「囁い」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 囁い[動詞]
そつと囁い  傍で囁い  顔して囁い  僕に囁い  耳許で囁い  耳もとへよってきて囁い  何か囁い  耳もとへ囁い  剣がいつも囁い  何時も囁い  泣き声をかみしめながら囁い  両手を握りあわせて囁い  耳に囁い  何かを囁い  愛を囁い  耳へそっと囁い  女に擦り寄って囁い  露骨に出して囁い  一緒に寝ながら囁い  滅亡を囁い  良心が囁い  将監へ囁い  卿に囁い  聲で囁い  女はひそひそと囁い  ところで囁い  彼に囁い  底から驚嘆して囁い  横顔に囁い  ジェーンは囁い  顔を寄せて囁い  豹一に囁い  さを囁い  気に囁い  上へ落し、何やら囁い  声で囁い  九郎右衛門殿と囁い  乍ら、暫く囁い  窃っと囁い  私に囁い  辛辣に囁い  宏子に囁い  力を込めて囁い  ことを囁い  彼女に囁い  誰かが囁い  女に囁い  小声で囁い  調子で、囁い  神の子ヤソが囁い  口吻で囁い  イレエネに囁い  顔に見せて囁い  裾を引き留めて囁い  何時までも囁い  何事かを囁い  必死のいきおいで、囁い  口をあてて、囁い  口をあててなにかしきりに囁い  三位卿に囁い  秘密事があると囁い  コラムは深く畏れて囁い  今、囁い  渠も囁い  やうに囁い  サエに囁い  口をつけると囁い  レザールにそっと囁い  苦力は囁い  苦力はまたも囁い  時、またも、囁い  口早に囁い  庭師が囁い  民弥へ囁い  香炉と囁い  隣へ囁い  女房とボソボソ囁い  窓から雪洞を翳して乗り出しながら囁い  堀口に囁い  助に囁い  茂七に囁い  げに囁い  少年が囁い  下女が囁い  声でぶつぶつ囁い  千浪へ囁い  口を持っていって囁い  直ちに助手に囁い  わしへ囁い  鼻歌をうたったり囁い  大学は囁い  鉄之進へ囁い  検事に囁い  偽りを囁い  法水に囁い  下波にこう囁い  口を寄せて囁い  卑弥呼に囁い  手をあてて囁い  部屋毎に囁い  Oh!dearGrandpa!と囁い  からんで囁い  僕へ囁い  ように、こう囁い  彼がこう囁い  独り言を囁い  ように囁い  ロマーシは囁い  彼等は囁い  後者が囁い  もっと近くで囁い  問を囁い  彼等に向って囁い  蔡瑁はこう囁い  蔡夫人が、ふと寄り添って囁い  口疾に囁い  彼女はそう囁い  私を見ながら、そう囁い  口をつけて囁い  部下にそっと囁い  笑ひを浮べながら囁い  うちに囁い  ソフィヤがまた囁い  望月に囁い  少年ボーイに囁い  ことを、なにか囁い  魂と相囁い  声を低くして囁い  甚右衛門は囁い  良人に囁い  ようにして囁い  調子で囁い  口眞似して囁い  連れに囁い  声で、なにかボソボソ囁い  眼に、なにか囁い  プールが囁い  何ごとかぼそぼ囁い  太宰ぼけたな、と囁い  秘密らしく囁い  方へ振向いて囁い  から、待ってて下さいと囁い  様子で囁い  女房とひそひそと囁い  洋杖が、なにか囁い  余念なげにそう囁い  性格を囁い  さし寄せて、囁い  珠子に囁い  あいだから囁い  唇をつけて囁い  熱心に囁い  心で囁い  彼は囁い  早口で囁い  男が囁い  身の上を囁い  心は囁い  ことに囁い  簡短に囁い  母に囁い  名前を囁い  シュザンヌが囁い  口をつけて囁くと、囁い  方を教えながら囁い  頬笑んで囁い  ところに寄せて囁い  何事をか囁い  彼女が囁い  舞子は囁い  舞子はそう囁い  裕美子は囁い  柳秋雲になにか囁い  お久に囁い  ように又囁い  熊に囁い  言葉を囁い  何ごとをか囁い  聲顫はせて囁い  耳元に囁い  島村に囁い  蔦子が何やら囁い  米屋、と囁い  石子刑事は囁い  渡辺刑事が囁い  彼女は囁い  それに囁い  ソッと囁い  大江山課長に囁い  者はこう囁い  中の人影と囁い  事を囁い  自分に囁い  出会い頭に囁い  行く先を囁い  眼を光らせて囁い  助手に囁い  口を寄せて、なんだか囁い  リラ氏に囁い  誰れかが囁い  聲をひそめながら囁い  聲に囁い  慶娘が囁い  村田は低く囁い  周平は低く囁い  者に囁い  息もつかずに囁い  頭を寄せてコソコソ囁い  何かひそひそと囁い  秘事を囁い  耳許へ囁い  勘次へ囁い  葬式彦が囁い  何事か囁い  肩越しに囁い  勘次が囁い  幸七へあわただしく囁い  篤子に囁い  耳へ事新しく囁い  千代重が囁い  当惑そうに囁い  なにごとかを囁い  耳もとへきて囁い  後藤に囁い  喉で囁い  村瀬に囁い  口をつけて、こう囁い  己は、そう囁い  歯を食いしばってまでも囁い  波は小さく囁い  どぎまぎしながら囁い  顫わせて囁い  早口に囁い  ひとり心に囁い  貴方がたに囁い  膝に甘えて囁い  一所へ立って、しばらく何やら囁い  陣十郎は囁い  耳元で囁い  肩をたたきながら囁い  底でさう囁い  聲を低めながら囁い  死ぬときに、そっと囁い  ようだが、と囁い  つてから囁い  定は囁い  そばへ囁い  己に囁い  彼が囁い  のか、囁い  江は囁い  駄夫に囁い  斯う囁い  幻燈を見に行こうと囁い  幻燈を見に行かうと囁い  からと囁い  顔で囁い  支那婦人を見付けて囁い  口をあてて囁い  伸縮しながら囁い  一滄になにか囁い  そっと金に囁い  船頭と囁い  小声で何やら囁い  何気なく大熊部隊長に囁い  そうに囁い  眼を見据えて囁い  千重子に囁い  腑に落ちないらしく、低く囁い  しげに囁い  婦人が囁い  陳は囁い  陳に囁い  木谷が囁い  耳にすりつけて囁い  復讐を囁い  そばで、囁い  蔭から囁い  世高に囁い  秀英に囁い  数字を囁い  色々ガニマールに囁い  高子は囁い  伊豆守へ囁い  世辞さへも囁い  友達へ囁い  中には囁い  彼はそっと囁い  相手に囁い  ようにしながら囁い  顔を合わせて、こう囁い  化学者が囁い  耳許に、囁い  リカが囁い  女をひきよせて囁い  瞳に凝らして囁い  約束を囁い  川村は囁い  光は囁い  後を向いて囁い  顔を寄せて又囁い  みよ子に囁い  春部に囁い  娘は何やら囁い  五郎蔵へ囁い  こっちを眺め、囁い  やうに高くなるかと思へば、又囁い  身肌に見るな見るなと囁い  横のものにそう囁い  舌を出したり、囁い  手を握って囁い  それを囁い  唇で囁い  呼び出し、暫く何やら囁い  順子が囁い  美枝子は囁い  情をこめて囁い  私は囁い  小声でそっと囁い  靴磨きに囁い  つて素子に囁い  女達に何やら囁い  肩を抱き、そして囁い  何を囁い  事も囁い  雛妓と囁い  交るに囁い  多吉に囁い  声が囁い  河野が囁い  籠めて囁い  何かヒソヒソと囁い  おれが囁い  口をよせて、ひそひそ囁い  南さんに囁い  ものを囁い  聞えよがしに囁い  がたを見て、囁い  策を、囁い  男に囁い  おれに囁い  いちど、と囁い  何事かをひそひそと囁い  唇でわずかに囁い  耳へ囁い  運命を囁い  しずかに囁い  うちで囁い  口々にこう囁い  首を伸べて囁い  なにかしら囁い  途切らして、ようよう、こう囁い  情熱がうれしい、と囁い  やうにして囁い  飛騨はひきとめて囁い  気配で囁い  婦人たちは囁い  半面が、こう囁い  何かぼそぼそと囁い  口を寄せ合って囁い  もっと道化てみろと、囁い  何か、囁い  中で囁い  中に囁い  死を囁い  名を囁い  戸川に囁い  何ごとか囁い  恁う囁い  雨村に囁い  部屋で囁い  耳もとで囁い  のだと囁い  英子は囁い  心に囁い  耳に、いくども囁い  跡取りになれと囁い  口調で囁い  袋探偵に囁い  恋を囁い  私は小さく囁い  波が囁い  気がしてと囁い  耳に何やら囁い  小声になって、囁い  耳へ、囁い  眼をして囁い  金はあるぞと、囁い  吉備彦は囁い  老人は囁い  のが囁い  和泉守が囁い  和泉守は囁い  一人へ囁い  顔を近寄せて囁い  耳に持ってきて囁い  耳元で烈しく、こう囁い  間へたくし込んで囁い  声で何やら囁い  老人へ囁い  簡單なのだ、と囁い  あとで囁い  口を当てて囁い  話を囁い  ユックリと囁い  



前後の言葉をピックアップ
笹本  笹森  ささや  篠屋  笹屋  囁やい  ささやい  ささやか  囁か  囁やか


動詞をランダムでピックアップ
呪え見下ろそたたい微睡み受け取らつらね調子づきなぐりとばし押し流しならべたて断ずれ住みつか見逃ししかりつけ捲き込む戻れよ書きなぐりむらだつ割り込む灯る
形容詞をランダムでピックアップ
おぼつかなくひらたき有難かろさくくてばしこく刺々しくほろ苦い鋭いつめたけれ怖く固き蒼かっとおかれ少なかっくかっ甘からくるしくっ穢い古くさ照れ臭い