「叱り」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 叱り[動詞]
馬を叱り  わが子を叱り  木實を啄んでも叱り  社會黨黨則改正屆出遲延のお叱り  はりさんを叱り  心を叱り  めちゃくちゃに叱り  世話をするどころか、かえって叱り  子供を叱り  妄想は止めろ、止めろ、と叱り  無慈悲に叱り  事だとお叱り  のやよって、叱り  土門を叱り  役人様が見たって叱り  有村は叱り  彼女はいきなり叱り  僕をお叱り  僕を叱り  ナースチャは、どんなにふざけたって笑ったって叱り  旦那さまの御叱り  私だけをお叱り  言つて、叱り  主様お叱り  別に御叱り  癡言を吐け、とお叱り  下に叱り  先に突付けて、お叱り  野呂間野呂間と叱り  言葉で叱り  禮ものとお叱り  老女を、お叱り  彼を叱り  男を払いのけて叱り  塩、どうでもこりゃ、お叱り  しら一同えらいお叱り  人間をお叱り  殿のお叱り  ホイ、またお叱り  子供の叱り  場面で、その叱り  自身を叱り  子分共を叱り  眼玉を剥いて叱り  ののしり子を叱り  嫁を叱り  それはきっとお叱り  ガラツ八を叱り  ものか、いきなり叱り  寛政度のお叱り  ように叱り  兄も叱り  からかい半分に叱り  梟がも一度叱り  ことだから、そのうえ叱り  前のお叱り  遊戯的だと叱り  から、叱ろうといっても叱り  何とかいう御叱り  批評家の御叱り  誤謬を叱り  式の如く叱り  神妙に叱り  西丸様からお叱り  手伝ひいたしたとおぼしめして、どうぞお叱り  ことをさせないで、叱り  つても叱り  どこから這入って来たかと叱り  あべこべに叱り  申上げましたのに、お叱り  犬を叱り  ペペ王のお叱り  妻を叱り  叔父さんをお叱り  聽いて居られても、お叱り  一人ずつ叱り  者どもを叱り  大音に叱り  呼びだしをうけて、お叱り  何しに来たとお叱り  貴方が来いとも被仰らないに参ってはお叱り  そめに叱り  考えもなく覚えず知らず叱り  自分で叱り  何度も叱り  学校へも行かず叱り  神の叱り  母を叱り  者を叱り  妾を叱り  草が、たとえ破けていようが、汚れていようが、決して叱り  人々を、低く叱り  父はひどく叱り  先生方に時々大そうお叱りを蒙ったりするが、お叱り  ところをお叱り  宮本竹蔵先生のお叱り  ダメだとお叱り  コヤコヤと叱り  者、きっと叱り  先生のお叱り  誰も叱り  自分を叱り  静を叱り  車夫にさへ叱り  百を、叱り  老人が早速叱り  須利耶さまはお叱り  誰かを叱り  ようなお叱り  ことがあると叱り  下女を叱り  神様のお叱り  自分で、叱り  あなたがお叱り  大殿樣のお叱り  殿様のお叱り  彼のお叱り  わたし何かお叱り  何かお叱り  のを叱り  からそれで叱り  ムクを叱り  米友に叱り  彼等を叱り  酔いに乗じて叱り  時としては叱り  家老のお叱り  小坊主を叱り  ウンと叱り  朧げに覚えているけれども、叱り  力を落すには及ばねえと言って叱り  寄付かば、どんなお叱り  見舞人やを叱り  雲水を叱り  おふくろは叱り  実行してはお叱り  のでございます、お叱り  まり、お叱り  成功しても叱り  のをかき廻しても叱り  今日もお叱り  師柳田先生から、とてもひどくお叱り  お上のお叱り  人夫頭が叱り  上杉殿からどんなお叱り  わたくしたちが、お叱り  幼兒を叱り叱り  血道を上げている、とのお叱り  上にも、このお叱り  役者を叱り  公敏が、すぐ叱り  娘は叱り  しらは叱り  私に言い聞かせて叱り  兵どもを叱り  ふさを叱り  ものみたいにお叱り  女房を叱り  大声でお叱り  仲時を烈しくお叱り  気になりますので、お叱り  身持よろしからずというのでお叱り  あたりのお叱り  やつらを叱り  尊氏さまとて、お叱り  奴だとお叱り  お客様方よりお叱り  表向きにすれば、お叱り  政吉は単に叱り  廉もないので、ただ叱り  憐愍を加えられて、単にきびしく叱り  豊も叱り  これは異なお叱り  のだとのお叱り  おまえもお叱り  ことをとのお叱り  それを叱り  向う見ずとお叱り  彼は単に叱り  独走のみと、叱り  ことを知らねえかなぞと、どうぞお叱り  斯様にお叱り  あれはきっとお叱り  それもかなり厳しいお叱り  やうに、お叱り  あとで厳しう叱り  お松はついに、厳しく叱り  あとで厳しゅう叱り  伯母が又叱り  欄干を乗出して、叱り  自分の叱り  はけしからぬとのお叱り  こんどはお叱り  心をのみ叱り  茂太郎を叱り  父は打ちとは、叱り  時は叱り  うたたねも叱り  大人になればなるほど、この叱り  京内を叱り  むやみに叱り  上なお、叱り  イエスさまはお叱り  利章を呼んで叱り  当り前に受けて叱り  校長が叱り  母はなお叱り  指図をしたり、叱り  老臣衆をお叱り  やつだと叱り  から、どんなにお叱り  臆病を叱り  意外な叱り  殿様は、そんなにきつく叱り  見識で手強く叱り  やうに叱り  兄を叱り  つゆをがみがみ叱り  わたくしを、きつく叱り  声を荒らげて叱り  篠田さんお叱り  清造を叱り  作法に合わないと叱り  粗相をして叱り  失礼しておりまして、お叱り  院から自分はどんなにお叱り  児を叱り  これを叱り  深切にお叱り  ことで、お叱り  私をお叱り  ことでお叱り  友公と言って叱り  二人を叱り  程度のもの、きついお叱り  仲間が叱り  役を勤めないというお叱り  猫を叱り  甥子まで叱り  彼女を叱り  癪に障って忌々しいが叱り  長吉をも叱り  たびに、いつも捕えられて、叱り  才蔵に叱り  ハゲ頭を叱り  傍、叱り  まりもなく叱り  局部的なお叱り  金切聲で叱り  んだと叱り  盛りの子をつかまえての叱り  検事に叱り  頭ごなしに叱り  夜這いを叱り  猴使いが叱り  兵卒が叱り  家来どもをいかに叱り  叔母はさのみ叱り  おのれを叱り  春嬌を叱り  夜は別段叱り  イヤな叱り  次第で、後でお叱り  父の叱り  ために、時々はお叱り  今日一日は、なんにもお叱り  電話で度々お叱り  から、お叱り  一度もお叱り  門口迄罷り出でましたる故、きっと叱り  女で、ひどく叱り  時にはかなりひどい叱り  旦那はんが、あない言うてお叱り  ーんとするほど、叱り  いまパイ軍曹は、叱り  余を叱り  頭目に知らせてお叱り  車掌に叱り  兄弟を叱り  主人が怪しんで叱り  上長から散々のお叱り  同行たちを叱り  眼を怒らして叱り  味いながら叱り  祖母なら叱り  ぬかすのかと叱り  巡査が叱り  機械人間を荒々しく叱り  こともありません、たまさか叱り  一時間、叱り  自重せよ、と言ってお叱り  子供たちを叱り  問わず子供を叱り  藍丸王のお叱り  顔をして叱り  お父さんは又叱り  矢鱈に叱り  嚴しいお叱り  ことは黙っていないで叱り  極度に叱り  不都合だとお叱り  極端な叱り  手下を叱り  生徒を叱り  道子を叱り  わたくしどもをお叱りなされ、又お叱り  ちょっと小言は云ったものの大して叱り  母だと云って、お叱り  悪戯、叱り  犬達を叱り  ものでないと叱り  俺を叱り  一つ極めつけて叱り  イワンを叱り  意地悪く叱り  これまでは叱り  女史のお叱り  坊ちゃんを叱り  リット少将は、あらあらしく叱り  我を叱り  怪美人を叱り  充分に叱り  一言に叱り  凋びた手を捕え鋭く叱り  甚く叱り  者どもへ、きつく叱り  膝下へおいて、お叱り  部隊長として、叱り  のか、叱り  ように、さんざん叱り  大人に叱り  小声で叱り  ような御叱り  無礼、御叱り  全然おかみのお叱り  心で叱り  女中達を叱り  声でお叱り  ものを叱り  名人たちのお叱り  仲兼さまはそのお叱り  加へてまゐりましたのに、お叱り  からって、がみがみとお叱り  ことがありましたら、お叱り  ふうな叱り  怠慢だというお叱り  老人たち大いに叱り  耳許で叱り  方が叱り  結果としてかえってお叱り  私まで大そうお叱り  冷静を欠くと叱り  旦那のお叱り  ものであろう、叱り叱り  別に咎めも叱り  私を叱り  からしの口で叱り  召使いを叱り  時代不知とお叱り  伯父の叱り  中で叱り  耳に入れたいと存じまして、お叱り  自分自身を叱り  角を立て叱り  妹を叱り  嶮どんに叱り  んですね、お叱り  ヒドクお叱り  喧嘩をして、お叱り  息を吐いて叱り  誤解されてお叱り  夢を叱り  眼で叱り  のや叱り  はりさんは叱り  人達を叱り  神さまのお叱り  悪態やら、鳴り響くほどなお叱り  女王のお叱り  けしからんと叱り  仕方がない、決して叱り  まり、いたわらずに、うんとお叱り  朗読劇なんかをやって、後でお叱り  因循なりと叱り  太郎を叱り  果てが、お叱り  つけを果たさず、立ち帰っては、お叱り  部将に叱り  臺にして叱り  僕たちを叱り  安心して叱り  お母様も只お叱り  悪事を叱り  よけいなと叱り  未練げなしに叱り  氣おくれを叱り  ようにして叱り  やうにして叱り  読者のお叱り  線路工夫に叱り  流浪人はこの叱り  投書のお叱り  母親の叱り  学生を呼んで叱り  学生を叱り  兄は決して叱り  主人のお叱り  お母様をお叱り  ようになって、お叱り  あやし、叱り  姫をお叱り  妃を叱り  私は軽く叱り  別にそれを叱り  母は叱り  パラソルを傾けて叱り  母は、すぐ、叱り  一人を叱り  酒を呑み、大いに酔っても、べつに叱り  神様がお叱り  喜びにこそなれ、お叱り  女王から、どんなお叱り  



前後の言葉をピックアップ
シカラザル  シカラザルトキハ  シカラシム  ジカラズ  シカラレ  呵り  しかり  叱りつけ  叱りつけよ  叱り付け


動詞をランダムでピックアップ
うえこみ過ぎん起きあがろ造り出し逸らしひきさがら係っ匿い果しおっかけ伝い飲みまわす差つかえ保た喫すからめ拝み倒さ佇め嗜むほうむら
形容詞をランダムでピックアップ
目ざとく細かくっ心苦しき懶く新しゅう手重くうらやましけれ許可なし縁遠い浅ま心地よ欲しい繁し耐えがたくおぼつかなき太かっこの上ない疾しかっ際どかっ近し