「苦」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
形容詞

~ 苦[形容詞]
大方苦  人知れず苦  たいへん苦  むしろ苦  どんなに苦  嘗て苦  ひどく苦  ミニ苦  淋しく苦  永い苦  すぐ苦  精苦  さぞ苦  痒苦  寒き苦  すばらしい苦  まだ苦  毎日苦  益々苦  厭苦  主人公苦  せつない苦  おそろしく苦  く苦  ない苦  少し苦  

~ 苦[形容詞]
徒らに苦  迎酒の苦  身を以て苦  彼等も苦  独無聊に苦  さを苦  身を苦  爲に苦  胸の苦  さと苦  それだけの苦  經驗の苦  無聊に苦  生活間は苦  老人は苦  心が苦  人間は苦  解決に苦  前者は苦  何を苦  其核の苦  解題に苦  口の苦  森彦の苦  火宅の苦  心を苦  のが苦  者の苦  調和に苦  幾島は苦  酒の苦  生の苦  なにも苦  それを苦  過去の苦  横波で苦  散々風波で苦  最近に苦  一年中脳病で苦  借金返しに苦  塗炭に苦  苦虫は苦  勝手に苦  さも苦  日夜此段に苦  松島の苦  解釋に苦  無事に苦  桝形は苦  いろいろに苦  耕貪食の苦  自分達が苦  兵士の苦  親爺を苦  目も苦  灰汁の苦  物入りに苦  天知翁を苦  

[形容詞]
苦ん  苦さ  苦眠  苦るしん  苦艱  苦るしさより  苦まし  苦中  苦んで国  苦るしげ  苦沙弥  苦るしいや  苦學  苦そう  苦るし紛れ  苦シン  苦るし相  苦るしみ  苦以外  苦憂  苦る事  苦これら  苦勞人  苦がり切  苦るしめられるため  苦むにしてもこれまでの  苦るしくし  苦気  苦がい  苦るしめる積  苦むだ  

名詞

[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
苦にもしないで  苦もなく働けて  苦を考へる  苦にはならなかつた  苦も無くこのまま出家遁世できる  苦も無く自づか  苦がき  苦もなく日増しに女に親しむ  苦にならないどころか  苦にするな荒しの  苦がい  苦といへども  苦にやんでいなかった  苦に病んでいる  苦にゃならないさ  苦にしているだろうと思うと  苦にしたろう  苦にならず  苦にもしないでゐる  苦にせず  苦も忘れられる  苦にせずに出来る  苦も知らぬ  苦もなく坐礁させるという  苦に感じません  苦もなくずるずると剥けました  苦もなく見せてくれていた  苦にならない  苦と歎きとを与へてくれました  苦にして  苦にならなくなっている  苦もなく開いたわ  苦にもしない  苦にするばかりでなく  苦鳴と血煙をあげて  苦るしかった  苦もなく書き流した  苦面させる  苦にならなかった  苦もなく合槌を打って  苦が笑いをした  苦もなくやり遂げて見せる  苦にもせず  苦にするなと  苦もなく犬の首輪をつかんで引き離しながら  苦を受け  苦っぽい笑みでお十夜の剣幕を斜めに冷視した  苦もなく身を避けた  苦もなくそれをもぎ取られた  苦にならないのみならず  苦にある  苦もなく急きだす  苦にはならない  苦もなくつき抜けていました  苦もなく通りぬけた  苦もないようなことをいっておったが  苦もなく龍巻村へ行き着けるであろうと悦んだ  苦が手の警官までに顔を合わせねばならないじゃないか  苦もなく哄笑しいしい  苦もなさそうに笑っていられる  苦思している  苦にしていて  苦にならなかったが  苦鳴を向うに聞いた  苦も無く折れる  苦を忘れたい  苦もないようなお顔を拝見すると  苦もなくぐらつきだした  苦もなく話してしまうには  苦切って頷きながら  苦の彼に隨ふこと  苦に會うても  苦を捨離せよ  苦を忍受する  苦を解脱せず  苦を盡すべし  苦に隨はる  苦に隨はれざるを  苦を受く  苦に勝る  苦を盡す  苦の盡を遍知し  苦にもならなかつた  苦の後には楽が来る  苦にもしないらしい  苦をも忍ぶべし  苦を嘗めて  苦もなく術を封じられてしまった  苦が笑いをする  苦が笑いをして  苦になる  苦になると見えて  苦にしないで  苦もなく後ろから追い付いて  苦になった  苦になるくらい  苦にしていようとは  苦になさって  苦になさらずに  苦しからずは承りたい  苦に病んで  苦にもならなかった  苦を逃がれる  苦にしてはゐない  苦にやんで居る  苦にしない  苦を早く抜け出し  苦を救うをもって  苦を離れる  苦もなく真二つにされてしまった  苦は完全に離脱しないと云う  苦を分けようとする  苦となって居た  苦の世界になる  苦に思う  苦にして居た  苦るしい  苦にならん  苦もなく今日まで発展して来たと  苦もなく防禦線はできた  苦にならぬ  苦になって  苦もなく答えたが  苦も忘れて  苦の種でもある  苦を救う  苦しやして来て  苦を凌ごうが  苦もなく成功して行く  苦にしてゐるが  苦にしてゐるので  苦にもしなかった  苦にしてゐる  苦をも感じてゐないと  苦るしむ  苦もなく突破され  苦にする  苦もなく分離される  苦んでゐる  苦もなく柵門を突き破り  苦るし  苦にしていた  苦もなくすらすら数行書き流し  苦にはならなかった  苦もなく生きかえった  苦に病むでも  苦にはしない  苦にも致しませんが  苦もなく水垢の中に仰け反ります  苦もなく判るよ  苦が笑ひを噛み殺してをります  苦もなく外から開けられる  苦もなく開けられ  苦にしないで押し通し  苦もなげに  苦もなくはっきりととまった  苦になっていない  苦にしていない  苦もなく片づけた  苦にしていては  苦にした  苦面して駅の付近にマーケットを造って  苦を忍ぶ  苦に對して  苦をも負ふが  苦で煩しい  苦を増盛する  苦のない人でない事は熟知してゐる  苦を理解する  苦にさせずにすむ  苦に對する  苦を脱する  苦をあきらめる  苦と健鬪する  苦を樂觀する  苦と健鬪して  苦の状態を指す  苦の避くべからざる  苦に服從する  苦に服從するといへば  苦を脱して居らぬ  苦を果し  苦を脱し得ぬ  苦を征服する  苦若くは苦の對象其物を樂觀して  苦に對し  苦と樂とが律動的に交替起伏して居る  苦を冒し  苦は苦であるけれども解脱の道行きには避くべからざる  苦がフイになっている  苦があって  苦辛い胃散の味を荒れた  苦もなく調べあげてしまうだろう  苦っぽく笑いながら  苦もないようすで  苦に思いましたけれど  苦もなく羽交いに抱きかかえると  苦にしてを  苦に喘いでゐる  苦になるほどの  苦もない名前を付けているらしい  苦もなく分った  苦に病んでいて  苦もなささうに早足で歩いてをりますのにあきれて  苦が虫を噛みつぶした  苦が手の方を気にしながら  苦もなく合格した  苦もなく蹴  苦に病んだ  苦にしていました  苦にするほど  苦にならなくなって  苦もなく突き飛ばしてゐた  苦もなく書上げ  苦もなく笑戯にしてし  苦とも樂とも見  苦もなくパタリと開いた  苦使われて来た  苦使われて  苦もなく通過した  苦もなく言える  苦もなく吹きかけた  苦にもならぬ  苦が虫をかみつぶした  苦にしながらも  苦もなくかみ合う  苦に堪へ  苦にはせんから  苦になったからである  苦もなくのそのそ上って来ると云う  苦になるくらいなら  苦もなく鞍に跨った  苦にやんだ  苦のゆるやかな連続が含まれてる  苦にしなかったというだけである  苦もなく捻じ切れた  苦も無げに笑った  苦もなくあの下をくぐる  苦もなく親しみの限りをこめた  苦もなく押えうる  苦もなく流れ通う  苦もなく同意した  苦にしていたが  苦を拾うとか云って  苦に患んでいる  苦になりました  苦を増させて  苦もない華やかなさざめき  苦とせねば  苦にしての  苦になるでも  苦にしはしない  苦に病んでいたのみならず  苦もなく饒舌立てた  苦になり出したので  苦もなく滑って行っては  苦もなく読んで除ける  苦にし  苦もなく細い流れを跳り越してしまったが  苦もなくばらばらにくずれてしまって  苦まずに死ぬかと  苦もなく洗われてしまった  苦にしている  苦に病んでいた  苦にならなくなって来た  苦もなく彼女の虜になるだらうと思はれた  苦っぽい涙が鼻の髄を刺す  苦もなく大鋏を揮つて退治した  苦にやむ  苦にしなかった  苦のなさそうな平らかな寝息が聞え始めた  苦がさを持って来る  苦がさも亦陶酔の対象となる  苦にするといふでもなかつた  苦惨な顔を歪めてゐたが  苦もなく云って退けた  苦もなく世界の水上王国の栄冠を奪い取らせる  苦もなく侵入して来て  苦もなくびりびりと裂けて  苦もなく看破している  苦もなく開いたが  苦もなく捧げてしまはうと  苦もなく降参して  苦もなく脱獄を決行する  苦に病んだりした  苦は色かゆる  苦にはならなかったが  苦にはならないのよ  苦の人をして  苦を轉して  苦を続く  苦にしちゃ  苦辛して失敗に終りし  苦もなく探し出された  苦もなく入口が開いた  苦にもならず  苦を嘗めて居る  苦にしてる  苦もなく見分けが附く  苦もなく親父をみぞに突き落とした  苦にならないけれど  苦をいたしました  苦になさる  苦もなく十万坪の土地が手に入った  苦の中に潜心した  苦や楽を嘗め  苦もなく持つ  苦を忘れて  苦にし出した  苦っぽい笑いかたをした  苦を経てきたという  苦もなく連れ出す  苦にしてはならない  苦がりやがるぞ  苦るしんだ  苦るしさうに  苦鳴を聞いた  苦もなく解放される  苦にやんでいる  苦るしいけれども  苦しやしたのか僕は聞きもしなかつたが  苦もなく高札の縄を解いてしまい  苦になるどころか  苦もなく二人は登って  苦が苦がしい  苦もなく走ります  苦にはならなくとも  苦にして狂って  苦にやんで  苦に狂死なさったが  苦もなくそう答える  苦もなく捕えた  苦が笑いをしていた  苦が手なのはそういういろんなことがある  苦もなく障子を開いて  苦にならないから  苦もなく峠を登って  苦もなく打ち倒しました  苦もなくいわば余分の収入として得たる  苦もないありさまに振舞うている  苦面して月々送金していた  苦面して仕送りしていた  苦が笑ひをした  苦にならずして  苦にもならねえ  苦もなく二十両を用立ててくれました  苦もなく雨戸をサラリとあけたぜ  苦にしてゐない  苦になりませんよ  苦もなく掴む  苦もなく捕って  苦もなく岸へひきよせて  苦るしき失敗を取るが如き  苦にして居る  苦もなく日高川の水上へ斬って落しました  苦なりとはしていません  苦にするほどの  苦もない足を持っていて  苦もなく戻れる  苦にはなりません  苦には致しません  苦にならなくなる  苦もなく室内に忍び入った  苦に病んで来た  苦が虫を噛みつぶしてゐた  苦が笑ひをしてゐた  苦もなく追っ払ってしまった  苦にしていたではありませぬか  苦にもしていない  苦もなく相手を自殺させる  苦もなく読みくだくので  苦にはなりませんわい  苦より救ひ  苦もなく駆け上がって  苦もむくわれて  苦となっていた  苦がい思ひ  苦もなく引揚げたが  苦もなく水戸の黄門格にまで祭り上げられたが  苦を御存知ありませぬな  苦がなささうに裝ふのに  苦がくて飲み  苦になり  苦もなく土蜘蛛を噛み殺してしまいました  苦面したりしていたから  苦もなく受けいれて呉れるだろう  苦しかありませんよ  苦にしないで行ける  苦にならないのみか  苦に病む  苦としないから  苦にしないでいる  苦もなき水鳥の足にひまなき  苦は進化と共に長ずる  苦を受けて  苦って見せた  苦もなく渫って行かれ  苦にもならない  苦んで居る  苦もなくまねてしまった  苦しかないかと聞いたりした  苦もなしに突き当ててしまった  苦にならないし  苦にならないのね  苦に病んでいるらしかった  苦もなく宝満寺裏へ突いて出た  苦もなく藍色灯を檣につけた  苦もなく強敵を斃す  苦もなく泳ぐというので  苦に病むだけが  苦を脱れようと  苦もなく召し捕られました  苦には存ぜねど  苦の中に震へながら立ち  苦を訴へられた  苦を共にしてきた  苦もなく解決された  苦もなしに台所の雨戸をこじ明けてはいる  苦面しやうとしなかつた  苦るしく  苦もなく飛び越えて  苦にしねえが  苦としませんから  苦になるほど痛んでいないと云う  苦はなかったろうと思った  苦甘い砂糖水を飮んでゐる  苦しからずは聞かせ  苦しかりともある  苦としない  苦もなく手玉に取るだろうな  苦というものを滅して  苦にしなくなりました  苦を除く  苦の相を歌って  苦を招き集める  苦は内よりくる  苦の原因を説いている  苦の原因だと釈尊はいわれている  苦を解脱した  苦を吹き消し  苦を滅し尽くした  苦を滅する  苦をとり除く  苦あるものに楽あり  苦もなく平衡をとりかえし  苦しかりけり腰屏風まがりなりには折りかがめども  苦に遊ばしていらした  苦になさいました  苦にならないにしても  苦もなく占領され  苦もなくまるめてしまう  苦もなく開放されて  苦もなく仕上げてしまいました  苦もなく利腕取って  苦もなく打ち込んだという  苦にしていたらしく  苦にしちゃいけない  苦にもなった  苦に病み通した  苦にならないと見える  苦にされた  苦にはならぬ  苦は免かれぬ  苦もなく出  苦もなく通ってしまう  苦は入らぬ  苦なしに流れる  苦もなく肩の方へなだれ落ちた  苦にしなくなっていた  苦もなくたずね当てて  苦もなく悟つてゐた  苦のない声でよく笑った  苦もなく折り曲げる  苦もなく翁の楽々とした  苦もなく遣っている  苦が笑いを噛み殺す  苦になるといふ  苦にやみ思いつめて  苦もなくその浮かぶ  苦になさった  苦もなく取引を済まして帰って来たという  苦にも楽にも喜悦する  苦もなくしゃべりたてる  苦もなくはいったとすると  苦にやみました  苦しますと可愛想だから締め殺したと  苦もなく通り越したと云う  苦もなく近づける  苦もなくそれを忘れてしまったであろうが  苦にするには当りません  苦の状態を離れたいと  苦にしました  苦もなく全体をもとのとおりに積み直した  苦に陥れ  苦を共にした  苦もなく渡って  苦もなく止まる  苦もなく下の深みへ押し  苦りかえっていた  苦もなく開いたので  苦に病んでゐたせゐもある  苦もなく推定されたが  苦にしてもいなかった  苦もなく取って投げたが  苦に落ちかけている  苦もなく数える  苦にせずして  苦ありということになりますな  苦にやんでいた  苦にしていただけに  苦を味って自分が生んだ  苦にせずに  苦がいものを味わった  苦甘いような感情が一杯になって  苦にしてたら  苦にならないでは  苦をあらはす  苦もなくのぼり  苦を脱れた  苦にしたかもしれない  苦しかりしは丁度支那へ渡らんとせる  苦しかるらん君よりもわれぞ益田のいける  苦は昔もこのごろも変わらない  苦から離れられない  苦を負わされる  苦にどこまでもつきまとわれる  苦も解消した  苦から脱れる  苦もなく鉄条綱をば上から一跨ぎに跨いでしまった  苦にせまい賤が伏家に月もさす  苦を積んで  苦というようなものを忘れ去る  苦にはしなかったでしょう  苦にしていたから  苦にしたが  苦と叫ぶと  苦があるかという  苦にしてゐた  苦を忘れかねて  苦にならぬにはあらず  苦もなく着せられ  苦の連想を避くるがためなるべし  苦もなく素戔嗚を抜いてし  苦に悩んで  苦にならないで  苦もなく盗を一撃の下にくだし  苦を味わうまいと  苦つぽく口の中で感じだした  苦にせずに済む  苦もなく参つてゐたので  苦もなく立ちどころに天下の美料理を次から次と生む  苦が苦がしく  苦にしていらっしゃる  苦になりません  苦になさいません  苦にせず屈せぬは  苦になすって  苦とも思はず  苦を経歴したればなるべし  苦しかりしかを知るに足らん  苦もなく己がために此毒を作つてくれるだらうと  苦にするには当らないと  苦に通じるから  苦もある  苦をのがれたとて  苦にせぬ  苦もなくできます  苦を慰めるに  苦もなかり  苦があるという  苦をつづり  苦もなくできてしまった  苦から救つて遣らうと  苦から救ふためであつたと思ふと  苦にしてはいない  苦を見ているに忍び  苦から救ってやろうと思って  苦から救う  苦もなく蝶を追い過すと  苦ませてゐなくてはならない  苦ませて置けと命じてゐる  苦を救ってやるが  苦もなく開いた  苦もなく出来る  苦も無く読める  苦もなく皮を全くし獲れた  苦困も泡沫のやうに消え去りませう  苦もなく殺しやりて  苦は色替ゆる  苦のそばを離れなかった  苦とも口をきいていたし  苦は笑って  苦はいなかった  苦もなく治ってしまう  苦もなくその場所を見つけ  苦を免れしめよと言うたと  苦を重ねしめられたと  苦は去らうと思ひましたが  苦もなく旧に復し  苦にならなかつたらしいが  苦に病んで死んだがな  苦もなく私に委せてしまった  苦もないアンナ・ニコロ私に身を委せながら  苦にしてるよ  苦もなくたった  苦もなく撃退されてしまいました  苦にしとんや  苦も無く裏切られたり  苦るしんでいた  苦るしめられた  苦るしめられたくは  苦るしくなる  苦もなく須々木豊前守に抱えられたが  苦に病んでゐる  苦にしなかつた  苦んで續けて居る  苦もなく兵隊にしばられてしまひました  苦になつてゐる  苦もなく判断してくれる  苦の種になった  苦を受けている  苦っぽく笑って  苦にせらるるよりも  苦にするどころか  苦もなくパックリと引離して  苦を送つてゐられる  苦になっていた  苦をも受けてゐる  苦を甘んぜしめ  苦にしなかつたと見える  苦もなくそういって蹴散らす  苦をつみゆかば  苦もなくあの当時に予言した  苦辛した二葉亭の通信がしばしば大阪の本社で冷遇されて  苦辛したのは外形の修辞だけであって肝腎の心棒が抜けていたから  苦辛したといっても  苦もなく解いていた  苦にはならぬが  苦もなく説き明かした  苦を語る  苦もなく飲めるよ  苦もなく自分の口から滑り出してしまった  苦もなく一番上の奴を取って頬張っちまった  苦に病んでいると  苦にならぬのみか  苦に病んでいようとは  苦にしちゃいまい  苦に病まぬ  苦にするに足りない  苦にしたり  苦もなく五右衛門は召捕られた  苦もなく黙殺し去つた  苦もなく漢字を以て韻を押し  苦はすでになめたり  苦が蟲を噛みつぶした  苦るしくなって来ている  苦もあれば  苦の中にも楽がある  苦にならぬとかきましたが  苦もなき他愛のない悪戯にすぎない  苦にならないと見えて  苦に成らなく成った  苦もなくひねり殺されてしまひさ  苦もなくそれに応じて  苦をいくらかでも軽減する  苦の娑婆よ恋に生きませう  苦もなく解いて  苦にしていたらしい  苦がいよいよ重って来たらしく  苦にならないらしい  苦もなく玄関のドアを押し  苦もなく手に入る  苦を脱した  苦もなく面白く読まれていながら  苦も無くなってしまうであろう  苦を持っている  苦もなく棄てる  苦わらいして  苦が笑いをみせると  苦甘いものだというだけで  苦にやんでゐた  苦るしくてたえられない  苦にしなくなった  苦もなくがらがらと開いた  苦鳴の声さえ聞取られるのに  苦もなくしてみせ  苦しましているとともに  苦もなく解けた  苦もない扶持減らしもお座らない  苦を味はつて居る  苦にはしなかった  苦もなく会得ができた  苦ともせずに  苦にしてゐて  苦にしないほど  苦もなく瓶子をもぎはなしながら  苦もなく厩の戸を蹴破って  苦もない仕上げの艶つけであろうと思われる  苦もなくすらりと被せたので  苦になるほどではありませんでした  苦と感じる  苦もなく拔け出した  苦むごとし  苦に病み  苦もなく反駁しました  苦もなくはじめて入っていった  苦にしていますよ  苦も経験せず  苦にやまない  苦にならない叱  苦を嘗めている  苦んでいる  苦にはしていたらしく  苦にも感じない  苦なしでふわふわとのしおった  苦と云ふの  苦もなく彼の衣嚢へ入つてし  苦もなく跳ね飛ばしながら  苦にしているらしい  苦にしてゐるらしい  苦めいていました  苦にし出しました  苦にせまい  苦をも解せざる  苦が想像されてくる  苦もなく刑事の手にとり押えられた  苦なきなやみよりいづ  苦をうけしめ  苦をあらはすもの  苦を増し  苦のために死んだ  苦去り甘来らんと  苦にせし  苦もなく答へてゐるので  苦と神を見るをうるの  苦もなくひらいた  苦もなくさらっている  苦を甘んずるにあらざれば  苦を脱し  苦を忘れる  苦しかりけるためしをも人を救はむ  苦もなく其処に触れて  苦もなく承知してしまった  苦にならなくなった  苦んであゝ云ふ  苦も荷もない声で小唄をうたいつつ  苦のない声で小唄をうたいながら  苦もなく捻じ伏せた  苦も無く引き抜いた  苦もなく私は彼を組敷く  苦も知らずに生きていた  苦が苦がし  苦がわらいをする  苦もなく諦めて  苦もなく判ってよ  苦んで自ら小にし  苦にもならぬやらいつきてみても  苦しかりけり暫くは襲ねて居ら  苦にもしなくなります  苦もなく払いのけた  苦もなく無視できたであろうに  苦もなく断われる  苦もなくそれを聞いた  苦もなく払って退けた  苦が味走った  苦もなくも明いた  苦もなく開いて  苦がりきって総監の行動を注視していた  苦もなく捩じふせられて  苦を抜かんと欲せば  苦を必死にこらえていた  苦もなく死ぬ  苦んでる  苦まねば死ぬ  苦もなく明瞭になって来ると  苦にもせぬ  苦もなく言ったりした  苦に病んで死んでしまった  苦もなくこれを越えると  苦にしはじめた  苦もなくその岩を肩の上までさし上げて見せた  苦もなく二つに折って見せた  苦もなく進めた  苦もなく突き倒された  苦酸い雲州蜜柑を食べながら  苦をしのいで来たので  

~ 苦[名詞]1
籠を苦にも  行乞流転の苦を  酒だから苦には  なんの苦も  何の苦も  舌には苦が  けち變化して苦も  俗物は苦も  けち変化して苦も  根固めとなる苦に  厭人的の苦が  吠を苦に  事を苦に  年齢が苦に  それを苦にも  血の苦が  のだが苦が  日傭稼の苦も  世間の苦も  雪はいつかう苦に  一生涯の苦の  幾多の苦と  のを苦に  バラック生活が苦に  鳥を絞めるだけ苦にも  それを苦に  夢さえ苦  病を苦に  侍が苦  ことばかり苦に  学資を苦  不思議に苦に  ようで苦に  囹圄の苦を  孫兵衛は苦も  油汗を搾って苦  先には苦も  末期の苦の  上に苦が  迷子にしてしまわなければならないと苦  癆咳を苦に  さも苦に  別な苦  んと苦も  いっさいの苦を  歓喜は苦も  ことを苦も  ために苦の  積集は苦  諸の苦を  蘊に比すべき苦  最上の苦  恆に苦  所愛を見ざるは苦  當に苦を  物は苦  人老ゆれば苦に  數しば長時の苦を  一切の苦に  己の苦の  民弥は苦にも  今年の苦をも  戸沢図書虎より苦も  顔を見合せて苦が  爺さんは苦が  外に苦に  事でも苦に  おれは苦も  のが苦に  眺望一目にあつまりて苦  病気を苦に  廓の苦を  ことばっかりを苦に  前坐の苦を  ゆくえ不明を苦に  塗炭の苦を  此の苦は  倶に起きて苦を  私に苦と  気の苦に  のやらを苦に  日常の苦  それは苦に  貧乏は苦に  一面の苦が  山路が苦に  百難の苦も  読書も苦に  人生の苦を  何も苦には  無しや苦  づれた事業が苦も  非常に苦に  ことを苦に  肺病を苦に  重みを苦に  懷疑の苦をも  ろに苦  包囲は苦も  銘銘に苦んで  サヨを苦  牛は苦も  胸の苦  格別貧を苦にも  如何ばかり苦  奴がと苦  船頭は苦も  下手人は苦も  やうな苦が  雨戸は苦も  下を苦も  角度まで来て苦も  論文を苦も  ものを渡さなければ苦に  ことは苦  土地を苦  心とに苦  一切の苦を  衆生の苦に  衆生の苦をも  人生の苦と  内面生活に於いて苦の  他人の苦を  技倆一つで苦に  二人分生きる苦  ために苦に  一は苦を  二は苦と  三は苦を  健鬪して苦の  前者は苦を  以て苦を  義務たる苦を  之に依て苦を  直接に苦  樂觀して苦を  態度を以て苦に  前者は苦に  來るだけ苦を  苦は苦  地獄の苦が  損をしたが苦にも  所在を苦に  後から苦も  城攻めなどは苦に  塗炭の苦に  方は苦が  彼奴は苦が  急に苦が  署長は苦が  調子に苦も  観念を苦も  北鳴は苦が  ことが苦に  王様から預ってるといって苦に  のも苦に  道も苦に  ものは苦も  人は苦も  前から苦に  意外に苦も  労働に苦  放蕩を苦に  新旧文明が苦も  さをも苦にぜ  もの事を苦には  汽船は苦も  事が苦に  住人だから苦も  うちに責め苦の  胸をかき切らぬばかりに苦  さを苦に  何んの苦も  ぢ貫いてゐる苦が  ecstasyを苦も  ように苦も  兄は苦も  検事は苦が  それだけを苦に  のは苦を  自分も苦に  親に苦を  ことも頻りと苦に  慾も苦も  起臥するをも苦と  家の寂れを苦に  路が苦に  貧乏を苦に  男程苦に  調子で苦も  電車が苦に  睡眠が苦に  影が苦に  そればかりが苦に  私は苦も  カラーを苦に  松子は苦も  重みを苦も  手で苦も  持病を苦に  方を苦に  ことさえも苦に  自分は苦も  みほ子は苦  新吉のみが苦  これほど苦に  母の苦の  さや苦が  帆村は苦も  歩行も苦  木山は苦  彼には苦に  扉を開くと苦も  今朝はさほどの苦には  何かは苦  一日三合に苦も  人をして苦を  飢渇との苦を  課長は苦が  其角一派が苦  兵役を苦に  頭を苦に  牢獄の苦を  頭痛を苦に  関係ばかり苦に  程の苦を  彼は苦が  程度の苦や  身には苦に  張つたのを苦に  突たなどと苦が  さを感じ苦  母親と苦  爲めに苦  緊張した苦  供は苦  二度目の苦  らちつとも苦に  七月廿三日昨夜も寝苦しか  水が苦に  練習の苦  早川が苦  かくや苦  うちぞ苦  手を振り払って苦も  この世に苦の  モヒ中毒を装った苦が  それが苦には  癩病を苦に  花廼屋が苦も  奥さんは苦が  民さんを苦が  一人を苦も  ヘソクリを苦  房一は苦が  貧乏はさのみ苦に  ことは苦に  女中は苦も  之れをして見苦  殆ど百年以上の苦が  ことを苦なりとは  区別は苦に  お母さんは苦に  さまでは苦に  さのみ苦には  足がかりにして苦も  鼻を苦に  むつつりと苦が  様子が苦に  ことは苦にも  さんも苦に  舌打ちなど苦にも  風も苦には  人間の苦より  者らは苦も  十年の苦も  愛別の苦と  釣瓶を手繰って苦も  これも苦も  家事を苦に  歯痛の苦を  それが苦に  金の苦  泡を苦に  救フ中萬民塗炭之苦ヲ  臭みが苦に  千代は苦も  生涯の苦の  競争と苦の  力役を苦と  借金に背負っても苦に  のた打つほど苦に  主に苦  やうに喘ぎ苦んで  厳かにも苦  覚悟を苦も  悶へ苦んで  態度は苦も  仕事は苦に  ひとりが苦に  即座に召し捕って苦  三里は苦も  危に慣れて見れば苦にも  事は苦に  不満足の苦を  世界の苦の  勞作の苦を  多年風雪の苦を  荷が苦に  それを苦も  はたで見るより苦に  生活の苦も  物笑いは苦にも  六の苦に  事を聞くと苦に  人ができると苦に  母が苦に  夜の苦しか  喧嘩好きを苦に  一切の苦という  業と苦の  人生は苦  人生の苦の  人生は苦の  現実の苦という  無産者だけの苦  人間全体の苦では  諦の苦では  欲こそ苦の  欲は苦の  一切の苦の  心の苦を  無益の苦を  ものに苦  世に立つは苦  奥様が苦に  そればっかり苦に  それよりも苦に  天文台は苦も  裏木戸は苦も  一冊を苦も  赤坂泊りは苦に  裸足だから苦も  乱行を苦に  助にとっては苦に  にがりに苦  ニキビを苦に  のが苦にも  微塵の苦も  見世を明け放しても苦に  間これを苦に  火宅の苦は  ものほど生きるに苦は  平生から苦に  姿で苦  水なら苦は  風が吹いても苦に  一番の苦が  のを苦も  爺さんは苦  たけが苦に  離縁を苦に  些とも苦に  窓から苦も  それだから苦  積日の苦をも  試験も苦も  十哩は苦も  世界は苦  一として苦  悲を苦に  ために苦んで  借金を苦に  亡命の苦を  体は苦も  女人禁制の苦を  やうに名づけられて苦  暮しも苦に  中に浮いていても苦には  察するに苦  横はれるを知るに苦  数を苦も  倒懸の苦  これを苦に  陣痛の苦を  ことをも苦に  生活を苦に  何事をも苦に  悲や苦を  周囲を苦に  彼は苦に  私あなたを苦  乱るる苦  云ふに勝ると知りながら押しこめたるは苦  候とも苦  恋愛の苦は  恋の苦から  ために絶えない苦を  恋愛の苦に  心の苦も  生活の苦から  蛍雪の苦を  人生の苦という  過去を苦に  尉官は苦と  貧乏の苦が  失恋の苦を  我も苦に  失恋の苦に  それも苦に  山越しと比べては苦に  結婚しての苦を  心の苦に  二人何の苦も  へんに苦  人生問題なぞは苦に  胸に苦が  疲労とは苦も  のが苦にな  ンか苦に  苦が苦が  本は読みつけていましたから苦に  遠くから見ては苦に  謫せられ居るを苦に  者が思うほど苦にも  これを苦とも  余り多くの苦を  如何に苦  御身は苦も  ぶんでも苦に  ことはちつとも苦に  九は苦に  前の苦を  開墾は苦も  ここまでの苦を  何の苦もな  ざるの苦が  人の見るほど苦に  消息を苦も  それが苦から  鶴が飛び出して苦も  それゆゑ遣らずに置いて苦  道徳は苦  蛇となって苦を  扉は苦も  方へ引くと苦も  後に苦も  笑殺し苦  山籠り苦は  蠅を払うに苦  寝小便などは苦も  トラックを苦  世話して苦を  掛提燈は苦も  人間の苦は  通りぬけて苦も  あれを苦に  時計ばかり苦に  生活の苦の  貧乏が苦に  時間が苦も  性質を苦に  両方で苦  肉体的にもだえ苦  暮しが苦  旅行を苦んで  それは苦も  置き場所が苦に  流離の苦を  惰性が出て苦も  ものがさほどには苦に  さほどには苦に  支払いが苦の  おれほどの苦を  後で苦  万人の苦を  拵えものを苦に  不自由さを苦に  捨場に苦  隱忍的の苦を  これが苦に  己は苦をも  葢は苦も  監倉の苦を  螢雪の苦を  これやを苦に  折角油汗を流して苦  肉が瘠せるほど苦  君が苦も  現世の苦を  一杯位ゐなら苦も  悪阻で苦  差し押を苦に  南京米を苦に  足を苦に  中心これを苦に  はさほど苦に  物腰で苦も  柳枝さんの苦が  母に逆らうの苦は  覚悟前ならば苦  いずれも苦が  生活が行きつまって苦  人生には苦も  さが苦に  私には苦に  支出して苦  なかで苦も  暴力の苦を  乱暴を苦に  ソーンダイクが苦も  宗教家は苦を  迷も苦も  生命を苦も  スマ子女史が苦  紀久子が黙って苦が  楽あれば苦  味は苦  味も苦  嘘を苦に  自身が苦  生活が苦  女を苦  水の苦も  冷寒の苦を  敗戦などを苦には  事は苦も  火宅の苦を  何の苦とも  血色を苦に  作者としては苦も  背から苦も  出勤は苦に  時には苦に  朝から苦に  戸は苦も  甕は苦も  旅に苦  思い出に苦が  万の苦も  つて不義理を苦に  内心それを苦に  彼の苦に  シュワイツア夫人に見せると苦も  砕身の苦を  リュウマチに苦んで  雨風にたたかれても苦に  ことを苦には  恣に育てるも苦  貧乏世帯を苦に  事も苦に  雨を苦に  散歩を苦に  牢獄の苦をも  何か苦  岡安巳太郎が苦も  妙に苦  苛責の苦  脛を振りて苦を  惡疫に罹りて苦  胸も苦  人々の苦に  神を見るをえざる苦と  ドアは苦も  蠖蟄の苦を  奥さんの苦に  地獄の苦を  何事の苦  ことだろうと苦に  へんな苦が  何を苦んで  例の苦の  不渡手形的援醤宣言の苦が  喧嘩にならぬ苦が  彼は苦も  訴訟などは苦も  多くは苦も  南部集五郎が苦も  華子には苦に  動坂三郎は苦が  二人とも苦も  無明の苦を  衆生に苦  人殺しを犯す苦を  人生は苦ん  むだけ苦  自然と苦も  山道を苦にも  大学へ苦も  野宿同様の苦を  

~ 苦[名詞]2
なく苦  ちっとも苦  いつも苦  さまで苦  一向苦  別に苦  それほど苦  同じ苦  だんだん苦  又苦  少なく苦  大して苦  すこぶる苦  さほど苦  ひどく苦  互いに苦  この苦  小さく苦  実に苦  暑苦  さして苦  まるで苦  到底苦  勿論苦  全然苦  未だ苦  最早苦  そう苦  案外苦  甚だ苦  心から苦  折々苦  始終苦  其の苦  ちと苦  一々苦  ふと苦  たいして苦  一向に苦  まったく苦  多苦  どうも苦  全く苦  こんな苦  もう苦  すこしも苦  大した苦  あの苦  てんで苦  何故か苦  誠に苦  人一倍苦  あんまり苦  女らしく苦  かえって苦  更に苦  畢竟苦  その苦  いわゆる苦  かねて苦  こんなに苦  決して苦  いちいち苦  なにか苦  やはり苦  最も苦  おそらく苦  ながく苦  なんとか苦  とんと苦  いささか苦  甘い苦  本当に苦  人知れず苦  絶えず苦  何だか苦  わが苦  如何にも苦  真に苦  まあ苦  頻りに苦  すこし苦  

複合名詞
苦茗  苦勞  不眠苦  茶苦茶  苦むの  苦中  生存苦  苦め  苦む印度人孤児  旱魃苦  窮苦  生命苦  苦艱  一人苦  苦學生活  苦惱  皺苦茶婆さん  苦茶々  ぶん苦勞  生前苦勞  レイタンナ風ガ渡リミダレタ髪毛ニ苦シク眠ル人ガアリシバラク太陽  苦修  失業苦  責め苦  一苦勞  苦戰  苦諫奏上  樋口苦安  人間苦  わや苦茶ぢ  わや苦茶  息苦  へん苦  苦樂  ドコトナク苦シク  苦學  苦辛  死苦  苦がい  苦ッ  苦参  コンソレーション・人間苦  苦沙弥先生  精苦  苦む目付  苦鬪  めちゃ苦茶  自ら苦まね  苦念  断末苦  愛憐至苦  徹底ゆゑに苦  苦む  苦娑婆  生々苦  苦盡  衆苦  苦隨  由つて苦  こと苦  勤苦  一切苦  苦復  是苦  ベラベラ喋苦  皺苦茶だらけ  苦顔  殘つた人間苦  苦むようなこともしばしばある  苦めよう  苦勞人  減茶苦茶  人生苦  苦面  余り苦  離苦解脱  禽離苦解脱  かなり苦  苦蓬  ホコリガヒドクテ苦シカツタガ  嘗味苦  拝見苦  苦茶苦茶  哀別離苦  苦がく  苦ッ面  矢張り苦  みな苦  人間苦何方  苦惱者何  苦計  其困苦  苦むなり  苦惱ハ日本  モ不便ナル國語ニ苦シム日本ハ其  ラ不便ニ苦シム國語  姫苦蓬  苦勞性  苦勞樣  苦むと云  苦勞さん  苦茶  一種苦澁  苦澁  あまり苦  苦治  修業苦  世界苦  病死苦  衆生苦  年中苦  格別苦  ところ何もかも苦  苦酸  苦むがよいサ  此貧苦  つて苦  苦氣  娑婆苦  死苦共  苦情事  皺苦茶  一番苦  人情苦  苦気  苦シキトキニハ  二月ぐらゐは苦勞しなけり  苦惱實  處生苦  苦沙弥君  苦沙弥  苦むところである  苦沙弥先生夫妻  もみ苦茶  存外苦  現実苦  苦めるいろ  一日苦  苦蟲  窮苦ニ  苦勞はん  内心苦  苦脳  つて苦ん  現在苦  苦シメテ居タ事ガ  ソシテ彼女ガ自由ガキカズタダ苦シミモダエテ居ル間  道子ハソノ間苦シミニ苦シン  苦艾  一倍苦  別段苦  近世的人間苦  苦む人  一寸苦  苦勞序  酸苦  苦つて  禁断苦  苦顰  苦業  苦楚  本能苦  宿命苦  程苦  もろびとの苦  苦め身体  其憂苦  千辛萬苦  多苦上  劇団苦楽座  苦楽座  苦楽座的出発点  苦楽座的道楽演劇  苦楽座同人諸氏  苦楽座結成  苦楽座自体  苦楽座旗挙公演  君達苦楽座  つまり苦楽座  二重苦  思つて苦勞  苦むところを  苦むということも  冷苦辛酸  茶々苦茶羅  まこと苦  苦練  もの苦  自ら苦  苦叫悶叫  苦勞千萬  離苦  難行苦業  苦索  苦叫絶叫  苦むるが  苦むるの外  苦む所  世間苦  苦惱煩悶憤慨  苦惱煩悶  永年苦勞  苦辛惨憺  地獄苦  苦感  苦輪  苦扁桃  斎戒窮苦  經レ苦  生涯苦  無限春風離別苦  苦ろ  所謂苦勞人  與へた苦勞  苦諫  苦憂  熱苦  レ苦  明日身苦  苦參  無理矢理苦  ヤリクリ苦  苦業者  零丁孤苦  修羅苦羅  萬苦  惡戰苦鬪  苦瀬  苦生  苦ら  久須利苦生  苦めざる  苦むのだと  自ら苦むもの比  苦む事殆ど十年  七苦八苦  んざ苦  苦勞加減  苦菜  苦厄  惑業苦  シ二苦集滅道モ一  苦諦  如し衆苦充満  社会苦  得苦  如く苦  苦果  つまり苦  走り乍ら苦  魔風ニ苦シメラルルコトアリ  これ位苦  百苦  いっこう苦  誰か苦  苦夷  慥か苦學  蔓苦菜  出御苦勞  戦い苦  四苦  苦刑中  苦業裡  大変苦  寒苦  夜じゅう苦  澤山苦勞  夜通し苦  苦叫  何かしら苦業  毎日苦  攻め苦  苦むる事  苦めこれ  苦作  多く苦  苦めら  人々苦  有苦町  死苦等  苦夢  苦シカッタ  幾ら苦め  苦め散らし  二日計り苦む所  苦め拔  ぱしの苦勞人  其疾苦  苦むものがあつたら  苦策  苦刑  苦坊  苦坊や  苦さま  苦和尚之語  苦和尚  苦敷体  苦況  苦勞はんだ  煩悶苦惱  苦まね  主人公苦沙弥先生  主人苦沙弥先生  孤島苦  ッ苦  苦湯  意苦地  苦底  苦勞さま  苦鬪史  櫛風沐雨苦樂  おれ一人衆苦  苦蓬酒  苦む時  苦學生  越苦勞  ふだん苦  苦辛惨澹  折角苦辛惨澹  苦辛感嘆  苦むであらうが  武者苦者腹  ほろ苦  苦集滅道  只苦  皺苦茶苦茶  怒りよう苦  歳晩苦貧  苦むところから  苦むとか  宇宙苦  苦野  めちや苦茶  味ハ苦  隨分苦勞  無量苦  苦シキハ折助  苦肝  ら苦め  苦徹成珠  苦徹  苦鬪昏迷  創造苦  苦鬪精進  攀づがに苦  とり越し苦勞  戰爭苦  苦戰あげく  苦勞ばなし  記苦勞  苦窮  から苦鬱  の苦慘  苦慘  苦戰塲  苦繩人間  丈苦  似合はず苦勞人  別離苦  苦涙  ひと苦面  案外苦  万苦  日々斎戒窮苦  離苦彼  慚愧苦憂  苦忍  ひとり苦  苦むる  衆苦充満  體苦心苦  文章苦  難苦  苦病  羅苦叉鬼  五ヶ年間苦め  苦盃  方つて大苦  なほ一分の苦  酸苦交  つる苦菜の花鍋  汐見途上濱苦菜  まま苦  人間苦解脱  苦業百尺  



前後の言葉をピックアップ
    苦しま          クアラスリシー  クアリ  クィイン・アレキサンドラ


動詞をランダムでピックアップ
さすれぶちこわさめざめ潜まり言い立てるぬぎすて囃ししゃべれる見守らとばしゃ覆り担えれかすれ甦っ洒落れにぶっもぎ取つきそい聞き漏らさたぐい
形容詞をランダムでピックアップ
空ぞらしくあかるき悪賢甲高古くっ難かろ青じろく思わしい目敏あかるかっ難しかろそうぞうしとぼしく眩しいもどかしかっ呆気なかっ残惜しわかり易いあかるい痛くっ