「はいら」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ はいら[動詞]
耳にもはいら  人のはいら  家庭にはいら  蹴球部へはいら  頭にはいら  劇団へは、はいら  池へはいら  耳にはいら  苦痛を感ぜずにはいら  手にもはいら  足がつかえてはいら  手にはいら  口にはいら  問題にはいら  礼讚せずにはいら  ひなぞはいら  はいつたのか、はいら  碌々耳にはいら  時に涙ぐまずにはいら  交際を思い出さずにはいら  ゼーンズフトを感ぜずにはいら  事情風物をも責めずにはいら  謙遜にならずにはいら  眸をめでずにはいら  尊敬せずにはいら  ものを描かずにはいら  神に祈らずにはいら  人々に送るいのりをせずにはいら  シュルドとして感ぜずにはいら  感傷的にならずにはいら  ものに思わずにはいら  相当しないとは思いながら、嬉しく思わずにはいら  責任を感じずにはいら  気にせずにはいら  感謝せずにはいら  小説を書かれてはどうかと思わずにはいら  目にはいら  海水のはいら  たびも考えなおさずにはいら  悲観せずにはいら  迷惑を感じずにはいら  眼にはいら  穴ボコへはいら  評判がはいら  中へはいら  昼間ベッドにはいら  足をふみ出さずにはいら  カレンは踊りつづけずにはいら  門にもまだはいら  人を思い出さずにはいら  事を考えずにはいら  坂本氏から支那風呂にはいら  勘定にはいら  ぼくにもはいら  名を聞いて、驚かずにはいら  クラリモンドを愛さずにはいら  奥へはいら  船室にはいら  家へはいら  燭台なんかはいら  眉を顰めずにはいら  目を覚まして、どんなにさびしがっているだろうかと思うと、泣かずにはいら  さを責めずにはいら  発奮せずにはいら  中にはいら  生憎目にははいら  問題ははいら  なかったから、いやいや歩かずにはいら  隙間風がはいら  耳へははいら  足が汗ばんでいるので、するりとはいら  ヤジのはいら  のを憐れまずにはいら  湯にもはいら  選にはいら  大学へはいら  いふ目で見てはいら  事実を思いかえさずにはいら  めを抱かずにはいら  市に見、哭くまいとしても、哭かずにはいら  ひびがはいら  あすこにはいら  病監にはいら  人をはいら  お願いしずにはいら  ために惜しまずにはいら  部類にはいら  手にははいら  心を、起さずにはいら  信濃にはいら  だんだん大きくなって、はいら  質問に、思わず笑わずにはいら  金がはいら  風呂にはいら  耳にも、しかし、はいら  泥棒にはいら  俥のはいら  かんしんしずにはいら  ことを、おもいうかべずにはいら  三四日湯にはいら  意外に思わずにはいら  のだと、考えずにはいら  胸を撫でずにはいら  私は考えずにはいら  感銘を受けずにはいら  恋を、面白く思わずにはいら  お湯にもはいら  一年生はまだはいら  実のはいら  控室へはいら  どこかへはいら  十分にはいら  分量、なかなかはいら  部類にははいら  ため息をせずにはいら  顔を、じっとながめずにはいら  皮なんぞはいら  物の数にもはいら  力がはいら  ねずみのはいら  仏道にはいら  から邪魔もはいら  店内へははいら  一文もはいら  方へはいら  うちに、はいら  新しい世界にでもはいら  なかにはいら  物がはいら  ねどこにははいら  はとこにはいら  物の数にはいら  者しかはいら  反抗せずにはいら  朝目を醒まして起きずにはいら  とこにはいら  ねどこにはいら  遊びごとやじょうだんごとには身のはいら  ねどこへはいら  いるか、はいら  一人ひとりねどこへはいら  気がはいら  通気竪坑にはいら  目にははいら  耳をくっつけずにはいら  おかしさを噛み殺さずにはいら  何しろ火がはいら  処には、はいら  のだろうかと考えずにはいら  まり身がはいら  とき慄えあがらずにはいら  原料がはいら  国主から邪魔がはいら  群集はやはり笑わずにはいら  ことを感ぜずにはいら  ことを信ぜずにはいら  話を思い出さずにはいら  私はまた考えずにはいら  ことを考え出さずにはいら  中へははいら  下男は、そう聞くとまた喜ばずにはいら  さには、驚かずにはいら  眼をみはらずにはいら  嘆声を発せずにはいら  眼を奪われずにはいら  尻ごまずにはいら  底から呻かずにはいら  苦笑せずにはいら  中などにはいら  罅すらもはいら  事日本にはいら  楽しみとせずにはいら  人達に対して憤りを感ぜずにはいら  挙動を訝しく思わずにはいら  スキーもはいら  部類にもはいら  恍れずにはいら  躊躇わずにはいら  中にははいら  仲間になんかはいら  方へははいら  娘さんをはいら  話によって思い出さずにはいら  頭もはいら  頭さえも、はいら  自分ながらよろこばずにはいら  日數にはいら  俺にはいら  厭だ、みせてはいら  微笑せずにはいら  舌をまかずにはいら  気のはいら  私はなつかしまずにはいら  言葉を喜ばずにはいら  内儀さんを憎いと思わずにはいら  気の毒と思わずにはいら  のを感じずにはいら  帷子もはいら  活劇もはいら  口へははいら  耳にははいら  家にはいら  頭を悩まさずにはいら  川へははいら  ことがあろうと思わずにはいら  耳へはいら  男を、責めずにはいら  それを押しのけて、はいら  僕は感ぜずにはいら  人目にもはいら  博士邸に、はいら  病院へはいら  屋敷にはいら  心持を喜ばずにはいら  挨拶なしにはいら  耳にはちっともはいら  からないながら、ほほえまずにはいら  ことだと思わずにはいら  予期せずにはいら  解脱したく、またすべきであると思わずにはいら  冒涜を感じずにはいら  ものだと思わずにはいら  眸にははいら  稽古にはいら  内へはいら  むかしから人のはいら  邪魔がはいら  江戸へはいら  半をはいら  隊へはいら  店へはいら  稿料がはいら  理解せずにはいら  悪人ではないと思わずにはいら  舌を捲かずにはいら  一瞥して思わずにはいら  ポケットにはいら  二人はあわれるだろうかと、悲しく思わずにはいら  身ぶるいせずにはいら  同情せずにはいら  相違ないと疑わずにはいら  想像せずにはいら  眼にははいら  何にもはいら  だれかやって来たのではいら  寝床にはいら  仲間にはいら  肉が固くてはいら  視線をそらさずにはいら  身がはいら  訓練にははいら  村にはいら  十九貫しかはいら  荒野原だと、呆れずにはいら  住居だなと思わずにはいら  日光がはいら  お前もはいら  寝床にははいら  水にはいら  つて望んではいら  予想せずにはいら  必須条件だと思わずにはいら  階級にははいら  なんにもはいら  一尾もはいら  全部ははいら  人がはいら  室へはいら  列にははいら  檻へはいら  宮廷へはいら  奥へもはいら  印象を書きとどめずにはいら  わずにはいら  方面にはいら  空気をはいら  後宮へはいら  此処にはいら  心にはいら  収入もはいら  罪を、覚らずにはいら  のを感ぜずにはいら  ように迫るを感ぜずにはいら  拾い物をしたと思わずにはいら  仲裁にはいら  勉強部屋へはいら  役人にはいら  学校にはいら  彼をはいら  死をはいら  地下室へはいら  税金がはいら  いま二人くらいははいら  ばあやのお喋りがはいら  目にもはいら  気持を感ぜずにはいら  口をはさまずにはいら  先にはいら  ヨハンネスは、おもわずさけばずにはいら  人々も認めずにはいら  孔に当て正しく捻じ廻したがはいら  仲間にははいら  眼にもはいら  関係にはいら  資料としたく思わずにはいら  牢屋へはいら  客のはいら  相談にはいら  中核にはいら  何もはいら  風呂へもはいら  わたしでも褒めずにはいら  万歳と叫ばずにはいら  頭を下げずにはいら  日までと泣かずにはいら  気持を親しくしていたか知れないと思わずにはいら  ことは、思わずにはいら  声に答えずにはいら  農村にはいら  クルウ大尉は思わずにはいら  わたし叱られると知っても申さずにはいら  唇を噛んで、逃げ出さずにはいら  ことを思い起さずにはいら  眼をあけずにはいら  差入れがはいら  それがはいら  ものだろうと思わずにはいら  門口まで来て、はいら  それを思わずにはいら  義理があると思いこんでいらっしゃる、と考えずにはいら  昨夕お湯へはいら  手がはいら  お家へはいら  涙をこぼさずにはいら  掩うてはいら  数にはいら  是非、進んではいら  眠りにはいら  口へは、ほとんどはいら  さら目にはいら  水液しかはいら  戸を閉めにもはいら  いつになくはいら  憤怒とを感ぜずにはいら  雨のはいら  感嘆したりせずにはいら  予算通りにはいら  小学校へはいら  一人もはいら  気にかけずにはいら  ようないたみを感ぜずにはいら  頭とを疑わずにはいら  門をはいら  聯想せずにはいら  詮議だてはいら  法科にはいら  顔つきをせずにはいら  心持もしながら、それでも嬉しがらずにはいら  事を思わずにはいら  過去を考えずにはいら  めったにはいら  ためにはいら  慰めなんかはいら  身震いが出ずにはいら  あなたと一しょにはいら  中学へははいら  のにもやはり微笑まずにはいら  光があまりはいら  溢さずにはいら  ッて来て、ついに泣き出さずにはいら  しか、はいら  湯にはいら  眼には、はいら  鎌のはいら  想像してみずにはいら  飯米もはいら  多くははいら  耳には少しもはいら  中では、そうかも知れないと思いながら、やっぱり打消さずにはいら  邪魔のはいら  及第圏にはいら  母さんにはいら  蚊がはいら  そのまま山へはいら  白鳥会にもはいら  一隅を思い出さずにはいら  書斎へはいら  部屋にははいら  海へはいら  ことを、おもいださずにはいら  広間にはいら  フィンマルケンのおくふかくはいら  そこにはいら  気遺いはいら  群にはいら  お気にしてはいら  部屋にはいら  目には、はいら  光線があまりはいら  そのまま塾長室にもはいら  先へはいら  ひびをはいら  門にははいら  全然耳へはいら  恐怖を感ぜずにはいら  経験から、しみじみとそう思わずにはいら  もっと大きくせずにはいら  門内へはいら  耳にはいったりはいら  腹を立てずにはいら  室内へはいら  ものもはいら  どれにもはいら  部屋へはいら  手術室にははいら  煙のはいら  チエンロッカーにはいら  コーターマスターがはいら  僕ははいら  小豆がはいら  学校にもはいら  興奮を感ぜずにはいら  不審が起らずにはいら  眼にも、はいら  落胆まで背負わずにはいら  へやへははいら  鳴り物がはいら  玉がはいら  表からははいら  場所を見つけてはいら  機嫌をとりながらはいら  水へはいら  彼はまたすぐに考えなおさずにはいら  一つところにはいら  気がつかずにはいら  おかあさんもほほえまずにはいら  好きにならずにはいら  耳をかたむけずにはいら  店へははいら  一緒には、はいら  水だったが、けれど全くはいら  予算にははいら  愛情を感ぜずにはいら  ものが、まるっきりはいら  わたしにはいら  確報もはいら  世界にはいら  愛顧を賜わったかを、思わずにはいら  報告もはいら  云わずにはいら  ようにふれずにはいら  系統にはいら  ことを思わずにはいら  あんどうに灯りのはいら  太陽は思いかえさずにはいら  パーシウスは思わずにはいら  ことを考えたり、言ったりせずにはいら  おなかがそんなにすいていなければよかったのに、と思わずにはいら  ただごとではないと思わずにはいら  人ははいら  しか眼にははいら  午後書斎へはいら  始から牢やへはいら  火燵にはいら  気を失わずにはいら  来年まではいら  男なぞはいら  ざっと、ひと浴びはいら  泥棒がはいら  疑いを挟まずにはいら  理由を訊ねずにはいら  命をはいら  遊を望まずにはいら  案じ過しはいら  真理性を畏れずにはいら  戦犯者にはいら  職業にはいら  空巣にはいら  肉が震えずにはいら  から驚かずにはいら  不安を感ぜずにはいら  人に見せつけずにはいら  本家へはいら  私をさえ、はいら  家へははいら  自由にはいら  いまから中学へはいら  新券ははいら  風ははいら  空想して、うっとりとせずにはいら  



前後の言葉をピックアップ
胚葉  はいよう  ハイヨー  ハイラ  入ら  ハイライト  ハイラステンゴール  ハイラヌ  ハイラム・カワシマ  ハイラム・サクイチ・カワシマ


動詞をランダムでピックアップ
とまれる浮き立っ越す申送りいらっしゃろ惚れよ氷りひっ込め流行り問い返し哀れみはぐらかさ握り締める上ん書きとめよ見分けよ名乗り報い積ん値切ら
形容詞をランダムでピックアップ
恥ずかしくっくちからうすきみわる篤から怪しいことごとしく心細くっ正しくっわるう厳しく荒けれがたかっ善かろひとくさくさかくい近うあっけな気味悪く小憎らし