「早」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
形容詞

~ 早[形容詞]
まだ早  余り早  すこし早  むろん早  編笠早  つぎ早  ちゃんと早  ちょっと早  中早  あまりに早  チト早  早寝早  一体早  どうも早  いったい早  素晴らしい早  すさまじい早  ブザー早  とても早  モ早  より早  日早  猪早  いくら早  決して早  いちいち早  から早  ひとつ早  やや早  場合早  少し早  少々早  案外早  かなり早  中でも早  もう早  さては早  ちと早  ニ早  ガ早  ナラズシテ早  次第に早  ソノ早  毎朝早  ぶん早  かくべつ早  すでに早  やがて早  オヤ早  ちっとも早  時早  極めて早  単に早  随分早  やっぱり早  こんなに早  嘗て早  たび早  ぁ早  今朝早  ひどく早  楽早  ナルベク早  まり早  オ早  つて早  みな早  既に早  余りに早  えらい早  とにかく早  いつも早  同時に早  珍しゅう早  朝早  つと早  外早  神さま早  余程早  とかく早  早耳早  おのずから早  先生早  あんまり早  いっそう早  あらかじめ早  たより早  ちっと早  そんなに早  年早  同一早  すばらしい早  たちまち早  ょうちんをつけた早  ことごとく早  すさまじく早  やかましく早  よく早  ヲシテ早  略画早  もう少し早  ずいぶん早  必ず早  もっと早  みゆ早  大層早  あながち早  多少早  未だ早  すぐ早  夜通し早  なんとも早  アア早  方早  いささか早  太鼓早  喧嘩早  それだけ早  低い早  にの早  誠に早  一寸早  勿論早  ア早  たまに早  なんて早  ない早  宛早  キンキン早  ます早  まるで早  朝起き早  むしろ早  どうしても早  ごく早  なるたけ早  春早  又早  美しき早  始めて早  ゑろう早  既早  何とも早  目まぐるしい早  一番早  潮早  

~ 早[形容詞]
十月八日けさも早  十月十五日けさは早  十月卅日けさは早  部落の早  二月二日早寝の早  二月七日けさも早  けさは早  二月十六日けさも早  二月十九日今朝は早  内に早  四月二日けさも早  年寄は早  六日の早  五月五日けさも早  中の早  時間が早  音が早  今朝は早  萩の早  けさも早  ちょっと時期が早  何でも早  死花には早  矢の早  何といふ早  雑誌は早  俄に早  のが早  水流が早  程の早  まり火足が早  気が早  ボオイが早  秋は早  夜サは早  ぼんやり井戸前の早  あんたが早  しまうその早  火の早  ココは早  のも早  のは早  鼓動の早  明日の早  候時ハも早  その間に早  女の早  立てが早  位の早  駕籠の早  継の早  始末と早  足の早  人數も早  鉄五郎からの早  時間の早  二人は早  時刻より早  老人の早  到着が早  手紙を早  其方は早  方が早  桔梗の早  例刻より早  一秒でも早  白刃取りの早  逃げ足の早  ことは早  此が早  時間も早  鳥の早  熱海の早  時節が早  文盲の早  三週間ばかり早  流れの早  平次は早  年齢が早  乾きが早  一日も早  つてさへ早  死骸は早  失望は早  期の早  それより早  私は早  成長の早  退社時刻には早  半分ぐらいの早  下の早  そこが早  帰りが早  蓬莱橋は早  察しは早  一の早  流れと早  十日祭も早  住居も早  速度が早  明日が早  時刻が早  同時くらいの早  そこも早  此の早  タマの早  十時半が早  手廻しの早  もう少し時間が早  今の早  病気は早  結婚に早  勘定万端を早  世界一周の早  今年の早  侍が早  廻りが早  尻上がりの早  まま往っては早  絶念の早  一時間も早  物語も早  老眼鏡には早  足は早  前芸はも早  気の早  当日に早  何か早  話の早  着物は早  弟は早  空前の早  広小路も早  何んとも早  肝腎の早  一挺の早  自分としては早  神楽殿の早  これくらいな早  用意も早  行動が早  昔からなんでも早  気持としては早  二倍の早  一刻も早  這ひよる足は早  間に早  それは早  時刻は早  行乞には早  九月三日今朝も早  五月三十一日けさは早  八月三日けさは早  逃足の早  成長が早  転換の早  ここからは早  徒歩軽装の早  ここは早  やうに早  やうが早  カンの早  足が早  ための早  弁内の早  総がかりの早  新田軍は早  酒を早  アノ足の早  初めのが早  一年ぐらいの早  宮の早  あなたが早  寂心も早  彼が早  今朝の早  却つて夜は早  きょうは早  結婚は早  春初の早  二月には早  血気盛の早  扇折の早  室も早  二梃の早  仕立ての早  眼が早  話は早  ばかに早  理解の早  処理の早  混乱が早  十二時も早  手廻しが早  結論が早  それも早  わたくしは早  向きと早  二挺の早  瀬を早  あきらめが早  伝六は早  疾風迅雷の早  酔が早  通しの早  瞬間の早  一日通しの早  疾風の早  石火の早  伝六に早  電光石火の早  移りの早  飜訳どころの早  平和回復の早  今年は早  肩六人つきの早  江戸よりの早  引籠む時刻が早  長次郎が早  傍には早  女は早  チット立廻わり方が早  幾十秒時間か早  長崎から江戸まで早  朝は早  筆の早  麦藁帽には早  時勢が早  時勢に早  さそうに早  思想の早  朝が早  歩みの早  ことの早  此度は早  ほうが早  春が早  季節が早  安煙草は早  脳髄は早  午後には早  速力の早  切りが早  時代の早  凡八年は早  鈎合わせに早  お前には早  うちに早  思想的呑みこみの早  二年目に早  亀が早  何百里という早  収穫は早  お前こそ早  彦根の早  雲脚の早  東海道筋よりの早  身には早  そいつは早  姿は早  天竺の早  時の早  花の早  感覚の早  光の早  コヨミの早  人一倍恢復が早  金銭がも早  車夫が早  進歩の早  ところが早  今は早  のにも早  五目流の早  母は早  お前より早  さんより早  十年くらい早  時間は早  頃は早  其時は早  馬よ早  移り代りの早  度が早  姿が早  婦人は早  壮士は早  足位の早  人声も早  夜も早  教員の早  手順が早  なんでも早  翌年の早  いやに早  脚の早  娯楽復興の早  手が早  時期が早  影絵は早  出世の早  出勤が早  レコードの早  私が早  技の早  何という早  雲の早  訪れは早  体に早  都の早  船の早  蒸発が早  かなりの早  定年は早  さと早  母の早  庄太郎は早  舞の早  意外の早  杉山局長だけ早  

[形容詞]
早池  早起  早起会  早うまい  早夜  早天水  早百合  早な質問  早朝の静けさ  早咲  早過ぎるという人  早すぎるよう  早過ぎるというの  早私  早さ  早弥生  早稻田  早すぎる小悪魔  早うご  早がき  早よう  早押しクサレ  早ク  早百  早手  早よ寒い  早よから  早今日  早目  早立  早やす  早過ぎる気  早打  早附  早過ぎるといふ気  早すぎる半白  早手廻し  早駕籠  早笛  早がわり  早文  早乗  早そう  早すぎるの  早やう  早旦  早よ歩けさ  早よ安次  早ぐ  早まわり  早ヤ  早すぎるという考え方  早処女  早幕  早学問  早すぎる雪崩  早吸  早速攻  早すぎる時間  早十  早過ぎるの  早過ぎて困るの  早過ぎて不便  早馬なり  早まつ  早やつ  早自分  早鼓  早成  早過ぎる中途半端  早それ  早地  早馳  早すぎて格子戸  早雲  早川口  早太  早登庁  早すぎる自分  早過ぎる程  早夕方  早すぎたり距離  早や過ぎるよう  早のみこ  早間  早取り  早過ぎるん  早過ぎること  早稻  早ぃな  早すぎるというの  早乾き  早すぎる現代  早さかな  早言  早うち  早けや彼  早これ  早ざき  早ヨオ  早すぎるん  早くそ  早春の嵐  早起して甲斐  早よ街  早から  早よど  早起致し候  早うから  早真赤  早気の毒  早戦争  早拍子  早仕事  早折  早過ぎるということ  早すぎるせい  早過ぎる時間  早すぎてなか  早まら  早ぐうぐうと  早飛脚  早みどりの  早飯  早鉦  早クニ  早撮りが成  早過ぎて生徒  早呑みこみ  早や笑うてくれる鬼  早み勝ち  早過ぎるよう  早すぎる埋葬  早仕舞  早小僧  早すぎて到来  早すぎて母  早韮  早勘定  早具足  早からん  早クモ  早すぎ  早露  早過ぎるわけ  早過ぎるというわけ  早すぎるってこと  早半月  早饒舌  早過ぎたりすると翁  早がてん  早気  早刻  早太鼓  早路  早中  早過ぎて離すと凧  早百合姫  早筆  早指南  早過ぎて失敗  早すぎる妊娠  早すぎるといふ性質  早しっこい孔雀  早しっこい小突き方  早過ぎるけれど外  早渓  早過ぎるやう  早過ぎるお話  早よ地道  早合  早渡り  早いか踊り  早すぎる朝食  早よ軍医  早エ  早すぎるきらい  早産後  早朝顔  早注進  早教育  早よウ  早すぎる問題  早利  早すぎること  早すぎては不自然  早ぐち  早よ行  早み流れて巌  早わらび  早み花やか  早玄関  早直接  早よ着  早よマニラ  早歌  早仕舞い  早智慧  早やある狐  早よ歩け五  早すぎるとそれ  早春の雪  早すぎる回転  早すぎる廻転  早すぎる様  早過ぎることわり  早漬  早冬  早ねしか  早ね早  早すぎる気  早過ぎると失敗  早すぎるのに書留  早明日  早びよう  早使  早ねも早  早おき  早ねを皆  早すぎる接穂  早もの  早あんた  早すぎるもの  早よ呼び戻し  早えこ  早ねは有効  早かッ  早元日  早呑み込み  早相談  早将棋  早気味  早キコト  早帰京  

副詞

[副詞] ~ 1
早昼飯を  早腰が  早咲の  早晨の  早閉ぢて  早稻田を  早拍子な  早ぐお出や  早がきの  早がきばかり  早合點  早雲の  早飲み込みと  早稻田の  早泊りと  早ぐ  早手廻しで  早駕三挺  早跡形も  早河  早手廻しに  早手廻し  早まわり競争に  早まわり記事を  早午飯を  早吸の  早寢を  早寢  早逝  早満開を  早ぐみん  早呑み込みを  早びけの  早ぐ入れ  早任二道理一  早雲苦心の  早雲以来股肱閥閲の  早びけだと  早稻田田圃の  早稻田文學社から  早太が  早駕で  早引の  早雲は  早呑みこみを  早引も  早稻田文學の  早稻田に  早稻田文學が  早稻田文學は  早稻田文學中に  早稻田文學を  早稻田黨との  早稻田黨とが  早稻田文學にて  早稻田黨の  早稻田流に  早變  早駕籠に  早技  早手  早飲みこみに  早使いを  早鞍  早櫓で  早呑込  早床さん  早稻田にでも  早拍子の  早我点でも  早鉦の  早晝餉を  早呆け  早抹  早抹に  早縫いの  早しら  早桃が  早証拠蒐集等の  早仕舞いに  早鞆の  早飯は  早稻田專門學校卒業式に  早染草  早染草の  早知雲雨会  早雲入道これを  早ア  早から  早廻りに  早饒舌  早起を  早一つ乙の  早呑みこみ  早駕での  早曉の  早えな  早緒を  早笛を  早鼻垂先生  早雲と  早がてんを  早がてん  早呑み込みは  早発足  早かごの  早雷を  早手廻しと  早雷が  早腰を  早ガテン  早歌  早むる所以  早何処にも  早影も  早ぐのぼれ  早仕舞いで  早敷哉  早断  早入口へ  早雲が  早午飯に  早穴を  早蟹が  早半鐘相  早鍋世に  早手廻しでは  早充二観国賓一読レ書  早意の  早朝飯を  早飯に  早曉に  早えなツ  早ぁぢゃ  早ぁじゃ  早仕舞  早稻田高等學院が  早緒  早昧そのものの  早まわり  早朝起き川原に  早湯に  早雲以来民政に  早歌と  早歌を  早衰  早落性の  早汐が  早鉄漿の  早ざきの  早引を  早むるに  早銘々得意に  早乾きが  早稻は  早独りにて  早吾  早やかく  早手風  早くりら子さんを  早池峯という  早池峯の  早池峯に  早蝉の  早襷  早稻田出身の  早呑込を  早夏の  

[副詞] ~ 2
早起すぎた  早くち  早起し  早待った  早とり  早ませ  早駈けし  早まつ  早駈けする  早駆する  早のみこみ  早やく戻っ  早やく  早替  早かるべし  早えんだ  早判り  早やめる  早撮  早起した  早飲み込みし  早のみ込みした  早かり晴れし  早起すぎる  早起したれ  早泊り  早取  早呑み込み過ぎる  早まつた  早撮り  早起であった  早仕舞いし  早立てぬ  早やもう死ん  早忘れ  早計った  早変わりいたしまし  早参りしてやろう  早推した  早かるべき  早解り  早駈け  早やもう  早かりせ  早かるべく  早殺しやった  早鳴せし  早やく来  早遣  早走り  早走  早判りする  早代りする  早うけ  早乗  早帰らん  早かりき  早よせん  早ぼり  早かり  早廻り  早もっ  早映  早やく行っ  早おきせざる  早ひる  早撃ちだ  早過る  早かりけれ  早萌えよう  早発ちじゃ  早取り隠され  

( ~ )早( ~ )
早敢ない  かれこれ最早  最早古い  早遅い  早しらじら  早すでに  早どう  最早よく  最早余程  最早遅かっ  最早こんなに  定めし最早  最早暗かっ  既に最早  最早どうにかこう  早やば  あまりに早  早もう  とにかく最早  ことに最早  最早どう  たいへん早  すこし早  何より早  たちまち早  さっそく早  早じりじり  最早どうしても  早既に  最早直ぐ  最早つくづく  早遠い  少し早  やや早  最早再び  

名詞

[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
早やふた月を過ぎて  早や為す  早や押ツ立て尻をしかけた  早や南の森の中から湧き出し  早や嬢様は十六の春を迎えられ  早や主人の年囘にも当る  早や萎れてしまった  早や行ってきた  早や身体も心もへとへとになって  早や流れ下りました  早や其の香味を滿喫し居る  早がきだと思い込む  早や気がおじけます  早やかなり調べている  早や彼が来て  早や平野の川の姿を變へて溪谷となり  早やすぐ路の傍へから啼き立つた  早や干す  早やたつ  早や石油のランプを持ち運んで来た  早を打たせて  早やそこには居合せないで  早やお扉を閉める  早やかように頼母しく  早やこの体になりましたれば  早や黄昏は森の中からその色を浴びせかけて  早や助かれ  早に郡県政治が行なわれ  早も見せまく  早や美濃路まで進まれたと聞くに  早も咲きたり  早や爪先が冷く  早速く紙と矢立てを持って駈けつけた  早や過ぎし  早駈けとなり  早や爪尖  早や日脚が摺って  早や我ながら独りでぐでんに酔った  早や小さな実を鈴なりにつけてゐるが  早や柵の上を蹌踉めき越えて  早や動かし得ぬ  早や黄昏の色が立罩めていた  早やく申上げました  早や戸外には横顔をこちらへ見せた  早や彼は家に帰って  早や懐中に抱いた  早や私の身体を前に押し出す  早や矢張怪しいものぢやと思うて  早や引上げられ  早や積み果てつ  早や二十日あまりを経ぬ  早や過去った  早や灯がはいり  早や一時間余も過ぎぬ  早や転び出でたる玉いかんともするに  早や一里余も来ぬると思う  早やポッポッと煙は昇れり  早や酒温まり  早や拭く  早や包みを懐きしめて  早やその耳に幻力を失いたり  早や過ぎぬ  早や四十九日となりぬ  早や黄昏すぎて  早や冥土に通ずる  早や酔って来た  早や一隻の荷足り  早や船は岸のスレスレに青蘆を分けて着いた  早や岸に飛んで  早や用意をしたか  早や力なげに  早や趣味だといって済ませなくなる  早のみ込みをしてしまった  早や眼の前が暗くなった  早や夕暗が迫っていた  早や壁も天井も雪の空のようになった  早やその傍若無人な子僧の歌を誰も相手にしなくな  早やかった  早や一尺に及ぶ  早や開落した  早や山々へは初雪が来た  早や九時十時の日ざしである  早や黄昏れるので  早や散り  早や夜明け方となつて東はほんのりと白んで  早や来て居るかと  早や三十三年になりました  早がわりすぎる  早や古手となってしまって  早やあの毛むく  早や行掛つた私を留めた  早や道をして  早や五十歳になつたかと今更ながら時の経過を思ふ  早や昨日の夢とやいふべき  早や佗しい  早や家来は急ぎ駈下ります  早や一つの現象のように横わっている  早や刑事は玄関の前に立ちはだかって  早や全く夜は明けはなれた  早や何処へ行った  早や何事もなかったように商人が活発に出入している  早や水も洩らさぬ  早や蒼白になっている  早や御忘却になるなどは  早やガッチリと鍵がかけられていた  早や進退窮してしまった  早や捕  早や見えない  早や冷い  早や知性は日本には他国のようには必要がないのだと思う  早や招いていらるるぞ  早や拝見御免とありますれば  早や古びを持って来たから  早や頭を垂れた  早や疲労し切っていた  早や二時を過ぎ  早や久しく忘れてゐる  早や見えぬ  早や世の中の底潮にもぐり込んだ  早や谷陰の空に飜っている  早や木の葉の茂り合った  早やこの世に居なかった  早や珍客の来遊におどろける  早や寝床に入れりと  早やアラビア海に入っていた  早や東天へ太陽の前触れが現われた  早や四五間も澤渡道の方へ歩いてゐる  早や思ひ  早や天国の夢も醒め果て  早や小走りに歩き出す  早や背に上れり  早や愛児のふさ子さんが生れて居た  早や影の届かぬ  早や泣き出した  早や一月にも相成り  早や法壇が調った  早や暮れかかって  早や顔色を失って  早や支那人の長い爪で咽笛をグッと握  早や十時頃なり直ちに施寧の家に入り  早や寐衣を脱ぎて  早や南の枝に大和心綻ろび初め候ふの  早や自分の前に立って  早や蚊でならんと  早やととのいました  早やその部屋近くまで来たから  早や来ておりまするか  早や蹄の音も聞こえなくなってしまった  早や細殿の長押に跳びつき  早や流鏑馬を始め候え  早や尽きてしまいました  早や食ふと食はぬの界に臨みたるなれば  早や縦一文字に井戸の底へ下って行った  早や影すら見えない  早や俊基一名をからめ捕って立ち去りました  早や二人は京都の真中の六角堂あたりへ身ぶるいして  早や十二時に垂とするのに  早や過ぎたる  早や勅使の下向と耳にしたろうが  早や吾が血躍らず  早やしんみりと草つ葉をよぢのぼる  早がはりした  早や御車を返されい  早や播州側の登り道へさしかかっている  早や寝についた  早や尽きたかの  早や十年の昔となったが  早や眼を上げて見ると  早や一年ちかくにはなるが  早やかねての  早や凝  早や槍らしき武器はつかわれていた  早や掘り抜けている  早に自惚れて  早や燃え尽きようとするのに  早や鎌倉への急進をみせ  早や討死の覚悟もしたほどではあるまいか  早や落ち行く  早や身支度をし始めた  早や酔ひの廻つたやうな声を出した  早や先に立っていた  早や鎌倉も空っぽとはつゆ覚らず  早や破れつつある  早や私の番が来  早や私は死に接した  早や過去をそんなに激しく忘れてゐたのであらうか  早や逸脱して  早や官感に異常な鈍さを感じて  早や廊下を急ぐ  早や流しには三五人の裸美人が陣取  早やそこの矢矧川も官軍二万の後方におかれていた  早や死の街に似  早や官軍がせまっていたし  早や御立座をねごうては  早や用の趣を言ひ聞かされた  早や荷下ろしが始まっている  早やお忘れとのみ思っていましたが  早や賑やかに鳴り出している  早や敵手に落ちてしまった  早やどこかへ引き  早やお胸にそこまでの御寸法がある  早や狼狽措く  早や尊氏はここまで来ているぞ  早や面目次第もありません  早や次の運動が波立ち  早やきょうの合戦で定まった  早という女が勝次郎に逢いに来た  早という娘と出来あったに  早と勝次郎の逢い  早に見染められた  早は顔や手足に青い痣があるので  早という娘に逢った  早の方から追って来た  早はどうしても肯かなかった  早の身の上を警固させていた  早にも注意した  早の執着は容易に断ち切れなかった  早の居間と定められている  早と勝次郎とが葬られた  早の仕業であろうかと察しられるが  早と娘のお春を連れて  早に子供でもあれば  早によく狎いて  早も我が子のように可愛がっていたと云う  早と一緒に沈めてしまえと  早の宿が判らないので  早の母であろうと想像しながら  早という妾を殺そうとして  早や二十日の余もたっている  早や奉行を任命したりしていたが  早や心得た  早や早や悪くなります  早や根も精も尽きて  早やほんのりと薄紅がさして居る  早や近づきつ  早や気は転乱し  早や駅員の影も見えぬ  早や出端に立って出かかった  早や見えざりける  早も邪宗門外道の教かくて  早や門鎖す  早や古くさいかを嘲っている  早や号外に出ている  早や狸堀の炭田を四つ五つも持つ  早や五月になる  早や草鞋をはいて  早や千業万悪の種が蒔かれた  早や金色に晴れ渡った  早や万端調って  早や四つ過ぎた  早や秋の夜風を偲ばせて  早やお山の森に赤あかと夕焼けする  早や先刻の遊人は立去ったらしかった  早や六七間行過ぎた  早や死んだも  早や二人して  早や一概に捏ねようとしましたら  早や駆抜けて  早やその影が押寄せて  早やその辺からびしょびしょと草に隠れる  早や固くなっております  早やその声が聞こえる  早や隙間なく落葉に埋もるる  早や今でも沙汰をする  早やこの世にいない  早や乱れかかった  早や渡り果てた  早や背後から追立てられる  早や躁立ち焦る  早やとぼしき錢のことも思はず  早がてんをした  早や四十五圓も取  早や姿が現はれた  早や四十五円も取  早やその手腕をさえ疑い  早や穴の中に隠れながら  早にした  早や七年も前になる  早や余に背を向けて  早や余等を追い越して仕舞った  早や共同墓地へ葬られた  早や衣服の何所へか隠して仕舞った  早や買い受けの  早や秀子はズット先に居て  早や階段の中程より上まで登り  早や鉄砲を一方の卓子の上に置き  早やお浦の仕業に気が附いたかと  早やスタスタ立ち去り掛けた  早や阿  早や余と一間とは離れぬ  早や消えて  早や余の枕許へ遣って来た  早や日も暮れたが  早や白い布を着せてある  早や夜の十二時を過ぎたろう  早や廊下には秀子の姿が見えぬ  早や切符を買い  早や余よりも先に起き直って  早や顛覆し  早や毀れ毀れの  早や二度目を打ち下そうと  早や戸を閉めて  早や疲れたと見え  早や立って来る  早や狭い廊下を通り盡して  早や肌寒を覚える  早や午後と為り  早や掘り上げて  早や腰の辺にある  早や主客処を異にした  早や巴里へ着した  早や鏡から離れ  早や彼の立ち去った  早や余の目的を知って居る  早や胸が躍って来た  早やお気の毒に堪えませんが  早や床の上で粉微塵に砕けて  早や夜深けて  早や此の室を立ち去ろうとする  早や探偵の両足を取り  早や魂魄が其の方へ傾いて  早や界の戸を開いた  早や話が続かなかった  早や遅すぎる  早やそれも分らなかった  早やどうでも良くなって  早や首を縮めた  早や衰えていた  早や旭の光が薔薇色に燃えて  早や層雲の幕が秋の大水のように拡がってしまった  早や間近であろうと思ったので  早や半は夢のような懐しい味に変っている  早やそんな贅沢なことを考えていた  早や屋根程の大岩の斜面に立って  早や隱れて  早や其の爪先は白うなる  早や滝太郎が俵町を去って  早やばらばらと音のする  早や橋板の上へちょろちょろと瀬が着く  早や光のない星のようになって消えた  早や水に包まれている  早や起きの  早や小さくなって  早や心配になり出す  早や無雑作に土間へ下りて来て  早や傾いて  早や乾いた  早や暮れんとす  早や彼は車を運びて  早や洗濯したての病衣を汚しくさって  早駈けをやらされた  早や坂の上を背にした  早や相当プランが出来ている  早や行李を引き  早や動出す  早や晴れかかる  早や山口にも分る  早や銭に代っていわれたのに  早や酔いの廻り始めた  早や場内へ雪崩れて来た  早や彼らの姿は一人として見えなかった  早や其の襖際に気勢した  早でまわしに  早や身慄いがし  早や汲み尽せしと覚えて  早や灯がきらめいてくる  早や何の問題でもない地点にいられる  早や介在なし得ない  早や部屋も半ば断念した  早や金銭という現金の所有でたち  早や想像を絶した  早や私には観念的な言葉は薬物に変っているらしく  早や普通のこととなっている  早や其の姿へだたりて  早や徒渉すべからず  早や彼が名を尋ねしと  早や退  早や夕陽も名殘を山の巓に留めて  早や行先も遠からじと勇み  早や二十年の昔となりぬ  早や本を疊んで懷中に入れてゐる  早や重吉が學校の小使お道婆アさんに手傳はせて  早や祝の日が来た  早や子供の名前を聞いて  早や途中まで帰つて来て居る  早や廊下にも烟が入って  早や何とならぬ  早や一個の人影をも留めてゐなかつた  早や高聲の問答が始まつた  早や涙ぐんでゐる  早や十人足らずの客しか殘つてゐなかつた  早やここに来れば  早やこの感傷は赦されぬ  早や重くなりぬ  早や涙秋雨にふるる  早やたそが  早や深切な百姓の姿も見えぬ  早や狐でなければ乗せ得  早やしめたので  早や衣服を引かけて  早や歩行く  早や親切な百姓の姿も見えぬ  早や不残立樹の根の方から朽ちて  早や狐でなければ乗せ得さ  早や締めたので  早や身体を玄関の扉にぶっつけてゆく  早や何か御自分の身体に異った  早やとつぷりと雪が来てゐた  早や南洋岩礁の間を縫って  早や中学を卒えようとするほどの  早や車に積まれて  早や軒端に群を成す  早や家の方へ知れて居りました  早や秋の蟲が縁の下の方でしきりに鳴きます  早や東京へ出  早や初戀を感じたほどの  早や灯きらめきぬ  早や戸じまりをした  早や自分を拒んでいる  早やこんなに濃く夜更けの色に染まって揺れているではないか  早やそこにあらず  早や打ち解けて物言い交わす  早や鳶合羽の様な外套を着てござる  早に日の当る  早に帰る  早や君僕と云う  早や十時過なりき  早や奥に入んとするを  早や勘定を済せて  早やに輝やけあんずよ花着け  早やいそがしく嫌疑者の列挙につとめ出した  早や一つの新戦法が発明されて  早やお極まりのように両側に居流れている  早や紅葉しかけた  早や朝の化粧もしたか  早や声を震わしています  早や池の水は岸近くから凍り始めて  早や着物を着かえさすに  早や咲初めた  早や出来ませぬ仕  早や屋根の上から大鷲の嘴のごとく田町の空を差覗いて  早や腰を延そうとする  早や死の色の宿ったる  早や出て来ない  早や三日目になった  早や多くの旅客が込んでいた  早や内へ入る  早や五十日木犀のかをれる  早や薄暗い納戸の方を顧みる  早や立っていた  早やたけなはとなりまして  早や思いも寄りませぬ  早や目もくらみ  早や懐手をぶりりと揺って行こうとする  早や三十年近う過ぎました  早や新聞を顔に乗せて  早や此方ざまに参った  早や香煙に酔ひたる心地して  早や数百金にもなり  早や息絶えたる如く青ざめたるあり  早や町の彼方に行く  早や肩を揚げぬ  早や二階を下りて来たまいたるなり  早や懺悔だと思いなさい  早や弱り果てたる  早や皆な知って  早や立ち上つて出口の扉に手をかけた  早や冷たくなつて吸ひ込まれてゐる  早かりし為もありとみて  早や月々の不淨を見る  早や港を出るよと思えど  早や胸悪きをじっと腹をしめて  早や夕飯なるべし  早や菓子の域は脱し  早や書面に書いて  早や言語に絶つて居るとか  早や十月の声を聞いていたから  早や深い雪が来た  早や海原も見ゆるに  早や此上は全く路用のつきぬ  早も立たすと  早や駈け  早や墨染の未亡人という形式に葬られて  早や口に喋る  早や鐘のように鳴りだした  早や急いで帰れ  早や後醍醐の下の新帝都が生れ  早や上気して  早や小暗く水を隔てた  早や橋の北側は人垣と立つどひ  早や進も引もならず  早や炬燵こひしき  

~ 早[名詞]1
数うれば早や  今は早や  旦那は早や  夕闇は早や  今年は早や  花さえ早や  ときは早や  彼れは早や  フランスは早が  金屏風など見ても早や  其処には早や  豐川は早や  數段を登るか登らぬに早や  ボオイが早や  日も早や  由造も早や  姿が見えなくなってから早や  我ながら早  目は早や  杖に縋って早や  まろ吾妹子に早も  人數も早や  私は早  夕中入も早や  半日以上の早  心覚えより早や  境は早や  しらしらと早や  これよりして早や  柳に早や  私を早や  石炭をば早や  哉時は早や  家々には早や  眼醒時計を見れば早や  峰を越えしより早や  三分の二は早や  ココは早や  宗匠は早や  そこへ早や  客を見て早や  白帆は早や  それはも早や  太陽だと早のみ  ことを考えてみて早や  街上には早や  日暮は早や  前に早や  上旬といえば早や  住居も早や  一葉二葉ともすれば早や  死骸は早や  前垂れやを早や  お前は早や  それにしては早が  作品はも早や  意気なりと見てよろこびしも早や  間に早や  中へ浮き上らせながら早や  うちに早や  時は早や  午前八時には早や  面も早や  時計を見上げると早や  雄図も早や  そこも早や  手首には早や  指折り数うれば早や  其よりも早や  ここからは早や  ためにも早や  扁額が早や  虎此時は早や  三時前の早  長夜も早や  底には早や  おれは早や  旗が早や  二人までも早や  中には早や  過ぎに早や  君が早や  これは早や  兎の早  いまは早や  コン吉は早や  仇は早や  時には早や  雪洞も早や  国へ帰りて早や  朝は早や  其中に早や  夜も早や  御地は早や  人影は早や  高氏とて早や  用意も早や  水は早や  貧民は早や  三名は早や  検断所兵も早や  あれは早や  初夜も早や  勝利は早や  何か早や  露が早や  口入師に早が  ことは早や  父も早や  ここは早や  人声が早や  道誉は早や  歓楽も早や  のも早や  今日は早や  舟にて早や  人は早や  夜から早や  坑道は早や  われらは早や  ときに早や  新田軍は早や  陸では早や  フルコム黙然として早や  文は早や  そこには早や  攻め口は早や  ことはも早や  私は早や  私も早や  交戦三日後には早や  洛中は早や  うしろには早や  故事などは早や  太宰府が早や  兵も早や  それに早や  寂心も早や  死から早や  二月には早や  土間へ早や  交ると早や  靴音は早や  停車場には早や  君よと振返れば早や  らひに早や  ここに早や  話などは早や  混乱が早や  三十を越すか越さぬかに早や  湯を出ると早や  首途が早や  風鈴が早や  陽脚が早や  目覚れば早や  後ろ影は早や  前へ早や  川裾は早や  うかうかと早や  次は早や  頃で早や  其頃で早や  道庵も早や  全身は早や  こっちも早に  馬車は早や  骨と共に早や  翌々日は早や  廊下へ出ると早や  浦は早や  虎は早や  扨は早や  男女は早や  蝋燭も早や  探偵は早や  方が早や  中に早や  死骸には早や  日も暮れて早や  安煙草は早や  煙草が早や  のは早や  婆で早や  所を見ると早や  脳髄は早や  医学士は早や  朝などは早や  午後には早や  辺まで行って見たけれど早や  のかと早や  蹈みしめ早や  梶にはも早や  注意するには早や  ことなども早や  煙が早や  絶頂も早や  さが早や  私達は早や  長次郎が早や  形も早や  勇美子は早や  鷲は早や  その間を早や  出はしなかったかと早や  先方は早や  どぶろくも早や  聯隊本部一週の早  候頃は早や  女は早や  彼は早や  姿は早や  十二月も早や  側まで行くか行かぬに早や  それだに早や  戸には早や  苦痛がも早や  それならも早や  私にはも早や  挙動がも早や  常吉は早や  重吉は早や  其處には早や  水際だった早  日は早や  婿さんは早や  兩人とも早や  來ると早や  屋内には早や  間には早や  妻は早や  宿屋に早や  外套も早や  根ッから早や  そこは早や  帯も早や  婦人は早や  根ツから早や  其処は早や  いま二つ目にしたからって早か  中入り前には早や  八ヶ嶽には早や  君は早や  全部は早や  羽虫が早や  昔に早や  電燈も来ないのに早や  町は早や  心は早や  善平は早や  コッペ先生は早や  時から早や  間柄は早や  地ぞ早やに  影絵は早や  それだのに早や  自分達が早や  それが早や  作平は早や  人かげ絶えて早や  時の早  名前はも早や  新橋には早や  妻あはれ妻逝きて早や  女房は早や  山伏は早や  秋も早や  国麿は早や  姉上の早や  竹丸は早や  京子は早や  時刻の早  人々は早や  船は早や  しきは早や  外へも早や  高城にさしかかれば早や  征たせ早や  名をのれ早や  ねぶくて早や  心臓は早や  六月には早や  葉桜のかげは早や  此方にて早や  スリーピー・ホローの早  

~ 早[名詞]2
とんと早  何ぞ早  何とも早  まず早  もう早  どうも早  まことに早  もし早  やがて早  すでに早  さては早  おそらくは早  同時に早  っぽく早  まだ早  誠に早  既に早  雑然と早  

複合名詞
早目  矢つぎ早  使い早間  編笠早百合氣  編笠早百合気  午後早目  早発性痴呆  早よう  早すぎ  早稻田  早がわり  早ぐ  早雲  早歌  早がき  早打  道中早次  早駕  早技  早八年  矢継早  五月雨ヲアツメテ早シ最上川  城下若松桂林寺町早山  早状  早十七年  北條早雲  早引き  悩み早  早手  早附木  早乗り  耳早  早打駕籠  早乗  早がけ  早駕籠  早駕籠一挺  早発性  早手廻し  ヨーロッパ早まわり競争  早夕飯  一番早  早地峯山  早発性痴呆症  早発性痴呆症患者  早手廻  脚早  時早  早稻田文學  早稻田文學記者  早稻田黨  先ハ早  早発性痴ほう  遅刻早引  早二三間  早書き  起早立  早使  花早緑  四五人早じまい  腋の下早  早樹二国旗一奏二凱旋一  早池峯山  早三十五六年  早工  二早達一レ京  早池峰  頬早  あはれ早  侍早顔色  其うち早  早熱早冷  早三年  早婆さん  社友早矢  早一時  早行  早逝  早ようせい  心学早染草  以下四十分早目  三十分早目  早よう小田原  三州屋早刷り瓦版  四回矢継早  早よう車  早づくり  一たび早稻田邸  失つぎ早  知つて早  ことし早  早起  とき早  千早  孤塁千早  夜早  早飯  早数年  つぎ早  一願フ二早歸  先祖早雲入道これ  今暁早  コック先生早目  早十一時  早十四五年  早取り写真  早じまい  声早  ゃそこで早  早ぃな  早ぐ峠  早間  いつか早  早櫓  宿継ぎ早  早盤木  アア早  早仕上げ  工事ダアセガデルドツチガ早イカ競争ダトンネルトンネルトンネルアイタユキノトンネルモグツテ通リ一番列車ダ  早波  早百合  晩方早目  朝早目  早文  早舞物  かし千早  早発性痴呆症みたい  早夏六月  春早  早米  早乗三次以上  早二十年  早王  小田原市早川口  早松  早稻  早処女  大正十四年早夏号  早よう芝居  早処女定め  早取り寫眞  むわれ早  早替わり  三味線太鼓早間  朝早  あと早目  暮色早  うち早  早おき  早寝早おき  新聞社世界早廻り競争  婆さまたち早  早ウ  早鉄漿  三日早目  早数年前  早寝早おき大切  早書乱書  ハ早  いま早  葛飾早稻  早地峰  早合點  早蝉  一時間早目  ぐらゐ早目  早弁  早智女史  早熱  合方早目  



前後の言葉をピックアップ
  はや    はや    速まら    芳養  早仕舞  ハヤアキツ


動詞をランダムでピックアップ
どき雇え擦れ違お引さがる飲みほし填めひれふさ生ら克つおじゃら講じよ祝わはやし冴え渡れ赴けしなお感じ取おそれよ浮かぼ突っ切っ
形容詞をランダムでピックアップ
人なつこ物凄きさうなき清からちかしみめよしきざっぽく蒼白く骨っぽ空恐ろしかっあぶなう夥しいせせこましい弛き不味い騒々しくっ速き重たおもしろかっぬきがたい