「惜し」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
形容詞

~ 惜し[形容詞]
さも惜し  ぱり惜し  いかにも惜し  とおり惜し  なごり惜し  名残り惜し  命惜し  あな惜し  ほんとに惜し  別に惜し  更に惜し  心惜し  そんなに惜し  から惜し  決して惜し  なにか惜し  物惜し  自ら惜し  生命惜し  たいへん惜し  しきりに惜し  あたら惜し  一層惜し  あまり惜し  いっち惜し  殘惜し  まだ惜し  ばっかり惜し  ちょっと惜し  雨惜し  いのち惜し  極めて惜し  

~ 惜し[形容詞]
金玉文字を惜し  身一つを惜し  薔薇を惜し  命が惜し  のも惜し  ものを惜し  株も惜し  三田先生を惜し  銭を惜し  暇も惜し  手に惜し  母親は惜し  歌は惜し  金を惜し  これを惜し  のを惜し  母の惜し  なんの惜し  弁護士にばかりは惜し  仇は惜し  のは惜し  手間も惜し  春も惜し  部落を惜し  命を惜し  のりを惜し  命は惜し  ことを惜し  花が惜し  命なんぞは惜し  間も惜し  日げにや惜し  それは惜し  私は惜し  反歌我命は惜し  継母が惜し  影を惜し  汽車賃三十銭は惜し  勝負を惜し  殿さまが惜し  イノチが惜し  ことも惜し  酒を惜し  人の惜し  金の惜し  楮殼を惜し  別れを惜し  母を惜し  秀子を惜し  みんなほんとうに別れが惜し  うに別れが惜し  夜を惜し  ものまで惜し  残つた半分を惜し  名前を惜し  下駄の惜し  花を惜し  誰が惜し  支柱を惜し  日本女は惜し  皿が惜し  それを惜し  なにも惜し  肉体何の惜し  時間が惜し  うちに惜し  のさえ惜し  空のみかは惜し  二世金龍を惜し  丸太を惜し  地を惜し  結晶が惜し  ことは惜し  費用は惜し  ことや惜し  女房たちは惜し  のが惜し  金は惜し  読者に惜し  死ぬのは惜し  胸部を惜し  名を惜し  才能が惜し  半時間さえ惜し  レコードも惜し  何か惜し  白痴は惜し  者に惜し  お金が惜し  生命も惜し  丹治は惜し  楊枝を惜し  賃四十七銭は惜し  言葉を惜し  切符代が惜し  さを惜し  障子も惜し  銭の惜し  

惜し[形容詞]
惜しさ  惜し気  惜しまめ  惜しゅうござりまする  惜しそう  惜しがっている瘤  惜しがっても死ぬ  惜しがるの  惜しがっている彼  惜しいね  惜し相  惜しがってでもいるよう  惜しがつた  惜しがる気持  惜しがる張飛  惜しがって劉  惜し涙  惜しがる者  惜し氣  惜しと神  惜しうご  惜しやいづこ  惜しがる帆  惜しがるもの  惜しがり方  惜しからむすててかひあるいのち  惜しがっているの  惜しけくも  惜しや三十路  惜しがる娘  惜しがる通り  惜しゅうござんすことね  惜しがッ  惜しがりはじめて  惜しがつて  惜しむひそけさだった  惜しや片足  惜しやと思ふら  惜しやさくらの  惜しがってるん  惜しの御子  惜しや空  惜しがるほどの器量  惜しから  惜しがるん  惜しがりなんぞするやつ  惜しがる本能寺  惜しがる生命  惜しけれど見る目  惜しかア  惜しむというがごときいわゆる  惜しがる小人  惜しがってはいるの  惜し泣き  惜しもという歌  惜しや一  惜しがってるの  惜しゅうはござりますまい  惜しがる必要  惜しがる人  



前後の言葉をピックアップ
唖々  おし  押しまくり  押しださ  おし  惜しから  捺し  おし  押しつまり  圧し


動詞をランダムでピックアップ
よびおこそ得せ請お仕上げよ甘んじ申越さ取仕切り抱き留めるひきあげろたてこむ成立つ論じるうしなわろくするとざせ拝ま吹き鳴らし動かせるとべる流れ出よ
形容詞をランダムでピックアップ
まるしにくくっ口喧しく色っぽ正し腹だたしい刺々しくなまぐさいうっとうしく小うるさかっ黒いこわけれむつかしかろ間近き厚き堅から寒から物憂い照れ臭かっうらめしかっ