「考え込ん」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 考え込ん[動詞]
奇妙に考え込ん  真面目に考え込ん  食事中ゲーテは考え込ん  何か考え込ん  首を垂れて考え込ん  ぼんやり何かを考え込ん  窓によりかかっていたり、始終黙って考え込ん  腕組みして考え込ん  ままで考え込ん  前でじっと考え込ん  永遠と思えるほど考え込ん  明日について考え込ん  顔をして考え込ん  ただ一人で考え込ん  正成は聞き終ると、しばらくじっと考え込ん  ことを知っているだろうかなどと考え込ん  私は考え込ん  前に立って、じっと考え込ん  彼女は一寸考え込ん  よそ事をふっと考え込ん  ちょっと小首をかしげて考え込ん  茫然と考え込ん  のが苦しいので困って考え込ん  真中で考え込ん  手紙をひらつかせながら、考え込ん  下を向いて考え込ん  理学士は考え込ん  レザールは黙って考え込ん  熟と考え込ん  番しながら考え込ん  心持で、じっと考え込ん  ようになって考え込ん  ここでまたもや考え込ん  右近丸は考え込ん  背中をもたせかけ、考え込ん  腕組みをすると考え込ん  民弥はじっと考え込ん  うちにいつとはなく考え込ん  パイプをくわえて考え込ん  老人はじっと考え込ん  ものかと考え込ん  中斎は考え込ん  丁寧松は考え込ん  顔で考え込ん  清は考え込ん  事件を寄せ集めて考え込ん  今度は何やら考え込ん  宋思芳はひどく考え込ん  容易に分かりゃしないわ、考え込ん  さっきから腕組みして考え込ん  何かを深く考え込ん  彼はうっとりとなって考え込ん  こと毎日独で考え込ん  男がへこたれたり、考え込ん  険悪そうに見える考え込ん  ような考え込ん  横になって考え込ん  妙に考え込ん  一人で考え込ん  ぼんやりと考え込ん  そうに考え込ん  口も利かず考え込ん  うつむいて何やら考え込ん  下において何やら考え込ん  手も拭かずに、しばらく考え込ん  お国はじっと考え込ん  何だかじっと考え込ん  組み眼を伏せて考え込ん  ように固くなって考え込ん  隅にぽつねんと考え込ん  非常に考え込ん  ようでしたが、わざといかにも考え込ん  何事かを深く考え込ん  喫い切ると考え込ん  岡八またも考え込ん  程に考え込ん  道をあるきながら考え込ん  身動きもせず考え込ん  一日部屋へ這入ったなり考え込ん  それぎりぽかんと何か考え込ん  前へ坐って考え込ん  神経質になりきって考え込ん  上で考え込ん  何かしきりに考え込ん  ジインとして考え込ん  ちがいないと考え込ん  仕事を、つくづく考え込ん  一人でじっと考え込ん  首をひねって考え込ん  黙然として考え込ん  外を見たり、考え込ん  眼を閉じて考え込ん  ことを考え込ん  度博士は、考え込ん  勝国手は考え込ん  のだろうか、しかし、あんなにうな垂れて考え込ん  間我を忘れて考え込ん  様に考え込ん  たしかに何か考え込ん  彼が歩きながらこんなに考え込ん  民子は真に考え込ん  奴民子が居ないから考え込ん  顔付をして考え込ん  茶の間に坐って考え込ん  彼は、考え込ん  二階で考え込ん  ホーキン氏は考え込ん  閉って考え込ん  心配そうに考え込ん  あしもとをみつめ考え込ん  七兵衛は、考え込ん  山崎は深く考え込ん  段々に腰かけて、何やら考え込ん  腕組をして考え込ん  きり警部はうつむいて考え込ん  何をそんなに考え込ん  酒を飲みながら考え込ん  看板を見返していたが、いつしか考え込ん  ストーヴをみつめて考え込ん  頃には益々落つきを増して、落ついているというよりも、なにかしきりに考え込ん  何を考え込ん  自宅へ帰っていろいろと考え込ん  何事か考え込ん  手につかずに考え込ん  腕を拱いて考え込ん  ひとりで考え込ん  青木が考え込ん  ウイスキーをなめながら考え込ん  クリクリさせて黙然と考え込ん  なにをあんなに考え込ん  顔をして、考え込ん  そのまま暫く考え込ん  ジッと考え込ん  ものも言わないで、黙って考え込ん  ものを読んで、考え込ん  隠居は考え込ん  隠居が、いたく考え込ん  仏頂寺弥助はうなり出して、じっと考え込ん  孔生はじっと考え込ん  ようにじっと考え込ん  遠方を睨みながら、考え込ん  主任は考え込ん  小首を傾げながら考え込ん  刑事は一寸考え込ん  沈黙して考え込ん  大将何を考え込ん  大名案を考え込ん  溜息をついて、考え込ん  うちにふと考え込ん  天井へ上げて考え込ん  急に考え込ん  中で、考え込ん  噤ぐんで考え込ん  平馬は考え込ん  物を考え込ん  顔色を青くして考え込ん  ように坐って考え込ん  仔細らしく考え込ん  真顔に考え込ん  ブノワさんはすっかり考え込ん  何を見るでもなしに考え込ん  兵馬が、またも考え込ん  差しこんで考え込ん  兵馬は、苦りきって考え込ん  皺を寄せて考え込ん  彼は考え込ん  彼女は考え込ん  熱心に考え込ん  私はじっと考え込ん  金槌をいじりながら考え込ん  思いに、うっとりと考え込ん  防禦は考え込ん  から防禦の考え込ん  上に置きながら考え込ん  いやに考え込ん  何だかいやに考え込ん  首垂れて考え込ん  前にして考え込ん  眼を伏せて考え込ん  眉根に寄せ、何やら考え込ん  返辞をして、何やら考え込ん  何を黙って考え込ん  惘然と考え込ん  頃何を考え込ん  空間に定めて考え込ん  清は暫く何やら考え込ん  何かを考え込ん  眼を落して、暫く考え込ん  ところあるらしく、考え込ん  一方を見つめて、じっと考え込ん  間、考え込ん  ことについて考え込ん  若者は、しばらく考え込ん  何か深く考え込ん  ぼんやりこうして考え込ん  暫時黙って考え込ん  もので、どうやらこう考え込ん  投資してやろうかと考え込ん  自分一人で考え込ん  ところにも黙りこくって、考え込ん  クリストフは考え込ん  処分方法を考え込ん  火をつけながら、何やらじっと考え込ん  首低れて考え込ん  ラエーフスキイは考え込ん  石にかけて、何やら考え込ん  巻煙草を入れ、さて立ちどまって考え込ん  陰鬱に考え込ん  真面目な考え込ん  そのまま沈黙して考え込ん  腹這いになって考え込ん  多四郎は考え込ん  げに考え込ん  歎息をしながらしばらく考え込ん  返歌を長く考え込ん  ように考え込ん  者も考え込ん  三人ともじっと考え込ん  大頭を深く考え込ん  ことができずに、考え込ん  ゴム靴をはいて、そしてひどく考え込ん  心地で考え込ん  ッと考え込ん  腕を深く組みながら考え込ん  何かしらジッと考え込ん  ことなく考え込ん  一心に考え込ん  一心に何やら考え込ん  腰をかけて考え込ん  風に考え込ん  首を垂れて何やら考え込ん  森が黙って考え込ん  眼をつぶって考え込ん  ことをしきりに考え込ん  彼は一しきり考え込ん  野村はじっと考え込ん  彼は長く考え込ん  ことにまで考え込ん  無関心なまでに深く考え込ん  木下はなんとも云わないで考え込ん  手持無沙汰で考え込ん  僕の考え込ん  先生はひどく考え込ん  僕はいつも考え込ん  穴に引きこもって、考え込ん  ことを見て考え込ん  まま、考え込ん  何かしらションボリと考え込ん  誰も見ていないと思って考え込ん  圓朝は考え込ん  伯母様何を考え込ん  腕をこまねいて考え込ん  ことも忘れて考え込ん  頼母は、考え込ん  薪左衛門は考え込ん  自分は少し考え込ん  首を傾けて考え込ん  顔つきになって考え込ん  ようすで考え込ん  頭を抑えて考え込ん  えこッたと、大きに考え込ん  眼を外らして考え込ん  隅に坐って、何やら考え込ん  興奮したり考え込ん  皺を寄せて、何やら考え込ん  溜息をついて考え込ん  顎を撫でながらじっと考え込ん  マスターできるだろうかと、考え込ん  私が考え込ん  助はじっと考え込ん  そこで考え込ん  彼は立ち止まって考え込ん  何かじっと考え込ん  膝へ置いて考え込ん  北山はじっくりと考え込ん  北山は黙って考え込ん  彼はじっと考え込ん  なにかひどく考え込ん  武士は考え込ん  熱心に読み返したり、考え込ん  のは、痩せ細るまで苦しんで考え込ん  佐柄木は考え込ん  喬介は、暫く考え込ん  ぼんやりと、考え込ん  まま、暫く考え込ん  老人は考え込ん  ムズと坐って考え込ん  何事をか考え込ん  顔をしかめて暫く考え込ん  何とも云わないで考え込ん  暫時じいっと考え込ん  がっかりして考え込ん  しょんぼりと考え込ん  甲斐守はじっと考え込ん  左伝次はじっと考え込ん  何かをじっと考え込ん  顔や、じっと考え込ん  君江は考え込ん  美作は何やら考え込ん  話を止めたが、どうやら考え込ん  気を配りながら考え込ん  なにを考え込ん  前に立ち尽して考え込ん  二日全く考え込ん  頭を垂れて、じっと考え込ん  まま其処に佇んで、暫くじっと考え込ん  そのまま彼はじっと考え込ん  糸を垂れていた、実は頻りと考え込ん  私はよく深く考え込ん  むっつりとしておし黙りながら考え込ん  まゆを動かして考え込ん  顔をしながら、しきりとなにか考え込ん  名人とても、考え込ん  一刻近くもじっと考え込ん  きりと考え込ん  からこそ、こうしてじっと考え込ん  平八はなおも考え込ん  これも頻りに考え込ん  甚三はじっと考え込ん  眉をしかめて考え込ん  銀之丞は考え込ん  そのままじっと考え込ん  平八はまたも考え込ん  次郎吉はじっと考え込ん  上に、考え込ん  ふみが考え込ん  顔で暫く考え込ん  変に考え込ん  小林監督は項垂れて考え込ん  城主はじっと考え込ん  取留めもなく考え込ん  凭して考え込ん  そうに、考え込ん  下に置いてしばらく考え込ん  神戸港をながめて考え込ん  バアルは考え込ん  冒険について考え込ん  パンドーラは、考え込ん  彼女は暫く考え込ん  一式小一郎は考え込ん  病気以後父は凝と考え込ん  私も凝と考え込ん  まま三津五郎はじっと考え込ん  眼を顰めた、そうしてじっと考え込ん  トン公は黙って考え込ん  上へのせ、しばらくじっと考え込ん  源太夫は考え込ん  二階に考え込ん  まじめに考え込ん  人ね、考え込ん  羽島さんは黙って考え込ん  眼を伏せて何やら考え込ん  一瞬仙介は考え込ん  京一郎は考え込ん  貝十郎は考え込ん  武士は呟いて考え込ん  不思議そうに考え込ん  耳に入らないほど、考え込ん  腕を組み直して考え込ん  あなたはなにか考え込ん  眼を伏せ、考え込ん  柿沼はしばらく考え込ん  何か頻りに考え込ん  空目をしながら考え込ん  堀は、考え込ん  口へ出して言って考え込ん  小机源八郎は頻りに考え込ん  何事かじいっと考え込ん  署長は何やら考え込ん  署長は考え込ん  権兵衛はじっと考え込ん  父親はじっと考え込ん  



前後の言葉をピックアップ
考え方  考え込ま  考え込み  かんがえこみ  考え込む  かんがえこん  考えごと  考え事  考え出さ  かんがえださ


動詞をランダムでピックアップ
駈らそむくもてる酔っ払え射抜かつきあたっひしめきあい下りろつきたて付加えのりかかっ見つけれ耕す打ちすえるうるおすさからえまかせろ寄りかかっ稔ら
形容詞をランダムでピックアップ
わるからあら後暗い寂しい乏しくっわざとらしかっ暖かく煩うくかれ小ざかしく青黒き辛う多かろ生っ白い奥床しい腹立たしかっ精しきくさうわかかっ口うるさい