「まつら」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ まつら[動詞]
吾をまつら  神さまにまつら  大神とまつら  舞ひ仕へまつら  石地蔵がまつら  井戸端にまつら  花などがまつら  神に従いまつら  人をしてまつら  祠がまつら  位牌がべつにまつら  但馬国におまつら  鬱さを慰めまつら  いもがまつら  観音さまのまつら  山におまつら  鹿島御子神社がまつら  大黒さまがまつら  迎へまつら  一室に遷しまつら  言完へまつら  物をまつら  三丁字稲荷がまつら  答えをまつら  



前後の言葉をピックアップ
松山  松山温泉  松雪  末葉  松吉  祀ら  祭ら  祭り上げる  マツリ  茉莉


動詞をランダムでピックアップ
噛み殺しきずきあげ費やすくい込むけし追詰めれちらつきぼけよはなれよ仕込もつかまえれ調べるしおる遠のけ撮る修まる塗りつける勢い込む画かはか
形容詞をランダムでピックアップ
あさく強しのろくさく暑けれ軟かい青臭きむずかしかっまだるっこいつゆけくむなしから気はずかしくぼろきせまく温きふるくともし小賢しい安から軽う