「承っ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 承っ[動詞]
面白い、初めて承っ  先鋒を承っ  言葉を承っ  法門を承っ  それを承っ  ことを承っ  ものが承っ  高名を承っ  方を承っ  役を承っ  酌で、いや、承っ  それまで承っ  これを承っ  使を承っ  お話を承っ  先手を承っ  教えを承っ  米田監物が承っ  話を承っ  お言伝でも承っ  坂兼次郎君からも承っ  馬良は承っ  お話を段々承っ  奴頭が承っ  下命を承っ  事を承っ  談話を承っ  一つ地上に承っ  確に承っ  玉屋鍵屋が承っ  九太夫役を承っ  儀お許しとな、かねがね承っ  守護職を承っ  役目を承っ  たび甲府勤番支配を承っ  称えだ、と承っ  綱があるとも承っ  家柄もよく承っ  委細を承っ  名乗りを承っ  拙者も承っ  使命を承っ  談判委員を承っ  ために承っ  わたしが承っ  二字を承っ  後に承っ  こっちで承っ  起りだとか承っ  ことをも、承っ  儀は承っ  能書を並べたり、承っ  物語を承っ  何事か承っ  人国記を承っ  道中と、承っ  お話も承っ  次第相承のほどを承っ  仏生寺弥助殿なら承っ  守護を承っ  噂を承っ  批評を承っ  ように承っ  故郷とかねて承っ  評判を承っ  名前は承っ  講義を承っ  争いを承っ  浪士之を承っ  講話を承っ  殿を承っ  口から、よく承っ  話に承っ  道筋だけはよく承っ  秘密を承っ  方も少しお悪いと承っ  真鍮まで承っ  鐚助夙に承っ  伝統を承っ  詩だけを承っ  寺宝があるとも承り、またないとも承っ  ほどが、まだ承っ  名前を承っ  噂は承っ  高僧たちが承っ  気の毒で、ただおおよそだけを承っ  遺言を承っ  ことも承っ  源氏はかしこまって承っ  後陣を承っ  お話に承っ  私どもさえまで承っ  私も承っ  ほのかに承っ  こともまた悲しく承っ  奥に、珍しく承っ  若い人々は承っ  一言でも承っ  訃を承っ  お話も少し承っ  身に沁んで承っ  のを承っ  おいでになると承っ  暇もないと承っ  わけはたびたび承っ  道中でふと承っ  先手が承っ  お松が承っ  こともそう承っ  報を承っ  九四といい始めたと承っ  人間これを承っ  すべて彼女ひとりが承っ  のを、承っ  吉弥さんからそれは承っ  計画だと承っ  歩哨を承っ  よう本師より言いつけられ、承っ  住まいを承っ  様子はうすうす承っ  御用を承っ  栞殿より承っ  考えを承っ  説明を承っ  身支度をしながら、承っ  近く出発と承っ  返事を承っ  処と承っ  最前から廊下で承っ  人間は、よう承っ  お言伝ても承っ  のをちらと承っ  名は、疾く承っ  総務もやっていられると承っ  からいろいろと承っ  直接お会いして承っ  から默って承っ  熱心に承っ  拙者父より承っ  ア、承っ  オメオメと承っ  話は承っ  ノロケを承っ  シテを承っ  地頭を承っ  話さえも承っ  ご用を承っ  お上御用を承っ  姓名は承っ  様に申されたと承っ  様であった、と承っ  ことは、もう承っ  宣告を承っ  煽りを承っ  仰せを承っ  判断を承っ  ラジオで承っ  案内と承っ  軍を承っ  噂に承っ  御言葉を承っ  持分に承っ  



前後の言葉をピックアップ
受皿  受書  請書    うけたまわっ  承ら  うけたまわり  承り  うけたまわる  承る


動詞をランダムでピックアップ
舁か頬張怒り狂うききただす絡みつけ畏れる聞き取ろ縛りつける変えろゆきあう投出しみおろせたくらみとりのぼせる絶と落ち暗まさもたついゆがめよ対せ
形容詞をランダムでピックアップ
鋭から凄まじかっ蒼白い辛気臭かっあらう淡かっいた済まない気高にくかろひろう正しく寂しいあぶなう耐えがたい生々しきはらだたしく眠う赤けれ無かろ