「少なから」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
形容詞

~ 少なから[形容詞]
例少なから  ずいぶん少なから  から少なから  こと少なから  さらに少なから  者少なから  もの少なから  はなはだ少なから  栄誉少なから  まだ少なから  うち少なから  同時に少なから  勿論少なから  沙汰少なから  むるものさえ少なから  既に少なから  此時少なから  最近少なから  豈少なから  共少なから  驛名少なから  青葉少なから  なお少なから  時少なから  霊少なから  所少なから  毎月少なから  また少なから  作少なから  まだまだ少なから  学者少なから  甚だ少なから  啻に少なから  周作少なから  一々少なから  ところ少なから  つて少なから  介少なから  非難少なから  事少なから  動揺少なから  ことに少なから  漸く少なから  其間少なから  新人少なから  内心少なから  昔ながらの少なから  むろん少なから  一瞬少なから  多分少なから  材少なから  梅園少なから  未だ少なから  家少なから  伝説少なから  もとより少なから  蓋し少なから  無論少なから  感慨少なから  亦少なから  

~ 少なから[形容詞]
ものが少なから  行為について少なから  持船も少なから  船も少なから  ために少なから  例も少なから  私を少なから  ことが少なから  病気については少なから  一時は少なから  彼は少なから  若い婦人たちも少なから  ためには少なから  今日の少なから  造は少なから  精確さに少なから  実験を少なから  人は少なから  私たちに少なから  可能性は少なから  のに少なから  僕も少なから  例に少なから  学者も少なから  ことを少なから  婆羅門の少なから  ヴァランタンは少なから  これには少なから  家も少なから  政治社会及商業社会に少なから  絵画的風俗などに少なから  心は少なから  私は少なから  一行を少なから  自分に少なから  満鉄嘱託将校に少なから  心をも少なから  のが少なから  彼女は少なから  消極性を少なから  一緒に少なから  様式は少なから  事も少なから  時には少なから  事件で少なから  三四郎は少なから  二字は少なから  話に少なから  一同は少なから  要素が少なから  門野は少なから  仕事を少なから  方針に少なから  女の子に少なから  テュウソン巡査部長は少なから  年賀状観が少なから  俺は少なから  つた風が少なから  継母にも少なから  智子は少なから  境は少なから  暗示を少なから  暮しに少なから  お茶屋も少なから  客も少なから  部屋の少なから  先生を少なから  伸子にとって少なから  利益は少なから  吉田は少なから  ものも少なから  健三を少なから  場合を少なから  彼も少なから  僕は少なから  宿屋にも少なから  原田は少なから  向きが少なから  執事を少なから  音楽的発達について少なから  者は少なから  兵馬は少なから  お松にとって少なから  私たちも少なから  木に少なから  旅館は少なから  妻君は少なから  脳にも少なから  腕次第で少なから  つても少なから  どこにか少なから  者も少なから  履歴効果も少なから  質問は少なから  文学に少なから  居留も少なから  俊基も少なから  井戸屋には少なから  遊民が少なから  成績に少なから  若僧が少なから  一ヶ月でも少なから  手合も少なから  兵も少なから  現出に少なから  まことに少なから  和尚さんも少なから  友だちも少なから  小畑は少なから  姿に少なから  わたしは少なから  将も少なから  興隆には少なから  余類からも少なから  味方が少なから  たるや少なから  二人は少なから  婚礼にも少なから  のは少なから  点に関しては少なから  しの仕打ちに対して少なから  時は少なから  社会の少なから  伊勢屋からは少なから  比較には少なから  これも少なから  兵が少なから  島田さえ少なから  番頭が少なから  七は少なから  類の少なから  ものは少なから  山本医師も少なから  側には少なから  宗助には少なから  返事に対して少なから  中では少なから  筆者等は少なから  内の少なから  仕事が少なから  心持をも少なから  心を少なから  斎藤も少なから  議席は少なから  そこには少なから  勝つの事例も少なから  功徳は少なから  ことさえ少なから  事に関し少なから  影響を少なから  当時において少なから  イタリア美術に少なから  それが少なから  多四郎は少なから  助長に少なから  警官たちを少なから  演劇そのものに少なから  仙波は少なから  於て少なから  わたくしが少なから  当事者が少なから  田中屋がたに少なから  國に少なから  のとで少なから  多四郎には少なから  変化が少なから  間に少なから  のには少なから  身の上も少なから  村にも少なから  小学校などに少なから  感を少なから  事どもを少なから  動物が少なから  東洋に少なから  殊に沙浜に少なから  者西洋に少なから  海中に少なから  虚誕も少なから  実事も少なから  譚も少なから  さが少なから  態度に対して少なから  説も少なから  影響も少なから  実現には少なから  者どもは少なから  ポケットからも少なから  東京に少なから  試みに少なから  二人とも少なから  人々は少なから  事は少なから  上にも少なから  所有者を少なから  炊事において少なから  ポケツト・マネエを少なから  山名は少なから  者が少なから  家内は少なから  様子に少なから  気分が少なから  小平太は少なから  人々を少なから  要素を少なから  すゞに少なから  吉は少なから  中で少なから  野村は少なから  報は少なから  国々も少なから  たるは少なから  逆に少なから  貴婦人も少なから  上に少なから  教授上に少なから  伝説に少なから  力に少なから  みんなに少なから  ナンセンス文学に少なから  経路には少なから  概念に少なから  作家たちが少なから  宗教画は少なから  場合は少なから  為めに少なから  感情を少なから  爲めに少なから  上で少なから  精神内容として少なから  婦人も少なから  たる者は少なから  山もとより少なから  人物中にも少なから  ことも少なから  傾倒が少なから  満員電車も少なから  世界は少なから  のも少なから  父親に少なから  治むるに少なから  精神的に少なから  ダネックも少なから  これは少なから  晩年に少なから  悲哀は少なから  代表者が少なから  歎を少なから  徒も少なから  樹下美人には少なから  描写にも少なから  現象が少なから  ムーアも少なから  願望が少なから  間にも少なから  兵法には少なから  彼女には少なから  爺さんが少なから  交際に少なから  つのテーブルには少なから  人物が少なから  発見について少なから  著書も少なから  

少なから[形容詞]
少なからん  少なからざる  少なからしめんとすとも異  



前後の言葉をピックアップ
すくなかっ  少かっ  少なかっ  すくなから  少から  少かれ  少なかれ  少かろ  少なかろ  すくなき


動詞をランダムでピックアップ
捕れ欺くさわるとじこめ付きぶらさがら示さのみこめ傾けよ読み耽とりかえす勝ち誇り容れる決す産み落そ才走っひかりいも書記す
形容詞をランダムでピックアップ
等しかっ脂っこく疑いぶかいばっちい姦しく臭き罪深度しがたき人間らしくてごわい甚だしゅう面憎い心細し物がなしいいぎたなく生々しかっ無う胡散臭く物々しき聰き