「初める」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 初める[動詞]
風が吹き初める  秋風が立ち初める  手紙を書き初める  問題に触れ初める  仕事を初める  だんだん暗くなり初める  物を持ち初める  北に向って登り初める  響が聞え初める  白粉をつけ初める  姿が見え初める  雨が落ち初める  子を産み初める  柔かな光りが見え初める  熔岩とを噴き出し初める  セロを初める  石角を弾き初める  話などを初める  夜が明け初める  暮しを初める  思出話を初める  氷屋にかはり初める  水田が見え初める  のが分り初める  場面を撮り初める  上を片付け初める  頬を拭いまわし初める  人心がつき初める  ものから描き初める  躍動させ初める  お稽古を初める  目をひかれ初める  御殿場口から登り初める  新生活を初める  帰りを待ち初める  衰へ初める  西洋手品を初める  逢ひ初める  やきいも屋を初める  やきいも屋も初める  方向へと歩き初める  手を下し初める  勉強を初める  興行を初める  食事を初める  内証話を初める  舞踏を初める  旋回し初める  廻転し初める  覗目鏡を初める  瞬間から滅亡し初める  此方からも聞え初める  音を立て初める  空白が漲り初める  小説を書き初める  それから鹿狩りを初める  いらいらし初める  それが溶け初める  疑いを持ち初める  以前、疑ひを持ち初める  口述し初める  レイモンド嬢を怪しいと思い初める  一輪二輪と綻び初める  生活を初める  喧嘩あ初める  沿岸を洗い初める  講演を初める  運命が傾き初める  講釈を初める  今から彫刻を初める  稽古を初める  雑巾を刺し初める  皆んな默つて食べ初める  光つたりし初める  潮は引き初める  喧嘩を初める  身の上話を初める  近く宿屋を初める  寝返りし初める  遺精を初める  餅を搗き初める  人がぼつぼつ見え初める  日光が照り初める  合唱を初める  商売を初める  仁輪加を初める  音もなく落ち初める  自分からこう語り初める  反射し初める  下へと降り初める  吸ひ初める  お祭り気分が漲り初める  夢を夢み初める  霧がちぎれ初める  身でもなかったので、またすぐに初める  上昇し初める  下降し初める  二少年はもうそろそろ騒ぎ初める  使ひ初める  オし、初める  ことを初める  小豆を洗い初める  自慢話を初める  くすぐったい笑いを初める  幸福を築き初める  ビショビショと降り初める  本音を吹き初める  足跡から先に消え初める  営みを初める  我慢して飲み初める  誰が思い初める  読方を初める  亀裂が出来初める  靜かにふき初める  太陽が輝き初める  反省し初める  悶き初める  女郎屋を初める  写真屋を初める  喰べ初める  研究を初める  世間話を初める  法師蝉がポツポツ啼き初める  戸を叩き初める  中学に通い初める  塔をぼかし初める  材木会社を初める  火を引き初める  南風に綻び初める  天空を蔽い初める  ものが生き初める  花が咲き初める  ピアノを弾き初める  殴り合いを初める  父を怨み初める  呪ひ初める  傳はらせ初める  影が見え初める  書物を読み初める  歌を唄いながら踊り初める  脚を曲げて繰り初める  反感を抱き初める  急に乱れ初める  銀杏を落し初める  腋の下を擽り初める  腋の下を緩くり擽り初める  翌朝四時うっすらと明け初める  枝が伸び初める  築城を初める  辺から張り初める  ハヤを追ひ初める  さは覚え初める  書を讀み初める  物の哀れを知り初める  受け渡しを初める  生活を動かし初める  通りで、初める  雪が降り初める  博奕なども初める  単純に甘やかし初める  陸が見え初める  色が湛え初める  灯が見え初める  聴え初める  ように息吹き初める  囃子をあしらい初める  笛をあしらい初める  急に採り初める  其処から初める  うの仕事を初める  眼をつけて、やがて次第に引入れられて弾き初める  作業を初める  旅を初める  俳句を初める  声を嗄らしたりし初める  酷寒を感じ初める  唇から洩れ初める  芝居を初める  話を初める  雑音につつまれ初める  縁で燻べ初める  艶かしい、居睡を初める  大に動き初める  絹から初める  一緒に登り初める  左に登り初める  軟風に薫り初める  戸毎を覗き初める  流を溯り初める  数を読み初める  声が聞こえ初める  自然分解作用がポツポツあらわれ初める  巻煙草を吸い初める  花より咲き初める  波動し初める  流れを溯り初める  寝息を立て初める  ように見え初める  丸刀を使い初める  



前後の言葉をピックアップ
染め模様  染模様  染谷  染屋  そめよ  そめる  染める  初めれ  染めろ  そめろ


動詞をランダムでピックアップ
熾すすだく捕れ言い尽さ切払っ措か汲み乾せへしおっ嵌めよしとん踏込めひかえよくつがえさこだわる縮らすよも見澄まし甲走っ打ち込みにぎり
形容詞をランダムでピックアップ
正しけれつらから鈍しあらけれ少かっこしわかわかしかっ久しいよんどころな得がたし薄しいとしき大層らしくにぎにぎし晴がましく罪ぶかい残惜しいほしきさうなく