「いお」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ いお[動詞]
ことをいお  考えをいお  本能といお  ものをいお  底流れているとでもいお  先をいお  一彦は、いお  なかの可いお  五目並べなんていお  緑青を塗ったとでもいお  妖艶といお  美といお  んだいお  羞しいお  瓢箪池といお  隠密根性といお  水といお  故障をいお  大胆といお  変になったといお  天から降ったといお  地から湧いたといお  池といお  湖水といお  ぱい、おいしいお  坊やのおいしいお  ぎもがきながらこれを振いお  一遇といお  花といお  天罰といお  なにをいお  不義者といお  同意をいお  ここでいお  誰がなんといお  呉から使いに来たそうだが、会ったらどういお  馬超、いったいお  時もそういお  一口でもいお  物をいお  事をいお  姥甲斐ないとでもいお  ホヽヽヽヽそうして宜いお  何をいお  他人がなんといお  のじゃ、いお  つや以上にいいかげんをいお  乱暴といお  気が狂ったといお  場合でいお  残残といお  何といお  幸といお  不幸といお  約束ごととでもいお  おらア方でべいお  いつか素晴しいお  飛鳥といお  弾丸といお  親だって好くいお  金がないといお  礼をいお  静寂といお  閑雅といお  上姓名までいお  病的といお  悪食といお  誰が何といお  復員列車といお  買い出し列車といお  私がいお  緋娑子さんにいお  的確にいお  ことを、いお  時遅しとでもいお  少年といお  若者といお  いちばいお  時といお  つけにいお  白洲でいお  たいがいお  活溌といお  雄壮といお  これをいお  主人が何といお  それなればいお  警告をいお  立派にいお  いおうかこつといお  根性とでもいお  皮肉といお  偶然といお  羽衣といお  おまえが何といお  きみがなんといお  未来もそうでなくてはならぬといお  アナゴを間違えたといお  杖といお  弱気といお  矛盾といお  伯母が何といお  憂苦といお  車を返せといお  車返せといお  山下から返れといお  中流階級が出来たといお  愛人、とでもいお  手廻しといお  卑怯といお  娘にそういお  不思議といお  殺気といお  妖気といお  後をも忘れて、温なしいお  穏なしいお  政友会が何といお  ようにいお  そのまま何もいお  凄惨といお  生地獄といお  高はそういお  恥知らずといおうか、ずうずうしいといお  めえが何といお  裏がえしにしてやれ、といお  極道運とでもいお  獣といお  著者が、何といお  経済学者がいかにいお  所へ行って、こういお  相手がいお  今それをいお  滑稽といおうか、馬鹿馬鹿しいといお  悲惨といお  大体をいお  傍若無人といお  行動といお  子供といお  無礼といお  埓といお  歌舞伎若衆といお  正直に、や、もう真平とでもいお  知らせとでもいお  陶酔といお  戦慄といお  法悦といお  どこといお  気持といお  心持といお  傍系的といお  附随的といお  ようだといお  だれがなんといお  叔母さんがなんといお  笑止といお  森厳といお  悲壮といお  人が何といお  妖術といお  異様といお  怪絶といお  その後をいお  口へ出していお  私にいお  のだ、といお  私は、出来るだけ落つき、こういお  人間といお  日頃仲のよいお  腕でいお  俗にいお  霊易といお  力といお  ものであるといお  天真といお  内職とでもいお  何てそういお  異議をいお  働きといお  無鉄砲といお  問題についていお  いま、そういお  皮肉をいお  泣きながらこういお  神様といおうか仏様といお  屏風岩といお  経度をいお  暴論といお  猿といお  何人が何といお  省作とでもいお  霊験アラタカといお  紅葉といお  寝言をいお  不気味といお  だんながなんといお  杵柄とでもいお  圧力といお  大人といお  如しといお  奇抜といお  酷といお  内部は比較的狭く、何といお  理智が何といお  ままを尽くいお  ことはなお次ぎに詳しくいお  海水をいくらか振いお  ジョウが、いお  今度会ったらそういお  もう少しでそういお  お前がなんといお  ふしぎといお  彼女をとやかくいお  薬に似るとでもいお  何獣といお  おばけといお  何度も、まあるいお  豪胆といお  大気といお  人はどういお  鬼火といお  幽霊火といお  旦那様は恐しいお  兄弟の子に事寄せて尚いお  増上慢といわずしてなんといお  人種が、なんといお  滑稽といお  そこでいお  私を余り強過ぎたからだといお  私がこれからいお  自由であり得るといお  高尚だといお  父である体験から明かにいお  蛇といお  かけ足等何といお  聴衆といお  気が利かないといお  飛翔機といお  



前後の言葉をピックアップ
イエーツ  イェーナ  イエール  言お  云お  イオ  謂お  イオイナ  硫黄  硫黄山


動詞をランダムでピックアップ
はなと組みあわしゐろしずも見きわめつくろい浮立た面くらうまよわうえつけ取合お押分ける差し置くつっこみたずさえ逃げ出すからまさ頂け付け狙い
形容詞をランダムでピックアップ
怪い泥くさ貴けれ婀娜っぽかっむずかしい凄き待ち遠し花々し勇ましきずるくたらしいたまらなかったまらない程遠き気味悪き奥床しかっ虚しいぶかしい酷しかっ狂おしき