「云お」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 云お[動詞]
折にはどう云おう、こう云お  己も云お  不所存、云お  序でがあったら云お  何か云お  それ以前と云お  物を云お  事を云お  誰が何と云お  今まで云おう云お  悪口を云お  民衆で、馬鹿馬鹿しいと云おうか情ないと云お  ことを云お  鳶とでも云お  それを云お  私のこれから云お  事柄と云お  ドストエーフスキーに就いて繰返して云お  思想体系について云お  礼を云お  大胆と云お  天才と云お  おれの云お  評論家などが何と云お  何を云お  もっと明瞭に云お  何んと云お  わたくしのらしいけれども何と云お  肉体的に云お  もっとも云お  何を考えて云お  僕はどう云お  敢て教えて下さいと云お  僕はただこう云お  中に云お  所謂性格転換とでも云お  ものと云お  事と云お  それは後で云お  もっと先で云お  上では何と云お  マルクスは更にハッキリと云お  自分自身は何と云お  それから何とか云お  深浅ありと云お  から礼を云お  事だけは云お  者が何と云お  それがひとりでに分るまでは何とも云お  櫻川又市と云お  何を考えても云お  順序立てて云お  氏は云お  何事かを云お  女は、云お  高尚と云お  ダイクと云お  服で急いでいるし、云お  寂寥と云お  焦燥と云お  自分の云お  人が何と云お  一角と云お  姿とでも云お  彼女は、せきこんで云お  伸子が続いて云お  一言を云お  彼は云お  お手洗いを、と云お  誇張とでも云お  夫に対してどうしよう、なんと云お  神らしいと云お  言を云お  結婚式と云お  見舞を云お  お礼を云お  夫は後で云お  医者が何と云お  彼の云お  善心と云お  仏性と云お  余裕綽々と云お  捨鉢と云お  前で云お  ものか、云お  ジョバンニが云お  のと云お  顔をして云お  のですと云お  誰がなんと云お  娘はなにか云お  望みはせず、云お  併し再び云お  存在に過ぎないとか、云お  おかみさんが何と云お  相手がなんと云お  そんなら云お  女将が、なにか云お  ように云お  何事をか云お  自分が云お  お子さん達ですと云お  何か思いだして云お  偽善と云お  智と云お  君にそう云お  正直に始めてと云お  誰彼と云お  わたしが云お  医者が云お  結構と云お  悪鬼と云お  蛙とでも云お  一時に行なうと云お  天地人三才を同時にやると云お  親分が何と云お  妻に関して、もう云お  あらたかと云お  何と云お  ように軽く云お  奥様らしいと云お  認識と云お  容体を云お  自然に云お  横車を云お  意見を云お  付き合いにでも云お  淫りがましいと云お  君に云お  ほんとうを云お  幸と云お  不幸と云お  人が云お  鬼がと云お  ちょうだいとまで云お  言語に絶すると云お  連中にそう云お  平気さ、何と云お  気持と云ったら、何と云お  私がどう云お  誰がどう云お  魔がさしたとでも云お  お父さんなんか何と云お  汝に逢ったら、云おう云お  小姓と云お  牡丹桜とでも云お  構えは何と云お  簡明で云お  西洋人が何と云お  彼が云お  児じゃないか、と云お  蘭は云お  誰が云お  事実に即して云お  世間がどう云お  行らっしゃいなんかとも云お  青眼先生は云お  鉄と云お  錐と云お  ものですかと云お  戸さんにも云お  ブルジョア社会科学者が何と云お  それはゆっくりと云お  うそだよと云お  人並ですが、さあなんと云お  少女小説的と云お  不平を云お  苦情を云お  奴等が、どう云お  母が何と云お  云ッたら、何と云お  名づくるとでも云お  二級とでも云お  損得を云お  相手にそう云お  事も云お  大声で云お  荷のかちすぎた又云お  彼自身何を云お  ことだと云お  霊感と云お  相川は、しばらく、云お  変に思われてもならないと思ったので、また云お  ものを云お  うっかり母にでも云お  何のと云お  何んとも云お  参右衛門は一向に云お  抑制を云お  私の云お  全然ないと云お  二十世紀的と云お  現代と云お  時代と云お  極楽と云お  因縁と云お  詩人的気稟とでも云お  棒とでも云お  お前は云お  綿と云お  練絹と云お  主人である、だからおとなしくしなくてはならない、とこう云お  旦那様に云いつけるぞと云お  方から云お  僕は云お  汝を何と云お  彼女は何とか云お  アルセーヌ・ルパンとあえて云お  口をもぐもぐさせて云お  存在しなかったと云お  ひとの云お  殺気と云お  剣気と云お  他界的と云お  夢幻的と云お  おれも云お  美だと云お  ものなら、何と云お  のだが、その云お  魔風と云お  映像とでも云お  



前後の言葉をピックアップ
イエンジュン  イエーツ  イェーナ  イエール  言お  いお  イオ  謂お  イオイナ  硫黄


動詞をランダムでピックアップ
浮きたて射た取り調べよむせびせきあげ延ばさ消え入っ重っあずけれ留めろ落つゆるがなげかはたらけかえれ肯い隣り合わせ寝静まらつきたてるてっせ
形容詞をランダムでピックアップ
辛抱強い口やかまし見にくからえがらっぽく弱々しい荒いめずらしい拙き名高おそろしかろだだっ広い憎き眠かっ色濃くおろかしい冷っこくたわいな分厚かっ早かろ