長の悲しい年月があった  長に切って  長ながとも書かなかつた  長ぞまなこをそらしぬと  長を長吏と云ひけり  長たるものを長吏と云っている  長ながと書いてある  長を顕す  長ながと足もとに横たわる  長ながと報告をした  長つづきのする  長を讒セし  長の秘書にやとわれた  長とあって  長への春ならず  長を採っていかなければならない  長じている  長はまなざしするどくあまねくあたりをみ  長を離れぬ  長となりて  長となれり  長と相圖をあはせし  長とならしめられた  長を誇る  長である佐佐木信綱博士しか見られない  長の前にてわがいひ  長を見よ  長たるルチーフェロにして  長もあったけれど  長をして居られた  長ったらしい小説なんかでかきくどいたのに  長の旅路を脚に感じる  長閉さは充分に心持よく味われた  長たる俘囚頼時が安倍姓を名乗っている  長たる武則は天武天皇の皇胤たる清原姓を名乗っているが  長たる頼時は娘を都下りの散  

~ 長[名詞]1
下へ長  算術の長の  方の長として  首長とは着長に  頭をもこめた長の  郷の長  白河戸郷の長を  白河戸郷の長の  郷の長の  白河戸郷の長という  白河戸郷の長  祭司であり長  氣持で長が  雑輩に長  軍師の長を  軍師の長は  軍師の長が  可成り長  人の長  物産陳列所の長を  すべてを学んで長を  原士の長は  原士の長の  原士の長に  祭司の長の  原士の長  一日の長が  保吉は長  彼の長を  双方の長と  愉快なるべき長の  CavendishLaboratoryの長として  声で長  こと百藥の長と  俘囚の長と  金をくれて長の  選者委員の長が  郡県市部の長や  寇を長  氏の長を  氏の長の  百姓の長を  勇気の長を  林軍の長と  事件で長の  ことにこだわって長  変な長  百生の長  汽笛を長  慈悲の長は  祭司の長と  百薬の長とも  ために長の  者が長の  役所の長に  嚊が長の  母親が長の  浮浪人の長の  浮浪の長  非人部落の長  これら下司法師の長  埋め合せといわんばかりに長  物の長と  祭司の長  こちらに長  そこに長  局課の長として  浮浪の長の  地方の長と  神人の長  行手に長  誰が見ても長の  天使の長で  天使の長  一座の長が  春ならざるに長へに  歌はれずして長へに  其生命を長  執行機関に長  刑罰機関の長  何時までも生き長へて  理学研究所の長を  男女社員を率いて長と  彼が長の  村の長を  生命の長  課の長にあたる  記憶力に長  許りに長  必要な長  狼群の長と  出来事を長  全身を長  わたしは長  是だけの長は  三ヶ年の長の  足かけ三年の長の  身の長の  一族の長で  これよりは長の  蝶八を長として  身どもらは長  今日で云えば長と  氏族の長を  肩幅や長や  七と読めずに長の  北国まで上る長の  徹夜にて長の  刑事裁判に長  喜平を長の  一製造場の長たり  置を長  今度こそは長の  わたくし共も長の  無事に長の  浮浪人の長に  ここが長の  伝蔵も長の  楽人の長でも  ライ麦の長  百薬の長も  ように長  部落の長だけに  部落の長  彼らの長と  彼らの長さえ  部落の長の  老婆が長  水狐族の長の  窩人の長  窩人の長の  管弦楽団の長と  ことを長  命の長  一日の長を  汽船の長と  ベーリング海軍大佐を長と  百薬の長  貴族の長にて  忠臣義士は長へに  孝子烈婦は長へに  異様に長  向うに長  百芸の長  いまの長も  土師部の長  一徳は長かを  一丁以上も続いている長だの  市の長を  病院の長  市の長が  寝床に長  上に長  松本の長の  んか長  一方の長として  他の長を  長を長と  馬飼の長に  憺として長  一寸何分と長の  麗沢に長って  部落の長と  侍所の長に  僕を長として  中へ長  友人中の長も  自家の長とを  おまけに長と  俘囚の長  佐伯部の長と  夷俘の長と  これが長と  当時これに長  将校を長と  何という長  そうな長  岩に凭れて長  翰は長  頭の長とて  角一日の長が  観念論との長を  一家の長としての  一家一族の長たり  舞人の長  東海道の長の  ことを長の  隣組の長を  ひとが長を  一家の長と  人の長と  部の長  人に長  上流にあたる長  父さまが長の  天文亀卜算術の長として  氏の長という  両方の長  一日の長といふ  一歩の長が  一方の長を  唱歌の長が  唱歌の長は  妙な長  御領田の長を  御領田の長と  参謀本部に長  土を破りて芽ぐみ長  退屈な長  今まで長の  ことを長やで  一好きでないと長  心境円熟にいたるまでには長の  三尺ばかりの長に  それぞれそこの長としての  西洋文明の長を  穢多の長を  吏員の長  己が長を  件について長  実効あり長  和蘭曰ク毛も長を  海人の長と  世は長への  ものの長を  術にのみ長  彼等の長は  殘れる長と  聖徒の長たり  萬人の長なり  楽隊の長と  お歌所の長  一二八七年フランチェスコ派の長と  一二五六年フランチェスコ派の長と  造物の長  幅も長も  部隊の長は  気持ちで長  山尼の長の  部落の長を  午後の長  奥州六郡の長  

~ 長[名詞]2
この長  その長  悉皆長  もう長  悲しき長  重々しく長  おも長  なる長  どうも長  黒い長  まさかに長  美しく長  どうして長  つつがなく長  大した長  大いなる長  かの長  

複合名詞
郡長  科長室  科長  大抵長  無韻長詩扁  中隊長室  中隊長以下  聯隊長  曳杖愛長塘  ニユーヨーク州立図書館長メルヴイル・デユーイ氏いわく  州立図書館長これ  長煙管  郡長はん  長府  鬚長頴  黒衣長袍ふち廣  次郎長  黒衣長袍ふち  長府駅  胴長  事務長小野氏これ  大場部隊長  久保編隊長  切長  居宣長  和風長壽樂  一技師長  伊勢新九郎長氏  職工長  師団長  長いっぱい  増田長盛  事務長  ボーイ長  医務長  事務長クーパー  クーパー事務長  機関長シリン  機関長  船医長  審判長  審判長スミス警部  連合艦隊参謀長  足長蜘蛛  長家  幅一尺五寸長二尺  中村気象台長  ゴム長  五十嵐大膳長國  大膳長國一家  素封家佐藤長右衞門氏  看守長  書記長  工場長  委員長  内心長沙  元来長沙  いつ長沙  大隊長  当日郡長  孵化場長  節長  長つた  世界裁判長  裁判長  裁判長室  ペンネンネンネンネン・ネネム裁判長  警察長  ケンケンケンケンケンケン・クエク警察長  ネネム裁判長  北嶺紫筍長提グモレ壺  侍従長徳大寺実則  林幹事長  兵団長  七師団長  組合執行委員長  日共上川委員長  日農道連委員長  修道院長  航海長  兵曹長  編隊長機  兵曹長万歳  兵曹長一人  兵曹長たち  郷長  実行委員長  短波長廻折式変調受信機  十六メートル短波長電波  有洞中長有天  名村長  学校長  町村長  組合長ら  組合長  組合長ら何処  執事長  御宇長  院主僧都円長  弘長二年  建長五年七月二十七日  建長三年七月三日生年八十四  聖光房弁長  建長三年十一月三日年九十五  覚明房長西  督長代  火長代  重付二説長一令レ申  督長放免等  督長放免別当下人  督長  火長  右番長秦兼長  先弘長  短波長無線電信  電波長  短波長通信  記事甚ダ長ク  短波長送信機  短波長  短波長送受信機  天長四年  ラハ我カ國勢次第ニ進長シテ遠征  訛長訛短  づれて長  内閣書記官長  髭長  水夫長  分会長  即刻新任出張所長  長廊下  長顔  長上島  事務長さん  半長衞門  半長衞門つて  出雲大社東京分祠長千家尊  大学附属研究所長会議  任命後最高裁判所長  長すぎ  編輯長  編輯長自身  編輯長さん  結局編輯長  編輯長室  いま編輯長  旨編輯長  編集長  まま編輯長  自然博物館長  郡長さん始め  外来長  長過ぎ  長さん  聯隊長級  部隊長万歳  参謀長閣下  部隊長  部隊長ぶり  今度長沙  中隊長  小隊長  長病  長たち  あはれ長太刀五番町石橋  裾長  長三洲  長順煙草  梅太郎則チ海援隊長  撰ンデ長府  耿耿タル秋燈秋夜ハ長シ  秘書長  郡長さん  青森県区裁判所金木町登記所々長  税務署長  税務署長歓迎会  日税務署長  税務署長ぢゃないか  長庚  丈長  長壽花  博物館長  陪審長  長慶子  牧師長  僧院長  長ばなし  蜻蛉切り長槍  医局長以下  蕃長司  蕃長  看護婦学校長  建長五年四月二十八日  弘長元年五月十二日幕吏  実長  給仕長  時劉長卿  三男長丸  機関長ノビレ  機関長ノビレ大佐  白丈長  蔓長  數しば長時  山田長左衛門さん  長左衛門さん  所化長順  分隊長  分隊長たち  侍従長  宮内楽師長  楽師長  夜詰歌手長  技師長  砲術長  砲術長自身  君長賢明  あんた委員長  旅団長  祭司長  支店長宛  長卓子  松江商業會議所書記長  書記長ぐらゐに  聯隊長その他  次郎長親分  長局  長享二年八月十一日  司厨長  先祖長髄彦以来  白血長血  馬長頭  馬長  城長  雲長  おい雲長  雲長先生  雲長関羽  長陣  細眼長髯  火星探険協会長  艇長デニー先生  艇長  艇長デニー  艇長デニー博士  石狩分隊長少佐清水昌彦氏  ひとり長史耿武  空軍研究所長  長曾我部元親  長藩  町会長  その後長沙  長史中郎将  里長  伊藤一長長崎市長  長徳  君長  長羅  王子長羅  村田長ベエ  亭長  一師団長  中隊長殿  葬儀委員長  中隊長格  官長  我官長  編纂委員長  百人長  裁判所長閣下  検事長閣下  検事長  時裁判長閣下  裁判長閣下  裁判長閣下自身  宿駅長  生活改善委員会委員長  文長  ひとり長沙  い長  土井利忠スーパーマイクロ事業本部長  高山由パーソナルコンピュータ販売推進本部長  同紙編集長  書記長小川信一  二寸長  日旅順支社長  長史陳矯  長史張紘  事務所長  日置長枝娘子  長崎商館長  長史董昭  長史許靖  うち長沙  長史王必  百人夫長  村井長庵  町医長庵  あまり長庵  もっとも長庵  町医長庵め  長庵  おい長庵  村井長庵ばか  百姓長左衛門  村井長庵先生  狩猟長  朗羽山長照寺内  掛長  王立天文学会長リーズ卿  天文台長  台長  兵団長丸木  我長  二十九軍長  連隊長的イデオロギー  墺伊国境劃定委員長  理事長  阿古長  アコ長  アコ長さん  阿古長さん  魚の長  アコ長以下三人  阿古十郎ことアコ長  二次訪中使節団々長  浅沼委員長  長史楊儀  身先死ス長ク英雄ヲシテ  長ら  張つて長  痩身長躯  釧路支庁長  支庁長不在  持長せり  長着  支部長  極東支店長みたい  大学病院長  マルモ艇長  みんな艇長  艇長マルモ  一号車長  機械長  艇長室  ナル長  ナル議論ヲ長論大著ニ構成スルニセヨ  專制政府等ガ民權運動ニ讓歩スルトキ成ルベク長ク專制  藤原頼長  頼長  部開ク事長シ  長局風俗  病院長  外国支店長  金森長近  長げ  源氏長家  内閣書記官長あたり  近衛中隊長  日本プロレタリア文化連盟書記長小川信一  天長四年七月  得長寺院  建長二年七月  へん長つた  陪審員裁判長  其船長  緯度変化委員会委員長  一高校長  精神病院長  金たけ長  織物組合長  図書館長  建長三年頼嗣廢  建長三年十二月廿二日  建長二年十二月廿九日  建長二年  長曾我部  中隊長代理  埋立会社長  市町村長  看護長  所属部隊長  醤買石委員長  事務長たち  おい事務長さん  立川国警署長  ゴム長姿  磐長媛  長隆寺  庄屋長左衛門  長左衛門  此家長  其族長  人長  特務機関長ら  板垣関東軍参謀長  十六師団長中岡中将  参謀長  軍団長  隣組長  其延長  安房州長  長風  檢事總長  松室檢事總長  大審院長  日大審院長  岡埜精神病院長  黒長裳静か  支店長どころサ  支店長  山長  それぞれ長  長史  自然長吏法師等  もと長吏法師  みな長吏支配  理学部長小熊捍博士  主長  聨隊長  ク長天  長天  二長瀑  雑夫長  小笠原長忠  小笠原与八郎長忠  小笠原長幹伯  レーニン研究所長  上縁長  十月革命以来教育人民委員長  如し長嘴  建長興國  建長興国  工長さん  師団長はじめ上官  都督部参謀長  光長  有吉頼母英長  長院  参謀長グレー閣下  長髯  三十三年轉横濱支店長  清長  建長  建長頃  仁治建長  裾長外套  上船長  河長  巡回裁判長  私設雷専門取調委員長  木村病院長  木村病院長白昼殺害  田中病院長  鳥長  編集長幸田節三  園丁長  酒月園丁長記  社長兼編集長  酒月園丁長  東京支局長  理事官長  日比谷公園園丁長酒月守  条ボーイ長  丁長酒月守  捜査裸長  南帝国理事官長  公園園丁長  長ドス  博物館長あて  安房長  防長地方  防長  三好筑前守之長  満田長右衛門  肥前守利長  旗本鈴木長頼  鈴木長頼  長頼  艇長さん  長着姿  事務長以下  いま事務長さん  出張所長  事務長その他  彼長  ニ長  足長  ラズシテ長ク毒水  艦隊長  艦隊長烏  戦闘艦隊長  砲艦長  連隊長  裁判所長  監獄長  天長五年六月  彼長吏法師為二同宿之阿弥陀法師一被二追出一之時  都彼坂当長吏法師任二貪欲  彼宿長吏  その後奈良女子高師付属実科女学校長  建長五年十月二十一日注出  雑色長一人  ロジャアス裁判長  アリゾナ州立精神病院長ジョウジ・スティブンス博士  裁判長ロジャアス氏  アメリカ国会図書館長  国会図書館長  法律図書館長  丈長髮  うっかり長煙管  編輯長櫛田ふき  鉄道長  税関長  どこどこ聯隊長何  苗圃長  坑長  大伴氏長  長章  氏長  伴曲長  侍従長ラルコン  高等法院長バルマッフ  検事長代理  監視長  裁判長殿  検事長ら  佐久間艇長  長六度  防長二国  書記長その他  こと郡長  学園長  仙台支部長  日本郵船会社絵島丸事務長勲六等倉地三吉  まま事務長  思い存分事務長  倉地事務長  事務長の  晩事務長  結局事務長  細長  壁づたいに長  小笠原長時  刑務所長  長府小倉あたり  半長右衛門  長マイケル  長ミカエル悪魔  阿弥長職派  長職  裁判長以下裁判官  分会執行委員長  水長藩士  征長詔勅  征長軍  征長  文久二年以来三年間長藩一藩  一征長軍  長論  長曾我部菊子さん  公学校長  怪事事務長  春長有  立ち上つて裁判長  づゝ裁判長  是非裁判長  長與先生  長谷部則長  全国支店長総会  支店長募集  川那子商会支店長  支店長たち  支店長ら  支店長応募者  學總長  いふ長波長  長波長  森勝蔵長勝  金森五郎八長近  機関長閣下  其機関長  長昌院  長昌院ツ  飯篠長威斎家直  興長  興長主武蔵ニ謂テ曰ク  武蔵ハ興長  日下部編輯長  支社長  云つた職工長  みんな長能  伊勢長  三十分椎名町支店長  蘆葦人長  如く長  其家長  95○連隊長マレール  杉野兵曹長  二枚長目  幹事長  郵船会社支店長松平市三郎氏  郵船会社支店長楠本武俊氏  三井物産会社支店長市川純一氏  聖明天子今長在  船医秋洲長美氏  環レ湾皆屋一街長  長崎オランダ商館長レフィーソン  天使長ガブリエル  長槍  長吟  耳長さん  言つて耳長さん  艇夫長松下梅造  艇夫長  艇長室附  辻艇長  艇長九時  艇長辻中佐  艇長、艇長  ハイ、艇長  当直長  早く艇長さん  幕僚長  松下艇夫長  管区長フライ・アロンゾ・デ・メンチェダ神父  ニューヨーク・タイムズ東京支局長リンゼー・パロット氏  AP東京支局長ラッセル・ブラインズ氏  リーダーズ・ダイジェスト日本版編集長  無線長  駅駐在中隊長オルダコフ大尉  会社長  長卓  地方労働委員長  教会伝道委員長  竹崎季長  伝染病科長  細菌科長  軍団長イワノウィッチ  長謙さん  芦田長謙  長謙  書記官長  名誉隣組長  主計長  水雷長  暗号長  飛行長  さっき砲術長  軍医長  運用長  特務機関長  みんな竪長  みんな堅長  文選長  看守長さん  とき看守長  以下長有二天下一  尊長  大功長屬  二期親尊長  僧院長ArchimandritePalladius  二本部五品以上官長一  レ長  卑幼尊長  若期親尊長  九中隊長マルクス・スクーヂロ  寛長衣  長書  旅團長  幡隨院長兵衞  里長馬込勘解由  銀丈長  公園事務所長  土佐守長曾我部宮内  あまり長いき  地下戦車長  戦車長  地下戦車長岡部一郎大将  地下戦車長どの  加瀬谷部隊長  部隊長殿  足長蛸  鉄支社長宅  ょろしょろ裾長  外科長  一人丈長  漁業組合長  師団長閣下  長酒  水雷長万歳  松本長  栗林下総守義長  ソノ長イ体ハ  、艇長ダン大佐  ダン艇長  支店長花岡さん  艇長ダン  共産党員太平洋委員長ケレンコ  艇長ダン大佐  共産党太平洋委員長ケレンコ  いま艇長  、艇長室  通信長  ダン艇長一人  操縦長  艇長はじめ通信係  共産党太平洋委員長  ケレンコ委員長  委員長ケレンコ  ダン艇長さん  太平洋委員長  操縦長スミス  艇長たち  太平洋委員長ケレンコ  艇長以下一同  委員長閣下  太平洋委員長兼海底要塞司令官  衛兵長  衛兵長じまん  ダン艇長たち  通り下谷北清島長  其光輝長  長さだつた  侍従長徳大寺公  徳大寺侍従長  長かつ  防長社  長府町  宮城裁判長  漁業長  井上水夫長  鈴木漁業長  水夫長以下  鼈甲屋鼈長  鼈長  高等法院長  つて長驅  安藤季長  牧長  つて長  今長庵  家老長井長弘  長井長弘  とき長弘  探偵長  長いくびをひょっくり  ぱものの長  地ヨリ開拓ニ長ズル者  支庁長始め  支庁長さん  支庁長  幸い長  自ら事務長  長いくび  長いくびをのばして  東京支店長  車長九郎  みんな編輯長室  中隊長みたい  聯隊長時代  旅団長閣下  長五  天長様  天長さま  北原雅長  委員長以下  此署長  町病院長高町氏  裁判長以下顔  宮木裁判長  助手友長医学士  裁縫女学校長  田辺裁縫女学校長  友長医学士  裁判長以下成規  裁制長  大正十三年四月七日裁判長以下署名捺印  裁判長以下  因藤裁判長  裁判長忌避  裁判長判事因藤実  大正十三年六月二十日裁判長以下署名捺印  旨田辺看守長  控訴院検事長  爪長  総務委員幹事長以下  其後長派  の長  編輯長以下新聞社員一同これ  就中編輯長ミハイル  編輯長ミハイル  日編輯長  部屋長さん  福島民報社長中目氏  支部長會議  長巻一ツ  總務委員幹事長以下  學習院長  耳長  長育  頃東北学院長  かなり長年月  結果組合長  図書館長勝家氏等  物事長  團長格  やや長味  竪長  長戦  四郎泰長  黒髪長  四郎泰長  孫三郎基長  長高  三男基長  他年東海長鯨  領事裁判長  分署長  内匠守長矩  長崎与三種長  長陣崩れ  該天文台長  自由党支部長夫人  女学校長  譽村長  選挙事務長  幽明長  警部長  すべて長  野長七郎  大納言長隆  消防署長  聯隊長宛  唯長家  三輪田女学校長  サァ長州兵  堤長発氏  麻布長坂  高等女学校長  山本旅団長  嘉納治五郎氏委員長  松浦鎮次郎氏官立盲学校長  温泉郡長  学部長宛  長あい間  布教長  教会支部長ワリニャーニ  従管長コエリョ  布教長コエリョ  布教長チチヤン  夕日里長  以爲ラク公子成二長シ於深宮ニ一  一小隊長  むかし北条長時  大内長弘  長享元年  白長鬚鯨  うち白長鬚鯨  白長鬚  白長鬚鯨一頭  椎名町支店長  東京盲学校長  工場委員長  穂長  名古屋刑務所長  長崎病院長  長いさお  山長さん  なんぢ事務長  飯篠長威斎先生  面容優長  一つ長三度  祭司長カヤパ  鉱山長  東京教育博物館長  東京図書館長  長病い  長尻長左衛門  甘露寺左大弁藤長  分隊長以下  分隊長はじめ一同  海軍人民委員長  西條兵曹長  フランク分隊長  分隊長フランク大尉  分隊長フランク  番頭長左衛門  亘長  持長  背長  家畜病院長  陸戰隊長植松  家臣立花大蔵長槍  布教長グチエレス  暫らく中隊長  司厨長中村銀次郎  長局全体  長条梅  安が長三郎  島支庁長  つけ長サーベル  支店長はん  姫路支店長  支店長宅  小笠原次郎長清  宇佐美左衛門尉祐長  六郎重長  河北新報社長菅野千代夫君  場長さん  場長巡回  場長  田島場長  長句  御歌所長  斎長  一長處  奧參謀總長  研究所長マカオ博士  三中隊長  留守連隊長  川村中隊長  鹿島参謀長以下  分団長  神崎分団長  兵曹長機  一号艇長  二号艇長  ミミ族研究所長  宣伝長  艇長リーマン博士  宣伝長イレネ女史  艇長公室  リーマン艇長  さっき艇長  工藤書記長  有馬参謀長  研究所長  航空長  学校長会議  和仁大審院長以下七名  師団長会議  顛覆当時艇長以下二百名  日本教育新聞社長  火長たち  房長  娘親長  弟甘露寺親長  坊城和長  甘露寺親長  長直朝臣  弟親長  叔父親長  親長  長享三年  通り長享二年  長享三年二月久しぶり  長享三年二月  長享三年以来足かけ  三歳長  長享二年  長享二年三月第二子公条叙位  長享二年三月生年三十六歳  長享二年宗祇  范院長  限り麻生書記長  書記長麻生久氏  同長  長みの  ノーベル研究所長  艇長服  東宮侍従長  毛長猿め  相良技師長苦心  こんなに長  柔長舌  編輯長以外  警防団長  さる長髯  仁病院長山井博士  粉長  瓦長  盲目縞長  亀長  音楽長  音楽長トビアス・プァイフェル  宮廷音楽長  事務長室  一四〇弗裁判所長秘書官  守衛長  裁判所長ツェダルクランツ現  刑務所長ウルムブラント氏  長徳寺様  ボーイ長の  夕方ボーイ長  火夫長  官長夫妻  皆長提灯  長養  病院長健児氏令兄  藩主長溥公  長知  藩主長知公  藩主長知公京都  長知公  ところ長知公  藩公長知公  藩公長知侯  侯爵黒田長知侯  正長  炊事長  長火  応援団長  長しな  長廣舌  書記官長席  支店長級  僧院長セラピオン  云つて僧院長セラピオン  おい事務長銅羅  たけ長  シ刃長ケレバ則チ棒頭力  ただ長酔  技師長兼職工  ナルニ随ヒテ長ジ  反復スルニヨリテ長ジ  スルニヨリテ長ズ  早く長火  耳長驢馬  長つゆ  冶金工場長  管絃楽長  音楽長ら  宮廷管絃楽長アロイス・フォン・ヴェルネル  管弦楽長  上院外交委員長チャールス・サムナー  和蘭商館長ヅーフ  和蘭商館長  商館長  川田久長氏  のち長與專齋ら  組合長さん  たる長瓢  優長  持久長攻策  日活会社長  水夫長ドコ行キマシタ  賄長  祭司次長ウィリアム・タッピング祭司長ヘンリー・デビス  岡山地方裁判所長  ひとり長吏  いちばん長  チト長逗留  気象台長ハンフレース博士  女群長さん  線長  万国雪協議会英国部会長  気象台長シムプソン博士  支局長  児長  長享  上等看護長  青年音楽長  蒋委員長  宣長  警部長なにがし氏  貧乏長家  中国軍政府最高主席委員長チャンスカヤ・カイモヴィッチ・シャノフ恐惶謹言頓首  歯科医務長  軍政府委員長チャンスカヤ某  倫陀院長  黒長衣  著者白石長忠  白石長忠  師長  弧長  里長鈴木牧之  参諜総長以下  足長蚊  外科科長  関雲長  一條長  六月地長  西村重長  つて清長  後年鳥居清長ら  鈴木春信勝川春章鳥居清長  画工鳥居清長鈴木春信ら  鳥居清長  九鬼子爵代つて東京博物館長  画工清長  清長時代  これ鳥居清信以来春章文調清長ら  文化初年鳥居清長歿  他長  ぎて長  長談議  司祭長  編隊長  篠田長左衛門様  長左衛門様生写  長左衛門様  一つ長左衛門様  参謀長不破  師団長たる  高野長右衛門  息長帶姫尊  記録裁判長  記録保存裁判所長  親衛隊長  さと長ら我課役  支廳長  全国町村長会議  星塚敬愛園長  またの名重長  女官長  麻布長伝寺  点長大足  落語無料長演シ奇特千万ニ付キ  重症長病  実験場長  ココニ長ク居テモツマラヌ  緑樹長  中隊長その他  如く長目  袖長  舵子長  出者長  スクラトン裁判長  靜岡縣周智郡長  子長  橋場長照寺  谷中長運寺  事務長達  根掛丈長  県立病院長  二十五日親王長鯨丸  一旅団長  六師団長  四師団長  白頭長眉  郡病院長澄川  アゴヤヤ長シ  清長型  参謀長一人  参謀長磊落物  参謀長参謀管理部長  船長事務長  師団長殿下  旅団長参謀佐官  参議教長  左大臣頼長  参議藤原教長  俘囚長安倍頼時  俘囚長清原武貞  俘囚長  みずから長髄彦  俘囚長清原武則兄弟  住人安東又太郎季長云々  看護長殿  菅原継長  秋山長右衛門  秋山長右衛門夫妻  僧長  ルーブル美術館長ジョルジュ・サール氏  ら長矛  ○○○○長  飯塚部隊長戦死  ○長  ○○長  五十嵐部隊長  部隊長室  山崎部隊長  部隊長小川伊佐雄氏  上つて部隊長  小川部隊長  県長  大熊部隊長  部隊長振り  小川部隊長以下  兵隊長  鎮保長  県長以下  桂斑長  県長専属  画期的長講演  ポートランド刑務所長  足長犬  常世長  建長五年  二つ折長綴  美男優長  佐伯氏長  説文長箋  生れ長  女長十丈  臥長一抱え  持長守久  延び長  蛇長二十五フィート  八フィート長  品地別命肥長比売  肥長比売  実行組合長  群長  中島飛行機製作所長中島知久平  民政党川崎幹事長  山本悌二郎委員長以下  短波長電波  海洋気象台長  中央気象台長  蘇州特務機関長  子長摩納  うち長摩納  部隊長みたい  長曾我部盛親  浪人剣客長江長左衛門  長江長左衛門  長左衛門どの  束髪長裾  筈長  呉中長  雛長  宮内省司厨長秋山氏談  十軒長屋二十軒長  漁夫長兵衞とい  長語  天長元年旱災  一長  柴屋長太夫  柴屋長太夫三十六歳  劉長  勇将新発田因幡守治長  宿長  一大長講演  一大長論文  湯長さん  索敵戦隊長  爆撃戦隊長  戦隊長  天長祝日  高み守衛長  分署長及某主任検事  若杉裁判長  柿沼内科医局長  防空群長  農夫長  二三年十一月二十六日管区長フライ・アロンゾ・メンチエダ神父  代理管区長グチエレス  長七郎  只長  技師長格  書記長鹿地亘  髯長矯風大主  職工長はじめ役員等  翁・人長  生き物ゆえ長  棚田裁判長  コノ人モウ長クハ生キナイデショウ  北条氏長  クック長  いや長  一大隊長  二大隊長  三大隊長  四大隊長  五大隊長  六大隊長  十三連隊長  右工場長  工場長以下職長  工場長こいつ等  こッそり工場長  庄長  陳長財  それぞれ部隊長  理化学研究所長大河内正敏  益田長盛様  山崎長  長ちや  長ちやん  高等裁判所長  づめた長  上原長柏  一回書記長  平沼内閣書記官長  演説書記長  まま初代書記長  社会党書記長  三委員長  万年書記長  西尾書記長  書記長代理  書記長商売  社会党委員長  鈴木委員長実現  片山委員長  書記長兼アジ  頼長兄弟  頼長一派  みな頼長  頼長誅伐  頼長ら  報知新聞社長就任  報知新聞社長  人長三四尺  息長帶シ姫  小君長  其太后息長帶日  看病人長  めざむるばかりにあでやかな長着  兵曹長上り  昨年丹後熊野郡長  郡長様  仙北俘囚長  県立図書館長  監守長  毎日署長看守長  先長  支店長代理  機関長室  聯隊長始め何人  司馬長卿  橋本警務長  樋口郡長  警務長  編集長安成二郎君  工場長はじめ  帝室博物館長  清長一枚  長寛二年  初代隣組長  群長遠山春樹  つて隣組長  防火群長  興亜経済研究所長  産業組合理事長  里見長九郎弘次  此裁判長  云つて裁判長  曼陀羅病院長  臼杵病院長  耳鼻科長  市消防署長以下  佐久間長敬翁  紐長  気象台長  大分長  東大神経科外来長  東大柿沼内科医局長  駒長  ざんぶりこ長鍬様  平次本庄新吾犬塚段八三上郡藏山杉甚作備前屋長七下總屋義平義平  せがれ長七  意外長  台長さん  河内台長  相当長  ぶん長  事務總長  研究所長鬼村正彦  極東科学株式会社化学研究所長  電気学会長  海軍技術本部長  協会長  学会長  宮廷合唱長  影長  看守長室  関口親長  鵜殿長照  長照  料理長  二股長半  最高委員長ワイベルト大統領  昨日裁判長  ソ同盟対外文化連絡協会長カメネワ夫人  少年探偵長  探偵長株  現在編輯長自身  先日編輯長  十長  馬のり衣裾長  午ごろ大隊長  以上昭和十年一月唯物論研究会事務長  選挙長  蒲生氏郷自ら長槍  成田氏長  金属材料研究所長本多光太郎博士  航海長小川中佐  兵曹長さん  小川航海長  技師長武田博士  スミス艇長  マハン参謀長  井上参謀長  寺院長ヨハネス・トリテミアス  改造社編集長  五分長  浪人品川長康  理事長ラ・ルーナ氏  半長右衞門  郡長郡視學  先刻機関長  戦車長席  地底戦車長  フ六弁長サ四寸許弁  柱頭長ク二分ス花穂  塗抹セルガ如キ趣アリ長三四寸許  二木長右衛門氏  流ニ従ツテ長ク水底ニ引キ  テ長ジテ尖鋭  藤長苗  今長のり  瓜長楕円形緑色  類ナリ根ハ蔓ニシテ長ク地上ニ延ク処処ニ茎立テ地衣  楽隊長内藤氏  林長二郎  長二郎  支店長バルベ  蒼ざめたお長  飯篠長威斎  増田長盛め  長葉柄  雄蕊長花柱  車長  中隊長三人  自ら給仕長  飛行機技師長  川野委員長対大石  際支部長  長線道  日比谷図書館長  赤十字マドリッド支部長  以来理事長  清水長左衛門宗治  清水長左衛門宗治殿  国防特別裁判所長  汽笛長声一発  令長  冉従長  連隊長連  長西瑛  省長  参謀長その他  淡路研二侍従長ポローニアス  張鉄ヨリモ長ク  電気特許事務所長佐野昌一氏  半長  キミひとつ幹事長  余り長  長与病院長  御堂関白道長  子長家  左府頼長  定長  開闔家長  兵学者北条氏長  白石長忠閲  應援團長  團長  溝中長左衛門  云二長吏一  勧修寺長吏次第  寺代々長吏兼二三論一  非人長吏  それぞれ長吏  小田原長吏太郎左衛門訴訟  役等長吏以下支配  自然長吏  小田原長吏太郎左衛門  上州下仁田長吏馬左衛門長吏之論  總力戰研究所長  コックス機関長  査問委員長  姉妹船ジイロング号機関長メエスン  官房長  官房長様  官房長殿  長壽  蜂谷艇長はじめ四人  蜂谷艇長  日弁事処長  暁窓残雨覚更長  量長  時量長  長天繊影  地方検事長FranklinK  九州執行委員長  あまり長  縞長袢纒  盲目縞長袢纒  特攻隊長  長ちゃん  松平越後守光長  越後守光長  掌砲長  丁度長小便  大隊長なか  大隊長非常  衞戌病院長  学部長  花巻病院長さん  これ百人長  中隊長様  艇長ゲーナー少佐  ゲーナー艇長  医局長  艇長テッド博士  カークハム編集長  テイイ事務長  とき事務長  鴨艇長  ギンネコ号艇長  スコール艇長  老艇長  事務長テイイ  怪艇長  老艇長スコール  艇長スコール  サミユル艇長  つまり艇長  足長手長  従つて艇長  其上艇長  折角長日月  へん長  夫ハ此度将軍長征  此時春外長二名及龍馬  幕府長  以レ長  海援隊長  昨日官長  唯今長府馬関  薩大久保一蔵長ニ使者ニ  アーアーモウ長クナイヨ  デハ君チャンモモウ長イコトガナイノ  逓信病院長  田沼理事長  理事長以下来賓  田召理事長  腕長  びん長鮪  男女長  中央委員長  タマニー区検事長  国人長臂国  右記長徳二年八月条  先手長  足長族  実長髄彦  生滅長  廠長  カウンター兼給仕長  酒井長右衛門  つて長さん  あご長  一人小隊長  父中隊長  その間小隊長  日小隊長  尻長  一三五長  者長  最初長陵  江戸太郎重長  東京要塞長  長中村七三郎  長どの  長府海岸旅人わたし  犬長  人生長  目下ゴム長  探偵長ボリス  其主長  参議院図書館運営委員長  長茂  醤委員長  幡随長兵  長善坊  長覚寺連署  斥候長  これ長吉ちよ  宮の長  長壽富貴  百夫長  長穗  命奧津余曾奧津宮息長帶比  王息長  君息長  王息長日子  王息長眞手  王息長眞  息長  科長河内  王科長  陵科長  波折長坂  君長狹  連長幡部  長眼長日比  一節竹獨神鄙肥長比  長比  物股長桃  千谷外来長  市病院長  接伴委員長  ため長  飛行部隊長  長壽也  随分長  宝塔長  侍医長  関長  君權漸長  舎監長  川島舎監長  女子學習院長長屋順治氏  二高校長武藤虎太郎君  林長館  今度隣組長  左府藤原頼長  長軍  大変長  長寛年中  飯篠長威斎直家  郡長上り  事務長ガ無電  事務長ガ頼ム  指導者的支部長  増進長育  山高水長  海長  侍従長ポローニヤス  長崎図書館長  病院長内藤教授  谷薬局長  森庄蔵長可  いや長蔓  とよの長秋  肩長  ゆ竪長  いま長白山中  ざめや明治三十七年一月三十一日長妹とし子一女  顔長  支店長室  それ以上支店長代理  支店長代理さん  支店長さん  近く支店長代理  息長帯姫  目黒支店長  海運河会社長  文庫長  京都支局長  甘露寺掌典長  教育長  新潟郷土博物館長  支局長その他  西部出版支部長  大分支局長  長サ三寸  左府頼長みたい  治山事務所長  四郎長茂  山後支局長  扇谷編集長  幹事長広川弘禅氏  社会党書記長鈴木茂三郎君  書記長鈴木茂三郎君  かなり長条  長巻  天長和尚  長曾我部元親式目  村森岩長太夫ガ家蔵タリ  三沢六郎為長  為長  兄権佐清長  兄清長  民部卿長家夏  博物館長キウリン氏  食糧委員長  官給長外套  髯長  侍従長トドロイッチ  



前後の言葉をピックアップ
就中  ナカンマ  なか子    なが  なか  長晟  長雨  長井  永い


動詞をランダムでピックアップ
雇わ決さ煮詰めとびあがっしょいこんつき合えるけら堪えるござらかわら辷り込む曲りくねっ入組ん斥けよ見いだせれ砕けれ失せんとけ込んいやしめあんぜ
形容詞をランダムでピックアップ
弛かっ乏しきむごたらし小気味よい縁どおいつまらない名残惜しくうう女々しく粘っこい敏いうぶい輝かしい長閑け薄ぐらい気味が悪う大層らしくやるせなかっ恋し下らなかっ