「ひれふし」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ ひれふし[動詞]
舞ひを納めてひれふし  地にひれふし  そのまま大地にひれふし  さもあらばあれ、ひれふし  雪にひれふし  前にひれふし  上へひれふし  足許にひれふし  地面にひれふし  上にひれふし  中にひれふし  足下にひれふし  彼はガバとひれふし  両手をついてひれふし  下にひれふし  肩かけつつひれふし  礼拝し、ひれふし  権右衛門夫婦がひれふし  そこにひれふし  元にひれふし  



前後の言葉をピックアップ
ヒレキ  披瀝  卑劣  鄙劣  ひれふさ  平伏し  ひれふす  平伏す  ひれふせ  悲恋


動詞をランダムでピックアップ
扱えるめでわけれもどれよ聞き付ける吹こ嗅ぎつけよ衝い怯み呷ら倦むとりださみてとれる飛かかっ喘ぐ憂う迷い込む明け渡せ聞き惚れよ問いあわせ
形容詞をランダムでピックアップ
小賢しく荒く物ものしいあつしていたく著しから好ましく幼かっ長うどろくさい生なましく気強い手がるたけだけしくつまんなくさびしゅう暑苦しいはれがましほど近き血腥