「休」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
名詞

[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
休に先生から郷里へ帰省中の自分によこされた  休なく降り続けていた  休も疲労切っていた  休もせず歩いて  休になる  休の日に家に居ず  休の札出したれば  休も調べられたの  休になっていらっしゃいまし  休に成ってからは  休息んでいる  休してしまう  休まして貰うぜ  休まして貰うから  休ちし秘密の方を破らんと欲す  休にでも行けば  休ましておくれ  休ひ打眺むれば  休になって  休でいた  休までは叶わじと  休になりました  休なく水嵩や高くまさるともよひ  休と云ってくれた  休のうちに子供らは出かけます  休の中頃になろう  休なく湧き出で  休に毎日毎日四角なすじのある  休なさいと云って  休を利用しようとした  

~ 休[名詞]1
心も休も  翌日が休  うち開と休と  湯屋に行きしが休の  岩に腰かけて休  小学校も休に  崖縁で休  万事は休  勝手に休  糧を休  冬の休にでも  床几に休  学校の休に  店に休で  能く休までは  冬の休に  春の休も  春の休が  萬事は休  学校の休の  万事が休  この間の休に  武承休は  復活祭の休を  

~ 休[名詞]2
暑休  長い休  

複合名詞
休怪荒村  休ひも  休泊所  意休即  意休  休徴  休所  休茶屋  休泊処  休むにいゝ二階建  休活  休課  休穆  孔休  此利休  ニ休マン  張休  休門  ハ單ナル休戰條  烟草休  滝沢休右衛門  休右衛門  休院  入道休無  二月中當分休  昔十分休毎  休安  練兵休  休歇  休中  休けい時間  万事休矣  休ンデクダサイ  休坂  西川正休  冬休  吾事休矣いくら  吾事休矣  休処  余天休  休ら  三休橋  三休橋宛  三休  休會  一休  二人三人休席  休席  休糧秘密方  通りお昼休  休ンゼンガ為  休メ  休兵  村上珍休氏  村上珍休氏等  アントニヨ休意  休戰  休そく  休亭  裾休レ曳此蕭森  万事ハ休ス  有江休意  部将有江休意  休意  万事休  立休ろう  休道詩人  青木休七郎氏  休七郎氏宅  青木休七郎  万事休焉  了休禅坊  了休  了休禅坊同道相  何休  みんな休時間  冬期休課  夏期休課  休坂下  休學  休労  二時バカリ休ン  休マルガ肝要ダカラ  休戰後滿洲  西村清休居士  清休  家先清休君  清休君一人公  里村元祖昌休  成つて休まつ  休居候  東海純一休  春休  司馬休  休むまもありゃしない  応記韓寿恩休  休光  休ケイ時間要求  休ケイ時間  天王寺屋宗休  昼休  代り冬休  新年休  暑中休  日曜休  丁度立休ら  心休  岩室重休等  休ろう  何休公羊傳註  休むにもよかつたのだ  裸休  休車  孫休  万事休時一息回  人間一休  いふ一休  デモゴグ休  ゴグ休  乍レ憚御休意  当分休塾  休斎  休むときああしたくなりますね  間小休  休むることをうべし  草臥休  休ふところ  神休ら  休ミナク相手  試験休  浄休院  



前後の言葉をピックアップ
休も  九石      窮まり  窮まら  求愛  旧悪  球一  久一郎


動詞をランダムでピックアップ
とろかしおぶさ吹飛ばそかするさしひくおぎなわ遣りこなす垣間見演じ跳ねるふむ引っかかり打ちのめそふりかけ取りつくろわうちくだく呼び寄せれ忌んそめろ読み耽
形容詞をランダムでピックアップ
痛々しくものすご眠たく心細物すさまじき美味古し白くひくく軽く儚く空しく汚く生あたたかい野暮ったきよう白けれ大人しかっ弛くっ堅苦しく