「善」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
形容詞

~ 善[形容詞]
誠に善  妙善  やがて善  むる善  

~ 善[形容詞]
私は善  気立ての善  人の善  人が善  仲が善  白星は善  芸術の善  都合の善  仲の善  声だけは善  心の善  家にとっては善  彼等の善  物の善  頭の善  のは善  心持の善  人は善  余り人が善  具合も善  一つの善  工面の善  對象は善  造物の善  ひとは善  

[形容詞]
善さ  善以外  善すぎるやう  善すぎるため  善過ぎてかへつて  善妙  善ニョム  善過ぎるため  

名詞

[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
善なりとか美なりと強調しない  善の方面と悪の方面とが重なり合って  善とは何かということを判断してゆこう  善とは何かということを知り  善とは何かということは倫理学では答えてありますけれども  善となる  善ときめてゆこう  善ということと幸福ということをむすびつけようとする  善というものを純粋に保とうとする  善と幸福とは区別されている  善と福とは一致していないという  善が滅びるという  善に志そうとする  善と福との一致というものをどうしても要求したい  善と福との一致をそうであるときめて  善かということをリップスの倫理学できめて  善なることを為そうとする  善とは何かということを求めてきたけれども  善とは何かということを求めている  善が何かと求めさして  善とはいわない  善でなければならぬ  善は凡ゆる類ひの  善であり得るなり  善は急げの  善と悪との差別がないならぼくはもう少し幸福かもしらないけれども  善を採用せねばならぬ  善のために悩んだ  善なる行為であるから救うとかいう  善というわけにいかぬ  善に帰せしめなければ  善にしろ  善であると言われているから  善を選ぶ  善との根拠をその側において明証的に理解する  善であるかを明晰に見たならば  善とから逸脱し  善に赴く  善の道に立ち入りたら  善の神が無理を強いる  善を為す  善でもなく悪でもないことがたくさんある  善と書き留められないからだ  善にはならない  善と書き留められない  善と書き留められているだろう  善と見た  善とされる  善とされないなら  善は急げだから  善なら事なかれと言ふ  善は急げです  善の理想が神の栄えを現わしていない  善と愛の勝利というようなことが考えられます  善であるところへ迄も到達する  善にもあれ  善の性だけがある  善は急げだ  善は急げじゃ  善をおこなおうと心がけなければならない  善と悪とを見分ける  善と正義とのためならば命を棄てる  善を愛し  善なりと認めたる  善の一側を観じ  善に回へすにあれば  善の行為をなすも  善もあり  善の発するは  善の感覚が鈍いことの証左となり  善の感覚と融合しているかを見て思い  善というような意欲の実質的価値判断を混うるならば  善かというような問いを限りなく生ずるであろう  善をとって  善をとらない  善であるかはこの等級感によってアプリオリに直覚されると  善を見ずして  善への憧憬が呼びさまされるという  善との靄のなかにつつんで  善によって女性の美を求め  善への願いと恋愛の求めとをひとつに燃やし  善に勝つかという  善を求め  善を作すべし  善に急げ  善に遭ふ  善を輕んずる  善を以て此を滅せば  善を奉行し  善を以て不善に勝て  善を取り  善からざる名の揚る  善と称し  善に帰せし  善なるものと思い  善が住む  善を施すが  善を勧めよ  善は悪ならずと云う  善なるものを創造しつつある  善の湧きだす  善と云ひ  善の歴史はそなたの手から書かれるであらう  善をしかなし得ない  善は急げと  善は急げで  善と悪との二方面がいつも私の心の中で戦っていた  善尽し美尽して  善をも知ろうとは思っちゃおらん  善を持つて居る  善をなした  善をなすは  善をなすより  善に就かねばならぬと  善に就く  善に向ふ  善の主張を無意義にし  善を輕信する  善の人がないとすれば  善を認めて  善の人でないことを記憶して  善を責めるにも  善を輕信しないと  善の人がないといふことを持つて  善の人がないことを理由として自己の不善を辯護するは  善の人がないことを以つて遁辭とする如きは  善を誇張して見せびらかさうとする  善が時として之と矛盾する  善の空想を理想と稱して掲げ出す  善を求める  善を夢想しながら  善を思ひ  善や美しき意圖が幾度かその實行に於いて躓きながら  善や意圖のみの美しさを恥づるよりも  善を美しき言葉に飾る  善を勧め  善をも愛せない  善と民衆の善と云う  善になるなどと考える  善が勝つと云う  善は美であり得るという  善か悪か因縁があろうと  善の事務所一軒だけという事がわかれば  善の方面ほどに強くもなく発育してもいなかった  善の方よりも使われる  善が一方の顔に輝いている  善を生んだという  善も壮も掩っても構いません  善もその通り善悪を通じ含ませるのみならず  善の範囲に或所まで入り込みます  善とは善悪その他の諸情そのものに対するこちらの受け方を本位として立てた  善に逢って  善とすれば  善に与し  善にも移らないし  善と悪の混血児はというと  善のために闘い  善だ悪だ罪だ罰だと呪わるるばかり  善は急げとか申して居ります  善の魂が悪くなる  善になり迷えば  善か悪か次囘に申上げましょう  善であるかということが分らないまでは  善なりと信ずるに  善とされているものの  善とのうちに自負する  善若くは美を独占し  善ござんすよ  善へも悪へも発展する  善はするが  善をして居る  善なりという愛の感情を人間の全般に対して抱こうとした  善は急ぐべしと  善へ導こうという  善を尽し  善という性格において意識している  善とか美とか云う  善を知らざると共に  善の善なる  善を成すべし  善を行ふを得  善を引き出すと考える  善をひき出すと考える  善を勧めて  善は急げ  善や美やの高貴に心を向わせる  善にいそしむ  善への関心の強く存在する  善への関心が強まるほど  善への関心の上に置かれる  善を勸め惡を誡めると云ふ  善かりしを証するに足る  善とか悪とか云ふ  善というように人生に永遠な友情というものがあって  善とは両立せねばならぬ  善の実行をもって  善をもって  善に傾向する  善が悪に打ち勝って  善の時代となった  善の時代と名づけたならば  善を為したる  善を悪として伝えられ  善がなり立たない  善は急げというからしからば  善もある  善は急ごうじゃないか  善を為すの  善を以て宝とすと  善であるにしろ  善なるものを探しあぐねた  善となく悪となくこれを排斥す  善に向かっている  善かッたのかも知れないけれども  善はいそげ  善を尽す  善は急げと言いますから  善でも悪でもないものの上に現れる  善に対する責任を有しないという  善とか悪とかいうことは相互の関係で変化して  善に遇うた  善には至り  善ばかりを彼らには帰していた  善と多くの悪とがあります  善を施すとともに  善を不愉快なものにしながら  善をなす  善にのみ与し  善をつき  善にかえり  善は多く偽善たるを免かれず  善から區別された  善のまだことごとく展開し切らない  善を施し  善と解釈する  善である然るに何故にマットン博士は東洋流に形容するならば  善の痕跡を発見する  善も敗北してしまった  善ほど他人を傷ける  善と謂ひ  善に協ひて  善を爲すの心なからむ  善を獎勵す  善は戮力を須要とす  善既に戮力を待つて  善を助けぬ  善も悪もない何処か知らない  善をなさんが  善と悪とを共に苦しめたまう  善とも知らず  善かるべしと思ふ  善なるものを愛せしにあらざるか  善と美とを一つにする  善とを一つにするとは呆れ返りたり  善を排斥すといふか  善を排斥せんとしたる  善をなさんと  善をなし得たとしても  善を私になしてくれた  善とはなんであるかを知らせる  善を行なうに  善に匹敵し得る  善でさえも悪に変化してゆく  善を行なっていた  善や善をなしたいという  善であり真であると信じてる  善の理想ばかりあまり多く持たせ  善とはいわれない  善の方へ自分及び他の周囲を見なおす  善の理想が破れると  善と悪とを半々に持った  善を求めて来出すと  善を行ない  善をなしたい  善のために単純に彼を愛していたので  善をなし得る  善か不善か知らないが  善平農士がそれをつとめる  善をすれば  善には善報ありという  善と悪とを包み込んでいる  善を超越している  善をなしたいという  善なるを疑ふ  善とに身をさ  善などはよく用い  善だか悪だかわからなくなった  善を賞し  善を奬めるよりも  善は急いで  善を信じなかったが  善を施こすといふ  善をしようと心掛ければ  善をする  善にも強しの諺に漏れず  善ならず悪ならず  善は急げと来たが  善なるものを急ぐにつけても  善をすすめ  善は急げという  善尽し美尽せり  善を楽しむ  善を圧し  善と美とがありえないだろう  善を喜ぶ  善と知りつ  善とも美とも見る  善の善にかへりて  善と支配者にとって不都合な悪とに分けて見る  善と見る  善を欲せば  善が輸入されると  善をしようと  善は常に保護しなければいけない  善と言う  善とか言う  善とか言ふ  善にせよ  善ばかりも行わねば  善と悪との間に起る  善に出でし  善のために悪を利用するとさえ思われる  善を絶対の目標としなければならぬと  善と正義観といふ道徳的な意識が余計に加へられてゐるといふ  善を作品の世界へ主張する  善や芸術家の正義感を売る  善を求めて進み  善を求めて止まざる  善の創造力を欠如せるが  善は悪に勝つ  善にも強しといふ  善と悪とのふたすじにわけられていた  善と悪との規準で支配されてきた  善とか悪とかいう表現での片づけ  善と悪とが己を自由に動かして  善平に紹介されたる  善の精神の強い努力ではあったが  善と到底一致しないだらうからね  善はいそげとあって  善を隔たる  善で何が悪かも分らなくなって  善と正義の名誉のために働く  善を行なって  善の小売りをして悦に入っている  善は急げというので  善の理想と呼ぶ  善にもあらず  善を構わない  善をそこなう  善などはどうでも真さえあらわせばと云う  善の理想をこう害しては  善の理想を示し得る  善と美と壮に合して  善に捷ちおおせるとは思わない  善遇せられぬので  善といへども  善とし  善とすべし  善をしたいという  善と悪とがあべこべになり  善はいそげという  善とはちがった  善と悪との間にも差別を立てない  善をなしたという  善にあらざれば  善といふ  善の火の神オルムーズドに仕えてる  善の火の神オルムーズドから授かった  善のイデアを太陽と比較し  善から区別された  善と呼ばれる  善とは何かということが道徳の根本問題になってくる  善と呼ばるべきは  善なる意志に基いてなされる  善であると考える  善と悪とを区別する  善を善なりとし  善の皮肉に包まれたる  善に変じ  善の皮肉に蔵れたる至悪の跳ね起るが如き  善に転じ  善なるものとなる  善が栄えると  善を踏みしき悖れるを  善かりしなるべし  善を行ふの  善を行ふ  善を思はずば  善のために喜び  善にあらず  善を行ふにあたりて  善を語る  善は人を善にまた善行の爲に造り  善に導く  善にむかはせ  善を行ひて  善とを確信する  善において價値において自己を實現しつつ  善は急げという  善の恩惠の一樣に降らざるのみなる  善よりも惡に親しむ  善をもて  善に似  善をあらはすに從ひ  善の始まりかつ終る  善の滿たす如く  善にそむけて  善よりこれにまさる  善を見るによりて悦ぶ  善が我等にめぐむ  善を行ふにあたり  善を受入れんには  善より未だ離れし  善の中これを己が許に引く  善の多きに從ひて  善がい  善といふ善みな汝のうちに集まる  善を爲さんとするは  善を行はんとするに  善より滴る  善を現はせば  善にましまし  善ありし所に今惡あり  善にして  善を受くるに過ぎざる  善を受けて  善なきを表はせるなり  善をシャルルの物惜みせぬ  善の惡に變れるを知ら  善にまします  善を見すべし  善の完全なるを明し給へり  善の源なる意を寓し示せる  善より惡に變ずるさまはあたかもその肌が年とともに幼時の美しき色を失ふに似たり  善にむか  善に高められ  善を多くの現在の悪を通じて追及するものの如くである  善を愛する  善尽せる建築はことごとく自分一族の寄進に係る  善と云い  善であることを疑はせる  善がある  善が眞理と一つのものであることを理解した  善からざるに至る  善や人の美に對しても  善を成し  善と言ひ  善か悪かを取りきめて  善あり悪あり  善だにこそ往生すれ  善の仮門をいでて  善を行なおうとしても  善を修めている  善によって往生を求めて  善も要にあらず  善もおよぶ  善と美もすべて廃れはてていた  善とかはり  善が裏であるやうな錯覚さへ持たせられる  善と信じていた  善に対する責任を考えなかった  

~ 善[名詞]1
行ふところを善なりとか  正門は善と  片方で善と  力で善とは  力をもって善とは  もとより善とは  それは善と  自分が善と  悪が勝って善が  これは善に  ときに善と  何が善かという  一つの善  ように善とは  それが善とは  私をして善が  法的に善  清浄心といって善とは  何が善  性格は善  斯る善は  意味にては善で  ように善と  悪をしりぞけ善を  心の善というもの  慈善は善  健全と善に  真と善との  真であり善  真と善とから  認識せられた善に  今日の善  御意にかなう善を  手帳に善と  手帳には善と  神は善と  これを善と  さっき言った善でも  神から善と  なかに示さるる善の  運命を善  人性の善と  良人から善  美であり善  人は善を  本性を善なりと  不善を善に  霊性を善に  廃めて善の  後に善も  感覚が善の  熱心な善の  センスと善の  虚言者に恵むは善かという  形式の善を  実質の善を  それ自らには善でも  いずれが善  個々の善を  行為が善  美と善との  ベアトリーチェは善の  美によって善を  さきに善への  悪が善に  多くの善を  多くの善に  想ひて善を  賢人は善にて  復讐は善と  愚にして善  性や善  中にも善が  カリカリして善  誰の善  覚者の善  私どもの善  覚者の善は  みんな覚者の善  標準環境こそが善の  人間の善の  美は善より  美が善より  完成や善への  そこが善と  真をも善をも  西洋の持つて居るが如く善を  他人に善を  それだから善に  僞りて善  人となるは善を  中に善も  惡を去り善に  自己の善を  本性の善を  伴はぬ善の  實現し得ざる善を  空想の善は  誠實に善を  空想の善や  空想せざる善を  憎悪は善  芸術の善と  民衆の善に  平民の善ばかり  芸術の善  最後に善が  性の善  道徳的に善  要素に分けている善と  いくらかの善を  前の善の  善に逢って善を  のを善と  約束的にせよ善に  それじゃ善と  前にして善の  許りに善  者は善か  ただの善の  類想詩と解しても善  叙情詩と解しても善  常識を説きても善  唱へても善  是なり善なりと  美と善の  正と善との  於て善なりとの  それ以上の善へも  魂があって見れば善と  人間で善を  性は善なりという  思想を善へ  すべてが善  宇宙には善も  市井的な善という  惡を去れば善も  神ありて善  善の善  丈の善を  一転して善を  自由に使えて善  道徳の善も  真や善や  彼等も善か  心持ちを善に  関心が善への  のは善を  気分の善  普通美や善という  謔と善  美と善とは  意は善の  意は善を  中に善に  つぎは善が  純然たる善の  それこそ善から  處ぞ善  滅さなければ善が  ような善  これ閑居して善を  神尾主膳が善を  其動機が善  性質が善  すべて世の中の善や  ことは善と  此度も善か  力が善で  それに善は  歌を詠むが善  自己の為した善に対する  話がきまれば善は  自分の受ける善ばかりを  地上には善も  美も善も  天は善にのみ  性の善を  性の善に  この世の受け得る善の  庶民には善を  ここの善という  神より見たる善  私たちから見た善と  摂理で善  摂理である善  心象中微塵ばかりも善の  吾等の善  是を善と  能く善に  而かも善を  道徳は善を  而して善は  悪を助けて善を  ものは無くなる善も  歌は善とも  事を考へずとも善  俳句集を読むが善  美にして善  理窟と善とを  それは善を  善や善を  自然は善と  抽象的な善の  中から善の  心が善を  活動し善を  幸福と善とを  君たちみんなに善を  彼から与えられる善の  人からなされた善を  人が善を  閑居してなす善か  夜番に当ると云うので善  弱でも善でも  この世で善を  人間社会で善には  必らず善  五正義と善とに  人の善を  洗ふも善を  人に善を  他に対して善を  強きは善にも  ことは善  ことが善  これによって善を  性の善も  真と善と  艶出しするを善と  真とも善とも  何が善で  善の善にか  好都合な善と  心有りて善を  西洋の善が  みよ子は善  ものは善でも  真とか善とか  人生を善と  之を矯めて善に  自然は善の  正義観や善を  明らかに善や  一切の善を  心持が善か  只だ善の  念が生じて善か  簡単な善と  行動が善  侵略主義者の善と  標準語であった善とか  過程にあらわれる善と  郵便に附しても善  宗教の善と  之は善を  心が善  ひそかに善を  総称して善の  ずる真と善と  非は善と  辰之助等に善  現実を善と  心の勝れるを善と  人間で善  道義的な善とは  プラトンは善の  それは善  目的は善と  制約的に善と  行為は善  善を善なりと  悪の善に  悪より善に  絶対的に善  彼らには善  彼は善の  殃し善を  遙に善か  爲すべき善を  至上の善に  至上の善は  者を善に  能く善を  真と善とを  すなはち善において  性は善  至上の善の  他の善を  心の善を  一切の善の  萬物を足らはす善の  三六かく一の善より  至上の善が  むるかた汝にとりて善  無窮の善を  至上の善より  跛者の善は  外に存する善が  うちなる善といふ  物をもて善を  神の善より  #一切の善の  業を善と  さきに善  他の善  惡ありて善  一の善を  果を摘みて善に  状態となれるやを見ば善の  三三神以外の善は  至上の善  前記の如く善より  惡より善に  それに劣る善に  到達し得ない善を  期待し得る善の  それに善と  悪も善も  快楽は善  反対が善  如何に善に  自分は善にも  常識から見ての善  ことには善も  人の善や  善惡を論ずれば善  感激より善に  者が善  衆生に善  もろもろの善を  どれほど善を  自分の行なう善によって  他の善も  念仏にまさるべき善  他の善は  画を善  惡は善とか  表で善が  家計を助くるを善と  

~ 善[名詞]2
確固たる善  なく善  より善  同時に善  遂に善  どうか善  あくまでも善  更に善  その善  頗る善  ちょうど善  未だ善  あくまで善  かえって善  おのずから善  実に善  寧ろ善  むしろ善  そんな善  唯善  亦善  常に善  やっぱり善  こういう善  これから善  しきりに善  たとい善  徒に善  この善  一旦善  どういう善  極善  賢し善  大きい善  いわゆる善  ついに善  いかなる善  最も善  どんな善  猶善  大いなる善  少き善  よき善  すでに善  別に善  蓋し善  

複合名詞
善財童子  善知識  最高善  李善註  家来善藏  これ善藏  善藏  コリャ善藏  善藏どん  善藏コレ善藏何  悪友善友  至上善蜜蜂  善惡  仲善二人肩  仲善  清光偏照善愁人  善党  善兵衛  至上善  善見城  かぎり善  善神  善男子  牧野善兵衞  胆取り一人旅善魔  善魔  善行為  何かしら善兆  眼科医善友氏  善業  善八  釈迦善逝  善恵房  善忍西  善蓮  善恵房澄空  善峯寺  子善佐  愛善苑  車善六  白誉雲外竜池善士  善性  善男子正法  善七  善報  善友  至完善  社会的善  善日麿  善知識たる  善趣  善説  善士  これ善士  柔善  善逝涅槃  賢善  所賢善  善法  善巧  毘留善麻利耶  葛西善藏  先輩葛西善藏  妙善  魚善  教覚速善居士  善婢  善八親分  車善八氏  車善八  善童悪童たち  善業悪業  羅媛善妙百済媛妙光中臣  媛善妙  善妙  善者  金曜日善  善義  善義さん  夜善義  村上善義  常識的善  所謂善  善将  すべて善民  みんな善  善策  醒むるも善  善馬鹿  周善  善ちゃん  善宗流  善ぐ  橋善  我善坊  善守  善智  善謀忠武  寸善  世紀的頭腦ヨリスル是非善惡ニ對シテ應答  善キ傾向ニ發達シタル者ハ惡シキ發達  存置スル善惡一切  善トス  口善惡  善惡共  浄善寺  杉善  善作  善惡無差別  善惡混淆  つて善  求善  善ぐもならなぃで  重役中根善右衞門  四善  父善右衞門  善右衞門  よう善  善覚寺  八百善  閑邪陳善記  一善  新村善兵衞  すべて善  如去惡遷善而爲二修己  善謀鬼略  我輩善藏君  善症  福善禍淫  高柳利治藤田小三郎野尻善右ヱ門稻垣角之進草野清利蛭田甚左ヱ門木村常陸  善惠證空  就中善惠  善惠  善惠以後  孫唯善  覺善  善鸞法善  日善  弟子日善  山口善右衞門  炭屋善右衞門  主人山口屋善右衞門様  主人善右衞門  山口屋善右衞門  山口屋善右衞門さん  山口屋善右衞門方  鴨居善兵衛  善太夫  宮部善祥坊  善知識達  善記四年  善哉善男子  福善  永野善太夫  善逝  養善寺  妙浄善大姉三回忌仏事献立控  善十郎  並木善兵衛  木やり唄浅草趣味八百善料理風鈴  八百善料理  貸座敷大黒屋善六様  善三  成善派  我善坊ヶ谷  善九郎さん  善九郎さんたち  善處せん  善思想  一体善  善作さん  知つて善作さん  善作さん一家  正邪善惡  湛へた善品  善品  自ら善  善主麿  三木善八  阿波那賀郡立善寺村  高善  是非曲直美醜善惡  萬善  善右  衆善奉行  親レ仁善レ鄰國  李善注  麻布我善坊  善書堂  道徳的善  善推二其所一レ爲而已矣  善兵衞女房  善鬼  善鬼以来  善兵衛さん  善兵衛おじいさん  次第善  善太  善ニョムさん  善ニョムさん達  是善惡  安田善兵衡  善世  いま善世  井頭池善福池  善友悪友  追善作善  白善上人  総理大臣上泉善鬼  上泉善鬼  総理上泉善鬼  総理大臣善鬼  善鬼総理  善鬼ら  善海子ツ  善縁  車善七  久世喜善  喜善  善六  善六め  善六自身  善六さん  善惡是非  井善  善謀  善どん  善さん  善どんと小僧  善因善果  七月廿九日西郷善兵衞  八月二日西郷善兵衞  曾無一善  善綱氏  善法律寺  大道寺一善氏  通寺町保善寺  善クスト雖モ  島吏土持政照善遇二南洲翁一  私學校祭文蓋シ學校者所三以育スル二善士  必ズ欲スレ爲ント二天下善士一矣  善士也  善鬼呪禁一九二四  責善寮  ア善さん  美濃善  私しゃ善さん  良善  善政体  善ぱ  八丁堀同心山崎善兵衛  山崎善兵衛  善周  善周さん  善竜院  英善  善了  住職英善  善八ひとり  オヤ善  百善病院  千束善右衛門  善童出生  平井善九郎  善ぱと手分け  善ぱと  善達  杉生善作  昨日善兵衛  農高橋善兵衛  善惡可否巧拙  善財  青年善財  佐野善作学長  執行作善  善恵上人  法然善恵  鴻池善右衛門  着物えり善好み  善義十三観  善六郎  行善寺  善鸞  善化  小豆屋善兵衛  傘雨宗匠善  佐々木喜善君  善鬼垣内  善鬼様  井上善作  觀世善九郎  狩野善納  善兵衛自身  狐疑善  狐疑善たる  綿布問屋新田善兵衛  其うち善兵衛  善兵衛老人  岡田善右衞門  松本善兵衞  臓腑善ク発達スルモノ  薩摩藩士前田善安  名主善兵衞  江田善兵衛  絶対善  みな善  善知善能  善さんとこ  儒教デモ善ト云フモ  ニ対スルホドニ善ト  人類學雜誌佐々木喜善氏  責善談話  浄善  間浄善  浄善さん  浄善尼  善夢  知善院  善巧方便  宝生山知善院  善坊  善種学  知善院寄留  善造  住職平田諦善師  諦善師  勧善訓蒙  作善  善巧太子  善惡混ずる  優善  人淺井善藏  善因  善三郎  佐善氏  真実善  善コ  善コォ  芝口和泉屋善兵衛店  善鄰  祐善  善旡畏等  高橋是善  善鬼たち  善神ども  聖善  善男女  善性竜王同様  善胎学  従前善法浄行  善奉行  病魂善性  美作屋善兵衛  善法比丘  善法比丘無言  善車王  近刊佐々木喜善君  田中善立氏  八百善位  佐々木喜善氏  善如竜王  鴻池屋善右衛門  善五郎  善相公  師匠善  隨つて善  善惡邪正  善童  善右衛門  善カラヌ癖ナリ  斉善  善界  善達京上り  福井藩主松平斉善  法道寺善  銃器商大島屋善十郎  会席料理八百善  山谷八百善  善そのもの  九善  所謂善巧方便  善鸞遊興  善惡それ  善男子善女人  至つて善  首善学校  帰途我善坊  我善坊谷上  善学  善的働き  慶善寺  みな慶善寺  滅罪生善  善福  善覚  劉善  劉善經  皆劉善經  善那  佐々木喜善さん  善かさ  種善院様  支那少年善金  善金  前記佐々木喜善君  三好善平  善平  出づる善平  むる善  蓬善ク転旋シ  善界草  善界坊  万善  善教寺  御徒組頭久下善兵衛  善慈心  葛西善藏氏  善藏氏  一日一善主義  小村善右衛門  隨分善戰  新倉善太  愚善  護法善神社  善臣  善臣翁  善霊  善霊峰  辻善六殿  辻善六  一子優善  子優善  車善六的感覚  大沼善八  善主以登  批判的善  善鬼悪鬼美鬼  枡屋善作  偶丸善  ほか善  善口  人善  善惡二  一二〇貪婪善  七二善惡  善魂  善處  長善坊  勧善寺  ら善  ゆゑにかの善  志善  二七これ善  善みな汝  善みな  所善  善萬物  藤州通善寺尼智首  瞻波国人善聴  善惡とも  天善神  狷介ニシテ善ク  善射  護法善神  方便善  優劣善惡  善氣  善氣吉氣  境遇善變  善變  善惡中間  新興善国民学校  美風善俗  善凡夫  自力作善  善万行  自力修善  一切善法みな断  秘策善謀  善クス  善二剣法一  社会善的潔癖さ  



前後の言葉をピックアップ
  ゼロオム・オゾリウス  ゼロックス  ゼロニモ・ルジエラ  ゼローム    善から    前腕  


動詞をランダムでピックアップ
取かかり捻じるはからう泳がせれ裁くきける見入犇めか食する焚きつけれ醒しはりきる取り掛かっもぎ取とべ恋い焦がれなさい巻き返すたわまとびのく
形容詞をランダムでピックアップ
手厚いあぶなけれ手ぬるいおめでたかっひらたけがらわしくっ心細けれ憎らしい待ち遠しく薄かっ回りくどいすばや厚かましゅう高かれつめたいなしくちうてっとりばやく紅けれ