「輪」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
名詞

[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
輪がある  輪のはじからは大きな恐ろしげなつめたいかぎが出て居る  輪を描いている  輪に集って  輪をとおした  輪をかいて  輪をかいてまわっていた  輪のような姿をみせ  輪をつく  輪くぐりと言ふも  輪にしてやりました  輪にしたといいだしましたから  輪を描いたと云います  輪を描いて  輪を抜け出して  輪は苦渋な涙と一緒に消え弾け  輪となり  輪になつた針金を首に巻いて  輪が出来るだらうと  輪をまわした  輪がはたと静止した  輪になって  輪を作って開いたり  輪の子どもが廻りながら  輪の子どもが口を揃えて  輪をつくり  輪を大きくして  輪をかけた  輪をゑがいて響き出した  輪になったので  輪をかける  輪を拡げて  輪な性情については生れ付きの察しと同情を持っていて  輪になっておくんなと云うと  輪になったよ  輪になっている  輪をえがいて  輪のようにまるくなりました  輪をこわしてしまいました  輪が空中にえがかれました  輪は小さくしぼられていきます  輪が床に落ちた  輪になってや  輪も混つてゐた  輪を設けて  輪をば鍔の如くに篏めて重りとし  輪が笑ひに揺れてゐる  輪の中に加はる者がある  輪は一せいに失笑する  輪のものを完全のものとして評される  輪のようにして黙って  輪に踊る  輪の中に閉じ込められている  輪には抑え  輪に貫ぬきて  輪を描いた  輪をなしてきた  輪をちぢめて  輪にしながら  輪にした  輪をかいて浮いてゆく  輪にふきながら  輪が見えますが  輪をも取り失わない  輪が欠けている  輪を重ねて  輪を描いていた  輪には薄墨にぬらせ  輪にして提げていた  輪をかけて  輪をひろげて  輪などをこしらえて  輪に絡む  輪のある  輪になつてゐますね  輪のやうに一寸見えますね  輪が出来るとすれば  輪のついた  輪に黒い眼を入れて  輪で隈取られてくる  輪を描いてゐる  輪を広げたり  輪になつたものへ真中から出てゐる  輪のやうに群つて生えてゐる  輪と云つてゐる  輪を造る  輪のやうな拡がりかたを見て  輪を巻いた  輪がひつつき合つて出来てゐる  輪が真中よりは下の方に見出される  輪のひだから蜜蝋のうすい層を引きだして  輪の表に縛り付けるか  輪を描く  輪が車を離れた  輪を作って湧き出している  輪を描いて居る  輪に結んで  輪にさせないから  輪をくずして  輪を解いて  輪を作つて踊りました  輪に入らぬ泣き  輪に入りて  輪を作ツて南の方へ飛んで行き  輪を作ッて南の方へ飛んで行き  輪を描かせて  輪に喉笛をしめられて  輪入して  輪になつて廻れ  輪を眺めながら  輪を駆けぬけた  輪をこかそうとすると  輪の下つた耳を掻いて  輪をつまんで  輪のように舞って  輪の中にあった  輪の水勢に連れて  輪をいくらか渦巻の中心の方へ傾きながら走っていた  輪の第三番目にはいっていた  輪に組んで  輪を描きながら  輪をかいていた  輪になって踊りはじめようとしました  輪をとりつけ  輪を描いて廻るのであらうといふ  輪を作つて踊る  輪は皇子の屍を抱いて離れず  輪の骨と交って  輪の遺骨とを収めたと申す  輪の忠誠にお報いになりました  輪をくぐりぬけたり  輪が部屋に運びこまれ  輪をくぐりぬける  輪にしか見えませんでした  輪のほかを出られない  輪を天井にむけて吐いた  輪のようにくるくると廻りながら駆けだしました  輪を畫くと  輪のすぐそとの  輪で支えられている  輪がいくつも見える  輪を縮めつつあった  輪の中に髪を振乱した  輪になりました  輪を廻す  輪に取りすがった  輪はどんどん広がっていました  輪を指の先で描いて見せる  輪をかいて歩きまわったりする  輪を描いてから  輪が重って  輪を叩く  輪になつたと言はれる  輪をつないでいた  輪を首から外すと  輪を吹き上げている  輪が本当に書ける  輪にして  輪に吹きながら出て行く  輪になった  輪はあった  輪の何にふれてか  輪にふいていると  輪の外での災難を意味してつかわれている  輪の中において考えられるべき  輪を畫いて  輪をかいている  輪をち  輪が出来た  輪をこしらえ  輪という処へ参りましたは  輪にかけたのに  輪の影が顕れます  輪を巻いて  輪を卷いて  輪はサツと散ります  輪を吹いて居ります  輪にでもされてから  輪をとりまく  輪をだんだんとこの娘さんの立つてゐた  輪をすらりと魚のやうに脱けて  輪を見返した  輪に吹きながら  輪をかけてゐるからである  輪と自転車のあとは幾筋だかわからない  輪を吹いていても  輪のまわりに籠が幾つもぶらさがっていて  輪が全速力でグルグル廻る  輪は布で巻かれていた  輪をとってさす  輪が急に大きく搖れた  輪をとめて  輪の何處から手をつけてい  輪に吹いた  輪になつて僕を眺め  輪があって  輪をまわし  輪がこつぜんとして  輪であったことは興味がある  輪を闇の中に吹いた  輪を外して  輪の飾りが填めこんでありまして  輪を頭に載せ  輪に生まれついた  輪をつくっている  輪の真中にでた  輪を写した  輪の外をオドオドしていた  輪を作った  輪も所まだらにはげちょろけている  輪を垂らした  輪が掛りました  輪を描くので  輪を一つ作っておき  輪をボルトの把手にかける  輪が解けて落ちるから  輪を足にはめてゐました  輪と名づけられる  輪を掛けて  輪が浮いて  輪に曲げましたが  輪即ちワなる  輪にして付け  輪をざくざくと通したり  輪で束ね  輪を作って  輪を狭めて行く  輪なる世界を造ら  輪をかけていた  輪之丞以下の伊賀衆をポカリと遊ばせて置いたり  輪之丞以下は氏郷出発以前から秘命を受けて  輪から抜き取る  輪を繋いであった  輪に登らした  輪は足に随ってまわって  輪を揺り廻るので  輪が半分めり込む  輪をこしらえて  輪をかけてしまった  輪をかいて流れて行った  輪と一しよに  輪が天井に射し  輪や影は活気づいて  輪をふり仰ぎ  輪を指でおどしながら  輪のような物の中から見える  輪がはまっていました  輪に手をかけると  輪がうつっていた  輪をかけてゆきました  輪が砂利の上を二三間軋ったかと思うと  輪が五六度回転すると  輪が泥の中に埋って  輪の中へ入る  輪をなして  輪を滑らせながら動き出した  輪切になって居りますので  輪を作って踊っている  輪がグルグル渦を巻く  輪にしては吐き出しながら  輪の車庫をすぎて  輪で仕切つて塔のやうに積み重ねられた  輪を作つてゐる  輪を作って見せて  輪になって出滅する  輪になれ  輪を吹きかけて  輪にやられるし  輪にされても  輪をつくってとんでいきました  輪をむりにはめ込んだので  輪がお妃の心にくびり込んではなれません  輪に吹きつつ  輪の釘が一本抜けていた  輪に中って  輪は回るに従って  輪の音が胸を躍らす  輪を作って見せた  輪を飛ばしていると  輪をぶら下げ  輪を作つて居た  輪はちぢまり  輪を吹いた  輪で思い出す  輪のやうな菓子が一杯這入つてゐる  輪の上をぐるぐる廻って歩いた  輪の上にはたりと立ち留る  輪の上でふと動かなくなる  輪の上を離れる  輪の上をぐるぐる廻り始めた  輪がはまり込み  輪があるからね  輪になってしまう  輪がパッとうつ  輪をなした  輪に輪をかけた  輪の中に印されている  輪の形に赤くなっている  輪を潜り抜けたりする  輪のように女の右手を締め付けている  輪が廻つてゐる  輪にふいている  輪を廻しながらやって来る  輪を作り  輪を首にかけているだけさ  輪の虫が歩む  輪を巻きながら  輪が無慮無数にとぐろを巻いてゐる  輪が針金細工ででもあるかの  輪を癒しに来るなら分っているが  輪になりに来るにも及ぶまいに  輪に身を捲かるる  輪を作って飛ぶ  輪を作って列んでいる  輪の絵とでもいうべきでしょう  輪がつき  輪がクルクル廻る  輪にならずに  輪をつくった  輪を離れてゆく  輪な人間ではありませんが  輪入した  輪を造った  輪にして引っかけて  輪の中へ突込んだ  輪になる  輪の清きどよみを聞きながら  輪に掌を置く  輪の中にとびこんで  輪にはねとばされて  輪の中に番をしていて  輪の中へ取りにゆく  輪のおばこに結っていた  輪を廻らしてあった  輪に紛れて  輪になっただけしか  輪に歩行いた  輪の拡がり  輪にして沈む  輪に舞ふ  輪のあとがついてはいないか  輪のあとを見たら言っておくれ  輪のあとがある  輪のあとはどちらにあるね  輪のあとはどうしても左のほうにはついていません  輪のあとのついた  輪がはいっていた  輪になって集まった  輪に舞う  輪貫きに光背のやうに負うてゐる  輪の様にして  輪の結び目を辷らして締めた  輪のほめき  輪に刎ね蚰蜒は反って踊る  輪を卷いて浸してある  輪に競つて飛んだ  輪にもう一つ宙にふうわりと仄あかりの輪を大きく提灯の形に卷いて  輪にしなければ  輪にする  輪にしてやる  輪がかぶさつた  輪をにぎる  輪をおこさなければならなかった  輪にかけてふんばり  輪の蜘蛛がはいあるく  輪の音の群滿ち  輪などを拵えて  輪を動かす  輪は索道をすべって  輪についた  輪にくくりつけた  輪にすがって  輪にすがってさえいれば  輪からからだをほどいて  輪を引きよせ  輪をはめ  輪を送って  輪をひっかけて  輪に出来たとはいえ  輪を鳴らして行く  輪の中にうようよと音もなく蠢く  輪になって輝いている  輪くぐりは呼び物になっていて  輪にしてやろう  輪にされちまった  輪にしたら  輪にしてしまっては  輪に対する同情は追い追い  輪となって  輪に入っていた  輪をくぐる  輪をかけての  輪に吹いて  輪になってしまいました  輪をかけて応じた  輪をえがいたり縮んだり  輪がはめてあるらしいから  輪がゆつくり  輪をひろげる  輪を鳴らして駈け出した  輪の中に立ち  輪を以て幾重にもからげて  輪にとおした  輪を渡して  輪も内容もひろげられ  輪が方々に見えだしている  輪が砂利を噛んで軋り込んで来た  輪の中に蔽い隠してしまうと  輪に吹いている  輪がギーッと軋りました  輪を見上げると  輪のところへ食い上って  輪を画く  輪は次第に一点に縮まらんとす  輪は点となり  輪が出来る  輪に廻り  輪となる  輪を作ります  輪を作している  輪をえがいた  輪をはめていたというじゃありませんか  輪に編んだ  輪を持ちまして  輪になっていますから  輪を囘して遊んでいる  輪さえ描く  輪のお霜を引き取って  輪を畫いてゐた  輪を画いていた  輪へとり  輪の屯までお知らせくださるまいか  輪へひびいて  輪の中へ割って入って  輪をなして並んでいる  輪の外側にもう一つボンヤリした  輪がこれまで発見せられなかった  輪も廻る  輪になつてるのね  輪に吹く  輪の中へ戻って  輪の戒となし給い  輪にまでして  輪は業の焔乗るは  輪をいよいよ濃くして  輪でしめつけて  輪に輪をかけられて  輪にしてやるまでの  輪に通した  輪のように地上に回して来る  輪をつくって  輪はだんだん大きくなる  輪は中門からそとへ軋み出す  輪に輪をかける  輪をまわして遊ぶ  輪でつながれる  輪にかこんで  輪なものになりはしまいか  輪がひろがつていきました  輪がひろがっていきました  輪に結い  輪を描いてころがり  輪をまいて  輪を十重二十重に織り出して  輪でも落ちている  輪を作つて行く  輪の中へ加はつて行く  輪の方を眺め降してゐた  輪の中に沈み込んでしまつてゐる  輪になつてしづかにくるくるとまは  輪をかけて騒ぐ  輪と馬の蹄とは当然昔のような個人的利潤をひらき出さない  輪のうしろから体をはす  輪になって踊る  輪取っている  輪を描いて飛んだ  輪を承知で貰ってくれる  輪をちぢめて来る  輪の母を養う  輪をかけたかとも思われるほど  輪の子ほど可愛さも不憫さも弥増して  輪の子ほど可愛いとかいって  輪を懸け  輪はこう繋がる  輪をかいてゐます  輪を腰に帯び  輪を作ってしまいました  輪の中に入れてしまった  輪をはめて  輪をいくつも持って  輪を一つ受けそこなって  輪をがちゃがちゃいわせながら  輪を五つ持ち出して  輪のふれあう  輪をまわしながら  輪は金色に光っていました  輪を見なかったからであります  輪をまわす  輪をまわして行く  輪の鳴る  輪をまわして  輪は金色にかがやいて見えました  輪をまわして走っている  輪を一つわけてもらって  輪の触れ合う  輪をまわしながら走ってきました  輪をまわしてゆく  輪は金色に輝いて見えました  輪を一つ分けてもらって  輪をかけたほど惚れているのに  輪を吹いていましたが  輪に吹いてはいたけれども  輪に輪をかけたというだけの  輪な幅を掛けてみて  輪の下で食事をしたり  輪にゃなりたくない  輪に腰かけていたら  輪が光っているのに  輪はまっ黒にくすんでいる  輪がないのかと思ったら  輪のことばかり考えていた  輪は硫黄の影響をうけているが  輪が鳴る  輪を留めた  輪を吹き出す  輪にまた或るときは名を知らない  輪を置いた  輪が落ちていた  輪なくして  輪を十本も掛けた  輪の蹂躙に委ねている  輪をほぐした  輪に縛られて  輪ばかり描いて居りました  輪で囲まれた  輪は破れて  輪をもっている  輪から変じて  輪の流星が一所に集まってしまう  輪の速度が上の方のに勝つから従って  輪を表わす  輪の生成に関する力学的説明を与えている  輪の最も内側にある  輪の回転周期からして  輪は地球上を照らす  輪が急に地球上に落下する  輪の生ずる  輪ができる  輪では星雲物質の凝縮した  輪に分裂し  輪となったという  輪ができると考えられる  輪の中で回っていると  輪が一つの遊星に凝縮するには  輪の各部の比重や温度に著しい不同があったとすれば  輪の生成については非常に明瞭な考えを与えた  輪についても同様なことが言われる  輪の軸受けあなへはいっている  輪のように振った  輪になって遊んでいた  輪の故にそんな花売りなんかしている  輪に吹きました  輪を吹きながら  輪を画いた  輪や花形の飾がついていた  輪を描き  輪をだんだん縮めて来た  輪の木履をすぐ釜に投げこむかと思うと  輪を造っている  輪にされた  輪に吹いていると  輪を描くと  輪や花形で飾ってあった  輪舞いのようなものをおどって来た  輪を凝っと眺め  輪を描いて舞う  輪を画いて  輪の疾き趣を解し得たる  輪を染め抜いてある  輪をかけるという  輪を潜る  輪に障らぬまでに  輪が廻って  輪を掛る  輪に残して  輪を造っては嵌め  輪が嵌めてある  輪を嵌めた  輪になって行く  輪になって帰らねばならないだろうか  輪を描いていましたが  輪が大きくなる  輪の実もあった  輪がめぐる  輪が丸くつながる  輪の端が強く相手を打つと  輪のうちに算える  輪があげる  輪を描け  輪を作って梳き残されておりました  輪が書いてある  輪はたびたび道のふちの草の上を通りました  輪は両方下の方で集まって  輪のようなものが出来ていた  輪が狭まってくる  輪の様な形のものになつて居るが  輪を取りつけ  輪でもはずす  輪を餌物の首にひつかけようと  輪から遁走しようとはしない  輪で剥き出す  輪に散らした  輪を掛けて違っていたに  輪の前をぐるりぐるりと柄杓を上下に振って廻った  輪の真中へ立って  輪ができ上がると  輪を頭の上でふりまわしながら  輪が造れる  輪を画いて舞っている  輪が造られて  輪が自分の足に触れたかと思うほど  輪に輪をかけて話して  輪にされて  輪の運動を注視していた  輪を取られた  輪を鳴らせば  輪を書いた  輪を付けておく  輪の軋むがごとく  輪を付けて  輪を横に並べて  輪を書いて  輪のがらがらと鳴る  輪まはしに駈けめぐる  輪を畫いてゐる  輪の上をぐるぐる廻り出した  輪の上を何遍も廻った  輪が見えた  輪にしてやる  輪のように並べ立てた  輪どっている  輪をかけ  輪のように何かぴったりしない  輪を打つて  輪を画いてゐます  輪ができて  輪をあけた  輪に挟まれながら  輪に挟まれて  輪切るか真っ向を割り付けるか  輪の安定性に關する  輪は數多の月が輪を構成せねば  輪にしてさげた  輪が歴然と残っていた  輪生した緑の葉がだんだんに黄緑色に変わって来る  輪は九度も花嫁の周囲を回った  輪のみずらを紫のぼかしの元結いでくくった  輪にでも触れた  輪をつくって歩いている  輪が静止した  輪のしぼりは  輪にされ  輪をもってかけずりまわっているわ  輪にしたり  輪をえがけ  輪が烈しく廻り出した  輪につくって  輪をつくっては遊んでいた  輪の中にはいつも顔見知りのお竜ちゃんがはいっていた  輪をつぼめていったりしていた  輪をかけて嵩じて来た  輪の中に流れ込んで見えなかった  輪でなきあ溜らんね  輪は一つの波と打ち合う  輪のように灯がついた  輪をかく  輪を描いて見ると  輪の外に出てゐる  輪であるということになる  輪に卷いて  輪が高く廻った  輪を描いて踊っている  輪がかいてあった  輪を掛けた  輪をぬめらせた  輪が一廻転する  輪がぶっつかった  輪回している  輪が幾つもできて  輪にさせずにおきたかったでありましょう  輪のところを持ってひろって  輪をうつした  輪が稲の茎に切られながら  輪をとる  輪の里に力強き女がいた  輪切になった  輪になってとんだと思うと  輪になってまわっていた  輪をもった  輪のきめる  輪などがきめる  輪は野菜畑へ出られないでしょう  輪などはたいていの資格を具えていますがね  輪のきめた  輪に悪いと云われても  輪の中央のサドルに腰をかけた  輪のような物がぐるぐる回っている  輪の後なる佐伯造と同一なりや否やを明かにせざれども  輪はそれ自身佐伯部にして  輪に包まれた  輪は窓から出て行った  輪を一つ一つかけながら  輪の真中の円の内に仏あり  輪を為せる  輪をかけたりした  輪が少し後ろへ下って  輪の空にながきをたぐりませ捲かれて往なむこの  輪を巻いてかくれてゐた  輪が道のこわれかかった  輪の所へ来る  輪を作ると  輪へ突っ込む  輪が強く喉を締め  輪をひろげて来た  輪を段々ひろげて  輪は格段と拡がった  輪の行く手を稠密に観察する  輪がかなりのひろさに円を描いて  輪はいつも一筋の常識の綱につながれていて  輪をかいたが  輪になりて唄う  輪に加わる  輪に成りて  輪がきら  輪が幾つも列なって  輪にまでなりゃがって  輪になし  輪を描いて見せて  輪にふいて  輪を重ねた  輪を画き  輪をこわして  輪の外へとんでくる  輪に輪をかけて  輪でいるよりも  輪を治してくれる  輪でいた  輪に生れたばっかりに  輪でいながら死にたくないか  輪を描いていて  輪のような形でぐるりに近いところだけを巻いている  輪になってたなびいている  輪に截った  輪がなわて  輪は京をさして徐かに軋って行った  輪の音を高く軋らせながら行き過ぎてしまった  輪になり  輪が脱れたりして  輪のでた  輪になりかかっている  輪がまわる  輪をえがいてころがりながら  輪にあんで  輪の十倍もあったでしょうか  輪をかいて飛びながら  輪をかいて飛ぶ  輪のようになった  輪をかいて飛びました  輪になっていて  輪になってゐて  輪に吹いてみる  輪を両手に拡げて  輪に輪をかけて話して置いた  輪にみえたが  輪じみた大きな姿を運動場に暴露したくない  輪になっていると言いました  輪になって行きつつある  輪を作ってみせた  輪を右目に当て  輪の心的現象とは違う  輪になってめぐっている  輪が大変沈んで  輪の跡が残っていたが  輪につなげ  輪が動いています  輪を掛け  輪の一くさりとなれる  輪の事を考えれば  輪だって云い歩いた  輪の方を左に向ける  輪の形をしている  輪から撥ね出してくる  輪をくぐり抜ける  輪を描きながら言った  輪を描いて飛びながら  輪が滑り始める  輪を取  輪を画きて  輪を投げる  輪に手を持った  輪を投げた  輪の重さと旋回の力を考え  輪をひろげてゆくばかりである  輪をえがき  輪をちぢめると  輪にしてしまいたがる  輪におなりになった  輪が出来て  輪をいれた  輪が出てきたというにすぎない  輪をかきながら  輪を入れる  輪の廻る  輪を潜って飛ばせて見て  輪っこに結うていた  輪をくうわ  輪の中へ顎を引っかけて  輪の間に突っ込んで  輪がついていますね  輪の上に飛行機の胴をねらう  輪のぎいぎいまわる音を連想したからであったろう  輪にかがって  輪のように口をひろげ  輪のなかから見る  輪だということも知っている  輪を強く引き  輪の踊る  輪であると云う  輪を治そうとする  輪を作る  輪になって踊って廻っている  輪の線を辷らしながら  輪の中に這入って見ようかと  輪をえがいては  輪にささえられて入る  輪まで進んで来た  輪にはいった  輪のようなものまで置いてありましたので  輪にしてしまいたい  輪にひかれた  輪を破るには  輪へ行って  輪へだけ廻るとしよう  輪へ行って来ます  輪をこわしてしまって  輪をキラキラさして遙かの山すその岡の赤い曼珠沙華のかげから寢ころんで見た  輪がかけられていた  輪に両足をかけ  輪を描いて廻って居るばっかりであった  輪に時々小礫がぶつかって響く  輪を描いて飛んでいた  輪を突き抜けようとしていた  輪を描いて飛ぶ  輪をつくりました  輪をかいて飛んで行く  輪の中心に不覚にも洩らしてしまった  輪を取り囲んで  輪の跡がグッとへこんでるから  輪のついてゐる  輪をからから廻して  輪を段々せばめて行って  輪を潜って  輪も夜が更けると  輪のなかに照らし出されて来る  輪に舞っているかも知れん  輪が一つの灰色に見える  輪が開く  輪の跡が二本走っている  輪に廻って  輪を大きく腕いっぱいに占める  輪を膳の上に描いた  輪が狭くなった  輪を染める  輪を現出して  輪をかけている  輪になつてゐた  輪のまん中を通りぬけると  輪のまわる  輪の上にもとんだ  輪を持って立っている  輪を足許へなげすてた  輪を造りて  輪が回りはじめたと思う  輪がへって  輪がかけました  輪を一つおっことしていますからね  輪を体の力でやぶらねばなりません  輪にかこまれて  輪とその中の独自な輪との関係をはっきりさせていないと  輪として友人がある  輪につつまれる  輪を作って立っていた  輪に加わらせようとした  輪が大きくなり  輪を二重にしなければ  輪に加わらないでいる  輪に摺り寄った  輪の台が附けてあります  輪を吐きながら答えた  輪をつくって踊っている  輪を薄い耳の肉から外して  輪をつくって坐りました  輪になって坐りながら  輪を何とかおさまる  輪ある淡黒き沼なる舟師の鬚多き頬はし  輪より成る  輪をつくれり  輪を大きくし  輪には人の爲に女を欺ける  輪には己のために女を欺ける  輪を吐いた  輪はごっとりと小石を乗り上げ  輪がひと廻りし  輪のごとく星のめぐりのいとおそき處にのみ行けり  輪の中にあり  輪はさかさまに刃にむかひてめぐる  輪に從ひ  輪の間の地ひらくがごときをおぼえ  輪と解す  輪となって消えて行った  輪となった  輪の人力車がありました  輪のあいだに逃げこみ  輪を社会に転進して  輪な人間になってしまうという  輪という事を御話しし出したから  輪の所置について一言申上げて  輪に結び  輪を拵え  輪を勘定するらしかった  輪を取つて  輪にお纏きになり  輪に纏かれていた  輪に加はりてめぐりつ  輪となしき  輪のめぐりつ  輪の周圍のいと高きところの殘し  輪の外に一の圓を造りゐたるを見きとおぼえぬ  輪の邊に見しみたりの  輪に見るごとき  輪に適ふ  輪はセラフィニとケルビとを汝に示せり  輪に關はる  輪を作りて  輪の邊に立てる  輪を造れる  輪を見  輪にいたれば  輪を卷くをいふ  輪を量るに  輪の次第に見えずなれるを  輪をゑがいて城市の空高く舞ふその  輪といふ程目立たなくも  輪の外に源太が跳り出ずにあろうか  輪が肉に喰い入って  輪を画いて漂うていた  輪からはずれて立って  輪にして吐き出しながら  輪がをどる  輪は淀んで  輪がまたそれに合せて踊り始める  輪に点ちつつ  輪を小さくして  輪をかいて泣く  輪に飛びついて  輪をつくっていた  輪をつくる  輪と捲ける  輪ができ  輪のところあるの  輪のところがある  輪を描いて浮いてゆく  輪で守護して  輪をこし  輪をキラキラさして遙かの山すその岡の赤い曼珠沙華のかげから寝ころんで見た  輪が巡っていない  輪をなして踊る  輪をはずしとくかな  輪の三分くらいで二本鈎にする  輪も廻らぬほど  輪をつかひわける  輪をなして跪かせた  輪を編んだ  輪を鉄管の先端にうまく篏め込むと  

~ 輪[名詞]1
車の輪が  楕円形の輪を  堕落に輪を  鼻に輪を  それは輪の  月が輪の  ゆるやかに輪を  社で輪  神殿にある輪を  螺線状の輪を  呪ひの輪を  窮屈な輪は  骨格になり輪と  んと輪を  人の輪が  手を繋いで輪に  周囲の輪の  これは輪の  者が輪に  大指とにて輪を  ゆたかな輪の  #ブレークという輪が  理解してゆく輪が  学問に輪を  世界文化をつなぐ輪  疑いに輪を  騒ぎは輪を  綱の輪は  綱の輪に  光の輪が  人々が輪に  八分咲きの輪も  左右兩側に輪を  石製の輪をば  聴衆の輪が  覗き込む輪の  指を輪の  水の輪の  親の作った輪の  珠の輪には  薔薇を輪に  捕縄を輪に  けむを輪に  外に輪が  一つの輪をも  鎖の輪が  知慧の輪の  自転車の輪の  明滅の輪を  走り車の輪には  あけび蔓を輪に  上の輪に  下の輪に  これに輪を  大小の輪などを  車の輪に  空なる輪の  いくつかの輪の  がまたくつついて輪にな  所に出来る輪の  毎年一つの輪が  鉛色の輪で  中心にした輪を  見物の輪を  葉が輪に  葉の輪の  きのこが輪の  魔物の輪と  魔物の輪なんて  珍らしい輪の  外側は輪を  幾つもの輪が  まれた輪が  ゆずり葉を輪の  陰影が輪を  それを輪に  青年と輪を  小鳥が輪を  捕縄に輪を  縄の輪に  色彩を輪  仔牛廻れ廻れ輪にな  踊りの輪を  捕縄の輪を  翡翠の輪の  南京虫の輪を  空を輪の  一番外側の輪の  二の輪を  渦巻の輪の  小指を輪に  螺線の輪を  踊りの輪に  庭で輪を  以て売輪の  それに輪を  人たちが輪に  光の輪にしか  煙草の輪を  右手を延ばして輪を  人の輪の  鉄の輪で  包囲の輪を  符の輪の  はりに輪に  まわりに輪に  それさへ輪を  輦の輪に  書き込みの輪は  上で輪を  光の輪を  たくさんの輪が  酒桶の輪を  たる火の輪を  監督は輪に  綱の輪を  ぱりと煙草の輪を  煙を輪に  綱を輪に  車の輪の  雲井を輪に  傾向に輪を  戦争によってひきおこされた輪の  戦争の輪の  間を輪を  女の子が輪を  箕の輪という  數珠を輪に  大な輪の  人間の輪は  顔をしておどりの輪を  車の輪と  光の輪の  車の輪は  組合員が輪の  煙の輪を  循環する輪の  酒に輪を  煙草を輪に  煙の輪の  煙の輪が  烟の輪を  カネの輪の  黄金の輪を  女が輪の  円るい光の輪を  漁夫達の集っている輪の  腹に輪を  呑気さに輪を  自分に輪を  ような輪を  緋鹿子の輪が  朝鮮側に輪を  結び方の輪を  鉄の輪を  水の輪が  糸を輪に  金属の輪を  金の輪で  顔が輪を  まわりに輪を  乱痴気騒ぎは輪を  おぼろな輪を  此の輪之  味のある輪から  兄貴に輪を  円の輪を  護謨の輪が  自転車の輪が  麻紐で輪を  麻紐の輪を  煙の輪と  光の輪や  光の輪と  光の輪も  みどり色の輪を  何かしらぼんやりした輪の  二つの輪が  ゆつくりと輪を  帯の輪の  馬車の輪が  去来や輪を  一しよに輪にな  針鉄の輪を  藤蔓の輪を  十糎ぐらいの輪  手を繋ぎ合い輪を  子供達が輪を  器用に輪に  魔法の輪を  三の輪の  議論癖が輪を  ヘギの輪で  人差指で輪を  虹が輪に  風にさからいながら輪を  烟を輪に  巴の輪は  空車の輪の  椰子殼製の輪を  朧ろに見える光りの輪を  旋回の輪は  椰子殻製の輪を  リーゼガングの輪でも  粉の輪で  自発的に輪を  鉄の輪の  烟草の輪を  半分以上車の輪が  光で照らされた輪の  二本で輪を  智恵の輪よりも  輪に輪を  周囲が擦れて輪の  火の輪を  音楽隊が輪を  鋼鉄の輪の  眼には輪が  空馬車の輪を  空中に輪を  髪の輪が  一つ一つの輪が  稲の輪の  鳶が輪を  レモンの輪が  誰も輪を  我が国へ輪  胴を輪  シーツを輪に  煌の輪の  平らにだ輪に  ドルスは輪の  回りに輪を  荷車の輪に  鬼が輪の  ように輪を  人の輪に  袴して輪に  影を輪に  水の輪に  ここに輪の  太鼓を輪  二重に輪を  一端を輪に  息づみにひたぶる咽ぶ輪の  蚯蚓も輪に  タッタ一つ微かな輪を  自動車の輪に  仄あかりの輪を  力綱の輪を  力綱の輪にかけて  尻尾で輪を  一家内中が輪に  木の輪の  索の輪を  索で輪に  両手で輪に  索の輪から  銘々に輪に  メタルが輪に  火の輪  はりに輪にな  灯影の輪に  介に輪を  侯爵夫人かず子が輪を  乍ら煙草を輪に  父に輪を  五年前に輪を  気勢に輪を  手が延びたり輪を  先代に輪を  細引へ輪を  金の輪が  車の輪を  鉄の輪を以て  真鍮の輪に  合鍵の輪を  お松に向って輪を  共感の輪も  立ち話の輪が  すぎ港町とろろと鳴きて輪を  人力車の輪が  真っ黒な輪の  車井戸の輪が  銀の輪を  面に輪を  一つの輪が  光と輪との  金の輪と  人の輪を  周囲を輪に  遠くに輪を  山家踊りの輪を  清盛に輪を  人の輪  それへ輪を  金の輪を  小っちゃな輪に  鈴の輪を  鎖ベルトは輪に  三つの輪を  時は輪さえ  車座の輪へ  直義は輪の  一列に輪を  土星を取巻いている輪ほど  従来人の知っている輪の  一つボンヤリした輪の  金口を輪に  煙の輪にな  此世車修羅を行く輪は  竹の輪で  ほうにまわして輪に  車の輪や  例によって輪に  周囲に輪を  主人は輪に  手をつないで輪を  子供が輪を  花の輪で  花の輪と  日が輪を  波の輪が  杯は輪を  きれいに輪を  空想の輪を  金の輪でも  踊の輪を  踊の輪の  時踊の輪の  幻滅の輪の  両手で輪を  圓い輪を  鳥の輪を  強大に輪を  人だかりの輪の  大勢が輪に  髪が輪  内容に輪を  雷師匠に輪を  厭味に輪を  車の輪も  横に輪を  中に輪を  いくつもの輪を  五色にぬった輪を  金の輪の  金の輪は  時刻に輪の  二つの輪を  それが輪に  荒繩の輪と  銀の輪が  パイプの輪は  銀の輪の  銀の輪も  銀の輪は  名犬の輪  方で輪を  波が輪に  腕の輪に  大まはりに輪を  乳の輪が  輪投げの輪が  栄枯は輪  茎をつなぎあわせて輪を  繩の輪に  後の輪が  一つの輪で  星を取巻く輪の  態の輪は  土星の輪が  一つの輪から  方の輪の  土星の輪の  彼は輪の  地球の輪は  星雲から輪の  まわりに輪が  ガスの輪に  液体の輪と  微塵の輪が  海王星の輪が  土星の輪についても  じょうぶな輪の  懐中電灯を輪の  子供たちが輪に  身辺に輪を  ところには輪や  茫然と輪を  針金の輪の  静かに動いて輪を  伸びやかに輪を  ぼんやりした輪の  煙管を輪に  冒頭は輪や  催馬楽という輪  水の輪を  やうに輪を  茶の輪を  縄ぬけ輪  反芻して輪を  ぐると輪が  化物沙汰に輪を  ままの輪に  アウリカルクムの輪が  水煙から輪に  水を捌く輪が  一つの輪を  葉が輪  踊りの輪が  竹の輪の  俥の輪が  灯皿が輪を  不吉な輪を  手拭の輪を  三つの輪が  下に輪が  顔の輪が  日野に輪を  紫雲英で輪  此竹の輪の  細竹を輪に  紙貼りの輪  丁度金の輪でも  針金の輪を  針金の輪から  指の輪で  横歩行きに輪の  指を輪に  じゅず玉の輪が  じゅず玉の輪を  それが輪を  ように輪が  絹紐を輪に  踊りの輪の  雪に輪を  足の輪を  吸口の輪を  旋風を起して輪に  彼女が輪  光明の輪を  周辺に輪の  ものが輪  土へ輪を  伸びたり縮んだり輪に  佛壇の輪を  群が輪を  紫色の輪が  二つの輪の  土星の輪は  月が輪を  所で輪に  帯皮を輪に  間隔をおいて輪  ものが輪を  舞踏の輪は  トラックの輪にでも  心の輪の  板を輪に  以前に輪を  これで輪を  草場に輪を  お互いに輪に  車の腐った輪の  群衆の輪は  町には輪の  カドリールの輪が  圓心にして輪を  いくつも輪に  漆の輪が  苦しみに輪を  燈火の輪の  平面が輪  主観的関心の輪の  中に輪が  波紋の輪が  パイナップルの輪  上を輪に  三つの輪に  三つの輪の  大根の輪に  小き輪の  煙の輪は  懸念の輪を  稲穂の輪  両手もて輪を  二重の輪を  鬼輪を抱き輪の  外の輪に  前に輪を  喧嘩に輪を  空騒ぎの輪を  虹の輪の  山際に輪を  蛇が輪を  私に輪を  みんな一所に輪を  一方を輪に  針金の輪へ  針金の輪が  取材の輪を  観察の投げ輪を  作者の投げる輪は  烏出でて輪に  乗つた俥の輪が  方の輪は  ところで輪に  煙草のけむり輪に  紅の輪を  手の輪を  鬼火などと輪を  集りの輪の  熱帯は輪の  葉巻の煙りが輪に  真中から輪に  毒蛇の輪の  ここから輪  兒が群れて輪に  脱けたり輪が  ほうが輪を  生活の輪を  世界の輪の  一つの輪に  生活の輪が  花を輪に  水車の輪の  銀翼が輪を  ように輪に  紐の輪を  先生自慢の輪の  ひとつにつながった輪を  山が輪に  手を輪に  計量器の輪が  むらさきの輪を  トロロと輪を  蚊が輪を  頸に輪を  動力である輪の  林檎は輪の  炎の輪を  人力車の輪を  がち撓まぬ輪を  大空に輪を  間をくぐりながらたわまぬ輪を  事などを輪に  木製の輪を  矢声をはなって輪を  手に持った輪の  らいを定めて輪を  線の輪を  ひとつの輪が  酒桶に輪を  庭へ出て輪を  照準具には輪が  ぼんやりと輪を  時は下がっている輪を  五色の輪の  一同が輪に  細かな輪の  鼻柱へ輪の  地上に輪を  二十あまりの輪を  十五の輪まで  まん中の輪に  前後に輪を  箕の輪へ  箕の輪へだけ  片一方の輪を  足を輪に  綱の輪が  端の輪に  そばに輪を  銀の輪に  さっきまで笑いながら輪を  空に輪を  まわりにつめかけて輪を  火が輪を  白墨の輪を  のは輪では  火は輪に  藁で作った輪を  踊りの輪も  あなたの持ち輪を  手をつないで輪に  灯かげの輪の  鳶が輪に  者は輪を  黒白の輪が  荷車の通った輪の  あとを輪  袖も輪に  顱巻の輪を  圓の輪を  下品さに輪を  ざわめきに輪を  艇は輪に  救援艇の輪の  針金を輪に  電光のとびつく輪を  電波をだす輪を  花輪車の輪を  成長の輪を  文壇的イリュージョンの輪に  独自な輪との  中の輪として  光の輪に  中央に輪を  俥の輪に  下に輪の  とき紐でこしらえた輪を  鉄の輪  炎の輪  巨岩の輪より  一の輪を  百の輪を  こと能はざれば輪を  二の輪と  外の輪には  もの内の輪には  秘密が輪に  光の輪は  一の輪の  二の輪  一二〇右の輪の  一二九左の輪の  淑女等は輪の  方なる輪に  われ輪と輪の  左右の輪  形左の輪に  はり殆ど透明な輪の  透明な輪と  透明な輪に  理想の輪を  思想の輪を  下で輪に  麻縄で輪を  一つの輪の  珠数の輪を  蔓の輪を  ところに輪に  髮の輪に  永遠の輪に  さきのごとく輪に  一の輪と  榮光の輪の  どこの輪の  二の輪の  右の輪の  六の輪に  これらの輪に  二つの輪は  二個の輪を  九個の輪を  二の輪は  すべて九個の輪に  七の輪に  前の輪を  天使の輪を  天使の輪の  皆が輪に  大幅な輪を  工風の輪の  静けさの輪を  生活の輪は  ひつそりと輪を  踊の輪は  踊の輪に  楕円形な輪を  自転車の輪に  玉の輪と  指で輪を  色彩の輪の  帯の輪で  流転の輪が  辛辣に輪を  さ退屈さに輪を  人が輪を  五色の輪を  数百人の輪  空のかがやきに輪を  花の輪を  感光膜の輪を  

~ 輪[名詞]2
その輪  小さな輪  くるくる輪  大きな輪  もともと輪  そういう輪  少し輪  暗い輪  美しい輪  だんだん輪  一層輪  ゆらり輪  青い輪  たちまち輪  黒い輪  白い輪  なにとて輪  黄色く輪  ぐるぐる輪  まるで輪  丸い輪  円く輪  ゆるい輪  丸く輪  大きい輪  せまい輪  つと輪  ひろい輪  この輪  ずんずん輪  ちいさな輪  おもたい輪  今にも輪  円い輪  同じ輪  更に輪  せっせと輪  ゆるく輪  益々輪  太い輪  浅く輪  幾重にも輪  小さい輪  時に輪  明るい輪  黄色い輪  まるい輪  いっそう輪  かなり輪  赤い輪  又輪  よく輪  薄い輪  転輪  大きく輪  グルグル輪  青黒い輪  ときどき輪  さっと輪  ますます輪  もっと輪  クルクル輪  ぐるっと輪  悠然と輪  広く輪  しだいに輪  いつかしら輪  こんな輪  低く輪  どんなに輪  まだ輪  うすく輪  ちかき輪  大いなる輪  こういう輪  多き輪  わざと輪  

複合名詞
地輪水輪  七輪  輪者  輪奐  一輪五銭  一輪いくら  芍薬二輪  藪椿一輪  一輪  浮き輪  九輪草  ぐる火輪  輪船已在愛蘭湾  輪船  三輪  花一輪  帯輪  口輪  舵輪  大火輪  火輪  汝大火輪  輪掛金  輪もの  三度輪  四輪車  三輪系統  ただ一輪真赤  摧邪輪三巻  摧邪輪  邪輪  今一つ輪  腹輪  数珠輪  輪締め  鞍輪  三輪会館  ゴム輪  此七輪  三輪事  輪投遊び  四三輪  輪鉄  オート三輪  オイオイ三輪ちゃん  三輪ちゃん  三輪坊  此指輪  輪飾  輪切  一輪コップ  太輪  一輪胸先  輪一つ  輪位  捨曲輪  輪踊  握り輪  八輪  輪縄  こいつア片輪  胴輪  二輪  大和三輪  十数輪  輪道  佐伯部売輪  その後売輪  輪光  輪廊  煙輪  天福輪  剣輪  舵輪台  咽喉輪  梅花一輪  自ら口輪  二輪荷車  四輪馬車  輪止  五六輪  輪車  三つ輪  三ツ輪  皿輪  とき安車蒲輪  十八九輪  一輪二輪  二三輪  輪陣  剣輪違い  輪王寺  輪索  千輪咲き  四輪  金紋護謨輪  輪代  一輪二月廿四日  一二輪机上  輪鍵  づされたまゝの輪鍵  一品親王輪王寺宮  火輪船  眉輪王等  鍵輪  外曲輪  春輪  歯輪  輪根性  輪パン一ルーブル  輪轉  輪聖王  四人輪  一結び輪  一輪づゝ  千々輪五郎左衛門  グッドリッチ金剛石型輪底  宏壮輪奐  なか一輪  輪乳  輪ぐらゐに  月一輪  町野輪  輪金  輪画  一輪挿  一輪花瓶  廻り輪乗  輪揺曳  時三輪  二輪馬車  如意輪堂  みんな輪  輪模様  輪王寺擁立挙兵策  輪燈  一幹千輪  村輪次而舞  事輪  松輪崎  松輪  雪輪  一輪畳  護謨輪  輪紋  五つ輪  一輪づつおんなじ本  輪王寺宮  一輪二輪  横輪  これ輪船  万里雲晴月一輪  二輪車  後輪  三輪神社その他諸国  奈良県三輪  三輪逆  寄す一輪花  無蓋二輪  輪骨  殆ど輪  十輪以上  輪線  輪扁  輪数珠  新曲輪  程七輪  輪格  上野輪王寺  十輪院  輪かく  三輪あと  輪結び  火輪車駛  輪入  その他雲輪光  輪後光  輪棒  輪同志  布巾輪  二輪空寂  輪違その他  輪違  三輪明神  三輪大明神  国三輪  国三輪大明神  輪踊り  奥曲輪  一二輪  細輪  梅一輪  輪音  輪轉機  三輪鶴  大阪三輪鶴  つて一輪  釣輪  輪開  空輪  二輪淡紅  土塁曲輪  海竿三輪  耳付一輪挿  薔薇数輪  上野輪王寺宮  如意輪  輪たち  苦輪  報輪塔  輪塔  汲井輪  輪宝  二輪づつ花  輪連中  人輪飾  一号輪飾  糸輪覗き桔梗  輪帯  地輪峠水輪峠空輪峠  まこと地輪  水風輪  白日輪  二輪加師  猿芝居二輪加  天気輪  輪轉器  水車輪  瑞輪寺  谷中瑞輪寺  輪伸  博多二輪加  大阪二輪加なぞ  博多仁輪加  仁輪加  二輪加  仁輪加精神  輪組  輪かざり  輪蔵  白ばら一輪  瓦斯七輪  姉輪平次  姉輪  唯一輪  花唯一輪  菊一輪  輪ちがい  一輪差し  ただ一輪  輪回  輪回八回  全部ゴム輪  輪筒  び輪  幾万輪  大和三輪初瀬  一つ輪  推進輪  眼輪匝筋  三輪式神話  塵輪  輪先  輪丸  ところ三つ輪  式輪轉機  高速度朝日式輪轉機  高速度輪轉機  五六輪買  東京市芝区下高輪  輪田  老女輪田  輪田夏子  主婦輪田  殺人女輪田夏子  先刻殺人女輪田  輪田長三  殺人女輪田  牢死人輪田夏子  老婆殺し輪田夏子  且殺人女輪田夏子  輪田夏子さん綽名松谷秀子嬢  件イヤ輪田夏子  一曲輪  輪型  半ば輪  暈輪  二三輪香り  皆輪  水輪  只一輪なでしこ  輪辺  輪十六  輪羽  三輪あたり  三輪街道  千住三輪街道  千住三輪  数輪  六輪  輪ん中  三輪自動車  花一輪ひとり  タンポポ一輪  輪武士  椿一輪  二輪咲残つて  曲輪  九輪  名花一輪  輪珠数  一倍輪  三輪博士  唯二三輪  輪王寺宮慈性親王病革  輪環  白蓮一輪  輪回轉生  輪王寺門跡  東叡山輪王寺  二十九日以来鎌輪  三輪自転車  顕佐伯部売輪  帳内佐伯部売輪  輪様  紐輪  山里曲輪  生死輪  鬼輪  輪寶  烟草輪  投輪みたい  浦輪  木輪  女優高輪芳子  通り片輪  群れ輪  後月輪東陵  輪王寺宮使僧  転輪聖王  三四人輪  白輪爪先  桔梗二三輪  赤輪  一生涯片輪  ゴム輪の  三輪寿壮  初め一輪二輪  七輪二つ  輪違い  輪細工  八葉剣輪違い  夜半輪  円輪  咽輪  馬車二輪  天神髷三ツ輪  ゅうのかごのなかの輪  輪鉦  輪鉦形  如意輪観世音  輪式  鯨高輪  輪カンジキ  花一輪仇  輪柳  一輪勁  輪喚  輪切大根  輪大  大体輪  輪中空  人輪  字上落合三輪  上落合三輪  輪型陣  七輪一つ  数百輪  輪列  因果転輪  日蓮上人最初轉法輪  一二輪机  中輪の  滑走輪  舞輪  把輪  只一輪真赤  誇示的輪奐美  孤輪車  輪鰭みたい  篠輪絣  白菊一輪  一輪今朝  茅輪潜  毎年茅輪  一輪椿  三輪族  輪麺麭  間内輪  輪の  輪風情  丸輪五徳  経輪  鳩輪  輜重輪卒  輪車靜  如意輪法  のち輪  さっき七輪  われ輪  輪未  咲き一輪  けさ二輪  輪畫  七八日輪  輪げ  輪これ  四二輪  六六日輪天  三輪山神婚説話型  生れつき片輪  輪心  輪ぎりにしたもの  官幣大社三輪明神  中曲輪  西曲輪  人質曲輪  線輪  麗姿四輪  二十輪  七八輪  輪囘  ぴいひよろ輪  輪者達  速水輪太郎  速水輪太郎氏  輪太郎さん  科学者速水輪太郎  速水輪太郎さん  いま速水輪太郎  怪科学者速水輪太郎  輪太さん  輪太郎  科学者速見輪太郎  足輪  寒机一輪花  輪田岬  輪毛  輪パン  



前後の言葉をピックアップ
ゎくこうや  ゎっとなった  ゎっとなり  ゎりんの      和泉屋  輪ゴム  輪袈裟  和が


動詞をランダムでピックアップ
ぬきんでるよじのぼる開き直る寄り添い額づくことづける片寄せつづけるまとま過そ蒸らせつまみだし極まれ息巻き呉れれ引き戻せる失は渇かしもやっ
形容詞をランダムでピックアップ
汚らしかっ情けな余儀なから晴がましいながし恨めしきおぼつかなけれ人がましいたわいなききいろい思いがけなきとめどなき気持ちよい疑わしいむずかしかっいさましくほど近