「泣き」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 泣き[動詞]
まま声も立てずに泣き  声をあげて泣き  なかったと、泣き  母だけが泣き  やうに泣き  ワーワーと泣き  容易に泣き  ぼうが、泣き  かわいいとみえて、泣き  ことがあったとみえて、泣き  ぼうは、泣き  口を開けて泣き  子供はいって、泣き  ぼうが泣き  子供は、泣き  声を出して泣き  自転車に、泣き  賑やかに泣き  咽せび泣き  震はして泣き  一度にわっと泣き  急に泣き  みさ子は泣き  童謡を思ひだして泣き  一ぺんに泣き  一緒に泣き  ツと泣き  中学から本格的に始めて、泣き  当惑して、泣き  先生に飛びついて泣き  ニイチェが泣き  僕も泣き  トラホームを見つけられ泣き  僕は泣き  気がして、泣き  ぼくらが泣き  孝助は泣き  ように泣き  胡弓の長き咽び泣き  子供は泣き  窓なにか知らねど泣き  聴衆が泣き  上に倒れても、よう起さないで泣き  供と抱き合って泣き  そうに泣き  何時までも泣き  六が聞かばこそ泣き  彼女は泣き  てゐたでせう泣き  ろ皆さんさよなと泣き  やうに激しく泣き  前よりも一層激しく泣き  いまにも泣き  ケリムは泣き  眼にあてて、泣き  娘が泣き  娘は突然、ぴたりと泣き  麗が走りよって泣き  母は、やがて、泣き  余計に泣き  ハツハツヽヽヽヽそんなら泣き  わたしは思い切って泣き  ハッハッヽヽヽヽそんなら泣き  先生は泣き  私は、ついに悲しくなって泣き  ゆてお泣き  声で泣き  子供は勿論泣き  加志が泣き  大声に泣き  六三郎はわっと泣き  ようにしくしく泣き  妹がしくしく泣き  眼をおおうと、泣き  身をふるわせて泣き  涙でわっと泣き  彼女ははげしく泣き  まらず泣き  グレーテルは泣き  グレーテル、お泣き  グレーテルは、わあっと、はげしく泣き  渡瀬が泣き  声をひそめながら泣き  澄子は泣き  玩具を見せられて泣き  朝に泣き  からはじめてわっと泣き  ネネムは泣き  顔をして来ましたが、とうとう泣き  ものは泣き  おかみさんは泣き  親方が泣き  ネネムは思わず泣き  大声で泣き  時彼はわっと泣き  女房が泣き  遠い旅路に泣き  ことはじつに泣き  いまは泣き  顔をじっと見つめて泣き  葉子はわっと泣き  兎もすると泣き  渋面は作ったが、まだ泣き  赤ン坊が泣き  世話も出来るし、泣き  まらなくて、また泣き  死体に取り縋って泣き  そこに泣き  ことですから、小さくなって、こごんで黙っていましたが、ついにたまらなくなって、泣き  時分には、いつものごとく泣き  山路に泣き  聲を出して泣き  なほ激しく泣き  時にはオロオロ泣き  雪夫や許しておくれ、などと泣き  心も、泣いて泣いて泣き  彼女は益々深く細く泣き  やうにすると、しばらく泣き  ころ、あんな泣き  ものであっても、いざ泣き  から、とにかく泣き  生理的な泣き  者がこの泣き  者の泣き  みじめな泣き  大声を張り上げて泣き  じだんだふんで泣き  孤児と共に泣き  うた子さんは泣き  何事に泣き  戸別訪問して泣き  味をやるやないか、泣き  一時間以上も泣き  思ひ出して、しくしくと泣き  時私は泣き  なかで泣き  いく度も泣き  心持ちがまたとあろうかと思って泣き  私たちを見ると泣き  両方から取りすがってなぐさめかねつつ共に泣き  母はまた泣き  怪塔王は泣き  人だったら、泣き  内容を打ち明けて泣き  圧倒されて、泣き  それからバイオタが泣き  胸に泣き  人がなくなったと思うと泣き  様に泣き  間夜毎ベッドで泣き  君はさめざめと泣き  ような泣き  封筒が買えなくなったといって、泣き  三杯盞をなめて、ふらふらになって泣き  豹一は泣き  豹一はふっと泣き  昨夜から引続き、泣き  ような、泣き  顔色に、泣き  彼は泣き  そこへ突っ伏して、しくしく泣き  わたしも泣き  なつてゐるのに、それでもまだ泣き  なつたら泣き  つても泣き  肩に縋りついて泣き  ーと泣き  痛みに堪え難て泣き  私ももとより泣き  倩娘は泣き  ホモイは泣き  ホモイはわっと泣き  いっしょに泣き  曠野に泣き  腐肉をついばみ泣き  私は泣き  ナースチャは困って泣き  なんども泣き  ようにすりゃ泣き  引きつらして、今にも泣き  態度に変って、しまいに泣き  俄に泣き  何と云っても泣き  依子はわっと泣き  依子は遂に泣き  依子はまたわっと泣き  依子はぴたりと泣き  逆せるばかりに泣き  チイチと泣き  ママと声をあげて泣き  何度も泣き  いまでも泣き  ほんとうは泣き  顔付は、今にも泣き  長女は泣き  ほんたうは泣き  顏付は、今にも泣き  三日三晩悲鳴を上げて泣き  自分から驚いて泣き  さっきから今にも泣き  弟が泣き  ちゃーんと泣き  裕佐は泣き  寄つて、泣き  想ひ出して、泣き  谷にてうめき泣き  乳を与えても、抱いてやっても、泣き  それを取ってやると、すぐに泣き  言葉をかけていると、よく泣き  発作的に烈しく泣き  子供が泣き  支那少年が泣き  のか、泣き  途方に暮れて泣き  声をそろえて泣き  一緒にああやって泣き  病人たちは泣き  花いのると泣き  腹立泣に泣き  何んで泣き  夢が泣き  眼を覚して泣き  外で泣き  赤坊がまだ泣き  赤坊の泣き  赤坊は泣き  方に丸まって痛い痛いといいながらまだ泣き  赤坊が泣き  頑童の如く泣き  身を震わして泣き  目に描かれて、泣き  榮子がわつと泣き  健が泣き  健の泣き  榮子が泣き  健ちゃんは泣き  健ちやんは泣き  さまは、かなしくなって泣き  ふうに泣き  かわいそうだと泣き  がまんができなくなって、しくしく泣き  はりをぐるぐるぐるぐるまはって泣き  まわりをぐるぐるぐるぐるまわって泣き  顔を見、怯えて泣き  時子はいつの間にか泣き  中で泣き  火事が近いと聞いて、泣き  腹が立ち、しまいには情けなくなって、泣き  大声を上げて泣き  義ちゃんは、泣き  人はすぐ泣き  手巾をとりだして、そしてまた泣き  女もいきなり泣き  昼ごろまで泣き  声を揚げて泣き  前に伏して泣き  肩を震わせて、はげしく泣き  夕方は、泣き  吸はれて泣き  妹娘はしくしく泣き  目の下に泣き  助は泣き  膝へ泣き  彼より烈しく泣き  銑さん、泣き  宰相はまた泣き  われらぞさはな泣き  ブランコ乗りは突然泣き  見送って茫然と泣き  肩をだいて泣き  どんなにか泣き  声をたてて泣き  露子がしくしくと泣き  きっかけにわっと泣き  声を泣き  女と泣き  ママにぶら下がって泣き  嫌やぞと泣き  暫時うち伏して泣き  令孃も泣き  感きわまって泣き  ために或いは泣き  奴隷は泣き  前にひざまずいて泣き  馬内侍が泣き  皆なが泣き  父母を呼んで泣き  袂に縋って泣き  ワッと泣き  顔を埋めてはげしく泣き  ょろ松は泣き  大空を見ては泣き  /″\と泣き  目をさまして泣き  言つても泣き  一人で泣き  男の子は泣き  日がくれるまで泣き  女はいって、泣き  私も泣き  大丈夫も泣き  草にくらいついて、せきあげて泣き  子が、まるっきりやせて青ざめて、泣き  おれも泣き  のかと抱いてあやすと、泣き  房枝は泣き  君が泣き  私は、泣き  奥役は、泣き  暇、と言って泣き  ルイズは泣き  コンセールに行かないと頑張って泣き  エミルは泣き  猫が泣き  のを止して、泣き  花かとばかり泣き  顔を隠して泣き  涙を流し、泣き  輪に入らぬ泣き  ーっと泣き  女は泣き  やうにも泣き  滑稽な泣き  氣孔ひとつにも泣き  於茲手を取りて泣き  しづ子が泣き  げて泣き  千絵は泣き  バッタリと泣き  美代子が泣き  胸に取り縋って泣き  だらしなく泣き  こんどは泣き  運命を泣き  眼を泣き  声は泣き  ファゼーロは泣き  ファゼーロはとうとう泣き  なめくぢが泣き  泣きに泣き  付て、泣き  母親は泣き  母親も泣き  庄は泣き  顔に、泣き  顔を見ると、めそめそと泣き  顔を見ると、また泣き  羽織が見えたので、泣き  巧みに泣き  愁歎場を見て泣き  さら私は泣き  矢庭に泣き  ものなら、泣き  から、お泣き  これですっかり泣き  彼女はこらえ切れず泣き  澪すと同時に泣き  それを思うと、泣いても泣き  ことで泣き  ローラも泣き  礼拝堂に泣き  気もちになって今にも泣き  岩は泣き  宅悦は泣き  嬰児が泣き  言はれると泣き  肖像画に見入っていたが、何時の間にかしくしく泣き  なぜだか声出して泣き  はい、もう泣き  人を抱きしめ、共に泣き  児も泣き  耳元で激しく泣き  うつ向いて、さめざめと泣き  子供はたうとう泣き  子供はわつと泣き  顔がくしゃくしゃになって泣き  人々は、今にも泣き  玄吉は泣き  儘ワーワーと泣き  ワザと泣き  厭だし、泣き  おいおいけたたましく泣き  気乗りがせず、泣き  切つて、泣き  男が見ると泣き  脊筋を泣き  稲ちゃんは、またそんなでいて、しくしく泣き  作中人物も亦、恋すれば泣き、別れては泣き  嫉妬しては泣き  訳をしながらも泣き  むやみやたらに泣き  ように、しくしくと泣き  万之助が泣き  いつまでも、泣き  妻の泣き  もので泣き  由はやがて泣き  それは泣き  花をむしってはすて、むしってはすてて、泣き  興奮して、泣き  あなたは一寸泣き  しかすると泣き  切掛けに泣き  お母さんは泣き  色紙の泣き  気の遠くなるほど泣いて泣いて泣き  かおをして、泣き  歓語、泣き  口惜さに泣き  ヒステリカルに泣き  板橋へつき、泣いても泣き  俯伏していたが、やがてわっと泣き  光は泣き  御坊ちやまの、泣き  患者は泣き  身もだえし、泣き  ぼく、泣き  もの悲しいやらで、むしょうに泣き  自責に泣き  さに泣き  百姓家へ泣き  ぼくがしくしく泣き  むせるように泣き  山道に立ちすくんで泣き  中でしくしく泣き  弟まで泣き  声をはりあげて泣き  むやみに悲しくなって泣き  老人には、泣き  露出して泣き  理由はわからぬが、泣き  別のが入って来、黙って見て居たが、泣き  顔は、泣き  形となって泣き  幸太郎は、もう泣き  ふくろふがみなしいんしいんと泣き  お母さんが、泣き  それに従いて泣き  梟も泣き  誰も泣き  声もなく泣き  ふくろうがみなしいんしいんと泣き  ことを思うと悲しくなって泣き  ワツと泣き  危くワツと泣き  一度に泣き  一ツじゃないし、泣き  酔ッ払ッて泣き  耕吉は泣き  河合とは泣き  死ぬように泣き  顔を見合わせて、今にも泣き  花を見ても、泣き  彼は、泣き  うちにさめざめと泣き  一週間も、泣き  手をあてて泣き  ほうが泣き  美術館で泣き  急に恋しくなって泣き  ダヴィツドの泣き  眼をパチパチさせて泣き  赤ちゃんがたいへんお泣き  胸にのこってゐて、泣き  のかと泣き  上へ泣き  可憐さに堪へかねて、泣き  蒲団をかぶつて泣き  路傍に泣き  私は、ふるえながら泣き  処で、けわしい、泣き  肩に泣き  顔を持ち上げて泣き  雪山に語られたので、元来泣き  年下の子が泣き  自分も泣き  真心をあらわして啜泣き  風に泣き  間、泣き  鎖に繋がれて、もがきあせり、泣き  揃へて泣き  何時でも泣き  独吟しては泣き  こと、ところが泣き  豊乃は、とうとう泣き  ように働いて、泣き  訳もなく悲しいという泣き  気がし、泣き  こともなく泣き  ツといつて泣き  聲をあげて泣き  孝は泣き  ぱい抱きしめる兄も泣き  涙を流して泣き  厄日と泣き  急にさめざめと泣き  話をして泣き  急に、泣き  自分が噎び泣き  うちに噎び泣き  悲み且つ喜び、泣き  上へのせ、しゃくり上げて泣き  岡野が泣き  ところですが、泣き  ゴーリキイは泣き  ためになかなか泣き  かお泣き下さいまし、お泣き  ために、お泣き  部屋にひっこんで泣き  笑いあるいは泣き  弥生が突然泣き  叫喚をあげて泣き  弥生は再び泣き  叫び声を発して泣き  夫人も泣き  金釵が泣き  大声を揚げて泣き  新入生は泣き  憶い出すと泣き  不憫でならぬと言って泣き  胸が裂けるかと思うほど、泣いて、泣いて、泣き  娘は泣き  間アラジンは泣き  言葉がなくなって、泣き  路ばたに坐って泣き  見事選挙民を泣き  荒畑は泣き  声かぎりくり返すとわっと泣き  こころをはかりかねて、泣き  言ふと泣き  胸がつまり、泣き  顔に当てて泣き  鶴代はそう言って、また泣き  地面へくずおれてまたひどく泣き  泣きほくろだと言うので泣き  当人は泣き  僕ばかり叱る、といって泣き  私が笑いだしたら、すぐ泣き  私は生れて初めて本当に心から泣き  顔が泣き  君は泣き  少女はしくしく泣き  少女は泣き  忍び音に泣き  彼女は叫んで泣き  ひとりはとうとう泣き  まま口を大きくまげて泣き  にわかに泣き  撫づれば、いつしかすやすや泣き  これもしくしく泣き  切迫して、泣き  婆さんが泣き  みんなのくたびれて泣き  耕一はとうとう泣き  主任なんか、泣き  言葉もなく、泣き  歔り上げて泣き  頃になると、泣き  少女が泣き  唇を曲げて泣き  声して泣き  不覚を泣き  人が泣き  何か言い言いしゃくり上げながら泣き  愛子がまだ泣き  声を立てて泣き  男泣きに泣き  肩にしっかりとしがみ付いて、泣き  呼吸をしながらほろほろと泣き  時分でも、泣き  たわいもなく泣き  うちに泣き  まま痙攣的に激しく泣き  葉子は笑うよりも腹だたしく、腹だたしいよりも泣き  葉子はふと泣き  ためにさめざめと泣き  葉子は泣き  お腹がすいて泣き  青木は泣き  膝にうつぶして泣き  さに、泣き  ぼくを、泣き  境地によって、泣き  ろを泣き  畳に突っ伏して泣き  瑠美子まで泣き  午後はすでに泣き  為に泣き  三千代は又泣き  愉快でもなし、嬉しいでもなし、泣き  畳へ食いついて泣き  声を放って泣き  何も泣き  声が泣き  無理をいつて泣き  洋服が泣き  ブラウスが泣き  雪は泣き  胸にすがりついて泣き  鈴子はまた泣き  あいそうで泣き  オイオイ声を揚げて泣き  甚兵衛は泣き  眼もかすんできて、泣き  彼はもう泣き  母が恋しいと、言っては泣き  人魚は泣き  助に取縋って泣き  人の泣き  堪え性もなく泣き  幾度も泣き  顔をそむけながらしくしくと泣き  涙に溶いて泣き  ままでさめざめと泣き  わが身をさいなみながらさめざめと泣き  葉子はもう泣き  息気をつめて、泣き  いつでも泣き  涙を泣き  言葉で泣き  自分にも堪え切れずにさめざめと泣き  ように突然泣き  葉子はさらに泣き  力は使い尽くされて泣き  感激してまた新しく泣き  葉子は思わずふらふらとよろけて、泣き  今まで泣き  所はもう泣き  おいおいと泣き  挨拶もせずにただ泣き  争闘が、泣き  ベッドに坐って泣き  声高く泣き  何だか急に泣き  失敗で泣き  彼は悲しくなって、泣き  上に倒れて泣き  おいおい声を放って泣き  顔を洗いながら泣き  自分は泣き  大声をあげて泣き  心を浸して、ともに泣き  見送りながら、泣き  そひて覚えず抱きあひてぞ泣き  月に泣き  月を拝みてぞ泣き  殆んどすぐにわっと泣き  彼女が今にも泣き  冬子が、泣き  瘤を出して泣き  線香を持ちながら泣き  薬用だけはさしてやりたい、と云っては泣き  出発前にお目にかかりたいけれどと云いながら泣き  痙攣的に歪んで泣き  議論して泣き  わけもなく泣き  さまざまの泣き  すつかり泣き  わきに泣き  キユウキユウ笑ひ泣き  きみが泣き  同情をひきつつ、しきりに泣き  親子とも泣き  搖起しては、よく泣き  私達は泣き  けがらはしくて泣き  発作的に泣き  我慢をしないで、泣き  飢に泣き  鬼どもが敗れて泣き  途方にくれて泣き  かま猫はしくしく泣き  三時間ほど泣いたりやめたりまた泣き  のに泣き  夜着を踏みにじりながら泣き  心は痛ましくも泣き  膝に泣き  歸り、そこで少し泣き  ことをふと思って、泣き  大変に泣き  女の子は恐くなって、泣き  そばで、泣いて、泣いて、泣き  場でさめざめと泣き  自分でも分からないが泣き  間、黙って泣き  眠みなさいを言おうとしたが、いきなり泣き  めが泣き  どちらかが泣き  さにとうとう泣き  赤んぼが泣き  精根からして泣き  輪をふり仰ぎ、泣き  二度ほど泣き  聲に泣き  雪は一層烈しく泣き  丁坊はわっと泣き  いちにちを泣き  おいおい聲まで出して泣き  上に泣き  上ではげしく泣き  ゴツンとぶつかったら、泣き  ために泣き  人間の子みたいな泣き  半身を投げかけて、しみじみと泣き  陰に泣き  のんではいけません、酔うと泣き  方へ行きかけたが、泣き  年甲斐もなく泣き  びっくりして泣き  ふいに眼を覚して泣き  彼女は咽び上げて泣き  下に、赤く泣き  聞手の泣き  私までも泣き  時に泣き  そんなら早く行ってお泣き  あたしは泣き  しょうが、泣き  ひとりでも泣き  水兵さんが泣き  癇癪をもち、泣き  鳩は泣き  ひとりも泣き  民子は泣き  民子に泣き  俄に悲しくなって泣き  そのまま民子が泣き  烏の鳴くにも涙ぐんで、さわれば泣き  民子がいけなくなると、もう泣いて泣いて泣き  お祖母さんが、泣き  声を立って泣き  お母さんはどうしても泣き  わたしは思わず泣き  不運を泣いて泣いて泣き  もんなら、めそめそ泣き  自分が泣き  のを、じっと、眺めて、泣き  二郎は泣き  御用あらばと、いひくるるも嬉しく、泣き  きゅうに泣き  母さんはたうとう泣き  まごまごして泣き  佐代子はもう泣き  ふいに、泣き  肌をはなれて、泣き  さまは泣き  マルセーユまで、泣き  袖子は泣き  母親から離れずに泣き  しかし、泣き  用事で立つと、すぐ泣き  童子はもう泣き  須利耶さまにすがりついて泣き  いつまでかかくて泣き  声を、泣き  四十一年八月静やかに泣き  づれば、泣き  世間で泣き  者にまで、泣き  此処へ泣き  私い泣き  惜んで泣き  ところで精いっぱい泣き  声で御泣き  玩具に欲しがって、泣き  赤ん坊はまだ泣き  ばたばたさせながら泣き  本性を現してすぐ泣き  亡骸をかき抱いて泣き  与八は泣き  ホロホロと泣き  繃帯が泣き  それから、また泣き  力も折れて泣き  姿を見かけるとオロオロと泣き  わたしはしくしく泣き  とおりに泣き  言葉と、もはや、泣き  手をとって泣き  心配すると泣き  一切が思い出されて、つい堪えかねてわっと泣き  はじめ、またもや泣き  勇気を奮い起して、泣き  まま、泣き  つてわあと泣き  頼りなく弱々しい泣き  顔を見たら、泣き  まま、啜りあげて泣き  真赤に汗ばんで、わっと泣き  寂寥に打たれて、激しく泣き  かげで泣き  夫と共にわっと泣き  終りに、烈しく泣き  頭をかきむしり泣き  言葉を濁して、泣き  助を見ると泣き  平岡が泣き  爆発的に泣き  お玉はこわくて泣き  眼の細い、よく泣き  柿をとったあ、と言うて泣き  声を上げて泣き  ぼくを泣き  そこへ泣き  お玉は泣き  それじゃあどうも泣き  仙公は泣き  ふところに泣き  女はオロオロと泣き  まさかそれが、泣いても泣き  顔を埋めて泣き  ミチミは、泣き  思つては泣き、締めては泣き  うれし泣きに泣き  子供らしく泣き  夜、泣き  ことも思われて、なんとなく泣き  それだから、大いに泣き  キャアーッと泣き  ギャアと泣き  のじゃなくて、泣き  みな正体がなくなるほど泣き  婆様がお泣き  二三人いちどきに泣き  ワーツと泣き  私はしくしくと泣き  電車にのっても泣き  私は突然泣き  女の子はしくしくと泣き  体をひっつけて泣き  声を張り上げて泣き  美木が、泣き  ために、ほとんど泣き  それは今にも泣き  私はとうとう泣き  私はどうしてもまだ泣き  ネリはわっと泣き  俄かに高く泣き  ーッと泣き  ーツと泣き  顔を隠しながら、突然しくしく泣き  両手をかけて泣き  町から町を泣き  喚と泣き  身を悶えながら、またも泣き  涙をはらはらと流して泣き  顔をうずめて泣き  半日を泣いて泣き  ことに泣き  者は泣き  ここで泣き  自分流の泣き  いろいろな泣き  さをあの泣き  感動的な泣き  そうな泣き  率直に泣き  私さへ泣き  気持がゆるんで泣き  方が泣き  早や泣き  中にまた泣き  頭を振って泣き  喚ッと泣き  銀様は、また泣き  君はこう言って口惜しがって、ついに泣き  女中たちは泣き  女が泣き  花を見たら、きっと、泣き  兵馬はこの泣き  ようになって泣き  ものに附き纏われてしまったと、泣き  太吉は泣き  くたくたになっていて、泣き  二人で抱き合って泣き  姫様はさぞ泣き  雨に泣き  大声を出して泣き  むちでなぐられる時は、つくづく泣き  歔欷り上げて泣き  そこに立って、しみじみと泣き  奧さんが泣き  人形はもう泣き  登つて行つた私の、あはや泣き  メチャクチャに泣き  吾輩決して泣き  姉は泣き  目を泣き  卑小さを顧みていつも泣き  赤ん坊が泣き  倦きて泣き  真赤になって、あわや泣き  なつて泣き  なつて、あはや泣き  苔は、むしられて泣き  法水は、今にも泣き  調子であり、今にも泣き  へし合い、蹴飛ばされ、踏み倒され、泣き  気の毒がって泣き  往来で泣き  シクシクと泣き  八千八聲を泣き  顔にあててひいつと泣き  中に、或は泣き  声を挙げて泣き  為、泣き  此方も泣き  珍らしいが、泣き  ようになって、泣き  帰りがけに、泣き  刀にとりついて、わあわあと泣き  自然な泣き  喜美子はもう泣き  指をはさまれて、泣き  彼女はもう泣き  雨が降るような泣き  窓枠にしがみついて泣き  劇しく泣き  方は泣き  森川夫人は蒼くなって泣き  芳衛さんが、泣き  妾をピッタリと泣き  ままビックリして泣き  サメザメと泣き  うちに悲しくなって、いつも、泣き  幼児が泣き  より子も泣き  少年は、泣き  ボクさんは泣き  南東は泣き  輝子は泣き  くらし、凍えて泣き  葉ぞ泣き  風車を思い出して泣き  スミ枝は泣き  房枝はかろうじて、わっと泣き  んをかたく抱いて、わっとこえを立てて泣き  房枝は、とうとう泣き  そばで泣き  あまり、わっと泣き  ように御泣き  巡礼は泣き  忍び音に御泣き  自分を思いやって泣き  自分じゃ泣き  自ら悼み、且つ泣き  方を睨めて泣き  あたしが泣き  今宵に泣き  から芝居行きに泣き  島田をゴロゴロさせて泣き  顔もあげずに泣き  はずもないのに、なぜだか、なんとも言えない泣き  綾子は泣き  言出して、啜泣き  びえきつてゐるモニカは咽び泣き  くやし泣きに泣き  急にわっと泣き  涙に誘われて泣き  教室でわっと泣き  のを覚えて、泣き  気象では、泣いても泣き  散々に泣き  足を引ずらして、泣き  つてとらうとするとれないと泣き  私が泣き  思ひ出し泣き  ところへ連れてきたら泣き  ルンペンは泣き  ラヂオの泣き  わたしが出て来るとなると、泣き  女子供は泣き  能く泣き  赤子が泣き  大方自分で食ったので、泣き  日の泣き  眉にあてて泣き  姿を泣き  妾は口惜し泣き  何と遊ばす、お泣き  石子刑事は泣き  今にも泣き  紀久子は泣き  顫えながら、泣き  ざまで、情けなくて泣き  顔に押し当てて泣き  ぢ、あるは離れてしみじみと泣き  子供はふいと泣き  半ばにほろほろと泣き  上へ倒れて、さめざめと泣き  お松は泣き  弁信が泣き  貫之が泣き  嗚咽して泣き  後ろ向きに坐って、泣き  直義は泣き  登子は泣き  家来どもが、泣き  つらさに泣き  ようにほとんど泣き  ヒーと泣き  直ぐに泣き  帶びて直ぐにも泣き  實際、泣き  二度ばかり泣き  努力を、泣き  くやしく、泣き  障子紙に泣き  赤子も泣き  手を取りあって泣き  ッて来て、時々泣き  ッて来て、たださめざめと泣き  袖でいきなり泣き  きえちゃんに取りついて泣き  新吉は泣き  涙をこぼして泣き  名を呼んで泣き  銀様は泣き  それを思うと泣き  おしるこたべていると泣き  大声放って泣き  大声をはなって泣き  頭を撫でて泣き  大声はりあげて泣き  何んだか泣き  わたしが泣き  こっちが泣き  返事もしないし泣き  母は泣き  ところによると、泣き  声を忍んで咽び泣き  灯を濡らして泣き  こころゆくまでお泣き  本気で、泣き  お河童さんは泣き  そればっかりはだまっていられないので、口惜しがって泣き  金椎が泣き  一夜を明かして、泣き  顔を見ると泣き  おまえさんは泣き  手離しで泣き  中六人までが泣き  中にも泣き  妙自身まで疲れ果て泣き  ヤーンとまた激しく泣き  前よりも更に激しく泣き  咲がまた泣き  ベソをかいて泣き  何から先にいってよいかわからず、泣き  俺あ泣いても泣き  空気に泣き  者以上に泣き  揚句ワッとばかりに泣き  床の間に薫るとも知らず、泣き  ときは泣き  掩い泣き  阿難が泣き  肌へじかに咽んで、泣き  ままで泣き  自分もめそめそ泣き  急にしくしく泣き  嘉代さんは突然泣き  天文台に登りかけてどうしても登れず、もがいて泣き  坊は泣き  まん中にしゃがんでしまってとうとう泣き  光に泣き  赤児が泣き  ばたばた上草履を鳴らせながら、泣き  ー誰か泣き  此者が泣き  声を上げて、泣き  海を初めて見て泣き  終いには泣き  如何に泣き  時に、しくしく泣き  我に返って泣き  急にわっと激しく泣き  ウイリーさえも泣き  カムパネルラは、なんだか、泣き  ジョバンニはまるで泣き  ゆうべ涸れるまで泣き  お雪ちゃんが泣き  のにも泣き  男がしくしくと泣き  口笛を吹きながら泣き  カムパネルラは、なんだか泣き  ジヨバンニはまるで泣き  「さよなら」ジョバンニはまるで泣き  急になつかしくなってとうとう泣き  母親はたださめざめと泣き  うちに、なんとなく泣き  横を向いて居りましたが、たうとう泣き  烏は泣き  死ぬのではないかと思って、わあわあ泣き  私は全くよろよろして泣き  生徒にうたわれて泣き  それが悲しいといって泣き  私、泣いて泣き  把って泣き  毎日、悲しくて泣き  叫びかけて泣き  愛に咽び泣き  女王は泣き  女王はさめざめと泣き  上に坐って泣き  何事、泣き  手を執り合って泣き  娘御も泣き  五輪峠や泣き  北の方の泣き  余も泣き  はまは泣き  後には泣き  時は泣き  じきに泣き  腹痛を泣き  びつくりして、もつと泣き  子は列んで泣き  一度にわつと泣き  家もすてて泣き  わしも泣き  松の木にもたれかかり、今にも泣き  ふいに、わっと泣き  チヨ子はまた泣き  慶娘は泣き  いつのまにかしくしく泣き  隆吉は長く泣き  隆吉はもう泣き  小鼻を脹らまして、泣き  涙を押えないでお泣き  竹はまた泣き  黒髪を泣き  権太郎は泣き  声をあげて又泣き  方の泣き  銀様、そうして泣き  時には、泣けるだけを泣き  ことも考えさせられて、泣き  ずたずたに裂かれて、泣き  風にでも言わなければ、わっ、と泣き  身体をふるわして泣き  ぇっ、泣き  葵は泣き  十ぺん位い泣き  名を呼んで、どうぞ一度逢わせてくれと泣き  呪ひと怒りに泣き  お初はわっと泣き  ホントに泣き  二十日ばかり泣き  赤児は、もう泣き  顔をみるとわっと泣き  手放しでワイワイ泣き  竹はわっと泣き  俄かに泣き  肩をゆすぶって泣き  無念泣きに泣き  定はしゃくりあげて泣き  蒼になって泣き  紳士は泣き  腰をぬかしたり、泣き  これを聞いて泣き  鉄はまた泣き  光奴も泣き  師匠もしまいには泣き  足もとへ泣き  まま、オロオロと泣き  富はまた泣き  ときに泣き  家を恋しがって泣き  三之助も泣き  太閤さんだけあってちっとも泣き  菊子はまた泣き  島村はまた泣き  菊子はそのまま泣き  真夜中を泣き  ことを考えて泣き  これは泣き  田舎娘で、泣き  霜はしくしくと泣き  陣中で相なろうや、と説き諭し、泣き  ぎんは泣き  雨が降るんで、泣き  住は泣き  急に悲しくなって泣き  魚を抛り出して、わあっと泣き  前にも泣き  上戸は笑い、泣き  哀れに泣き  富は泣き  みち子は泣き  ことが、泣き  大地は泣き  大声あげて泣き  極になって、泣き  前でお泣き  登がイヤイヤと言って泣き  登様が泣きます泣き  あとで泣き  妹の泣き  久一さんの泣き  弦の咽び泣き  健吉が飽きて泣き  それを悲しがって泣き  了ふので泣き  ちょっと物でも触れば、すぐ泣き  とよ子の泣き  手をとって、泣き  腹を立てたり拗ねたり泣き  子は打てば泣き  つて、打てば泣き  愚助はひいひいと泣き  はじめてわっと泣き  ブドリは泣き  おかみさんはおろおろ泣き  上ぐるも、泣き  知らないまに泣き  茂太郎としては、珍しく、ほとんど泣き  登がワーッと泣き  御機嫌がなおったと見えて泣き  オレは泣き  恋に泣き  社会苦に泣き  ワッとばかりに泣き  嬉し泣きに泣き  下に置き、わつと泣き  田島は、泣き  青木さんも、泣き  ような、はしたない泣き  可憐な泣き  ために、泣き  有仰るなら泣き  心に泣き  妻が泣き  悲鳴を上げて泣き  ワアワア手ばなしで泣き  外をながめていると、泣き  溝川を泣き  なめくじが泣き  わたくしは泣き  わたくしも泣き  聲を揚げて泣き  霊のいろ曇りながらに泣き  霊はしくしく泣き  格魯密母求めも泣き  のかし、躍り泣き  いや重く、泣き  家屋がみしみし揺れて、恐ろしくなり、泣き  白娘子は泣き  急にすすり上げて泣き  嬢さんも泣き  たびに泣き  さそうに、しくんしくん、泣き  おかあさん、お泣き  ハボンスはひどく泣き  げに泣き  まりくすくす笑って、とうとう泣き  みっちゃんは泣き  あまり苦しくて泣き  涙が出て来て、思わずわっと泣き  みたいに泣き  あなたは泣き  ママを思うと、泣き  ひとりでめそめそ泣き  直治が、めそめそと泣き  目がさめて、泣き  なかったからといって、泣き  松代は泣き  胸に倒れて泣き  私はわっと泣き  叫び、泣き  独り待っていると、淋しくなって来るので、しくしく泣き  消息を読み泣き  花子さんはわっと泣き  義直はもう泣き  眼を赤く泣き  わけかしくしく泣き  楢夫はまた泣き  楢夫はまだ泣き  はさに泣き  楢夫はひどく泣き  楢夫は云ってまたはげしく泣き  楢夫も泣き  頭をふって泣き  一郎にすがりついて泣き  坊やが泣き  クリストフにもうできなくなると、いきなり泣き  彼はわっと泣き  念に駆られてやたらに泣き  別に返答もしないで泣き  それからまた泣き  祖父は、泣き  食いしんぼうのクリストフはぴたりと泣き  もんか、泣き  彼女は今にも泣き  今は泣き  手ばなしで泣き  あけすけな泣き  遊女としての泣き  駄々をこねる泣き  福松が、また、わあっわあっとばかりに泣き  左様に泣き  ここでまた、さめざめと泣き  声をしのばせて泣き  絶叫してわつと泣き  彼はまだ泣き  彼らは泣き  記憶が蘇ってきて、泣き  恥辱に泣き  オットーは泣き  迫つて、わつと泣き  ことができずに、なお泣き  ローザは泣き  彼を見やり、なんとも答えず、また泣き  二人はまた泣き  一言言いかけたら、すぐに泣き  真赤になり、泣き  アーダは泣き  彼は飽いていたし、時には泣き  クリストフは泣き  トマト氏は今にも泣き  つて、泣き  お父さんが泣き  哭のみ泣き  ときの、泣き  ッと泣き  心もちで、またしばらく泣き  小太郎は、なんとなく心細くなって泣き  世辞にでもお泣き  浦野今市君は、ほとんど泣き  仕打に、泣き  わたしまで、泣き  大声を挙げて泣き  配慮いて泣き  面持を見つめていたが、やがて泣き  男手はなえし、泣き  大声に罵り罵り、泣き  わけもわからなく、泣き  ようにうれしくて泣き  子であるけれども、やがてまた、わっと泣き  声を引いて泣き  泣きやみ、泣き  ここでまた泣き  鼻息が、泣き  今に泣き  それを見上げながら、今にも泣き  四五十日たつと、案外に泣き  僕は淋しく悲しくなって来て、しくしくと泣き  代りに本当に泣き  西洋葡萄をもぎって、しくしくと泣き  少年は、しくしく泣き  殆んど泣き  わたしは勿論泣き  二人とも泣き  コンスタンチーノヴナは泣き  ナヂェージダは言って、しくしく泣き  呪い、泣き  さに笑いだしたが、やがて泣き  約束で泣き  耳も貸さないで泣き  静かに泣き  人相まみえ泣き  童母を慕いて泣き  ふち赤らめて泣き  事思いて泣き  笑ひたくもあり、泣き  つゆは泣き  相手は泣き  顔に泣き  手がつけられなくて、泣き  彼は実に泣き  こと言ひ出しては泣き  声を放つて泣き  声を呑むで泣き  正体なき迄に咽び泣き  人たちの泣き  侍女たちが泣き  煙になりたいと泣き  右近は泣き  咲二がうなされて泣き  お前、そうお泣き  肉を喰われて、泣き  んと泣き  さうになるので、一層泣き  空二は泣き  上で泣き  院へ帰って泣き  姫君も怪しくなって泣き  源氏が教えると、悲しがって泣き  一ぱいになって、せつなく、泣き  みんな安物ばかりなのに、と泣き  からだになって、めそめそ泣き  体操できず泣き  ハンカチをかみしめて泣き  身を投げかけて泣き  大臣は泣き  涙をぽろぽろこぼして泣き  源氏は泣き  言葉に隠れて泣き  美佐子は叫びながらとうとう泣き  話を泣き  一章を書いては泣き  今さらまた泣き  ほど御息所は泣き  末摘花は悲しく泣き  百姓は、まったく泣き  ものも言わずに泣き  ものが言えずに泣き  昨日は泣き  皆悲しくなって泣き  歌を書きかけては泣き  夫人は泣き  一人は泣き  紳士は引つたてられて泣き  みちみちも泣き  如何にすべきとて泣き  いっしょに死なせてほしいと泣き  女房の泣き  女房らが泣き  返辞もあそばさないで泣き  今でも泣き  二人ツ限りになると、泣き  二人ツ限になると、泣き  ふうに時々泣き  侍従も堪えきれずなって泣き  督は泣き  母はまず泣き  死であると泣き  御息所はひどく泣き  親に残してくれなかったと言って泣き  反感を覚えて泣き  宮が泣き  ようでもなく泣き  大将は泣き  とわが泣き  ッ赤に泣き  顔にあてて泣き  のか泣き  伝兵衛は、泣き  危く下に落つるばかりに泣き  候まで泣き  柱にしばらく泣き  様子で言って、泣き  髭男は泣き  平時のごとく、あるいは泣き  姉が、泣き  顔を押し当てながら、わっと泣き  眼をこすって泣き  知らない他人よりもかえって恥ずかしく、いとわしくて、泣き  ようもない泣き  姫君は泣き  人たちも泣き  風は泣き  魘れたり泣き  煩悶を知っていて、死んでしまいたいと言って泣き  乳母は悲しがって泣き  時になって泣き  上から下まで集まって来て泣き  者が泣き  浮舟は泣き  ほんたうによろこんで泣き  ほんとうによろこんで泣き  一家族を見てゐると時々泣き  涙がこぼして泣き  づれで自分まで泣き  方がまし、云うてな、泣き  人は泣き  ひろ子は、激しく泣き  それが、泣き  餓鬼までも連れ泣き  太は泣き  感心なと泣き  赤ん坊を背負えるかしらって尋ねながら、泣き  後方に取り残されて泣き  声低く泣き  年して泣き  弟夫婦も泣き  事を訊いて又泣き  時には泣き  弟は泣き  夜半を泣き  顔は泣き  聲にわつと泣き  美登利は泣き  不逞不逞しいが、泣き  伏して泣き  音に、泣き  菊松は、とうとう泣き  雑念が起ると、泣き  人垣を泣き  廊下をころがって、泣き  才蔵は泣き  色にもださず、泣き  センドと、泣き  ツル子は見つめられて、泣き  由三の泣き  身体をゴロゴロさせて泣き  声を張りあげて泣き  苦しみ、泣き  ことにしゃべり泣き  自棄まじりに泣き  さを泣き  ガクンとして、又オロオロと泣き  皺だらけに泣き  泪に醜く泣き  大人げもなく泣き  バタバタ顫はせて泣き  自制を失ひ、泣き  払つたり、泣き  玄也は泣き  朝も泣き  響をたてて泣き  京子は泣いたが、その泣き  十は泣き  ビックリして泣き  男の子は、ひいひい泣き  いつまでも、ひいひい泣き  子供はすぐに泣き  そこにつっ伏して泣き  たかどうか覚えていないが、泣き  朗かに笑いたかったし、しみじみと泣き  美代子は泣き  頭を振りながら、本当に泣き  きぬをかづきて泣き  相見て泣き  ひと花か泣き  逢ひぬ飽かずと泣き  姉に似たるにまた泣き  お母さんも泣き  んは泣き  おばあさんは泣き  うちへいつて、泣き  ちゃんを呼びたて泣き  信子は突然泣き  敏子さんは泣き  影にちろちろ泣き  予はもう泣き  足元で泣き  まま顔も上げずに泣き  急に激しく泣き  上へ倒れると、泣き  そのまま浴場に倒れて泣き  梅は泣き  ようにさめざめと泣き  時に、こんな泣き  キミ子は泣き  周一はもう泣き  笑ひながら泣き  姿を見るなり今にも泣き  一夜を泣き  家に帰るまで泣き  笑ひ泣き  母を呼んで泣き  それから男も泣く、泣き  観客はたぶんこうして泣き  わが家に飛び込むと同時にわっと泣き  止め度もなく泣き  母親などだと泣き  敏感になり、つまり泣き  嘉ッコは泣き  子供らが泣き  突伏して泣き  王さまはさっそく泣き  わたしは泣き  今朝で泣き  石鹸が泣き  紳士は、泣き  無情に泣き  女は、泣き  ものにまきこまれ動かされ泣き  來ると、泣き  幸子は、しばらくたつて泣き  顏を見ると泣き  一夜でも泣き  露子さんと出会って、囁き合い、泣き  そのままでいたら、泣き  無一文になると、泣き  腕に泣き  六日間、泣き  犬に向いて泣き  ヒョロ子は泣き  豚吉は泣き  児が泣き  まわりを見まわしますと、泣き  一所に泣き  お爺さんは泣き  手を取り合って嬉し泣きに泣き  蠍が泣き  倚りかかって泣き  玉藻はさめざめと泣き  聲で泣き  自分は、到頭泣き  心配し、泣き  眼をさまして泣き  私はよく泣き  保枝は、泣き  日には、ずいぶん泣き  都度、泣き  香ひあり泣き  老を、泣き  老を泣き  心つめたく泣き  から、ふと立ちどまって泣き  老婆は心から悲しくなって泣き  みちを見るとまだ泣き  これ幸いと、泣き  下でわっと泣き  それをほしがって泣き  かたが足りない、足りない、と言って泣き  しかしわたしを泣き  磯五は、泣き  高は泣き  高は、泣き  駒ちゃんは泣き  ことなら、いきなり取りすがって泣き  脚をあらわして泣き  せい様が泣き  駒ちゃんは、泣き  せい様は、泣き  顔をして、泣き  ものを感じて、泣き  見幕に、泣き  さま、泣き  上で、泣き  優美に泣き  時、嬉しいやら情けないやらで泣き  妻も遂に泣き  辺には泣き  往時を想うて泣き  上にも泣き  我慢、泣き  彼女が泣き  声を搾って泣き  其処につっ伏して泣き  ぱいこと、泣き  倦怠、草臥れて泣き  男の子は、もう泣き  のか、こんな泣き  赤ん坊がなかなか泣き  背中の子供が泣き  出しぬけに泣き  人見ちゃ泣き  なんなの、泣き  からヱハガキなんぞ抱いて泣き  それを見て泣き  言葉を切って泣き  内に又泣き  これも泣き  敏子が泣き  一時間半ばかり泣き  鏡をみて泣き  留はしくしく泣き  顔をみせまいと泣き  娑婆世界には、一々泣いては泣き  ように、泣き  有王が泣き  人間万歳人間万歳人間万歳人間よ、泣き  幾度となく泣き  時はもう泣き  顔を見るとわっと泣き  理窟で、めそめそ泣き  なかでも泣き  ねえや、泣き  人びとは、またも泣き  小児は泣き  ただひどく泣き  お父さんはまた頷いて、しくしく泣き  お父さんはもうしくしく泣き  こととなると、すぐに泣き  お前たちが泣き  乳を求めて泣き  まましくしくと泣き  良ちゃんは、泣き  たか門をはいると泣き  父は、泣き  激怒が流れてくると、同時に泣き  痴川は泣き  苦笑したり、時には泣き  散々殴つたり蹴飛ばしたりして泣き  麻油に縋りついて到頭めそめそ泣き  手に重くもたれて泣き  我慢が出来なくなって泣き  悲嘆に暮れて泣き  顔を伏せてしくしく泣き  淀君は今にも泣き  詩集を出してまた泣き  美代が泣き  われも痛むと泣き  閏土もまた泣き  谷に呻き泣き  セエラは、しかし、泣き  セエラが今にも泣き  セエラはやはり泣き  誰かが怒って泣き  武者ぶりついて泣き  間泣きやんでいましたが、すぐまた泣き  ロッティはまだ泣き  ロッティはきっと泣き  さに、またしても泣き  ロッティがまた泣き  ように、わっと泣き  ほかの子達がかえって泣き  手をさしのべて、しくしく泣き  ロッティは今にも泣き  ロッティが泣き  アアミンガアドはわっと泣き  顔を伏せて、泣き  ロッティなどは泣き  エミリーに泣き  弁当では泣き  ハンケチを出しながら泣き  廟前で泣き  急になぜだか、泣き  矢鱈と泣き  太郎がねむがって泣き  奇妙な、泣き  ヘトヘトに泣き  匐いまわり、笑いまわり、泣き  リカは泣き  ひとりで泣き  ことを聞いて、泣き  婆さんの泣き  おふくろが死んでも泣き  左門は泣き  さから毎日を泣き  本をだきしめて、泣き  警察へ泣き  さで、泣き  悲鳴をあげて飛びあがり、泣き  長髪はみだれて、泣き  たわいもなく、しやくりあげて泣き  さが漲るばかりで、泣き  酔ひ痴れ泣き  から、泣き  可能であらうけれども、恐らくもはや泣き  ぐひであらうと、泣き  男にすてられたら、泣き  由子は泣き  学校に行かせてやってくれと頼んで泣き  何か呟きながら、泣き  圓朝は泣き  萬朝は泣き  外聞もなくおろおろおろおろ泣き  オイオイ声立てて泣き  女はやがて泣き  茂は泣き  限りに泣き  一言をいうては泣き  おしあてて泣き  紀久子の泣き  袂をあてて泣き  のかと思うと泣いても泣いても泣き  国府津附近まで泣き  中途で泣き  芝居をしてゐる、泣き  それを着て、泣き  ジュスチーヌは泣き  私はさめざめと泣き  子どもたちが泣き  彼はどうかすると泣き  前に泣き  あたし、泣き  口説いて泣き  時よりも泣き  豊は泣き  書をひしと握りて泣き  おばあさんが泣き  時座末に泣き  棺にすがり泣き  作者が泣き  大江山捜査課長は、泣き  ネルロによりそいながら、しくしく泣き  保吉の泣き  懸命に泣き  震え泣きに泣き  私達を見て泣き  ふだんは泣き  肩にすがりついていたが、しまいに泣き  ヴォローヂャは、しくしく泣き  ヴォローヂャがはげしく泣き  妹たちも、こらえきれなくなって、しくしく泣き  お母さんは、泣き  ピート一等兵は、泣き  彼は、しくしく泣き  ようにわあわあ泣き  非常なおどろきにあって、泣き  例の泣き  女房はわっと泣き  紅は泣き  焦躁を感じて、泣き  希望に打たれて、泣き  ちい坊は、泣き  前より一層激しく泣き  ホーラよ、泣き  さにしくしく泣き  庄吉は泣き  声をたって泣き  怒り、悶え、憎み、喜び、泣き  俺は泣き  相違ないが、泣き  次郎はわっと泣き  地面に泣き  三昼夜ほど泣き  赤ん坊が泣きだした、なかなか泣き  全力をつくし、負けて、泣き  鬼瓦を見て泣き  女房を思いだして泣き  女房を思ひだして泣き  一家こぞって泣き  清君は、泣き  間から生き、泣き  女は言いさして泣き  どっちへついていいか分らなくなって、ほんとに泣き  中に泣き  そのものの泣き  ことなしに、泣き  子供らがわんわんと泣き  抱きしめておんおんと泣き  加十は泣き  秀陳は泣き  悲恋に泣き  山木は泣き  山木は今にも泣き  秀陳は、ハッと泣き  声を惜しまずに泣き  様子になって、なおも泣き  やうにひれ伏してわつと泣き  言ひかけて、もう泣き  母が泣き  文吾は泣き  つて一緒に泣き  子蛙は抱き合って泣き  やうにして泣き  子どもらがひもじいって泣き  子どもは泣き  愛そのものをとりちがえて、泣き  ダァリヤはまるで泣き  顔をしかめて、泣き  後ろへそらせて、ひとしきりまた、けたたましく泣き  女から別れ話を持ち出されて泣き  知らない世代ではないかと思われるくらい、泣き  別れ話に泣き  かすかに泣き  私はただ、またも泣き  芝生に泣き  ふたりは泣き  二人は泣いて泣いて泣いて泣いて泣き  私はなぜか泣き  口を開いて泣き  傍で泣き  カッカして来るし、泣き  私は、その泣き  私は、あさましくて、泣き  私はわびしいやら、腹立たしいやら、泣き  クララは泣き  ままワッとばかりに泣き  肩に縋りながら一層烈しく泣き  ことは美しく、泣き  ひそかに泣き  顔を覆い、泣き  勢いで泣き  あたしは、こんなに泣き  膝に縋って泣き  身を投げ出して、いきなり烈しく泣き  言葉を述べようとして、たうとう泣き  先きに泣き  妻に泣き  狂的に泣き  それを悲しみ、泣き  妊婦預り所へ泣き  事を思い出して泣き  袖に受けて泣き  絵を見ていれば可笑しいよりは泣き  ぶりついて泣き  女の泣き  墓石をもちあげかねて、泣き  なかったけれど泣き  時なんだか泣き  膝にしがみついて泣き  歯を喰いしばるかと思うと、泣き  気になりだし、泣き  母は、突然ひいと泣き  気の毒なやら、憎らしいやらで、泣き  ぞんぶんに泣き  気がして、わつと泣き  やつと泣き  ウエーと泣き  隅つこに泣き  みのるは生れて初めて泣き  これを泣き  顔を泣き  蒼になりながら泣き  儘注視して居りますと、先ず泣き  絶対に泣き  火のつく如く泣き  まり軽きに泣き  あらむ鏡とり能ふかぎりのさまざまの顔をしてみぬ泣き  さ叱られてわっと泣き  かねが泣き  手をとれば泣き  微かにも泣き  かな鏡とり能ふかぎりのさまざまの顔をしてみぬ泣き  袖をやって泣き  大声を上げて泣きたくて泣き  事啜泣き  母に抱かれて泣き  それを考へて見たら、泣き  頭を抱えて泣き  死にわかれ泣き  死骸に縋り付いて、消え入らんばかりに泣き  一軒家に押入って、ちょうど泣き  空は、もう泣き  心も泣き  久松は泣いても泣き  宵から陰って、今にも泣き  ことを泣き  そこに立ちすくんだなり、今にも泣き  ときには恐ろしくて泣き  彼は今にも泣き  眼を覚まして泣き  米はなおと泣き  みちを泣き  おらほんとに泣き  母にひどく叱られ、泣き  のを感じ、泣き  坊さんは泣き  ねんねが泣き  中でひどく泣き  大田黒は泣き  木樵はおろおろ泣き  それから大声で泣き  事にしくしく泣き  キッコはまた泣き  目にあててまたしくしく泣き  急にしゃくりあげてポロポロと泣き  急にしやくりあげてポロポロと泣き  手が泣き  まり兼ねて泣き  桐は突然泣き  其処に打臥して泣き  夏はまた泣き  悔んで、そして泣き  娘はしくしく泣き  しろ向きになって泣き  一そう悲しくなって泣き  実家に泣き  女はわっと泣き  亮作は泣き  ヒッと泣き  幼児はふと泣き  思ひ出を、泣き  顔をくっつけて、泣き  君をいみじと泣き  墓に泣き  人を泣き  歌に泣き  血のけに泣き  爺様は、さめざめと泣き  顔を埋めてさめざめと泣き  おいおい声を挙げて泣き  娘の子なこどに取られて泣き  ざとおずおずとあとずさりした女、今にも泣き  丹三が泣き  胸に泣いても泣いても泣き  ために、けっして泣き  がっかりして、泣き  金がないといって泣き  如くにしばしば泣き  小さな叫び声を立てて泣き  目を醒して泣き  クククとすすり上げて泣き  程にも泣き  最初彼が泣き  どっちかというと泣き  子供はすぐ泣き  涙に泣き  志保はしくしくと泣き  彼は泣きたくも泣き  眉を顰めて、ほとんど泣き  気をもんでは泣き  拭はうともせずに、泣き  着物を奪われてしまったかと思うと泣き  悲しみには泣き  眼も泣き  身もだえして泣き  寿子はわっと泣き  つて教父同士は、めそめそと啜りあげて泣き  下男に打たれて泣き  下に来て、泣き  身をなげかけ、さめざめと泣き  中敏が泣き  姉さんが泣き  お腹が空いて泣き  武雄さんは、大あばれにあばれて泣き  何をお泣き  何が悲しくてお泣き  肩にすがりついて泣き  彼をかき抱いて、泣き  胸がしめつけられて、泣き  私はひとりぽつちとなり、なにか知らねど泣き  助手は泣き  妹は痛いやら驚いたやらで泣き  一人にて泣き  新子は泣き  頼りなげな、泣き  願ひたいと、泣き  海景が泣き  顔を当てるとワーッと泣き  ままワーッと泣き  自動車から降りると、泣き  そうにワーッと泣き  両手で抱いて、ぼろぼろと泣き  眼をさまして、またしくしく泣き  肩を揺すって、さめざめと泣き  駒井さんはいきなり縋りついてきて、また一層泣き  頭を撫でながら泣き  新造にすがって、わっと泣き  二人は泣き  正体もなく泣き  姉さまが恋しいと泣き  位、泣き  云つて、泣き  好意に泣き  子は泣き  親爺さんが泣き  まま声を立てて泣き  赤ちゃんがワーッと泣き  事が思ひあはされて悲しくなって泣き  気を揉んで泣き  留吉は、泣き  こちらは泣き  そないいうて、おろおろと泣き  急にこわがって泣き  丸裸にされて泣き  蟹は泣き  信者達は泣き  杉作が泣き  母に泣き  変になるまで泣き  吉里はまた泣き  座敷へ来て泣き  ッて来て、ついに泣き  ものを、好んで泣き  胸も押しあてて泣き  意気地なく泣き  しゅくしゅくと泣き  時いよいよ曇って今にも泣き  なおさんは泣き  なおさんはいよいよ悲しくなって、しくしくと泣き  無事に泣き  河豚にかかっちゃ泣いても泣き  所を見ると、喜び、泣き  おじいさんが泣き  やうでもあるし、泣き  話し手が我と泣き  允男を泣き  余りめそめそ泣き  まらなくなって、わっと泣き  次郎は泣き  事にも、すぐ泣き  時に、きまって泣き  うちに、つい泣き  地団駄をふんで泣き  膝をを動かしていたが、とうとうたまらなくなって泣き  それを見ると、泣き  彼はやはり泣き  細君が泣き  顔には、今にも泣き  んだ踏んで泣き  十三郎に泣き  子供も一寸泣き  譚に泣き  僕はただ泣き  面は、今にも泣き  かわりに泣き  ときには、泣き  ことも出来ず、泣き  生を求めて泣き  からとき/″\ぬすみ見て、そして泣き  男は泣き  そつちでもこつちでも泣き  周三は、そんな泣き  顏は今にも泣き  カーチャがめそめそ泣き  つん打つけては泣き、打つけては泣き  眼をこらして、泣き  顔を当てて泣き  わたしの泣き  ことを聞いて、かけつけて泣き  眼にあてて泣き  恭一はもう泣き  顔を押しあてて、泣き  方はすぐ泣き  方はなかなか泣き  何か、こう、泣き  男は困って、とうとう泣き  バイロン血に泣き  苦み天は泣き  び露は泣き  のだと、おろおろ泣き  涙をぽろぽろ出して、泣き  いつまでも声をあげて泣き  京子は突然泣き  縁を赤く泣き  怒り、泣き  絶え間なしに泣き  赤子は泣き  髪の、泣き  もとを泣き  相に泣き  様に取り縋って泣き  胸へ隠すだろう、真に泣き  幾度か呟いて、泣き  中で、泣き  眼は、泣き  舌を見て泣き  驚きをし泣き  唇を歪めて、今にも泣き  年をして、泣き  内攻して、泣き  肩を震わして泣き  わしや泣き  人から聞いて、くやしがって泣き  づ僕は泣き  皆な泣き  首をもたれて、泣き  それを見つめつつ、泣き  急にひくく泣き  私はたとえ泣き  熟と視て、はっと泣き  瞳を静まらせ泣き  二度ばかりで泣き  次の間へ行って泣き  朝まで泣き  ために止められ、軈て泣き  円め、びくびくさせ、しまいに泣き  直覚的に泣き  下に置くと泣き  妻は泣き  夏が泣き  藤十郎は泣き  武石は泣き  一しょになって泣き  なかではげしく泣き  獅噛ついて泣き  心が泣き  泥まみれにしながら、泣き  左右から支えられ、泣き  方を見つめながら、今にも泣き  やうな泣き  ゲルダは泣き  カイはわっと泣き  さにつまされて泣き  宿屋を尋ねあぐんで、泣き  音に泣き  ように、互いに泣き  女中、そんなにお泣き  顔もあげないでしくしくと泣き  身ぬちをめぐる、泣き  叶ふまじ、泣いて泣いて泣き  人しれず泣き  僕は本当に泣き  顔をしていましたが、それでも泣き  茂夫は今にも泣き  怒りかつは泣き  方さまはたうとう泣き  景物じゃ、いやもう泣き  聲を擧げて泣き  さめと泣き  我を抱きて泣き  ベートーベンを聞きて泣き  背中で泣き  ますます烈しく泣き  芝居で泣き  小説で泣き  トーマスは泣き  げにしくしく泣き  曇、泣き  話し声をきいていて、泣き  溢して泣き  そこでも嬉しいといつて泣き  うずくまりただ泣き  首に縋りて泣き  色を変えて泣き  意気悄沈、今にも泣き  それがなぜだか、実に泣き  喜乃は、泣き  飛沫をあびて、わっと、泣き  そこで泣き  マルセーユまで泣き  ふだんこうやられると、たいてい泣き  朝は泣き  本式に泣き  勝子が泣き  種則はやおら泣き  粂が突っ伏して泣き  ペットは泣き  なかには泣き  ことを聴くと、泣き  為に且つ泣き  女はとうとう泣き  可哀そうになって来て、今にも泣き  力もくずれ、しくしく泣き  さがながれ、泣き  叔母さんは、泣き  左右衛門は泣き  ぢやないか、泣き  手をとりあって、泣き  中には泣き  話をしながら泣き  瞬間まで泣き  ヒイと泣き  囚はれに泣き  罪業に泣き  我慢を忘れて泣き  笑ひもあり、泣き  出し顔が段々赤くなって来てしまいには泣き  彼等みないたく泣き  む、泣き  一はいたく泣き  さまにて泣き  眼にて泣き  張は泣き  これも亦いきなり泣き  男の子が泣き  あと母は泣き  何も考へずに、だから別段泣き  顔を伏せて泣き  久五郎は泣き  祖父灌園に話したら、泣き  別離に泣き  赤ん坊などが泣き  町人は泣き  孝さんは泣き  一人でしくしくと泣き  私はただもう泣き  声を立てて、泣き  うつ伏しながら、よよとばかり泣き  ようにひときわ泣き  しろに従えて、そしてふりかえりふりかえり、泣き  ひざ小僧をそろえながらへたへたとうずくまると、泣き  矛盾に泣き  身をよじって泣き  のか、いきなりわっと泣き  利代に泣き  坊が泣き  袖を噛んだが、それでも泣き  空に泣き  われは泣き  御前に泣き  處女あらはれ、いたく泣き  彼等みな地に俯き伏して泣き  アルナルドなり、泣き  者にむかひて、泣き  親切に泣き  おしゃべり上戸とともにいたって泣き  石燈籠につかまって、しばらく泣き  鴉が泣き  ジャズっては泣き  勢いを得たもののごとく、泣き  よだかは泣き  私は遂に泣き  踏脱ぐ、泣き  名を呼んで、泣き  中から、よよと泣き  面をおおって、よよと泣き  染はまた泣き  一念であったが、真に泣き  呀ッ、いよいよ、泣き  不意にぽろぽろ泣き  ように黙って、ただ泣き  みどり子をひしと抱きながら、泣き  相談して早く呼びよせてくれと、こんなに申しながら、泣き  ひとりしんしんと泣き  徒らに泣き  一思ひに泣き  大声に、わつと泣き  手足をもがきながら、啜り上げ啜り上げ泣き  云はれても泣き  将官夫人は、わっと泣き  一思いに泣き  大声に、わっと泣き  何と云われても泣き  気で泣き  中に生き、泣き  面を伏せてすすり泣きつつ、やがてしゃくりあげつつ、ややしばし泣き  悉多太子も泣き  ひとも泣き  涙をおとしながら、しくしく泣き  ように取りあげて、おろおろと泣き  こよは泣き  忍び音をあげながら、しくしくと泣き  身をよじりながら泣き  伝六が泣き  妍きがために泣き  流刑に泣き  フン、泣き  こっちはもう泣き  窓へ連れて来て、見せると、泣き  ふん反り返り、泣き  一杯拡がっていって、泣き  里子を擁して泣き  自尊心を汚されて、泣き  伊都子が早く泣き  腰にしがみついて泣き  横で泣き  所に添えて寝かせると激しく泣き  はじめ看護婦たちが、しくしく泣き  月が差しても泣き  海に沈めて、泣き  孤児が泣き  本気で泣き  あて猿が泣き  訴へ泣き  桃子は本当に泣き  桃子が泣き  泣きこそ泣き  我は泣き  大声をあげて、泣き  大声を挙げて、泣いて泣いて泣き  落着いて泣き  傍へ来て泣き  昨日も泣き  子供がまた泣き  前で泣き  まま、おろおろ泣き  男泣きにしくしく泣き  闇中に泣き  それっきりひそと泣き  左右に振って泣き  ばたばたさせて泣き  身をふるわして泣き  花嫁がしくしく泣き  覗き込み、泣き  がっかりして泣き  あいそをつかしてめそめそ泣き  水底をさぐりながら、めそめそ泣き  手放しで泣き  恐怖におそわれて泣き  胆をつぶして泣き  のを見て泣き  妹もすぐに投げ込み、わっと泣き  抱きしめてこれも泣き  小僧が泣き  車力が泣き  なかへ放り投げてわっと泣き  途中で泣き  あかんぼうは泣き  メグは泣き  いくつになるか、わからなくて泣き  エミイは泣き  身を伏せて泣き  ジョウは、そういって、なおもはげしく泣き  場に泣き  大声で、うれしいとくり返し泣き  からなくなり、泣き  もんかと泣き  百姓は泣き  膝にすがりついて、泣き  愛児が、おどろいて泣き  こひを泣き  台に泣き  永田がいると思うと、泣き  二度、泣き  夜は深い、泣き  嬰児は泣き  から、さめざめと泣き  娘や、もうお泣き  病身で泣き  つるいない、とずいぶん苦しく泣き  大童雄叫び、泣き  大降り雨、かく嘆けば、かく哭き喚べば、泣き腐し、泣き  海河も泣き  欝に泣き  神弱り、泣き  枯山と泣き  雨呼ばひ、哭き喚び、泣き  そを何ぞ、泣き  言挙ぐと、泣き  ことごと、堰きたぎち、泣き  言問ひ、挙り泣き  神、果しなし、泣き  国は治らさず、何もかも泣き  眼も白み、追ひやらはれ、泣き  歎けば、かく哭き喚べば、泣き腐し、泣き  鬱に泣き  言擧ぐと、泣き  擧り泣き  國は治らさず、何もかも泣き  友達にそむかれたって、泣き  大二郎がさつき泣き  唇を醜くゆがめたと思うと、いきなり泣き  首筋にすがりついて泣き  宮崎が、泣き  こんど彼女は泣き  豊はとうとう泣き  久助は泣き  私は、思はず泣き  頃には、泣き  聲をはなつて泣き  皮むけば泣き  のだらうと思ふと、泣き  張はすぐさま泣き  一こえ、泣き  罪悪について泣き  部屋に閉じこもって、泣き  侍女たちも泣き  右に泣き  応なく泣き  ピクリとして泣き  折から赤坊又泣き  弟はわあわあ泣き  それを見ると、またひいひい泣き  目が覚め、泣き  私たりとも、縛られて、助けてくれと泣き  前もはばからず、めそめそ泣き  ものですから、泣き  ほうで泣き  王妃さまが、そんなにお泣き  あたし迄が泣き  弟は、しくしくと泣き  恨みに泣き  声を出して、泣き  欠乏に泣き  叫び声や泣き  音に立てて泣き  後姿で、ふるえながら泣き  軒とで、泣き  こどもらはわあと泣き  云つてよく泣き  ビービーと泣き  ごまかしてきくまいとして、猶泣き  髪もあげず、泣き  抱せると泣き  王妃は泣き  ときは、さびしがって泣き  頬をしてすこし泣き  次には泣き  音絵はなかなか泣き  歌寿は泣き  屍体を見ると泣き  婆さんは、まだ泣き  ぐまさんをかわいさうに思つて、わあわあ泣き  まり重きに泣き  酒に酔えば泣き  情熱を考えると、泣き  息を殺して泣き  くせに時には泣き  袖は、泣き  ッぽど、泣き  泣き狂い、泣き  背なかで泣き  びっくりして、泣き  のか、こみあげてくる泣き  ッと、泣き  潸然と、泣き  土蔵二階で泣き  子どもみたいに泣き  おくれ毛も、すぐ泣き  虚無と、泣き  袖はまたふと泣き  地へ泣き  従妹は泣き  お嬢さんは泣き  亂して泣き  枯山になるまで泣き  神が泣き  來て泣き  熊本君は、もう既に泣き  先から、泣き  事思い出して泣き  ウーと泣き  恐怖から今にも泣き  それ持って逃げてくれと泣き  それこそ泣き  何かは知らず泣き  止むるに抱かれながらも猶泣き  一人だと、さめざめと泣き  顔が、泣き  陣痛に泣き  不運を泣き  無理とは聞えぬだけによけい泣き  声も得たてず泣き  中に潜り込んで、めそめそめそめそ泣き  止むるに抱かれながらもなお泣き  腹の中では泣き  腹の立つ、泣き  みんなが泣き  そばへいかないでおくれと泣き  ことごとに泣き  あれは泣き  つて泣きだした、その泣き  どれだけ泣き  細君は泣き  ーんと泣き  上でさめざめと泣き  身を悶えてころがりながら、さめざめと泣き  いつしよに、泣き  合つて嬉しなきに泣き  から、さうめそめそ泣き  場にわつと泣き  刃物を投げ棄てて泣き  恐怖をかくし、泣き  ステージで泣き  飜しぺたりと坐り、わつと泣き  ことを、今にも泣き  程体を打ちつけて泣き  眼をさましてグズグズ泣き  涙声になり、やがて、すすりあげて泣き  感傷的になってわあっと泣き  の、なりたいわ、泣き  のは、すぐ泣き  ヒステリツクに泣き  何処かで泣き  食はずに泣き  兒ほど泣き  簡単に泣き  赤ん坊の泣き  髪かきもあげで、泣き  唄ひては泣き  声あげて泣き  涙が光って、泣き  お父さんは泣き  夫は泣き  娘と泣き  膝に取縋って泣き  顔を埋めて、震えながら泣き  私はもう泣き  慚じて泣き  ハンカチを絞って泣き  私は、どんなに泣き  ように怨み悶えて泣き  声を押えて泣き  お母様はピッタリと泣き  処へ行って、思い切り抱きついて泣き  涙を絞りながら泣いて泣いて泣き  下に泣き  足許に泣き  顔を見上げ見上げ激しく啜泣き  姫は泣き  蔦葛にすがりながら泣き  顔を見て泣き  オギャアオギャアと泣き  感に堪えかね、泣き  おいおい、泣き  のを感じて泣き  末は泣き  仲は泣き  女中はいかにも沈み切った、今にも泣き  兄は痛々しいほど泣き  自分で泣き  きれいな声で、しくしくしくしく泣き  僕が泣き  声で大きく泣き  気持になって泣き  お鈴さんは泣き  恨み永久にやまじと言い放ちて泣き  笑いたもうとも泣き  うつて、泣き  海にかこまれた、泣き  足踏みをして泣き  娘をこんなにいじけさしてしまったと思うと泣き  わしでさえ、時には泣き  びが泣き  がまんが出来なくて泣き  黒さんは泣き  お母さんたちも泣き  お母さんたちが、泣き  それ/″\に泣き  見合はせて泣き  メチヤクチヤに泣き  あひるさんは泣いて泣いて泣き  声を忍んで泣き  言ひながら、泣き  小坊主が泣き  あたしはまた泣き  愛をかくしていると泣き  私は言いながら泣き  愛をかくしてゐると泣き  言ひながら泣き  聲を立てて泣き  私はめそめそ泣き  最後には泣き  ほのかにも泣き  友よ、思ひ知り泣き  聲もなきは泣き  香を求め泣き  こころ何時もちらちら泣き  のびあがり、泣き  逃げまどひ、泣き  聲あげて泣き  のきと、啜泣き  ピエローは泣き  ヘルンは泣き  保も共に泣き  顔を押しあてて泣き  子供達はにわかに悲しくなって、しくしく泣き  らひ泣き  なに、泣き  君は、泣き  人達も泣いても泣いても泣き  涙をながして泣き  涙もろい、泣き  事じゃ直きに泣き  洋一はもう泣き  あとで、泣き  ぼくは泣き  顔がまるで、泣き  真っ先に泣き  時は、なお堪らなくって泣き  階下へ下りたが、泣き  子は、一寸泣き  母親が泣き  二人とも、また泣き  顔をおしつけてしくしくと泣き  膝にゆすぶられながら泣き  さで今にも泣き  男子が、泣き  女性同士で抱きあって泣き  幸ちやんはなんだか泣き  事で泣き  おいおい恐怖くって泣き  お前さんは泣き  笑い薬、泣き  下に、或は泣き  詩歌を誦するにも感極まりて屡々泣き  僕は到頭泣き  目にあって泣き  

名詞

泣き[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
泣きをしました  泣きの声で説明する  泣きに泣いた  泣きになろうとする  泣きをやり始めた  泣きともつかない  泣きに泣いて  泣きをしながらつぶやきます  泣きになる  泣きくずれて訴えている  泣きの涙で送る  泣き止んだことを思ひ出して  泣きの表情を泛べていた  泣きの声を出して  泣きの顔で早口に言うと  泣きはしなかった  泣きも得ず  泣きもしなかった  泣き悲しむのを見詰めたりしたら  泣きの声が起つて  泣きにゆく  泣きを始めた  泣きなんぞしたえ  泣きを見せなくちゃなるまい  泣きはしないから  泣きはしないと  泣き喚く声がした  泣きの声をあげた  泣きに泣き続けた  泣きやがるな  泣きしずむお岩を尻眼にかけて出て  泣きかと思われる  泣きかと思はれる  泣きに帰った  泣きはしなかつた  泣きするらしい様子が女達の心を引きしめて  泣きやむのを廊下に立った  泣きが女と小兒とから慘らしく起り出した  泣きもドウモしなかったという  泣きの声がするばかりです  泣きで母にすがりつきました  泣きでもしたら  泣きを見る  泣きになりましたのね  泣きの声になった  泣きよると見せかけて笑いおるぞ  泣きもせで  泣きの涙になっていた  泣きに平常の元氣なくなりて  泣きもし  泣きの涙で死衣裳に替えさせ  泣きに行きたくなる  泣きの昂奮した  泣きも叫びもせず  泣き喚いても足りない思ひをしてる  泣きごえは人間の声と思われないくらいです  泣きになり  泣きに泣いたが  泣きを掛ける  泣きもしない  泣きに泣かせた  泣きの涙かなんかでかあいい男を新橋まで送った  泣きを期待し  泣きに涙を流した  泣きもせずに佇んでいた  泣きさえ感じないほどの  泣きの涙で出ました  泣き泣くと急に面を挙げ  泣きの声を聞きつけて  泣きに来い  泣きになりました  泣きも得せずて  泣きの声を聞いた  泣きになって  泣きの涙で日を暮らして居る  泣きをして  泣きもせぬ  泣きも笑いもするが  泣きの喚き  泣きの顔にニッと悦びの笑みを浮べ  泣きやがった  泣きになった  泣きの声になっていた  泣きの顔をした  泣きになつた惨めなかみさんの姿が出て来た  泣きを初めた  泣き苦しむ声がかすかに聴えて来た  泣きをしている  泣きになっていた  泣きもせずに  泣きも笑いも出来ないとは  泣きに生まれた  泣きを見た  泣きんなりました  泣きやんでいた  泣き易く成った  泣きとなる  泣きの声になり  泣きに泣く  泣きに行った  泣きにならなくとも  泣き止みながらヤングの顔を見上げたら  泣きの声で答えた  泣きをしてゐる  泣きをいつまでもしているからといっては  泣きを悦こぶ  泣きなんかする  泣きの涙で怨んでいるが  泣きもした  泣き狂っている  泣きもせず黙って  泣きもせず  泣きに泣きしが  泣きの涙でしばしの別れを惜しんだ  泣きに泣いて掻き口説く  泣きに君江は泣く  泣きなどをはじめた  泣きとおしていました  泣きの涙にグチられて  泣き騒ぐ音とごつちやになつてし  泣きもせず言った  泣きんなるも  泣きもする  泣きなすったことがありましたが  泣き明して居りました  泣き喚くお篠をしっかり小脇に抱えて  泣きをみる  泣きになるには  泣きなんぞはしない  泣きの曇り  泣きに泣きもしなかったし  泣きの涙で手渡してやると  泣きの涙で自殺まで思い込む  泣きをした  泣きをはじめたかと思ふと  泣きの涙で死ぬばかりだ  泣きに泣きました  泣きこそしなかったが  泣きやむ様にするには  泣きに泣けた  泣きもして居た  泣きになって叫んでみた  泣きに来る  泣きにはなりましたけれど  泣きもしていなかった  泣きに泣き狂った  泣きしずむ群臣の背にお目をとじて  泣きを入れると  泣き狂うお豊を無理に引き摺って  泣きを入れて  泣きを見せるな  泣きしも今は昔なり西瓜畑西瓜畑さお月さま出てるそろり  泣きのせきをやぶって泣かれたが  泣きなんぞしませんわ  泣きさせた  泣きになつてしまひましたが  泣きはしないけれども  泣きは致しませぬ  泣きらしいことは声で判った  泣きの顔を向けると  泣きの顔になり  泣きの顔になった  泣きもし笑ひもする  泣きの声を振り絞った  泣きやむよりほかに浸水を救う  泣きもしなければ  泣きをしてしまふ  泣きの聲ひく  泣きになっている  泣きになるでしょうが  泣きに来た  泣きでもしたかの  泣きやむことができずに  泣きもしまいが  泣きを見せられていた  泣きの涙で雲がくれあそばした  泣きをしていた  泣きの涙で暮らしているんで  泣ききざむお駒のむせび  泣きも得せずに  泣きもし得ないで  泣きや済むかも知れないが  泣きはぢめてゐた  泣きはいたしません  泣きに泣き続けてゐた  泣きの涙の三りんぼう扱いにされている  泣き止みになる  泣きやむ事もある  泣きもしなかつたと  泣き止みあそばして  泣きもしないで  泣きを立てた  泣きもしたろう  泣き洩る声を無理に制せる  泣きを押えようと努める喰いしばった  泣きが起った  泣きもしないでふるえてばっかりいる  泣きに泣くばかりであった  泣きもしたが  泣きなどもした  泣きになると  泣きなどはしなかった  泣きになりながら  泣きといっしょに過去の追憶が多くなって取り乱す  泣きになりますから  泣きも笑いもされる  泣きがとめられない  泣きも笑ひもしません  泣きをいたしました  泣きをする  泣きも笑いもして  泣きに泣いていた  泣きになったので  泣きもして  泣きも笑いもする  泣きに生れて来た  泣きも笑いもしながら  泣きやむことができぬ  泣きになりましたよ  泣きもしませんでした  泣きもしなかったので  泣きに行く  泣きの形式をとって現われる  泣きも笑いもしない  泣きの顔で歯をくいしばっている  泣きに泣け  泣きもしたし  泣きに耳をそばだてる  泣きの涙でもよい進んでゆけ  泣きの顔になると  泣きの顔で微笑しながら  泣きのような笑い声を立てた  泣きの顔でうなずいたが  泣きの表情をうかべている  泣き悶えともなる  泣きを入れて帰って来た  泣きはしない  泣きをと父親の事は忘れて  泣きを見するは  泣きあるいは両手に汗を握り  泣きにならなかったし  泣きで止めても  泣きの間を縫ふて  泣きになってよ  泣き止むと一所にビックリしまして  泣きに行つてきた  泣きとほすのに  泣きの涙で現像してみると  泣きは致しません  泣きの涙でいる  泣きの涙で尋ねたが  泣きの涙のまま永病いの床に就いてしまった  泣きもやまず  泣きねいりばっかりしているから  泣きはしないよ  泣きが出来ただけでした  泣きの涙でうまく勤めている  泣きの声を出しながら  泣きもなさらないで  泣きも叫びもしない  泣きも笑いもせず  泣き狂う声さえ聞こえないではないか  泣きもしようし  泣きはしないだろうか  泣きを始めて居た  泣きさえした  泣きもせん  泣きに泣きだした  泣き鎮まるのを待つに  泣きやむ多くの場合がある  泣きになるばかりで  泣きがあった  泣きをして居た  泣きはせぬ  泣きはしなかったかい  泣きの声がもれ  泣きもしなかつた  泣きに泣いて居りますんで  泣きの声をしぼって  泣き悲しむ院長の息子の幻を透かして  泣きを入れてやっとの  泣きの涙の人々を慰めてあげる  泣きの涙の人々も彼に寄り添う  泣きの涙の遺族の前でオナラをたれて  泣きに嗚咽する  泣きごえらしいものが出し抜けにした  泣きなどしながら  泣きを沈めた  泣きねいりの習慣の克服のために書きます  泣き遊ばしてはわかりませぬ  泣きが聞える  泣きにしは  泣きも疲れて  泣きに行つて色々といたはられ  泣きの涙で日を暮らしている  泣きの涙で暮して  泣きと悲しい囁きに満たされて居た  泣き止みはしたけれ  泣きはしまいが  泣きに醒されて  泣きやむようなものであったのかも知れない  泣きの涙で別れ  泣きを泣く  泣きに泣き叫ぶ  泣きのやうに澄み  泣きの一手で名をあげた  泣きもしよう  泣きごゑが聞える  泣きに泣き伏して  泣きになったが  泣きの顔に弱々しい微笑をうかべて  泣きの涙で採集される  泣きを次第に激しく昂ぶらせた  泣き喚きに変らうとするので  泣きこそ泣きけれ  

~ 泣き[名詞]1
貰ひ泣きを  恋人と泣きしも  すゝり泣きに  子供の泣き  声を立ててひた泣きに  ような啜泣きを  唏り泣きとも  彼女の泣き  すゝり泣きを  三十女などの泣き  顔を伏せて泣きは  彼は泣きも  堯は泣きも  涙を流して泣き  溜息と咽び泣きの  部屋へ泣きに  嫂の泣き  佐野へ泣きに  かすかに啜泣き  私の泣き  すゝり泣きが  一呉羽嬢は泣きも  すゝり泣きの  とんでもない泣きを  呉媽はひた泣きに  ようには泣きも  慕ひて泣きも  ほうも泣きの  んだを踏んで泣き  劇しく泣き  子供に泣きを  自分の噎び泣きさえ  江戸見物に出るにも泣きの  微かな啜泣きの  急に啜泣きを  事が見えなくなったかって泣きや  ヒーヒーと泣き  声を立てて泣き  動きもしなければ泣きも  沍て泣き  おっさんまで泣きと  欣し泣きに  ままドキンとして泣き  恐怖で泣きも  他人の泣きを  彼はあきらめて泣き  親元は泣きの  私は泣きは  身悶えして泣き  顔をうずめて泣き  膓もみ切るほど泣きに  そうに咽び泣きなどを  これらが駈けつけて泣きの  何かしらあたりの泣き  新は泣きも  情を張りまして泣き  人間が泣きを  局廉子だけは泣きも  青年は泣きは  泣きに泣きも  為に泣きの  夫も泣きの  ように泣いては泣き  彼女は泣きこそ  墓へ泣きに  暴れ方でもだえ泣きに  いろいろに泣きを  方へも泣きを  方へは泣きを  親に泣きを  納戸に走り込んで泣き  嬰児のむつかる如く泣きに  先づ人々と共に泣きも  結局政府が泣きを  笑ひ泣きを  亭へ泣きに  彼は泣きに  ものは泣きでも  まぶたもはれあがるほど泣きに  彼女は泣き  お姫さまたちが泣きの  顔をすりよせて泣き  しょんぼりと泣きも  そつちは泣きや  劇しく泣きは  君の啜泣きの  悔やし泣きに  どこへ行っても泣きの  急に咽び泣きを  彼女なら泣きも  娘が泣きを  ワツと泣き  お花は泣きも  咲の啜泣きが  咲の啜泣きに  源氏は泣きなども  時にも泣きなどは  者は酔い泣きと  宮も酔い泣きが  ものか泣きも  頭をのせ咽び泣きを  年のゆくにしたがって酔い泣きを  逃げも泣きも  妾は泣きに  ロイドは泣きの  尼夫人は泣き  私は呆れて泣きも  気絶もせず泣きも  ために泣きに  笑いと泣きの  斷末魔の啜泣きに  泣顏あらはに進んでゆけ泣きの  子の泣き  位で泣きは  母が泣きをと  やうに泣きは  声で泣きは  豚吉は泣き  奴どこまで泣きに  聲で泣きと  一所に泣きの  ものかと泣きの  人は泣きも  なにをされたって泣き  誰も泣きは  顔を投げて泣き  エジス夫人が泣きの  驚きも泣きも  芳子は泣きも  地団駄を踏んで泣き  海鳥の泣き  トリコニーが泣きは  子供は泣きさえ  膝に心ゆくばかり泣きも  諸声たてて泣き  無限の啜泣きが  一時間程ひた泣きに  母さんは泣きは  運命に泣きも  汗をかいて泣き  何かに悶えて泣き  場合は泣きの  ホトケも泣きの  身でありながら泣きの  猫の泣き  死体に取り縋って泣きは  ため作家の泣き  唇ふれて泣きに  われは泣きに  吾輩の泣きの  テル子様は泣きの  手放しの啜り泣きを  家中は啜泣きと  母に抱かれて泣き  母のしのび泣きに  妻の咽び泣き  私としては泣きの  一夜船を見ながら泣き  赤児の泣き  午前は泣き  武丸はひれ伏して泣きに  身をもだえて泣き  つて偶には泣きも  ふしぎな泣き  やうな啜り泣きを  アパートへ泣きに  完全な泣き  笑いもせず泣きも  妹にこひ泣きこそ  枯山なす泣き  大川端に泣きに  川端に泣きに  

~ 泣き[名詞]2
こんな泣き  口惜し泣き  その泣き  あんまり泣き  もとより泣き  もう泣き  しくしく泣き  なんとなく泣き  まるで泣き  どれほど泣き  ようやく泣き  きっと泣き  やがて泣き  又泣き  わあわあ泣き  おたがいに泣き  よよと泣き  あの泣き  旨く泣き  別段泣き  はっきり泣き  少し泣き  つと泣き  どんな泣き  ともに泣き  無く泣き  

複合名詞
泣き様  泣き入り  玉琴泣き  綴泣き  泣き言ふた  泣き出し  食つて泣き山  くり泣き  泣き方  泣きゃあがるとぶち  泣きじょうご  びとはその泣き振り  言つて泣き  泣き狂  泣き乍ら  泣き狂い  きり泣き  泣きみそ  泣きかた  泣き仆  泣き節  泣き海亀  走り泣き  泣きほくろ  泣き加納  泣き杖  泣きむし  つて泣き度  上戸泣き上戸三幅対  泣き男  泣きべそ  狂い泣き  泣き室  一人づゝ泣き  ススリ泣き  だい泣きイ  泣きくどき  びとはその泣きぶり  泣き振り  泣き笑  泣き事  泣き真似  程泣き  叫び泣き  泣き聲  鼠泣き  朝夕泣き  無念泣き  一人七八日泣き  泣きッ面  泣き貌  泣き上戸  クンクン泣き  泣き音  泣き乍ら物  酔ひ泣き  咽泣き  泣きゃいたしませぬ  欷歔泣き  泣き度い  泣きべそみたい  泣きまね  泣き上戸伝六  泣き度  泣き乍ら寐入つたの  其時泣き死  間泣き放題  号び泣き  泣き錆  喜び泣き  酔い泣き  嘘泣き  間泣き  泣き悲しみむだ  泣きベソ  泣き暮らし  泣きほろ  泣き工合  うそ泣き  祈り泣き歌  つて泣き  仕事泣き  揃つて泣き  怒り泣き  おいら泣き死  泣きジャクリ  泣きくず  震え泣き  泣き中気  言つて嘘泣き  図泣き歇ん  泣き蟲  つて泣きべそ  泣き合せ  泣き給  泣き手紙  泣きたる  泣き歇むの  泣き騷ぐも構はず  泣き逆  一夜中酔泣き  子供泣き  



前後の言葉をピックアップ
ナギ  泣きぬれ  無き  泣き叫び  なき  鳴き  なきあかし  泣き明かし  なきあかす  泣き明かす


動詞をランダムでピックアップ
争いさらせるととのえ薄らぐ引離すあったまっ頼みこみ問お泊まれまきつい吹きかけぬぐい去ら下げ渡し待ちかすめる死ね読み直し聞きだし裂こ生まれ変わっ
形容詞をランダムでピックアップ
えがたき香ばしきはなばなしいよそよそしまぶしけれ怪しゅうくくむごたらしいしたしく手強かっ無かっゆかしい遅くっか細く恥ずかしするど物珍しい不味かっこけれ耳新しい