「和泉屋」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
名詞

和泉屋[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
和泉屋がいうと  和泉屋が言うと  和泉屋の名を筆太にグイと胡粉で抹殺してある  和泉屋が殺られてしまう  和泉屋が今晩やられると言っただけだ  和泉屋はたぶん明けがたまでに殺られてしまう  和泉屋が殺られる  和泉屋の命ひとつを賭けた  和泉屋が殺られるという  和泉屋の名を抹殺してあった  和泉屋をのけて  和泉屋が笑いながら  和泉屋が蕃拉布で首を締められて  和泉屋が熱さに逆上たと見えて  和泉屋の店先へ遣って来た  和泉屋に連れられて  和泉屋は不恰好な長い二重廻しの袖をヒラヒラさせて  和泉屋は突如に高声で弁り出した  和泉屋は反り身になって  和泉屋はほくほくもので帰って行った  和泉屋が言い出した  和泉屋が次の間へ行って見た  和泉屋へ行くと言って  和泉屋の楓と云う  和泉屋の若い息子角太郎がうしろ向きに横たわっている  和泉屋で素人芝居がございました  和泉屋の若旦那が六段目の勘平で切腹すると  和泉屋でも大騒ぎをして  和泉屋の大旦那がまだ若い時分で時々遊びに来まして  和泉屋の方で引取った  和泉屋のおかみさんがその事を聞きまして  和泉屋の方へ渡してしまいました  和泉屋へ出這入りをしていなすった  和泉屋のおかみさんが若旦那を殺したというには  和泉屋へ貰われてから  和泉屋の店へあばれ込んで  和泉屋へ行って  和泉屋の息子はとうとう死んだ  和泉屋のせがれも飛んだ  和泉屋のおかみさんが何か係り合いがあるとでも云う  和泉屋の仲ばたらきのお冬という女に手をつけまして  和泉屋の嫁に致しても  和泉屋へ行きなさる  和泉屋へ乗込もうじゃありませんか  和泉屋と染めた  和泉屋の若い者六人いず  和泉屋だと云うくれ  和泉屋の女房おさきが同じく暗い顔をして坐っている  和泉屋の古い暖簾に疵が附いて  和泉屋という大きな清酒問屋があった  和泉屋が尾行してゆくと  和泉屋はすっかり胆を潰してしまった  和泉屋はまたあとをつけた  和泉屋は自分だけ知ってる  和泉屋は何もかも忘れて  和泉屋を見つめている  和泉屋の額部に砂がついた  和泉屋の上酒を熱燗で一ぱいきゅうっと引っかけなければ  和泉屋を訪れ  和泉屋が嬉しがった  和泉屋の主人は上の空で暮らした  和泉屋を釣りだし  和泉屋で素人芝居のあった  和泉屋で年忘れの素人芝居がございました  和泉屋の事件というのは半七も聞いて知っていた  和泉屋の総領息子の角太郎が早野勘平を勤める  和泉屋の店を出た  和泉屋の旦那が時々遊びに来まして  和泉屋で引き取った  和泉屋のおかみさんが其の事を聞きまして  和泉屋の息子にこうした秘密のある  和泉屋のおかみさんを我が子のかたきと一途に思いつめているらしかった  和泉屋へ暴れ込んで  和泉屋へ乗り込んで  和泉屋の伜も飛んだ  和泉屋のおかみさんも気違いになるかも知れないと云う  和泉屋へ出向く  和泉屋へ案内する  和泉屋の夫婦は顔をみあわせた  和泉屋に奉公していまして  和泉屋の娘分ということにして  和泉屋へ出入りをする  和泉屋は妹娘のお照に婿を取りましたが  和泉屋の一件があってから  和泉屋の主人から叱られた  和泉屋の息子は飛んだ  和泉屋の内幕を探ってくれ  和泉屋にからんで  和泉屋という家は店構えを見ても知られる  和泉屋の番頭勇蔵が入牢した  和泉屋では相当の扶助をしてやったに  和泉屋に奉公する  和泉屋の女房は節句の晩あたりから家にいねえらしいと云う  和泉屋じゃあ内証にしていますが  和泉屋の女房もいねえ  和泉屋の女房は江戸で姿を隠す  和泉屋の女房も闇祭りの晩に姿をかくしたと云う  和泉屋の手代の幾次郎とおかしいと云う  和泉屋のようだと思っただけですよ  和泉屋でも眼をかけて使っていた  和泉屋乗っ取りを企てる  和泉屋から放逐するという  和泉屋の養子に直って  和泉屋へ押し掛けて来て  和泉屋に残っている  和泉屋のお八重といい  和泉屋の幾次郎は主人の女房と密通した  和泉屋は前の清七の一件があり  和泉屋すなわち四条烏丸太志万平次郎といえる  和泉屋の福松のところへ預けて置いた  和泉屋のこの感服を好まない  和泉屋の或眼つきを形容した  和泉屋の福松という芸妓のところへ預けたには  和泉屋が角十に替って  和泉屋によほどの前借がある  和泉屋の奉公人らはみな手伝いに行った  和泉屋のことのようでもあった  和泉屋へ殺到しだした  和泉屋の店頭へ雪崩れかかる  和泉屋をたたきつぶせ  和泉屋の大戸へ接近した  和泉屋の隣の糸屋の軒下へ走りこんだ  和泉屋のやつは鼠一匹も逃がすな  和泉屋に頼まれて  和泉屋の屋根をはっている  和泉屋の側の家なみの下をめざして  和泉屋に頼まれた  和泉屋の屋根へあがって  和泉屋の件でもある  和泉屋と申しますと  和泉屋は十七軒ある  和泉屋という看板をあげた  和泉屋をやらせておった  和泉屋の内幕から調べていこうと考えていた  和泉屋の本店はどこにある  和泉屋が総本家だと知れたので  和泉屋の総本店はすぐ眼についた  和泉屋は自然柘植の家を離れて  和泉屋の総元締めをしている  和泉屋へ手をかけてくるであろうと  和泉屋の伊之吉に話した  和泉屋とも相談をして  和泉屋の番頭も申しておった  和泉屋というよろず屋のことで騒ぎがありました  和泉屋の総本家のものとも会って  和泉屋に采配をふるう  和泉屋がふとるばかりな  和泉屋の根を押えている  和泉屋の商売につぎ込んでおいて  和泉屋と関係を切るか  和泉屋の一部を柘植の財産として柘植家の唯一の血筋であるお高に譲ろうとの  和泉屋という大店の財産が動く  和泉屋の一部へ手を置く  和泉屋の者に助けられて  和泉屋の店へ来て  和泉屋からはかの書状をも添えて差し出した  和泉屋では金を取られたが  和泉屋の表へ忍び寄って  和泉屋に成功し  和泉屋の晴れの披露目とあって  和泉屋を説き伏せて  和泉屋からの贈りは  和泉屋まで急に加減を上げなければならなかった程  和泉屋だって雷門だって世間態もあれば  和泉屋と雷門の二軒へ据わりこんだ  

~ 和泉屋[名詞]1
佐倉屋と和泉屋の  こんどは和泉屋が  のは和泉屋  長崎屋と和泉屋が  与力中條軍十郎は和泉屋の  酒屋仲間の和泉屋という  紋附を着た和泉屋の  全体和泉屋も和泉屋じゃ  相方は和泉屋の  京橋具足町の和泉屋という  勘平に扮したる和泉屋の  かたより和泉屋の  具足町の和泉屋で  ときに和泉屋の  今云った和泉屋の  男の子を和泉屋の  其後も和泉屋へ  角太郎が和泉屋へ  出刃庖丁でも持って和泉屋の  具足町の和泉屋の  わたくしは和泉屋の  軒には和泉屋と  清正公さまと和泉屋  枕もとに和泉屋の  出店で和泉屋という  ようにして和泉屋を  自身陸へ上って和泉屋を  今度は和泉屋が  京橋の和泉屋で  午すぎに和泉屋の  文字清と和泉屋との  男の子を和泉屋で  出刃庖丁でも持って和泉屋へ  むやみに和泉屋へ  男を和泉屋へ  清正公様と和泉屋  その後も和泉屋に  文字清も和泉屋へ  茂八は和泉屋の  四谷の和泉屋という  そこには和泉屋という  塩町の和泉屋という  伊豆屋と和泉屋の  伊豆屋と和泉屋に  主人の和泉屋に  最初から和泉屋の  増長して和泉屋  落ち度にして和泉屋から  友蔵は和泉屋へ  顔をして和泉屋に  永正元年には和泉屋  馬琴が和泉屋の  宮川べりの和泉屋の  問屋の和泉屋の  屋敷は和泉屋によほどの  それが和泉屋の  群衆が和泉屋へ  十幾つの和泉屋を  不動新道の和泉屋が  誰か名乗り出て和泉屋へ  不動新道の和泉屋  ようになった和泉屋に  近来の和泉屋が  もとの和泉屋の  当主として和泉屋の  お家と和泉屋との  ふところに納めて和泉屋と  このあいだできました和泉屋の  ものとわかって和泉屋の  金剛寺門前町の和泉屋の  ところから和泉屋を  唄の和泉屋まで  七代理と偽って和泉屋と  

~ 和泉屋[名詞]2
この和泉屋  間もなく和泉屋  これから和泉屋  よく和泉屋  まんまと和泉屋  まったく和泉屋  すぐ和泉屋  もちろん和泉屋  なんだか和泉屋  ちょうど和泉屋  その和泉屋  あの和泉屋  そのまま和泉屋  あわただしく和泉屋  まず和泉屋  

複合名詞
江戸町一丁目和泉屋平左衛門  和泉屋五左衛門  アタフタ和泉屋  和泉屋お前湯治  鼠小僧事和泉屋次郎吉  以前和泉屋  初演配役和泉屋与兵衛  和泉屋喜兵衛  和泉屋次郎吉  オイ和泉屋  時和泉屋次郎吉  和泉屋市兵衛  中津川和泉屋  問屋和泉屋  御用書師和泉屋市兵衛  和泉屋三右衛門  和泉屋襲撃  いま和泉屋  ゆうの和泉屋経営  和泉屋全体  和泉屋与兵衛  和泉屋経営  地本問屋和泉屋市兵衛  和泉屋市兵衛様  和泉屋市兵衛殿  物持和泉屋  新名取り和泉屋  芝居茶屋和泉屋勘十郎方  



前後の言葉をピックアップ
ゎっとなり  ゎりんの        輪ゴム  輪袈裟  和が  和太郎  


動詞をランダムでピックアップ
とおれいけどりおがむ委せれやりすごす裂き握れ剰るほうけながれんおしかくそ混ぜれ寿いかわ取去ゆだねすてれ奉り取結び捜さ
形容詞をランダムでピックアップ
ふとき可笑しかろ手荒き恥しきしぶい弱くっ遠しあら目新しい疎くずうずうしいすずしかっほほえましい奥床しぽう目覚しい浅黒く青黒鈍くっ