「祭ら」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 祭ら[動詞]
やうに祭ら  ように祭ら  昊天上帝を祭ら  聖ニコラウスを祭ら  處に祭ら  鄭重に祭ら  靈が祭ら  天つ神を祭ら  神を祭ら  祠として祭ら  徒に祭ら  そこに祭ら  粥をもって祭ら  靖国に祭ら  国葬をもって厚く祭ら  葛女祠として祭ら  神になって祭ら  これを祭ら  薬師様として祭ら  家に祭ら  日を以て祭ら  ここに祭ら  立野に祭ら  河曲に祭ら  元来大和に祭ら  大和に祭ら  先代から仏を祭ら  酒を以て、祭ら  田から上つて山の神と祭ら  本尊が祭ら  三社権現と祭ら  十子堂をしつらえて祭ら  懇ろに祭ら  此神を祭ら  物臭太郎が祭ら  神に祭ら  神様に祭ら  うちに祭ら  観世音が祭ら  此神事に祭ら  毎に祭ら  神が祭ら  答えまた祭ら  神さまに祭ら  祭り多く福利を獲、もし祭ら  中に祭ら  意味に於ける祭ら  馬頭観音と祭ら  神棚に祭ら  のが祭ら  パンリマとして祭ら  神と祭ら  神名帳に祭ら  峠に祭ら  洞窟内に祭ら  死後岩木山に祭ら  時代からここに祭ら  神として祭ら  山王権現として祭ら  雛を祭ら  国土に祭ら  祠が祭ら  上に祭ら  仏に祭ら  特に神として祭ら  納谷家に祭ら  殿に祭ら  常世神を祭ら  村社として祭ら  貞観年間山陰諸国に祭ら  商家に祭ら  海人に祭ら  尾とを祭ら  のちのちまで長く祭ら  



前後の言葉をピックアップ
松雪  末葉  松吉  まつら  祀ら  祭り上げる  マツリ  茉莉  まつり  


動詞をランダムでピックアップ
亙り討取りぐらつき捜せる詠っ変らにぎわわ狩り出さばたつか食い切っ刺し通しはやさがぶる折りかさなっ見掛け即しためこま誘う類すれ育くみ
形容詞をランダムでピックアップ
白ううまき心許なし尊かっ均しきあたたかくつよけれ言うまでもなしにがく小ざかしきおおうさかしきねたましく明るかろ真白近けれめざましき辛抱強い白白しく