「気に入ら」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 気に入ら[動詞]
自分の気に入ら  上で、なにか気に入ら  なにがそんなに気に入ら  何か気に入ら  一体貴様は気に入ら  お前が気に入ら  娘が気に入ら  酌が気に入ら  彼にも気に入ら  良縁が気に入ら  何となく民衆の気に入ら  子だから、気に入ら  俺の気に入ら  俺には気に入ら  人間の顔が気に入ら  夢中になって、気に入ら  人物が気に入ら  制帽が気に入ら  何が気に入ら  物真似ぶりが、どうにも気に入ら  こっちで開かねばならぬ、気に入ら  試演が気に入ら  姿勢がまた気に入ら  神さんが気に入ら  買物が気に入ら  湯殿は気に入ら  たいがい嫁の気に入ら  もっと変人で、いつも気に入ら  のだから、気に入ら  芥川の気に入ら  眼に止められて大そう気に入ら  平素から嘉兵衛の気に入ら  中で気に入ら  盃が気に入ら  なにが気に入ら  奈何だ、気に入ら  住持にも気に入ら  アパートが気に入ら  声が気に入ら  げつけたが、それでもまだ気に入ら  革新的軍部の気に入ら  言葉が気に入ら  モードとして気に入ら  ジャーナリズム事情が気に入ら  のが気に入ら  瀧子の気に入ら  大金で買って、気に入ら  平警官として多少気に入ら  親父の気に入ら  六十番も気に入ら  私の気に入ら  会社員が気に入ら  環境が気に入ら  何処が気に入ら  頭が気に入ら  父の気に入ら  これも何やら気に入ら  今夜は気に入ら  出来栄えが気に入ら  原稿は気に入ら  句が気に入ら  主の気に入ら  芸当が気に入ら  髯が気に入ら  全然僕の気に入ら  茶かすようで気に入ら  男には気に入ら  ゴーリキイの気に入ら  感じも気に入ら  おれの気に入ら  養母の気に入ら  養父には、気に入ら  どれを見ても一向気に入ら  大変に気に入ら  工夫を凝らしていたが、気に入ら  囚人に、よほど気に入ら  虫で気に入ら  ことが気に入ら  国粋主義者の気に入ら  枯淡さが本当に気に入ら  カアネーション程は気に入ら  応対したり、気に入ら  方が気に入ら  礼子が気に入ら  エンゼルに気に入ら  主観に立って気に入ら  一色の気に入ら  家が気に入ら  味は気に入ら  其所が気に入ら  当人が気に入ら  誰を持って行っても気に入ら  僕の気に入ら  何かが気に入ら  ダメ、何もかも気に入ら  圧制とか何とか云うので、少し気に入ら  信長の気に入ら  田舎侍で気に入ら  奴です、気に入ら  出かたの気に入ら  寺は気に入ら  世の中にはいかに気に入ら  無上に気に入ら  代地が気に入ら  楢屋が気に入ら  南宗画でなければ気に入ら  なすのは、気に入ら  長篇小説が気に入ら  わしには気に入ら  神経質で気に入ら  神経質で、気に入ら  彼女の気に入ら  立小便は気に入ら  話題が気に入ら  態度が気に入ら  うちに、どうも気に入ら  おっ母さんの気に入ら  唇が気に入ら  親父には気に入ら  ようとし、気に入ら  そこが気に入ら  ことは気に入ら  房の気に入ら  図がすこぶる気に入ら  己には気に入ら  事が気に入ら  其様なに私が気に入ら  私が気に入ら  互えに気に入ら  此処が気に入ら  それが気に入ら  赤っぽく見えだして気に入ら  叔父は気に入ら  老婆には気に入ら  宮廷で気に入ら  余の気に入ら  それが余り気に入ら  残りは気に入ら  母親に気に入ら  電気砲が気に入ら  色がすこし気に入ら  博士の気に入ら  菜が気に入ら  彼の気に入ら  場所がどうも気に入ら  私に気に入ら  なんの気に入ら  刺繍が気に入ら  番頭さんでも気に入ら  結果が気に入ら  彼から忽ち気に入ら  方がはやすぎても気に入ら  批評家の気に入ら  道徳意識が気に入ら  心に云いきかせたけれど、どうも気に入ら  安心したけれども、なお気に入ら  時計めが気に入ら  爆弾連中の気に入ら  先方の気に入ら  客の気に入ら  上から形が少し気に入ら  人に気に入ら  のなら、気に入ら  中に、気に入ら  合せ鏡に気に入ら  のは気に入ら  一枚がどう書き直しても気に入ら  只何となく少しばかり気に入ら  連中に気に入ら  覆面が気に入ら  小生の気に入ら  母の気に入ら  何処も気に入ら  貴方の気に入ら  さは気に入ら  何だか小説家の気に入ら  ことも気に入ら  のを見ると気に入ら  ところが気に入ら  者に気に入ら  省作に気に入ら  容儀を整えてみると、どうも気に入ら  主人の気に入ら  次郎兵衛の気に入ら  あいつの眼つきが気に入ら  やり口が気に入ら  面つきがどうも気に入ら  生返事が気に入ら  あいつは気に入ら  たいがいが気に入ら  軍事力が気に入ら  仕事振りが気に入ら  お嬢様に気に入ら  仕向けが少し気に入ら  それも気に入ら  おいらは気に入ら  殊に態度が気に入ら  諸君にどんなに気に入ら  つまり抵当云々が気に入ら  めがねで見て気に入ら  色合いが気に入ら  姉だけは気に入ら  気風が気に入ら  友人であるだけ甚だ気に入ら  すべてが気に入ら  自分が気に入ら  調子が愈又気に入ら  調子がいよいよまた気に入ら  父親に気に入ら  出来心が気に入ら  ラエーフスキイは、すこぶる気に入ら  サモイレンコの気に入ら  ラエーフスキイの気に入ら  のかといふと、さうではなくて、一目見て気に入ら  君の気に入ら  ところを言えば、気に入ら  公衆には最も気に入ら  夫の気に入ら  奥さんには気に入ら  クリストフの気に入ら  点が気に入ら  妻が気に入ら  空気が気に入ら  向うで気に入ら  あなたに何か気に入ら  あとで、気に入ら  人たちは気に入ら  ことも、気に入ら  継娘に気に入ら  自分は気に入ら  目について気に入ら  ところ彼の気に入ら  人から見て気に入ら  思い付、気に入ら  此様な気に入ら  尤も気に入ら  彼らの気に入ら  仲人じゃ気に入ら  あれを見て気に入ら  彼らは気に入ら  関係が何故か気に入ら  羽織が気に入ら  商売が気に入ら  眼付、気に入ら  桂班長に気に入ら  彼女に気に入ら  アが画いたが気に入ら  甚しく気に入ら  どこが気に入ら  一人でしないと気に入ら  爺やと気に入ら  御主人様の、気に入ら  作曲が、どうも気に入ら  本能的な気に入ら  自体拙者は気に入ら  なにがどう気に入ら  一俺の気に入ら  家内の気に入ら  情欲と、気に入ら  小姑に気に入ら  他の気に入ら  人の気に入ら  皆の気に入ら  ぐりっこをする、気に入ら  自分の気に入る、気に入ら  お多福めえ、気に入ら  由良の気に入ら  イキが気に入ら  のも気に入ら  わしの気に入ら  三日が気に入ら  世話をやいていたが、それでもなお気に入ら  相手が気に入ら  父親にすっかり気に入ら  あんたの気に入ら  事毎に気に入ら  脚本が気に入ら  歌が気に入ら  出しが気に入ら  これも気に入ら  性質も気に入ら  細君の気に入ら  ものは気に入ら  仕方が気に入ら  乙女心の気に入ら  初めよりして構いつけられぬが、なお気に入ら  旦那の気に入ら  くらゐ気に入ら  最後に気に入ら  禿頭が気に入ら  房一の気に入ら  何となくそれが気に入ら  夫婦の気に入ら  答えが気に入ら  肖像をかいてもらつたが、どうも気に入ら  何か知ら気に入ら  先生には気に入ら  王様の御気に入ら  者は気に入ら  お父さんの気に入ら  これが気に入ら  言い方が甚だ気に入ら  口吻が気に入ら  長塚君の気に入ら  勧めで、気に入ら  やさ男ぶりは、気に入ら  年藩政が気に入ら  玄鶯院の気に入ら  彼には気に入ら  から御気に入ら  それを気に入ら  無作法も気に入ら  それで気に入ら  態度がなお気に入ら  それが酷く気に入ら  わたしの気に入ら  変に気に入ら  人には気に入ら  眼にとまり、まんざら気に入ら  アマーリアの気に入ら  ところがもう気に入ら  元から余り気に入ら  世の中は気に入ら  五郎三郎の気に入ら  自分も気に入ら  人々に気に入ら  所が気に入ら  印象批評にとって気に入ら  あなたの気に入ら  落ちつきが気に入ら  蚰蜒魂で、気に入ら  操縦してみまして、まだまだ気に入ら  福田の気に入ら  平野的にて、気に入ら  宗山が気に入ら  年寄なが気に入ら  躰に気に入ら  お前さんには気に入ら  もの、それでも、気に入ら  文句が気に入ら  わたしには気に入ら  これじゃ気に入ら  言葉が、いくらか気に入ら  半身にはすこし気に入ら  柄が気に入ら  事実が気に入ら  お上の気に入ら  差出口が気に入ら  婦人方の気に入ら  奴も気に入ら  後に気に入ら  皆な気に入ら  わたしはすこし気に入ら  承知していて、気に入ら  好悪が甚だしく、気に入ら  動作の気に入ら  妙子の気に入ら  席上で気に入ら  進行中、すこし気に入ら  何日といわねば気に入ら  話は気に入ら  私には小うるさくて、気に入ら  相手がちっと気に入ら  家人の気に入ら  のが、ちっと気に入ら  それじゃ気に入ら  鼓だけで気に入ら  人を殺したなあ気に入ら  わがまますぎて気に入ら  やつあ気に入ら  きっぷが気に入ら  みんな聞いたのよ、気に入ら  あっしの気に入ら  のでない、気に入ら  ヒメの気に入ら  何がいったい気に入ら  七丁じゃ気に入ら  そいつが気に入ら  しかし、気に入ら  野郎ですよ。それにしたっても気に入ら  おやじが気に入ら  物知りで、気に入ら  江戸っ子にゃ気に入ら  どこか気に入ら  おりもおり、気に入ら  から、気に入ら  せりふが気に入ら  なかった顔が気に入ら  悪党ぶりが気に入ら  しか彼には気に入ら  北欧系の気に入ら  あなたに御気に入ら  絹巻線が気に入ら  のが、気に入ら  執政当局者に気に入ら  連中から、よく気に入ら  主人に気に入ら  曲り工合が気に入ら  ことも出来なくなっていて、いきなり気に入ら  自分に気に入ら  瓜生野が気に入ら  手紙を書いたら、気に入ら  政府に気に入ら  評語が気に入ら  時に気に入ら  見方で行くと気に入ら  ハハハハ、気に入ら  名称としては、はなはだ気に入ら  お客様にさへ気に入ら  席亭の気に入ら  何でもして貰ってすこし気に入ら  ものが気に入ら  うちには、気に入ら  モチーフが気に入ら  絵が気に入ら  わたしは特にたべてみて気に入ら  料理が気に入ら  寝床が気に入ら  話すると気に入ら  花柳寿輔がつけた振が気に入ら  放蕩山人さては気に入ら  事か、気に入ら  野郎は気に入ら  義仲びいきには、気に入ら  頼朝に気に入ら  事も気に入ら  代り何か気に入ら  いっさい投げうって、おどろくほどやさしくなり、気に入ら  工合が悪くて気に入ら  少女を気に入ら  ヘルンの気に入ら  惣八郎が気に入ら  何が、そう気に入ら  のだから、彫って行って気に入ら  



前後の言葉をピックアップ
気に入  気にいっ  気に入っ  キニイネ  気にいら  気に入り  気にいり  気に入りゃ  気に入る  気にいる


動詞をランダムでピックアップ
逃げ出さひっくりかえらなおっ聞澄まし往きゃ思いがけよとりはこばとりきめまっとうしよ埋もらつくりなおし振舞え窮する驚き入らしそこなっ取り置き拡がれ思い及ぶおしだせ退け
形容詞をランダムでピックアップ
ふさわしかろ善く興味深き奥深く疎く手痛き温か厳しかっあぶらっこい賑わしかっ詳しかっねばりづよいなけりゃきたならしいむずがゆく面憎いかがやかしき美味し根深かっ疎ましき