「歩み」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 歩み[動詞]
廊下を歩み  室内を歩み  路を歩み  人の歩み  内をさそわれ出て歩み  なかを歩み  銀座通りを歩み  岩木は歩み  道へ歩み  前に歩み  社会主義的民主社会に歩み  先へ歩み  小川に沿いて歩み  一同つれだちて歩み  道の行くがまま歩み  上を歩み  のを認めて、更にまた歩み  庭へ歩み  男終日長谷より歩み  ヒーローの歩み  一から歩み  情報処理部門を歩み  下へ歩み  側へ歩み  方へ歩み  今日まで歩み  語りもあえず歩み  幅幾歩と歩み  境地へ歩み  音して歩み  そこを歩み  一つの歩み  道を歩み  はるかに歩み  舗道を歩み  表通を歩み  それに従いて歩み  あなたこなたと歩み  間を歩み  部屋から歩み  与作ものつと歩み  提灯ふりて歩み  桜並木を歩み  蔭をそぞろに歩み  もう一歩奥に歩み  文学創作に歩み  歩前へ歩み  真直に歩み  ところなので、歩み  ほうへ歩み  なかに歩み  前へ歩み  奥へと歩み  飄々と歩み  帰途堀端を共に語りつつ歩み  遠路なりしを歩み歩み  確保しようと歩み  心情から歩み  おりから面前に歩み  ゆるやかに歩み  下に歩み  大股に歩み  声に応じて歩み  掩うた手をはなし、ふらふらと歩み  田舎道を歩み  傍を歩み  田舍道を歩み  肩に担ぎ上げて、歩み  一行は歩み  まま袴を歩み  ここまで歩み  犠牲を払って歩み  創作方法にまで歩み  光にかまわずにいると、ずかずかと歩み  関羽も歩み  号令をかけ、そしてまた黙々と、歩み  一と休みして歩み  教員として歩み  資本主義国家へと向かって歩み  我々は歩み  暗黒にむかって歩み  方に歩み  死に向って歩み  明治文學史と歩み  保吉は歩み  プロレタリアートの歩み  我にもなく歩み  両手にて擦りて、漸やく歩み  兩手にて擦りて、漸やく歩み  方向へ歩み  沙汰なぞ唄ひ歩み  墨堤を歩み  二人とは、すこぶる堂々と歩み  山へ歩み  男の歩み  十里という歩み  外を歩み  町を歩み  壁へ向って、歩み  つて道を歩み  ほうに歩み  静かに歩み  畦道を歩み  山谷堀まで歩み  それから、しだいに歩み  紳士が、歩み  展望車に歩み  時代と共に歩み  しずかに歩み  手を放れてふらふらと歩み  雪子が歩めば歩み  シューバルは歩み  砂道を歩み  村道を歩み  曉明吉原田圃を歩み  國道を歩み  東方に歩み  歸途國道を歩み  一路を歩み  きの道を歩み  細徑を歩み  お辞儀をして、すたすたと歩み  東に向って歩み  廊下へ歩み  今、かく行くと、思ひつつ、歩み  先まで歩み  村の歩み  中をある程度しっかりして歩み  歩に歩み  草原を歩み  ように囀りながら歩み  最初将棋の歩み  知らないで、ただふらふらと歩み  裂り、むざむざと歩み  ところへ歩み  兵馬はうつらうつらと歩み  二人はまた歩み  橋の歩み  東から歩み  里を歩み  客間に歩み  行手をさぐりさぐり歩み  徐かに地を叩いて歩み  風と争いながら歩み  彼は黙って歩み  二人は歩み  老人は、とことこ歩み  覚悟でそろそろ歩み  方へと歩み  国家の歩み  ソロソロと歩み  向きを変えて歩み  本道を歩み  方向に向って歩み  五十嵐も、歩み  隅へ歩み  高みへ思ひもえつつ歩み  ゆつたりと歩み  上にゆつたりと歩み  木陰など歩み  ままに歩み  二足ばかり歩む、歩めば追い、追えば歩み  足を峙てて歩み  実体とともに歩み  微笑して歩み  向うへ歩み  そのままのろのろと歩み  四十里を歩み  足音低く歩み  どこを歩むともなく歩み  ようにして歩み  建設に歩み  諸相を捉えようと歩み  歴史的一歩を歩み  罠へ歩み  丈がようやく高くなって、歩み  先へと歩み  三人は歩み  靜かに歩み  国道を歩み  そこへ歩み  ゆつくりと歩み  草を分けて歩み  浜辺を悠々と歩み  菊王は歩み歩み  正季は歩み  國友の歩み  歩み歩むといえども、歩み  背中に背負い込んでさっさと歩み  弁慶一人が悠々と歩み  街道を歩み  娘は歩み  あとにして歩み  戸口へ歩み  一時間一里を歩み  出窓へ歩み  女は歩み  方向に、休まず歩み  夜の海岸を歩み  何かを尋ね尋ねて歩み  横町を歩み  測量器械をかついで歩み  ひとり山上に歩み  西南に向って歩み  雲の歩み  どこへともなく歩み  蜜柑函を持ちて歩み  立上って歩み  姿で歩み  廊を並んで歩み  海に向って歩み  砂浜を歩み  ブラ下げて歩み  傍目もふらずに歩み  人が歩み  生活を歩み  世界を歩み  必要としないで歩み  中を、すっくすっくと歩み  土手をさっさと歩み  あちらに向って歩み  木蔭から歩み  無言で歩み  銀様の歩み  ムクの歩み  頓着なく、さっさと歩み  急速に歩み  北に向って歩み  仲の町を歩み  先に立ちて歩み  甲板に歩み  ノソリノソリと歩み  中を歩み歩み  茂太郎が歩み  道を学びつつ、歩み  モナ・リザモナ・リザは歩み  かにモナ・リザは歩み  モナ・リザは歩み  モリ・リザは歩み  あやしきかな歩み  そのまま謹厳そうに歩み  引きもないと見えて、さっぱりと歩み  斜面へ歩み  はにかみ、そそくさと歩み  私の歩み  影を落して、とぼとぼと歩み  岸に向ってそろそろ歩み  こちらに向って歩み  火焔を吹き靡かせつつ、のっしのっしと歩み  音をさせながら、たどたどと歩み  軒場へ歩み  西に向って歩み  西へ向って、そぞろに歩み  眉を曇らせたが、やがて歩み  中に歩み  所に歩み  長足に歩み  元気が出て歩み  道をさっささっさと歩み  海へ歩み  閑々として歩み  事実上は、歩み  広野原を歩み  一角に向って歩み  室へと歩み  一段ずつ歩み  随って、或いは歩み  街道へ歩み  大手を振ってのっしのっしと歩み  薄野原を歩み  歩調を揃えて、さっさと歩み  足にて歩み  中を歩み  手が歩み  西へ向って歩み  のでもなく、行きては止まり、歩み  前へ向って歩み  前へと歩み  ものですから、せっかく、歩み  往来交渉を考えたりなどして歩み  方角へ歩み  陸橋の下を歩み  円形に歩み  人に後れてよろよろ歩み  裏町を歩み  地面を踏みしめて歩み  左側に従いつつ、歩み  静かに立って歩み  未練気もなく思いきって、すっくすっくと歩み  重荷を負いつつ、歩み  おっちらと歩み  早足に歩み  上手へ歩み  スタスタと歩み  フラリフラリと歩み  画面から歩み  何時か寄添うて歩み  ロマンティストたちが歩み  プロレタリア文学運動に沿って歩み  つまり連作らしい歩み  二人連れ立つて歩み  傘をさして歩み  庭に歩み  ように歩み  家庭感情から一歩も歩み  独自に歩み  無邪気に歩み  家庭から職業へと歩み  段階に歩み  参政運動に歩み  理解に立って、歩み  域に歩み  文学に歩み  立場まで歩み  作者も歩み  希望をもって歩み  俟ちて初めて歩み  一心不乱に歩み  限り大仙王宮より歩み  咫尺も歩み  松林を歩み  難路を歩み  縁日を歩み  公園を歩み  銀座を歩み  さらされて歩み  東仲通を歩み  夕方には歩み  八丁堀を歩み  河岸通を歩み  二本榎を歩み  蟄居に堪えず歩み  薄暮合引橋河岸通を歩み  虎の門を歩み  夜風月堂より歩み  把つて水辺を歩み  林間を歩み  江戸川を歩み  家近きを以て歩み  日比谷公園を歩み  浅草公園を歩み  後風月堂より歩み  帰途人形町を歩み  二人を後に歩み  伸子は、また歩み  ところまで歩み  埒外に歩み  これも歩み  友よこぼすな歩み  急ぎ足に歩み  所から新しく歩み  恋に向かって歩み  外へ歩み  覚束なくも歩み  黄金丸は歩み  上流へと歩み  蹌踉と歩み  道をびしょびしょ歩み  心持など、少しは歩み  ままここを歩み  ようにとぼとぼと歩み  足なえは立ちて歩み  娘一人、徐に歩み  巨人のごとく歩み  中にヨチヨチと歩み  ものに深く歩み  行路を歩み  後を振り向いて、歩み  徐かに歩み  四季袋を引っとり、打ち連れて歩み  プラットフォームを歩み  浜を歩み  うつむきて歩み  影に沿うて歩み  先に歩み  三人はおもむろに歩み  日さのみ歩み  一歩も遅れず引続きて歩み  左門が歩み  生涯を捧げて黙々と歩み  昭和に歩み  努力に歩み  二人は黙して歩み  四人は歩み  方角に歩み  洲崎から木場を歩み  先に立ってすたすた歩み  私は歩み  座敷を歩み  力のない歩み  半ば芸術に歩み  レールに沿って歩み  何歩か歩み  社会へ歩み  啓子は歩み  歴史性に歩み  そば近く歩み  軌道を歩み  彫刻的に歩み  ままジリジリと歩み  二つほど歩み  足早に歩み  十五分間も眠ればまた起きて歩み  腕拱みながら歩み  草を歩み  足並みをもて粛々と歩み  そこから相当に遠く歩み  古城を歩み  肩を別段にそびやかして歩み  堀端を歩み  平気で歩み  土手公園を歩み  プラットフォームを見廻しながら初めて歩み  トランクをさげて歩み  一事に縋りついて歩み  手探りに歩み  後ろからのろのろしたあしどりで歩み  砂地を歩み  つた私は、歩み  もみぢせるかも歩み  菜圃を歩み  炎天を歩み  まま、歩み  バスにとっても歩み  誘惑にとらえられて、さらに歩み  門内に歩み  二人が歩み  日かげと共に歩み  発言するだけに歩み  自由に歩み  中をてくてくともう歩み  腹をきめて、歩み  ほうへもう歩み  権六が歩み  何者かの歩み  絶端を極めようとて歩み  そりと歩み  石に歩み  びらに歩み  気にしまいとして、歩み  中を割って歩み  何も見えないのでまたそのまま歩み  歩調をあわせて歩み  両側に歩み  野を歩み  彼方へ歩み  神のみもとに歩み  緑蔭を歩み  声にていいすてつつ、すらすらと歩み  状態に歩み  野へ歩み  不安をよび起して、歩み  母子をなだめて歩み  言葉なく歩み  入日を見るがごとくに歩み  ひとりさみしく歩み  衣嚢に入れて歩み  後に附いて歩み  美人で無くては歩み  舞踏室へ歩み  後に就いて歩み  之へ歩み  玄関へ歩み  方を指して歩み  通が歩み  助が歩み  十年を歩み  三歩、歩み  頬髯見事なれど歩み  姿に歩み  若僧は歩み  温雅に歩み  前を歩み  向島を歩み  萱原を歩み  径を歩み  薪水室に歩み  寐靜つた仲店を歩み  やうにして歩み  周囲を歩み  十間ばかり歩み  馬の歩み  二三間ほど歩み  野中に歩み  からまた歩み  徳大寺大納言家の歩み  中央へ歩み  上をかるく歩み  外まで歩み  所を歩み  犠牲にしても、歩み  方向に歩み  三個できければ、歩み  歩み明後日また歩み  郡山まで歩み  草鞋穿きとなりて歩み  片側を歩み  汝は歩み  民の歩み  砂上を歩み  突込みて歩み  ブロードウヱーを歩み  少時にして再び歩み  裏街を歩み  表へ向かって歩み  傍へ歩み  彼は歩み  中からあごをなでなで、ゆうぜんと歩み  木立を歩み  汝誰なりとも、かく歩み  枉ぐれどもひとり直く歩み  以來かくのごとく歩みたり、また歩み  我等よりもはやく歩み  侶におくれ、ひとり歩み  うたひて歩み  我その間を歩み  めて歩み  二詩人と並びて歩み  怪物少しく動きて歩み  前まで歩み  いすういと歩み  山門に向かって歩み  歩調もて歩み  田圃中に歩み  傷者を捜して歩み  ごまかさずに歩み  野原をよぎって歩み  滿たざれど歩み  人生行路に歩み  完全に歩み  何歩私たちは歩み  少女小説からいくら歩み  山路を歩み  女芸者二人話しながら歩み  夜道を歩み  如くに歩み  為にノロノロと歩み  当てもなげに歩み  辺りを歩み  かなたこなたと歩み  大股で歩み  室外に歩み  ものからも又おのずから歩み  足並も乱さず歩み  フラフラと歩み  常道を歩み  頭巾をとりて歩まんいざや歩み  カアル劇場に歩み  人のごとくに歩み  時の歩み  足一分刻みに歩み  規則正しく一歩々々歩み出でては、また一歩々々歩み  跡に付きてぞ歩み  半町ばかり歩み  一般人間性に歩み  ふりに歩み  心の歩み  計算したら歩み  集中して歩み  自由であり、まだ歩み  竹藪を分けて歩み  仙山と次第に歩み  無宿者の歩み  ひとり、よろよろと歩み  小道へ、歩み  抱負と、既に歩み  堂内に歩み  内側へ歩み  方へブラブラと歩み  肩を並べて歩み  慾情に歩み  通路を歩み  足にまかせて歩み  胯に歩み  北へ向かって歩み  人生を歩み  女は一寸歩み  娘ではあるまいし、ほしくはないと言ったので、そのまま歩み  行先さだめず歩み  推理とに、即かず離れないで、歩み  渉っても歩み  ステッキを大きくついて歩み  井から歩み  夜が明けるまで歩み  上に歩み  小坂部はつづいて歩み  きみと歩み  何処とさして歩み  ものの歩み  ムルタは歩み  李はつづいて歩み  そつちに歩み  私から出発して歩み  椽端近く歩み  主が歩み  ことから、歩み  われら大股に歩み  側につかつかと歩み  鴉の鳴かで歩み  野末を、泣き濡れて歩み  灯かげを、あかあかと歩み  君の歩み  歴史を歩み  一歩を歩み  人生に歩み  

名詞

歩み[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
歩み漁りて叫ぶらし  歩みを運ぶ  歩みを止めてしまった  歩みを止めて  歩みはだんだん早くなつて私との懸隔が余程離れました  歩みの絶対安全をもつてしても  歩みを踏み出した  歩みを運んでゐた  歩みにつれて牽いた  歩みよりも更に遅いものかも知れない  歩みを運びながら  歩みは停車場の光りに  歩みで自分たちの部屋のほうへ退いていった  歩みを運んで  歩みを運んだ迄  歩みを続けた  歩みは一片の悔いもないが意地わるくつらく強力に泣いてゐる  歩みにしたがって  歩み馴れた田舎道の新しく改修せられる  歩みを進めて  歩みを進ませて行った  歩みを止めた  歩みをもっと確かにする  歩みの行く  歩みの向かう  歩みが深まり  歩みのなかに渋滞と障害とを感じて苦しんでいます  歩みをしたい  歩みを承認し  歩みを伝える  歩みを緩めて  歩みをとめて  歩みを続けて  歩み出しても泣じやくりが止まり  歩みのなかでおのずから一応の落付きを示しはじめたと云うべきであろうという  歩みを続けている  歩みが止った  歩みを進めつつある  歩みを引止めた  歩みを運んだ  歩みをこの道に進めている  歩みを停めてゐる  歩みを速めて  歩みで行進してゐる  歩みを停めて  歩みのようにつづいて行く  歩みをゆるやかにしてくれました  歩みで常にあるであろう  歩みは道を逐うて運ばれなければならない  歩みは頭の動悸と歩調を合わせたので  歩みをとめ  歩みに連れていた  歩みをゆるめて立ち停  歩みが進んだと言っても  歩みをつづけていた  歩みをさも深く思ひ  歩みも一歩一歩黒羽町に近づき  歩みを制約する  歩みをつづけてきた  歩みを運んで居る  歩みはふと止まった  歩みはぴたりと止められた  歩みはそのままパーソナルコンピューターの歴史と重なり合っており  歩みを曳きずりつつ  歩みを弛め  歩みを続けて居る  歩みを運んでいた  歩みをともにし  歩みがその社会的相関の相貌をつよく反映して  歩みを運んで行く  歩みをつつしんで  歩みにしたがって進み  歩みを進めて来た  歩みを進めるにつれて  歩みを怠らぬ  歩みを眺めながら  歩みを示したと思われる  歩みて菅野二五八番地の借家に至る  歩みを運ぶに  歩みを進めてゆく  歩みがのろくなつてし  歩みは自然に暗い方へ向けられて  歩みを返して行った  歩みを止めたかに見えた  歩みも軽く海岸の方に進んで行きました  歩みの拍子につれて  歩みは無意識にすすんで行った  歩みを止める  歩みをふみだした  歩みを引き離して  歩みを遅くしてしまって  歩みはまた遅くなった  歩みのあとを辿ってつきすすめば  歩みが全く止った  歩みが量られる  歩みをすすめていた  歩みをぴったり止めてしまって  歩みを運ばせて来る  歩みを述べる  歩みを忘れてしまった  歩みを進める  歩みをもって  歩みに随つて顔や手に当り  歩みを移してゐる  歩みを辻車の上から眺めながら  歩みを移しながら  歩みも忘れて  歩みを必要とする  歩みに依って  歩みが書斎の縁側の前へ来た  歩みを向けた  歩みを運び  歩みのうちにすっかり封建的なものをすて去った  歩みを返して  歩みを緩めなければならなかつた  歩みを運んで来た  歩みを続けて行くかも知れません  歩みは非常に遅々としか進まない  歩みではあっても  歩みを停めると  歩みをしずかにふりかえっている  歩みをつづけてゐた  歩みとして歩んでいる  歩みを後から思い出してみると  歩みに随ってついてきた  歩みよりを企て  歩みを進めて行きます  歩みをして  歩みをもつて  歩みは今日よりももつと  歩みを止めてたたずみました  歩みのなかに見えかくれしている  歩みは年々一週が程を要し  歩みに認め上げ  歩みを続けていた  歩みを留めた  歩みを止めて集まって来る  歩みをとどめて  歩みを学ばない  歩みを忘れてしまい  歩みをつづけ出した  歩みを忘れてしまひ  歩みを続けねばならないだろう  歩みを歩んで行く  歩みをとどめて静まった  歩みを全部的には肯定する  歩みを止めてしもうたわ  歩みを移そうとした  歩みを止めました  歩みでもつかのまといって  歩みを進めます  歩みを止めて立つ  歩みをとどめてしまって  歩みは日本の今日の若い世代を片脚だけ鎖の切れた  歩み行く道筋の光景は更にわかりません  歩みをとどめてしまいました  歩みのような小坊主の気色を見ると  歩みも止めず  歩みをうつすと  歩みをとどめてながめる  歩みを進めければ  歩みを二倍ほども早めて  歩み且つ止まり  歩みをとめた  歩みをとどめました  歩みを早めて  歩みを移そうかと  歩み歩むといえども  歩みが続く  歩みがわからんとみえるな  歩みを進めて下さい  歩みの目標となる  歩みを見る  歩みに遅れまいとして  歩みを運びはじめました  歩みを続けてく  歩みをゆるやかにした  歩みののろい人々をどうしようかである  歩みをする  歩みは今のところ激しく移り動いて  歩みを弛めた  歩みをつらぬき通したからだった  歩みのように粛々とこれへ向ってまいります  歩みがついて来る  歩みは止みました  歩みもまた止みました  歩みを進めました  歩み来た旅人は周章てて見付けた  歩みで走つた  歩みをとる  歩みを運ばすと  歩みにつづいて来られる  歩みを運んで参ります  歩みを止めますと  歩みの遅い土星は一周に三〇年を要し  歩みを続けるであろうとは考えられない  歩みを進めているという  歩みを緩めながら  歩みを続ける  歩みを運んで行った  歩みを移せし  歩みを早める  歩みがのろくなるので  歩みをゆるくしはじめた  歩み過る客の足音と共に途絶えた  歩みは踏み破ったとみなければなるまい  歩みをむけていた  歩みを運びました  歩みが平調に戻  歩みを続けながら  歩みを地獄の門に向けた  歩みて柳橋渡行かん  歩みを数へはしなかつたであらう  歩みを緩めたからである  歩みを甥の家に向けた  歩みつかれて息ぎれのする  歩みを移して  歩みをうつして  歩み歩んで行くと  歩み近づこうとした  歩みの律動を小川の歌に合わしてゆく  歩みを早めた  歩み掛けた足をも止め  歩みを速めるだけの  歩みを順にも逆にも速くもおそくも勝手に支配する  歩みをゆるめた  歩みを入れた  歩みをさまたげる  歩みは一歩一歩海へ近づいて行く  歩みを観てゐるだらうか  歩みを独占してゐた  歩みを歩んだか  歩みをちやんと歩んでゐる  歩みが止まる  歩みを運び来る  歩みをゆるめ  歩みをもってすれば  歩みをちょっと振り返って見る  歩みを留めるではないか  歩みも危くコツコツと角の磨滅した  歩みものろくなる  歩みも止まった  歩みが遅々として目立たないだけである  歩みを続けてゐる  歩みを歩んで  歩みを振り返つて  歩みをあくまで肯定しつつ  歩みが事物に価値あらしめる  歩みをつづけましたが  歩みを止めてしまい  歩みにかかる  歩みをうつそうとした  歩みをとどむる  歩みをもどした  歩みを戻した  歩みが止る  歩みを運ぶと  歩みを続けてゆく  歩みの反響がし始めた  歩みの速いことに気がついた  歩みたどたどしい思ひを讀みながら  歩みはたどたどしいにしても  歩みがある  歩みは御庭へと移された  歩みをみる  歩みを運んでゐる  歩みを弛めて  歩み下ると精魅の宮殿に到り  歩み甚だ速やかに走って  歩みを見守  歩みをともに歩んだ  歩みは私のようにせせこましく歩く  歩みが緩くなった  歩みを妨げる  歩み遅々と行くに慣れたるみ  歩みからいうと  歩みを公衆の前に現したばかりである  歩みであり自然の計らひであつたとは思はなくも  歩みと倶に自分たちの実力を高め  歩みから出発し  歩みから出た  歩みを移してしまいましたが  歩みを示す  歩みを物語っている  歩みはのろくなった  歩み移る太陽の方にかすかに面を傾くると  歩みの遅い牛の尻へ彼はすぐに追い付いて  歩みを歩んだ  歩みが目だつて来た  歩みの息苦しかりしよ  歩みのやうにさつ  歩みのフミキリとなる  歩みが始まるとも  歩みをつづけてきたが  歩みとなり得ないとは限らない  歩みを常にひきづツてゐる  歩みをよせた  歩みとともに毎日歩いたり働いたりしていた  歩みを転ぜられた  歩みをつづけて行った  歩みよりの意味で語られた  歩みをよろめいているかを  歩みを流れて行った  歩みを逆に辿り  歩みを向けて  歩みははかどらなかった  歩みを導いてくれ  歩みをとどめたかの  歩みから出来る  歩みと結集に眼を瞠らずにはいられなかった  歩みを返した  歩みが薄紫の花のむらがる  歩みを運ぶより  歩みのおそいのをあざけられまして  歩みを運ばれました  歩みを一つの所に留めて動くなと望むに  歩みを運ばれた  歩みの鈍い亀との間に成立する  歩みをはこんだ  歩みを續けてゐた  歩みに似てゐるらしい  歩みを運んでゐるかも知れない  歩みが存外しっかりしている  歩みであつたと思つてゐるかも知れぬ  歩みをつづけていった  歩みをつづけられなくなった  歩みをつづける  歩みに伴れて  歩みを佇めて  歩みを止めようともせず  歩みを転じましょう  歩みの音かろく  歩みのつく  歩みはこれ迄のやり  歩みの遅々として進まない  歩みを進まし  歩みにしたがひて  歩みを小池に近く運びながら  歩みを止む  歩み進んで来た  歩みを導かん  歩みをおそくし  歩みにき  歩みを細にして  歩みにあはせ  歩みを進めている  歩みを止めなかった  歩みを少しも止めてはいない  歩みを止めはしない  歩みを止めはしなかった  歩みを進めねばならぬであらう  歩みをとどめ得ぬであらう  歩みを進めねばならぬ  歩みは更に新しきいはば  歩みを更に進めるに先だちて  歩みを合せて進むに及び  歩みを合せ  歩みをふり返つてみて  歩みを進めてゐる  歩みを凝視し  歩みで出て来る  歩みの見る  歩みに倣うて  歩みが遅くなった  歩みがのろくなった  歩みをつづけようとして  歩みは遅々としてゐるのに  歩みを止めると  歩みが見られる  歩みを示しはじめた  歩みののろくなった  歩みを進めようとした  歩みを進めたが  歩みを進めた  歩みで説教壇を登っていった  歩みに合わせて  歩みと二人の歩みとがぴったり合っている  歩みを続けてゐた  歩みを早めたが  歩みのおそいものをうながして  

~ 歩み[名詞]1
暢達な歩みを  三人の歩みは  蝸牛の歩みの  新らしい歩みを  まま小川に添うて歩みを  私の歩みに  徐々たる歩みの  蝸牛の歩みよりも  花園に歩みを  方へ歩みを  心の歩みは  なほ渡つてゆく歩みは  歴史の歩みに  人々の歩み  生の歩みの  生活の歩みを  後の歩みの  あなたの歩みの  頃心の歩みが  心の歩みの  確かな歩みを  あなたの歩みを  おのおのの歩みに  なかの歩みを  魂の歩みの  彼は歩みを  急に歩みを  堅実な歩みを  それぞれの歩みの  時間の歩みが  統一への歩みを  わたくしの歩みを  断乎たる歩みを  あたりに歩みを  モルガンは歩みを  雲の歩みの  馬の歩みを  有つ歩みで  ようにしながら歩みを  綱の歩みに  老人も歩みを  捜索の歩みが  牛の歩み  牛の歩みも  後ろから歩みも  生命を削る歩みを  愉快さとで歩みを  歴史の歩みは  病室から歩み  今日までの歩みの  彼の歩みは  馬の歩みは  古川の歩みは  今日先づ健全な歩みを  閑雅な歩みを  文学の歩みが  研究との歩みを  世界の歩みに  ように歩みが  向上の歩みを  発端の歩みを  北へ歩みを  從ひ歩みを  徐ろに歩みを  時の歩みを  流れは歩みを  おかあさんは歩みも  蹌踉と歩みを  自分たちの歩みは  時間も歩みを  近代的統一国家への歩みを  私の歩みを  源三の歩みは  マックリーシュ氏の歩みの  時の歩みが  識らず歩みを  歴史の歩みが  熊野の歩みは  気味であった歩みを  若者の歩みを  助の歩みと  それへの歩みを  彼女は歩みを  時が歩みを  総合的実験科学への歩みを  順調な歩みを  空気が歩みに  車夫の歩みを  静かな歩みを  静かな歩みも  高踏的な歩みに  彼の歩みが  婀娜者は歩みを  身を持て余したるがごとくに歩みを  歴史の歩みの  廻転や歩みばかり  奥へ歩みを  人影に歩みを  日本の歩みが  進化の歩みを  信仰の歩みを  様な歩みは  農婦は歩みを  処世の歩みとして  都女の歩み  体を揺って歩みを  所を取りて歩みよりを  中心として歩みを  霹靂の歩みを  歩行者の歩みを  半生の歩みは  前にくると歩みを  一人一人の歩みの  春の歩みは  筆の歩みに  サッサッと歩み  ハタと歩みを  人は歩みを  先方ではふいと歩みを  道端に立てて歩みを  時間の歩みの  伏目に歩みを  人影を見つけたので歩みを  邯鄲の歩みを  寿陵の歩みを  遅々とした歩み  反逆闘争の歩みを  武士は歩みを  兵馬が歩みを  作家としての歩みを  牛が歩みを  間に挿し込んで歩みを  方をめざして歩みを  所へ歩みよ  あとの歩みは  牛の歩みでも  刻一刻と歩みを  ギクッとして歩みを  社会の歩みは  ヒタと歩みを  人も歩みを  屠所の歩みの  正成は歩みも  者も歩みを  わたしは歩みを  方へむかって歩みを  自分から歩みを  助は歩みを  仁科六郎の歩みは  方面に向って歩みを  のつしのつしと歩みを  天狗の歩みが  時勢の歩みが  思索の歩みを  不断の歩みの  痩牛の歩みを  馬の歩みに  余裕ある歩みを  靜かな歩みを  亀の歩みを  蹌踉たる歩みを  ここで歩みを  洒脱な歩みを  時代の歩みは  三枝が歩みを  理論や歩みとは  自分の信ずる歩みを  波の歩みの  探索の歩みを  幻影の歩みが  私自身の歩みは  方へと歩みを  足の歩みの  つて遲い歩みで  足駄の歩みを  二人の歩みに  おごそかに歩みを  ような歩みを  ヨロヨロと歩み  一言残して歩みを  藤吉は並んで歩みを  朝への歩みを  生の歩みは  崖道になればなるほど歩みが  馬が歩みを  師匠の歩みは  覆面姿で歩みを  馬車の歩みが  剛情な歩みを  靜かに歩みを  静かに歩みを  傘持たねば歩みて  騾馬の歩みを  限りなく歩み  自分の歩みの  方を見やりながら歩みを  子等の歩みも  次の歩みの  クライマックスへの歩みを  私は歩みを  疑惑の歩みを  家に歩みを  無意識な歩みは  最近十年間の歩みを  十年間の歩みを  時代の歩みを  二十年の歩みを  天日の歩みが  筆の歩みを  ゆるやかに歩みを  船首に向って歩みを  地点に歩みを  今日の歩みを  大なるに歩みを  日和下駄の歩みも  足の歩みも  時の歩みも  人の歩みが  堅実な歩みによ  空虚な歩みを  国際的な歩みを  機械的な歩みを  林に歩みを  足の歩みを  行手に向って歩みを  二人は歩みを  中を歩みに  東に向って歩みを  顔をしかめて歩みを  そつと歩みよ  方向に歩みを  軽々とした歩みの  現実の歩みの  室内を歩み  年寄の歩みは  文化の歩みが  私の歩みは  文化闘争の歩みを  上に歩みを  精進の歩みを  直立して歩み  時の歩みの  文学座の歩みを  緩やかな歩みを  駕籠の歩みが  健気な歩みを  船の歩み  文学的な歩みから  初歩的な歩みを  我乍ら必然の歩み  世界の歩みと  清純な歩みから  牛の歩みよりも  日本の歩みを  不抜な歩みを  船の歩みは  下生えを踏んで歩み  さに歩みも  とつて替る歩みが  途上の歩みの  赤駒の歩みを  牛の歩みの  人生の歩みが  たんたんたる歩みを  最初の歩みと  ヴアルスの歩みを  多数者は疲れたる歩みを  二人が歩みを  革命の歩みとともに  翻訳に歩みを  直に歩みを  ような歩みよりの  充実した歩みを  和歌子の歩みを  知識の歩みを  道へ歩みを  どこへ歩みを  最後の歩みにも  労苦に疲れはてた歩みを  人間として生きてゆく歩みから  厘の歩みを  安らかに歩みを  私たちの歩みが  醜態で歩みを  兎から歩みの  がちに歩みを  日の歩みを  地に歩みを  顔をして歩みを  アキリスと歩みの  蛞蝓の歩みに  道に歩みを  彼等の歩みを  父の歩みが  自然の歩みで  これ以上は歩みを  彼女の歩みは  旅人の歩みに  サッサと歩み  そこへ歩みを  近畿へと歩みを  彼の歩み  春の歩みの  先の歩みは  我に歩みを  のち彼の歩みに  孔雀の如き歩みを  たるがごとく歩みを  汝等の歩みを  事我等の歩みを  こまかなる歩みに  詩人等の歩み  成長の歩みを  克服へ歩みを  成就されるまでは歩みを  理解へ歩みを  それの踏み出した歩みは  考察の歩みを  二一われ寺院と歩みを  寺院と歩みを  時代の歩みに  新劇の歩みを  さうな歩みで  老いの歩みの  師の歩みに  俥の歩みが  男の歩みも  肩を並べて歩みを  自分としての歩みを  舞台の歩みは  作者として揺がぬ歩みを  男は歩みの  窓ぎわに歩みを  黙りさえして歩みを  足早な歩みで  自分の歩みと  #人の歩みとが  場に歩みを  汀から歩みを  だれか歩みの  

~ 歩み[名詞]2
ひたと歩み  思わず歩み  その歩み  無い歩み  たどたどしい歩み  小さき歩み  おもむろに歩み  同じ歩み  少しく歩み  ない歩み  重き歩み  ようやく歩み  特に歩み  力強い歩み  のろくさい歩み  たちまち歩み  ちょっと歩み  ゆっくり歩み  時々歩み  遅々たる歩み  やはり歩み  強い歩み  かえって歩み  あの歩み  少し歩み  わが歩み  ふと歩み  はたと歩み  寂しい歩み  すこし歩み  遅い歩み  どんどん歩み  ひたすら歩み  さっさと歩み  苦しい歩み  輝かしい歩み  なく歩み  次第に歩み  大きな歩み  どういう歩み  いっそう歩み  優しい歩み  益々歩み  規則正しい歩み  ますます歩み  

複合名詞
歩み出し  歩みぶり  かに歩み  つて歩み  岸づたいに歩み  歩み極  其歩み  河岸づたひに歩み  歩み1  歩み頭蓋  歩み隙  歩み惱  歩みつき  歩み工合  一歩二歩歩み出  ボンヤリ歩み  歩み出  歩み行き  おのづと歩み  歩み風  歩み方  歩み遲  巨人的歩み  歩み加減  歩み振り  二三間歩み  歩み静か  歩み度  歩み巨勢  歩み余り  歩みかた  歩み入り  歩み憊  歩み來  歩み踰  歩み歸  日本橋通泥濘殆歩み  作家的歩み  歩み沿つて考  文学的歩み出し  歩み返し  一歩一歩歩み  我等歩み  歩み出づる時  師歩み  歩みだし  二足三足歩み  歩み明後日  歩みはじめ  



前後の言葉をピックアップ
歩ま  歩まさ  あゆみ  あゆみ  歩み  歩み合い  歩み板  あゆみはじめ  歩み寄  歩みよっ


動詞をランダムでピックアップ
落とし込め繰り下げ当たれる泊めろ鎖しとなりあっ配り歩い止めん追い越す持ち込もさしせまり耕し取りまか齧りせか売り飛ばすいえよいそしむ兼ね備える損ね
形容詞をランダムでピックアップ
もったいらし耀かしトゲトゲし軽きにぎにぎしすくっ強くっ浅き所在無惨たらしい若若しいいんきくさいいたうひだるきよそよそしい香しくっおもたき普き大きい面映ゆかっ