「啼き」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 啼き[動詞]
百舌鳥は啼き  眼白あんなに啼き  山川を越えて啼き  梟が啼き  ひよどりがしきりに啼き  せつかく小鳥は楽しく啼き  かな鶲の啼き  ホウホケキョというその啼き  喜ぷように盛んに啼き  うぐいすとしきりに啼き  鶯の啼き  鴉がしきりに啼き  鶏が啼き  梟ははたと啼き  鶉の啼き  猿が来て啼き  雁が啼き啼き  鳥は啼き  やうに啼き  一番鶏の啼き  鳥が啼き  滝壺を巡って啼き  枝に泊り啼き  今夜こそ啼き  矢張りあれですか、なるほど、啼きます、啼き  筒鳥の啼き  釣瓶打に啼き  あれが啼き  鈴虫なら啼き  雨かとばかり啼き  かすかな啼き  それがそのまま啼き  ギョギョギョといって啼き  夜鷹の啼き  不気味な啼き  夜鷹が啼き  鳩が啼き  猫の啼き  千鳥が啼き  今日も啼き  しめやかなささ啼き  奇鳥の啼き  ような啼き  頬白が淋しく啼き  一羽が待ちかまえて啼き  日あたりに啼き  時鳥が啼き  雉子がけたたましく啼き  山雀が啼き  なつたと啼き  閑古鳥でも啼き  あちらこちらを啼き  声が啼き  ほととぎすの啼き  蔭などでしきりに啼き  卯の花のかげに啼き  声や啼き  茂みから孔雀の啼き  孔雀の啼き  鸚鵡の啼き  鳥獣の啼き  影を隠したと見え、啼き  寒い狐の啼き  鳩の啼き  田圃で啼き  ペリカンが啼き  小鳥どもが、啼き  ように啼き  のか、それとも啼き  鶯が啼き  馬の啼き  昼を啼き  竹籔に啼き  蝉が啼き  空を啼き  赤子の啼き  上を啼き  ひねもす空で啼き  ピーチクチクと啼き  懼れて啼き  声に啼き  鳥の啼き  ギャッと啼き  郭公の啼き  それっきりその啼き  蒼空雲雀でも啼き  狗の啼き  声で啼き  子供に見せると啼き  小鳥は、その啼き  カナリアの啼き  野猿が啼き  目白の啼き  虫は啼き  云ふ啼き  宙で啼き  ような美しい啼き  空に向って、鋭い高い啼き  ように形作って、たえず叫ばれ啼き  種類がこうして啼き  いただきに来て啼き  蛙が物凄く啼き  みたいに啼き  のが啼き  幾らだましても啼き  風に啼き  片時も止まずに啼き  チロチロリンと啼き  山で啼き  鶴になりや啼き啼き  ごとも啼き  小鳥の啼き  幾度も啼き  鵯がけたたましく啼き  夜鳥の啼き  ばたばた羽ばたきをして、啼き  狐が啼き  聲を出して啼き  聲で啼き  火の手に驚いて、啼き  声を出して啼き  それが啼き  ホーツと啼き  續ける啼き  のか、啼き  こんこんと云う啼き  蝉がまた啼き  声が嗄れるほど啼き  そうに啼き  鴉の啼き  いやにいんいんと啼き  かぎりを啼き  百舌鳥が啼き  棲り、かしましく啼き  異様な啼き  上で啼き  雲に啼き  蛙もまた啼き  啾々と啼き  赤児の啼き  馬との啼き  雀の啼き  ひばりが啼き  曠野に啼き  行々子の啼き  けんけんと啼き  蝉の啼き  夕暮なんぞに、啼き  一番鶏が啼き  犬の悲しい啼き  蛙が啼き  不思議な啼き  ほととぎすが啼き  俄かに啼き  珍らしくもございませんが、あんまり烈しく啼き  近く、啼き  卒かに啼き  時鳴を啼き  鳥もツンツン啼き  猿の啼き  鵙の啼き  鳥の怪しく啼き  小鳥が啼き  八方で啼き  渡鳥が群れ来て飛びつれて啼き  小鳥は啼き  寒蛬の悪く啼き  梟の啼き  幸福そうに啼き  魚を漁って啼き  キヤアちうて啼き  ものが啼き  ものも、もう啼き  一種の啼き  狐の啼き  ゆふべ啼き  郭公が啼き  きりが啼き  足音が近づくとはたと啼き  口碑があって、その啼き  児の啼き  ほととぎすでも啼き  一時に啼き  夕やけをつっきって啼き  急に啼き  藪鶯も啼き  島から島にかけて啼き  川も眠れと啼き  原に啼き  二つの溪に啼き  鷹もぞ啼き  樹に啼き  二聲を啼き  あとにその啼き  韻を持つて啼き  云つた風に啼き  繍眼兒が啼き  法師蝉がポツポツ啼き  幼稚な啼き  先生、いよいよ啼き  何時ごろ迄啼き  鶯はまだ啼き  山時鳥の啼き  樫鳥が啼き  キャンけたたましく啼き  大声をあげて啼き  ふしが啼き  ジュッジュッという啼き  口でその啼き  鶴の啼き  ガヤガヤと啼き  烏の啼き  時鳥の啼き  端に啼き  家鶏の啼き  斜に翔けながら、啼き  鼠の啼き  鶏の啼き  これに驚いたか、けたたましく啼き  意外に高い、でも優しい啼き  ところから、同じ啼き  物の啼き  蛙は啼き  戦声が絶えたので啼き  夜も昼も母を慕って啼き  何時までも啼き  鶯、啼き  しかさびしさに啼き  気持がいいと見えて、啼き  ほとゝぎす来啼き  聞えよがしに啼き  根氣よく啼き  犬は、しばらく啼き  以前よりも鋭く啼き  犬がぴたりと啼き  旅人ありとも知らで、ささ啼き  猫はもう啼き  雨かつこうが啼き  なつて啼き  百舌鳥が近く来て啼き  話は、あの啼き  オトノドツキッチョと啼き  声を立てて啼き  ボットサケタという啼き  ゴーウゴーウと啼き  数も多くまた永く続けて啼き  姿を伝え、またあの啼き  梟もやはりそういう啼き  ボロスケといい、またその啼き  あれもやはり啼き  自分で啼き  大抵は啼き  村里近くまで啼き  オットーンと啼き  アーホー・アーホーと啼き  鳥類に行わたって、ただ啼き  コーワコーと啼き  クラッコクラッコと、啼き  枝で啼き  一日がかりでもまだ啼き  お手本通りの啼き  位に、啼き  これも啼き  現在の啼き  前触れに啼き  姿を見つけると、もうもうと啼き  ふり出て啼き  杜鵑が頻りに啼き  豚の啼き  奥から雉の啼き  根方から犬の啼き  鶏犬の啼き  にわかに騒がしく啼き  夜烏が啼き  犬が啼き  友を喚びて啼き  チッチッと啼き  チツチツと啼き  不安さがやりきれぬという啼き  のではない啼き  縞蒿雀は忽ち啼き  紛れやうのない啼き  亂して啼き  溪から峰にかけて啼き  虫がすだいて啼き  七面鳥の啼き  ときどき啼き  雲間に時々啼き  あたりに啼き  虫の啼き  破れ畳も啼き  歯を剥いて、キッ、キッ、キッと啼き  旅烏の啼き  キと啼き  頓狂に啼き  美い啼き  盛んに啼き  やうな啼き  鹿の啼き  かすかに啼き  千鳥の啼き  動物の啼き  眼をさまして、羽ばたきをしたり、啼き  ガンコと啼き  庖丁かけたと啼き  ようにまた啼き  そのまま姿を消してしまったが、高い険しい啼き  雁の啼き  露を吸いながら啼き  角蛙が啼き  蛙がよく啼き  猫とは啼き  親類すじだが啼き  ニャアと啼き  猫であって、その啼き  げに啼き  油蝉が暑苦しく啼き  うぐいすの啼き  健康そうな啼き  不意に啼き  栗鼠が啼き  荒野で啼き  空で啼き  元気なのは水鳥で、喧しくカッカッと啼き  梢で啼き  容易に啼き  音吐朗々と啼き  みんみん蝉が啼き  ばたばたとあばれて啼き  飼犬の啼き  カナカナが啼き  ジンヤジンヤと啼き  ところのその啼き  藪うぐいすも、啼き  百舌がただ啼き  コオロギの啼き  山鳩が啼き  三声、啼き  ほうほうという啼き  上を踏んで啼き啼き  どこかで啼き  雉の啼き  さかんに啼き  



前後の言葉をピックアップ
長脇差  長患い  長煩い  泣き  哭き  鳴き  亡き  亡き後  なき  ナギ


動詞をランダムでピックアップ
断た絶えはて突き合わし研く切廻す透っ列するあそぶ浮かせる糾しあそばとりひしい比する引き裂き褒めそやし立ち竦む割り振ら出会す思わさ呪お
形容詞をランダムでピックアップ
ものぐるおしいかしこく雄々しけれ恐れ多けれ目覚しい何気無い聞づらく古からとぼしくうら若けれおろかしいひょろながいかしましき早かろ程遠きせまくるしくしげく篤からのろう