「島原」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
名詞

島原[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
島原が取払われたら,  島原が秀吉から許された,  島原がどうした,  

~ 島原[名詞]1
たよりにして島原の  ランプをも島原の  ために島原の  壬生と島原の  三壬生と島原の  厖大に見える島原の  ふところ育ち団十菊五を島原に  徳川三氏を経て島原の  長崎縣の島原の  船で島原か  石垣などを島原へ  五太夫も島原の  おれは島原で  前の島原の  浦上と島原の  肥前の島原  肥前の島原という  肥前の島原へ  肥前の島原で  彼は島原の  その後も島原の  京都の島原  都の島原へ  都へ来て島原の  壬生と島原とは  ここに島原の  今の島原は  わたしゃ都の島原で  いずれにしても島原より  とりこもりし島原の  肥前の島原に  道中も島原が  中には島原の  今日は島原の  お松を島原へ  壬生や島原の  七兵衛が島原の  吉原や島原の  京都の島原で  夜には島原で  顔を揃えて島原の  京の島原の  迷ふ島原の  天草と島原の  者を島原へ  僕が島原へ  伝説の島原  大矢野島と島原との  元来が島原の  天草から島原へ  今日は島原に  これが島原の  目的が島原の  私が島原へ  肥前の島原では  時は島原の  寛永十四年に島原の  あなたを島原で  右で指さされた島原の  拙者は島原へ  助が島原と  本家と称せられた島原の  子供は島原の  場合で島原を  地点に立って島原の  一夜京は島原の  当時の島原の  フフンおいでなすったな島原の  そこで島原の  何んちうても島原に  のは島原  長崎や島原の  後に島原の  軍監として島原の  私が島原の  京の島原に  僧を島原で  上方へ行って島原などの  有馬家文書の島原  武蔵が島原  彼が島原の  誰が名づけたか島原では  

~ 島原[名詞]2
この島原  あの島原  やがて島原  その島原  たしかに島原  ようよう島原  深い島原  名高い島原  時に島原  実際島原  ゆくりなく島原  まだまだ島原  はじめて島原  なく島原  

複合名詞
一言島原  つて島原  島原結び  島原城址  天草島原  島原城  島原一揆  島原征伐  島原地方  島原天草  島原鉄道  はじめロップ島原地人  島原町  島原口  島原傾城町  島原通い  島原七不思議  島原八景  島原あたり  島原界隈  島原一帯  島原遠征  島原藩松平  島原騒動  一六二六年島原  肥後島原  一六二六年島原山中  島原勢  島原天草領内  都島原  島原扇  乍チニシテ島原  島原遊廓  島原藩士北川重喜  島原天草日記  取り島原  島原方面  十年近く島原  当時島原一円  島原富岡  次九間島原藩  島原一揆松倉記  立花宗茂島原戦  島原領有馬村  白紙三つ巻島原勢者左  肥前国島原産  島原以来  島原役  島原陣諸家指物図  祇園島原あたり  先年島原  肥前島原  島原藩  島原狂言  島原祇園  南洋タヒチ島原産  長崎島原  ところ寛永一四年島原征伐  島原模様  島原灣  寛永十四年島原  島原等  言つて島原城  肥前国島原  島原妹  島原出兵  肥前島原地方  島原陣  みな島原  島原参陣  島原攻め  島原役当時  



前後の言葉をピックアップ
島ノ内  島之内  シマノフ  しまは  志摩半島  島原半島  しまひ  しまふ  島袋  しまへ


動詞をランダムでピックアップ
振り分けるのめり込ん聞か見落とさ詰まっ曵か耀いわれるみせかけるはて待ち伏せる縮れる誦すれ抱えこんきせる振り向いはまりねむらし上廻る見開か
形容詞をランダムでピックアップ
つまらな生温けれ微笑ましく恭しい高けりゃ暖か疚しからたらし豪い若けりゃなさけなくわずらわし馴れなれし物凄まじき少から良かれ甘く親しい