「ほし」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ ほし[動詞]
朝からふりとほし  餅がほし  銃執りなほし  安楽をほし  扇子を持ちなほし  トゲをとほし  霞をとほし  らせん事いとほし  博士自らていねいに包みなほし  眼をとほし  空想をほし  巴山はとほし  踵をとほし  調子をなほし  枝に渡して、ほし  いもやをとほし  手をとほし  天日にほし  事は聞きほじ  戦争の見とほし  氣嫌をなほし  菜種がらの、ほし  麦をほし  夜どほし  顔をなほし  七十幾日隠れとほし  盃をほし  そのまま全部一度に呑みほし  四升呑みほし  気持から、がぶがぶ呑んで、呑みほし  むざんなる哉かばかりのもよほし  パンティーがほし  皮膚をとほし  竹竿にほし  火鉢を掻きほじ  乱杭歯が現はれどほし  姿勢を持ちなほし  みんなは呑みほし  坐りとほし  花をほし  パピロスをほし  ウイスキイをグッとほし  炬火きどりで生きとほし  名をほし  傾斜をほし  身構へをたてなほし  ナマコをほし  腕にとほし  掠奪をほし  耳などをほじ  木の葉をとほし  壁をとほし  殺到して、グイグイ呑みほし  気をとりなほし  展望をほし  洋風まがひに造りなほし  ことをとほし  ばった弁膜をとほし  坪内先生から魚のほし  まり天日にほし  彼は憎みとほし  竹籔をとほし  真面目なかほし  もう一度婚礼をやりなほし  衣裳をせっせとほし  馳けとほし  幾時間も駈けとほし  簾をとほし  病気をなほし  化粧をしなほし  感覚をとほし  私利私慾をほし  鼻くそをほじ  外とうをつきとほし  毛布をなほし  一息にほし  布をほし  グラスをほし  手をかけてなほし  私には、どう考へなほし  ほんとにほし  婦人問題をとほし  部曲を置かずにとほし  代へて読みなほし  一斗瓶底近くまで呑みほし  方を押しとほし  甲羅をほし  乳をほし  疊をほし  夜をとほし  びしよぬれの衣服をほし  ぴて夜とほし  から、だまってごくごく呑みほし  棹を取りなほし  無理をとほし  嘔気をもよほし  尿意をもよほし  気を替へしほしほし  門をとほし  ほんとうに四季をとほし  欄干にほし  兵隊服をとほし  さで、呑みほし  コップをとりあげ、おちついて呑みほし  腕をとほし  コツプをとりあげ、おちついて呑みほし  庭いっぱいにほし  顔をほし  ところにほし  鑵をとほし  蓑をほし  糸をとほし  保守一点ばりでとほし  の子供をほし  青田ふきとほし  慾望をほし  酒をグッとほし  いものを見なほし  金網のやぶれをなほし  何度か詠みなほし  母をとほし  耐へとほし  秀子をもほし  のはほし  欠点をなほし  つても、つきとほし  すきとほし  ネクタイピンにほし  水を汲みほし  斗酒をほし  此処にほし  あすこへほし  杯を、すぐほし  機嫌をなほし  火をなほし  軒下にほし  絲目をなほし  夜昼ぶつとほし  ために喘ぎとほし  かずの子のほし  張りとほし  長崎繪圖をとほし  長崎通詞らをとほし  半面だけで生きとほし  通詞をとほし  小用をもよほし  はじめからやりなほし  ここらしほじ  せんたくものをほし  引たほし  水をほし  上で、かふらをほし  甘酒を呑みほし  ぐつと甘酒を呑みほし  曙覧をとほし  通訳をとほし  わかめがほし  どこまでもかくしとほし  包子をほし  瞳をとほし  曇硝子をとほし  ことはない、などとひとり考へなほし  頑強に避けとほし  網をほし  足駄をならべて、ほし  一つ俳句になほし  ままを考へなほし  松をとほし  領域を護りとほし  ぶつとほし  筋をとほし  葉鶏頭をほし  自分一人であらかた呑みほし  觴を呑みほし  程呑みほし  酒を呑みほし  水をぐっと呑みほし  夏フトンをほし  もう一度並べなほし  かめなほし  半分呑みほし  襟首を掴みなほし  磨硝子をとほし  宿命をつくりなほし  己れを縛りとほし  杯をほし  女は呑みほし  歸つて追憶をほし  雪をとほし  編目をとほし  苦難に堪へとほし  氣を取り直ほし  腹をほし  窓をとほし  居住ひをなほし  ものごころのもよほし  氷砂糖をほし  淺間山をしみじみと見なほし  哀憐のもよほし  火鉢をほし  玄関から居間へひき返しかけたが、ふと考へなほし  物をほし  形をなほし  上に並べなほし  書物をとほし  きものをなほし  膝を組みなほし  路を歩きとほし  何年間押されとほし  自明であり、思ひなほし  砂糖をほし  万年筆をほし  それを見なほし  つて、あわてて居ずまゐをなほし  お前をほし  もう一度読みなほし  帯をなほし  服装をなほし  吹雪をとほし  窕子は猶ほじ  紐をとほし  姿をとほし  気を取りなほし  官員がほし  ぐつすり眠りとほし  一匹いくらするか、またほし  四方から犬をほし  誤りをなほし  ひらがなになほし  電報を打ちとほし  目をとほし  ステツキにとほし  食物をほし  海をほし  燗をしなほし  風をとほし  襟をなほし  帯をむすびなほし  着物をまた着なほし  髮をなほし  から二人だけでやりとほし  一続きに置きなほし  硝子をとほし  仕事にかかるまえに、ひろげて、ほし  日にほし  上に、ほし  下駄を履きなほし  外から見とほし  方へゐなほし  頭を下げどほし  證をほし  艪を取りなほし  だんなもほし  耳でほし  右門はずばりとほし  顔を見なほし  それを呑みほし  風とほし  紅茶をぐっと呑みほし  身仕舞をなほし  なんべんやりなほし  突きとほし  木などおほし  みやこはとほし  あいだにせっせとあらって、しぼって、ほし  競技会をもよほし  魂をほし  写象をとほし  かたちをなほし  風が始終に吹きとほし  袷をとほし  扉をとほし  手拭がほし  布団もほし  末々まで見とほし  まきをほし  堀留界隈を、訊きほじ  惠比須がほし  二人でとうとう呑みほし  著かへなほし  簔をほし  純情を押しとほし  弥陀の御もよほし  暴虐をほし  今日一日と降りとほし  豪雨は降りとほし  顔を塗りなほし  電燈を見なほし  仕方があるまいと思ひなほし  人をとほし  嘔吐気さへもよほし  どんどんなほし  諷刺をほし  もう一度やりなほし  一日眠りとほし  ことを喋りとほし  もう一度聞きなほし  布をとほし  からガラス戸をとほし  萬年筆をほし  二三度手をとほし  滋味をとほし  秀吉をとほし  未來をとほし  新聞雜誌をとほし  觀察をほし  

形容詞

~ ほし[形容詞]
ものほし  いとほし  一雨ほし  物ほし  猫ほし  ぐるほし  なおもほし  相手ほし  うんとほし  からほし  何よりほし  ほしほし  雨傘ほし  提灯ほし  大概ほし  沢山ほし  霑ほし  狂ほし  穴ほし  のものほし  唐黍ほし  いかにもほし  もっとほし  猶ほし  更にほし  すぐほし  水ほし  あまねくほし  松原ほし  ことにほし  催ほし  長くほし  かねてほし  てっきりほし  とうとうほし  命ほし  人ほし  外ほし  きもとほし  聲露ほし  襁褓ほし  いさほし  そんなふうにほし  合羽ほし  円ほし  よそほし  しきりにほし  つめたいほし  さまほし  こほし  揃いほし  ほんとにほし  糸ほし  ずいとほし  狃ほし  皮ほし  もとほし  ほとほし  潤ほし  涙ほし  海原ほし  花ほし  

~ ほし[形容詞]
夜どほし  銭をほし  四五円はほし  ものがほし  男の子はほし  言葉をほし  源吾のほし  氷をほし  娘のほし  霧がぽし  なにかをほし  水をほし  娘さんがほし  心配かけどほし  技術者をほし  何かほし  命をほし  饒舌などほし  馬をほし  ハ古道具やなどほし  皆うちとほし  ものをほし  君をほし  盆をほし  欠伸もよほし  子供ばかりほし  子供のほし  それをほし  のをほし  子供がほし  薬をほし  金をほし  乳をほし  脳をほし  程とほし  六部はほし  首をほし  子どものほし  さ夜どほし  着物などほし  負けどほし  児達もほし  一人でもほし  照りとほし  星をほし  非常にほし  ようにほし  抱妓をほし  亀の子をほし  子をほし  海員をほし  アルコールをほし  人がほし  子供をほし  やめとほし  銭ばかりほし  手簡雨がぽし  一ばんお金をほし  あれほどほし  みんなはほし  嘔氣をもよほし  北南吹とほし  相手をほし  尊重とをほし  お金もほし  だいたいのほし  今度のほし  人さらいのほし  たいせつなほし  友情をほし  客間をほし  辛苦をほし  のがほし  皆何かがほし  松明をほし  女にほし  相手がほし  指環をほし  幾人でもほし  妻をほし  青草原をほし  てゐてほし  お金をほし  嫁にほし  官たちをほし  人のほし  そうにほし  女をほし  俺のほし  器物はほし  包子をほし  お菓子をほし  ほうはほし  はるのよはほし  四季押とほし  川口氏自身がほし  ぼんになほし  押へどほし  きばなんかほし  さかんにほし  迷惑のかけどほし  燃えなほし  日本着物をほし  閑山もほし  女の子をほし  駒井さんをほし  処がほし  愛をほし  俊ちゃんがほし  気休めがほし  がいとほし  知己がほし  自分たちがほし  みんなお銭をほし  優しい言葉をほし  わたくしのほし  

ほし[形容詞]
ほしで働  ほしがるの  ほしもの  ほしそう  ほしうて耐  ほしほと  ほしげ  ほしや後  ほしがるもの  ほし窓  ほし上  ほしけり  ほしけれど箱庭  ほしの曲  ほしの君  ほし大君  ほしやのところ  ほしがる雪  ほしがっていること  ほしてんと  ほしがっていんの  ほし葡萄  ほし棗  ほしてやつ  ほしがつて  ほし見の出来る千里  ほしやと思ふ時  ほし碁  ほしがっているよう  ほしもち  ほしいね  ほしとのたま  ほしがっている時期  ほしがる敵  ほしになつ  ぽしゃぽしゃ  ほしいま  ほしがり申  ほしそこ  ほしかげ  ほしの  ほしがっているん  ほしがるん  ほしがっているうち  ほしさかな  ほしがりそう  ほしがってわめいているの  ほし応接間  ほしがると自分  ほしがる時分  ほしたか  ほし場  ほしがるくだもの  ほしがるという千代  ほし犬  ほしかけて女  ほし気  ほしさ  ほしん  ほしの屏風  ほしがる素振り  ほしがります  ほしきり  ほしてゐ  ほしがらなかった  ほし雪どけ  ほしの施術  ほしは御免  ほして来いつて  ほし齋  ほしがっているくせ  ほし草  ほしの翁  ほしがると何  ほしと眼  ほしがるほどの女  ほし浴  ほし温泉  ほしブドウ  ほしぶどう  ほしがること  ほしがって死にそう  ほしがる奴  ほしながらだんだん  ほしがる者  ぽしやしたり黝  ほし銀河  ほし杳  ほしの蛙  ほし殺し  ほし言うの  ほしがるがぼく  ほしたたる神経  ほしたたる拳  ほし二  ほしの風  ほしを指せというの  ほし菜  ほしのもの  ほしがってはい  ほし鬱々  ほしが下手人  ほしはなん  ほしかずの子  ほしをぶちこわしてしま  ほしどおり  ほしの居  ほしが見当  ほしちげ  ほしなのかい  ほしだほ  ほしゃあばたのやつの  ほしの野郎  ほし身の上  ほしがっていると君  ほしたる  ほしがってる愛情  ほし明け  ほしおの  ほして松島  ほしがる家  ほして行くの  ほしがっている話  ほしやと母  ほしやひと  ほしわたし  ほしと唄  ほしよろこはし  ほしの意  ほしかり醉  ほしてゐる朝  ほしたま  ほしがる亡者  ほしがっているもの  ほしむる  ほしあかり  ほしぞら  ほしがっていると思って咒  ほし馬賊  ほし歩くこと  ほしがる人  ほしながら二  ほしがっている紙  ほしがっているの  ほし竿  ほし油  ほしや縁  ほし肉  ほし咳  ほし上衣  ほしと言  ほしがって溜息  ほしむ  ほしにの  ほしのわき  ほして答  ほし部屋  ほしがり候  ほしがる子供  ほしがるから  ほし成りて南陽  ほしの術  ほし燃やす火  ほし歌  ほし風  ほし矢  ほしといへど大凡  ほし木曾  ほし咳き入れば苦  ほし雨蛙  ほし枇杷  ほしがる訳本  ぽしやと音  ほしの花  ほしと唱  



前後の言葉をピックアップ
欲し  欲し  保志  干し  ホジ  ほし  星上山  保し  星祭り  欲しから


動詞をランダムでピックアップ
駆け寄る舞いあがり申しかねふきこんひょうしょはいずっかもし出す寝ころばわたら見合せろもらえる打倒さあれよ拭き込み居坐ら手放す謀ろまきつい骨折る
形容詞をランダムでピックアップ
気味が悪かっせわしなめざといなつかしい面白う脆くなまぐさし気近し甚だしかっ恋しくっ薄暗わる真白くこわするどし辛から気安いやむなく喜ばし耳新しい