「島原」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
名詞

島原[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
島原の小浜と云ふ  島原の風景と同じやうに熱心に讃美して長く記憶に留めて置きたいと  島原の乱の三万七千の戦死者は殉教者とは認められていない  島原の乱が片付き  島原の温泉嶽が蜿々と突き出てゐる  島原の一揆戦がみじめな敗れとなった  島原に見た  島原から台湾に渡った  島原の内乱に至るまでの  島原の吉利支丹の遺跡を歩いてゐる  島原か長崎へ叩き賣られて居るよ  島原か長崎へ持つて  島原などをめぐり歩いた  島原へ運んで  島原の乱から三百余年もすぎている  島原に花魁がようやく余命を保っている  島原が取払われたら  島原の軍功で新知二百石をもらって  島原で城に乗り  島原の戦いに功があったが  島原へお国詰になって  島原で三百里も先だと云われ  島原の遊女が昵懇客へおくる  島原の切支丹浪人が天草四郎を担ぎあげて  島原の三藩も命令によって出動しました  島原の乱について教会側の記録をまとめた  島原の乱を小説に書きたいと思って  島原の遊廓が一時栄えた  島原の名を忘れなかった  島原の名はもう東京の人から忘れられてしまった  島原から雲仙へ出て  島原らしいと思ふ  島原へ身を売ってしまったわい  島原へお売られなすったとやら  島原は色町でござりまする  島原の太夫を知らんというは  島原とは呼び交わすばかりの  島原のある  島原は全く名残りに過ぎない  島原できさらぎという傾城でござんすわいな  島原未だ侮り  島原が秀吉から許された  島原より弟であり妹である勘定になります  島原と号くる  島原に天草四郎といふもの一揆を起し  島原と異名をつけしより  島原の押されて行く  島原での咎は帰参が叶ったという  島原の灯が靄を赤く焼いている  島原という傾城町に一年一度の太夫道中がありますで  島原へやって来ました  島原へ売った  島原のにぎわいやなどをゆるゆる見物するが  島原の遊廓を開いたが  島原の名を口にする  島原の遊廓附近に彷徨うて  島原の廓が全盛になった  島原で一と云われる  島原で満月の道中がある  島原の松本楼に押し上り  島原の遠征に一度参加して帰ったという  島原の野母の岬の潮さゐに  島原の三藩から援軍を繰出させ  島原の間の湯ヶ島に切支丹が会合して  島原の領主が暴政を擅にして  島原の乱の結果は鎖国が施行せられ  島原の乱の年に長崎で殉教した  島原がどうした  島原の太夫さん落籍おさせやしたや  島原のものいう  島原へ連行して  島原へ行った  島原へ出張を命ぜられた  島原へ行く  島原の乱が同じく一六三七年であるから此間九十年近い歳月がある  島原では深江村を始め時ならぬ  島原との間に湯島と云う  島原の南有馬村庄屋治右衛門の弟に角蔵なる  島原の人民は鳥銃製造の妙を得て居て  島原の大江村に渡った  島原に帰って行った  島原へ軍を返した  島原に甲の緒をしむる  島原の乱で三万七千の農民が死んだ  島原の乱の直接の原因となつたと述べてゐる  島原の乱といへば  島原の乱を小説にする  島原の乱に登場すれば  島原の三藩から援軍をもとめ  島原へでかける  島原の烏どもは皆そんな練習をしていた  島原の乱は騒動の性質が普通のとは違っていたので  島原の亂が起つた  島原から綺麗なのを引っこぬいて  島原の新富座で西郷隆盛の新作の芝居が打たれた  島原へ行こうと思っている  島原と言った  島原へと誘引した  島原から行方不明になったとは聞いたが  島原であんな物狂いを起してから  島原の太夫の卵と見るべき  島原の大門を出た  島原を追い立てられた  島原で遊んだ  島原は源平藤橘を嫌わない  島原の行動と言い  島原をひとり抜けをして出て来たが  島原でも出し抜かれ  島原で雑魚寝をしたくすぐり合いの  島原の角屋の御簾の間の昔に返って  島原の廓を出た  島原を振られて  島原の太夫の身のなる  島原の乱に西国の諸侯が江戸から急いで帰る  島原の角屋に遊んで  島原の廓は新選組の侍が遊歩してい  島原へ行きましてねと  島原のことなら近頃この俺に聞けと  島原の事件の前後に知り合い  島原という代名詞でいった  島原へ建った  島原の方から来る  島原に限りまつせ  島原の歌も聞いた  島原の乱が起つた  島原の反乱の農民軍は鳥銃を持つてをり  島原の亂に出征してゐたり  島原の乱を書こうと思って  島原での覚えがあろう  島原にやられし  島原で見たと云う  島原を五日尋ねた  島原などの別嬪さんを泣かせるなんて  島原へでも行って遊んで  島原に繰り込み  島原の遊びにもどうやら厭きた  島原の乱に出征していたり  島原の乱に参軍したという  島原では眉山と呼んでゐる  島原の廓が新しく出来ましたので  

~ 島原[名詞]1
たよりにして島原の  ランプをも島原の  ために島原の  壬生と島原の  三壬生と島原の  厖大に見える島原の  ふところ育ち団十菊五を島原に  徳川三氏を経て島原の  長崎縣の島原の  船で島原か  石垣などを島原へ  五太夫も島原の  おれは島原で  前の島原の  浦上と島原の  肥前の島原  肥前の島原という  肥前の島原へ  肥前の島原で  彼は島原の  その後も島原の  京都の島原  都の島原へ  都へ来て島原の  壬生と島原とは  ここに島原の  今の島原は  わたしゃ都の島原で  いずれにしても島原より  とりこもりし島原の  肥前の島原に  道中も島原が  中には島原の  今日は島原の  お松を島原へ  壬生や島原の  七兵衛が島原の  吉原や島原の  京都の島原で  夜には島原で  顔を揃えて島原の  京の島原の  迷ふ島原の  天草と島原の  者を島原へ  僕が島原へ  伝説の島原  大矢野島と島原との  元来が島原の  天草から島原へ  今日は島原に  これが島原の  目的が島原の  私が島原へ  肥前の島原では  時は島原の  寛永十四年に島原の  あなたを島原で  右で指さされた島原の  拙者は島原へ  助が島原と  本家と称せられた島原の  子供は島原の  場合で島原を  地点に立って島原の  一夜京は島原の  当時の島原の  フフンおいでなすったな島原の  そこで島原の  何んちうても島原に  のは島原  長崎や島原の  後に島原の  軍監として島原の  私が島原の  京の島原に  僧を島原で  上方へ行って島原などの  有馬家文書の島原  武蔵が島原  彼が島原の  誰が名づけたか島原では  

~ 島原[名詞]2
この島原  あの島原  やがて島原  その島原  たしかに島原  ようよう島原  深い島原  名高い島原  時に島原  実際島原  ゆくりなく島原  まだまだ島原  はじめて島原  なく島原  

複合名詞
一言島原  つて島原  島原結び  島原城址  天草島原  島原城  島原一揆  島原征伐  島原地方  島原天草  島原鉄道  はじめロップ島原地人  島原町  島原口  島原傾城町  島原通い  島原七不思議  島原八景  島原あたり  島原界隈  島原一帯  島原遠征  島原藩松平  島原騒動  一六二六年島原  肥後島原  一六二六年島原山中  島原勢  島原天草領内  都島原  島原扇  乍チニシテ島原  島原遊廓  島原藩士北川重喜  島原天草日記  取り島原  島原方面  十年近く島原  当時島原一円  島原富岡  次九間島原藩  島原一揆松倉記  立花宗茂島原戦  島原領有馬村  白紙三つ巻島原勢者左  肥前国島原産  島原以来  島原役  島原陣諸家指物図  祇園島原あたり  先年島原  肥前島原  島原藩  島原狂言  島原祇園  南洋タヒチ島原産  長崎島原  ところ寛永一四年島原征伐  島原模様  島原灣  寛永十四年島原  島原等  言つて島原城  肥前国島原  島原妹  島原出兵  肥前島原地方  島原陣  みな島原  島原参陣  島原攻め  島原役当時  



前後の言葉をピックアップ
島ノ内  島之内  シマノフ  しまは  志摩半島  島原半島  しまひ  しまふ  島袋  しまへ


動詞をランダムでピックアップ
題せよ息張っへつらわたえんそそぎはおたためるてりはえる確かめる追う仕上がっふけ軋まありつけいじくろ定めれ遵わ駆りたてもくろま
形容詞をランダムでピックアップ
めずらしい我慢強い心安かれひろむさくるし平たき気疎い麗々しなるい暑苦しく似つかわしききいろ寝ぐるしい手ぬる熱っぽい耳ざとく面倒臭ひくい心細けれ